詳細検索はこちら

簑田 清次 ミノタ セイジ

所属部署名副学長
職名副学長ホームページURLhttp://www.jichi.ac.jp/alle/index.html

プロフィール

研究キーワード

    リウマチ膠原病

研究分野

  • 内科系臨床医学 / 内科学一般(含心身医学)

経歴

  • 1984年
    -
    1988年
    ノースカロライナ大学チャペルヒル校 助手
  • 1988年
    -
    1993年
    東京大学医学部 助手
  • 1993年
    -
    1997年
    自治医科大学 助教授
  • 1997年
    - 自治医科大学 教授

学歴

  • -
    1978年
    東京大学 医学部 医学(日本)

所属学協会

  • 日本内科学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本臨床免疫学会
  • 日本アレルギ-学会
  • 日本免疫学会
  • 日本臨床分子医学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本内科学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本臨床免疫学会
  • 日本アレルギ-学会
  • 日本免疫学会
  • 日本臨床分子医学会

委員歴

  • 2012年
    -
    現在
    日本内科学会 評議員
  • 日本リウマチ学会 評議員
  • 1990年
    日本臨床免疫学会 評議員
  • 2002年
    日本臨床分子医学会 評議員
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2012年
    -
    現在
    日本内科学会 評議員
  • 日本リウマチ学会 評議員
  • 1990年
    日本臨床免疫学会 評議員
  • 2002年
    日本臨床分子医学会 評議員

学位

  • 医学博士

研究活動

MISC

  • Invitro and invivo inhibition of activation induced T cell.
    J. Rheum. 27 1358 2000年
  • Characterization of chemokine receptor expression and cytokine production in circulatiog CD4 +T cells from patients with atopicdematitis:up-regulation of C-C chemokine receptor 4 in atopic dermatitis.
    Clin. Exp. Allergy 32 1236 2002年
  • A novel costimulation pathway via the 4C8 antigen for the induction of CD4 + regulatoty T cells.
    J. Immunol. 169 3710 2002年
  • Effects of FTY720 in MRL-lpr/lpr Mice: Therapeutic Potential in Systemic Lupus Erythematosus.
    J Rheumatol 29: 707-716, 2002 29:707-716 2002年
  • Von Recklinghausen disease in a patient with X-linked a gammaglobulinemia
    Intern. Med 41, 1039-1043 2002年
  • Production of thrimboxane A2 and Prostaglandin I 2 affected by interaction of heat aggregated IgG, endothelial cells, and platelets in lupus nephritis
    J. Rheumatol. 29, 2106-2113 2002年
  • Humanized monoclonal anti-interleukin 6-antibody for treatment of intractable adult-onset Still's disease
    Arthritis Rheum. 46, 3388-3389 2002年
  • Elevated muscle enzymes in a patient with severe hypocalcemia mimicking polymyositis
    Mod. Rheumatol. 12, 186-189 2002年
  • Cogan's syndrome with antineutrophil cytoplasmic autoantibody
    Ann. Rheum. Dis. 61, 761-762 2002年
  • High proliferative potential colony-forming cells (HPP-CFCs) in the peripheral blood of rheumatoid arthritis patients with interstitial lung disease
    Scand J Rheumatol 32,273-276 2003年
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • Invitro and invivo inhibition of activation induced T cell.
    J. Rheum. 27 1358 2000年
  • Characterization of chemokine receptor expression and cytokine production in circulatiog CD4 +T cells from patients with atopicdematitis:up-regulation of C-C chemokine receptor 4 in atopic dermatitis.
    Clin. Exp. Allergy 32 1236 2002年
  • A novel costimulation pathway via the 4C8 antigen for the induction of CD4 + regulatoty T cells.
    J. Immunol. 169 3710 2002年
  • Effects of FTY720 in MRL-lpr/lpr Mice: Therapeutic Potential in Systemic Lupus Erythematosus.
    J Rheumatol 29: 707-716, 2002 29:707-716 2002年
  • Von Recklinghausen disease in a patient with X-linked a gammaglobulinemia
    Intern. Med 41, 1039-1043 2002年
  • Production of thrimboxane A2 and Prostaglandin I 2 affected by interaction of heat aggregated IgG, endothelial cells, and platelets in lupus nephritis
    J. Rheumatol. 29, 2106-2113 2002年
  • Humanized monoclonal anti-interleukin 6-antibody for treatment of intractable adult-onset Still's disease
    Arthritis Rheum. 46, 3388-3389 2002年
  • Elevated muscle enzymes in a patient with severe hypocalcemia mimicking polymyositis
    Mod. Rheumatol. 12, 186-189 2002年
  • Cogan's syndrome with antineutrophil cytoplasmic autoantibody
    Ann. Rheum. Dis. 61, 761-762 2002年
  • High proliferative potential colony-forming cells (HPP-CFCs) in the peripheral blood of rheumatoid arthritis patients with interstitial lung disease
    Scand J Rheumatol 32,273-276 2003年
  • Acute immune thrombocytopenic purpura in a 90-year-old woman treated with immunoglobulin as well as glucocorticoid
    Intern Med 42,1265-1266 2003年
  • Prevalence of HSP47 antigen and autoantibodies to HSP47 in the Sera of patients with mixed connective tissue disease
    Biochem Biophys Res Commun 303,413-418 2003年
  • Nocardia arthritidis sp.nov.,a New Pathogen Isolated from a Patient with Rheumatoid Arthritis in Japan
    Journal of Clinical Microbiology 42,2366-2371 2004年
  • Acute Gout Attack in the Wrist Joint
    Internal Medicine 43,641-642 2004年
  • Rapidly Progressed Secondary Amyloidosis in a Patient with Mixed Connective Tissue Disease
    Internal Medicine 43,878-882 2004年

外部的資金

  • 膠原病における自己抗体産生のメカニズムの解明
    研究期間 :1984年
  • 膠原病における骨粗鬆症の予防
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 膠原病における自己抗体産生のメカニズムの解明
    研究期間 :1984年
  • 膠原病における骨粗鬆症の予防

Works

  • 膠原病の新しい治療法の開発
    発表年 : 2000年
Worksを全て表示する
  • 膠原病の新しい治療法の開発
    発表年 : 2000年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.