詳細検索はこちら

佐藤 一也 サトウ カズヤ

所属部署名内科学講座血液学部門
職名講師ホームページURL

プロフィール

プロフィール

    2011年〜2013年 National Institutes of Health, NHLBI, Hematology Branch

研究キーワード

    造血不全, 間葉系幹細胞

研究分野

  • 内科系臨床医学 / 血液内科学

所属学協会

  • 米国血液学会
  • 日本血液学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 米国血液学会
  • 日本血液学会

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • 血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫を併発した後天性全身性脂肪萎縮症
    粕谷 友香;佐藤 一也;村上 明子;海老原 健;村山 佳予子;畑野 かおる;石橋 俊;神田 善伸
    日本内科学会関東地方会 624回 21 2016年06月
  • t(8;14;18)(q24;q32;q21)の複雑染色体転座を持った濾胞性リンパ腫
    皆方 大佑;佐藤 一也;伊藤 祥子;真島 清美;海野 健斗;中野 裕史;川崎 泰史;杉本 美幸;山崎 諒子;山本 千裕;蘆澤 正弘;畑野 かおる;岡塚 貴世志;翁 家国;藤原 慎一郎;大嶺 謙;鈴木 隆浩;室井 一男;三浦 偉久男;神田 善伸
    臨床血液 57(6) 782 2016年06月
  • 血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫を併発した後天性全身性脂肪萎縮症
    粕谷 友香;佐藤 一也;村上 明子;海老原 健;村山 佳予子;畑野 かおる;石橋 俊;神田 善伸
    日本内科学会関東地方会 624回 21 2016年06月
  • t(8;14;18)(q24;q32;q21)の複雑染色体転座を持った濾胞性リンパ腫
    皆方 大佑;佐藤 一也;伊藤 祥子;真島 清美;海野 健斗;中野 裕史;川崎 泰史;杉本 美幸;山崎 諒子;山本 千裕;蘆澤 正弘;畑野 かおる;岡塚 貴世志;翁 家国;藤原 慎一郎;大嶺 謙;鈴木 隆浩;室井 一男;三浦 偉久男;神田 善伸
    臨床血液 57(6) 782 2016年06月
  • 血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫を併発した後天性全身性脂肪萎縮症
    粕谷 友香;佐藤 一也;村上 明子;海老原 健;村山 佳予子;畑野 かおる;石橋 俊;神田 善伸
    日本内科学会関東地方会 624回 21 2016年06月
  • t(8;14;18)(q24;q32;q21)の複雑染色体転座を持った濾胞性リンパ腫
    皆方 大佑;佐藤 一也;伊藤 祥子;真島 清美;海野 健斗;中野 裕史;川崎 泰史;杉本 美幸;山崎 諒子;山本 千裕;蘆澤 正弘;畑野 かおる;岡塚 貴世志;翁 家国;藤原 慎一郎;大嶺 謙;鈴木 隆浩;室井 一男;三浦 偉久男;神田 善伸
    臨床血液 57(6) 782 2016年06月
  • 血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫を併発した後天性全身性脂肪萎縮症
    粕谷 友香;佐藤 一也;村上 明子;海老原 健;村山 佳予子;畑野 かおる;石橋 俊;神田 善伸
    日本内科学会関東地方会 624回 21 2016年06月
  • t(8;14;18)(q24;q32;q21)の複雑染色体転座を持った濾胞性リンパ腫
    皆方 大佑;佐藤 一也;伊藤 祥子;真島 清美;海野 健斗;中野 裕史;川崎 泰史;杉本 美幸;山崎 諒子;山本 千裕;蘆澤 正弘;畑野 かおる;岡塚 貴世志;翁 家国;藤原 慎一郎;大嶺 謙;鈴木 隆浩;室井 一男;三浦 偉久男;神田 善伸
    臨床血液 57(6) 782 2016年06月
  • 血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫を併発した後天性全身性脂肪萎縮症
    粕谷 友香;佐藤 一也;村上 明子;海老原 健;村山 佳予子;畑野 かおる;石橋 俊;神田 善伸
    日本内科学会関東地方会 624回 21 2016年06月
  • t(8;14;18)(q24;q32;q21)の複雑染色体転座を持った濾胞性リンパ腫
    皆方 大佑;佐藤 一也;伊藤 祥子;真島 清美;海野 健斗;中野 裕史;川崎 泰史;杉本 美幸;山崎 諒子;山本 千裕;蘆澤 正弘;畑野 かおる;岡塚 貴世志;翁 家国;藤原 慎一郎;大嶺 謙;鈴木 隆浩;室井 一男;三浦 偉久男;神田 善伸
    臨床血液 57(6) 782 2016年06月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • 血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫を併発した後天性全身性脂肪萎縮症
    粕谷 友香;佐藤 一也;村上 明子;海老原 健;村山 佳予子;畑野 かおる;石橋 俊;神田 善伸
    日本内科学会関東地方会 624回 21 2016年06月
  • t(8;14;18)(q24;q32;q21)の複雑染色体転座を持った濾胞性リンパ腫
    皆方 大佑;佐藤 一也;伊藤 祥子;真島 清美;海野 健斗;中野 裕史;川崎 泰史;杉本 美幸;山崎 諒子;山本 千裕;蘆澤 正弘;畑野 かおる;岡塚 貴世志;翁 家国;藤原 慎一郎;大嶺 謙;鈴木 隆浩;室井 一男;三浦 偉久男;神田 善伸
    臨床血液 57(6) 782 2016年06月
  • 血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫を併発した後天性全身性脂肪萎縮症
    粕谷 友香;佐藤 一也;村上 明子;海老原 健;村山 佳予子;畑野 かおる;石橋 俊;神田 善伸
    日本内科学会関東地方会 624回 21 2016年06月
  • t(8;14;18)(q24;q32;q21)の複雑染色体転座を持った濾胞性リンパ腫
    皆方 大佑;佐藤 一也;伊藤 祥子;真島 清美;海野 健斗;中野 裕史;川崎 泰史;杉本 美幸;山崎 諒子;山本 千裕;蘆澤 正弘;畑野 かおる;岡塚 貴世志;翁 家国;藤原 慎一郎;大嶺 謙;鈴木 隆浩;室井 一男;三浦 偉久男;神田 善伸
    臨床血液 57(6) 782 2016年06月
  • 血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫を併発した後天性全身性脂肪萎縮症
    粕谷 友香;佐藤 一也;村上 明子;海老原 健;村山 佳予子;畑野 かおる;石橋 俊;神田 善伸
    日本内科学会関東地方会 624回 21 2016年06月
  • t(8;14;18)(q24;q32;q21)の複雑染色体転座を持った濾胞性リンパ腫
    皆方 大佑;佐藤 一也;伊藤 祥子;真島 清美;海野 健斗;中野 裕史;川崎 泰史;杉本 美幸;山崎 諒子;山本 千裕;蘆澤 正弘;畑野 かおる;岡塚 貴世志;翁 家国;藤原 慎一郎;大嶺 謙;鈴木 隆浩;室井 一男;三浦 偉久男;神田 善伸
    臨床血液 57(6) 782 2016年06月
  • 血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫を併発した後天性全身性脂肪萎縮症
    粕谷 友香;佐藤 一也;村上 明子;海老原 健;村山 佳予子;畑野 かおる;石橋 俊;神田 善伸
    日本内科学会関東地方会 624回 21 2016年06月
  • t(8;14;18)(q24;q32;q21)の複雑染色体転座を持った濾胞性リンパ腫
    皆方 大佑;佐藤 一也;伊藤 祥子;真島 清美;海野 健斗;中野 裕史;川崎 泰史;杉本 美幸;山崎 諒子;山本 千裕;蘆澤 正弘;畑野 かおる;岡塚 貴世志;翁 家国;藤原 慎一郎;大嶺 謙;鈴木 隆浩;室井 一男;三浦 偉久男;神田 善伸
    臨床血液 57(6) 782 2016年06月
  • 血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫を併発した後天性全身性脂肪萎縮症
    粕谷 友香;佐藤 一也;村上 明子;海老原 健;村山 佳予子;畑野 かおる;石橋 俊;神田 善伸
    日本内科学会関東地方会 624回 21 2016年06月
  • t(8;14;18)(q24;q32;q21)の複雑染色体転座を持った濾胞性リンパ腫
    皆方 大佑;佐藤 一也;伊藤 祥子;真島 清美;海野 健斗;中野 裕史;川崎 泰史;杉本 美幸;山崎 諒子;山本 千裕;蘆澤 正弘;畑野 かおる;岡塚 貴世志;翁 家国;藤原 慎一郎;大嶺 謙;鈴木 隆浩;室井 一男;三浦 偉久男;神田 善伸
    臨床血液 57(6) 782 2016年06月
  • 血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫を併発した後天性全身性脂肪萎縮症
    粕谷 友香;佐藤 一也;村上 明子;海老原 健;村山 佳予子;畑野 かおる;石橋 俊;神田 善伸
    日本内科学会関東地方会 624回 21 2016年06月
  • t(8;14;18)(q24;q32;q21)の複雑染色体転座を持った濾胞性リンパ腫
    皆方 大佑;佐藤 一也;伊藤 祥子;真島 清美;海野 健斗;中野 裕史;川崎 泰史;杉本 美幸;山崎 諒子;山本 千裕;蘆澤 正弘;畑野 かおる;岡塚 貴世志;翁 家国;藤原 慎一郎;大嶺 謙;鈴木 隆浩;室井 一男;三浦 偉久男;神田 善伸
    臨床血液 57(6) 782 2016年06月

MISC

  • Nitric oxide plays a critical role in suppression of T-cell proliferation by mesenchymal stem cells
    Kazuya Sato, Katsutoshi Ozaki, Iekuni Oh, Akiko Meguro, Keiko Hatanaka, Tadashi Nagai, Kazuo Muroi, and Keiya Ozawa
    Blood(109) 228 2007年
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • Nitric oxide plays a critical role in suppression of T-cell proliferation by mesenchymal stem cells
    Kazuya Sato, Katsutoshi Ozaki, Iekuni Oh, Akiko Meguro, Keiko Hatanaka, Tadashi Nagai, Kazuo Muroi, and Keiya Ozawa
    Blood(109) 228 2007年

講演・口頭発表

  • Mesenchymal Stem Cells (MSCs) Suppress T Cell Proliferation by a Novel NO-stat5 Dependent Mechanism.
    ASH Annual Meeting 2005年
  • Mesenchymal Stem Cells Produce Nitric Oxide, a Key Molecule for T Cell Suppression, upon Interaction with Activated T Cells
    ASH Annual Meeting 2006年
  • Hyaluronidase and IFN-{gamma} from Activated T-Cells Are Key Mediators To Induce Immunosuppressive Activity of Mesenchymal Stem Cells
    ASH Annual Meeting 2007年
  • "Incidental Carcinomas" Detected by PET/CT Scans in the Patients with Malignant Lymphoma: A Single-Center Experience with 363 Patients
    ASH Annual Meeting 2010年
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • Mesenchymal Stem Cells (MSCs) Suppress T Cell Proliferation by a Novel NO-stat5 Dependent Mechanism.
    ASH Annual Meeting 2005年
  • Mesenchymal Stem Cells Produce Nitric Oxide, a Key Molecule for T Cell Suppression, upon Interaction with Activated T Cells
    ASH Annual Meeting 2006年
  • Hyaluronidase and IFN-{gamma} from Activated T-Cells Are Key Mediators To Induce Immunosuppressive Activity of Mesenchymal Stem Cells
    ASH Annual Meeting 2007年
  • "Incidental Carcinomas" Detected by PET/CT Scans in the Patients with Malignant Lymphoma: A Single-Center Experience with 363 Patients
    ASH Annual Meeting 2010年

外部的資金

  • 間葉系幹細胞による免疫抑制機構
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 間葉系幹細胞による免疫抑制機構


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.