詳細検索はこちら

犬束 歩 イヌツカ アユム

所属部署名生理学講座神経脳生理学部門
職名助教ホームページURL

プロフィール

プロフィール

    摂食や睡眠、情動といった生き物の生存に広く必要とされる本能行動を研究しています。対象としては主に視床下部を、手法としてはウイルスベクターとトランスジェニックマウス・ラットの組み合わせを使うことが多いです。神経回路特異的な活動操作をすることで、複雑な生理機能を解きほぐしていきたいと考えています。

研究キーワード

    オレキシン, DREADD, 包括脳ネットワーク, 睡眠, オプトジェネティクス, 視床下部, 細胞骨格, 偏光顕微鏡

研究分野

  • 神経科学 / 神経科学一般

経歴

  • 2015年06月
    -
    現在
    自治医科大学 生理学講座(助教)
  • 2015年04月
    -
    2015年05月
    名古屋大学 環境医学研究所(特任助教)
  • 2012年04月
    -
    2015年03月
    名古屋大学 環境医学研究所(研究機関研究員)
  • 2010年04月
    -
    2012年03月
    新潟大学 医歯(薬)学総合研究科(博士研究員)

学歴

  • 2007年04月
    -
    2010年03月
    京都大学 理学研究科 博士後期課程
  • 2005年04月
    -
    2007年03月
    京都大学 理学研究科 修士課程
  • 2001年04月
    -
    2005年03月
    京都大学 理学部

所属学協会

  • 日本生理学会
  • 日本神経科学学会
  • 北米神経科学学会
  • アメリカ細胞生物学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本生理学会
  • 日本神経科学学会
  • 北米神経科学学会
  • アメリカ細胞生物学会

学位

  • 理学博士

研究活動

論文

  • Insular neural system controls decision-making in healthy and methamphetamine-treated rats.
    Mizoguchi H, Katahira K, Inutsuka A, Fukumoto K, Nakamura A, Wang T, Nagai T, Sato J, Sawada M, Ohira H, Yamanaka A, Yamada K
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 2015年07月
  • A Top-Down Cortical Circuit for Accurate Sensory Perception.
    Manita S, Suzuki T, Homma C, Matsumoto T, Odagawa M, Yamada K, Ota K, Matsubara C, Inutsuka A, Sato M, Ohkura M, Yamanaka A, Yanagawa Y, Nakai J, Hayashi Y, Larkum ME, Murayama M
    Neuron 2015年05月
  • Atomistic design of microbial opsin-based blue-shifted optogenetics tools.
    Kato HE, Kamiya M, Sugo S, Ito J, Taniguchi R, Orito A, Hirata K, Inutsuka A, Yamanaka A, Maturana AD, Ishitani R, Sudo Y, Hayashi S, Nureki O
    Nature communications 6 7177 2015年05月
  • Vangl2 regulates e-cadherin in epithelial cells.
    Nagaoka T, Inutsuka A, Begum K, Hafiz KM, Kishi M
    Scientific reports 4 6940 2014年11月
  • Concurrent and robust regulation of feeding behaviors and metabolism by orexin neurons.
    Inutsuka A, Inui A, Tabuchi S, Tsunematsu T, Lazarus M, Yamanaka A
    Neuropharmacology 2014年06月
  • Optogenetic Manipulation of Activity and Temporally Controlled Cell-Specific Ablation Reveal a Role for MCH Neurons in Sleep/Wake Regulation.
    Tsunematsu T, Ueno T, Tabuchi S, Inutsuka A, Tanaka KF, Hasuwa H, Kilduff TS, Terao A, Yamanaka A
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 34 6896-6909 2014年05月
  • The Wnt/Planar Cell Polarity Pathway Component Vangl2 Induces Synapse Formation through Direct Control of N-Cadherin.
    Nagaoka T, Ohashi R, Inutsuka A, Sakai S, Fujisawa N, Yokoyama M, Huang YH, Igarashi M, Kishi M
    Cell reports 2014年02月
  • The regulation of sleep and wakefulness by the hypothalamic neuropeptide orexin/hypocretin.
    Inutsuka A, Yamanaka A
    Nagoya journal of medical science 75 29-36 2013年02月
  • The physiological role of orexin/hypocretin neurons in the regulation of sleep/wakefulness and neuroendocrine functions.
    Inutsuka A, Yamanaka A
    Frontiers in endocrinology 4 18 2013年
  • Unique multipotent cells in adult human mesenchymal cell populations.
    Kuroda Y, Kitada M, Wakao S, Nishikawa K, Tanimura Y, Makinoshima H, Goda M, Akashi H, Inutsuka A, Niwa A, Shigemoto T, Nabeshima Y, Nakahata T, Nabeshima Y, Fujiyoshi Y, Dezawa M
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 107(19) 8639-8643 2010年05月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Insular neural system controls decision-making in healthy and methamphetamine-treated rats.
    Mizoguchi H, Katahira K, Inutsuka A, Fukumoto K, Nakamura A, Wang T, Nagai T, Sato J, Sawada M, Ohira H, Yamanaka A, Yamada K
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 2015年07月
  • A Top-Down Cortical Circuit for Accurate Sensory Perception.
    Manita S, Suzuki T, Homma C, Matsumoto T, Odagawa M, Yamada K, Ota K, Matsubara C, Inutsuka A, Sato M, Ohkura M, Yamanaka A, Yanagawa Y, Nakai J, Hayashi Y, Larkum ME, Murayama M
    Neuron 2015年05月
  • Atomistic design of microbial opsin-based blue-shifted optogenetics tools.
    Kato HE, Kamiya M, Sugo S, Ito J, Taniguchi R, Orito A, Hirata K, Inutsuka A, Yamanaka A, Maturana AD, Ishitani R, Sudo Y, Hayashi S, Nureki O
    Nature communications 6 7177 2015年05月
  • Vangl2 regulates e-cadherin in epithelial cells.
    Nagaoka T, Inutsuka A, Begum K, Hafiz KM, Kishi M
    Scientific reports 4 6940 2014年11月
  • Concurrent and robust regulation of feeding behaviors and metabolism by orexin neurons.
    Inutsuka A, Inui A, Tabuchi S, Tsunematsu T, Lazarus M, Yamanaka A
    Neuropharmacology 2014年06月
  • Optogenetic Manipulation of Activity and Temporally Controlled Cell-Specific Ablation Reveal a Role for MCH Neurons in Sleep/Wake Regulation.
    Tsunematsu T, Ueno T, Tabuchi S, Inutsuka A, Tanaka KF, Hasuwa H, Kilduff TS, Terao A, Yamanaka A
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 34 6896-6909 2014年05月
  • The Wnt/Planar Cell Polarity Pathway Component Vangl2 Induces Synapse Formation through Direct Control of N-Cadherin.
    Nagaoka T, Ohashi R, Inutsuka A, Sakai S, Fujisawa N, Yokoyama M, Huang YH, Igarashi M, Kishi M
    Cell reports 2014年02月
  • The regulation of sleep and wakefulness by the hypothalamic neuropeptide orexin/hypocretin.
    Inutsuka A, Yamanaka A
    Nagoya journal of medical science 75 29-36 2013年02月
  • The physiological role of orexin/hypocretin neurons in the regulation of sleep/wakefulness and neuroendocrine functions.
    Inutsuka A, Yamanaka A
    Frontiers in endocrinology 4 18 2013年
  • Unique multipotent cells in adult human mesenchymal cell populations.
    Kuroda Y, Kitada M, Wakao S, Nishikawa K, Tanimura Y, Makinoshima H, Goda M, Akashi H, Inutsuka A, Niwa A, Shigemoto T, Nabeshima Y, Nakahata T, Nabeshima Y, Fujiyoshi Y, Dezawa M
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 107(19) 8639-8643 2010年05月
  • Calyculin A-induced neurite retraction is critically dependent on actomyosin activation but not on polymerization state of microtubules.
    Inutsuka A, Goda M, Fujiyoshi Y
    Biochemical and biophysical research communications 390(4) 1160-1166 2009年12月
  • Top-down cortical input during NREM sleep consolidates perceptual memory.
    Miyamoto D, Hirai D, Fung CC, Inutsuka A, Odagawa M, Suzuki T, Boehringer R, Adaikkan C, Matsubara C, Matsuki N, Fukai T, McHugh TJ, Yamanaka A, Murayama M
    Science (New York, N.Y.) 352(6291) 1315-1318 2016年06月
  • The integrative role of orexin/hypocretin neurons in nociceptive perception and analgesic regulation.
    Inutsuka A, Yamashita A, Chowdhury S, Nakai J, Ohkura M, Taguchi T, Yamanaka A
    Scientific reports 6 29480 2016年07月

MISC

  • 光遺伝学を用いたレム睡眠調節に関わる神経回路の操作
    櫻本新, 常松友美, 田淵紗和子, 犬束歩, 田中謙二, 山中章弘
    日本生理学雑誌 76(2) 108-109 2014年03月
  • オレキシン神経による摂食行動・代謝の統合的機能調節
    犬束歩, LAZARUS M., 冨田江一, 平林真澄, 今吉格, 影山龍一郎, 山中章弘
    日本生理学雑誌 76(2) 99-100 2014年03月
  • 光遺伝学を用いたメラニン凝集ホルモン産生神経の操作
    乾あずさ, 常松友美, 田淵紗和子, 犬束歩, 櫻本新, 田中謙二, 山中章弘
    時間生物学 19(2) 161 2013年10月
  • 改変型チャネルロドプシン2を用いた特定神経高頻度刺激法の開発
    犬束歩, 常松友美, 田中謙二, 岡部勝, DEISSEROTH K., 山中章弘
    日本生理学雑誌 75(4) 198-198 2013年07月
  • 1P195 カリキュリンAにより引き起こされる神経突起縮退現象の解析(神経・感覚,ポスター発表,第45回日本生物物理学会年会)
    犬束 歩, 合田 真, 藤吉 好則
    生物物理 47(1) 2007年11月
  • SADキナーゼによるSlingshot1フォスファターゼを介した神経細胞極性化の分子機構
    犬束 歩, 岸 将史, Inutsuka Ayumu, Kishi Masashi
    新潟医学会雑誌 126(2) 61-64 2012年02月
  • 加齢に伴う睡眠・覚醒サイクル変化のメカニズム解明 : 何故眠りが浅くなるのか?何故早起きになるのか?
    犬束 歩
    研究結果報告書集 : 交通安全等・高齢者福祉 17 61-63 2011年
  • 丸ごと動物を用いた特定神経の活動操作と活動記録
    山中章弘, 犬束歩, 山下哲
    日本内分泌学会雑誌 91(2) 494-494 2015年09月
  • 光遺伝学,薬理遺伝学を用いた内分泌研究
    山中章弘, 犬束歩, 常松友美, 山下哲
    日本内分泌学会雑誌 91(1) 174 2015年04月
  • オレキシン神経特異的な活動操作・細胞死誘導による,摂食・代謝調節機構の解析
    犬束歩, 乾あずさ, 田淵紗和子, 常松友美, LAZARUS M., 山中章弘
    日本生理学雑誌 77(3 (Web)) WEB ONLY-70 2015年05月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 光遺伝学を用いたレム睡眠調節に関わる神経回路の操作
    櫻本新, 常松友美, 田淵紗和子, 犬束歩, 田中謙二, 山中章弘
    日本生理学雑誌 76(2) 108-109 2014年03月
  • オレキシン神経による摂食行動・代謝の統合的機能調節
    犬束歩, LAZARUS M., 冨田江一, 平林真澄, 今吉格, 影山龍一郎, 山中章弘
    日本生理学雑誌 76(2) 99-100 2014年03月
  • 光遺伝学を用いたメラニン凝集ホルモン産生神経の操作
    乾あずさ, 常松友美, 田淵紗和子, 犬束歩, 櫻本新, 田中謙二, 山中章弘
    時間生物学 19(2) 161 2013年10月
  • 改変型チャネルロドプシン2を用いた特定神経高頻度刺激法の開発
    犬束歩, 常松友美, 田中謙二, 岡部勝, DEISSEROTH K., 山中章弘
    日本生理学雑誌 75(4) 198-198 2013年07月
  • 1P195 カリキュリンAにより引き起こされる神経突起縮退現象の解析(神経・感覚,ポスター発表,第45回日本生物物理学会年会)
    犬束 歩, 合田 真, 藤吉 好則
    生物物理 47(1) 2007年11月
  • SADキナーゼによるSlingshot1フォスファターゼを介した神経細胞極性化の分子機構
    犬束 歩, 岸 将史, Inutsuka Ayumu, Kishi Masashi
    新潟医学会雑誌 126(2) 61-64 2012年02月
  • 加齢に伴う睡眠・覚醒サイクル変化のメカニズム解明 : 何故眠りが浅くなるのか?何故早起きになるのか?
    犬束 歩
    研究結果報告書集 : 交通安全等・高齢者福祉 17 61-63 2011年
  • 丸ごと動物を用いた特定神経の活動操作と活動記録
    山中章弘, 犬束歩, 山下哲
    日本内分泌学会雑誌 91(2) 494-494 2015年09月
  • 光遺伝学,薬理遺伝学を用いた内分泌研究
    山中章弘, 犬束歩, 常松友美, 山下哲
    日本内分泌学会雑誌 91(1) 174 2015年04月
  • オレキシン神経特異的な活動操作・細胞死誘導による,摂食・代謝調節機構の解析
    犬束歩, 乾あずさ, 田淵紗和子, 常松友美, LAZARUS M., 山中章弘
    日本生理学雑誌 77(3 (Web)) WEB ONLY-70 2015年05月
  • 化合物を用いて神経活動を操作し,行動発現機序解明をおこなう研究の新展開
    山中章弘, 犬束歩
    日本化学会講演予稿集 94th(1) 8 2014年03月
  • 薬物依存症の意思決定異常と島皮質
    溝口博之, 片平健太郎, 犬束歩, 大平英樹, 山中章弘, 山田清文
    日本生物学的精神医学会誌 106 2014年
  • 細胞極性とシナプスの形成機構―その共通する分子メカニズム
    永岡唯宏, 上村駿, 田渕克彦, 犬束歩, 酒井清子, 藤澤信義, 横山峯介, 重本隆一, 五十嵐道弘, 岸将史
    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集 118th 85 2013年
  • 側坐核直接路の活性化はリスク志向な行動選択に関与する
    王天, 溝口博之, 犬束歩, 片平健太郎, 疋田貴俊, 山中章弘, 山田清文
    応用薬理 90(5-6) 160-160 2016年06月
  • NREM睡眠時の皮質トップダウン入力による知覚記憶の固定化
    宮本 大祐, 平井 大地, Fung Chi Chung Alan, 犬束 歩, 小田川 摩耶, Boehringer Roman, Adaikkan Chinnakkaruppan, 松原 智恵, 松木 則夫, 深井 朋樹, McHugh Thomas J., 山中 章弘, 村山 正宜
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 41回 218-218 2016年07月
  • 次世代の睡眠の基礎研究 神経活動操作と運命制御を用いた睡眠関連機能の解析
    山中 章弘, 犬束 歩, 山下 哲
    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 40回 151-151 2015年07月
  • 視床下部研究の最近の進歩 光遺伝学、薬理遺伝学を用いた内分泌研究
    山中 章弘, 犬束 歩, 常松 友美, 山下 哲
    日本内分泌学会雑誌 91(1) 174-174 2015年04月
  • オレキシン神経による鎮痛作用
    犬束歩, 山下哲, スリカントチョドリ, 田口徹, 山中章弘
    鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウムプログラム・抄録集 36th 17 2016年
  • SADキナーゼによるSlingshot1フォスファターゼを介した神経細胞極性化の分子機構
    犬束 歩, 岸 将史
    新潟医学会雑誌 126(2) 61-64 2012年02月

書籍等出版物

  • 分子脳科学: 分子から脳機能と心に迫る (DOJIN BIOSCIENCE)
    (担当:分担執筆 範囲:15章:食欲、肥満)
    化学同人 2015年04月 ISBN:4759815198
  • プログレッシブ 生命科学
    (担当:分担執筆 範囲:時間単位のリズム)
    南山堂 2014年09月 ISBN:4525134313
  • Clinical Neuroscience Vol.35 No.5 (2017-5)
    犬束歩、高柳友紀、吉田匡秀、尾仲達史(担当:分担執筆 範囲:分子から迫る神経薬理学: オキシトシン受容体の機能)
    中外医学社 2017年05月 ISBN:0289-0585
著書を全て表示する
著書閉じる
  • 分子脳科学: 分子から脳機能と心に迫る (DOJIN BIOSCIENCE)
    (担当:分担執筆 範囲:15章:食欲、肥満)
    化学同人 2015年 04月 ISBN:4759815198
  • プログレッシブ 生命科学
    (担当:分担執筆 範囲:時間単位のリズム)
    南山堂 2014年 09月 ISBN:4525134313
  • Clinical Neuroscience Vol.35 No.5 (2017-5)
    犬束歩、高柳友紀、吉田匡秀、尾仲達史(担当:分担執筆 範囲:分子から迫る神経薬理学: オキシトシン受容体の機能)
    中外医学社 2017年 05月 ISBN:0289-0585

外部的資金

  • 薬理遺伝学的手法を用いたオレキシン神経の投射経路別機能の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2014年 - 2015年 代表者 : 犬束 歩
  • 光遺伝学・薬理遺伝学を用いた情動性社会行動の回路基盤解明
    文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 :2014年 - 2015年 代表者 : 犬束 歩
  • 神経突起の分岐を制御する新規因子のマウスを用いた遺伝学的解析
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2012年 - 2013年 代表者 : 犬束 歩
  • 神経突起の分岐形態を制御する新規キナーゼ分子のノックアウトマウスを用いた解析
    新潟大学:新潟大学プロジェクト推進経費(奨励研究)
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 犬束歩
  • 神経細胞の極性形成を制御する分子群のイメージング解析
    文部科学省:科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
    研究期間 :2010年 - 2011年 代表者 : 犬束 歩
  • 神経突起の伸長・縮退過程における細胞骨格系ダイナミクスの解析
    文部科学省:科学研究費補助金(特別研究員奨励費 DC2)
    研究期間 :2008年 - 2009年 代表者 : 犬束歩
  • オキシトシン神経の投射経路別機能分担の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2016年 - 2019年 代表者 : 犬束歩
  • 二個体神経活動の同期性に基づく共感性発現の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 :2016年 - 2018年 代表者 : 犬束歩
  • ストレスと孤独のスパイラルを緩和する神経機構の解明
    国際科学技術財団:2017年研究助成
    研究期間 :2017年 - 2018年 代表者 : 犬束歩
  • ファイバーフォトメトリーを用いた意志力発現機構の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 :2017年 - 2019年 代表者 : 犬束歩
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 薬理遺伝学的手法を用いたオレキシン神経の投射経路別機能の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2014年 - 2015年 代表者 : 犬束 歩
  • 光遺伝学・薬理遺伝学を用いた情動性社会行動の回路基盤解明
    文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 :2014年 - 2015年 代表者 : 犬束 歩
  • 神経突起の分岐を制御する新規因子のマウスを用いた遺伝学的解析
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2012年 - 2013年 代表者 : 犬束 歩
  • 神経突起の分岐形態を制御する新規キナーゼ分子のノックアウトマウスを用いた解析
    新潟大学:新潟大学プロジェクト推進経費(奨励研究)
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 犬束歩
  • 神経細胞の極性形成を制御する分子群のイメージング解析
    文部科学省:科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
    研究期間 :2010年 - 2011年 代表者 : 犬束 歩
  • 神経突起の伸長・縮退過程における細胞骨格系ダイナミクスの解析
    文部科学省:科学研究費補助金(特別研究員奨励費 DC2)
    研究期間 :2008年 - 2009年 代表者 : 犬束歩
  • オキシトシン神経の投射経路別機能分担の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2016年 - 2019年 代表者 : 犬束歩
  • 二個体神経活動の同期性に基づく共感性発現の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 :2016年 - 2018年 代表者 : 犬束歩
  • ストレスと孤独のスパイラルを緩和する神経機構の解明
    国際科学技術財団:2017年研究助成
    研究期間 :2017年 - 2018年 代表者 : 犬束歩
  • ファイバーフォトメトリーを用いた意志力発現機構の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 :2017年 - 2019年 代表者 : 犬束歩


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.