研究者総覧

伊藤 誉 (イトウ ホマレ)

  • 外科学講座(消化器一般移植外科学部門) 助教
Last Updated :2021/11/23

研究者情報

学位

  • 医学博士(2019年03月 自治医科大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究分野

  • ライフサイエンス / 免疫学 / インフラマソーム
  • ライフサイエンス / 消化器外科学

経歴

  • 2011年04月 - 現在  自治医科大学消化器一般移植外科

学歴

  • 2019年03月 -   自治医科大学   医学研究科
  • 2002年03月 -   自治医科大学   医学部

研究活動情報

論文

  • 大腸憩室出血の診断と治療 当院における大腸憩室出血に対する外科的治療の現状
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 太田 学, 直井 大志, 佐田友 藍, 本間 祐子, 太白 健一, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 味村 俊樹, 佐田 尚宏, 森川 昇玲, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 73 9 A75 - A75 (一社)日本大腸肛門病学会 2020年09月
  • 虫垂重積症を来した虫垂子宮内膜症の1例
    宮原 悠三, 伊藤 誉, 下地 信, 東 博, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    Gastroenterological Endoscopy 62 9 1585 - 1591 (一社)日本消化器内視鏡学会 2020年09月 
    症例は41歳女性,便潜血検査陽性のため行われた大腸内視鏡検査で,虫垂開口部に径20mmの正常粘膜に覆われた弾性,硬の隆起性病変を認めた.腹部CTでは腸管内腔に突出した隆起性病変として描出され,粘膜下腫瘍の術前診断で腹腔鏡下回盲部切除術を行った.術中観察では虫垂は盲腸内に反転しており虫垂重積を疑う所見であった.病理組織学的検査では,割面で虫垂粘膜の内反を認め,筋層内には円柱状の細胞からなる腺管が内膜様間質を伴って散見され,虫垂子宮内膜症に矛盾しない所見であった.虫垂子宮内膜症を原因とした虫垂重積症は稀であるが,特徴的な内視鏡所見を把握することで,盲腸切除などの縮小手術を施行できる可能性がある.(著者抄録)
  • Homare Ito, Hiroaki Kimura, Tadayoshi Karasawa, Shu Hisata, Ai Sadatomo, Yoshiyuki Inoue, Naoya Yamada, Emi Aizawa, Erika Hishida, Ryo Kamata, Takanori Komada, Sachiko Watanabe, Tadashi Kasahara, Takuji Suzuki, Hisanaga Horie, Joji Kitayama, Naohiro Sata, Kazuyo Yamaji-Kegan, Masafumi Takahashi
    JOURNAL OF IMMUNOLOGY 205 5 1393 - 1405 2020年09月 
    Intestinal ischemia/reperfusion (I/R) injury is a life-threatening complication that leads to inflammation and remote organ damage. The NLRP3 inflammasome regulates the caspase-1-dependent release of IL-1 beta, an early mediator of inflammation after I/R injury. In this study, we investigated the role of the NLRP3 inflammasome in mice with intestinal I/R injury. Deficiency of NLRP3, ASC, caspase-1/11, or IL-1 beta prolonged survival after intestinal I/R injury, but neither NLRP3 nor caspase-1/11 deficiency affected intestinal inflammation. Intestinal I/R injury caused acute lung injury (ALI) characterized by inflammation, reactive oxygen species generation, and vascular permeability, which was markedly improved by NLRP3 deficiency. Bone marrow chimeric experiments showed that NLRP3 in non-bone marrow-derived cells was the main contributor to development of intestinal I/R-induced ALI. The NLRP3 inflammasome in lung vascular endothelial cells is thought to be important to lung vascular permeability. Using mass spectrometry, we identified intestinal I/R-derived lipid mediators that enhanced NLRP3 inflammasome activation in lung vascular endothelial cells. Finally, we confirmed that serum levels of these lipid mediators were elevated in patients with intestinal ischemia. To our knowledge, these findings provide new insights into the mechanism underlying intestinal I/R-induced ALI and suggest that endothelial NLRP3 inflammasome-driven IL-1 beta is a novel potential target for treating and preventing this disorder.
  • 当院における内視鏡摘除後のT1直腸癌追加腸切除適応症例についての検討
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 73 7 332 - 332 (一社)日本大腸肛門病学会 2020年07月
  • 術前CRT施行直腸癌症例に対する側方リンパ節郭清の適応
    井上 賢之, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 伊藤 誉, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 73 7 346 - 346 (一社)日本大腸肛門病学会 2020年07月
  • Naoya Yamada, Tadayoshi Karasawa, Taiichi Wakiya, Ai Sadatomo, Homare Ito, Ryo Kamata, Sachiko Watanabe, Takanori Komada, Hiroaki Kimura, Yukihiro Sanada, Yasunaru Sakuma, Koichi Mizuta, Nobuhiko Ohno, Naohiro Sata, Masafumi Takahashi
    AMERICAN JOURNAL OF TRANSPLANTATION 20 6 1606 - 1618 2020年06月 
    Hepatic ischemia-reperfusion (I/R) injury is a major problem in liver transplantation (LT). Although hepatocyte cell death is the initial event in hepatic I/R injury, the underlying mechanism remains unclear. In the present study, we retrospectively analyzed the clinical data of 202 pediatric living donor LT and found that a high serum ferritin level, a marker of iron overload, of the donor is an independent risk factor for liver damage after LT. Since ferroptosis has been recently discovered as an iron-dependent cell death that is triggered by a loss of cellular redox homeostasis, we investigated the role of ferroptosis in a murine model of hepatic I/R injury, and found that liver damage, lipid peroxidation, and upregulation of the ferroptosis marker Ptgs2 were induced by I/R, and all of these manifestations were markedly prevented by the ferroptosis-specific inhibitor ferrostatin-1 (Fer-1) or alpha-tocopherol. Fer-1 also inhibited hepatic I/R-induced inflammatory responses. Furthermore, hepatic I/R injury was attenuated by iron chelation by deferoxamine and exacerbated by iron overload with a high iron diet. These findings demonstrate that iron overload is a novel risk factor for hepatic I/R injury in LT, and ferroptosis contributes to the pathogenesis of hepatic I/R injury.
  • Emi Aizawa, Tadayoshi Karasawa, Sachiko Watanabe, Takanori Komada, Hiroaki Kimura, Ryo Kamata, Homare Ito, Erika Hishida, Naoya Yamada, Tadashi Kasahara, Yoshiyuki Mori, Masafumi Takahashi
    iScience 23 5 101070 - 101070 2020年05月 
    Pyroptosis is a form of regulated cell death that is characterized by gasdermin processing and increased membrane permeability. Caspase-1 and caspase-11 have been considered to be essential for gasdermin D processing associated with inflammasome activation. In the present study, we found that NLRP3 inflammasome activation induces delayed necrotic cell death via ASC in caspase-1/11-deficient macrophages. Furthermore, ASC-mediated caspase-8 activation and subsequent gasdermin E processing are necessary for caspase-1-independent necrotic cell death. We define this necrotic cell death as incomplete pyroptosis because IL-1β release, a key feature of pyroptosis, is absent, whereas IL-1α release is induced. Notably, unprocessed pro-IL-1β forms a molecular complex to be retained inside pyroptotic cells. Moreover, incomplete pyroptosis accompanied by IL-1α release is observed under the pharmacological inhibition of caspase-1 with VX765. These findings suggest that caspase-1 inhibition during NLRP3 inflammasome activation modulates forms of cell death and permits the release of IL-1α from dying cells.
  • 腸管虚血再灌流障害に続発する肺障害におけるインフラマソームの役割の解明
    伊藤 誉
    自治医科大学紀要 42 65 - 65 (学)自治医科大学 2020年03月
  • Homare Ito, Ai Sadatomo, Yoshiyuki Inoue, Naoya Yamada, Emi Aizawa, Erika Hishida, Ryo Kamata, Tadayoshi Karasawa, Hiroaki Kimura, Sachiko Watanabe, Takanori Komada, Hisanaga Horie, Joji Kitayama, Naohiro Sata, Masafumi Takahashi
    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 519 1 15 - 22 2019年10月 
    Background: Intestinal ischemia/reperfusion (I/R) injury is a life-threatening complication that leads to inflammation and remote organ damage. However, the underlying mechanism is not yet fully understood. Toll-like receptor 5 (TLR5) is highly expressed in mucosa and recognizes flagellin, the main component of the bacterial flagella. Here, we investigated the role of TLR5 in inflammation and tissue damage after intestinal I/R injury using TLR5-deficient mice.Methods and results: Intestinal levels of TLR5 mRNA and flagellin protein were elevated in wild-type mice subjected to intestinal I/R. Although TLR5 deficiency had no effect on intestinal flagellin levels, it significantly attenuated intestinal injury and inflammatory responses after intestinal I/R. TLR5 deficiency also markedly improved survival in mice after intestinal I/R injury. In wild-type mice, intestinal I/R injury induced remote organ damage, particularly in the lung, which was attenuated by TLR5 deficiency. Furthermore, TLR5 deficiency prevented lung inflammatory responses and vascular permeability after intestinal I/R injury.Conclusion: These findings demonstrate a novel role of TLR5 and provide new insights into the mechanism underlying inflammation and tissue damage after intestinal I/R injury. (C) 2019 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • Erika Hishida, Homare Ito, Takanori Komada, Tadayoshi Karasawa, Hiroaki Kimura, Sachiko Watanabe, Ryo Kamata, Emi Aizawa, Tadashi Kasahara, Yoshiyuki Morishita, Tetsu Akimoto, Daisuke Nagata, Masafumi Takahashi
    Scientific reports 9 1 10363 - 10363 2019年07月 
    Long-term peritoneal dialysis (PD) therapy leads to peritoneal inflammation and fibrosis. However, the mechanism underlying PD-related peritoneal inflammation and fibrosis remains unclear. NLRP3 inflammasome regulates the caspase-1-dependent release of interleukin-1β and mediates inflammation in various diseases. Here, we investigated the role of NLRP3 inflammasome in a murine model of PD-related peritoneal fibrosis induced by methylglyoxal (MGO). Inflammasome-related proteins were upregulated in the peritoneum of MGO-treated mice. MGO induced parietal and visceral peritoneal fibrosis in wild-type mice, which was significantly reduced in mice deficient in NLRP3, ASC, and interleukin-1β (IL-1β). ASC deficiency reduced the expression of inflammatory cytokines and fibrotic factors, and the infiltration of macrophages. However, myeloid cell-specific ASC deficiency failed to inhibit MGO-induced peritoneal fibrosis. MGO caused hemorrhagic ascites, fibrin deposition, and plasminogen activator inhibitor-1 upregulation, but all of these manifestations were inhibited by ASC deficiency. Furthermore, in vitro experiments showed that MGO induced cell death via the generation of reactive oxygen species in vascular endothelial cells, which was inhibited by ASC deficiency. Our results showed that endothelial NLRP3 inflammasome contributes to PD-related peritoneal inflammation and fibrosis, and provide new insights into the mechanisms underlying the pathogenesis of this disorder.
  • Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Homare Ito, Daishi Naoi, Ai Sadatomo, Makiko Tahara, Yoshiyuki Inoue, Yoshihiko Kono, Takahiro Sasaki, Hideharu Sugimoto, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    ASIAN JOURNAL OF ENDOSCOPIC SURGERY 12 2 150 - 156 2019年04月 
    IntroductionTransverse colon resection is one of the most difficult laparoscopic procedures because of anatomic hazards such as variations in the mesenteric vascular anatomy and the complex structure of organs and surrounding membranes.MethodsWe evaluated the short-term surgical outcomes of laparoscopic transverse colon resection using a creative approach. This approach included preoperative surgical simulation using virtual surgical anatomy by CT, a four-directional approach to the mesentery, and 3-D imaging during laparoscopic surgery.ResultsA total of 45 consecutive patients who underwent laparoscopic resection for transverse colon cancer from June 2013 to December 2017 were enrolled in this study. All procedures were completed safely, with minor postoperative complications, including two patients with anastomotic stenosis, two with intra-abdominal phlegmon, one with delayed gastric emptying, and one with pneumonia, all treated non-operatively. There were no conversions to open resection. Operation time was 203min (range, 125-322min), and the estimated blood loss during surgery was 5mL (range, 0-370mL). The mean postoperative hospital stay was 10days (range, 7-21days), and no patients required readmission.ConclusionShort-term surgical outcomes after laparoscopic transverse colon resection demonstrated that this creative approach was safe and feasible. The four-directional approach to the meso-transverse attachment combined with preoperative radiological simulation can facilitate laparoscopic transverse colon surgery.
  • 直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 東條 峰之, 宮原 悠三, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 森 和亮, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 味村 俊樹, Kawarai Lefor Alan, 佐田 尚宏
    自治医科大学紀要 41 7 - 13 (学)自治医科大学 2019年03月 
    右側結腸手術の周術期管理に、Enhanced Recovery After Surgeryプロトコル(ERAS)を導入したので短期成績を報告する。2014年6月から2017年10月に行われた右側結腸手術症例をERAS群、2010年1月から2014年5月の症例を従来群とし、後方視的に検討した。ERAS群では、機械的前処置の省略、術直後の胃管抜去、早期経口摂取開始を新たに採用した。ERAS群182例(腹腔鏡103例、開腹79例)、従来群202例(腹腔鏡84例、開腹118例)であった。腹腔鏡手術では、ERAS群と従来群で手術関連因子、術後合併症に差は認めなかった。開腹手術では、表層性の創部感染の発生率はERAS群で有意に高かった(ERAS群12.7%:従来群2.5%)が、Clavien-Dindo分類2以上の術後合併症はERAS群で有意に低かった(ERAS群3.8%:従来群18.6%)。右側結腸手術において当科のERASプロトコルは安全に導入可能である。(著者抄録)
  • Hisanaga Horie, Koji Koinuma, Homare Ito, Ai Sadatomo, Daishi Naoi, Yoshihiko Kono, Yoshiyuki Inoue, Mitsuaki Morimoto, Makiko Tahara, Alan K. Lefor, Naohiro Sata, Takahiro Sasaki, Hideharu Sugimoto
    ASIAN JOURNAL OF ENDOSCOPIC SURGERY 11 4 355 - 361 2018年11月 
    Introduction: Laparoscopic lateral pelvic lymph node dissection (LPLD) is technically challenging because of the complicated anatomy of the pelvic wall. To overcome this difficulty, we introduced preoperative 3-D simulation. The aim of the study is to investigate the usefulness of preoperative 3-D simulation for the safe conduct of laparoscopic LPLD for rectal cancer.Methods: After undergoing colonoscopy, patients were brought to the radiology suite where multi-detector row CT was performed. Three-dimensional images were constructed at a workstation and showed branches of the iliac artery and vein, ureter, urinary bladder, and enlarged lymph nodes. All members of the surgical team participated in preoperative simulation using the 3-D images.Results: A total of 10 patients with advanced lower rectal cancer and enlarged lateral pelvic lymph nodes underwent laparoscopic unilateral LPLD after total mesorectal excision, tumor-specific mesorectal excision, or total proctocolectomy. Four of the 10 patients (40%) had variations in pelvic vascular anatomy. The median operative time for unilateral LPLD was 91 min (range, 66-142 min) and gradually declined, suggesting a good learning curve. The median number of lateral pelvic lymph nodes harvested was nine (range, 3-16). The median estimated blood loss was 13 mL (range, 10-160 mL). No conversion to open surgery or intraoperative complications occurred. No patient had major postoperative complications.Conclusion: Preoperative 3-D simulation may be useful for the safe conduct of laparoscopic LPLD, especially for surgeons with limited prior experience.
  • 劉 啓文, 伊藤 誉, 二宮 大和, 寺内 寿彰, 木全 大, 篠崎 浩治, 小林 健二
    日本臨床救急医学会雑誌 21 1 37 - 41 (一社)日本臨床救急医学会 2018年02月 
    症例は30歳女性。突然の心窩部痛を主訴に救急外来を受診。来院時苦悶様顔貌で、右季肋部に圧痛を認めた。腹部CT検査で胆嚢腫大および粘膜の高吸収像、頸部の渦巻き像を認めたことから胆嚢捻転と診断し、緊急で腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した。腹腔内を観察すると、胆嚢は捻転解除後であったが、著明に腫大しており、漿膜面に虚血性変化を認めた。胆嚢は底部、体部が肝床部に固定されていない遊走胆嚢(Gross分類II型)であった。内腔は粘膜面の黒色調変化を来し、組織学的に壁全層の炎症細胞浸潤、うっ血、出血を認め、捻転に伴う変化として矛盾しない所見であった。胆嚢捻転はまれな疾患であり、先天的要因として遊走胆嚢、後天的要因として亀背、側彎、腹部打撲などが指摘されている。高齢女性に多いとされるが、小児や若年者の報告も散見され、原因不明の胆嚢腫大を認めた場合は、常に捻転の可能性を考慮すべきである。治療は腹腔鏡下胆嚢摘出術が適している。(著者抄録)
  • Homare Ito, Hisanaga Horie, Ai Sadatomo, Daishi Naoi, Makiko Tahara, Yoshihiko Kono, Yoshiyuki Inoue, Koji Koinuma, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    JOURNAL OF SURGICAL CASE REPORTS 2017 12 rjx247  2017年12月 
    Metachronous solitary metacarpal bone metastasis from rectal cancer has not been reported previously. Here, we describe a 54-year-old woman who underwent abdominoperineal resection for rectal cancer following neoadjuvant chemoradiotherapy. The resected specimen contained adenocarcinoma with no lymph node metastases (Stage II, T3N0M0); no adjuvant chemotherapy was administered. Fifteen months after surgery, the patient presented with pain and swelling of the right thumb. Radiography revealed metacarpal bone destruction, and fluorine-18 fluorodeoxyglucose positron emission tomography showed uptake only in the metacarpal bone. Open biopsy revealed an adenocarcinoma, and a right thumb resection was performed. Histological examination indicated features of adenocarcinoma similar to the findings of a rectal lesion, leading to a diagnosis of metachronous solitary metacarpal bone metastasis from rectal cancer. The patient remains free of disease after 6 years of follow-up. Our findings suggest that surgical resection may lead to favorable outcomes in patients with resectable solitary bone metastases.
  • Ai Sadatomo, Yoshiyuki Inoue, Homare Ito, Tadayoshi Karasawa, Hiroaki Kimura, Sachiko Watanabe, Yoshiko Mizushina, Jun Nakamura, Ryo Kamata, Tadashi Kasahara, Hisanaga Horie, Naohiro Sata, Masafumi Takahashi
    JOURNAL OF IMMUNOLOGY 199 9 3306 - 3315 2017年11月 
    Accumulating evidence suggests that IL-1 beta plays a pivotal role in the pathophysiology of hepatic ischemia-reperfusion (I/R) injury; however, the mechanism by which I/R triggers IL-1 beta production in the liver remains unclear. Recent data have shown that neutrophils contribute to hepatic I/R injury independently of the inflammasomes regulating IL-1 beta maturation. Thus, we investigated the role of neutrophils in IL-1 beta maturation and tissue injury in a murine model of hepatic I/R. IL-1 beta was released from the I/R liver and its deficiency reduced reactive oxygen species generation, apoptosis, and inflammatory responses, such as inflammatory cell infiltration and cytokine expression, thereby resulting in reduced tissue injury. Depletion of either macrophages or neutrophils also attenuated IL-1 beta release and hepatic I/R injury. In vitro experiments revealed that neutrophil-derived proteinases process pro-IL-1 beta derived from macrophages into its mature form independently of caspase-1. Furthermore, pharmacological inhibition of serine proteases attenuated IL-1 beta release and hepatic I/R injury in vivo. Taken together, the interaction between neutrophils and macrophages promotes IL-1 beta maturation and causes IL-1 beta-driven inflammation in the I/R liver. Both neutrophils and macrophages are indispensable in this process. These findings suggest that neutrophil-macrophage interaction is a therapeutic target for hepatic I/R injury and may also provide new insights into the inflammasome-independent mechanism of IL-1 beta maturation in the liver.
  • 井上 賢之, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 直井 大志, 森 和亮, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏
    自治医科大学紀要 39 15 - 21 (学)自治医科大学 2017年03月 
    左側大腸癌イレウス治療における経肛門イレウス管の適応と限界について後方視的に検討した。2006〜2011年に当科で手術治療を施行した左側大腸癌イレウス59症例を経肛門イレウス管減圧群(DC群)と非減圧群(NDC群)の2群に分け治療成績を比較した。イレウス管留置成功率は89%であった。DC群25例中、一期的切除吻合術が施行できたのは13例(52%)のみであった。7例(28%)では減圧したにも関わらずストマ造設のみ施行されており、原因として減圧不良(4例)、血清アルブミン低値(3例)、骨盤内他臓器浸潤(2例)があげられた。一期的切除吻合を目的とした経肛門イレウス管挿入は遠隔転移や高度局所浸潤がなく栄養状態良好症例には良い適応と考えられた。一方、栄養状態不良症例には術前経口摂取が可能となるステント挿入を、遠隔転移や高度局所浸潤症例に対してはストマ造設を選択すべきと考えられた。(著者抄録)
  • 巷野 佳彦, 堀江 久永, 直井 大志, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 森本 光昭, 田原 真紀子, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    癌の臨床 63 1 7 - 12 (株)篠原出版新社 2017年02月 
    クリニカルパスを用いて周術期管理を行った直腸癌前方切除症例94例を対象とし、以前のクリニカルパスで周術期管理を行った40例(男性21名、女性19名、65±10歳;5日目食事開始パス群)と経口摂取を早めたクリニカルパスで周術期管理を行った54例(男性33名、女性21名、61±12歳;2日目食事開始パス群)に分けた。手術に関しては、2日目食事開始パス群で腹腔鏡の手術の割合が増加した。入院中の経過は、術後在院日数は両群とも平均12日でパス通りであった。バリアンスでは2日目食事開始パス群において飲水や流動食開始遅延が有意に多く認められたが、退院が13日目以降に遅延した症例は2群間で有意差がなかった。ドレーン挿入留置期間も2群間で有意差を認めなかった。術後合併症は、SSIおよび縫合不全症例は2群間で有意差を認めなかった。一過性腸管麻痺を含めた術後イレウスが2日目食事開始パス群で有意に減少した。尿道カテーテル抜去後の尿閉の発症頻度は2日目食事開始パス群で少なかった。退院後の経過では2群とも再入院や再手術を要する症例は一例も認めなかった。
  • Homare Ito, Yasuyuki Miyakura, Hidenori Tsukui, Daishi Naoi, Makiko Tahara, Mitsuaki Morimoto, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    JOURNAL OF SURGICAL CASE REPORTS 2016 5 2016年05月 
    Metastatic squamous cell carcinoma (SCC) from an unknown primary site to the colon has not been reported previously. A 75-year-old woman presented with a mass in the left submandibular region. Biopsy revealed a Class V lesion, but the histologic type was undetermined. Surgical resection of the left submandibular gland with cervical lymph node dissection was performed. However, SCC was seen in the lymph nodes only, with no tumor in the submandibular gland. Three months after surgery, computed tomography revealed that the preoperatively diagnosed lesion in the transverse colon had grown considerably. A laparoscopic right hemicolectomy was performed. Histological examination showed features of SCC, similar to the findings in the cervical lymph nodes. We report a rare case of synchronous metastatic SCC to the colon and cervical lymph nodes from a carcinoma of unknown primary site.
  • Mitsuaki Morimoto, Koji Koinuma, Alan K. Lefor, Hisanaga Horie, Homare Ito, Naohiro Sata, Yoshikazu Hayashi, Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto
    WORLD JOURNAL OF GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 8 8 374 - 377 2016年04月 
    A 48-year-old man underwent laparoscopic sigmoid colon resection for cancer and surveillance colonoscopy was performed annually thereafter. Five years after the resection, a submucosal mass was found at the anastomotic staple line, 15 cm from the anal verge. Computed tomography scan and endoscopic ultrasound were not consistent with tumor recurrence. Endoscopic mucosa biopsy was performed to obtain a definitive diagnosis. Mucosal incision over the lesion with the cutting needle knife technique revealed a creamy white material, which was completely removed. Histologic examination showed fibrotic tissue without caseous necrosis or tumor cells. No bacteria, including mycobacterium, were found on culture. The patient remains free of recurrence at five years since the resection. Endoscopic biopsy with a cutting mucosal incision is an important technique for evaluation of submucosal lesions after rectal resection. (C) The Author(s) 2016. Published by Baishideng Publishing Group Inc. All rights reserved.
  • Toshihide Komatsubara, Koji Koinuma, Yasuyuki Miyakura, Hisanaga Horie, Mitsuaki Morimoto, Homare Ito, Alan K. Lefor, Naohiro Sata, Noriyoshi Fukushima
    CLINICAL JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY 9 1 1 - 6 2016年02月 
    Purpose Endocrine cell carcinoma, according to the Japanese classification criteria for colorectal cancer, corresponds to neuroendocrine carcinoma (NEC) and mixed adenoneuroendocrine carcinoma (MANEC), as defined in the 2010 World Health Organization (WHO) classification. We retrospectively reviewed the clinical features of patients with these tumors diagnosed and treated at our institution.Methods The clinicopathological features of endocrine cell carcinomas of the colon and rectum diagnosed by neuroendocrine markers from January 2000 to December 2012 were retrospectively evaluated in 12 patients.Results Surgical specimens were obtained from eight of the 12 patients. MANEC was diagnosed in six patients and NEC in one. One tumor was unclassifiable. The tumors were not resected in four patients, and all died within 3 months. Of the eight patients who underwent resection, four received an R0 resection, two of whom underwent adjuvant chemotherapy and survived more than 5 years. One patient who underwent an R2 resection and continuous chemotherapy survived for 53 months. One patient with NEC underwent surgery and radiotherapy, and died 17 months later.Conclusion Most endocrine cell carcinomas of the colon and rectum reviewed were MANECs. Though their prognosis was generally poor, chemotherapy may be effective in some patients.
  • Mitsuaki Morimoto, Yasuyuki Miyakura, Alan T. Lefor, Kazuya Takahashi, Hisanaga Horie, Koji Koinuma, Hiroyuki Tanaka, Homare Ito, Tetsuichiro Shimizu, Yoshihiko Kono, Naohiro Sata, Noriyoshi Fukushima, Takashi Sakatani, Yoshikazu Yasuda
    SURGERY TODAY 45 7 834 - 840 2015年07月 
    We hypothesized that a reduction in the size of the lymph nodes after neoadjuvant therapy for locally advanced rectal carcinoma would be associated with decreased lymph node metastases and/or a better prognosis.Between March 2006 and April 2012, 71 patients with primary rectal cancer received neoadjuvant chemoradiation therapy (CRT). For all lymph nodes 5 mm or larger in size, the major and minor axes were measured on CT scan images, and the product was calculated. The lymph node size was determined before and after CRT. The patients were divided into three groups based on the lymph node size before and after treatment. Group A exhibited a reduction in size of 60 % or more, Group B a reduction of less than 60 % and Group C had no lymph node enlargement before treatment.The incidence of lymph node metastases on pathological examination was 15 % in Group A and 50 % in Group B (p = 0.006). The five-year disease-free survival in Group A was 84 % compared with 78 % in Group B (log rank p = 0.34). The five-year overall survival in Group A was 92 % compared with 74 % in Group B (log rank p = 0.088).A reduction in the size of enlarged lymph nodes after neoadjuvant therapy may be a useful prognostic factor for recurrence and survival.
  • Satoshi Takada, Yoshinori Hoshino, Homare Ito, Yohei Masugi, Toshiaki Terauchi, Kazuhiro Endo, Masaru Kimata, Junji Furukawa, Hiroharu Shinozaki, Kenji Kobayashi, Yoshiro Ogata
    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY 45 3 286 - 290 2015年03月 
    Recently, bevacizumab has become a key drug for treatment of metastatic colorectal cancer. Molecularly targeted agents such as bevacizumab can cause life-threatening adverse effects, though they are generally considered less toxic than cytotoxic drugs. Here, we review the case of a 76-year-old male rectal cancer patient with liver metastasis who suffered extensive bowel necrosis after administration of 5-fluorouracil-based chemotherapy with bevacizumab, and required a subtotal colectomy and end-ileostomy. Microscopic findings revealed extensive mucosal necrosis in the resected colon specimen and necrosis at the muscularis propria of the descending colon. Pathological findings suggested that the mucosal damage induced by chemotherapy may be exacerbated by treatment with bevacizumab, resulting in extensive necrosis.
  • Riha Shimizu, Yoshinori Hoshino, Haruko Irie, Homare Ito, Toshiaki Terauchi, Masaru Kimata, Junji Furukawa, Hiroharu Shinozaki, Kenji Kobayashi, Yoshiro Ogata
    INTERNATIONAL SURGERY 99 3 230 - 234 2014年05月 
    The ileosigmoid knot (ISK) is a rare cause of intestinal obstruction. ISK is a condition in which the ileum wraps around the base of the sigmoid colon and forms a knot, leading to high mortality with rapid progression to bowel gangrene. We herein report a rare case of ISK at week 13 of pregnancy. The ISK was diagnosed by computed tomography, and the patient underwent emergency surgery for acute abdomen. Laparotomy showed segmental gangrenous change in the sigmoid colon, which was twisted around the distal ileal loop. The gangrenous bowel was resected, and primary anastomosis was performed. To our knowledge, the present case involves the first and earliest pregnancy in which a preoperative diagnosis of ISK was made and successful treatment was performed with surgery. A radiologic approach should be undertaken for prompt diagnosis and optimal management, even in early pregnancy.
  • 森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 安田 是和
    臨牀と研究 91 2 267 - 270 大道学館出版部 2014年02月 
    35歳男。慢性的に腹痛が出現し、検診で便鮮血を指摘された。下部内視鏡検査を施行され、回腸末端に潰瘍性病変を指摘された。経肛門的ダブルバルーン内視鏡(DBE)を施行した。回盲弁は破壊され、回腸末端から5cm程の長さで、不整形の潰瘍を認めた。腹部造影CTでは、盲腸から回腸末端にかけて壁肥厚、造影効果を認め周囲脂肪織の索状影や濃度の上昇を認めた。回腸末端に深い潰瘍、狭窄を認め、腹痛も改善傾向ないため診断、治療目的に腹腔鏡下補助下回盲部切除術を行う方針とした。口腔内アフタ、ブドウ膜炎、外陰部潰瘍などの既往なく、Behcet病の診断基準を満たさないため単純性潰瘍と診断した。合併症の発症なく、術後9日目に退院となった。
  • Shigeki Matsubara, Akihide Ohkuchi, Hiroaki Nonaka, Homare Ito, Alan T Lefor
    Case reports in obstetrics and gynecology 2014 164356 - 164356 2014年 
    Dilatation and curettage (D&C) sometimes causes uterine perforation, which usually does not cause a serious problem. Here, we report uterine perforation caused by D&C, in which the small intestine prolapsed from the uterus, requiring intestinal resection. D&C was performed for missed abortion at 9 weeks. After dilating the cervix, forceps grasped tissue that, upon being pulled, resulted in the intestine being prolapsed into the vagina. Laparotomy revealed a perforation at the low anterior uterine wall, through which the ileum had prolapsed. The mesentery of the prolapsed ileum was completely detached and the ileum was necrotic, which was resected. The uterus and the intestine were reconstructed. Although intestinal prolapse is considered to be caused by "unsafe" D&C performed by inexperienced persons or even by nonphysicians in developing countries, this occurred in a tertiary center of a developed country. We must be aware that adverse events such as uterine perforation with intestinal prolapse can occur even during routine D&C.
  • 二宮 大和, 西澤 伸恭, 木村 有希, 清水 理葉, 藤田 優裕, 高田 智司, 星野 好則, 伊藤 誉, 寺内 寿彰, 木全 大, 篠崎 浩治
    Progress of Digestive Endoscopy 83 1 190,17 - 191,17 (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 2013年12月 
    80歳代男。食欲不振を主訴とした。血液検査で閉塞性黄疸と肝胆道系酵素、腫瘍マーカーの上昇を認め、腹部造影CTでは胆嚢癌の胆嚢床浸潤による肝門部胆管・十二指腸球部・横行結腸への浸潤と、播種・リンパ節転移が疑われた。胆嚢癌Stage IVbの臨床診断で、入院5〜16日目に内視鏡的逆行性胆管膵管造影・下部消化管内視鏡・上部消化管内視鏡によりそれぞれ胆管・十二指腸および横行結腸の狭窄に対して3期的にstentを内挿し、入院19日目に経口摂取を開始した。黄疸・便秘は改善し、入院44日目に退院した。退院後4ヵ月経過してステントの狭窄は認めていない。
  • Yoshinori Hoshino, Hiroharu Shinozaki, Yuki Kimura, Yohei Masugi, Homare Ito, Toshiaki Terauchi, Masaru Kimata, Junji Furukawa, Kenji Kobayashi, Yoshiro Ogata
    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY 11 289 - 289 2013年11月 
    Metastatic pancreatic cancer is rare, accounting for approximately 2% of all pancreatic malignancies, and most cases arise from renal cell carcinoma. We report the case of a 63-year-old woman, who presented with a pancreatic tumor detected during her annual health examination. She had undergone left nephrectomy 13 years previously for renal cell carcinoma. Computed tomography (CT) revealed two tumors in the head and body of the pancreas, a hypervascular tumor and a hypovascular tumor with an enhanced rim, respectively. She underwent pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy, and metastatic pancreatic tumors arising from the kidney with clustered clear cell carcinoma immunohistochemically positive for CD10 were diagnosed. This report presents the different enhancement features of different lesions on CT scans. Because the enhancement features of lesions have been reported to vary according to the size of the metastatic tumor, a knowledge of the history of renal cell carcinoma is crucial for diagnosis.
  • 木全 大, 木村 有希, 二宮 大和, 藤田 優裕, 清水 理葉, 高田 智司, 西澤 伸恭, 伊藤 誉, 星野 好則, 寺内 寿彰, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎
    Progress of Digestive Endoscopy 82 1 45,1 - 48,1 (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 2013年06月 
    2010年に十二指腸ステントが保険収載されて以来、幽門狭窄や十二指腸狭窄に対してステントの挿入が行われるようになってきている。当院では2010年4月から2012年10月までの間、悪性腫瘍にて幽門や十二指腸の通過障害を生じた症例のうち、バイパス手術を選択しなかった22例に対して十二指腸ステントの挿入を試み、19例に留置した。男女比は15:4で男性が多く、平均年齢は73.7歳。平均狭窄長は39.95mm(最短20mm、最長100mm)であった。食事再開までの平均日数は2.25日であり、挿入完遂率は86%(19/22)。全粥摂取可能となったのは84%(16/19)。重篤な合併症は消化管穿孔が1例であった。また、生存日数は平均166.7日であり、最短は1日。最長で807日(現在生存中)であった。十二指腸ステントは幽門や十二指腸狭窄を伴う高度進行癌に対して有効な治療法の1つであると考えられた。(著者抄録)
  • 寺内 寿彰, 篠崎 浩治, 二宮 大和, 木村 有希, 清水 理葉, 藤田 優裕, 高田 智司, 西澤 伸恭, 星野 好則, 伊藤 誉, 木全 大, 古川 潤二, 小林 健二, 尾形 佳郎
    Progress of Digestive Endoscopy 82 1 82 - 86 (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 2013年06月 
    当院では2011年4月よりラジアル型超音波内視鏡検査を導入し、2012年7月までの1年3ヵ月に膵管内乳頭粘液性腫瘍(膵IPMN)22例に対しEUS検査を行った。対象は男女比13:9で41歳から80歳の22症例であった。主膵管型、分枝膵管型、混合型の比率は2:16:4で、壁在結節は22例中9例に認めた。EUS検査を行った22例中10例は手術適応と判断し、うち6名は切除術を施行した[膵管内乳頭粘液性腺癌(膵IPMC)5例、膵管内乳頭粘液性腺腫(膵IPMA)1例]。EUSにて壁在結節を確認できた9症例において、CTやMRI検査にて壁在結節が確認できなかった症例は7例あった。過去の文献においても壁在結節の描出率は78%と報告されており(体外式US35%、MRI19%、CT24%)、膵IPMNの悪性度診断における高危険因子である壁在結節の診断においてEUSは非常に有意な検査と考えられる。2012年度版IPMN国際診療ガイドラインにおいてworrisome featureを呈する症例(嚢胞径30mm以上、主膵管径5〜9mmなど)にEUS検査が推奨され、経過観察方法についても20mm以上の嚢胞径の症例についてEUSが推奨されている。自験例においてはworrisome featureを呈さない嚢胞径15mmの症例でもEUSにて壁在結節を認め、病理組織学的に悪性所見を認めた症例もあり、膵IPMNにおいて初回診断時に可及的全例にEUS検査を行うべきと考える。約1年3ヵ月の期間にてEUSを行った膵IPMN症例22例について検査所見、経過、病理組織検査結果などについて報告する。(著者抄録)
  • 篠崎 浩治, 小澤 壯治, 西澤 伸恭, 二宮 大和, 寺内 寿彰, 木村 有希, 藤田 優裕, 清水 理葉, 高田 智司, 星野 好則, 伊藤 誉, 木全 大, 古川 潤二, 小林 健二, 尾形 佳郎
    Progress of Digestive Endoscopy 82 1 96,3 - 97,3 (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 2013年06月 
    59歳男性。検診の上部消化管内視鏡検査にて食道異常所見を指摘され、著者らの施設へ受診となった。所見では上部消化管造影および胸部CT、MRI検査では胸部下部〜中部食道に粘膜下腫瘍が認められた。また、FDG-PETでは食道病変に一致して異常集積を示し、超音波内視鏡では腫瘍は低エコーを呈していた。以後、EUS-FNABの結果、本症例は食道GISTと診断され、リスク分類で中間リスク以上と考え、右開胸開腹中下部食道切除ならびに胸腔内胃管再建術が行われた。その結果、術後の経過は良好で、患者は第26病日目に軽快退院となった。
  • 星野 好則, 篠崎 浩治, 木村 有希, 二宮 大和, 藤田 優裕, 清水 理葉, 高田 智司, 西澤 伸恭, 伊藤 誉, 寺内 寿彰, 木全 大, 古川 潤二, 小林 健二, 尾形 佳郎
    Progress of Digestive Endoscopy 82 1 148,11 - 149,11 (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 2013年06月 
    70歳代女。40年前に胃潰瘍穿孔に対して広範囲胃切除術、Billroth II法再建を施行された。心窩部不快感が出現し、上部消化管内視鏡検査(EGD)を施行し、吻合部に小彎を中心とする2/3周性の1型腫瘍を認め、生検ではadenocarcinomaと診断した。残胃吻合部癌の診断で手術を施行したが、腹膜播種および膵浸潤を認め試験開腹術となった。化学療法を施行するも奏効せず、繰り返す嘔吐を認め、経口摂取不良となった。EGDではBillroth II法吻合部に易出血性の隆起性腫瘍を認め、内腔は狭小化し、スコープは通過困難であった。悪性腫瘍に伴う吻合部狭窄と診断し、SEMS挿入を行う方針となった。翌日から経口摂取可能となり退院となった。外来化学療法を施行したが、SEMS挿入3ヵ月後に全身状態が悪化し死亡した。経口摂取は直前まで保たれていた。
  • 藤田 優裕, 伊藤 誉, 冨保 和宏, 二宮 大和, 木村 有希, 清水 理葉, 高田 智司, 西澤 伸恭, 星野 好則, 寺内 寿彰, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎
    Progress of Digestive Endoscopy 82 1 152 - 153 (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 2013年06月 
    大腸内視鏡補助下経皮内視鏡的胃瘻造設術の2例を経験した。症例1は70歳代男で、S状結腸軸捻転の診断で入院した。内視鏡的整復を行うも症状を繰り返すため腹腔鏡下S状結腸切除術を施行した。術後合併症による絶食が長期に及び、嚥下機能の廃用性低下による嚥下性肺炎を繰り返し、入院後9週目に胃瘻造設の方針となった。通常の手技では横行結腸誤穿刺の可能性が高いと判断し大腸内視鏡を併用する方針とした。術後の胃瘻造設に関する合併症は認めず、術後16日目にリハビリ目的に転院した。症例2は80歳代男で、心筋梗塞の診断で入院した。全身状態改善し、食事再開するも認知症による食欲不振があり、入院後8週目に胃瘻造設の方針となった。透視下に大腸内視鏡を用いて横行結腸を尾側に牽引することで穿刺ルートを確保し、経皮的に胃瘻を造設した。胃瘻造設に関する合併症は認めなかったが、術後41日目に誤嚥性肺炎のため死亡した。
  • 高田 智司, 篠崎 浩治, 寺内 寿彰, 二宮 大和, 木村 有希, 清水 理葉, 藤田 優裕, 西澤 伸恭, 星野 好則, 伊藤 誉, 木全 大, 古川 潤二, 小林 健二, 尾形 佳郎
    Progress of Digestive Endoscopy 82 1 226,22 - 227,22 (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 2013年06月 
    77歳男。膵仮性嚢胞に対してドレーン挿入中、ドレーンからの出血があり、ショック症状をきたした。出血点を同定するために血管造影を施行したが、明らかなextravasationは認められず、嚢胞壁の小血管からの滲出性出血と考えられたため、APC(argon plasma coagulation)による組織表面の凝固が有効と考え施行した。方法は、ドレーン孔から細径内視鏡を挿入し、漏孔壁に発赤散在している部位を認めたため、これが出血源と考え、APCで焼灼した。以後ドレーンからの出血はなくなり、退院となった。
  • 北村 祥貴, 海崎 泰治, 宮永 太門, 澤田 幸一郎, 藤田 麻奈美, 宮崎 真奈美, 八木 大介, 伊藤 誉, 浅海 吉傑, 平能 康充, 林田 有市, 前田 一也, 大田 浩司, 林 裕之, 道傳 研司, 服部 昌和, 橋爪 泰夫
    胃と腸 46 9 1397 - 1402 (株)医学書院 2011年08月 
    患者は60歳代,女性.検診を目的に施行した胃内視鏡検査で胃前庭部に粘膜下腫瘍を指摘され,当科を受診した.胃X線検査ならびに胃内視鏡検査で胃前庭部大彎に径2cm大の立ち上がりのなだらかな粘膜下腫瘍を認め,表面性状は平滑であった.EUSでは,第4層内に11×10mm大の境界明瞭な腫瘤を認め,内部エコーは高〜低エコーが散在し不均一であった.腹部CT検査では腫瘤が造影早期相から強く濃染された.腹腔鏡下胃局所切除術にて切除した標本の病理診断では,胃固有筋層内のglomus腫瘍と診断した.胃glomus腫瘍は前庭部に好発し,EUSで内部エコーは固有筋層より高く不均一で,造影CT検査で早期から強く濃染することが鑑別診断に有用と思われた.(著者抄録)
  • 浅海 吉傑, 宮永 太門, 伊藤 誉, 澤田 幸一郎, 藤田 麻奈美, 宮崎 真奈美, 八木 大介, 北村 祥貴, 平能 康充, 前田 一也, 林田 有市, 大田 浩司, 林 裕之, 道傳 研司, 服部 昌和, 橋爪 泰夫, 海崎 泰治
    癌と化学療法 38 8 1325 - 1328 (株)癌と化学療法社 2011年08月 
    症例は75歳、男性。食欲不振を主訴に近医を受診し、上部消化管内視鏡検査にて4型進行胃癌と診断され加療目的に当院紹介となった。内視鏡上胃体上部から前庭部までの粘膜浮腫、高度の伸展不良がみられ4型胃癌の所見であった。上部消化管造影検査では胃全体の硬化、高度の伸展不良を認めた。CT検査上所属リンパ節転移が疑われたが明らかな肝転移、腹膜播種は指摘されなかった。患者とその家族に病状説明を行ったところ、術前化学療法を希望されS-1/CDDP療法(S-1 80mg/m2/分2、3投2休。CDDP 60mg/m2をday 8に点滴静注)を開始した。2コース終了時点で胃壁伸展は良好となり、計4コース施行後に胃全摘術を行った。病理学組織学的検査にて切除標本に腫瘍細胞の残存は認めず化学療法の効果はGrade 3と診断された。(著者抄録)
  • Yoshihide Asaumi, Tamon Miyanaga, Homare Ito, Koichiro Sawada, Manami Fujita, Manami Miyazaki, Daisuke Yagi, Hirotaka Kitamura, Mitsuyasu Hirano, Kazuya Maeda, Yuichi Hayashida, Koji Ohta, Hiroyuki Hayashi, Kenji Doden, Masakazu Hattori, Yasuo Hashizume, Yasuharu Kaizaki
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 38 8 1325 - 8 2011年08月 
    A 75-year-old man with type 4 advanced gastric cancer was referred to our hospital. We diagnosed the tumor as cStage III B(cT4a, cN2, cM0)gastric cancer. We selected neoadjuvant S-1 combined with CDDP therapy for him. After 2 courses of chemotherapy, the extension of the gastric wall improved. After an additional 2 courses of chemotherapy, the primary tumor revealed a partial response(PR), judged from a barium meal study and upper GI endoscopic findings, and a total gastrectomy with lymph node dissection was performed. The pathological specimens showed no cancer cells in the gastric wall and lymph nodes, so the histological effect was judged as Grade 3.
  • 浅海 吉傑, 宮永 太門, 伊藤 誉, 申 寿東, 藤田 真奈美, 宮崎 真奈美, 八木 大介, 北村 祥貴, 平能 康充, 林田 有市, 前田 一也, 大田 浩司, 林 裕之, 道伝 研司, 服部 昌和, 橋爪 泰夫, 海崎 泰治
    癌と化学療法 38 7 1175 - 1178 (株)癌と化学療法社 2011年07月 
    門脈腫瘍塞栓を伴う胃癌は肝転移を来しやすく予後不良といわれている。今回われわれは、S-1/CDDP療法にて門脈塞栓の消失を認め手術を行った進行胃癌の1例を経験したので報告する。症例は50歳台、男性。食事のつかえ感を主訴に当院を受診し、上部消化管内視鏡検査にて食道浸潤を伴う噴門部胃癌と診断された。CT検査にて小彎側リンパ節腫大と門脈腫瘍塞栓を指摘された。臨床病期T3N2H0P0、Stage IIIB(胃癌取扱い規約第13版)と診断したが門脈塞栓を手術的に切除は困難と判断し、化学療法S-1/CDDP療法を行い門脈腫瘍栓の消失を確認し二次化学療法を経て、原発巣、所属リンパ節の縮小を認めたため胃全摘術を行った。病理結果では化学療法の効果はGrade 1aでf-T3N0H0P0、stage IIであった。術後はS-1単剤による化学療法を継続している。(著者抄録)
  • Yoshihide Asaumi, Tamon Miyanaga, Homare Ito, Hisato Shin, Manami Fujita, Manami Miyazaki, Daisuke Yagi, Hirotaka Kitamura, Mitsuyasu Hirano, Yuichi Hayashida, Kazuya Maeda, Koji Ohta, Hiroyuki Hayashi, Kenji Doden, Masakazu Hattori, Yasuo Hashizume, Yasuharu Kaizaki
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 38 7 1175 - 8 2011年07月 
    A 50-year-old man with advanced gastric cancer and a tumor embolus in the portal vein was referred to our hospital. We diagnosed the tumor as cStage III B (cT3, cN2, cH0, P0, M0) gastric cancer, and selected neoadjuvant S-1 (80 mg/m2) and CDDP (60 mg/m2) therapy for him. After 2 courses of chemotherapy, the embolus in the portal vein disappeared. After additional chemotherapy, the primary tumor and regional lymph node revealed a partial response (PR), and judging from the results from the barium meal study, upper GI endoscopic findings and CT scan, a total gastrectomy with lymph node dissection was performed.
  • 浅海 吉傑, 海崎 泰治, 細川 治, 宮永 太門, 伊藤 誉, 道傳 研司, 服部 昌和, 橋爪 泰夫
    胃と腸 46 5 757 - 762 (株)医学書院 2011年05月 
    患者は70歳代,女性.嚥下困難を主訴に近医を受診し,食道腫瘍と診断されて当科に紹介となった.食道X線写真では胸部上部食道に約5cmの立ち上がり急峻な棍棒状の隆起性病変を認め,内視鏡検査では同部位に表面は平滑な有茎性の隆起性病変を認め,その基部から口側にかけて軽度隆起を伴った不整な粘膜を認めた.同部位生検にて扁平上皮癌を認め,胸部食道癌の診断で手術を行った.病理組織学的には粘膜下層に浸潤する食道癌肉腫と診断された.食道癌肉腫は形態的に有茎性隆起性腫瘍とその基部に表在癌が存在することが特徴的であり診断に有用と考えられた.(著者抄録)
  • 北村 祥貴, 宮永 太門, 申 寿東, 藤田 麻奈美, 宮崎 真奈美, 八木 大介, 伊藤 誉, 浅海 吉傑, 平能 康充, 林田 有市, 前田 一也, 大田 浩司, 林 裕之, 道傳 研司, 服部 昌和, 橋爪 泰夫, 佐々木 次壽
    癌と化学療法 38 2 259 - 262 (株)癌と化学療法社 2011年02月 
    当院におけるS-1療法による涙道障害の頻度と治療効果を調査検討した。2004年9月〜2007年12月までに当院でS-1を1クール以上投与し生存している78例に対しアンケート調査を行い、回答可能であった55例を対象とした。流涙・眼脂などの症状の訴えがあれば眼科受診し、涙道障害の部位と程度を診断した。結果、55例中6例(12.5%)に眼科的処置が必要な涙道障害を認めた。S-1投与から流涙を認めるまでの平均期間は5.7ヵ月であり、発症までの投与量の平均値は10,300mgであった。涙道の障害部位は涙小管閉塞、涙小管狭窄、涙点閉塞および鼻涙管狭窄であった。6例すべてにシリコーンチューブ留置術が施行され、いずれも流涙は改善し、S-1療法を継続可能であった。S-1投与中の患者には涙道障害を来している可能性があり、早期発見および治療により症状の改善が得られると考えられた。(著者抄録)
  • Hirotaka Kitamura, Tamon Miyanaga, Hisatou Shin, Manami Fujita, Manami Miyazaki, Daisuke Yagi, Homare Ito, Yoshihide Asaumi, Yasumitsu Hirano, Yuichi Hayashida, Kazunari Maeda, Koji Ota, Hiroyuki Hayashi, Kenji Douden, Masakazu Hattori, Yasuo Hashidume, Tsugihisa Sasaki
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 38 2 259 - 62 2011年02月 
    We report the frequency of lacrimal passage disorder and the outcomes of treatment. This retrospective study was performed on 55 cases that were treated with S-1 for at least 1 month. We asked patients about ocular symptoms. An ophthalmic surgeon examined all patients and diagnosed lacrimal passage disorder in 6 of 55 patients (12. 5%). The mean dose of S- 1 was 10, 300 mg, and the average period to onset of lacrimal passage disorder was 5. 7 months. The causes of epiphora included occlusion/stenosis of lacrimal canaliculus, occlusion of lacrimal puncta and stenosis of nasolacrimal duct. Lacrimal surgery was performed in all 6 patients and epiphora improved. Lacrimal passage disorder may result from systemic treatment of patients with S-1. Symptoms of lacrimal passage disorder improved with early detection and treatment by insertion of a silicone tube.
  • 宮永 太門, 海崎 泰治, 細川 治, 浅海 吉傑, 伊藤 誉, 澤田 幸一郎, 橋爪 泰夫
    胃と腸 45 12 1882 - 1893 (株)医学書院 2010年11月 
    1994〜1998年に当院で切除された,SM以深の胃癌468例を特殊型胃癌(「胃癌取扱い規約第14版」)に焦点を当てて検討した.特殊型は43例(9.2%)であり,内分泌細胞癌8例,リンパ球浸潤癌21例,肝様腺癌14例であった.これらの第13版における組織型はpor1 32例,pap 4例,tub2 4例,tub1 1例,por2 1例,nec 1例であった.全例で予後が確認でき,内分泌細胞癌と肝様腺癌の5年生存率は25.0%,35.7%であり,SM以深胃癌全体の66.0%に比べ有意に低かった.リンパ球浸潤癌は95.2%で,有意に高かった.また,今回の検討期間には含まれていなかったが,過去に扁平上皮癌5例,腺扁平上皮癌4例を経験しており,これらを第14版での診断基準で再検討すると扁平上皮癌1例,腺扁平上皮癌4例であった.特殊型は頻度が低く,その診断は困難であるものの今回の改訂で大幅に増加し,今後その重要性が期待された.(著者抄録)
  • 海崎 泰治, 細川 治, 宮永 太門, 浅海 吉傑, 伊藤 誉, 申 寿東, 道傳 研司, 服部 昌和
    胃と腸 45 12 1916 - 1925 (株)医学書院 2010年11月 
    胃のリンパ球浸潤癌は腫瘍組織内外にリンパ球浸潤が高度な組織型で,EBV(Epstein-Barr virus)感染が高頻度に関連している.「胃癌取扱い規約第14版」では低分化腺癌充実型(por1)から特殊型として独立した位置づけとなった.当院で治療した胃癌症例からリンパ球浸潤癌を抽出し,EBV陽性群とEBV陰性群に分類して臨床病理学的に検討した.リンパ球浸潤癌は59例で胃癌全体の2.5%,EBV陽性群は43例(73%),EBV陰性群は16例(27%)であった.肉眼型は早期癌では混合型が,進行癌では2型が多く,粘膜下腫瘍の形態をとるものが多く認められた.深達度は粘膜下層症例が多く(61%),粘膜癌は1例も認めなかった.EBV陽性群は男性優位が顕著(84%)で,胃の近位部に大部分(95%)が存在していた.組織学的には粘膜下以深でリンパ球浸潤癌の特徴を示すが,粘膜内成分では中分化型管状腺癌(tub2)にリンパ球浸潤を伴うlace patternの性質を有していた.EBV陽性群の大部分(86%)が腺境界部に存在していた.リンパ球浸潤癌は予後良好な症例が多く,腫瘍の性質に応じた治療を行うためにも,肉眼診断,生検診断の時点で予測をつけることが重要と考えられた.(著者抄録)
  • Homare Ito, Yasuharu Kaizaki, Yukihiro Noda, Susumu Fujii, Shinichirou Yamamoto
    PATHOLOGY INTERNATIONAL 58 7 421 - 426 2008年07月 
    An association between autoimmune pancreatitis (AIP) and inflammatory abdominal aortic aneurysm (AAA) has never been reported. Reported herein is a case of IgG4-related inflammatory AAA accompanying metachronous AIP. A 77-year-old man presented with malaise and intermittent lower abdominal pain. Radiological examination showed inflammatory AAA and right hydronephrosis caused by retroperitoneal fibrosis. Surgical correction of the AAA was performed, but high levels of systemic inflammatory markers persisted. Four months after surgery, the patient presented with epigastric pain, backache, and jaundice. His serum IgG4 concentration was high (571 mg/mL), and he was diagnosed with AIP, based on clinical and radiological findings. Corticosteroid therapy resulted in improvement of the clinical findings and lowered his serum IgG4 levels. Subsequent histological examination of a specimen from the aortic wall showed irregular proliferation of fibroblastic and myofibroblastic cells, severe lymphoplasmacytic infiltration, and obliterative phlebitis in the adventitia. Furthermore, on immunohistochemistry many plasma cells within the lesion were found to be positive for IgG4. These findings suggest that inflammatory AAA has a pathological process similar to that of AIP, and that some cases of inflammatory AAA and retroperitoneal fibrosis may be aortic and periaortic lesions of an IgG4-related sclerosing disease.
  • 服部 昌和, 細川 治, 海崎 泰治, 三崎 明孝, 山崎 高宏, 伊藤 誉, 道傳 研司, 林 裕之, 森田 信人
    胃と腸 40 12 1697 - 1702 (株)医学書院 2005年11月 
    57歳,女.上腹部不快感を主訴とした.入院時,十二指腸造影検査にて下行脚に全周性狭窄(約5cm長)と多発性小潰瘍を認めた.上部消化管内視鏡にて狭窄部の粘膜面に白色の微細顆粒状所見を認めた.腹部CTにて下行脚狭窄部に内部densityがほぼ均一な類円形腫瘤を認め,超音波内視鏡では全層性で内部エコー不均一な類円形腫瘍を呈した.悪性腫瘍を強く疑い幽門輪温存膵頭十二指腸切除術を施行した.切除標本は4.2cm×4cm大の充実性腫瘤で,粘膜には潰瘍が多発していた.病理組織学的所見では十二指腸壁ほぼ全層性に中型異型リンパ球が濾胞状に増生し,膵頭部に浸潤していた.免疫組織化学的に異型リンパ球はL26,bcl-2,CD10陽性であった.十二指腸原発濾胞性リンパ腫,grade1,stage IVと診断した.術後30日よりRituximab-CHOP療法を開始し,現在再発なく外来通院中である
  • 外傷性胸部大動脈破裂に対する低体温循環停止法(HCA)の有用性
    伊藤 智, 川人 宏次, 安達 晃一, 木村 直行, 村田 聖一郎, 安達 秀雄, 井野 隆史
    日本心臓血管外科学会雑誌 33 Suppl. 183 - 183 (NPO)日本心臓血管外科学会 2004年02月
  • 下肢急性動脈閉塞症の診断における超音波カラードップラー法の有用性
    安達 晃一, 安達 秀雄, 川人 宏次, 村田 聖一郎, 美島 利昭, 今村 健太郎, 伊藤 智, 大澤 暁, 木村 直行, 井野 隆史
    日本心臓血管外科学会雑誌 33 Suppl. 370 - 370 (NPO)日本心臓血管外科学会 2004年02月
  • 消化器癌と血管外科手術 下大静脈に浸潤した腎細胞癌に対する外科的治療の検討
    野口 権一郎, 安達 秀雄, 安達 晃一, 伊藤 智, 今村 健太郎, 美島 利昭, 安藤 敬, 川人 宏次, 村田 聖一郎, 山口 敦司, 井野 隆史
    日本血管外科学会雑誌 12 1 44 - 44 (NPO)日本血管外科学会 2003年02月

MISC

  • クローン病腸管病変に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    太田 学, 伊藤 誉, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -2 2020年08月
  • 当院における内視鏡摘除後のT1直腸癌追加腸切除適応症例についての検討
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 73 (7) 332 -332 2020年07月
  • 術前CRT施行直腸癌症例に対する側方リンパ節郭清の適応
    井上 賢之, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 伊藤 誉, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 73 (7) 346 -346 2020年07月
  • 当科における直腸癌に対するTaTMEの導入と短期治療成績
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 田原 真紀子, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 川平 洋, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) SF057 -2 2019年12月
  • 直腸癌術前化学放射線治療実施症例に対する腹腔鏡下側方リンパ節郭清の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 本間 祐子, 太田 学, 佐久間 康成, 川平 洋, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) SF101 -3 2019年12月
  • 予防的人工肛門造設からみた直腸癌術後の縫合不全対策
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 太田 学, 本間 祐子, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) SF106 -3 2019年12月
  • 腹腔鏡下直腸切断術におけるインターシードの使用経験
    田原 真紀子, 堀江 久永, 太田 学, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 味村 俊樹, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) MO039 -5 2019年12月
  • 排便機能および排便機能障害について考える 排便機能外来立ち上げ後1年間の診療実績
    本間 祐子, 味村 俊樹, 太田 学, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 423 -423 2019年10月
  • Meckel憩室癌の1例
    崎尾 亮太郎, 伊藤 誉, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 701 -701 2019年10月
  • 潰瘍形成により穿通を来した腸間膜脂肪腫を伴うLipomatosisの1例
    太田 学, 伊藤 誉, 崎尾 亮太郎, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 705 -705 2019年10月
  • 専門領域の連携による炎症性腸疾患の治療 クローン病腸管狭窄に対するKono-S吻合の短期成績
    佐田友 藍, 堀江 久永, 本間 祐子, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 72 (9) A55 -A55 2019年09月
  • 排便障害診療におけるチーム医療の問題点と対策
    本間 祐子, 味村 俊樹, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 太田 学, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 72 (9) A120 -A120 2019年09月
  • 進行大腸癌所属リンパ節におけるPD-1/PD-L1分子の発現解析
    津久井 秀則, 斎藤 晶, 東條 峰之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 太田 学, 太白 健一, 熊谷 祐子, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 大澤 英之, 味村 俊樹, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 北山 丈二 日本大腸肛門病学会雑誌 72 (9) A121 -A121 2019年09月
  • 術前化学放射線治療実施症例に対する側方リンパ節郭清の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 太田 学, 太白 健一, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田 藍, 直井 大志, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 72 (9) A138 -A138 2019年09月
  • 難治性排便障害に対する経肛門的洗腸療法の治療成績
    本間 祐子, 味村 俊樹, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 太田 学, 太白 健一, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 72 (9) A164 -A164 2019年09月
  • 腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術後に発生し、経腹的・経会陰的に修復した会陰ヘルニアの1例
    高橋 和也, 堀江 久永, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 72 (9) A205 -A205 2019年09月
  • 当科における下部直腸癌に対するtaTMEの導入と短期治療成績
    田原 真紀子, 太田 学, 太白 健一, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 72 (9) A237 -A237 2019年09月
  • ヒト結腸直腸癌における腫瘍細胞および浸潤性骨髄細胞に対するPD-L1およびPD-L2の定量的評価(Quantitative evaluation of PD-L1 and PD-L2 on tumor cells and infiltrating myeloid cells in human colorectal cancer)
    齋藤 晶, 東條 峰之, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 大澤 英之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 北山 丈二 日本癌学会総会記事 78回 P -3300 2019年09月
  • 結腸間膜付着部を認識する2方向アプローチと術前血管画像構築を組み合わせた安全な腹腔鏡下横行結腸癌手術
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 味村 俊樹, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 74回 P98 -4 2019年07月
  • Akira Saito, Hideyuki Ohzawa, Mineyuki Tojo, Yuko Kumagai, Rihito Kanamaru, Hidenori Tsukui, Satomi Shiba, Homare Ito, Naohiro Sata, Joji Kitayama CANCER RESEARCH 79 (13) 2019年07月
  • 術前化学放射線療法(CRT)を行った下部進行直腸癌症例の術後CEA値は予後を予測するか
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 森 和亮, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 東條 峰之, 津久井 秀則, 宮原 悠三, 伊藤 誉, 太白 健一, 丸山 博行, 清水 徹一郎, 太田 学, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 72 (5) 293 -293 2019年05月
  • 小腸癌に対する外科治療の意義 原発性小腸癌24例の臨床病理学的検討
    井上 賢之, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 直井 大志, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 東條 峰之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 72 (5) 323 -323 2019年05月
  • 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 太田 学, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 味村 俊樹, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 72 (4) 165 -170 2019年04月 
    症例は43歳女性。S状結腸癌、転移性肝腫瘍、左卵巣腫瘍に対し腹腔鏡下S状結腸切除・肝部分切除・左付属器切除術が施行された。術後4ヵ月目に発症した絞扼性腸閉塞に対して緊急手術が施行された。原因はS状結腸の腸間膜欠損部と初回手術時に温存された上直腸動脈間が門となる内ヘルニアであった。小腸部分切除、腸間膜欠損部の縫合閉鎖を行った。腹腔鏡下大腸切除手術後、腸間膜欠損部が原因の内ヘルニアの発生率は少なく、腸間膜欠損部は閉鎖しないことが一般的である。本症例は、S状結腸が過長で、腸間膜と後腹膜の癒合が少ないという特徴があった。このような症例では術後の癒着による腸間膜欠損部の閉鎖がされず、内ヘルニアのリスクが高いと考えられ、閉鎖すべきと考えられた。(著者抄録)
  • 脾彎曲部結腸癌に対する腹腔鏡下手術の工夫
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 本間 祐子, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 SF -2 2019年04月
  • クローン病腸管病変に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS -1 2019年04月
  • 術前CRTが施行された直腸癌症例に対する側方郭清の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS -3 2019年04月
  • 高度膀胱浸潤を伴う直腸・S状結腸癌に対する治療戦略と当科における手術成績
    田原 真紀子, 堀江 久永, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS -3 2019年04月
  • 当院における直腸癌内視鏡切除後の追加切除適応症例についての検討
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS -2 2019年04月
  • 下行結腸進行癌に対する腹腔鏡下手術の工夫
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 清水 徹一郎, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) OS11 -7 2018年12月
  • 術前シミュレーションと3D内視鏡を用いた安全な腹腔鏡下側方リンパ節郭清の導入
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) OS90 -4 2018年12月
  • 腹腔鏡下右半結腸切除における腸管引き出し操作による副右結腸静脈からの出血の1例
    佐田友 藍, 堀江 久永, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) OS176 -8 2018年12月
  • 腹腔鏡下低位前方切除術後に発症した下肢コンパートメント症候群の2例
    田原 真紀子, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) DP26 -6 2018年12月
  • 腹腔鏡下右側結腸手術に対するERASプロトコル導入の短期成績
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 佐田友 藍, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) DP28 -1 2018年12月
  • 3D-CT angiographyによる術前シミュレーションと2方向間膜アプローチ法を組み合わせた腹腔鏡下右側大腸癌手術の定型化への試み
    田原 真紀子, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 79 (増刊) 424 -424 2018年10月
  • IBD治療における内科・外科・肛門科の連携 クローン病腸管病変に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 本間 祐子, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳 日本大腸肛門病学会雑誌 71 (抄録号) A37 -A37 2018年09月
  • 残尿測定による直腸癌術後排尿障害の評価
    東條 峰之, 堀江 久永, 太田 学, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 本間 祐子, 太白 健一, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 71 (抄録号) A184 -A184 2018年09月
  • 直腸原発Goblet cell carcinoidに対し腹腔鏡下直腸切断術を施行した1例
    井上 賢之, 堀江 久永, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 森 和亮, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 71 (抄録号) A236 -A236 2018年09月
  • 腹腔鏡下直腸切断術における人工肛門造設の工夫
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 太田 学, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 本間 祐子, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 71 (抄録号) A254 -A254 2018年09月
  • 伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 森 克亮, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 有田 宗史, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏 Gastroenterological Endoscopy 60 (7) 1331 -1337 2018年07月 
    大腸内視鏡が左鼠径ヘルニアに嵌入し挿入困難になった3例を経験した。症例はいずれも高齢の男性であった。1例は慎重に抜去を行った後、脱出した腸管を徒手整復手技に準じて還納することで全大腸内視検査が施行可能であったが、その他2例は検査の継続が不可能であった。大腸内視鏡は広く普及している手技であるが、検査中に内視鏡が鼠径ヘルニアに嵌入した報告は極めて少ない。大腸内視鏡検査を行う上で、高齢の男性では陰嚢腫脹を伴う外鼠径ヘルニアの病歴聴取が重要である。大腸内視鏡検査中に予期せず内視鏡が鼠径ヘルニアに嵌入した場合は、一旦手技を中断し、鼠径部痛などの臨床症状の確認を行った後、慎重に抜去するのが望ましい。(著者抄録)
  • 骨盤内臓全摘術後の骨盤死腔炎の予防には有茎大網充填が有用である
    伊藤 誉, 堀江 久永, 田原 真紀子, 森 和亮, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 73回 401 -401 2018年07月
  • 消化器外科手術における術前血清total cholesterol値と術後感染症との関連について
    森本 光昭, 堀江 久永, 井上 賢之, 伊藤 誉, 森 和亮, 田原 真紀子, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 73回 620 -620 2018年07月
  • Homare Ito, Yoshiyuki Inoue, Ai Sadatomo, Naoya Yamada, Ryo Kamata, Sachiko Watanabe, Tadayoshi Karasawa, Hiroaki Kimura, Yasunaru Sakuma, Hisanaga Horie, Yoshinori Hosoya, Joji Kitayama, Naohiro Sata, Masafumi Takahashi GASTROENTEROLOGY 154 (6) S497 -S497 2018年05月 
    0
  • Daishi Naoi, Hisanaga Horie, Koji Koinuma, Yoshiyuki Inoue, Homare Ito, Yosihiko Kono, Katsusuke Mori, Makiko Tahara, Ai Sadatomo, Yasunaru Sakuma, Yoshinori Hosoya, Joji Kitayama, Alan K. Lefor, Naohiro Sata GASTROENTEROLOGY 154 (6) S1351 -S1351 2018年05月 
    0
  • 待機的直腸癌前方切除症例におけるERAS導入の効果
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 1553 -1553 2018年04月
  • 直腸癌術前化学放射線療法における治療前後末梢血好中球リンパ球による治療効果予測
    津久井 秀則, 北山 丈二, 森本 光昭, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, Lefor Alan, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 1848 -1848 2018年04月
  • 当院におけるCrohn病に対するKono-S吻合の短期成績
    森 和亮, 堀江 久永, 太田 学, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 2245 -2245 2018年04月
  • 術前脳障害を合併した急性A型大動脈解離に対する手術成績
    岡村 誉, 木村 直行, 伊藤 智, 由利 康一, 松本 春信, 山口 敦司 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 48回 411 -411 2018年02月
  • 腹腔鏡補助下S状結腸切除術後腸間膜欠損部への内ヘルニアによる絞扼性イレウスの1例
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) SF004 -03 2017年12月
  • 当科における腹腔鏡下直腸切断術の術後短期成績の検討
    田原 真紀子, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) SF089 -01 2017年12月
  • 当施設における腹腔鏡補助下低位前方切除術時の解剖の理解と解説
    森本 光昭, 堀江 久永, 伊藤 誉, 森 和亮, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 直井 大志, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 北山 丈二, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP066 -02 2017年12月
  • 腹腔鏡下直腸切断術症例の合併症予防の工夫
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田友 藍, 森 和亮, 井上 賢之, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森本 光昭, 直井 大志, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP066 -09 2017年12月
  • 腹腔鏡下側方リンパ節郭清を安全に導入するための工夫
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 直井 大志, 井上 賢之, 森 克亮, 東條 峰之, 佐田友 藍, 森本 光昭, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP174 -08 2017年12月
  • 術前(化学)放射線療法が直腸切断術の術後短期成績に与える影響
    田原 真紀子, 堀江 久永, 津久井 秀則, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 丸山 博之, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 78 (増刊) 659 -659 2017年10月
  • 当科における下部進行直腸癌に対する術前放射線化学療法後の腹腔鏡手術の短期成績と導入の安全性について
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 森 和亮, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 東條 峰之, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 宮原 悠三, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 70 (抄録号) A91 -A91 2017年09月
  • 当科における小腸ストーマ造設後high-output stoma症例の検討
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 森本 光昭, 井上 賢之, 丸山 博之, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 70 (抄録号) A147 -A147 2017年09月
  • 当院におけるCrohn病に対するKono-S吻合の短期成績
    森 和亮, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 丸山 博行, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 70 (抄録号) A157 -A157 2017年09月
  • 直腸癌術後に孤発性の右拇指中手骨転移を来した1例
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 70 (抄録号) A297 -A297 2017年09月
  • 直腸癌超低位前方切除5年後に発症した直腸腟瘻に対しMartius flap法にて修復した1例
    井上 賢之, 堀江 久永, 浜畑 幸弘, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 森 和亮, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 70 (抄録号) A320 -A320 2017年09月
  • 当科における直腸切断術症例の術後合併症について
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 佐田友 藍, 森 和亮, 東條 峰之, 井上 賢之, 熊谷 祐子, 宮原 悠三, 太白 健一, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 清水 徹一郎, 丸山 博行, 森本 光昭, 直井 大志, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 70 (抄録号) A320 -A320 2017年09月
  • 左側大腸癌イレウスに対する経肛門イレウス管の適応と限界
    井上 賢之, 堀江 久永, 直井 大志, 伊藤 誉, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 細谷 好則, 北山 丈二, Lefor Alan, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 RS3 -6 2017年07月
  • 消化器外科の診断・手技・治療に役立つ先進技術 腹腔鏡下側方リンパ節郭清に役立つ術前シミュレーション
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 直井 大志, 井上 賢之, Lefor Alan, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 72回 O3 -6 2017年07月
  • Hidenori Tsukui, Rihito Kanamaru, Ai Sadatomo, Daishi Naoi, Tetsuichiro Shimizu, Makiko Tahara, Katsusuke Mori, Homare Ito, Mitsuaki Morimoto, Yoshihiko Kono, Yoshiyuki Inoue, Hiroyuki Maruyama, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Yasunaru Sakuma, Yoshinori Hosoya, Naohiro Sata, Joji Kitayama CANCER RESEARCH 77 2017年07月
  • 中下部進行直腸癌に対する腹腔鏡手術の短期成績
    津久井 秀則, 堀江 久永, 森本 光昭, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 70 (5) 363 -363 2017年05月
  • 熊谷 祐子, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 井上 賢之, 伊藤 誉, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 70 (4) 227 -232 2017年04月 
    症例は31歳女性.3ヵ月前からの便秘を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で直腸腫瘍を認め,Boring生検で神経鞘腫と診断され当院に紹介された.直腸診では肛門管上縁前壁に有茎性腫瘤を触知した.大腸内視鏡検査では歯状線口側に約50mm大の粘膜下腫瘤を認め,超音波内視鏡では粘膜下層由来の腫瘍が疑われ,Boring生検で神経鞘腫と診断された.CTでは内部にまだらな造影効果を認め,MRIではT2強調で高信号,不均一な造影効果を有する有茎性腫瘍として描出された.手術待機期間中に腫瘍が肛門から脱出し,救急外来にて用手的に還納を行った.治療は腰椎麻酔下にジャックナイフ位で経肛門的切除術を施行した.切除標本の病理組織診断では,悪性所見のない神経鞘腫で断端は陰性であった.直腸神経鞘腫は稀な疾患であるが悪性例の報告もあり,また生検だけでは良悪性の鑑別は困難とされているため,文献的考察を加え報告する.(著者抄録)
  • 腹腔鏡下ISRの治療成績
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 70 (4) 288 -288 2017年04月
  • クローン病に対する腸管吻合におけるKono-S吻合導入後の短期成績
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 宮原 悠三, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 田原 真紀子, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -2 2017年04月
  • 当院における局所進行下部直腸癌に対する術前化学放射線療法の有用性と課題について
    森本 光昭, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 堀江 久永, Lefor Alan, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -6 2017年04月
  • 若手外科医に対する腹腔鏡下大腸切除トレーニングシステム
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -2 2017年04月
  • 大腸癌同時性・異時性肝転移症例の予後比較についての検討
    津久井 秀則, 森本 光昭, 堀江 久永, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 70 (2) 132 -132 2017年02月
  • 青木 裕一, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏 外科 78 (13) 1513 -1517 2016年12月 
    44歳男性。食事摂取後の心窩部違和感と嘔吐を主訴に近医より紹介となった。上部消化管造影では十二指腸水平脚は認められず、造影剤は十二指腸でループを描いた後に右側腹部小腸を通り、骨盤内小腸へと流出していた。下部消化管造影では回腸末端は左下腹部に存在し、右側結腸の左方偏移が認められた。腸回転異常症(malrotation type)と診断し、待機的に腹腔鏡手術が行われたが、術後半年で腸閉塞を短期間に繰り返した。CTおよび上部消化管造影により上部小腸の癒着に伴う通過障害が疑われた。再手術を行なったところ、十二指腸下行脚〜上部空腸で腸管どうしが癒着しており、上部空腸はねじれるように口側腸管・右側後腹膜と癒着していた。そこで、癒着を剥離し、剥離面に新たにセプラフィルムを貼付した結果、術後は症状の再燃なく経過良好である。
  • 腹腔鏡下横行結腸癌手術における空間認識能向上への工夫
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 丸山 博行, 森 和亮, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS53 -5 2016年12月
  • 腹腔鏡下直腸前方切除術症例における早期経口摂取の検討
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS99 -1 2016年12月
  • 腹腔鏡下側方リンパ節郭清を安全に導入するための工夫
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 直井 大志, 田原 真紀子, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 津久井 秀則, 佐田友 藍, 森 和亮, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS188 -1 2016年12月
  • 当科の腹腔鏡補助下低位前方切除術の出血時の対応と手術手技について
    森本 光昭, 堀江 久永, 津久井 秀則, 東條 峰之, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 北山 丈二, 細谷 義則, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS188 -2 2016年12月
  • 癒着性腸閉塞に対する気腹CTによる術前評価が有用であった2例
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 田原 真紀子, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) DP51 -4 2016年12月
  • 直腸神経鞘腫の一例
    熊谷 祐子, 伊藤 誉, 青木 裕一, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 77 (11) 2844 -2844 2016年11月
  • 直腸脱 病態から考える術式選択 当院における腹腔鏡下後方固定術の手術成績
    森本 光昭, 堀江 久永, 太白 健一, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 426 -426 2016年10月
  • 大腸外科における手術部位感染対策 当科における周術期SSI対策変更による術後SSIへの影響
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 田原 真紀子, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 69 (抄録号) A50 -A50 2016年10月
  • 直腸癌低位前方切除術における縫合不全発生リスク因子の検討
    太白 健一, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 森本 光昭, 丸山 博行, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 69 (抄録号) A73 -A73 2016年10月
  • Ra、Rb進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術の短期成績
    津久井 秀則, 堀江 久永, 森本 光昭, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 69 (抄録号) A91 -A91 2016年10月
  • 当科の腹腔鏡補助下低位前方切除術の標準化に向けた取り組みと短期成績、手術手技について
    森本 光昭, 堀江 久永, 太白 健一, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 69 (抄録号) A109 -A109 2016年10月
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳 日本大腸肛門病学会雑誌 69 (抄録号) A122 -A122 2016年10月
  • 家族性大腸腺腫症(FAP)に対する結腸全摘・回腸直腸吻合術(IRA)の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 田原 真紀子, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 69 (抄録号) A128 -A128 2016年10月
  • 大腸内視鏡が左鼠径ヘルニアに嵌頓し挿入困難となった2例
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 69 (抄録号) A197 -A197 2016年10月
  • 横行結腸癌手術における中結腸動脈主リンパ節のCTサイズと病理学的転移および予後との関連について
    丸山 博行, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 太白 健一, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 森本 光昭, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 69 (抄録号) A207 -A207 2016年10月
  • 当科におけるLow-grade appendiceal mucinous neoplasmの臨床病理学的検討
    谷口 理丈, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 69 (抄録号) A249 -A249 2016年10月
  • Hisanaga Horie, Homare Ito, Takahiro Sasaki, Ai Sadatomo, Yoshihiko Kono, Makiko Tahara, Mitsuaki M. M. Morimoto, Koji Koinuma, Alan T. Lefor, Naohiro Sata JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF SURGEONS 223 (4) E8 -E9 2016年10月
  • 扁平上皮癌を合併した直腸肛門部尖圭コンジローマの1例
    伊藤 誉, 堀江 久永, 高橋 大二郎, 清水 徹一郎, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 71回 P2 -1 2016年07月
  • 進行大腸癌に対するイメージガイド腹腔鏡手術
    堀江 久永, 伊藤 誉, 佐々木 崇洋, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, Lefor Alan, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 71回 P3 -8 2016年07月
  • 早期・遠隔期治療成績から解析した急性A型解離における中枢側再建法の検討
    木村 直行, 伊藤 智, 岡村 誉, 堀 大治郎, 由利 康一, 松本 春信, 安達 晃一, 山口 敦司, 安達 秀雄 日本血管外科学会雑誌 25 (Suppl.) 194 -194 2016年06月
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 77 (5) 1197 -1201 2016年05月 
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 大腸癌肝転移切除後に補助化学療法(mFOLFOX6)を施行した症例の予後
    津久井 秀則, 森本 光昭, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 藤井 博文, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS -6 2016年04月
  • Checklist方式による、腹腔鏡補助下低位前方切除後縫合不全ゼロへの試み
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 直井 大志, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 清水 徹一郎, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS -4 2016年04月
  • 術前(化学)放射線療法を施行した下部進行直腸癌における術後再発リスク因子の検討
    田原 真紀子, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 裕子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 森本 光昭, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 藤井 博文, 仲澤 聖則, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS -2 2016年04月
  • 大腸癌治療におけるERAS導入とその実践 直腸癌手術症例における早期経口摂取の検討
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 WS -2 2016年04月
  • シニアレジデントに対する腹腔鏡下結腸切除トレーニングシステム
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS -7 2016年04月
  • 冠動脈バイパス術の2ndグラフトは何が最適か? 75歳以上の高齢者に対するCABG-両側内胸動脈グラフトは遠隔予後を改善させるか?
    伊藤 智, 山口 敦司, 木村 直行, 岡村 誉, 安達 晃一, 由利 康一, 松本 春信, 安達 秀雄 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 46回 PR14 -1 2016年02月
  • 内視鏡外科のこれからの教育 工夫を持ち寄って最善を探る 開腹手術経験の少ない若手医師に対する腹腔鏡下結腸切除トレーニングシステム
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 森本 光昭, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) WS2 -5 2015年12月
  • 誰も教えてくれない手術機器のうまい使い方 LCS 腹腔鏡下直腸手術におけるLCSによるsurgical smoke、ミストの対策について
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 佐久間 康成, 細谷 好則, Lefor Alan, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) WS16 -7 2015年12月
  • 横行結腸癌に対する手技の定型化は可能か? 腹腔鏡下横行結腸癌手術の普及には、個別化も重要である
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 井上 賢之, 直井 大志, 森 和亮, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) PD26 -2 2015年12月
  • 肥満症例における腹腔鏡下直腸切除術の検討
    田原 真紀子, 堀江 久永, 森本 光昭, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS8 -2 2015年12月
  • 回腸重複腸管からの出血に対して単孔式腹腔鏡手術を行った1例
    熊谷 祐子, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS61 -1 2015年12月
  • 当院における腹腔鏡下直腸切断術の大網有茎フラップ作成と結腸ストマ造設術
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS84 -5 2015年12月
  • 腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術における後腹膜経路でのストーマ造設の工夫
    伊藤 誉, 堀江 久永, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS85 -2 2015年12月
  • 腹腔鏡下右側結腸手術に対するERASプロトコル導入の短期成績
    直井 大志, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS187 -4 2015年12月
  • 成人発症のmalrotationに対し、腹腔鏡下手術を施行した1例
    青木 裕一, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS296 -9 2015年12月
  • 内視鏡外科手術の現状と将来(小腸、結腸、直腸) 腹腔鏡下大腸切除術の適応拡大に向けて 定型化から個別化へ
    堀江 久永, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 森本 光昭, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 404 -404 2015年10月
  • 内視鏡外科手技と器具の工夫(小腸、結腸、直腸) 腹腔鏡下大腸切除術におけるsurgical smoke対策について
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 宮倉 安幸, 佐久間 康成, 細谷 好則, Lefor Alan, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 478 -478 2015年10月
  • 高齢大腸癌患者における腹腔鏡下大腸切除術の適応について
    田原 真紀子, 堀江 久永, 森本 光昭, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 585 -585 2015年10月
  • 縫合不全ゼロを目指した、腹腔鏡補助下低位前方切除術の試み
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 井上 賢之, 直井 大志, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 591 -591 2015年10月
  • 定型化を目指した進行横行結腸癌に対する腹腔鏡下手術
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 佐田友 藍, 井上 賢之, 伊藤 誉, 直井 大志 日本大腸肛門病学会雑誌 68 (9) 664 -664 2015年09月
  • クローン病腸管狭窄に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 山本 博徳 日本大腸肛門病学会雑誌 68 (9) 697 -697 2015年09月
  • 当科における下部進行直腸癌に対する治療戦略の変革について
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 藤井 博文, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 68 (9) 720 -720 2015年09月
  • 75歳以上の高齢大腸癌患者における腹腔鏡下大腸切除術の検討
    田原 真紀子, 堀江 久永, 森本 光昭, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 68 (9) 768 -768 2015年09月
  • 直腸肛門部悪性黒色腫の1例
    菅野 真之, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 68 (9) 781 -781 2015年09月
  • 直腸神経鞘腫の一例
    熊谷 祐子, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏 日本大腸肛門病学会雑誌 68 (9) 827 -827 2015年09月
  • 内視鏡的粘膜切開生検が診断に有用であった直腸癌術後吻合部に発生したSMT様線維性腫瘤の1例
    森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 井上 賢之, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 佐田 尚宏, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 安田 是和 Gastroenterological Endoscopy 57 (Suppl.2) 2152 -2152 2015年09月
  • 乳癌に対するBevacizumab併用化学療法中に結腸多発潰瘍による穿孔性腹膜炎を来した1例
    高木 徹, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 櫻木 雅子, 鯉沼 広治, 藤田 崇史, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 穂積 康夫, 佐田 尚宏 日本癌治療学会誌 50 (3) 2411 -2411 2015年09月
  • Bevacizumab併用化学療法中にフルニエ壊疽を発症した2例
    青木 裕一, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 藤井 博文, 佐田 尚宏 日本癌治療学会誌 50 (3) 2414 -2414 2015年09月
  • 横行結腸領域癌の腹腔鏡手技の工夫、注意点 進行横行結腸癌に対するD3郭清を伴う腹腔鏡下手術、安全性と定型化を目指して
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 直井 大志, 清水 徹一郎, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 70回 RS -3 2015年07月
  • 3DCT、超細径内視鏡を用いた左側大腸狭窄に対する口側腸管病変の検索
    伊藤 誉, 高橋 和也, 佐々木 崇洋, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 70回 P -3 2015年07月
  • Crohn病の経過中に生じ腰椎麻酔下生検で診断し得た肛門管癌の1例
    中尾 祐樹, 森本 光昭, 井上 賢之, 直井 大志, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 70回 P -8 2015年07月
  • 当科の小腸DLBCL(Diffuse large B-cell lymphoma)に対する手術例の検討
    高橋 和也, 伊藤 誉, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 70回 P -2 2015年07月
  • 非密生型家族性大腸腺腫症に対する腹腔鏡下結腸全摘回腸直腸吻合の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 森本 光昭, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 70回 P -1 2015年07月
  • 下部進行直腸癌に対する術前化学放射線療法によるリンパ節縮小率、予後及び側方リンパ節転移の関連について
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 直井 大志, 佐田 尚宏, アラン・レフォー, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 70回 O -6 2015年07月
  • 大腸pSM癌に対して内視鏡的切除を先行することは長期予後に影響を与えるか 追加切除、初回手術例での比較検討
    伊藤 誉, 堀江 久永, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 森 和亮, 田中 宏幸, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 68 (6) 472 -472 2015年06月
  • 外科的切除を行った大腸粘膜下層高度浸潤癌の検討
    佐田友 藍, 堀江 久永, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 68 (5) 339 -339 2015年05月
  • 75歳以上の高齢大腸癌患者における日常生活活動度評価(METs)による術後合併症発症リスクの検討
    伊藤 誉, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 田中 宏之, 森 和亮, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 森本 光昭, 小泉 大, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 68 (5) 342 -342 2015年05月
  • Solid-pseudopapillary neoplasmを合併した家族性大腸腺腫症の1例
    直井 大志, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 森 和亮, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和 家族性腫瘍 15 (2) A76 -A76 2015年05月
  • 心臓血管 若年者(50歳以下)胸部大動脈疾患の手術成績に関する検討
    木村 直行, 伊藤 智, 岡村 誉, 由利 康一, 松本 春信, 山口 敦司, 安達 秀雄 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP -7 2015年04月
  • 下部消化管 下部進行直腸癌に対する術前化学放射線療法によるリンパ節縮小率と予後の関連及び側方郭清が省略可能な症例の検討について
    森本 光昭, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 佐田 尚宏, Lefor Alan, 安田 是和 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP -8 2015年04月
  • 下部消化管 進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除は安全な手術手技か?
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 森 和亮, 佐田 尚宏, 安田 是和, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 長谷川 芙美, 辻仲 眞康, 力山 敏樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP -4 2015年04月
  • 下部消化管 腹会陰式直腸切断術におけるSSI予防対策
    森 和亮, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP -1 2015年04月
  • 救急・外傷 右側結腸手術に対するERASプロトコール導入の短期成績
    直井 大志, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 森 和亮, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP -3 2015年04月
  • 下部進行直腸癌に対する術前化学放射線療法によるリンパ節縮小率と予後の検討
    森本 光昭, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 田中 宏之, 佐田 尚宏, Lefor Alan, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 68 (2) 124 -124 2015年02月
  • 進行下部直腸癌に対する肛門温存手術を目的とした術前化学療法の検討
    鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 伊藤 誉, 直井 大志, 田中 宏幸, 井上 賢之, 森本 光昭, 堀江 久永, 安田 是和, 藤井 博文 日本大腸肛門病学会雑誌 68 (2) 128 -128 2015年02月
  • 大腸の局在による粘膜下層高度浸潤癌の特徴 下部直腸癌に着目して
    佐田友 藍, 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 68 (2) 134 -134 2015年02月
  • 大動脈弁置換術におけるSJM Regent弁およびCEP Magna弁の遠隔成績
    岡村 誉, 山口 敦司, 木村 直行, 伊藤 智, 由利 康一, 松本 春信, 安達 秀雄 日本心臓血管外科学会雑誌 44 (Suppl.) 523 -523 2015年01月
  • 転移性横行結腸腫瘍に対して腹腔鏡下結腸右半切除術を施行した1例
    直井 大志, 宮倉 安幸, 伊藤 誉, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 森本 光昭, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 75 (12) 3443 -3443 2014年12月
  • 進行直腸癌に対する側方郭清の意義 直腸癌術前化学放射線療法後の側方郭清について
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 佐田 尚宏, Lefor Alan, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 289 -289 2014年10月
  • 大動脈瘤 手術かステントグラフト内挿術か? 開腹手術かステントグラフトか? 当科における腹部大動脈瘤破裂手術の現状
    西 智史, 藤井 温子, 山本 貴裕, 今村 友佑, 中野 光規, 竹内 太郎, 板垣 翔, 佐藤 哲也, 岡村 誉, 木村 直行, 伊藤 智, 松本 春信, 由利 康一, 山口 敦司, 安達 秀雄 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 304 -304 2014年10月
  • 超高齢者に対する冠動脈外科治療戦略 超高齢者における単独冠動脈バイパス術の成績
    岡村 誉, 山口 敦司, 木村 直行, 伊藤 智, 由利 康一, 松本 春信, 安達 秀雄 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 320 -320 2014年10月
  • 進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術の短期成績と定型化の工夫
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 直井 大志, 佐田友 藍, 安田 是和, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 長谷川 芙美, 辻仲 眞康, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 401 -401 2014年10月
  • 結腸直腸癌におけるアセトアミノフェン静注製剤による術後鎮痛の試み
    直井 大志, 倉科 憲太郎, 井上 莊一郎, 平 幸輝, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 森本 光昭, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 421 -421 2014年10月
  • 左側大腸狭窄病変に対するCT-colonographyおよび超細径内視鏡での深部大腸の検索
    高橋 和也, 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 434 -434 2014年10月
  • 孤立性腟転移を来たした直腸癌の一例
    村橋 賢, 鯉沼 広治, 直井 大志, 伊藤 誉, 森本 光昭, 堀江 久永, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 536 -536 2014年10月
  • 膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前CRTを施行しpCRが得られた1例
    宮原 悠三, 伊藤 誉, 直井 大志, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 539 -539 2014年10月
  • 腹腔鏡下低位前方切除術における縫合不全の検討 大腸癌研究会プロジェクト研究から
    堀江 久永, 塩見 明生, 伊藤 雅昭, 坂井 義治, 井谷 史嗣, 長田 俊一, 佐藤 敏彦, 瀧井 康公, 小畠 誉也, 伴登 宏行, 齋藤 典男 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 504 -504 2014年10月
  • 転移性横行結腸腫瘍に対して腹腔鏡補助下結腸右半切除術を施行した1例
    直井 大志, 堀江 久永, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 540 -540 2014年10月
  • 腹腔鏡下ISRの手術手技と治療成績
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 佐田友 藍, 直井 大志, 伊藤 誉, 森本 光昭, 田原 真紀子, 井上 賢之, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 安田 是和 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 581 -581 2014年10月
  • 肥満が腹腔鏡下大腸切除術に与える影響
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 佐田 尚宏, Alan Lefor, 安田 是和 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 652 -652 2014年10月
  • 内側アプローチを意識した安全な脾彎曲部授動のコツ
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 658 -658 2014年10月
  • 腹腔鏡下直腸・胃同時切除を行った多発性GISTの1例
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 670 -670 2014年10月
  • ナビゲーション画像の大腸疾患治療への応用 腹腔鏡下大腸手術におけるCT Colonographyを用いた術前シミュレーションの有用性
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 67 (9) 638 -638 2014年09月
  • 超細径内視鏡、3DCTを軸とした閉塞性大腸癌に対する治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 直井 大志, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 67 (9) 664 -664 2014年09月
  • 進行下部直腸癌に対する肛門温存手術を目的とした術前化学療法の検討
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 森本 光昭, 安田 是和, 藤井 博文, 井上 賢之 日本大腸肛門病学会雑誌 67 (9) 726 -726 2014年09月
  • 直腸癌術前化学放射線療法後の病理学的側方リンパ節転移を予想する因子
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 67 (9) 729 -729 2014年09月
  • 進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術の短期成績
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 安田 是和, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 長谷川 芙美, 辻仲 眞康, 力山 敏樹 日本大腸肛門病学会雑誌 67 (9) 743 -743 2014年09月
  • 外科的切除例からみた大腸SM高度浸潤癌の検討
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 67 (9) 750 -750 2014年09月
  • 消化管ストーマ閉鎖術における皮膚環状縫合の有用性
    直井 大志, 堀江 久永, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 森本 光昭, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 67 (9) 834 -834 2014年09月
  • 吻合部内視鏡所見からみたクローン病術後の治療戦略
    伊藤 誉, 宮倉 安幸, 直井 大志, 田中 宏幸, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 69回 P -1 2014年07月
  • 化学療法によりCRが得られた大腸癌転移再発巣の検討
    宮倉 安幸, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 69回 P -5 2014年07月
  • 左側大腸狭窄病変に対する3DCTおよび細径内視鏡での深部大腸の検索
    高橋 和也, 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 69回 P -2 2014年07月
  • 急性汎発性腹膜炎における術前リスク評価とその対応 絞扼性イレウスによる腸管壊死の術前評価の検討
    巷野 佳彦, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 直井 大志, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 69回 PD -3 2014年07月
  • 成人腸重積症の検討
    田中 宏幸, 宮倉 安幸, 下平 健太郎, 伊藤 誉, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 69回 P -5 2014年07月
  • 肛門管Neuroendocrine carcinomaの一切除例
    直井 大志, 伊藤 誉, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 森本 光昭, 田中 宏幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 69回 P -8 2014年07月
  • 伊藤 誉, 宮倉 安幸, 倉科 憲太郎, 小泉 大, 鯉沼 広治, 瑞木 享, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 115 (2) 780 -780 2014年03月
  • 清水 徹一郎, 宮倉 安幸, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 115 (2) 659 -659 2014年03月
  • 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和 日本外科学会雑誌 115 (2) 649 -649 2014年03月
  • 大腸癌両葉多発肝転移に対するConversion therapyの予後因子に関する検討
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 宮倉 安幸, 安田 是和, 藤井 博文 日本大腸肛門病学会雑誌 67 (3) 227 -227 2014年03月
  • 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 649 -649 2014年03月
  • 清水 徹一郎, 宮倉 安幸, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 659 -659 2014年03月
  • 伊藤 誉, 宮倉 安幸, 倉科 憲太郎, 小泉 大, 鯉沼 広治, 瑞木 享, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 780 -780 2014年03月
  • 直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術での安全な吻合をめざして
    宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 548 -548 2013年11月
  • 高齢者に対する癌治療方針(大腸) 80歳以上の高齢大腸癌患者におけるMetabolic equivalentsを用いた日常生活活動度評価による術後合併症発症リスクの検討
    伊藤 誉, 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 森本 光昭, 小泉 大, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 74 (増刊) 340 -340 2013年10月
  • 縫合不全の予防と治療(大腸) 直腸癌Ra、Rb病変に対する腹腔鏡下低位前方切除術でのDST吻合に対する工夫
    宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 堀江 久永, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 74 (増刊) 429 -429 2013年10月
  • 大腸癌の術前化学療法 高度進行大腸癌に対する化学療法導入のタイミング(原発巣切除に対する対応を中心に)
    宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 66 (9) 722 -722 2013年09月
  • 大腸癌のスクリーニングの新たなモダリティ Endoscopy/CT/MRI/PET 左側大腸狭窄病変に対する3DCTでの深部大腸の検索
    高橋 和也, 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 66 (9) 727 -727 2013年09月
  • Lynch症候群におけるMLH1 Germline epimutation症例の特徴
    宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 66 (9) 755 -755 2013年09月
  • 術者の育成を目的としたMulti-port surgery
    堀江 久永, 佐々木 純一, 辻仲 眞康, 長谷川 芙美, 力山 敏樹, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 66 (9) 779 -779 2013年09月
  • 当科における結腸癌根治術後吻合部再発症例の検討
    清水 徹一郎, 宮倉 安幸, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 66 (9) 789 -789 2013年09月
  • 80歳以上の高齢大腸癌患者における日常生活活動度(METs)を用いた術後合併症発症リスクの検討
    伊藤 誉, 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 66 (9) 793 -793 2013年09月
  • 直腸癌肝転移に対しFOLFOX+Bevacizumab療法中に広範囲結腸壊死を発症した1例
    高田 智司, 伊藤 誉, 豊田 尚潔, 中西 亮, 二宮 大和, 鯨井 大, 熊谷 祐子, 星野 好則, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎 日本癌治療学会誌 48 (3) 1886 -1886 2013年09月
  • 術前診断が可能であり緊急で腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した胆嚢捻転の1例
    劉 啓文, 伊藤 誉, 二宮 大和, 高田 智司, 星野 好則, 寺内 寿彰, 遠藤 和洋, 木全 全, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 尾形 佳郎 日本救急医学会雑誌 24 (8) 666 -666 2013年08月
  • 腹会陰式直腸切断術におけるSSI予防対策
    堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 井上 賢之, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 68回 O -4 2013年07月
  • 術前診断に苦慮した進行高分化型小腸神経内分泌腫瘍(GI-NET)の1例
    木村 有希, 木全 大, 高田 智司, 西澤 伸恭, 星野 好則, 伊藤 誉, 寺内 寿彰, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎 日本消化器外科学会総会 68回 P -6 2013年07月
  • 膿瘍を伴う虫垂炎で発見された早期虫垂癌の1例
    星野 好則, 西澤 伸恭, 伊藤 誉, 寺内 寿彰, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎 日本消化器外科学会総会 68回 P -6 2013年07月
  • IIIb型外傷性膵損傷に対し待機的にLetton-Wilson法を施行した一例
    高田 智司, 篠崎 浩治, 西澤 伸恭, 星野 好則, 伊藤 誉, 寺内 寿彰, 木全 大, 古川 潤二, 小林 健二, 尾形 佳郎 日本消化器外科学会総会 68回 P -9 2013年07月
  • 直腸癌、多発肝転移、難治性腹水を伴う患者に対し腹腔静脈シャント術が有効であり化学療法を継続し得た1例
    西澤 伸恭, 木全 大, 二宮 大和, 高田 智司, 星野 好則, 伊藤 誉, 寺内 寿彰, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎 日本消化器外科学会総会 68回 P -10 2013年07月
  • 下部直腸癌に対するMRI壁深達度、リンパ節転移診断の工夫
    宮倉 安幸, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 井上 賢之, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 森本 光昭, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 66 (6) 472 -472 2013年06月
  • von Recklinghausen病に併存した、著明な嚢胞性変化を伴った膵内分泌腫瘍の一例
    篠崎 浩治, 寺内 寿彰, 星野 好則, 伊藤 誉, 小林 健二, 尾形 佳郎 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25回 441 -441 2013年06月
  • 当院における膵IPMN手術症例に対する2012年度版IPMN国際診療ガイドラインの検討
    寺内 寿彰, 篠崎 浩治, 星野 好則, 伊藤 誉, 小林 健二, 尾形 佳朗 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25回 505 -505 2013年06月
  • 自己免疫性膵炎の経過観察中に肝左葉、膵尾部に腫瘤が出現しIgG4関連疾患との鑑別が困難であった一例
    伊藤 誉, 篠崎 浩治, 二宮 大和, 高田 智司, 星野 好則, 寺内 寿彰, 木全 大, 古川 潤二, 小林 健二, 尾形 佳郎 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25回 509 -509 2013年06月
  • 当院における76歳以上結腸直腸癌患者に対する化学療法の現状
    清水 徹一郎, 堀江 久永, 芝 順太郎, 伊藤 誉, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 長瀬 通隆, 藤井 博文 日本大腸肛門病学会雑誌 66 (4) 301 -301 2013年04月
  • 堀江 久永, 宮倉 安幸, 井上 賢之, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 森本 光昭, 伊藤 誉, 濱田 徹, 熊野 秀俊 日本外科学会雑誌 114 (2) 963 -963 2013年03月
  • 巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 井上 賢之, 森本 光昭, 濱田 徹, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 1040 -1040 2013年03月
  • 木村 直行, 伊藤 智, 田中 正史, 川人 宏次, 田村 敦, 木村 知恵里, 森田 英幹, 由利 康一, 松本 晴信, 安達 晃一, 山口 敦司, 安達 秀雄 日本外科学会雑誌 114 (2) 255 -255 2013年03月
  • 堀江 久永, 宮倉 安幸, 井上 賢之, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 森本 光昭, 伊藤 誉, 濱田 徹, 熊野 秀俊 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 963 -963 2013年03月
  • 巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 井上 賢之, 森本 光昭, 濱田 徹, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 1040 -1040 2013年03月
  • 原発巣切除が可能であった腹膜転移を伴う大腸癌の治療成績の検討
    伊藤 誉, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 66 (2) 135 -135 2013年02月
  • 特発性腸間膜静脈硬化症によるイレウスの1例
    藤田 優裕, 寺内 寿彰, 二宮 大和, 木村 有希, 清水 理葉, 高田 智司, 西澤 伸恭, 星野 好則, 伊藤 誉, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治 日本腹部救急医学会雑誌 33 (2) 494 -494 2013年02月
  • 腹腔鏡にて切除したDesmin陽性の筋原性の成分が混在したKIT陰性胃GISTの一切除例
    木全 大, 西澤 伸恭, 二宮 大和, 清水 理葉, 高田 智司, 藤田 優裕, 木村 有希, 伊藤 誉, 星野 好則, 寺内 寿彰, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎 日本胃癌学会総会記事 85回 427 -427 2013年02月
  • 腹腔鏡下大腸切除術でのReduced Port Surgeryへの取り組み
    宮倉 安幸, 堀江 久永, 芝 順太郎, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 井上 賢之, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 安田 是和 日本内視鏡外科学会雑誌 17 (7) 688 -688 2012年12月
  • 二宮 大和, 西澤 伸恭, 木村 有希, 清水 理葉, 高田 智司, 藤田 優裕, 星野 好則, 伊藤 誉, 寺内 寿彰, 木全 大, 篠崎 浩治 Progress of Digestive Endoscopy 82 (Suppl.) s87 -s87 2012年12月
  • 寺内 寿彰, 二宮 大和, 木村 有希, 清水 理葉, 藤田 優裕, 高田 智司, 西澤 伸恭, 星野 好則, 伊藤 誉, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治 Progress of Digestive Endoscopy 82 (Suppl.) s88 -s88 2012年12月
  • 篠崎 浩治, 小澤 壮治, 西澤 伸恭, 二宮 大和, 寺内 寿彰, 木村 有希, 藤田 優裕, 清水 理葉, 高田 智司, 星野 好則, 伊藤 誉, 木全 大, 古川 潤二, 小林 健二, 尾形 佳郎 Progress of Digestive Endoscopy 82 (Suppl.) s91 -s91 2012年12月
  • 木全 大, 木村 有希, 二宮 大和, 藤田 優裕, 清水 理葉, 高田 智司, 西澤 伸恭, 伊藤 誉, 星野 好則, 寺内 寿彰, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎 Progress of Digestive Endoscopy 82 (Suppl.) s94 -s94 2012年12月
  • 清水 理葉, 伊藤 誉, 二宮 大和, 木村 有希, 高田 智司, 藤田 優祐, 西澤 伸恭, 星野 好則, 寺内 寿彰, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎 Progress of Digestive Endoscopy 82 (Suppl.) s95 -s95 2012年12月
  • 星野 好則, 木全 大, 木村 有希, 二宮 大和, 藤田 優裕, 清水 理葉, 高田 智司, 西澤 伸恭, 伊藤 誉, 寺内 寿彰, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎 Progress of Digestive Endoscopy 82 (Suppl.) s100 -s100 2012年12月
  • 藤田 優裕, 伊藤 誉, 富保 和宏, 二宮 大和, 木村 有希, 清水 理葉, 高田 智司, 西澤 伸恭, 星野 好則, 寺内 寿彰, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治, 小林 健二, 尾形 佳郎 Progress of Digestive Endoscopy 82 (Suppl.) s105 -s105 2012年12月
  • 高田 智司, 寺内 寿彰, 二宮 大和, 木村 有希, 清水 理葉, 藤田 優裕, 西澤 伸恭, 星野 好則, 伊藤 誉, 木全 大, 古川 潤二, 篠崎 浩治 Progress of Digestive Endoscopy 82 (Suppl.) s120 -s120 2012年12月
  • LADG Roux-en-Y再建術後の反復したPetersen's Herniaに対して腹腔鏡下にて整復しえた1例
    西澤 伸恭, 木全 大, 二宮 大和, 藤田 優裕, 星野 好則, 伊藤 誉, 篠崎 浩治 日本内視鏡外科学会雑誌 17 (7) 528 -528 2012年12月
  • GISTに対し胃局所切除後、残胃にdesmoid-type fibromatosisを発症した一例
    二宮 大和, 木全 大, 木村 有希, 清水 理葉, 藤田 優裕, 高田 智司, 西澤 伸恭, 星野 好則, 伊藤 誉, 寺内 寿彰, 篠崎 浩治 日本内視鏡外科学会雑誌 17 (7) 781 -781 2012年12月
  • 下部直腸癌に対するMRI診断の利用
    宮倉 安幸, 堀江 久永, 芝 順太郎, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 井上 賢之, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 73 (増刊) 572 -572 2012年10月
  • 直腸癌画像診断の進歩と治療への応用 下部直腸癌に対するMRIの診断上の工夫
    宮倉 安幸, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 井上 賢之, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 65 (9) 548 -548 2012年09月
  • MSH2遺伝子エクソン12、A600Vミスセンス変異によるLynch症候群の1家系
    宮倉 安幸, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 井上 賢之, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 安田 是和 日本大腸肛門病学会雑誌 65 (9) 570 -570 2012年09月
  • 大腸内分泌細胞癌3例の検討
    小松原 利英, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 熊野 秀俊, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 田中 宏幸, 田原 真紀子, 伊藤 誉 日本大腸肛門病学会雑誌 65 (9) 755 -755 2012年09月
  • 当院における高齢者結腸直腸癌患者に対する化学療法の現状
    清水 徹一郎, 堀江 久永, 伊藤 誉, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 長瀬 通隆, 藤井 博文 日本大腸肛門病学会雑誌 65 (9) 767 -767 2012年09月
  • 副膵管由来と考えられた膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の一例
    伊藤 誉, 高橋 大二郎, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和, 今田 浩生, 福島 敬宜 日本消化器外科学会総会 67回 2 -2 2012年07月
  • 直腸癌術後局所再発に対する治療戦略
    清水 徹一郎, 堀江 久永, 熊野 秀俊, 井上 賢之, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 67回 1 -1 2012年07月
  • 大腸癌イレウスの治療戦略 左側大腸癌イレウスの治療戦略 経肛門イレウス管の適応と限界
    堀江 久永, 井上 賢之, 清水 徹一郎, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 67回 2 -2 2012年07月
  • MLH1プロモーターpolymorphismはMLH1プロモーターメチル化陽性大腸癌のバイオマーカーである
    宮倉 安幸, 田原 真紀子, 井上 賢之, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 67回 2 -2 2012年07月
  • 松本 志郎, 佐田 尚宏, 伊藤 誉, 森本 光昭, 遠藤 和洋, 小泉 大, 安田 是和, 福嶋 敬宜 膵臓 27 (3) 431 -431 2012年05月
  • 腹腔鏡下手術の定型化は可能か(直腸) 当院での腹腔鏡下直腸後方固定術定型化への取り組み
    宮倉 安幸, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 安田 是和 日本内視鏡外科学会雑誌 16 (7) 253 -253 2011年12月
  • 腹腔鏡補助下大腸全摘術の手技(術後成績) 腹腔鏡補助下大腸全摘術の手術成績と術式の工夫
    堀江 久永, 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 濱田 徹, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 安田 是和 日本内視鏡外科学会雑誌 16 (7) 349 -349 2011年12月
  • 大腸癌術後の遠隔リンパ節転移再発や腹膜播種再発に対する手術治療の可能性
    清水 徹一郎, 堀江 久永, 芝 順太郎, 田中 宏幸, 栗田 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和, 長瀬 通隆, 藤井 博文 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 541 -541 2011年10月
  • 腹腔鏡下低位前方切除術での術者、助手の定型化した協調動作によるDSTの工夫
    宮倉 安幸, 堀江 久永, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 伊藤 誉, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 570 -570 2011年10月
  • 回腸ストマ閉鎖術の工夫
    堀江 久永, 芝 順太郎, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 熊野 秀俊, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 572 -572 2011年10月
  • 胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)の1例
    三木 厚, 伊藤 誉, 清水 敦, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 818 -818 2011年10月
  • 閉塞性黄疸を来たした膵漿液性嚢胞腺腫の1例
    伊藤 誉, 三木 厚, 小泉 大, 佐田 尚宏, 安田 是和, 山口 岳彦, 坂谷 貴司, 福島 敬宜 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 869 -869 2011年10月
  • 食道癌術後再発に対する化学放射線治療後の難治性放射線性胃管出血に対し高圧酸素療法が著効した一例
    澤田 幸一郎, 伊藤 誉, 浅海 吉傑, 宮永 太門, 北村 祥貴, 平能 康充, 林田 有市, 前田 一也, 大田 浩司, 林 裕之, 道傳 研司, 服部 昌和, 橋爪 泰夫 Gastroenterological Endoscopy 53 (Suppl.2) 2791 -2791 2011年09月
  • 超高齢者胃癌手術症例の検討
    浅海 吉傑, 宮永 太門, 伊藤 誉, 澤田 幸一郎, 藤田 麻奈美, 宮崎 真奈美, 八木 大介, 北村 祥貴, 平能 康充, 林田 有市, 前田 一也, 林 裕之, 道傳 研司, 服部 昌和, 橋爪 泰夫, 海崎 泰治 日本消化器病学会雑誌 108 (臨増大会) A810 -A810 2011年09月
  • 食道癌術後再発症例に対する化学放射線療法
    浅海 吉傑, 宮永 太門, 伊藤 誉, 澤田 幸一郎, 道傳 研司, 服部 昌和, 橋爪 泰夫, 海崎 泰治, 玉村 裕保 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 65回 326 -326 2011年09月
  • 当院における胃癌緩和手術症例の検討
    浅海 吉傑, 宮永 太門, 伊藤 誉, 澤田 幸一郎, 平能 康充, 林田 有市, 前田 一也, 道傳 研司, 服部 昌和, 橋爪 泰夫 日本消化器外科学会総会 66回 589 -589 2011年07月
  • 平能 康充, 服部 昌和, 八木 大介, 藤田 麻奈美, 澤田 幸一郎, 宮崎 真奈美, 北村 祥貴, 伊藤 誉, 清水 陽介, 浅海 吉傑, 伊藤 祥隆, 林田 有市, 前田 一也, 大田 浩司, 宮永 太門, 林 裕之, 道傳 研司, 橋爪 泰夫, 海崎 泰治 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 543 -543 2011年05月
  • 小開腹創を活用したハイブリッド単孔式腹腔鏡下大腸切除術
    平能 康充, 服部 昌和, 藤田 真奈美, 澤田 幸一郎, 北村 祥貴, 宮崎 真奈美, 八木 大介, 伊藤 誉, 浅海 吉傑, 林田 有市, 前田 一也, 宮永 太門, 林 裕之, 道傳 研司, 橋爪 泰夫 日本消化器病学会雑誌 108 (臨増総会) A264 -A264 2011年03月
  • MDCTにて術前診断し得た魚骨小腸穿孔の一例
    澤田 幸一郎, 伊藤 誉, 浅海 吉傑, 宮永 太門, 藤田 麻奈美, 宮崎 真奈美, 八木 大介, 北村 祥貴, 清水 陽介, 平能 康充, 前田 一也, 林田 有市, 伊藤 祥隆, 大田 浩司, 林 裕之, 道傳 研司, 服部 昌和, 橋爪 泰夫, 海崎 泰治 日本腹部救急医学会雑誌 31 (2) 333 -333 2011年02月
  • 卵殻で穿孔をきたした放射線性小腸炎の1例
    北村 祥貴, 前田 一也, 八木 大介, 伊藤 誉, 浅海 吉傑, 平能 康充, 林田 有市, 宮永 太門, 林 裕之, 道傳 研司, 服部 昌和, 橋爪 泰夫 日本腹部救急医学会雑誌 31 (2) 419 -419 2011年02月
  • 伊藤 誉, 林田 有市, 服部 昌和, 橋爪 泰夫 日本小児外科学会雑誌 47 (1) 141 -141 2011年02月
  • 高崎 俊和, 伊藤 誉, 服部 昌和, 橋爪 泰夫, 小林 忠博, 平田 昭夫 日本小児外科学会雑誌 47 (1) 142 -142 2011年02月
  • 広範な腫瘍の脱落を認め、消化管出血で発症した小腸GISTの1例
    八木 大介, 服部 昌和, 平能 康充, 藤田 麻奈美, 澤田 幸一郎, 宮崎 真奈美, 北村 祥貴, 伊藤 誉, 清水 陽介, 浅海 吉傑, 林田 有市, 前田 一也, 伊藤 祥隆, 大田 浩司, 宮永 太門, 林 裕之, 道傳 研司, 橋爪 泰夫, 海崎 泰治 北陸外科学会雑誌 29 (1) 29 -29 2010年12月
  • 回腸穿通をきたした胆石イレウスの一例
    佐藤 裕介, 申 寿東, 伊藤 誉, 浅海 吉傑, 宮永 太門, 藤田 麻奈美, 宮崎 真奈美, 八木 大介, 北村 祥貴, 清水 陽介, 平能 康充, 前田 一也, 林田 有市, 伊藤 祥隆, 大田 浩司, 林 裕之, 道傳 研司, 服部 昌和, 橋爪 泰夫, 海崎 泰治 北陸外科学会雑誌 29 (1) 35 -35 2010年12月
  • 重複胆嚢の1例
    宮崎 真奈美, 服部 昌和, 藤田 麻奈美, 申 寿東, 澤田 幸一郎, 八木 大介, 北村 祥貴, 伊藤 誉, 清水 陽介, 浅海 吉傑, 平能 康充, 林田 有市, 前田 一也, 伊藤 祥隆, 大田 浩司, 宮永 太門, 林 裕之, 道傳 研司, 橋爪 康夫, 海崎 泰治 北陸外科学会雑誌 29 (1) 35 -36 2010年12月
  • 腹腔鏡補助下に切除した成人腸回転異常症を伴う上行結腸癌の1例
    平能 康充, 服部 昌和, 八木 大介, 北村 祥貴, 伊藤 誉, 清水 陽介, 浅海 吉傑, 前田 一也, 伊藤 祥隆, 宮永 太門, 道傳 研司, 橋爪 泰夫 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 568 -568 2010年10月
  • 胃全摘後にマラスムス型クワシオルコール症候群を発症した1例
    伊藤 誉, 服部 昌和, 宮崎 真奈美, 八木 大介, 北村 祥貴, 浅海 吉傑, 平能 康充, 前田 一也, 宮永 太門, 道傳 研司, 橋爪 泰夫 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 836 -836 2010年10月
  • 子宮内膜症を合併した鼠径ヘルニアの1例
    遠藤 直樹, 服部 昌和, 道伝 研司, 宮永 太門, 伊藤 祥隆, 平沼 知加志, 浅海 吉傑, 伊藤 誉, 北村 祥貴, 海崎 泰治 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 908 -908 2010年10月
  • 青柳 裕之, 伊部 直之, 高橋 直樹, 林 宣明, 真崎 竜邦, 波佐谷 兼慶, 辰巳 靖, 申 寿東, 遠藤 直樹, 伊藤 誉, 浅海 吉傑, 宮永 太門, 海崎 泰治 ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 26 (2) 204 -204 2010年10月
  • 腹腔内出血を契機に発見された大網原発と考えられたmyxoid epithelioid GISTの1例
    北村 祥貴, 宮永 太門, 伊藤 誉, 遠藤 直樹, 浅海 吉傑, 平沼 知加志, 林田 有市, 林 裕幸, 道傳 研司, 服部 昌和, 海崎 泰治 日本消化器外科学会総会 65回 224 -224 2010年07月
  • 肛門周囲膿瘍を合併した下部直腸癌の1例
    平沼 知加志, 道傳 研司, 北村 祥貴, 遠藤 直樹, 浅海 吉傑, 伊藤 誉, 大野 徳之, 林田 有市, 宮永 太門, 服部 昌和 日本消化器外科学会総会 65回 21 -21 2010年07月
  • 腹壁膿瘍をきたした外鼠径ヘルニア内虫垂嵌頓の1例
    伊藤 誉, 林田 有市, 服部 昌和, 宮永 太門, 道傳 研司, 海崎 泰治 日本消化器外科学会総会 65回 336 -336 2010年07月
  • 川崎 佑輝, 道伝 研司, 大野 徳之, 平沼 知加志, 横井 繁周, 北村 祥貴, 田中 伸佳, 伊藤 誉, 遠藤 直樹, 浅海 吉傑, 林田 有市, 宮永 太門, 服部 昌和, 海崎 泰治 ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 26 (1) 119 -119 2010年06月
  • 伊藤 誉, 服部 昌和 日本小児外科学会雑誌 46 (3) 597 -597 2010年05月
  • 外科手術症例から振り返る早期胃癌の随伴0IIb範囲診断の検討
    宮永 太門, 海崎 泰治, 細川 治, 浅海 吉傑, 遠藤 直樹, 北村 祥貴, 伊藤 誉, 大野 徳之, 平沼 知加志, 林田 有市, 道傳 研司 日本胃癌学会総会記事 82回 286 -286 2010年03月
  • 膀胱全摘術を要したS状結腸癌の1例
    北島 尚昌, 道傳 研司, 横井 繁周, 北村 祥貴, 田中 伸佳, 伊藤 誉, 遠藤 直樹, 大野 徳之, 浅海 吉傑, 平沼 知加志, 林田 有市, 伊藤 祥隆, 大田 浩司, 宮永 太門, 林 裕之, 服部 昌和, 海崎 泰治 北陸外科学会雑誌 28 (1) 38 -39 2009年12月
  • 当院で経験した外傷性脾損傷の検討
    伊藤 誉, 横井 繁周, 林田 有市, 服部 昌和, 北村 祥貴, 田中 伸佳, 遠藤 直樹, 大野 徳之, 浅海 吉傑, 平沼 知加志, 伊藤 祥隆, 大田 浩司, 宮永 太門, 林 裕之, 道傳 研司 北陸外科学会雑誌 28 (1) 40 -40 2009年12月
  • 当院で経験した尿膜管遺残症の検討
    齋藤 裕人, 伊藤 誉, 横井 繁周, 林田 有市, 服部 昌和, 北村 祥貴, 田中 伸佳, 遠藤 直樹, 大野 徳之, 浅海 吉傑, 平沼 知加志, 伊藤 祥隆, 大田 浩司, 宮永 太門, 林 裕之, 道傳 研司 北陸外科学会雑誌 28 (1) 41 -41 2009年12月
  • 当院で経験した閉鎖孔ヘルニア症例の検討
    横井 繁周, 服部 昌和, 北村 祥貴, 伊藤 誉, 田中 伸佳, 遠藤 直樹, 大野 徳之, 浅海 吉傑, 平沼 知加志, 伊藤 祥隆, 林田 有市, 大田 浩司, 宮永 太門, 道傳 研司, 海崎 泰治 北陸外科学会雑誌 28 (1) 41 -42 2009年12月
  • 伊藤 誉, 服部 昌和 日本小児外科学会雑誌 45 (7) 1078 -1078 2009年12月
  • 意識障害、後腹膜気腫で発症した膵周囲膿瘍の1例
    浅海 吉傑, 宮永 太門, 横井 繁周, 北村 祥貴, 田中 伸佳, 伊藤 誉, 遠藤 直樹, 大野 徳之, 平沼 知加志, 林田 有市, 伊藤 祥隆, 大田 浩司, 林 裕之, 道傳 研司, 服部 昌和 日本臨床外科学会雑誌 70 (増刊) 788 -788 2009年10月
  • 当院におけるオキサリプラチンによるアレルギー反応の検討
    平沼 知加志, 道傳 研司, 横井 繁周, 北村 祥貴, 田中 伸佳, 遠藤 直樹, 伊藤 誉, 大野 徳之, 浅海 吉傑, 林田 有市, 伊藤 祥隆, 大田 浩司, 宮永 太門, 林 裕之, 服部 昌和 日本臨床外科学会雑誌 70 (増刊) 941 -941 2009年10月
  • 当院におけるcetuximabの使用経験
    平沼 知加志, 道傳 研司, 北村 祥貴, 田中 伸佳, 遠藤 直樹, 伊藤 誉, 大野 徳之, 浅海 吉傑, 林田 有市, 伊藤 祥隆, 大田 浩司, 宮永 太門, 服部 昌和 日本癌治療学会誌 44 (2) 910 -910 2009年09月
  • 治療に難渋したPerianal Injuryの一例
    伊藤 誉, 樋下 徹哉, 大澤 武, 北島 竜美, 白崎 信二, 瀧波 慶和 日本救急医学会雑誌 20 (8) 481 -481 2009年08月
  • 伊藤 誉, 樋下 徹哉, 大澤 武, 北島 竜美, 白崎 信二 日本消化器外科学会雑誌 42 (7) 1197 -1197 2009年07月
  • 伊藤 誉, 服部 昌和, 田中 伸佳, 林田 有市, 宮永 太門, 林 裕之, 道傳 研司, 細川 治 日本小児外科学会雑誌 45 (3) 548 -548 2009年05月
  • 大澤 武, 白崎 信二, 北島 竜美, 樋下 徹哉, 伊藤 誉 日本消化器外科学会雑誌 41 (7) 1535 -1535 2008年07月
  • 伊藤 誉, 服部 昌和, 細川 治, 古畑 律代 日本小児外科学会雑誌 44 (3) 468 -468 2008年05月
  • 早期大腸癌におけるpit pattern分類とpericryptal fibroblasts発現との関連についての臨床病理学的検討
    伊藤 誉, 樋下 徹哉, 大澤 武, 北島 竜美, 白崎 信二, 宮永 太門, 林 裕之, 道傳 研司, 服部 昌和, 細川 治, 武田 孝之, 海崎 泰治 日本消化器病学会雑誌 104 (臨増大会) A645 -A645 2007年09月
  • 後腹膜繊維症を合併した炎症性腹部大動脈瘤術後に自己免疫性膵炎を発症した1例
    伊藤 誉, 辰巳 靖, 伊部 直之, 海崎 泰治 日本消化器病学会雑誌 104 (臨増大会) A747 -A747 2007年09月
  • 大腸sm癌の臨床病理学的検討
    伊藤 誉 北陸外科学会雑誌 23 (1) 84 -85 2004年10月
  • 当院での進行・再発乳癌に対するカペシタビンの使用経験
    大田 浩司, 道伝 研司, 森山 秀樹, 伊藤 誉, 山崎 高宏, 前田 一也, 森下 実, 関戸 伸明, 林 裕之, 服部 昌和, 細川 治, 武田 孝之, 谷川 裕, 森田 信人, 海崎 泰治 北陸外科学会雑誌 23 (1) 95 -96 2004年10月
  • 伊藤 誉, 山崎 高宏, 服部 昌和, 林 裕之, 道伝 研司, 細川 治, 武田 孝之, 谷川 裕, 森田 信人, 海崎 泰治 日本消化器外科学会雑誌 37 (7) 1320 -1320 2004年07月
  • 今川 健久, 細川 治, 木谷 栄一, 渡辺 国重, 森田 信人, 谷川 裕, 武田 孝之, 服部 昌和, 道伝 研司, 林 裕之, 関戸 伸明, 森川 充洋, 大野 徳之, 伊藤 誉, 海崎 泰治 ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 19 (1) 131 -131 2003年06月
  • 森川 充洋, 林 裕之, 伊藤 誉, 大野 徳之, 今川 健久, 道傳 研司, 服部 昌和, 山道 昇, 細川 治, 武田 孝之, 谷川 裕, 森田 信人, 渡辺 国重, 木谷 栄一, 海崎 泰治, 谷川 一夫 ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease 19 (1) 143 -143 2003年06月
  • 骨盤骨折後の壊死型虚血性大腸炎の1例
    伊藤 誉 北陸外科学会雑誌 21 (1) 120 -120 2002年12月
  • 腸重積をきたした若年発症大腸癌の1例
    大野 徳之, 服部 昌和, 伊藤 誉, 今川 健久, 森川 充洋, 林 裕之, 道傳 研司, 細川 治, 武田 孝之, 谷川 裕, 森田 信人, 渡辺 国重, 木谷 榮一, 海崎 泰治 北陸外科学会雑誌 21 (1) 121 -121 2002年12月
  • 胃管内癌に対し内視鏡によるマーキングを行い,楔状切除を施行した1例
    今川 健久, 細川 治, 木谷 栄一, 渡辺 国重, 森田 信人, 谷川 裕, 武田 孝之, 山道 昇, 服部 昌和, 道伝 研司, 林 裕之, 関戸 伸明, 森川 充洋, 大野 徳之, 伊藤 誉, 海崎 泰治, 谷川 一夫 北陸外科学会雑誌 21 (1) 134 -134 2002年12月

受賞

  • 2018年 Jichi Medical University Graduate Student Research Award
  • 2017年 Jichi Medical University Graduate Student Start-up Award


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.