研究者総覧

淺田 義和 (アサダ ヨシカズ)

  • 医学教育センター 准教授
Last Updated :2021/12/08

研究者情報

学位

  • 博士(工学)(東京大学)
  • 修士(教授システム学)(熊本大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 10582588

J-Global ID

プロフィール

  • -- 2020/04 to Now --


    日本ムードル協会の会長に就任いたしました。


     


    -- 2016/01 to Now --

    情報センターのIR部門に異動しました。eラーニングやeポートフォリオを用いての教育実践・改善という部分に重きを置きつつ、IR(Institutional Research)や学習分析といったところにも成果を残していければ、と日々の研究を進めています。


    -- 2010/04 to 2015/12 --

    自治医科大学のメディカルシミュレーションセンターで、学生、医師、看護師をはじめとした医療従事者に対し、マネキン等を使ったトレーニングの計画・運営、教育の向上、医療安全などをテーマに研究しています。元々が工学系の出身なので、医療知識も独学で少しずつ詰め込みながらの毎日です。

    BLS(Basic Life Support、心停止時の救急蘇生法の基礎)のインストラクター取得を目指す課程でインストラクショナルデザインに興味を持ち、熊本大学大学院の教授システム学専攻にて科目等履修生を経て修士課程(本科生)での学びを修了しました。

    現在はシミュレーション教育に加え、eラーニングやeポートフォリオを用いた教育の実践や改善サポートなどにも取り組んでいます。

    【プレゼン資料等のUP先】
    https://speakerdeck.com/yasada0819
    http://www.slideshare.net/yoshikazu


    【資格】


    Moodle Educator Certificate(2021年4月に認定)



    e-Learning マネージャー(eLC認定 e-Learning Professional)
    e-Learning エキスパート(eLC認定 e-Learning Professional)
    ラーニングデザイナー(eLC認定 e-Learning Professional)
    コンテンツクリエイター(eLC認定 e-Learning Professional)
    ※ 取得 2015年4月1日 - 2018年3月31日 まで
    ※ 更新 2018年4月1日 - 2021年3月31日 まで
    ※ 更新 2021年4月1日 - 2024年3月31日 まで

研究キーワード

  • Moodle   オンライン教育   eラーニング   インストラクショナルデザイン   教育工学   学習分析   脱出ゲーム   医学教育   シミュレーション医療教育   初年次教育   インスティテューショナル・リサーチ   

研究分野

  • 人文・社会 / 教育工学 / e-ラーニング
  • 人文・社会 / 教育工学
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学 / 医学教育

経歴

  • 2021年04月 - 現在  自治医科大学医学教育センター准教授
  • 2016年01月 - 2021年03月  自治医科大学情報センターIR部門講師
  • 2010年04月 - 2015年12月  自治医科大学メディカルシミュレーションセンター助教

学歴

  • 2014年04月 - 2015年03月   熊本大学大学院   社会文化科学研究科   教授システム学専攻(修士)
  • 2011年04月 - 2014年03月   熊本大学大学院   社会文化科学研究科 教授システム学専攻(科目履修)
  • 2007年04月 - 2010年03月   東京大学大学院   工学系研究科   システム量子工学専攻(博士)
  • 2005年04月 - 2007年03月   東京大学大学院   工学系研究科   システム量子工学専攻(修士)
  • 2001年04月 - 2005年03月   東京大学

所属学協会

  • 医療系eラーニング全国交流会   Association for Educational Communications & Technology   初年次教育学会   大学教育学会   Association for Institutional Research   Association for Talent Development   Association for Medical Education in Europe   学習分析学会   次世代医療教育研究会   日本シミュレーション医療教育学会   日本臨床救急医学会   日本救急看護学会   日本ムードル協会   日本救急医学会   Society for Simulation in Healthcare   日本医療教授システム学会   日本医学教育学会   日本医療マネジメント学会   日本教育工学会   日本教育メディア学会   教育システム情報学会   医療の質・安全学会   

研究活動情報

論文

  • Yasushi Matsuyama, Hitoaki Okazaki, Kazuhiko Kotani, Yoshikazu Asada, Shizukiyo Ishikawa, Adam Jon Lebowitz, Jimmie Leppink, Cees van der Vleuten
    The Asia Pacific Scholar 6 4 49 - 64 2021年10月 
    Introduction: Previous studies indicate that professional identity formation (PIF), the formation of a self-identity with the internalised values and norms of professionalism, may influence self-regulated learning (SRL). However, it remains unclear whether a PIF-oriented intervention can improve SRL in clinical education. The aim of this study was to explore whether a PIF-oriented mentoring platform improves SRL in a clinical clerkship. Methods: A mixed-methods study was conducted. Forty-one students in a community-based clinical clerkship (CBCC) used a PIF-oriented mentoring platform. They articulated the values and norms of professionalism in a professional identity essay, elaborated on future professional self-image, and reflected on their current compared to future selves. They made a study plan while referring to PIF-based self-reflection and completed it. The control group of 41 students completed CBCC without the PIF-oriented mentoring platform. Changes in SRL between the two groups were quantitatively compared using the Motivated Strategies for Learning Questionnaire. We explore how PIF elements in the platform affected SRL by qualitative analysis of questionnaire and interview data. Results: A moderate improvement in intrinsic goal orientation (p = 0.005, ε2 = 0.096) and a mild improvement in critical thinking (p = 0.041, ε2 = 0.051) were observed in the PIF-oriented platform group. Qualitative analysis revealed that the PIF-oriented platform fostered professional responsibility as a key to expanding learning goals. Gaining authentic knowledge professionally fostered critical thinking, and students began to elaborate knowledge in line with professional task processes. Conclusion: A PIF-oriented mentoring platform helped students improve SRL during a clinical clerkship.
  • 淺田 義和, 山本 真一, 澤山 渚, 田村 大輔
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 9 42 - 46 2021年08月 [査読有り][招待有り]
  • 外科系医師はどのようにして医学教育のキャリアを形成していくのか? シミュレーション教育未経験の外科医が始める医学教育のキャリア形成
    川平 洋, 遠藤 和洋, 鈴木 義彦, 前田 佳孝, 兼田 裕司, 淺田 義和, アラン・レフォー, 佐田 尚宏
    医学教育 52 Suppl. 40 - 40 (一社)日本医学教育学会 2021年07月
  • Yoshikazu Asada, Hitoaki Okazaki, Naohiro Sata, Hiroshi Kawahira, Shinichi Yamamoto, Yasushi Matsuyama
    International Journal of Institutional Research and Management 5 1 30 - 44 2021年06月 [査読有り][通常論文]
  • IR活動の失敗と成功の共有 第『2.5』回医療系IRミーティング
    恒川 幸司, 中村 真理子, 岡田 聡志, 淺田 義和, 菰田 孝行, 唐牛 祐輔
    新しい医学教育の流れ 20 3 S170 - S180 岐阜大学医学教育開発研究センター 2021年01月
  • Yasushi Matsuyama, Motoyuki Nakaya, Jimmie Leppink, Cees van der Vleuten, Yoshikazu Asada, Adam Jon Lebowitz, Teppei Sasahara, Yu Yamamoto, Masami Matsumura, Akira Gomi, Shizukiyo Ishikawa, Hitoaki Okazaki
    BMC Medical Education 21 1 2021年 [査読有り][通常論文]
     
    Abstract Background Developing self-regulated learning in preclinical settings is important for future lifelong learning. Previous studies indicate professional identity formation, i.e., formation of self-identity with internalized values and norms of professionalism, might promote self-regulated learning. We designed a professional identity formation-oriented reflection and learning plan format, then tested effectiveness on raising self-regulated learning in a preclinical year curriculum. Methods A randomized controlled crossover trial was conducted using 112 students at Jichi Medical University. In six one-day problem-based learning sessions in a 7-month pre-clinical year curriculum, Groups A (n = 56, female 18, mean age 21.5y ± 0.7) and B (n = 56, female 11, mean age 21.7y ± 1.0) experienced professional identity formation-oriented format: Group A had three sessions with the intervention format in the first half, B in the second half. Between-group identity stages and self-regulated learning levels were compared using professional identity essays and the Motivated Strategies for Learning Questionnaire. Results Two-level regression analyses showed no improvement in questionnaire categories but moderate improvement of professional identity stages over time (R2 = 0.069), regardless of timing of intervention. Conclusions Professional identity moderately forms during the pre-clinical year curriculum. However, neither identity nor self-regulated learning is raised significantly by limited intervention.
  • Yoshitaka Maeda, Yoshikazu Asada, Yoshihiko Suzuki, Akihiro Watanabe, Satoshi Suzuki, Hiroshi Kawahira
    The Asia Pacific Scholar 6 2 78 - 87 2021年 [査読有り][通常論文]
     
    Introduction: Students in the early years of medical school should learn clinical site risk assessment skills. However, the effect of this training on clinically inexperienced students is not clear, and it is difficult for students to predict risks from a wide range of perspectives. This study aims to develop and implement three patterns of safety walk rounds (SWR) in a class of students with no clinical experience. Methods: Three types of SWR were conducted: (A) 37 students observed a familiar classroom and predicted safety risks; (B) 39 students created a profile of a fictitious student in advance and then used Type A parameters; (C) 100 students participated. First, Type A was conducted as a practice. Next, students observed a hospital and predicted risks. All participants in Types A to C had no clinical experience. We classified all risks into perception, comprehension, and action. Results: For each safety walk-round, there were two types of risk prediction. In Type A, risks such as perception and comprehension were more than 80%. In Types B and C, action risks were 60%. Students had little experience in observing facilities and none at finding safety risks. Conclusion: Each method had a different risk prediction tendency. Combining the methods could enable students to acquire comprehensive skills in assessing hidden environmental patient safety risks.
  • 脱出ゲームにシミュレーションを組み合わせた、初年次教育の新たな試み
    淺田 義和, 前田 佳孝, 鈴木 義彦, 川平 洋, 菊地 元史
    医学教育 51 6 685 - 689 2020年12月 [査読有り][通常論文]
  • Yoshikazu Asada, Machiko Saeki Yagi
    International Journal of Institutional Research and Management 4 2 30 - 43 2020年12月 [査読有り][通常論文]
  • 遠隔診療と遠隔教育 学習管理・ウェブ会議システム併用による遠隔型外科臨床実習の実施報告
    川平 洋, 前田 佳孝, 淺田 義和, 鈴木 義彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本コンピュータ外科学会誌 22 4 269 - 269 (一社)日本コンピュータ外科学会 2020年11月
  • 医学生対象内視鏡外科手術トレーニングの報告と縫合結紮手技解析の初回報告
    川平 洋, 前田 佳孝, 松本 志郎, 鈴木 義彦, 淺田 義和, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP - 7 (一社)日本外科学会 2020年08月
  • 鈴木 義彦, 前田 佳孝, 宮道 亮輔, 淺田 義和, 川平 洋, 松村 正巳
    医学教育 51 Suppl. 101 - 101 (一社)日本医学教育学会 2020年07月
  • 宮道 亮輔, 淺田 義和, 鈴木 義彦, 前田 佳孝, 川平 洋
    医学教育 51 Suppl. 168 - 168 (一社)日本医学教育学会 2020年07月
  • 八木 街子, 鈴木 美津枝, 都竹 茂樹, 村上 礼子, 淺田 義和, 中野 裕司
    医学教育 51 Suppl. 231 - 231 (一社)日本医学教育学会 2020年07月
  • 鈴木 真紀, 松山 泰, 淺田 義和, 三重野 牧子, 川平 洋, 武藤 弘行, 石川 鎮清, 岡崎 仁昭
    医学教育 51 Suppl. 215 - 215 (一社)日本医学教育学会 2020年07月
  • 淺田 義和, 岡崎 仁昭, 佐田 尚宏, 川平 洋, 山本 真一, 松山 泰
    医学教育 51 Suppl. 170 - 170 (一社)日本医学教育学会 2020年07月
  • 集合研修の代替として急遽企画実施したMoodle版シミュレーション実習の満足度と有用性の検討
    鈴木 義彦, 前田 佳孝, 宮道 亮輔, 淺田 義和, 川平 洋, 松村 正巳
    医学教育 51 Suppl. 101 - 101 (一社)日本医学教育学会 2020年07月
  • バーチャル患者シミュレータ「Body Interact」の有用性の検証
    宮道 亮輔, 淺田 義和, 鈴木 義彦, 前田 佳孝, 川平 洋
    医学教育 51 Suppl. 168 - 168 (一社)日本医学教育学会 2020年07月
  • 新医師臨床研修制度に準拠したMoodleベースの臨床教育評価システム検討
    淺田 義和, 岡崎 仁昭, 佐田 尚宏, 川平 洋, 山本 真一, 松山 泰
    医学教育 51 Suppl. 170 - 170 (一社)日本医学教育学会 2020年07月
  • 自治医大マルチメディア形式総合判定試験の11年の解析 医療面接・臨床推論連問の導入
    鈴木 真紀, 松山 泰, 淺田 義和, 三重野 牧子, 川平 洋, 武藤 弘行, 石川 鎮清, 岡崎 仁昭
    医学教育 51 Suppl. 215 - 215 (一社)日本医学教育学会 2020年07月
  • 日本における Moodle LMS 教育コンテンツ評価用ルーブリックの開発
    メドウズ マーティン, ヒンクルマン ダン, 淺田 義和, コッター マシュー, カーシマイヤー ブランデン
    日本ムードル協会全国大会(2020) 発表論文集 23 - 32 2020年07月 [査読無し][通常論文]
  • 原島秀人, 淺田義和, ローソン トム
    日本ムードル協会全国大会(2020) 発表論文集 33 - 37 2020年07月 [査読無し][通常論文]
  • MAJ Online MOOT 2020の経験を踏まえた日本医学教育学会大会への提言
    淺田 義和, アダム ジェンキンス, ダン ヒンクルマン, エルトン ラクレア, エリック ハグリー, 原島 秀人, ジェイソン ホロウェル, トム ローソン, 斉藤 準, ゴードン ベイトソン, マーティン メドウズ, 松木 孝幸
    医学教育 51 3 354 - 355 2020年06月 [査読有り][通常論文]
  • Post COVID-19時代の医療者教育における新たな再考テーマ : 医療者教育学修士課程の実践から
    西城 卓也, 今福 輪太郎, 恒川 幸司, 淺田 義和
    医学教育 51 3 351 - 353 2020年06月 [査読有り][通常論文]
  • 自治医科大学における学生寮教育と今回の新型コロナウイルス感染症対策 : 全寮制下での対応と課題
    中村 好一, 板井 美浩, 牧野 伸子, 佐藤 正章, 長嶋 茂雄, 石川 由紀子, 黒岩 憲二, 笹原 鉄平, 野田 泰子, 松村 正巳, 石川 鎮清, 小川 真規, 山邉 昭則, 淺田 義和
    医学教育 51 3 306 - 307 2020年06月 [査読有り][通常論文]
  • 47都道府県と自治医科大学とをつなぐ遠隔教育のためのMoodle環境構築
    淺田 義和, 遠藤 仁司, 菊地 元史, 野田 泰子, 石川 鎮清, 松山 泰, 岡崎 仁昭, 松村 正巳
    医学教育 51 3 236 - 237 2020年06月 [査読有り][通常論文]
  • 医学生臨床実習, Pre-, Post-CC OSCEの代替コンテンツ――河北班からの提案―
    松山 泰, 岡崎 仁昭, 淺田 義和, 栗原 博之, 上田 茂, 伴 信太郎, 河北 博文, 門田 守人
    医学教育 51 3 216 - 218 2020年06月 [査読有り][通常論文]
  • Yoshikazu Asada
    International Journal of Institutional Research and Management 4 1 1 - 16 2020年05月 [査読有り][通常論文]
  • Proposal for What-If Kiken-Yochi Training (Risk Prediction Training) Patient Safety Education Design
    Yoshitaka Maeda, Yoshikazu Asada, Yoshihiko Suzuki, Hiroshi Kawahira
    The Asia Pacific Scholar 5 1 61 - 69 2020年01月 [査読有り][通常論文]
  • 村岡 千種, 淺田 義和
    日本教育工学会論文誌 44 suppl 65 - 68 日本教育工学会 2020年 [査読有り][通常論文]
     

    脱出ゲーム(Escape Room, 以下ER)は,1人ないしはグループで,制限時間内に与えられた「謎」を解き,最終的なゴールを目指すゲームである.近年,教育における活用事例も増えている.中でも医療教育に焦点を当てた場合のER 活用の特徴や課題はどのようなものか.本研究では,ER の医療教育への活用に関する文献を,対象者や内容,学習目標や評価方法に着目してレビューした.この結果,医療シミュレーションを導入して知識・技能・態度を統合的に学習可能としたり,QR コードなどのICT を活用してER を運営したりするなどの特徴があった.一方,課題として,設計・運用にかかる諸コストのほか,教材として用いる際の学習目標や評価方法の設定などが挙げられた.医療教育に活用できるER を開発するに際は,こうした課題を解決していく必要がある.

  • 医学部一年生における早期体験実習と医療安全教育のコラボレーション
    前田 佳孝, 淺田 義和, 鈴木 義彦, 川平 洋
    医療の質・安全学会誌 14 Suppl. 507 - 507 (一社)医療の質・安全学会 2019年11月
  • Yoshikazu Asada
    International Journal of Institutional Research and Management 3 2 1 - 18 2019年11月 [査読有り][通常論文]
  • 日本の医学生における自己学習目的の医療用シミュレータの使用状況
    八木(佐伯)街子, 松山泰, 淺田義和, 廣江貴則, 鈴木義彦
    医学教育 50 5 495 - 499 2019年10月 [査読有り][通常論文]
  • シミュレーションセンターにおける予約管理システムの設計および運用報告
    淺田 義和, 前田 佳孝, 鈴木 義彦, 川平 洋
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 7 110 - 110 日本シミュレーション医療教育学会 2019年08月
  • シミュレーションセンターにおける予約・学習管理システムの展望:「管理者のため」から「学習者のため」のシステムへ
    淺田 義和, 前田 佳孝, 鈴木 義彦, 川平 洋
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 7 1 68 - 71 日本シミュレーション医療教育学会 2019年08月 [査読有り][通常論文]
     
    従来、シミュレーションセンターにおける予約管理システムは管理者や教育者の支援としての位置づけが強く、(1)実施日時(2)学習者(3)教育者(4)利用シミュレータ(5)実施した手技といった要素を記録することに重きがおかれていた。こうした活用に加え、学習管理の側面をもたせることも検討可能である。この場合、Moodle等の学習管理システムで取得されることも多い(6)学習時の到達目標、ゴール(7)実際の到達度合い(8)学習を通じて得られた省察といった要素も必要となる。こうした予約・学習管理システムは、次世代の医療シミュレーション教育を実施していくうえでも、学習者と教育者、双方にとって有用となる。(著者抄録)
  • シミュレーションセンターの予約管理システムの開発と導入による短期的影響
    前田 佳孝, 淺田 義和, 鈴木 義彦, 久野 文人, 川平 洋
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 7 1 41 - 46 日本シミュレーション医療教育学会 2019年08月 [査読有り][通常論文]
     
    自治医科大学メディカルシミュレーションセンター(以下、当SC)は年1万人以上が利用しており、予約管理を効果的・効率的に行えていないことが課題であった。また、利用者が手軽に予約できる仕組みを構築することも求められていた。そこで、当SCではオンライン予約管理システムを開発し、2018年4月より導入した。本邦の多くのシミュレーションセンター(以下、SC)においても、利用者数増加に伴い同様の課題を抱える傾向にあるが、システムの効果に言及した報告は少なく、多くのSCにとって導入のための効果判断の情報が少ない。そこで本稿では予約管理システムの導入から半年間の当SC利用者の利用形態を分析し、その短期的影響について報告する。(著者抄録)
  • 医学部生からレジデントまでを対象とした内視鏡外科手術トレーニングの初回報告
    川平 洋, 前田 佳孝, 鈴木 義彦, 淺田 義和, 遠藤 和洋, 山本 真一, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 74回 P287 - 3 (一社)日本消化器外科学会 2019年07月
  • Investigation of the Current Situation of Medical Education in Japan Based on the Results of Accreditation Based on Global Standards
    Yoshikazu Asada
    IIAI-AAI 2019 Proceedings 342 - 346 2019年07月 [査読有り][通常論文]
  • 委員会報告:将来構想若手ワーキング コミュニティ形成を支援するためのICT活用
    淺田 義和
    医学教育 50 1 33 - 40 2019年02月 [査読有り][招待有り]
  • 川平 洋, レフォー アラン, 佐田 尚宏, 中村 亮一, 前田 佳孝, 鈴木 義彦, 浅田 義和, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永
    生体医工学 57 S200_1 - S200_1 公益社団法人 日本生体医工学会 2019年 

    昨今の内視鏡外科手術の普及に伴い、シミュレーション教育や手術トレーニング環境の整備が進んだ。特に内視鏡外科手術では、外科医は体腔内臓器をモニタ画像情報で判断し、手術を行う。特に執刀医、助手すべてが同じ術野を共有することから、オンサイトでのトレーニングが可能である。手術映像を記録可能なことから、繰り返し再生によるオフサイトトレーニングも広く行われている。実際の手術を想定したオフサイトでのタスクトレーニングは、最善の手術を完遂する上で重要である。開腹手術に比較し多様な機材を使用する内視鏡外科手術では、高忠実度(Hi-Fi)臓器モデルによる手術トレーニングも行われている。Hi-Fiモデルでは、より実践に近い感覚でトレーニングを行うことが可能と考えられる。このような臓器モデルはシリコン樹脂やPVAなどの石油原料由来の臓器モデルが主である。ところがトレーニングモデルにおいても廃棄物の問題は重要であり、マンナンなどの植物由来原料を用いたタスクトレーニングモデルも開発されている。継続してトレーニングが必要な手術教育においては、コストを含めた持続可能なトレーニング環境の整備が必須である。

  • 看護教育におけるeポートフォリオの活用の実態
    八木(佐伯)街子, 鈴木美津枝, 淺田義和, 村上礼子
    自治医科大学看護学ジャーナル 17 33 - 38 2019年 [査読有り][通常論文]
  • 淺田 義和
    医学のあゆみ 267 8 623 - 628 医歯薬出版 2018年11月 [査読有り][招待有り]
  • 淺田 義和, 板井 美浩, 松山 泰
    医学教育 = Medical education (Japan) 49 5 461 - 465 日本医学教育学会 ; 1970- 2018年10月 [査読有り][通常論文]
  • Trends of Institutional Research in Japanese Medical Education: A case study of Jichi Medical University
    Yoshikazu Asada
    IIAI-AAI 2018 Proceedings 490 - 492 2018年 [査読有り][通常論文]
  • 淺田 義和
    日本臨床麻酔学会誌 38 1 88 - 92 日本臨床麻酔学会 2018年01月 [査読有り][招待有り]
     
    本論文ではTechnology Enhanced Learningという観点と医学シミュレーション教育との関連性、および医学シミュレーション教育を「評価」する際の理論について整理する。学生や医療者などの成人学習者を対象とした教育においては学習目標・評価方法・教育内容といった要素を考慮した教育設計が求められる。シミュレーション教育であれば、教育内容に関しては何らかのTechnology(シミュレータ、eラーニングなど)が活用されるが、その導入にあたっては学習目標や評価方法との関連性を考慮する必要がある。また、質の高い教育を目指すにあたっては、形成的評価と総括的評価、二つの異なる視点での学習者評価(assessment)に加え、教育全体の質評価(evaluation)という視点も考慮する必要がある。(著者抄録)
  • 淺田 義和, 八木(佐伯) 街子
    日本教育工学会論文誌 42 suppl 121 - 124 日本教育工学会 2018年 [査読有り][通常論文]
     
    <p>Moodle は学習履歴として様々なデータを記録・保持している.しかし,学習分析や教学IR といった観点から記録したログを利用しようとする場合,その抽出にあたっての機能はやや不十分であるといえる.今回,Moodle のプラグインの1つであるConfigurable Reports を用い,目的に応じてデータベースより直接情報を抽出することを試みた.この結果,フォーラム上での投稿傾向やMoodle そのものの活用状況などを抽出することができた.データ抽出時の負荷などを考慮すると抽出用のSQL には改善の余地が残されているが,これらは学習者支援あるいはFacultyDevelopment の検討を行うための基盤データとして利用可能と考えられる.</p><p></p>
  • 意見 学会大会におけるモバイルアプリの必要性 Guidebookアプリ利用に関する一考察
    淺田 義和
    医学教育 48 5 326 - 327 (一社)日本医学教育学会 2017年10月 [査読有り][通常論文]
     
    医学教育学会大会における参加者の利便性を高める方法の一つとして、学会大会に関するモバイルアプリの配信が考えられる。アプリを通じて大会プログラムや抄録の情報を配信することができれば、参加者は最新情報を得やすくなり、かつ重たい冊子を持ち歩かずとも学会に参加することが可能となる。欧州医学教育学会(AMEE)でも利用されているGuidebookなどを活用すれば、安価でかつ容易に大会用アプリを作成できる。導入にあたっては費用の発生など課題もあるが、学会員全体へもたらされる利益を考えれば十分に検討する価値のあるものと考える。(著者抄録)
  • ICTを活用した「演習」から「シミュレーション実習」へ繋ぐ企画の評価
    鈴木 美津枝, 村上 礼子, 八木 街子, 伯, 三科 志穂, 淺田 義和, 関山 友子, 江角 伸吾
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 5 30 - 34 日本シミュレーション医療教育学会 2017年08月 [査読有り][通常論文]
     
    平成27年10月1日より、特定行為に係る看護師の研修制度が施行され、指定研修機関として研修が開始した。研修の共通科目に実践的理解力、思考力、判断力、高度な専門的知識と技能を向上のために特定行為基礎実習Iがある。本研究はICTを活用した遠隔教育による「演習」と集合研修の「シミュレーション実習」の企画の評価と今後の示唆を得ることを目的とした。結果、ARCSモデルの注意、関連性、満足感は肯定的評価を得ており、遠隔教育による演習から集合研修のシミュレーション実習へ繋ぐ企画の効果はあった。自信の否定的評価から、今後の実習目的や目標の説明方法や実践指導における指導者の関わり方について改善点の示唆を得た。(著者抄録)
  • 医療シミュレーション教育におけるインストラクショナルデザインの必要性
    米島 博司, 淺田 義和
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 4 94 - 104 日本シミュレーション医療教育学会 2016年06月 [査読有り][招待有り]
     
    2015年6月27日に開催された第3回日本シミュレーション医療教育学会学術大会において、「医療シミュレーション教育におけるインストラクショナルデザインの必要性」と題した基調講演が行われた。本論文は基調講演を元に、解説を加えた論文である。人間の生命にとってリスクが高い医療実務遂行能力を高めるためのシミュレーション教育を設計・デザインする上で、インストラクショナルシステムズデザインが重要であること、またシミュレーション教育をデザインする上での留意点について考察する。また、インストラクショナルシステムズデザインを行ううえで前半のステップである分析(修了後、何ができるようになったらいいのか?というタスク分析や課題分析の視点)、設計(そのためにはどんなスキル群がどのような階層構造になっているのか?という最適な学習経路の分析に関する視点)、開発(各学習単位の構造デザインと学習手段の選択、および学習単位ごとの評価方法デザイン)について、具体例を交えた解説を加える。(著者抄録)
  • 村上 礼子, 中村 美鈴, 川上 勝, 関山 友子, 飯塚 由美子, 樅山 定美, 渡邉 美智子, 河野 龍太郎, 鈴木 義彦, 淺田 義和
    自治医科大学看護学ジャーナル 13 31  自治医科大学看護学部 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • インストラクショナルデザインを用いた大規模災害訓練の改善検討
    梅野 晶子, 淺田 義和
    日本職業・災害医学会会誌 63 6 378 - 384 (一社)日本職業・災害医学会 2015年11月 [査読有り][通常論文]
     
    【背景と目的】大規模災害訓練に関してインストラクショナルデザイン(以下ID)を用いて現状の課題を分析し、次回に向けた改善点を検討する。【方法】IDとは学習目標、教育内容、評価方法の観点から授業や研修などを分析し、教育の効果、効率、魅力を高めるための方法論である。今後よりよい災害訓練を提供するため、これまでの内容を分析した。今回は(1)研修の学習目標(出口)(2)受講者の設定(入口)(3)学習意欲(4)研修全体の構成の4つの視点で分析した結果を報告する。【結果】(1)出口:災害のフェーズごとにタスク分析を実施した。結果、学習目標(出口)を災害時に必要な知識・技能・態度に関して、訓練を通じて体験し、理解を深めるとした。(2)入口:部署ごとに決まった人数が参加という外的要因が働くため、前提条件をそろえることが困難なことが明らかになった。(3)学習意欲:ARCSモデルを用い、学習意欲についての分析・検討を実施した。結果、A(注意):更なるリアリティの追及、R(関連性):日常の診療や看護に活かせることを伝える、C(自信):フィードバックの工夫、S(満足):災害を模擬体験できてよかったと思える工夫の必要性が明らかになった。(4)研修全体の構成:ガニェの9教授事象を用いて、研修構成を分析・検討を実施した。共通の目標や評価表の提示や実施後のフィードバックの工夫の必要性が明らかになった。【考察と結論】災害のフェーズごとに目標行動の違いがあり、それに基づいた評価表の作成が必要と考える。目標行動をアクションカードに反映することで、より実践的になると考える。前提条件のばらつきを明らかにするため、全職員に災害に対する知識、災害マニュアルの周知度を調査するアンケートを実施する必要性を考えた。訓練実施後に意識の変化、知識の習得度の調査を盛り込んだアンケートの作成が必要と考える。(著者抄録)
  • 門川 俊明, ラウール・ブルーヘルマンス, 淺田 義和, 平形 道人
    医学教育 46 5 443 - 446 (一社)日本医学教育学会 2015年10月 [査読有り][通常論文]
     
    背景:eポートフォリオ(ePF)の医学教育での重要性が高まっている。方法:全国医学部の医学教育ユニットに調査を依頼し、webフォームで回答を得た。結果:回答のあった70大学のうち、ポートフォリオ導入は紙媒体が16、電子媒体が14、両者が8、未導入が32大学であった。Mahara、manaba folio、WebClassが多く、臨床実習などで導入されていた。ePFは、タイミングのよいフィードバックができ、データの保存性がよい。一方で、教員や管理者の負担、インフラ整備などの問題がある。医学教育に適したePFシステムがない。考察:医学教育で共通して使えるePF環境を構築することが望まれる。(著者抄録)
  • 新人看護師向け多重課題シミュレーション研修の課題と改善点 インストラクショナル・デザインによる改善
    淺田 義和, 鈴木 義彦, 井上 和子
    医療職の能力開発 3 2 61 - 68 日本医療教授システム学会 2015年07月 [査読有り][通常論文]
     
    【背景と目的】自治医科大学附属病院の看護部では、新人看護師を対象とした多重課題シミュレーション研修を行っている。本研修は2010年度より実施し、毎年改善を重ねている。しかし、2012年度の研修ではチェックリストによる学習成果の評価が低く、研修の見直しと改善が必要とされていた。そこで、2013年度に向け、インストラクショナル・デザインの知見を用いてカリキュラムの見直しと改善を行った。【方法】2012年度の実施方法及び結果について、学習目標や受講者要件など、インストラクショナル・デザインを用いてその妥当性を評価した。また、分析結果を基に、2013年度への課題及び改善案に関する整理を行った。さらに、JSISHでのISD/Research事例研究会を通じ、教授システム学の専門的知見からの意見も取り入れた。【結果】インストラクショナル・デザインによる分析から、学習目標と実施内容との乖離、受講者用件を設定していないことによる学習者レベルの不揃い、練習回数の少なさ、デブリーフィング方法の差異による不十分な省察などが課題としてみられた。これらの結果として、カークパトリックの4段階評価におけるレベル2が未達成となっていた。【考察と結論】学習目標の見直しとともに、事前学習課題を提示することによる学習者の知識レベル統一をはかることが対策として挙げられる。さらに、デブリーフィング方法およびインストラクターを統一し、省察による学習効果を向上させることも検討している。(著者抄録)
  • 創傷処理実習教材としての手羽先
    鈴木 義彦, 淺田 義和, 長谷川 剛, 河野 龍太郎
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 3 50 - 53 日本シミュレーション医療教育学会 2015年06月 [査読有り][通常論文]
  • 机上シミュレーションを題材としたファシリテーション研修の設計とその有用性
    淺田 義和, 安井 清孝
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 3 12 - 16 日本シミュレーション医療教育学会 2015年06月 [査読有り][通常論文]
     
    シミュレーションやPBLをはじめとするアクティブラーニングにおいては、インストラクターによる全体の進行をはじめとしたファシリテーションが重要な意味をもつ。今回、机上シミュレーションを題材としてファシリテーションスキルを身につけるための研修を設計・開発し、その試験運用を行い、学習者からのアンケート(7段階評価および自由記述)を利用した有用性の検討を行った。13人の参加者中12人からアンケートの回収が得られ、ファシリテーションスキルの有用性や研修そのものの満足度については高い評価が得られた。一方、学習者の自信を向上させるために、演習時間を増加するなどの研修改善の必要性も明らかとなった。(著者抄録)
  • 村上 礼子, 中村 美鈴, 里光 やよい, 川上 勝, 小林 京子, 柴山 真里, 井上 和子, 河野 龍太郎, 鈴木 義彦, 淺田 義和
    自治医科大学看護学ジャーナル 12 47 - 47 自治医科大学看護学部 2015年03月 [査読有り][通常論文]
  • First Year Experience Class for Medical University Students Using Simulator
    Yoshikazu Asada, Yoshihiko Suzuki
    Simulation in Healthcare 10 6 446 - 446 2015年 [査読有り][通常論文]
  • 高機能シミュレータを用いた鑑別診断を考えながら行う身体診察の卒前教育
    山本 祐, 淺田 義和, 上田 祐樹, 田中 裕一郎, 松村 正巳
    医学教育 45 Suppl. 89 - 89 (一社)日本医学教育学会 2014年07月
  • JSISH版「デブリーフィングオリンピック」企画の意図と展開および今後の課題
    淺田 義和
    医療職の能力開発 3 1 35 - 40 2014年07月 [査読有り][通常論文]
  • シミュレーション医療教育における反転授業形式の活用
    淺田 義和
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 2 57 - 59 2014年06月 [査読有り][通常論文]
  • 高山 詩穂, 本田 芳香, 塚原 節子, 里光 やよい, 宇城 令, 熊谷 祐子, 滝 恵津, 湯山 美杉, 福田 順子, 大澤 弘子, 淺田 義和
    自治医科大学看護学ジャーナル 11 89 - 89 自治医科大学看護学部 2014年03月
  • 川上 勝, 中村 美鈴, 里光 やよい, 村上 礼子, 熊谷 祐子, 小林 京子, 荒木 智絵, 滝 恵津, 井上 和子, 小谷 妙子, 河野 龍太郎, 淺田 義和, 鈴木 義彦, 早瀬 行治
    自治医科大学看護学ジャーナル 11 98 - 98 自治医科大学看護学部 2014年03月 [査読有り][通常論文]
  • 淺田義和, 鈴木義彦, 長谷川剛, 河野龍太郎
    教育システム情報学会誌 31 1 81 - 86 2014年01月 [査読有り][通常論文]
  • 川上 勝, 中村 美鈴, 佐藤 信枝, 村上 礼子, 宇城 令, 長井 栄子, 段ノ上 秀雄, 河野 龍太郎, 淺田 義和, 早瀬 行治
    自治医科大学看護学ジャーナル 10 108 - 108 自治医科大学看護学部 2013年03月 [査読有り][通常論文]
  • ワールドカフェおよびmoodleを利用した医療倫理教育の実践と運用上の課題
    淺田義和, 鈴木義彦, 長谷川剛, 渥美一弥
    自治医科大学紀要 36 71 - 78 2013年 [査読有り][通常論文]
  • 医学部学生に対するワールドカフェ授業の評価と今後の課題
    淺田義和, 鈴木義彦, 長谷川剛, 岡崎仁昭
    日本教育工学会論文誌 36 Suppl 33 - 36 2012年12月 [査読有り][通常論文]
  • 看護学部4年生に対するチーム医療教育としてのワールドカフェ活用 実践報告および今後の課題
    淺田 義和, 鈴木 義彦, 村上 礼子, 中村 美鈴, 荒木 智絵, 北村 露輝, 松浦 利江子, 段ノ上 秀雄, 小原 泉
    日本救急看護学会雑誌 14 3 166 - 166 (一社)日本救急看護学会 2012年10月 [査読有り][通常論文]
  • 淺田義和, 野沢博子, 鈴木義彦, 阿野正樹, 谷島雅子, 小畑美加子, 茂呂悦子, 長谷川剛, 青木太郎
    医療の質・安全学会誌 7 Supplement 279  2012年10月 [査読有り][通常論文]
     
    (査読有り)
  • 医学教育系学会の新たな在り方に対する一考察〜SimHealth2011および日本教育工学会第27回全国大会に参加して〜
    淺田 義和
    Journal of Japanese Association of Simulation for Medical Education 5 1 17 - 21 2012年07月 [査読有り][通常論文]
  • 新人看護師に対する多重課題シミュレーション研修の実践報告と今後の課題〜学習者の満足度と自信の調査に基づく提案〜
    淺田義和, 天谷恵美子, 福田順子, 鈴木伸之, 鈴木義彦, 河野龍太郎
    Journal of Japanese Association of Simulation for Medical Education 5 1 30 - 35 2012年07月 [査読有り][通常論文]
  • 高校生医師体験セミナーにおけるシミュレーション体験とその評価
    鈴木義彦, 淺田義和, 長谷川剛, 久野文人, 河野龍太郎
    Journal of Japanese Association of Simulation for Medical Education 5 1 40 - 44 2012年07月 [査読有り][通常論文]
  • 淺田義和, 早瀬行治, 鈴木義彦, 長谷川剛, 河野龍太郎
    自治医科大学紀要 34 57-65  2012年03月 [査読有り][通常論文]
  • 淺田義和, 早瀬行治, 鈴木義彦, 長谷川剛, 河野龍太郎
    J Jpn Assoc Simul Med Educ 4 32 - 36 2011年05月 [査読有り][通常論文]

書籍

  • 臨床力を鍛えるシミュレーション教育
    鈴木俊哉 (担当:分担執筆範囲:Technology-enhanced simulation(TES))
    医歯薬出版株式会社 2020年06月
  • A.W. (Tony) Bates(著), 神谷健一(監訳), ダグ・ストラーブル(監訳), 吉永一行, 藤永史尚, 淺田義和, 木村修平, 山内真理, 岡本清美, 長岡千香子, 喜多 敏博, 平岡斉士, 大澤真也, 平野貴美枝 (担当:共訳)
    Pressbooks 2020年03月 653 135-186 
    ・Teaching in a Digital Age by A.W. (Tony) Batesの翻訳 ・底本は https://opentextbc.ca/teachinginadigitalage/ で閲覧可能
  • 日本医学教育学会学会広報, 情報基盤委員会 (担当:分担執筆範囲:アクティブ・ラーニング)
    篠原出版新社 2018年08月 ISBN: 4884125118 404
  • 高橋 優三 (担当:分担執筆範囲:医療・医学教育におけるタブレットの活用の実例)
    篠原出版新社 2016年10月 ISBN: 4884123921 219
  • 永井良三, 自治医大総合教育 (担当:分担執筆範囲:教育 医療者を目指すにあたっての「教育」再考)
    西村書店 2016年06月 ISBN: 4890134646 354
  • 佐々木 正悟, 淺田 義和 (担当:共著)
    技術評論社 2013年03月 ISBN: 4774156019 272

講演・口頭発表等

  • 村上礼子, 八木街子, 鈴木美津技, 川上勝, 淺田義和
    日本ルーラルナーシング学会第16回学術集会 2021年09月 口頭発表(一般) 
    P44
  • Yoshikazu Asada, Hitoaki Okazaki, Naohiro Sata, Hiroshi Kawahira, Shinichi Yamamoto, Yasushi Matsuyama
    AMEE 2021 2021年08月 ポスター発表
  • Preceptor Training on Writing Readable and Accurate Incident Reports  [通常講演]
    Yoshitaka Maeda, Yoshihiko Suzuki, Yoshikazu Asada, Hiroshi Kawahira, Shinichi Yamamoto, Masahisa Shimpo
    AMEE 2021 2021年08月 ポスター発表
  • シミュレーション教育未経験の外科医が始める医学教育のキャリア形成  [通常講演]
    川平洋,遠藤和洋,鈴木義彦,前田佳孝,兼田裕司,淺田義和,レフォーアラン,佐田尚宏
    第53回日本医学教育学会大会 2021年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 次世代のシミュレーション医療教育に求められるものとは:日本医療教授システム学会での活動を踏まえて  [通常講演]
    淺田義和
    第53回日本医学教育学会大会 2021年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • ニッポンの医学教育部門:組織的コンフィギュレーションの視点から  [通常講演]
    西城卓也,清水郁夫,淺田義和,恒川幸司,早川佳穂,川上ちひろ,今福輪太郎,松山泰
    第53回日本医学教育学会大会 2021年07月 口頭発表(一般)
  • フルオンライン開催による医学教育専門家制度履修コースの分析  [通常講演]
    松山泰,田川まさみ,高村昭輝,西屋克己,淺田義和,村岡千種,伊藤彰一,守屋利佳,清水郁夫,鈴木康之,藤崎和彦
    第53回日本医学教育学会大会 2021年07月 口頭発表(一般)
  • COVID-19対応としてのMoodleを用いた教育支援の報告  [通常講演]
    淺田義和,松山泰,松村正巳,岡崎仁昭
    第53回日本医学教育学会大会 2021年07月 口頭発表(一般)
  • 医学部1年生に対するインシデントレポート記載演習の実践  [通常講演]
    前田佳孝,鈴木義彦,淺田義和,川平洋
    第53回日本医学教育学会大会 2021年07月 口頭発表(一般)
  • 基本的臨床手技ピアトレーニング実習の企画と実践  [通常講演]
    鈴木義彦,前田佳孝,淺田義和,川平洋
    第53回日本医学教育学会大会 2021年07月 口頭発表(一般)
  • 日本医学教育学会大会プログラムの将来  [通常講演]
    平形道人,錦織宏,淺田義和,磯部真倫,鋪野紀好,清水郁夫,田中淳一,橋本忠幸,門川俊明,森茂久,矢野晴美
    第53回日本医学教育学会大会 2021年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 医学教育分野別評価の評価報告書からみる領域・水準別の評価傾向:2021年3月版データによる解析  [通常講演]
    淺田義和
    第53回日本医学教育学会大会 2021年07月 口頭発表(一般)
  • 医学生を対象にバーチャル患者シミュレーターを使用した遠隔非同期型演習の報告  [通常講演]
    宮道亮輔,鈴木義彦,前田佳孝,淺田義和,川平洋
    第53回日本医学教育学会大会 2021年07月 口頭発表(一般)
  • Bed Side Learningにメディア授業をどう活かすか ~コロナ禍における当科の取り組み~  [通常講演]
    原田顕治,菅原則子,甲谷友幸,今井靖,新保昌久,淺田 義和,苅尾七臣
    第53回日本医学教育学会大会 2021年07月 口頭発表(一般)
  • コロナ禍における外科臨床実習での医学生の意識変容調査報告  [通常講演]
    川平洋,鈴木義彦,前田佳孝,淺田義和,倉科憲太郎,原尾美智子,遠藤和洋,笹沼英紀,鯉沼広治,山口博紀,佐久間康成,堀江久永,細谷好則,味村俊樹,北山丈二,レフォーアラン,松山泰,佐田尚宏
    第53回日本医学教育学会大会 2021年07月 口頭発表(一般)
  • 学会が誇る(?)エキスパートと学ぶICT教育ツールの使い方  [通常講演]
    椎橋実智男,西屋克己,淺田義和,大久保由美子,小林直人,橋本忠幸,藤田博一,BREUGELMANS RAOUL,松下毅彦,村岡千種,門川俊明,山本憲
    第53回日本医学教育学会大会 2021年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 今後のIRを見据えて:IRにおけるデータ収集・解析と日常の教育との連携  [通常講演]
    淺田義和
    第53回日本医学教育学会大会 2021年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 救急隊員の自己学習を支援する-周産期症例対応能力向上を目的としたe-learning教材の開発-  [通常講演]
    奥平寛奈,小西美樹,佐々木俊一,山岸絵美,嶋岡鋼,淺田義和,荒木田美香子
    第53回日本医学教育学会大会 2021年07月 口頭発表(一般)
  • 現場に即した教育設計  [招待講演]
    淺田義和
    第32回 日本手術看護学会関東甲信越地区 2021年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Impact of the availability of care for patients with COVID-19 on nurses' progress in distance learning  [通常講演]
    Machiko SAEKI YAGI, Yoshikazu ASADA, Mitsue SUZUKI, Reiko MURAKAMI
    10th International Congress on Advanced Applied Informatics 2021年07月 口頭発表(一般)
  • Yoshikazu ASADA, Hitoaki OKAZAKI, Naohiro SATA, Hiroshi KAWAHIRA, Shinichi YAMAMOTO, Yasushi MATSUYAMA
    10th International Congress on Advanced Applied Informatics 2021年07月 口頭発表(一般)
  • Escape Rooms with Moodle in medical education under the COVID-19 pandemic  [通常講演]
    Yoshikazu ASADA
    moodlemoot Ireland and UK Online 2021 2021年05月 口頭発表(一般)
  • コロナの状況下での遠隔教育: 実習科目への対応方略  [招待講演]
    淺田義和
    第126回日本解剖学会総会・全国学術集会 第98回日本生理学会大会 合同大会 2021年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 新しい教育へのチャレンジ コロナ時代の教育 ~With コロナで見えてきたオンライン教育の特徴と課題~  [招待講演]
    淺田 義和
    第13回 日本医療教授システム学会総会 学術集会 2021年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 淺田 義和, 村岡 千種, 前田 佳孝, 鈴木 義彦, 川平 洋
    日本教育工学会 2021年春季全国大会 2021年03月 口頭発表(一般)
  • 助産師のマイルストーン指標開発に向けた試み コア・コンピテンシーの自己評価段階  [通常講演]
    上原 明子, 淺田 義和
    日本教育工学会 2021年春季全国大会 2021年03月 口頭発表(一般)
  • Hideto Harashima, Thom Rawson, Yoshikazu Asada
    MoodleMoot Japan 2021 2021年02月 口頭発表(一般)
  • 淺田 義和
    MoodleMoot Japan 2021 2021年02月 口頭発表(一般)
  • 淺田 義和
    MoodleMoot Japan 2021 2021年02月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • シミュレーションとICT活用教育~日本シミュレーション医療教育学会の立場から~  [招待講演]
    淺田義和
    第16回日本医学シミュレーション学会学術集会 2021年01月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 淺田義和, 前田佳孝, 鈴木義彦, 川平洋, 菊地元史
    第16回日本医学シミュレーション学会学術集会 2021年01月 口頭発表(一般)
  • Yoshikazu ASADA, Chikusa MURAOKA
    APMEC 2021 2021年01月 口頭発表(一般)
  • 淺田 義和, 山本 真一, 澤山 渚, 田村 大輔
    第8回日本シミュレーション医療教育学会学術大会 2020年10月 口頭発表(一般)
  • 多職種連携教育導入へのICTの可能性  [招待講演]
    淺田義和
    第8回日本シミュレーション医療教育学会学術大会 2020年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Yoshikazu ASADA, Hitoaki OKAZAKI, Naohiro SATA, Hiroshi KAWAHIRA, Shinichi YAMAMOTO, Yasushi MATSUYAMA
    2020 9th International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI-AAI) 2020年09月 口頭発表(一般)
  • 淺田義和, 岡崎仁昭, 佐田尚宏, 川平洋, 山本真一, 松山泰
    日本教育工学会 2020 年秋季全国大会 2020年09月 口頭発表(一般)
  • 淺田義和, 河北博文, 伴信太郎, 岡崎仁昭, 川平洋, 松山泰, 門田守人
    教育システム情報学会 第45回全国大会 2020年09月 口頭発表(一般)
  • 真に医学教育改革に資するIRとは?〜第2回医療系IR友の会ミーティング  [通常講演]
    恒川幸司, 中村真理子, 岡田聡志, 淺田義和, 菰田孝行, 椎橋実智男
    第52回日本医学教育学会大会 2020年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) Web開催
  • 看護職の遠隔学習における学習成果と自己調整学習方略  [通常講演]
    八木街子, 鈴木美津枝, 都竹茂樹, 村上礼子, 淺田義和, 中野裕司
    第52回日本医学教育学会大会 2020年07月 口頭発表(一般) Web開催
  • 自治医大マルチメディア形式総合判定試験の11年の解析ー医療面接・臨床推論連問の導入  [通常講演]
    鈴木真紀, 松山泰, 淺田義和, 三重野牧子, 川平洋, 武藤弘行, 石川鎮清, 岡崎仁昭
    第52回日本医学教育学会大会 2020年07月 口頭発表(一般) Web開催
  • 淺田義和, 八木街子
    第52回日本医学教育学会大会 2020年07月 口頭発表(一般) Web開催
  • 淺田義和, 岡崎仁昭, 佐田尚宏, 川平洋, 山本真一, 松山泰
    第52回日本医学教育学会大会 2020年07月 口頭発表(一般) Web開催
  • バーチャル患者シミュレータ「Body Interact™」の有用性の検証  [通常講演]
    宮道亮輔, 淺田義和, 鈴木義彦, 前田佳孝, 川平洋
    第52回日本医学教育学会大会 2020年07月 口頭発表(一般) Web開催
  • 集合研修の代替として急遽企画実施したMoodle版シミュレーション実習の満足度と有用性の検討  [通常講演]
    鈴木義彦, 前田佳孝, 宮道亮輔, 淺田義和, 川平洋, 松村正巳
    第52回日本医学教育学会大会 2020年07月 口頭発表(一般) Web開催
  • しくじり医学教育者:教育実践の失敗から学ぶ  [通常講演]
    清水郁夫, 淺田義和, 鋪野紀好
    第52回日本医学教育学会大会 2020年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) Web開催
  • 淺田義和, 村岡千種
    日本教育工学会 2020年春季全国大会 2020年02月 口頭発表(一般) Web開催
  • 村岡千種, 淺田義和
    日本教育工学会 2020年春季全国大会 2020年02月 口頭発表(一般) Web開催
  • MoodleMoot Global 2019の紹介  [通常講演]
    淺田義和
    日本ムードルムート2020 2020年02月 口頭発表(一般) 熊本・Web開催
  • Hideto Harashima, Thow Rawson, Yoshikazu Asada
    日本ムードルムート2020 2020年02月 口頭発表(一般) 熊本・Web開催
  • 淺田義和, 岡崎仁昭, 佐田 尚宏, 川平 洋, 山本 真一, 松山泰
    日本ムードルムート2020 2020年02月 口頭発表(一般) 熊本・Web開催
  • フォーラムの活用方略:インストラクショナルデザインの知見を用いて  [招待講演]
    淺田義和
    日本ムードルムート2020 2020年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 熊本・Web開催
  • 学習支援に結びつける教材作成と学習分析  [通常講演]
    淺田 義和
    第14回医療系eラーニング全国交流会 2019年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 広島
  • 医療教育のための脱出ゲーム(Escape Room)活用の可能性: ICT による拡張  [通常講演]
    淺田 義和
    第14回医療系eラーニング全国交流会 2019年12月 口頭発表(一般) 広島
  • 医学教育分野別評価における評価報告書内容にみる特徴分析  [通常講演]
    淺田 義和
    第8回MJIR研究集会 2019年12月 口頭発表(一般) 東京
  • Moodleを用いての学習分析・教学IR事例:医学部と大学附属病院との比較検討  [通常講演]
    淺田 義和
    学習分析学会(JASLA)2019年度 第2回研究会 2019年12月 口頭発表(一般) 東京
  • Moodle を用いた学習分析  [通常講演]
    淺田 義和, 八木 街子
    計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2019 2019年11月 ポスター発表
  • シミュレーション教育ネットワークの構築を目指して 〜セミナーとワークショップ 2019〜  [招待講演]
    石川 和信, 阿部 幸恵, 五十嵐 寛, 淺田 義和, 小林 元, 仲 俊行
    第7回日本シミュレーション医療教育学会学術大会 2019年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 早期体験実習をより効果的にするためのジャストインタイムシミュレーション実習  [通常講演]
    鈴木 義彦, 前田 佳孝, 川平 洋, 淺田 義和, 青山 泰子, 板井 美浩, 小谷和彦
    第7回日本シミュレーション医療教育学会学術大会 2019年09月 ポスター発表
  • 医学部一年生への医療安全の実践も含めた静脈採血シミュレーション実習の提案  [通常講演]
    前田 佳孝, 淺田 義和, 鈴木 義彦, 川平 洋
    第7回日本シミュレーション医療教育学会学術大会 2019年09月 口頭発表(一般)
  • シミュレーションとパズルとの組み合わせによる「謎解き」初年次教育コンテンツの検討  [通常講演]
    淺田 義和, 前田 佳孝, 鈴木 義彦, 川平 洋, 菊地 元史
    第7回日本シミュレーション医療教育学会学術大会 2019年09月 口頭発表(一般)
  • 医療教育における謎解きゲーム活用の現状と課題に関する一考察  [通常講演]
    淺田 義和, 村岡 千種
    日本教育工学会 2019年 秋季全国大会 2019年09月 ポスター発表 名古屋
  • Escape games as educational content to teach communication and knowledge sharing skills to first-year medical students  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Yoshitaka Maeda, Yoshihiko Suzuki, Hiroshi Kawahira, Kazuya Atsumi, Motoshi Kikuchi
    AMEE 2019 2019年08月 口頭発表(一般)
  • Exploring the “Essential” Competencies Acquired by Japanese Midwives Graduating from a One-Year Post-Nursing Program  [通常講演]
    Akiko Uehara, Yoshikazu Asada, Atsuko Yumoto, Mariko Shibata, Yoshimi Takeuchi, Satoko Nakata
    AMEE 2019 2019年08月 ポスター発表
  • Evaluation of Simulated Training Scenarios and Debriefing Quality Using a Competence- Based Behavioral Checklist  [通常講演]
    Yoshitaka Maeda, Yoshikazu Asada, Yoshitaka Kikkawa, Chiaki Takahashi, Michiko Kameda, Megumi Watai
    AMEE 2019 2019年08月 ポスター発表
  • 第1回医療系IR友の会ミーティング  [招待講演]
    恒川幸司, 中村真理子, 岡田聡志, 淺田義和, 菰田孝行, 椎橋実智男
    第51回日本医学教育学会大会 2019年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 医学教育とICT:20年後に変わるもの、変わらないもの  [招待講演]
    淺田義和
    第51回日本医学教育学会大会 2019年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • モバイル端末とデータベースとを用いたシミュレータ学習履歴管理システムの開発:学習時間と実施回数の管理  [通常講演]
    淺田義和, 前田佳孝, 鈴木義彦, 川平洋
    第51回日本医学教育学会大会 2019年07月 口頭発表(一般)
  • Quest-J:謎解きイベントを用いた医学部生向けセミナー  [通常講演]
    山本真一, 淺田義和, 田村大輔, 澤山渚
    第51回日本医学教育学会大会 2019年07月 口頭発表(一般)
  • J-MELSベーシックインストラクタースキルアップ研修の開発  [通常講演]
    宮道亮輔, 長田佳世, 淺田義和, 山畑佳篤
    第51回日本医学教育学会大会 2019年07月 口頭発表(一般)
  • ADDIEモデルの活用をテーマとした看護師キャリアラダー研修の実践と評価  [通常講演]
    塚田祐子, 笠野佳代子, 狐塚正子, 星野えみ, 笹井香織, 野尻理, 高山英子, 淺田義和
    第51回日本医学教育学会大会 2019年07月 口頭発表(一般)
  • 医学教育分野別評価の評価報告書からみる国内における領域・水準別の評価傾向  [通常講演]
    淺田義和
    第51回日本医学教育学会大会 2019年07月 口頭発表(一般)
  • 卒後助産師の分娩に関するコンピテンシー自己評価の実態調査  [通常講演]
    上原明子, 中田覚子, 竹内良美, 湯本敦子, 柴田眞理子, 淺田義和
    第51回日本医学教育学会大会 2019年07月 口頭発表(一般)
  • 地域医療臨床実習を通じた自己調整学習力改善の取り組み  [通常講演]
    松山泰, 小谷和彦, 淺田義和, 石川鎮清, 岡崎仁昭
    第51回日本医学教育学会大会 2019年07月 口頭発表(一般)
  • 自治医科大学におけるマルチメディア形式総合判定試験の10年の解析  [通常講演]
    大谷真紀, 松山泰, 淺田義和, 三重野牧子, 武藤弘行, 石川鎮清, 岡崎仁昭
    第51回日本医学教育学会大会 2019年07月 口頭発表(一般)
  • 医学部1年生に対するプログラミング的思考を扱う教育の実践とその考察  [通常講演]
    淺田義和
    第11回日本医療教授システム学会総会・学術集会 2019年03月 口頭発表(一般)
  • Learning Management System(LMS)ではどこまで、何のために学習を管理するべきなのか  [通常講演]
    淺田義和
    第11回日本医療教授システム学会総会・学術集会 2019年03月 口頭発表(一般)
  • 医学教育におけるMoodle活用の文献レビュー  [通常講演]
    淺田義和, 八木街子
    MoodleMoot Japan 2019 2019年02月 口頭発表(一般)
  • Introduction to Learning Analytics with Moodle  [通常講演]
    Hideto Harashima, Yoshikazu Asada, Thom Rawson
    MoodleMoot Japan 2019 2019年02月 口頭発表(一般)
  • The Usage of Database Activity Modules as an e-Portfolio System for Medical Education  [通常講演]
    Yoshikazu Asada
    MoodleMoot Japan 2019 2019年02月 口頭発表(一般)
  • Moodleの学習分析(Learning Analytics)機能を分析する  [招待講演]
    淺田義和
    MoodleMoot Japan 2019 2019年02月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • The current usage of moodle and the future task at jichi medical university  [通常講演]
    Asada Y, Mieno M, Mutoh H, Hamamoto T
    APMEC 2019 2019年01月 口頭発表(一般)
  • Japanese nurse-midwifery students perception of flipped learning about assessment phase of the nursing process about the delivey stage  [通常講演]
    Uehara A, Asada Y
    APMEC 2019 2019年01月 口頭発表(一般)
  • Evaluation for e-learning based on medical near-miss / adverse event information  [通常講演]
    Saeki M, Hada T, Asada Y
    APMEC 2019 2019年01月 口頭発表(一般)
  • 人工呼吸器管理トレーニングシミュレータの開発  [通常講演]
    鈴木義彦, 前田佳孝, 淺田義和, 川平洋
    第 14 回日本医学シミュレーション学会学術集会 2019年01月 口頭発表(一般)
  • The Use of Moodle in Medical Education: Literature Review  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, S. Machiko Yagi
    AMEE 2018 2018年08月
  • Evaluation of Training Scenario Validity: Analysis of Debriefing from the Viewpoint of Competence  [通常講演]
    Yoshitaka Maeda, Yoshikazu Asada, Yoshitaka Kikkawa, Junko Kikuchi, Chika Hirota, Michiko Kameda
    AMEE 2018 2018年08月
  • E-learning for patient safety based on Medical Near- Miss/Adverse Event Information  [通常講演]
    Machiko S Yagi, Tetsuro Hada, Yoshikazu Asada
    AMEE 2018 2018年08月
  • 高齢者施設における急変予測に有用な呼吸数の測定技能の獲得を目指した教材開発の検討  [通常講演]
    岡本 華枝, 西村 美里, 久宗 真理, 淺田 義和, 松本 尚浩, 鈴木 克明
    日本医療教授システム学会総会プログラム・抄録集 2018年03月
  • 教学IRでの活用を目的としたMoodleのログ整理 xAPI(experience API)に準じた検討  [通常講演]
    淺田 義和
    日本医療教授システム学会総会プログラム・抄録集 2018年03月
  • 医学部一年生に対する危険予知訓練の実施とその予知傾向  [通常講演]
    前田 佳孝, 淺田 義和, 鈴木 義彦, 渥美 一弥, 長谷川 剛, 河野 龍太郎
    日本医療安全学会学術総会抄録集 2018年02月
  • 事例動画教材を用いた多職種合同医療安全研修会の開催  [通常講演]
    吉岡 崇幸, 寺山 美華, 竹野井 さとみ, 淺田 義和, 小林 高久, 南 孝臣, 弘田 智香, 塩崎 純子, 河野 龍太郎, 新保 昌久
    医療の質・安全学会誌 2017年10月
  • 医学部一年生に対するグループ討論型医療安全教育の実施とその効果  [通常講演]
    前田 佳孝, 淺田 義和, 鈴木 義彦, 渥美 一弥, 長谷川 剛, 河野 龍太郎
    医療の質・安全学会誌 2017年10月
  • 医学部1年生に対する医療シミュレーション教育の意義  [通常講演]
    鈴木 義彦, 淺田 義和
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 2017年08月
  • 「教育心理学を活用した学習者支援」 医療と教育 学生に対するインストラクショナルデザインの教育とその意義  [通常講演]
    淺田 義和
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 2017年08月
  • 自治医科大学医学部におけるIR部門の設立と運営体制  [通常講演]
    淺田 義和
    医学教育 2017年08月
  • 医学部学生に対する「思考の整理と表現」授業の実践報告と評価  [通常講演]
    野尻 英一, 高瀬 堅吉, 淺田 義和, 今村 弥生, 立石 尚之
    医学教育 2017年08月
  • 医学部1年生に対する初年次教育としてのBLS集合研修  [通常講演]
    淺田 義和
    日本医療教授システム学会総会プログラム・抄録集 2017年03月
  • A Literature Review of the Use of Moodle in Medical Education: Review of Abstracts from PubMed  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Yagi S Machiko
    The 49th Annual Meeting of the Japan Society for Medical Education 2017年
  • How to Make E-Learning Successful Using Online Discussion Forums for Nurses Pertaining to Specified Medical Acts in Japan  [通常講演]
    Machiko S Yagi, Reiko Murakami, Mitsue Suzuki, Yoshikazu Asada, Tomoko Sekiyama, Sanae Haruyama
    14th APMEC 2017年
  • The Learning Analytics with Moodle: The Practice of Statistical Analytics and Visualization of Moodle Data  [通常講演]
    Yoshikazu Asada
    AMEE 2017 2017年
  • Patient Safety Education for Medical Students as a First Year Experience Module.  [通常講演]
    Yoshikazu Asada
    14th APMEC 2017年
  • Management of Institutional Research for medical education  [通常講演]
    Yoshikazu Asada
    第16回 自治医科大学シンポジウム 2017年
  • 自治医科大学におけるMoodle利用の変遷と今後の課題  [通常講演]
    淺田 義和, 三重野 牧子, 武藤 弘行, 浜本 敏郎
    医学教育 2016年07月
  • 医療安全教育用eラーニング教材-SafetyPlus-の開発  [通常講演]
    鈴木 義彦, 淺田 義和, 河野 龍太郎, 瀬川 玲子, 長谷川 剛
    医学教育 2016年07月
  • 新人看護職員の多重課題シミュレーションの事前学習におけるeラーニング導入の効果  [通常講演]
    大澤 弘子, 高山 英子, 淺田 義和
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 2016年06月
  • 看護学生向けICLSコースにおける看護教員の役割 病棟急変場面における意図的な声かけの分析から  [通常講演]
    村上 礼子, 川上 勝, 関山 友子, 樅山 定美, 飯塚 由美子, 中村 美鈴, 早瀬 行治, 淺田 義和, 鈴木 義彦, 河野 龍太郎
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 2016年06月
  • 看護の統合と実践を目指した学生に対するトリアージ・搬送演習の工夫 インストラクショナルデザインの活用  [通常講演]
    梅野 晶子, 淺田 義和
    日本臨床救急医学会雑誌 2016年04月
  • 6年制薬学教育における実務実習のプログラム評価 6年制薬剤師と4年制薬剤師の比較  [通常講演]
    内海 美保, 淺田 義和, 徳永 仁, 山元 弘
    日本薬学会年会要旨集 2016年03月
  • 看護専門学校での災害看護の授業設計の分析  [通常講演]
    梅野 晶子, 淺田 義和
    日本医療教授システム学会総会プログラム・抄録集 2016年03月
  • The Society of Medical Education for the Next Generation : 2016 Update  [通常講演]
    Machiko S Yagi, Yoshikazu Asada, Takanori Hiroe, Shiho Mishina
    The 48th Annual Meeting of the Japan Society for Medical Education 2016年
  • Survey of E-Portfolio Practice at Medical Schools in Japan  [通常講演]
    Toshiaki Monkawa, Raoul Breugelmans, Yoshikazu Asada, Michito Hirakata
    AMEE 2016 2016年
  • Practice and Evaluation of ‘Instructional Design Basics’ Course for First Year Medical Students  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Yoshihiko Suzuki
    AMEE 2016 2016年
  • Implementation and Evaluation of the First Year Experience Course for Medical Students  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Kazuya Atsumi
    The 48th Annual Meeting of the Japan Society for Medical Education 2016年
  • 院内コメディカルを対象とした小児・乳児CPR研修 AHA Family & Friendsコースを用いた研修実践報告  [通常講演]
    淺田 義和, 野澤 博子, 鶴見 眞理子, 竹野井 さとみ, 本多 有利子, 岡田 裕美, 小畑 美加子, 茂呂 悦子, 大塚 洋司, 青木 太郎
    医療の質・安全学会誌 2015年10月
  • オカレンス報告事例からみられるインシデントに対する意識の相違 有害事象に対する正しい認識の必要性  [通常講演]
    竹野井 さとみ, 淺田 義和, 野澤 博子, 市田 勝, 新保 昌久
    医療の質・安全学会誌 2015年10月
  • インシデント・アクシデントレポートに基づいたシミュレーション研修の実践  [通常講演]
    鈴木 義彦, 淺田 義和, 野沢 博子, 竹野井 さとみ, 市田 勝, 河野 龍太郎, 新保 昌久
    医療の質・安全学会誌 2015年10月
  • 院内における中心静脈カテーテル挿入技術認定医更新制度の変更 moodleを用いたeラーニングの活用  [通常講演]
    淺田 義和, 市田 勝, 鈴木 義彦, 竹野井 さとみ, 野沢 博子, 鶴見 眞理子, 新保 昌久
    医療の質・安全学会誌 2015年10月
  • ICLSコースにインストラクターとして参加した研修医のコース前後における理解度と自信の向上についての検討(第1報)  [通常講演]
    小田原 一哉, 森實 岳史, 三宅 悠香, 淺田 義和, 早瀬 行治
    日本救急医学会雑誌 2015年08月
  • 全国医学部のeポートフォリオ利用状況調査  [通常講演]
    門川 俊明, ラウール・ブルーヘルマンス, 淺田 義和, 平形 道人
    医学教育 2015年07月
  • 外科系臨床実習に向けたシミュレーション実習の実施報告  [通常講演]
    淺田 義和, 細谷 好則, 鈴木 義彦, 石川 鎮清, 岡崎 仁昭
    医学教育 2015年07月
  • シミュレーションセンター運用の現状と問題点 将来に向けて 自治医科大学メディカルシミュレーションセンター(JMSC)における管理・運営方法と今後の課題  [通常講演]
    淺田 義和
    医学教育 2015年07月
  • テーマパーク型シミュレーション研修の実践  [通常講演]
    鈴木 義彦, 淺田 義和, 早瀬 行治, 長谷川 剛, 河野 龍太郎
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 2015年06月
  • 大学併設保育ルームにおけるBLS・AED講習会 小児及び乳児に特化した研修の実践と評価  [通常講演]
    淺田 義和, 廣田 初美, 平田 初枝, 後藤 光代, 青木 太郎
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 2015年06月
  • 手羽先を利用したデブリードマン実習  [通常講演]
    鈴木 義彦, 淺田 義和, 長谷川 剛, 河野 龍太郎
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 2015年06月
  • シミュレーション医療教育における反転授業形式の実践紹介 研修医入職時研修  [通常講演]
    淺田 義和, 鈴木 義彦, 長谷川 剛
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 2015年06月
  • 保育サポーターを対象としたBLS講習の実践と効果検証 ミニクイズとチェックリストの導入結果を踏まえて  [通常講演]
    淺田 義和, 鈴木 義彦, 廣田 初美
    日本臨床救急医学会雑誌 2015年04月
  • 災害訓練に向けたADDIEモデルによる改善策検討のプロセス  [通常講演]
    梅野 晶子, 崎園 雅栄, 淺田 義和
    日本医療教授システム学会総会プログラム・抄録集 2015年03月
  • 医学部1年生を対象とした新規必修講義「医学部入門」における初年次教育の実践計画  [通常講演]
    淺田 義和, 渥美 一弥
    日本医療教授システム学会総会プログラム・抄録集 2015年03月
  • 看護学生向けICLSコースにおける看護教員の役割 病棟急変場面における声かけ  [通常講演]
    村上 礼子, 中村 美鈴, 里光 やよい, 川上 勝, 小林 京子, 柴山 真里, 井上 和子, 河野 龍太郎, 鈴木 義彦, 淺田 義和
    自治医科大学看護学ジャーナル 2015年03月
  • 看護過程におけるクリティカルシンキング力を高めるためのマインドマップ活用の検討  [通常講演]
    里光 やよい, 本田 芳香, 湯山 美杉, 飯塚 由美子, 岩永 麻衣子, 若澤 弥生, 淺田 義和
    自治医科大学看護学ジャーナル 2015年03月
  • Development of E-Learning Material with GBS (Goal-Based Scenario) as a Preliminary Learning of Multitasking Training for New Nurses  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Shigeki Tsuzuku, Katsuaki Suzuki, Hiroshi Nakano
    AMEE 2015 ELearning Symposium 2015年
  • Effectiveness of Debriefing in American Style CPR Training in Japan: From the Viewpoint of the Level 1 and 2 of Kirkpatrick’s Four-Level Training Model  [通常講演]
    Takanori Hiroe, Yoshikazu Asada, Taro Aoki
    IMSH 2015 2015年
  • Using Audience Response Systems and DASH to Improve Debriefing Olympics: Debriefing Olympics in Tokyo  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Satoshi Takeda
    IMSH 2015 2015年
  • Design and Development of the E-Learning Course for the Nurses Who Perform Medical Auxiliary Acts  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Yoshika Honda, Reiko Murakami, Shingo Esumi, Yumiko Iizuka, Sanae Haruyama
    AMEE 2015 2015年
  • 救急看護におけるワールドカフェ参加者の学びとは:学術集会での交流集会および学部授業の実践報告  [通常講演]
    淺田義和, 中村美鈴, 村上礼子, 鈴木義彦, 小原泉, 段ノ上秀雄, 樅山定美, 吉田紀子, 安藤恵
    第16回日本救急看護学会学術集会 2014年10月 口頭発表(一般)
  • —ワールドカフェを体験しよう!—カフェ的会話から救急看護の未来が輝く  [通常講演]
    中村美鈴, 淺田義和, 鈴木義彦, 村上礼子, 小原泉, 段ノ上秀雄, 長谷川直人, 吉田紀子, 樅山定美, 安藤恵
    第16回日本救急看護学会学術集会 2014年10月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 医学部 1 年生を対象としたインストラクショナルデザインの授業実践  [通常講演]
    淺田 義和
    日本教育工学会第30回全国大会 2014年09月 口頭発表(一般)
  • 淺田義和, 都竹茂樹, 鈴木克明, 中野裕司
    第39回教育システム情報学会全国大会 2014年09月 口頭発表(一般)
  • Yu Yamamoto, Yoshikazu Asada, Yuki Ueda, Yuichiro Tanaka, Masami Matsumura
    AMEE 2014 2014年08月 ポスター発表
  • Yoshikazu Asada, Yoshihiko Suzuki, Tsuyoshi Hasegawa, Kazuya Atsumi
    AMEE 2014 2014年08月 ポスター発表
  • moodleを活用したインストラクショナル・デザインに関する授業実践の報告と今後の課題  [通常講演]
    淺田 義和
    第46回日本医学教育学会大会 2014年07月 口頭発表(一般)
  • eポートフォリオの活用事例とこれからの課題:自治医科大学医学部におけるトライアル  [通常講演]
    淺田 義和
    第46回日本医学教育学会大会 2014年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Bedside learning(BSL)前の診断学実習の効果  [通常講演]
    石川鎮清, 淺田義和, 岡崎仁昭
    第46回日本医学教育学会大会 2014年07月 ポスター発表
  • 自治医科大学における学生寮を活用した初年次理科統合科目の導入  [通常講演]
    松儀実広, 原田三男, 菊地元史, 黒岩憲二, 淺田義和, 輿水祟鏡, 奥田浩, 遠藤仁司, 野田泰子, 岡崎仁昭
    第46回日本医学教育学会大会 2014年07月 ポスター発表
  • 高機能シミュレータを用いた鑑別診断を考えながら行う身体診察の卒前教育  [通常講演]
    山本祐, 淺田義和, 上田祐樹, 田中裕一郎, 松村正巳
    第46回日本医学教育学会大会 2014年07月 口頭発表(一般)
  • 自治医科大学における国際的な地域医療教育の構築  [通常講演]
    岡崎仁昭, 淺田義和, 石川鎮清
    第46回日本医学教育学会大会 2014年07月 口頭発表(一般)
  • 大学併設保育ルームにおけるBLS・AED講習会:小児及び乳児に特化した研修の実践と評価  [通常講演]
    淺田義和, 廣田初美, 平田初枝, 後藤光代, 青木太郎
    第2回日本シミュレーション医療教育学会学術大会 2014年06月 口頭発表(一般)
  • 淺田義和, 鈴木義彦, 長谷川剛
    第2回日本シミュレーション医療教育学会学術大会 2014年06月 口頭発表(一般)
  • 鈴木義彦, 淺田義和, 長谷川剛, 河野龍太郎
    第2回日本シミュレーション医療教育学会学術大会 2014年06月 口頭発表(一般)
  • テーマパーク型シミュレーション研修の実践  [通常講演]
    鈴木義彦, 淺田義和, 早瀬行治, 長谷川剛, 河野龍太郎
    第2回日本シミュレーション医療教育学会学術大会 2014年06月 口頭発表(一般)
  • 保育サポーターを対象としたファーストエイド講習の実践およびその評価  [通常講演]
    淺田義和, 鈴木義彦, 廣田初美
    第17回日本臨床救急医学会総会・学術集会 2014年06月 口頭発表(一般) 自治医科大学 日本臨床救急医学会
  • 淺田 義和
    教育システム情報学会 2014年度 第1回研究会 2014年05月 口頭発表(一般) 放送大学 教育システム情報学会
  • 医学部臨床実習におけるeラーニングおよびeポートフォリオを導入した教育実践の現状と課題  [通常講演]
    淺田義和, 石川鎮清, 岡崎仁昭
    第8回医療系eラーニング全国交流会 2014年03月 口頭発表(一般)
  • ID疑問解消セミナー  [通常講演]
    鈴木克明, 淺田義和
    第6回日本医療教授システム学会総会 2014年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 海外事例報告  [通常講演]
    佐伯街子, 池上敬一, 淺田義和
    第6回日本医療教授システム学会総会 2014年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • JSISH ISD用語集紹介  [通常講演]
    淺田 義和
    第6回日本医療教授システム学会総会 2014年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • デブリーフィングオリンピック  [通常講演]
    武田聡, 淺田義和
    第6回日本医療教授システム学会総会 2014年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 市民向け心肺蘇生法講習会におけるスキル到達度評価  [通常講演]
    塩澤徹也, 木塚雅之, 猪野裕之, 若松叡, 江川創, 阿部一貴, 沼尾歩, 舟橋悠希, 淺田義和, 青木太郎
    第6回日本医療教授システム学会総会 2014年03月 口頭発表(一般)
  • 新人看護職者対象「多重課題シミュレーション研修」の臨床実践への効果と次回研修に向けての改善点  [通常講演]
    井上和子, 淺田義和, 鈴木義彦, 大澤弘子, 福田順子, 高山英子, 大平律子, 小谷妙子
    第6回日本医療教授システム学会総会 2014年03月 口頭発表(一般)
  • JSISHプロジェクト:「新人看護師あずさの一日」の提案  [通常講演]
    佐伯街子, 柴田喜幸, 柴幸夫, 三好雅之, 淺田義和, 浅香えみ子, 池上敬一
    第6回日本医療教授システム学会総会 2014年03月 口頭発表(一般)
  • 伝わるグラフ・伝えるグラフ:医療関係者のための効果的な図表利用法に関する教育プログラムの開発  [通常講演]
    廣江貴則, 淺田義和, 毛利泰士, 佐藤慎平, 青木太郎
    第6回日本医療教授システム学会総会 2014年03月 口頭発表(一般)
  • 次世代医療教育研究会(SMeNG:The Society of Medical Education for the Next Generation)の活動報告  [通常講演]
    高山詩穂, 佐伯街子, 淺田義和, 廣江貴則, 芳賀了, 三好雅之, 米島博司, 奥典宏, 清水將統, 大石奨, 佐久間あゆみ, 奥村光, 及川沙耶佳
    第6回日本医療教授システム学会総会 2014年03月 口頭発表(一般)
  • 看護過程演習にマインドマップを活用したアセスメント力の変化  [通常講演]
    里光やよい, 本田芳香, 湯山美杉, 飯塚由美子, 岩永麻衣子, 若澤弥生, 淺田義和
    第6回日本医療教授システム学会総会 2014年03月 口頭発表(一般)
  • 看護学生向けICLSコースにおける看護教員の役割—病棟急変場面における声かけ—.  [通常講演]
    川上勝, 柴山真理, 小林京子, 里光やよい, 村上礼子, 中村美鈴, 淺田義和
    第6回日本医療教授システム学会総会 2014年03月 口頭発表(一般)
  • 医学部1年生に対する医学シミュレーション教育導入の試み  [通常講演]
    鈴木義彦, 淺田義和, 長谷川剛
    第6回日本医療教授システム学会総会 2014年03月 口頭発表(一般)
  • 医学部教育における moodle 活用の現状と課題  [通常講演]
    淺田 義和
    日本 Moodle Moot 2014 2014年02月 口頭発表(一般)
  • Effectiveness of American Style CPR Training for Japanese Medical Students  [通常講演]
    Taro Aoki, Yoshikazu Asada, Takanori Hiroe, Yasuko Tomizawa
    IMSH 2014 2014年01月 ポスター発表
  • Informal Learning Prior to Clinical Clerkship Rotation for Japanese Medical Student: Simulation-Based Self Directed Learning (SBSL)  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Takanori Hiroe, Taro Aoki
    IMSH 2014 2014年01月 ポスター発表
  • Development of a ‘Wearable Simulator for Joint Contracture Experience’ to Learn Support Methods for Patients Based on Experience of the Difficulties in Japan  [通常講演]
    Rei Ushiro, Yoshikazu Asada, Yoshitaka Inoue, Shiho Takayama, Masaru Kawakami
    International Forum on Quality and Safety in Healthcare 2014年
  • Evaluation of "Cathe-Tre”: Development of Simulator for Central Venous Catheter Insertion Using Seldinger Technique  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Yoshihiko Suzuki, Masaru Ichida, Masayuki Yoshitomi, Tsuyoshi Hasegawa, Ryutaro Kawano
    International Forum on Quality and Safety in Healthcare 2014年
  • Practice of the Instructional Design Class for 1st Year Medical Students by Blended Learning  [通常講演]
    淺田 義和
    22th International Conference on Computers in Education ICCE 2014年
  • AHA Family & Friends Course Improve Learners Attention to and Self-Confidence of CPR  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Taro Aoki, Takanori Hiroe
    The 7th Asian Conference on Emergency Medicine 2013年10月 口頭発表(一般)
  • Improvement of the multi-tasking exercise training for new nurses: changing the training system using design-based research  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Yoshihiko Suzuki, Kazuko Inoue
    SimHealth 2013 2013年09月 ポスター発表
  • "Cathetre": making a new simulator for ultrasound- guided CVC insertion using the Seldinger technique.  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Yoshihiko Suzuki, Tsuyoshi Hasegawa, Masayuki Yoshitomi, Ryutaro Kawano
    SimHealth 2013 2013年09月 ポスター発表
  • デブリーフィングオリンピック  [通常講演]
    武田聡, 松本尚浩, 清水広久, 池上敬一, 淺田義和
    第5回日本医療教授システム学会総会 2013年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 淺田 義和, 石川 鎮清, 岡崎 仁昭
    日本教育工学会研究報告集 2012年12月
  • 鈴木義彦, 淺田義和, 長谷川剛, 佐々木智子, 荘司弘樹, 松本太輝, 鈴木昇, 河野龍太郎
    医療の質・安全学会誌 2012年10月
  • 野沢博子, 淺田義和, 寺山美華, 鈴木義彦, 泉玲子, 河野龍太郎, 長谷川剛
    医療の質・安全学会誌 2012年10月
  • 淺田義和, 寺山美華, 鈴木義彦, 野沢博子, 河野龍太郎, 長谷川剛
    医療の質・安全学会誌 2012年10月
  • 河野龍太郎, 鈴木義彦, 淺田義和
    医療の質・安全学会誌 2012年10月
  • 淺田義和, 野沢博子, 鈴木義彦, 阿野正樹, 谷島雅子, 小畑美加子, 茂呂悦子, 長谷川剛, 青木太郎
    医療の質・安全学会誌 2012年10月
  • 鈴木義彦, 淺田義和
    日本救急医学会雑誌 2012年10月
  • 淺田義和, 鈴木義彦, 村上礼子, 中村美鈴, 荒木智絵, 北村露輝, 松浦利江子, 段ノ上秀雄, 小原泉
    日本救急看護学会雑誌 2012年10月
  • 井上和子, 鈴木義彦, 淺田義和
    日本医療マネジメント学会雑誌 2012年09月
  • 淺田義和, 鈴木義彦, 長谷川剛
    日本医療マネジメント学会雑誌 2012年09月
  • 淺田義和, 鈴木義彦, 長谷川剛, 岡崎仁昭, 河野龍太郎
    医学教育 2012年07月
  • 鈴木義彦, 淺田義和, 長谷川剛, 黒木茂弘, 岡崎仁昭
    医学教育 2012年07月
  • 鈴木義彦, 淺田義和, 黒木茂弘, 早瀬行治, 河野龍太郎
    医学教育 2012年07月
  • 淺田義和, 鈴木義彦, 長谷川剛, 河野龍太郎
    医療の質・安全学会誌 2011年10月
  • 寺山美華, 福田順子, 大澤弘子, 樋口一江, 泉玲子, 篠原和子, 鈴木義彦, 淺田義和, 河野龍太郎, 長谷川剛
    医療の質・安全学会誌 2011年10月
  • 鈴木義彦, 淺田義和, 早瀬行治, 河野龍太郎
    医療の質・安全学会誌 2011年10月
  • Learners Gain Self-Confidence for Nursing Skills through Simulation  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Yoshihiko Suzuki, Alan Lefor, Ryutaro Kawano
    SimHealth 2011 2011年09月 口頭発表(一般)
  • マインドマップおよびワールドカフェを用いた授業の運用と評価  [通常講演]
    淺田 義和
    第10回 自治医科大学シンポジウム 2011年09月 ポスター発表
  • 医学部学生の医療倫理および臨床実習での態度教育に対するワールドカフェ形式での授業実施とその評価  [通常講演]
    淺田 義和, 鈴木 義彦, 長谷川 剛, 岡崎 仁昭, 河野龍太郎
    日本教育工学会 第27回全国大会 2011年09月 口頭発表(一般)
  • 河野正樹, 河野正樹, 河野正樹, 長嶺伸彦, 鈴川正之, 淺田義和, 鈴木義彦
    日本救急医学会雑誌 2011年08月
  • 鈴木義彦, 淺田義和, 早瀬行治
    日本救急医学会雑誌 2011年08月
  • 淺田義和, 鈴木義彦, 長谷川剛, 河野龍太郎
    医学教育 2011年07月
  • 鈴木義彦, 長谷川剛, 淺田義和, 河野龍太郎
    医学教育 2011年07月
  • 急変対応シミュレーションのデブリーフィングに対するマインドマップの活用  [通常講演]
    淺田 義和, 鈴木 義彦, 長谷川 剛, 河野 龍太郎
    第43回 日本医学教育学会 2011年07月 口頭発表(一般)
  • 一般事務職員に対する救急蘇生法およびAED利用方法の講習会の実施  [通常講演]
    淺田 義和, 鈴木 義彦
    第14回 日本臨床救急医学会総会・学術集会 2011年06月 口頭発表(一般)
  • 医学部学生の診断学実習(BSL前実習)における接遇・マナー研修のニーズ  [通常講演]
    淺田 義和, 天谷 恵美子, 鈴木 義彦, 河野 龍太郎
    第13回 日本医療マネジメント学会学術総会 2011年06月 ポスター発表
  • 淺田義和, 久野文人, 河野龍太郎
    J Jpn Assoc Simul Med Educ 2011年05月
  • 淺田義和, 早瀬行治, 久野文人
    J Jpn Assoc Simul Med Educ 2011年05月
  • 淺田義和, 天谷恵美子
    J Jpn Assoc Simul Med Educ 2011年05月
  • iPod touch および iPad アプリを利用したシミュレータ機能拡張の利用例と提案  [通常講演]
    淺田 義和, 鈴木 義彦, 長谷川 剛, 河野 龍太郎
    第8回 日本M&S医学教育研究会学術大会 2011年05月 口頭発表(一般)
  • 鈴木義彦, 淺田義和, 早瀬行治
    日本臨床救急医学会雑誌 2011年04月
  • 淺田義和, 鈴木義彦
    日本臨床救急医学会雑誌 2011年04月
  • 新人看護師対象の多重課題シミュレーションにおける、振り返りの内容と学習効果.  [通常講演]
    淺田 義和, 天谷 恵美子, 鈴木 義彦
    第3回 日本医療教授システム学会総会 2011年03月 口頭発表(一般)
  • 淺田義和, 鈴木義彦, 長谷川剛, 河野龍太郎
    横幹連合コンファレンス(CD-ROM) 2011年
  • 淺田義和, 古田一雄, 菅野太郎
    医療情報学連合大会論文集 2010年11月
  • 淺田義和, 篠原和子, 久野文人, 鈴木義彦, 河野龍太郎
    医療の質・安全学会誌 2010年11月
  • オントロジーおよびヒューマンファクター工学に基づく医療インシデントレポート分析支援システムに関する研究.  [通常講演]
    淺田 義和, 菅野 太郎, 古田 一雄
    第30回 医療情報学連合大会 2010年11月 口頭発表(一般)
  • 腕モデルを用いたトレーニングのアンケート結果から得られたシミュレーション教育に対する知見.  [通常講演]
    淺田 義和, 篠原 和子, 久野 文人, 鈴木 義彦, 河野 龍太郎
    第5回 医療の質・安全学会 学術集会 2010年11月 口頭発表(一般)
  • 自治医科大学メディカルシミュレーションセンターの利用状況と課題  [通常講演]
    淺田 義和, 久野 文人, 河野 龍太郎
    第7回日本M&S医学教育研究会学術大会 2010年09月 口頭発表(一般)
  • 多重課題・時間切迫シミュレーションに対するHeartSimの活用.  [通常講演]
    淺田 義和, 天谷 恵美子
    第7回日本M&S医学教育研究会学術大会 2010年09月 口頭発表(一般)
  • 自治医科大学ICLSコースの活動報告と今後の課題.  [通常講演]
    淺田 義和, 早瀬 行治, 久野 文人
    第7回日本M&S医学教育研究会学術大会 2010年09月 口頭発表(一般)
  • 多重課題シミュレーションのタスク分析.  [通常講演]
    淺田 義和
    第9回 自治医科大学シンポジウム 2010年09月 ポスター発表
  • Design of an incident report analysis system for healthcare  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Taro Kanno, Kazuo Furuta
    European Safety and Reliability Conf. (ESREL) 2009 2009年09月 口頭発表(一般)
  • 医療事故における事故原因および発生メカニズムの診断システムの設計  [通常講演]
    淺田義和, 菅野太郎, 古田一雄
    第1回システム創成学学術講演会 2008年12月 口頭発表(一般)
  • Development of incident report analysis system based on m-SHEL ontology  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Taro Kanno, Kazuo Furuta
    European Safety and Reliability Conf. (ESREL) 2008 2008年09月 口頭発表(一般)
  • m-SHELオントロジーに基づくインシデントレポート分析システムの構築  [通常講演]
    淺田 義和
    第2回横幹連合コンファレンス 2007年11月 口頭発表(一般)
  • 淺田義和, 菅野太郎, 古田一雄
    電気学会研究会資料. NE, 原子力研究会 2007年09月
  • Application of Semantic Web to Incident Reporting  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Taro Kanno, Kazuo Furuta
    SICE-ICCAS Int. Joint. Conf. 2006 2006年10月 口頭発表(一般)
  • Simulation of Public Opinion Development and Effects of Network Structure  [通常講演]
    Kazuo Furuta, Yoshikazu Asada, Kohei Morino
    6th Int. Work. Emergent Synthesis (IWES’06) 2006年08月 口頭発表(一般)
  • Effects of Network Structure on Public Opinion Developmen  [通常講演]
    Yoshikazu Asada, Kazuo Furuta
    Probablistic Safety Assesment and Management (PSAM8) 2006年05月 口頭発表(一般)
  • 社会構造が世論形成に及ぼす影響  [通常講演]
    淺田義和, 古田一雄
    第1回横幹連合コンファレンス 2005年10月 口頭発表(一般)

MISC

産業財産権

受賞

  • 2018年07月 7th International Conference on Data Science and Institutional Research (DSIR 2018) Innovative Short Paper Award
     Trends of Institutional Research in Japanese Medical Education: A case study of Jichi Medical University 
    受賞者: 淺田 義和
  • 2016年02月 日本ムードル協会 ベスト・ムードル・イノベーション賞 優秀賞
     Statemachine for Lesson 
    受賞者: 石井嘉明;藤田豊;淺田義和
  • 2016年02月 日本ムードル協会 2015年度 ベスト・ムードル・オープン・コース賞 最優秀賞
     インストラクショナルデザイン入門 
    受賞者: 淺田 義和
  • 2014年03月 医療系eラーニング全国交流会 医療系eラーニング全国交流会 奨励賞
     医学部臨床実習におけるeラーニングおよびeポートフォリオを導入した教育実践の現状と課題 JPN japan_society 
    受賞者: 淺田義和;石川鎮清;岡崎仁昭自治医科大学医学部にて、2013年度より臨床実習で利用を開始したeラーニングおよびeポートフォリオの実践報告と課題についての発表。
  • 2013年09月 自治医科大学 第12回自治医科大学シンポジウム 優秀ポスター賞
     産学連携による医療教育用シミュレータ開発の取り組み japan_society 
    受賞者: 淺田 義和;鈴木義彦;長谷川剛;河野龍太郎
  • 2011年09月 自治医科大学 第10回自治医科大学シンポジウム ベストポスター賞
     マインドマップおよびワールドカフェを用いた授業の運用と評価 japan_society 
    受賞者: 淺田 義和

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • VRと模擬患者による高度実践看護師育成学際的シミュレーションモデルの実証研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2021年04月 -2026年03月 
    代表者 : 益田 美津美, 杉山 文乃, 八木 街子, 田戸 朝美, 井上 智子, 大石 英則, 栗原 康行, 淺田 義和
  • ICTを利用した医学教育コンテンツの開発と活用に向けた研究
    厚生労働省:政策科学総合研究事業(臨床研究等ICT基盤構築・人工知能実装研究事業)
    研究期間 : 2021年04月 -2024年03月 
    代表者 : 河北 博文
  • 職業アイデンティティ形成志向型PBLによる自己調整学習力の向上
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2020年04月 -2024年03月 
    代表者 : 松山 泰, 淺田 義和, 岡崎 仁昭, 清水 郁夫, 田中 淳一
  • コンセプトマップによる学習成果可視化のための評価指標の開発とウエブシステムの構築
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 田口 真奈, 淺田 義和
  • 公益財団法人 科学技術融合振興財団:2019年度調査研究助成
    研究期間 : 2020年12月 -2022年03月 
    代表者 : 淺田 義和, 村岡 千種
  • 研修転移を駆動するサンドイッチ型研修の開発:医療者向け蘇生コースの再構築
    文部科学省:科学研究費助成事業(基盤研究C)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 鈴木 義彦, 淺田義和, 前田佳孝, 山本真一, 宮道亮輔, 川平洋
  • ブレンド型学習による看護学の「より深い学習」のICEモデルアプローチ
    文部科学省:科学研究費助成事業(基盤研究C)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 佐藤 亜紀, 永松 有紀, 白石 祈枝, 淺田 義和
  • 厚生労働省:政策科学総合研究事業(臨床研究等ICT基盤構築・人工知能実装研究事業)
    研究期間 : 2018年11月 -2021年03月 
    代表者 : 岡崎 仁昭
  • 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病を予防するための情報通信技術を活用した保健指導プログラム及びその実践のための手引きの作成と検証
    厚生労働省:循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 春山 早苗
  • 文部科学省:科学研究費助成事業(基盤研究C)
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 原島 秀人, ローソン トム, 淺田 義和
  • 文部科学省:科学研究費助成事業(基盤研究C)
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 淺田 義和, 山邉 昭則
  • 文部科学省:科学研究費助成事業(基盤研究C)
    研究期間 : 2017年04月 -2021年03月 
    代表者 : 村上 礼子, 八木 街子, 鈴木 美津枝, 川上 勝, 淺田 義和, 中村 剛史
  • 日本を含む東アジアに適合する能動的学習力確立支援プログラムの開発
    文部科学省:科学研究費助成事業(基盤研究C)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 松山 泰, 淺田 義和, 岡崎 仁昭
  • 自治医科大学:自治医科大学医学部研究奨励金
    研究期間 : 2017年04月 -2018年03月 
    代表者 : 淺田 義和
  • シミュレーションとeラーニングとを用いた新人看護師のための多重課題研修の開発
    文部科学省:科学研究費助成事業(若手研究B)
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 淺田 義和
  • 文部科学省:科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 宇城令
  • 医療教育での反転授業における事前学習の実施率向上に向けたシミュレーションおよびゲーミングの導入
    公益財団法人 科学技術融合振興財団:補助金事業(シミュレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究)
    研究期間 : 2015年02月 -2016年03月 
    代表者 : 淺田 義和
  • 厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進 研究事業)
    研究期間 : 2014年04月 -2016年03月 
    代表者 : 春山 早苗
  • 医学教育におけるeポートフォリオの共通仕様に関する調査研究
    医学教育振興財団:医学教育研究助成
    研究期間 : 2014年04月 -2015年03月 
    代表者 : 門川 俊明

委員歴

  • 2020年08月 - 現在   日本医学教育学会   ICT教育部会
  • 2020年08月 - 現在   日本医学教育学会   シミュレーション教育部会
  • 2020年08月 - 現在   日本医学教育学会   教育プログラム評価推進委員会
  • 2020年08月 - 現在   日本医学教育学会   学術大会運営委員会
  • 2020年08月 - 現在   日本医学教育学会   広報・情報基盤委員会
  • 2020年06月 - 現在   日本シミュレーション医療教育学会   編集委員会
  • 2020年06月 - 現在   日本医学教育学会   医学教育サイバーシンポジウム特別委員会
  • 2019年08月 - 現在   IJIRM (International Journal of Institutional Research and Management) Editorial Board Members   Associate Editor
  • 2019年07月 - 現在   日本医学教育学会   代議員
  • 2018年06月 - 現在   日本シミュレーション医療教育学会   理事
  • 2016年05月 - 現在   学習分析学会   理事
  • 2016年02月 - 現在   日本医療教授システム学会   ファカルティ
  • 2016年02月 - 現在   日本ムードル協会   理事
  • 2013年07月 - 現在   日本シミュレーション医療教育学会   評議員
  • 2013年06月 - 現在   医療系eラーニング全国交流会   世話人
  • 2013年05月 - 現在   次世代医療教育研究会   副会長
  • 2017年02月 - 2020年06月   日本医学教育学会   将来構想に関する若手ワーキンググループ委員
  • 2016年07月 - 2020年06月   日本医学教育学会   学会広報・情報基盤委員会委員
  • 2017年02月 - 2020年03月   日本ムードル協会   副会長
  • 2013年04月 - 2014年03月   日本医療教授システム学会   第6回日本医療教授システム学会総会 事務局

担当経験のある科目

  • ICT時代の情報活用力自治医科大学(医学部)
  • シミュレーション医療教育学福島県立医科大学(大学院)
  • 医療における「学習」と「教育」自治医科大学
  • 情報学概論自治医科大学(医学部)
  • 医療シミュレーション入門自治医科大学(医学部)
  • インストラクショナル・デザイン入門自治医科大学(医学部)
  • Rによるプログラミング入門自治医科大学(医学部)
  • 情報学自治医科大学(看護学部)
  • 医学医療情報学自治医科大学(医学部)
  • 医学概論自治医科大学(医学部)
  • 医学部入門自治医科大学(医学部)
  • 理科総合(グループ演習の担任およびmoodleサポート)自治医科大学
  • テュートリアル(テューターとして)自治医科大学
  • ケース学習(テューターとして)自治医科大学
  • シミュレーション実習自治医科大学
  • 診断学実習(Pre BSL)自治医科大学
  • 看護技術演習Ⅳ(思考の整理について 非常勤)自治医科大学(看護学部)
  • 看護トピックス(ICLSおよびワールドカフェのみ)自治医科大学(看護学部)
  • 医療安全と医療シミュレーション(課外セミナー)自治医科大学
  • 医療のためのマインドマップ基礎講座(課外セミナー)自治医科大学
  • 医療人間論自治医科大学

社会貢献活動

  • 期間 : 2020年07月04日 - 2020年07月04日
    役割 : パネリスト
    主催者・発行元 : 医療系eラーニング全国交流会(JMeL)
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 医療系eラーニング全国交流会(JMeL)プチ交流会
  • 期間 : 2020年05月30日 - 2020年05月30日
    役割 : パネリスト
    主催者・発行元 : 日本医学教育学会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第1回医学教育サイバーシンポジウム
  • LMS x LAセミナー
    期間 : 2019年11月06日 - 2019年11月06日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 学習分析学会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 学習分析学会 LMS x LAセミナー
  • シミュレーション教育を補完する教育環境 :eラーニング、反転授業、etc.
    期間 : 2014年09月06日 - 2014年09月07日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : Laerdal Japan
    イベント・番組・新聞雑誌名 : National SUN in Tokyo
  • ファシリテーション研修
    期間 : 2014年07月11日 - 2014年07月12日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 徳島大学病院
  • 反転授業をやりたい教師のための授業設計入門
    期間 : 2014年04月01日 - 2014年05月31日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 田原真人
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 反転授業オンライン講座
  • 期間 : 2014年02月26日 - 2014年02月26日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 反転授業の研究(facebookグループ)
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第6回 反転授業オンライン勉強会
  • 期間 : 2014年01月24日 - 2014年01月24日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : ソフトウェア技術者協会(SEA)/教育分科会(sigedu)
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第22回 SEA新春教育フォーラム2014
  • 期間 : 2013年11月
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 岐阜大学 医学教育開発研究センター
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第50回記念 医学教育セミナーとワークショップ
  • シミュレーション / インストラクショナルデザイン / eラーニング
    期間 : 2013年08月29日 - 2013年08月30日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 徳島大学病院
    イベント・番組・新聞雑誌名 : ファシリテーション研修
  • ARCS/ISDセミナー ファシリテーター
    期間 : 2013年08月03日 - 2013年08月04日
    役割 : その他
    主催者・発行元 : 日本医療教授システム学会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : ARCS/ISDセミナー
  • 医療安全とシミュレーション教育
    期間 : 2013年06月01日 - 2013年06月02日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 公益財団法人 地域社会振興財団
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第41回 看護師研修会日程表
  • 期間 : 2012年08月
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 岐阜大学 医学教育開発研究センター
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第45回医学教育セミナーとワークショップ

メディア報道

  • 報道 : 2014年
    発行元・放送局 : レールダル
    番組・新聞雑誌 : RealLIFE
     会誌・広報誌 SSH(Society for Simulation in Healthcare)の国際学会であるIMSH2014にて、ワークショップ・パネルディスカッションに参加した際の概要紹介。
  • IMSH 2014 San Francisco CHSE
    発行元・放送局 : 日本医療教授システム学会
    番組・新聞雑誌 : ニュースレター 2014年2月5日
     会誌・広報誌
  • 第6回JSISH総会を振り返って
    発行元・放送局 : 日本医療教授システム学会
    番組・新聞雑誌 : ニュースレター 2014年4月14日
     会誌・広報誌


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.