研究者総覧

笹沼 英紀 (ササヌマ ヒデキ)

  • 患者サポートセンター入退院支援室 准教授
Last Updated :2021/12/07

研究者情報

学位

  • 大腸癌同時性肝転移の一期的手術に関する基礎的・臨床的研究(自治医科大学)

ホームページURL

J-Global ID

プロフィール

  • 日本外科学会専門医・指導医
    日本消化器外科学会専門医、指導医、消化器がん外科治療認定医
    日本肝胆膵外科学会高度技能専門医、評議員
    日本腹部救急学会認定医、評議員
    日本胆道学会認定指導医
    日本膵臓学会認定指導医
    日本超音波医学会専門医、指導医、代議員
    日本医師会 認定産業医

研究キーワード

  • 臓器硬度   膵臓外科   超音波医学   肝切除   

研究分野

  • ライフサイエンス / 医用システム
  • ライフサイエンス / 消化器外科学

経歴

  • 2017年08月 - 現在  自治医科大学消化器一般外科准教授
  • 2013年04月 - 2017年07月  自治医科大学消化器一般外科講師
  • 2008年04月 - 2013年03月  自治医科大学消化器一般外科助教

所属学協会

  • 日本消化器病学会   日本移植学会   

研究活動情報

論文

  • 【大腸癌の最近の動向と治療の展望】大腸癌血行性転移に対する治療方針
    鯉沼 広治, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    カレントテラピー 39 10 958 - 963 (株)ライフメディコム 2021年10月 
    大腸癌の血行性転移には、肝転移、肺転移、その他(脳、骨、副腎など)がある。肝転移と肺転移は、治癒切除により予後改善効果が報告されており、多発転移であっても他臓器に転移を認めない場合は、治癒切除可能かどうかを注意深く見極めることが重要である。また近年の化学療法の進歩により、初診時には切除不能な肝転移であっても、化学療法後の縮小により切除可能となる場合がある。切除後の予後ははじめから切除可能な肝転移のそれとほぼ同等とされ、このconversion therapyは多発肝転移を有する進行大腸癌に対する治療戦略のひとつとして確立されている。肺転移についても、一定の条件を満たす症例では切除により予後の改善が報告されており、近年の胸腔鏡手術の技術や器機の進歩により、両葉や多発病変の切除も可能となっている。ただし肺転移切除の治療成績については大規模研究の報告が少なく、ほとんどが後ろ向き研究であることから、今後の研究結果の集積が待たれる。(著者抄録)
  • 松宮 美沙希, 小泉 大, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会雑誌 54 8 538 - 547 (一社)日本消化器外科学会 2021年08月 
    症例は48歳の男性で,約1ヵ月前に左手外傷に対して鼠径部より採皮,植皮術を施行され,退院後より腹部違和感を自覚していた.腹部症状が増悪し意識障害も出現したため前医を受診し,造影CTで広範な門脈血栓症を認め,入院となった.翌日,下部消化管出血を認め,当院転院となった.転院時造影CTで上腸間膜静脈血栓症と診断された.小腸壊死は明らかでなく,抗凝固療法を開始し,約40日の経過で血栓はほぼ消失した.経口摂取開始後に嘔吐が出現したため,小腸造影および小腸3D-CTを撮影したところ上部空腸の器質的狭窄を認めた.転院後第59病日に小腸部分切除術を施行した.病理学的には血栓形成を伴う虚血性腸炎の診断であった.術後20日目に退院し,現在も再発は認めていない.本症例では,3D-CTが遅発性小腸狭窄の範囲の推定と切除範囲の決定に有用であった.(著者抄録)
  • Keiko Yamaoka, Shuichi Nagashima, Nobukazu Okada, Nagisa Sawayama, Shinsuke Saito, Manabu Takahashi, Kenta Okada, Kazuhiro Endo, Masaru Koizumi, Hideki Sasanuma, Ken Ebihara, Atsuko Kasajima, Noriyoshi Fukushima, Naohiro Sata, Shun Ishibashi
    Clinical case reports 9 5 e04118  2021年05月 
    Long-acting somatostatin analogs, including lanreotide slow release (LAN-SR) and octreotide long-acting release (OCT-LAR), can improve hypoglycemia in insulinoma. LAN-SR may be more beneficial in some patients with insulinoma than OCT-LAR.
  • 池田 恵理子, 牛尾 純, 安藤 梢, 谷川 雅彦, 坂口 美織, 三輪田 哲郎, 長井 洋樹, 多田 大和, 横山 健介, 菅野 敦, 森嶋 計, 笹沼 英紀, 玉田 喜一, 佐田 尚宏, 福嶋 敬宜
    胆と膵 42 5 393 - 400 医学図書出版(株) 2021年05月 
    胆膵領域に発生する腫瘍は、しばしば画像診断に難渋する。画像診断精度を向上させるためには、術前画像で異常所見を拾い上げる所見のための根拠を病理組織学的に検証していくことが重要である。当施設では、詳細な術前画像と病理像の対比のために、臨床医と病理医が協力して「検体造影検査」に加え「術後検体超音波検査」を行っている。とくに、「術後検体超音波検査」は、簡便で、病理像・画像対比に適した病理組織標本を作ることができ、画像所見へのフィードバックや診療科横断的なコミュニケーションツールとしても有意義な検査である。(著者抄録)
  • Kazuma Rifu, Hideki Sasanuma, Noriya Takayama, Naotaka Nitta, Yukiyo Ogata, Iwaki Akiyama, Nobuyuki Taniguchi
    Journal of medical ultrasonics (2001) 48 2 137 - 144 2021年04月 
    PURPOSE: We previously reported that acoustic radiation force impulse (ARFI) with concomitant administration of perfluorobutane as an ultrasound contrast agent (UCA)-induced arrhythmias at a mechanical index (MI) of 1.8 or 4.0 in a rabbit model. The present study identified the location of arrhythmias with a MI < 1.8 using a new system that can transmit ARFI with B-mode imaging. METHODS: Under general anesthesia, six male Japanese white rabbits were placed in a supine position. Using this system, we targeted ARFI to the exact site of the heart. ARFI exposure with MI 0.9-1.2 was performed to the right or left ventricle of the heart 2 min after UCA injection. RESULTS: ARFI with a MI lower than previously reported to rabbit heart evoked extrasystolic waves with single UCA infusion. Arrhythmias were not observed using ARFI without UCA. Extrasystolic waves were observed significantly more frequently in the right ventricle group than in the left ventricle group, with arrhythmias showing reversed shapes. No fatal arrhythmias were observed. CONCLUSION: ARFI applied to simulate clinical conditions in rabbit heart evoked extrasystolic waves with single UCA infusion. The right ventricle group was significantly more sensitive to ARFI exposure, resulting in arrhythmias, than the left ventricle group. The shapes of PVCs that occurred in the right ventricle group and the left ventricle group were reversed. Ultrasound practitioners who use ARFI should be aware of this adverse reaction, even if the MI is below the previously determined value of 1.9.
  • 高橋 礼, 笹沼 英紀, 池田 恵理子, 三木 厚, 森嶋 計, 吉田 淳, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 瓦井Lefor Alan, 福嶋 敬宜, 佐田 尚宏
    膵臓 36 2 142 - 149 (一社)日本膵臓学会 2021年04月
  • Kenichi Oshiro, Kazuhiro Endo, Kazue Morishima, Yuji Kaneda, Masaru Koizumi, Hideki Sasanuma, Yasunaru Sakuma, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    BMC surgery 21 1 102 - 102 2021年02月 
    BACKGROUND: Pancreatojejunostomy (PJ) is one of the most difficult and challenging abdominal surgical procedures. There are no appropriate training systems available outside the operating room (OR). We developed a structured program for teaching PJ outside the OR. We describe its development and results of a pilot study. METHODS: We have created this structured program to help surgical residents and fellows acquire both didactic knowledge and technical skills to perform PJ. A manual was created to provide general knowledge about PJ and the specific PJ procedure used in our institution. Based on questionnaires completed by trainers and trainees, the procedure for PJ was divided into twelve steps and described in detail. After creating the manual, we developed organ models, needles and a frame box for simulation training. Three residents (PGY3-5) and three fellows (PGY6 or above) participated in a pilot study. Objective and subjective evaluations were performed. RESULTS: Trainees learn about PJ by reading the procedure manual, acquiring both general and specific knowledge. We conducted simulation training outside the OR using the training materials created for this system. They simulate the procedure with surgical instruments as both primary and assistant surgeon. In this pilot study, as objective assessments, the fellow-group took less time to complete one anastomosis (36 min vs 48 min) and had higher scores in the objective structured assessment of technical skill (average score: 4.1 vs 2.0) compared to the resident-group. As a subjective assessment, the confidence to perform a PJ anastomosis increased after simulation training (from 1.6 to 2.6). Participants considered that this structured teaching program is useful. CONCLUSION: We developed a structured program for teaching PJ. By implementing this program, learning opportunities for surgical residents and fellows can be increased as a complement to training in the OR.
  • 田口 昌延, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 山口 博紀, 菱沼 正一, 佐田 尚宏
    膵臓 36 1 82 - 88 (一社)日本膵臓学会 2021年02月 
    膵癌においては外科治療が治癒の期待できる唯一の治療法であるが,手術侵襲についても十分に考慮されるべきである.2000年代以降,膵癌に対する化学療法・放射線治療の治療成績が目覚ましく向上する中で,集学的治療の一環として拡大手術の最新のエビデンスと位置づけを理解することは重要である.PV/SMV合併切除は比較的安全に施行可能で,R0切除になる場合に考慮される術式であり,術後治療が行えた場合は良好な予後が期待できる.動脈合併切除の意義は乏しいが,長期生存の報告もある.腹腔動脈合併切除を伴う尾側膵切除は合併症率が高く,症例・施設を厳選して行われるべきである.拡大リンパ節郭清の意義は否定されたが,至適リンパ節郭清範囲は未だ定まっていない.(著者抄録)
  • Daishi Naoi, Koji Koinuma, Hideki Sasanuma, Yasunaru Sakuma, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Kokichi Sugano, Mineko Ushiama, Teruhiko Yoshida, Naohiro Sata
    Surgical case reports 7 1 35 - 35 2021年01月 
    BACKGROUND: Familial adenomatous polyposis (FAP) is characterized by the presence of hundreds to thousands of colonic polyps, and extracolonic manifestations are likely to occur. Pancreatic tumors are rare extracolonic manifestations in patients with FAP, among which solid-pseudopapillary neoplasm (SPN) are extremely rare. We report here a patient with an SPN of the pancreas found during the follow-up of FAP. CASE PRESENTATION: A 20-year-old woman was diagnosed with FAP 3 years previously by colonoscopy which revealed less than 100 colonic polyps within the entire colon. She complained of left upper abdominal pain and a 10-cm solid and cystic pancreatic tumor was found by computed tomography scan. Solid and cystic components within the tumor were seen on abdominal magnetic resonance imaging. Simultaneous laparoscopic resection of the distal pancreas and subtotal colectomy was performed. Histopathological findings confirmed the pancreatic tumor as an SPN without malignancy. Abnormal staining of beta-catenin was observed by immunohistochemical study. Multiple polyps in the colorectum were not malignant. Molecular biological analysis from peripheral blood samples revealed a decrease in the copy number of the promoter 1A and 1B region of the APC gene, which resulted in decreased expression of the APC gene. CONCLUSIONS: A rare association of SPN with FAP is reported. The genetic background with relation to beta-catenin abnormalities is interesting to consider tumor development. So far, there are few reports of SPN in a patient with FAP. Both lesions were treated simultaneously by laparoscopic resection.
  • Yuichi Aoki, Hideki Sasanuma, Yuki Kimura, Akira Saito, Kazue Morishima, Yuji Kaneda, Kazuhiro Endo, Atsushi Yoshida, Atsushi Kihara, Yasunaru Sakuma, Hisanaga Horie, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    The Journal of international medical research 48 10 300060520962967 - 300060520962967 2020年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Traumatic injury to the main pancreatic duct requires surgical treatment, but optimal management strategies have not been established. In patients with isolated pancreatic injury, the pancreatic parenchyma must be preserved to maintain long-term quality of life. We herein report a case of traumatic pancreatic injury with main pancreatic duct injury in the head of the pancreas. Two years later, the patient underwent a side-to-side anastomosis between the distal pancreatic duct and the jejunum. Eleven years later, he presented with abdominal pain and severe gastrointestinal bleeding from the Roux limb. Emergency surgery was performed with resection of the Roux limb along with central pancreatectomy. We attempted to preserve both portions of the remaining pancreas, including the injured pancreas head. We considered the pancreatic fluid outflow tract from the distal pancreatic head and performed primary reconstruction with a double pancreaticogastrostomy to avoid recurrent gastrointestinal bleeding. The double pancreaticogastrostomy allowed preservation of the injured pancreatic head considering the distal pancreatic fluid outflow from the pancreatic head and required no anastomoses to the small intestine.
  • 【慢性膵炎-ガイドライン改訂に向けて】早期慢性膵炎の概念と診断・治療
    佐田 尚宏, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 小泉 大, 遠藤 和洋, 鈴木 正徳
    臨床消化器内科 35 11 1313 - 1318 (株)日本メディカルセンター 2020年09月 
    <文献概要>早期慢性膵炎の概念は,早期治療介入により病状進行の抑制が期待できる点で重要である.早期慢性膵炎の診断基準は「慢性膵炎臨床診断基準2009」で初めて定義された.その後,2011年に行われた慢性膵炎全国調査,早期慢性膵炎の前方視的コホート・スタディなどの知見の集積を受け,2019年に慢性膵炎臨床診断基準が改訂され,早期慢性膵炎の診断基準も改訂された.2019年の早期慢性膵炎診断基準では,「急性膵炎の既往」が項目として追加されたこと,アルコール摂取量の基準が1日60g(純エタノール換算)に低減されたこと,などがおもな改訂点である.今後のさらなる知見の集積により,未だ不明な点が多い慢性膵炎の病態の理解が進むことを期待したい.
  • 膵内副脾に発生した類表皮嚢胞の1例
    小堀 篤也, 森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 361回 28 - 28 日本消化器病学会-関東支部 2020年09月
  • Growing teratoma syndromeの診断で外科的切除を行った1例
    篠田 祐之, 吉田 淳, 篠原 翔一, 窪木 大悟, 宮戸 秀世, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 81 9 1921 - 1921 日本臨床外科学会 2020年09月
  • 【慢性膵炎-ガイドライン改訂に向けて】早期慢性膵炎の概念と診断・治療
    佐田 尚宏, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 小泉 大, 遠藤 和洋, 鈴木 正徳
    臨床消化器内科 35 11 1313 - 1318 (株)日本メディカルセンター 2020年09月 
    <文献概要>早期慢性膵炎の概念は,早期治療介入により病状進行の抑制が期待できる点で重要である.早期慢性膵炎の診断基準は「慢性膵炎臨床診断基準2009」で初めて定義された.その後,2011年に行われた慢性膵炎全国調査,早期慢性膵炎の前方視的コホート・スタディなどの知見の集積を受け,2019年に慢性膵炎臨床診断基準が改訂され,早期慢性膵炎の診断基準も改訂された.2019年の早期慢性膵炎診断基準では,「急性膵炎の既往」が項目として追加されたこと,アルコール摂取量の基準が1日60g(純エタノール換算)に低減されたこと,などがおもな改訂点である.今後のさらなる知見の集積により,未だ不明な点が多い慢性膵炎の病態の理解が進むことを期待したい.
  • 田口 昌延, 佐久間 康成, 小泉 大, 笹沼 英紀, 下平 健太郎, 齋藤 晶, 木村 有希, 青木 裕一, 目黒 由行, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 清水 敦, 山口 博紀, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 35 3 A337 - A337 (一社)日本膵臓学会 2020年07月
  • 切除可能膵癌に対する術前化学放射線療法の有効性
    三木 厚, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 森嶋 計, 下平 健太郎, 佐田 尚宏
    膵臓 35 3 A281 - A281 (一社)日本膵臓学会 2020年07月
  • 正中弓状靱帯圧迫症候群による下膵十二指腸動脈瘤破裂症例の検討
    森嶋 計, 下平 健太郎, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 吉田 敦, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    膵臓 35 3 A413 - A413 (一社)日本膵臓学会 2020年07月
  • 膵全摘術の現状と展望 膵全摘の治療成績と周術期血糖・栄養管理に関する検討と今後の課題
    笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 下平 健太郎, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 北山 丈二
    膵臓 35 3 A116 - A116 (一社)日本膵臓学会 2020年07月
  • 急性膵炎に対する局所合併症治療 左側感染性Walled-off necrosis(WON)に対する小切開Videoscope補助下ネクロセクトミー
    笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 下平 健太郎, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 北山 丈二
    膵臓 35 3 A210 - A210 (一社)日本膵臓学会 2020年07月
  • Yuichi Aoki, Hisashi Oshiro, Akihiko Yoshida, Kazue Morishima, Atsushi Miki, Hideki Sasanuma, Yasunaru Sakuma, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    BMC gastroenterology 20 1 105 - 105 2020年04月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Capicua transcriptional repressor (CIC) -rearranged sarcoma is characterized by small round cells, histologically similar to Ewing sarcoma. However, CIC-rearranged sarcoma has different clinical, histological, and immunohistochemical features from Ewing sarcoma. It is important to differentiate between these tumors. CASE PRESENTATION: The patient is a 44-year-old man with a duodenal tumor diagnosed in another hospital who presented with a history of melena. Laboratory studies showed anemia with a serum hemoglobin of 6.0 g/dL. He was hospitalized and gastrointestinal bleeding was controlled successfully with endoscopy. However, he suffered from appetite loss and vomiting and progression of anemia a few weeks after presentation. Upper gastrointestinal endoscopy showed a circumferential soft tumor in the second portion of the duodenum and the endoscope could not pass distally. Computed tomography scan showed a greater than 10 cm tumor in the duodenum, with compression of the inferior vena cava and infiltrating the ascending colon. A definitive pathologic diagnosis could not be established despite four biopsies from the tumor edge. Due to gastrointestinal obstruction and progression of anemia, a pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy with partial resection of the inferior vena cava and right hemicolectomy was performed as a complete tumor resection. The tumor was diagnosed as a CIC-rearranged sarcoma, but 2 months postoperatively local recurrence and distant metastases to the liver and lung were found. The patient died 3 months after surgery. CONCLUSIONS: Although the only definitive treatment for CIC-rearranged sarcoma is surgical resection, the CIC-rearranged sarcoma is highly malignant with a poor prognosis even after radical resection. More research is needed to establish optimal treatment strategies.
  • 田中 保平, 伊澤 祥光, 渡邊 伸貴, 山黒 友丘, 富永 経一郎, 新庄 貴文, 太田 真, 米川 力, 間藤 卓, 青木 裕一, 笹沼 英紀
    日本救急医学会関東地方会雑誌 41 2 314 - 317 日本救急医学会-関東地方会 2020年03月 [査読有り][通常論文]
  • 腹腔動脈狭窄を伴う特発性下膵十二指腸動脈破裂の1例
    小泉 恵, 吉田 淳, 高橋 和也, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 80 3 630 - 630 日本臨床外科学会 2019年03月
  • 鼠径部ヘルニア嵌頓症例における経過時間と腸切除の検討
    小泉 大, 斎藤 晶, 青木 裕一, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 39 2 379 - 379 (一社)日本腹部救急医学会 2019年02月
  • 術前診断しえた特発性大網出血の1例
    高橋 和也, 笹沼 英紀, 青木 裕一, 森嶋 計, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 39 2 465 - 465 (一社)日本腹部救急医学会 2019年02月
  • 膵十二指腸動脈瘤の3例
    渡部 晃佑, 吉田 淳, 高橋 和也, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 39 2 345 - 345 (一社)日本腹部救急医学会 2019年02月
  • Yuichi Aoki, Atsushi Miki, Tomoyuki Nakano, Hideki Sasanuma, Yasunaru Sakuma, Hisanaga Horie, Yoshinori Hosoya, Noriyoshi Fukushima, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    BMC cancer 18 1 1249 - 1249 2018年12月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Thymomas are typically slow-growing tumors and AB type thymomas are considered no/low risk tumors with a better prognosis. Extra-thoracic metastases are extremely rare. To the best of our knowledge, no patient with an isolated splenic metastasis from a thymoma has been reported. We report a patient who underwent laparoscopic splenectomy for a slow-growing, isolated splenic metastasis, eight years after thymectomy. CASE PRESENTATION: The patient is a 78-year-old man. Eight years previously, the patient underwent extended thymectomy and postoperative radiation therapy for a thymoma. Five years after thymectomy, a nodule appeared in the spleen, and the lesion enlarged gradually for three years thereafter. The patient was referred for further examination and treatment. Computed tomography scan showed a sharply circumscribed 50 mm tumor slightly hypodense and heterogeneous lesion in the spleen. On T2-weighted images on Magnetic Resonance Imaging, the tumor had high intensity, equivalent to or slightly lower than that on T1-weighted images, and no decrease on diffusion-weighted images. The tumor was multinodular and showed a low-signal spoke-wheel sign in the margin, enhanced gradually in the dynamic study. Positron emission tomography-CT scan, showed relatively low accumulation. Surgical resection was undertaken, and pathological examination showed metastatic thymoma. The patient is without recurrence and has no other symptoms three years after splenectomy. CONCLUSIONS: This is the first report of an isolated splenic metastasis from a thymoma. Further cases are needed to standardize this surgery for such lesions.
  • 「地域医療の実践」と「医師のキャリア形成」の両立 自治医科大学の取り組み
    深井 晴成, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 山本 真一, 遠藤 俊輔
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 260 - 260 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 膵頭部癌に対して膵頭十二指腸切除術を施行し膵尾側断端閉鎖を行った一例
    倉田 佳彦, 木村 有希, 青木 裕一, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 572 - 572 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 慢性膵炎急性増悪を契機に脾膿瘍を合併した1例
    寺田 茉位子, 吉田 淳, 佐久間 康成, 木村 有希, 青木 裕一, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 829 - 829 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 複雑な部分内臓逆位症を伴う総胆管結石症に対し手術を行った1例
    丸藤 琴音, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 宮戸 秀世, 目黒 由行, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 852 - 852 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 【ここまで来た ナビゲーション手術】胆道癌、膵癌に対するナビゲーション手術 三次元モデルによる術前シミュレーション、術中ナビゲーションおよびシミュレーション・トレーニング
    遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 太白 健一, 木村 有希, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 三木 厚, 吉田 淳, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成
    消化器外科 41 9 1317 - 1327 (株)へるす出版 2018年08月
  • 当科における非拡張型膵・胆管合流異常症の治療成績
    深井 晴成, 笹沼 英紀, 木村 有希, 青木 祐一, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス 41 49 - 49 日本膵・胆管合流異常研究会 2018年08月
  • 東條 峰之, 小泉 大, 齋藤 晶, 目黒 由行, 田口 昌延, 三木 厚, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    胆道 32 3 588 - 588 日本胆道学会 2018年08月
  • 下行結腸癌異時性孤立性脾転移の1例
    松宮 美沙希, 三木 厚, 川口 英之, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 7 1556 - 1556 日本臨床外科学会 2018年07月
  • 膵体尾部切除術における膵断端処理と術後膵液瘻の検討
    木村 有希, 小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 73回 1090 - 1090 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • 腹腔鏡下左側結腸癌切除に対する肥満の影響
    田原 真紀子, 堀江 久永, 森 和亮, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 73回 1106 - 1106 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • 術後膵液瘻ゼロを目指した膵空腸吻合の工夫 Blumgart変法自治医大方式
    小泉 大, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 73回 374 - 374 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • 原発性副甲状腺機能亢進症に併発した重症急性膵炎後の感染性被包化壊死の1例
    辻 賢太郎, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 6 1352 - 1353 日本臨床外科学会 2018年06月
  • 小泉 大, 斎藤 晶, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 田口 昌延, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    膵臓 33 3 641 - 641 (一社)日本膵臓学会 2018年05月
  • 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成
    膵臓 33 3 678 - 678 (一社)日本膵臓学会 2018年05月
  • 三木 厚, 佐久間 康成, 斉藤 晶, 目黒 由行, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 33 3 415 - 415 (一社)日本膵臓学会 2018年05月
  • 泉 遼, 遠藤 和洋, 斉藤 晶, 田口 昌延, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 33 3 662 - 662 (一社)日本膵臓学会 2018年05月
  • 齋藤 匠, 笹沼 英紀, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 33 3 684 - 684 (一社)日本膵臓学会 2018年05月
  • 女性外科医の働き方と当科の取り組み
    田原 真紀子, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 森 和亮, 井上 賢之, 小泉 大, 鯉沼 広治, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 1269 - 1269 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 拡大肝切除後合併症のリスクファクターの検討
    三木 厚, 佐久間 康成, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 1682 - 1682 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 膵頭十二指腸切除術を施行した十二指腸乳頭部癌の長期成績
    小泉 大, 斎藤 晶, 横田 真一郎, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 2414 - 2414 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 谷口 理丈, 佐久間 康成, 小泉 大, 笹沼 英紀, Alan Kawarai Lefor, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 79 9 1922 - 1927 日本臨床外科学会 2018年 [査読有り][通常論文]
     
    症例は70歳の男性で,塵肺(エリスロマイシン内服),慢性腎不全(血液透析中),ANCA関連血管炎(プレドニゾロン内服)の併存症があり,定期CT検査で肝腫瘤を認め当院を紹介受診した.CTで肝S3に単純で低吸収,動脈相で濃染,門脈相でwash outされる腫瘤を認めた.MRIではT1低信号・T2高信号,diffusionで拡散低下,肝細胞相でdefectを認め,エコーではhaloや後方エコーの増強を伴っていた.画像所見から肝細胞癌と術前診断し,腹腔鏡下肝S3部分切除術を施行した.腫瘍は大きさ40×37×33mmの被膜を有する壊死組織で,viableな細胞は認めなかった.中心壊死・硝子化線維性組織・弾性線維を特徴とする肝孤立性壊死性結節を鑑別としたが被膜に弾性線維がなく,肝細胞癌完全自然壊死を最終診断とした.自然壊死の機序として透析による血流障害,エリスロシンやステロイドの薬剤関与が考えられた.
  • 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 瓦井 Lefor Alan
    小切開・鏡視外科学会雑誌 = Journal of Lift Endoscopy & Minimal Incision Surgery : 小切開・鏡視外科学会誌 9 1 47 - 51 小切開・鏡視外科学会 2018年 [査読有り][通常論文]
     
    症例1は30歳男性で、発熱と左腹部痛で来院した。CTで感染性Walled-off necrosis(WON)と診断し、保存的治療を行ったが、症状ならびに炎症所見の改善を認めず、インターベンション治療目的に当院転院となった。造影CT所見から壊死物質を主成分とした感染性WONと診断し、小切開Videoscope補助下に後腹膜経路でネクロセクトミーを行った。1回のネクロセクトミーで炎症所見とCT所見は速やかに改善し、追加の処置は不要となった。左後腹膜のドレーンは留置したまま入院40日目に退院した。症例2は34歳男性で、急性膵炎の診断で保存的治療が開始され、退院約2週間後に間歇的腹痛と発熱で来院し、炎症反応高値、CTで感染性WONと診断され再入院した。造影CT所見から膵体尾部の壊死物質を主成分とする左側感染性WONと診断し、腹腔経路で小切開Videoscope補助下にネクロセクトミーを行った。その後、右側WON増大による閉塞性黄疸が出現し、開腹ネクロセクトミーと胆道ドレナージが必要となった。症状出現から7ヵ月後、ERCPで左右肝管にERBD tubeを留置し退院した。
  • 宇賀神 卓広, 渡辺 美穂, 津戸 直樹, 藤沼 澄夫, 笹沼 英紀, 福嶋 敬宜
    人間ドック(Ningen Dock) 33 1 69 - 75 公益社団法人 日本人間ドック学会 2018年 [査読有り][通常論文]
     

    症例は64歳の女性.職域健診で便潜血が3年連続陽性だったが放置し,さらに,立ちくらみと排便時痛も出現したが放置していた.その後,貧血も指摘されて受診し,進行直腸がん,早期結腸がんと診断され,これらの治療前精査にて胆嚢がんも発見された.早期結腸がんに対して内視鏡的治療が予定されたが,その前処置で腸閉塞となった.人工肛門が造設され,その後,結腸がんに対する内視鏡的治療,胆嚢がんの手術が施行され,現在,直腸がんに対して化学療法が施行されている.

    近年,大腸がんは増加傾向にあるが,大腸がん検診の精検受診率は低い.また,地域検診に比し職域検診は精検受診率が低い.大腸がんの知識の啓発は受診意識の向上に繋がり,適切な受診勧奨と合わせて重要である.

    高齢化,画像診断の進歩に伴い,重複がんが増加傾向にある.大腸胆嚢重複がんは稀であるが,やはり増加傾向にある.がん検診でも,問診,理学・検査所見からがん好発・多発因子の有無を確認することが重要であり,健診医療従事者にも重複がんに関する知識は必要である.

  • 佐田 尚宏, 齋藤 晶, 木村 有希, 青木 裕一, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 清水 敦, 佐久間 康成, 栗原 克己, 大木 準, 鈴木 正徳
    臨床外科 = Journal of clinical surgery 72 8 986 - 989 医学書院 2017年08月 [査読有り][通常論文]
  • 胃切除後の胆道結石症の検討
    木村 有希, 小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 72回 PP2 - 1 (一社)日本消化器外科学会 2017年07月
  • 当科における膵IPMNの縮小手術の検討
    齋藤 匠, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 72回 PK4 - 6 (一社)日本消化器外科学会 2017年07月
  • 退形成性膵管癌の6切除例
    風當 ゆりえ, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 72回 PL4 - 1 (一社)日本消化器外科学会 2017年07月
  • 齋藤 匠, 三木 厚, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 32 3 460 - 460 (一社)日本膵臓学会 2017年05月
  • 質感と人体解剖を忠実に再現した、高難度手術教育のための臓器モデル 鏡視下手術の教育効果を高めるために必要な技術トレーニング
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笠原 尚哉, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 SF - 4 (一社)日本外科学会 2017年04月
  • 膵空腸吻合Blumgart変法(自治医大方式)に適した膵臓の検討
    小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS - 1 (一社)日本外科学会 2017年04月
  • IPMN国際診療ガイドラインからみた当院でのIPMN手術例の検討
    齋藤 匠, 三木 厚, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS - 4 (一社)日本外科学会 2017年04月
  • 家族性大腸腺腫症に合併した十二指腸病変の検討
    木村 有希, 小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS - 7 (一社)日本外科学会 2017年04月
  • 佐田 尚宏, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成
    最新医学 別冊 胆石症・胆管結石・胆道炎・胆道がん 171 - 176 (株)最新医学社 2017年04月 
    十二指腸乳頭部がんの外科治療において最も問題となるのは,深達度が乳頭部粘膜内にとどまる(T1a)か,Oddi筋に達する(T1b)かで,T1a以浅とT1b以深とでは治療の考え方が大きく異なる.Stage0〜IAの乳頭部がんの中には,内視鏡的,外科的乳頭切除術で治癒する症例は存在するが,『エビデンスに基づいた胆道癌診療ガイドライン改訂第2版』(2014年)で推奨される標準治療は,StageIB〜IIIと同様に,(幽門輪温存,亜全胃温存)膵頭十二指腸切除術である.(著者抄録)
  • 佐田尚宏, 齋藤晶, 木村有希, 青木裕一, 田口昌延, 笠原尚哉, 森嶋計, 三木厚, 兼田裕司, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 栗原克己, 大木準, 鈴木正徳
    胆とすい 38 2 195‐199  2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 膵体尾部を中心とした左側感染性WONに対する治療戦略
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 37 2 292 - 292 (一社)日本腹部救急医学会 2017年02月
  • 片野 匠, 山田 直也, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 岡田 憲樹, 平田 雄大, 田代 昌久, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 安田 是和, 水田 耕一
    日本小児外科学会雑誌 53 1 163 - 163 (一社)日本小児外科学会 2017年02月
  • 木村 有希, 三木 厚, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北谷 丈二, 佐田 尚宏
    胆膵の病態生理 = The Japanese journal of bilio-pancreatic pathophysiology 33 1 43 - 46 日本胆膵病態・生理研究会 2017年 [査読有り][通常論文]
  • 青木 裕一, 笹沼 英紀, 倉科 憲太郎, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 78 1 130 - 134 日本臨床外科学会 2017年 [査読有り][通常論文]
     
    症例は35歳,女性.5年前,子宮頸癌に対し広汎子宮全摘術を施行し,術後放射線照射歴があった.突然発症の下腹部痛を主訴に救急搬送され,下腹部の反跳痛と炎症反応上昇,Cr値高値を認めた.CTでは左腎周囲と骨盤内に大量の腹水を認めた.病歴から,漏出尿による腹膜炎を疑い造影CT撮像30分後に単純CTを再検し,造影剤の腹腔内漏出を確認した.膀胱造影および膀胱鏡で膀胱自然破裂と確診し,腹腔内貯留尿のドレナージおよび膀胱カテーテル留置を行った.術後,症状は速やかに改善し,術後14日目に膀胱カテーテルを抜去し,術後19日目に退院となった.
    放射線照射後膀胱自然破裂の診断精度は低く,確定診断に至らないまま加療されている症例が少なくない.今回,CTを再検したことにより治療前に診断した膀胱自然破裂の1例を経験した.骨盤内放射線照射歴のある症例においては,漏出尿を原因とする腹膜炎の可能性があることを考慮して診療を行うことが重要である.
  • 佐田尚宏, 齋藤晶, 青木裕一, 木村有希, 田口昌延, 笠原尚哉, 森嶋計, 兼田裕司, 三木厚, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 吉田淳, 清水敦, 佐久間康成
    胆とすい 37 12 1575‐1579  2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 医工連携による革新的内視鏡手術トレーニングシステムの開発 外科教育の新たな手法確立に向けて
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笠原 直哉, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 21 7 OS145 - 6 (一社)日本内視鏡外科学会 2016年12月
  • 腹腔鏡下肝切除にRFAを併用して治療した肝細胞癌4例の経験
    森嶋 計, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 21 7 DP99 - 1 (一社)日本内視鏡外科学会 2016年12月
  • Naoya Yamada, Yukihiro Sanada, Takumi Katano, Masahisa Tashiro, Yuta Hirata, Noriki Okada, Yoshiyuki Ihara, Atsushi Miki, Hideki Sasanuma, Taizen Urahashi, Yasunaru Sakuma, Koichi Mizuta
    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY 22 44 9865 - 9870 2016年11月 [査読有り][通常論文]
     
    This is the first report of living donor liver transplantation (LDLT) for congenital hepatic fibrosis (CHF) using a mother's graft with von Meyenburg complex. A 6-year-old girl with CHF, who suffered from recurrent gastrointestinal bleeding, was referred to our hospital for liver transplantation. Her 38-year-old mother was investigated as a living donor and multiple biliary hamartoma were seen on her computed tomography and magnetic resonance imaging scan. The mother's liver function tests were normal and she did not have any organ abnormality, including polycystic kidney disease. LDLT using the left lateral segment (LLS) graft from the donor was performed. The donor LLS graft weighed 250 g; the graft recipient weight ratio was 1.19%. The operation and post-operative course of the donor were uneventful and she was discharged on post-operative day (POD) 8. The graft liver function was good, and the recipient was discharged on POD 31. LDLT using a graft with von Meyenburg complex is safe and useful. Long-term follow-up is needed with respect to graft liver function and screening malignant tumors.
  • Noriya Takayama, Yasunao Ishiguro, Nobuyuki Taniguchi, Kazuki Akai, Hideki Sasanuma, Yoshikazu Yasuda, Naotaka Nitta, Iwaki Akiyama
    JOURNAL OF MEDICAL ULTRASONICS 43 4 481 - 485 2016年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Acoustic radiation force (ARF) elastography has recently become available. The previous animal studies have revealed lung injuries induced by diagnostic ultrasound, but the effects on the lung resulting from exposure to ultrasound with ARF are unknown. This study aimed to assess the risk of lung injury associated with ultrasound with ARF.A focused 2.5-MHz transducer that emits ultrasound with ARF was used. A rabbit was anesthetized, and the transducer was placed in the right subcostal region. Exposure settings of mechanical index (MI) 0.80, pulse duration 10 ms, pulse repetition time 5 s, and exposure time 150 s were applied.One red spot (7 x 6 mm) was observed on the surface of the right lung corresponding to the area of exposure. Alveolar hemorrhage was observed microscopically. This lesion was visible across a range of 20-170 mu m in depth from the pleural surface.The first example of lung hemorrhage induced by ultrasound with ARF was observed in this study. This observation suggests the possibility of lung injury in humans when ARF elastography is applied with the transducer directed toward the lung. Further studies are needed to determine the safety of this modality.
  • 佐田尚宏, 遠藤和洋, 兼田裕司, 笠原尚哉, 森嶋計, 三木厚, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成
    消化器外科 39 10 1347‐1359 - 1359 (株)へるす出版 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌・大腸癌切除例の術前CT検査で指摘された膵嚢胞性病変の検討
    小泉 大, 木村 有希, 田口 昌延, 三木 広, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会雑誌 113 臨増大会 A681 - A681 (一財)日本消化器病学会 2016年09月
  • 消化器外科手術アトラス Blumgart-dumpling法膵空腸吻合を併置した幽門輪温存膵頭十二指腸切除術
    佐田 尚宏, 遠藤 和洋, 兼田 裕司, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成
    消化器外科 39 10 1347 - 1359 (株)へるす出版 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • Yukihiro Sanada, Yasunaru Sakuma, Hideki Sasanuma, Atsushi Miki, Takumi Katano, Yuta Hirata, Noriki Okada, Naoya Yamada, Yoshiyuki Ihara, Taizen Urahashi, Naohiro Sata, Yoshikazu Yasuda, Koichi Mizuta
    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY 22 34 7851 - 7856 2016年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Utilizing the opened round ligament as venous grafts during liver transplantation is useful but controversial, and there are no pathological analyses of this procedure. Herein, we describe the first reported case of a pathological analysis of an opened round ligament used as a venous patch graft in a living donor liver transplantation (LDLT). A 13-year-old female patient with biliary atresia underwent LDLT using a posterior segment graft from her mother. The graft had two hepatic veins (HVs), which included the right HV (RHV; 15 mm) and the inferior RHV (IRHV; 20 mm). The graft RHV and IRHV were formed into a single orifice using the donor's opened round ligament (60 mm x 20 mm) as a patch graft during bench surgery; it was then anastomosed end-to-side with the recipient inferior vena cava. The recipient had no post-transplant complications involving the HVs, but she died of septic shock with persistent cholangitis and jaundice 86 d after LDLT. The HV anastomotic site had no stenosis or thrombus on autopsy. On pathology, there was adequate patency and continuity between the recipient's HV and the donor's opened round ligament. In addition, the stains for CD31 and CD34 on the inner membrane of the opened round ligament were positive. Hepatic venous reconstruction using the opened round ligament as a venous patch graft is effective in LDLT, as observed on pathology.
  • 膵lymphoepithelial cystの一切除例
    湯澤 真梨子, 三木 厚, 利府 和馬, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    栃木県医学会々誌 46 49 - 51 栃木県医学会 2016年06月
  • 非黄疸胆道閉鎖症における肝移植適応
    眞田 幸弘, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 山田 直也, 岡田 憲樹, 平田 雄大, 片野 匠, 三木 厚, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 水田 耕一
    日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 473 - 473 (一社)日本肝胆膵外科学会 2016年06月
  • 小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    手術 = Operation 70 7 985 - 989 金原出版 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    手術 70 7 985 - 989 金原出版(株) 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 十二指腸乳頭部癌に対する膵頭十二指腸切除術の長期成績の検討
    小泉 大, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS - 4 (一社)日本外科学会 2016年04月
  • 乳癌術後経過観察中に発見し、診断に難渋した異時性重複癌の1例
    湯澤 真梨子, 三木 厚, 利府 数馬, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 RS - 5 (一社)日本外科学会 2016年04月
  • 消化器癌手術症例に対する術前栄養評価と術後合併症の関連
    倉科 憲太郎, 三木 厚, 松本 健司, 村越 美穂, 佐藤 敏子, 小暮 亜弥子, 齋藤 心, 鯉沼 広治, 笹沼 英紀, 小泉 大, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS - 3 (一社)日本外科学会 2016年04月
  • Naoya Yamada, Yukihiro Sanada, Yuta Hirata, Noriki Okada, Yoshiyuki Ihara, Hideki Sasanuma, Taizen Urahashi, Yasunaru Sakuma, Yoshikazu Yasuda, Koichi Mizuta
    PEDIATRIC SURGERY INTERNATIONAL 32 4 363 - 368 2016年04月 [査読有り][通常論文]
     
    We aimed to evaluate patients who had undergone pediatric LDLT with small-for-size graft (SFSG) and identify risk factors of graft failure to establish a preoperative graft selection strategy.The data was collected retrospectively. SFSG was used in 14LDLTs (5.7 %) of 245 LDLTs performed between May 2001 and March 2014. The mean patient age and body weight at LDLT were 12.6 +/- A 2.0 years and 40.5 +/- A 9.9 kg, respectively. The graft type was left lobe in six patients, left + caudate lobe in seven patients, and posterior segment in one patient.The graft survival rates in SFSG and non-SFSG groups were 78.9 and 93.1 %, respectively (p = 0.045). In the univariate analysis, bleeding volume during LDLT were an independent risk factors for graft failure (p = 0.011). Graft failure was caused by sepsis in all three patients and occurred at a median of 70 postoperative days 70 (range 14-88 days). Among them, two cases showed high preoperative PELD/MELD score (PELD; 19.4 and MELD; 22, respectively).Pediatric LDLT using SFSG had poor outcome and prognosis, especially when it accompanies the surgical infectious complications with preoperative high PELD/MELD scores.
  • 小泉大, 佐田尚宏, 笹沼英紀, 佐久間康成, 栗原克己, 大木準
    手術 70 4 575 - 582 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉 大, 佐田 尚宏, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 栗原 克己, 大木 準
    手術 70 4 575 - 582 金原出版(株) 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • Yasunao Ishiguro, Naotaka Nitta, Nobuyuki Taniguchi, Kazuki Akai, Noriya Takayama, Hideki Sasanuma, Yukiyo Ogata, Yoshikazu Yasuda, Iwaki Akiyama
    JOURNAL OF MEDICAL ULTRASONICS 43 1 9 - 9 2016年01月 [査読有り][通常論文]
  • Sakuma, Y., Sasanuma, H., Miki, A., Shimizu, A., Sata, N., Yasuda, Y., Lefor, A.K., Hirata, Y., Yamada, N., Okada, N., Sanada, Y., Ihara, Y., Urahashi, T., Mizuta, K.
    Transplantation Proceedings 48 4 1110 - 1114 2016年 [査読有り][通常論文]
     
    Background In small infants, left lateral segment grafts are sometimes too large to overcome the problems of large-for-size grafts in the abdominal compartment. To address this problem, we have developed a safe living donor graftectomy for neonates, a so-called "S2 monosegment graft" to minimize graft thickness. We reviewed our single-center experience to evaluate the feasibility of this technique for reducing graft size. Methods Eleven living-donor liver transplants using S2 monosegment grafts were performed between October 2008 and September 2014 at our institution. Medical records of both donors and recipients were reviewed and data collected retrospectively. Results The mean age of recipients at the time of transplantation was 125.3 days, including 3 neonates. The average S2 monosegment graft weight was 127.4 g, and the graft-to-recipient body weight ratio was successfully reduced to 3.5%. The graft livers were reduced to 4.1 cm in thickness. Two recipients with grafts larger than 5 cm could not undergo primary abdominal closure. Portal vein stenosis and biliary stenosis was observed in 1 recipient, and hepatic artery complications were seen in 2 recipients the clinical course for all donors were uneventful. Liver regeneration was seen in every patient. The graft and patient 1-year survival rate was 100%. Conclusions Living-donor liver transplantation using S2 monosegment grafts offers a safe and useful option for treating smaller infants. Here, we introduce our method of S2 monosegment graft emphasizing the donor harvest and graft thickness.
  • Kawano, Y., Mizuta, K., Sanada, Y., Urahashi, T., Ihara, Y., Okada, N., Yamada, N., Sasanuma, H., Sakuma, Y., Taniai, N., Yoshida, H., Kawarasaki, H., Yasuda, Y., Uchida, E.
    Transplantation Proceedings 48 4 1156 - 1161 2016年 [査読有り][通常論文]
     
    Introduction. Although hepatic vein stenosis after liver transplantation is a rare complication, the complication rate of 1% to 6% is higher in pediatric living-donor liver transplantation than that in other liver transplantation cases. Diagnosis is very important because this complication can cause hepatic congestion that develops to liver cirrhosis, graft loss, and patient loss. However, this is unlikely in cases where there are no ascites or hypo albuminemia. Objectives. Eleven of 167 patients who had undergone pediatric living-donor liver transplantation were identified in the outpatient clinic at Jichi Medical University as having suffered from hepatic vein stenosis, and were enrolled in the study. Methods. We conducted a retrospective study in which we reviewed historical patient records to investigate the parameters for diagnosis and examine treatment methods and outcomes. Results. The 11 patients were treated with 16 episodes of balloon dilatation. Three among these received retransplantation and another 2 cases required the placement of a metallic stent at the stenosis. Histological examination revealed severe fibrosis in four of nine patients who had a liver biopsy, with mild fibrosis revealed in the other five grafts. Furthermore, hepatomegaly and splenomegaly diagnosed by computed tomography, elevated levels of hyarulonic acid, and/or a decrease in calcineurin inhibitor clearance were found to be pathognomonic at diagnosis, and tended to improve after treatment. Conclusions. Diagnosis of hepatic vein stenosis after liver transplantation can be difficult, so careful observation is crucial to avoid the risk of acute liver dysfunction. Comprehensive assessment using volumetry of the liver and spleen and monitoring of hyarulonic acid levels and/or calcineurin inhibitor clearance, in addition to some form of imaging examination, is important for diagnosis and evaluation of the effectiveness of therapy.
  • 三木 厚, 佐久間 康成, 大澤 英之, 芝 聡美, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏
    胆膵の病態生理 = The Japanese journal of bilio-pancreatic pathophysiology 32 1 35 - 37 日本胆膵病態・生理研究会 2016年 [査読無し][通常論文]
     
    膵切除術を行った浸潤性膵管癌74例(男性46例、女性28例、平均66.6歳)を対象に、標記について検討した。膵体尾部癌は31例、膵頭部癌は43例で、臨床病期はStage Iが2例、Stage IIが8例、Stage IIIが40例、Stage IVaが24例であった。術後補助化学療法は50例に施行した。R0群の3年生存率は60.1%、R1群では41.0%であったが有意差は認められなかった。癌組織型では有意差はなく、T因子についてはT1〜T2群に対しT3〜T4群は有意に予後良好であった。リンパ節転移なし群に対し、あり群は有意に予後不良であった。多変量解析では、リンパ節転移の有無のみが独立した予後規定因子であった。リンパ節転移の有無(N)と癌遺残度(R)の検討では、R0N-群の3年生存率は85.8%、R0N+群では40.3%、R1N-群は50.0%、R1N+群は41.7%と、R0N-群で有意に予後良好であった。
  • Hideki Sasanuma
    Journal of medical ultrasonics (2001) 43 1 3 - 7 2016年01月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: Acoustic radiation force impulse (ARFI) is a modality for elasticity imaging of various organs using shear waves. In some situations, the heart is a candidate for elasticity evaluation with ARFI. Additionally, an ultrasound contrast agent (UCA) provides information on the blood flow conditions of the cardiac muscle. This study aimed to evaluate ARFI's effect on the heart concomitantly with UCA administration (i.e., perfluorobutane). METHODS: Ultrasound with ARFI was applied to the hearts of male Japanese white rabbits (n = 3) using a single-element focused transducer with or without UCA administration. They were exposed to ultrasound for 0.3 ms with a mechanical index (MI) of 1.8. UCA was administered in two ways: a single (bolus) injection or drip infusion. Electrocardiograms were recorded to identify arrhythmias during ultrasound exposure. RESULTS: Extrasystolic waves were observed following ultrasound exposure with drip infusion of UCA. Life-threatening arrhythmia was not observed. The frequency of the extra waves ranged from 4.2 to 59.6 %. With bolus infusion, extra waves were not observed. CONCLUSIONS: Arrhythmogenicity was observed during ultrasound (MI 1.8) with ARFI and concomitant administration of UCA in rabbits. Although the bolus administration of UCA was similar to its clinical use, which may not cause extra cardiac excitation, cardiac ultrasound examinations with ARFI should be carefully performed, particularly with concomitant use of UCA.
  • Ishiguro, Y., Nitta, N., Taniguchi, N., Akai, K., Takayama, N., Sasanuma, H., Ogata, Y., Yasuda, Y., Akiyama, I.
    Journal of Medical Ultrasonics 43 1 9 - 9 2016年 [査読有り][通常論文]
  • Ishiguro, Y., Nitta, N., Taniguchi, N., Akai, K., Takakayama, N., Sasanuma, H., Ogata, Y., Yasuda, Y., Akiyama, I.
    Journal of Medical Ultrasonics 43 1 3 - 7 2016年 [査読有り][通常論文]
     
    Acoustic radiation force impulse (ARFI) is a modality for elasticity imaging of various organs using shear waves. In some situations, the heart is a candidate for elasticity evaluation with ARFI. Additionally, an ultrasound contrast agent (UCA) provides information on the blood flow conditions of the cardiac muscle. This study aimed to evaluate ARFI's effect on the heart concomitantly with UCA administration (i.e., perfluorobutane). Ultrasound with ARFI was applied to the hearts of male Japanese white rabbits (n = 3) using a single-element focused transducer with or without UCA administration. They were exposed to ultrasound for 0.3 ms with a mechanical index (MI) of 1.8. UCA was administered in two ways: a single (bolus) injection or drip infusion. Electrocardiograms were recorded to identify arrhythmias during ultrasound exposure. Extrasystolic waves were observed following ultrasound exposure with drip infusion of UCA. Life-threatening arrhythmia was not observed. The frequency of the extra waves ranged from 4.2 to 59.6 %. With bolus infusion, extra waves were not observed. Arrhythmogenicity was observed during ultrasound (MI 1.8) with ARFI and concomitant administration of UCA in rabbits. Although the bolus administration of UCA was similar to its clinical use, which may not cause extra cardiac excitation, cardiac ultrasound examinations with ARFI should be carefully performed, particularly with concomitant use of UCA.
  • 佐田尚宏, 鈴木正徳, 三木厚, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成
    手術 69 9 1339 - 1344 2015年08月 [査読無し][通常論文]
  • 小切開創より膵離断を行った腹腔鏡補助下膵体尾部切除術2例の検討
    吉田 淳, 佐久間 康成, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 三木 厚, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 安田 是和
    小切開・鏡視外科学会雑誌 6 1 45 - 50 (NPO)小切開・鏡視外科学会 2015年08月 [査読無し][通常論文]
     
    当院では膵良性疾患に対して腹腔鏡下膵体尾部切除術(LDP)を施行しているが、視野確保が不十分な症例や高度癒着例、および膵切離面の状態からステイプラーによる切離閉鎖が困難な症例には、用手的補助下腹腔鏡下手術(HALS)や小切開手術(MIS)への移行が有用な場合がある。今回、LDPからHALSへ移行し、さらにMISへ移行することで確実な膵切離が行えた2例(61歳女、21歳女)を報告した。
  • 【慢性膵炎・急性膵炎に対する外科的アプローチ】 急性膵炎 急性膵炎の被包化壊死(WON)に対する外科的アプローチ
    佐田 尚宏, 鈴木 正徳, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成
    手術 69 9 1339 - 1344 金原出版(株) 2015年08月 [査読無し][通常論文]
  • 清水 敦, 遠藤 和洋, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 鈴木 正徳, 佐田 尚宏
    肝・胆・膵 70 6 901 - 906 (株)アークメディア 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • Noriki Okada, Yukihiro Sanada, Yuta Hirata, Naoya Yamada, Taiichi Wakiya, Yoshiyuki Ihara, Taizen Urahashi, Atsushi Miki, Yuji Kaneda, Hideki Sasanuma, Takehito Fujiwara, Yasunaru Sakuma, Atsushi Shimizu, Masanobu Hyodo, Yoshikazu Yasuda, Koichi Mizuta
    Pediatric transplantation 19 3 279 - 86 2015年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Previous studies have demonstrated the safety of ABO-incompatible pediatric LDLT using preoperative plasmapheresis and rituximab; however, no reports have described the timing and dosage of rituximab administration for pediatric LDLT. This study aimed to describe a safe and effective dosage and timing of rituximab for patients undergoing pediatric ABO-incompatible LDLT based on the experience of our single center. A total of 192 LDLTs in 187 patients were examined. These cases included 29 ABO-incompatible LDLTs in 28 patients. Rituximab was used beginning in January 2004 in recipients older than two yr of age (first period: 375 mg/m(2) in two cases; second period: 50 mg/m(2) in two cases; and 200 mg/m(2) in eight cases). Two patients who received 375 mg/m(2) rituximab died of Pneumocystis carinii pneumonia and hemophagocytic syndrome. One patient who received 50 mg/m(2) rituximab required retransplantation as a consequence of antibody-mediated complications. All eight patients administered 200 mg/m(2) survived, and the mean CD20(+) lymphocyte count was 0.1% at the time of LDLT. In the preoperative management of patients undergoing pediatric ABO-incompatible LDLT, the administration of 200 mg/m(2) rituximab three wk prior to LDLT was safe and effective.
  • 肝胆膵 小児生体ドミノ肝移植における一次レシピエント手術の工夫
    岡田 憲樹, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 山田 直也, 平田 雄大, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 森嶋 計, 安田 是和, 水田 耕一
    日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP - 4 (一社)日本外科学会 2015年04月
  • Atsushi Miki, Yasunaru Sakuma, Hideyuki Ohzawa, Yukihiro Sanada, Hideki Sasanuma, Alan T. Lefor, Naohiro Sata, Yoshikazu Yasuda
    INTERNATIONAL SURGERY 100 3 480 - 485 2015年03月 [査読有り][通常論文]
     
    We report a rare case of immunoglobulin G4 (IgG4)-related sclerosing cholangitis without other organ involvement. A 69-year-old-man was referred for the evaluation of jaundice. Computed tomography revealed thickening of the bile duct wall, compressing the right portal vein. Endoscopic retrograde cholangiopancreatography showed a lesion extending from the proximal confluence of the common bile duct to the left and right hepatic ducts. Intraductal ultrasonography showed a bile duct mass invading the portal vein. Hilar bile duct cancer was initially diagnosed and percutaneous transhepatic portal vein embolization was performed, preceding a planned right hepatectomy. Strictures persisted despite steroid therapy. Therefore, partial resection of the common bile duct following choledochojejunostomy was performed. Histologic examination showed diffuse and severe lymphoplasmacytic infiltration, and abundant plasma cells, which stained positive for anti-IgG4 antibody. The final diagnosis was IgG4 sclerosing cholangitis. Types 3 and 4 IgG4 sclerosing cholangitis remains a challenge to differentiate from cholangiocarcinoma. A histopathologic diagnosis obtained with a less invasive approach avoided unnecessary hepatectomy.
  • Naoya Yamada, Yukihiro Sanada, Yuta Hirata, Noriki Okada, Taiichi Wakiya, Yoshiyuki Ihara, Atsushi Miki, Yuji Kaneda, Hideki Sasanuma, Taizen Urahashi, Yasunaru Sakuma, Yoshikazu Yasuda, Koichi Mizuta
    LIVER TRANSPLANTATION 21 2 233 - 238 2015年02月 [査読有り][通常論文]
     
    In the field of pediatric living donor liver transplantation (LDLT), physicians sometimes must reduce the volume of left lateral segment (LLS) grafts to prevent large-for-size syndrome. There are 2 established methods for decreasing the size of an LLS graft: the use of a segment 2 (S2) monosegment graft and the use of a reduced LLS graft. However, no procedure for selecting the proper graft type has been established. In this study, we conducted a retrospective investigation of LDLT and examined the strategy of graft selection for patients weighing 6 kg. LDLT was conducted 225 times between May 2001 and December 2012, and 15 of the procedures were performed in patients weighing 6 kg. We selected S2 monosegment grafts and reduced LLS grafts if the preoperative computed tomography (CT)-volumetry value of the LLS graft was >5% and 4% to 5% of the graft/recipient weight ratio, respectively. We used LLS grafts in 7 recipients, S2 monosegment grafts in 4 recipients, reduced S2 monosegment grafts in 3 recipients, and a reduced LLS graft in 1 recipient. The reduction rate of S2 monosegment grafts for use as LLS grafts was 48.3%. The overall recipient and graft survival rates were both 93.3%, and 1 patient died of a brain hemorrhage. Major surgical complications included hepatic artery thrombosis in 2 recipients, bilioenteric anastomotic strictures in 2 recipients, and portal vein thrombosis in 1 recipient. In conclusion, our graft selection strategy based on preoperative CT-volumetry is highly useful in patients weighing 6 kg. S2 monosegment grafts are effective and safe in very small infants particularly neonates. Liver Transpl 21:233-238, 2015. (c) 2014 AASLD.
  • 黒河内 顕, 佐田 尚宏, 小泉 大, 笹沼 英紀, 安田 是和
    膵臓 30 5 649 - 653 日本膵臓学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    慢性膵炎の中には,膵癌と臨床上類似する症例が存在する.しかし,実際に鑑別困難例がどの程度の割合存在するか,またどのように鑑別が困難なのかについての詳細は明らかにされていない.今回,厚生労働省難治性疾患等克服研究事業難治性膵疾患に関する調査研究班における共同研究として「膵癌疑いで切除された慢性膵炎(非膵癌)症例プロファイル調査」を行った.2001~2011年において,鑑別困難例の症例数調査(1次調査)では,29施設から膵癌疑いで切除された非膵癌症例125例,非膵癌と考え経過観察した膵癌症例26例を集積した.2次調査として症例プロファイル調査を行い,23施設からそれぞれ78例,16例の症例報告を得た.EUS-FNAもしくは膵管擦過細胞診等でclass IV, Vを認めた症例が12例報告された.膵癌における細胞診偽陽性症例は少数であるが報告があり,その頻度や背景について今後の詳細な検討が必要である.
  • 津久井 秀則, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 安田 是和, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 76 10 2532 - 2537 日本臨床外科学会 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    右側肝円索は,胎生期における右側臍静脈遺残に起因するとされ,門脈右枝に臍部が存在し,同部に肝円索が付着する解剖学的変異と考えられている.今回,複雑な胆管分岐形態を示した右側肝円索を伴う肝門部胆管癌の切除例を経験した.症例は62歳の男性.皮膚黄染を主訴に当院を受診,造影CTで胆管壁の肥厚と肝内胆管の拡張を認め,さらに胆嚢が肝円索の左側に位置する右側肝円索を認めた.胆汁細胞診からはClass IVが検出され,右側肝円索を伴う肝門部胆管癌と診断した.門脈分岐形態を考慮し後区域枝のみ塞栓術を行い,手術は肝後区域切除・肝外胆管切除・胆管空腸吻合術を行った.本症例では胆管分岐においてB2から後区域枝が分岐する形態を示す他,その他の胆管分岐形態からも,右側肝円索における左右対称性の理論に合致するものと考えられた.右側肝円索には脈管の分岐異常を伴うことが多く,術前の詳細な画像検索と慎重な手術計画が重要と考える.
  • Naotaka Nitta, Yasunao Ishiguro, Hideki Sasanuma, Nobuyuki Taniguchi, Iwaki Akiyama
    Journal of medical ultrasonics (2001) 42 1 39 - 46 2015年01月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: Acoustic radiation force impulse (ARFI) has recently been used for tissue elasticity measurement and imaging. On the other hand, it is predicted that a rise in temperature occurs. In-situ measurement of temperature rise in animal experiments is important, yet measurement using thermocouples has some problems such as position mismatch of the temperature measuring junction of the thermocouple and the focal point of ultrasound. Therefore, an in-situ measurement system for solving the above problems was developed in this study. METHODS: The developed system is composed mainly of an ultrasound irradiation unit including a custom-made focused transducer with a through hole for inserting a thin-wire thermocouple, and a temperature measurement unit including the thermocouple. RESULTS: The feasibility of the developed system was evaluated by means of experiments using a tissue-mimicking material (TMM), a TMM containing a bone model or a chicken bone, and an extracted porcine liver. The similarity between the experimental results and the results of simulation using a finite element method (FEM) implied the reasonableness of in-situ temperature rise measured by the developed system. CONCLUSION: The developed system will become a useful tool for measuring in-situ temperature rise in animal experiments and obtaining findings with respect to the relationship between ultrasound irradiation conditions and in-situ temperature rise.
  • Yasunao Ishiguro, Hideki Sasanuma, Naotaka Nitta, Nobuyuki Taniguchi, Yukiyo Ogata, Yoshikazu Yasuda, Iwaki Akiyama
    Journal of medical ultrasonics (2001) 42 1 47 - 50 2015年01月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: Acoustic radiation force (ARF) impulse can be used to estimate the elasticity of cardiac muscle. The purpose of this study was to evaluate the effect of ARF on the heart with concomitant administration of the ultrasound contrast agent (UCA) perfluorobutane for recently developed elasticity imaging such as shear wave imaging. METHODS: Ultrasound with ARF was applied to the heart of Japanese white rabbit with or without UCA administration. During the exposure, electrocardiographs were recorded. RESULTS: Following the exposure of ultrasound with a duration of 10 ms and a mechanical index (MI) of 4.0 to the heart, extra waves (QRS complex) were observed only after UCA administration. Although life-threatening arrhythmia was not observed, a greater increase in the frequency of the extra waves was observed following a drip infusion compared with a single (bolus) UCA infusion. In addition, 16.3 % of extra waves were followed by arterial pressure pulse. CONCLUSIONS: Cardiac ultrasound with higher MI and longer duration should be carefully considered, particularly with the concomitant use of UCA and higher MI.
  • Masanobu Taguchi, Yasunaru Sakuma, Hideki Sasanuma, Naohiro Sata, Alan Kawarai Lefor, Takahiro Sasaki, Akira Tanaka, Yoshikazu Yasuda
    INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY CASE REPORTS 10 20 - 24 2015年 [査読有り][通常論文]
     
    INTRODUCTION: We report a patient with a rapidly progressing recurrence of hepatocellular carcinoma (HCC) with a portal vein tumor thrombus after radiofrequency ablation of the original lesion, then treated with transcatheter arterial infusion. Radical hepatic resection demonstrated a complete pathological response.PRESENTATION OF CASE: A 60-year old male with alcoholic cirrhosis and gastric varices was diagnosed with HCC measuring 12 mm in segment 8. He underwent laparoscopic radiofrequency ablation, but recurred three months later. The lesion progressed rapidly and the right portal vein was occluded. He then underwent transcatheter arterial infusion with miriplatin and iodized oil, which was effective in reducing the size of the main lesion and portal vein tumor thrombus. Right anterior sectionectomy was then performed. Pathologically, there were no viable HCC cells in either the main lesion or the portal vein thrombus. He is alive two years and nine months after surgery without recurrence.DISCUSSION: A rapidly progressing HCC recurrence with portal vein tumor thrombus is usually associated with a poor prognosis. No effective treatments have been reported in this situation except hepatic resection. In this patient the tumor was effectively reduced after three courses of transarterial miriplatin and subsequent radical hepatic resection. This is the first report to achieve a complete pathological response for such an aggressive recurrence after initial radiofrequency ablation.CONCLUSION: This strategy may result in long-term survival of patients with rapidly progressing recurrent HCC with portal vein thrombus, and further study is warranted. (C) 2015 The Authors. Published by Elsevier Ltd. on behalf of Surgical Associates Ltd.
  • M. Koizumi, N. Sata, Y. Kaneda, K. Endo, H. Sasanuma, Y. Sakuma, M. Ota, A. T. Lefor, Y. Yasuda
    HERNIA 18 6 845 - 848 2014年12月 [査読有り][通常論文]
     
    This retrospective study evaluates the clinical course and outcomes of patients who underwent surgery for strangulated hernias. Among 520 groin hernias from 2001 to 2012, 51 inguinal and 42 femoral hernias were strangulated and operated emergently at a tertiary referral center. Perioperative factors, patient profiles, and time interval to surgery (T (total) = time from onset to surgery, T (1) = time from onset to initial evaluation, T (2) = time from the first hospital to the tertiary center, T (3) = time from admission at the tertiary center to surgery, T (total) = T (1) + T (2) + T (3)) were analyzed in patients with strangulation, then compared between two groups, the bowel resection (BR) group and the non-bowel resection (NBR) group. T (1), T (2) and T (total) in the bowel resection group were significantly longer than those in the non-bowel resection group (P < 0.05). Patients who presented initially to the tertiary center (T (2) = 0) had a significantly lower resection rate than patients transported from other hospitals (24 vs. 44 %, P = 0.048). There was no significant difference in morbidity between the BR and NBR groups (35 vs. 24 %, P = 0.231). The elapsed time from onset to surgery, especially T (1) and T (2), is the most important prognostic factor in patients with strangulated groin hernias. Early diagnosis and transportation are essential for good outcomes.
  • Y. Kawano, K. Mizuta, Y. Sanada, T. Urahashi, Y. Ihara, N. Okada, N. Yamada, H. Sasanuma, Y. Sakuma, N. Taniai, H. Yoshida, H. Kawarasaki, Y. Yasuda, E. Uchida
    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS 46 10 3543 - 3547 2014年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose. Cytomegalovirus (CMV) infection is known to be the most frequently viral infection among patients after liver transplantation. This is especially true in pediatric living-donor liver transplantation because the recipients have often not been infected with CMV and postoperative primary infection with CMV frequently occurs. Patients and Methods. Of 93 patients who underwent pediatric liver transplantation at our department, 33 patients (36.3%) were diagnosed with CMV infection using the anti-genemia method (C7-HRP). Retrospective review and statistical analysis were conducted to confirm risk factors of post-transplantation CMV infection. Result. Positive lymphocytes were diagnosed between postoperative days 8 and 111 after transplantation. Ganciclovir or foscavir were administrated to 21 patients. The other 10 patients who had one positive lymphocyte were observed and the cell disappeared on follow-up examination. We did not observe any cases of positive lymphocytes with C7-HRP in patients who received a graft from a CMV antibody-negative donor. Independent predictors associated with CMV infection in the multivariable analysis were administration of OKT3 and grafts from CMV antibody-positive donors. Conclusion. In CMV infection after pediatric liver transplantation, cases with CMV antibody-positive donors and with OKT3 administration for acute rejection are considered high risk, and cases with CMV antibody-negative donors are considered low risk.
  • Yukihiro Sanada, Hideki Sasanuma, Yasunaru Sakuma, Kazue Morishima, Naoya Kasahara, Yuji Kaneda, Atsushi Miki, Takehito Fujiwara, Atsushi Shimizu, Masanobu Hyodo, Yuta Hirata, Naoya Yamada, Noriki Okada, Yoshiyuki Ihara, Taizen Urahashi, Seiji Madoiwa, Jun Mimuro, Koichi Mizuta, Yoshikazu Yasuda
    PEDIATRIC TRANSPLANTATION 18 8 E270 - E273 2014年12月 [査読有り][通常論文]
     
    The use of donors with coagulation FIX deficiency is controversial, and there are no current protocols for peri-transplant management. We herein describe the first reported case of a pediatric LDLT from an asymptomatic donor with mild coagulation FIX deficiency. A 32-yr-old female was evaluated as a donor for her 12-month-old daughter with biliary atresia. The donor's pretransplant coagulation tests revealed asymptomatic mild coagulation FIX deficiency (FIX activity 60.8%). Freeze-dried human blood coagulation FIX concentrate was administered before the dissection of the liver and 12h afterwards by bolus infusion (40U/kg) and was continued on POD 1. The bleeding volume at LDLT was 590mL. On POD 1, 3, 5, and 13, the coagulation FIX activity of the donor was 121.3%, 130.6%, 114.6%, and 50.2%, respectively. The donor's post-transplant course was uneventful, and the recipient is currently doing well at 18months after LDLT. The FIX activity of the donor and recipient at ninemonths after LDLT was 39.2% and 58.0%, respectively. LDLT from donors with mild coagulation FIX deficiency could be performed effectively and safely using peri-transplant short-term coagulation FIX replacement and long-term monitoring of the plasma FIX level in the donor.
  • 当科における肝細胞癌初回切除症例116例の予後についての検討
    石黒 保直, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 黒河内 顕, 三木 厚, 兼田 裕司, 森嶋 計, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会雑誌 47 Suppl.2 211 - 211 (一社)日本消化器外科学会 2014年10月
  • インスリノーマの局在診断における造影早期相thin slice CT撮影の有用性
    石岡 秀基, 石黒 保直, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 黒河内 顕, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会雑誌 47 Suppl.2 258 - 258 (一社)日本消化器外科学会 2014年10月
  • 【膵炎大全〜もう膵炎なんて怖くない〜】 膵炎各論 アルコール性膵炎
    佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 直哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 石黒 保直, 黒河内 顕, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 栗原 克己, 安田 是和
    胆と膵 35 臨増特大 1125 - 1129 医学図書出版(株) 2014年10月 [査読無し][通常論文]
     
    アルコール摂取(多飲)は急性膵炎、慢性膵炎の成因として最も頻度が高い。他の成因と異なり、アルコール性膵炎は断酒・禁煙で発症・進展の予防が可能で、生活指導が重要な疾患である。その一方で「アルコール性」を規定するエタノール摂取量の明確な基準はなく、その発症・進展の機序についても不明な点が多い。慢性膵炎臨床診断基準2009では慢性膵炎をアルコール性と非アルコール性に分類し、発症前、発症早期に治療介入ができるように慢性膵炎疑診、早期慢性膵炎の診断基準を設定した。急性膵炎でも高リスク群であるアルコール多飲者の実際の発症率は低率で、遺伝子異常(SPINK1、PRSS1など)など、他の要因が深く関与していることが想定されている。アルコール性急性膵炎、慢性膵炎の診断・治療は、他の成因によるものと大きく変わるところはなく、介入治療は改訂アトランタ分類2012による膵炎局所合併症の新分類に応じた適切な時期・手技で行うことが推奨される。(著者抄録)
  • 清水 敦, 佐田 尚宏, 森嶋 計, 兼田 裕司, 石黒 保直, 三木 厚, 黒河内 顕, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 田中 昌宏, 安田 是和
    外科 76 7 747 - 752 (株)南江堂 2014年07月 [査読無し][通常論文]
     
    胆道手術におけるドレーン挿入の功罪を臨床試験の結果から検討した.膿瘍・穿孔などの合併症がない胆嚢摘出術では,開腹・腹腔鏡下ともにドレーンの挿入は創感染,呼吸器感染といった術後の合併症を増やし,それに見合う利点がないとされる.胆道切開や胆管切除・吻合でも同様に,ドレーンの利点が乏しいという結果が得られている.ルーチンワークとして行われがちなドレーンの挿入であるが,evidence-based medicine(EBM)に基づき再考すべきである.(著者抄録)
  • Yukihiro Sanada, Naoya Yamada, Masanobu Taguchi, Kazue Morishima, Naoya Kasahara, Yuji Kaneda, Atsushi Miki, Yasunao Ishiguro, Akira Kurogochi, Kazuhiro Endo, Masaru Koizumi, Hideki Sasanuma, Takehito Fujiwara, Yasunaru Sakuma, Atsushi Shimizu, Masanobu Hyodo, Naohiro Sata, Yoshikazu Yasuda
    INTERNATIONAL SURGERY 99 4 426 - 431 2014年07月 [査読有り][通常論文]
     
    We report a 71-year-old man who had undergone pylorus-preserving pancreatoduodenectomy (PPPD) using PPPD-IV reconstruction for cholangiocarcinoma. For 6 years thereafter, he had suffered recurrent cholangitis, and also a right liver abscess (S5/8), which required percutaneous drainage at 9 years after PPPD. At 16 years after PPPD, he had been admitted to the other hospital because of acute purulent cholangitis. Although medical treatment resolved the cholangitis, the patient was referred to our hospital because of dilatation of the intrahepatic biliary duct (B2). Peroral double-balloon enteroscopy revealed that the diameter of the hepaticojejunostomy anastomosis was 12 mm, and cholangiography detected intrahepatic stones. Lithotripsy was performed using a basket catheter. At 1 year after lithotripsy procedure, the patient is doing well. Hepatobiliary scintigraphy at 60 minutes after intravenous injection demonstrated that deposit of the tracer still remained in the upper afferent loop jejunum. Therefore, we considered that the recurrent cholangitis, liver abscess, and intrahepatic lithiasis have been caused by biliary stasis due to nonobstructive afferent loop syndrome. Biliary retention due to nonobstructive afferent loop syndrome may cause recurrent cholangitis or liver abscess after hepaticojejunostomy, and double-balloon enteroscopy and hepatobiliary scintigraphy are useful for the diagnosis of nonobstructive afferent loop syndrome.
  • Naohiro Sata, Masaru Koizumi, Yuji Kaneda, Yasunao Ishiguro, Akira Kurogochi, Kazuhiro Endo, Hideki Sasanuma, Yasunaru Sakuma, Alan Lefor, Yoshikazu Yasuda
    JOURNAL OF GASTROINTESTINAL SURGERY 18 4 858 - 864 2014年04月 [査読有り][通常論文]
     
    Rational treatment for neoplasms of the duodenal papilla (NDPs) is still controversial, especially for early stage lesions. Total papillectomies are indicated in patients expected to have adenomas, adenocarcinoma in an adenoma, or mucosal adenocarcinomas with no lymph node metastases. However, the preoperative pathological evaluation of NDPs is still challenging and often inaccurate, mainly because of the complicated anatomical structures involved and the possibility of an adenocarcinoma in an adenoma. Herein, we introduce a new method of total papillectomy, the extraduodenal papillectomy (ExDP). In this method, papillectomy is undertaken from outside of the duodenum, instead of resection from the inside through a wide incision of the duodenal wall as is done in conventional transduodenal papillectomy (TDP). The advantages of ExDP are precise and deeper cutting of the sphincter and shorter exploration time of the tumor compared to conventional TDP. We demonstrate three representative patients, all of whom had an uneventful postoperative course. One of them subsequently underwent a pylorus preserving pancreatoduodenectomy after detailed postoperative pathological evaluation. Including that patient, no recurrence has occurred with 37-46 months of follow-up. In conclusion, ExDP is regarded as a "total biopsy" for early stage borderline lesions and a feasible, less demanding alternative method for the treatment of NDPs.
  • 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 遠藤 和洋, 小泉 大, 安田 是和
    胆道 28 5 741 - 746 日本胆道学会 2014年 [査読無し][通常論文]
     
    厚生労働省難治性疾患克服研究事業難治性肝・胆道疾患調査研究班参加施設を対象に,1990-2009年の肝内結石症合併肝内胆管癌のProfile調査を行った.調査期間の肝内結石症症例は696例,肝内胆管癌合併症例は37例(5.3%)であった.癌合併症例の肝内結石症罹患期間は,従来から特徴的とされる肝内結石症罹患歴10年以上の症例が37%と最多であったが,肝内結石とほぼ同時に癌が発見された肝内結石症罹患歴0-6カ月の症例が36%とほぼ同数認められ,その頻度は2000年以降増加していた.肝内結石症に合併する肝内胆管癌の65%が腫瘤指摘により診断され,その治療成績は極めて不良であった.肝内胆管癌の診断は従来の直接造影法もしくは胆管内内視鏡による細胞診・生検が主で,2000年以降臨床使用されているMRI-DWI, FDG-PETなどの新たな診断Modalityの実施頻度は低く,その評価は困難であった.今後さらに症例を集積し肝内胆管癌早期発見のための診断方法についての検討が必要である.
  • Kasper Jarlhelt Andersen, Anders Riegels Knudsen, Anne-Sofie Kannerup, Hideki Sasanuma, Jens Randel Nyengaard, Stephen Hamilton-Dutoit, Morten Ladekarl, Frank Viborg Mortensen
    HPB : the official journal of the International Hepato Pancreato Biliary Association 15 12 944 - 50 2013年12月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Sorafenib is a multikinase inhibitor with antiangiogenic and antiproliferative properties, approved for the treatment of hepatocellular carcinoma. The effect of Sorafenib on liver regeneration in healthy rats was investigated. METHODS: Sixty Wistar rats received either Sorafenib (group S; 15 mg/kg) or placebo for 14 days prior to resection and until sacrifice. After a 70% partial hepatectomy, the rats were euthanized on post-operative days (POD) 2, 4 or 8. Hepatocyte proliferation was estimated by immunohistochemistry for Ki-67 antigen using stereological methods on sections prepared by systematic uniform random sampling. RESULTS: Seven animals (12%) died after surgery. Death rates were similar in treated rats and controls. At hepatectomy, the body weight was significantly lower in group S rats. The liver weight and regeneration rates were lower in group S rats on PODs 2, 4 and 8. Hepatocyte proliferation was significantly lower in group S animals on PODs 2 and 4. Alanine aminotransferase ALAT was significantly higher in the Sorafenib-treated group on PODs 2, 4 and 8. Alkaline phosphatase ALP and bilirubin levels were similar in the two groups, although bilirubin was elevated in group S rats on POD 8. CONCLUSION: In this rat model, Sorafenib did not increase post-hepatectomy mortality, but was associated with a significant impaired liver weight gain, regeneration rates and hepatocyte proliferation.
  • 佐田尚宏, 笹沼英紀, 小泉大, 兼田裕司, 石黒保直, 黒河内顕, 佐久間康成, 安田是和
    肝胆膵 67 5 687 - 692 (株)アークメディア 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 佐田尚宏, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 安田是和
    胆とすい 34 11 1159 - 1164 医学図書出版(株) 2013年11月 [査読無し][通常論文]
     
    肝内結石症の画像診断は、肝内胆管に結石が確実に存在するという存在診断と、肝内胆管全枝における結石の有無を見極める部位診断から成る。肝内結石症例の多くは胆管炎、肝内胆管癌の併存のため、正確な部位診断が困難である。厚生労働省難治性肝・胆道疾患に関する調査研究班により作成された「肝内結石症の診療ガイド」の肝内結石診断フローチャートでは、画像診断法をスクリーニングで肝内結石症の存在診断を行う1次検査法、詳細な部位診断、肝内胆管癌の有無、手術適応を判断する非侵襲的な2次検査法、治療を前提とした侵襲的3次検査法に分類している。今後肝内結石症に合併する肝内胆管癌の予後を改善するためにも、従来の超音波検査、CT、MRC(MRI)、ERC、PTCだけではなくFDG-PET、diffusion MRI、perfusion CTなど新たなmodalityを含む画像診断能の向上が望まれる。(著者抄録)
  • 肝移植周術期管理におけるエンドトキシンの測定意義
    眞田 幸弘, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 岡田 憲樹, 山田 直也, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和, 水田 耕一
    日本消化器外科学会雑誌 46 Suppl.2 160 - 160 (一社)日本消化器外科学会 2013年10月
  • 超音波照射による生体組織の安全性評価 動物実験用システム
    新田 尚隆, 石黒 保直, 笹沼 英紀, 安田 是和, 谷口 信行, 秋山 いわき
    電子情報通信学会技術研究報告(超音波) 113 167 37 - 40 (一社)電子情報通信学会 2013年07月 [査読無し][通常論文]
     
    診断用超音波出力に関する安全基準はIspta≦720mW/cm2及びMI≦1.9である。米国を中心にこの基準を見直す動きがある。我々は、動物実験(ウサギ)を用いた超音波照射による組織損傷と温度上昇を検討するための実験システムを開発した。特に、照射中の生体内部での温度上昇を計測するために、振動子に貫通した孔をあけ、そこに熱電対を通して超音波の焦点領域における温度上昇を測定した。(著者抄録)
  • 佐田尚宏, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 安田是和
    胆とすい 34 6 465 - 468 医学図書出版(株) 2013年06月 [査読無し][通常論文]
     
    肝内結石症に合併する肝内胆管癌は、重要な予後規定因子であるが、診断法の進歩した現在でも診断は困難で予後は不良である。2007年難治性疾患克服事業「肝内結石症に関する調査研究班」で第6次肝内結石症全国疫学調査および第5次全国疫学調査のコホート調査が行われ、「胆道再建の既往」、「肝萎縮」および「治療が切石のみ」が肝内胆管癌発症のリスク因子として抽出された。2009年「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究班」肝内結石分科会で行った「肝内結石症に合併する肝内胆管癌プロファイル調査」では、肝内胆管癌の発見動機は腫瘤形成が最も多かったが、腫瘤形成例では切除率が低く、予後も極めて不良であった。2000年以降は従来型の肝内結石長期罹患による発癌症例は減少しており、肝内結石症と同時に発見される肝内胆管癌症例が過半数を占めていた。肝内胆管癌早期発見のための画像診断法は確立されておらず、今後の重要な検討課題である。(著者抄録)
  • 佐田尚宏, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和
    手術 67 6 989 - 995 2013年05月 [査読無し][通常論文]
  • Shimodaira K, Miyakura Y, Sadatomo A, Miyazaki C, Sasanuma H, Koinuma K, Horie H, Hozumi Y, Lefor AT, Yasuda Y
    Journal of surgical case reports 2013 5 2013年05月 [査読有り][通常論文]
     
    We report a rare case of acute mastitis caused by enteric organisms passing through a cystoperitoneal shunt catheter, which had penetrated into the colon. The patient is a 56-year-old woman who underwent shunt placement for cyst formation after surgery for meningioma at the age of 29. After 26 years, she suffered from a brain abscess and an attempt was made to surgically remove the indwelling catheter. Only part of the catheter could be removed, leaving a divided and ligated catheter in situ. A year later, she described right-breast pain. CT showed that the catheter had migrated into the colon, followed by colonoscopy confirming that the catheter had indeed penetrated the colon. The breast to the abdomen segment of the catheter was exteriorized through the right-anterior chest wall without laparotomy. A patient who presents with acute mastitis and has previously undergone shunt surgery should have a careful assessment of the entire catheter.
  • 小泉大, 佐田尚宏, 田口昌延, 笠原尚哉, 石黒保直, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, LEFOR Alan, 安田是和
    自治医科大学紀要 35 87 - 91 (学)自治医科大学 2013年03月 [査読無し][通常論文]
     
    2001年〜2011年に施行した大腿ヘルニア手術症例52例を検討した。全例でCT施行し、大腿ヘルニアの術前診断は41例(CT正診率80%)だった。嵌頓群は37例(71%)で、イレウス症状は20例(嵌頓群の54%)で認め、全例緊急手術を要した。ヘルニア内容は小腸27例(73%)が最も多かった。腸切除は16例(43%)で施行した。発症から手術までの経過時間は、切除群と非切除群で平均値は同等で有意差を認めなかった(P=0.621)。後壁補強はMcVay法が37例(95%)で施行され、非嵌頓群では各種メッシュ法が53%で選択されていた。術後合併症は嵌頓群で有意に多かったが、腸切除の有無では有意差を認めなかった。腸切除を避けるためには、早期診断・治療が必要であり、発症からできるだけ早いタイミングでの介入が有効と考えられた。(著者抄録)
  • 遠藤和洋, 佐田尚宏, 田口昌延, 兼田裕司, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 安田是和
    胆とすい 34 1 69 - 73 医学図書出版(株) 2013年01月 [査読無し][通常論文]
     
    胆膵領域の診断に用いられる画像診断装置の進歩は著しい。これら画像診断装置から得られる高精細の情報を、系統的に活用する手法の開発が必要である。われわれは、画像情報を処理することによるvirtual 3D model(仮想三次元モデル)を作成した。さらに、産業界で用いられる3次元プリンタのrapid prototyping法によりreal 3D model(実体3次元モデル)を作成する手法を開発した。本手法により患者の個人情報を直接反映した臓器モデルが作成可能である。Virtual 3D modelは、コンピューター上での加工、処理が容易である。Real 3D modelは直接の大きさの把握や曲面の理解などに寄与する。デジタルとアナログの組み合わせにより、より詳細な理解や情報共有が得られる。今後は臨床のみならず、教育や患者コミュニケーションツールとしての活用も期待される。(著者抄録)
  • 佐田尚宏, 黒河内顕, 遠藤和洋, 兼田裕司, 小泉大, 笹沼英紀
    難治性膵疾患に関する調査研究 平成24年度 総括・分担研究報告書 201 - 202 2013年 [査読無し][通常論文]
  • Nihei Y, Sasanuma H, Yasuda Y
    Journal of Medical Ultrasonics 40 1 9 - 18 2013年01月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: We previously showed that blood flow in the portal vein was pulsatile and influenced by both the inferior vena cava and the arterial system in a complex manner (Nihei et al., 38:141-149, 2011). The objective of the present study is to identify determinants of blood flow and to clarify the source of pulsatile flow in the portal vein. METHODS: Three-breed terminal crossbreed mini-pigs underwent general anesthesia. Pressure and flow in the portal vein, inferior vena cava, hepatic artery, and mesenteric artery were measured simultaneously. Vascular occluders were placed in the inferior vena cava, hepatic artery, and mesenteric artery to examine the effects of clamping on portal venous flow. RESULTS: Clamping of the mesenteric artery altered pressure and flow waves in the portal vein to waveforms similar to those in the inferior vena cava. Waves resembling those of the inferior vena cava superimposed on portal venous flow appeared later than waves of the inferior vena cava. Clamping of the inferior vena cava promptly altered portal venous pressure and flow. Because clamping of the inferior vena cava led to a sharp rise in portal venous pressure, detailed evaluations were not feasible. Clamping of the hepatic artery had no effect on flow-wave pulsation in the portal vein. CONCLUSIONS: In the hepatic circulation, flow-wave pulsation in the portal vein is influenced by flow in the inferior vena cava via the sinusoids and by flow in the mesenteric artery via the capillary vessels of the intestine.
  • Kasper Jarlhelt Andersen, Anders Riegels Knudsen, Anne-Sofie Kannerup, Hideki Sasanuma, Jens Randel Nyengaard, Stephen Hamilton-Dutoit, Erland J Erlandsen, Bo Jørgensen, Frank Viborg Mortensen
    International journal of surgery (London, England) 11 9 903 - 8 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Rodent models have been used to evaluate aspects of liver regeneration. The aim of the present study was to investigate the natural history of liver regeneration in healthy rats. METHODS: A 70% partial hepatectomy was performed in 64 rats. The animals were randomised into 8 groups and evaluated on postoperative days one to eight. Hepatocyte proliferation was evaluated by immunohistochemistry using unbiased stereological principles. RESULTS: The mean rat body weight was 238 g (211-287). The mean weight of the resected liver was 6.3 g (5.2-7.3) and the estimated mean total liver weight was 8.9 g (7.4-10.4). Both liver weight analysis and regeneration rate showed an ascending curve, with a maximum slope on postoperative days 1-4, reaching a steady state on days 5-8. Hepatocyte proliferation (positive Ki-67 cell profiles pr. mm(2)) was high (250 cell profiles/mm(2)) on postoperative days 1-3 and tapered off on day 5. CONCLUSION: Seventy percent partial hepatectomy in healthy rats induces a rapid regenerative response and PODs 2, 4 and 8 seems optimal for assessing hepatic growth in future studies.
  • Masaru Koizumi, Naohiro Sata, Masanobu Taguchi, Naoya Kasahara, Kazue Morishima, Yuji Kaneda, Atsushi Miki, Kunihiko Shimura, Hideki Sasanuma, Takehito Fujiwara, Makoto Ota, Atsushi Shimizu, Masanobu Hyodo, Alan T. Lefor, Yoshikazu Yasuda
    JOURNAL OF SURGICAL EDUCATION 69 5 605 - 610 2012年09月 [査読有り][通常論文]
     
    OBJECTIVE: The Lichtenstein inguinal hernia repair is commonly performed and suitable for teaching basic surgical skills. The objective of this study is to evaluate the feasibility of this procedure for surgical training, particularly in regard to patient outcomes.DESIGN: Retrospective case review after introduction of an integrated teaching program.SETTING: University teaching hospital.PARTICIPANTS: The Lichtenstein inguinal hernia repair is the standard procedure for adult primary unilateral inguinal hernia since 2003 at Jichi Medical University. We introduced an integrated teaching system of lectures, skill training, and videos to teach the skills for Lichtenstein inguinal hernia repair to residents and junior faculty in 2003. Cases were retrospectively divided into 4 groups. based on the experience of the operating surgeon; junior residents (PGY 1-2, group A), senior residents (PGY 3-5, group B), junior faculty (PGY 6-10, group C), and senior faculty (PGY 11 or more, group D). Background, perioperative factors, and outcomes were evaluated among the groups.RESULTS: A total of 246 elective inguinal hernia repairs (group A: 136, group B: 49, group C: 42, group D: 19) were performed. There was a significant difference in the frequeney of concomitant diseases (p = 0.012) and anticoagulant therapy (p = 0.031). Average operating time was 80.7 +/- 24.9, 72.6 +/- 20.8, 63.5 +/- 22.0, and 54.7 +/- 27.9 (min +/- SD) in groups A, B, C, and D, respectively, with a significant difference between groups A and D (p < 0.001). No significant differences were observed in estimated blood loss (p = 0.216) or morbidity (p = 0.294).CONCLUSIONS: The Lichtenstein inguinal hernia repair can be safely performed by residents and junior faculty with the appropriate supervision of senior faculty without any disadvantage to patients. This integrated teaching program for Lichtenstein inguinal hernia repair is effective and feasible for training residents and junior faculty. (J Surg 69:605-610. (C) 2012 Association of Program Directors in Surgery. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.)
  • 佐田尚宏, 兼田裕司, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和
    臨床消化器内科 27 4 461 - 464 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 石黒 保直, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, LEFOR Alan, 安田 是和
    自治医科大学紀要 35 87 - 91 自治医科大学 2012年 [査読有り][通常論文]
     
    2001年~2011年に施行した大腿ヘルニア手術症例52例を検討した。全例でCT 施行し,大腿ヘルニアの術前診断は41例(CT 正診率80%)だった。嵌頓群は37例(71%)で,イレウス症状は20例(嵌頓群の54%)で認め,全例緊急手術を要した。ヘルニア内容は小腸27例(73%)が最も多かった。腸切除は16例(43%)で施行した。発症から手術までの経過時間は,切除群と非切除群で平均値は同等で有意差を認めなかった(P=0.621)。後壁補強は McVay 法が37例(95%)で施行され,非嵌頓群では各種メッシュ法が53%で選択されていた。術後合併症は嵌頓群で有意に多かったが,腸切除の有無では有意差を認めなかった。腸切除を避けるためには,早期診断・治療が必要であり,発症からできるだけ早いタイミングでの介入が有効と考えられた。
  • 瑞木 亨, 俵藤 正信, 丸山 博行, 笹沼 英紀, 清水 敦, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本門脈圧亢進症学会雑誌 18 4 208 - 214 日本門脈圧亢進症学会 2012年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は30歳,男性,日系ブラジル人.左季肋部鈍痛の精査で高度の血小板減少と脾腫を指摘された.腹部血管造影所見から特発性門脈圧亢進症と考えられ,最大径40 mmの多発脾動脈瘤を合併していた.肝容積を上回る著明な脾腫と瘤径の大きな多発脾動脈瘤に対して,2回のコイルによる脾動脈瘤塞栓術にて脾動脈本幹の血流を遮断し,待期的に脾摘術と脾動脈瘤切除術を施行した.術中超音波で肝外門脈に壁在血栓を認めた.脾重量は900 gで,肝生検の病理所見では特発性門脈圧亢進症による変化と診断された.術後は門脈血栓増悪を予防するためAT-III製剤,抗Xa活性阻害剤投与による抗凝固療法を行い,ワーファリン内服を開始した.経過良好で術後第11病日に退院した.外来経過観察中のCT検査で門脈血栓の増大が認められたが,ワーファリン内服の継続により消失した.門脈・脾静脈血栓発生の危険の大きい巨脾に多発脾動脈瘤を伴う特発性門脈圧亢進症の治療に対して,一連の治療戦略は安全に機能した.
  • Toru Zuiki, Naohiro Sata, Hideki Sasanuma, Masaru Koizumi, Kunihiko Shimura, Yasunaru Sakuma, Masanobu Hyodo, Alan T. Lefor, Yoshikazu Yasuda
    Clinical Journal of Gastroenterology 4 6 412 - 417 2011年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Carcinoma of the minor duodenal papilla is extremely rare. We present the case of a 69-year-old man diagnosed with a tumor of the second portion of the duodenum by upper gastrointestinal endoscopy, which revealed a 1.5-cm elevated tumor with slight ulceration at the minor duodenal papilla. Biopsy revealed adenocarcinoma, and a computed tomography scan showed an enhanced tumor in the duodenum, with no abnormality in the pancreatic head. A pancreas-sparing segmental duodenectomy was performed, and the duodenum reconstructed with an end-to-end anastomosis. Microscopically, the tumor was a well-differentiated adenocarcinoma, with no infiltration at the cut end of the accessory pancreatic duct. The postoperative course was uneventful and the patient discharged on postoperative day 11. We reviewed previously reported cases of carcinoma of the minor duodenal papilla. Early and exact preoperative diagnosis of duodenal neoplasms makes it possible to select a less invasive treatment, which also maintains curability. © 2011 Springer.
  • NIHEI Yoshito, SASANUMA Hideki, YASUDA Yoshikazu
    Journal of medical ultrasonics : official journal of the Japan Society of Ultrasonics in Medicine 38 3 141 - 149 2011年07月 [査読無し][通常論文]
  • 森嶋 計, 俵藤 正信, 小泉 大, 笹沼 英紀, 仁平 芳人, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 太田 真, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和
    肝臓 52 2 126 - 130 一般社団法人 日本肝臓学会 2011年02月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は69歳,男性.CT,MRIで肝右葉に早期濃染される最大径15 cmの巨大腫瘍と外側区域と尾状葉に数個の小腫瘍を認め,PIVKAIIの高値と画像所見から肝細胞癌と診断した.総コレステロール855 mg/dl ,トリグリセリド753 mg/dl と著明な高脂血症も認めた.2年前の総コレステロールは250 mg/dl であった.胆汁うっ滞所見がなく,高脂血症の家族歴もなく,急激な上昇を認めていることから腫瘍随伴症候群による高脂血症と考えられた.右肝の主腫瘍切除後,総コレステロール・トリグリセリド値は急速に改善したが,術後早期に肝内再発をきたし,肝動脈化学塞栓療法を行うも著効なく,骨転移により急速な転帰をたどった.
  • 佐田尚宏, 遠藤和洋, 兼田裕司, 小泉大, 笹沼英紀
    難治性膵疾患に関する調査研究 平成20-22年度 総合研究報告書 269 - 272 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 石黒 保直, 佐久間 康成, 笹沼 秀紀
    手術 64 10 1583 - 1587 金原出版 2010年09月 [査読無し][通常論文]
  • Masaru Koizumi, Naohiro Sata, Naoya Kasahara, Kazue Morishima, Hideki Sasanuma, Yasunaru Sakuma, Atsushi Shimizu, Masanobu Hyodo, Yoshikazu Yasuda
    Journal of the Pancreas 11 1 36 - 40 2010年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Context: Although surgical resection is the only curative therapeutic option for recurrent or metachronous pancreatic carcinomas, most such cancers are beyond surgical curability. We herein report on two rare cases of remnant pancreatectomy used to treat recurrent or metachronous pancreatic carcinomas. Case reports: Case#1 A 65-year-old male developed weight loss and diabetes mellitus 83 months after a pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy followed by two years of adjuvant chemotherapy (5-fluorouracil plus leucovorin plus mitomycin C) for a pancreatic carcinoma in the head of the pancreas (stage IA). An abdominal CT scan revealed a 3 cm tumor in the remnant pancreas which appeared as a 'hot' nodule on FDG-PET. A remnant distal pancreatectomy was performed and a pancreatic carcinoma similar in profile to the primary lesion (stage IIB) was confirmed pathologically. Case#2 A 67-year-old male showed increased CA 19-9 levels 25 months after a distal pancreatectomy for a pancreatic carcinoma in the body of the pancreas (stage IA). An abdominal CT scan revealed a cystic lesion in the cut end of the pancreas which appeared as a 'hot' nodule on FDG-PET. A remnant proximal pancreatectomy with duodenectomy was performed and a metachronous pancreatic carcinoma (stage III) was confirmed pathologically. Conclusion: Remnant pancreatectomy can be considered a treatment option for recurrent or metachronous pancreatic carcinomas. FDG-PET can play a key role in detecting remnant pancreatic carcinomas.
  • Hideki Sasanuma, Frank V. Mortensen, Anders R. Knudsen, Peter Funch-Jensen, Masaki Okada, Hideo Nagai, Yoshikazu Yasuda
    Annals of Surgical Innovation and Research 3 16  2009年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: The surgical strategy for the treatment of colorectal cancer and synchronous liver metastases remains controversial. The aim of the present study was to investigate the effects of colonic resection on liver function and regeneration in a rat model.Methods: Ninety-six Sprague-Dawley rats were block-randomized into six groups: Group I had a laparotomy performed. Group II had 1 cm colon resected and anastomosed. Group III and V had 40% or 70% of the liver resected, respectively. Additionally Group IV and VI had 1 cm colon resected and anastomosed, respectively. Body weight was recorded on postoperative day 0, 3, 5 and 7. Rats were sacrificed on postoperative day 7 by rapid collection of blood from the inferior vena cava, and endotoxin levels were measured. Remnant liver function was evaluated by means of branched amino acids to tyrosine ratio. Liver regeneration was calculated by (liver weight per 100 g of the body weight at sacrifice/preoperative projected liver weight per 100 g of the body weight) × 100.Results: The total number of complications was significantly higher in Group VI than Group I, III, IV, and V. Body weight and branched amino acids to tyrosine ratio were both significantly lower in rats that had simultaneous colonic and liver resection performed. Hepatic regeneration rate was significantly higher in the simultaneous colectomy group. Systemic endotoxin levels were unaffected by simultaneous colectomy on postoperative day 7.Conclusions: In our model morbidity seems to be related to the extent of hepatic resection. In rats undergoing liver resection, simultaneous colectomy induced a higher degree of hepatic regeneration rate. Body weight changes and branched amino acids to tyrosine ratio were negatively affected by simultaneous colectomy. © 2009 Sasanuma et al licensee BioMed Central Ltd.
  • 眞田 幸弘, 笹沼 英紀, 伊澤 祥光, 関口 忠司
    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 70 5 1291 - 1296 日本臨床外科学会 2009年05月 [査読無し][通常論文]
     
    今回われわれは,甲状腺濾胞腺腫術後8年に高サイログロブリン血症を契機に発見された甲状腺濾胞癌異時性多発骨転移の症例を経験したので報告する.症例は43歳,女性.1998年7月,左甲状腺腫瘍に対して左葉切除術を施行.病理は,異型腺腫であった.2006年8月,血清サイログロブリン値(以下,血清Tg値)が7,867ng/mlと著明に上昇していたため,精査を行ったが,局所再発や遠隔転移の所見は得られず,原因は明らかにされなかった.2007年4月には血清Tg値が12,000ng/mlまで上昇したため,さらに精査をすすめたところ,多発骨転移が発見され,骨生検で濾胞癌と診断された.2007年7月,残存甲状腺を全摘し,術後34日からI-131内用療法を行った.現在,血清Tg値は低下傾向にある.甲状腺濾胞性腫瘍は良悪性の診断が難しく,良性と診断されても,遠隔転移の可能性を念頭におき,定期的,かつ慎重な術後管理を長期間行う必要がある.
  • 田口 昌延, 笹沼 英紀, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 70 8 2509 - 2514 Japan Surgical Association 2009年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は34歳,男性.某年12月に腹痛を主訴に前医を受診した.CT検査等で,上腹部から骨盤腔内まで占める腹腔内多房性嚢胞を指摘され,膵仮性嚢胞の診断にて経皮的ドレナージを施行し症状は軽快した.4年後4月に再び腹痛が出現.再度経皮的ドレナージを施行したが症状の改善は認めず当院へ紹介となった.CT,MRIにて胃小彎に接した多房性の巨大な腫瘍を認め,膵外病変と考えられた.小網原発のリンパ管腫と診断し手術を施行した.開腹時,小網を主座とする巨大な多房性嚢胞性腫瘍を認めた.膵・胃などと癒着していたが他臓器への浸潤はなく,腫瘍摘出術を施行した.切除標本で腫瘍は16×12×9cm,800gで病理組織学的にcystic lymphangiomaと診断された.術後の経過は良好で14日目に退院となり症状も軽快した.
  • 田口 昌延, 笹沼 英紀, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 70 8 2509 - 2514 日本臨床外科学会 2009年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は34歳,男性.某年12月に腹痛を主訴に前医を受診した.CT検査等で,上腹部から骨盤腔内まで占める腹腔内多房性嚢胞を指摘され,膵仮性嚢胞の診断にて経皮的ドレナージを施行し症状は軽快した.4年後4月に再び腹痛が出現.再度経皮的ドレナージを施行したが症状の改善は認めず当院へ紹介となった.CT,MRIにて胃小彎に接した多房性の巨大な腫瘍を認め,膵外病変と考えられた.小網原発のリンパ管腫と診断し手術を施行した.開腹時,小網を主座とする巨大な多房性嚢胞性腫瘍を認めた.膵・胃などと癒着していたが他臓器への浸潤はなく,腫瘍摘出術を施行した.切除標本で腫瘍は16×12×9cm,800gで病理組織学的にcystic lymphangiomaと診断された.術後の経過は良好で14日目に退院となり症状も軽快した.
  • 佐田尚宏, 笠原尚哉, 森嶋計, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 安田是和
    臨床外科 63 12 1537 - 1543 (株)医学書院 2008年11月 [査読無し][通常論文]
     
    膵温存十二指腸切除術には多彩な術式があり,十二指腸早期癌,十二指腸腺腫症,GIST(gastrointestinal stromal tumor)などの低悪性度腫瘍,他臓器からの癌浸潤,外傷などが適応となる.膵温存十二指腸第2・3部切除術では主乳頭・副乳頭の処理の有無や切除範囲によりその再建方法は異なり,多くの例で空腸空置が必要になる.合併症としては,吻合部狭窄(胃内容停滞),膵瘻,膵炎など膵に起因する病態に注意する必要がある.本術式は十二指腸,膵臓,胆管およびこれらの支配血管系の解剖を熟知すれば安全に施行できる手技であるが,根治性を損なわないことが重要で,症例選定のため十分な術前検討を行う必要がある.(著者抄録)
  • Hideki Sasanuma, Frank Viborg Mortensen, Masanobu Hyodo, Masaki Okada, Yoshikazu Yasuda, Peter Funch-Jensen, Hideo Nagai
    EUROPEAN SURGICAL RESEARCH 39 1 17 - 22 2007年 [査読有り][通常論文]
     
    Background: A combined colorectal and hepatic resection is considered too risky by many surgeons owing to the high risk of postoperative septic complications. The aim of the present study was to investigate the effects of hepatic resection on the healing of left-sided colonic anastomoses in rats on postoperative day 7. Material and Methods: Fifty-four Sprague-Dawley rats were block-randomized into three groups. In each group, 1 cm of the left side of the colon was resected and anastomosed. Additionally, 40 or 70% of the liver was resected in group 2 and 3, respectively. Rats were killed on postoperative day 7. The abdominal cavity was inspected for the presence of complications. The bursting pressure and hydroxyproline content of the anastomoses were measured. Results: The total number of complications was significantly higher in group 3 than in group 2. Anastomotic bursting pressure and hydroxyproline content did not differ significantly among the groups. Conclusions: Increasing the extent of simultaneous hepatic resection did not significantly affect the healing of left-sided colonic anastomoses in rats on postoperative day 7, although there was a tendency towards lower bursting pressure paralleling the extent of liver resection. Excessive hepatic resection with colectomy may increase postoperative complications. Copyright (c) 2007 S. Karger AG, Basel.
  • H. Sasanuma, Y. Yasuda, E. V. Mortensen, K. Yamashita, Y. Nihei, N. Houjou, H. Chiba, A. Shimizu, M. Okada, H. Nagai
    SCANDINAVIAN JOURNAL OF SURGERY 95 3 176 - 179 2006年 [査読有り][通常論文]
     
    Background: The surgical strategy for the treatment of colorectal cancer and synchronous hepatic metastases remains controversial. Many surgeons fear anastomotic leakage and intraperitoneal abscesses when performing a one-step procedure. They prefer a two-step procedure with a liver resection 2 to 3 months after resection of the colorectal primary lesion. Subjects and Methods: We analysed medical records from April 1994 to April 2002 for a total of 42 patients with colorectal cancer and synchronous liver metastases who underwent simultaneous liver and colorectal resections with a primary anastomosis. Special attention was paid to data on surgical procedures, postoperative morbidity, and mortality. Results: Forty-two patients, 24 men and 18 women, were studied. Median operating time was 6.50 hours (3.75-11.0 hours), and median blood loss was 1522 ml (range 288 to 5650 ml). Postoperative complications included pleural effusion in 4 patients, ileus in 3, anastomotic leakage in 2, intraperitoneal pelvic abscesses in 1. pneumonia in 1, bile leakage in 1, atelectasis in 1, and wound infection in 1. There was no perioperative mortality. Conclusion: Simultaneous colorectal resection with a primary anastomosis and hepatectomy for synchronous liver metastases is considered a safe procedure.
  • 俵藤 正信, 大塚 紳, 笹沼 英紀, 関口 忠司, 永井 秀雄
    自治医科大学紀要 29 41 - 47 自治医科大学 2006年 [査読無し][通常論文]
     
    高齢者(80歳以上)の開腹術後におけるNPPVの有効性を明らかにする目的で,帰室時から第一病日までBiPAPを施行した群(30名)と酸素マスクのみのno-BiPAP群(29名)で,酸素化能(PaO_2/FiO_2:P/F比)と換気能(PaCO_2),術後心肺合併症,BiPAP合併症,在院日数を遡及的に検討した。P/F比ではno-BiPAP群は術前に比して帰室後,第一病日朝が有意に低下し,BiPAP群が帰室後,第1病日朝でno-BiPAP群より有意に高かった(375.3±88vs291±64.9,348.7±86.8vs279.5±61.8,p<0.05)。PaCO_2は有意差がなかった。心肺合併症発生率ではno-BiPAP群で有意に高かった。これらの結果からNPPVは高齢者開腹手術の術後呼吸管理に有用であることが示唆された。
  • 笹沼 英紀, 俵藤 正信, 宇井 崇, 関口 忠司, 廣田 紀男
    日本消化器外科学会雑誌 39 1 120 - 125 一般社団法人 日本消化器外科学会 2006年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は70歳の男性で発熱, 左下腹部痛, 食欲不振を主訴に近医受診しUS上S状結腸壁の肥厚を指摘され紹介となった. 左下腹部に圧痛を伴う腫瘤を触知し, 血液検査でWBC16,290/μl, CRP11.47mg/dl, CA19-9 100.5U/mlと上昇していた. 注腸検査では直腸からS状結腸に約12cmの狭窄像を認めた. CTでは同部位に著明な壁肥厚像, 憩室, 直腸周囲のリンパ節腫脹と左水腎症を認めた. 保存的治療が限界となり, 悪性腫瘍による尿管浸潤を強く疑い開腹手術を行った. S状結腸に炎症を主体とする病変があり尿管が巻き込まれていた. 低位前方切除術, 回腸瘻造設術を施行した. 病理組織的診断では悪性所見はなく憩室に起因する急性・慢性炎症であった. 退院後, 3か月目のCTで左水腎症は改善傾向を示していた. 憩室炎は日常遭遇するごく一般的な疾患であるが, 尿管狭窄から水腎症を合併することはまれで, 悪性腫瘍との鑑別が難しい. 文献的な考察を加えて報告する.
  • 胃癌・大腸癌に対する吊り上げ式腹腔鏡補助下手術 地域病院での経験(Gasless laparoscopy-assisted surgery for gastric and colorectal cancer in a small rural hospital)
    俵藤 正信, 笹沼 英紀, 宇井 崇, 尾本 和, 千葉 英男, 大平 猛, 大塚 紳, 熊野 秀俊, 関口 忠司, 永井 秀雄
    自治医科大学医学部紀要 28 25 - 35 (学)自治医科大学 2005年12月 [査読無し][通常論文]
     
    那須南病院は,吊り上げ式腹腔鏡下胆嚢摘出術の経験をもとに吊り上げ式腹腔鏡補助下胃癌・大腸癌手術を1999年から開始した.早期胃癌に対し幽門側胃切除12例と胃部分切除2例,大腸癌に対し回盲部切除1例,右半結腸切除8例,横行結腸切除2例,左半結腸切除1例,S状結腸切除4例,前方切除2例,大腸全摘1例,結腸部分切除1例を施行した.癒着や出血による開腹移行は3例であった.術者の腹腔鏡補助下手術経験は少なかったが,出血量は少なく手術時間も短時間で,重篤な術後合併症も認めなかった.胃癌症例は全例無再発生存,大腸癌症例では2例の再発を認めているが全例生存中である.吊り上げ式補助下胃・大腸切除術は小開腹創が利用でき開腹手術に準じた手術法なので,鏡視下手術の経験の少ない外科医や施設でも可能であり,気腹による心肺合併症の心配もないので高齢者に対しても適していると思われる.また開腹手術用の器具が利用可能で経済的にも優れている(著者抄録)
  • 小泉 大, 笹沼 英紀, 関口 忠司
    日本消化器内視鏡学会雑誌 47 1 42 - 48 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 2005年 [査読無し][通常論文]
     
    86歳男性.下行結腸癌イレウスで入院し,多発性肝転移,寝たきりで全身状態不良だった.直腸癌の既往歴もあり手術困難なため,expandable metallic stent(EMS)を留置し,結果良好だった.根治切除不能な大腸悪性狭窄では,人工肛門造設などの手術を行うことが一般的である.近年EMS留置の良好な結果が報告されているが,一般病院では費用面から適応が難しい.大腸EMSの適応について再考させられた症例であったので報告する.
  • 小泉 大, 井寺 奈美, 笹沼 英紀, 関口 忠司
    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 65 9 2495 - 2498 日本臨床外科学会 2004年09月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は83歳,女性.79歳時に右閉鎖孔ヘルニアで手術を受けた.初回手術のヘルニア門の修復は腹膜縫縮と卵巣縫着が施行された.術後3年を経過した平成15年3月,腹痛で発症し,腸閉塞と診断された.腹部CT検査で右閉鎖孔ヘルニアの再発を認めた.緊急手術施行時に,ヘルニア嚢内に同時に嵌頓した小腸と卵巣とを認めた.腸切除は行わず,メッシュを使用し,ヘルニア門を閉鎖した.閉鎖孔ヘルニアの修復に卵巣など骨盤内臓器を用いることは,修復としては不十分である可能性が考えられた.本邦の術後再発症例15例の文献的検討でも卵巣や卵管の縫着後の再発が認められている.近年の閉鎖孔ヘルニアの報告では,ヘルニア門の修復にメッシュ使用が増加している.ヘルニア門の確実な修復のために可能な限り,メッシュの使用を検討すべきと考えられた(著者抄録)
  • 安田是和, 笹沼英紀, 仁平芳人, 谷口信行, 永井秀雄
    医学のあゆみ 別冊 超音波医学最前線-新技術と臨床応用 134 - 138 医歯薬出版(株) 2004年05月 [査読無し][通常論文]
     
    カラードプラ法を利用した速度プロファイル法は血管の最大面を得るように縦軸方向に超音波画像を作成し血管を横断するように設定された線上のピクセルから,カラーに表示する前の速度を数字として取り出し,血管内腔の血流分布を表す方法である.これを発展させたのがフロープロファイル法であり,速度プロファイル法が線上の一次元的速度表示であるのに対し,血管の横断面の各ピクセルから同様の手法で速度情報を数としてとりだし,血管全体の流れの様子を表すことを意図した表示法である.現時点では解決すべき問題は多いものの,血管全体の血液の流れの様子を可視化して表示する方法の一つとして期待される
  • 小泉 大, 井寺 奈美, 笹沼 英紀, 関口 忠司
    日本臨床外科学会雑誌 65 9 2495 - 2498 日本臨床外科学会 2004年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は83歳,女性. 79歳時に右閉鎖孔ヘルニアで手術を受けた.初回手術のヘルニア門の修復は腹膜縫縮と卵巣縫着が施行された.術後3年を経過した平成15年3月,腹痛で発症し,腸閉塞と診断された.腹部CT検査で右閉鎖孔ヘルニアの再発を認めた.緊急手術施行時に,ヘルニア嚢内に同時に嵌頓した小腸と卵巣とを認めた.腸切除は行わず,メッシュを使用し,ヘルニア門を閉鎖した.閉鎖孔ヘルニアの修復に卵巣など骨盤内臓器を用いることは,修復としては不十分である可能性が考えられた.本邦の術後再発症例15例の文献的検討でも卵巣や卵管の縫着後の再発が認められている.近年の閉鎖孔ヘルニアの報告では,ヘルニア門の修復にメッシュ使用が増加している.ヘルニア門の確実な修復のために可能な限り,メッシュの使用を検討すべきと考えられた.
  • 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 寿彦, 石橋 敏光, 藤原 岳人, 高屋敷 典生, 永井 秀雄
    移植 38 3 227 - 232 (一社)日本移植学会 2003年06月 [査読無し][通常論文]
     
    53歳男.1982年慢性糸球体腎炎と診断され,1991年血液透析導入,1998年8月死体腎移植術(ドナー:40歳女)を受ける.腎機能は良好で移植後31日で退院となる.2001年4月(移植後2年8ヵ月)発熱と上気道炎症状に伴い右頸部に急速に増大する腫瘤を自覚した.2001年5月入院後,直ちに各種血液検査,画像検査,リンパ節生検が行われた.フローサイトメトリー(FACS)による表面抗原検査の結果,B cell lymphomaが疑われたためEBV関連PTLDと判断し,cyclosporinを中止,γ-globulin(EB high titer)の投与を行った.病理組織検査の結果,Malignant lymphoma,diffuse large cell typeであったことから,悪性リンパ腫に準じて両側頸部にTotal 45Gyの放射線照射を行った.照射後著明なリンパ節の縮小が認められ,現在,臨床上も画像上も再発の徴候はなく,cyclosporinの投与を中止したまま良好な腎機能を保っている
  • Y Hozumi, Y Hakamata, H Sasanuma, S Ogura, H Nagai
    BREAST CANCER RESEARCH AND TREATMENT 76 2 131 - 136 2002年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Background. Anastrozole, a new aromatase inhibitor, has been used to treat postmenopausal metastatic breast cancer, and several clinical trials of adjuvant treatment using this agent are ongoing. However, the effects of anastrozole on lipid metabolism are unknown. The aim of this study was to evaluate the effect of anastrozole on lipid metabolism, especially lipoprotein lipase (LPL) activity, compared with tamoxifen in rats. Methods. Ovariectomized female rats were divided into six groups: C, controls; T, tamoxifen treatment; A, anastrozole treatment; CAT, combined anastrozole/tamoxifen treatment; NAT, no treatment after tamoxifen; and AAT, anastrozole treatment after tamoxifen. The agents were orally administered for 3 weeks. Serum total cholesterol, triglycerides, and LPL activity in postheparin plasma were measured at the end of the experiment. Results. Serum cholesterol levels were significantly lower in the T and CAT groups than in controls (P < 0.001). Serum triglyceride levels were significantly higher in the T group than in the other groups (P < 0.001). LPL activity was significantly lower in T and AAT groups (P < 0.01). There was no significant difference in any parameters in group A. Conclusions. Anastrozole does not affect lipid metabolism including LPL activity. There was little effect on lipid profiles during combination treatment or following treatment with tamoxifen. In a clinical setting, therefore, anastrozole might be safe for patients with abnormal triglyceride profiles during tamoxifen treatment.
  • 笹沼 英紀, 安田 寿彦, 石橋 敏光, 佐久間 康成, 藤原 岳人, 千葉 英男, 上沢 修, 金井 信行, 永井 秀雄
    移植 37 1 41 - 46 (一社)日本移植学会 2002年02月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳男.生体腎移植後1年7ヵ月目に仮性動脈瘤破裂を発症した.4ヵ月前に深在性真菌症を疑わせる発熱があり,また,2ヵ月前には尿管-膀胱吻合部狭窄により再吻合術を施行していることから,感染性栓子による動脈感染,あるいは周囲組織の炎症が波及し持続的な動脈感染が生じたと考えられた.動脈瘤の切除と腎動脈の再副吻合により,移植腎を温存しつつ救命できた
  • 佐久間 康成, 安田 寿彦, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 石橋 敏光, 笠原 小五郎, 永井 秀雄, 小林 英司
    移植 36 6 360 - 364 (一社)日本移植学会 2001年12月 [査読無し][通常論文]
     
    シクロスポリンを使用した腎移植を受けた症例50例について臨床的検討を行った.シクロスポリンを導入してからの移植後5年以上経過した症例23例の1年,5年,10年の生存率/生着率は100%/100%,100%/95.7%,92.9%/72.1%であった.感染症併発例は12例であったが,いずれも感染症に対する治療により軽快した.現状の腎移植ではシクロスポリンのみならず,他の免疫抑制剤も長期使用が必要である.シクロスポリンの長期使用による腎毒性と慢性拒絶という相反する腎に対する病態が同一薬剤により生じることが大きな問題点であると考察した
  • 笹沼 英紀
    月刊地域医学 13 10 666 - 670 地域医療振興協会 1999年10月 [査読無し][通常論文]
  • 和気 義徳, 昌子 正實, 笹沼 英紀, 細谷 好則, 長島 徹, 小林 伸久, 高澤 泉, 腰塚 史朗, 土屋 一成, 渋澤 公行
    日本臨床外科医学会雑誌 58 7 1513 - 1518 日本臨床外科学会 1997年 [査読有り][通常論文]
     
    粘膜下腫瘍様の外観を呈した胃原発腺扁平上皮癌の1例を経験した.症例は30歳男性.主訴は,空腹時左季肋部痛,黒色便.胃内視鏡検査で体中部大彎にgiant fold様の限局性の隆起を主体とする粘膜下腫瘍様の病変を認めた.小ビラン面があり,その部分よりの生検で粘膜固有層に浸潤する扁平上皮癌を認めた.転移性腫瘍の可能性も考慮し全身の検索を行ったが,胃以外には異常を認めなかった.胃全摘術,脾摘術,横行結腸部分切除術,胆摘術を施行した.切除標本では,長径7cmの大きな腫瘍で,組織学的検索では,腫瘍部の大部分はsm以下に存在する扁平上皮癌であり,わずかに,肉眼的にみられたビランの部分で粘膜内にsignet rign cell carcinomaを混ずる低分化型腺癌を認め,扁平上皮癌との間に移行像が認められ,胃原発腺扁平上皮癌と診断された.術後CDDPと5-FUによる化学療法を3回施行.術後1年3カ月たった現在まで再発の兆候は認めていない.

書籍

  • 基本をおさえる 腹部エコー(改訂版)
    笹沼 英紀 (担当:分担執筆範囲:第3-5章、11章)
    羊土社 2014年04月 ISBN: 9784758110501 108-146、230-247
  • 肝内結石症画像アトラス
    笹沼 英紀 (担当:共著)
    2014年03月 
    厚生労働省難治性疾患克服事業 「難治性肝・胆道疾患に関する調査研究」班編集
  • MEDI QUIZ 腹部エコー
    笹沼 英紀 (担当:分担執筆範囲:日経メディクイズ)
    日経BP社 2013年07月 2 73-74
  • 急性腹症の画像診断
    笹沼 英紀 (担当:共訳範囲:心窩部痛)
    南江堂 1998年01月 ISBN: 9784524215553 262 
    急性腹症の画像診断 単行本 – 1998/1 Gabriel P.Krestin (編集), Peter L.Choyke (編集), 小西 文雄 (翻訳)

講演・口頭発表等

MISC

  • 臨床の基盤になる膵臓の発生、解剖、生理、病理の新知見 膵組織透明化技術を併用した3D画像解析技術による膵神経内分泌腫瘍の新知見
    池田 恵理子, 牛尾 純, 三輪田 哲郎, 安藤 梢, 長井 洋樹, 横山 健介, 菅野 敦, 玉田 喜一, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 小野寺 宏, 福嶋 敬宜 膵臓 36 (3) A232 -A232 2021年08月
  • 非代償性肝硬変を合併した膵管内乳頭粘液性腫瘍に開腹膵体尾部切除術を施行した1例
    平田 雄大, 佐久間 康成, 大西 康晴, 目黒 由行, 森嶋 計, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏 膵臓 36 (3) A311 -A311 2021年08月
  • 中心に嚢胞成分を有するMixed acinar-neuroendocrine carcinomaの1例
    結城 智仁, 牛尾 純, 菅野 敦, 池田 恵理子, 安藤 梢, 三輪田 哲郎, 長井 洋樹, 川崎 佑輝, 横山 健介, 沼尾 規且, 玉田 喜一, 笹沼 英紀, 福嶋 敬宜, 佐田 尚宏 膵臓 36 (3) A333 -A333 2021年08月
  • 膵内多発腫瘤の1例
    森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 松原 大祐, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏 膵臓 36 (3) A335 -A335 2021年08月
  • 遠位胆管に発生したPseudocarcinosarcomaの一例
    三輪田 哲郎, 菅野 敦, 池田 恵理子, 安藤 梢, 長井 洋樹, 川崎 佑輝, 多田 大和, 横山 健介, 玉田 喜一, 森嶋 計, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 福嶋 敬宣 胆道 35 (3) 444 -444 2021年08月
  • コロナ禍における外科臨床実習での医学生の意識変容調査報告
    川平 洋, 鈴木 義彦, 前田 佳孝, 淺田 義和, 倉科 憲太郎, 原尾 美智子, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 鯉沼 広治, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, アラン・レフォー, 松山 泰, 佐田 尚宏 医学教育 52 (Suppl.) 107 -107 2021年07月
  • 自治医科大学附属病院における、初期臨床研修医に対する外科研修
    遠藤 和洋, 倉科 憲太郎, 鯉沼 広治, 原尾 美智子, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 山口 博紀, 味村 俊樹, 堀江 久永, 細谷 好則, アラン・レフォー, 北山 丈二, 佐田 尚宏 医学教育 52 (Suppl.) 118 -118 2021年07月
  • コロナ感染症対策下のおける当科の臨床実習について
    鯉沼 広治, 川平 洋, 倉科 憲太郎, 遠藤 和洋, 原尾 美智子, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 山口 博紀, 味村 俊樹, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 医学教育 52 (Suppl.) 169 -169 2021年07月
  • 消化器外科における医工連携の現状と展望 外科医が主導する医療機器開発と医工連携・知財化の重要性 膵断端処置具開発(Class IV)の経験を通して
    兼田 裕司, 木村 有希, 齋藤 晶, 小泉 大, 笹沼 英紀, 川平 洋, 細谷 好則, 北山 丈二, Lefor Alan, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 76回 O4 -2 2021年07月
  • 肝嚢胞性腫瘍の臨床病理学的検討
    下平 健太郎, 青木 裕一, 目黒 由行, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 76回 P088 -2 2021年07月
  • 術後膵液瘻ゼロを目指した、膵断端処置具の創出研究
    兼田 裕司, 木村 有希, 齋藤 晶, 青木 裕一, 目黒 由行, 森嶋 計, 大澤 英之, 遠藤 和洋, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, アラン・レフォー, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 121回 SF -8 2021年04月
  • 門脈再建にドナー脾静脈を用いた小児生体肝移植の17例 ドナー術後経過からの再考
    佐久間 康成, 大西 康晴, 眞田 幸弘, 岡田 憲樹, 平田 雄大, 宮原 豪, 大豆生田 尚彦, 清水 敦, 笹沼 英紀, 森嶋 計, 目黒 由行, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 121回 PS -1 2021年04月
  • クローン病に対するKono-S吻合の有用性
    太田 学, 堀江 久永, 村橋 賢, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 太白 健一, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 121回 PS -2 2021年04月
  • 大腸癌肝転移初回切除後の予後に影響する因子の解析
    田原 真紀子, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 裕子, 太白 健一, 太田 学, 本間 裕子, 佐田友 藍, 直井 大志, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 121回 PS -3 2021年04月
  • 直腸原発Goblet cell carcinoidの1例
    小林 龍ノ介, 太田 学, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 太白 健一, 佐田友 藍, 直井 大志, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 362回 33 -33 2020年12月
  • 膵内副脾に発生した類表皮嚢胞の1例
    小堀 篤也, 森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 361回 28 -28 2020年09月
  • 十二指腸乳頭部癌切除例の長期成績
    小泉 大, 下平 健太郎, 木村 有希, 斉藤 晶, 森嶋 計, 兼田 裕司, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 川平 洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 SF -1 2020年08月 [査読無し][通常論文]
  • 術後膵液瘻ゼロを目指した膵断端処置具の新規開発
    兼田 裕司, 木村 有希, 齋藤 晶, 青木 裕一, 目黒 由行, 森嶋 計, 宮戸 英世, 大澤 英之, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 小泉 大, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 味村 俊樹, 北山 丈二, Alan Lefor, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 SF -8 2020年08月 [査読無し][通常論文]
  • 肝門部領域胆管癌における切除断端と再発形態についての検討
    森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 三木 厚, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -5 2020年08月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除術における定型化膵離断20例の治療成績
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 下平 健太郎, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 吉田 淳, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -1 2020年08月 [査読無し][通常論文]
  • 膵全摘術の現状と展望 膵全摘の治療成績と周術期血糖・栄養管理に関する検討と今後の課題
    笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 下平 健太郎, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 北山 丈二 膵臓 35 (3) A116 -A116 2020年07月 [査読無し][通常論文]
  • 急性膵炎に対する局所合併症治療 左側感染性Walled-off necrosis(WON)に対する小切開Videoscope補助下ネクロセクトミー
    笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 下平 健太郎, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 北山 丈二 膵臓 35 (3) A210 -A210 2020年07月 [査読無し][通常論文]
  • 切除可能膵癌に対する術前化学放射線療法の有効性
    三木 厚, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 森嶋 計, 下平 健太郎, 佐田 尚宏 膵臓 35 (3) A281 -A281 2020年07月 [査読無し][通常論文]
  • Heidelberg大学病院の膵頭十二指腸切除術
    田口 昌延, 佐久間 康成, 小泉 大, 笹沼 英紀, 下平 健太郎, 齋藤 晶, 木村 有希, 青木 裕一, 目黒 由行, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 清水 敦, 山口 博紀, 北山 丈二, 佐田 尚宏 膵臓 35 (3) A337 -A337 2020年07月 [査読無し][通常論文]
  • 正中弓状靱帯圧迫症候群による下膵十二指腸動脈瘤破裂症例の検討
    森嶋 計, 下平 健太郎, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 吉田 敦, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏 膵臓 35 (3) A413 -A413 2020年07月 [査読無し][通常論文]
  • 田中 保平, 伊澤 祥光, 渡邊 伸貴, 山黒 友丘, 富永 経一郎, 新庄 貴文, 太田 真, 米川 力, 間藤 卓, 青木 裕一, 笹沼 英紀 日本救急医学会関東地方会雑誌 41 (2) 314 -317 2020年03月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は40歳代男性で、仕事中、機械で削っていたアルミ塊(重量3kg)が弾き飛ばされ、右胸部にあたり受傷した。当院病着時、バイタルサインは比較的安定していたため胸腹部ダイナミックCTを施行したところ、日本外傷学会分類IIIbの肝損傷と、早期相での血管外漏出像を認めた。経カテーテル動脈塞栓術での加療の方針として、内側区域の肝動脈をn-butyl-2-cyanoacrylateで塞栓して止血が得られた。入院後、全身状態は安定していたが、入院4日目に経口摂取を開始したところ腹部症状が徐々に増悪し、それに伴ってビリルビン値の上昇を認めた。入院6日目に胆汁性腹膜炎を併発し、開腹ドレナージとendoscopic nasoBiliary drainage(ENBD)チューブを留置して手術終了した。術後、症状は消失し、全身状態は改善した。入院16日目のENBDチューブ造影では内側区域枝と外側区域枝の複数の肝内胆管の損傷が疑われた。引き続きドレナージを継続していたが、入院33日目に腹痛・発熱が再燃し、腹部造影CTで肝膿瘍を認めたため経皮的ドレナージを施行した。経皮的ドレナージにより感染はコントロールされたが、依然として胆汁漏は持続していた。持続する胆汁漏が存在し、広範囲肝壊死が感染を繰り返す可能性もあったことから、感染が改善した入院60日目に待機的に肝左葉切除術を施行した。その後の経過は良好で、入院82日目に退院となった。
  • 大豆生田 尚彦, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 片野 匠, 篠原 翔一, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 三木 厚, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内分泌学会雑誌 95 (4) 1697 -1697 2020年02月 [査読無し][通常論文]
  • 上腸間膜動脈(SMA)急性閉塞症において大量腸切除を回避するための初期治療戦略に関する全国調査
    中尾 祐樹, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 遠藤 和洋, 三木 厚, 森嶋 計, 田口 昌延, 佐久間 康成, 佐田 尚宏 日本腹部救急医学会雑誌 40 (2) 259 -259 2020年02月 [査読無し][通常論文]
  • 当院でのABTHERドレッシングキットの使用経験と工夫について
    篠原 翔一, 笹沼 英紀, 篠田 祐之, 窪木 大悟, 宮戸 秀世, 森嶋 計, 吉田 淳, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本腹部救急医学会雑誌 40 (2) 422 -422 2020年02月 [査読無し][通常論文]
  • 肝内胆管癌疑いの症例に対して腹腔鏡下肝切除を行い肝類上皮細胞肉芽腫と診断された1例
    吉田 淳, 佐久間 康成, 宮戸 英世, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) MO188 -5 2019年12月 [査読無し][通常論文]
  • リウマチに対してメトトレキサート内服中に発症した、肝原発悪性リンパ腫の一例
    大豆生田 尚彦, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 三木 厚, 吉田 厚, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 785 -785 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 蒔七, 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 肥満研究 25 (Suppl.) 254 -254 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 篠田 祐之, 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 肥満研究 25 (Suppl.) 317 -317 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 吉田 淳, 笹沼 英紀, 片野 匠, 篠原 翔一, 森嶋 計, 三木 厚, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 胆道 33 (3) 581 -581 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 篠原 翔一, 笹沼 英紀, 宮戸 英世, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏 胆道 33 (3) 628 -628 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 窪木 大悟, 笹沼 英紀, 橋本 雄介, 三木 厚, 吉田 淳, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 胆道 33 (3) 670 -670 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • リウマチに対してメトトレキサート内服中に発症した、肝原発悪性リンパ腫の一例
    大豆生田 尚彦, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 三木 厚, 吉田 厚, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 785 -785 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉 蒔七, 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 肥満研究 25 (Suppl.) 254 -254 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 篠田 祐之, 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 肥満研究 25 (Suppl.) 317 -317 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 晩期合併症・トランジション 先天性胆道拡張症術後晩期合併症の検討
    吉田 淳, 笹沼 英紀, 宮戸 英世, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス 42 30 -30 2019年09月 [査読無し][通常論文]
  • 腎細胞癌膵転移切除症例の検討
    吉田 淳, 佐久間 康成, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 74回 P255 -6 2019年07月 [査読無し][通常論文]
  • 吉田 淳, 佐久間 康成, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 三木 厚, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 膵臓 34 (3) A285 -A285 2019年06月 [査読無し][通常論文]
  • 青木 裕一, 笹沼 英紀, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 佐田 尚宏 膵臓 34 (3) A379 -A379 2019年06月 [査読無し][通常論文]
  • 十二指腸乳頭部腫瘍に対する外科的乳頭切除術による段階的治療戦略
    小泉 大, 斎藤 晶, 青木 裕一, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS -7 2019年04月 [査読無し][通常論文]
  • 造影剤投与後の音響放射力インパルスを伴う超音波照射による期外収縮の誘発
    利府 数馬, 笹沼 英紀, 高山 法也, 古屋 元秀, 石黒 保直, 小形 幸代, 秋山 いわき, 谷口 信行 超音波医学 46 (Suppl.) S537 -S537 2019年04月 [査読無し][通常論文]
  • 音響放射力インパルスによるウサギの肺損傷について 臨床使用条件下での検討
    高山 法也, 笹沼 英紀, 利府 数馬, 古屋 元秀, 新田 尚隆, 石黒 保直, 秋山 いわき, 谷口 信行 超音波医学 46 (Suppl.) S552 -S552 2019年04月 [査読無し][通常論文]
  • 12年の長期経過観察中に悪性化したと考えられる膵粘液嚢胞性腫瘍の一例
    高橋 礼, 笹沼 英紀, 三木 厚, 森嶋 計, 吉田 淳, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 池田 恵理子, 福島 敬宜 日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 354回 49 -49 2019年04月 [査読無し][通常論文]
  • 経カテーテル動脈塞栓術後に胆汁性腹膜炎を合併し、ドレナージに続く肝切除を行った肝損傷の1例
    田中 保平, 伊澤 祥光, 渡邊 伸貴, 山黒 友丘, 富永 経一郎, 新庄 貴文, 太田 真, 米川 力, 間藤 卓, 青木 裕一, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏 日本救急医学会関東地方会雑誌 40 (1) 116 -116 2019年02月 [査読無し][通常論文]
  • 膵十二指腸動脈瘤の3例
    渡部 晃佑, 吉田 淳, 高橋 和也, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本腹部救急医学会雑誌 39 (2) 345 -345 2019年02月 [査読無し][通常論文]
  • 鼠径部ヘルニア嵌頓症例における経過時間と腸切除の検討
    小泉 大, 斎藤 晶, 青木 裕一, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本腹部救急医学会雑誌 39 (2) 379 -379 2019年02月 [査読無し][通常論文]
  • 術前診断しえた特発性大網出血の1例
    高橋 和也, 笹沼 英紀, 青木 裕一, 森嶋 計, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本腹部救急医学会雑誌 39 (2) 465 -465 2019年02月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除(Lap-DP)における定型化膵離断 膵臓の厚みとカートリッジに関する検討
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 木村 有希, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) OS218 -1 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 当科の後腹膜鏡下副腎摘出術の手術成績の検討
    小泉 大, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) DP135 -1 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡補助下に切除した膵内分泌腫瘍術後の異時性転移性副腎腫瘍の1例
    吉田 淳, 佐久間 康成, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) DP135 -4 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下肝切除とRFAを併用して治療した肝細胞癌5例の検討
    森嶋 計, 青木 裕一, 田口 昌延, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) DP150 -8 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除(Lap-DP)における定型化膵離断 膵臓の厚みとカートリッジに関する検討
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 木村 有希, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) OS218 -1 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 当科の後腹膜鏡下副腎摘出術の手術成績の検討
    小泉 大, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) DP135 -1 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡補助下に切除した膵内分泌腫瘍術後の異時性転移性副腎腫瘍の1例
    吉田 淳, 佐久間 康成, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) DP135 -4 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下肝切除とRFAを併用して治療した肝細胞癌5例の検討
    森嶋 計, 青木 裕一, 田口 昌延, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) DP150 -8 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭部癌に対して膵頭十二指腸切除術を施行し膵尾側断端閉鎖を行った一例
    倉田 佳彦, 木村 有希, 青木 裕一, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 79 (増刊) 572 -572 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 慢性膵炎急性増悪を契機に脾膿瘍を合併した1例
    寺田 茉位子, 吉田 淳, 佐久間 康成, 木村 有希, 青木 裕一, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 79 (増刊) 829 -829 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 複雑な部分内臓逆位症を伴う総胆管結石症に対し手術を行った1例
    丸藤 琴音, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 宮戸 秀世, 目黒 由行, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 79 (増刊) 852 -852 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 上部空腸憩室穿孔による急性汎発性腹膜炎の1例
    齋藤 俊祐, 利府 数馬, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 79 (3) 652 -653 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • 井上 賢之, 金丸 理人, 横田 真一郎, 森嶋 計, 石黒 保直, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏 日本消化器内視鏡学会雑誌 60 (4) 997 -1002 2018年 [査読有り][通常論文]
     

    症例は79歳,女性.主訴は食欲不振,上腹部違和感,嘔気.腹部CTにて十二指腸肝嚢胞瘻が疑われ,上部消化管内視鏡で,球部前壁に径6mmの瘻孔を認めた.瘻孔造影により肝嚢胞が描出されるも,腹腔内への造影剤漏出はなかった.急性汎発性腹膜炎症状がないため保存的加療を選択し,瘻孔は縮小したが,瘻孔開口部より膿汁の流出を認め,小開腹肝嚢胞ドレナージを施行した.その後,瘻孔は閉鎖,肝嚢胞は胆道系との交通を認めたが自然に縮小が得られた.十二指腸潰瘍肝嚢胞瘻では肝嚢胞の外ドレナージを併用することにより急性期の外科治療侵襲を回避して瘻孔閉鎖が期待できる例もあり,治療法の選択肢になりうる.

  • 手術既往のある腹腔鏡下肝切除術症例に対する妥当性の検討
    谷口 理丈, 佐久間 康成, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP030 -01 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除における電動式自動縫合器を使った膵離断定型化の試み
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP141 -02 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 手術既往のある腹腔鏡下肝切除術症例に対する妥当性の検討
    谷口 理丈, 佐久間 康成, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP030 -01 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除における電動式自動縫合器を使った膵離断定型化の試み
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP141 -02 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭十二指腸切除での再建の工夫 Blumgart変法(自治医大方式)による膵空腸吻合の成績
    小泉 大, 斎藤 晶, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 78 (増刊) 425 -425 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 切除可能膵癌に対する術前治療戦略の意義 切除可能膵癌に対する術前化学放射線治療の有用性
    三木 厚, 佐久間 康成, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 O2 -65 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • Blumgart-dumpling法(Blumgart変法 自治医大方式)による膵空腸吻合の工夫
    小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 RS2 -78 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 十二指腸腫瘍性病変に対する膵温存十二指腸切除術の治療成績
    齋藤 晶, 小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 PH17 -6 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 胃切除後の胆道結石症の検討
    木村 有希, 小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 PP2 -1 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における膵IPMNの縮小手術の検討
    齋藤 匠, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 PK4 -6 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 退形成性膵管癌の6切除例
    風當 ゆりえ, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 PL4 -1 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 切除可能膵癌に対する術前治療戦略の意義 切除可能膵癌に対する術前化学放射線治療の有用性
    三木 厚, 佐久間 康成, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 O2 -65 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • Blumgart-dumpling法(Blumgart変法 自治医大方式)による膵空腸吻合の工夫
    小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 RS2 -78 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 十二指腸腫瘍性病変に対する膵温存十二指腸切除術の治療成績
    齋藤 晶, 小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 PH17 -6 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 音響放射力インパルスが肺に及ぼす影響 ウサギを用いた動物実験
    高山 法也, 笹沼 英紀, 利府 数馬, 高野 わかな, 新田 尚隆, 石黒 保直, 秋山 いわき, 谷口 信行 超音波医学 44 (Suppl.) S467 -S467 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 質感と人体解剖を忠実に再現した、高難度手術教育のための臓器モデル 鏡視下手術の教育効果を高めるために必要な技術トレーニング
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笠原 尚哉, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 SF -48 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 膵空腸吻合Blumgart変法(自治医大方式)に適した膵臓の検討
    小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, Lefor Alan, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -134 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • IPMN国際診療ガイドラインからみた当院でのIPMN手術例の検討
    齋藤 匠, 三木 厚, 笠原 尚哉, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -139 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 家族性大腸腺腫症に合併した十二指腸病変の検討
    木村 有希, 小泉 大, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -176 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 膵の救急疾患(外傷含む) 重症急性膵炎局所合併症に対する治療の全国実態調査
    小泉 大, 佐田 尚宏, 黒河内 顕, 笹沼 英紀, 伊佐地 秀司, 糸井 隆夫, 北野 雅之, 廣田 衛久, 松本 逸平, 安田 一朗, 竹山 宜典 日本腹部救急医学会雑誌 37 (2) 237 -237 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 膵体尾部を中心とした左側感染性WONに対する治療戦略
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本腹部救急医学会雑誌 37 (2) 292 -292 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 総肝動脈欠損、十二指腸前門脈を伴う胆道閉鎖症に対する生体肝移植の経験
    片野 匠, 山田 直也, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 岡田 憲樹, 平田 雄大, 田代 昌久, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 安田 是和, 水田 耕一 日本小児外科学会雑誌 53 (1) 163 -163 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 上腹部手術既往のある症例における腹腔鏡下肝切除の検討
    谷口 理丈, 佐久間 康成, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS4 -2 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 医工連携による革新的内視鏡手術トレーニングシステムの開発 外科教育の新たな手法確立に向けて
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笠原 直哉, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS145 -6 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下肝切除にRFAを併用して治療した肝細胞癌4例の経験
    森嶋 計, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) DP99 -1 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 崎尾亮太郎, 三木厚, 森嶋計, 笠原尚哉, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 77 (10) 2618 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 遠藤和洋, 太白健一, 笠原直哉, 三木厚, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 北山丈二, 佐田尚宏 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 527 -527 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 井上賢之, 金丸理人, 森嶋計, 石黒保直, 小泉大, 笹沼英紀, 佐田尚宏 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 870 -870 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 木村有希, 笠原尚哉, 三木厚, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 北山丈二, 佐田尚宏 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 578 -578 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 木村有希, 小泉大, 笠原尚哉, 三木厚, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 北山丈二, 佐田尚宏 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 405 -405 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 齋藤晶, 森嶋計, 笠原尚哉, 三木厚, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 77 (9) 2403 -2403 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌・大腸癌切除例の術前CT検査で指摘された膵嚢胞性病変の検討
    小泉 大, 木村 有希, 田口 昌延, 三木 広, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器病学会雑誌 113 (臨増大会) A681 -A681 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • Masaru Koizumi, Naohiro Sata, Akira Kurogochi, Hideki Sasanuma, Shuji Isaji, Takao Itoi, Masayuki Kitano, Morihisa Hirota, Ippei Matsumoto, Ichiro Yasuda, Yoshifumi Takeyama Pancreatology 16 (4) 371‐372 2016年08月 [査読有り][通常論文]
  • OTA Gaku, MIKI Atsushi, ENDO Kazuhiro, KOIZUMI Masaru, SASANUMA Hideki, SAKUMA Yasunaru, HORIE Hisanaga, HOSOYA Yoshinori, KITAYAMA Joji, SATA Naohiro すい臓 31 (3) 500‐501 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • MIKI Atsushi, SAKUMA Yasunaru, ENDO Kazuhiro, KOIZUMI Masaru, SASANUMA Hideki, HORIE Hisanaga, HOSOYA Yoshinori, KITAYAMA Joji, SATA Naohiro すい臓 31 (3) 590 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • Akira Kurogochi, Naohiro Sata, Masaru Koizumi, Hideki Sasanuma, Yoshikazu Yasuda PANCREAS 45 (6) 921 -921 2016年07月 [査読有り][通常論文]
  • 若手外科医育成のための工夫 自治医科大学での外科医教育 解剖学教室、先端医療技術開発センター、シミュレーションセンターとの連携
    清水 敦, 菱川 俊司, 野田 泰子, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, アラン・レフォー, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 71回 WS1 -1 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • Blumgart-dumpling法による膵空腸吻合の工夫
    小泉 大, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, Lefor Alan, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 71回 P1 -69 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • Treatment of Local Complication of Severe Acute Pancreatitis Nationwide survey of the treatment of local complications of severe acute pancreatitis in Japan(和訳中)
    Koizumi Masaru, Sata Naohiro, Kurogochi Akira, Sasanuma Hideki, Isaji Shuji, Itoi Takao, Kitano Masayuki, Hirota Morihisa, Matsumoto Ippei, Yasuda Ichiro, Takeyama Yoshifumi 膵臓 31 (3) 371 -372 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • A case of mucinous cystic neoplasm of pancreas with melena(和訳中)
    Ota Gaku, Miki Atsushi, Endo Kazuhiro, Koizumi Masaru, Sasanuma Hideki, Sakuma Yasunaru, Horie Hisanaga, Hosoya Yoshinori, Kitayama Joji, Sata Naohiro 膵臓 31 (3) 500 -501 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • The factors of postoperative long-term survival in patients with pancreas cancer(和訳中)
    Miki Atsushi, Sakuma Yasunaru, Endo Kazuhiro, Koizumi Masaru, Sasanuma Hideki, Horie Hisanaga, Hosoya Yoshinori, Kitayama Joji, Sata Naohiro 膵臓 31 (3) 590 -590 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 転移性肝癌との鑑別に苦慮した肝柵状肉芽腫の一例
    森本 光昭, 佐久間 康成, 笹沼 秀紀, 小泉 大, 遠藤 和洋, 三木 厚, 北山 丈二, アラン・レフォー, 佐田 尚宏 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 565 -565 2016年06月
  • 膵硬化度・主膵管拡張に注目した膵空腸吻合法の選択と術後膵液瘻の検討
    小泉 大, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, アラン・レフォー, 佐田 尚宏 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 479 -479 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 十二指腸乳頭部神経内分泌癌の一例
    加賀谷 丈紘, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 559 -559 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 胃壁筋層内へ穿破し出血を生じた膵粘液性嚢胞腫瘍の1例
    太田 学, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 656 -656 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 肝切除術時の術前貯蔵鉄量が術後肝機能へ及ぼす影響
    山田 直也, 眞田 幸弘, 片野 匠, 岡田 憲樹, 浦橋 泰然, 三木 厚, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 脇屋 太一, 安田 是和, 水田 耕一 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 666 -666 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 非黄疸胆道閉鎖症における肝移植適応
    眞田 幸弘, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 山田 直也, 岡田 憲樹, 平田 雄大, 片野 匠, 三木 厚, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 水田 耕一 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 473 -473 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 十二指腸乳頭部神経内分泌癌の一例
    加賀谷 丈紘, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 559 -559 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 胃壁筋層内へ穿破し出血を生じた膵粘液性嚢胞腫瘍の1例
    太田 学, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 656 -656 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 肝切除術時の術前貯蔵鉄量が術後肝機能へ及ぼす影響
    山田 直也, 眞田 幸弘, 片野 匠, 岡田 憲樹, 浦橋 泰然, 三木 厚, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 脇屋 太一, 安田 是和, 水田 耕一 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 666 -666 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 田口昌延, 三木厚, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 北山丈二, LEFOR Alan Kawarai, 佐田尚宏 日本肝胆膵外科学会学術集会プログラム・抄録集(CD-ROM) 28th ROMBUNNO.RS14‐3 -479 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 湯澤真梨子, 三木厚, 利府和馬, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏 栃木県医学会々誌 46 49‐51 -51 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 新田尚隆, 石黒保直, 赤井一揮, 笹沼英紀, 谷口信行, 高野わかな, 秋山いわき 超音波医学 43 S235(J‐STAGE) 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 石黒保直, 新田尚隆, 赤井一輝, 高野わかな, 高山法也, 小形幸代, 笹沼英紀, 安田是和, 谷口信行, 秋山いわき 超音波医学 43 S235(J‐STAGE) 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 機器及び安全に関する最近の研究成果 音響放射力インパルス(ARFI)を伴う超音波と期外収縮
    石黒 保直, 新田 尚隆, 赤井 一輝, 高野 わかな, 高山 法也, 小形 幸代, 笹沼 英紀, 安田 是和, 谷口 信行, 秋山 いわき 超音波医学 43 (Suppl.) S235 -S235 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 機器及び安全に関する最近の研究成果 音響放射力を伴う超音波による生体組織の温度上昇
    新田 尚隆, 石黒 保直, 赤井 一揮, 笹沼 英紀, 谷口 信行, 高野 わかな, 秋山 いわき 超音波医学 43 (Suppl.) S235 -S235 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 湯澤真梨子, 三木厚, 利府数馬, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏 日本外科学会定期学術集会(Web) 116th RS-1-5 (WEB ONLY) -1 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 倉科憲太郎, 三木厚, 松本健司, 村越美穂, 佐藤敏子, 小暮亜弥子, 齋藤心, 鯉沼広治, 笹沼英紀, 小泉大, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏 日本外科学会定期学術集会(Web) 116th PS-173-3 (WEB ONLY) -173 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 田口昌延, 三木厚, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏 日本外科学会定期学術集会(Web) 116th PS-183-4 (WEB ONLY) -183 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 高野わかな, 赤井一揮, 新田尚隆, 石黒保直, 笹沼英紀, 谷口信行, 秋山いわき 日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM) 2016 ROMBUNNO.1‐Q‐23 2016年02月 [査読無し][通常論文]
  • Ishiguro Yasunao, Nitta Naotaka, Taniguchi Nobuyuki, Akai Kazuki, Takakayama Noriya, Sasanuma Hideki, Ogata Yukiyo, Yasuda Yoshikazu, Akiyama Iwaki Journal of Medical Ultrasonics 43 (1) 3 -7 2016年01月 [査読無し][通常論文]
     
    超音波造影剤(UCA)を投与したウサギの心臓に及ぼす音響放射力インパルス(ARFI)の影響について検討した。種々の方法でUCAを投与したウサギの心臓に、ARFIを用いてメカニカルインデックス(MI)1.8の超音波を0.3ms照射した。UCAの点滴と超音波照射を同時に行うと期外収縮波が観察され、その頻度は4.2から59.6%であった。UCAを投与しない場合およびUCAをボーラス注入した場合は、期外収縮波は観察されなかった。以上より、UCAの投与およびARFIによるMI 1.8の超音波照射を行ったウサギの心臓では不整脈が起ることから、UCAを投与した時のARFIによる超音波検査には注意が必要であることが示唆された。
  • 実体臓器モデルの内視鏡手術への活用 手術トレーニングに特化した軟部組織実体臓器モデルの開発と製品化
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) PD21 -5 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 専門医を目指すための気腹状態dry boxと臓器ユニットの開発 シナリオベースsimulation trainingの実現
    遠藤 和洋, 太白 健一, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS87 -7 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除術の完全腹腔鏡下手術例と小切開併用手術例の比較検討
    吉田 淳, 佐久間 康成, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS254 -4 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下肝切除にRFAを併用して治療した肝細胞癌2例
    森嶋 計, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS277 -5 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • M. Koizumi, N. Sata, M. Taguchi, A. Miki, H. Endo, H. Sasanuma, Y. Sakuma, H. Horie, Y. Hosoya, A. K. Lefor PANCREAS 44 (8) 1387 -1388 2015年11月 [査読無し][通常論文]
  • A. Miki, Y. Sakuma, H. Sasanuma, M. Koizumi, K. Endo, N. Sata PANCREAS 44 (8) 1398 -1398 2015年11月 [査読無し][通常論文]
  • 倉科憲太郎, 三木厚, 松本健司, 鯉沼広治, 齋藤心, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 702 -702 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 利府数馬, 三木厚, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 699 -699 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 田口昌延, 笠原尚哉, 森嶋計, 石黒保直, 兼田裕司, 三木厚, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 俵藤正信, 佐久間康成, 安田是和, 佐田尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 983 -983 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 田口昌延, 三木厚, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 579 -579 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 遠藤和洋, 太白健一, 三木厚, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 512 -512 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 腹部大動脈瘤術後に十二指腸と孔形成した1例
    熊谷 祐子, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏 Japanese Journal of Acute Care Surgery 5 (2) 198 -198 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 3Dプリンターの医学への応用 消化器外科における3D printerの活用 現況と問題点、その解決案まで
    遠藤 和洋, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 436 -436 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 後腹膜気管支原性嚢胞の1例
    坂田 知久, 三木 厚, 利府 数馬, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 1146 -1146 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 胆管内に肝吸虫を認めた肝門部胆管癌の一症例
    菅谷 涼, 佐久間 康成, 三木 厚, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 1168 -1168 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 水田 耕一, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 岡田 憲樹, 山田 直也, 平田 雄大, 田代 昌久, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 移植 50 (総会臨時) 212 -212 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 山田 直也, 眞田 幸弘, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 岡田 憲樹, 平田 雄大, 田代 昌久, 三木 厚, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 水田 耕一 移植 50 (総会臨時) 250 -250 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 山田 直也, 眞田 幸弘, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 岡田 憲樹, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和, 笠原 群生, 水田 耕一 移植 50 (総会臨時) 266 -266 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 「複雑な合流」を呈する膵・胆管合流異常症例から推測される膵・胆管合流異常の発生機序
    眞田 幸弘, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス 38 54 -54 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌・大腸癌手術症例の術前に指摘された膵嚢胞性病変の検討
    小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 安田 是和 日本消化器病学会雑誌 112 (臨増大会) A881 -A881 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 森嶋計, 笠原尚哉, 石黒保直, 三木厚, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和, 佐田尚宏 胆道 29 (3) 566 -566 2015年08月 [査読無し][通常論文]
  • 三木 厚, 佐久間 康成, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 秀紀, 佐田 尚宏 胆道 29 (3) 553 -553 2015年08月
  • 膵管内乳頭粘液性腫瘍のテロメア長測定による悪性度診断法の新規開発
    三木 厚, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 大澤 英之, 眞田 幸広, 田久保 海誉, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 70回 O -11 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • 肝移植後門脈体循環シャントはいつ閉鎖すべきか?
    眞田 幸弘, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 岡田 憲樹, 山田 直也, 平田 雄大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和, 水田 耕一 日本消化器外科学会総会 70回 P -81 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • 早期十二指腸乳頭部癌治療戦略における縮小手術の位置づけ
    小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 三木 厚, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 70回 P -196 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • Resectability向上を目指した術前固有肝動脈塞栓療法
    三木 厚, 佐久間 康成, 森嶋 計, 笹沼 秀紀, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 545 -545 2015年06月
  • 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術術後のドレーンアミラーゼと膵液瘻の検討
    小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 三木 厚, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 470 -470 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)切除例についての検討
    森嶋 計, 笠原 尚哉, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 厚, 黒河内 顕, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 716 -716 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 遠藤和洋, 遠藤和洋, 佐田尚宏, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和 日本肝胆膵外科学会学術集会プログラム・抄録集(CD-ROM) 27th ROMBUNNO.P134-3 -721 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 青木裕一, 三木厚, 森嶋計, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 日本肝胆膵外科学会学術集会プログラム・抄録集(CD-ROM) 27th ROMBUNNO.P67-3 -604 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 眞田幸弘, 眞田幸弘, 森嶋計, 笠原尚哉, 三木厚, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 日本肝胆膵外科学会学術集会プログラム・抄録集(CD-ROM) 27th ROMBUNNO.P98-2 -658 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 吉田淳, 三木淳, 森嶋計, 笠原尚哉, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 日本肝胆膵外科学会学術集会プログラム・抄録集(CD-ROM) 27th ROMBUNNO.P135-3 -722 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 石黒保直, 佐久間康成, 笹沼英紀, 森嶋計, 佐田尚宏, 安田是和 日本肝胆膵外科学会学術集会プログラム・抄録集(CD-ROM) 27th ROMBUNNO.P13-2 -510 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 石黒保直, 佐久間康成, 笹沼英紀, 森嶋計, 佐田尚宏, 安田是和, 齋藤倫寛, 福嶋敬宜 すい臓 30 (3) 516 -516 2015年05月 [査読無し][通常論文]
  • 齋藤晶, 三木厚, 笠原尚哉, 森嶋計, 田口昌延, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 すい臓 30 (3) 456 -456 2015年05月 [査読無し][通常論文]
  • 直井大志, 堀江久永, 佐田友藍, 清水徹一郎, 田原真紀子, 森和亮, 伊藤誉, 巷野佳彦, 井上賢之, 森本光昭, 鯉沼広治, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 家族性腫よう 15 (2) A76 -A76 2015年05月 [査読無し][通常論文]
  • 三木 厚, 佐久間 康成, 眞田 幸広, 森嶋 計, 笹沼 秀紀, 福嶋 敬宜, 田久保 海誉, 佐田 尚宏, 安田 是和 膵臓 30 (3) 269 -269 2015年05月 [査読無し][通常論文]
  • 齋藤晶, 三木厚, 森嶋計, 笠原尚哉, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 肝臓 56 (Supplement 1) A416 -A416 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 超音波はどこまで安全か 超音波造影剤投与下の音響放射力インパルス(ARFI)のウサギ心臓への照射と期外収縮
    石黒 保直, 新田 尚隆, 赤井 一揮, 高山 法也, 小形 幸代, 笹沼 英紀, 安田 是和, 谷口 信行, 秋山 いわき 超音波医学 42 (Suppl.) S229 -S229 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 肝胆膵 小児生体ドミノ肝移植における一次レシピエント手術の工夫
    岡田 憲樹, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 山田 直也, 平田 雄大, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 森嶋 計, 安田 是和, 水田 耕一 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP -070 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 肝胆膵 門脈塞栓術後の99mTc-GSA-SPECTを用いた残肝機能予測の有用性
    三木 厚, 佐久間 康成, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP -166 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 新田尚隆, 石黒保直, 笹沼英紀, 谷口信行, 秋山いわき 超音波医学 42 (2) 283 -283 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • Nitta Naotaka, Ishiguro Yasunao, Sasanuma Hideki, Taniguchi Nobuyuki, Akiyama Iwaki Journal of Medical Ultrasonics 42 (1) 39 -46 2015年01月 [査読有り][通常論文]
     
    音響放射力曝露下の動物組織内の温度上昇を測定するためのin situ測定系を開発した。本測定系は、細線熱電対を挿入するためのスルーホールをもつオーダーメードの集束トランスデューサーを含む超音波照射装置および熱電対を含む温度測定装置により構築した。本測定系の実行可能性を、骨モデルあるいはニワトリの骨およびブタの肝臓を含む組織模倣材料を用いて調べた。得られた結果と有限要素法を用いたシミュレーションの結果を比較したところ、両者に類似性が認められたことから、本測定系により測定したin situの温度上昇の妥当性が示唆された。以上より、本測定系は動物実験におけるin situの温度上昇の測定に利用できることが示唆された。
  • Ishiguro Yasunao, Sasanuma Hideki, Nitta Naotaka, Taniguchi Nobuyuki, Ogata Yukiyo, Yasuda Yoshikazu, Akiyama Iwaki Journal of Medical Ultrasonics 42 (1) 47 -50 2015年01月 [査読無し][通常論文]
     
    超音波造影剤パーフルオロブタンを投与した心臓に及ぼす音響放射力(ARF)の影響について検討した。ARFを含む超音波を、パーフルオロブタンを投与あるいは投与しないウサギの心臓に適用し、曝露の期間中、心電図を記録した。心臓に対して10msおよび4.0のメカニカルインデックス(MI)の超音波を曝露した後、余分なQRS波がパーフルオロブタン投与後においてのみ観察された。生命に関わる不整脈は観察されなかったが、パーフルオロブタンの点滴により余分な波の頻度の大幅な上昇が観察され、余分な波の16.3%の後に動脈圧パルスが生じた。以上より、高いMIおよび長い持続時間の心臓超音波は、特に超音波造影剤と併用する場合には、注意深く適用する必要があることが示された。
  • 小泉大, 佐田尚宏, 田口昌延, 笠原尚哉, 森嶋計, 三木厚, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和 日本ヘルニア学会学術集会プログラム・抄録集 13th 151 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 右側肝円索を伴う肝門部胆管癌に対して経皮経肝的門脈塞栓術後に肝切除術を行った1例
    津久井 秀則, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 75 (11) 3198 -3198 2014年11月 [査読無し][通常論文]
  • 森嶋計, 黒澤明, 笠原尚哉, 三木厚, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 548 -548 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 青木裕一, 三木厚, 笠原尚哉, 森嶋計, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 675 -675 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 黒澤明, 森嶋計, 笠原尚哉, 三木厚, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 553 -553 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 東條峰之, 森嶋計, 笠原尚哉, 三木厚, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 705 -705 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 佐久間康成, 高山達也, 竹井裕二, 手塚憲志, 笹沼英紀, 森嶋計, 丹羽康則, 堀江久永, 細谷好則, 佐田尚宏, 安田是和 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 548 -548 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼英紀, 佐田尚宏, 森嶋計, 笠原尚哉, 三木厚, 佐久間康成, 安田是和 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 676 -676 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 齋藤晶, 三木厚, 森嶋計, 笠原尚哉, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス 37th 66 -66 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌・大腸癌手術症例に併存する膵嚢胞性病変の検討
    小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 森嶋 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 敦, 黒河内 顕, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 安田 是和 日本消化器病学会雑誌 111 (臨増大会) A960 -A960 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 青木裕一, 笹沼英紀, 笠原尚哉, 森嶋計, 三木厚, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 胆道 28 (3) 597 -597 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 東條峰之, 安部望, 森嶋計, 森本光昭, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 小切開・鏡視外科学会雑誌 5 (1) 44 -44 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 吉田淳, 佐久間康成, 森嶋計, 笠原尚哉, 三木厚, 笹沼英紀, 佐田尚宏, 安田是和 小切開・鏡視外科学会雑誌 5 (1) 45 -45 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • N. Yamada, Y. Sanada, Y. Hirata, N. Okada, Y. Ihara, H. Sasanuma, T. Urahashi, Y. Sakuma, Y. Yasuda, K. Mizuta TRANSPLANTATION 98 718 -719 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 肝細胞癌肝切除症例に対する残肝機能測定とリスク評価
    三木 厚, 佐久間 康成, 森島 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 黒河内 顕, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 69回 O -4 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 小児生体肝移植におけるEndotoxin Activity Assayの測定意義
    岡田 憲樹, 眞田 幸弘, 平田 雄大, 山田 直也, 井原 欣幸, 浦橋 泰然, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和, 水田 耕一 日本消化器外科学会総会 69回 P -16 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 肝門部胆管癌術後の放射線治療の検討
    森嶋 計, 佐久間 康成, 三木 厚, 兼田 裕司, 石黒 保直, 黒河内 顕, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 69回 P -18 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 中部胆管癌に対する肝外胆管切除術の適応
    松本 志郎, 佐田 尚宏, 兼田 裕司, 三木 厚, 石黒 保直, 黒河内 顕, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 69回 RS -16 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 当施設における生体肝移植後胆管合併症に対する治療と長期予後
    眞田 幸弘, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 岡田 憲樹, 山田 直也, 平田 雄大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和, 水田 耕一 日本消化器外科学会総会 69回 RS -9 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術後のドレーン排液アミラーゼによるドレーン管理
    小泉 大, 佐田 尚宏, 森 和亮, 森嶋 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 厚, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 69回 RS -43 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 佐田尚宏, 森嶋計, 石黒保直, 兼田裕司, 黒河内顕, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和 すい臓 29 (3) 434 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 黒河内顕, 佐田尚宏, 森嶋計, 石黒保直, 三木厚, 兼田裕司, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和 すい臓 29 (3) 660 -660 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • N. Yamada, Y. Sanada, Y. Hirata, N. Okada, Y. Ihara, H. Sasanuma, T. Urahashi, Y. Sakuma, Y. Yasuda, K. Mizuta AMERICAN JOURNAL OF TRANSPLANTATION 14 718 -719 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 膵空腸吻合の工夫と術後管理 当科における新たな膵空腸吻合の試み ドレーン抜去基準作成とBlumgart-dumpling法導入
    佐田 尚宏, 森嶋 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 黒河内 顕, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 膵臓 29 (3) 434 -434 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 当施設における生体肝移植後胆管空腸吻合部閉塞に対するRendezvous penetration methodの治療成績
    眞田 幸弘, 川野 陽一, 矢野 智則, 畑中 恒, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 岡田 憲樹, 山田 直也, 平田 雄大, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和, 山本 博徳, 水田 耕一 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 425 -425 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 原発性十二指腸癌のムチンタンパク発現による臨床病理的解析
    三木 厚, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 黒河内 顕, 兼田 祐司, 石黒 保直, 森島 計, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 464 -464 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)切除例の検討
    森嶋 計, 佐久間 康成, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 厚, 黒河内 顕, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 719 -719 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 小林久也, 三木厚, 森嶋計, 兼田裕司, 石黒保直, 黒河内顕, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 日本肝胆膵外科学会学術集会プログラム・抄録集(CD-ROM) 26th ROMBUNNO.P83-5 -599 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 田口昌延, 眞田幸弘, 笠原尚哉, 森嶋計, 石黒保直, 兼田裕司, 三木厚, 黒河内顕, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 藤原岳人, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 佐田尚宏, 安田是和 日本肝胆膵外科学会学術集会プログラム・抄録集(CD-ROM) 26th ROMBUNNO.P116-2 -639 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 兼田裕司, 佐田尚宏, 田口昌延, 森嶋計, 石黒保直, 三木厚, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和 日本肝胆膵外科学会学術集会プログラム・抄録集(CD-ROM) 26th ROMBUNNO.P124-2 -649 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 石黒保直, 佐久間康成, 笹沼英紀, 佐田尚宏, 安田是和 日本肝胆膵外科学会学術集会プログラム・抄録集(CD-ROM) 26th ROMBUNNO.P52-2 -554 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 佐田尚宏, 田口昌延, 森嶋計, 石黒保直, 兼田裕司, 三木敦, 黒河内顕, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和 日本肝胆膵外科学会学術集会プログラム・抄録集(CD-ROM) 26th ROMBUNNO.PRS10-1 -423 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 超音波造影剤投与下のウサギ心臓における音響放射カインパルス(ARFI:Acoustic Radiation Force Impulse)の心電図波形に与える影響についての検討
    石黒 保直, 新田 尚隆, 笹沼 英紀, 安田 是和, 秋山 いわき, 谷口 信行 超音波医学 41 (3) 464 -465 2014年05月 [査読無し][通常論文]
  • 小児肝移植患者における長期管理の課題と工夫
    水田 耕一, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 岡田 憲樹, 山田 直也, 平田 雄大, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 移植 49 (1) 83 -83 2014年05月 [査読無し][通常論文]
  • 平田雄大, 井原欣幸, 浦橋泰然, 眞田幸弘, 岡田憲樹, 山田直也, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和, 水田耕一 日本小児外科学会雑誌 50 (3) 608 -608 2014年04月 [査読無し][通常論文]
  • 岡田憲樹, 眞田幸弘, 浦橋泰然, 井原欣幸, 山田直也, 平田雄大, 三木厚, 兼田裕司, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和, 水田耕一 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 320 -320 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 佐田尚宏, 眞田幸弘, 田口昌延, 石黒保直, 兼田裕司, 三木厚, 黒河内顕, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 太田真, LEFOR Alan, 安田是和 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 918 -918 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 岡田 憲樹, 眞田 幸弘, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 山田 直也, 平田 雄大, 三木 厚, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和, 水田 耕一 日本外科学会雑誌 115 (2) 320 -320 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉 大, 佐田 尚宏, 眞田 幸弘, 田口 昌延, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 厚, 黒河内 顕, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 太田 真, Lefor Alan, 安田 是和 日本外科学会雑誌 115 (2) 918 -918 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • Naotaka Nitta, Yasunao Ishiguro, Hideki Sasanuma, Nobuyuki Taniguchi, Iwaki Akiyama 2014 IEEE INTERNATIONAL ULTRASONICS SYMPOSIUM (IUS) 2014 Vol.2 1175 -1178 2014年 [査読有り][通常論文]
     
    Acoustic radiation force (ARF) has been used for evaluating tissue elasticity, and is generated by longer pulse duration (PD) and higher acoustic pressure than those used in the conventional ultrasound devices. Although the use of ARF produces relatively-high temperature rise in living biological tissue, the thermal effect of ARF is uncertain. In addition, considering application to the diagnosis of liver, the thermal effect in combination use of ARF and contrast agents should also be considered. In order to evaluate these effects, we have developed a temperature measurement system using a thermocouple for experiment on living animal. In this study, the temperature rise in living rabbit's liver exposed to ultrasound with ARF was measured and evaluated by using the developed system. As the results, all of maximum temperature rise within regulation limits was below 1.5 degrees C. In addition, there was no significant difference between temperature rises in the liver with and without contrast agents.
  • 倉科憲太郎, 松本志郎, 宇井崇, 笹沼英紀, 春田英律, 安部望, 金丸理人, 細谷好則, 佐田尚宏, 安田是和 PEG・在宅医療研究会学術集会プログラム抄録集 19th 71 2014年 [査読無し][通常論文]
  • 眞田幸弘, 川野陽一, 矢野智則, 畑中恒, 浦橋泰然, 井原欣幸, 岡田憲樹, 山田直也, 平田雄大, 森嶋計, 三木厚, 兼田裕司, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和, 山本博徳, 水田耕一 日本肝胆膵外科学会学術集会プログラム・抄録集(CD-ROM) 26th ROMBUNNO.PRS12-1 -425 2014年 [査読無し][通常論文]
  • A. Miki, Y. Sakuma, H. Sasanuma, Y. Kaneda, N. Sata, Y. Yasuda PANCREAS 42 (8) 1368 -1368 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 当科での段階的な鏡視下手術トレーニングの運用
    佐久間 康成, 笹沼 英紀, 俵藤 正信, 小泉 大, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 細谷 好則, Alan Lefor, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 457 -457 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 佐田尚宏, 兼田裕司, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和 日本外科感染症学会雑誌 10 (5) 609 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 森和亮, 笹沼英紀, 田口昌延, 森嶋計, 石黒保直, 兼田裕司, 遠藤和洋, 小泉大, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 74 (増刊) 994 -994 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 清水敦, 笹沼英紀, 三橋梅八 日本臨床外科学会雑誌 74 (増刊) 754 -754 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 兼田裕司, 佐田尚宏, 田口昌延, 森和亮, 石黒保直, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 俵藤正信, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 74 (増刊) 568 -568 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 肝移植周術期管理におけるエンドトキシンの測定意義
    眞田 幸弘, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 岡田 憲樹, 山田 直也, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和, 水田 耕一 日本消化器外科学会雑誌 46 (Suppl.2) 160 -160 2013年10月
  • 十二指腸乳頭部腫瘍の治療戦略における縮小手術の位置づけ
    小泉 大, 佐田 尚宏, 眞田 幸弘, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 兼田 祐司, 石黒 保直, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本消化器外科学会雑誌 46 (Suppl.2) 209 -209 2013年10月
  • 腹腔内感染症の治療戦略 膵壊死部感染
    佐田 尚宏, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本外科感染症学会雑誌 10 (5) 609 -609 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 谷口理丈, 佐久間康成, 石黒保直, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 小泉大, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 74 (9) 2651 -2652 2013年09月 [査読無し][通常論文]
  • 眞田幸弘, 水田耕一, 浦橋泰然, 井原欣幸, 脇屋太一, 岡田憲樹, 山田直也, 平田雄大, 兼田裕司, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和 日本門脈圧こう進症学会雑誌 19 (3) 73 2013年08月 [査読無し][通常論文]
  • 肝移植と門脈圧亢進症 肝移植後門脈体循環シャントの臨床的意義
    眞田 幸弘, 水田 耕一, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 脇屋 太一, 岡田 憲樹, 山田 直也, 平田 雄大, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本門脈圧亢進症学会雑誌 19 (3) 73 -73 2013年08月 [査読無し][通常論文]
  • 水田耕一, 浦橋泰然, 井原欣幸, 眞田幸弘, 岡田憲樹, 山田直也, 平田雄大, 佐久間康成, 笹沼英紀, 安田是和 移植 48 (総会臨時) 303 -303 2013年08月 [査読無し][通常論文]
  • 新田 尚隆, 石黒 保直, 笹沼 英紀, 安田 是和, 谷口 信行, 秋山 いわき 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113 (167) 37 -40 2013年07月 [査読無し][通常論文]
     
    診断用超音波出力に関する安全基準はI_≦720 mW/cm^2及びMI ≦1.9である.米国を中心にこの基準を見直す動きがある.我々は,動物実験(ウサギ)を用いた超音波照射による組織損傷と温度上昇を検討するための実験システムを開発した.特に,照射中の生体内部での温度上昇を計測するために,振動子に貫通した孔をあけ,そこに熱電対を通して超音波の焦点領域における温度上昇を測定した.
  • 安藤尚克, 眞田幸弘, 佐久間康成, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 清水敦, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 74 (7) 2039 -2039 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 当院における膵癌切除術後の長期生存症例に関する検討
    兼田 裕司, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 68回 P -17 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術後のドレーン排液アミラーゼと抜去時期に関する検討
    小泉 大, 佐田 尚宏, 森 和亮, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 68回 O -30 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 膵Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm(IPMN)の手術適応と至適術式 膵切離断端からみた膵IPMN切除術式の検討
    笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 兼田 裕司, 石黒 保直, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 福嶋 敬宜, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 68回 WS -8 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 生体肝移植後腹腔内ドレーン管理における腹水検査の有用性
    眞田 幸弘, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 脇屋 太一, 岡田 憲樹, 山田 直也, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和, 水田 耕一 日本消化器外科学会総会 68回 RS -19 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • Interactiveな手術simulationおよびnavigation virtual及びreal 3D modelによる治療支援と教育的活用
    遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 眞田 幸弘, 兼田 裕司, 石黒 保直, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 68回 O -41 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における膵内分泌細胞腫瘍10例のまとめ
    石黒 保直, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 68回 P -49 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭十二指腸切除後胆管炎・胆管狭窄に対する治療戦略
    三木 厚, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 兼田 裕司, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 68回 O -51 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 当院にて手術施行した十二指腸水平部癌の4例
    青木 裕一, 佐久間 康成, 三木 厚, 石黒 保直, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 68回 P -90 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 小児生体肝移植における過小グラフト症例の検討
    山田 直也, 眞田 幸弘, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 脇屋 太一, 岡田 憲樹, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和, 水田 耕一 日本消化器外科学会総会 68回 P -114 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 黒河内顕, 佐田尚宏, 遠藤和洋, 兼田裕司, 小泉大, 笹沼英紀, 安田是和 すい臓 28 (3) 515 -515 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 森和亮, 笹沼英紀, 田口昌延, 森嶋計, 兼田裕司, 遠藤和洋, 小泉大, 佐久間康成, 清水敦, 佐田尚宏, 安田是和 すい臓 28 (3) 474 -474 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 佐田友藍, 兼田裕司, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 すい臓 28 (3) 532 -532 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 三木厚, 佐久間康成, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐田尚宏, 安田是和 すい臓 28 (3) 472 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 石黒保直, 佐久間康成, 森嶋計, 笠原直哉, 田口昌延, 兼田裕司, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 小泉大, 佐田尚宏, 安田是和 すい臓 28 (3) 381 -381 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 田中裕美子, 佐久間康成, 森和亮, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐田尚宏, 安田是和 すい臓 28 (3) 521 -521 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 膵消化管吻合法の工夫 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術における前壁切開膵胃吻合法の工夫
    小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25回 275 -275 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 膵仮性嚢胞に対する嚢胞胃吻合術の工夫
    石黒 保直, 遠藤 和洋, 森嶋 計, 笠原 直哉, 田口 昌延, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 小泉 大, 佐久間 康成, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25回 294 -294 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭十二指腸切除における胆管再建後胆管炎・胆管狭窄に対する検討
    三木 厚, 佐久間 康成, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 安田 是和 膵臓 28 (3) 472 -472 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 清水敦, 俵藤正信, 佐久間康成, 藤原岳人, 笹沼英紀, 遠藤和洋, 石黒保直, 眞田幸弘, 兼田裕司, 森嶋計, 三木厚, 笠原尚哉, 田口昌延, 山下圭輔, 佐田尚宏, 安田是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25th 452 -452 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 山田直也, 眞田幸弘, 浦橋泰然, 井原欣志, 脇屋太一, 岡田憲樹, 兼田裕司, 笹沼英紀, 藤原岳人, 佐久間康成, 俵藤正信, 安田是和, 水田耕一 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25th 413 -413 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 佐久間康成, 笹沼英紀, 遠藤和洋, 清水敦, 俵藤正信, 眞田幸弘, 石黒保直, 佐田尚宏, 安田是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25th 498 -498 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 眞田幸弘, 山田直也, 兼田裕司, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 佐田尚宏, 安田是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25th 490 -490 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼英紀, 佐久間康成, 眞田幸弘, 藤原岳人, 清水敦, 俵藤正信, 水田耕一, 佐田尚宏, 安田是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25th 354 -354 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 眞田幸弘, 脇屋太一, 菱川修司, 浦橋泰然, 井原欣幸, 岡田憲樹, 山田直也, 兼田裕司, 笹沼英紀, 藤原岳人, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 安田是和, 水田耕一 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25th 362 -362 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 遠藤和洋, 佐田尚宏, 石黒保直, 兼田裕司, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25th 514 -514 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 水田耕一, 浦橋泰然, 井原欣幸, 眞田幸弘, 岡田憲樹, 山田直也, 兼田裕司, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和 日本小児外科学会雑誌 49 (3) 552 -552 2013年05月 [査読無し][通常論文]
  • 【最新 肝胆膵脾手術アトラス】 膵臓 慢性膵炎に対する手術
    佐田 尚宏, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 手術 67 (6) 989 -995 2013年05月 [査読無し][通常論文]
  • 高木徹, 佐久間康成, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐田尚宏, 安田是和 日本内分泌外科学会総会プログラム・抄録集 25th 110 -110 2013年05月 [査読無し][通常論文]
  • 佐久間 康成, 藤原 岳人, 笹沼 英記, 清水 敦, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 真田 幸弘, 井原 欣幸, 浦橋 泰然, 水田 耕一, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 水田 耕一, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 岡田 憲樹, 山田 直也, 江上 聡, 菱川 修司, 佐久間 康成, 清水 敦, 笹沼 英紀, 兼田 裕司, 藤原 岳人, 俵藤 正信, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 194 -194 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 眞田 幸弘, 水田 耕一, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 脇屋 太一, 岡田 憲樹, 山田 直也, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 996 -996 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 眞田 幸弘, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 水田 耕一, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 1001 -1001 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 清水 敦, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 小泉 大, 俵藤 正信, 藤原 岳人, 眞田 幸弘, 兼田 裕司, 三木 厚, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 田口 昌延, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 653 -653 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 俵藤 正信, 清水 敦, 宮倉 安幸, 藤井 博文, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 823 -823 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 石黒 保直, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 858 -858 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 佐久間 康成, 藤原 岳人, 笹沼 英記, 清水 敦, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 真田 幸弘, 井原 欣幸, 浦橋 泰然, 水田 耕一, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 1000 -1000 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 浦橋 泰然, 水田 耕一, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 脇屋 太一, 岡田 憲樹, 山田 直也, 笹沼 英紀, 清水 敦, 佐久間 康成, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 1001 -1001 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼英紀, 藤原岳人, 眞田幸弘, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 水田耕一, 佐田尚宏, 安田是和 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 1001 -1001 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 清水敦, 佐久間康成, 笹沼英紀, 遠藤和洋, 小泉大, 俵藤正信, 藤原岳人, 眞田幸弘, 兼田裕司, 三木厚, 森嶋計, 笠原尚哉, 田口昌延, 佐田尚宏, 安田是和 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 653 -653 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 水田耕一, 浦橋泰然, 井原欣幸, 眞田幸弘, 岡田憲樹, 山田直也, 江上聡, 菱川修司, 佐久間康成, 清水敦, 笹沼英紀, 兼田裕司, 藤原岳人, 俵藤正信, 安田是和 日本外科学会雑誌 114 194 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 佐田尚宏, 田口昌延, 笠原尚哉, 石黒保直, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 安田是和 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 858 -858 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 浦橋泰然, 水田耕一, 井原欣幸, 眞田幸弘, 脇屋太一, 岡田憲樹, 山田直也, 笹沼英紀, 清水敦, 佐久間康成, 安田是和 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 1001 -1001 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 眞田幸弘, 水田耕一, 浦橋泰然, 井原欣幸, 脇屋太一, 岡田憲樹, 山田直也, 兼田裕司, 笹沼英紀, 藤原岳人, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 安田是和 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 996 -996 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 鯉沼広治, 堀江久永, 佐久間康成, 笹沼英紀, 俵藤正信, 清水敦, 宮倉安幸, 藤井博文, 安田是和 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 823 -823 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 水田 耕一, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 岡田 憲樹, 山田 直也, 江上 聡, 菱川 修司, 佐久間 康成, 清水 敦, 笹沼 英紀, 兼田 裕司, 藤原 岳人, 俵藤 正信, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 眞田 幸弘, 水田 耕一, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 脇屋 太一, 岡田 憲樹, 山田 直也, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 眞田 幸弘, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 水田 耕一, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 肝移植手術における技術的困難例に対する戦略 新生児劇症肝不全に対するS2単区域グラフトを用いた生体肝移植
    水田 耕一, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 岡田 憲樹, 山田 直也, 江上 聡, 菱川 修司, 佐久間 康成, 清水 敦, 笹沼 英紀, 兼田 裕司, 藤原 岳人, 俵藤 正信, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 194 -194 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 青木裕一, 倉科憲太郎, 寺内文人, 中村仁康, 笹沼英紀, 佐田尚宏, 安田是和 日本腹部救急医学会雑誌 33 (2) 430 -430 2013年02月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 佐田尚宏, 田口昌延, 笠原尚哉, 兼田裕司, 石黒保直, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和 日本腹部救急医学会雑誌 33 (2) 402 -402 2013年02月 [査読無し][通常論文]
  • 帖地健, 笹沼英紀, 斎藤心, 伊澤祥光, 鯉沼広治, 佐田尚宏, 安田是和 日本腹部救急医学会雑誌 33 (2) 432 -432 2013年02月 [査読無し][通常論文]
  • 下地信, 笹沼英紀, 坂本沙織, 倉科憲太郎, 佐久間康成, 佐田尚宏, 安田是和 日本腹部救急医学会雑誌 33 (2) 498 -498 2013年02月 [査読無し][通常論文]
  • 金丸 理人, 小泉 大, 志村 国彦, 笹沼 英紀, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会雑誌 46 (7) 487 -493 2013年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は70歳の男性で,2008年9月,近医での血液検査にて肝機能障害を指摘され,精査目的に当科紹介受診し,膵管内乳頭粘液性腫瘍intraductal papillary-mucinous neoplasm(IPMN)と診断された.2009年6月,脾温存膵体尾部切除術(spleen-preserving distal pancreatectomy;SPDP)を施行した.術後第25病日に,ドレーンからの出血を認め,膵液瘻による胃十二指腸動脈瘤の破裂を認め,血管塞栓術を行い,術後第66病日で退院した.2009年11月(術後5か月),腹部CTを施行したところ,胃静脈瘤が描出された.上部消化管内視鏡検査でも穹隆部に孤立性の胃静脈瘤(Lg-cf,F2,Cb,RC(–))を確認できた.SPDP術後に脾静脈が閉塞し,孤立性胃静脈瘤が発生した1例を経験したので文献的考察を加えて報告する.
  • Nihei Yoshito, Sasanuma Hideki, Yasuda Yoshikazu Journal of Medical Ultrasonics 40 (1) 9 -18 2013年01月 [査読有り][通常論文]
     
    門脈静脈において血流に影響を及ぼす因子の同定と脈動流の起源を明らかにするため、三品種ターミナル交雑ミニブタを麻酔し、下大静脈、肝動脈、腸間膜動脈をVascular Occluderにより瞬間または1秒間遮断し、門脈静脈、下大静脈、肝動脈、腸間膜動脈の血流および血圧を測定した。下大静脈の遮断直後に、門脈静脈の血圧は急激に上昇し、血流が変化した。肝動脈の遮断後、門脈静脈の血圧波および血流波の変化は認められなかった。腸間膜動脈の遮断直後、門脈静脈の血圧波および血流波の新たな相が現れた。腸間膜動脈の遮断後の門脈静脈の血圧および血流の波形変化は下大静脈における波形と非常に類似していた。下大静脈と門脈静脈との間に血圧および血流波形の開始時間に差が生じた。これらの結果から、門脈静脈における血流波の脈動は洞様毛細血管を介して下大静脈における血流に影響を受け、腸の毛細血管を介して腸間膜動脈における血流に影響されることが示唆された。
  • Naotaka Nitta, Nobuki Kudo, Tomoo Kamakura, Yasunao Ishiguro, Hideki Sasanuma, Nobuyuki Taniguchi, Iwaki Akiyama 2013 IEEE INTERNATIONAL ULTRASONICS SYMPOSIUM (IUS) 2013 Vol.1 386 -389 2013年 [査読有り][通常論文]
     
    Acoustic radiation force (ARF) has been recently used for the tissue elasticity measurement and imaging. On the other hand, it is predicted that the higher temperature rises occur. In vivo measurement of temperature rise in animal experiments is important, whereas the measurement using thermocouples have some problems such as position mismatch of a temperature measuring junction of thermocouple and a focal point of ultrasound and so on. Therefore, in vivo measurement system for solving the above problems was developed in this study. The feasibility of the developed system was verified by the experiments using a tissue mimicking materials (TMM), TMM with a bone mode, an extracted porcine liver and a bone of chicken. Moreover, relations between conditions of ultrasound irradiation and temperature rises were investigated using the system. These results showed that temperature rises at focus on the surface of bone may exceed an allowable temperature rise which WFUMB guideline recommends, even though the acoustic intensity is within the limits of acoustic output regulation in diagnostic ultrasound devices.
  • 小泉大, 佐田尚宏, 田口昌延, 笠原尚哉, 兼田裕司, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25th 275 -275 2013年 [査読無し][通常論文]
  • 金丸理人, 小泉大, 志村国彦, 笹沼英紀, 俵藤正信, 佐田尚宏, 安田是和 日本消化器外科学会雑誌(Web) 46 (7) 487 -493 2013年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は70歳の男性で,2008年9月,近医での血液検査にて肝機能障害を指摘され,精査目的に当科紹介受診し,膵管内乳頭粘液性腫瘍intraductal papillary-mucinous neoplasm(IPMN)と診断された.2009年6月,脾温存膵体尾部切除術(spleen-preserving distal pancreatectomy;SPDP)を施行した.術後第25病日に,ドレーンからの出血を認め,膵液瘻による胃十二指腸動脈瘤の破裂を認め,血管塞栓術を行い,術後第66病日で退院した.2009年11月(術後5か月),腹部CTを施行したところ,胃静脈瘤が描出された.上部消化管内視鏡検査でも穹隆部に孤立性の胃静脈瘤(Lg-cf,F2,Cb,RC(–))を確認できた.SPDP術後に脾静脈が閉塞し,孤立性胃静脈瘤が発生した1例を経験したので文献的考察を加えて報告する.
  • 低侵襲手術ナビゲーション最前線 Virtual 3D画像と臓器立体モデル virtual 3D modelとreal 3D model 治療支援と教育的活用の現状
    遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 俵藤 正信, 安田 是和 日本内視鏡外科学会雑誌 17 (7) 233 -233 2012年12月 [査読無し][通常論文]
  • A. Miki, N. Sata, Y. Sakuma, M. Taguchi, N. Kasahara, K. Morishima, Y. Kaneda, K. Endo, M. Koizumi, H. Sasanuma, A. Shimizu, M. Hyodo, A. T. Lefor, Y. Yasuda PANCREAS 41 (8) 1386 -1386 2012年11月 [査読無し][通常論文]
  • 肝胆膵外科における小切開・鏡視外科手術の展望 小児生体肝移植ドナーに対する腹腔鏡補助下肝外側区域切除術
    眞田 幸弘, 笹沼 英紀, 兼田 裕司, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 水田 耕一, 安田 是和 小切開・鏡視外科学会雑誌 3 (1) 43 -43 2012年11月 [査読無し][通常論文]
  • 太田学, 佐久間康成, 笹沼英紀, 小泉大, 遠藤和洋, 石黒保直, 眞田幸弘, 佐田尚宏, 安田是和 小切開・鏡視外科学会雑誌 3 (1) 45 -45 2012年11月 [査読無し][通常論文]
  • 眞田幸弘, 笹沼英紀, 兼田裕司, 藤原岳人, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 水田耕一, 安田是和 小切開・鏡視外科学会雑誌 3 (1) 43 2012年11月 [査読無し][通常論文]
  • 森和亮, 遠藤和洋, 田口昌延, 森嶋計, 兼田裕司, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 73 (増刊) 842 -842 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼英紀, 佐田尚宏, 小泉大, 田口昌延, 森嶋計, 笠原尚哉, 兼田裕司, 三木厚, 佐久間康成, 清水敦, 福嶋敬宜, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 73 (増刊) 459 -459 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 佐田尚宏, 眞田幸弘, 田口昌延, 笠原尚哉, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 73 (増刊) 766 -766 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 青木裕一, 佐久間康成, 安田是和, 佐田尚宏, 清水敦, 笹沼英紀, 遠藤和洋, 石黒保直, 眞田幸弘 日本臨床外科学会雑誌 73 (増刊) 702 -702 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 眞田幸弘, 佐久間康成, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 清水敦, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 73 (増刊) 839 -839 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 術前診断画像を用いた術前simulationと術中navigation virtual及びreal modelの教育的活用
    遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 安田 是和 日本消化器外科学会雑誌 45 (Suppl.2) 151 -151 2012年10月
  • 十二指腸乳頭部腫瘍に対する縮小手術の検討
    小泉 大, 佐田 尚宏, 眞田 幸弘, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 山下 圭輔, 安田 是和 日本消化器外科学会雑誌 45 (Suppl.2) 160 -160 2012年10月
  • 顕微鏡的に多数の腫瘍結節を有する多発性肝血管筋脂肪腫の1例
    眞田 幸弘, 佐久間 康成, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 73 (増刊) 839 -839 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 岡田憲樹, 水田耕一, 山田直也, 眞田幸弘, 井原欣幸, 浦橋泰然, 笹沼英紀, 清水敦, 安田是和 移植 47 (総会臨時) 298 -298 2012年09月 [査読無し][通常論文]
  • 水田耕一, 浦橋泰然, 井原欣幸, 眞田幸弘, 脇屋太一, 岡田憲樹, 山田直也, 江上聡, 菱川修司, 笹沼英紀, 佐久間康成, 藤原岳人, 俵藤正信, 安田是和 日本門脈圧こう進症学会雑誌 18 (3) 74 -74 2012年08月 [査読無し][通常論文]
  • 佐田尚宏, 小泉大, 笹沼英紀 胆道 26 (3) 367 2012年08月 [査読無し][通常論文]
  • 肝移植における門脈圧亢進症の取り扱い 年長期生体肝移植における門脈圧亢進症対策
    水田 耕一, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 脇屋 太一, 岡田 憲樹, 山田 直也, 江上 聡, 菱川 修司, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 藤原 岳人, 俵藤 正信, 安田 是和 日本門脈圧亢進症学会雑誌 18 (3) 74 -74 2012年08月 [査読無し][通常論文]
  • 胆道癌のリスクファクター 肝内胆管癌合併肝内結石症のProfile調査
    佐田 尚宏, 小泉 大, 笹沼 英紀 胆道 26 (3) 367 -367 2012年08月 [査読無し][通常論文]
  • 3次元可視化技術を用いた3D virtual model、3D real modelの臨床活用
    遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 67回 1 -1 2012年07月 [査読無し][通常論文]
  • 副膵管由来と考えられた膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の一例
    伊藤 誉, 高橋 大二郎, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和, 今田 浩生, 福島 敬宜 日本消化器外科学会総会 67回 2 -2 2012年07月 [査読無し][通常論文]
  • 大腸癌手術時に診断した総胆管結石を伴った先天性胆嚢欠損症の1例
    太白 健一, 栗原 克己, 芝 順太郎, 黒河内 顕, 三木 厚, 斉藤 心, 平嶋 勇希, 笹沼 英紀, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 67回 1 -1 2012年07月 [査読無し][通常論文]
  • 当院で行った80歳以上の高齢者に対する幽門輪温存膵頭十二指腸切除術12例の検討
    田口 昌延, 佐田 尚宏, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 志村 国彦, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 俵藤 正信, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 67回 3 -3 2012年07月 [査読無し][通常論文]
  • 胆道嚢胞性疾患の診断と外科治療 腫瘍性嚢胞ならびに鑑別を要する非腫瘍性嚢胞
    清水 敦, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 田口 昌延, 森嶋 計, 俵藤 正信, 藤原 岳人, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 67回 2 -2 2012年07月 [査読無し][通常論文]
  • 黒河内顕, 佐田尚宏, 遠藤和洋, 兼田裕司, 小泉大, 笹沼英紀, 安田和是 すい臓 27 (3) 494 -494 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 兼田裕司, 佐田尚宏, 田口昌延, 笠原尚哉, 森嶋計, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 安田是和 すい臓 27 (3) 389 -389 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼英紀, 佐田尚宏, 小泉大, 田口昌延, 森嶋計, 笠原尚哉, 兼田裕司, 三木厚, 遠藤和洋, 佐久間康成, 清水敦, 福嶋敬宜, 安田是和 すい臓 27 (3) 307 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 佐田尚宏, 田口昌延, 森嶋計, 眞田幸弘, 兼田裕司, 三木厚, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 安田是和 すい臓 27 (3) 356 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 生体肝移植における手術手技の工夫 小児生体肝移植若年ドナーに対する腹腔鏡補助下肝外側区域切除術の検討
    笹沼 英紀, 俵藤 正信, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 清水 敦, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 24回 234 -234 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • IPMNの画像と手術適応と病理 膵IPMN切除後残膵再発症例の画像および病理学的検討
    笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 小泉 大, 田口 昌延, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 清水 敦, 福嶋 敬宜, 安田 是和 膵臓 27 (3) 307 -307 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 慢性膵炎は治療介入により改善するか? アルコール性慢性膵炎における飲酒基準 断酒・禁煙による治療介入
    佐田 尚宏, 田口 昌延, 森嶋 計, 眞田 幸弘, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 安田 是和 膵臓 27 (3) 356 -356 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 岡田憲樹, 眞田幸弘, 山田直也, 脇屋太一, 井原欣幸, 浦橋泰然, 笹沼英紀, 藤原岳人, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 安田是和, 水田耕一 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 24th 488 -488 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 兼田裕司, 佐田尚宏, 田口昌延, 笠原尚哉, 森嶋計, 遠藤和洋, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 安田是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 24th 507 -507 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 山田直也, 眞田幸弘, 岡田憲樹, 脇屋太一, 井原欣幸, 浦橋泰然, 笹沼英紀, 清水敦, 藤原岳人, 佐久間康成, 俵藤正信, 安田是和, 水田耕一 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 24th 489 -489 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 清水敦, 俵藤正信, 佐久間康成, 笹沼英紀, 藤原岳人, 遠藤和洋, 田口昌延, 眞田幸弘, 森嶋計, 笠原尚哉, 三木厚, 志村国彦, 兼田裕司, 佐田尚宏, 安田是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 24th 500 -500 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 遠藤和洋, 佐田尚宏, 田口昌延, 兼田裕司, 三木厚, 小泉大, 笹沼英紀, 藤原岳人, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 安田是和 日本外科学会雑誌 113 (臨増2) 350 -350 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 清水敦, 俵藤正信, 佐久間康成, 藤原岳人, 遠藤和洋, 三木厚, 笹沼英紀, 森嶋計, 田口昌延, 笠原尚哉, 小泉大, 兼田裕司, 山下圭輔, 佐田尚宏, 安田是和 日本外科学会雑誌 113 (臨増2) 547 -547 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 兼田 裕司, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 清水 敦, 佐藤 正信, 安田 是和 日本外科学会雑誌 113 (2) 350 -350 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 清水 敦, 俵藤 正信, 佐久間 康成, 藤原 岳人, 遠藤 和洋, 三木 厚, 笹沼 英紀, 森嶋 計, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 小泉 大, 兼田 裕司, 山下 圭輔, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 113 (2) 547 -547 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 小池裕美子, 山田朋子, 小宮根真弓, 村田哲, 大槻マミ太郎, 加藤英行, 橋本隆, 笹沼英紀 日本皮膚科学会雑誌 122 (1) 96 -97 2012年01月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼英紀, 俵藤正信, 藤原岳人, 佐久間康成, 清水敦, 安田是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 24th 234 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 佐田尚宏, 黒河内顕, 遠藤和洋, 兼田裕司, 小泉大, 笹沼英紀 難治性膵疾患に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書 157 -159 2012年 [査読無し][通常論文]
  • Zuiki Toru, Sata Naohiro, Sasanuma Hideki, Koizumi Masaru, Shimura Kunihiko, Sakuma Yasunaru, Hyodo Masanobu, Lefor Alan T, Yasuda Yoshikazu Clinical Journal of Gastroenterology 4 (6) 412 -417 2011年12月 [査読無し][通常論文]
     
    小十二指腸乳頭部癌は極めて稀である。症例は69歳男性で、上部消化管内視鏡により小十二指腸乳頭に1.5cm隆起した軽度潰瘍化を伴う腫瘍が認められ、十二指腸第2部腫瘍と診断した。生検により腺癌が明らかになった。CTスキャンにより十二指腸における腫瘍が観察されたが、膵頭での異常はみられなかった。膵温存十二指腸分節切除術を施行し、端々吻合により十二指腸を再建した。微視的に腫瘍は高分化型線癌で、副膵管の断端での浸潤は認めなかった。術後経過は順調で、術後11日目に退院した。既報の小十二指腸乳頭癌症例を考察した。十二指腸腫瘍の早期かつ正確な術前診断が、低侵襲の治療法選択および治癒を可能にする。
  • 塩澤幹雄, 安田是和, 芝順太郎, 太白健一, 斉藤心, 笹沼英紀, 栗原克己 日本臨床外科学会雑誌 72 399 2011年10月 [査読無し][通常論文]
  • 佐田尚宏, 小泉大, 笠原尚哉, 兼田裕司, 遠藤和洋, 志村国彦, 笹沼英紀, 佐久間康成, 俵藤正信, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 72 486 2011年10月 [査読無し][通常論文]
  • 金丸理人, 小泉大, 志村国彦, 笹沼英紀, 俵藤正信, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 937 -937 2011年10月 [査読無し][通常論文]
  • ここまで出来る終末期の在宅医療 悪性腹水の在宅管理をめざした腹腔静脈シャント(デンバーシャント)の検討
    塩澤 幹雄, 安田 是和, 芝 順太郎, 太白 健一, 斉藤 心, 笹沼 英紀, 栗原 克己 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 399 -399 2011年10月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における幽門輪温存膵頭十二指腸の前壁切開膵胃吻合法の工夫
    佐田 尚宏, 小泉 大, 笠原 尚哉, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 志村 国彦, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 俵藤 正信, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 486 -486 2011年10月 [査読無し][通常論文]
  • Nihei Yoshito, Sasanuma Hideki, Yasuda Yoshikazu Journal of Medical Ultrasonics 38 (3) 141 -149 2011年07月 [査読有り][通常論文]
     
    門脈における拍動流を解析し、その起源ならびに肝循環に関する新たな知見について検討した。実験にはミニブタを用い、全身麻酔下で門脈、下大静脈、肝動脈および腸間膜動脈の圧と流量を同時に測定し、圧変化と流量変化の関連性を検討すると共に、心拍間隔および圧と流波の発生時間を測定した。その結果、下大静脈では圧と流量が鏡像的変化を示し、肝動脈と腸間膜動脈では圧と流量が同時に増加し、下大静脈では心拍間隔が長くなるにしたがって圧と流波の発生時間が遅延した。肝動脈と腸間膜動脈の圧と流波の発生時間は心拍間隔の変化では殆ど影響を受けなかった。門脈の圧と流量の関連性は肝動脈と腸間膜動脈との間のそれに類似していたが、門脈の圧と流波の発生時間は下大静脈と肝動脈・腸間膜動脈に類似した2種類のパターンが示された。以上より、門脈の血流は拍動性であり、下大静脈と動脈系の両者により複雑な影響を受ける。
  • Rapid Prototyping法を用いた、術前MD-CT画像からの臓器立体モデル作成と手術支援システム
    遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 小泉 大, 笹沼 英紀, 俵藤 正信, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 66回 482 -482 2011年07月 [査読無し][通常論文]
  • 転移性肝癌における手術適応とタイミング(2) 腫瘍内科・大腸外科・肝臓外科のチーム医療で行う大腸癌肝転移治療
    俵藤 正信, 長瀬 通隆, 堀江 久永, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 太田 真, 清水 敦, 熊野 秀俊, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 藤井 博文, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 23回 229 -229 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 清水敦, 志村国彦, 俵藤正信, 佐久間康成, 笹沼英紀, 森嶋計, 太田真, 藤原岳人, 山下圭輔, 佐田尚宏, 安田是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 23rd 433 -433 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 兼田裕司, 小泉大, 笠原尚哉, 森嶋計, 笹沼英紀, 藤原岳人, 太田真, 俵藤正信, 佐田尚宏, 安田是和 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 402 -402 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 佐田尚宏, 笠原尚哉, 森嶋計, 兼田裕司, 笹沼英紀, 藤原岳人, 太田真, 俵藤正信, 安田是和 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 869 -869 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 兼田 裕司, 小泉 大, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 太田 真, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 112 (1) 402 -402 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉 大, 佐田 尚宏, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 太田 真, 俵藤 正信, 安田 是和 日本外科学会雑誌 112 (1) 869 -869 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 俵藤正信, 長瀬通隆, 堀江久永, 笹沼英紀, 藤原岳人, 佐久間康成, 太田真, 清水敦, 熊野秀俊, 宮倉安幸, 佐田尚宏, 藤井博文, 安田是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 23rd 229 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 佐田尚宏, 遠藤和洋, 兼田裕司, 小泉大, 笹沼英紀 難治性膵疾患に関する調査研究 平成22年度 総括・分担研究報告書 208 -210 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 清水敦, 俵藤正信, 佐久間康成, 笹沼英紀, 森嶋計, 太田真, 志村国彦, 藤原岳人, 小泉大, 山下圭介, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 728 -728 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 佐田尚宏, 笠原尚哉, 森嶋計, 兼田裕司, 志村国彦, 笹沼英紀, 藤原岳人, 太田真, 俵藤正信, 山下圭輔, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 527 -527 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 成人再発鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡観察併用Lichtenstein法の有用性について
    齋藤 心, 小泉 大, 太田 真, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本内視鏡外科学会雑誌 15 (7) 518 -518 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 石黒保直, 佐久間康成, 笹沼英紀, 俵藤正信, 佐田尚宏, 安田是和 手術 64 (10) 1583 -1587 2010年09月 [査読無し][通常論文]
     
    85歳女。食欲低下につづき下腹部痛が出現した。腸閉塞の診断で救急搬送された。腹部単純写真では、腸管麻痺によると思われる鏡面形成を多数認めるが腹腔内遊離ガス像は認めなかった。CTでは、総胆管は拡張しており結石を認めた。肝左葉周囲に腹水を認めた。腹腔穿刺を施行したところ、胆汁を混じた腹水が採取されたため、胆嚢穿孔による胆汁性腹膜炎を疑い緊急開腹手術を施行した。穿孔部の修復は、胆道狭窄の予防を目的として動脈を温存した胆嚢を用いたパッチにより修復した。腹腔内を生理食塩液で洗浄した後、ドレーンを留置し閉腹した。創感染を認めたが、第19病日に胆道造影を行い、造影剤の漏出・狭窄・遺残結石を認めず、すべての胆道ドレナージチューブをクランプし、第22病日に退院した。術後130日目に再入院し、断続的にすべての胆道ドレナージチューブを抜去し退院した。術後2年経過しているが合併症を認めていない。
  • 胃癌肝転移に対する肝切除症例の検討
    森嶋 計, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 笹沼 英紀, 瑞木 亨, 俵藤 正信, 長瀬 道隆, 藤井 博文, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 65回 238 -238 2010年07月 [査読無し][通常論文]
  • 岩下ちひろ, 瑞木亨, 佐田尚宏, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 70 (12) 3764 -3764 2009年12月 [査読無し][通常論文]
  • 田口昌延, 根本怜, 森美鈴, 笹沼英紀, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 70 (10) 3189 -3189 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 佐田尚宏, 笠原尚哉, 森嶋計, 志村国彦, 笹沼英紀, 藤原岳人, 佐久間康成, 太田真, 清水敦, 俵藤正信, 山下圭輔, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 70 (増刊) 838 -838 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 眞田幸弘, 笹沼英紀, 伊澤祥光, 関口忠司 日本臨床外科学会雑誌 70 (9) 2907 -2907 2009年09月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 佐田尚宏, 笠原尚哉, 森嶋計, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 山下圭輔, 安田是和 日本消化器病学会雑誌 106 (臨増大会) A912 -A912 2009年09月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 佐久間康成, 森美鈴, 森嶋計, 宇井崇, 笹沼英紀, 俵藤正信, 清水敦, 山下圭輔, 石川暢夫, 八木澤隆 日本外科系連合学会誌 34 (4) 716 -716 2009年08月 [査読無し][通常論文]
  • 伊澤祥光, 眞田幸弘, 笹沼英紀, 関口忠司, 宮倉安幸 日本臨床外科学会雑誌 70 (8) 2578 -2578 2009年08月 [査読無し][通常論文]
  • 仁平芳人, 金澤恵理, 北條彰, 栗田真紀子, 森嶋計, 笹沼英紀, 清水敦, 俵藤正信, 山下圭輔, 穂積康夫, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 70 (7) 2253 -2253 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 尾側膵切除における脾温存の適応と成績 膵温存膵体尾部切除術施行例の臨床病理学的検討
    小泉 大, 佐田 尚宏, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 山下 圭輔, 安田 是和 日本消化器外科学会雑誌 42 (7) 993 -993 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 佐田尚宏, 笠原尚哉, 森嶋計, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 山下圭輔, 安田是和 日本消化器外科学会雑誌 42 (7) 993 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 瑞木亨, 佐田尚宏, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 安田是和 日本消化器外科学会雑誌 42 (7) 1302 -1302 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉 大, 佐田 尚宏, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 山下 圭輔, 安田 是和 日本消化器外科学会雑誌 42 (7) 993 -993 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 瑞木 亨, 佐田 尚宏, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和 日本消化器外科学会雑誌 42 (7) 1302 -1302 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 井上賢之, 小泉大, 笠原尚哉, 森島計, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 山下圭輔, 佐田尚宏, 安田是和 すい臓 24 (3) 456 -456 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 遠藤和洋, 佐田尚宏, 森嶋計, 笠原尚哉, 小泉大, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 安田是和 すい臓 24 (3) 392 -392 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 森嶋計, 俵藤正信, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 佐田尚宏 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 21st 410 -410 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 田口昌延, 俵藤正信, 笹沼英紀, 森嶋計, 遠藤和洋, 佐久間康成, 清水敦, 佐田尚宏, 安田是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 21st 363 -363 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 佐田尚宏, 笠原尚哉, 森嶋計, 笹沼英紀, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 山下圭輔, 安田是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 21st 318 -318 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 清水敦, 俵藤正信, 佐久間康成, 笹沼英紀, 森嶋計, 遠藤和洋, 佐田尚宏, 松原大祐, 山口岳彦, 仁木利郎, 安田是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 21st 237 -237 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 石黒保直, 佐久間康成, 笹沼英紀, 森嶋計, 遠藤和洋, 清水敦, 俵藤正信, 佐田尚宏, 安田是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 21st 291 -291 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 清水敦, 俵藤正信, 佐久間康成, 笹沼英紀, 森嶋計, 佐田尚宏, 安田是和 肝臓 50 (Supplement 1) A373 -A373 2009年04月 [査読無し][通常論文]
  • 肝腫瘍診断における造影超音波の位置づけ 肝臓外科における術中造影超音波検査の有用性 外科領域への新たな応用
    安田 是和, 藤原 岳人, 俵藤 正信, 佐久間 康成, 清水 敦, 笹沼 秀紀, 仁平 芳人, 北條 宣幸 超音波医学 36 (Suppl.) S164 -S164 2009年04月
  • 小池裕美子, 山田朋子, 小宮根真弓, 村田哲, 大槻マミ太郎, 加藤英行, 橋本隆, 笹沼英紀 日本皮膚科学会雑誌 119 (4) 741 -741 2009年03月 [査読無し][通常論文]
  • 俵藤正信, 藤原岳人, 佐久間康成, 森嶋計, 笹沼英紀, 清水敦, 佐田尚宏, 眞田幸弘, 林田真, 江上聡, 菱川修司, 水田耕一, 河原崎秀雄, 安田是和 日本外科学会雑誌 110 (臨増2) 687 -687 2009年02月 [査読無し][通常論文]
  • 佐久間康成, RICORDI Camillo, 森嶋計, 俵藤正信, 清水敦, 笹沼英紀, 佐田尚宏, 安田是和, 矢田俊彦, 市井啓仁 日本外科学会雑誌 110 (臨増2) 628 -628 2009年02月 [査読無し][通常論文]
  • 清水敦, 俵藤正信, 佐久間康成, 笹沼英紀, 仁平芳人, 森嶋計, 山下圭輔, 小泉大, 笠原尚哉, 鯉沼広治, 宮倉安幸, 堀江久永, 長瀬通隆, 藤井博文, 佐田尚宏, 安田是和 日本外科学会雑誌 110 87 2009年02月 [査読無し][通常論文]
  • 俵藤 正信, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 森嶋 計, 笹沼 英紀, 清水 敦, 佐田 尚宏, 眞田 幸弘, 林田 真, 江上 聡, 菱川 修司, 水田 耕一, 河原崎 秀雄, 安田 是和 日本外科学会雑誌 110 (2) 687 -687 2009年02月 [査読無し][通常論文]
  • 清水 敦, 俵藤 正信, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 仁平 芳人, 森嶋 計, 山下 圭輔, 小泉 大, 笠原 尚哉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 長瀬 通隆, 藤井 博文, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 110 (2) 87 -87 2009年02月 [査読無し][通常論文]
  • 佐久間 康成, Ricordi Camillo, 森嶋 計, 俵藤 正信, 清水 敦, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 安田 是和, 矢田 俊彦, 市井 啓仁 日本外科学会雑誌 110 (2) 628 -628 2009年02月 [査読無し][通常論文]
  • 転移性肝癌に対する集学的治療 現状と成績 大腸癌両葉多発肝転移に対する治療戦略 術前FOLFOXの意義
    清水 敦, 俵藤 正信, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 仁平 芳人, 森嶋 計, 山下 圭輔, 小泉 大, 笠原 尚哉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 長瀬 通隆, 藤井 博文, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 110 (臨増2) 87 -87 2009年02月 [査読無し][通常論文]
  • 田口昌延, 笹沼英紀, 俵藤正信, 佐田尚宏, 安田是和 日本臨床外科学会雑誌 69 (増刊) 698 -698 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 大谷尚子, 佐久間康成, 森嶋計, 笹原尚哉, 俵藤正信, 清水敦, 笹沼英紀, 佐田尚宏, 安田是和 肝臓 49 (Supplement 3) A728 -A728 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 仁平芳人, 笹沼英紀, 森嶋計, 清水敦, 俵藤正信, 山下圭輔, 佐田尚宏, 安田是和 肝臓 49 (Supplement 3) A735 -A735 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼英紀, 笠原尚哉, 森嶋計, 小泉大, 仁平芳人, 佐久間康成, 清水敦, 俵藤正信, 山下圭輔, 佐田尚宏, 安田是和 肝臓 49 (Supplement 3) A741 -A741 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 仁平芳人, 森嶋計, 小泉大, 佐久間康成, 俵藤正信, 笹沼英紀, 清水敦, 山下圭輔, 佐田尚宏, 安田是和 日本消化器外科学会雑誌 41 (7) 1451 -1451 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 仁平 芳人, 森嶋 計, 小泉 大, 佐久間 康成, 俵藤 正信, 笹沼 英紀, 清水 敦, 山下 圭輔, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会雑誌 41 (7) 1451 -1451 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 伊澤祥光, 眞田幸弘, 笹沼英紀, 関口忠司 日本外傷学会雑誌 22 (2) 248 -248 2008年04月 [査読無し][通常論文]
  • 仁平 芳人, 森嶋 計, 小泉 大, 佐久間 康成, 俵藤 正信, 笹沼 英紀, 清水 敦, 山下 圭輔, 佐田 尚宏, 安田 是和 Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学 35 (Suppl.) S631 -S631 2008年04月 [査読無し][通常論文]
  • 仁平 芳人, 安田 是和, 笹沼 英紀, 山下 圭輔, 永井 秀雄 Journal of medical ultrasonics = 超音波医学 34 (Suppl.) S654 -S654 2007年04月 [査読無し][通常論文]
  • HYODO Masanobu, OHTSUKA Shin, SASANUMA Hideki, SEKIGUCHI Chuuji, NAGAI Hideo 自治医科大学紀要 29 41 -47 2006年12月 [査読無し][通常論文]
  • 伊澤祥光, 笹沼英紀, 宮倉安幸, 関口忠司 日本外傷学会雑誌 20 (2) 202 -202 2006年04月 [査読無し][通常論文]
  • 仁平芳人, 安田是和, 笹沼英紀, 山下圭輔, 永井秀雄 超音波医学 33 (Suppl.) S389 -S389 2006年04月 [査読無し][通常論文]
  • 山下 圭輔, 安田 是和, 北條 宣幸, 千葉 英男, 清水 敦, 仁平 芳人, 太田 真, 笹沼 英紀, 佐藤 慎, 礒田 憲夫, 永井 秀雄 日本外科学会雑誌 107 (2) 225 -225 2006年03月 [査読無し][通常論文]
  • 宇井 崇, 宮倉 安幸, 笹沼 英紀, 関口 忠司 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 67 (2) 355 -359 2006年02月 [査読無し][通常論文]
     
    盲腸外側の後腹膜窩より傍結腸溝に沿い小腸が嵌入し,従来の分類とは若干異なる盲腸周囲ヘルニアの1例を経験したので報告する.症例は82歳,女性.腹痛,嘔吐にて近医受診し腸閉塞の診断にて当院紹介となる.腹部CTでは盲腸を内側へ偏位させる拡張した腸管を盲腸外側に認めた.腹部超音波では右下腹部に約3cmのto-and-froを伴う低エコー濃度腫瘤陰影を認めた.減圧目的のイレウス管挿入後の小腸造影では,右下腹部の小腸に強度の狭窄像を認めた.盲腸周囲ヘルニアによる腸閉塞と診断し,病変直上の小開腹による緊急手術を施行した.盲腸外側傍結腸溝に直径約1cmの腹膜陥凹部を認め,約10cmの小腸が嵌頓していた.腸管を整復後ヘルニア門を縫合閉鎖して手術を終了した.内ヘルニアには,盲腸外側の傍結腸溝に嵌入する盲腸周囲ヘルニアもあり,特徴的な画像診断により早期診断に努め,侵襲を最小限に抑えた治療を目指すことが肝要である(著者抄録)
  • 笹沼 英紀, 俵藤 正信, 宇井 崇, 関口 忠司, 廣田 紀男 日本消化器外科学会雑誌 = The Japanese Journal of Gastroenterological Surgery 39 (1) 120 -125 2006年01月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は70歳の男性で発熱, 左下腹部痛, 食欲不振を主訴に近医受診しUS上S状結腸壁の肥厚を指摘され紹介となった. 左下腹部に圧痛を伴う腫瘤を触知し, 血液検査でWBC16,290/μl, CRP11.47mg/dl, CA19-9 100.5U/mlと上昇していた. 注腸検査では直腸からS状結腸に約12cmの狭窄像を認めた. CTでは同部位に著明な壁肥厚像, 憩室, 直腸周囲のリンパ節腫脹と左水腎症を認めた. 保存的治療が限界となり, 悪性腫瘍による尿管浸潤を強く疑い開腹手術を行った. S状結腸に炎症を主体とする病変があり尿管が巻き込まれていた. 低位前方切除術, 回腸瘻造設術を施行した. 病理組織的診断では悪性所見はなく憩室に起因する急性・慢性炎症であった. 退院後, 3か月目のCTで左水腎症は改善傾向を示していた. 憩室炎は日常遭遇するごく一般的な疾患であるが, 尿管狭窄から水腎症を合併することはまれで, 悪性腫瘍との鑑別が難しい. 文献的な考察を加えて報告する.
  • 宇井 崇, 宮倉 安幸, 笹沼 英紀, 関口 忠司 日本臨床外科学会雑誌 67 (2) 355 -359 2006年 [査読無し][通常論文]
     
    盲腸外側の後腹膜窩より傍結腸溝に沿い小腸が嵌入し,従来の分類とは若干異なる盲腸周囲ヘルニアの1例を経験したので報告する.症例は82歳,女性.腹痛,嘔吐にて近医受診し腸閉塞の診断にて当院紹介となる.腹部CTでは盲腸を内側へ偏位させる拡張した腸管を盲腸外側に認めた.腹部超音波では右下腹部に約3cmのto-and-froを伴う低エコー濃度腫瘤陰影を認めた.減圧目的のイレウス管挿入後の小腸造影では,右下腹部の小腸に強度の狭窄像を認めた.盲腸周囲ヘルニアによる腸閉塞と診断し,病変直上の小開腹による緊急手術を施行した.盲腸外側傍結腸溝に直径約1cmの腹膜陥凹部を認め,約10cmの小腸が嵌頓していた.腸管を整復後ヘルニア門を縫合閉鎖して手術を終了した.内ヘルニアには,盲腸外側の傍結腸溝に嵌入する盲腸周囲ヘルニアもあり,特徴的な画像診断により早期診断に努め,侵襲を最小限に抑えた治療を目指すことが肝要である.
  • 俵藤 正信, 笹沼 英紀, 宇井 崇, 尾本 和, 千葉 英男, 大平 猛, 大塚 紳, 熊野 秀俊, 関口 忠司, 永井 秀雄 自治医科大学医学部紀要 28 25 -35 2005年12月 [査読無し][通常論文]
     
    那須南病院は,吊り上げ式腹腔鏡下胆嚢摘出術の経験をもとに吊り上げ式腹腔鏡補助下胃癌・大腸癌手術を1999年から開始した。早期胃癌に対し幽門側胃切除12例と胃部分切除2例,大腸癌に対し回盲部切除1例,右半結腸切除8例,横行結腸切除2例,左半結腸切除1例,S状結腸切除4例,前方切除2例,大腸全摘1例,結腸部分切除1例を施行した。癒着や出血による開腹移行は3例であった。術者の腹腔鏡補助下手術経験は少なかったが,出血量は少なく手術時間も短時聞で,重篤な術後合併症も認めなかった。胃癌症例は全例無再発生存,大腸癌症例では2例の再発を認めているが全例生存中である。吊り上げ式補助下胃・大腸切除術術は小開腹創が利用でき開腹手術に準じた手術法なので,鏡視下手術の経験の少ない外科医や施設でも可能であり,気腹による心肺合併症の心配もないので高齢者に対しても適していると思われる。また開腹手術用の器具が利用可能で経済的にも優れている。
  • 宇井崇, 宮倉安幸, 笹沼英紀, 関口忠司 日本臨床外科学会雑誌 66 (増刊) 730 -730 2005年10月 [査読無し][通常論文]
  • 仁平芳人, 安田是和, 笹沼英紀, 山下圭輔, 永井秀雄 日本門脈圧こう進症学会雑誌 11 (1) 98 -98 2005年07月 [査読無し][通常論文]
  • 結腸ステント留置を選択せざるを得なかった下行結腸癌閉塞の1例(A CASE OF OBSTRUCTION OF THE DESCENDING COLON CANCER WHICH COULD NOT BUT CHOOSE COLONIC STENT DETENTION)
    Koizumi Masaru, Sasanuma Hideki, Sekiguchi Chuji Digestive Endoscopy 17 (3) A13 -A13 2005年07月 [査読無し][通常論文]
  • 平嶋勇希, 俵藤正信, 斉藤心, 倉科憲太郎, 横山卓, 荒井渉, 細谷好則, 安田是和, 永井秀雄, 笹沼英紀 日本消化器外科学会雑誌 38 (7) 1167 -1167 2005年07月 [査読無し][通常論文]
  • 平嶋 勇希, 俵藤 正信, 斉藤 心, 倉科 憲太郎, 横山 卓, 荒井 渉, 細谷 好則, 安田 是和, 永井 秀雄, 笹沼 英紀 日本消化器外科学会雑誌 38 (7) 1167 -1167 2005年07月 [査読無し][通常論文]
  • 宮倉安幸, 宇井崇, 笹沼英紀, 関口忠司 Prog Dig Endosc 67 (1) 82 -82 2005年06月 [査読無し][通常論文]
  • 仁平 芳人, 安田 是和, 笹沼 英紀, 北條 宣幸, 千葉 英男, 山下 圭輔, 永井 秀雄 Journal of medical ultrasonics = 超音波医学 32 S376 2005年04月 [査読無し][通常論文]
  • 仁平 芳人, 安田 是和, 笹沼 英紀, 北條 宣幸, 千葉 英男, 山下 圭輔, 永井 秀雄 Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学 32 (Suppl.) S376 -S376 2005年04月 [査読無し][通常論文]
  • 清水 敦, 安田 是和, 山下 圭輔, 北條 宣幸, 千葉 英男, 仁平 芳人, 笹沼 英紀, 岡田 真樹, 永井 秀雄 日本外科学会雑誌 106 (0) 550 -550 2005年04月 [査読無し][通常論文]
  • 清水 敦, 安田 是和, 山下 圭輔, 北條 宣幸, 千葉 英男, 仁平 芳人, 笹沼 英紀, 岡田 真樹, 永井 秀雄 日本外科学会雑誌 106 (0) 2005年04月 [査読無し][通常論文]
  • 仁平芳人, 安田是和, 笹沼英紀, 北条宣幸, 千葉英男, 山下圭輔, 永井秀雄 超音波医学 32 (2) 222 -222 2005年03月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉 大, 笹沼 英紀, 関口 忠司 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 47 (1) 42 -48 2005年01月 [査読無し][通常論文]
  • イレウス症状を呈したStage IVの下行結腸癌に対してexpandable metallic stent(EMS)の留置がQOLの改善に有用であった1例
    小泉 大, 井寺 奈美, 笹沼 英紀, 関口 忠司 日本臨床外科学会雑誌 65 (11) 3080 -3080 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 門脈にみられる拍動波の実験的検討
    仁平 芳人, 安田 是和, 笹沼 英紀, 北條 宣幸, 千葉 英男, 山下 圭輔, 永井 秀雄 日本超音波医学会関東甲信越地方会学術集会抄録集 16回 68 -68 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 清水敦, 安田是和, 山下圭輔, 北条宣幸, 千葉英男, 仁平芳人, 笹沼英紀, 岡田真樹, 永井秀雄 日本臨床外科学会雑誌 65 (増刊) 401 -401 2004年09月 [査読無し][通常論文]
  • 宇井崇, 笹沼英紀, 俵藤正信, 広田紀男, 関口忠司 日本臨床外科学会雑誌 65 (増刊) 685 -685 2004年09月 [査読無し][通常論文]
  • 俵藤正信, 笹沼英紀, 井寺奈美, 関口忠司, 大塚紳 日本消化器外科学会雑誌 37 (7) 1065 -1065 2004年07月 [査読無し][通常論文]
  • 俵藤 正信, 笹沼 英紀, 井寺 奈美, 関大 忠司, 塚口 紳 日本消化器外科学会雑誌 37 (7) 1065 -1065 2004年07月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼英紀, 安田是和, 仁平芳人, 千葉英男, 北条宣幸, 山下圭輔, 永井秀雄 超音波医学 31 (1) J38 -J38 2004年01月 [査読無し][通常論文]
  • 仁平芳人, 安田是和, 笹沼英紀, 千葉英男, 山下圭輔, 北条宣幸, 永井秀雄 超音波医学 31 (1) J38 -J38 2004年01月 [査読無し][通常論文]
  • 小泉大, 井寺奈美, 笹沼英紀, 関口忠司 日本臨床外科学会雑誌 64 (増刊) 482 -482 2003年10月 [査読無し][通常論文]
  • 佐久間康成, 笹沼英紀, 藤原岳人, 山内仁, 安田寿彦, 永井秀雄, 八木沢隆 移植 38 168 2003年10月 [査読無し][通常論文]
  • 腎移植後PTLDの2症例
    佐久間 康成, 笹沼 秀紀, 藤原 岳人, 安田 寿彦, 永井 秀雄, 八木澤 隆 今日の移植 16 (4) 404 -405 2003年07月
  • 笹沼 英紀, 栗原 克己, 富樫 一智, 穂積 康夫, 岡田 真樹, 安田 是和, 永井 秀雄, 弘中 貢, 深山 正久 日本外科学会雑誌 104 (0) 381 -381 2003年04月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼英紀, 安田是和, 仁平芳人, 千葉英男, 北条宣幸, 山下圭輔, 谷口信行, 永井秀雄 超音波医学 30 (Suppl.) S384 -S384 2003年04月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼英紀, 山下圭輔, 北条宣幸, 仁平芳人, 千葉英男, 安田是和, 永井秀雄, 鈴川正之 日本腹部救急医学会雑誌 23 (2) 312 -312 2003年03月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼英紀, 細谷好則, 山下圭輔, 石橋敏光, 安田是和, 永井秀雄 日本臨床外科学会雑誌 63 (増刊) 456 -456 2002年10月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼英紀, 佐久間康成, 梯彰弘, 田原和典, 井上成一郎, 袴田陽二, 高橋将文, 永井秀雄, 小林英司 移植 37 (5) 234 2002年10月 [査読無し][通常論文]
  • 佐久間康成, 田原和典, 井上成一郎, 袴田陽二, 高橋将文, 笹沼英紀, 永井秀雄, 小林英司 移植 37 (5) 229 2002年10月 [査読無し][通常論文]
  • 佐久間康成, 田原和典, 井上成一郎, 袴田陽二, 高橋将文, 笹沼英紀, 永井秀雄, 小林英司 移植 37 (5) 229 2002年10月 [査読無し][通常論文]
  • 膵・脾合併移植によるドナー型造血系細胞増殖
    佐久間 康成, 田原 和典, 井上 成一郎, 袴田 陽二, 高橋 将文, 笹沼 英紀, 永井 秀雄, 小林 英司 移植 37 (5) 229 -229 2002年10月 [査読無し][通常論文]
  • ラットhigh responderにおける膵移植
    佐久間 康成, 田原 和典, 井上 成一郎, 袴田 陽二, 高橋 将文, 笹沼 英紀, 永井 秀雄, 小林 英司 移植 37 (5) 229 -229 2002年10月 [査読無し][通常論文]
  • SDTラットにおける膵移植;DMによる網膜症予防を目指して
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 梯 彰弘, 田原 和典, 井上 成一郎, 袴田 陽二, 高橋 将文, 永井 秀雄, 小林 英司 移植 37 (5) 234 -234 2002年10月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼英紀, 佐久間康成, 安田寿彦, 藤原岳人, 石橋敏光, 永井秀雄 移植 37 (3) 132 2002年06月 [査読無し][通常論文]
  • 死体腎移植後右頸部に移植後リンパ球増殖症(PTLD)を認めた一例
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 寿彦, 藤原 岳人, 石橋 敏光, 永井 秀雄 移植 37 (3) 132 -132 2002年06月 [査読無し][通常論文]
  • サンディミュンによりコントロールされている腎移植後患者のネオーラル切り換えの問題点
    佐久間 康成, 安田 寿彦, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 石橋 敏光, 永井 秀雄, 小林 英司 今日の移植 15 (2) 187 -191 2002年04月 [査読無し][通常論文]
     
    腎移植後安定期にある患者30名を対象にサンディミュンからネオーラルへ同量で切り換えを行った.その後の投与量は,安定期のトラフ値(Co)を目安に行い,合わせて投与後2時間値(C2)を測定した.23例に同量切り換えが行われたが,トラフ値上昇のためネオーラルの減量を行ったものが4例あった.また,3例が副作用と思われる症状,検査値の異常,服薬コンプライアンス不良で再度同量のサンディミュンにもどした.サンディミュンからネオーラルの切り換えは,ほとんどの例でトラフ値の上昇を示さず同量切り換えが可能であったが,C2値の有意な上昇を示していた
  • 佐野哲孝, 大木伸一, 三沢吉雄, 笹沼英紀, 大谷真一, 小西宏明, 斉藤力, 上沢修, 蘇原泰則 Jpn J Thorac Cardiovasc Surg 50 (Suppl.) 49 -49 2002年03月 [査読無し][通常論文]
  • 穂積 康夫, 笹沼 英紀, 小倉 重人, 大塚 紳, 永井 秀雄 日本外科学会雑誌 103 (0) 551 -551 2002年03月 [査読無し][通常論文]
  • 佐久間康成, 安田寿彦, 笹沼英紀, 藤原岳人, 石橋敏光, 永井秀雄, 小林英司 今日の移植 15 (2) 187 -191 2002年03月 [査読無し][通常論文]
  • H Sasanuma, Y Hozumi, Y Hakamata, S Ogura, H Nagai EUROPEAN JOURNAL OF CANCER 38 S97 -S98 2002年03月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼英紀, 細谷好則, 荒井渉, 俵藤正信, 安田是和, 永井秀雄 日本臨床外科学会雑誌 62 (増刊) 409 -409 2001年09月 [査読無し][通常論文]
  • 細谷好則, 倉科憲太郎, 荒井渉, 俵藤正信, 笹沼英紀, 斉藤心, 安田是和, 永井秀雄 日本消化器外科学会雑誌 34 (7) 1136 -1136 2001年07月 [査読無し][通常論文]
  • 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 荒井 渉, 俵藤 正信, 笹沼 英紀, 斉藤 心, 安田 是和, 永井 秀雄 日本消化器外科学会雑誌 34 (7) 1136 -1136 2001年07月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉英男, 安田是和, 青木虎男, 川上和徳, 笹沼英紀, 仁平芳人, 北条宣幸, 水沼洋文, 永井秀雄 日本消化器病学会雑誌 98 A278 2001年03月 [査読無し][通常論文]
  • 佐野哲孝, 小西宏明, 上沢修, 大谷真一, 笹沼英紀, 大木伸一, 斉藤力, 加藤盛人, 蘇原泰則 Jpn J Thorac Cardiovasc Surg 49 79 2001年03月 [査読無し][通常論文]
  • 解離性動脈瘤で上行大動脈置換及び大動脈置換術施行後,遠隔期にValsalva洞拡張をきたした1例
    佐野 哲孝, 小西 宏明, 上沢 修, 大谷 真一, 笹沼 英紀, 大木 伸一, 齊藤 力, 加藤 盛人, 三澤 吉雄, 布施 勝生 The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY 49 (Suppl.) 79 -79 2001年03月 [査読無し][通常論文]
  • 生体腎移植術後の腎動脈吻合部仮性動脈瘤の破裂
    笹沼 英紀, 安田 寿彦, 石橋 敏光, 佐久間 康成, 藤原 岳人, 千葉 英男, 永井 秀雄 移植 35 (総会臨時) 298 -298 2000年09月 [査読無し][通常論文]
  • 笹沼英紀, 安田寿彦, 石橋敏光, 佐久間康成, 藤原岳人, 千葉英男, 永井秀雄 移植 35 298 2000年09月 [査読無し][通常論文]
  • 両側肩甲下部に発生した背部弾性線維腫の1症例
    笹沼 英紀 日赤医学 49 (1) 193 -193 1997年10月 [査読無し][通常論文]
  • 和気 義徳, 笹沼 英紀, 細谷 好則, 長島 徹, 小林 伸久, 高澤 泉, 腰塚 史朗, 土屋 一成, 渋澤 公行, 昌子 正實 日本臨床外科医学会雑誌 = The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 58 (7) 1513 -1518 1997年07月 [査読無し][通常論文]
     
    粘膜下腫瘍様の外観を呈した胃原発腺扁平上皮癌の1例を経験した.症例は30歳男性.主訴は,空腹時左季肋部痛,黒色便.胃内視鏡検査で体中部大彎にgiant fold様の限局性の隆起を主体とする粘膜下腫瘍様の病変を認めた.小ビラン面があり,その部分よりの生検で粘膜固有層に浸潤する扁平上皮癌を認めた.転移性腫瘍の可能性も考慮し全身の検索を行ったが,胃以外には異常を認めなかった.胃全摘術,脾摘術,横行結腸部分切除術,胆摘術を施行した.切除標本では,長径7cmの大きな腫瘍で,組織学的検索では,腫瘍部の大部分はsm以下に存在する扁平上皮癌であり,わずかに,肉眼的にみられたビランの部分で粘膜内にsignet rign cell carcinomaを混ずる低分化型腺癌を認め,扁平上皮癌との間に移行像が認められ,胃原発腺扁平上皮癌と診断された.術後CDDPと5-FUによる化学療法を3回施行.術後1年3カ月たった現在まで再発の兆候は認めていない.

受賞

  • 2017年12月 日本内視鏡外科学会 ePoster Award
     腹腔鏡下膵体尾部切除における電動式自動縫合器を使った膵離断定型化の試み JPN japan_society 
    受賞者: 笹沼 英紀第30回 日本内視鏡外科学会総会 ePoster Award 2017/12/8(金)ePoster イベントホール(ブースNo.12) ePoster141 膵臓4 司会:日本医科大学消化器外科 松下晃
  • 1996年 日本内分泌外科学会 ベストポスター賞
     広範囲な転移を伴う悪性褐色細胞腫の2治験例 japan_society 
    受賞者: 笹沼 英紀笹沼英紀、矢田宏、水沼洋文、永井秀雄、金澤曉太郎: 第8回日本内分泌外科学会総会、 一般演題(ポスター)P-61、大阪、1996

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 音響放射力インパルスが大動物の肺に及ぼす影響
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 高山 法也, 谷口 信行, 小形 幸代, 新田 尚隆, 秋山 いわき, 力山 敏樹, 笹沼 英紀
     
    音響放射力インパルス(ARFI)は組織の硬度を測定する新たな超音波検査として近年臨床応用されているが、我々はこれまでに動物実験においてARFIの照射により意図しない肺損傷が起こる可能性を報告してきた。今回、ARFIの安全性を検討するため、臨床使用されているARFIに近い条件に設定して実験を行った(本実験は文部科学省における「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針」に従い、自治医科大学動物実験委員会の承認(承認番号17233-01)を得たものである)。方法としては全身麻酔下にウサギを仰臥位とし、呼吸コントロールのために気管チューブを留置し、ARFIプローブ(5.2MHz linear probe)を使用して、左右の上腹部肋弓下の体表からBモードで肺表面を描出し、照射部位を決定、一時的に呼吸を停止させた上で、同部位に照射を行った(本装置はBモード表示部とARFI送信部をスイッチで切り替えて使用する特注品である)。照射の条件はPulse duration (PD): 0.3ms, focus: 30mm、照射回数: 30回、照射間隔: 3sとし、Mechanical Index (MI)を6段階に設定(①0.37 ②0.49 ③0.58 ④0.75 ⑤0.84 ⑥0.88 それぞれの条件で3羽のウサギを使用し、それぞれ左右一か所ずつ照射を行った。結果は肉眼所見としては照射した部位に一致して肺表面にred spotを認めた。病理組織所見(HE染色)では照射部位の胸膜直下に肺胞出血を認めた。MI値と肺損傷(red spotのサイズ)の間には強い正の相関を認めた。以上より本実験のARFIの照射条件は照射回数については実臨床とかけ離れているものの、臨床使用されているARFIに近い条件下において、ウサギの肺損傷(肺胞出血)が確認された。
  • 音響放射力インパルスが肺およびその周囲組織に及ぼす影響
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2016年04月 -2020年03月 
    代表者 : 笹沼 英紀, 谷口 信行, 小形 幸代, 石黒 保直, 新田 尚隆
     
    これまで臨床の条件を超えたARFI照射が、造影剤投与下に心臓に及ぶと不整脈が誘発され、肺に及ぶと肺表に肺胞出血が生じることを報告してきた。臨床に近いMI条件で照射が心臓や肺に及んだ時、どのような生体作用が生じるかを検証した。ウサギを全身麻酔下に気管切開し呼吸調整ができるようにした。Bモードを見て照射部位を決めることのできるシステムを用い、照射部位を右室、右房、左室壁の3カ所に設定し造影剤静注による不整脈誘発を検証した。右室・右房への照射を右心系、左室への照射を左心系として不整脈の数と形態を検討した。照射条件はMI:1.18、PD:1.0msec、照射回数:30回、照射間隔は脈拍3回に1回、R波から200msec後とした。また同システムを用い呼吸停止下に経肝的に肺表に照射し肺への影響を検証した。照射条件はMI:0.37~0.88、PD: 0.3msec, focus: 30mm、照射回数: 30回、照射間隔: 3sとした。造影剤併用で肺損傷が増強されるかも検証した。犠牲死後、病理学的評価を行った。心臓への照射では、投与のない場合は不整脈は認めず、投与下では右心系に有意に多く心室性不整脈が発生した。致死的な不整脈の発生はなかった。肺への照射では、照射部位に一致して肉眼的なRed spotを認、MI値とred spotのサイズには正の相関を認めた。造影剤投与による肺損傷の増強はなかった。病理組織所見では、照射部位の胸膜直下に肺胞の虚脱ならびに肺胞出血の所見を認めた。本実験は小動物を用いた実験であり、胸膜の厚みや構造が大動物とは少し異なること、MI値以外に非臨床的条件含んでいることから直ちにヒトに当てはめることはできない。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 秋山 いわき, 谷口 信行, 笹沼 英紀, 新田 尚隆, 石黒 保直, 高山 法也, 利府 数馬
     
    音響放射力インパルス (ARFI: Acoustic Radiation Force Impulse) を伴う超音波パルスと発生するshear waveは組織の硬さの診断のために臨床で応用されている。ARFIでは、診断用超音波と比較して持続時間が長い高強度のパルス波を使用するため、一定条件下の照射で組織破壊や有意な温度上昇を来すことが危惧されてきた。Bモード画像を観察しながらARFIを照射できるシステムを新たに導入した。この装置を使用して造影剤静注後のウサギ心臓へARFIを照射することにより、これまで報告してきた強度より低い強度のARFI照射でも期外収縮が誘発されることを確認した。
  • 音響放射力インパルスが肺およびその周囲組織に及ぼす影響
    厚生労働省:科学研究費助成事業
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 笹沼 英紀
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2014年04月 -2018年03月 
    代表者 : 谷口 信行, 小形 幸代, 石黒 保直, 笹沼 英紀
     
    肝臓、乳腺の超音波検査で臨床応用されているARFIは、組織内の音の伝搬速度で組織の硬さを評価する手法である。近年、心筋は、病態・疾患によりその硬さが変化することが予想されており、ARFIの心筋疾患への検査応用が検討されている。この研究では、ウサギを用いてARFIの心筋への影響について、強度の変化と超音波造影剤の有無による影響を検討した。その結果、ヒトで使用可能な強度であるMechanicalIndex1.8で、照射の心時相にかかわりなく、超音波造影剤を注入した場合に期外収取が見られた。実験を通して、致死的な不整脈は見られなかった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2010年 -2013年 
    代表者 : 秋山 いわき, 谷口 信行, 安田 是和, 新田 尚隆, 石黒 保直, 笹沼 英紀
     
    組織の硬さを診断する目的で用いられる音響放射力(ARFI)を有する強い超音波の及ぼす影響を検討した。生体組織の温度上昇、組織損傷そして超音波造影剤との併用に関し実験を行った。動物実験で、肝臓の温度上昇は1-5℃の範囲で認めたが造影剤による差を認めなかった。骨では肝臓と同様の条件で2-6℃の温度上昇を確認した。肝組織の検討では細胞死の所見はなかった。心臓では期外収縮波形が造影剤投与下に観察された。

委員歴

  • 2014年06月 - 現在   日本超音波医学会   機器及び安全に関する委員会
  • - 現在   日本腹部救急医学会   評議員
  • - 現在   日本超音波医学会   代議員


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.