研究者総覧

堀江 久永 (ホリエ ヒサナガ)

  • 中央手術部 教授
Last Updated :2021/11/23

研究者情報

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 大腸癌   

研究分野

  • ライフサイエンス / 消化器外科学

経歴

  • 自治医科大学(JMU)助教授・准教授

研究活動情報

論文

  • Daishi Naoi, Hisanaga Horie, Koji Koinuma, Yuko Kumagai, Gaku Ota, Mineyuki Tojo, Yuji Kaneda, Shuji Hishikawa, Ai Sadatomo, Yoshiyuki Inoue, Noriyoshi Fukushima, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    Surgery today 51 10 1713 - 1719 2021年10月 
    PURPOSE: The aim of this study was to evaluate both the intestinal mucosa staple line integrity and anastomotic leak pressure after healing in a porcine survival model. METHODS: We used two suture models using two different size staples (incomplete mucosal closure model: group G [staple height 0.75 mm], complete mucosal closure model: group B [staple height 1.5 mm]) in the porcine ileum. Five staple lines were created in each group made in the ileum for each model, and the staple sites harvested on days 0, 2, and 7. The leak pressure at the staple site was measured at each time point. RESULTS: On day 0, the leak pressure for group G (79.5 mmHg) was significantly lower than that for group B (182.3 mmHg) (p < 0.01). On days 2 and 7, there was no significant difference between groups G and B (171 mmHg and 175.5 mmHg on day 2, 175.5 mmHg and 175.5 mmHg on day 7, p > 0.05). The histological findings in both groups showed similar healing at postoperative days 2 and 7. CONCLUSION: The integrity of the mucosal staple lines was associated with the postoperative leak pressure on day 0. However, there was no association with the leak pressure at two days or more postoperatively in a porcine model.
  • 外科医による起業-医工連携・産学連携- 外科医を取り巻く職場ニーズから中小企業の事業創出に繋がった産学連携事業の報告
    川平 洋, 井上 賢之, 篠原 翔一, 兼田 裕司, 千葉 蒔七, 窪木 大悟, 太田 学, 松本 志郎, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, Lefor Alan K., 中村 亮一, 下村 義弘, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 121回 NES - 2 (一社)日本外科学会 2021年04月
  • 高橋 礼, 笹沼 英紀, 池田 恵理子, 三木 厚, 森嶋 計, 吉田 淳, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 瓦井Lefor Alan, 福嶋 敬宜, 佐田 尚宏
    膵臓 36 2 142 - 149 (一社)日本膵臓学会 2021年04月 
    症例は37歳,女性.25歳で偶発的に膵体尾部に嚢胞性病変を指摘され,精査目的に当院消化器内科に紹介された.腹部造影CTとMRI検査では膵尾部に約5cmの嚢胞性腫瘤を認め膵粘液性嚢胞腫瘍(mucinous cystic neoplasm:MCN)が疑われたが,経過観察の方針となった.32歳時の第2子妊娠を契機に経過観察が一時中断となり,5年後の37歳に再診した.嚢胞性腫瘤は多房化し,大きさ6cmへの増大を認め,血清CA19-9の上昇を伴ったことから手術目的に消化器外科紹介となった.腹腔鏡下膵体尾部脾摘術を施行し,術後経過は良好で術後11日目に退院した.病理組織像では卵巣様間質を認め,微小浸潤を伴った膵粘液性嚢胞腺癌の診断であった.MCNの自然史を解明するには長期経過観察例の集積が必要である.(著者抄録)
  • Daishi Naoi, Koji Koinuma, Hideki Sasanuma, Yasunaru Sakuma, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Kokichi Sugano, Mineko Ushiama, Teruhiko Yoshida, Naohiro Sata
    Surgical case reports 7 1 35 - 35 2021年01月 
    BACKGROUND: Familial adenomatous polyposis (FAP) is characterized by the presence of hundreds to thousands of colonic polyps, and extracolonic manifestations are likely to occur. Pancreatic tumors are rare extracolonic manifestations in patients with FAP, among which solid-pseudopapillary neoplasm (SPN) are extremely rare. We report here a patient with an SPN of the pancreas found during the follow-up of FAP. CASE PRESENTATION: A 20-year-old woman was diagnosed with FAP 3 years previously by colonoscopy which revealed less than 100 colonic polyps within the entire colon. She complained of left upper abdominal pain and a 10-cm solid and cystic pancreatic tumor was found by computed tomography scan. Solid and cystic components within the tumor were seen on abdominal magnetic resonance imaging. Simultaneous laparoscopic resection of the distal pancreas and subtotal colectomy was performed. Histopathological findings confirmed the pancreatic tumor as an SPN without malignancy. Abnormal staining of beta-catenin was observed by immunohistochemical study. Multiple polyps in the colorectum were not malignant. Molecular biological analysis from peripheral blood samples revealed a decrease in the copy number of the promoter 1A and 1B region of the APC gene, which resulted in decreased expression of the APC gene. CONCLUSIONS: A rare association of SPN with FAP is reported. The genetic background with relation to beta-catenin abnormalities is interesting to consider tumor development. So far, there are few reports of SPN in a patient with FAP. Both lesions were treated simultaneously by laparoscopic resection.
  • Akira Saito, Mineyuki Tojo, Yuko Kumagai, Hideyuki Ohzawa, Hironori Yamaguchi, Hideyo Miyato, Ai Sadatomo, Daishi Naoi, Gaku Ota, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Heliyon 7 1 e05880  2021年01月 
    Aim: PD-1/PD-L1 blockade therapy is now widely used for the treatment of advanced malignancies. Although PD-L1 is known to be expressed by various host cells as well as tumor cells, the role of PD-L1 on non-malignant cells and its clinical significance is unknown. We evaluated cell type-specific expression of PD-L1 in colorectal cancer (CRC) specimens using multicolor flow cytometry. Methods: Single cell suspensions were made from 21 surgically resected CRC specimens, and immunostained with various mAbs conjugated with different fluorescent dyes. Tumor cells, stromal cells, and immune cells were identified as CD326(+), CD90(+) and CD45(+) phenotype, respectively. CD11b(+) myeloid cells, CD19(+) B cells and CD4(+) or CD8(+) T cells were also stained in different samples, and their frequencies in the total cell population and the ratio of PD-L1(+) cells to each phenotype were determined. Results: PD-L1 was expressed by all the cell types. The ratio of PD-L1(+) cells to CD326(+) tumor cells was 19.1% ± 14.0%, lower than those for CD90(+) stromal cells (39.6% ± 16.0%) and CD11b(+) myeloid cells (31.9% ± 14.3%). The ratio of PD-L1(+) cells in tumor cells correlated strongly with the ratio in stromal cells, while only weakly with that in myeloid cells. Tumor cells were divided into two populations by CD326 expression levels, and the PD-L1 positive ratios were inversely correlated with the rate of CD326 highly expressing cells as well as mean fluorescein intensity of CD326 in tumor cells, while positively correlated with the frequencies of stromal cells or myeloid cells in CRC. Conclusion: PD-L1 is differentially expressed on various cell types in CRC. PD-L1 on tumor cells may be upregulated together with CD326 downregulation in the process of epithelial mesenchymal transition. Quantification of cell type-specific expression of PD-L1 using multicolor flow cytometry may provide useful information for the immunotherapy of solid tumors.
  • Hideyuki Ohzawa, Yuki Kimura, Akira Saito, Hironori Yamaguchi, Hideyo Miyato, Yasunaru Sakuma, Hisanaga Horie, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Annals of surgical oncology 27 13 5057 - 5064 2020年12月 
    BACKGROUND: Repeat intraperitoneal (IP) chemotherapy has been successfully used for treatment of peritoneal metastases (PM) from gastric cancer (GC). Exosomes play important roles not only in tumor progression but also in chemoresistance via transfer of microRNAs (miRNAs). However, there is little evidence of an effect of miRNAs in peritoneal exosomes on chemosensitivity of peritoneal lesions. METHODS: In 74 patients with advanced GC who underwent staging laparoscopy, exosomes were isolated from peritoneal fluid and expression levels of miR-21-5p, miR-223-3p, and miR-29b-3p determined using TaqMan Advanced miRNA assays. In 43 patients with PM treated with combination chemotherapy, S-1 plus Oxaliplatin together with IP Paclitaxel, the relationship between their relative expression levels and outcomes was examined. RESULTS: The ratios of miR-21-5p/miR-29b-3p and miR-223-3p/miR-29b-3p were significantly upregulated in patients with PM, especially in patients with high serum CA125 levels. They showed a mild association with Peritoneal Cancer Index (PCI) score and ascites. More impressively, the ratios were significantly higher in 16 patients with progression of PM within 1 year compared with 27 patients with an excellent tumor response (miR-21-5p/miR-29b-3p: median 17.49, range 1.83-50.90 vs. median 4.64, range 0.40-38.96, p = 0.0015, miR-223-3p/miR-29b-3p: median 1.02, range 0.23-25.85 vs. median 0.21, range 0.01-50.07, p = 0.0006). Overall survival of patients with high miR-21/miR-29b or miR-223/miR-29b ratios was significantly worse than in patients with low ratios (p = 0.0117, p = 0.0021). CONCLUSIONS: The ratios of miRNAs in peritoneal exosome correlate with survival of the patients with PM from GC and suggest the possibility that they modify the chemosensitivity against IP chemotherapy.
  • 遠隔診療と遠隔教育 学習管理・ウェブ会議システム併用による遠隔型外科臨床実習の実施報告
    川平 洋, 前田 佳孝, 淺田 義和, 鈴木 義彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本コンピュータ外科学会誌 22 4 269 - 269 (一社)日本コンピュータ外科学会 2020年11月
  • Akira Saito, Joji Kitayama, Hisanaga Horie, Koji Koinuma, Hideyuki Ohzawa, Hironori Yamaguchi, Hiroshi Kawahira, Toshiki Mimura, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    Cancer science 111 11 4012 - 4020 2020年11月 
    Accumulating evidence suggests that metformin reduces the incidence and mortality of colorectal cancer (CRC). However, underlying mechanisms have not been fully clarified. The aim of this study was to examine the pathological characteristics of resected CRC from patients treated with metformin for type 2 diabetes mellitus (DM). In total, 267 patients with DM underwent curative colectomy for Stage I-III CRC and 53 (19.9%) patients had been treated medically including metformin. Pathological N-stage was significantly lower in metformin-treated patients (P < .05) with prolonged disease-free survival (DFS) (P < .05). Immunohistochemistry showed that the densities of CD3(+) and CD8(+) tumor-infiltrating lymphocytes (TILs) in the invasive front area were significantly higher in 40 patients treated with metformin compared with propensity score matched cases without metformin (P < .05). The density of tertiary lymphoid structures (TLS) in tumor stroma was markedly increased in metformin-treated patients (P < .001). In those tumors, there were more CD68(+) tumor-associated macrophages (TAM) infiltrated (P < .05), while the ratio of CD163(+) M2-phenotype was markedly reduced (P < .001). Stromal fibrosis tended to be suppressed by metformin intake (P = .051). These findings suggested that metformin drastically changes the characteristics of infiltrating immune cells in CRC and reprograms the tumor microenvironment from immunosuppressive to immunocompetent status, which may lead to suppression of microscopic tumor spread and improve the outcomes of patients with CRC and type 2 DM.
  • 大腸癌細胞株LuM1肺転移モデルにおけるMetformin併用放射線治療
    東條 峰之, 津久井 秀則, 齋藤 晶, 高橋 和也, 木村 有希, 熊谷 祐子, 宮戸 秀世, 大澤 英之, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事 79回 OE10 - 3 2020年10月
  • マウス胃癌腹膜播種モデルにおける抗PD-1抗体の効果と腹腔内免疫細胞の動態について
    熊谷 祐子, 宮戸 秀世, 大澤 英之, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事 79回 OJ10 - 4 2020年10月
  • 術前CT検査による3D血管構築が腹腔鏡手術に有用であった腸回転異常に伴う上行結腸癌の1例
    直井 大志, 鯉沼 広治, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 81 増刊 410 - 410 日本臨床外科学会 2020年10月
  • 回腸原発悪性黒色腫の一例
    篠原 翔一, 直井 大志, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 81 増刊 426 - 426 日本臨床外科学会 2020年10月
  • 腹腔鏡下手術・開腹手術時における直接介助看護師のウェアラブルチェア使用の受容性
    井上 賢之, 川平 洋, 下村 義弘, 高久 美子, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    人間工学 56 5 165 - 169 (一社)日本人間工学会 2020年10月 
    手術を介助する直接介助看護師は身体的負担が大きいことから、立位姿勢を支持する近未来的ウェアラブルチェアであるアルケリスを導入し、直接介助看護師の身体的負担軽減を試みた。アルケリスを装着した直接介助看護師に、腹腔鏡下手術(n=6)/開腹手術(n=6)従事後に10項目からなるアンケート調査を行った。アルケリスの各手術下での受容性は「全体的な使用感」、「使用ニーズ」、「器械出しのし易さ」、「安定感」をVisual Analog Scaleで評価した。装着時、非装着時の身体的負担はBorgスケールで計測した。アルケリスの使用は、重量・装着時の快適性などの改善が必要であるが、腹腔鏡下手術時において相対的に直接介助看護師の受容性は高く、特に安定感の面で顕著であった。(著者抄録)
  • Yuichi Aoki, Hideki Sasanuma, Yuki Kimura, Akira Saito, Kazue Morishima, Yuji Kaneda, Kazuhiro Endo, Atsushi Yoshida, Atsushi Kihara, Yasunaru Sakuma, Hisanaga Horie, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    The Journal of international medical research 48 10 300060520962967 - 300060520962967 2020年10月 
    Traumatic injury to the main pancreatic duct requires surgical treatment, but optimal management strategies have not been established. In patients with isolated pancreatic injury, the pancreatic parenchyma must be preserved to maintain long-term quality of life. We herein report a case of traumatic pancreatic injury with main pancreatic duct injury in the head of the pancreas. Two years later, the patient underwent a side-to-side anastomosis between the distal pancreatic duct and the jejunum. Eleven years later, he presented with abdominal pain and severe gastrointestinal bleeding from the Roux limb. Emergency surgery was performed with resection of the Roux limb along with central pancreatectomy. We attempted to preserve both portions of the remaining pancreas, including the injured pancreas head. We considered the pancreatic fluid outflow tract from the distal pancreatic head and performed primary reconstruction with a double pancreaticogastrostomy to avoid recurrent gastrointestinal bleeding. The double pancreaticogastrostomy allowed preservation of the injured pancreatic head considering the distal pancreatic fluid outflow from the pancreatic head and required no anastomoses to the small intestine.
  • 大腸憩室出血の診断と治療 当院における大腸憩室出血に対する外科的治療の現状
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 太田 学, 直井 大志, 佐田友 藍, 本間 祐子, 太白 健一, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 味村 俊樹, 佐田 尚宏, 森川 昇玲, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 73 9 A75 - A75 (一社)日本大腸肛門病学会 2020年09月
  • 低位前方切除後症候群診療における進歩と課題 低位前方切除後症候群に対する経肛門的洗腸療法の有用性に関する検討
    本間 祐子, 味村 俊樹, 村橋 賢, 太田 学, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 73 9 A84 - A84 (一社)日本大腸肛門病学会 2020年09月
  • 虫垂重積症を来した虫垂子宮内膜症の1例
    宮原 悠三, 伊藤 誉, 下地 信, 東 博, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    Gastroenterological Endoscopy 62 9 1585 - 1591 (一社)日本消化器内視鏡学会 2020年09月 
    症例は41歳女性,便潜血検査陽性のため行われた大腸内視鏡検査で,虫垂開口部に径20mmの正常粘膜に覆われた弾性,硬の隆起性病変を認めた.腹部CTでは腸管内腔に突出した隆起性病変として描出され,粘膜下腫瘍の術前診断で腹腔鏡下回盲部切除術を行った.術中観察では虫垂は盲腸内に反転しており虫垂重積を疑う所見であった.病理組織学的検査では,割面で虫垂粘膜の内反を認め,筋層内には円柱状の細胞からなる腺管が内膜様間質を伴って散見され,虫垂子宮内膜症に矛盾しない所見であった.虫垂子宮内膜症を原因とした虫垂重積症は稀であるが,特徴的な内視鏡所見を把握することで,盲腸切除などの縮小手術を施行できる可能性がある.(著者抄録)
  • 膵内副脾に発生した類表皮嚢胞の1例
    小堀 篤也, 森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 361回 28 - 28 日本消化器病学会-関東支部 2020年09月
  • Homare Ito, Hiroaki Kimura, Tadayoshi Karasawa, Shu Hisata, Ai Sadatomo, Yoshiyuki Inoue, Naoya Yamada, Emi Aizawa, Erika Hishida, Ryo Kamata, Takanori Komada, Sachiko Watanabe, Tadashi Kasahara, Takuji Suzuki, Hisanaga Horie, Joji Kitayama, Naohiro Sata, Kazuyo Yamaji-Kegan, Masafumi Takahashi
    JOURNAL OF IMMUNOLOGY 205 5 1393 - 1405 2020年09月 
    Intestinal ischemia/reperfusion (I/R) injury is a life-threatening complication that leads to inflammation and remote organ damage. The NLRP3 inflammasome regulates the caspase-1-dependent release of IL-1 beta, an early mediator of inflammation after I/R injury. In this study, we investigated the role of the NLRP3 inflammasome in mice with intestinal I/R injury. Deficiency of NLRP3, ASC, caspase-1/11, or IL-1 beta prolonged survival after intestinal I/R injury, but neither NLRP3 nor caspase-1/11 deficiency affected intestinal inflammation. Intestinal I/R injury caused acute lung injury (ALI) characterized by inflammation, reactive oxygen species generation, and vascular permeability, which was markedly improved by NLRP3 deficiency. Bone marrow chimeric experiments showed that NLRP3 in non-bone marrow-derived cells was the main contributor to development of intestinal I/R-induced ALI. The NLRP3 inflammasome in lung vascular endothelial cells is thought to be important to lung vascular permeability. Using mass spectrometry, we identified intestinal I/R-derived lipid mediators that enhanced NLRP3 inflammasome activation in lung vascular endothelial cells. Finally, we confirmed that serum levels of these lipid mediators were elevated in patients with intestinal ischemia. To our knowledge, these findings provide new insights into the mechanism underlying intestinal I/R-induced ALI and suggest that endothelial NLRP3 inflammasome-driven IL-1 beta is a novel potential target for treating and preventing this disorder.
  • 膵内副脾に発生した類表皮嚢胞の1例
    小堀 篤也, 森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 361回 28 - 28 日本消化器病学会-関東支部 2020年09月
  • Growing teratoma syndromeの診断で外科的切除を行った1例
    篠田 祐之, 吉田 淳, 篠原 翔一, 窪木 大悟, 宮戸 秀世, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 81 9 1921 - 1921 日本臨床外科学会 2020年09月
  • 味村 俊樹, 本間 祐子, 堀江 久永
    Medicina 57 9 1438 - 1446 (株)医学書院 2020年08月 
    <文献概要>Point ◎便秘は,症状によって排便回数減少型と排便困難型に分類される.◎便秘は,病態によって大腸通過正常型便秘症,大腸通過遅延型便秘症,便排出障害に分類される.◎排便回数が3回未満/週で硬便の場合は排便回数減少型,特に大腸通過遅延型便秘症である可能性が高い.◎食事摂取量,特に食物繊維の摂取量が少なくて排便回数が少ない場合は,大腸通過正常型である可能性が高い.◎重症度評価として,症状はConstipation Scoring System(CSS)を,便秘特異的QOLは日本語版Patient Assessment of Constipation Quality of Life Questionnaire(JPAC-QOL)を用いる.
  • 外科的侵襲・炎症と癌の転移再発 手術侵襲は末梢血中低比重好中球を増加させ遠隔転移を促進する
    熊谷 祐子, 金丸 理人, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 WS - 1 (一社)日本外科学会 2020年08月
  • 器械縫合において粘膜縫合の欠損が腸管吻合部の強度に与える影響
    直井 大志, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 太田 学, 東條 峰之, 兼田 裕司, 斎藤 晶, 木村 有希, 津久井 秀則, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 菱川 修司, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 SF - 7:[*] (一社)日本外科学会 2020年08月
  • 腹腔内液中エクソソームを用いた腹膜播種関連バイオマーカーの探索
    大澤 英之, 木村 有希, 齋藤 晶, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 SF - 1 (一社)日本外科学会 2020年08月
  • CD73を標的とした治療による直腸癌に対する放射線治療の増強効果(CD73 targeting therapy enhances the antitumor effect of radiotherapy in rectal cancer)
    津久井 秀則, 堀江 久永, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 細谷 好則, 味村 俊樹, 吉村 浩太郎, Alan Lefor, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 SF - 6 2020年08月
  • クローン病腸管病変に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    太田 学, 伊藤 誉, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP - 2 (一社)日本外科学会 2020年08月
  • 消化器外科用新規接着剤の開発
    佐久間 康成, 田口 哲志, 三木 厚, 斉藤 晶, 芝 聡美, 堀江 久永, 細谷 好則, 山口 博紀, 川平 洋, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP - 8 (一社)日本外科学会 2020年08月
  • 外科医の服装は患者・家族による診療の評価に影響するのか? 自治医科大学附属病院消化器一般移植外科病棟におけるアンケート調査
    清水 敦, Lefor Alan, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP - 5 (一社)日本外科学会 2020年08月
  • 医学生対象内視鏡外科手術トレーニングの報告と縫合結紮手技解析の初回報告
    川平 洋, 前田 佳孝, 松本 志郎, 鈴木 義彦, 淺田 義和, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP - 7 (一社)日本外科学会 2020年08月
  • Flowcytometryを用いた胃癌腹膜播種患者の腹腔内遊離細胞の解析
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP - 4 (一社)日本外科学会 2020年08月
  • Flowcytometryを用いた大腸癌組織における細胞別PD-L1、PD-L2の発現解析の試み
    齋藤 晶, 東条 峰之, 高橋 和也, 木村 有希, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 金丸 理人, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP - 5 (一社)日本外科学会 2020年08月
  • 胃全摘後の体重減少・食欲不振に対する六君子湯の治療効果 新規治療ターゲットと新規作用機序の解明を目指したパイロット試験
    田口 昌延, 倉科 憲太郎, 出崎 克也, 松本 志郎, 春田 英律, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 矢田 俊彦, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP - 8 (一社)日本外科学会 2020年08月
  • 十二指腸乳頭部癌切除例の長期成績
    小泉 大, 下平 健太郎, 木村 有希, 斉藤 晶, 森嶋 計, 兼田 裕司, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 川平 洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 SF - 1 (一社)日本外科学会 2020年08月
  • 肝門部領域胆管癌における切除断端と再発形態についての検討
    森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 三木 厚, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP - 5 (一社)日本外科学会 2020年08月
  • Kentaro Ushijima, Chisato Suzuki, Hiroko Kitamura, Ken Shimada, Hirotoshi Kawata, Akira Tanaka, Hisanaga Horie, Yoshinori Hosoya, Yasushi Imai, Chikamasa Yamashita, Akio Fujimura
    BMJ open diabetes research & care 8 1 2020年08月 
    INTRODUCTION: We previously reported in ob/ob mice, one of animal models of human type 2 diabetes mellitus (DM2), that (i) acetylation of histone H3 lysine 9 (H3K9) at the promoter region of clock gene Dbp and DBP mRNA expression are reduced in epididymal adipose tissue, (ii) binding of DBP to the promoter region of peroxisome proliferator-activated receptor (Ppar)-γ and mRNA expression of PPAR-γ1sv were decreased in preadipocytes and (iii) adiponectin secretion was decreased, leading to the impaired insulin sensitivity. RESEARCH DESIGN AND METHODS: The present study was undertaken to evaluate whether such the changes in visceral adipose tissue were detected in patients with DM2. We obtained omental and mesenteric adipose tissue during surgery of lymph node dissection for gastric and colorectal cancers, and investigated these variables in adipose tissue (omental from gastric cancer; 13 non-DM, 12 DM2: mesenteric from colorectal cancer; 12 non-DM, 11 DM2). RESULTS: Acetylation of histone H3K9 at the promoter region of Dbp and DBP mRNA expression in omental, but not in mesenteric adipose tissue were significantly lower in DM2 than in patients without DM. PPAR-γ mRNA expression in omental adipose tissue was also lower in patients with DM2, but not in mesenteric adipose tissue. CONCLUSIONS: The changes in DBP-PPAR-γ axis observed in mice with diabetes were also detected in patients with DM2. Because adiponectin secretion is reported to be enhanced through the PPAR-γ-related mechanism, this study supports the hypothesis that omental adipose tissue is involved in the mechanism of DM2.
  • 胃全摘後の体重減少・食欲不振に対する六君子湯の治療効果 新規治療ターゲットと新規作用機序の解明を目指したパイロット試験
    田口 昌延, 倉科 憲太郎, 出崎 克也, 松本 志郎, 春田 英律, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 矢田 俊彦, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP - 8 (一社)日本外科学会 2020年08月
  • Yoshiyuki Inoue, Hisanaga Horie, Yuko Homma, Ai Sadatomo, Makiko Tahara, Koji Koinuma, Hironori Yamaguchi, Toshiki Mimura, Atsushi Kihara, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    Surgical case reports 6 1 174 - 174 2020年07月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Goblet cell carcinoid (GCC) is a neuroendocrine tumor usually found in the appendix. GCCs exhibit characteristic findings with mixed endocrine-exocrine features such as staining positive for neuroendocrine markers and producing mucin. The primary GCC of the rectum is exceedingly rare. CASE PRESENTATION: A 77-year-old Japanese male presented with hematochezia. Anal tenderness and a hard mass in the anal canal were found on the digital rectal examination, and colonoscopy was performed. Colonoscopy showed an irregularly shaped mass in the anal canal. Biopsy showed mixed features including adenocarcinoma in situ, well-differentiated adenocarcinoma, and mucinous carcinoma with invasive proliferation. No metastatic lesions were found on the computed tomography scan. Pelvic magnetic resonance imaging scan showed extramural growth of a tumor on the ventral side of the rectum without invasion to the prostate. Laparoscopic abdominoperineal resection was performed. The final diagnosis was well-differentiated adenocarcinoma in the mucosa and goblet cell carcinoid from the submucosa to the adventitia of the rectum. The patient was discharged from the hospital on postoperative day 16. Six months after resection, a computed tomography scan revealed multiple metastatic lesions in the liver. Several chemotherapy regimens were given, and the patient has stable disease 27 months after surgery. CONCLUSION: We present a patient with rectal GCC with metachronous liver metastases. Since GCC grows intramurally and is biologically aggressive compared to typical carcinoid lesions, the disease is usually diagnosed at an advanced stage. The development of optimal adjuvant chemotherapy is needed for those patients.
  • 当院における内視鏡摘除後のT1直腸癌追加腸切除適応症例についての検討
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 73 7 332 - 332 (一社)日本大腸肛門病学会 2020年07月
  • 術前CRT施行直腸癌症例に対する側方リンパ節郭清の適応
    井上 賢之, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 伊藤 誉, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 73 7 346 - 346 (一社)日本大腸肛門病学会 2020年07月
  • 味村 俊樹, 本間 祐子, 堀江 久永
    内科 126 1 9 - 15 (株)南江堂 2020年07月 
    <文献概要>▼下剤の適応は,大腸の蠕動運動能が低下している大腸通過遅延型便秘症である.▼非刺激性下剤を毎日内服して,排便回数を1回/2日〜2回/日,便性状をブリストル便性状スケールでタイプ3〜5になるように調節し,調節できるまでは刺激性下剤をレスキューとして頓用使用する.▼大腸通過遅延型便秘症の重症度はさまざまなので,非刺激性下剤の第一選択は,微調節が可能な酸化マグネシウム,モビコール,ラグノスNFゼリーのいずれかを使用する.▼非刺激性下剤は,保険局医療課長通知(保医発)に従って,薬価の低い酸化マグネシウムが第一選択である(小児ではモビコールも可).それが無効か使用できない場合にのみ,新規便秘症治療薬を使用する.
  • 当院における内視鏡摘除後のT1直腸癌追加腸切除適応症例についての検討
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 73 7 332 - 332 (一社)日本大腸肛門病学会 2020年07月
  • 術前CRT施行直腸癌症例に対する側方リンパ節郭清の適応
    井上 賢之, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 伊藤 誉, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 73 7 346 - 346 (一社)日本大腸肛門病学会 2020年07月
  • 肛門指診と肛門内圧検査値の比較・検討
    本間 祐子, 味村 俊樹, 田島 桂子, 小野寺 敏江, 藤元 歩美, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 73 6 271 - 271 (一社)日本大腸肛門病学会 2020年06月
  • 排便機能外来立ち上げから1年間の診療実績
    本間 祐子, 味村 俊樹, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 73 6 275 - 275 (一社)日本大腸肛門病学会 2020年06月
  • 難治性排便障害に対する経肛門的洗腸療法 当院での経肛門的洗腸療法の治療成績
    本間 祐子, 味村 俊樹, 田口 深雪, 西田 路子, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 73 6 277 - 277 (一社)日本大腸肛門病学会 2020年06月
  • Hidenori Tsukui, Hisanaga Horie, Koji Koinuma, Hideyuki Ohzawa, Yasunaru Sakuma, Yoshinori Hosoya, Hironori Yamaguchi, Kotaro Yoshimura, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    BMC cancer 20 1 411 - 411 2020年05月 
    BACKGROUND: Anti-tumor effects of radiation therapy (RT) largely depend on host immune function. Adenosine with its strong immunosuppressive properties is an important immune checkpoint molecule. METHOD: We examined how intra-tumoral adenosine levels modify anti-tumor effects of RT in a murine model using an anti-CD73 antibody which blocks the rate-limiting enzyme to produce extracellular adenosine. We also evaluated CD73 expression in irradiated human rectal cancer tissue. RESULTS: LuM-1, a highly metastatic murine colon cancer, expresses CD73 with significantly enhanced expression after RT. Subcutaneous (sc) transfer of LuM-1 in Balb/c mice developed macroscopic sc tumors and microscopic pulmonary metastases within 2 weeks. Adenosine levels in the sc tumor were increased after RT. Selective RT (4Gyx3) suppressed the growth of the irradiated sc tumor, but did not affect the growth of lung metastases which were shielded from RT. Intraperitoneal administration of anti-CD73 antibody (200 μg × 6) alone did not produce antitumor effects. However, when combined with RT in the same protocol, anti-CD73 antibody further delayed the growth of sc tumors and suppressed the development of lung metastases presumably through abscopal effects. Splenocytes derived from RT+ CD73 antibody treated mice showed enhanced IFN-γ production and cytotoxicity against LuM-1 compared to controls. Immunohistochemical studies of irradiated human rectal cancer showed that high expression of CD73 in remnant tumor cells and/or stroma is significantly associated with worse outcome. CONCLUSION: These results suggest that adenosine plays an important role in the anti-tumor effects mediated by RT and that CD73/adenosine axis blockade may enhance the anti-tumor effect of RT, and improve the outcomes of patients with locally advanced rectal cancer.
  • 【消化管症候群(第3版)-その他の消化管疾患を含めて-】空腸、回腸、盲腸、結腸、直腸(下) 腸閉塞 結腸軸捻症
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床 別冊 消化管症候群IV 316 - 319 (株)日本臨床社 2020年05月
  • 高橋 和也, 堀江 久永, 井上 賢之, 太田 学, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    手術 74 6 949 - 954 金原出版(株) 2020年05月 
    77歳男。会陰部の膨隆と疼痛を主訴とした。下部進行直腸癌に対する術前化学療法+腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術後1ヵ月に絞扼性イレウスを発症し、緊急開腹手術を行ったが、術後に会陰部の膨隆と歩行障害を伴うほどの疼痛が出現した。腹部CTでは骨盤底への腸管の脱出はみられなかったが、会陰部皮下まで腹水の貯留を認め、会陰ヘルニアと診断して会陰ヘルニア修復術を行った。手術操作、合併症対策、ヘルニアの確実な修復の観点から経腹・経会陰の同時アプローチを選択し、前立腺から肛門挙筋で構成された3×3cmのヘルニア門をメッシュで被覆、固定した。本症例は放射線治療後であること、初回手術時に骨盤底の修復が行われていなかったことが会陰ヘルニア発症の一因と考えられた。
  • 【消化管症候群(第3版)-その他の消化管疾患を含めて-】空腸、回腸、盲腸、結腸、直腸(下) 機能障害、運動異常 直腸瘤
    味村 俊樹, 本間 祐子, 堀江 久永
    日本臨床 別冊 消化管症候群IV 377 - 382 (株)日本臨床社 2020年05月
  • 【消化管症候群(第3版)-その他の消化管疾患を含めて-】空腸、回腸、盲腸、結腸、直腸(下) 機能障害、運動異常 機能性便排出障害
    味村 俊樹, 本間 祐子, 堀江 久永
    日本臨床 別冊 消化管症候群IV 383 - 390 (株)日本臨床社 2020年05月
  • 味村 俊樹, 本間 祐子, 堀江 久永
    日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌 23 4 413 - 415 (一社)日本創傷・オストミー・失禁管理学会 2020年03月
  • 本間 祐子, 安田 是和, 北山 丈二, 細谷 好則, 堀江 久永, 佐久間 康成, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    自治医科大学紀要 42 29 - 34 (学)自治医科大学 2020年03月 
    症例は55歳女性。4年前にC型慢性肝炎と診断されたが治療を自己中断していた。心窩部痛を主訴に来院。CTで肝S8に径8cmの低濃度腫瘍、肝内胆管拡張を認め肝内胆管癌と診断。右3区域切除を予定したが、術中に肝門板左側まで腫瘍浸潤を認め背景にC型肝炎も併存していたため1期的切除は困難と判断。2期的拡大肝右葉切除の方針へ変更し右門脈結紮術を施行した。治療目的に肝動注化学療法を3回施行したが効果なく、経過中に腫瘍の右横隔膜浸潤を認めたため根治切除は不能と判断、肝動脈化学塞栓療法(TACE)へ変更した。TACE1回目直後から腫瘍マーカーは低下し治療効果を認めた。発症から1年9ヵ月間に計7回のTACEを施行し腫瘍はコントロールされていたが、発症から2年2ヵ月目に腫瘍が増大し4年2ヵ月目に死亡した。遠隔転移のない局所進行肝内胆管癌に対し門脈結紮後にTACEを併施し有効な治療効果を得た1例を経験したので報告する。(著者抄録)
  • 大豆生田 尚彦, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 片野 匠, 篠原 翔一, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 三木 厚, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内分泌学会雑誌 95 4 1697 - 1697 (一社)日本内分泌学会 2020年02月
  • 味村 俊樹, 本間 祐子, 堀江 久永
    日本臨床 別冊 消化管症候群II 413 - 419 (株)日本臨床社 2020年02月
  • 当院でのABTHERドレッシングキットの使用経験と工夫について
    篠原 翔一, 笹沼 英紀, 篠田 祐之, 窪木 大悟, 宮戸 秀世, 森嶋 計, 吉田 淳, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 40 2 422 - 422 (一社)日本腹部救急医学会 2020年02月
  • Katsusuke Mori, Koji Koinuma, Hiroshi Nishino, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    International journal of surgery case reports 66 39 - 42 2020年 
    INTRODUCTION: Metastases to the thyroid gland in patients with colorectal cancer are uncommon. We report a patient with rectal cancer who developed a metastasis to the thyroid gland. PRESENTATION OF CASE: The patient was a 45-year-old female five years status post rectal cancer resection. A thyroid lesion was detected on PET-CT scan with synchronous lung metastases. After pulmonary resection, a partial thyroidectomy was performed and pathological examination with immunohistochemical staining confirmed that the lesion was a metastasis from previous rectal cancer. She is free from recurrence two years after thyroid surgery. DISCUSSION: Colorectal metastases to the thyroid gland are usually seen with widespread disease, often with lung and liver metastases. The overall outcomes of previously reported patients with thyroid metastases were extremely poor, with most patients dying within months of diagnosis. Careful attention should be given to other sites of metastatic disease including the thyroid gland during postoperative follow-up. PET scan may be helpful to establish the diagnosis. CONCLUSION: Treatment decisions must be individualized, and depend on the presence of systemic disease. Selected patients may benefit from resection of metastases, and PET scan may be useful to identify patients who will benefit from resection.
  • Ken-Ichi Oshiro, Koji Koinuma, Misaki Matsumiya, Mariko Takami, Satoshi Inose, Katsumi Kurihara, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    International journal of surgery case reports 66 136 - 138 2020年 
    INTRODUCTION: Internal hernias are rare after laparoscopic colorectal resections. We report a patient with an internal hernia through a defect in the transverse mesocolon following laparoscopic resection. PRESENTATION OF CASE: A 52-year-old male underwent laparoscopic colectomy for transverse colon cancer and had an unremarkable postoperative course. Thirty days postoperatively, he presented to the emergency room with sudden onset abdominal pain and vomiting. Enhanced abdominal computed tomography scan showed strangulated small intestine in the left upper abdomen. An internal hernia through the mesenteric defect created during the recent colon resection was suspected, and emergency laparotomy was performed. One hundred thirty cm of small intestine was found herniated through a mesenteric defect. After repositioning the ischemic-appearing intestine, a 5 cm defect in the transverse mesocolon was found which had not been closed during the previous laparoscopic operation. No intestinal resection was needed, and the mesenteric defect closed with non-absorbable sutures. The post-operative course was unremarkable except for paralytic ileus, which resolved without further intervention. DISCUSSION: The incidence of internal hernia through a mesenteric defect after laparoscopic colorectal resection is quite low. Therefore, routine closure of the mesenteric defect after laparoscopic colorectal resection is not required. However, a left sided defect in the transverse mesocolon might be at higher risk of causing an internal hernia on anatomic grounds. CONCLUSION: We believe that mesenteric defects should be closed after laparoscopic resection of the left side of transverse colon, regardless of their size.
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術における高血圧症改善因子の検討
    金丸 理人, 春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 高橋 和也, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本成人病(生活習慣病)学会会誌 46 68 - 68 日本成人病(生活習慣病)学会 2020年01月
  • Hideyuki Ohzawa, Yuko Kumagai, Hironori Yamaguchi, Hideyo Miyato, Yasunaru Sakuma, Hisanaga Horie, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Annals of gastroenterological surgery 4 1 84 - 93 2020年01月 
    Aim: Peritoneal metastases (PM) frequently occur in patients with gastric cancer and result in a poor prognosis. Exosomes play pivotal roles in tumor metastasis through the transfer of microRNAs (miRNAs). We examined the exosomal miRNA profile in peritoneal fluids to identify novel biomarkers to reflect tumor burden in the peritoneum. Methods: Exosomes were isolated from peritoneal fluids of patients of gastric cancer with macroscopic (P1) or microscopic (P0CY1) peritoneal metastasis (PM) and comprehensive miRNA expression analysis was carried out. Expressions of candidate miRNAs were then validated in all 58 samples using TaqMan Advanced miRNA Assays. Results: In initial screening, we carried out comprehensive analysis of exosomal miRNA using peritoneal fluids from 11 and 14 patients with or without PM, respectively, and identified 11 dysregulated miRNAs in PM (+) samples. Validation analysis showed that four miRNAs (miR-21-5p, miR-92a-3p, miR-223-3p, and miR-342-3p) were significantly upregulated in 12 PM (+) samples, and their expression levels showed positive correlation with peritoneal cancer index. In contrast, miR-29 family were all downregulated in patients with PM (+) samples. Moreover, in 24 patients with pT4 tumor, miR-29 at gastrectomy tended to be lower in six patients with peritoneal recurrence with significant differences in miR-29b-3p (P = .012). Conclusion: Expression pattern of miRNAs in peritoneal exosomes well reflects the tumor burden in the peritoneal cavity and could be a useful biomarker in the treatment of PM.
  • 齋藤 晶, 鯉沼 広治, 田原 真紀子, 森 和亮, 井上 賢之, 宮永 明子, 秋山 陽一郎, 天野 雄介, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会雑誌 53 1 22 - 29 (一社)日本消化器外科学会 2020年01月 
    症例は45歳の男性で,多発血管炎性肉芽腫症に対して当院アレルギー・リウマチ科で薬剤療法を開始した.開始後12日目に下腹部痛が出現し,腹部CTにて消化管穿孔と診断し緊急手術を施行した.小腸間膜対側に10mm以下の発赤を20ヶ所認め,うち2ヶ所の穿孔部を含む3ヶ所を部分切除した.術後経過は良好で,9日目に薬剤療法を再開した小腸穿孔部の病理組織学的検査所見では,血管壁への炎症細胞の浸潤を認め,多発血管炎性肉芽腫症に伴う消化管穿孔と診断した.術後53日目に絞扼性イレウスが疑われ緊急手術を施行したが,明らかな絞扼性イレウスや穿孔の所見は認めなかった.その後の経過は良好で,薬剤療法を再開,継続中である.今回の検討から多発血管炎性肉芽腫症に伴う消化管穿孔は重症化しやすく,潰瘍性病変が多発する傾向にあり,ときに再穿孔を来すことがわかった.これらを十分理解し,患者・家族へ説明し,治療にあたることが必要である.(著者抄録)
  • 切除可能進行食道癌における体重と予後との関連
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 北山 丈二, 山口 博紀, 齋藤 心, 春田 英律, 松本 志郎, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 大澤 英之, 川平 洋, 堀江 久永, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    日本成人病(生活習慣病)学会会誌 46 82 - 82 日本成人病(生活習慣病)学会 2020年01月
  • 内視鏡下結腸手術のエビデンス 高齢の結腸直腸癌患者に対する腹腔鏡下手術 多施設後向き研究(Evidences of Colonoscopy Surgery Laparoscopic surgery for colorectal cancer in elderly patients: A multicenter retrospective study)
    Hinoi Takao, Yamamoto Seiichiro, Okamura Ryosuke, Takahashi Makoto, Niitsu Hiroaki, Kochi Masafumi, Sada Haruki, Okajima Masazumi, Ohdan Hideki, Hasegawa Hirotoshi, Yamaguchi Shigeki, Murata Kouhei, Horie Hisanaga, Watanabe Masahiko
    日本内視鏡外科学会雑誌 24 7 SY8 - 3 2019年12月
  • 腹腔鏡下直腸切断術におけるインターシードの使用経験
    田原 真紀子, 堀江 久永, 太田 学, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 味村 俊樹, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 24 7 MO039 - 5 (一社)日本内視鏡外科学会 2019年12月
  • スリーブ状胃切除術の問題点 当院の肥満外科手術の治療成績と今後の課題
    春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 川平 洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 24 7 WS34 - 8 (一社)日本内視鏡外科学会 2019年12月
  • 当科における直腸癌に対するTaTMEの導入と短期治療成績
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 田原 真紀子, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 川平 洋, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 24 7 SF057 - 2 (一社)日本内視鏡外科学会 2019年12月
  • 直腸癌術前化学放射線治療実施症例に対する腹腔鏡下側方リンパ節郭清の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 本間 祐子, 太田 学, 佐久間 康成, 川平 洋, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 24 7 SF101 - 3 (一社)日本内視鏡外科学会 2019年12月
  • 予防的人工肛門造設からみた直腸癌術後の縫合不全対策
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 太田 学, 本間 祐子, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 24 7 SF106 - 3 (一社)日本内視鏡外科学会 2019年12月
  • 内視鏡手術手技の初学者にとって3次元内視鏡のアドバンテージはあるか?
    松本 志郎, 遠藤 和宏, 川平 洋, 細谷 好則, 佐久間 康成, 堀江 久永, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 24 7 MO094 - 4 (一社)日本内視鏡外科学会 2019年12月
  • 胃癌・大腸癌に対して腹腔鏡下に同時切除を行った9症例の検討
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 春田 英律, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 佐久間 康成, 堀江 久永, 味村 俊樹, 川平 洋, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 24 7 MO142 - 2 (一社)日本内視鏡外科学会 2019年12月
  • 肝内胆管癌疑いの症例に対して腹腔鏡下肝切除を行い肝類上皮細胞肉芽腫と診断された1例
    吉田 淳, 佐久間 康成, 宮戸 英世, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 24 7 MO188 - 5 (一社)日本内視鏡外科学会 2019年12月
  • 食道癌とS状結腸癌に対し、鏡視下食道亜全摘術と腹腔鏡下S状結腸切除術を施行した一例
    窪木 大悟, 春田 英律, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 細谷 好則, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 24 7 MO251 - 2 (一社)日本内視鏡外科学会 2019年12月
  • 味村 俊樹, 本間 祐子, 堀江 久永
    日本臨床 77 11 1822 - 1832 (株)日本臨床社 2019年11月
  • 山野井 徳子, 橋本 愛, 森田 直美, 春田 英律, 高久 美子, 堀江 久永, 竹内 護, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    肥満研究 25 Suppl. 319 - 319 (一社)日本肥満学会 2019年10月
  • 診断的ESDによって確定診断しえた超高分化型胃癌の一手術例
    松本 志郎, 細谷 好則, 高橋 和也, 金丸 理人, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 80 増刊 691 - 691 日本臨床外科学会 2019年10月
  • 味村 俊樹, 本間 祐子, 堀江 久永
    日本大腸肛門病学会雑誌 72 10 583 - 599 (一社)日本大腸肛門病学会 2019年10月 
    2017年に本邦初の慢性便秘症診療ガイドラインが発行され,その中で「便秘」は,「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」と定義された.また便秘症は,症状によって排便回数減少型と排便困難型に,病態によって大腸通過遅延型,大腸通過正常型,便排出障害に分類された.慢性便秘症の病態は多数あるので,正しい診断に基づいて適切に治療する必要がある.初期診療では,症状と身体診察で排便回数減少型と排便困難型を鑑別した上で,食事・生活・排便習慣指導や慢性便秘症治療薬で治療する.それで症状が改善しなければ,専門施設で大腸通過時間検査や排便造影検査にて病態を診断するが,その際には,真の便秘ではない機能性腹痛症,機能性腹部膨満症,排便強迫神経症を鑑別することが重要である.専門的治療にはバイオフィードバック療法,直腸瘤修復術,ventral rectopexy,結腸全摘・回腸直腸吻合術などがある.(著者抄録)
  • 腹膜播種陽性胃癌に対するSOX+PTX腹腔内投与併用療法
    宮戸 秀世, 山口 博紀, 齋藤 心, 細谷 好則, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本癌治療学会学術集会抄録集 57回 P135 - 3 2019年10月
  • 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    肥満研究 25 Suppl. 191 - 191 (一社)日本肥満学会 2019年10月
  • 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    肥満研究 25 Suppl. 324 - 324 (一社)日本肥満学会 2019年10月
  • 千葉 蒔七, 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    肥満研究 25 Suppl. 254 - 254 (一社)日本肥満学会 2019年10月
  • 篠田 祐之, 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    肥満研究 25 Suppl. 317 - 317 (一社)日本肥満学会 2019年10月
  • 新しい医療機器の開発と臨床応用 外科医用ウェアラブルチェア「アルケリス」の開発と臨床使用の経験
    川平 洋, 中村 亮一, 下村 義弘, 大城 崇司, 岡住 慎一, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, アラン・レフォー, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 80 増刊 340 - 340 日本臨床外科学会 2019年10月
  • 外科臨床におけるAIの利用 Deep Learningによる早期大腸癌病変における内視鏡診断支援の試み ESD/EMRか手術か?
    川平 洋, 中島 寛隆, 上里 昌也, 宮内 英聡, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 松原 久裕, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 80 増刊 408 - 408 日本臨床外科学会 2019年10月
  • 排便機能および排便機能障害について考える 排便機能外来立ち上げ後1年間の診療実績
    本間 祐子, 味村 俊樹, 太田 学, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 80 増刊 423 - 423 日本臨床外科学会 2019年10月
  • 大学病院初期研修医に対する、魅力的な外科研修環境の構築
    遠藤 和洋, 塩澤 幹雄, 川平 洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 80 増刊 530 - 530 日本臨床外科学会 2019年10月
  • 腫瘍出血による褐色細胞腫クリーゼに対して体外循環補助下に副腎摘出術を施行し救命し得た1例
    片野 匠, 森嶋 計, 青木 裕一, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 80 増刊 552 - 552 日本臨床外科学会 2019年10月
  • Meckel憩室癌の1例
    崎尾 亮太郎, 伊藤 誉, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 80 増刊 701 - 701 日本臨床外科学会 2019年10月
  • 潰瘍形成により穿通を来した腸間膜脂肪腫を伴うLipomatosisの1例
    太田 学, 伊藤 誉, 崎尾 亮太郎, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 80 増刊 705 - 705 日本臨床外科学会 2019年10月
  • 膵十二指腸動脈瘤を併発した正中弓状靱帯症候群に対し、腹腔鏡下胃切除術中に靱帯切離を行った一例
    窪木 大悟, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 春田 英律, 細谷 好則, 山口 博紀, 斎藤 心, 川平 洋, 味村 俊樹, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 80 増刊 764 - 764 日本臨床外科学会 2019年10月
  • リウマチに対してメトトレキサート内服中に発症した、肝原発悪性リンパ腫の一例
    大豆生田 尚彦, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 三木 厚, 吉田 厚, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 80 増刊 785 - 785 日本臨床外科学会 2019年10月
  • Ito H, Sadatomo A, Inoue Y, Yamada N, Aizawa E, Hishida E, Kamata R, Karasawa T, Kimura H, Watanabe S, Komada T, Horie H, Kitayama J, Sata N, Takahashi M
    Biochemical and biophysical research communications 519 1 15 - 22 2019年10月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Intestinal ischemia/reperfusion (I/R) injury is a life-threatening complication that leads to inflammation and remote organ damage. However, the underlying mechanism is not yet fully understood. Toll-like receptor 5 (TLR5) is highly expressed in mucosa and recognizes flagellin, the main component of the bacterial flagella. Here, we investigated the role of TLR5 in inflammation and tissue damage after intestinal I/R injury using TLR5-deficient mice. METHODS AND RESULTS: Intestinal levels of TLR5 mRNA and flagellin protein were elevated in wild-type mice subjected to intestinal I/R. Although TLR5 deficiency had no effect on intestinal flagellin levels, it significantly attenuated intestinal injury and inflammatory responses after intestinal I/R. TLR5 deficiency also markedly improved survival in mice after intestinal I/R injury. In wild-type mice, intestinal I/R injury induced remote organ damage, particularly in the lung, which was attenuated by TLR5 deficiency. Furthermore, TLR5 deficiency prevented lung inflammatory responses and vascular permeability after intestinal I/R injury. CONCLUSION: These findings demonstrate a novel role of TLR5 and provide new insights into the mechanism underlying inflammation and tissue damage after intestinal I/R injury.
  • 膵癌は、他の独立した癌病巣・線維化病変に、それらの形成する微小環境を乗っ取り、転移しやすい(Pancreatic carcinoma metastasis to other carcinoma lesions and fibrotic regions, overtaking the stromal microenvironment)
    仲矢 丈雄, 大城 久, 斎藤 匠, 佐久間 康成, 曽我部 将哉, 山本 真一, 辻 賢太郎, 仲矢 道雄, 遠藤 俊輔, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 仁木 利郎, 田中 亨
    日本癌学会総会記事 78回 E - 2106 2019年09月
  • 専門領域の連携による炎症性腸疾患の治療 クローン病腸管狭窄に対するKono-S吻合の短期成績
    佐田友 藍, 堀江 久永, 本間 祐子, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 72 9 A55 - A55 (一社)日本大腸肛門病学会 2019年09月
  • 排便障害診療におけるチーム医療の問題点と対策
    本間 祐子, 味村 俊樹, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 太田 学, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 72 9 A120 - A120 (一社)日本大腸肛門病学会 2019年09月
  • 進行大腸癌所属リンパ節におけるPD-1/PD-L1分子の発現解析
    津久井 秀則, 斎藤 晶, 東條 峰之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 太田 学, 太白 健一, 熊谷 祐子, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 大澤 英之, 味村 俊樹, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本大腸肛門病学会雑誌 72 9 A121 - A121 (一社)日本大腸肛門病学会 2019年09月
  • 術前化学放射線治療実施症例に対する側方リンパ節郭清の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 太田 学, 太白 健一, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田 藍, 直井 大志, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 72 9 A138 - A138 (一社)日本大腸肛門病学会 2019年09月
  • Flowcytometryを用いた大腸癌組織における細胞別PD-L1、PD-L2の発現解析の試み
    齋藤 晶, 東條 峰之, 大澤 英之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本大腸肛門病学会雑誌 72 9 A154 - A154 (一社)日本大腸肛門病学会 2019年09月
  • 難治性排便障害に対する経肛門的洗腸療法の治療成績
    本間 祐子, 味村 俊樹, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 太田 学, 太白 健一, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 72 9 A164 - A164 (一社)日本大腸肛門病学会 2019年09月
  • 腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術後に発生し、経腹的・経会陰的に修復した会陰ヘルニアの1例
    高橋 和也, 堀江 久永, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 72 9 A205 - A205 (一社)日本大腸肛門病学会 2019年09月
  • 放射線照射直腸癌におけるアデノシン及びアデノシン産生酵素CD73発現について(Adenosine and adenosine producing 5'-Nucleotidase/CD73 in irradiated rectal cancer)
    津久井 秀則, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 藤井 博文, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事 78回 E - 2021 2019年09月
  • ヒト結腸直腸癌における腫瘍細胞および浸潤性骨髄細胞に対するPD-L1およびPD-L2の定量的評価(Quantitative evaluation of PD-L1 and PD-L2 on tumor cells and infiltrating myeloid cells in human colorectal cancer)
    齋藤 晶, 東條 峰之, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 大澤 英之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事 78回 P - 3300 2019年09月
  • Kumagai Y, Ohzawa H, Miyato H, Horie H, Hosoya Y, Lefor AK, Sata N, Kitayama J
    The Journal of surgical research 246 52 - 61 2019年09月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Low-density neutrophils (LDN) have been shown to be increased in peripheral blood in patients with various diseases and closely related to immune-mediated pathology. However, the frequency and function of LDN in circulating blood of the patients following abdominal surgery have not been well understood. METHODS: LDN were determined by CD66b(+) cells, which were copurified with mononuclear cells by density gradient preparations of peripheral blood of surgical patients. The effects of the purified LDN on T cell proliferation and tumor cell lysis were examined in vitro. Neutrophil extracellular traps (NETs) production was examined by extracellular nuclear staining. RESULTS: The number of LDN with an immature phenotype is markedly increased in peripheral blood samples in patients after abdominal surgery. The frequency of LDN correlated positively with operative time and intraoperative blood loss. The purified LDN significantly suppressed the proliferation of autologous T cells stimulated with anti-CD3 mAb coated on plate and partially inhibited the cytotoxicity of lymphocytes activated with recombinant interleukin-2 against a human gastric cancer cell, OCUM-1. The LDN also produced NETs after short-term culture in vitro, which efficiently trap many OCUM-1. These results suggest that surgical stress recruits immunosuppressive LDN in the circulation in the early postoperative period. CONCLUSIONS: The LDN may support the lodging of circulating tumor cells via NETs formation and inhibit T cell-mediated antitumor response in target organs, which may promote postoperative cancer metastases. Functional blockade of LDN might be an effective strategy to reduce tumor recurrence after abdominal surgery.
  • 当院における75歳以上の切除不能進行再発大腸癌患者に対する全身化学療法の現状
    清水 徹一郎, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏, 山口 博紀
    日本消化器外科学会総会 74回 P121 - 7 (一社)日本消化器外科学会 2019年07月
  • Flowcytometryを用いた大腸癌組織における細胞別PD-L1、PD-L2の発現解析の試み
    齋藤 晶, 東條 峰之, 大澤 英之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会 74回 P106 - 6 (一社)日本消化器外科学会 2019年07月
  • 潰瘍性大腸炎のため内服していたメサラジン腸溶錠が狭窄腸管に停留しイレウスをきたした腹膜癌の一例
    清水 敦, 堀江 久永, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 伊藤 千紗, 内田 真一郎, 藤原 寛行, 丹波 嘉一郎, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 74回 P123 - 1 (一社)日本消化器外科学会 2019年07月
  • 大腸癌所属リンパ節内のTリンパ球におけるPD-1の発現について
    津久井 秀則, 齋藤 晶, 東條 峰之, 大澤 英之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会 74回 P107 - 6 (一社)日本消化器外科学会 2019年07月
  • 術前CRTと側方郭清による側方リンパ節転移の制御
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 74回 O54 - 4 (一社)日本消化器外科学会 2019年07月
  • 右側結腸手術における術前機械的前処置省略の効果
    直井 大志, 堀江 久永, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 74回 P161 - 6 (一社)日本消化器外科学会 2019年07月
  • 医学部生からレジデントまでを対象とした内視鏡外科手術トレーニングの初回報告
    川平 洋, 前田 佳孝, 鈴木 義彦, 淺田 義和, 遠藤 和洋, 山本 真一, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 74回 P287 - 3 (一社)日本消化器外科学会 2019年07月
  • 結腸間膜付着部を認識する2方向アプローチと術前血管画像構築を組み合わせた安全な腹腔鏡下横行結腸癌手術
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 味村 俊樹, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 74回 P98 - 4 (一社)日本消化器外科学会 2019年07月
  • 【胃】胃癌腹膜播種に対する治療戦略 腹膜播種陽性胃癌に対するSOX+PTX腹腔内投与併用療法
    齋藤 心, 山口 博紀, 細谷 好則, 金丸 理人, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 堀江 久永, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会 74回 PD2 - 8 (一社)日本消化器外科学会 2019年07月
  • 各科臨床のトピックス 排便障害診療の進歩と課題
    味村 俊樹, 本間 祐子, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本医師会雑誌 148 4 698 - 699 (公社)日本医師会 2019年07月
  • 味村 俊樹, 本間 祐子, 堀江 久永
    Journal of Clinical Rehabilitation 28 8 736 - 747 医歯薬出版(株) 2019年07月
  • 腹腔鏡下直腸切断術を施行した難治性cap polyposisの1例
    関口 和正, 田原 真紀子, 堀江 久永, 宮原 悠三, 本間 祐子, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 味村 俊樹, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 小林 泰俊
    日本臨床外科学会雑誌 80 7 1417 - 1417 日本臨床外科学会 2019年07月
  • 田原 真紀子, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 24 3 245 - 252 (一社)日本内視鏡外科学会 2019年05月 
    <文献概要>症例1は57歳,男性.直腸癌(Rab)に対し腹腔鏡下低位前方切除+回腸人工肛門造設術を施行した.症例2は54歳,男性.直腸癌(Ra)に対し腹腔鏡下低位前方切除術を施行した.症例3は67歳,男性.直腸癌(Rb)に対し腹腔鏡下直腸切断術+左側方郭清を施行した.体位は砕石位で両下腿に間欠性空気圧迫装置を装着し,頭低位・右側低位としていた.手術時間は各々575分,310分,619分でいずれも術直後より左下腿の硬結・圧痛を認めた.CTで左下腿筋の造影不良・浮腫を認め下肢コンパートメント症候群と診断し,保存的治療にて軽快した.下肢コンパートメント症候群は時に後遺障害を残すことのある重篤な合併症である.文献的考察を踏まえ,筆者らの対応策を含めて報告する.
  • 術前化学放射線療法(CRT)を行った下部進行直腸癌症例の術後CEA値は予後を予測するか
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 森 和亮, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 東條 峰之, 津久井 秀則, 宮原 悠三, 伊藤 誉, 太白 健一, 丸山 博行, 清水 徹一郎, 太田 学, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 72 5 293 - 293 (一社)日本大腸肛門病学会 2019年05月
  • 小腸癌に対する外科治療の意義 原発性小腸癌24例の臨床病理学的検討
    井上 賢之, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 直井 大志, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 東條 峰之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 72 5 323 - 323 (一社)日本大腸肛門病学会 2019年05月
  • 味村 俊樹, 本間 祐子, 堀江 久永
    日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌 23 2 174 - 174 (一社)日本創傷・オストミー・失禁管理学会 2019年05月
  • 腹腔内液中エクソソームを用いた胃癌腹膜播種治療におけるバイオマーカー探索
    大澤 英之, 齋藤 晶, 熊谷 祐子, 佐久間 康成, 山口 博紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 SF - 1 (一社)日本外科学会 2019年04月
  • 放射線照射が癌細胞におけるアデノシン産生酵素CD73に与える影響について
    津久井 秀則, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 藤井 博文, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS - 2 (一社)日本外科学会 2019年04月
  • 当科における術前静脈血栓塞栓症(VTE)スクリーニングの有用性
    清水 徹一郎, 窓岩 清治, 堀江 久永, 斎藤 晶, 芝 聡美, 三木 厚, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS - 1 (一社)日本外科学会 2019年04月
  • 間質微小環境の乗っ取りによる膵癌から原発性結腸癌への転移(Metastasis of pancreatic cancer in primary colon cancer by overtaking the stromal microenvironment)
    仲矢 丈雄, 大城 久, 斎藤 匠, 佐久間 康成, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 田中 亨
    日本病理学会会誌 108 1 303 - 303 2019年04月
  • 消化器癌手術患者における末梢血中低比重好中球の術中推移
    熊谷 祐子, 金丸 理人, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS - 7 2019年04月
  • 開腹術後腹腔内滲出好中球の臨床的意義
    金丸 理人, 大澤 英之, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS - 6 (一社)日本外科学会 2019年04月
  • 胃管癌8例の臨床病理学的検討
    齋藤 心, 細谷 好則, 松原 大祐, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 北山 丈二, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS - 1 (一社)日本外科学会 2019年04月
  • 大腸内視鏡検査により発症した脾損傷の1例
    本間 祐子, 井上 賢之, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸検査学会雑誌 35 2 115 - 115 (社)日本大腸検査学会 2019年04月
  • 脾彎曲部結腸癌に対する腹腔鏡下手術の工夫
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 本間 祐子, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 SF - 2 (一社)日本外科学会 2019年04月
  • クローン病腸管病変に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS - 1 (一社)日本外科学会 2019年04月
  • 術前CRTが施行された直腸癌症例に対する側方郭清の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS - 3 (一社)日本外科学会 2019年04月
  • 高度膀胱浸潤を伴う直腸・S状結腸癌に対する治療戦略と当科における手術成績
    田原 真紀子, 堀江 久永, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS - 3 (一社)日本外科学会 2019年04月
  • 当院における直腸癌内視鏡切除後の追加切除適応症例についての検討
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS - 2 (一社)日本外科学会 2019年04月
  • Koinuma K, Horie H, Ito H, Naoi D, Sadatomo A, Tahara M, Inoue Y, Kono Y, Sasaki T, Sugimoto H, Lefor AK, Sata N
    Asian journal of endoscopic surgery 12 2 150 - 156 2019年04月 [査読有り][通常論文]
     
    INTRODUCTION: Transverse colon resection is one of the most difficult laparoscopic procedures because of anatomic hazards such as variations in the mesenteric vascular anatomy and the complex structure of organs and surrounding membranes. METHODS: We evaluated the short-term surgical outcomes of laparoscopic transverse colon resection using a creative approach. This approach included preoperative surgical simulation using virtual surgical anatomy by CT, a four-directional approach to the mesentery, and 3-D imaging during laparoscopic surgery. RESULTS: A total of 45 consecutive patients who underwent laparoscopic resection for transverse colon cancer from June 2013 to December 2017 were enrolled in this study. All procedures were completed safely, with minor postoperative complications, including two patients with anastomotic stenosis, two with intra-abdominal phlegmon, one with delayed gastric emptying, and one with pneumonia, all treated non-operatively. There were no conversions to open resection. Operation time was 203 min (range, 125-322 min), and the estimated blood loss during surgery was 5 mL (range, 0-370 mL). The mean postoperative hospital stay was 10 days (range, 7-21 days), and no patients required readmission. CONCLUSION: Short-term surgical outcomes after laparoscopic transverse colon resection demonstrated that this creative approach was safe and feasible. The four-directional approach to the meso-transverse attachment combined with preoperative radiological simulation can facilitate laparoscopic transverse colon surgery.
  • 腹腔動脈狭窄を伴う特発性下膵十二指腸動脈破裂の1例
    小泉 恵, 吉田 淳, 高橋 和也, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 80 3 630 - 630 日本臨床外科学会 2019年03月
  • 鼠径部ヘルニア嵌頓症例における経過時間と腸切除の検討
    小泉 大, 斎藤 晶, 青木 裕一, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 39 2 379 - 379 (一社)日本腹部救急医学会 2019年02月
  • 術前診断しえた特発性大網出血の1例
    高橋 和也, 笹沼 英紀, 青木 裕一, 森嶋 計, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 39 2 465 - 465 (一社)日本腹部救急医学会 2019年02月
  • 横隔膜上憩室を伴う食道平滑筋腫の1例
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 春田 英律, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 353回 35 - 35 日本消化器病学会-関東支部 2019年02月
  • 味村 俊樹, 本間 祐子, 堀江 久永
    消化器・肝臓内科 5 2 163 - 173 (有)科学評論社 2019年02月
  • 膵十二指腸動脈瘤の3例
    渡部 晃佑, 吉田 淳, 高橋 和也, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 39 2 345 - 345 (一社)日本腹部救急医学会 2019年02月
  • 川平 洋, レフォー アラン, 佐田 尚宏, 中村 亮一, 前田 佳孝, 鈴木 義彦, 浅田 義和, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永
    生体医工学 57 S200_1 - S200_1 公益社団法人 日本生体医工学会 2019年 

    昨今の内視鏡外科手術の普及に伴い、シミュレーション教育や手術トレーニング環境の整備が進んだ。特に内視鏡外科手術では、外科医は体腔内臓器をモニタ画像情報で判断し、手術を行う。特に執刀医、助手すべてが同じ術野を共有することから、オンサイトでのトレーニングが可能である。手術映像を記録可能なことから、繰り返し再生によるオフサイトトレーニングも広く行われている。実際の手術を想定したオフサイトでのタスクトレーニングは、最善の手術を完遂する上で重要である。開腹手術に比較し多様な機材を使用する内視鏡外科手術では、高忠実度(Hi-Fi)臓器モデルによる手術トレーニングも行われている。Hi-Fiモデルでは、より実践に近い感覚でトレーニングを行うことが可能と考えられる。このような臓器モデルはシリコン樹脂やPVAなどの石油原料由来の臓器モデルが主である。ところがトレーニングモデルにおいても廃棄物の問題は重要であり、マンナンなどの植物由来原料を用いたタスクトレーニングモデルも開発されている。継続してトレーニングが必要な手術教育においては、コストを含めた持続可能なトレーニング環境の整備が必須である。

  • 治癒切除を受けた消化器癌患者のメトホルミン内服による生存率改善について
    熊谷 祐子, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本成人病(生活習慣病)学会会誌 45 85 - 85 日本成人病(生活習慣病)学会 2019年01月
  • 当科における高度肥満症に対する腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の取り組みと治療成績
    春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本成人病(生活習慣病)学会会誌 45 87 - 87 日本成人病(生活習慣病)学会 2019年01月
  • 味村 俊樹, 本間 祐子, 清水 徹一郎, 堀江 久永
    日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌 35 1 184 - 184 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 2019年01月
  • Yuichi Aoki, Atsushi Miki, Tomoyuki Nakano, Hideki Sasanuma, Yasunaru Sakuma, Hisanaga Horie, Yoshinori Hosoya, Noriyoshi Fukushima, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    BMC cancer 18 1 1249 - 1249 2018年12月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Thymomas are typically slow-growing tumors and AB type thymomas are considered no/low risk tumors with a better prognosis. Extra-thoracic metastases are extremely rare. To the best of our knowledge, no patient with an isolated splenic metastasis from a thymoma has been reported. We report a patient who underwent laparoscopic splenectomy for a slow-growing, isolated splenic metastasis, eight years after thymectomy. CASE PRESENTATION: The patient is a 78-year-old man. Eight years previously, the patient underwent extended thymectomy and postoperative radiation therapy for a thymoma. Five years after thymectomy, a nodule appeared in the spleen, and the lesion enlarged gradually for three years thereafter. The patient was referred for further examination and treatment. Computed tomography scan showed a sharply circumscribed 50 mm tumor slightly hypodense and heterogeneous lesion in the spleen. On T2-weighted images on Magnetic Resonance Imaging, the tumor had high intensity, equivalent to or slightly lower than that on T1-weighted images, and no decrease on diffusion-weighted images. The tumor was multinodular and showed a low-signal spoke-wheel sign in the margin, enhanced gradually in the dynamic study. Positron emission tomography-CT scan, showed relatively low accumulation. Surgical resection was undertaken, and pathological examination showed metastatic thymoma. The patient is without recurrence and has no other symptoms three years after splenectomy. CONCLUSIONS: This is the first report of an isolated splenic metastasis from a thymoma. Further cases are needed to standardize this surgery for such lesions.
  • ウェアラブルチェア「アルケリス」の使用経験 内視鏡外科手術の負担軽減を目指して
    井上 賢之, 川平 洋, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 OS34 - 6 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 抗血栓薬内服患者に対する腹腔鏡下大腸手術の安全性について
    清水 徹一郎, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 OS209 - 2 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 自治医科大学附属病院「鏡視下手術部」の役割
    細谷 好則, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 OS223 - 7 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 短期間に2度の腹腔鏡下手術を施行した腸管子宮内膜症の1例
    金子 勇貴, 齋藤 心, 佐田友 藍, 宮戸 秀世, 佐藤 宗勝, 巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 DP108 - 9 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 腹腔鏡下鼡径ヘルニア修復術(TAPP法)術後に発症したメッシュのS状結腸穿通の一例
    巷野 佳彦, 熊谷 祐子, 金子 勇貴, 佐藤 宗勝, 齋藤 心, 堀江 久永
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 DP149 - 2 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • Upside down stomachを伴う食道裂孔ヘルニアに対し腹腔鏡下噴門形成術を施行した2症例
    齋藤 心, 細谷 好則, 金子 勇貴, 佐田友 藍, 堀江 久永, 巷野 佳彦
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 DP88 - 3 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 下行結腸進行癌に対する腹腔鏡下手術の工夫
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 清水 徹一郎, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 OS11 - 7 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 術前シミュレーションと3D内視鏡を用いた安全な腹腔鏡下側方リンパ節郭清の導入
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 OS90 - 4 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 腹腔鏡下右半結腸切除における腸管引き出し操作による副右結腸静脈からの出血の1例
    佐田友 藍, 堀江 久永, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 OS176 - 8 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 腹腔鏡下低位前方切除術後に発症した下肢コンパートメント症候群の2例
    田原 真紀子, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 DP26 - 6 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 腹腔鏡下右側結腸手術に対するERASプロトコル導入の短期成績
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 佐田友 藍, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 DP28 - 1 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 肥満外科治療の現状と展望 当科における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の取組みと今後の展望
    春田 英律, 細谷 好則, 斎藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 松本 志郎, 高橋 和也, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 SY10 - 4 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 肥満外科手術のコツ 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術における周術期管理と手技の工夫
    春田 英律, 細谷 好則, 斎藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 松本 志郎, 高橋 和也, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 WS17 - 2 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 当科で施行した縦隔鏡併用非開胸食道切除術3症例の経験
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 愛甲 丞, 瀬戸 泰之, 齋藤 心, 春田 英律, 松本 志郎, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 DP128 - 7 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 味村 俊樹, 本間 祐子, 堀江 久永
    日本消化器病学会雑誌 115 11 967 - 976 (一財)日本消化器病学会 2018年11月 
    慢性便秘症の多くは保存的療法で改善するが、限られた症例では外科治療を必要とし、なおかつ外科治療によって症状が著明に改善する場合もある。主な外科治療には、高度大腸通過遅延型便秘症に対する大腸切除術、直腸瘤に対する直腸瘤修復術、直腸重積に対するventral rectopexyやstapled transanal rectal resection、難治性排便障害に対する順行性洗腸法がある。慢性便秘症に対する外科治療では、たとえ手術で解剖学的に正常と思われる状態に修復しても、必ずしも症状が改善するとは限らないので、適応症例を適切に選択した上で患者に手術の目的と意義を丁寧に説明することが重要である。(著者抄録)
  • Makoto Takahashi, Hiroaki Niitsu, Kazuhiro Sakamoto, Takao Hinoi, Minoru Hattori, Michitoshi Goto, Hiroyuki Bando, Shoichi Hazama, Kiyoshi Maeda, Kenji Okita, Hisanaga Horie, Masahiko Watanabe
    Asian journal of endoscopic surgery 11 4 346 - 354 2018年11月 
    INTRODUCTION: In surgery for elderly patients with colorectal cancer, it is unclear whether radical lymph node (LN) dissection safely offers a survival benefit. The aim of the study was to evaluate the impact of the LN yield in elderly patients undergoing surgery for colorectal cancer. METHODS: The subjects were selected from a surgical database of 2065 patients aged ≥80 years old who underwent surgery for colorectal cancer at 41 hospitals in Japan between 2003 and 2007. The patients were divided into groups according to the number LN harvested: <12 and ≥12. Propensity scores were subsequently matched to balance the baseline characteristics. RESULTS: Of the 954 patients initially selected, 331 were in the <12 LN and 623 were in the ≥12 LN group. After cases were matched, 293 patients were allocated to each group, and all covariates were balanced. For short-term outcomes, the time for surgery was longer in the ≥12 LN group, but there was no significant difference in morbidity between the groups. Overall, relapse-free and cancer-specific survival rates were higher in the ≥12 LN group (P = 0.004, 0.001, and 0.02). CONCLUSIONS: In patients aged ≥80 years old with stage II-III colon cancer, harvesting ≥12 LN provides a survival benefit, and therefore, limited LN dissection is not recommended in these patients.
  • Horie H, Koinuma K, Ito H, Sadatomo A, Naoi D, Kono Y, Inoue Y, Morimoto M, Tahara M, Lefor AK, Sata N, Sasaki T, Sugimoto H
    Asian journal of endoscopic surgery 11 4 355 - 361 2018年11月 [査読有り][通常論文]
     
    INTRODUCTION: Laparoscopic lateral pelvic lymph node dissection (LPLD) is technically challenging because of the complicated anatomy of the pelvic wall. To overcome this difficulty, we introduced preoperative 3-D simulation. The aim of the study is to investigate the usefulness of preoperative 3-D simulation for the safe conduct of laparoscopic LPLD for rectal cancer. METHODS: After undergoing colonoscopy, patients were brought to the radiology suite where multi-detector row CT was performed. Three-dimensional images were constructed at a workstation and showed branches of the iliac artery and vein, ureter, urinary bladder, and enlarged lymph nodes. All members of the surgical team participated in preoperative simulation using the 3-D images. RESULTS: A total of 10 patients with advanced lower rectal cancer and enlarged lateral pelvic lymph nodes underwent laparoscopic unilateral LPLD after total mesorectal excision, tumor-specific mesorectal excision, or total proctocolectomy. Four of the 10 patients (40%) had variations in pelvic vascular anatomy. The median operative time for unilateral LPLD was 91 min (range, 66-142 min) and gradually declined, suggesting a good learning curve. The median number of lateral pelvic lymph nodes harvested was nine (range, 3-16). The median estimated blood loss was 13 mL (range, 10-160 mL). No conversion to open surgery or intraoperative complications occurred. No patient had major postoperative complications. CONCLUSION: Preoperative 3-D simulation may be useful for the safe conduct of laparoscopic LPLD, especially for surgeons with limited prior experience.
  • 「地域医療の実践」と「医師のキャリア形成」の両立 自治医科大学の取り組み
    深井 晴成, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 山本 真一, 遠藤 俊輔
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 260 - 260 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 膵頭部癌に対して膵頭十二指腸切除術を施行し膵尾側断端閉鎖を行った一例
    倉田 佳彦, 木村 有希, 青木 裕一, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 572 - 572 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 慢性膵炎急性増悪を契機に脾膿瘍を合併した1例
    寺田 茉位子, 吉田 淳, 佐久間 康成, 木村 有希, 青木 裕一, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 829 - 829 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 複雑な部分内臓逆位症を伴う総胆管結石症に対し手術を行った1例
    丸藤 琴音, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 宮戸 秀世, 目黒 由行, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 852 - 852 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 外科の緩和ケア バランス麻酔のアプローチに学ぶ外科医のtotal distressマネジメント
    清水 敦, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 藤田 崇史, 山口 博紀, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 377 - 377 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 3D-CT angiographyによる術前シミュレーションと2方向間膜アプローチ法を組み合わせた腹腔鏡下右側大腸癌手術の定型化への試み
    田原 真紀子, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 424 - 424 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 肥満に対する外科治療の最前線 当院における肥満外科手術の取り組みと治療成績
    春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 374 - 374 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 根治切除可能であったTrousseau症候群を合併した進行胃癌の1例
    齋藤 匠, 倉科 憲太郎, 細谷 好則, 山口 博紀, 益子 貴史, 春田 英律, 齋藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 539 - 539 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 腹痛にて発症した乳癌小腸転移の一例
    窪木 大悟, 堀江 久永, 森島 計, 本間 祐子, 田原 真紀子, 井上 賢之, 櫻木 雅子, 藤田 崇史, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 542 - 542 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 75歳以上高齢者大腸癌症例における腹腔鏡下手術の検討
    高橋 礼, 田原 真紀子, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 味村 俊樹, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 648 - 648 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 担癌マウスリンパ節におけるアデノシン脱リン酸化酵素(CD39,CD73)発現についての解析(Expression of adenosine generating ecto-enzymes, CD39 and CD73, in lymphocytes in tumor bearing mouse)
    津久井 秀則, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 藤井 博文, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事 77回 408 - 408 2018年09月
  • 消化器癌手術患者の末梢血中低比重好中球と術後転移再発との関連について(Low density neutrophils(LDN) in postoperative peripheral blood may assist the recurrence of gastrointestinal cancer)
    熊谷 祐子, 金丸 理人, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事 77回 1631 - 1631 2018年09月
  • 好中球細胞外トラップ(NETs)による開腹術後腹膜再発促進機構(Neutrophil extracellular traps(NETs) on postoperative peritoneal surface may support the tumor recurrence on peritoneum)
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事 77回 495 - 495 2018年09月
  • IBD治療における内科・外科・肛門科の連携 クローン病腸管病変に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 本間 祐子, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 71 抄録号 A37 - A37 (一社)日本大腸肛門病学会 2018年09月
  • 肛門機能の諸問題 排便障害診療の進歩と課題 20年の経験に基づいて
    味村 俊樹, 本間 祐子, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 71 抄録号 A65 - A65 (一社)日本大腸肛門病学会 2018年09月
  • 残尿測定による直腸癌術後排尿障害の評価
    東條 峰之, 堀江 久永, 太田 学, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 本間 祐子, 太白 健一, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 71 抄録号 A184 - A184 (一社)日本大腸肛門病学会 2018年09月
  • 直腸原発Goblet cell carcinoidに対し腹腔鏡下直腸切断術を施行した1例
    井上 賢之, 堀江 久永, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 森 和亮, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 71 抄録号 A236 - A236 (一社)日本大腸肛門病学会 2018年09月
  • 腹腔鏡下直腸切断術における人工肛門造設の工夫
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 太田 学, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 本間 祐子, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 71 抄録号 A254 - A254 (一社)日本大腸肛門病学会 2018年09月
  • 下行結腸癌異時性孤立性脾転移の1例
    松宮 美沙希, 三木 厚, 川口 英之, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 7 1556 - 1556 日本臨床外科学会 2018年07月
  • 転移巣の切除を行い長期生存が得られている直腸癌甲状腺転移の1例
    森 和亮, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 73回 113 - 113 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • 腹腔内液中エクソソームマイクロRNAを用いた胃癌腹膜播種症例のリキッドバイオプシー
    大澤 英之, 熊谷 祐子, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会 73回 227 - 227 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • 上行結腸Neuroendocrine carcinomaの一例
    齋藤 匠, 鯉沼 広治, 田原 真紀子, 森 和亮, 井上 賢之, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 73回 237 - 237 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • 腹腔鏡下横行結腸癌手術においてSurgical trunkの郭清を安全に行うための工夫
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 井上 賢之, 田原 真紀子, 森 和亮, 巷野 佳彦, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 73回 340 - 340 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • 放射線化学療法(CRT)後の直腸癌組織におけるCD73の発現
    津久井 秀則, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 藤井 博文, 若月 優, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会 73回 526 - 526 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • 当院における腹腔鏡下直腸切断術症例人工肛門造設の工夫
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 田原 真紀子, 森 和亮, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 73回 679 - 679 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • 膵体尾部切除術における膵断端処理と術後膵液瘻の検討
    木村 有希, 小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 73回 1090 - 1090 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • 腹腔鏡下左側結腸癌切除に対する肥満の影響
    田原 真紀子, 堀江 久永, 森 和亮, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 73回 1106 - 1106 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • 治癒切除を受けた消化器癌術後患者へのメトホルミン内服による生存率改善について
    熊谷 祐子, 大澤 英之, 津久井 秀則, 金丸 理人, 芝 聡美, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会 73回 253 - 253 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • 開腹手術後の末梢血低比重好中球の臨床的意義
    熊谷 祐子, 大澤 英之, 金丸 理人, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 山口 博紀, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集 22回 77 - 77 日本がん免疫学会 2018年07月
  • 伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 森 克亮, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 有田 宗史, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    Gastroenterological Endoscopy 60 7 1331 - 1337 (一社)日本消化器内視鏡学会 2018年07月 
    大腸内視鏡が左鼠径ヘルニアに嵌入し挿入困難になった3例を経験した。症例はいずれも高齢の男性であった。1例は慎重に抜去を行った後、脱出した腸管を徒手整復手技に準じて還納することで全大腸内視検査が施行可能であったが、その他2例は検査の継続が不可能であった。大腸内視鏡は広く普及している手技であるが、検査中に内視鏡が鼠径ヘルニアに嵌入した報告は極めて少ない。大腸内視鏡検査を行う上で、高齢の男性では陰嚢腫脹を伴う外鼠径ヘルニアの病歴聴取が重要である。大腸内視鏡検査中に予期せず内視鏡が鼠径ヘルニアに嵌入した場合は、一旦手技を中断し、鼠径部痛などの臨床症状の確認を行った後、慎重に抜去するのが望ましい。(著者抄録)
  • 骨盤内臓全摘術後の骨盤死腔炎の予防には有茎大網充填が有用である
    伊藤 誉, 堀江 久永, 田原 真紀子, 森 和亮, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 73回 401 - 401 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • 消化器外科手術における術前血清total cholesterol値と術後感染症との関連について
    森本 光昭, 堀江 久永, 井上 賢之, 伊藤 誉, 森 和亮, 田原 真紀子, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 73回 620 - 620 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • Kazuma Iwasaki, Mitsuaki Morimoto, Gaku Ota, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Naohiro Sata, Takeo Nakaya
    Medicine 97 30 e11357  2018年07月 
    RATIONALE: Although systemic lupus erythematosus (SLE) can be complicated by various gastrointestinal tract diseases, it is rarely associated with lupus enteritis and protein-losing enteropathy (PLE). We report here the successful surgical treatment of lupus enteritis and therapy-resistant and refractory PLE in a patient with SLE. We also provide a review of relevant literature. PATIENT CONCERNS: A 16-year-old girl presenting with polyarthritis, malar rash, and palmar erythema was indicated for steroid therapy on the basis of positive results for antinuclear, anti-Smith, and antiphospholipid antibodies, which confirmed the diagnosis of SLE. During the course of steroid therapy, the patient developed acute abdomen and hypoalbuminemia. DIAGNOSES: Computed tomography and Tc-labeled human serum albumin scintigraphy revealed abnormal findings, and a diagnosis of lupus enteritis and PLE was made. Steroid treatment was continued but no significant improvement was observed, and the patient was referred and admitted to our hospital. Double-balloon enteroscopy revealed multiple ischemic stenoses and mucosal necroses in the small intestine, suggesting that PLE was associated with ischemic enteritis due to antiphospholipid syndrome. The patient received steroids, immunosuppressive drugs, and antithrombotic therapy, with no improvement in symptoms. Thus, the disease was judged to be refractory and resistant to medical therapy, and the patient was indicated for surgical treatment. INTERVENTIONS: Partial small intestinal resection was performed by removing the segment of the small intestine presenting PLE lesions, and a double-end ileostomy was created. OUTCOMES: Multiple stenotic lesions were confirmed in the resected segment. Histopathology evaluation revealed marked inflammatory cell infiltration in the intestinal tract wall and recanalization of the vessels, suggesting a circulatory disorder caused by vasculitis and antiphospholipid syndrome. Postoperatively, the clinical course was good. Serum albumin levels and body weight increased as nutritional status improved significantly. Secondary enteroenterostomy with ileostomy closure could be performed at 2 months after the initial surgery. LESSONS: Timely surgical treatment can be successful in managing therapy-resistant and refractory PLE in patients with SLE.
  • 早期胃癌ESD非治癒切除症例274例の検討
    松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 堀江 久永, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 73回 4 - 4 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • 腹膜播種の診断と治療の工夫 腹膜播種陽性胃癌に対するSOX+PTX腹腔内投与併用化学療法の新規導入施設における治療成績
    齋藤 心, 山口 博紀, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 佐久間 康成, 春田 英律, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 73回 855 - 855 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • 術後膵液瘻ゼロを目指した膵空腸吻合の工夫 Blumgart変法自治医大方式
    小泉 大, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 73回 374 - 374 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • 金子 勇貴, 小泉 大, 井上 賢之, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 6 1319 - 1323 日本臨床外科学会 2018年06月 
    76歳,女性.心窩部痛を主訴に救急搬送された.開腹歴なし.左鼠径部腫瘤を触知し,単純X線で小腸ガスを認め,左鼠径ヘルニア嵌頓による腸閉塞と診断された.用手的整復後,経過観察入院となった.腸閉塞の改善がなく,翌日の造影CTで右坐骨孔に腸管脱出を認め,右坐骨ヘルニア嵌頓の診断で緊急手術となった.腹腔鏡下観察で右坐骨ヘルニアを認めたが,嵌頓は既に解除されていた.腸管壊死を疑い開腹すると,回腸にRichter型嵌頓を起こしていた所見があった.壊死所見なく腸切除はしなかった.ヘルニア門は卵巣等周囲組織で被覆閉鎖した.術後は肺炎などのため,第35病日に退院となった.腹壁ヘルニア嵌頓時には他のヘルニアの合併に留意し,嵌頓解除後の症状観察が重要である.坐骨ヘルニアの診断・治療方針の決定に造影CT,腹腔鏡観察が有用であった.(著者抄録)
  • 原発性副甲状腺機能亢進症に併発した重症急性膵炎後の感染性被包化壊死の1例
    辻 賢太郎, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 6 1352 - 1353 日本臨床外科学会 2018年06月
  • 上行結腸が後腹膜に固定されていない腸回転異常症を伴う絞扼性イレウスの1例
    吉田 陽, 下平 健太郎, 斎藤 心, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 6 1362 - 1362 日本臨床外科学会 2018年06月
  • 当院における高度肥満者用手術台作成の工夫
    橋本 愛, 磯 徳子, 森田 直美, 春田 英律, 高久 美子, 堀江 久永, 竹内 護, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 36回 130 - 130 日本肥満症治療学会 2018年06月
  • 食道に穿破した神経鞘腫の一例
    松本 志郎, 細谷 好則, 金丸 理人, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 72回 140 - 140 (NPO)日本食道学会 2018年06月
  • 当院における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の治療成績
    春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 36回 119 - 119 日本肥満症治療学会 2018年06月
  • 慢性特発性偽性腸閉塞症に発症した結腸二重癌の1例
    関口 裕美, 太白 健一, 堀江 久永, 直井 大志, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 5 1143 - 1143 日本臨床外科学会 2018年05月
  • 三木 厚, 佐久間 康成, 斉藤 晶, 目黒 由行, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 33 3 415 - 415 (一社)日本膵臓学会 2018年05月
  • 泉 遼, 遠藤 和洋, 斉藤 晶, 田口 昌延, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 33 3 662 - 662 (一社)日本膵臓学会 2018年05月
  • 齋藤 匠, 笹沼 英紀, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 33 3 684 - 684 (一社)日本膵臓学会 2018年05月
  • 女性外科医の働き方と当科の取り組み
    田原 真紀子, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 森 和亮, 井上 賢之, 小泉 大, 鯉沼 広治, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 1269 - 1269 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 胃癌腹膜播種治療におけるバイオマーカーとしての腹水中エクソソームマイクロRNA
    大澤 英之, 熊谷 祐子, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 1299 - 1299 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 待機的腹部手術後肺合併症の予測因子の検討(単施設前向きコホート研究) 簡易問診及び身体所見は肺機能検査を越えられるか?
    横田 真一郎, 小泉 大, 森本 光昭, 冨樫 一智, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 安田 是和, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 1330 - 1330 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 肝肺転移を伴う大腸癌における転移出現時期からみた外科治療の意義
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 田原 真紀子, 森 和亮, 井上 賢之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 手塚 憲志, 遠藤 俊輔, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 1514 - 1514 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 拡大肝切除後合併症のリスクファクターの検討
    三木 厚, 佐久間 康成, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 1682 - 1682 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 腸重積症手術例の検討
    松本 健司, 小泉 大, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 2348 - 2348 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 膵頭十二指腸切除術を施行した十二指腸乳頭部癌の長期成績
    小泉 大, 斎藤 晶, 横田 真一郎, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 2414 - 2414 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 消化器癌手術患者における末梢血中低比重好中球(Low Density Granulocyte)の術中推移
    熊谷 祐子, 金丸 理人, 津久井 秀則, 大澤 英之, 倉科 憲太郎, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 1761 - 1761 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 待機的直腸癌前方切除症例におけるERAS導入の効果
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 1553 - 1553 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 直腸癌術前化学放射線療法における治療前後末梢血好中球リンパ球による治療効果予測
    津久井 秀則, 北山 丈二, 森本 光昭, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 1848 - 1848 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 当院におけるCrohn病に対するKono-S吻合の短期成績
    森 和亮, 堀江 久永, 太田 学, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 2245 - 2245 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 胃癌腹膜播種治療における腹腔内液中エクソソームマイクロRNA解析
    大澤 英之, 熊谷 裕子, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器病学会雑誌 115 臨増総会 A252 - A252 (一財)日本消化器病学会 2018年03月
  • 胃切除後胆道結石症の検討(Biliary tract stone after gastrectomy)
    木村 有希, 細谷 好則, 小泉 大, 金丸 理人, 松本 史郎, 春田 英律, 宇井 崇, 倉科 健太郎, 宮戸 秀世, 齋藤 心, 佐久間 康成, 山口 博紀, 堀江 久永, 北山 丈二, アラン・レフォー, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 90回 379 - 379 2018年03月
  • 当院における漿膜浸潤胃癌R0切除症例における術中出血量と生命予後の関係
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 斉藤 心, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本胃癌学会総会記事 90回 421 - 421 (一社)日本胃癌学会 2018年03月
  • 胃癌切除症例における術前D-dimer値と病期・転帰の検討
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 清水 徹一郎, 太田 学, 齋藤 心, 春田 英律, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 三木 厚, 山口 博紀, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 90回 499 - 499 (一社)日本胃癌学会 2018年03月
  • Kitayama J, Ishigami H, Yamaguchi H, Sakuma Y, Horie H, Hosoya Y, Lefor AK, Sata N
    Annals of gastroenterological surgery 2 2 116 - 123 2018年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Despite recent advances in chemotherapy, outcomes of patients with peritoneal metastases (PM) from gastric cancer are still very poor and standard treatment has not been established. Although oral S-1 appears to be effective for patients with PM, the effects of systemic chemotherapy are limited. Cytoreductive surgery (CRS) and hyperthermic intraperitoneal chemotherapy (HIPEC) yield fewer benefits in patients with PM from gastric cancer than in patients with PM from other malignancies. In comparison, repeated intraperitoneal chemotherapy (RIPEC) with taxanes using an implantable peritoneal access port has a pharmacokinetic advantage for the control of peritoneal lesions and in combination with systemic chemotherapy can result in surprisingly long-term survival in patients with PM from gastric cancer. Herein, we review the results of recent clinical studies specifically targeting PM from gastric cancer and discuss future prospects for an intraperitoneal approach to the ideal treatment of patients with gastric cancer with peritoneal involvement.
  • 保存的治療で軽快した特発性気腹症・腸管気腫症の1例
    小泉 大, 扇原 香澄, 下平 健太郎, 田中 裕美子, 櫻木 雅子, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 38 2 387 - 387 (一社)日本腹部救急医学会 2018年02月
  • 当科で経験した特発性上腸間膜静脈血栓症(SMVT)の7例
    森 和亮, 宮戸 英世, 斉藤 匠, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 38 2 458 - 458 (一社)日本腹部救急医学会 2018年02月
  • 大腿ヘルニア嵌頓から胃壁内気腫症を来たし、4回の開腹手術により救命した1例
    松本 健司, 森 和亮, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化管学会雑誌 2 Suppl. 344 - 344 (一社)日本消化管学会 2018年02月
  • 大学病院における経皮内視鏡的胃瘻造設術の適応と早期合併症
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 齋藤 心, 春田 英律, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 安部 望, 高橋 和也, 山口 博紀, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本成人病(生活習慣病)学会会誌 44 69 - 69 日本成人病(生活習慣病)学会 2018年01月
  • 当院における高度肥満症に対する腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の治療成績
    春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 高橋 和也, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本成人病(生活習慣病)学会会誌 44 91 - 91 日本成人病(生活習慣病)学会 2018年01月
  • Futo Y, Saito S, Miyato H, Sadatomo A, Kaneko Y, Kono Y, Matsubara D, Horie H, Lefor AK, Sata N
    International journal of surgery case reports 53 358 - 361 2018年 [査読有り][通常論文]
     
    INTRODUCTION: Duodenal gastrointestinal tumors (GISTs) are rare. Duodenal GISTs and pancreatic neuroendocrine tumors (NETs) may appear similar on imaging studies. GISTs arising from the second or third portions of duodenum may be incorrectly diagnosed as pancreatic NETs. PRESENTATION OF CASE: The patient is a 79-year-old man who was referred to our hospital with a history of tarry stools and loss of consciousness. Urgent upper digestive tract endoscopy revealed a bleeding submucosal duodenal lesion, which was controlled using endoscopic clips. Enhanced computed tomography scan showed a hyper-vascular mass 50 mm in diameter, at the pancreatic uncus. The patient underwent a pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy. Histologically, the tumor was composed of spindle-shaped cells immunohistochemically positive for c-kit and CD34, and the lesion diagnosed as a duodenal GIST. DISCUSSION: Duodenal GISTs often present with gastrointestinal bleeding, which can necessitate emergency surgery. Surgical resection with regional lymph node dissection is the optimal treatment for pancreatic NETs. In contrast, GISTs are generally treated with a minimal resection and without lymph node dissection. Thus, establishing the diagnosis is important in the management of these tumors. Endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration (EUS-FNA) is effective to establish the diagnosis of these lesions. CONCLUSION: A tumor located in the pancreatic head or mesenteric side of the duodenum cannot always be diagnosed based on imaging, and is ideally diagnosed histologically to guide the extent of resection. While EUS-FNA can establish the diagnosis, the complications of this procedure must be considered.
  • Nakaya Takeo, Oshiro Hisashi, Saito Takumi, Sakuma Yasunaru, Horie Hisanaga, Sata Naohiro, Tanaka Akira
    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL AND EXPERIMENTAL PATHOLOGY 11 6 3141 - 3146 2018年 [査読有り][通常論文]
     
    We report a unique case of a 74-old man, who presented with double cancers, showing metastasis of pancreatic cancer to colon cancer. Histopathological examination after surgery revealed that the patient had ascending colon cancer, which metastasized to the liver (pT4N0M1), as well as pancreatic cancer (pT2N1M1) that metastasized to the most invasive portion of the colon cancer, namely the serosal to subserosal layers. Although the mechanisms for this scenario have yet to be elucidated, we speculate that the metastatic pancreatic carcinoma overtook the stromal microenvironment of the colon cancer. Namely, the cancer microenvironment enriched by cancer-associated fibroblasts, which supported the colon cancer, might be suitable for the invasion and engraftment by pancreatic carcinoma. The similarity of histological appearance might make it difficult to distinguish metastatic pancreatic carcinoma within colon cancer. Furthermore, the metastasis of pancreatic carcinoma in colon carcinoma might be more common, despite it not having been previously reported.
  • 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 瓦井 Lefor Alan
    小切開・鏡視外科学会雑誌 = Journal of Lift Endoscopy & Minimal Incision Surgery : 小切開・鏡視外科学会誌 9 1 47 - 51 小切開・鏡視外科学会 2018年 [査読有り][通常論文]
     
    症例1は30歳男性で、発熱と左腹部痛で来院した。CTで感染性Walled-off necrosis(WON)と診断し、保存的治療を行ったが、症状ならびに炎症所見の改善を認めず、インターベンション治療目的に当院転院となった。造影CT所見から壊死物質を主成分とした感染性WONと診断し、小切開Videoscope補助下に後腹膜経路でネクロセクトミーを行った。1回のネクロセクトミーで炎症所見とCT所見は速やかに改善し、追加の処置は不要となった。左後腹膜のドレーンは留置したまま入院40日目に退院した。症例2は34歳男性で、急性膵炎の診断で保存的治療が開始され、退院約2週間後に間歇的腹痛と発熱で来院し、炎症反応高値、CTで感染性WONと診断され再入院した。造影CT所見から膵体尾部の壊死物質を主成分とする左側感染性WONと診断し、腹腔経路で小切開Videoscope補助下にネクロセクトミーを行った。その後、右側WON増大による閉塞性黄疸が出現し、開腹ネクロセクトミーと胆道ドレナージが必要となった。症状出現から7ヵ月後、ERCPで左右肝管にERBD tubeを留置し退院した。
  • 安全な横行結腸癌に対する腹腔鏡下手術に向けての工夫
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 井上 賢之, 森 和亮, 田原 真紀子, 直井 大志, 森本 光昭, 巷野 佳彦, 東條 峰之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 22 7 SSF01 - 09 (一社)日本内視鏡外科学会 2017年12月
  • 仮想モデル、3次元プリンターモデル、高質感臓器モデルを用いた段階的手術シミュレーション教育
    遠藤 和洋, 太白 健一, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 22 7 EP042 - 04 (一社)日本内視鏡外科学会 2017年12月
  • 腹腔鏡補助下S状結腸切除術後腸間膜欠損部への内ヘルニアによる絞扼性イレウスの1例
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 22 7 SF004 - 03 (一社)日本内視鏡外科学会 2017年12月
  • 当科における腹腔鏡下直腸切断術の術後短期成績の検討
    田原 真紀子, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 22 7 SF089 - 01 (一社)日本内視鏡外科学会 2017年12月
  • 当施設における腹腔鏡補助下低位前方切除術時の解剖の理解と解説
    森本 光昭, 堀江 久永, 伊藤 誉, 森 和亮, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 直井 大志, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 北山 丈二, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 22 7 EP066 - 02 (一社)日本内視鏡外科学会 2017年12月
  • 腹腔鏡下直腸切断術症例の合併症予防の工夫
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田友 藍, 森 和亮, 井上 賢之, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森本 光昭, 直井 大志, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 22 7 EP066 - 09 (一社)日本内視鏡外科学会 2017年12月
  • 腹腔鏡下側方リンパ節郭清を安全に導入するための工夫
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 直井 大志, 井上 賢之, 森 克亮, 東條 峰之, 佐田友 藍, 森本 光昭, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 22 7 EP174 - 08 (一社)日本内視鏡外科学会 2017年12月
  • 当科における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の手技の定型化と工夫
    春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 22 7 SF015 - 02 (一社)日本内視鏡外科学会 2017年12月
  • 小児GISTに対し、非穿孔式内視鏡的胃壁内反切除術を行った一例
    松本 志郎, 細谷 好則, 春田 英律, 宇井 崇, 倉科 憲太郎, 宮戸 英世, 齋藤 心, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 22 7 EP083 - 01 (一社)日本内視鏡外科学会 2017年12月
  • 腹腔鏡下胃全摘術におけるEEA Orvilを用いた食道空腸吻合の工夫
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 春田 英律, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 宮戸 秀世, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 22 7 EP192 - 10 (一社)日本内視鏡外科学会 2017年12月
  • 画像上、類似の所見を示した胃平滑筋腫と腹壁顆粒細胞腫を合併した1症例
    齋藤 心, 春田 英律, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 細谷 好則, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 22 7 EP233 - 07 (一社)日本内視鏡外科学会 2017年12月
  • Ito H, Horie H, Sadatomo A, Naoi D, Tahara M, Kono Y, Inoue Y, Koinuma K, Lefor AK, Sata N
    Journal of surgical case reports 2017 12 rjx247  2017年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Metachronous solitary metacarpal bone metastasis from rectal cancer has not been reported previously. Here, we describe a 54-year-old woman who underwent abdominoperineal resection for rectal cancer following neoadjuvant chemoradiotherapy. The resected specimen contained adenocarcinoma with no lymph node metastases (Stage II, T3N0M0); no adjuvant chemotherapy was administered. Fifteen months after surgery, the patient presented with pain and swelling of the right thumb. Radiography revealed metacarpal bone destruction, and fluorine-18 fluorodeoxyglucose positron emission tomography showed uptake only in the metacarpal bone. Open biopsy revealed an adenocarcinoma, and a right thumb resection was performed. Histological examination indicated features of adenocarcinoma similar to the findings of a rectal lesion, leading to a diagnosis of metachronous solitary metacarpal bone metastasis from rectal cancer. The patient remains free of disease after 6 years of follow-up. Our findings suggest that surgical resection may lead to favorable outcomes in patients with resectable solitary bone metastases.
  • Ai Sadatomo, Yoshiyuki Inoue, Homare Ito, Tadayoshi Karasawa, Hiroaki Kimura, Sachiko Watanabe, Yoshiko Mizushina, Jun Nakamura, Ryo Kamata, Tadashi Kasahara, Hisanaga Horie, Naohiro Sata, Masafumi Takahashi
    The Journal of Immunology 199 9 3306 - 3315 The American Association of Immunologists 2017年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Accumulating evidence suggests that IL-1β plays a pivotal role in the pathophysiology of hepatic ischemia-reperfusion (I/R) injury; however, the mechanism by which I/R triggers IL-1β production in the liver remains unclear. Recent data have shown that neutrophils contribute to hepatic I/R injury independently of the inflammasomes regulating IL-1β maturation. Thus, we investigated the role of neutrophils in IL-1β maturation and tissue injury in a murine model of hepatic I/R. IL-1β was released from the I/R liver and its deficiency reduced reactive oxygen species generation, apoptosis, and inflammatory responses, such as inflammatory cell infiltration and cytokine expression, thereby resulting in reduced tissue injury. Depletion of either macrophages or neutrophils also attenuated IL-1β release and hepatic I/R injury. In vitro experiments revealed that neutrophil-derived proteinases process pro-IL-1β derived from macrophages into its mature form independently of caspase-1. Furthermore, pharmacological inhibition of serine proteases attenuated IL-1β release and hepatic I/R injury in vivo. Taken together, the interaction between neutrophils and macrophages promotes IL-1β maturation and causes IL-1β-driven inflammation in the I/R liver. Both neutrophils and macrophages are indispensable in this process. These findings suggest that neutrophil-macrophage interaction is a therapeutic target for hepatic I/R injury and may also provide new insights into the inflammasome-independent mechanism of IL-1β maturation in the liver.
  • 術前(化学)放射線療法が直腸切断術の術後短期成績に与える影響
    田原 真紀子, 堀江 久永, 津久井 秀則, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 丸山 博之, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 78 増刊 659 - 659 日本臨床外科学会 2017年10月
  • 腹腔鏡下胃全摘術におけるEEA Orvilを用いた食道空腸吻合の工夫
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 春田 英律, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 宮戸 秀世, 堀江 久永, 佐久間 康成, 山口 博紀, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 78 増刊 502 - 502 日本臨床外科学会 2017年10月
  • 食道癌の脳転移再発に対して手術および放射線療法で長期生存が得られた一例
    松本 志郎, 細谷 好則, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 宮戸 英世, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 78 増刊 861 - 861 日本臨床外科学会 2017年10月
  • 食道癌の副腎転移と鑑別を要した副腎black adenomaの一例
    吉田 陽, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 78 増刊 967 - 967 日本臨床外科学会 2017年10月
  • Takeshi Suto, Masahiko Watanabe, Takeshi Endo, Koji Komori, Masayuki Ohue, Yukihide Kanemitsu, Masaaki Itou, Yasumasa Takii, Toshimasa Yatsuoka, Manabu Shiozawa, Tetsushi Kinugasa, Hideki Ueno, Tadatoshi Takayama, Tadahiko Masaki, Hiroyuki Masuko, Hisanaga Horie, Masafumi Inomata
    Journal of Gastrointestinal Surgery 21 10 1683 - 1691 2017年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: Postoperative adhesions are the major cause of postoperative complications including intestinal obstruction, infertility, and chronic pelvic pain. In order to reduce postoperative adhesions, Terumo Corporation (Tokyo, Japan) has developed an adhesion barrier system (TCD-11091) which is easy to use at the treatment site in various surgical procedures including laparoscopic surgeries. We conducted a prospective randomized single-blind study in patients who underwent laparotomy with ileostomy. Methods and Results: One hundred twenty-six patients were randomly assigned to TCD-11091 group (n = 62) or non-treatment group (n = 62). Patient backgrounds were similar between the groups. At the time of ileostomy closure (the second-look surgery), the observation was performed on 55 in the TCD-11091 group and 43 in the control group. The incidence of adhesions observed at the second-look surgery was significantly lower in the TCD-11091 group (52.7 versus 90.7% p <  0.001). For the secondary endpoints, the incidence of wide extent adhesions (grade 2 or higher) was significantly reduced (38.2 versus 79.1% p <  0.001). Regarding the severity of adhesions, the incidence of grade 2 or higher adhesions was also significantly lower in the TCD-11091 group (47.3 versus 88.4% p <  0.001). No differences in the incidence of adverse events were found between the TCD-11091 group and the non-treatment group (85.2 versus 75.4% p = 0.225). Conclusions: Use of TCD-11091 was safe and associated with significantly lower incidence of adhesion and severity of adhesions compared with non-treatment procedure.
  • 胃癌腹膜播種治療におけるバイオマーカーとしての腹水中エクソソームマイクロRNA解析
    大澤 英之, 三木 厚, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本癌学会総会記事 76回 P - 3240 2017年09月
  • 当科における下部進行直腸癌に対する術前放射線化学療法後の腹腔鏡手術の短期成績と導入の安全性について
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 森 和亮, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 東條 峰之, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 宮原 悠三, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 70 抄録号 A91 - A91 (一社)日本大腸肛門病学会 2017年09月
  • 当科における小腸ストーマ造設後high-output stoma症例の検討
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 森本 光昭, 井上 賢之, 丸山 博之, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 70 抄録号 A147 - A147 (一社)日本大腸肛門病学会 2017年09月
  • 当院におけるCrohn病に対するKono-S吻合の短期成績
    森 和亮, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 丸山 博行, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 70 抄録号 A157 - A157 (一社)日本大腸肛門病学会 2017年09月
  • 直腸癌術後に孤発性の右拇指中手骨転移を来した1例
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 70 抄録号 A297 - A297 (一社)日本大腸肛門病学会 2017年09月
  • 直腸癌超低位前方切除5年後に発症した直腸腟瘻に対しMartius flap法にて修復した1例
    井上 賢之, 堀江 久永, 浜畑 幸弘, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 森 和亮, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 70 抄録号 A320 - A320 (一社)日本大腸肛門病学会 2017年09月
  • 当科における直腸切断術症例の術後合併症について
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 佐田友 藍, 森 和亮, 東條 峰之, 井上 賢之, 熊谷 祐子, 宮原 悠三, 太白 健一, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 清水 徹一郎, 丸山 博行, 森本 光昭, 直井 大志, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 70 抄録号 A320 - A320 (一社)日本大腸肛門病学会 2017年09月
  • 当科における膵IPMNの縮小手術の検討
    齋藤 匠, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 72回 PK4 - 6 (一社)日本消化器外科学会 2017年07月
  • 退形成性膵管癌の6切除例
    風當 ゆりえ, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 72回 PL4 - 1 (一社)日本消化器外科学会 2017年07月
  • 当科における虫垂腫瘍の臨床病理学的検討
    谷口 理丈, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 直井 大志, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 72回 PE5 - 1 (一社)日本消化器外科学会 2017年07月
  • 横行結腸癌に対する安全な腹腔鏡下Complete Mesocolic Excisionの工夫
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 72回 RS1 - 1 (一社)日本消化器外科学会 2017年07月
  • 消化器外科の診断・手技・治療に役立つ先進技術 非視覚的主体情報の統合した、マクロ・ミクロをカバーする4K/8K対応・内視鏡手術システムの開発
    遠藤 和洋, 太白 健一, 直井 大志, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, アラン・レフォー, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 72回 WS13 - 5 (一社)日本消化器外科学会 2017年07月
  • 消化器外科における術後回復促進策(ERAS) 直腸癌待機的前方切除症例におけるERAS導入の効果
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 直井 大志, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 細谷 好則, Lefor Alan, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 72回 O2 - 5 (一社)日本消化器外科学会 2017年07月
  • 局所進行直腸癌に対する集学的治療戦略 術前化学放射線療法(CRT)を行った下部進行直腸癌症例の術後3ヵ月内のCEA値は予後を予測しうるか
    森本 光昭, 堀江 久永, 直井 大志, 鯉沼 広治, 仲澤 聖則, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 72回 O2 - 5 (一社)日本消化器外科学会 2017年07月
  • 閉鎖孔ヘルニア嵌頓症例の臨床的検討
    金子 勇貴, 小泉 大, 下平 健太郎, 井上 賢之, 齋藤 心, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 72回 PP10 - 5 (一社)日本消化器外科学会 2017年07月
  • 左側大腸癌イレウスに対する経肛門イレウス管の適応と限界
    井上 賢之, 堀江 久永, 直井 大志, 伊藤 誉, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 細谷 好則, 北山 丈二, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 72回 RS3 - 6 (一社)日本消化器外科学会 2017年07月
  • 消化器外科の診断・手技・治療に役立つ先進技術 腹腔鏡下側方リンパ節郭清に役立つ術前シミュレーション
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 直井 大志, 井上 賢之, Lefor Alan, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 72回 O3 - 6 (一社)日本消化器外科学会 2017年07月
  • 胃癌術後腹腔内Neutrophil Extracellular Traps(NETs)の腹膜播種再発の関与について
    金丸 理人, 津久井 秀則, 斉藤 心, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 山口 博紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会 72回 RS1 - 2 (一社)日本消化器外科学会 2017年07月
  • 周術期を支える漢方を科学する! その基礎と臨床 胃全摘後の摂食低下・体重減少とTJ-43六君子湯による改善及び新規メカニズムの発見
    田口 昌延, 出崎 克也, 小泉 大, 倉科 憲太郎, 細谷 好則, Lefor Alan, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢田 俊彦
    日本消化器外科学会総会 72回 SS06 - 3 (一社)日本消化器外科学会 2017年07月
  • 当院における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の治療成績
    春田 英律, 細谷 好則, 松本 志郎, 齋藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 安部 望, 金丸 理人, 高橋 和也, 北山 丈二, 佐久間 康成, 堀江 久永, 海老原 健, 石橋 俊, 佐田 尚宏
    日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 35回 135 - 135 日本肥満症治療学会 2017年06月
  • 齋藤 匠, 三木 厚, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 32 3 460 - 460 (一社)日本膵臓学会 2017年05月
  • 中下部進行直腸癌に対する腹腔鏡手術の短期成績
    津久井 秀則, 堀江 久永, 森本 光昭, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 70 5 363 - 363 (一社)日本大腸肛門病学会 2017年05月
  • Shin Saito, Takao Nagashima, Daisuke Matsubara, Noriyoshi Fukushima, Masahiro Iwamoto, Seiji Minota, Hisanaga Horie, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    INTERNATIONAL SURGERY 102 5-6 210 - 215 2017年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Eosinophilic granulomatosis with polyangiitis (EGPA) is a vascular disorder of unknown etiology characterized by severe asthma, eosinophilia, and granulomatous vasculitis. It is sometimes associated with gastrointestinal lesions, although perforations are uncommon. Corticosteroids are commonly used in the treatment of patients with EGPA; however, they may impair tissue repair and induce fibrotic changes in the vascular intima, which can lead to vascular occlusion, ischemia, and perforation. The anti-inflammatory properties of corticosteroids may mask symptoms of gastroduodenal ulcers or other intra-abdominal conditions, which can lead to a delay in diagnosis. From January 1, 2001 to December 31, 2014, 71 patients underwent surgery for small intestinal perforations. Of these, 4 operations were performed on 3 patients with EGPA who were receiving corticosteroids. We retrospectively reviewed the clinical and pathologic features of these patients. All 3 patients with EGPA were men, with a mean age of 56 years. The length of resected intestine ranged from 10 to 60 cm. Histopathologic examination revealed ulcers and perforations of the small intestine associated with vasculitis, compatible with EGPA. All patients had an uneventful postoperative course. Patients with EGPA presenting with abdominal pain must be carefully evaluated for possible intestinal perforation, especially those receiving corticosteroid therapy.
  • 腹腔鏡下横行結腸癌手術における難易度克服への工夫
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 井上 賢之, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 SF - 6 (一社)日本外科学会 2017年04月
  • 質感と人体解剖を忠実に再現した、高難度手術教育のための臓器モデル 鏡視下手術の教育効果を高めるために必要な技術トレーニング
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笠原 尚哉, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 SF - 4 (一社)日本外科学会 2017年04月
  • 膵空腸吻合Blumgart変法(自治医大方式)に適した膵臓の検討
    小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS - 1 (一社)日本外科学会 2017年04月
  • IPMN国際診療ガイドラインからみた当院でのIPMN手術例の検討
    齋藤 匠, 三木 厚, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS - 4 (一社)日本外科学会 2017年04月
  • 家族性大腸腺腫症に合併した十二指腸病変の検討
    木村 有希, 小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS - 7 (一社)日本外科学会 2017年04月
  • 胆嚢管合流部隔壁構造に着目した胆嚢管アプローチによる総胆管結石採石法 その解剖学的基盤と実践
    清水 敦, 野田 泰子, 安田 是和, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS - 3 (一社)日本外科学会 2017年04月
  • 腹腔鏡下ISRの治療成績
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 70 4 288 - 288 (一社)日本大腸肛門病学会 2017年04月
  • クローン病に対する腸管吻合におけるKono-S吻合導入後の短期成績
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 宮原 悠三, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 田原 真紀子, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS - 2 (一社)日本外科学会 2017年04月
  • 当院における局所進行下部直腸癌に対する術前化学放射線療法の有用性と課題について
    森本 光昭, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 堀江 久永, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS - 6 (一社)日本外科学会 2017年04月
  • 若手外科医に対する腹腔鏡下大腸切除トレーニングシステム
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS - 2 (一社)日本外科学会 2017年04月
  • 胃癌腹膜再発における開腹術後の腹腔内滲出液中low density granulocytes(LDG)の意義
    金丸 理人, 津久井 秀則, 斉藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 春田 英律, 松本 志郎, 安部 望, 高橋 和也, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 SF - 1 (一社)日本外科学会 2017年04月
  • 胃過形成ポリープに発生した低分化型腺癌の1例(Poorly differentiated adenocarcinoma arising in hyperplastic polyp of the stomach: A report of case)
    高橋 和也, 齋藤 心, 金丸 理人, 安部 望, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 89回 235 - 235 2017年03月
  • 膵体尾部を中心とした左側感染性WONに対する治療戦略
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 37 2 292 - 292 (一社)日本腹部救急医学会 2017年02月
  • Hidenori Kanazawa, Kenichi Utano, Shigeyoshi Kijima, Takahiro Sasaki, Yasuyuki Miyakura, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Hideharu Sugimoto
    Asian journal of endoscopic surgery 10 1 28 - 34 2017年02月 
    INTRODUCTION: An accurate assessment of the depth of tumor invasion in patients with colon cancer is an important part of the preoperative evaluation. Whether computed tomographic colonography (CTC) or optical colonoscopy (OC) is better to accurately determine tumor location and invasion depth has not been definitively determined. The aim of this study was to determine the diagnostic accuracy of tumor localization and tumor invasion depth of colon cancer by preoperative OC alone or combined with CTC. METHODS: Study participants include 143 patients who underwent both preoperative CTC using automated CO2 insufflation and OC from July 2012 to August 2013. RESULTS: The accuracy of tumor localization was significantly better with CTC than with OC (OC, 90%; CTC, 98%; P < 0.05). No tumor in the descending colon was localized accurately via OC alone. The accuracy of tumor invasion depth was better with CTC plus OC than with OC alone (OC, 55%; CTC, 73%; P < 0.05). CONCLUSIONS: OC combined with CTC provides a more accurate preoperative determination of tumor localization and invasion depth than OC alone.
  • 大腸癌同時性・異時性肝転移症例の予後比較についての検討
    津久井 秀則, 森本 光昭, 堀江 久永, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 70 2 132 - 132 (一社)日本大腸肛門病学会 2017年02月
  • Tsukui Hidenori, Koinuma Koji, Morimoto Mitsuaki, Horie Hisanaga, Lefor Alan Kawrai, Kagaya Yuka, Takahashi Haruo, Yano Tomonori, Matsubara Daisuke, Yamamoto Hironori, Sata Naohiro
    Clinical Journal of Gastroenterology 10 1 32 - 36 シュプリンガー・ジャパン(株) 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    We report the case of a patient with Crohn's disease who initially presented with a ceco-urachal fistula. The patient was a 31-year-old female who underwent an appendectomy 6 years before presenting to our institution. She had a one-year history of diarrhea, and had recently developed polyuria and a sensation of residual urine. She was admitted with fever and lower abdominal pain. Endoscopy and computed tomography revealed a ceco-urachal fistula, which was consistent with Crohn's disease. An urachal resection was performed, which included partial cystectomy and ileocecal resection. A ceco-urachal fistula is a rare initial symptom of Crohn's disease. During the surgical management of such cases, it is necessary to resect the urachus, the affected portion of the bladder, the fistula, and the affected part of the digestive tract in order to avoid recurrence.
  • 木村 有希, 三木 厚, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北谷 丈二, 佐田 尚宏
    胆膵の病態生理 = The Japanese journal of bilio-pancreatic pathophysiology 33 1 43 - 46 日本胆膵病態・生理研究会 2017年 [査読有り][通常論文]
  • 青木 裕一, 笹沼 英紀, 倉科 憲太郎, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 78 1 130 - 134 日本臨床外科学会 2017年 [査読有り][通常論文]
     
    症例は35歳,女性.5年前,子宮頸癌に対し広汎子宮全摘術を施行し,術後放射線照射歴があった.突然発症の下腹部痛を主訴に救急搬送され,下腹部の反跳痛と炎症反応上昇,Cr値高値を認めた.CTでは左腎周囲と骨盤内に大量の腹水を認めた.病歴から,漏出尿による腹膜炎を疑い造影CT撮像30分後に単純CTを再検し,造影剤の腹腔内漏出を確認した.膀胱造影および膀胱鏡で膀胱自然破裂と確診し,腹腔内貯留尿のドレナージおよび膀胱カテーテル留置を行った.術後,症状は速やかに改善し,術後14日目に膀胱カテーテルを抜去し,術後19日目に退院となった.
    放射線照射後膀胱自然破裂の診断精度は低く,確定診断に至らないまま加療されている症例が少なくない.今回,CTを再検したことにより治療前に診断した膀胱自然破裂の1例を経験した.骨盤内放射線照射歴のある症例においては,漏出尿を原因とする腹膜炎の可能性があることを考慮して診療を行うことが重要である.
  • 医工連携による革新的内視鏡手術トレーニングシステムの開発 外科教育の新たな手法確立に向けて
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笠原 直哉, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 21 7 OS145 - 6 (一社)日本内視鏡外科学会 2016年12月
  • 腹腔鏡下肝切除にRFAを併用して治療した肝細胞癌4例の経験
    森嶋 計, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 21 7 DP99 - 1 (一社)日本内視鏡外科学会 2016年12月
  • 青木 裕一, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    外科 78 13 1513 - 1517 (株)南江堂 2016年12月 
    44歳男性。食事摂取後の心窩部違和感と嘔吐を主訴に近医より紹介となった。上部消化管造影では十二指腸水平脚は認められず、造影剤は十二指腸でループを描いた後に右側腹部小腸を通り、骨盤内小腸へと流出していた。下部消化管造影では回腸末端は左下腹部に存在し、右側結腸の左方偏移が認められた。腸回転異常症(malrotation type)と診断し、待機的に腹腔鏡手術が行われたが、術後半年で腸閉塞を短期間に繰り返した。CTおよび上部消化管造影により上部小腸の癒着に伴う通過障害が疑われた。再手術を行なったところ、十二指腸下行脚〜上部空腸で腸管どうしが癒着しており、上部空腸はねじれるように口側腸管・右側後腹膜と癒着していた。そこで、癒着を剥離し、剥離面に新たにセプラフィルムを貼付した結果、術後は症状の再燃なく経過良好である。
  • 腹腔鏡下横行結腸癌手術における空間認識能向上への工夫
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 丸山 博行, 森 和亮, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 21 7 OS53 - 5 (一社)日本内視鏡外科学会 2016年12月
  • 腹腔鏡下直腸前方切除術症例における早期経口摂取の検討
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 21 7 OS99 - 1 (一社)日本内視鏡外科学会 2016年12月
  • 腹腔鏡下側方リンパ節郭清を安全に導入するための工夫
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 直井 大志, 田原 真紀子, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 津久井 秀則, 佐田友 藍, 森 和亮, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 21 7 OS188 - 1 (一社)日本内視鏡外科学会 2016年12月
  • 当科の腹腔鏡補助下低位前方切除術の出血時の対応と手術手技について
    森本 光昭, 堀江 久永, 津久井 秀則, 東條 峰之, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 北山 丈二, 細谷 義則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 21 7 OS188 - 2 (一社)日本内視鏡外科学会 2016年12月
  • 癒着性腸閉塞に対する気腹CTによる術前評価が有用であった2例
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 田原 真紀子, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 21 7 DP51 - 4 (一社)日本内視鏡外科学会 2016年12月
  • 胸骨後経路胃管癌に対して胸壁吊り上げ式鏡視下胃管切除・空腸再建を行なった3例の経験
    齋藤 心, 宇井 崇, 倉科 憲太郎, 金丸 理人, 松本 志郎, 堀江 久永, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 永井 秀雄, 福嶋 敬宜
    日本消化器外科学会雑誌 49 Suppl.2 126 - 126 (一社)日本消化器外科学会 2016年11月
  • 直腸神経鞘腫の一例
    熊谷 祐子, 伊藤 誉, 青木 裕一, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 11 2844 - 2844 日本臨床外科学会 2016年11月
  • 胸骨後経路胃管癌に対して鏡視下胃管切除・空腸再建を行なった1例
    平瀬 雄規, 齋藤 心, 津久井 秀則, 松本 志郎, 倉科 健太郎, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 11 2867 - 2867 日本臨床外科学会 2016年11月
  • Satoh M, Kotani K, Yamada S, Koinuma K, Horie H, Takeuchi M
    The Journal of international medical research 45 6 1651 - 1657 2016年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Objective To investigate the potential use of high mobility group box 1 (HMGB1) as a marker for the surgical course following surgery for colorectal cancer (CRC). Methods Patients with advanced CRC undergoing open colorectal surgery who did not develop postsurgical complications were enrolled in the study. Blood samples were taken preoperatively and at 1 day, 1 week and 3 weeks after surgery for the measurement of the white blood cell count, serum C-reactive protein, serum amyloid A and HMGB1. Results Data from 21 patients were analysed. HMGB1 levels changed significantly during the surgical course, increasing from a preoperative median of 6.8 ng/ml to 12.1 ng/ml at 1 day postoperatively, and then decreasing to 8.1 ng/ml at 1 week postoperatively and 4.0 ng/ml at 3 weeks postoperatively. These changes were similar to but were not completely correlated with the changes seen in the other markers. Conclusion Serum HMGB1 may be a potential marker to monitor the surgical course in patients undergoing surgery for CRC, although further studies are warranted before it can be introduced into routine clinical practice.
  • 子宮摘出術3ヵ月後に腟断端離開、小腸脱出した一例
    扇原 香澄, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 増刊 843 - 843 日本臨床外科学会 2016年10月
  • 川口 英之, 小泉 大, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科感染症学会雑誌 13 5 539 - 539 (一社)日本外科感染症学会 2016年10月
  • 直腸脱 病態から考える術式選択 当院における腹腔鏡下後方固定術の手術成績
    森本 光昭, 堀江 久永, 太白 健一, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 増刊 426 - 426 日本臨床外科学会 2016年10月
  • 大腸外科における手術部位感染対策 当科における周術期SSI対策変更による術後SSIへの影響
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 田原 真紀子, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 69 抄録号 A50 - A50 (一社)日本大腸肛門病学会 2016年10月
  • 直腸癌低位前方切除術における縫合不全発生リスク因子の検討
    太白 健一, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 森本 光昭, 丸山 博行, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 69 抄録号 A73 - A73 (一社)日本大腸肛門病学会 2016年10月
  • Ra、Rb進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術の短期成績
    津久井 秀則, 堀江 久永, 森本 光昭, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 69 抄録号 A91 - A91 (一社)日本大腸肛門病学会 2016年10月
  • 当科の腹腔鏡補助下低位前方切除術の標準化に向けた取り組みと短期成績、手術手技について
    森本 光昭, 堀江 久永, 太白 健一, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 69 抄録号 A109 - A109 (一社)日本大腸肛門病学会 2016年10月
  • 家族性大腸腺腫症(FAP)に対する結腸全摘・回腸直腸吻合術(IRA)の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 田原 真紀子, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 69 抄録号 A128 - A128 (一社)日本大腸肛門病学会 2016年10月
  • 大腸内視鏡が左鼠径ヘルニアに嵌頓し挿入困難となった2例
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 69 抄録号 A197 - A197 (一社)日本大腸肛門病学会 2016年10月
  • 横行結腸癌手術における中結腸動脈主リンパ節のCTサイズと病理学的転移および予後との関連について
    丸山 博行, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 太白 健一, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 森本 光昭, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 69 抄録号 A207 - A207 (一社)日本大腸肛門病学会 2016年10月
  • 当科におけるLow-grade appendiceal mucinous neoplasmの臨床病理学的検討
    谷口 理丈, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 69 抄録号 A249 - A249 (一社)日本大腸肛門病学会 2016年10月
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 69 抄録号 A122  (一社)日本大腸肛門病学会 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌・大腸癌切除例の術前CT検査で指摘された膵嚢胞性病変の検討
    小泉 大, 木村 有希, 田口 昌延, 三木 広, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会雑誌 113 臨増大会 A681 - A681 (一財)日本消化器病学会 2016年09月
  • 当院における直腸癌に対する術前放射線療法の功罪
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 巷野 佳彦, 藤井 博文, 佐久間 康成, 細谷 好則, Lefor Alan, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 71回 P1 - 1 (一社)日本消化器外科学会 2016年07月
  • 腹腔鏡補助下低位前方切除術における縫合不全ゼロへの取り組みと、予防的回腸瘻造設基準の評価
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 丸山 博行, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 71回 P2 - 8 (一社)日本消化器外科学会 2016年07月
  • 腹部予定手術後肺合併症の予測における術前肺機能検査の有用性の検討
    横田 真一郎, 富樫 一智, アラン・レフォー, 小泉 大, 中村 好一, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 71回 P2 - 9 (一社)日本消化器外科学会 2016年07月
  • 直腸癌前方切除後患者におけるERASプロトコール導入に向けての検討
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 田原 真紀子, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, Lefor Alan, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 71回 P3 - 2 (一社)日本消化器外科学会 2016年07月
  • 右側結腸手術に対するERASプロトコル導入の効果
    直井 大志, 堀江 久永, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 71回 P3 - 5 (一社)日本消化器外科学会 2016年07月
  • 進行大腸癌に対するイメージガイド腹腔鏡手術
    堀江 久永, 伊藤 誉, 佐々木 崇洋, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, Lefor Alan, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 71回 P3 - 8 (一社)日本消化器外科学会 2016年07月
  • 扁平上皮癌を合併した直腸肛門部尖圭コンジローマの1例
    伊藤 誉, 堀江 久永, 高橋 大二郎, 清水 徹一郎, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 71回 P2 - 1 (一社)日本消化器外科学会 2016年07月
  • 胃切除後の食道再建術式 食道切除後の血管吻合付加を伴う胸骨前Roux-en Y型空腸再建の検討
    細谷 好則, 斉藤 心, 倉科 憲太郎, 去川 俊二, 中村 美鈴, 佐久間 康成, 堀江 久永, アラン・レフォー, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 71回 PD1 - 4 (一社)日本消化器外科学会 2016年07月 [査読有り][通常論文]
  • 膵lymphoepithelial cystの一切除例
    湯澤 真梨子, 三木 厚, 利府 和馬, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    栃木県医学会々誌 46 49 - 51 栃木県医学会 2016年06月
  • 大腸癌肝転移に対する化学療法・拡大右肝切除後に脾動脈瘤のコイル塞栓術を施行し脾摘を回避しえた1例
    清水 敦, 眞田 幸弘, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 626 - 626 (一社)日本肝胆膵外科学会 2016年06月
  • Ito H, Miyakura Y, Tsukui H, Naoi D, Tahara M, Morimoto M, Koinuma K, Horie H, Lefor AK, Sata N
    Journal of surgical case reports 2016 5 2016年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Metastatic squamous cell carcinoma (SCC) from an unknown primary site to the colon has not been reported previously. A 75-year-old woman presented with a mass in the left submandibular region. Biopsy revealed a Class V lesion, but the histologic type was undetermined. Surgical resection of the left submandibular gland with cervical lymph node dissection was performed. However, SCC was seen in the lymph nodes only, with no tumor in the submandibular gland. Three months after surgery, computed tomography revealed that the preoperatively diagnosed lesion in the transverse colon had grown considerably. A laparoscopic right hemicolectomy was performed. Histological examination showed features of SCC, similar to the findings in the cervical lymph nodes. We report a rare case of synchronous metastatic SCC to the colon and cervical lymph nodes from a carcinoma of unknown primary site.
  • 太白 健一, 堀江 久永, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 小泉 大, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    小切開・鏡視外科学会雑誌 7 1 44  (NPO)小切開・鏡視外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 津久井 秀則, 堀江 久永, 森本 光昭, 直井 大志, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    臨牀と研究 93 5 671  大道学館出版部 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は80歳女性で、79歳時に右乳癌で右乳房温存術を施行した。術後ホルモン療法と右残存乳房に放射線治療を施行した。右乳癌術後経過観察中のCTにて上行結腸の壁肥厚を指摘され、下部消化管内視鏡検査で、上行結腸癌と診断された。労作時の息切れを認めたため、精査目的に入院とした。下部消化管内視鏡検査では、上行結腸に半周性2型の腫瘍を認め、病理検査にて腺癌と診断された。呼吸機能検査では、軽度閉塞性障害を認めた。病歴や画像所見や喀痰検査から、放射線療法による特発性器質化肺炎(COP)と診断した。画像上肺炎像が悪化したため、パルミコート(ブデソニド)吸入ステロイド薬による加療を行った。3ヵ月間ステロイド吸入による加療を行い、画像所見・呼吸機能は改善した。腹腔鏡下結腸右半切除術を施行した。周術期に呼吸器症状なく、術後9日目に退院した。COPの再燃及び呼吸器症状なく経過している。
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 後腹膜脂肪肉腫の臨床病理学的検討
    丸山 博行, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS - 2 (一社)日本外科学会 2016年04月
  • 十二指腸乳頭部癌に対する膵頭十二指腸切除術の長期成績の検討
    小泉 大, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS - 4 (一社)日本外科学会 2016年04月
  • 乳癌術後経過観察中に発見し、診断に難渋した異時性重複癌の1例
    湯澤 真梨子, 三木 厚, 利府 数馬, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 RS - 5 (一社)日本外科学会 2016年04月
  • 新規分子標的薬を用いた、原発性十二指腸癌に対する新規治療開発
    芝 聡美, 三木 厚, 大澤 英之, 寺谷 工, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 OP - 5 (一社)日本外科学会 2016年04月
  • 消化器癌手術症例に対する術前栄養評価と術後合併症の関連
    倉科 憲太郎, 三木 厚, 松本 健司, 村越 美穂, 佐藤 敏子, 小暮 亜弥子, 齋藤 心, 鯉沼 広治, 笹沼 英紀, 小泉 大, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS - 3 (一社)日本外科学会 2016年04月
  • 抗血栓薬のヘパリン置換による周術期管理の検討
    太田 学, 小泉 大, 森本 光昭, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 穂積 康夫, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS - 1 (一社)日本外科学会 2016年04月
  • 大腸癌肝転移切除後に補助化学療法(mFOLFOX6)を施行した症例の予後
    津久井 秀則, 森本 光昭, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 藤井 博文, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS - 6 (一社)日本外科学会 2016年04月
  • Checklist方式による、腹腔鏡補助下低位前方切除後縫合不全ゼロへの試み
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 直井 大志, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 清水 徹一郎, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS - 4 (一社)日本外科学会 2016年04月
  • 術前(化学)放射線療法を施行した下部進行直腸癌における術後再発リスク因子の検討
    田原 真紀子, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 裕子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 森本 光昭, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 藤井 博文, 仲澤 聖則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS - 2 (一社)日本外科学会 2016年04月
  • 大腸癌治療におけるERAS導入とその実践 直腸癌手術症例における早期経口摂取の検討
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 WS - 2 (一社)日本外科学会 2016年04月
  • シニアレジデントに対する腹腔鏡下結腸切除トレーニングシステム
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS - 7 (一社)日本外科学会 2016年04月
  • 膠原病を合併した小腸穿孔症例の検討
    齋藤 心, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 堀江 久永, 佐久間 康成, 簑田 清次, 岩本 雅弘, 松原 大佑, 福島 敬宣, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS - 8 (一社)日本外科学会 2016年04月
  • Morimoto M, Koinuma K, Lefor AK, Horie H, Ito H, Sata N, Hayashi Y, Sunada K, Yamamoto H
    World journal of gastrointestinal endoscopy 8 8 374 - 377 2016年04月 [査読有り][通常論文]
     
    A 48-year-old man underwent laparoscopic sigmoid colon resection for cancer and surveillance colonoscopy was performed annually thereafter. Five years after the resection, a submucosal mass was found at the anastomotic staple line, 15 cm from the anal verge. Computed tomography scan and endoscopic ultrasound were not consistent with tumor recurrence. Endoscopic mucosa biopsy was performed to obtain a definitive diagnosis. Mucosal incision over the lesion with the cutting needle knife technique revealed a creamy white material, which was completely removed. Histologic examination showed fibrotic tissue without caseous necrosis or tumor cells. No bacteria, including mycobacterium, were found on culture. The patient remains free of recurrence at five years since the resection. Endoscopic biopsy with a cutting mucosal incision is an important technique for evaluation of submucosal lesions after rectal resection.
  • 松本 志郎, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 井野 祐治, 三浦 義正, 山本 博徳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 88回 479  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 倉科 憲太郎, 細谷 好則, 齋藤 心, 松本 志郎, 小暮 亜弥子, 佐藤 敏子, 村越 美穂, 荒川 由起子, 岡田 憲樹, 春田 英律, 宇井 崇, 三木 厚, 堀江 久永, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 88回 344  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 北條 宣幸, 森嶋 計, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, Alan Lefor, 佐田 尚宏, 安田 是和, 福嶋 敬宜
    日本外科系連合学会誌 41 1 52 - 57 日本外科系連合学会 2016年02月 
    症例は76歳,女性.右季肋部痛を主訴に近医受診し,精査目的に当院紹介となった.上部内視鏡では胃体上部大彎に小陥凹病変を認め,生検で印環細胞癌と診断された.腹部造影CTにて胃周囲リンパ節の腫大と胃壁肥厚を認めた.リンパ節転移を伴う胃癌の診断で胃全摘術を施行した.術中所見で小腸間膜の一部に数個の結節を認めたため,摘出し病理検査へ提出した.最終診断は低分化型腺癌/印環細胞癌,pT1a(M),ly0,v0,n(18/69)(#4sa,#7,#8a,#10)であり,原病変は約10mm×10mmの胃粘膜内癌で潰瘍瘢痕はなかった.小腸間膜結節は胃癌の転移と診断された.腹膜播種をきたした胃粘膜内癌の極めて稀な1例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • Saito Shin, Kurashina Kentaro, Matsumoto Shiro, Sakuma Yasunaru, Minota Seiji, Iwamoto Masahiro, Matsubara Daisuke, Fukushima Noriyoshi, Horie Hisanaga, Hosoya Yoshinori, Lefor Alan K, Sata Naohiro
    JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY 137 2 AB165  2016年02月 [査読有り][通常論文]
  • Komatsubara T, Koinuma K, Miyakura Y, Horie H, Morimoto M, Ito H, Lefor AK, Sata N, Fukushima N
    Clinical journal of gastroenterology 9 1 1 - 6 2016年02月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: Endocrine cell carcinoma, according to the Japanese classification criteria for colorectal cancer, corresponds to neuroendocrine carcinoma (NEC) and mixed adenoneuroendocrine carcinoma (MANEC), as defined in the 2010 World Health Organization (WHO) classification. We retrospectively reviewed the clinical features of patients with these tumors diagnosed and treated at our institution. METHODS: The clinicopathological features of endocrine cell carcinomas of the colon and rectum diagnosed by neuroendocrine markers from January 2000 to December 2012 were retrospectively evaluated in 12 patients. RESULTS: Surgical specimens were obtained from eight of the 12 patients. MANEC was diagnosed in six patients and NEC in one. One tumor was unclassifiable. The tumors were not resected in four patients, and all died within 3 months. Of the eight patients who underwent resection, four received an R0 resection, two of whom underwent adjuvant chemotherapy and survived more than 5 years. One patient who underwent an R2 resection and continuous chemotherapy survived for 53 months. One patient with NEC underwent surgery and radiotherapy, and died 17 months later. CONCLUSION: Most endocrine cell carcinomas of the colon and rectum reviewed were MANECs. Though their prognosis was generally poor, chemotherapy may be effective in some patients.
  • Sadatomo A, Koinuma K, Horie H, Lefor AK, Sata N
    Annals of medicine and surgery (2012) 5 19 - 22 2016年02月 [査読有り][通常論文]
     
    INTRODUCTION: Isolated vaginal metastases from colorectal cancer are extremely rare. There are only a few reported cases in the English literature, and the characteristics of such cases of metastasis remain relatively unknown. PRESENTATION OF CASE: We present a case of isolated vaginal metastasis from rectal cancer in a 78-year-old female patient. The patient had no symptoms related to vaginal tumor. Magnetic resonance imaging (MRI) showed thickening of the middle rectum and a vaginal tumor. Biopsy from the vaginal tumor showed adenocarcinoma, similar to the rectal lesion. Low anterior resection with ileostomy, hystero-oophorectomy, and transvaginal tumor resection was performed. After nineteen months, computed tomography scan revealed multiple lung metastases and recurrent tumor in the pelvis. The patient refused chemotherapy and is alive three months after developing recurrent disease. DISCUSSION: Most cases of primary vaginal carcinoma are squamous cell carcinoma. Other histologic types such as adenocarcinoma are usually metastatic lesions. Primary lesions associated with metastatic vaginal adenocarcinoma are most often the uterus, and are very rarely from the colon or rectum. We review previous case reports of isolated vaginal metastases from colorectal cancer and discuss their symptoms, treatments, and outcomes. CONCLUSION: We should keep the vagina within the field of view of pelvic MRI, which is one of the preoperative diagnostic tools for colorectal cancer. If female patients show gynecological symptoms, gynecological examination should be recommended. Isolated vaginal metastases are an indication for surgical resection, and adjuvant chemotherapy is also recommended.
  • 胃癌手術における周術期栄養剤投与による体重減少への影響 ランダム化比較試験
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 小暮 亜弥子, 村越 美穂, 佐藤 敏子, 荒川 由起子, 齋藤 心, 松本 志郎, 春田 英律, 宇井 崇, 三木 厚, 佐久間 康成, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本静脈経腸栄養学会雑誌 31 1 326 - 326 (株)ジェフコーポレーション 2016年01月
  • Kenichi Oshiro, Masaru Koizumi, Daijiro Takahashi, Hiroyuki Maruyama, Hisanaga Horie
    Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 49 7 683 - 689 2016年 [査読有り][通常論文]
     
    A 75-year-old man presented with a one-month history of right lower abdominal pain, and was admitted because of bowel obstruction. Abdominal CT scan revealed intestinal malrotation and bowel obstruction, due to a descending colon cancer. An ascending colon cancer was also suspected. A stent was placed to dilate the stenotic region, and an ascending colon cancer was then identified. A right hemicolectomy and partial resection of the descending colon were performed. Reversed type intestinal malrotation has been reported in approximately 4% of all patients with intestinal malrotation, which has a prevalence of 1/10,000 people. A treatment approach for preoperative management of double colon cancers with reversed type intestinal malrotation has recently been developed. 3D-CT angiography showed the precise anatomical structure, and colonic stent identified another colon cancer on the oral side of the stenotic region.
  • Hisanaga Horie, Kazutomo Togashi, Kenichi Utano, Yasuyuki Miyakura, Alan T. Lefor, Yoshikazu Yasuda
    ASIAN JOURNAL OF SURGERY 39 1 29 - 33 2016年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Background and aim: Patients with stage T3 or T4 rectal cancer are candidates for neoadjuvant chemoradiation therapy. The aim of this study is to clarify the usefulness of circumferential tumor extent determined by computed tomography (CT) colonography in differentiating T3 or T4 from T1 or T2 rectal cancer. Methods: Seventy consecutive rectal cancer patients who underwent curative-intent surgery were enrolled in this study. All patients underwent colonoscopy and CT colonography on the same day. The circumferential tumor extent was estimated in 10% increments. The pathological T stage was used as the reference. Results: The median circumferential tumor extent evaluated by colonoscopy for T1 (n = 6), T2 (n = 21), and T3/T4 (n = 43) were 10%, 30%, and 80%, respectively (T1/T2 vs. T3/T4, p < 0.0001). The median circumferential tumor extent evaluated by CT colonography for T1, T2, and T3/T4 is 10%, 30%, and 70%, respectively (T1/T2 vs. T3/T4, p < 0.0001). The correlation coefficient between colonoscopy and CT colonography was very high (0.94). By defining a circumferential tumor extent >= 50% by CT colonography as the criterion for stage T3 or T4, the sensitivity, specificity, positive predictive value and accuracy were 72%, 88%, 91%, and 79%, respectively. Conclusion: Circumferential tumor extent >= 50% determined by CT colonography is a simple and potentially useful marker to identify candidates for neoadjuvant chemoradiation therapy. Copyright (C) 2015, Asian Surgical Association. Published by Elsevier Taiwan LLC. All rights reserved.
  • Rifu K, Koinuma K, Horie H, Morimoto M, Kono Y, Tahara M, Sakuma Y, Hosoya Y, Kitayama J, Lefor AK, Sata N, Suzuki T, Fukushima N
    International journal of surgery case reports 23 151 - 156 2016年 [査読有り][通常論文]
     
    INTRODUCTION: Neuroendocrine tumors of the colon and rectum are relatively rare compared to sporadic colorectal carcinoma. There are few reports of neuroendocrine tumors of the colon and rectum in patients with ulcerative colitis. PRESENTATION OF CASE: A patient with sigmoid colon carcinoma with focal neuroendocrine features is presented. A 32-year-old man, who had been followed for ulcerative colitis for 14 years, was found to have carcinoma of the sigmoid colon on routine annual colonoscopy, and he underwent laparoscopic total colectomy. Pathologic examination showed sigmoid colon adenocarcinoma with focal neuroendocrine features. DISCUSSION: Most colorectal carcinomas associated with inflammatory bowel disease are histologically similar to the sporadic type, and tumors with neuroendocrine features are very unusual. CONCLUSION: Very rare case of sigmoid colon carcinoma with neuroendocrine features arising in a patient with UC was described.
  • 内視鏡外科のこれからの教育 工夫を持ち寄って最善を探る 開腹手術経験の少ない若手医師に対する腹腔鏡下結腸切除トレーニングシステム
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 森本 光昭, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 20 7 WS2 - 5 (一社)日本内視鏡外科学会 2015年12月
  • 誰も教えてくれない手術機器のうまい使い方 LCS 腹腔鏡下直腸手術におけるLCSによるsurgical smoke、ミストの対策について
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 佐久間 康成, 細谷 好則, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 20 7 WS16 - 7 (一社)日本内視鏡外科学会 2015年12月
  • 横行結腸癌に対する手技の定型化は可能か? 腹腔鏡下横行結腸癌手術の普及には、個別化も重要である
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 井上 賢之, 直井 大志, 森 和亮, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 20 7 PD26 - 2 (一社)日本内視鏡外科学会 2015年12月
  • 肥満症例における腹腔鏡下直腸切除術の検討
    田原 真紀子, 堀江 久永, 森本 光昭, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 20 7 OS8 - 2 (一社)日本内視鏡外科学会 2015年12月
  • 回腸重複腸管からの出血に対して単孔式腹腔鏡手術を行った1例
    熊谷 祐子, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 20 7 OS61 - 1 (一社)日本内視鏡外科学会 2015年12月
  • 当院における腹腔鏡下直腸切断術の大網有茎フラップ作成と結腸ストマ造設術
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 20 7 OS84 - 5 (一社)日本内視鏡外科学会 2015年12月
  • 腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術における後腹膜経路でのストーマ造設の工夫
    伊藤 誉, 堀江 久永, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 20 7 OS85 - 2 (一社)日本内視鏡外科学会 2015年12月
  • 腹腔鏡下右側結腸手術に対するERASプロトコル導入の短期成績
    直井 大志, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 20 7 OS187 - 4 (一社)日本内視鏡外科学会 2015年12月
  • 成人発症のmalrotationに対し、腹腔鏡下手術を施行した1例
    青木 裕一, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 20 7 OS296 - 9 (一社)日本内視鏡外科学会 2015年12月
  • 当院における腹腔鏡下Sleeve状胃切除の成績
    細谷 好則, 春田 英律, 斉藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 松本 志郎, 安部 望, 佐久間 康成, 堀江 久永, アラン・レフォー, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 20 7 OS39 - 5 (一社)日本内視鏡外科学会 2015年12月
  • Kono Y, Togashi K, Utano K, Horie H, Miyakura Y, Fukushima N, Lefor AT, Yasuda Y
    The American surgeon 81 12 1263 - 1271 2015年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Although size criteria have been proposed to identify lymph node metastases in patients with rectal cancer, size may not be an accurate predictor. Specimens from consecutive rectal cancer patients who underwent curative-intent radical surgery were examined. The long and short axes of lymph nodes were measured on the glass slides using micrometer calipers. The pathologic diagnosis was used as the reference. The diagnostic accuracy of metastatic status according to lymph node size was evaluated. Overall, 1283 lymph nodes from 78 patients were reviewed. The metastatic rate correlates with the length of both the long and short axes. However, metastases were present even in 1-mm lymph nodes, and the metastatic rate exceeds 5 per cent in lymph nodes measuring 3 mm along both axes. Cutoff values of ≥4 mm and ≥3 mm for the long and short axes result in a sensitivity of 76 per cent and 79 per cent, and a specificity of 36 per cent and 33 per cent, respectively, for each axis. Size criteria alone do not accurately predict the N-stage of rectal cancer. Diminutive lymph nodes, which are not seen on imaging studies, can contain metastatic disease.
  • 太田 学, 鯉沼 広治, 森嶋 計, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 田中 亨
    日本臨床外科学会雑誌 76 10 2493 - 2498 日本臨床外科学会 2015年10月 
    症例は57歳の女性.右下腹部腫瘤の精査で盲腸癌と診断された.術前の腹部超音波検査で肝S2に径10mmの境界明瞭で内部不均一な低エコー腫瘤を認めた.CT検査では淡い低吸収域として認め,造影効果は認めなかった.MRI検査ではT1強調で低信号,T2強調で軽度高信号を示し,superparamagnetic iron oxide(SPIO)造影後T2強調で明瞭な高信号として描出され,拡散強調画像で拡散の低下を認めた.盲腸癌・転移性肝癌と診断し,回盲部切除術と肝部分切除術を施行した.病理組織学的所見で肝reactive lymphoid hyperplasiaと診断された.術後8年再発なく経過している.肝reactive lymphoid hyperplasiaは良性疾患とされているが,術前検査で悪性腫瘍との鑑別が困難であり,外科的切除が行われることが多い.診断,治療の現状と問題点を考察した.(著者抄録)
  • 多発性内分泌腺腫症に起因する虫垂カルチノイド腫瘍の1例
    平瀬 雄規, 森本 光昭, 太田 学, 津久井 秀則, 田原 真紀子, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 76 増刊 1001 - 1001 日本臨床外科学会 2015年10月
  • 内視鏡外科手術の現状と将来(小腸、結腸、直腸) 腹腔鏡下大腸切除術の適応拡大に向けて 定型化から個別化へ
    堀江 久永, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 森本 光昭, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 76 増刊 404 - 404 日本臨床外科学会 2015年10月
  • 内視鏡外科手技と器具の工夫(小腸、結腸、直腸) 腹腔鏡下大腸切除術におけるsurgical smoke対策について
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 宮倉 安幸, 佐久間 康成, 細谷 好則, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 76 増刊 478 - 478 日本臨床外科学会 2015年10月
  • 高齢大腸癌患者における腹腔鏡下大腸切除術の適応について
    田原 真紀子, 堀江 久永, 森本 光昭, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 76 増刊 585 - 585 日本臨床外科学会 2015年10月
  • 縫合不全ゼロを目指した、腹腔鏡補助下低位前方切除術の試み
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 井上 賢之, 直井 大志, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 76 増刊 591 - 591 日本臨床外科学会 2015年10月
  • 定型化を目指した進行横行結腸癌に対する腹腔鏡下手術
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 佐田友 藍, 井上 賢之, 伊藤 誉, 直井 大志
    日本大腸肛門病学会雑誌 68 9 664 - 664 (一社)日本大腸肛門病学会 2015年09月
  • 当科における下部進行直腸癌に対する治療戦略の変革について
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 藤井 博文, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 68 9 720 - 720 (一社)日本大腸肛門病学会 2015年09月
  • 75歳以上の高齢大腸癌患者における腹腔鏡下大腸切除術の検討
    田原 真紀子, 堀江 久永, 森本 光昭, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 68 9 768 - 768 (一社)日本大腸肛門病学会 2015年09月
  • 直腸肛門部悪性黒色腫の1例
    菅野 真之, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 68 9 781 - 781 (一社)日本大腸肛門病学会 2015年09月
  • 直腸神経鞘腫の一例
    熊谷 祐子, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 68 9 827 - 827 (一社)日本大腸肛門病学会 2015年09月
  • 乳癌に対するBevacizumab併用化学療法中に結腸多発潰瘍による穿孔性腹膜炎を来した1例
    高木 徹, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 櫻木 雅子, 鯉沼 広治, 藤田 崇史, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 穂積 康夫, 佐田 尚宏
    日本癌治療学会誌 50 3 2411 - 2411 (一社)日本癌治療学会 2015年09月
  • Bevacizumab併用化学療法中にフルニエ壊疽を発症した2例
    青木 裕一, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 藤井 博文, 佐田 尚宏
    日本癌治療学会誌 50 3 2414 - 2414 (一社)日本癌治療学会 2015年09月
  • Hayashi Y, Shinozaki S, Sunada K, Sato H, Miura Y, Ino Y, Horie H, Fukushima N, Lefor AK, Yamamoto H
    Gastrointestinal endoscopy 83 3 602 - 7 2015年09月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND AND AIMS: The feasibility of endoscopic submucosal dissection (ESD) for large superficial colorectal tumors is undefined. The aim of this study was to assess the outcomes for patients undergoing ESD of superficial colorectal tumors larger than 50 mm. METHODS: A total of 472 patients who underwent ESD for superficial colorectal tumors from 2010 to 2014 were enrolled. We retrospectively reviewed their records. RESULTS: We compared patients with 20-mm to 50-mm lesions and those with lesions >50 mm regarding demographics, the ESD procedure, and histopathology. Among patients with lesions >50 mm, laterally spreading tumors nongranular and protruded types were uncommon. Histopathologically, deeply invasive (≥1000 μm) submucosal carcinomas were more frequent in lesions >50 mm (14% [10/70] vs 5% [20/402], P < .01). Technically, en bloc resection was successfully accomplished in 99% of patients (69/70). Although the total dissection time for lesions >50 mm was significantly longer than for lesions 20 mm to 50 mm (mean ± SD, 157 ± 114 minutes vs 68 ± 50 min; P < .01), dissection speed for lesions >50 mm was significantly faster than for lesions 20 mm to 50 mm (P < .01). There were no significant differences in en bloc R0 resection rate comparing both groups (>50 mm, 83% vs 20 mm to 50 mm, 87%; P = .31). No perforations or postoperative bleeding occurred in patients with lesions >50 mm. Post-ESD colorectal strictures requiring intervention did not develop in any patient. CONCLUSIONS: ESD for superficial colorectal tumors >50 mm is feasible. ESD of these lesions had a high R0 resection rate and a low adverse event rate. En bloc resection by ESD provides adequate pathological specimens and may limit the need for surgical intervention.
  • Satoshi Matsusaka, Soichiro Ishihara, Keisaku Kondo, Hisanaga Horie, Keisuke Uehara, Masahiko Oguchi, Keiko Murofushi, Masashi Ueno, Nobuyuki Mizunuma, Taiju Shimbo, Daiki Kato, Junji Okuda, Yojiro Hashiguchi, Masanori Nakazawa, Eiji Sunami, Kazushige Kawai, Hideomi Yamashita, Tohru Okada, Yuichi Ishikawa, Toshifusa Nakajima, Toshiaki Watanabe
    RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY 116 2 209 - 213 2015年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose: This study was designed to evaluate the safety and efficacy of adding oxaliplatin to preoperative chemoradiotherapy (CRT) with S-1 in patients with locally advanced rectal carcinoma (LARC). Patients and methods: This was a multicenter phase II study in patients with histologically proven clinical stage T3 or T4 (any N, M0) LARC. Patients preoperatively received oral S-1 (80 mg/m(2)/day on days 1-5, 8-12,22-27, and 29-33) and infusional oxaliplatin (60 mg/m(2) days on 1, 8, 22, and 29) plus radiotherapy (50.4 Gy), with a chemotherapy gap in the third week of radiotherapy. Pathological complete response (pCR) was the primary endpoint. Secondary endpoints included toxicity, compliance, R0 resection rate, and downstaging rate. Results: A total of 45 patients were enrolled at six centers in Japan. All 45 patients received CRT, and 44 underwent operation. A pCR was achieved in 12 (27.3%) of the 44 patients who underwent surgery. Near-total tumor regression was confirmed in 47.7%. There were no grade 4 adverse events, and 11.1% of the patients had grade 3 adverse events. R0 resection was achieved in 95.5% of the patients. Conclusion: Preoperative CRT with S-1 plus oxaliplatin had a high pCR rate and a favorable toxicity profile. (C) 2015 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.
  • Morimoto M, Nakamura Y, Yasuda Y, Lefor AT, Nagaie T, Sata N, Hosoya Y, Horie H, Koinuma K
    The Indian journal of surgery 77 4 283 - 289 2015年08月 [査読有り][通常論文]
     
    It has been suggested that total cholesterol levels and the use of statin medications are associated with the incidence of complications after gastrointestinal surgery. The aim of this study was to determine if preoperative total cholesterol levels are associated with a higher risk of postoperative infections and mortality. A total of 2211 patients undergoing general surgical procedures between December 2006 and November 2008 at Iizuka Hospital and between January 2010 and March 2012 at Jichi Medical University Hospital were reviewed. Multiple logistic regression models were used to evaluate serum total cholesterol and other variables as predictors of postoperative nosocomial infections. Serum total cholesterol concentrations lower than 160 mg/dl were associated with an increased incidence of superficial and deep incisional surgical site infections. Serum total cholesterol levels showed a reverse J-shaped relationship with the development of organ space surgical site infection and pneumonia. There was no discernible effect of serum cholesterol levels on the postoperative mortality observed in this cohort of patients. Decreased serum albumin was one of the strongest risk factors for the development of nosocomial infection after surgery. Postoperative pneumonia was not observed in patients taking statin medications whose cholesterol levels were <200 mg/dl. Serum total cholesterol may be a valid predictor of surgical outcome. Preoperative statin use may affect the development of postoperative pneumonia in patients with total cholesterol levels below 200 mg/dl.
  • 消化器外科における凝固線溶異常 静脈血栓塞栓症(VTE)に関する術前スクリーニング(Coagulation Abnormalities in Gastroenterological Surgery Pre-operative screening for venous thromboembolism(VTE))
    清水 徹一郎, 堀江 久永, 窓岩 清治, 大森 司, 三室 淳, 西村 智, 坂田 洋一, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 70回 WS - 3 2015年07月
  • 横行結腸領域癌の腹腔鏡手技の工夫、注意点 進行横行結腸癌に対するD3郭清を伴う腹腔鏡下手術、安全性と定型化を目指して
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 直井 大志, 清水 徹一郎, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 70回 RS - 3 (一社)日本消化器外科学会 2015年07月
  • 3DCT、超細径内視鏡を用いた左側大腸狭窄に対する口側腸管病変の検索
    伊藤 誉, 高橋 和也, 佐々木 崇洋, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 70回 P - 3 (一社)日本消化器外科学会 2015年07月
  • Crohn病の経過中に生じ腰椎麻酔下生検で診断し得た肛門管癌の1例
    中尾 祐樹, 森本 光昭, 井上 賢之, 直井 大志, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 70回 P - 8 (一社)日本消化器外科学会 2015年07月
  • 当科の小腸DLBCL(Diffuse large B-cell lymphoma)に対する手術例の検討
    高橋 和也, 伊藤 誉, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 70回 P - 2 (一社)日本消化器外科学会 2015年07月
  • 非密生型家族性大腸腺腫症に対する腹腔鏡下結腸全摘回腸直腸吻合の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 森本 光昭, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 70回 P - 1 (一社)日本消化器外科学会 2015年07月
  • 下部進行直腸癌に対する術前化学放射線療法によるリンパ節縮小率、予後及び側方リンパ節転移の関連について
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 直井 大志, 佐田 尚宏, アラン・レフォー, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 70回 O - 6 (一社)日本消化器外科学会 2015年07月
  • 大腸pSM癌に対して内視鏡的切除を先行することは長期予後に影響を与えるか 追加切除、初回手術例での比較検討
    伊藤 誉, 堀江 久永, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 森 和亮, 田中 宏幸, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 68 6 472 - 472 (一社)日本大腸肛門病学会 2015年06月
  • Takao Hinoi, Yasuo Kawaguchi, Minoru Hattori, Masazumi Okajima, Hideki Ohdan, Seiichiro Yamamoto, Hirotoshi Hasegawa, Hisanaga Horie, Kohei Murata, Shigeki Yamaguchi, Kenichi Sugihara, Masahiko Watanabe
    Annals of Surgical Oncology 22 6 2040 - 2050 2015年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Methods: We conducted a propensity scoring matched case–control study of colon and rectal cancer patients aged ≥80 years using data from 41 hospitals between 2003 and 2007. A total of 1,526 colon cancer patients and 282 rectal cancer patients underwent surgery and were included in the analysis. The primary end point was 3-year overall survival (OS). Secondary end points included disease-free survival (DFS), cancer-specific survival (CSS), and postoperative complications. Results: LAP and OP were compared in 804 colon cancer patients (402 pairs) and 114 rectal cancer patients (57 pairs) after all covariates were balanced, and no significant differences were observed, except for tumor size in colon cancer. OS, DFS, and CSS did not differ between the groups for either colon cancer (P = 0.916, 0.968, and 0.799, respectively) or rectal cancer (P = 0.765, 0.519, and 0.950, respectively). In colon cancer cases, LAP was associated with fewer morbidities than was OP (24.9 vs. 36.3 %, P <  0.001) no such difference was observed for rectal cancer patients (47.4 vs. 40.4 %, P = 0.450). Conclusions: LAP is an acceptable alternative to OP in elderly patients with colorectal cancer. Background: The safety of laparoscopic surgery (LAP) in elderly patients with colorectal cancer has not been demonstrated. The aim of this study was to compare the outcomes of LAP and open surgery (OP) and estimate the feasibility of LAP in colorectal cancer patients aged ≥80 years.
  • 外科的切除を行った大腸粘膜下層高度浸潤癌の検討
    佐田友 藍, 堀江 久永, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 68 5 339 - 339 (一社)日本大腸肛門病学会 2015年05月
  • 75歳以上の高齢大腸癌患者における日常生活活動度評価(METs)による術後合併症発症リスクの検討
    伊藤 誉, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 田中 宏之, 森 和亮, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 森本 光昭, 小泉 大, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 68 5 342 - 342 (一社)日本大腸肛門病学会 2015年05月
  • 下部消化管 80歳以上において、低BMIは根治切除施行大腸癌の予後因子である
    安達 智洋, 檜井 孝夫, 岡島 正純, 大段 秀樹, 山本 聖一郎, 長谷川 博俊, 堀江 久永, 村田 幸平, 山口 茂樹, 杉原 健一, 渡邊 昌彦
    日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP - 2 (一社)日本外科学会 2015年04月
  • 下部消化管 下部進行直腸癌に対する術前化学放射線療法によるリンパ節縮小率と予後の関連及び側方郭清が省略可能な症例の検討について
    森本 光昭, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 佐田 尚宏, Lefor Alan, 安田 是和
    日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP - 8 (一社)日本外科学会 2015年04月
  • 下部消化管 進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除は安全な手術手技か?
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 森 和亮, 佐田 尚宏, 安田 是和, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 長谷川 芙美, 辻仲 眞康, 力山 敏樹
    日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP - 4 (一社)日本外科学会 2015年04月
  • 下部消化管 腹会陰式直腸切断術におけるSSI予防対策
    森 和亮, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP - 1 (一社)日本外科学会 2015年04月
  • 救急・外傷 右側結腸手術に対するERASプロトコール導入の短期成績
    直井 大志, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 森 和亮, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP - 3 (一社)日本外科学会 2015年04月
  • 下部進行直腸癌に対する術前化学放射線療法によるリンパ節縮小率と予後の検討
    森本 光昭, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 田中 宏之, 佐田 尚宏, Lefor Alan, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 68 2 124 - 124 (一社)日本大腸肛門病学会 2015年02月
  • 進行下部直腸癌に対する肛門温存手術を目的とした術前化学療法の検討
    鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 伊藤 誉, 直井 大志, 田中 宏幸, 井上 賢之, 森本 光昭, 堀江 久永, 安田 是和, 藤井 博文
    日本大腸肛門病学会雑誌 68 2 128 - 128 (一社)日本大腸肛門病学会 2015年02月
  • 大腸の局在による粘膜下層高度浸潤癌の特徴 下部直腸癌に着目して
    佐田友 藍, 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 68 2 134 - 134 (一社)日本大腸肛門病学会 2015年02月
  • Akio Shiomi, Masaaki Ito, Kotaro Maeda, Yusuke Kinugasa, Mitsuyoshi Ota, Hiroki Yamaue, Manabu Shiozawa, Hisanaga Horie, Yoshiaki Kuriu, Norio Saito
    Journal of the American College of Surgeons 220 2 186 - 194 2015年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Background Routine creation of a diverting stoma (DS) in every patient who undergoes low anterior resection (LAR) remains controversial. We aimed to investigate the effect of DS on symptomatic anastomotic leakage (AL) after LAR. Study Design Patients with rectal cancer within 10 cm from the anal verge were eligible for this prospective, multicenter, cohort study (UMIN-CTR, number 000004017). Propensity score matching (PSM) was used to compare groups of patients with and without DS. Results One thousand fourteen consecutive patients were registered, of whom 936 patients who underwent LAR were analyzed. Before PSM, the overall rate of symptomatic AL was 13.2% (52 of 394) in patients with DS vs 12.7% (69 of 542) in cases without DS (p = 0.84). Symptomatic AL requiring re-laparotomy occurred in 4.7% (44 of 936) of all patients, occurring in 1.0% (4 of 394) of patients with DS vs 7.4% (40 of 542) of patients without DS (p < 0.001). After PSM, the 2 groups were nearly balanced, and the incidence rates of symptomatic AL in patients with and without DS were 10.9% and 15.8% (p = 0.26). The incidences of AL requiring re-laparotomy in patients with and without DS were 0.6% and 9.1% (p < 0.001). Multivariate analysis identified male sex (p < 0.001 odds ratio [OR] 3.2 95% confidence interval [CI] 1.8 to 5.7) and tumor size (p < 0.001 OR 1.2 95% CI 1.1 to 1.4) as independent risk factors of symptomatic AL. Conclusions Diverting stoma did not have a significant relationship with symptomatic AL before and after PSM. However, DS does seem to mitigate the consequences of leakage, reducing the need for urgent abdominal reoperation.
  • Takaharu Kato, Koichi Suzuki, Yuta Muto, Junichi Sasaki, Shingo Tsujinaka, Yutaka J. Kawamura, Hiroshi Noda, Hisanaga Horie, Fumio Konishi, Toshiki Rikiyama
    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY 13 2015年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: Improvement in the prognosis of colorectal cancer (CRC) patients has led to increasing occurrences of multiple primary malignancies (MPMs) alongside CRC but little is known about their characteristics. This study was undertaken to clarify the clinical and pathological features of MPMs, especially those at extra colonic sites, in patients with CRC. Methods: We reviewed 1,111 patients who underwent operations for primary sporadic CRC in Saitama Medical Center, Jichi Medical University between April 2007 and March 2012. Two patients with familial adenomatous polyposis, one with hereditary non-polyposis colorectal cancer, two with colitic cancer, and any patients with metastasis from CRC were excluded. We compared the clinicopathological features of CRC patients with and without MPMs. As a control, we used a database compiled of patients with gastric cancer (GC) detected by mass screening performed in the Saitama Prefecture in Japan 2010 and compared these with CRC patients with synchronous GC. Results: Multiple primary malignancies at extracolonic sites were identified in 117 of 1,111 CRC patients (10.5%). The median age was 68 (range, 29 to 96) versus 71 (50 to 92) (P < 0.001). The incidence of GC (44.4% (52 of 117)) was the highest of all MPMs. All CRC patients with GC were older than 57 years. Synchronous GC was detected in 26 patients. By contrast, out of 200,007 screened people, 225 people were diagnosed as having GC in the Saitama Prefecture. The age-standardized incidence of synchronous GC in CRC patients was significantly higher (0.53%) than in the control group (0.03%) (odds ratio, 18.8; 95% confidence interval, 18.6 to 19.0; P < 0.001). Conclusion: Patients with CRC who were older than 50 years preferentially developed GC synchronously and metachronously. Thus, this patient group should undergo careful perioperative screening for GC.
  • Sadatomo A, Koinuma K, Kanamaru R, Miyakura Y, Horie H, Lefor AT, Yasuda Y
    World journal of gastrointestinal surgery 7 2 21 - 24 2015年02月 [査読有り][通常論文]
     
    A 72-year-old male underwent a laparoscopic low anterior resection for advanced rectal cancer. A diverting loop ileostomy was constructed due to an anastomotic leak five days postoperatively. Nine months later, colonoscopy performed through the stoma showed complete anastomotic obstruction. The mucosa of the proximal sigmoid colon was atrophic and whitish. Ten days after the colonoscopy, the patient presented in shock with abdominal pain. Abdominal computed tomography scan showed hepatic portal venous gas (HPVG) and a dilated left colon. HPVG induced by obstructive colitis was diagnosed and a transverse colostomy performed emergently. His subsequent hospital course was unremarkable. Rectal anastomosis with diverting ileostomy is often performed in patients with low rectal cancers. In patients with anastomotic obstruction or severe stenosis, colonoscopy through diverting stoma should be avoided. Emergent operation to decompress the obstructed proximal colon is necessary in patients with a blind intestinal loop accompanied by HPVG.
  • Soichiro Ishihara, Satoshi Matsusaka, Keisaku Kondo, Hisanaga Horie, Keisuke Uehara, Masahiko Oguchi, Keiko Murofushi, Masashi Ueno, Nobuyuki Mizunuma, Taijyu Shinbo, Daiki Kato, Junji Okuda, Yojiro Hashiguchi, Masanori Nakazawa, Eiji Sunami, Kazushige Kawai, Hideomi Yamashita, Tohru Okada, Yuichi Ishikawa, Toshifusa Nakajima, Toshiaki Watanabe
    RADIATION ONCOLOGY 10 1 24 - 24 2015年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: The objective of this phase I study was to determine the maximum tolerated dose (MTD) and recommended dose (RD) of preoperative chemoradiotherapy (CRT) with S-1 plus oxaliplatin in patients with locally advanced rectal cancer. Methods: Patients received radiotherapy in a total dose of 50.4 Gy in 28 fractions. Concurrent chemotherapy consisted of a fixed oral dose of S-1 (80 mg/m(2)/day) on days 1-5, 8-12, 22-27, and 29-33, plus escalated doses of oxaliplatin as an intravenous infusion on days 1, 8, 22, and 29. Oxaliplatin was initially given in a dose of 40 mg/m(2)/week to three patients. The dose was then increased in a stepwise fashion to 50 mg/m(2)/week and the highest dose level of 60 mg/m(2)/week until the MTD was attained. Results: Thirteen patients were enrolled, and 12 received CRT. Dose-limiting toxicity (DLT) occurred in two of six patients (persistent grade 2 neutropenia, delaying oxaliplatin treatment by more than 3 days) at dose level 3; there were no grade 3 or 4 adverse events defined as DLT. The RD was 60 mg/m(2)/week of oxaliplatin on days 1, 8, 22, and 29. Twelve patients underwent histologically confirmed R0 resections, and two out of six patients (33%) given dose level 3 had pathological complete responses. Conclusions: The RD for further studies is 80 mg/m(2) of S-1 5 days per week plus 60 mg/m(2) of oxaliplatin on days 1, 8, 22, and 29 and concurrent radiotherapy. Although our results are preliminary, this new regimen for neoadjuvant chemoradiotherapy is considered safe and active.
  • 津久井 秀則, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 安田 是和, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 76 10 2532 - 2537 日本臨床外科学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    右側肝円索は,胎生期における右側臍静脈遺残に起因するとされ,門脈右枝に臍部が存在し,同部に肝円索が付着する解剖学的変異と考えられている.今回,複雑な胆管分岐形態を示した右側肝円索を伴う肝門部胆管癌の切除例を経験した.症例は62歳の男性.皮膚黄染を主訴に当院を受診,造影CTで胆管壁の肥厚と肝内胆管の拡張を認め,さらに胆嚢が肝円索の左側に位置する右側肝円索を認めた.胆汁細胞診からはClass IVが検出され,右側肝円索を伴う肝門部胆管癌と診断した.門脈分岐形態を考慮し後区域枝のみ塞栓術を行い,手術は肝後区域切除・肝外胆管切除・胆管空腸吻合術を行った.本症例では胆管分岐においてB2から後区域枝が分岐する形態を示す他,その他の胆管分岐形態からも,右側肝円索における左右対称性の理論に合致するものと考えられた.右側肝円索には脈管の分岐異常を伴うことが多く,術前の詳細な画像検索と慎重な手術計画が重要と考える.
  • Masaaki Satoh, Kazuhiko Kotani, Alejandro Gugliucci, Hisanaga Horie, Russell Caccavello, Mamoru Takeuchi
    Scientific World Journal 2014 2014年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Conclusions. The positive correlations between IMA and both SOFA and APACHE II scores suggest that serum IMA measurements reflect the severity of systemic failure in patients admitted for colorectal surgery in the preoperative phase. Results. The mean IMA level was 0.5 AU, and the median CRP level was 0.6 mg/dL. Median scores for SOFA and APACHE II were 2 and 12 points, respectively. Significant positive correlations between IMA and SOFA (r = 0.45, P < 0.05) and IMA and APACHE II (r = 0.45, P < 0.05) were identified which remained significant in confounder-adjusted analyses. In contrast, weak correlations were observed between CRP and the SOFA and APACHE II scores. Methods. We examined 27 patients with advanced colorectal cancers (mean age 69 years, men/women = 15/12). Correlations between SOFA and APACHE II scores in addition to preoperative serum IMA and C-reactive protein (CRP) levels were analyzed. Purpose. Critical illnesses are assessed according to the sequential organ failure assessment (SOFA) and acute physiology and chronic health evaluation (APACHE) II. Circulating ischemia-modified albumin (IMA) is a biomarker generated under ischemic and oxidative conditions and may reflect disease severity in preoperative patients. This study investigated the correlations of IMA with SOFA and APACHE II scores in inpatients admitted for colorectal surgery.
  • 転移性横行結腸腫瘍に対して腹腔鏡下結腸右半切除術を施行した1例
    直井 大志, 宮倉 安幸, 伊藤 誉, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 森本 光昭, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 75 12 3443 - 3443 日本臨床外科学会 2014年12月
  • Kazutomo Togashi, Kenichi Utano, Shigeyoshi Kijima, Yosuke Sato, Hisanaga Horie, Keijirou Sunada, Alan T. Lefor, Hideharu Sugimoto, Yoshikazu Yasuda
    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY 20 46 17552 - 17557 2014年12月 [査読有り][通常論文]
     
    AIM: To prospectively investigate the detection rate of laterally spreading tumors (LSTs) of the colorectum by computed tomography (CT) colonography (CTC). METHODS: Patients with LSTs measuring >= 20 mm detected during colonoscopy were prospectively enrolled in the study. All patients underwent colonoscopy and subsequent CTC on the same day. CTC was performed using multi-detector CT without contrast in the prone and supine positions. Two radiologists blinded to the existence of LSTs read the virtual endoscopic images as well as 2-D images. LSTs were classified into granular and non-granular types based on colonoscopic appearance. RESULTS: Forty-seven pathologically proven LSTs were evaluated prospectively. Histology included adenomas in 19, mucosal cancers in 19 and T1 cancers in 9. The mean diameter of the LSTs was 35.1 mm. Twenty-eight (60%) LSTs were correctly identified by CTC, and the configuration was similar to the colonoscopic appearance in most cases. Detection rate for the granular type was significantly higher than that for the nongranular type (71% vs 31%, P = 0.013). Detection rate of adenomas was significantly lower than mucosal cancers (32% vs 79%, P = 0.008) and T1 cancers (32% vs 78%, P = 0.042). CONCLUSION: The detection rate of LSTs by CTC, particularly the non-granular type was not acceptable. Practitioners should be aware of the relatively low detection rate when using CTC. (C) 2014 Baishideng Publishing Group Inc. All rights reserved.
  • 進行直腸癌に対する側方郭清の意義 直腸癌術前化学放射線療法後の側方郭清について
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 佐田 尚宏, Lefor Alan, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 75 増刊 289 - 289 日本臨床外科学会 2014年10月
  • 進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術の短期成績と定型化の工夫
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 直井 大志, 佐田友 藍, 安田 是和, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 長谷川 芙美, 辻仲 眞康, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 75 増刊 401 - 401 日本臨床外科学会 2014年10月
  • 結腸直腸癌におけるアセトアミノフェン静注製剤による術後鎮痛の試み
    直井 大志, 倉科 憲太郎, 井上 莊一郎, 平 幸輝, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 森本 光昭, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 75 増刊 421 - 421 日本臨床外科学会 2014年10月
  • 左側大腸狭窄病変に対するCT-colonographyおよび超細径内視鏡での深部大腸の検索
    高橋 和也, 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 75 増刊 434 - 434 日本臨床外科学会 2014年10月
  • 孤立性腟転移を来たした直腸癌の一例
    村橋 賢, 鯉沼 広治, 直井 大志, 伊藤 誉, 森本 光昭, 堀江 久永, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 75 増刊 536 - 536 日本臨床外科学会 2014年10月
  • 膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前CRTを施行しpCRが得られた1例
    宮原 悠三, 伊藤 誉, 直井 大志, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 75 増刊 539 - 539 日本臨床外科学会 2014年10月
  • 腹腔鏡下低位前方切除術における縫合不全の検討 大腸癌研究会プロジェクト研究から
    堀江 久永, 塩見 明生, 伊藤 雅昭, 坂井 義治, 井谷 史嗣, 長田 俊一, 佐藤 敏彦, 瀧井 康公, 小畠 誉也, 伴登 宏行, 齋藤 典男
    日本内視鏡外科学会雑誌 19 7 504 - 504 (一社)日本内視鏡外科学会 2014年10月
  • 転移性横行結腸腫瘍に対して腹腔鏡補助下結腸右半切除術を施行した1例
    直井 大志, 堀江 久永, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 19 7 540 - 540 (一社)日本内視鏡外科学会 2014年10月
  • 腹腔鏡下ISRの手術手技と治療成績
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 佐田友 藍, 直井 大志, 伊藤 誉, 森本 光昭, 田原 真紀子, 井上 賢之, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 19 7 581 - 581 (一社)日本内視鏡外科学会 2014年10月
  • 肥満が腹腔鏡下大腸切除術に与える影響
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 佐田 尚宏, Alan Lefor, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 19 7 652 - 652 (一社)日本内視鏡外科学会 2014年10月
  • 内側アプローチを意識した安全な脾彎曲部授動のコツ
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 19 7 658 - 658 (一社)日本内視鏡外科学会 2014年10月
  • 腹腔鏡下直腸・胃同時切除を行った多発性GISTの1例
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 19 7 670 - 670 (一社)日本内視鏡外科学会 2014年10月
  • ナビゲーション画像の大腸疾患治療への応用 腹腔鏡下大腸手術におけるCT Colonographyを用いた術前シミュレーションの有用性
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 67 9 638 - 638 (一社)日本大腸肛門病学会 2014年09月
  • 超細径内視鏡、3DCTを軸とした閉塞性大腸癌に対する治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 67 9 664 - 664 (一社)日本大腸肛門病学会 2014年09月
  • 進行下部直腸癌に対する肛門温存手術を目的とした術前化学療法の検討
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 森本 光昭, 安田 是和, 藤井 博文, 井上 賢之
    日本大腸肛門病学会雑誌 67 9 726 - 726 (一社)日本大腸肛門病学会 2014年09月
  • 直腸癌術前化学放射線療法後の病理学的側方リンパ節転移を予想する因子
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 67 9 729 - 729 (一社)日本大腸肛門病学会 2014年09月
  • 進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術の短期成績
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 安田 是和, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 長谷川 芙美, 辻仲 眞康, 力山 敏樹
    日本大腸肛門病学会雑誌 67 9 743 - 743 (一社)日本大腸肛門病学会 2014年09月
  • 外科的切除例からみた大腸SM高度浸潤癌の検討
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 67 9 750 - 750 (一社)日本大腸肛門病学会 2014年09月
  • 消化管ストーマ閉鎖術における皮膚環状縫合の有用性
    直井 大志, 堀江 久永, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 森本 光昭, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 67 9 834 - 834 (一社)日本大腸肛門病学会 2014年09月
  • Morimoto M, Miyakura Y, Lefor AT, Takahashi K, Horie H, Koinuma K, Tanaka H, Ito H, Shimizu T, Kono Y, Sata N, Fukushima N, Sakatani T, Yasuda Y
    Surgery today 45 7 834 - 840 2014年08月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: We hypothesized that a reduction in the size of the lymph nodes after neoadjuvant therapy for locally advanced rectal carcinoma would be associated with decreased lymph node metastases and/or a better prognosis. METHODS: Between March 2006 and April 2012, 71 patients with primary rectal cancer received neoadjuvant chemoradiation therapy (CRT). For all lymph nodes 5 mm or larger in size, the major and minor axes were measured on CT scan images, and the product was calculated. The lymph node size was determined before and after CRT. The patients were divided into three groups based on the lymph node size before and after treatment. Group A exhibited a reduction in size of 60% or more, Group B a reduction of less than 60% and Group C had no lymph node enlargement before treatment. RESULTS: The incidence of lymph node metastases on pathological examination was 15% in Group A and 50% in Group B (p = 0.006). The five-year disease-free survival in Group A was 84% compared with 78% in Group B (log rank p = 0.34). The five-year overall survival in Group A was 92% compared with 74% in Group B (log rank p = 0.088). CONCLUSIONS: A reduction in the size of enlarged lymph nodes after neoadjuvant therapy may be a useful prognostic factor for recurrence and survival.
  • 吻合部内視鏡所見からみたクローン病術後の治療戦略
    伊藤 誉, 宮倉 安幸, 直井 大志, 田中 宏幸, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 69回 P - 1 (一社)日本消化器外科学会 2014年07月
  • 化学療法によりCRが得られた大腸癌転移再発巣の検討
    宮倉 安幸, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 69回 P - 5 (一社)日本消化器外科学会 2014年07月
  • 左側大腸狭窄病変に対する3DCTおよび細径内視鏡での深部大腸の検索
    高橋 和也, 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 69回 P - 2 (一社)日本消化器外科学会 2014年07月
  • 急性汎発性腹膜炎における術前リスク評価とその対応 絞扼性イレウスによる腸管壊死の術前評価の検討
    巷野 佳彦, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 直井 大志, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 69回 PD - 3 (一社)日本消化器外科学会 2014年07月
  • 成人腸重積症の検討
    田中 宏幸, 宮倉 安幸, 下平 健太郎, 伊藤 誉, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 69回 P - 5 (一社)日本消化器外科学会 2014年07月
  • 肛門管Neuroendocrine carcinomaの一切除例
    直井 大志, 伊藤 誉, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 森本 光昭, 田中 宏幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 69回 P - 8 (一社)日本消化器外科学会 2014年07月
  • Kyoko Yamada, Yasuyuki Miyakura, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Alan T. Lefor, Yoshikazu Yasuda, Noriyoshi Fukushima, Yusuke Oyama, Yuta Nemoto, Hiroshi Azuma
    SURGERY TODAY 44 5 888 - 896 2014年05月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of this study was to evaluate the clinical features, pathology, and etiology of adenocarcinoma in patients with anal fistulae.We identified seven patients diagnosed with adenocarcinoma associated with anal fistulae from a retrospective chart review.Five patients were diagnosed with primary adenocarcinoma associated with anal fistulae. Two patients were diagnosed with secondary adenocarcinoma associated with anal fistulae originating from rectal cancer on the proximal side. The primary adenocarcinomas included cancers arising from long-standing anal fistulae fulfilling established diagnostic criteria in two patients, and cancer arising from short-duration anal fistulae in three patients. Excision of the fistula was performed based on the initial diagnosis of the anal fistula for all five patients. Increased suspicion of cancer was due to the existence of gelatinous material in the anal fistula in three patients and induration in the resected specimens in two patients. The etiologies of the secondary adenocarcinomas associated with anal fistulae included implantation in the anal fistula from rectal cancer and fistula formation originating due to the progression of rectal cancer.Anal fistulae are commonly seen in the coloproctology clinic, but special attention to similar conditions associated with malignant disease is needed.
  • Makiko Tahara, Takeshi Inoue, Futoshi Sato, Yasuyuki Miyakura, Hisanaga Horie, Yoshikazu Yasuda, Hirofumi Fujii, Kenjiro Kotake, Kokichi Sugano
    MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS 13 5 1170 - 1180 2014年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Potent application of topoisomerase I inhibitor plus PARP inhibitor has been suggested to be an effective strategy for cancer therapy. Reportedly, mismatch repair (MMR)-deficient colon cancer cells are sensitive to topoisomerase I inhibitor, presumably due to microsatellite instability (MSI) of the MRE11 locus. We examined the synergy of SN-38, an active metabolite of irinotecan, in combination with the PARP inhibitor olaparib in colon cancer cells showing different MMR status, such as MSI or microsatellite stable (MSS) phenotype. Treatment with SN-38 and olaparib in combination almost halved the IC50 of SN-38 for a broad spectrum of colon cancer cells independent of the MMR status. Furthermore, olaparib potentiated S-phase-specific double-strand DNA breaks (DSB) induced by SN-38, which is followed by Rad51 recruitment. siRNA-mediated knockdown of Rad51, but not Mre11 or Rad50, increased the sensitivity to olaparib and/or SN-38 treatment in colon cancer cells. In vivo study using mouse xenograft demonstrated that olaparib was effective to potentiate the antitumor effect of irinotecan. In conclusion, olaparib shows a synergistic effect in colon cancer cells in combination with SN-38 or irinotecan, potentiated by the Rad51-mediated HR pathway, irrespective of the Mre11-mediated failure of the MRN complex. These results may contribute to future clinical trials using PARP inhibitor plus topoisomerase I inhibitor in combination. Furthermore, the synergistic effect comprising topoisomerase I-mediated DNA breakage-reunion reaction, PARP and Rad51-mediated HR pathway suggests the triple synthetic lethal pathways contribute to this event and are applicable as a potential target for future chemotherapy. (C) 2014 AACR.
  • Hidenori Kanazawa, Kenichi Utano, Shigeyoshi Kijima, Takahiro Sasaki, Yasuyuki Miyakura, Hisanaga Horie, Yoshikazu Nakamura, Hideharu Sugimoto
    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY 32 5 274 - 281 2014年05月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of this study was to compare the degree of colorectal distention between manual insufflation using room air and automatic insufflation using carbon dioxide for computed tomography colonography performed as a preoperative examination for patients with colon cancer. Participants comprised 200 patients who underwent computed tomography colonography immediately after colonoscopy from October 2011-2012. The first 100 patients were examined using manual insufflation, and the remaining 100 patients were examined using automated insufflation. Two radiologists independently assessed colorectal distention using a 4-point scale in six segments: cecum, ascending colon, transverse colon, descending colon, sigmoid colon, and rectum. Mean scores of the two radiologists were used to analyze whether any differences existed between techniques in terms of the degree of distention per segment. Mean distention values for the colonic lumen were better using the automated technique than with the manual technique in both positions (p < 0.05). In segments, distention was significantly better using the automated technique than using the manual technique in the sigmoid and descending colon for prone patients, and in all segments for supine patients. Automated carbon dioxide insufflation offered significantly improved colorectal distention scores compared to manual room air insufflation.
  • Zuiki T, Meguro Y, Kumano H, Koinuma K, Miyakura Y, Horie H, Lefor AT, Sata N, Yasuda Y
    Case reports in gastroenterology 8 2 162 - 168 2014年05月 [査読有り][通常論文]
  • 大腸癌両葉多発肝転移に対するConversion therapyの予後因子に関する検討
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 宮倉 安幸, 安田 是和, 藤井 博文
    日本大腸肛門病学会雑誌 67 3 227 - 227 (一社)日本大腸肛門病学会 2014年03月
  • 清水 徹一郎, 宮倉 安幸, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本外科学会雑誌 115 臨増2 659 - 659 (一社)日本外科学会 2014年03月
  • 森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 安田 是和
    臨牀と研究 91 2 267 - 270 大道学館出版部 2014年02月 
    35歳男。慢性的に腹痛が出現し、検診で便鮮血を指摘された。下部内視鏡検査を施行され、回腸末端に潰瘍性病変を指摘された。経肛門的ダブルバルーン内視鏡(DBE)を施行した。回盲弁は破壊され、回腸末端から5cm程の長さで、不整形の潰瘍を認めた。腹部造影CTでは、盲腸から回腸末端にかけて壁肥厚、造影効果を認め周囲脂肪織の索状影や濃度の上昇を認めた。回腸末端に深い潰瘍、狭窄を認め、腹痛も改善傾向ないため診断、治療目的に腹腔鏡下補助下回盲部切除術を行う方針とした。口腔内アフタ、ブドウ膜炎、外陰部潰瘍などの既往なく、Behcet病の診断基準を満たさないため単純性潰瘍と診断した。合併症の発症なく、術後9日目に退院となった。
  • 大腸癌手術に対する術前CT colonographyの有用性
    歌野 健一, 木島 茂喜, 佐々木 崇洋, 金澤 英紀, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 杉本 英治, 遠藤 俊吾
    日本大腸検査学会雑誌 30 2 51 - 51 (社)日本大腸検査学会 2014年01月
  • 大腸癌に対する内視鏡外科のエビデンスを問う 高齢者における腹腔鏡下結腸・直腸癌切除術の有効性と安全性に関する後向き研究
    檜井 孝夫, 川口 康夫, 服部 稔, 岡島 正純, 山本 聖一郎, 長谷川 博俊, 堀江 久永, 村田 幸平, 山口 茂樹, 杉原 健一, 渡邊 昌彦
    日本内視鏡外科学会雑誌 18 7 276 - 276 (一社)日本内視鏡外科学会 2013年11月
  • 直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術での安全な吻合をめざして
    宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 18 7 548 - 548 (一社)日本内視鏡外科学会 2013年11月
  • 当科における術後静脈血栓塞栓症予防の現状
    清水 徹一郎, 窓岩 清治, 大森 司, 三室 淳, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 74 増刊 490 - 490 日本臨床外科学会 2013年10月
  • 高齢者に対する癌治療方針(大腸) 80歳以上の高齢大腸癌患者におけるMetabolic equivalentsを用いた日常生活活動度評価による術後合併症発症リスクの検討
    伊藤 誉, 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 森本 光昭, 小泉 大, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 74 増刊 340 - 340 日本臨床外科学会 2013年10月
  • 縫合不全の予防と治療(大腸) 直腸癌Ra、Rb病変に対する腹腔鏡下低位前方切除術でのDST吻合に対する工夫
    宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 堀江 久永, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 74 増刊 429 - 429 日本臨床外科学会 2013年10月
  • 外科か内科か?早期直腸癌の治療選択 早期直腸癌に対する治療 ESD及び腹腔鏡手術に習熟すれば完結する
    冨樫 一智, 遠藤 俊吾, 根本 大樹, 五十畑 則之, 大谷 泰介, 添田 暢俊, 歌野 健一, 武藤 亮, 斎藤 拓朗, 宮倉 安幸, 堀江 久永
    日本大腸肛門病学会雑誌 66 9 695 - 695 (一社)日本大腸肛門病学会 2013年09月
  • 大腸癌の術前化学療法 高度進行大腸癌に対する化学療法導入のタイミング(原発巣切除に対する対応を中心に)
    宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 66 9 722 - 722 (一社)日本大腸肛門病学会 2013年09月
  • 大腸癌のスクリーニングの新たなモダリティ Endoscopy/CT/MRI/PET 左側大腸狭窄病変に対する3DCTでの深部大腸の検索
    高橋 和也, 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 66 9 727 - 727 (一社)日本大腸肛門病学会 2013年09月
  • Lynch症候群におけるMLH1 Germline epimutation症例の特徴
    宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 66 9 755 - 755 (一社)日本大腸肛門病学会 2013年09月
  • 術者の育成を目的としたMulti-port surgery
    堀江 久永, 佐々木 純一, 辻仲 眞康, 長谷川 芙美, 力山 敏樹, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 66 9 779 - 779 (一社)日本大腸肛門病学会 2013年09月
  • 当科における結腸癌根治術後吻合部再発症例の検討
    清水 徹一郎, 宮倉 安幸, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 66 9 789 - 789 (一社)日本大腸肛門病学会 2013年09月
  • 80歳以上の高齢大腸癌患者における日常生活活動度(METs)を用いた術後合併症発症リスクの検討
    伊藤 誉, 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 66 9 793 - 793 (一社)日本大腸肛門病学会 2013年09月
  • Sadatomo A, Miyakura Y, Zuiki T, Koinuma K, Horie H, Lefor AT, Yasuda Y
    Asian journal of endoscopic surgery 6 3 217 - 219 3 2013年08月 [査読有り][通常論文]
     
    We report the first case of sigmoid volvulus after laparoscopic surgery for sigmoid colon cancer. The patient is a 75-year-old man who presented with the sudden onset of severe abdominal pain. He had undergone laparoscopic sigmoidectomy for cancer 2 years before presentation. CT scan showed a distended sigmoid colon with a mesenteric twist, or "whirl sign." Colonoscopy showed a mucosal spiral and luminal stenosis with dilated sigmoid colon distally and ischemic mucosa. The diagnosis of ischemic colonic necrosis due to sigmoid volvulus was established. Resection of the necrotic sigmoid colon was performed and a descending colon stoma was created. A long remnant sigmoid colon and chronic constipation may contribute to the development of sigmoid volvulus after laparoscopic sigmoidectomy. Prompt diagnosis is essential for adequate treatment, and colonoscopy aids in the diagnosis of ischemic changes in patients without definitive findings of a gangrenous colon.
  • 腹会陰式直腸切断術におけるSSI予防対策
    堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 井上 賢之, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 68回 O - 4 (一社)日本消化器外科学会 2013年07月
  • Shun-ichi Misawa, Hisanaga Horie, Takehiko Yamaguchi, Shigeru Kobayashi, Hidetoshi Kumano, Alan T. Lefor, Yoshikazu Yasuda
    INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY 21 3 271 - 277 2013年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Retrorectal or presacral tumors are very rare. We report a unique case of a retrorectal tumor with neuroendocrine differentiation, consisting of high- and low-grade components. A 53-year-old woman treated for a perianal abscess at another clinic was referred to our hospital for continued anal pain. Digital rectal examination identified a soft tumor with a smooth surface in the lower rectum. Pelvic computed tomography and magnetic resonance imaging detected a large cystic tumor measuring 8 cm in diameter in the retrorectal space of the pelvis. The border between the tumor and rectal wall, levator ani and vaginal wall was obscure. Fine-needle aspiration cytology was highly suggestive of carcinoma. Abdominoperineal resection was performed, and the tumor was histologically diagnosed as a neuroendocrine carcinoma based on immunohistochemical staining. No previous case has been reported with cystic growth of a neuroendocrine carcinoma in the retrorectal space.
  • Mikio Shiozawa, Yasuyuki Miyakura, Makiko Tahara, Kazue Morishima, Hidetoshi Kumano, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Alan T. Lefor, Naohiro Sata, Yoshikazu Yasuda, Kenji Gonda, Seiichi Takenoshita, Akihiko Tamura, Noriyoshi Fukushima, Kokichi Sugano
    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY 48 6 770 - 776 2013年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Lynch syndrome, also referred to as hereditary nonpolyposis colorectal cancer, is the most common form of hereditary colorectal cancer, and is associated with a high incidence of multiple primary neoplasms in various organs.A 79-year-old woman (patient 1) diagnosed with ascending colon cancer had a history of previous carcinomas of the uterus, stomach, uroepithelial tract, and colon. One year later, she developed a brain tumor (glioblastoma). A 54-year-old female (patient 2) was diagnosed with endometrial cancer and sigmoid colon cancer. Both patients underwent genetic evaluations independently.No mutations were found in an exon-by-exon analysis of genomic DNA by polymerase chain reaction (PCR) and reverse transcription (RT)-PCR. However, multiplex ligation-dependent probe amplification (MLPA) identified genomic duplication spanning from exon 7 to exon 14 of the MSH2 gene in both patients. Due to the presence of this characteristic gene duplication, their pedigrees were investigated further, and these showed that they are paternal half-sisters, consistent with paternal inheritance.Large genomic duplication from intron 6 through intron 14 in MSH2 is a very rare cause of Lynch syndrome and is difficult to identify with conventional methods. MLPA may be an alternative approach for detecting large-scale genomic rearrangements.
  • 下部直腸癌に対するMRI壁深達度、リンパ節転移診断の工夫
    宮倉 安幸, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 井上 賢之, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 森本 光昭, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 66 6 472 - 472 (一社)日本大腸肛門病学会 2013年06月
  • Shimodaira K, Miyakura Y, Sadatomo A, Miyazaki C, Sasanuma H, Koinuma K, Horie H, Hozumi Y, Lefor AT, Yasuda Y
    Journal of surgical case reports 2013 5 2013年05月 [査読有り][通常論文]
     
    We report a rare case of acute mastitis caused by enteric organisms passing through a cystoperitoneal shunt catheter, which had penetrated into the colon. The patient is a 56-year-old woman who underwent shunt placement for cyst formation after surgery for meningioma at the age of 29. After 26 years, she suffered from a brain abscess and an attempt was made to surgically remove the indwelling catheter. Only part of the catheter could be removed, leaving a divided and ligated catheter in situ. A year later, she described right-breast pain. CT showed that the catheter had migrated into the colon, followed by colonoscopy confirming that the catheter had indeed penetrated the colon. The breast to the abdomen segment of the catheter was exteriorized through the right-anterior chest wall without laparotomy. A patient who presents with acute mastitis and has previously undergone shunt surgery should have a careful assessment of the entire catheter.
  • Makiko Tahara, Takeshi Inoue, Yasuyuki Miyakura, Hisanaga Horie, Yoshikazu Yasuda, Hirofumi Fujii, Kenjiro Kotake, Kokichi Sugano
    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 434 4 753 - 759 2013年05月 [査読有り][通常論文]
     
    In vitro assessment of chemosensitivity are important for experiments evaluating cancer therapies. The Scepter 2.0 cell counter, an automated handheld device based on the Coulter principle of impedance-based particle detection, enables the accurate discrimination of cell populations according to cell size and volume. In this study, the effects of SN-38, the active metabolite of irinotecan, on the colon cancer cell lines HCT116 and HT29 were evaluated using this device. The cell count data obtained with the Scepter counter were compared with those obtained With the H-3-thymidine uptake assay, which has been used to measure cell proliferation in many previous studies. In addition, we examined whether the changes in the size distributions of these cells reflected alterations in the frequency of cell cycle arrest and/or apoptosis induced by SN-38 treatment. In our experiments using the Scepter 2.0 cell counter, the cell counts were demonstrated to be accurate and reproducible measure and alterations of cell diameter reflected G2/M cell cycle arrest and apoptosis. Our data show that easy-to-use cell counting tools can be utilized to evaluate the cell-killing effects of novel treatments on cancer cells in vitro. (c) 2013 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • 当院における76歳以上結腸直腸癌患者に対する化学療法の現状
    清水 徹一郎, 堀江 久永, 芝 順太郎, 伊藤 誉, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 長瀬 通隆, 藤井 博文
    日本大腸肛門病学会雑誌 66 4 301 - 301 (一社)日本大腸肛門病学会 2013年04月
  • 腹痛および腸閉塞を繰り返し、結腸切除術となった特発性腸間膜静脈硬化症の1例
    佐々木 崇洋, 歌野 健一, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 宏治, 熊野 秀俊, 杉本 英治
    Japanese Journal of Radiology 31 Suppl.I 21 - 21 (公社)日本医学放射線学会 2013年02月
  • 原発巣切除が可能であった腹膜転移を伴う大腸癌の治療成績の検討
    伊藤 誉, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 66 2 135 - 135 (一社)日本大腸肛門病学会 2013年02月
  • Ai Sadatomo, Koji Koinuma, Atsushi Miki, Hisanaga Horie, Yoshikazu Yasuda
    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy 40 7 943 - 945 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    A 64-year-old man received mFOLFOX6+bevacizumab chemotherapy for metastatic lung cancer after rectal cancer resection (Stage IV). After 28 courses, he had an abdominal pain with fever, and computed tomography showed pelvic abscess with stercolith of appendix. He was diagnosed as acute appendicitis with intra-abdominal abscess, and emergency appendectomy with drainage was performed. Two days after the operation, he was suspected to have a sutural leakage as was suggested from the properties of his drainage, therefore re-operation was performed. A small hole of the ileum, about 2 mm in diameter, was observed. The margin of the hole showed neither inflammatory nor neoplastic change, and a suturing closure of the hole was performed. The post-operative course was uneventful. Histopathological findings of the resected appendix suggested that the perforation was caused by necrosis of metastatic cancer cells penetrating the appendiceal wall. This is a case of a bevacizumab-related metachronous perforation that occurred in different gastrointestinal origins within a very short term.
  • Yasuyuki Miyakura, Shinichiro Yokota, Hisanaga Horie, Kazutomo Togashi, Alan Lefor, Yoshikazu Yasuda, Noriyoshi Fukushima
    SURGERY TODAY 42 12 1215 - 1218 2012年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Intestinal strangulation caused by a mucocele of the appendix is extremely rare and difficult to diagnose. It is not usually suspected pre-operatively. This report presents a case of intestinal strangulation due to a mucous containing cystic lesion that was wrapped around the base of a loop of the small bowel. An 89-year-old female was transferred after an acute onset of abdominal pain. A physical examination revealed severe tenderness with guarding in the right upper quadrant. CT of the abdomen showed a loop of dilated small bowel with edema on the right side of the abdominal cavity suggesting a closed loop obstruction. In addition, a low-density thin-walled mass measuring 5 cm in diameter was also seen in the pelvis. Intestinal strangulation was suspected and emergency laparotomy was thus performed. A loop of terminal ileum 25 cm in length was strangulated by a dilated appendix, and ileocecal resection was performed. The resected appendix measured 9 x 3 cm in size and contained mucus. A histopathological examination showed a mucous containing cystic appendix without mucin-producing, neoplastic epithelial cells. A mucocele of the appendix can present in various ways and it is important to recognize this entity at the time of surgery.
  • 腹腔鏡下大腸切除術でのReduced Port Surgeryへの取り組み
    宮倉 安幸, 堀江 久永, 芝 順太郎, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 井上 賢之, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 17 7 688 - 688 (一社)日本内視鏡外科学会 2012年12月
  • 術後5年目に血行性前立腺転移を来たし、CK7+、20+パターンを呈したS状結腸癌の一例
    芝 順太郎, 齋藤 心, 三木 厚, 黒河内 顕, 太白 健一, 齋藤 晶, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 栗原 克己
    日本臨床外科学会雑誌 73 増刊 675 - 675 日本臨床外科学会 2012年10月
  • 下部直腸癌に対するMRI診断の利用
    宮倉 安幸, 堀江 久永, 芝 順太郎, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 井上 賢之, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 73 増刊 572 - 572 日本臨床外科学会 2012年10月
  • Atsushi Miki, Yasuyuki Miyakura, Yasunaru Sakuma, Hidetoshi Kumano, Hisanaga Horie, Naohiro Sata, Alan T. Lefor, Yoshikazu Yasuda
    AMERICAN SURGEON 78 9 E425 - E426 2012年09月 [査読有り][通常論文]
  • 直腸癌画像診断の進歩と治療への応用 下部直腸癌に対するMRIの診断上の工夫
    宮倉 安幸, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 井上 賢之, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 65 9 548 - 548 (一社)日本大腸肛門病学会 2012年09月
  • MSH2遺伝子エクソン12、A600Vミスセンス変異によるLynch症候群の1家系
    宮倉 安幸, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 井上 賢之, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 65 9 570 - 570 (一社)日本大腸肛門病学会 2012年09月
  • 大腸内分泌細胞癌3例の検討
    小松原 利英, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 熊野 秀俊, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 田中 宏幸, 田原 真紀子, 伊藤 誉
    日本大腸肛門病学会雑誌 65 9 755 - 755 (一社)日本大腸肛門病学会 2012年09月
  • 当院における高齢者結腸直腸癌患者に対する化学療法の現状
    清水 徹一郎, 堀江 久永, 伊藤 誉, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 長瀬 通隆, 藤井 博文
    日本大腸肛門病学会雑誌 65 9 767 - 767 (一社)日本大腸肛門病学会 2012年09月
  • 直腸癌術後局所再発に対する治療戦略
    清水 徹一郎, 堀江 久永, 熊野 秀俊, 井上 賢之, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 67回 1 - 1 (一社)日本消化器外科学会 2012年07月
  • 大腸癌イレウスの治療戦略 左側大腸癌イレウスの治療戦略 経肛門イレウス管の適応と限界
    堀江 久永, 井上 賢之, 清水 徹一郎, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 67回 2 - 2 (一社)日本消化器外科学会 2012年07月
  • MLH1プロモーターpolymorphismはMLH1プロモーターメチル化陽性大腸癌のバイオマーカーである
    宮倉 安幸, 田原 真紀子, 井上 賢之, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 67回 2 - 2 (一社)日本消化器外科学会 2012年07月
  • Yasuyuki Miyakura, Hidetoshi Kumano, Hisanaga Horie, Alan T. Lefor, Yoshikazu Yasuda, Takehiko Yamaguchi, Hiroshi Azuma
    Clinical Journal of Gastroenterology 5 3 220 - 224 2012年06月 [査読有り][通常論文]
     
    We report a rare case of a mucocele of the appendix due to endometriosis which accidentally ruptured prior to surgery. A 56-year-old woman was referred to our institution for further evaluation of a cecal tumor. Colonoscopy showed a submucosal tumor at the appendiceal orifice in the cecum. Computed tomography and magnetic resonance imaging showed a well-circumscribed mass measuring 4 cm in diameter in the right lower quadrant. A preoperative diagnosis of a simple mucocele of the appendix was established. At laparotomy, a mucocele was identified in the right side of the abdomen however, part of the mucocele had ruptured and yellow mucin was seen around the cecum. An ileocecal resection was performed. Histopathological examination was consistent with a mucocele of the appendix due to endometriosis. Cytology specimens from the yellow mucin showed few proliferating epithelial cells with a mild degree of cytological and architectural atypia. Mechanical pressure due to excess anteflexion during administration of epidural anesthesia may have contributed to the rupture of the mucocele. It is important to handle a mucocele of the appendix with great care to avoid rupture at the time of operation, including during the administration of epidural anesthesia. © Springer 2012.
  • 歌野 健一, 冨樫 一智, 木島 茂喜, 佐々木 崇洋, 遠藤 和洋, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 杉本 英治
    胃と腸 47 1 46 - 54 (株)医学書院 2012年01月 
    大腸癌の予後および治療法の選択は深達度と密接に関係している.CT colonographyでは,MDCTの技術革新に伴って,短時間で仮想内視鏡像や仮想注腸像,MPR像といった様々なpost processing imageの作成が可能となった.一方,大腸内視鏡や注腸造影検査においては,これまでに培われたそれぞれの診断基準が存在する.CT colonographyにおける大腸癌の深達度診断においては,得られた様々なpost processing imageに,従来のモダリティで培われた診断基準を用いて,総合的に診断することで的確な深達度診断が可能と考える.(著者抄録)
  • 技術認定制度の目指すもの(トレーニングシステム) 自治医科大学消化器一般外科方式内視鏡外科トレーニングシステム
    佐田 尚宏, Lefor Alan, 兼田 裕司, 小泉 大, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 俵藤 正信, 細谷 好則, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 16 7 202 - 202 (一社)日本内視鏡外科学会 2011年12月
  • 腹腔鏡下手術の定型化は可能か(直腸) 当院での腹腔鏡下直腸後方固定術定型化への取り組み
    宮倉 安幸, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 16 7 253 - 253 (一社)日本内視鏡外科学会 2011年12月
  • 腹腔鏡補助下大腸全摘術の手技(術後成績) 腹腔鏡補助下大腸全摘術の手術成績と術式の工夫
    堀江 久永, 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 16 7 349 - 349 (一社)日本内視鏡外科学会 2011年12月
  • 巷野 佳彦, 細谷 好則, 堀江 久永, 宇井 崇, 熊野 秀俊, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 16 5 565 - 568 (一社)日本内視鏡外科学会 2011年10月 
    患者は78歳の女性。体重減少を主訴に近医を受診し、胃癌の診断で当科を紹介され受診した。胃体上部後壁に0-IIa+IIc型病変を認め、術前スクリーニングとして施行した下部消化管内視鏡検査でBauhin弁近傍の上行結腸にIs型病変も指摘された。画像診断で遠隔転移は認められなかった。胃癌・上行結腸癌の重複癌と診断し、一期的に腹腔鏡下で胃全摘術と回盲部切除術を施行した。胃と大腸をそれぞれ専門手術チームが担当することにより、安全にストレスなく手術を施行でき、手術時間は5時間59分、出血量は20mlであった。また術後合併症も認めなかった。(著者抄録)
  • 大腸癌術後の遠隔リンパ節転移再発や腹膜播種再発に対する手術治療の可能性
    清水 徹一郎, 堀江 久永, 芝 順太郎, 田中 宏幸, 栗田 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和, 長瀬 通隆, 藤井 博文
    日本臨床外科学会雑誌 72 増刊 541 - 541 日本臨床外科学会 2011年10月
  • 腹腔鏡下低位前方切除術での術者、助手の定型化した協調動作によるDSTの工夫
    宮倉 安幸, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 伊藤 誉, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 72 増刊 570 - 570 日本臨床外科学会 2011年10月
  • 回腸ストマ閉鎖術の工夫
    堀江 久永, 芝 順太郎, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 72 増刊 572 - 572 日本臨床外科学会 2011年10月
  • 二期的手術が奏功したクローン病による結腸十二指腸瘻の1例
    瑞木 亨, 目黒 由行, 熊野 秀俊, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 66回 839 - 839 (一社)日本消化器外科学会 2011年07月
  • 森本 光昭, 俵藤 正信, 細谷 好則, 堀江 久永, 熊野 秀俊, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 72 7 1791 - 1794 日本臨床外科学会 2011年07月 
    腹腔鏡観察が有用であった腸管気腫症の1例を経験したので報告する.患者は42歳,女性.23歳時に再生不良性貧血のため骨髄移植を施行.35歳時に食道癌(Stage III)に対し放射線化学療法(CDDP/5FU,40Gy)後に食道亜全摘術,胃管再建術を施行している.42歳時に左舌癌のために放射線化学療法を施行.舌癌リンパ節転移の手術目的で入院中,急激な腹痛を発症し腹部造影CT(computed tomography)にて肝表面にfree airを認めた.その後腹痛は軽快したが消化管穿孔を否定できず,腹腔鏡観察を施行した.横行結腸に泡沫状の気腫を多数認め,腸管気腫と診断した.骨髄移植後19年,食道癌放射線化学治療後7年を経過しているが腸管気腫発症との関連が示唆された.(著者抄録)
  • Toshiaki Watanabe, Takashi Kobunai, Yoko Yamamoto, Keiji Matsuda, Soichiro Ishihara, Keijiro Nozawa, Hisae Iinuma, Tsuyoshi Konishi, Hisanaga Horie, Hiroki Ikeuchi, Kiyoshi Eshima, Tetsuichiro Muto
    CLINICAL & TRANSLATIONAL ONCOLOGY 13 6 419 - 425 2011年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose FOLFOX (a combination of leucovorin, fluorouracil and oxaliplatin) has achieved substantial success in the treatment of colorectal cancer (CRC) patients. However, about half of all patients show resistance to this regimen and some develop adverse symptoms such as neurotoxicity. In order to select patients who would benefit most from this therapy, we aimed to build a predictor for the response to FOLFOX using microarray gene expression profiles of primary CRC samples. Patients and methods Forty patients who underwent surgery for primary lesions were examined. All patients had metastatic or recurrent CRC and received modifi ed FOLFOX6. Responders and nonresponders were determined according to the best observed response at the end of the first-line treatment. Gene-expression profiles of primary CRC were determined using Human Genome GeneChip arrays U133. We identified discriminating genes whose expression differed significantly between responders and nonresponders and then carried out supervised class prediction using the k-nearest-neighbour method. Results We identified 27 probes that were differentially expressed between responders and nonresponders at significant levels. Based on the expression of these genes, we constructed a FOLFOX response predictor with an overall accuracy of 92.5%. The sensitivity, specificity, positive and negative predictive values were 78.6%, 100%, 100% and 89.7%, respectively. Conclusion The present model suggests the possibility of selecting patients who would benefit from FOLFOX therapy both in the metastatic and the adjuvant setting. To our knowledge, this is the first study to establish a prediction model for the response to FOLFOX chemotherapy based on gene expression by microarray analysis.
  • 小腸腸間膜内ヘルニアの1例
    黒河内 顕, 堀江 久永, 兼田 裕司, 熊野 秀俊, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 72 5 1341 - 1341 日本臨床外科学会 2011年05月
  • Kok-Yang Tan, Fumio Konishi, Yutaka J. Kawamura, Takafumi Maeda, Junichi Sasaki, Shingo Tsujinaka, Hisanaga Horie
    AMERICAN JOURNAL OF SURGERY 201 4 531 - 536 2011年04月 [査読有り][通常論文]
     
    INTRODUCTION: The aim of this study was to review the impact of age (>= 75 years) on the short-term outcomes of laparoscopic colorectal surgery. METHODS: Three hundred seventy-nine patients under 70 years of age and 91 patients 75 years and older were analyzed. Quantification of comorbidities was performed using the Charlson Weighted Comorbidity Index. Outcome measures were postoperative complications and 30-day mortality. RESULTS: There was no difference in the occurrence of postoperative complications between the younger and older patients. Bivariate analysis revealed that patient age was not a risk factor of major complications (odds ratio = 1.2; 95% confidence interval, .6-2.3). Although bivariate analysis revealed that older age had a statistically significant odds ratio for 30-day mortality (odds ratio = 12.8; 95% confidence interval, 1.3-125.4), multivariate analysis revealed that it was a weighted comorbidity index score of 5 or more (P = .02) and long operative time (P = .01) that were independent predictors of 30-day mortality and not age per se. CONCLUSIONS: Age is not an independent predictor of morbidity and mortality in laparoscopic colorectal cancer surgery. (C) 2011 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • IBD cancerに伴うdysplasiaの診断には病理診断に関する補助診断と簡便な癌化予測マーカーが必要である
    田中 宏幸, 藤井 茂彦, 藤盛 友佳里, 鈴木 克昌, 廣瀬 元彦, 山岸 秀嗣, 市川 一仁, 冨田 茂樹, 堀江 久永, 井村 穣二, 藤盛 孝博, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 64 4 284 - 284 (一社)日本大腸肛門病学会 2011年04月
  • Shunichi Misawa, Hisanaga Horie, Hidetoshi Kumano, Koji Koinuma, Yasuyuki Miyakura, Kazutomo Togashi, Yoshikazu Yasuda, Tomonori Yano, Hironori Yamamoto, Kentaro Sugano, Michitaka Nagase
    Journal of Japanese Society of Gastroenterology 108 3 429 - 435 2011年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Between 1989 and 2009. 10 patients with small bowel adenocarcinoma were treated in our hospitaL These tumors appeared in the jejunum in 6 patients and in the ileum in the remaining 4 patients. All patients had some symptoms. The median size of the tumors was 50mm (30-110mm). All tumors were advanced type 2 lesion with severe stricture. Histologically there were 8 well, 1 moderately and 1 poorly differentiated adenocarcinomas. There were 8 tumors invading the serosa and 2 tumors invaded other organs. Positive lymph nodes were identified in 6 cases. Liver metastasis and peritoneal dissemination were identified in 3 and 4 cases, respectively. Eight cases were diagnosed as small bowel adenocarcinoma preoperatively by double balloon endoscopy. The 4 patients with stage II tumor and 2 patients with stage III tumor underwent curative-intent surgery. The 4 patients with stage II tumor are all surviving without evidence of disease now.
  • Shuichi Nagashima, Hiroaki Yagyu, Nirei Takahashi, Tomoyuki Kurashina, Manabu Takahashi, Takeshi Tsuchita, Fumiko Tazoe, Xiao Li Wang, Tumenbayar Bayasgalan, Naoko Sato, Kenta Okada, Shoichiro Nagasaka, Takaya Gotoh, Masayuki Kojima, Masanobu Hyodo, Hisanaga Horie, Yoshinori Hosoya, Masaki Okada, Yoshikazu Yasuda, Hiroyuki Fujiwara, Michitaka Ohwada, Sadahiko Iwamoto, Mitsuaki Suzuki, Hideo Nagai, Shun Ishibashi
    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS 18 3 190 - 199 2011年 [査読有り][通常論文]
     
    Aim: Adipocyte lipolysis is mediated by a family of triglyceride (TG) lipases consisting of hormone-sensitive lipase (LIPE), adipose triglyceride lipase (PNPLA2) and carboxylesterase 1 (CES1); however, little is known about the relationship between the expression of each gene in different depots and TG lipase activity or obesity Method: We measured both mRNA expression levels of the lipolytic enzymes (LIPE, PNPLA2 and CES1) and TG lipase activities of biopsy samples obtained from subcutaneous, omental and mesenteric adipose tissues of 34 patients who underwent abdominal surgery. The results were correlated with clinical parameters: adiposity measures, parameters for insulin resistance and plasma lipid levels. Results: PNPLA2 mRNA levels were slightly higher in omental fat than subcutaneous fat. Cytosolic TG lipase activities were positively correlated with the mRNA levels of CES1 in subcutaneous fat and mesenteric fat, while they were correlated with those of PNPLA2 in omental fat. The mRNA levels of LIPE were negatively correlated with various measures of adiposity in subcutaneous fat. The mRNA levels of CES1 were positively correlated with various measures of adiposity, particularly those estimated by CT in the three depots; they were also positively correlated with plasma LDL-cholesterol levels in omental fat. In contrast, the mRNA levels of PNPLA2 were not significantly associated with adiposity. Conclusions: The positive correlations of the expression of CES1 with cytosolic TG lipase activities as well as with adiposity suggest that CES1 is involved in lipolysis, thereby contributing to the development of obesity-associated phenotypes. On the other hand, the expression of LIPE is negatively correlated with adiposity. These distinct regulatory patterns of lipolytic genes may underlie the complex phenotypes associated with human obesity.
  • Shinichiro Yokota, Kazutomo Togashi, Naoya Kasahara, Hisanaga Horie, Keijiro Sunada, Akira Tanaka, Alan T. Lefor, Yoshikazu Yasuda
    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 72 5 1063 - 1064 2010年11月 [査読有り][通常論文]
  • 田口 昌延, 宮倉 安幸, 熊野 秀俊, 堀江 久永, 冨樫 一智, 安田 是和, 山口 岳彦
    日本臨床外科学会雑誌 71 10 2676 - 2681 日本臨床外科学会 2010年10月 
    症例は69歳,男性.血便を主訴に近医を受診,直腸癌を疑われ当院紹介となった.下部消化管内視鏡検査では直腸Rasbに環周率90%の2型腫瘍を認め生検結果は高分化管状腺癌であった.CT・MRIで膀胱,精嚢への浸潤を認め,直腸傍・右側方リンパ節転移を疑った.他臓器浸潤直腸癌Rasb,2型,cSI,cN3,cH0,cP0,cM0,cStageIIIbと診断した.経過中に大腸イレウスを発症したため人工肛門を造設した.側方リンパ節転移と周囲臓器への高度な浸潤を認めていたため化学療法を先行した.mFOLFOX6を4コース施行し,その内bevacizumabを2回併用した.その後,原発巣は著明に縮小し部分奏効を得たため根治術を行った.手術では腫瘍は膀胱,精嚢,前立腺と一塊に存在し,腫瘍の残存を疑いこれらの臓器を含めた骨盤内臓全摘術を施行した.病理組織学的検査では,癌細胞は認めず組織学的完全奏効と判定した.(著者抄録)
  • 当科での段階的な鏡視下手術トレーニングの運用
    小泉 大, 佐田 尚宏, Lefor Alan, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 俵藤 正信, 細谷 好則, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 15 7 674 - 674 (一社)日本内視鏡外科学会 2010年10月
  • Bevacizumabによる消化管穿孔の臨床像
    金丸 理人, 長瀬 通隆, 宇井 崇, 熊野 秀俊, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 上田 真寿, 藤井 博文, 安田 是和
    日本癌治療学会誌 45 2 895 - 895 (一社)日本癌治療学会 2010年09月
  • 堀江 久永, 冨樫 一智, 歌野 健一, 遠藤 和洋, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    臨床画像 26 8 930 - 933 (株)メジカルビュー社 2010年08月
  • 術前化学療法により組織学的CRが得られた他臓器浸潤直腸癌の1手術例
    田口 昌延, 宮倉 安幸, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 冨樫 一智, 堀江 久永, 安田 是和, 長瀬 道隆, 藤井 博文, 山口 岳彦
    日本消化器外科学会総会 65回 419 - 419 (一社)日本消化器外科学会 2010年07月
  • 直腸生検における非腫瘍性粘膜の免疫組織学的なDNMT-1発現をみることは、潰瘍性大腸炎の癌化高危険群の拾い上げに有用である
    田中 宏幸, 藤盛 孝博, 藤井 茂彦, 市川 一仁, 廣瀬 元彦, 山岸 秀嗣, 冨田 茂樹, 井村 穣二, 堀江 久永, 安田 是和
    日本高齢消化器病学会誌 13 1 121 - 121 (NPO)日本高齢消化器病学会 2010年07月
  • 田中 宏幸, 市川 一仁, 廣瀬 元彦, 山岸 秀嗣, 関川 昭, 福井 広一, 冨田 茂樹, 井村 穣二, 堀江 久永, 藤盛 孝博, 安田 是和
    Progress of Digestive Endoscopy 77 1 101 - 101 (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 2010年06月
  • Lkhagvasuren Munkhtulga, Shuichi Nagashima, Kazuhiro Nakayama, Nanami Utsumi, Yoshiko Yanagisawa, Takaya Gotoh, Toshinori Omi, Maki Kumada, Khadbaatar Zolzaya, Tserenkhuu Lkhagvasuren, Yasuo Kagawa, Hiroyuki Fujiwara, Yoshinori Hosoya, Masanobu Hyodo, Hisanaga Horie, Masayuki Kojima, Shun Ishibashi, Sadahiko Iwamoto
    OBESITY 18 5 1006 - 1014 2010年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Retinol-binding protein 4 (RBP4) is a recently identified adipokine that was involved in insulin resistance. RBP4 is predominantly expressed from the liver in normal metabolic state to transport retinoids throughout the body, but the exact physiological function and the regulatory mechanisms of adipocyte-derived RBP4 have not been revealed. We conducted the genetic analysis about metabolic parameters in Japanese and Mongolian; the minor allele carriers of regulatory single-nucleotide polymorphism (SNP -803G>A) showed significantly higher BMI in Japanese men (P = 0.009) and women (P = 0.017), and in Mongolian women (P = 0.009). Relative quantification of RBP4 transcripts in -803GA heterozygotes showed that the minor allele-linked haplotype-derived mRNA was significantly more abundant than the transcript from major allele. RBP4 promoter assay in 3T3L1 adipocytes revealed that the minor allele increased the promoter activity double to triple and the administration of 9-cis-retinoic acid (RA) and 8-bromo-cyclic adenosine monophosphate (8-Br-cAMP) enhanced the activity. Multiple alignment analysis of human, mouse, rat, and cattle RBP4 promoter suggested conserved seven transcription factor binding motifs. Electrophoretic mobility shift assay showed the -803G>A SNP modulate the affinity against unidentified DNA-binding factor, which was assumed to be a suppressive factor. These results collectively suggested that the minor allele of RBP4 regulatory SNP enhanced the expression in adipocytes, which may be associated with the adipogenesis.
  • Alan T. Lefor, Fumio Konishi, Hisanaga Horie, Kazutomo Togashi, Yoshikazu Yasuda
    AMERICAN SURGEON 76 5 541 - 543 2010年05月 [査読有り][通常論文]
  • 冨樫 一智, 砂田 圭二郎, 歌野 健一, 森嶋 計, 斎藤 心, 田中 宏幸, 田原 真紀子, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 山本 博徳
    胃と腸 45 5 842 - 848 (株)医学書院 2010年04月 
    画像強調内視鏡の1つであるFICE(flexible spectral imaging color enhancement)は,大腸腫瘍の拾い上げ診断・質的診断における有用性が既に報告されている.FICEは,遠景像が明るく,通常画像からFICE画像への切り替えが速い特長があり,拾い上げ診断における有用性が特に期待される.腫瘍と非腫瘍の鑑別は,病変表層の微小血管模様に注目することにより可能であり,その正診率はpit pattern診断に匹敵する.SM高度以深浸潤癌の診断では,腫瘍表面のpit様模様・無血管野の存在に着目することにより,筆者らの検討では高い正診が得られた.(著者抄録)
  • 大腸癌術前診断におけるCT Colonography導入のメリット
    堀江 久永, 冨樫 一智, 歌野 健一, 清水 徹一郎, 栗田 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 63 2 113 - 113 (一社)日本大腸肛門病学会 2010年02月
  • 巷野 佳彦, 冨樫 一智, 田中 宏幸, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和
    Progress of Digestive Endoscopy 76 2 92 - 93 Japan Gastroenterological Endoscopy Society Kanto Chapter 2010年 
    症例は75歳女性。主訴は免疫学的便潜血反応陽性。大腸内視鏡でRaに15mmのIs型病変を認めた。FICE拡大観察で,病変の中央陥凹部に不整な血管構造と無血管領域を認め,SM高度浸潤癌と診断した。外科手術を施行した。病理学的に中分化腺癌,SMへの3mm浸潤,高度の簇出・リンパ管浸潤が見られ,リンパ節転移も存在した。FICE拡大観察がSM高度浸潤癌の診断に有用であった症例を経験したので報告した。
  • 腹腔鏡下に胃全摘と回盲部切除術を同時に施行した胃癌・結腸癌の一例
    巷野 佳彦, 細谷 好則, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 熊野 秀俊, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 14 7 460 - 460 (一社)日本内視鏡外科学会 2009年12月
  • Akifumi Suzuki, Kazutomo Togashi, Mitsuhiro Nokubi, Koji Koinuma, Yasuyuki Miyakura, Hisanaga Horie, Alan T. Lefor, Yoshikazu Yasuda
    AMERICAN JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY 33 11 1601 - 1607 2009年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Evaluation of pathologic predictors of metastases in T1 stage colorectal cancer may be difficult with hematoxylin and eosin (HE) staining alone. The aim of this study was to clarify the role of pathologic predictors by using immunohistochemical staining, and Elastica van Gieson (EVG) staining. One hundred and twenty-four patients who underwent bowel resection for single T1 stage colorectal cancer from 1990 to 2004 in 1 institution were Studied. D2-40, EVG staining, and CAM5.2 were used to detect lymphatic invasion, venous invasion, and tumor budding, respectively. These 3 factors were separately evaluated based on HE staining. Histology was reviewed by 1 pathologist. Lymph node metastases in the surgical specimen were the standard reference, and distant metastases were identified by periodic computed tomography for 2 years or more after surgery. A logistic regression model was applied to analyze risk factors for lymph node metastases and a Cox regression model for distant metastases. In predicting lymph node metastases, univariate analysis demonstrated significance for all predictors except venous invasion by HE staining. Multivariate analysis showed that venous invasion by EVG and tumor budding by HE showed significance as predictors. In predicting distant metastases, univariate analysis showed significance for lymphatic invasion shown by D2-40, tumor budding shown by CAM5.2 and HE, and lymph node metastases. Multivariate analysis showed only venous invasion by EVG stain as being significantly associated with distant metastases (P = 0.001). In conclusion, venous invasion evaluated shown by EVG staining is a useful pathologic predictor for metastases in T1 stage colorectal cancer.
  • Kazutomo Togashi, Hiroyuki Osawa, Koji Koinuma, Yoshikazu Hayashi, Tomohiko Miyata, Keijiro Sunada, Mitsubiro Nokubi, Hisanaga Horie, Hironori Yamamoto
    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 69 3 734 - 741 2009年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: The diagnostic accuracy of conventional endoscopy for small colonic polyps is not satisfactory Optimal band imaging (OBI) enhances the contrast of the mucosal surface without the use of dye. Objective: To evaluate the diagnostic accuracy for the differentiation of neoplastic and non-neoplastic colorectal polyps by using magnified OBI colonscopy. Design: An open prospective study. Setting: Jichi Medical University, Japan. Patients: A total of 133 colonoscopy cases. Main Outcome Measurement: A comparative study of the overall accuracy, sensitivity and specificity for the differentiation of neoplastic and non-neoplastic colorectal polyps <= 5 mm in size by capillary-pattern diagnosis by using conventional colonoscopy, capillary-pattern diagnosis in OBI, and pit-pattern diagnosis in chromoendoscopy with low magnification. Results: A total of 107 polyps, composed of 80 neoplastic and 27 non-neoplastic polyps, were evaluated. 0131 clearly showed the capillary network of the Surface mucosa of neoplastic polyps at low magnification, whereas the surface mucosa of non-neoplastic polyps showed up as a pale lesion. The capillary pattern in conventional colonoscopy had 74% accuracy, 71% sensitivity, and 81% specificity for neoplastic polyps. The accuracy and sensitivity were significantly lower than those that used the capillary pattern in OBI (accuracy 87% and sensitivity 3%) and the pit pattern in chromoendoscopy (accuracy 86% and sensitivity 90%). There were no significant differences in specificity (OBI 70% and chromoendoscopy 74%). The kappa analysis indicated good agreement in both OBI and chromoendoscopy. Conclusions: Capillary-pattern diagnosis in 0131 is superior to that in conventional endoscopy and is not significantly different from pit-pattern diagnosis for predicting the histology of small colorectal polyps. (Gastrointest Endosc 2009;69:734-41.)
  • 直腸癌の術前リンパ節転移の検討
    木島 茂喜, 歌野 健一, 杉本 英治, 富樫 一智, 遠藤 和洋, 堀江 久永
    日本医学放射線学会学術集会抄録集 68回 S356 - S356 (公社)日本医学放射線学会 2009年02月
  • 巷野 佳彦, 歌野 健一, 冨樫 一智, 清水 徹一郎, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和
    日本外科学会雑誌 110 臨増2 455 - 455 (一社)日本外科学会 2009年02月
  • Yasunao Ishiguro, Hisanaga Horie, Hirotake Satoh, Yasuyuki Miyakura, Yoshikazu Yasuda, Alan T. Lefor
    SURGERY 145 1 120 - 121 2009年01月 [査読有り][通常論文]
  • Takashi Ui, Hisanaga Horie, Hirotake Sato, Yasuyuki Miyakura, Yasunaru Sakuma, Masanobu Hyodo, Kazutomo Togashi, Yoshikazu Yasuda, Hideo Nagai, Daisuke Matsubara
    Journal of Japanese Society of Gastroenterology 106 5 668 - 673 2009年 [査読有り][通常論文]
     
    A 34-year-old woman was referred to our hospital with ileus. She had undergone surgical resection following chemotherapy for yolk sac tumor at the age of 12 years, and had received additional surgery and radiation therapy for a local recurrence at age 13. Following evaluation, a sigmoid colon tumor was detected and was surgically resected. Histology proved well differentiated adenocarcinoma with chronic irradiation colitis, suggesting that irradiation may have induced the colon cancer.
  • Hiroyuki Tanaka, Hisanaga Horie, Makiko Kurita, Toru Hamada, Hidetoshi Kumano, Koji Koinuma, Yasuyuki Miyakura, Kazutomo Togashi, Yoshikazu Yasuda, Mitsugu Hironaka
    Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 42 6 680 - 684 2009年 [査読有り][通常論文]
     
    A 27-year-old woman seen for irregular menstruation, and found to have a right ovarian cyst became pregnant and underwent laparotomy during the 18th week of pregnancy. Instead of an ovarian cyst, she was found to have a 13cm spindle-shaped tumor of the appendix, necessitating appendectomy and partial ceacal resection to avoid possible perforation during pregnancy. The surgical specimen proved histologically to be an appendiceal mucinous cystoadenoma. The patient and fetus had an uneventful postoperative course followed by a natural childbirth. We review the literature on appendiceal mucocele in pregnant women and its features. © 2009 The Japanese Society of Gastroenterological Surgery.
  • Hisanaga Horie, Kazutomo Togashi, Yutaka J. Kawamura, Masahiro Ohta, Yoshiyuki Nakajima, Masanori Kihara, Hideo Nagai, Alan T. Lefor, Fumio Konishi
    DISEASES OF THE COLON & RECTUM 51 10 1529 - 1534 2008年10月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: This study was designed to identify colonoscopic stigmata, indicating substantial invasion into the submucosa by T1 colorectal cancer with sessile morphology, including both flat and protruded types. METHODS: A total of 111 Tis or T1 colorectal cancers were studied retrospectively. The lesions were divided into two groups: Group A (n=83), Tis or T1 cancers with < 1 mm submucosal invasion; and Group B (n=28), T1 cancers with a >= 1 mm submucosal invasion. Printed photographs of the lesions were reviewed by five experienced colonoscopists who were blinded to histology. Deep depression, irregular surface, ulceration or erosion, fold convergence, and spontaneous bleeding were independently evaluated. Findings considered present by three or more reviewers were defined as positive. Kappa analysis was used to measure inter/intraobserver variability. RESULTS: Positive rates of four findings but not fold convergence were significantly higher in Group B than in Group A. Irregular surface and spontaneous bleeding were significant independent predictors of >= 1 mm submucosal invasion, with diagnostic accuracies of 85.6 and 76.6 percent, respectively. Kappa analysis demonstrated fair-to-good inter/intraobserver agreement for spontaneous bleeding and fair-to-good intraobserver agreement for irregular surface. CONCLUSIONS: Irregular surface and spontaneous bleeding were colonoscopic stigmata, indicating >= 1 mm submucosal invasion in T1 colorectal cancer.
  • Hitoshi Yamauchi, Kazutomo Togashi, Yutaka J. Kawamura, Hisanaga Horie, Junichi Sasaki, Shingo Tsujinaka, Yoshikazu Yasuda, Fumio Konishi
    SURGERY TODAY 38 10 905 - 910 2008年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose. To clarify pathological predictor for lymph node metastasis in T1 colorectal cancer. Methods. One hundred and sixty-four patients who underwent surgery for single T1 colorectal cancer were reviewed. The pathological differentiations of non-well differentiation, invasion depth (>= 2000 mu m), lymphatic channel involvement, venous invasion, and tumor budding were selected as candidate predictors. Tumor budding was estimated according to the definition proposed by Ueno et al. (Gastroenterology 2004; 127:385-394). The lymph node status was set for the endpoint. Logistic regression model was applied to analyze the predictors. Results. Lymph node involvement was observed in 9.8%. The positive rates were 13.4% for the pathological differentiations of non-well differentiation, 51.8% for invasion depth (>= 2000 mu m), 6.1% for lymphatic channel involvement, 8.5% for venous invasion, and 14.6% for tumor budding. The pathological differentiations of non-well differentiation (P < 0.001) and tumor budding (P = 0.002) were significantly associated with lymph node metastasis in multivariate analysis. When either two significant factors was adopted for the prediction of the lymph node metastasis, the sensitivity, specificity, positive predictive value, and negative predictive value were 94%, 82%, 36%, and 99%, respectively. Conclusion. The pathological differentiations of non-well differentiation and tumor budding are useful predictors for lymph node metastasis in T1 colorectal cancer.
  • Kentaro Kurashina, Yoshihiro Yamashita, Toshihide Ueno, Koji Koinuma, Jun Ohashi, Hisanaga Horie, Yasuyuki Miyakura, Toru Hamada, Hidenori Haruta, Hisashi Hatanaka, Manabu Soda, Young Lim Choi, Shuji Takada, Yoshikazu Yasuda, Hideo Nagai, Hiroyuki Mano
    CANCER SCIENCE 99 9 1835 - 1840 2008年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Colorectal carcinoma (CRC) remains the major cause of cancer death in humans. Although chromosomal structural anomaly is presumed to play an important role in the carcinogenesis of CRC, chromosomal copy number alterations (CNA) and loss of heterozygosity (LOH) have not yet been analyzed extensively at high resolution in CRC. Here we aim to identify recurrent CNA and LOH in human CRC with the use of single nucleotide polymorphism-typing microarrays, and to reveal their relevance to clinical outcome. Surgically resected CRC specimens and paired normal mucosa were obtained from a consecutive series of 94 patients with CRC, and both of them were subjected to genotyping with Affymetrix Mapping 50K arrays. CNA and LOH were inferred computationally on every single nucleotide polymorphism site by integrating the array data for paired specimens. Our large dataset reveals recurrent CNA in CRC at chromosomes 7, 8, 13, 18, and 20, and recurrent LOH at chromosomes 1p, 4q, 5q, 8p, 11q, 14q, 15q, 17p, 18, and 22. Frequent uniparental disomy was also identified in chromosomes 8p, 17p, and 18q. Very common CNA and LOH were present at narrow loci of < 1 Mbp containing only a few genes. In addition, we revealed a number of novel CNA and LOH that were linked statistically to the prognosis of the patients. The precise and large-scale measurement of CNA and LOH in the CRC genome is efficient for pinpointing prognosis-related genome regions as well as providing a list of unknown genes that are likely to be involved in CRC development.
  • Yoshinao Kikuchi, Takeshi G. Kashima, Takashi Nishiyama, Kazuhiro Shimazu, Yasuyuki Morishita, Masashi Shimazaki, Isao Kii, Hisanaga Horie, Hideo Nagai, Akira Kudo, Masashi Fukayama
    JOURNAL OF HISTOCHEMISTRY & CYTOCHEMISTRY 56 8 753 - 764 2008年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Periostin is a unique extracellular matrix protein, deposition of which is enhanced by mechanical stress and the tissue repair process. Its significance in normal and neoplastic colon has not been fully clarified yet. Using immunohistochemistry and immuno-electron microscopy with a highly specific monoclonal antibody, periostin deposition was observed in close proximity to pericryptal fibroblasts of colonic crypts. The pericryptal pattern of periostin deposition was decreased in adenoma and adenocarcinoma, preceding the decrease of the number of pericryptal fibroblasts. Periostin immunoreactivity appeared again at the invasive front of the carcinoma and increased along the appearance of cancer-associated fibroblasts. ISH showed periostin signals in cancer-associated fibroblasts but not in cancer cells. Ki-67-positive epithelial cells were significantly decreased in the colonic crypts of periostin(-/-) mice (similar to 0.6-fold) compared with periostin(+/+) mice. In three-dimensional co-culture within type I collagen gel, both colony size and number of human colon cancer cell line HCT116 cells were significantly larger (similar to 1.5-fold) when cultured with fibroblasts derived from periostin(+/+) mice or periostin-transfected NIH3T3 cells than with those from periostin(-/-) mice or periostin-non-producing NIH3T3 cells, respectively. Periostin is secreted by pericryptal and cancer-associated fibroblasts in the colon, both of which support the growth of epithelial components.
  • Kenichi Utano, Kazuhiro Endo, Kazutomo Togashi, Junichi Sasaki, Hiroshi J. Kawamura, Hisanaga Horie, Yosikazu Nakamura, Fumio Konishi, Hideharu Sugimoto
    DISEASES OF THE COLON & RECTUM 51 6 875 - 881 2008年06月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: This study was designed to estimate the accuracy of CT colonography for the assessment of T stage in colorectal cancer. METHODS: CT colonograms obtained from 246 lesions were reviewed by 3 investigators. Intestinal wall deformity on shaded-surface display and rough appearance around the intestine were studied to assess their relations to T stage. Intestinal wall deformity was classified into arc type, trapezoid type, and apple-core type, defined as a trapezoidal wall deformity involving >= N50 percent of the circumference of the lumen. RESULTS: As for intestinal wall deformity, the rate of arc type was higher in Tis/T1 than in T2 (74 percent: 17/23 vs. 24 percent: 8/34, P < 0.0001); the rate of trapezoid type was 17 percent (4/23) in Tis/T1, 59 percent (20/34) in T2, and 15 percent (28/189) in T3/T4 (Tis/T1 vs.T2, P < 0.0001; T2 vs. T3/T4, P < 0.0001); and the rate of apple-core type was lower in T2 than in T3/T4 (18 percent: 6/34 vs. 81 percent: 154/189, P < 0.0001). Arc type, trapezoid type, and apple-core type were primarily associated with T1, T2, and T3/T4, respectively. When these criteria were used, the overall accuracy for T stage was 79 percent. Rough appearance was specific for T3/T4, but insensitive. CONCLUSIONS: CT colonography can provide important information for the preoperative assessment of T stage in colorectal cancer.
  • 正常妊娠中に切除した虫垂粘液嚢胞腫瘍の1例
    中村 千鶴子, 堀江 久永, 栗田 真紀子, 濱田 徹, 斉藤 心, 熊野 秀俊, 横山 卓, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 冨樫 一智, 細谷 好則, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 69 4 986 - 986 日本臨床外科学会 2008年04月
  • 田中 宏幸, 冨樫 一智, 遠藤 和洋, 栗田 真紀子, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 歌野 健一
    日本外科学会雑誌 109 臨増2 555 - 555 (一社)日本外科学会 2008年04月
  • Kazutomo Togashi, Kunihiko Shimura, Fumio Konishi, Yasuyuki Miyakura, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Yoshikazu Yasuda
    DISEASES OF THE COLON & RECTUM 51 2 196 - 201 2008年02月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: This study was designed to confirm the safety of not removing small adenoma in patients who undergo colorectal cancer surgery. METHODS: Patients who underwent surveillance colonoscopy after surgery were enrolled. The study was approved by our institutional review board. Colonoscopy was performed with magnification chromocolonoscopy. Benign adenomas of 6 mm or less in size, diagnosed based on both nonmagnified and magnified observation, were left unresected with a maximum of three polyps per patient. The sites of the polyps were marked by tattooing. Interval colonoscopy was performed predominantly yearly or biennially. Increase in size by 2 mm or larger was defined as significant. In follow-up, polyps were removed if they grew larger than 6 mm, were suspicious for high-grade dysplasia, or the patients requested to have polyps removal. RESULTS: Five hundred polyps in 284 patients met the above criteria and were not resected, and 412 polyps were followed by repeat colonoscopy. The mean observation period was 3.6 +/- 2.2 years and the mean number of repeat colonoscopy was 3.6 +/- 1.6. At the final colonoscopy, 71 percent of 412 polyps showed no change in size, 15 percent increased, 3 percent decreased, and 11 percent could not be identified. Eighty-eight polyps were resected endoscopically, and histology showed neither cancer nor adenomas with high-grade dysplasia. Two hundred fifty-five polyps detected in the same patient cohort during index/repeat colonoscopy were removed, including four adenomas with high-grade dysplasia and two T1 cancers. CONCLUSIONS: Leaving small polyps is safe even in patients who have undergone colorectal cancer surgery, provided that careful observation is guaranteed.
  • Shin Saito, Yoshinori Hosoya, Kazutomo Togashi, Kentaro Kurashina, Hidenori Haruta, Masanobu Hyodo, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Yoshikazu Yasuda, Hideo Nagai
    SURGERY TODAY 38 1 20 - 25 2008年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose. Our purpose was to study the characteristics of colorectal neoplasms in patients with gastric cancer (GC). Methods. The study group comprised GC patients who underwent colonoscopy before resection of their GC. We examined the prevalence, site, and histology of colorectal neoplasms, as well as the clinicopathological features and treatment of the patients who had synchronous colorectal cancers (CRC). The logistic regression model was applied to investigate the features of the GC patients with concurrent CRC. Results. We studied 466 GC patients (mean age 64.5 years; 147 women, 319 men), 143 (31%) of whom had a family history of gastrointestinal cancer. Synchronous colorectal adenoma and cancer were detected in 182 (39%) and 18 (4%) patients, respectively. Among the 18 synchronous CRCs, 11 were in the early stages and 10 of these were resected endoscopically. The other eight required simultaneous open radical surgery. All the GC patients with synchronous CRC were older than 50 years. Statistical analysis did not show a significant difference between the features of the patients with and those without concurrent CRC. Conclusions. The possibility of synchronous colorectal neoplasms in GC patients cannot be disregarded in clinical practice; however, screening of the large bowel may not be necessary in GC patients younger than 50 years.
  • Yasuyuki Miyakura, Hidetaka Iwai, Kazutomo Togashi, Hisanaga Horie, Hideo Nagai, Yuka Kishaba, Koichi Sato, Hiroshi Azuma
    SURGERY TODAY 37 9 806 - 810 2007年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Based on colonoscopy findings, we made a preoperative diagnosis of primary mucinous cystadenocarcinoma of the appendix with features of a submucosal tumor (SMT) in the ascending colon. A 59-year-old woman who presented with right lower quadrant abdominal pain underwent colonoscopy, which revealed an SMT with three nodules covered with mucus in the ascending colon. Examination of colonoscopic biopsy specimens indicated '' very '' well-differentiated adenocarcinoma with mucus lakes. Abdominal computed tomography showed irregular wall thickness from the cecum to the ascending colon. The adjacent appendix had an enhanced wall and unclear border against the ascending colon. Thus, we performed right hemicolectomy, with good results. Histopathological examination revealed mucinous cystadenocarcinoma of the appendix, invading the ascending colon with fistula formation. Appendiceal tumors can manifest with a variety of colonoscopic features, and curative surgical resection should be attempted even if there is fistula formation.
  • 環周率を用いた直腸癌の深達度診断
    歌野 健一, 遠藤 和洋, 冨樫 一智, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 杉本 英治
    日本消化器病学会雑誌 104 臨増大会 A664 - A664 (一財)日本消化器病学会 2007年09月
  • Lawrence J. Brandt
    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 66 1 185 - 185 2007年07月 [査読有り][通常論文]
  • Hisanaga Horie, Masaki Okada, Masayuki Kojima, Hideo Nagai
    SURGERY TODAY 36 12 1063 - 1068 2006年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose. A prospective study was conducted to ascertain the effects of preoperative enteral immunonutrition on a surgical site infection (SSI) in patients with colorectal cancer without malnutrition. Methods. Patients with colorectal cancer undergoing elective surgery without malnutrition, bowel obstruction, severe cardiopulmonary complications, diabetes, collagen disease, or renal failure were sequentially divided into an immunonutrition group (n = 33) and a control group (n = 34). In the immunonutrition group, an enteral diet supplemented with arginine, dietary nucleotides, and omega-3 fatty acids was administered for 5 days (750 ml/day) prior to surgery. Results. The mean age was slightly higher in the immunonutrition group (69 +/- 9 years) than in the control group (63 +/- 11 years; P < 0.05), but no significant differences between the groups were noted for the body mass index, total protein, albumin, hemoglobin, surgical methods, operation time, or volume of intraoperative bleeding. The frequencies of superficial incisional SSI, deep incisional SSI and organ/space SSI in the immunonutrition and control groups were 0% and 11.8% (4/34; P < 0.05), 0% and 0%, and 0% and 2.9% (1/34), respectively. Conclusion. Preoperative enteral immunonutrition appears to be effective for preventing SSI in patients with colorectal cancer without malnutrition.
  • 傍結腸溝に偏位した小腸により絞扼をきたした90度盲腸軸捻転症の一例
    室野井 智博, 宇井 崇, 宮倉 安幸, 藤原 岳人, 堀江 久永, 永井 秀雄
    日本臨床外科学会雑誌 67 増刊 793 - 793 日本臨床外科学会 2006年10月
  • CT colonographyによる大腸癌の存在診断と深達度診断(続報)
    歌野 健一, 冨樫 一智, 遠藤 和洋, 佐々木 純一, 河村 裕, 堀江 久永, 永井 秀雄, 小西 文雄
    日本消化器病学会雑誌 103 臨増大会 A888 - A888 (一財)日本消化器病学会 2006年09月
  • CT colonographyによる大腸癌の進展度診断
    遠藤 和洋, 冨樫 一智, 歌野 健一, 堀江 久永, 小島 正幸, 岡田 真樹, 佐々木 純一, 岡田 晋一郎, 河村 裕, 杉本 英治, 永井 秀雄, 小西 文雄
    日本大腸肛門病学会雑誌 59 7 408 - 408 (一社)日本大腸肛門病学会 2006年07月
  • 石黒 保直, 冨樫 一智, 佐藤 寛丈, 堀江 久永, 小島 正幸, 岡田 真樹, 永井 秀雄
    Progress of Digestive Endoscopy 68 2 146 - 147 Japan Gastroenterological Endoscopy Society Kanto Chapter 2006年 
    今回我々は内視鏡所見を契機に診断した虫垂粘液囊腫の1例を経験したので報告する。症例は56歳男性。大腸内視鏡検査では虫垂開口部に硬い粘膜下腫瘍様隆起性病変を認めた。pit patternは正常,生検でgroup 1と診断され,CTでは腫大した虫垂の壁の厚さは一様であった。虫垂粘液囊腫の診断で盲腸部分切除術を施行した。摘出標本では腫大した虫垂が盲腸内に突出し,内腔は平坦で白色~透明の粘液が貯留していた。単層,一部が低乳頭状で粘液を含む異型の少ない上皮で,腺腫の診断であった。
  • Horie H, Endo N, Sata N, Yasuda Y, Nagai H
    Nihon Geka Gakkai zasshi 106 232 - 236 3 2005年03月 [査読有り][通常論文]
  • Togashi K, Horie H
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 61 Suppl 7 152 - 155 2003年09月 [査読有り][通常論文]
  • Y Miyakura, K Togashi, F Konishi, H Horie, K Shitoh, M Kojima, M Ono, M Okada, H Nagai
    SURGERY TODAY 33 7 498 - 503 2003年 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose. The correlation between age and the outcome following an operation for colorectal cancer (CRC) has not yet been determined. We studied the appropriate operation for elderly CRC patients based upon the assessment of preoperative risk factors. Methods. Seventy patients with Dukes' stages B or C CRC (more than 80 years old: aged group) and 66 stage-matched patients (50-69 years old: control group) were studied. The preoperative condition, the grade of surgical intervention, the perioperative activities of daily life (ADL), and the survival rate were compared between the two groups. Results. The preoperative conditions were significantly worse and the frequencies of patients with a deterioration in ADL during the perioperative period were significantly higher in the aged group. In the aged group, the peripheral lymphocyte count was significantly lower in patients with major postoperative complications, and the 1.0% forced expiratory volume (FEV1.0%) was significantly lower in patients with a deterioration in ADL. The low grade of surgical intervention tended to be related to a poor prognosis in rectal cancer of the aged group. Conclusion. The indications for operation in elderly CRC patients should be determined based upon an appropriate assessment of preoperative conditions, such as the lymphocyte count and FEV1.0%.
  • K Koinuma, K Togashi, F Konishi, Y Kirii, H Horie, M Okada, H Nagai
    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY 38 9 880 - 883 2003年 [査読有り][通常論文]
     
    This case report describes a 68-year-old man who presented with bronchiolitis obliterans organizing pneumonia (BOOP) and gastric carcinoma. During evaluation, including a colonoscopy, he was found to have distal colitis and a giant polypoid lesion in the cecum that was diagnosed as localized giant inflammatory polyposis (LGIP) by magnifying colonoscopy. The patient was treated over a period of 3 years without surgery, and the LGIP was reduced in size during the follow-up period. Magnifying observation was useful to distinguish LGIP from a neoplastic lesion.
  • 冨樫 一智, 小西 文雄, 櫻木 雅子, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 河村 裕, 岡田 真樹, 永井 秀雄
    日本大腸肛門病学会雑誌 55 10 873 - 877 The Japan Society of Coloproctology 2002年10月 
    内視鏡切除の対象となる大腸sm癌は,明らかな脈管浸潤がないこと,癌先進部も含めて低分化腺癌でないこと,1,000μmを越える癌浸潤がないこと,のすべてを満たす必要がある.大腸sm癌の内視鏡切除後における追加腸管切除の適応基準としては,癌浸潤距離を1,000μm程度まで引き上げることが可能と考えられ,リンパ管侵襲の判定基準を厳格にすることによっても追加腸管切除例を安全に減らすことも可能と考えられた.従来は内視鏡切除の対象とは考えられなかったsm癌に対する適応拡大を図るためには,リンパ節転移のない大腸sm癌を的確に診断することが必要で,明らかな脈管侵襲や癌先進部の低分化腺癌は内視鏡切除前に診断することは困難であるため,1,000μm以下の癌浸潤を示すsm癌を鑑別する内視鏡診断学の確立が急務である.著者の検討では,表面凹凸不整像や出血の内視鏡所見から鑑別可能であった.
  • 通常内視鏡所見によるsm深部浸潤癌の簡便な診断方法
    堀江 久永, 冨樫 一智, 鯉沼 広治, 宇井 崇, 春田 英律, 松本 順, 尾野 雅哉, 岡田 真樹, 永井 秀雄, 櫻木 雅子
    日本大腸肛門病学会雑誌 55 6 317 - 317 (一社)日本大腸肛門病学会 2002年06月
  • 石塚恒夫, 冨樫一智, 宮倉安幸, 古川泰司, 堀江久永, 小西文雄, 植松貢, 永井秀雄
    胃と腸 36 5 734 - 738 2001年04月 [査読有り][通常論文]
  • 上野 勲夫, 堀江 久永, 細谷 好則, 土屋 一成, 永井 秀雄, 金澤 曉太郎
    腸内細菌学雑誌 13 35 - 35 (公財)腸内細菌学会 1999年06月
  • H Horie, H Kashiwagi, F Konishi, K Furuta, A Ozawa, K Kanazawa
    SURGERY TODAY-THE JAPANESE JOURNAL OF SURGERY 29 10 992 - 998 1999年 [査読有り][通常論文]
     
    The aim of this study was to determine the longterm effects of administering preoperative radiochemotherapy to patients with carcinoma of the lower rectum. The outcomes of 29 patients who underwent curative surgery for carcinoma of the lower rectum after receiving radiochemotherapy in the form of 40.5 Gy accelerated hyperfractionation and a total dose of 3400 mg 5-fluorouracil given as suppositories, with or without hyperthermia, and 48 patients who underwent surgery alone, were retrospectively compared. The tumors in all the patients were histologically diagnosed as stage T3. The cumulative 5-year survival rate and 5-year local recurrence-free rate of the patients treated with radiochemotherapy plus surgery were significantly better than those of the patients treated by surgery alone, the respective values being 80.5% vs 59.8% (P = 0.0325) and 95.7% vs 61.4% (P = 0.0041). Dehiscence of the perineal wound, anastomotic leakage, and postoperative ileus occurred at similar frequencies in both groups; however, perineal mound healing after abdominoperineal resection was delayed in the patients treated with radiochemotherapy plus surgery at 42.7 days vs 25.4 days (P = 0.0062). In conclusion, although the wound healing was delayed, preoperative radiochemotherapy is considered to be beneficial for patients with carcinoma of the lower rectum.
  • 細谷 好則, 小西 文雄, 堀江 久永, 石塚 恒夫, 紫藤 和久, 小島 正幸, 柏木 宏, 金澤 曉太郎
    癌と化学療法 25 11 1761 - 1765 (株)癌と化学療法社 1998年09月 
    大腸癌肺転移症例に対して,doxifluridine(5'-DFUR, Furtulon)とmitomycin C(MMC)の併用療法を施行し,有効であったと考えられた3症例を経験した.いずれの症例もcisplatin(CDDP)と5-fluorouracil(5-FU)の化学療法中或いは化学療法後に増悪した状態にも拘わらず,5'-DFURとMMCの併用療法で,癌の進行を抑えることができた.5'-DFURとMMCの併用療法は外来通院で可能であり,重篤な副作用もなくquality of lifeの面からも有効な治療法となる可能性が示唆された
  • 細谷 好則, 渋沢 公行, 堀江 久永
    Gastroenterological Endoscopy 40 4 699 - 704 (一社)日本消化器内視鏡学会 1998年04月 
    症例は62歳女で心窩部不快感を主訴とし,上部消化管造影にて幽門狭窄像を認めたため胃癌を疑われた.既往歴では48歳より胆石を指摘されていた.胃内視鏡検査にて,前庭部の前壁に境界明瞭な隆起性病変を認めた.中心部に陥凹を伴い,内視鏡所見では胃粘膜下腫瘍とも胃癌とも言い難い所見を呈していた.しかし10日後の内視鏡像が変化したこと,ならびに追加したCT,超音波内視鏡,経静脈的胆道造影を総合的に検討し,胆石,胆嚢炎が胃前庭部に波及した状態であると判断した.手術所見では,胆嚢は強固に前庭部に癒着し胆嚢内の結石と胃との瘻孔を認めた.根治手術を行い順調に経過した

MISC

  • Kenji Tago, Megumi Funakoshi-Tago, Satoshi Ohta, Hirotoshi Kawata, Hiroshi Saitoh, Hisanaga Horie, Chihiro Aoki-Ohmura, Junji Yamauchi, Akira Tanaka, Jitsuhiro Matsugi, Ken Yanagisawa Molecular oncology 13 (11) 2493 -2510 2019年11月 [査読無し][通常論文]
     
    It is well established that nuclear factor κB (NF-κB) acts as one of the most important transcription factors for tumor initiation and progression, as it both protects cells from apoptotic/necrotic signals and accelerates angiogenesis and tumor metastasis, which is mediated via the expression of target genes. However, it has not yet been clarified how oncogenic signals accelerate the activation of NF-κB. In the current study, we utilized untransformed NIH-3T3 cells stably harboring a κB-driven luciferase gene to show that an oncogenic mutant of Ras GTPase augmented TNFα-induced NF-κB activation. Notably, enforced expression of cyclin-dependent kinase inhibitors, such as p27Kip1 and p21Cip1 , effectively canceled the accelerated activation of NF-κB, suggesting that oncogenic Ras-induced cell cycle progression is essential for the hyperactivation of NF-κB. Furthermore, we found that Ras (G12V) augmented the transcriptional activation of NF-κB, and this activation required the p38 MAP kinase. We observed that a downstream kinase of p38 MAP kinase, MSK1, was activated by Ras (G12V) and catalyzed the phosphorylation of p65/RelA at Ser-276, which is critical for its transcriptional activation. Significantly, phosphorylation of the p65/RelA subunit at Ser-276 was elevated in patient samples of colorectal cancer harboring oncogenic mutations of the K-Ras gene, and the expression levels of NF-κB target genes were drastically enhanced in several cancer tissues. These observations strongly suggest that oncogenic signal-induced acceleration of NF-κB activation is caused by activation of the p38 MAP kinase-MSK1 signaling axis and by cell cycle progression in cancer cells.
  • 吉田 淳, 笹沼 英紀, 片野 匠, 篠原 翔一, 森嶋 計, 三木 厚, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 胆道 33 (3) 581 -581 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 窪木 大悟, 笹沼 英紀, 橋本 雄介, 三木 厚, 吉田 淳, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 胆道 33 (3) 670 -670 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • リウマチに対してメトトレキサート内服中に発症した、肝原発悪性リンパ腫の一例
    大豆生田 尚彦, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 三木 厚, 吉田 厚, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 785 -785 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 蒔七, 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 肥満研究 25 (Suppl.) 254 -254 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 篠田 祐之, 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 肥満研究 25 (Suppl.) 317 -317 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 晩期合併症・トランジション 先天性胆道拡張症術後晩期合併症の検討
    吉田 淳, 笹沼 英紀, 宮戸 英世, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス 42 30 -30 2019年09月 [査読無し][通常論文]
  • 腎細胞癌膵転移切除症例の検討
    吉田 淳, 佐久間 康成, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 74回 P255 -6 2019年07月 [査読無し][通常論文]
  • 吉田 淳, 佐久間 康成, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 三木 厚, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 膵臓 34 (3) A285 -A285 2019年06月 [査読無し][通常論文]
  • Keisaku Kondo, Satoshi Matsusaka, Soichiro Ishihara, Hisanaga Horie, Keisuke Uehara, Masahiko Oguchi, Keiko Murafushi, Masashi Ueno, Nobuyuki Mizunuma, Taiju Shimbo, Daiki Kato, Junji Okuda, Yojiro Hashiguchi, Masanori Nakazawa, Eiji Sunami, Kazushige Kawai, Hideomi Yamashita, Tohru Okada, Yuichi Ishikawa, Masashi Fujii, Toshifusa Nakajima Radiotherapy and oncology : journal of the European Society for Therapeutic Radiology and Oncology 134 199 -203 2019年05月 [査読無し][通常論文]
     
    PURPOSE: The study was designed to evaluate the safety and efficacy of adding oxaliplatin to py (CRT) with S-1 in patients with locally advanced rectal carcinoma (LARC). We report here the final results of the study. PATIENTS AND METHODS: Patients with histopathologically confirmed LARC (cT3-T4, any N) were eligible. They received oral S-1 (80 mg/m2/day on days 1-5, 8-12, 22-26, and 29-33) and infusional oxaliplatin (60 mg/m2/day on days 1, 8, 22, 29) plus radiotherapy (1.8 Gy/day, total dose of 50.4 Gy in 28 fractions), with a chemotherapy gap in the third week of radiotherapy. Primary endpoint of the study was pathological complete response (pCR) rate. Secondary endpoints were rates of R0 resection, down-staging, cumulative 3-year local recurrence, 3-year disease-free survival (DFS), and toxicity. RESULTS: Forty-five patients were enrolled at six centers in Japan. All patients received CRT, and 44 underwent operation. The pCR rate was 27.3% (12/44). The R0 resection rate was 95.5% (42/44). T-down-staging rate was 59.1% (26/44), and N-down staging rate was 65.9% (29/44); the combined pathological down-staging rate was 79.5% (35/44). There were no grade 4 adverse events, but 11.1% of the patients had grade 3 adverse events. Cumulative 3-year local recurrence rate was 0%. However, 13 (30.0%) patients suffered from distant metastasis, and one patient suffered from secondary esophageal cancer that was unrelated to rectal cancer. Eight patients had lung metastasis, 4 had liver metastasis, and 3 patients died of the metastatic disease. The 3-year DFS rate of the 44 patients was 67.5% (median follow-up 36.3 months), and the 3-year overall survival (OS) rate was 93.0% (median follow-up 39.6 months). The patients were then divided into the pCR (12 patients) group and non pCR (32 patients) group. The 3-year rate of DFS for each group was 91.7% and 58.1% and that of OS was 100% and 90.3%, respectively. CONCLUSIONS: The study showed a high pCR rate with no severe toxicity, good follow-up results, and good loco-regional control. Therefore, addition of oxaliplatin to preoperative CRT with S-1 in patients with LARC might be feasible and lead to better local control than standard treatment.
  • 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 太田 学, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 味村 俊樹, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 72 (4) 165 -170 2019年04月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は43歳女性。S状結腸癌、転移性肝腫瘍、左卵巣腫瘍に対し腹腔鏡下S状結腸切除・肝部分切除・左付属器切除術が施行された。術後4ヵ月目に発症した絞扼性腸閉塞に対して緊急手術が施行された。原因はS状結腸の腸間膜欠損部と初回手術時に温存された上直腸動脈間が門となる内ヘルニアであった。小腸部分切除、腸間膜欠損部の縫合閉鎖を行った。腹腔鏡下大腸切除手術後、腸間膜欠損部が原因の内ヘルニアの発生率は少なく、腸間膜欠損部は閉鎖しないことが一般的である。本症例は、S状結腸が過長で、腸間膜と後腹膜の癒合が少ないという特徴があった。このような症例では術後の癒着による腸間膜欠損部の閉鎖がされず、内ヘルニアのリスクが高いと考えられ、閉鎖すべきと考えられた。(著者抄録)
  • 十二指腸乳頭部腫瘍に対する外科的乳頭切除術による段階的治療戦略
    小泉 大, 斎藤 晶, 青木 裕一, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS -7 2019年04月 [査読無し][通常論文]
  • 12年の長期経過観察中に悪性化したと考えられる膵粘液嚢胞性腫瘍の一例
    高橋 礼, 笹沼 英紀, 三木 厚, 森嶋 計, 吉田 淳, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 池田 恵理子, 福島 敬宜 日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 354回 49 -49 2019年04月 [査読無し][通常論文]
  • 直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 東條 峰之, 宮原 悠三, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 森 和亮, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 味村 俊樹, Kawarai Lefor Alan, 佐田 尚宏 自治医科大学紀要 41 7 -13 2019年03月 [査読無し][通常論文]
     
    右側結腸手術の周術期管理に、Enhanced Recovery After Surgeryプロトコル(ERAS)を導入したので短期成績を報告する。2014年6月から2017年10月に行われた右側結腸手術症例をERAS群、2010年1月から2014年5月の症例を従来群とし、後方視的に検討した。ERAS群では、機械的前処置の省略、術直後の胃管抜去、早期経口摂取開始を新たに採用した。ERAS群182例(腹腔鏡103例、開腹79例)、従来群202例(腹腔鏡84例、開腹118例)であった。腹腔鏡手術では、ERAS群と従来群で手術関連因子、術後合併症に差は認めなかった。開腹手術では、表層性の創部感染の発生率はERAS群で有意に高かった(ERAS群12.7%:従来群2.5%)が、Clavien-Dindo分類2以上の術後合併症はERAS群で有意に低かった(ERAS群3.8%:従来群18.6%)。右側結腸手術において当科のERASプロトコルは安全に導入可能である。(著者抄録)
  • 膵十二指腸動脈瘤の3例
    渡部 晃佑, 吉田 淳, 高橋 和也, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本腹部救急医学会雑誌 39 (2) 345 -345 2019年02月 [査読無し][通常論文]
  • 鼠径部ヘルニア嵌頓症例における経過時間と腸切除の検討
    小泉 大, 斎藤 晶, 青木 裕一, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本腹部救急医学会雑誌 39 (2) 379 -379 2019年02月 [査読無し][通常論文]
  • 術前診断しえた特発性大網出血の1例
    高橋 和也, 笹沼 英紀, 青木 裕一, 森嶋 計, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本腹部救急医学会雑誌 39 (2) 465 -465 2019年02月 [査読無し][通常論文]
  • 直腸穿通をきたした卵巣成熟嚢胞性奇形腫の1例
    松本 健司, 井上 賢之, 坂口 美織, 森 和亮, 鯉沼 広治, 堀江 久永, アラン K.・レフォー, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科系連合学会誌 43 (6) 1143 -1148 2018年12月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は48歳,女性.数日前からの血便を主訴に当院を受診した.腹部造影CTでは,腹腔内に腹水貯留やfree airは認められなかった.両側の卵巣には嚢胞成分を含む腫瘤性病変を認め,特に右卵巣は内部に高吸収域を有し直腸に近接していた.卵巣腫瘍による直腸浸潤もしくは直腸腫瘍による卵巣浸潤が疑われ,精査目的に同日緊急入院となった.下部消化管内視鏡を施行したところ,直腸Raに毛髪が付着した腫瘤が穿通している所見を認めた.卵巣奇形腫の直腸穿通が疑われたが腹膜炎所見を認めなかったため,待機的手術の方針とした.良悪性の鑑別が困難であったため,術中迅速病理所見により切除範囲を検討する方針とし,入院第9日目に手術を施行した.術中所見では両側の卵巣・直腸・子宮が一塊となっており両側附属器切除術・低位前方切除術・子宮全摘術を施行した.迅速病理では卵巣成熟嚢胞性奇形腫の診断であり,リンパ節郭清は行わず,手術終了とした.経過良好で術後10日目に退院となった.卵巣成熟嚢胞性奇形腫による消化管穿通例の報告は比較的稀である.良性症例だけでなく悪性症例も存在し,手術対応が異なるため,正確な術前術中診断が必要である.(著者抄録)
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除(Lap-DP)における定型化膵離断 膵臓の厚みとカートリッジに関する検討
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 木村 有希, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) OS218 -1 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 当科の後腹膜鏡下副腎摘出術の手術成績の検討
    小泉 大, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) DP135 -1 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡補助下に切除した膵内分泌腫瘍術後の異時性転移性副腎腫瘍の1例
    吉田 淳, 佐久間 康成, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) DP135 -4 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下肝切除とRFAを併用して治療した肝細胞癌5例の検討
    森嶋 計, 青木 裕一, 田口 昌延, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) DP150 -8 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除(Lap-DP)における定型化膵離断 膵臓の厚みとカートリッジに関する検討
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 木村 有希, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) OS218 -1 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 当科の後腹膜鏡下副腎摘出術の手術成績の検討
    小泉 大, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) DP135 -1 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡補助下に切除した膵内分泌腫瘍術後の異時性転移性副腎腫瘍の1例
    吉田 淳, 佐久間 康成, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) DP135 -4 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下肝切除とRFAを併用して治療した肝細胞癌5例の検討
    森嶋 計, 青木 裕一, 田口 昌延, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) DP150 -8 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭部癌に対して膵頭十二指腸切除術を施行し膵尾側断端閉鎖を行った一例
    倉田 佳彦, 木村 有希, 青木 裕一, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 79 (増刊) 572 -572 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 慢性膵炎急性増悪を契機に脾膿瘍を合併した1例
    寺田 茉位子, 吉田 淳, 佐久間 康成, 木村 有希, 青木 裕一, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 79 (増刊) 829 -829 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 複雑な部分内臓逆位症を伴う総胆管結石症に対し手術を行った1例
    丸藤 琴音, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 宮戸 秀世, 目黒 由行, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 79 (増刊) 852 -852 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • Homare Ito, Yoshiyuki Inoue, Ai Sadatomo, Naoya Yamada, Ryo Kamata, Sachiko Watanabe, Tadayoshi Karasawa, Hiroaki Kimura, Yasunaru Sakuma, Hisanaga Horie, Yoshinori Hosoya, Joji Kitayama, Naohiro Sata, Masafumi Takahashi GASTROENTEROLOGY 154 (6) S497 -S497 2018年05月 
    0
  • Daishi Naoi, Hisanaga Horie, Koji Koinuma, Yoshiyuki Inoue, Homare Ito, Yosihiko Kono, Katsusuke Mori, Makiko Tahara, Ai Sadatomo, Yasunaru Sakuma, Yoshinori Hosoya, Joji Kitayama, Alan K. Lefor, Naohiro Sata GASTROENTEROLOGY 154 (6) S1351 -S1351 2018年05月 
    0
  • シニアレジデントに対する腹腔鏡下結腸切除術のトレーニングプログラム
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 森 和亮, 森本 光昭, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (3) 297 -303 2018年05月 [査読無し][通常論文]
     
    <文献概要>当科におけるシニアレジデントに対する腹腔鏡下結腸切除術トレーニングプログラムの結果を報告する.2014年4月から2017年3月までに20名が参加した.初期1ヵ月にカメラ助手を経験後,1日間の動物実習,残り3ヵ月間に内視鏡外科技術認定医指導下に術者を経験した.63症例の手術がレジデントにより施行された.回盲部切除術(40例)とS状結腸切除術(23例)の手術時間(中央値)はそれぞれ190分と232分であった.51/63例(81%)で術者交代なく完遂されていた.術後,縫合不全やイレウスなどの重篤な合併症は認められなかった.シニアレジデントによる腹腔鏡下結腸切除術は本プログラム下に安全に施行されていた.
  • 上部空腸憩室穿孔による急性汎発性腹膜炎の1例
    齋藤 俊祐, 利府 数馬, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 79 (3) 652 -653 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • 手術既往のある腹腔鏡下肝切除術症例に対する妥当性の検討
    谷口 理丈, 佐久間 康成, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP030 -01 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除における電動式自動縫合器を使った膵離断定型化の試み
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP141 -02 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 手術既往のある腹腔鏡下肝切除術症例に対する妥当性の検討
    谷口 理丈, 佐久間 康成, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP030 -01 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除における電動式自動縫合器を使った膵離断定型化の試み
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP141 -02 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭十二指腸切除での再建の工夫 Blumgart変法(自治医大方式)による膵空腸吻合の成績
    小泉 大, 斎藤 晶, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 78 (増刊) 425 -425 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • Hidenori Tsukui, Rihito Kanamaru, Ai Sadatomo, Daishi Naoi, Tetsuichiro Shimizu, Makiko Tahara, Katsusuke Mori, Homare Ito, Mitsuaki Morimoto, Yoshihiko Kono, Yoshiyuki Inoue, Hiroyuki Maruyama, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Yasunaru Sakuma, Yoshinori Hosoya, Naohiro Sata, Joji Kitayama CANCER RESEARCH 77 2017年07月
  • 十二指腸腫瘍性病変に対する膵温存十二指腸切除術の治療成績
    齋藤 晶, 小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 PH17 -6 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 切除可能膵癌に対する術前治療戦略の意義 切除可能膵癌に対する術前化学放射線治療の有用性
    三木 厚, 佐久間 康成, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 O2 -65 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • Blumgart-dumpling法(Blumgart変法 自治医大方式)による膵空腸吻合の工夫
    小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 RS2 -78 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における膵IPMNの縮小手術の検討
    齋藤 匠, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 PK4 -6 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 退形成性膵管癌の6切除例
    風當 ゆりえ, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 PL4 -1 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 切除可能膵癌に対する術前治療戦略の意義 切除可能膵癌に対する術前化学放射線治療の有用性
    三木 厚, 佐久間 康成, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 O2 -65 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • Blumgart-dumpling法(Blumgart変法 自治医大方式)による膵空腸吻合の工夫
    小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 RS2 -78 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 十二指腸腫瘍性病変に対する膵温存十二指腸切除術の治療成績
    齋藤 晶, 小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 PH17 -6 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • K. Koinuma, H. Horie, D. Naoi, Y. Inoue, M. Morimoto, N. Sata, M. Tahara, A. Lefor DISEASES OF THE COLON & RECTUM 60 (6) E222 -E223 2017年06月 [査読無し][通常論文]
  • 高齢者大腸癌における腹腔鏡手術の適応と限界
    新津 宏明, 檜井 孝夫, 服部 稔, 河内 雅年, 川口 康夫, 安達 智洋, 岡島 正純, 山本 聖一郎, 長谷川 博俊, 山口 茂樹, 村田 幸平, 堀江 久永, 高橋 玄, 坂本 一博, 岡村 亮輔, 肥田 侯矢, 坂井 義治, 渡邊 昌彦 日本大腸肛門病学会雑誌 70 (5) 384 -384 2017年05月 [査読無し][通常論文]
  • 熊谷 祐子, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 井上 賢之, 伊藤 誉, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 70 (4) 227 -232 2017年04月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は31歳女性.3ヵ月前からの便秘を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で直腸腫瘍を認め,Boring生検で神経鞘腫と診断され当院に紹介された.直腸診では肛門管上縁前壁に有茎性腫瘤を触知した.大腸内視鏡検査では歯状線口側に約50mm大の粘膜下腫瘤を認め,超音波内視鏡では粘膜下層由来の腫瘍が疑われ,Boring生検で神経鞘腫と診断された.CTでは内部にまだらな造影効果を認め,MRIではT2強調で高信号,不均一な造影効果を有する有茎性腫瘍として描出された.手術待機期間中に腫瘍が肛門から脱出し,救急外来にて用手的に還納を行った.治療は腰椎麻酔下にジャックナイフ位で経肛門的切除術を施行した.切除標本の病理組織診断では,悪性所見のない神経鞘腫で断端は陰性であった.直腸神経鞘腫は稀な疾患であるが悪性例の報告もあり,また生検だけでは良悪性の鑑別は困難とされているため,文献的考察を加え報告する.(著者抄録)
  • 質感と人体解剖を忠実に再現した、高難度手術教育のための臓器モデル 鏡視下手術の教育効果を高めるために必要な技術トレーニング
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笠原 尚哉, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 SF -48 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 膵空腸吻合Blumgart変法(自治医大方式)に適した膵臓の検討
    小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, Lefor Alan, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -134 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • IPMN国際診療ガイドラインからみた当院でのIPMN手術例の検討
    齋藤 匠, 三木 厚, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -139 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 家族性大腸腺腫症に合併した十二指腸病変の検討
    木村 有希, 小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -176 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 井上 賢之, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 直井 大志, 森 和亮, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏 自治医科大学紀要 39 15 -21 2017年03月 [査読無し][通常論文]
     
    左側大腸癌イレウス治療における経肛門イレウス管の適応と限界について後方視的に検討した。2006〜2011年に当科で手術治療を施行した左側大腸癌イレウス59症例を経肛門イレウス管減圧群(DC群)と非減圧群(NDC群)の2群に分け治療成績を比較した。イレウス管留置成功率は89%であった。DC群25例中、一期的切除吻合術が施行できたのは13例(52%)のみであった。7例(28%)では減圧したにも関わらずストマ造設のみ施行されており、原因として減圧不良(4例)、血清アルブミン低値(3例)、骨盤内他臓器浸潤(2例)があげられた。一期的切除吻合を目的とした経肛門イレウス管挿入は遠隔転移や高度局所浸潤がなく栄養状態良好症例には良い適応と考えられた。一方、栄養状態不良症例には術前経口摂取が可能となるステント挿入を、遠隔転移や高度局所浸潤症例に対してはストマ造設を選択すべきと考えられた。(著者抄録)
  • 巷野 佳彦, 堀江 久永, 直井 大志, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 森本 光昭, 田原 真紀子, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏 癌の臨床 63 (1) 7 -12 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    クリニカルパスを用いて周術期管理を行った直腸癌前方切除症例94例を対象とし、以前のクリニカルパスで周術期管理を行った40例(男性21名、女性19名、65±10歳;5日目食事開始パス群)と経口摂取を早めたクリニカルパスで周術期管理を行った54例(男性33名、女性21名、61±12歳;2日目食事開始パス群)に分けた。手術に関しては、2日目食事開始パス群で腹腔鏡の手術の割合が増加した。入院中の経過は、術後在院日数は両群とも平均12日でパス通りであった。バリアンスでは2日目食事開始パス群において飲水や流動食開始遅延が有意に多く認められたが、退院が13日目以降に遅延した症例は2群間で有意差がなかった。ドレーン挿入留置期間も2群間で有意差を認めなかった。術後合併症は、SSIおよび縫合不全症例は2群間で有意差を認めなかった。一過性腸管麻痺を含めた術後イレウスが2日目食事開始パス群で有意に減少した。尿道カテーテル抜去後の尿閉の発症頻度は2日目食事開始パス群で少なかった。退院後の経過では2群とも再入院や再手術を要する症例は一例も認めなかった。
  • 膵体尾部を中心とした左側感染性WONに対する治療戦略
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本腹部救急医学会雑誌 37 (2) 292 -292 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 医工連携による革新的内視鏡手術トレーニングシステムの開発 外科教育の新たな手法確立に向けて
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笠原 直哉, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS145 -6 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下肝切除にRFAを併用して治療した肝細胞癌4例の経験
    森嶋 計, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) DP99 -1 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 木村有希, 笠原尚哉, 三木厚, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 北山丈二, 佐田尚宏 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 578 -578 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 遠藤和洋, 太白健一, 笠原直哉, 三木厚, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 北山丈二, 佐田尚宏 日本臨床外科学会雑誌 77 527 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 木村有希, 小泉大, 笠原尚哉, 三木厚, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 北山丈二, 佐田尚宏 日本臨床外科学会雑誌 77 405 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • Hisanaga Horie, Homare Ito, Takahiro Sasaki, Ai Sadatomo, Yoshihiko Kono, Makiko Tahara, Mitsuaki M. M. Morimoto, Koji Koinuma, Alan T. Lefor, Naohiro Sata JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF SURGEONS 223 (4) E8 -E9 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌・大腸癌切除例の術前CT検査で指摘された膵嚢胞性病変の検討
    小泉 大, 木村 有希, 田口 昌延, 三木 広, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器病学会雑誌 113 (臨増大会) A681 -A681 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • OTA Gaku, MIKI Atsushi, ENDO Kazuhiro, KOIZUMI Masaru, SASANUMA Hideki, SAKUMA Yasunaru, HORIE Hisanaga, HOSOYA Yoshinori, KITAYAMA Joji, SATA Naohiro すい臓 31 (3) 500‐501 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • MIKI Atsushi, SAKUMA Yasunaru, ENDO Kazuhiro, KOIZUMI Masaru, SASANUMA Hideki, HORIE Hisanaga, HOSOYA Yoshinori, KITAYAMA Joji, SATA Naohiro すい臓 31 (3) 590 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • Blumgart-dumpling法による膵空腸吻合の工夫
    小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, Lefor Alan, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 71回 P1 -69 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 若手外科医育成のための工夫 自治医科大学での外科医教育 解剖学教室、先端医療技術開発センター、シミュレーションセンターとの連携
    清水 敦, 菱川 俊司, 野田 泰子, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, アラン・レフォー, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 71回 WS1 -1 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 膵硬化度・主膵管拡張に注目した膵空腸吻合法の選択と術後膵液瘻の検討
    小泉 大, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, アラン・レフォー, 佐田 尚宏 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 479 -479 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 十二指腸乳頭部神経内分泌癌の一例
    加賀谷 丈紘, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 559 -559 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 胃壁筋層内へ穿破し出血を生じた膵粘液性嚢胞腫瘍の1例
    太田 学, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 656 -656 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 十二指腸乳頭部神経内分泌癌の一例
    加賀谷 丈紘, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 559 -559 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 胃壁筋層内へ穿破し出血を生じた膵粘液性嚢胞腫瘍の1例
    太田 学, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 656 -656 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 田口昌延, 三木厚, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 北山丈二, LEFOR Alan Kawarai, 佐田尚宏 日本肝胆膵外科学会学術集会プログラム・抄録集(CD-ROM) 28th ROMBUNNO.RS14‐3 -479 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 湯澤真梨子, 三木厚, 利府和馬, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏 栃木県医学会々誌 46 49‐51 -51 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • Masanobu Taguchi, Katsuya Dezaki, Masaru Koizumi, Kentaro Kurashina, Yoshinori Hosoya, Yasunaru Sakuma, Hisanaga Horie, Joji Kitayama, Clarence Foster, Alan K. Lefor, Naohiro Sata, Toshihiko Yada GASTROENTEROLOGY 150 (4) S1197 -S1197 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 湯澤真梨子, 三木厚, 利府数馬, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏 日本外科学会定期学術集会(Web) 116th RS-1-5 (WEB ONLY) -1 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 倉科憲太郎, 三木厚, 松本健司, 村越美穂, 佐藤敏子, 小暮亜弥子, 齋藤心, 鯉沼広治, 笹沼英紀, 小泉大, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏 日本外科学会定期学術集会(Web) 116th PS-173-3 (WEB ONLY) -173 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 田口昌延, 三木厚, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏 日本外科学会定期学術集会(Web) 116th PS-183-4 (WEB ONLY) -183 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 田原真紀子, 田原真紀子, 北條宣幸, 森嶋計, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, LEFOR Alan, 佐田尚宏, 安田是和, 福嶋敬宜 日本外科系連合学会誌 41 (1) 57 -57 2016年02月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は76歳,女性.右季肋部痛を主訴に近医受診し,精査目的に当院紹介となった.上部内視鏡では胃体上部大彎に小陥凹病変を認め,生検で印環細胞癌と診断された.腹部造影CTにて胃周囲リンパ節の腫大と胃壁肥厚を認めた.リンパ節転移を伴う胃癌の診断で胃全摘術を施行した.術中所見で小腸間膜の一部に数個の結節を認めたため,摘出し病理検査へ提出した.最終診断は低分化型腺癌/印環細胞癌,pT1a(M),ly0,v0,n(18/69)(#4sa,#7,#8a,#10)であり,原病変は約10mm×10mmの胃粘膜内癌で潰瘍瘢痕はなかった.小腸間膜結節は胃癌の転移と診断された.腹膜播種をきたした胃粘膜内癌の極めて稀な1例を経験したので報告する.
  • KOMATSUBARA Toshihide, KOINUMA Koji, MIYAKURA Yasuyuki, MIYAKURA Yasuyuki, HORIE Hisanaga, MORIMOTO Mitsuaki, ITO Homare, LEFOR Alan K, SATA Naohiro, FUKUSHIMA Noriyoshi Clinical Journal of Gastroenterology (Web) 9 (1) 1‐6 (WEB ONLY) 2016年02月 [査読無し][通常論文]
  • 実体臓器モデルの内視鏡手術への活用 手術トレーニングに特化した軟部組織実体臓器モデルの開発と製品化
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) PD21 -5 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 専門医を目指すための気腹状態dry boxと臓器ユニットの開発 シナリオベースsimulation trainingの実現
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS87 -7 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除術の完全腹腔鏡下手術例と小切開併用手術例の比較検討
    吉田 淳, 佐久間 康成, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS254 -4 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下肝切除にRFAを併用して治療した肝細胞癌2例
    森嶋 計, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS277 -5 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 倉科憲太郎, 三木厚, 松本健司, 鯉沼広治, 齋藤心, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 702 -702 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 利府数馬, 三木厚, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 699 -699 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 田口昌延, 三木厚, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 579 -579 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 遠藤和洋, 太白健一, 三木厚, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 512 -512 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 3Dプリンターの医学への応用 消化器外科における3D printerの活用 現況と問題点、その解決案まで
    遠藤 和洋, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 436 -436 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 後腹膜気管支原性嚢胞の1例
    坂田 知久, 三木 厚, 利府 数馬, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 1146 -1146 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 胆管内に肝吸虫を認めた肝門部胆管癌の一症例
    菅谷 涼, 佐久間 康成, 三木 厚, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 1168 -1168 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡的粘膜切開生検が診断に有用であった直腸癌術後吻合部に発生したSMT様線維性腫瘤の1例
    森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 井上 賢之, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 佐田 尚宏, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 安田 是和 Gastroenterological Endoscopy 57 (Suppl.2) 2152 -2152 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌・大腸癌手術症例の術前に指摘された膵嚢胞性病変の検討
    小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 安田 是和 日本消化器病学会雑誌 112 (臨増大会) A881 -A881 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • Masaaki Satoh, Kazuhiko Kotani, Alejandro Gugliucci, Hisanaga Horie, Russell Caccavello, Mamoru Takeuchi ARCHIVES OF PATHOLOGY & LABORATORY MEDICINE 139 (8) 968 -969 2015年08月 [査読無し][通常論文]
  • 直井大志, 堀江久永, 佐田友藍, 清水徹一郎, 田原真紀子, 森和亮, 伊藤誉, 巷野佳彦, 井上賢之, 森本光昭, 鯉沼広治, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 家族性腫よう 15 (2) A76 -A76 2015年05月 [査読無し][通常論文]
  • H. Ito, Y. Miyakura, M. Morimoto, M. Koizumi, K. Koinuma, H. Horie, A. Lefor, N. Sata, Y. Yasuda DISEASES OF THE COLON & RECTUM 58 (5) E369 -E369 2015年05月 [査読無し][通常論文]
  • 巷野 佳彦, 堀江 久永, 清水 徹一郎 外科 = Surgery : 臨床雑誌 77 (1) 60 -65 2015年01月
  • 佐久間康成, 高山達也, 竹井裕二, 手塚憲志, 笹沼英紀, 森嶋計, 丹羽康則, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏, 安田是和 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 548 -548 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • Koichi Suzuki, Kato Takaharu, Yuta Muto, Kosuke Ichida, Taro Fukui, Yuji Takayama, Shingo Tsujinaka, Junichi Sasaki, Hisanaga Horie, Yutaka J Kawamura, Fumio Konishi, Toshiki Rikiyama Molecular and clinical oncology 2 (5) 827 -832 2014年09月 [査読無し][通常論文]
     
    The aim of the present study was to present a retrospective review of 42 metastatic colorectal cancer (mCRC) patients treated using the XELIRI regimen as second-line chemotherapy during the period between 2010 and 2012. Patients were treated with capecitabine, 1,600 (≥65 years) or 2,000 mg/m2 (<65 years), on days 1-15, 200 mg/m2 irinotecan (CPT-11) on day 1, with or without 7.5 mg/kg bevacizumab on day 1 and every 21 days. A total of 21 patients underwent XELIRI and 21 underwent XELIRI plus bevacizumab treatment. Fifteen patients received continuous administration of bevacizumab in the first- and second-line settings [bevacizumab beyond progression (BBP)+], whereas 27 patients did not receive the treatment (BBP-). Forty patients (95.2%), including all the patients in the BBP+ group, received sequentially administered XELOX and XELIRI regimens from the first- to the second-line setting. The disease control rate (DCR), progression-free survival (PFS), overall survival (OS) and adverse events were compared between the BBP- and BBP+ groups. The median relative dose intensity was similar (93.9% for capecitabine and 96.3% for CPT-11 in the BBP- group vs. 94.8% for capecitabine and 91.5% for CPT-11 in the BBP+ group). The DCR was 25.9% in the BBP- and 66.6% in the BBP+ groups (P=0.020). The median PFS was 3.5 months in the BBP- and 7.2 months in the BBP+ groups (P=0.028). The BBP+ group exhibited a higher median OS time compared to the BBP- group (12.5 months in the BBP- group vs. not reached in the BBP+ group; P=0.0267). The most common grade 3/4 adverse event (n≥20) was hypertension observed in the BBP+ group [three patients (20%)]: these three patients were well-controlled with a single antihypertensive drug. Treatment with sequentially administered XELOX and XELIRI regimens did not aggravate adverse events in the 40 patients. The results showed that the XELIRI regimen, involving continuous treatment with bevacizumab, was well-tolerated and effective as a second-line chemotherapy and sequentially administering XELOX and XELIRI was feasible and manageable for patients with mCRC.
  • 胃癌・大腸癌手術症例に併存する膵嚢胞性病変の検討
    小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 森嶋 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 敦, 黒河内 顕, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 安田 是和 日本消化器病学会雑誌 111 (臨増大会) A960 -A960 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 清水 徹一郎, 堀江 久永, 田中 宏幸 外科 = Surgery : 臨床雑誌 76 (7) 763 -768 2014年07月
  • Takayama Yuji, Muto Yuta, Suzuki Koichi, Kato Takaharu, Ichida Kosuke, Fukui Taro, Saito Masaaki, Tsujinaka Shingo, Kamiyama Hidenori, Sasaki Junichi, Horie Hisanaga, Kiyozaki Koichi, Rikiyama Toshiki ANNALS OF ONCOLOGY 25 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • Suzuki Koichi, Kato Takaharu, Muto Yuta, Ichida Kosuke, Fukui Taro, Takayama Yuji, Tsujinaka Shingo, Sasaki Junichi, Watanabe Fumiaki, Noda HIroshi, Horie Hisanaga, Rikiyama Toshiki ANNALS OF ONCOLOGY 25 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • Takaharu Kato, Koichi Suzuki, Yuta Muto, Junichi Sasaki, Shingo Tsujinaka, Yutaka James Kawamura, Hiroshi Noda, Hisanaga Horie, Fumio Konishi, Toshiki Rikiyama JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY 32 (15) 2014年05月 [査読無し][通常論文]
  • 堀江久永, 堀江久永, 阿部郁, 福井太郎, 長谷川芙美, 井本博文, 佐々木純一, 辻仲眞康, 高田理, 力山敏樹, 丸山博行, 安田是和 胃と腸 49 (4) 500 -507 2014年04月 [査読無し][通常論文]
  • 清水徹一郎, 窓岩清治, 大森司, 三室淳, 西村智, 坂田洋一, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏, 安田是和 日本血栓止血学会誌 25 (2) 267 2014年04月 [査読無し][通常論文]
  • 長谷川 芙美, 堀江 久永, 佐々木 純一, 辻仲 眞康, 力山 敏樹 日本外科学会雑誌 115 (2) 567 -567 2014年03月
  • 高山 裕司, 福井 太郎, 長谷川 芙美, 井本 博文, 佐々木 純一, 辻中 眞康, 堀江 久永, 力山 敏樹 日本外科学会雑誌 115 (2) 343 -343 2014年03月
  • 佐々木 純一, 堀江 久永, 辻仲 眞康, 長谷川 芙美, 力山 敏樹 日本外科学会雑誌 115 (2) 478 -478 2014年03月
  • 井本 博文, 辻仲 眞康, 佐々木 純一, 長谷川 芙美, 阿部 郁, 柿澤 奈緒, 堀江 久永, 力山 敏樹 日本外科学会雑誌 115 (2) 951 -951 2014年03月
  • 伊藤 誉, 宮倉 安幸, 倉科 憲太郎, 小泉 大, 鯉沼 広治, 瑞木 享, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 115 (2) 780 -780 2014年03月
  • 辻仲 眞康, 堀江 久永, 鈴木 浩一, 佐々木 淳一, 長谷川 芙美, 力山 敏樹 日本外科学会雑誌 115 (2) 661 -661 2014年03月
  • 清水 徹一郎, 宮倉 安幸, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 115 (2) 659 -659 2014年03月
  • 堀江 久永, 佐々木 純一, 辻仲 眞康, 長谷川 芙美, 力山 敏樹, 河村 裕, 小西 文雄 日本外科学会雑誌 115 (2) 668 -668 2014年03月
  • 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和 日本外科学会雑誌 115 (2) 649 -649 2014年03月
  • 武藤 雄太, 鈴木 浩一, 加藤 高晴, 長谷川 芙美, 辻仲 眞康, 佐々木 純一, 堀江 久永, 小西 文雄, 力山 敏樹 日本外科学会雑誌 115 (2) 823 -823 2014年03月
  • 巷野 佳彦, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 田中 宏幸, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 安田 是和 日本外科学会雑誌 115 (2) 1025 -1025 2014年03月
  • 宮倉安幸, 清水徹一郎, 巷野佳彦, 伊藤誉, 鯉沼広治, 堀江久永, 安田是和 日本外科学会雑誌 115 649 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 佐々木純一, 堀江久永, 辻仲眞康, 長谷川芙美, 力山敏樹 日本外科学会雑誌 115 478 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 辻仲眞康, 堀江久永, 鈴木浩一, 佐々木淳一, 長谷川芙美, 力山敏樹 日本外科学会雑誌 115 661 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 堀江久永, 佐々木純一, 辻仲眞康, 長谷川芙美, 力山敏樹, 河村裕, 小西文雄 日本外科学会雑誌 115 668 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 井本博文, 辻仲眞康, 佐々木純一, 長谷川芙美, 阿部郁, 柿澤奈緒, 堀江久永, 力山敏樹 日本外科学会雑誌 115 951 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 高山裕司, 福井太郎, 長谷川芙美, 井本博文, 佐々木純一, 辻中眞康, 堀江久永, 力山敏樹 日本外科学会雑誌 115 343 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 長谷川芙美, 堀江久永, 佐々木純一, 辻仲眞康, 力山敏樹 日本外科学会雑誌 115 567 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 伊藤誉, 宮倉安幸, 倉科憲太郎, 小泉大, 鯉沼広治, 瑞木享, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏, 安田是和 日本外科学会雑誌 115 780 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • Toshiaki Watanabe, Satoshi Matsusaka, Soichiro Ishihara, Keisaku Kondo, Hisanaga Horie, Keisuke Uehara, Masahiko Oguchi, Keiko Murofushi, Masashi Ueno, Nobuyuki Mizunuma, Daiki Kato, Yojiro Hashiguchi, Taiju Shimbo, Junji Okuda, Masanori Nakazawa, Eiji Sunami, Kazushige Kawai, Hideomi Yamashita, Tohru Okada, Yuichi Ishikawa JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY 32 (3) 2014年01月 [査読無し][通常論文]
  • 長谷川 芙美, 佐々木 純一, 辻仲 眞康, 堀江 久永, 力山 敏樹 日本大腸肛門病学会雑誌 67 (3) 193 -197 2014年 [査読無し][通常論文]
     
    S状結腸軸捻転症に対して,内視鏡的整復後に経肛門イレウス管を留置し,待機的に安全に腹腔鏡下手術を施行し得た2症例を経験したので若干の文献的考察を加えて報告する.症例1:83歳,男性.腹痛を主訴に受診.S状結腸軸捻転症と診断し,内視鏡的整復を行った.整復2日後に再発したため,内視鏡的整復を行い,経肛門イレウス管を留置し,6日後に腹腔鏡補助下S状結腸切除術を施行した.術後経過に問題なく退院した.症例2:89歳,女性.S状結腸軸捻転症の診断で内視鏡的整復を行ったが,整復3日後に再発したため内視鏡的整復後経肛門イレウス管を留置した.4日後に腹腔鏡補助下S状結腸切除術を施行し,術後経過に問題なく退院した.大腸軸捻転症の手術待機期間中に経肛門イレウス管を留置することは,腸管減圧による浮腫軽減と共に捻転再発が防止でき,十分な術前評価の後に安全に腹腔鏡下手術を行う上で有用と考えられた.
  • 当科での段階的な鏡視下手術トレーニングの運用
    佐久間 康成, 笹沼 英紀, 俵藤 正信, 小泉 大, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 細谷 好則, Alan Lefor, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 457 -457 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • Bevacizumab併用化学療法中に二度の消化管穿孔を発症した直腸癌の1例
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 三木 厚, 堀江 久永, 安田 是和 癌と化学療法 40 (7) 943 -945 2013年07月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は64歳の男性。直腸癌、腹膜播種、肺転移に対して低位前方切除術を施行後mFOLFOX6+bevacizumab(BV)療法を導入した。28コース目のBV投与26日目に腹痛、発熱が出現、CT検査で骨盤内膿瘍とfree air、虫垂内の石灰化を認め緊急手術を施行した。虫垂穿孔による膿瘍形成を認め虫垂切除・膿瘍ドレナージ術を施行した。術後2日目に骨盤内留置ドレーンより腸液の流出を認め、再手術を行ったところ回腸穿孔を認めた。穿孔部は境界明瞭な円形であり、播種など腫瘍性変化は認めず、単純閉鎖術を行った。再手術後は経過良好で、初回術後19日で退院した。虫垂の病理学的所見は直腸癌播種の腫瘍崩壊による穿孔を示唆していた。消化管穿孔はBVの重篤な副作用の一つである。本症例では短期間に二度、異なる部位に消化管穿孔を認め貴重な症例と考え報告する。(著者抄録)
  • 佐藤博之, 砂田圭二郎, 秋元正年, 北村絢, 竹澤敬人, 井野祐治, 三浦義正, 林芳和, 矢野智則, 山本博徳, 菅野健太郎, 宮倉安幸, 堀江久永 Gastroenterol Endosc 55 (Supplement 1) 1150 2013年04月 [査読無し][通常論文]
  • 堀江 久永, 宮倉 安幸, 井上 賢之, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 森本 光昭, 伊藤 誉, 濱田 徹, 熊野 秀俊 日本外科学会雑誌 114 (2) 963 -963 2013年03月
  • 佐田 友藍, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 藤井 博文, 堀江 久永, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 621 -621 2013年03月
  • 巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 井上 賢之, 森本 光昭, 濱田 徹, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 1040 -1040 2013年03月
  • 清水 徹一郎, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 安田 是和, 窓岩 清治, 大森 司, 三室 淳, 篠原 貴子, 丹羽 康則 日本外科学会雑誌 114 (2) 882 -882 2013年03月
  • 宮倉 安幸, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 安田 是和, 藤井 博文 日本外科学会雑誌 114 (2) 508 -508 2013年03月
  • 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 俵藤 正信, 清水 敦, 宮倉 安幸, 藤井 博文, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 823 -823 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 鯉沼広治, 堀江久永, 佐久間康成, 笹沼英紀, 俵藤正信, 清水敦, 宮倉安幸, 藤井博文, 安田是和 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 823 -823 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 井上 賢之, 森本 光昭, 濱田 徹, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 堀江 久永, 宮倉 安幸, 井上 賢之, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 森本 光昭, 伊藤 誉, 濱田 徹, 熊野 秀俊 日本外科学会雑誌 114 (2) 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 清水 徹一郎, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 安田 是和, 窓岩 清治, 大森 司, 三室 淳, 篠原 貴子, 丹羽 康則 日本外科学会雑誌 114 (2) 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • Bevacizumab関連消化管穿孔の外科治療に関する検討
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 藤井 博文, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 74 (2) 352 -356 2013年02月 [査読無し][通常論文]
     
    2007年9月から2012年5月にBevacizumab(以下BV)併用化学療法を施行した進行・再発大腸癌228例中,消化管穿孔は6例(2.6%)に認めた.症状出現から診断までは6-244時間(中央値85)で,軽度な腹部症状で発症し,全例独歩来院であった.全例手術治療を行い,5例は軽快退院,1例は腹膜炎の軽快後原疾患増悪にて21日目に死亡した.2例で創傷治癒遅延を認めたが,重篤な合併症は認めなかった.穿孔原因は憩室,多発潰瘍,播種細胞破綻等であった.原発巣の穿孔症例はなかった.今回の検討では,BV関連消化管穿孔は発症時の症状は軽微,かつ全身状態は比較的良好で,診断に至るまで長時間を要していた.全例手術を行い良好な結果が得られた.担癌,化学療法中であるが手術リスクが極めて高いとは言えず,外科的治療を迅速に行うべきと考えられた.(著者抄録)
  • 熊野 秀俊, 堀江 久永, 清水 徹一郎 臨床外科 = Journal of clinical surgery 68 (1) 83 -88 2013年01月
  • 目黒由行, 熊野秀俊, 俵藤正信, 堀江久永, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 73 (12) 3336 2012年12月 [査読無し][通常論文]
  • 清水徹一郎, 窓岩清治, 大森司, 三室淳, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 73 589 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 太田学, 鯉沼広治, 宮倉安幸, 清水徹一郎, 森本光昭, 森嶋計, 堀江久永, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 73 1031 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 清水敦, 菱川修司, 菱川修司, 佐久間康成, 俵藤正信, 堀江久永, 細谷好則, 穂積康夫, LEFOR Alan, LEFOR Alan, 佐田尚宏, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 73 347 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • M. Nagase, K. Yanai, Y. Ishida, H. Kumano, K. Koinuma, Y. Miyakura, H. Horie, Y. Yasuda, H. Fujii ANNALS OF ONCOLOGY 23 131 -131 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Yasuyuki Miyakura, Masanobu Hyodo, Michitaka Nagase, Hirofumi Fujii, Alan Lefor, Yoshikazu Yasuda GASTROENTEROLOGY 142 (5) S706 -S706 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮倉 安幸, 長瀬 通隆, 藤井 博文, 田原 真紀子, 井上 賢之, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和 日本外科学会雑誌 113 (2) 355 -355 2012年03月
  • 熊野秀俊, 堀江久永, 井上賢之, 田原真紀子, 鯉沼広治, 宮倉安幸, 佐田尚宏, 安田是和 外科治療 105 (4) 391 -396 2011年10月 [査読無し][通常論文]
  • 横田真一郎, 小泉大, 富樫一智, LEFOR Alan T, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏, 安田是和 日本外科学会雑誌 112 443 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • Daiki Nemoto, Kazuiomo Togashi, Shinichiro Yokora, Hisanaga Horie, Alan Lefor, Hironori Yamamoto, Yoshikazu Yasuda GASTROENTEROLOGY 140 (5) S348 -S348 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • Y. Kono, K. Togashi, Y. Miyakura, H. Kumano, K. Koinuma, H. Horie, A. Lefor, Y. Yasuda DISEASES OF THE COLON & RECTUM 54 (5) E143 -E144 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 阿藤一志, 佐久間康成, 熊野秀俊, 宮倉安幸, 堀江久永, 佐田尚宏, 安田是和, 中田学 日本腹部救急医学会雑誌 31 (2) 411 2011年02月 [査読無し][通常論文]
  • 佐久間康成, 堀江久永, 宮倉安幸, 鯉沼広冶, 熊野秀俊, 佐田尚宏, 安田是和 日本腹部救急医学会雑誌 31 (2) 274 2011年02月 [査読無し][通常論文]
  • 森美鈴, 兼田裕司, 小泉大, 堀江久永, 俵藤正信, 岡田真樹, 佐田尚宏, 安田是和 日本腹部救急医学会雑誌 31 (2) 351 2011年02月 [査読無し][通常論文]
  • 森本光昭, 俵藤正信, 細谷好則, 堀江久永, 熊野秀俊, 井上賢之, 宮倉安幸, 佐田尚宏, 安田是和 日本腹部救急医学会雑誌 31 (2) 401 2011年02月 [査読無し][通常論文]
  • K. Togashi, Y. Ajioka, K. Koinuma, A. T. Lefor, Y. Miyakura, H. Horie, Y. Yasuda ENDOSCOPY 43 E38 -E39 2011年01月 [査読無し][通常論文]
  • 俵藤正信, 長瀬通隆, 堀江久永, 笹沼英紀, 藤原岳人, 佐久間康成, 太田真, 清水敦, 熊野秀俊, 宮倉安幸, 佐田尚宏, 藤井博文, 安田是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 23rd 229 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 阿藤一志, 佐久間康成, 熊野秀俊, 宮倉安幸, 堀江久永, 佐田尚宏, 安田是和, 仲澤聖則 日本臨床外科学会雑誌 71 627 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 森美鈴, 小泉大, 兼田裕司, 熊野秀俊, 宮倉安幸, 堀江久永, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 71 583 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • K. Togashi, K. Sunada, N. Nishimura, T. Miyata, H. Kumano, Y. Miyakura, H. Horie, Y. Yasuda, H. Yamamoto JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY 25 A61 -A61 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 佐田尚宏, 熊野秀俊, LEFOR Alan, 宮倉安幸, 堀江久永, 俵藤正信, 細谷好則, 安田是和 小切開・鏡視外科学会雑誌 1 (1) 89 2010年09月 [査読無し][通常論文]
  • 細谷好則, 堀江久永, 春田英律, 倉科憲太郎, 宮倉安幸, 宇井宗, 熊野秀俊, 佐田尚宏, 安田是和 小切開・鏡視外科学会雑誌 1 (1) 69 2010年09月 [査読無し][通常論文]
  • 勝部乙大, 鯉沼広治, 宮倉安幸, 堀江久永, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 71 (5) 1200 -1205 2010年05月 [査読無し][通常論文]
  • Flexible spectral-Image Color Enhancement(FICE)による存在診断、通常内視鏡との比較試験
    冨樫 一智, 砂田 圭次郎, 宮田 知彦, 林 芳和, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 山本 博徳 日本大腸検査学会雑誌 27 (1) 8 -12 2010年05月 [査読無し][通常論文]
     
    目的:大腸ポリープの存在診断におけるFICEの有用性について検討する。方法:左側結腸癌・直腸癌術後の初回surveillance内視鏡検査を行った28名を対象とした。大腸の全領域を異なる方法(FICEまたは通常)で二回の観察を行い、最初の観察では切除しないで記録した。2回目の観察では発見されたすべてのポリープを切除した。最初に通常観察を行うFICE先行群(n=14)と、その逆の順で観察した通常先行群(n=14)とに分け、各群において、1回目と2回目に発見されたポリープ数(中央値)をWilcoxon検定により比較した。結果:通常先行群では、1回目で1.0個のポリープが発見され、2回目で1.5個のポリープが発見された(p=0.0088)。FICE先行群群では、1回目と2回目で差が見られなかった(p=0.083)。結語:大腸ポリープの存在診断においてFICE観察は有用と考えられた。(著者抄録)
  • Kazutomo Togashi, Hisanaga Horie, Alan T. Lefor American Journal of Surgical Pathology 34 (4) 595 -596 2010年04月 [査読無し][通常論文]
  • Kazutomo Togashi, Keijiro Sunada, Nishimura Naoyuki, Tomohiko Miyata, Yasuyuki Miyakura, Hisanaga Horie, Hironori Yamamoto GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 71 (5) AB143 -AB143 2010年04月 [査読無し][通常論文]
  • Kazutomo Togashi, Hisanaga Horie, Kenichi Utano, Shigeki Kijima, Hidetoshi Kumano, Yasuyuki Miyakura, Alan Lefor, Yoshikazu Yasuda GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 71 (5) AB337 -AB337 2010年04月 [査読無し][通常論文]
  • Kazutomo Togashi, Hisanaga Horie, Alan T. Lefor AMERICAN JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY 34 (4) 595 -596 2010年04月 [査読無し][通常論文]
  • 阿藤一志, 宇井崇, 佐久間康成, 堀江久永, 宮倉安幸, 熊野秀俊, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 70 744 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • K. Togashi, H. Horie, K. Utano, Y. Sato, S. Kijima, A. T. Lefor, Y. Miyakura, Y. Yasuda JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY 24 A248 -A248 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 佐久間康成, 田中宏幸, 宮倉安幸, 鯉沼広治, 堀江久永, 俵藤正信, 佐田尚宏, 安田是和 日本消化器外科学会雑誌 42 (7) 1317 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • Yoshihiko Kono, Kazutomo Togashi, Hidetoshi Kumano, Koji Koinuma, Yasuyuki Miyakura, Hisanaga Horie, Alan Lefor, Yoshikazu Yasuda GASTROENTEROLOGY 136 (5) A645 -A646 2009年05月 [査読無し][通常論文]
  • Shinichiro Yokota, Kazutomo Togashi, Hidetoshi Kumano, Koji Koinuma, Yasuyuki Miyakura, Hisanaga Horie, Tomohiko Miyata, Alan Lefor, Yoshikazu Yasuda GASTROENTEROLOGY 136 (5) A321 -A321 2009年05月 [査読無し][通常論文]
  • Yoshiyuki Inoue, Kazutomo Togashi, Koji Koinuma, Hidetoshi Kumano, Tomohiko Miyata, Yasuyuki Miyakura, Hisanaga Horie, Alan Lefor, Hironori Yamamoto, Yoshikazu Yasuda GASTROENTEROLOGY 136 (5) A751 -A751 2009年05月 [査読無し][通常論文]
  • Kazutomo Togashi, Kunihiko Shimura, Toru Hamada, Yasuyuki Miyakura, Hisanaga Horie, Alan Lefor, Yoshikazu Yasuda, Hironori Yamamoto GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 69 (5) AB208 -AB208 2009年04月 [査読無し][通常論文]
  • 【大腸癌画像診断の最先端】 大腸癌の存在診断 Flexible spectral Imaging Color Enhancement(FICE)による存在診断
    冨樫 一智, 志村 国彦, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 大澤 博之, 山本 博徳 Intestine 13 (2) 162 -166 2009年03月 [査読無し][通常論文]
     
    FICEには,遠景像が明るい,微小血管の視認性が向上する,FICE画像と通常画像が瞬時に切り替わる,色素散布を必要としない,という四つの特長がある.この四つの特長は病変の存在診断において有利に働くと推察される.存在診断において有用であった,LST-NG,sessile serrated polyp,肛門部腫瘍を提示した.FICEの有用性を実証するために,現在,筆者らが取り組んでいる通常内視鏡との比較試験について紹介した.(著者抄録)
  • 清水敦, 俵藤正信, 佐久間康成, 笹沼英紀, 仁平芳人, 森嶋計, 山下圭輔, 小泉大, 笠原尚哉, 鯉沼広治, 宮倉安幸, 堀江久永, 長瀬通隆, 藤井博文, 佐田尚宏, 安田是和 日本外科学会雑誌 110 87 2009年02月 [査読無し][通常論文]
  • 杉田浩, 砂田圭二郎, 宮倉安幸, 堀江久永, 野口地塩, 竹澤敬人, 西村直之, 新畑博英, 三浦義正, 佐藤博之, 矢野智則, 宮田知彦, 山本博徳, 菅野健太郎 Prog Dig Endosc 76 (1) 123 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 田中宏幸, 宮倉安幸, 佐久間康成, 鯉沼広治, 堀江久永, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 69 700 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 芝順太郎, 宮倉安幸, 清水敬一郎, 山下裕美子, 堀江久永, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 69 723 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 清水徹一郎, 堀江久永, 鯉沼広治, 宮倉安幸, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 69 563 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • K. Togashi, D. G. Hewett, K. Koinuma, K. J. Spring, H. Horie, Y. Yasuda, J. R. Jass, B. A. Leggett, M. N. Appleyard JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY 23 A207 -A207 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • K. Togashi, H. Osawa, K. Koinuma, Y. Hayashi, T. Miyata, K. Sunada, M. Nokubi, H. Horie, H. Yamamoto JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY 23 A207 -A207 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 細谷好則, 瑞木亨, 俵藤正信, 山本徳博, 冨樫一智, 遠藤和洋, 堀江久永, 仁平芳人, 佐田尚宏, 永井秀雄, 安田是和 栃木県医学会々誌 38 93 -98 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 吉澤 浩次, 冨樫 一智, 堀江 久永, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 50 (6) 1461 -1465 2008年06月
  • H. Horie, K. Togashi, K. Utano, K. Endo, K. Koinuma, Y. Miyakura, A. Lefor, Y. Yasuda DISEASES OF THE COLON & RECTUM 51 (5) 739 -740 2008年05月 [査読無し][通常論文]
  • 冨樫 一智, 山本 博徳, 大澤 博之, 林 芳和, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 北條 宣幸, 志村 国彦, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 健太郎 胃と腸 43 (6) 901 -909 2008年05月 [査読無し][通常論文]
     
    最近開発されたFICEは,画像処理により通常白色光から分光画像を生成し,選択した3つの分光画像をRGB信号に割り当てることにより,血管像やpit patternを強調する.大腸内視鏡検査では,(1)遠景像が明るく,(2)微小血管の視認性が向上し,(3)FICE画像へ瞬時に切り替わる,という特徴があり,表面型腫瘍やLST-NGの存在診断での有用性が期待される.腫瘍と非腫瘍の鑑別は,病変表層の微小血管模様に注目することにより可能である.SM高度浸潤癌の診断には,NBIの血管診断学が応用可能であろう.選択する分光画像の自由度は広いので,臓器や目的に応じてcustomizeすることにより,今後さらに発展する可能性がある.(著者抄録)
  • Kazutomo Togashi, Koji Koinuma, David G. Hewett, Kevin Spring, Hisanaga Horie, Yoshikazu Yasuda, Mark N. Appleyard, Jeremy Jass, Barbara A. Leggett GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 67 (5) AB308 -AB308 2008年04月 [査読無し][通常論文]
  • Akifumi Suzuki, Kazutomo Togashi, Mitsuhiro Nokubi, Yasuyuki Miyakura, Hisanaga Horie, Yoshikazu Yasuda GASTROENTEROLOGY 134 (4) A303 -A303 2008年04月 [査読無し][通常論文]
  • 特殊光を用いた大腸内視鏡検査の臨床的意義 FICEを用いた大腸ポリープの鑑別
    冨樫 一智, 宮田 知彦, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 山本 博徳 Progress of Digestive Endoscopy 72 (1) 56 -56 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • Kazutomo Togashi, Y. Hayashi, T. Miyata, K. Sunada, K. Koinuma, Y. Miyakura, H. Horie, H. Yamamoto JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY 22 A254 -A254 2007年10月 [査読無し][通常論文]
  • Michiko Iwamoto, Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Kentaro Sugano, Hisanaga Horie, Hideo Nagai, Nobuyuki Kanai GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 66 (1) 184 -185 2007年07月 [査読無し][通常論文]
  • K. Togashi, K. Shimura, F. Konishi, Y. Miyakura, K. Koinuma, H. Horie, H. Nagai DISEASES OF THE COLON & RECTUM 50 (5) 727 -728 2007年05月 [査読無し][通常論文]
  • Kazutomo Togashi, Yoshikazu Hayashi, Tomohiko Miyata, Yasuyuki Miyakura, Keijiro Sunada, Hisanaga Horie, Hironori Yamamoto GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 65 (5) AB335 -AB335 2007年04月 [査読無し][通常論文]
  • Shin Saito, Kazutomo Togashi, Yoshinori Hosoya, Kentaro Kurashina, Hidinori Haruta, Masanobu Hyodo, Hisanaga Horie, Yoshikazu Yasuda, Hideo Nagai GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 65 (5) AB267 -AB267 2007年04月 [査読無し][通常論文]
  • Akifumi Suzuki, Kazutomo Togashi, Mitsuhiro Nokubi, Yasuyuki Miyakura, Hisanaga Horie, Hideo Nagai GASTROENTEROLOGY 132 (4) A620 -A620 2007年04月 [査読無し][通常論文]
  • 新波長設定を用いた画像処理システム(FICE)による大腸腫瘍の診断
    冨樫 一智, 林 芳和, 宮田 知彦, 宮倉 安幸, 砂田 圭二郎, 堀江 久永, 山本 博徳 Gastroenterological Endoscopy 49 (Suppl.1) 846 -846 2007年04月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡的整復後待機手術を施行したS状結腸腺腫内癌に起因した腸重積の1例
    尾本 美代子, 宮倉 安幸, 春田 英律, 冨樫 一智, 堀江 久永, 永井 秀雄, 林 芳和 Gastroenterological Endoscopy 49 (Suppl.1) 909 -909 2007年04月 [査読無し][通常論文]
  • 稀なポリポージス及びそれに合併した大腸癌 我々が経験した非典型的な大腸ポリポーシス3症例の検討
    林 芳和, 山本 博徳, 竹澤 敬人, 冨樫 一智, 堀江 久永, 岡田 真樹, 小西 文雄 日本大腸肛門病学会雑誌 59 (9) 517 -517 2006年09月 [査読無し][通常論文]
  • 堀江久永, 佐田尚宏, 安田是和, 永井秀雄 Ther Res 27 (6) 1026 -1027 2006年06月 [査読無し][通常論文]
  • 堀江久永, 佐田尚宏, 安田是和, 永井秀雄 日本臨床外科学会雑誌 66 227 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 佐田尚宏, 堀江久永, 関道子, 古内三基子, 永井秀雄 日本臨床外科学会雑誌 66 331 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 堀江久永, 佐田尚宏, 安田是和, 永井秀雄 Ther Res 26 (6) 1205 -1206 2005年06月 [査読無し][通常論文]
  • クローン病発症後14年経過した後に盲腸癌を発症した1例
    阿治部 弘成, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 岩本 美智子, 佐藤 博之, 林 芳和, 井戸 健一, 菅野 健太郎, 伊澤 祥光, 小島 正幸, 堀江 久永, 岡田 真樹 日本消化器病学会雑誌 102 (臨増総会) A354 -A354 2005年03月 [査読無し][通常論文]
  • 手術術式選択に苦慮した進行直腸癌に合併した後腹膜脂肪肉腫の1例.
    伊澤 祥光, 堀江 久永, 岡田 真樹, 瑞木 亨, 安田 是和, 永井 秀雄 自治医科大学医学部紀要(1348-8198)28巻 Page77-82(2005.12) 2005年 [査読有り][通常論文]
  • 佐田尚宏, 黒崎道子, 古内三基子, 鈴木典子, 堀江久永, 永井秀雄 日本臨床外科学会雑誌 65 257 2004年09月 [査読無し][通常論文]
  • 岡田真樹, 堀江久永, 栗原克己, 細谷好則, 佐田尚宏, 安田是和, 永井秀雄 医学教育 35 (Suppl.) 58 2004年07月 [査読無し][通常論文]
  • 岡田真樹, 栗原克己, 細谷好則, 佐田尚宏, 堀江久永, 安田是和, 永井秀雄 日本臨床外科学会雑誌 64 568 2003年10月 [査読無し][通常論文]
  • 堀江久永, 佐田尚宏, 北条宣幸, 細谷好則, 栗原克己, 岡田真樹, 永井秀雄 日本消化器外科学会雑誌 36 (7) 960 2003年07月 [査読無し][通常論文]
  • K Togashi, F Konishi, T Ishitsuka, M Kojima, H Horie, T Sato, K Shito, M Okada, H Nagai, M Appleyard GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 57 (5) AB93 -AB93 2003年04月 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤政広, 堀江久永, 小泉大, 石橋敏光, 佐田尚宏, 永井秀雄 日本臨床外科学会雑誌 63 (6) 1576 2002年06月 [査読無し][通常論文]
  • K Togashi, H Horie, K Koinuma, M Okada, H Nagai, H Kawamura, F Konishi GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 55 (5) AB214 -AB214 2002年04月 [査読無し][通常論文]
  • 斎藤心, 荒井渉, 俵藤正信, 佐田尚宏, 堀江久永, 永井秀雄, 桜井信司, 森永正二朗, 斎藤建 日本臨床外科学会雑誌 62 (12) 3099 2001年12月 [査読無し][通常論文]
  • 単一腸内細菌マウスにおける大腸発癌:L.acidophilusの発癌抑制メカニズム
    堀江 久永, 小林 英司, 藤村 昭夫, 安保 徹, 金澤 暁太郎 日本癌学会総会記事 57回 319 -319 1998年08月 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 大腸癌の診断と治療


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.