詳細検索はこちら

阿部 朋行 アベ トモユキ

所属部署名再生医学研究部
職名講師ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/20610364.ja.html

プロフィール

研究キーワード

    移植・再生医療, トランスレーショナルリサーチ, 応用動物, 再生医学, 幹細胞

研究分野

  • 内科系臨床医学 / 血液内科学

経歴

  • 2017年10月
    -
    現在
    自治医科大学 分子病態治療研究センター 再生医学研究部(講師)
  • 2013年01月
    -
    2017年09月
    自治医科大学 分子病態治療研究センター 再生医学研究部(助教)
  • 2011年04月
    -
    2012年12月
    自治医科大学 医学部(ポストドクター)

学歴

  • 2008年04月
    -
    2011年03月
    東京農工大学大学院 連合農学研究科 生物生産科学専攻 博士過程
  • 2006年04月
    -
    2008年03月
    都宮大学大学院 農学研究科 生物生産科学専攻 修士課程
  • 2002年04月
    -
    2006年03月
    宇都宮大学 農学部 生物生産科学科

学位

  • 農学博士

研究活動

論文

  • Production and rearing of germ-free X-SCID pigs.
    Hara H, Shibata H, Nakano K, Abe T, Uosaki H, Ohnuki T, Hishikawa S, Kunita S, Watanabe M, Nureki O, Nagashima H, Hanazono Y
    Experimental animals 67(2) 139-146 2018年05月
  • Histochemical properties of bovine and ovine mammary glands during fetal development.
    Hara A, Abe T, Hirao A, Sanbe K, Ayakawa H, Sarantonglaga B, Yamaguchi M, Sato A, Khurchabilig A, Ogata K, Fukumori R, Sugita S, Nagao Y
    The Journal of veterinary medical science 80(2) 263-271 2018年02月
  • Lysine-specific demethylase 1 inhibitors prevent teratoma development from human induced pluripotent stem cells.
    Osada N, Kikuchi J, Umehara T, Sato S, Urabe M, Abe T, Hayashi N, Sugitani M, Hanazono Y, Furukawa Y
    Oncotarget 9(5) 6450-6462 2018年01月
  • CD34-negative hematopoietic stem cells show distinct expression profiles of homing molecules that limit engraftment in mice and sheep.
    Abe T, Matsuoka Y, Nagao Y, Sonoda Y, Hanazono Y
    International journal of hematology 106(5) 631-637 2017年11月
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    Abe T, Kono S, Ohnuki T, Hishikawa S, Kunita S, Hanazono Y
    Experimental Animals 2016年10月
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    ABE Tomoyuki;KONO Shota;OHNUKI Takahiro;HISHIKAWA Shuji;KUNITA Satoshi;HANAZONO Yutaka
    Experimental Animals 0(0) 2016年
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    ABE Tomoyuki;KONO Shota;OHNUKI Takahiro;HISHIKAWA Shuji;KUNITA Satoshi;HANAZONO Yutaka
    Experimental Animals 0(0) 2016年
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    ABE Tomoyuki;KONO Shota;OHNUKI Takahiro;HISHIKAWA Shuji;KUNITA Satoshi;HANAZONO Yutaka
    Experimental Animals 0(0) 2016年
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    ABE Tomoyuki;KONO Shota;OHNUKI Takahiro;HISHIKAWA Shuji;KUNITA Satoshi;HANAZONO Yutaka
    Experimental Animals 0(0) 2016年
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    ABE Tomoyuki;KONO Shota;OHNUKI Takahiro;HISHIKAWA Shuji;KUNITA Satoshi;HANAZONO Yutaka
    Experimental Animals 0(0) 2016年
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Production and rearing of germ-free X-SCID pigs.
    Hara H, Shibata H, Nakano K, Abe T, Uosaki H, Ohnuki T, Hishikawa S, Kunita S, Watanabe M, Nureki O, Nagashima H, Hanazono Y
    Experimental animals 67(2) 139-146 2018年05月
  • Histochemical properties of bovine and ovine mammary glands during fetal development.
    Hara A, Abe T, Hirao A, Sanbe K, Ayakawa H, Sarantonglaga B, Yamaguchi M, Sato A, Khurchabilig A, Ogata K, Fukumori R, Sugita S, Nagao Y
    The Journal of veterinary medical science 80(2) 263-271 2018年02月
  • Lysine-specific demethylase 1 inhibitors prevent teratoma development from human induced pluripotent stem cells.
    Osada N, Kikuchi J, Umehara T, Sato S, Urabe M, Abe T, Hayashi N, Sugitani M, Hanazono Y, Furukawa Y
    Oncotarget 9(5) 6450-6462 2018年01月
  • CD34-negative hematopoietic stem cells show distinct expression profiles of homing molecules that limit engraftment in mice and sheep.
    Abe T, Matsuoka Y, Nagao Y, Sonoda Y, Hanazono Y
    International journal of hematology 106(5) 631-637 2017年11月
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    Abe T, Kono S, Ohnuki T, Hishikawa S, Kunita S, Hanazono Y
    Experimental Animals 2016年10月
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    ABE Tomoyuki;KONO Shota;OHNUKI Takahiro;HISHIKAWA Shuji;KUNITA Satoshi;HANAZONO Yutaka
    Experimental Animals 0(0) 2016年
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    ABE Tomoyuki;KONO Shota;OHNUKI Takahiro;HISHIKAWA Shuji;KUNITA Satoshi;HANAZONO Yutaka
    Experimental Animals 0(0) 2016年
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    ABE Tomoyuki;KONO Shota;OHNUKI Takahiro;HISHIKAWA Shuji;KUNITA Satoshi;HANAZONO Yutaka
    Experimental Animals 0(0) 2016年
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    ABE Tomoyuki;KONO Shota;OHNUKI Takahiro;HISHIKAWA Shuji;KUNITA Satoshi;HANAZONO Yutaka
    Experimental Animals 0(0) 2016年
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    ABE Tomoyuki;KONO Shota;OHNUKI Takahiro;HISHIKAWA Shuji;KUNITA Satoshi;HANAZONO Yutaka
    Experimental Animals 0(0) 2016年
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    ABE Tomoyuki;KONO Shota;OHNUKI Takahiro;HISHIKAWA Shuji;KUNITA Satoshi;HANAZONO Yutaka
    Experimental Animals 0(0) 2016年
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    ABE Tomoyuki;KONO Shota;OHNUKI Takahiro;HISHIKAWA Shuji;KUNITA Satoshi;HANAZONO Yutaka
    Experimental Animals 0(0) 2016年
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    ABE Tomoyuki;KONO Shota;OHNUKI Takahiro;HISHIKAWA Shuji;KUNITA Satoshi;HANAZONO Yutaka
    Experimental Animals 0(0) 2016年
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    ABE Tomoyuki;KONO Shota;OHNUKI Takahiro;HISHIKAWA Shuji;KUNITA Satoshi;HANAZONO Yutaka
    Experimental Animals 0(0) 2016年
  • A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan
    ABE Tomoyuki;KONO Shota;OHNUKI Takahiro;HISHIKAWA Shuji;KUNITA Satoshi;HANAZONO Yutaka
    Experimental Animals 0(0) 2016年
  • A Long-term follow-up study on the engraftment of human hematopoietic stem cells in sheep.
    Abe T, Hanazono Y, Nagao Y
    Experimental animals 63(4) 475-481 2014年10月
  • MHC-matched induced pluripotent stem cells can attenuate cellular and humoral immune responses but are still susceptible to innate immunity in pigs.
    Mizukami Y, Abe T, Shibata H, Makimura Y, Fujishiro SH, Yanase K, Hishikawa S, Kobayashi E, Hanazono Y
    PloS one 9(6) e98319 2014年
  • Generation of naive-like porcine-induced pluripotent stem cells capable of contributing to embryonic and fetal development.
    Fujishiro SH, Nakano K, Mizukami Y, Azami T, Arai Y, Matsunari H, Ishino R, Nishimura T, Watanabe M, Abe T, Furukawa Y, Umeyama K, Yamanaka S, Ema M, Nagashima H, Hanazono Y
    Stem cells and development 22 473-482 2013年02月
  • Maternal administration of busulfan before in utero transplantation of human hematopoietic stem cells enhances engraftments in sheep.
    Abe T, Masuda S, Tanaka Y, Nitta S, Kitano Y, Hayashi S, Hanazono Y, Nagao Y
    Experimental hematology 40 436-444 2012年06月
  • Migration of cells from the yolk sac to hematopoietic tissues after in utero transplantation of early and mid gestation canine fetuses.
    Masuda S, Hayashi S, Ageyama N, Shibata H, Abe T, Nagao Y, Hanazono Y
    Transplantation 92 e5-6; author reply e6 2011年07月
  • Ex vivo expansion of human HSCs with Sendai virus vector expressing HoxB4 assessed by sheep in utero transplantation.
    Abe T, Masuda S, Ban H, Hayashi S, Ueda Y, Inoue M, Hasegawa M, Nagao Y, Hanazono Y
    Experimental hematology 39 47-54 2011年01月
  • Intravascular route is not superior to an intraperitoneal route for in utero transplantation of human hematopoietic stem cells and engraftment in sheep.
    Tanaka Y, Masuda S, Abe T, Hayashi S, Kitano Y, Nagao Y, Hanazono Y
    Transplantation 90 462-463 2010年08月
  • Improved efficacy and safety of in utero cell transplantation in sheep using an ultrasound-guided method.
    Nagao Y, Abe T, Hasegawa H, Tanaka Y, Sasaki K, Kitano Y, Hayashi S, Hanazono Y
    Cloning and stem cells 11 281-285 2009年06月
  • Sustained macroscopic engraftment of cynomolgus embryonic stem cells in xenogeneic large animals after in utero transplantation.
    Tanaka Y, Nakamura S, Shibata H, Kishi Y, Ikeda T, Masuda S, Sasaki K, Abe T, Hayashi S, Kitano Y, Nagao Y, Hanazono Y
    Stem cells and development 17 367-381 2008年04月

MISC

  • 子宮内移植法によるヒト/ヒツジ造血キメラの作出
    阿部朋行, 長尾慶和, 花園豊
    Journal of Reproduction and Development 64(Suppl Japanese Issue) j46 2018年09月
  • ヒト糞便移植後のブタとヒトの腸内細菌叢の比較
    原弘真, 永山学, 永山学, 永山学, 須田亙, 柴田宏昭, 柴田宏昭, 大貫貴広, 菱川修司, 國田智, 阿部朋行, 阿部朋行, 魚崎英毅, 魚崎英毅, 新幸二, 本田賢也, 本田賢也, 花園豊, 花園豊
    日本実験動物学会総会講演要旨集 65th 157 2018年04月
  • 無菌X-SCIDブタの作出および飼育(Production and rearing of germ-free X-SCID pigs)
    原 弘真, 柴田 宏昭, 中野 和明, 阿部 朋行, 魚崎 英毅, 大貫 貴広, 菱川 修司, 國田 智, 渡邊 將人, 濡木 理, 長嶋 比呂志, 花園 豊
    Experimental Animals 67(2) 139-146 2018年04月
  • 異種移植系における同一ドナー由来リンパ球の影響
    阿部朋行, 阿部朋行, 柴田宏昭, 原弘真, 魚崎英毅, 魚崎英毅, 大貫貴広, 竹内絢香, 原明日香, SARENTONGLAGA Borjigin, 長尾慶和, 花園豊, 花園豊, 花園豊
    日本異種移植研究会プログラム・抄録集 20th 41 2018年
  • ヒトiPS細胞由来造血細胞のヒツジ体内での長期生着
    阿部朋行, 阿部朋行, 柴田宏昭, 魚崎英毅, 原弘真, 大貫貴広, スブド ビャンバー, ナーウィン ジャントラー, ボラジギン サラントラガ, 福森理加, 長尾慶和, 花園豊, 花園豊, 花園豊
    日本実験動物学会総会講演要旨集 64th 270 2017年04月
  • ブタの無菌的娩出・飼育技術の確立とSCIDブタ飼育の試み
    原弘真, 柴田宏昭, 中野和明, 阿部朋行, 阿部朋行, 魚崎英毅, 大貫貴広, スブド ビャンバー, ナーウィン ジャントラー, 菱川修司, 國田智, 長嶋比呂志, 濡木理, 花園豊, 花園豊
    日本実験動物学会総会講演要旨集 64th 171 2017年04月
  • 微小環境を用いた再樹立法による多能性幹細胞の高品質化
    長尾恭光, 冨永薫, 坂下英司, 阿部朋行, 秋本千鶴, 花園豊, 遠藤仁司
    日本生化学会大会(Web) 90th ROMBUNNO.3P‐0857 (WEB ONLY)-0857] 2017年12月
  • ヒツジ胎仔肝臓内を介したヒトiPS細胞の造血分化誘導
    阿部朋行, 阿部朋行, 柴田宏昭, 魚崎英毅, 原弘真, 大貫貴広, SARENTONGLAGA Borjigin, 福森理加, 長尾慶和, 花園豊, 花園豊, 花園豊
    日本異種移植研究会プログラム・抄録集 19th 31 2017年
  • ブスルファンによる血小板減少モデルブタの作出
    河野正太, 菱川修司, 阿部朋行, 長田直希, 國田智, 花園豊
    日本獣医学会学術集会講演要旨集 158th 441-441 2015年08月
  • ブスルファンによる出血時間延長を伴う急性血小板減少のブタモデル(A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan)
    阿部 朋行, 河野 正太, 大貫 貴広, 菱川 修司, 國田 智, 花園 豊
    Experimental Animals 65(4) 345-351 2016年10月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 子宮内移植法によるヒト/ヒツジ造血キメラの作出
    阿部朋行, 長尾慶和, 花園豊
    Journal of Reproduction and Development 64(Suppl Japanese Issue) j46 2018年09月
  • ヒト糞便移植後のブタとヒトの腸内細菌叢の比較
    原弘真, 永山学, 永山学, 永山学, 須田亙, 柴田宏昭, 柴田宏昭, 大貫貴広, 菱川修司, 國田智, 阿部朋行, 阿部朋行, 魚崎英毅, 魚崎英毅, 新幸二, 本田賢也, 本田賢也, 花園豊, 花園豊
    日本実験動物学会総会講演要旨集 65th 157 2018年04月
  • 無菌X-SCIDブタの作出および飼育(Production and rearing of germ-free X-SCID pigs)
    原 弘真, 柴田 宏昭, 中野 和明, 阿部 朋行, 魚崎 英毅, 大貫 貴広, 菱川 修司, 國田 智, 渡邊 將人, 濡木 理, 長嶋 比呂志, 花園 豊
    Experimental Animals 67(2) 139-146 2018年04月
  • 異種移植系における同一ドナー由来リンパ球の影響
    阿部朋行, 阿部朋行, 柴田宏昭, 原弘真, 魚崎英毅, 魚崎英毅, 大貫貴広, 竹内絢香, 原明日香, SARENTONGLAGA Borjigin, 長尾慶和, 花園豊, 花園豊, 花園豊
    日本異種移植研究会プログラム・抄録集 20th 41 2018年
  • ヒトiPS細胞由来造血細胞のヒツジ体内での長期生着
    阿部朋行, 阿部朋行, 柴田宏昭, 魚崎英毅, 原弘真, 大貫貴広, スブド ビャンバー, ナーウィン ジャントラー, ボラジギン サラントラガ, 福森理加, 長尾慶和, 花園豊, 花園豊, 花園豊
    日本実験動物学会総会講演要旨集 64th 270 2017年04月
  • ブタの無菌的娩出・飼育技術の確立とSCIDブタ飼育の試み
    原弘真, 柴田宏昭, 中野和明, 阿部朋行, 阿部朋行, 魚崎英毅, 大貫貴広, スブド ビャンバー, ナーウィン ジャントラー, 菱川修司, 國田智, 長嶋比呂志, 濡木理, 花園豊, 花園豊
    日本実験動物学会総会講演要旨集 64th 171 2017年04月
  • 微小環境を用いた再樹立法による多能性幹細胞の高品質化
    長尾恭光, 冨永薫, 坂下英司, 阿部朋行, 秋本千鶴, 花園豊, 遠藤仁司
    日本生化学会大会(Web) 90th ROMBUNNO.3P‐0857 (WEB ONLY)-0857] 2017年12月
  • ヒツジ胎仔肝臓内を介したヒトiPS細胞の造血分化誘導
    阿部朋行, 阿部朋行, 柴田宏昭, 魚崎英毅, 原弘真, 大貫貴広, SARENTONGLAGA Borjigin, 福森理加, 長尾慶和, 花園豊, 花園豊, 花園豊
    日本異種移植研究会プログラム・抄録集 19th 31 2017年
  • ブスルファンによる血小板減少モデルブタの作出
    河野正太, 菱川修司, 阿部朋行, 長田直希, 國田智, 花園豊
    日本獣医学会学術集会講演要旨集 158th 441-441 2015年08月
  • ブスルファンによる出血時間延長を伴う急性血小板減少のブタモデル(A swine model of acute thrombocytopenia with prolonged bleeding time produced by busulfan)
    阿部 朋行, 河野 正太, 大貫 貴広, 菱川 修司, 國田 智, 花園 豊
    Experimental Animals 65(4) 345-351 2016年10月
  • ウシおよびヒツジ胎子期における乳腺組織の構築過程
    原明日香, 阿部朋行, 三瓶和大, サラン トラガ, 緒方和子, 山口美緒, 福森理加, 長尾慶和
    日本畜産学会大会講演要旨 119th 185-185 2015年03月
  • ブタに輸注したヒト血小板の体内動態
    河野正太, 阿部朋行, 大貫貴広, 花園豊
    日本異種移植研究会プログラム・抄録集 18th 26 2016年
  • ヒツジ胎仔造血環境を利用したヒトiPS細胞の造血系分化誘導とその促進技術の開発
    阿部 朋行
    自治医科大学紀要 37 50-50 2015年03月
  • ヒツジ子宮内移植系によるヒト造血幹細胞の長期生着の評価(A Long-term Follow-up Study on the Engraftment of Human Hematopoietic Stem Cells in Sheep)
    阿部 朋行, 花園 豊, 長尾 慶和
    Experimental Animals 63(4) 475-481 2014年10月
  • A long-term follow-up study on the engraftment of human hematopoietic stem cells in sheep
    Tomoyuki Abe, Tomoyuki Abe, Yutaka Hanazono, Yutaka Hanazono, Yoshikazu Nagao
    Experimental Animals 63 475-481 2014年01月
  • カニクイザル初期胚を用いたES細胞の特性に関する検討
    下澤 律浩, 藤城 修平, 水上 喜久, 阿部 朋行, 花園 豊
    Journal of Mammalian Ova Research 30(2) S94-S94 2013年04月
  • 妊娠期ヒツジにおける乳腺組織の構築過程
    原 明日香, 阿部 朋行, サラン・トラガ, 緒方 和子, 長尾 慶和
    日本畜産学会大会講演要旨集 116回 190-190 2013年03月
  • ヒツジ胎子内におけるサルES細胞の生着、造血系分化およびテラトーマ形成に及ぼす要因
    新田 卓, 阿部 朋行, 田中 裕次郎, 佐々木 京子, 増田 茂夫, ボラジギン・サラントラガ, 林 聡, 北野 良博, 花園 豊, 長尾 慶和
    The Journal of Reproduction and Development 58(Suppl.) j92-j92 2012年08月

特許

  • 造血系細胞の作製方法
    花園 豊, 阿部 朋行, 長尾 慶和
    JP20160757432016年08月26日

外部的資金

  • ヒツジ胎仔造血環境下でのヒトiPS細胞由来造血幹細胞の発生機序の解明とその応用
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2018年 - 2021年 代表者 : 阿部朋行
  • ヒツジ体内を介したヒトiPS細胞由来の機能的造血幹細胞の作製・増幅技術の開発
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2016年 - 2018年 代表者 : 阿部朋行
  • ヒツジ胎仔造血環境と免疫寛容を利用したヒトiPS細胞の造血系分化誘導技術の開発
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2013年 - 2014年 代表者 : 阿部 朋行
  • ヒツジ胎子微小環境下におけるヒトiPS細胞の造血系分化誘導に関する研究
    文部科学省:科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 阿部 朋行
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • ヒツジ胎仔造血環境下でのヒトiPS細胞由来造血幹細胞の発生機序の解明とその応用
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2018年 - 2021年 代表者 : 阿部朋行
  • ヒツジ体内を介したヒトiPS細胞由来の機能的造血幹細胞の作製・増幅技術の開発
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2016年 - 2018年 代表者 : 阿部朋行
  • ヒツジ胎仔造血環境と免疫寛容を利用したヒトiPS細胞の造血系分化誘導技術の開発
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2013年 - 2014年 代表者 : 阿部 朋行
  • ヒツジ胎子微小環境下におけるヒトiPS細胞の造血系分化誘導に関する研究
    文部科学省:科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 阿部 朋行


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.