詳細検索はこちら

大河原 晋 オオカワラ ススム

所属部署名総合医学第1講座
職名教授ホームページURL

プロフィール

研究キーワード

    腎炎, 腎不全, 血液透析, 電解質代謝

研究分野

  • 内科系臨床医学 / 内科学一般(含心身医学) / 腎臓病学

経歴

  • 2013年04月
    -
    現在
    自治医科大学附属さいたま医療センター 総合医学I、腎臓科(准教授)

学歴

  • -
    現在
    自治医科大学 医学部 医学科

所属学協会

  • 日本内科学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本透析医学会
  • 日本病態栄養学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本内科学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本透析医学会
  • 日本病態栄養学会

委員歴

  • 2014年12月
    -
    現在
    日本病態栄養学会 学術評議委員
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2014年12月
    -
    現在
    日本病態栄養学会 学術評議委員

研究活動

論文

  • Low-density lipoprotein apheresis ameliorates monthly estimated glomerular filtration rate declines in patients with renal cholesterol crystal embolism.
    Hirai K, Ookawara S, Miyazawa H, Ito K, Ueda Y, Kaku Y, Hoshino T, Yoshida I, Tabei K
    Journal of artificial organs : the official journal of the Japanese Society for Artificial Organs 2014年11月
  • Renoprotective effects of thiazides combined with loop diuretics in patients with type 2 diabetic kidney disease.
    Hoshino T, Ookawara S, Miyazawa H, Ito K, Ueda Y, Kaku Y, Hirai K, Mori H, Yoshida I, Tabei K
    Clinical and experimental nephrology 2014年05月
  • Ckd pathophysiology and clinical studies.
    Kurnatowska I, Grzelak P, Masajtis-Zagajewska A, Kaczmarska M, Stefańczyk L, Vermeer C, Maresz K, Nowicki M, Patel L, Bernard LM, Elder GJ, Leonardis D, Mallamaci F, Tripepi G, D'Arrigo G, Postorino M, Enia G, Caridi G, Marino F, Parlongo G, Zoccali C, - On Behalf Of Mauro Working Group, Genovese F, Boor P, Papasotiriou M, Leeming DJ, Karsdal MA, Floege J, Delmas-Frenette C, Troyanov S, Awadalla P, Devuyst O, Madore F, Jensen JM, Mose FH, Kulik AE, Bech JN, Fenton RA, Pedersen EB, Lucisano S, Villari A, Benedetto F, Pettinato G, Cernaro V, Lupica R, Trimboli D, Costantino G, Santoro D, Buemi M, Carmone C, Robben JH, Hadchouel J, Rongen G, Deinum J, Navis GJ, Wetzels JF, Deen PM, Block G, Fishbane S, Shemesh S, Sharma A, Wolf M, Chertow G, Gracia M, Arroyo D, Betriu A, Valdivielso JM, Fernández E, Cantaluppi V, Medica D, Quercia AD, Dellepiane S, Gai M, Leonardi G, Guarena C, Migliori M, Panichi V, Biancone L, Camussi G, Covic A, Ketteler M, Rastogi A, Spinowitz B, Sprague SM, Botha J, Rakov V, Floege J, Floege J, Ketteler M, Rastogi A, Spinowitz B, Sprague SM, Botha J, Braunhofer P, Covic A, Kaku Y, Ookawara S, Miyazawa H, Ito K, Ueda Y, Hirai K, Hoshino T, Mori H, Nabata A, Yoshida I, Tabei K, El-Shahawy M, Cotton J, Kaupke J, Wooldridge TD, Weiswasser M, Smith WT, Covic A, Ketteler M, Rastogi A, Spinowitz B, Sprague SM, Botha J, Braunhofer P, Floege J, Hanowski T, Jäger K, Rong S, Lesch T, Knöfel F, Kielstein H, McQuarrie EP, Mark PB, Freel EM, Taylor A, Jardine AG, Wang CL, Du Y, Nan L, Hess K, Savvaidis A, Lysaja K, Dimkovic N, Floege J, Marx N, Schlieper G, Skrunes R, Larsen KK, Svarstad E, Tøndel C, Singh B, Ash SR, Lavin PT, Yang A, Rasmussen HS, Block GA, Egbuna O, Zeig S, Pergola PE, Singh B, Braun A, Yu Y, Sohn W, Padhi D, Block G, Chertow G, Fishbane S, Rodriguez M, Chen M, Shemesh S, Sharma A, Wolf M, Delgado G, Kleber ME, Grammer TB, Kraemer BK, Maerz W, Scharnagl H, Ichii M, Ishimura E, Shima H, Ohno Y, Tsuda A, Nakatani S, Ochi A, Mori K, Inaba M, Filiopoulos V, Manolios N, Hadjiyannakos D, Arvanitis D, Karatzas I, Vlassopoulos D, Floege J, Botha J, Chong E, Sprague SM, Cosmai L, Porta C, Foramitti M, Masini C, Sabbatini R, Malberti F, Elewa U, Nastou D, Fernández B, Egido J, Ortiz A, Hara S, Tanaka K, Kushiyama A, Sakai K, Sawa N, Hoshino J, Ubara Y, Takaichi K, Bouquegneau A, Vidal-Petiot E, Vrtovsnik F, Cavalier E, Krzesinski JM, Flamant M, Delanaye P, Kilis-Pstrusinska K, Prus-Wojtowicz E, Szepietowski JC, Raj DS, Amdur R, Cric Study Investigators, Yamamoto J, Mori M, Sugiyama N, Inaguma D, Youssef DM, Alshal AA, Elbehidy RM, Bolignano D, Palmer S, Navaneethan S, Strippoli G, Kim YN, Park K, Gwoo S, Shin HS, Jung YS, Rim H, Rhew HY, Tekce H, Kin Tekce B, Aktas G, Schiepe F, Draz Y, Rakov V, Yilmaz MI, Siriopol D, Saglam M, Kurt YG, Unal H, Eyileten T, Gok M, Cetinkaya H, Oguz Y, Sari S, Vural A, Mititiuc I, Covic A, Kanbay M, Filiopoulos V, Manolios N, Hadjiyannakos D, Arvanitis D, Karatzas I, Vlassopoulos D, Okarska-Napierala M, Ziolkowska H, Pietrzak R, Skrzypczyk P, Jankowska K, Werner B, Roszkowska-Blaim M, Cernaro V, Trifirò G, Lorenzano G, Lucisano S, Buemi M, Santoro D, Krause R, Fuhrmann I, Degenhardt S, Daul AE, Sallee M, Dou L, Cerini C, Poitevin S, Gondouin B, Jourde-Chiche N, Brunet P, Dignat-George F, Burtey S, Massimetti C, Achilli P, Madonna MP, Muratore MT, Fabbri GD, Brescia F, Feriozzi S, Unal HU, Kurt YG, Gök M, Cetinkaya H, Karaman M, Eyileten T, Vural A, Oguz Y, Yılmaz MI, Sugahara M, Sugimoto I, Aoe M, Chikamori M, Honda T, Miura R, Tsuchiya A, Hamada K, Ishizawa K, Saito K, Sakurai Y, Mise N, Gama-Axelsson T, Quiroga B, Axelsson J, Lindholm B, Qureshi AR, Carrero JJ, Pechter U, Raag M, Ots-Rosenberg M, Vande Walle J, Greenbaum LA, Bedrosian CL, Ogawa M, Kincaid JF, Loirat C, Liborio A, Leite TT, Neves FM, Torres De Melo CB, Leitão Rde A, Cunha L, Filho R, Sheerin N, Loirat C, Greenbaum L, Furman R, Cohen D, Delmas Y, Bedrosian CL, Legendre C, Koibuchi K, Aoki T, Miyagi M, Sakai K, Aikawa A, PoznańSki P, Sojka M, Kusztal M, Klinger M, Fakhouri F, Bedrosian CL, Ogawa M, Kincaid JF, Loirat C, Heleniak Z, Aleksandrowicz E, SWierblewska E, Kunicka K, Bieniaszewski L, Zdrojewski Z, Rutkowski B
    Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association 29 Suppl 3 iii148-iii167 2014年05月
  • Haemodialysis techniques and adequacy 1.
    Sciancalepore AG, Sallustio F, Girardo S, Passione LG, Camposeo A, Mele E, Di Lorenzo M, Costantino V, Schena FP, Pisignano D, Casino FG, Mostacci SD, Di Carlo M, Sabato A, Procida C, Créput C, Vanholder R, Stolear JC, Lefrancois G, Hanoy M, Nortier J, Potier J, Sereni L, Midemm Study Group, Ferraresi M, Pereno A, Nazha M, Barbero S, Piccoli GB, Ficheux A, Gayrard N, Duranton F, Guzman C, Szwarc I, Bismuth-Mondolfo J, Brunet P, Servel MF, Argilés A, Bernardo A, Demers J, Hutchcraft A, Marbury TC, Minkus M, Muller M, Stallard R, Culleton B, Krieter DH, Körner T, Devine E, Rüth M, Jankowski J, Wanner C, Lemke HD, Surace A, Rovatti P, Steckiph D, Mancini E, Santoro A, Leypoldt JK, Agar BU, Bernardo A, Culleton BF, Vankova S, Havlin J, Klomp DJ, Van Beijnum F, Day JP, Wieringa FP, Kooman JP, Gremmels H, Hazenbrink DH, Simonis F, Otten ML, Wester M, Boer WH, Joles JA, Gerritsen KG, Umimoto K, Shimamoto Y, Mastushima K, Miyata M, Muller M, Naik A, Pokropinski S, Bairstow S, Svatek J, Young S, Johnson R, Bernardo A, Rikker C, Juhász E, Gáspár R, Rosivall L, Rusu E, Zilisteanu D, Balanica S, Achim C, Atasie T, Carstea F, Voiculescu M, Monzon Vazquez T, Saiz Garcia S, Mathani V, Escamilla Cabrera B, Cornelis T, Van Der Sande FM, Eloot S, Cardinaels E, Bekers O, Damoiseaux J, Leunissen KM, Kooman J, Baamonde Laborda E, Bosch Benitez-Parodi E, Perez Suarez G, Anton Perez G, Batista Garcia F, Lago Alonso M, Garcia Canton C, Hashimoto S, Seki M, Tomochika M, Yamamoto R, Okamoto N, Nishikawa A, Koike T, Ravagli E, Maldini L, Badiali F, Perazzini C, Lanciotti G, Steckiph D, Surace A, Rovatti P, Severi S, Rigotti A, McFarlane P, Marticorena R, Dacouris N, Pauly R, Nikitin S, Amdahl M, Bernardo A, Culleton B, Calabrese G, Mancuso D, Mazzotta A, Vagelli G, Balenzano C, Steckiph D, Bertucci A, Della Volpe M, Gonella M, Uchida T, Ando K, Kofuji M, Higuchi T, Momose N, Ito K, Ueda Y, Miyazawa H, Kaku Y, Nabata A, Hoshino T, Mori H, Yoshida I, Ookawara S, Tabei K, Umimoto K, Suyama M, Shimamoto Y, Miyata M, Kamada A, Sakai R, Minakawa A, Fukudome K, Hisanaga S, Ishihara T, Yamada K, Fukunaga S, Inagaki H, Tanaka C, Sato Y, Fujimoto S, Potier J, Bouet J, Queffeulou G, Bell R, Nolin L, Pichette V, Provencher H, Lamarche C, Nadeau-Fredette AC, Ouellet G, Leblanc M, Bezzaoucha S, Kouidmir Y, Kassis J, Alonso ML, Lafrance JP, Vallee M, Fils J, Mailley P, Cantaluppi V, Medica D, Quercia AD, Dellepiane S, Ferrario S, Gai M, Leonardi G, Guarena C, Caiazzo M, Biancone L, Enos M, Culleton B, Wiebenson D, Potier J, Hanoy M, Duquennoy S, Tingli W, Ling Z, Yunying S, Ping F, Dolley-Hitze T, Hamel D, Lombart ML, Leypoldt JK, Bernardo A, Hutchcraft AM, Vanholder R, Culleton BF, Movilli E, Camerini C, Gaggia P, Zubani R, Feller P, Pola A, Carli O, Salviani C, Manenti C, Cancarini G, Bozzoli L, Colombini E, Ricchiuti G, Pisanu G, Gargani L, Donadio C, Sidoti A, Lusini ML, Biagioli M, Ghezzi PM, Sereni L, Caiazzo M, Palladino G, Tomo T, Ishida K, Nakata T, Hamel D, Dolley-Hitze T
    Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association 29 Suppl 3 iii209-iii222 2014年05月
  • Ckd lab methods, progression & risk factors 2.
    Onuigbo M, Agbasi N, Wu MJ, Shu KH, Kugler E, Cohen E, Krause I, Goldberg E, Garty M, Krause I, Jansen J, De Napoli IE, Schophuizen CM, Wilmer MJ, Mutsaers HA, Heuvel LP, Grijpma DW, Stamatialis D, Hoenderop JG, Masereeuw R, Van Craenenbroeck AH, Van Craenenbroeck EM, Van Ackeren K, Vrints CJ, Hoymans VY, Couttenye MM, Erkmen Uyar M, Tutal E, Bal Z, Guliyev O, Sezer S, Liu L, Wang C, Tanaka K, Kushiyama A, Sakai K, Hara S, Ubara Y, Ohashi Y, Kunugi Y, Kawazu S, Untersteller K, Seiler S, Rogacev KS, Emrich IE, Lennartz CS, Fliser D, Heine GH, Hoshino T, Ookawara S, Miyazawa H, Ueda Y, Ito K, Kaku Y, Hirai K, Mori H, Yoshida I, Kakuta S, Hayama N, Amemiya M, Okamoto H, Inoue S, Tabei K, Campos P, Dias C, Baptista J, Papoila AL, Ortiz A, Inchaustegui L, Soto K, Moon KH, Yang S, Lee DY, Kim HW, Kim B, Isnard Bagnis C, Guerraoui A, Zenasni F, Idier L, Chauveau P, Cerqueira A, Quelhas-Santos J, Pestana M, Choi JY, Jin DC, Choi YJ, Kim WY, Nam SA, Cha JH, Cernaro V, Loddo S, Lacquaniti A, Romeo A, Costantino G, Montalto G, Santoro D, Trimboli D, Ricciardi CA, Lacava V, Buemi M, Emrich IE, Zawada AM, Rogacev KS, Seiler S, Obeid R, Geisel J, Fliser D, Heine GH, Meneses GC, Silva Junior G, Costa MF, Gonçalves HS, Daher EF, Libório AB, Martins AM, Ekart R, Hojs N, Bevc S, Hojs R, Lim CS, Hwang JH, Chin HJ, Kim S, Kim DK, Kim S, Park JH, Shin SJ, Lee SH, Choi BS, Lemoine S, Panaye M, Juillard L, Dubourg L, Hadj-Aïssa A, Guebre-Egziabher F, Silva Junior G, Vieira AP, Couto Bem AX, Alves MP, Meneses GC, Martins AM, Libório AB, Daher EF, Ito K, Ookawara S, Miyazawa H, Ueda Y, Kaku Y, Hirai K, Hoshino T, Mori H, Yoshida I, Tabei K, Stefan G, Capusa C, Stancu S, Margarit D, Petrescu L, Nedelcu ED, Mircescu G, Szarejko-Paradowska A, Rysz J, Hung CC, Chen HC, Ristovska V, Grcevska L, Podestà MA, Reggiani F, Cucchiari D, Badalamenti S, Buemi M, Ponticelli C, Graziani G, Nouri-Majalan N, Moghadasimousavi S, Eshaghyeh Z, Greenwood S, Koufaki P, Maclaughlin H, Rush R, Hendry BM, Macdougall IC, Mercer T, Cairns H
    Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association 29 Suppl 3 iii369-iii379 2014年05月
  • Method for approximating colloid osmotic pressure in long-term hemodialysis patients.
    Ookawara S, Sato H, Takeda H, Tabei K
    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy 18 202-207 2014年04月
  • Evaluation of cerebral oxygenation in patients undergoing long-term hemodialysis.
    Hoshino T, Ookawara S, Goto S, Miyazawa H, Ito K, Ueda Y, Kaku Y, Hirai K, Nabata A, Mori H, Yoshida I, Tabei K
    Nephron. Clinical practice 126 57-61 2014年
  • Evaluation of a new method for measuring vascular access recirculation.
    Yoshida I, Ookawara S, Ando K, Uchida T, Horiguchi A, Nakajima I, Komada T, Mori H, Tabei K
    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy 15 319-326 2011年06月
  • A new device to monitor blood volume in hemodialysis patients.
    Yoshida I, Ando K, Ando Y, Ookawara S, Suzuki M, Furuya H, Iimura O, Takada D, Kajiya M, Komada T, Mori H, Tabei K, BVM Study Group
    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy 14 560-565 2010年12月
  • Marked recovery of severe renal lesions in POEMS syndrome with high-dose melphalan therapy supported by autologous blood stem cell transplantation.
    Sanada S, Ookawara S, Karube H, Shindo T, Goto T, Nakamichi T, Saito M, Matsubara M, Suzuki M
    American journal of kidney diseases : the official journal of the National Kidney Foundation 47 672-679 2006年04月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Low-density lipoprotein apheresis ameliorates monthly estimated glomerular filtration rate declines in patients with renal cholesterol crystal embolism.
    Hirai K, Ookawara S, Miyazawa H, Ito K, Ueda Y, Kaku Y, Hoshino T, Yoshida I, Tabei K
    Journal of artificial organs : the official journal of the Japanese Society for Artificial Organs 2014年11月
  • Renoprotective effects of thiazides combined with loop diuretics in patients with type 2 diabetic kidney disease.
    Hoshino T, Ookawara S, Miyazawa H, Ito K, Ueda Y, Kaku Y, Hirai K, Mori H, Yoshida I, Tabei K
    Clinical and experimental nephrology 2014年05月
  • Ckd pathophysiology and clinical studies.
    Kurnatowska I, Grzelak P, Masajtis-Zagajewska A, Kaczmarska M, Stefańczyk L, Vermeer C, Maresz K, Nowicki M, Patel L, Bernard LM, Elder GJ, Leonardis D, Mallamaci F, Tripepi G, D'Arrigo G, Postorino M, Enia G, Caridi G, Marino F, Parlongo G, Zoccali C, - On Behalf Of Mauro Working Group, Genovese F, Boor P, Papasotiriou M, Leeming DJ, Karsdal MA, Floege J, Delmas-Frenette C, Troyanov S, Awadalla P, Devuyst O, Madore F, Jensen JM, Mose FH, Kulik AE, Bech JN, Fenton RA, Pedersen EB, Lucisano S, Villari A, Benedetto F, Pettinato G, Cernaro V, Lupica R, Trimboli D, Costantino G, Santoro D, Buemi M, Carmone C, Robben JH, Hadchouel J, Rongen G, Deinum J, Navis GJ, Wetzels JF, Deen PM, Block G, Fishbane S, Shemesh S, Sharma A, Wolf M, Chertow G, Gracia M, Arroyo D, Betriu A, Valdivielso JM, Fernández E, Cantaluppi V, Medica D, Quercia AD, Dellepiane S, Gai M, Leonardi G, Guarena C, Migliori M, Panichi V, Biancone L, Camussi G, Covic A, Ketteler M, Rastogi A, Spinowitz B, Sprague SM, Botha J, Rakov V, Floege J, Floege J, Ketteler M, Rastogi A, Spinowitz B, Sprague SM, Botha J, Braunhofer P, Covic A, Kaku Y, Ookawara S, Miyazawa H, Ito K, Ueda Y, Hirai K, Hoshino T, Mori H, Nabata A, Yoshida I, Tabei K, El-Shahawy M, Cotton J, Kaupke J, Wooldridge TD, Weiswasser M, Smith WT, Covic A, Ketteler M, Rastogi A, Spinowitz B, Sprague SM, Botha J, Braunhofer P, Floege J, Hanowski T, Jäger K, Rong S, Lesch T, Knöfel F, Kielstein H, McQuarrie EP, Mark PB, Freel EM, Taylor A, Jardine AG, Wang CL, Du Y, Nan L, Hess K, Savvaidis A, Lysaja K, Dimkovic N, Floege J, Marx N, Schlieper G, Skrunes R, Larsen KK, Svarstad E, Tøndel C, Singh B, Ash SR, Lavin PT, Yang A, Rasmussen HS, Block GA, Egbuna O, Zeig S, Pergola PE, Singh B, Braun A, Yu Y, Sohn W, Padhi D, Block G, Chertow G, Fishbane S, Rodriguez M, Chen M, Shemesh S, Sharma A, Wolf M, Delgado G, Kleber ME, Grammer TB, Kraemer BK, Maerz W, Scharnagl H, Ichii M, Ishimura E, Shima H, Ohno Y, Tsuda A, Nakatani S, Ochi A, Mori K, Inaba M, Filiopoulos V, Manolios N, Hadjiyannakos D, Arvanitis D, Karatzas I, Vlassopoulos D, Floege J, Botha J, Chong E, Sprague SM, Cosmai L, Porta C, Foramitti M, Masini C, Sabbatini R, Malberti F, Elewa U, Nastou D, Fernández B, Egido J, Ortiz A, Hara S, Tanaka K, Kushiyama A, Sakai K, Sawa N, Hoshino J, Ubara Y, Takaichi K, Bouquegneau A, Vidal-Petiot E, Vrtovsnik F, Cavalier E, Krzesinski JM, Flamant M, Delanaye P, Kilis-Pstrusinska K, Prus-Wojtowicz E, Szepietowski JC, Raj DS, Amdur R, Cric Study Investigators, Yamamoto J, Mori M, Sugiyama N, Inaguma D, Youssef DM, Alshal AA, Elbehidy RM, Bolignano D, Palmer S, Navaneethan S, Strippoli G, Kim YN, Park K, Gwoo S, Shin HS, Jung YS, Rim H, Rhew HY, Tekce H, Kin Tekce B, Aktas G, Schiepe F, Draz Y, Rakov V, Yilmaz MI, Siriopol D, Saglam M, Kurt YG, Unal H, Eyileten T, Gok M, Cetinkaya H, Oguz Y, Sari S, Vural A, Mititiuc I, Covic A, Kanbay M, Filiopoulos V, Manolios N, Hadjiyannakos D, Arvanitis D, Karatzas I, Vlassopoulos D, Okarska-Napierala M, Ziolkowska H, Pietrzak R, Skrzypczyk P, Jankowska K, Werner B, Roszkowska-Blaim M, Cernaro V, Trifirò G, Lorenzano G, Lucisano S, Buemi M, Santoro D, Krause R, Fuhrmann I, Degenhardt S, Daul AE, Sallee M, Dou L, Cerini C, Poitevin S, Gondouin B, Jourde-Chiche N, Brunet P, Dignat-George F, Burtey S, Massimetti C, Achilli P, Madonna MP, Muratore MT, Fabbri GD, Brescia F, Feriozzi S, Unal HU, Kurt YG, Gök M, Cetinkaya H, Karaman M, Eyileten T, Vural A, Oguz Y, Yılmaz MI, Sugahara M, Sugimoto I, Aoe M, Chikamori M, Honda T, Miura R, Tsuchiya A, Hamada K, Ishizawa K, Saito K, Sakurai Y, Mise N, Gama-Axelsson T, Quiroga B, Axelsson J, Lindholm B, Qureshi AR, Carrero JJ, Pechter U, Raag M, Ots-Rosenberg M, Vande Walle J, Greenbaum LA, Bedrosian CL, Ogawa M, Kincaid JF, Loirat C, Liborio A, Leite TT, Neves FM, Torres De Melo CB, Leitão Rde A, Cunha L, Filho R, Sheerin N, Loirat C, Greenbaum L, Furman R, Cohen D, Delmas Y, Bedrosian CL, Legendre C, Koibuchi K, Aoki T, Miyagi M, Sakai K, Aikawa A, PoznańSki P, Sojka M, Kusztal M, Klinger M, Fakhouri F, Bedrosian CL, Ogawa M, Kincaid JF, Loirat C, Heleniak Z, Aleksandrowicz E, SWierblewska E, Kunicka K, Bieniaszewski L, Zdrojewski Z, Rutkowski B
    Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association 29 Suppl 3 iii148-iii167 2014年05月
  • Haemodialysis techniques and adequacy 1.
    Sciancalepore AG, Sallustio F, Girardo S, Passione LG, Camposeo A, Mele E, Di Lorenzo M, Costantino V, Schena FP, Pisignano D, Casino FG, Mostacci SD, Di Carlo M, Sabato A, Procida C, Créput C, Vanholder R, Stolear JC, Lefrancois G, Hanoy M, Nortier J, Potier J, Sereni L, Midemm Study Group, Ferraresi M, Pereno A, Nazha M, Barbero S, Piccoli GB, Ficheux A, Gayrard N, Duranton F, Guzman C, Szwarc I, Bismuth-Mondolfo J, Brunet P, Servel MF, Argilés A, Bernardo A, Demers J, Hutchcraft A, Marbury TC, Minkus M, Muller M, Stallard R, Culleton B, Krieter DH, Körner T, Devine E, Rüth M, Jankowski J, Wanner C, Lemke HD, Surace A, Rovatti P, Steckiph D, Mancini E, Santoro A, Leypoldt JK, Agar BU, Bernardo A, Culleton BF, Vankova S, Havlin J, Klomp DJ, Van Beijnum F, Day JP, Wieringa FP, Kooman JP, Gremmels H, Hazenbrink DH, Simonis F, Otten ML, Wester M, Boer WH, Joles JA, Gerritsen KG, Umimoto K, Shimamoto Y, Mastushima K, Miyata M, Muller M, Naik A, Pokropinski S, Bairstow S, Svatek J, Young S, Johnson R, Bernardo A, Rikker C, Juhász E, Gáspár R, Rosivall L, Rusu E, Zilisteanu D, Balanica S, Achim C, Atasie T, Carstea F, Voiculescu M, Monzon Vazquez T, Saiz Garcia S, Mathani V, Escamilla Cabrera B, Cornelis T, Van Der Sande FM, Eloot S, Cardinaels E, Bekers O, Damoiseaux J, Leunissen KM, Kooman J, Baamonde Laborda E, Bosch Benitez-Parodi E, Perez Suarez G, Anton Perez G, Batista Garcia F, Lago Alonso M, Garcia Canton C, Hashimoto S, Seki M, Tomochika M, Yamamoto R, Okamoto N, Nishikawa A, Koike T, Ravagli E, Maldini L, Badiali F, Perazzini C, Lanciotti G, Steckiph D, Surace A, Rovatti P, Severi S, Rigotti A, McFarlane P, Marticorena R, Dacouris N, Pauly R, Nikitin S, Amdahl M, Bernardo A, Culleton B, Calabrese G, Mancuso D, Mazzotta A, Vagelli G, Balenzano C, Steckiph D, Bertucci A, Della Volpe M, Gonella M, Uchida T, Ando K, Kofuji M, Higuchi T, Momose N, Ito K, Ueda Y, Miyazawa H, Kaku Y, Nabata A, Hoshino T, Mori H, Yoshida I, Ookawara S, Tabei K, Umimoto K, Suyama M, Shimamoto Y, Miyata M, Kamada A, Sakai R, Minakawa A, Fukudome K, Hisanaga S, Ishihara T, Yamada K, Fukunaga S, Inagaki H, Tanaka C, Sato Y, Fujimoto S, Potier J, Bouet J, Queffeulou G, Bell R, Nolin L, Pichette V, Provencher H, Lamarche C, Nadeau-Fredette AC, Ouellet G, Leblanc M, Bezzaoucha S, Kouidmir Y, Kassis J, Alonso ML, Lafrance JP, Vallee M, Fils J, Mailley P, Cantaluppi V, Medica D, Quercia AD, Dellepiane S, Ferrario S, Gai M, Leonardi G, Guarena C, Caiazzo M, Biancone L, Enos M, Culleton B, Wiebenson D, Potier J, Hanoy M, Duquennoy S, Tingli W, Ling Z, Yunying S, Ping F, Dolley-Hitze T, Hamel D, Lombart ML, Leypoldt JK, Bernardo A, Hutchcraft AM, Vanholder R, Culleton BF, Movilli E, Camerini C, Gaggia P, Zubani R, Feller P, Pola A, Carli O, Salviani C, Manenti C, Cancarini G, Bozzoli L, Colombini E, Ricchiuti G, Pisanu G, Gargani L, Donadio C, Sidoti A, Lusini ML, Biagioli M, Ghezzi PM, Sereni L, Caiazzo M, Palladino G, Tomo T, Ishida K, Nakata T, Hamel D, Dolley-Hitze T
    Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association 29 Suppl 3 iii209-iii222 2014年05月
  • Ckd lab methods, progression & risk factors 2.
    Onuigbo M, Agbasi N, Wu MJ, Shu KH, Kugler E, Cohen E, Krause I, Goldberg E, Garty M, Krause I, Jansen J, De Napoli IE, Schophuizen CM, Wilmer MJ, Mutsaers HA, Heuvel LP, Grijpma DW, Stamatialis D, Hoenderop JG, Masereeuw R, Van Craenenbroeck AH, Van Craenenbroeck EM, Van Ackeren K, Vrints CJ, Hoymans VY, Couttenye MM, Erkmen Uyar M, Tutal E, Bal Z, Guliyev O, Sezer S, Liu L, Wang C, Tanaka K, Kushiyama A, Sakai K, Hara S, Ubara Y, Ohashi Y, Kunugi Y, Kawazu S, Untersteller K, Seiler S, Rogacev KS, Emrich IE, Lennartz CS, Fliser D, Heine GH, Hoshino T, Ookawara S, Miyazawa H, Ueda Y, Ito K, Kaku Y, Hirai K, Mori H, Yoshida I, Kakuta S, Hayama N, Amemiya M, Okamoto H, Inoue S, Tabei K, Campos P, Dias C, Baptista J, Papoila AL, Ortiz A, Inchaustegui L, Soto K, Moon KH, Yang S, Lee DY, Kim HW, Kim B, Isnard Bagnis C, Guerraoui A, Zenasni F, Idier L, Chauveau P, Cerqueira A, Quelhas-Santos J, Pestana M, Choi JY, Jin DC, Choi YJ, Kim WY, Nam SA, Cha JH, Cernaro V, Loddo S, Lacquaniti A, Romeo A, Costantino G, Montalto G, Santoro D, Trimboli D, Ricciardi CA, Lacava V, Buemi M, Emrich IE, Zawada AM, Rogacev KS, Seiler S, Obeid R, Geisel J, Fliser D, Heine GH, Meneses GC, Silva Junior G, Costa MF, Gonçalves HS, Daher EF, Libório AB, Martins AM, Ekart R, Hojs N, Bevc S, Hojs R, Lim CS, Hwang JH, Chin HJ, Kim S, Kim DK, Kim S, Park JH, Shin SJ, Lee SH, Choi BS, Lemoine S, Panaye M, Juillard L, Dubourg L, Hadj-Aïssa A, Guebre-Egziabher F, Silva Junior G, Vieira AP, Couto Bem AX, Alves MP, Meneses GC, Martins AM, Libório AB, Daher EF, Ito K, Ookawara S, Miyazawa H, Ueda Y, Kaku Y, Hirai K, Hoshino T, Mori H, Yoshida I, Tabei K, Stefan G, Capusa C, Stancu S, Margarit D, Petrescu L, Nedelcu ED, Mircescu G, Szarejko-Paradowska A, Rysz J, Hung CC, Chen HC, Ristovska V, Grcevska L, Podestà MA, Reggiani F, Cucchiari D, Badalamenti S, Buemi M, Ponticelli C, Graziani G, Nouri-Majalan N, Moghadasimousavi S, Eshaghyeh Z, Greenwood S, Koufaki P, Maclaughlin H, Rush R, Hendry BM, Macdougall IC, Mercer T, Cairns H
    Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association 29 Suppl 3 iii369-iii379 2014年05月
  • Method for approximating colloid osmotic pressure in long-term hemodialysis patients.
    Ookawara S, Sato H, Takeda H, Tabei K
    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy 18 202-207 2014年04月
  • Evaluation of cerebral oxygenation in patients undergoing long-term hemodialysis.
    Hoshino T, Ookawara S, Goto S, Miyazawa H, Ito K, Ueda Y, Kaku Y, Hirai K, Nabata A, Mori H, Yoshida I, Tabei K
    Nephron. Clinical practice 126 57-61 2014年
  • Evaluation of a new method for measuring vascular access recirculation.
    Yoshida I, Ookawara S, Ando K, Uchida T, Horiguchi A, Nakajima I, Komada T, Mori H, Tabei K
    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy 15 319-326 2011年06月
  • A new device to monitor blood volume in hemodialysis patients.
    Yoshida I, Ando K, Ando Y, Ookawara S, Suzuki M, Furuya H, Iimura O, Takada D, Kajiya M, Komada T, Mori H, Tabei K, BVM Study Group
    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy 14 560-565 2010年12月
  • Marked recovery of severe renal lesions in POEMS syndrome with high-dose melphalan therapy supported by autologous blood stem cell transplantation.
    Sanada S, Ookawara S, Karube H, Shindo T, Goto T, Nakamichi T, Saito M, Matsubara M, Suzuki M
    American journal of kidney diseases : the official journal of the National Kidney Foundation 47 672-679 2006年04月
  • Mathematical analysis of urea rebound in long-term hemodialysis patients.
    Ookawara S, Suzuki M, Saitou M, Tabei K
    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy 9 167-172 2005年04月
  • A case report of the effect of plasma exchange on reactive hemophagocytic syndrome associated with toxic shock syndrome.
    Sanada S, Ookawara S, Shindo T, Morino K, Ishikawa H, Suzuki M
    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy 8 503-506 2004年12月

MISC

  • 腎不全保存期治療における透析室看護師の役割
    重浦律子, 中川温美, 小川里美, 吉田ちひろ, 逸見洋子, 星野愛美, 原友里, 木場千華, 鈴木瑛里, 佐竹晃, 北野泰弘, 進藤充稔, 宮澤晴久, 植田裕一郎, 平井啓之, 賀来佳男, 星野太郎, 綿森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 田部井薫
    埼玉透析医学会会誌 3(2) 219 2014年11月
  • 血液透析施行中の運動による循環動態および循環血液量変化の観察
    後藤佐和子, 大河原晋, 進藤充稔, 北野泰祐, 宮澤晴久, 植田裕一郎, 伊藤聖学, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 名畑あおい, 森穂波, 吉田泉, 田部井薫
    埼玉透析医学会会誌 3(2) 211 2014年11月
  • 単純血漿交換療法が著効した後天性血友病Aの1症例
    後藤佐和子, 吉田泉, 蘆澤正弘, 進藤充稔, 北野泰祐, 宮澤晴久, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 名畑あおい, 森穂波, 大河原晋, 田部井薫
    日本アフェレシス学会雑誌 33(3) 241-242 2014年10月
  • 体重管理が困難な透析患者への支援[総論]I 透析療法における体重管理の諸問題(1)血液透析療法における体重管理
    後藤佐和子, 大河原晋, 田部井薫
    臨床透析 30(12) 1549-1556 2014年10月
  • 単純血漿交換が奏功した妊娠に伴う二次性高脂血症性膵炎の1例
    後藤佐和子, 吉田泉, 北野泰祐, 進藤充稔, 宮澤晴久, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 大河原晋, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 56(6) 850 2014年08月
  • IgA腎症を合併し,急性腎障害を治療し得たCastleman病の1例
    賀来佳男, 植田裕一郎, 星野太郎, 森穂波, 大河原晋, 吉田泉, 田部井薫, 山田茂樹
    日本腎臓学会誌 56(6) 849 2014年08月
  • Fabry病様の電子顕微鏡所見を呈したブシラミンによる膜性腎症の一例
    宮澤晴久, 星野太郎, 北野泰佑, 進藤充稔, 後藤佐和子, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 山田茂樹, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 56(6) 854 2014年08月
  • 顕微鏡的多発血管炎に胃大網動脈からの出血を合併し救命しえなかった一例
    吉田克之, 賀来佳男, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 平井啓之, 星野太郎, 森穂波, 吉田泉, 濱本耕平, 松浦克彦, 大河原晋, 山田茂樹, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 56(6) 858 2014年08月
  • Uromodulin遺伝子異常を確認した家族性若年性高尿酸血症性腎症の一家系
    羽鳥将史, 北野泰佑, 進藤充稔, 後藤佐和子, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 名畑あおい, 森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 松島一雄, 関田千恵子, 谷口敦夫, 寺井千尋, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 56(6) 827 2014年08月
  • 急性腎不全とともに著明な高尿酸血症を呈した2症例
    北野泰佑, 進藤充稔, 後藤佐和子, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 森穂波, 名畑あおい, 大河原晋, 吉田泉, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 56(6) 880 2014年08月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 腎不全保存期治療における透析室看護師の役割
    重浦律子, 中川温美, 小川里美, 吉田ちひろ, 逸見洋子, 星野愛美, 原友里, 木場千華, 鈴木瑛里, 佐竹晃, 北野泰弘, 進藤充稔, 宮澤晴久, 植田裕一郎, 平井啓之, 賀来佳男, 星野太郎, 綿森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 田部井薫
    埼玉透析医学会会誌 3(2) 219 2014年11月
  • 血液透析施行中の運動による循環動態および循環血液量変化の観察
    後藤佐和子, 大河原晋, 進藤充稔, 北野泰祐, 宮澤晴久, 植田裕一郎, 伊藤聖学, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 名畑あおい, 森穂波, 吉田泉, 田部井薫
    埼玉透析医学会会誌 3(2) 211 2014年11月
  • 単純血漿交換療法が著効した後天性血友病Aの1症例
    後藤佐和子, 吉田泉, 蘆澤正弘, 進藤充稔, 北野泰祐, 宮澤晴久, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 名畑あおい, 森穂波, 大河原晋, 田部井薫
    日本アフェレシス学会雑誌 33(3) 241-242 2014年10月
  • 体重管理が困難な透析患者への支援[総論]I 透析療法における体重管理の諸問題(1)血液透析療法における体重管理
    後藤佐和子, 大河原晋, 田部井薫
    臨床透析 30(12) 1549-1556 2014年10月
  • 単純血漿交換が奏功した妊娠に伴う二次性高脂血症性膵炎の1例
    後藤佐和子, 吉田泉, 北野泰祐, 進藤充稔, 宮澤晴久, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 大河原晋, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 56(6) 850 2014年08月
  • IgA腎症を合併し,急性腎障害を治療し得たCastleman病の1例
    賀来佳男, 植田裕一郎, 星野太郎, 森穂波, 大河原晋, 吉田泉, 田部井薫, 山田茂樹
    日本腎臓学会誌 56(6) 849 2014年08月
  • Fabry病様の電子顕微鏡所見を呈したブシラミンによる膜性腎症の一例
    宮澤晴久, 星野太郎, 北野泰佑, 進藤充稔, 後藤佐和子, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 山田茂樹, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 56(6) 854 2014年08月
  • 顕微鏡的多発血管炎に胃大網動脈からの出血を合併し救命しえなかった一例
    吉田克之, 賀来佳男, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 平井啓之, 星野太郎, 森穂波, 吉田泉, 濱本耕平, 松浦克彦, 大河原晋, 山田茂樹, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 56(6) 858 2014年08月
  • Uromodulin遺伝子異常を確認した家族性若年性高尿酸血症性腎症の一家系
    羽鳥将史, 北野泰佑, 進藤充稔, 後藤佐和子, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 名畑あおい, 森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 松島一雄, 関田千恵子, 谷口敦夫, 寺井千尋, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 56(6) 827 2014年08月
  • 急性腎不全とともに著明な高尿酸血症を呈した2症例
    北野泰佑, 進藤充稔, 後藤佐和子, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 森穂波, 名畑あおい, 大河原晋, 吉田泉, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 56(6) 880 2014年08月
  • 透析患者の心疾患 2 不整脈
    伊藤聖学, 大河原晋, 田部井薫
    透析フロンティア 24(3) 8-13 2014年08月
  • 血液透析による限外濾過が体内各種臓器内酸素代謝に与える影響
    小藤誠也, 大河原晋, 落合里奈, 樋口司, 内田隆行, 安藤勝信, 百瀬直樹, 森穂波, 吉田泉, 田部井薫
    埼玉透析医学会会誌 3(1) 171-174 2014年07月
  • 一般内科医のための腎疾患A to Z 腎疾患でよくみられる症状 浮腫
    星野太郎, 大河原晋, 田部井薫
    内科 114(1) 19-22 2014年07月
  • 透析 透析中の合併症 透析不均衡症候群
    伊藤聖学, 大河原晋, 田部井薫
    腎と透析 76 289-291 2014年06月
  • RS3PE症候群と考えられた血液透析患者の一例
    進藤充稔, 北野泰祐, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 名畑あおい, 森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 47(Supplement 1) 844 2014年05月
  • 高カリウム血症に対する血液透析施行時における赤血球内カリウム濃度変化の検討
    植田裕一郎, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 森穂波, 名畑あおい, 吉田泉, 大河原晋, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 47(Supplement 1) 478 2014年05月
  • 血液透析施行中の運動による循環血液量の変化
    星野太郎, 宮澤晴久, 植田裕一郎, 伊藤聖学, 賀来佳男, 平井啓之, 名畑あおい, 森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 47(Supplement 1) 635 2014年05月
  • 血液透析施行中の臓器内局所酸素飽和度(rSO2)の観察
    小藤誠也, 大河原晋, 樋口司, 内田隆行, 安藤勝信, 百瀬直樹, 伊藤聖学, 星野太郎, 森穂波, 吉田泉, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 47(Supplement 1) 659 2014年05月
  • 心血管造影前後における血中・尿中バイオマーカーの変化
    後藤佐和子, 大河原晋, 豊島拓, 高橋徹也, 沓澤大輔, 桐林伸幸, 近江晃樹, 菅原重生, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 47(Supplement 1) 1009 2014年05月
  • 原発性アミロイドーシスの診断に至った腹膜透析患者の一例
    北野泰佑, 進藤充稔, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 名畑あおい, 森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 47(Supplement 1) 834 2014年05月
  • ダルベポエチンベータペゴル投与により赤芽球癆を発症した血液透析患者の1例
    平井啓之, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 賀来佳男, 星野太郎, 名畑あおい, 森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 47(Supplement 1) 772 2014年05月
  • 循環血液量減少,血圧低下とともに脳内局所酸素飽和度の低下を認めた維持血液透析症例
    宮澤晴久, 大河原晋, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 森穂波, 吉田泉, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 47(Supplement 1) 752 2014年05月
  • 化膿性脊椎炎を発症した維持血液透析症例の臨床的検討
    羽鳥将史, 大河原晋, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 森穂波, 吉田泉, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 47(Supplement 1) 554 2014年05月
  • 透析用カテーテルにおけるバスキュラーアクセス再循環の検討
    安藤勝信, 内田隆行, 小藤誠也, 樋口司, 落合里奈, 百瀬直樹, 吉田泉, 大河原晋, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 47(Supplement 1) 491 2014年05月
  • 脳内rSO2値に影響を与える因子についての検討
    伊藤聖学, 大河原晋, 宮澤晴久, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 名畑あおい, 森穂波, 吉田泉, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 47(Supplement 1) 472 2014年05月
  • CKD症例における血清Ca濃度算出式の検討
    賀来佳男, 大河原晋, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 平井啓之, 星野太郎, 森穂波, 名畑あおい, 吉田泉, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 47(Supplement 1) 846 2014年05月
  • CKD患者におけるelectrolyte free water clearanceおよび尿中anion gapの検討
    植田裕一郎, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 賀来佳男, 星野太郎, 平井啓之, 森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 56(3) 286 2014年05月
  • CKD患者における尿中尿酸排泄量の検討
    宮澤晴久, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 56(3) 351 2014年05月
  • 腎臓内科受診による腎機能低下速度抑制に対する検討
    伊藤聖学, 大河原晋, 宮澤晴久, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 名畑あおい, 森穂波, 吉田泉, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 56(3) 384 2014年05月
  • 当腎臓科受診後に腎障害の進行が顕著に抑制された糖尿病性腎症の12例
    賀来佳男, 大河原晋, 宮澤晴久, 植田裕一郎, 平井啓之, 星野太郎, 森穂波, 吉田泉, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 56(3) 359 2014年05月
  • 慢性腎臓病患者におけるピタバスタチンの腎保護効果の検討
    星野太郎, 宮澤晴久, 植田裕一郎, 伊藤聖学, 賀来佳男, 平井啓之, 森穂波, 吉田泉, 角田祥子, 葉山修陽, 雨宮守正, 岡本日出数, 井上秀二, 大河原晋, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 56(3) 287 2014年05月
  • 透析装置の進化とそれに伴うリスク
    安藤勝信, 内田隆行, 百瀬直樹, 吉田泉, 大河原晋, 田部井薫
    日本臨床医学リスクマネジメント学会・学術集会プログラム・抄録集 12th 80 2014年05月
  • 「利尿薬」の理解と使い方 利尿薬投与中の水分管理(制限)
    中川ふき, 大河原晋
    Expert Nurse 30(8) 110-113 2014年05月
  • ステージG5糖尿病性腎症患者の透析導入に至る日数と食塩摂取量の検討
    金内則子, 長嶺智重子, 浪川愛子, 猪野瀬渚, 椎名美知子, 茂木さつき, 吉田昌史, 生駒亜紀, 草鹿育代, 豊島秀男, 伊藤聖学, 森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 加計正文, 石川三衛, 田部井薫
    糖尿病 57(Supplement 1) S.265 2014年04月
  • 腎臓内科受診による糖尿病性腎症に対する腎機能低下速度抑制の可能性
    伊藤聖学, 大河原晋, 宮澤晴久, 山田穂高, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 吉田昌史, 名畑あおい, 森穂波, 吉田泉, 加計正文, 田部井薫
    糖尿病 57(Supplement 1) S.267 2014年04月
  • 非侵襲的心拍出量モニターAESCULONminiの有用性に関する検討
    樋口司, 安藤勝信, 岡田ひとみ, 落合里奈, 早坂秀幸, 小藤誠也, 内田隆行, 百瀬直樹, 星野太郎, 名畑あおい, 森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 田部井薫
    日本血液浄化技術学会会誌 22(1) 68 2014年04月
  • 透析通信システムFuture Net Web+のアフェレシス治療における使用経験
    内田隆行, 安藤勝信, 落合里奈, 樋口司, 小藤誠也, 百瀬直樹, 星野太郎, 名畑あおい, 森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 田部井薫
    日本血液浄化技術学会会誌 22(1) 69 2014年04月
  • 植込み型補助人工心臓装着中の患者における各種血液浄化法の経験
    内田隆行, 安藤勝信, 樋口司, 小藤誠也, 梅田千典, 草浦理恵, 百瀬直樹, 松本充也, 和田浩, 菅原養厚, 阿古潤哉, 百村伸一, 名畑あおい, 星野太郎, 森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 田部井薫
    日本血液浄化技術学会会誌 21(3) 383-386 2013年12月
  • ステロイドが著効した薬剤性間質性腎炎の一例
    北野泰佑, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 名畑あおい, 森穂波, 吉田泉, 大河原晋, 山田茂樹, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 55(6) 1067 2013年08月
  • ステロイド治療と血漿交換により臨床的軽快をみたクリオグロブリン血症による半月体形成性RPGNの1例
    賀来佳男, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 平井啓之, 星野太郎, 森穂波, 名畑あおい, 大河原晋, 吉田泉, 田部井薫, 山田茂樹
    日本腎臓学会誌 55(6) 1102 2013年08月
  • 抗TNFα薬エタネルセプトによるループス腎炎を発症した関節リウマチの1例
    伊藤泰斗, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 植田裕一郎, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 森穂波, 名畑あおい, 大河原晋, 吉田泉, 田部井薫, 山田茂樹
    日本腎臓学会誌 55(6) 1087 2013年08月
  • 後天性無巨核球性血小板減少性紫斑病の治療経過中に合併したネフローゼ症候群の1例
    植田裕一郎, 宮澤晴久, 伊藤聖学, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 森穂波, 名畑あおい, 吉田泉, 大河原晋, 田部井薫, 山田茂樹
    日本腎臓学会誌 55(6) 1084 2013年08月
  • GVHDに伴う膜性腎症からネフローゼ症候群をきたした一例
    宮澤晴久, 植田裕一郎, 伊藤聖学, 賀来佳男, 平井啓之, 星野太郎, 名畑あおい, 森穂波, 吉田泉, 木村俊一, 神田善伸, 山田茂樹, 大河原晋, 田部井薫
    日本腎臓学会誌 55(6) 1085 2013年08月
  • 当施設における持続的血液浄化療法の取り組み
    安藤勝信, 内田隆行, 小藤誠也, 落合里奈, 梅田千典, 草浦理恵, 百瀬直樹, 吉田泉, 大河原晋, 田部井薫
    日本急性血液浄化学会雑誌 4(Supplement) 83 2013年08月
  • 血液透析施行中の脳内局所酸素飽和度の観察
    後藤佐和子, 大河原晋, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 46(Supplement 1) 490 2013年05月
  • 最新の知識で答える水電解質106の疑問 透析患者の体液調節系はどのように変化していますか?
    大河原晋, 田部井薫
    腎と透析 74(4) 567-569 2013年04月
  • 透析療法の理論,実践について Q28 除水と血圧は,どう関係しているのですか?
    大河原晋
    ナーシングケアQ&A(44) 65-66 2013年04月
  • 透析中の合併症について Q36 糖尿病性腎症の透析中の血圧コントロールについて良い方法がありましたら教えてください
    大河原晋
    ナーシングケアQ&A(44) 82-83 2013年04月
  • 透析患者の長期合併症について Q58 restless legs syndromeへの対処方法で有効なことはありますか?
    大河原晋
    ナーシングケアQ&A(44) 128-129 2013年04月
  • 透析液ブドウ糖濃度の血糖に与える影響の検討
    鈴木昌幸, 高崎聡, 佐藤広也, 武田久登志, 大河原晋
    日本透析医学会雑誌 45(Supplement 1) 444 2012年05月
  • ダイアライザー内におけるカリウム動態の検討
    大河原晋, 高崎聡, 鈴木昌幸
    日本透析医学会雑誌 45(Supplement 1) 444 2012年05月
  • 術後AKI Q13 感染症関連のAKI(敗血症を含む)
    大河原晋, 草野英二
    救急・集中治療 24(3-4) 366-373 2012年04月
  • 患者指導もチェック ナースが注意したい利尿薬投与中の水分管理(制限) (特集 今さら聞けない!なぜこのとき、この利尿薬?)
    中川 ふき, 大河原 晋
    Expert nurse 28(4) 102-104 2012年04月
  • 今さら聞けない!なぜこのとき,この利尿薬?患者指導もチェック ナースが注意したい利尿薬投与中の水分管理(制限)
    中川ふき, 大河原晋
    Expert Nurse 28(4) 102-104 2012年03月
  • 血液透析症例におけるgeriatric nutritional risk index(GNRI)の臨床的意義に関する検討
    小松由美, 多田弘子, 鈴木昌幸, 大河原晋
    山形県立病院医学雑誌 46(1) 39-43 2012年01月
  • Polaprezinc を用いた亜鉛補充により貧血および栄養状態の著明な改善を認めた維持血液透析症例
    大河原 晋, 伊藤 淳一, 武田 隆, 須貝 昌博
    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 44(12) 1171-1176 2011年12月
  • 赤血球 osmotic fragility に対する血液透析の影響に関する検討
    大河原 晋, 鈴木 昌幸, 深瀬 幸子, 田部井 薫
    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 44(8) 675-680 2011年08月
  • 血管炎症候群様の経過を示したコレステロール塞栓症の1例
    湯田 淳一朗, 本間 りこ, 深瀬 幸子, 大河原 晋, 大本 英次郎, 後藤 敏和, 鈴木 昌幸
    日本内科学会雑誌 100(8) 2247-2249 2011年08月
  • 血液透析症例における膠質浸透圧測定と血管透過性算出の検討
    佐藤広也, 大河原晋, 深瀬幸子, 鈴木昌幸
    日本透析医学会雑誌 44(Supplement 1) 823 2011年05月
  • 血液透析症例におけるGNRIの検討
    小松由美, 加藤淳子, 多田弘子, 鈴木昌幸, 大河原晋
    日本透析医学会雑誌 44(Supplement 1) 718 2011年05月
  • 血液透析症例における循環血液量および血管透過性の把握方法 : Pulse dye-densitometry による実測と推測式の差異に関して
    大河原 晋, 鈴木 昌幸, 深瀬 幸子, 田部井 薫
    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 44(5) 435-440 2011年05月
  • 西川町における在宅医療の現状
    大河原晋
    山形県国保地域医療学会学会誌 55th 113-129 2011年03月
  • 血液透析症例における循環血液量および血管透過性の把握方法 ‐Pulse dye-densitometryによる実測と推測式の差異に関して‐
    大河原晋, 鈴木昌幸, 深瀬幸子, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 44(5) 435-440 (J-STAGE) 2011年
  • 赤血球osmotic fragilityに対する血液透析の影響に関する検討
    大河原晋, 鈴木昌幸, 深瀬幸子, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 44(8) 675-680 (J-STAGE) 2011年
  • Polaprezincを用いた亜鉛補充により貧血および栄養状態の著明な改善を認めた維持血液透析症例
    大河原晋, 伊藤淳一, 武田隆, 須貝昌博
    日本透析医学会雑誌 44(12) 1171-1176 (J-STAGE) 2011年
  • 透析中の循環血液量モニタリングによる新しいドライウエイト設定法の評価
    吉田 泉, 駒田 敬則, 森 穂波, 安藤 勝信, 安藤 康宏, 草野 英二, 大河原 晋, 鈴木 正幸, 古谷 裕章, 飯村 修, 小原 功裕, 高田 大輔, 梶谷 雅春, 田部井 薫, NIKKNAVI研究会
    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 43(11) 909-917 2010年11月
  • 血液透析症例における膠質浸透圧の実測値および推測値の差異に関する検討
    大河原晋, 深瀬幸子, 鈴木昌幸
    日本腎臓学会誌 52(6) 685 2010年08月
  • M蛋白陽性血液透析症例におけるフリーライトチェーン(FLC)除去に関する検討
    佐藤広也, 高橋倫彦, 武田久登志, 鈴木昌幸, 大河原晋, 新井次郎
    日本透析医学会雑誌 43(Supplement 1) 836 2010年05月
  • ブラッドボリューム計に搭載したシフト機能の有用性の検討
    安藤勝信, 内田隆行, 小藤誠也, 安納一徳, 中島逸郎, 吉田泉, 森穂波, 鈴木昌幸, 大河原晋, 古谷裕章, 飯村修, 高田大輔, 安藤康宏, 草野英二, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 43(Supplement 1) 452 2010年05月
  • 維持血液透析症例におけるPWV測定の意義
    木村千鶴, 板垣由紀, 小林恵美子, 鈴木昌幸, 大河原晋
    日本透析医学会雑誌 43(Supplement 1) 729 2010年05月
  • Epoetin βからdarbepoetin αへの切替えにおける臨床的パラメーターの推移の検討
    大河原晋
    日本透析医学会雑誌 43(Supplement 1) 845 2010年05月
  • 低ナトリウム血症,低蛋白血症を伴う透析患者の血行動態の検討
    安藤勝信, 内田隆行, 小藤誠也, 安納一徳, 中島逸郎, 吉田泉, 森穂波, 鈴木昌幸, 大河原晋, 古谷裕章, 飯村修, 高田大輔, 安藤康宏, 草野英二, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 43(Supplement 1) 407 2010年05月
  • 赤血球osmotic fragilityに対する血液透析の影響に関する検討
    大河原晋, 深瀬幸子, 鈴木昌幸
    東北腎不全研究会誌 19(1) 51 2009年08月
  • 血液透析症例の循環血液量および血管透過性算出におけるPulse dyedensitometryによる実測と推測式の差異について
    大河原晋
    日本透析医学会雑誌 42(Supplement 1) 407 2009年05月
  • M蛋白陽性血液透析症例におけるフリーライトチェーン(FLC)除去に関する検討
    佐藤広也, 高橋倫彦, 鈴木昌幸, 大河原晋, 新井次郎
    日本透析医学会雑誌 42(Supplement 1) 420 2009年05月
  • 透析中の循環血液量変化率推移によるドライウェイト管理とその有用性
    田部井薫, 安藤勝信, 吉田泉, 森穂波, 鈴木昌幸, 大河原晋, 古谷裕章, 飯村修, 梶谷雅春, 小原功裕, 高田大輔, 安藤康宏, 草野英二
    日本透析医学会雑誌 42(Supplement 1) 407 2009年05月
  • 日機装社製ブラッドボリューム計(BVM)および希釈率によるアクセスの再循環率(AR)測定の検討
    高橋倫彦, 佐藤広也, 武田久登志, 鈴木昌幸, 大河原晋
    日本透析医学会雑誌 42(Supplement 1) 677 2009年05月
  • 赤血球osmotic fragilityに対する血液透析の影響に関する検討
    大河原晋
    日本腎臓学会誌 51(3) 371 2009年04月
  • ポイントで学ぶ&テストで確認!糖尿病の病態知識 4 糖尿病腎症
    大河原晋, 草野英二
    糖尿病ケア 6(4) 337-342 2009年04月
  • 糖尿病腎症 (特集 ポイントで学ぶ&テストで確認! 糖尿病の病態知識)
    大河原 晋, 草野 英二
    糖尿病ケア 6(4) 337-342 2009年
  • 臨床工学技士 血液透析におけるモニタ
    安藤勝信, 大河原晋, 田部井薫
    医工学治療 20(3) 201-205 2008年09月
  • 透析中の循環血液量変化率推移とドライウェイト適否
    田部井薫, 安藤勝信, 吉田泉, 佐久間由紀, 鈴木昌幸, 大河原晋, 古谷裕章, 飯村修, 梶谷雅春, 安藤康宏, 草野英二
    日本透析医学会雑誌 41(Supplement 1) 377 2008年05月
  • モニタリング方法の違いによるTACureaの変動について
    佐藤広也, 高橋倫彦, 東海林紀子, 武田久登志, 大河原晋, 鈴木昌幸
    日本透析医学会雑誌 41(Supplement 1) 740 2008年05月
  • HD施行中の血管透過性に対するANPの影響に関する検討
    大河原晋, 伊藤淳一, 武田隆, 須貝昌博
    日本透析医学会雑誌 41(Supplement 1) 565 2008年05月
  • BVモニターにおける%ΔBVはQBの影響を受ける可能性がある
    高橋倫彦, 佐藤広也, 木村千鶴, 東海林紀子, 武田久登志, 鈴木昌幸, 大河原晋
    日本透析医学会雑誌 41(Supplement 1) 653 2008年05月
  • Thrombotic microangiopathyを伴った悪性高血圧の1例
    鈴木昌幸, 深瀬幸子, 佐藤啓, 大河原晋
    日本腎臓学会誌 50(3) 358 2008年04月
  • 大量の胸水貯留を伴ったpreeclamptic nephropathyの1例
    真島佑介, 大河原晋, 鈴木昌幸
    日本腎臓学会誌 49(6) 627 2007年08月
  • 亜鉛補充によりrHuEPO抵抗性貧血の著明な改善を認めた維持血液透析症例の一例
    大河原晋, 伊藤淳一, 武田隆, 須貝昌博
    日本透析医学会雑誌 40(Supplement 1) 745 2007年05月
  • ビタミンE固定化ポリスルホン膜使用による抗動脈硬化作用の検討
    佐藤広也, 高橋倫彦, 鈴木昌幸, 大河原晋
    日本透析医学会雑誌 40(Supplement 1) 665 2007年05月
  • 肝障害発症とともに一過性の腎性貧血および腎機能の改善を認めた維持透析症例の一例
    渡辺敦子, 荒木あい子, 菅野和江, 荒木利子, 古沢悦子, 武田裕子, 大河原晋
    日本透析医学会雑誌 40(Supplement 1) 620 2007年05月
  • 血管透過性係数とPlasma Water Indexの関連について
    高橋倫彦, 佐藤広也, 鈴木昌幸, 大河原晋
    日本透析医学会雑誌 40(Supplement 1) 680 2007年05月
  • MPO‐ANCA関連血管炎症候群の多様性
    鈴木昌幸, 大河原晋
    日本腎臓学会誌 49(3) 289 2007年04月
  • 血液透析者のCardio‐ankle vascular index(CAVI)測定における体位変換と血液透析の影響
    鈴木昌幸, 佐藤広也, 高橋倫彦, 中道崇, 大河原晋
    山形県立病院医学雑誌 41(1) 6-10 2007年01月
  • 心・大血管術後のエンドトキシンショック様病態の検討―PMX‐DHP施行例との比較検討より―
    長谷部紀昭, 佐藤広也, 高橋倫彦, 大河原晋, 鈴木昌幸, 森野一真, 阿部和男
    エンドトキシン血症救命治療研究会誌 10(1) 299 2006年12月
  • 1.TTPに対する血液浄化療法について(一般演題,日本アフェレシス学会第17回東北アフェレーシス研究会地方会抄録)
    鈴木 昌幸, 大河原 晋, 中道 崇, 長谷部 紀昭
    日本アフェレシス学会雑誌 25(3) 2006年10月
  • TTPに対する血液浄化療法について
    鈴木昌幸, 大河原晋, 中道崇, 長谷部紀昭
    日本アフェレシス学会雑誌 25(3) 251 2006年10月
  • ステロイド治療開始早期に全身性クリプトコッカス症を呈したループス腎炎の一例
    大河原晋, 中道崇, 鈴木昌幸
    日本腎臓学会誌 48(6) 625 2006年08月
  • 甲状腺機能亢進症にステロイド抵抗性ネフローゼ症候群を合併した1例
    鈴木昌幸, 大河原晋
    日本腎臓学会誌 48(6) 608 2006年08月
  • 体位変換及び血液透析によるCAVIの変動について
    佐藤広也, 高橋倫彦, 長谷部紀昭, 中道崇, 大河原晋, 鈴木昌幸
    日本透析医学会雑誌 39(Supplement 1) 971 2006年05月
  • 血液透析患者に発症した,たこつぼ型心筋症の一例
    中道崇, 鈴木昌幸, 大河原晋, 松井幹之, 斉藤幹郎
    東北腎不全研究会誌 16(1) 69 2006年05月
  • 血液透析患者におけるCAVI(Cardio‐Ankle Vascular Index)測定の有用性
    中道崇, 大河原晋, 齋藤幹郎, 鈴木昌幸
    日本腎臓学会誌 48(3) 253 2006年04月
  • 心大血管術後low SVR syndromeに対する血液浄化法の検討―CRRT・SLEDDf施行例より―
    長谷部紀昭, 高橋倫彦, 大河原晋, 鈴木昌幸, 阿部和男
    ICUとCCU 30 S187-S189 2006年02月
  • 心大血管術後low SVR syndromeに対する血液浄化法の検討--CRRT・SLEDDf施行例より (第16回 日本急性血液浄化学会 PROCEEDINGS-2005) -- (セッション10 病態(2))
    長谷部 紀昭, 高橋 倫彦, 大河原 晋
    ICUとCCU 30(0) S187-189 2006年
  • POEMS症候群における末梢血幹細胞移植前後の組織学的検討
    真田覚, 大河原晋, 鈴木昌幸
    日本腎臓学会誌 47(3) 310 2005年05月
  • 赤血球寿命と赤血球産生からみた腎性貧血管理について
    大河原晋, 斎藤幹郎, 鈴木昌幸
    日本透析医学会雑誌 38(Supplement 1) 920 2005年05月
  • ALアミロイドーシスに対する自家末梢血幹細胞移植下大量メルファラン療法の経験
    鈴木昌幸, 大河原晋, 斎藤幹郎
    日本透析医学会雑誌 38(Supplement 1) 935 2005年05月
  • 維持透析患者におけるbaPWVとmeanKrを用いた体液管理に関する検討
    真田覚, 鈴木昌幸, 大河原晋, 斎藤幹郎
    日本透析医学会雑誌 37(Supplement 1) 1045 2004年06月
  • 血液透析症例における血清P値と赤血球寿命の関連について
    大河原晋, 真田覚, 矢作友保, 斎藤幹郎, 鈴木昌幸
    日本透析医学会雑誌 37(Supplement 1) 906 2004年06月
  • 地域医療における腎疾患診療の実践
    大河原晋
    日本腎臓学会誌 46(3) 161 2004年04月
  • 体液管理における適切な利尿薬の使用法
    大河原晋, 真田覚, 鈴木昌幸
    山形県立病院医学雑誌 38(1) 14-19 2004年01月
  • 胃悪性リンパ腫と腎細胞癌摘出術後急性腎不全回復後にMRSA関連腎炎を併発しVCM単独投与で軽快を認めた一例
    大河原晋, 鈴木昌幸, 斎藤幹郎
    日本腎臓学会誌 45(6) 559 2003年08月
  • 当院におけるコレステロール塞栓症の5例
    鈴木昌幸, 大河原晋, 真田覚, 斎藤幹郎
    日本腎臓学会誌 45(6) 543 2003年08月
  • mean Krとbioimpedance法による体液量測定との相同性について
    大河原晋, 鈴木昌幸, 矢作友保, 斎藤幹郎, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 36(Supplement 1) 796 2003年06月
  • 透析室中央監視システム(Future Net)のデータを有効に活用するために
    鈴木昌幸, 大河原晋, 矢作友保, 斎藤幹郎, 大森俊雄
    日本透析医学会雑誌 36(Supplement 1) 765 2003年06月
  • 保存期腎不全における食事療法の位置付け
    斎藤幹郎, 大河原晋, 鈴木昌幸
    日本透析医学会雑誌 36(Supplement 1) 881 2003年06月
  • Thiamine欠乏による急性脳症と高アンモニア血症を呈した血液透析患者の1例
    大河原晋, 鈴木昌幸, 斎藤幹郎
    日本腎臓学会誌 45(4) 393-397 2003年05月
  • Thiamine欠乏による急性脳症と高アンモニア血症を呈した血液透析患者の1例
    大河原 晋, 鈴木 昌幸, 齋藤 幹郎
    The Japanese journal of nephrology = / 日本腎臓学会 [編集] 45(4) 393-397 2003年05月
  • セミナー 適切なドライウエイト設定のノウハウ
    大河原晋
    腎と透析 53 67-70 2002年10月
  • Thiamin欠乏症と高アンモニア血症を呈した血液透析患者の一例
    大河原晋, 鈴木昌幸, 斎藤幹郎
    日本腎臓学会誌 44(6) 623 2002年08月
  • Osmolal gap開大を合併したアルコール性ケトアシドーシスの一例
    鈴木昌幸, 大河原晋, 斎藤幹郎
    日本腎臓学会誌 44(6) 622 2002年08月
  • HD終了後におけるblood volume reboundに関する検討
    大河原晋, 鈴木昌幸, 矢作友保, 斎藤幹郎, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 35(Supplement 1) 644 2002年07月
  • 血液透析(HD)における血しょうこう質浸透圧(π)に関する検討
    鈴木昌幸, 大河原晋, 矢作友保, 斎藤幹郎
    日本透析医学会雑誌 35(Supplement 1) 641 2002年07月
  • Sulfasalazine投与中にびまん性増殖性ループス腎炎を発症した慢性関節リウマチ(RA)の一例
    鈴木昌幸, 深瀬幸子, 大河原晋, 斎藤幹郎
    日本腎臓学会誌 43(6) 519 2001年08月
  • Kr(Plasma refillig coeficient)の適正値は0.5~1.7程度である
    鈴木昌幸, 大河原晋, 矢作友保, 斎藤幹郎
    東北腎不全研究会誌 12(1) 102 2001年08月
  • 血液透析におけるplasma refilling coefficient (mean Kr) 算出の臨床的意義の検討
    大河原晋, 鈴木昌幸, 宗村美和, 矢作友保, 斎藤幹郎, 田部井薫, 浅野泰
    日本透析医学会雑誌 34(8) 1185-1192 2001年08月
  • 血液透析における plasma refilling coefficient (mean Kr) 算出の臨床的意義の検討
    大河原 晋, 鈴木 昌幸, 宗村 美和, 矢作 友保, 斎藤 幹郎, 田部井 薫, 浅野 泰
    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 34(8) 1185-1192 2001年07月
  • urea reboundの数学的解析
    大河原晋, 鈴木昌幸, 矢作友保, 斎藤幹郎, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 34(Supplement 1) 810 2001年05月
  • 平均plasma refilling coefficient(mean Kr)が透析前体重の変化から受ける影響に関する検討
    鈴木昌幸, 大河原晋, 斎藤幹郎, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 34(Supplement 1) 888 2001年05月
  • 血症交換(PEx)に不応性の孤発性HUS/TTPに対するひ摘の効果
    鈴木昌幸, 大河原晋, 斎藤幹郎
    日本腎臓学会誌 43(3) 273 2001年04月
  • 維持透析患者の循環血液量に及ぼす体位変換の影響
    鈴木昌幸, 大河原晋, 斎藤幹郎, 矢作友保, 田部井薫
    日本透析医学会雑誌 33(10) 1325-1327 2000年10月
  • 維持透析患者の循環血液量に及ぼす体位変換の影響
    鈴木 昌幸, 大河原 晋, 斎藤 幹郎, 矢作 友保, 田部井 薫
    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 33(10) 1325-1327 2000年10月
  • 血液透析患者の循環血液量に体位変換が与える影響に関する検討
    大河原晋, 宗村美和, 鈴木昌幸, 矢作友保, 斎藤幹郎
    日本透析医学会雑誌 33(Supplement 1) 647 2000年05月
  • 臥床による透析前血清アルブミン値および体液量指標の変動
    鈴木昌幸, 大河原晋, 矢作友保, 斎藤幹郎
    日本透析医学会雑誌 33(Supplement 1) 647 2000年05月
  • 当院における維持透析患者に対する冠動脈インターベンションの現況
    斎藤幹郎, 荒木隆夫, 後藤敏和, 鈴木昌幸, 矢作友保, 大河原晋
    山形県医師会学術雑誌 21 25-26 2000年
  • ドライウェイト設定の新たな指標 循環血しょう量変化率の有用性
    大河原晋, 斎藤幹郎, 鈴木昌幸, 矢作友保, 田部井薫, 浅野泰
    日本透析医学会雑誌 32(7) 1051-1057 1999年07月
  • ドライウェイト設定の新たな指標-循環血漿量変化率の有用性
    大河原 晋, 斎藤 幹郎, 鈴木 昌幸, 矢作 友保, 田部井 薫, 浅野 泰
    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 32(7) 1051-1057 1999年07月
  • 連続的ヘマトクリット測定による血液透析中の循環血液量変化の数学的解析
    大河原 晋, 田部井 薫, 丹波 嘉一郎, 井上 真, 浅野 泰, 永島 博文, 上野 幸司, 後藤 邦宏, 土田 康博, 久野 宗寛
    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 31(6) 1001-1005 1998年06月
  • 連続的ヘマトクリット測定による血液透析中の循環血液量変化の数学的解析
    大河原晋, 田部井薫, 丹波嘉一郎, 浅野泰, 永島博文, 上野幸司, 後藤邦宏, 土田康博, 久野宗寛
    日本透析医学会雑誌 31(6) 1001-1005 1998年06月
  • The mathematical analysis of the blood volume change during hemodialysis by continuously hematocrit monitoring.
    大河原 晋, 田部井 薫, 丹波 嘉一郎, 井上 真, 浅野 泰, 永島 博文, 上野 幸司, 後藤 邦宏, 土田 康博, 久野 宗寛
    日本透析医学会雑誌 31(6) 1001-1005 1998年
  • 血液浄化療法 広範囲医療への展開 9 緊急血液浄化法
    大河原晋, 浅野泰
    臨床看護 23(14) 2290-2296 1997年12月
  • 腎臓症候群 その他の腎臓疾患を含めて X. 維持透析患者にみられる病態 透析心
    大河原晋, 田部井薫, 浅野泰
    日本臨床 98-101 1997年07月
  • 日常臨床にみる水・電解質と酸塩基平衡 各種疾患にみられる水・電解質,酸塩基平衡異常 悪性腫よう
    大河原晋, 田部井薫
    Medicina 34(5) 821-823 1997年05月
  • 薬剤による水・電解質異常にどう対応するか [各論] 甘草による低カリウム血症
    大河原晋, 田部井薫
    臨床と薬物治療 15(9) 732-735 1996年09月
  • 敗血症性ショックに対する血中エンドトキシン吸着療法の臨床的有用性
    大河原 晋, 斎藤 幹郎, 鈴木 昌幸, 矢作 友保
    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 29(5) 403-410 1996年05月
  • 敗血症性ショックに対する血中エンドトキシン吸着療法の臨床的有用性
    大河原晋, 斎藤幹郎, 鈴木昌幸, 矢作友保
    日本透析医学会雑誌 29(5) 403-410 1996年05月
  • 大量の蛋白尿と体液貯留で発症し治療が奏功した成人型溶血性尿毒症症候群の一例
    大河原 晋, 斎藤 幹郎, 鈴木 昌幸, 今井 裕一
    The Japanese journal of nephrology = / 日本腎臓学会 [編集] 38(2) 98-102 1996年02月
  • 大量の蛋白尿と体液貯留で発症し治療が奏功した成人型溶血性尿毒症症候群の一例
    大河原晋, 斎藤幹郎, 鈴木昌幸, 今井裕一
    日本腎臓学会誌 38(2) 98-102 1996年02月
  • Clinical use of endotoxin removal columns in patients suffering from septic shock.
    大河原 晋, 斎藤 幹郎, 鈴木 昌幸, 矢作 友保
    日本透析医学会雑誌 29(5) 403-410 1996年
  • 当院におけるエンドトキシン吸着療法施行例の検討 : 日本アフェレシス学会第6回東北プラスマフェレーシス研究会
    大河原 晋, 斎藤 幹郎, 矢作 友保
    日本アフェレシス学会雑誌 14(4) 553-554 1995年12月
  • メシル酸ナファモスタットにより高カリウム血症をきたした2症例
    大河原 晋, 斎藤 幹郎, 矢作 友保, 田部井 薫, 浅野 泰
    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 28(9) 1269-1272 1995年09月
  • メシル酸ナファモスタットにより高カリウム血症をきたした2症例
    大河原晋, 斎藤幹郎, 矢作友保, 田部井薫, 浅野泰
    日本透析医学会雑誌 28(9) 1269-1272 1995年09月
  • 42)Palmaz-Schatz stentの初期成績(日本循環器学会第113回東北地方会)
    福井 昭男, 荒木 隆夫, 三浦 民夫, 後藤 敏和, 矢作 友保, 川島 祐彦, 阿部 茂, 五十嵐 秀樹, 大河 原晋, 菅原 重生, 斉藤 幹郎, 横山 紘一
    Japanese circulation journal 59(0) 1995年06月
  • 74)難治性心不全を呈した抗リン脂質抗体症候群の一例(日本循環器学会第113回東北地方会)
    五十嵐 秀樹, 大河 原晋, 荒木 隆夫, 三浦 民夫, 後藤 敏和, 矢作 友保, 川島 祐彦, 斎藤 幹郎, 横山 紘一
    Japanese circulation journal 59(0) 1995年06月
  • 当院救命救急センターにおける持続血液ろ過の現況
    高橋修一, 長谷部紀昭, 大河原晋, 矢作友保, 斎藤幹郎
    山形県立病院医学雑誌 29(1) 46-49 1995年01月
  • Two cases of nafamostat mesilate-induced hyperkalemia.
    大河原 晋, 斎藤 幹郎, 矢作 友保, 田部井 薫, 浅野 泰
    日本透析医学会雑誌 28(9) 1269-1272 1995年
  • 特集 透析患者の脳血管障害 リスクファクターと治療 IV 透析患者の脳血管障害の治療 (4) 慢性硬膜下血腫
    大河原晋, 斎藤幹郎
    臨床透析 10(9) 1397-1402 1994年07月
  • 血栓吸引療法が奏功した肺動脈血栓塞栓症の1例 : 日本循環器学会第106回東北地方会
    大河原 晋, 小澤 竹俊, 荒木 隆夫, 三浦 民夫, 後藤 敏和, 矢作 友保, 川島 祐彦, 阿部 茂, 五十嵐 秀樹, 小林 孝史, 斎藤 幹郎, 横山 紘一
    Japanese circulation journal 57(0) 1993年08月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.