詳細検索はこちら

甲谷 友幸 カブトヤ トモユキ

所属部署名内科学講座循環器内科学部門
職名講師ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/00458291.ja.html

プロフィール

研究キーワード

    テロメア長, 家庭血圧計, 生活習慣病, 血圧測定, 細胞老化, 夜間高血圧, トリガー血圧計, 夜間低酸素, 血管内皮機能, 睡眠時無呼吸症候群, スリープサージ

研究分野

  • 内科系臨床医学 / 循環器内科学

経歴

  • 2014年04月
    自治医科大学 医学部(学内講師)

学歴

  • 1997年03月
    -
    現在
    自治医科大学 医学部 医学科

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Relationship between endothelial dysfunction and kidney disease.
    Kabutoya T, Hoshide S, Ogata Y, Eguchi K, Kario K
    Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.) 16(2) 156 2014年02月
  • Masked hypertension defined by home blood pressure monitoring is associated with impaired flow-mediated vasodilatation in patients with cardiovascular risk factors.
    Kabutoya T, Hoshide S, Ogata Y, Eguchi K, Kario K
    Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.) 15(9) 630-636 2013年09月
  • P-wave morphologic characteristics predict cardiovascular events in a community-dwelling population.
    Kabutoya T, Ishikawa S, Ishikawa J, Hoshide S, Kario K, JMS Cohort Study Investigators Group
    Annals of noninvasive electrocardiology : the official journal of the International Society for Holter and Noninvasive Electrocardiology, Inc 17(3) 252-259 2012年07月
  • The time course of flow-mediated vasodilation and endothelial dysfunction in patients with a cardiovascular risk factor.
    Kabutoya T, Hoshide S, Ogata Y, Iwata T, Eguchi K, Kario K
    Journal of the American Society of Hypertension : JASH 6 109-116 2012年03月
  • The effect of pulse rate and blood pressure dipping status on the risk of stroke and cardiovascular disease in Japanese hypertensive patients.
    Kabutoya T, Hoshide S, Ishikawa J, Eguchi K, Shimada K, Kario K
    American journal of hypertension 23 749-755 2010年07月
  • Poor blood pressure and urinary albumin excretion responses to home blood pressure-based antihypertensive therapy in depressive hypertensive patients.
    Kabutoya T, Ishikawa J, Hoshide S, Eguchi K, Shimada K, Kario K
    Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.) 12 345-349 2010年05月
  • Earthquake and blood pressure.
    Kabutoya T, Kario K
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 32 732-734 2009年09月
  • A home blood pressure monitor equipped with a graphic function facilitates faster blood pressure control than the conventional home blood pressure monitor.
    Kabutoya T, Ishikawa J, Hoshide S, Eguchi K, Shimada K, Kario K
    Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.) 11 422-425 2009年08月
  • Determinants of negative white-coat effect in treated hypertensive patients: the Jichi Morning Hypertension Research (J-MORE) study.
    Kabutoya T, Ishikawa J, Hoshide S, Eguchi K, Ishikawa S, Shimada K, Kario K
    American journal of hypertension 22 35-40 2009年01月
  • Determinants of self-measured pulse rate profile in medicated hypertensives: the Jichi Morning Surge-1 (JMS-1) study.
    Kabutoya T, Ishikawa J, Hoshide S, Eguchi K, Shibasaki S, Matsui Y, Ishikawa S, Pickering TG, Shimada K, Kario K, JMS-1 Study Group
    Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993) 30 255-265 2008年04月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Relationship between endothelial dysfunction and kidney disease.
    Kabutoya T, Hoshide S, Ogata Y, Eguchi K, Kario K
    Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.) 16(2) 156 2014年02月
  • Masked hypertension defined by home blood pressure monitoring is associated with impaired flow-mediated vasodilatation in patients with cardiovascular risk factors.
    Kabutoya T, Hoshide S, Ogata Y, Eguchi K, Kario K
    Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.) 15(9) 630-636 2013年09月
  • P-wave morphologic characteristics predict cardiovascular events in a community-dwelling population.
    Kabutoya T, Ishikawa S, Ishikawa J, Hoshide S, Kario K, JMS Cohort Study Investigators Group
    Annals of noninvasive electrocardiology : the official journal of the International Society for Holter and Noninvasive Electrocardiology, Inc 17(3) 252-259 2012年07月
  • The time course of flow-mediated vasodilation and endothelial dysfunction in patients with a cardiovascular risk factor.
    Kabutoya T, Hoshide S, Ogata Y, Iwata T, Eguchi K, Kario K
    Journal of the American Society of Hypertension : JASH 6 109-116 2012年03月
  • The effect of pulse rate and blood pressure dipping status on the risk of stroke and cardiovascular disease in Japanese hypertensive patients.
    Kabutoya T, Hoshide S, Ishikawa J, Eguchi K, Shimada K, Kario K
    American journal of hypertension 23 749-755 2010年07月
  • Poor blood pressure and urinary albumin excretion responses to home blood pressure-based antihypertensive therapy in depressive hypertensive patients.
    Kabutoya T, Ishikawa J, Hoshide S, Eguchi K, Shimada K, Kario K
    Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.) 12 345-349 2010年05月
  • Earthquake and blood pressure.
    Kabutoya T, Kario K
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 32 732-734 2009年09月
  • A home blood pressure monitor equipped with a graphic function facilitates faster blood pressure control than the conventional home blood pressure monitor.
    Kabutoya T, Ishikawa J, Hoshide S, Eguchi K, Shimada K, Kario K
    Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.) 11 422-425 2009年08月
  • Determinants of negative white-coat effect in treated hypertensive patients: the Jichi Morning Hypertension Research (J-MORE) study.
    Kabutoya T, Ishikawa J, Hoshide S, Eguchi K, Ishikawa S, Shimada K, Kario K
    American journal of hypertension 22 35-40 2009年01月
  • Determinants of self-measured pulse rate profile in medicated hypertensives: the Jichi Morning Surge-1 (JMS-1) study.
    Kabutoya T, Ishikawa J, Hoshide S, Eguchi K, Shibasaki S, Matsui Y, Ishikawa S, Pickering TG, Shimada K, Kario K, JMS-1 Study Group
    Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993) 30 255-265 2008年04月
  • [Calcium antagonist and diurnal blood pressure variation].
    Kabutoya T, Kario K
    Clinical calcium 15 1631-1641 2005年10月
  • Association between nondipper pulse rate and measures of cardiac overload: The J-HOP Study.
    Oba Y, Kabutoya T, Hoshide S, Eguchi K, Kario K
    Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.) 19(4) 402-409 2017年04月
  • Mitochondrial Cardiomyopathy Presenting as Dilated Phase of Hypertrophic Cardiomyopathy Diagnosed with Histological and Genetic Analyses.
    Kuno T, Imaeda S, Asakawa Y, Nakamura H, Takemura G, Asahara D, Kanamori A, Kabutoya T, Numasawa Y
    Case reports in cardiology 2017 9473917 2017年
  • Change in high-sensitive cardiac troponin T on hypertensive treatment.
    Hoshide S, Fukutomi M, Eguchi K, Watanabe T, Kabutoya T, Kario K
    Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993) 35(1) 40-44 2013年
  • Add-On Use of Eplerenone Is Effective for Lowering Home and Ambulatory Blood Pressure in Drug-Resistant Hypertension.
    Eguchi K, Kabutoya T, Hoshide S, Ishikawa S, Kario K
    Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.) 18(12) 1250-1257 2016年12月
  • A Case of Useful Short-Spaced Bipolar Pacing of a Left Ventricular Lead to Avoid Phrenic Nerve Stimulation.
    Kabutoya T, Imai Y, Watanabe H, Watanabe T, Komori T, Kario K
    International heart journal 57(1) 118-120 2016年
  • Depression in hypertension and blood pressure variability over shorter time periods.
    Kabutoya T, Kario K
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 38(11) 713-715 2015年11月
  • Left ventricular diastolic function evaluated by the E/e' ratio is impaired in patients with masked uncontrolled hypertension.
    Komori T, Eguchi K, Kabutoya T, Ishikawa J, Hoshide S, Kario K
    Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993) 36(8) 538-544 2014年

MISC

  • 東日本大震災時のストレスと抑うつ・不眠・高血圧性臓器障害の変化の関連
    甲谷友幸, 滝瑞里, 海老澤勝人
    日本農村医学会雑誌 62(4) 670 2013年11月
  • 日本人高齢者のICD/CRTD植込み後の予後は若年者と同等である
    甲谷友幸, 三橋武司, 渡辺裕昭, 佐藤彰洋, 渡部智紀, 中神理恵子, 籏義仁, 苅尾七臣
    心電図 32(Supplement 5) 178 2012年09月
  • 心血管リスクを持つ患者におけるJSH2009脳心血管リスク層別化と血管内皮機能障害の関連:The Japan Morning Surge‐Home Blood Pressure(J‐HOP)study
    甲谷友幸, 星出聡, 小形幸代, 石川譲治, 江口和男, 島田和幸, 苅尾七臣
    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 34th 458 2011年10月
  • 心血管リスクをもつ患者の睡眠時低酸素血症と圧受容体反射低下の関連
    甲谷友幸, 星出聡, 石川譲治, 江口和男, 苅尾七臣
    日本臨床生理学会雑誌 41(5) 63 2011年10月
  • 仮面高血圧と血管内皮機能障害の関連
    甲谷友幸, 星出聡, 小形幸代, 江口和男, 苅尾七臣
    日本臨床生理学会雑誌 41(5) 58 2011年10月
  • 抑うつを伴う循環器疾患に関連するトピックス~東日本大震災時のストレス変化~
    甲谷友幸, 苅尾七臣
    日本循環器心身医学会抄録集 68th 28 2011年
  • 冠静脈内で逆行性の遅伝導路のアブレーションに成功した三重伝導路をもつslow‐slow型房室結節リエントリー性頻拍の1例
    甲谷 友幸, 三橋 武司, 渡部 智紀, 中神 理恵子, 籏 義仁, 島田 和幸, 苅尾 七臣
    心電図 31(3) 249-255 2011年
  • 逆伝導が左房側であったslow‐slow型房室結節リエントリ頻拍に対し冠静脈内の通電で焼灼に成功した1例
    甲谷友幸, 三橋武司, 渡部智紀, 長田淳, 中神理恵子, 橋本徹, 籏義仁, 島田和幸, 苅尾七臣
    心電図 30(Supplement 4) S.4.210 2010年09月
  • 心室再同期療法におけるVV delayの最適化とインピーダンス法による心拍出量の検討
    甲谷友幸, 三橋武司, 渡部智紀, 長田淳, 中神理恵子, 橋本徹, 籏義仁, 島田和幸, 苅尾七臣
    心電図 30(Supplement 4) S.4.225 2010年09月
  • 心血管リスクをもつ患者で,flow‐mediated vasodilationで測定された血管内皮機能障害は外来血圧でなく家庭血圧に関連している
    甲谷友幸, 江口和男, 星出聡, 石川譲治, 島田和幸, 苅尾七臣
    日本心臓病学会誌 5(Supplement 1) 274 2010年08月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 東日本大震災時のストレスと抑うつ・不眠・高血圧性臓器障害の変化の関連
    甲谷友幸, 滝瑞里, 海老澤勝人
    日本農村医学会雑誌 62(4) 670 2013年11月
  • 日本人高齢者のICD/CRTD植込み後の予後は若年者と同等である
    甲谷友幸, 三橋武司, 渡辺裕昭, 佐藤彰洋, 渡部智紀, 中神理恵子, 籏義仁, 苅尾七臣
    心電図 32(Supplement 5) 178 2012年09月
  • 心血管リスクを持つ患者におけるJSH2009脳心血管リスク層別化と血管内皮機能障害の関連:The Japan Morning Surge‐Home Blood Pressure(J‐HOP)study
    甲谷友幸, 星出聡, 小形幸代, 石川譲治, 江口和男, 島田和幸, 苅尾七臣
    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 34th 458 2011年10月
  • 心血管リスクをもつ患者の睡眠時低酸素血症と圧受容体反射低下の関連
    甲谷友幸, 星出聡, 石川譲治, 江口和男, 苅尾七臣
    日本臨床生理学会雑誌 41(5) 63 2011年10月
  • 仮面高血圧と血管内皮機能障害の関連
    甲谷友幸, 星出聡, 小形幸代, 江口和男, 苅尾七臣
    日本臨床生理学会雑誌 41(5) 58 2011年10月
  • 抑うつを伴う循環器疾患に関連するトピックス~東日本大震災時のストレス変化~
    甲谷友幸, 苅尾七臣
    日本循環器心身医学会抄録集 68th 28 2011年
  • 冠静脈内で逆行性の遅伝導路のアブレーションに成功した三重伝導路をもつslow‐slow型房室結節リエントリー性頻拍の1例
    甲谷 友幸, 三橋 武司, 渡部 智紀, 中神 理恵子, 籏 義仁, 島田 和幸, 苅尾 七臣
    心電図 31(3) 249-255 2011年
  • 逆伝導が左房側であったslow‐slow型房室結節リエントリ頻拍に対し冠静脈内の通電で焼灼に成功した1例
    甲谷友幸, 三橋武司, 渡部智紀, 長田淳, 中神理恵子, 橋本徹, 籏義仁, 島田和幸, 苅尾七臣
    心電図 30(Supplement 4) S.4.210 2010年09月
  • 心室再同期療法におけるVV delayの最適化とインピーダンス法による心拍出量の検討
    甲谷友幸, 三橋武司, 渡部智紀, 長田淳, 中神理恵子, 橋本徹, 籏義仁, 島田和幸, 苅尾七臣
    心電図 30(Supplement 4) S.4.225 2010年09月
  • 心血管リスクをもつ患者で,flow‐mediated vasodilationで測定された血管内皮機能障害は外来血圧でなく家庭血圧に関連している
    甲谷友幸, 江口和男, 星出聡, 石川譲治, 島田和幸, 苅尾七臣
    日本心臓病学会誌 5(Supplement 1) 274 2010年08月
  • 循環器薬―個別に応じた適切な使用法 各薬剤の適切な使用法 α遮断薬
    甲谷友幸, 苅尾七臣
    診断と治療 98(6) 921-924 2010年06月
  • 当院における心臓再同期療法(CRT)のdp/dtによる最適化と中長期予後の関連
    甲谷友幸, 三橋武司, 籏義仁, 橋本徹, 中神理恵子, 長田淳, 渡部智紀, 苅尾七臣
    J Arrhythmia 26(Supplement) 280 2010年04月
  • 高血圧患者のモーニングサージと血管内皮機能,圧受容体反射の関連
    甲谷友幸, 星出聡, 江口和男, 石川譲治, 島田和幸, 苅尾七臣
    自治医科大学紀要 32 141-142 2010年03月
  • PART.5 高血圧の治療 降圧薬による治療【2】3)Ca拮抗薬 4)交感神経阻害薬 5)血管拡張薬
    甲谷友幸
    からだの科学(264) 131-138 2010年02月
  • 抑うつ状態と高血圧
    甲谷友幸
    日本循環器心身医学会抄録集 67th 20 2010年
  • 心血管リスクをもつ患者で血管内皮機能障害は夜間高血圧に関連している
    甲谷友幸, 星出聡, 江口和男, 石川譲治, 島田和幸, 苅尾七臣
    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 32nd 291 2009年10月
  • 習慣的飲酒者ではα遮断薬の就寝前投与による早朝の降圧が不十分である
    甲谷友幸, 星出聡, 松井芳夫, 柴崎誠一, 江口和男, 石川譲治, 島田和幸, 苅尾七臣
    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 32nd 193 2009年10月
  • ストレス・日内変動と循環器疾患―エビデンスとその発生機序―阪神淡路大震災と心血管疾患のエビデンスと発生機序
    甲谷友幸, 苅尾七臣
    循環器科 66(2) 156-160 2009年08月
  • 抑うつと心血管疾患
    甲谷友幸, 苅尾七臣
    循環器科 66(2) 215-221 2009年08月
  • 危険因子 高血圧:抑うつ状態
    甲谷友幸, 苅尾七臣
    動脈硬化予防 8(2) 90-92 2009年07月
  • 右室ペーシングから心臓再同期療法(CRT)へのアップグレード症例の検討
    甲谷友幸, 三橋武司, 橋本徹, 中神理恵子, 長田淳, 島田和幸
    心電図 29(Supplement 3) S.3.356 2009年06月
  • 高齢で発症したQT延長症候群の1例
    甲谷友幸, 三橋武司, 橋本徹, 中神理恵子, 岩田友彦, 野村裕太郎, 海老沢勝人
    Circ J 73(Supplement 2) 913 2009年04月
  • 心血管リスクをもつ患者で圧受容体感受性の低下は尿中微量アルブミンの増加に関連している
    甲谷友幸, 星出聡, 江口和男, 石川譲治, 島田和幸, 苅尾七臣
    自律神経 46(2) 125 2009年04月
  • 心血管リスクをもつ患者でのうつ傾向と心拍数,自律神経活性の相関
    甲谷友幸, 星出聡, 江口和男, 石川譲治, 島田和幸, 苅尾七臣
    日本循環器心身医学会抄録集 66th 46 2009年
  • 入院患者の高血圧をコントロールする 家庭血圧モニタリングの大切さ
    甲谷友幸, 苅尾七臣
    臨床研修プラクティス 5(9) 79-81 2008年08月
  • 冠動脈疾患および高血圧患者における潜在的うつ状態と心血管危険因子の関連性
    甲谷友幸, 江口和男, 星出聡, 石川譲治, 島田和幸, 苅尾七臣
    自律神経 44(3) 201-206 2007年06月
  • 冠動脈疾患および高血圧患者における潜在的うつ状態と心血管危険因子の関連性
    甲谷 友幸, 江口 和男, 星出 聡, 石川 譲治, 島田 和幸, 苅尾 七臣
    自律神経 = The Autonomic nervous system 44(3) 201-206 2007年06月
  • 脳血管イベント抑制とマルチプルリスクマネージメント 第4回 高血圧患者のリスク管理
    甲谷友幸, 島田和幸
    脳と循環 12(2) 153-157 2007年05月
  • 最新の高血圧診療をめぐって 血圧日内変動の臨床的意義
    甲谷友幸, 苅尾七臣
    クリニカ 34(2) 87-92 2007年03月
  • ストレスと循環器疾患 臨床:ストレス下における循環器疾患とその対応 ストレスと高血圧
    甲谷友幸, 苅尾七臣
    Card Pract 18(1) 47-52 2007年01月
  • レニン・アンジオテンシン系(RAS)の病態と治療―基礎研究と臨床研究から考えるRASの最前線―III.実地臨床への応用―ARBの実際の使い方・注意点―5.早朝高血圧への対策
    甲谷友幸, 苅尾七臣
    Prog Med 26(12) 3209-3213 2006年12月
  • 高血圧に対する運動療法の実際 総論1: 2004高血圧ガイドライン概説
    甲谷友幸, 島田和幸
    臨床スポーツ医学 23(12) 1437-1443 2006年12月
  • 高齢者における薬物介入試験 1.高齢者における一次予防試験 1)高血圧への介入による脳血管障害の初発予防
    甲谷友幸, 島田和幸
    Geriatr Med 44(12) 1633-1637 2006年12月
  • 総論1 : 2004高血圧ガイドライン概説
    甲谷 友幸, 島田 和幸
    臨床スポーツ医学 = The journal of clinical sports medicine 23(12) 1437-1443 2006年12月
  • その他の循環器薬の使い方 降圧薬:α遮断薬
    甲谷友幸, 苅尾七臣
    Medicina 43(9) 1574-1576 2006年09月
  • 高血圧患者のうつ状態に関連する心血管リスク
    甲谷友幸, 石川譲治, 星出聡, 江口和男, 島田和幸, 苅尾七臣
    J Cardiol 48(Supplement 1) 369 2006年09月
  • 治療中高血圧患者における脈拍,脈拍変動の規定因子(JMS‐1研究)
    甲谷友幸, 石川譲治, 星出聡, 江口和男, 石川鎮清, 松井芳夫, 柴崎誠一, PICKERING Thomas G., 島田和幸, 苅尾七臣
    J Cardiol 48(Supplement 1) 485 2006年09月
  • 降圧薬処方のノウハウ 難治性高血圧の降圧薬処方のノウハウ
    甲谷友幸, 島田和幸
    成人病と生活習慣病 36(4) 372-378 2006年04月
  • III.診断と治療―最近の進歩 E.高血圧・肺高血圧症 5.睡眠時無呼吸症候群と高血圧治療
    甲谷友幸, 苅尾七臣
    Annual Review 循環器 2006 280-287 2006年01月
  • 降圧利尿薬 降圧利尿薬と血圧日内変動
    甲谷友幸, 苅尾七臣
    血圧 13(1) 49-53 2006年01月
  • 冠動脈疾患患者および高血圧患者におけるうつ状態の臨床背景因子の相違
    甲谷友幸, 石川譲治, 星出聡, 江口和男, 島田和幸, 苅尾七臣
    日本自律神経学会総会プログラム・抄録集 59th 150 2006年
  • Caきっ抗薬と心血管疾患 Caきっ抗薬と血圧日内変動
    甲谷友幸, 苅尾七臣
    Clin Calcium 15(10) 1631-1641 2005年09月
  • 脳血管疾患のマネジメント ―プライマリケアにおける一次予防を中心に 一次予防 脳血管障害のrisk factors
    甲谷友幸, 苅尾七臣
    クリニカルプラクティス 24(5) 507-514 2005年05月
  • 夜間・早朝血圧と臓器障害 6 血圧変動からみた夜間・早朝血圧
    甲谷友幸, 苅尾七臣
    Bio Clin 20(2) 130-135 2005年02月
  • 冠動脈疾患における抑うつ状態と危険因子の分析
    甲谷友幸, 苅尾七臣, 大谷賢一, 勝木孝明, 島田和幸
    J Cardiol 44(Supplement 1) 488 2004年08月
  • デルタ波の出現に2本の副伝導路のinteractionが関与したと思われたWPW症候群の一例(日本循環器学会関東甲信越地方会第187回学術集会)
    都留 利恵, 深澤 浩, 三橋 武司, 甲谷 友幸, 齋藤 義弘, 星出 聡, 橋本 徹, 大谷 賢一, 勝木 孝明, 池田 宇一, 島田 和幸
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 67(0) 2003年10月
  • 51)冠動脈解離による心筋梗塞後に多彩な不整脈を起こした1例
    甲谷 友幸, 齋藤 義弘, 星出 聡, 橋本 徹, 大谷 賢一, 深澤 浩, 三橋 武司, 池田 宇一, 島田 和幸, 横塚 仁
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 67(0) 2003年04月
  • Brugada症候群における飲酒と心室性不整脈の関連性
    渡部 智紀, 甲谷 友幸, 渡辺 裕昭, 佐藤 彰洋, 小森 孝洋, 今井 靖, 三橋 武司, 苅尾 七臣
    心臓 49(2) 103-109 2017年02月
  • 心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射と睡眠呼吸障害の関連
    甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本臨床生理学会雑誌 46(5) 159-163 2016年12月
  • 1心拍ごとの血圧変動は24時間自由行動下血圧の血圧変動や加齢に関連している
    甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本高血圧学会総会プログラム・抄録集 39回 348-348 2016年09月
  • 高リスク患者の右脚ブロックはBNP高値や尿中アルブミン高値に関連している
    石山 裕介, 甲谷 友幸, 苅尾 七臣
    日本心臓病学会学術集会抄録 64回 O-096 2016年09月
  • 心血管リスク患者のBrugada型心電図の予後
    篠原 肇, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本心臓病学会学術集会抄録 64回 P-525 2016年09月
  • 初診時に巨大陰性T波を認めた若年の特発性心室頻拍の1例
    有馬 生悟, 甲谷 友幸, 小森 孝洋, 今井 靖, 苅尾 七臣
    日本心臓病学会学術集会抄録 64回 P-529 2016年09月
  • 心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射と上腕 足首間脈波伝播速度の関連
    根岸 経太, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本循環制御医学会総会プログラム・抄録集 37回 35-35 2016年07月
  • 眼内炎を契機にB群溶連菌による感染性心内膜炎の診断に至った1例
    青山 泰, 大場 祐輔, 小森 孝洋, 甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本内科学会関東地方会 624回 27-27 2016年06月
  • 先天性心疾患術後・下大静脈欠損に合併した心房粗動に対するカテーテルアブレーション
    今井 靖, 渡邉 裕昭, 甲谷 友幸, 渡部 智紀, 小森 孝洋, 久保田 香菜, 佐藤 彰洋, 佐藤 智幸, 片岡 功一, 南 孝臣, 河田 政明, 苅尾 七臣
    日本成人先天性心疾患学会雑誌 5(1) 123-123 2016年01月
  • 心血管リスクを持つ患者での圧受容体反射と睡眠呼吸障害の関連
    甲谷 友幸, 星出 聡, 苅尾 七臣
    日本臨床生理学会雑誌 45(4) 76-76 2015年10月

受賞

  • 2008年 自治医科大学 自治医科大学医学部研究奨励金(高血圧患者のモーニングサージと血管内皮機能,圧受容体反射の関連)
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2008年 自治医科大学 自治医科大学医学部研究奨励金(高血圧患者のモーニングサージと血管内皮機能,圧受容体反射の関連)

外部的資金

  • 上腕動脈の血管弾性の臨床的意義についての検討
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2013年 - 2015年 代表者 : 甲谷 友幸
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 上腕動脈の血管弾性の臨床的意義についての検討
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2013年 - 2015年 代表者 : 甲谷 友幸


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.