研究者総覧

今長谷 尚史 (イマハセ ヒサシ)

  • 麻酔科学・集中治療医学講座(集中治療医学部門) 助教
メールアドレス: imahase-kyuumin.ac.jp
Last Updated :2021/09/22

研究者情報

学位

  • M.D.(2008年03月 九州大学医学部医学科)
  • MPH(2018年03月 東京大学大学院医学系研究科)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 10724057

J-Global ID

研究分野

  • ライフサイエンス / 麻酔科学 / 集中治療医学
  • ライフサイエンス / 救急医学
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学 / 医療倫理学

経歴

  • 2020年04月 - 現在  自治医科大学集中治療医学部門助教
  • 2012年04月 - 2017年03月  佐賀大学医学部助教

学歴

  • 2018年04月 - 現在   東京大学   大学院医学系研究科   社会医学専攻
  • 2017年04月 - 2018年03月   東京大学   大学院医学系研究科   公共健康医学専攻
  • 2002年04月 - 2008年03月   九州大学   医学部   医学科

所属学協会

  • 日本集中治療医学会   日本救急医学会   

研究活動情報

論文

  • Yusuke Endo, Taku Miyasho, Hisashi Imahase, Yoshio Kawamura, Yuichiro Sakamoto, Kazuto Yamashita
    Journal of veterinary emergency and critical care (San Antonio, Tex. : 2001) 30 5 534 - 542 2020年09月 
    OBJECTIVE: The perfusion index (PI) derived from plethysmographic signals provides a noninvasive indication of peripheral perfusion. This study aimed to investigate changes in PI and other hemodynamic variables in pigs subjected to endotoxemia. DESIGN: Prospective experimental study. SETTING: University teaching hospital. ANIMALS: Twelve healthy pigs weighing a mean (± standard deviation [SD]) of 31.7 ± 2.0 kg. INTERVENTIONS: Pigs were divided into control and endotoxin groups (n = 6 each). Endotoxemia was induced by IV infusion of lipopolysaccharide. Heart rate, mean arterial pressure, cardiac index (CI), central venous pressure, systemic vascular resistance index (SVRI), extravascular lung water index (ELWI), Global end-diastolic volume (GEDV) index, and pulmonary permeability index were measured using a transpulmonary thermodilution monitor in all pigs. PI was measured using a pulse oximeter probe attached to the tail. Pao2 , Paco2 , and plasma lactate concentration were measured by blood gas analysis. Measurements were taken at baseline (T0 ). Saline or lipopolysaccharide was then administered for 30 min to all pigs (control or endotoxemia group, respectively), and each parameter was measured every 30 min up to 270 min. Data were analyzed by analysis of variance and Student's t-tests. MEASUREMENTS AND MAIN RESULTS: There were no significant changes in any variables in the control group, but CI, SVRI, PI, ELWI, blood lactate concentration, and Pao2 changed significantly from baseline in the endotoxin group (P < 0.001, P = 0.0048, P < 0.001, P = 0.0064, P < 0.001, and P = 0.0220, respectively). In the endotoxin group, mean (± SD) %PI increased from T0 to 154 ± 34% at T60 (P = .001) and 135 ± 50% at T90 (P =0 .004), which mirrored significant changes in %CI and %SVRI. CONCLUSION: The PI may be useful to detect changes in CI and SVRI.
  • Hiroyuki Koami, Yuichiro Sakamoto, Ryota Sakurai, Miho Ohta, Hisashi Imahase, Mayuko Yahata, Mitsuru Umeka, Toru Miike, Futoshi Nagashima, Takashi Iwamura, Kosuke Chris Yamada, Satoshi Inoue
    Thrombosis research 157 84 - 89 2017年09月 
    INTRODUCTION: The aim of this study was to evaluate the efficacy and complications of recombinant antithrombin (rAT) supplementation for adult patients with disseminated intravascular coagulation (DIC) compared with conventional plasma derived AT (pAT) treatment in the intensive care unit. MATERIALS AND METHODS: This study was performed in a single national university hospital in Japan. Adult patients from April 2015 to March 2016 with DIC were divided into two groups based on the type of AT agent used: the pAT group (n=24) and the rAT group (n=21). Patient demographics, medical history, diagnosis, blood tests, various clinical scores, AT activity, complications, and clinical outcome were collected and analyzed retrospectively. RESULTS: Significantly higher SIRS and APACHEII scores were confirmed in the rAT group than the pAT group. The initial dose of AT was significantly higher in the rAT group than in the pAT group. ATIII values before and after initial supplementation and during their ten-day clinical course were statistically similar between two groups. During the same period, 10 bleeding adverse events were found and there was no significant difference between both groups. Significantly more cases of the rAT group were administered with recombinant thrombomodulin concomitantly than those of the pAT group. Despite significantly more severe patients in rAT group, the clinical outcomes were the same in each group. CONCLUSIONS: Compared with pAT, the supplementation of rAT indicates clinical effectiveness without increasing the risk of bleeding complications in adult DIC patients with low AT activity.
  • Hiroyuki Koami, Yuichiro Sakamoto, Ryota Sakurai, Miho Ohta, Hisashi Imahase, Mayuko Yahata, Mitsuru Umeka, Toru Miike, Futoshi Nagashima, Takashi Iwamura, Kosuke Chris Yamada, Satoshi Inoue
    PloS one 12 4 e0175257  2017年 
    It is well known that coagulopathy is observed in patients with out-of-hospital cardiac arrest (OHCA). Thrombolytic therapy for those patients has been controversial until now. The purpose of this study was to identify a significant predictor for return of spontaneous circulation (ROSC) of OHCA patients in the emergency department (ED) using whole blood viscoelastic testing. Adult non-trauma OHCA patients transported to our hospital that underwent thromboelastometry (ROTEM) during cardiopulmonary resuscitation between January 2013 and December 2015 were enrolled in this study. We divided patients into two groups based on the presence or absence of ROSC, and performed statistical analysis utilizing patient characteristics, prehospital data, laboratory data, and ROTEM data. Seventy-five patients were enrolled. The ROSC group and non-ROSC group included 23 and 52 patients, respectively. The logistic regression analysis, utilizing significant parameters by univariate analysis, demonstrated that lactate level [odds ratio (OR) 0.880, 95% confidence interval (CI) 0.785-0.986, p = 0.028] and A30 of EXTEM test [OR 1.039, 95% CI 1.010-1.070, p = 0.009] were independent risk factors for ROSC. The cut-off values of lactate and A30 in EXTEM were 12.0 mmol/L and A 48.0 mm, respectively. We defined a positive prediction for ROSC if the patient presented lower lactate level (<12.0 mmol/L) and higher A30 of EXTEM (≥48.0 mm) with high specificity (94.7%) and accuracy (75.0%). The present study showed that lactate level and ROTEM parameter of clot firmness were reliable predictors of ROSC in the ED for adult patients with OHCA.
  • Hiroyuki Koami, Yuichiro Sakamoto, Ryota Sakurai, Miho Ohta, Hisashi Imahase, Mayuko Yahata, Mitsuru Umeka, Toru Miike, Futoshi Nagashima, Takashi Iwamura, Kosuke Chris Yamada, Satoshi Inoue
    Medicine 95 31 e4514  2016年08月 
    The aim of this study is to evaluate the hematological differences between septic and traumatic disseminated intravascular coagulation (DIC) using the rotational thromboelastometry (ROTEM).This retrospective study includes all sepsis or severe trauma patients transported to our emergency department who underwent ROTEM from 2013 to 2014. All patients were divided into 2 groups based on the presence of DIC diagnosed by the Japanese Association for Acute Medicine (JAAM) DIC score. We statistically analyzed the demographics, clinical characteristics, laboratory data, ROTEM findings (EXTEM and FIBTEM), and outcome.Fifty-seven patients (30 sepsis and 27 severe trauma) were included in primary analysis. Sepsis cases were significantly older and had higher systemic inflammatory response syndrome (SIRS) scores, whereas there were no significant differences in other parameters including Acute Physiology and Chronic Health Evaluation (APACHE) II score, sequential organ failure assessment (SOFA) score. Twenty-six patients (14 sepsis and 12 severe trauma) were diagnosed with DIC. The Septic DIC (S-DIC) group was significantly older and had higher DIC scores than the traumatic DIC (T-DIC) group. Hematologic examination revealed significantly higher CRP, fibrinogen, lower FDP, DD, and higher FDP/DD ratio were found in the S-DIC group in comparison with the T-DIC group. ROTEM findings showed that the A10, A20, and MCF in the FIBTEM test were significantly higher in the S-DIC group. However, no statistical differences were confirmed in the LI30, LI45, and ML in EXTEM test.The plasma fibrinogen level and fibrinogen based clot firmness in whole-blood test revealed statistical significance between septic and traumatic DIC patients.
  • Hiroyuki Koami, Yuichiro Sakamoto, Takashi Furukawa, Hisashi Imahase, Takashi Iwamura, Satoshi Inoue
    Blood coagulation & fibrinolysis : an international journal in haemostasis and thrombosis 27 4 450 - 3 2016年06月 
    We present a case of hyperfibrinolysis induced by oxaliplatin-derived anaphylactic shock, which was diagnosed with rotational thromboelastometry (ROTEM). A 57-year-old male patient underwent a second course of oxaliplatin (126 mg/m/course)-based chemotherapy for stage IV metastatic rectal cancer. Two minutes after the infusion of oxaliplatin, the patient lost consciousness and developed generalized urticarial lesions, followed by hemodynamic instability and respiratory insufficiency. He was diagnosed anaphylactic shock and transported to emergency department (ED) after intramuscular injection of 0.2 mg of adrenaline, an intravenous injection of 100 mg of hydrocortisone, and 500 mg of methylprednisolone. After arriving in the ED, the patient remained in shock and early resuscitation with administration of 5 mg of D-chlorpheniramine maleate and 20 mg of famotidine was performed. He recovered from his state of shock 30 min after the resuscitation. ROTEM findings showed fulminant hyperfibrinolysis with minimal changes in standard coagulation tests (SCTs) and no remarkable coagulopathy. Seven hours after the attack, he became asymptomatic and follow-up ROTEM revealed values within normal limits with the exception of sustained slight abnormalities of SCTs. He was discharged the next day without any signs of spontaneous bleeding and has continued his outpatient chemotherapy uneventfully. A review of the literature on anaphylaxis-induced hyperfibrinolysis and a discussion of the mechanism between anaphylactic shock and hyperfibrinolysis were performed. Although administration of tissue-type plasminogen activator can play a vital role in anaphylactic shock-induced hyperfibrinolysis, early effective resuscitation is imperative to prevent severe hemorrhagic complications. Therefore, ROTEM is a useful tool that can detect these dynamic changes faster and more accurately than SCTs.
  • Hiroyuki Koami, Yuichiro Sakamoto, Ryota Sakurai, Miho Ohta, Akiko Goto, Hisashi Imahase, Mayuko Yahata, Mitsuru Umeka, Toru Miike, Futoshi Nagashima, Takashi Iwamura, Kosuke Chris Yamada, Satoshi Inoue
    Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi 83 4 150 - 7 2016年 
    Recently, serum lactate level rather than systolic blood pressure (sBP) has been widely used to diagnose peripheral circulatory insufficiency, which often leads to coagulopathy with systemic inflammation. However, most of the reported disorders were examined by plasma samples. The aim of this study was to evaluate the utility of serum lactate for detecting coagulopathy with circulatory failure by using thromboelastometry as well as standard coagulation test. 192 adult patients transported to our hospital between January 2013 and September 2014 were enrolled in this retrospective study. The sBP, serum lactate and thromboelastometry (ROTEM(®)) were measured in these patients in the emergency department. All patients were divided into three groups based on serum lactate levels: (1) the severe group (≥4 mmol/L, n=41); (2) the mild group (<4 mmol/L and ≥2 mmol/L, n=59); and (3) the normal group (<2 mmol/L, n=92). Patients in the severe group were of a significantly younger age but had lower pH and poor outcome. SBP was significantly lower and heart rates were higher in the severe group than in the other groups. Prolonged PT-INR and APTT were statistically confirmed in the severe group. ROTEM findings in the severe group revealed significantly lower alpha angle, shortened Lysis Onset Time and significantly more cases exhibited hyperfibrinolysis. The same analysis with the cut-off level of sBP at 90 mmHg showed no significant difference in ROTEM findings between the two groups. Abnormal serum lactate levels (≥4.0 mmol/L) properly reflected peripheral circulatory insufficiency and were more closely associated with coagulopathy such as hyperfibrinolysis and hypocoagulability than sBP.
  • Hiroyuki Koami, Yuichiro Sakamoto, Miho Ohta, Akiko Goto, Showgo Narumi, Hisashi Imahase, Mayuko Yahata, Toru Miike, Takashi Iwamura, Kosuke Chris Yamada, Satoshi Inoue
    Blood coagulation & fibrinolysis : an international journal in haemostasis and thrombosis 26 7 778 - 83 2015年10月 
    Rotational thromboelastometry (ROTEM), known as point-of-care testing, has been incorporated into various kinds of postsurgical management. However, the utility of ROTEM for rapid diagnosis of sepsis-induced disseminated intravascular coagulation (DIC) has not been investigated. This retrospective study includes 13 sepsis patients who underwent ROTEM in our emergency department in 2013. All patients were divided into two groups on the basis of the presence of DIC diagnosed by the Japanese Association for Acute Medicine (JAAM) DIC score. We evaluated the demographics, clinical characteristics, laboratory data, ROTEM test and outcomes for each patient. The correlations between JAAM DIC score and significantly different parameters by univariate analysis and receiver operating characteristic (ROC) analysis were performed to assess the accuracy of the variables. There were seven and six patients in the DIC group and non-DIC group, respectively. The DIC group showed significantly longer prothrombin times, international normalized ratio of prothrombin time and clotting times (CTs) in the EXTEM test, and higher fibrinogen and fibrin degradation products and D-dimer. The CT in EXTEM test was correlated more with JAAM DIC score (r = 0.798), than the standard coagulation test. These parameters were accurate predictors in the diagnosis of septic DIC, with an AUC of 0.952, and a cut-off value of more than 46.0 s, resulting in a sensitivity of 100.0% and a specificity of 83.3%. CT in the EXTEM test was a single reliable indicator of sepsis-induced DIC diagnosed by the JAAM DIC score, and strongly associated with severity of DIC.
  • Yuichiro Sakamoto, Satoshi Inoue, Takashi Iwamura, Tomoko Yamashita, Atsushi Nakashima, Hiroyuki Koami, Toru Miike, Mayuko Yahata, Hisashi Imahase, Akiko Goto, Showgo Narumi, Miho Ohta, Chris-Kosuke Yamada
    Yonsei medical journal 55 4 975 - 9 2014年07月 
    PURPOSE: It has been reported that the Pulse Contour Cardiac Output (PiCCO) is very useful mainly in the field of intensive care and treatment to grasp the pathophysiological conditions of pulmonary edema because of its capability of obtaining data such as Pulmonary Vascular Permeability Index (PVPI) and Extra Vascular Lung Water (EVLW). Furthermore, a high degree of usability of various markers has been reported for better understanding of the pathological conditions in cases with septicemia. MATERIALS AND METHODS: The correlation between the cardiorespiratory status based upon the PiCCO monitor (EVLW and PVPI) and inflammatory markers including C reactive protein, procalcitonin (PC), and Endotoxin Activity Assay (EAA) were evaluated in 11 severe cases that required treatment with a respirator in an intensive care unit. RESULTS: The EAA values were significantly higher in patients with abnormal EVLW at 0.46±0.20 compared to the normal EVLW group at 0.21±0.19 (p=0.0064). In a similar fashion, patients with abnormal PVPI values tended to have higher PC levels at 18.9±21.8 compared to normal PVPI cases at 2.4±2.2 (p=0.0676). On the other hand, PVPI was significantly higher in the abnormal EAA group at 3.55±0.48 in comparison with the normal EAA group at 1.99±0.68 (p=0.0029). The abnormal EAA group tended to have higher PVPI values than the normal EAA group. CONCLUSION: The EAA is a measurement method designed to estimate the activity of endotoxins in the whole blood. Our results suggest that the EAA value, which had the greatest correlation with lung disorders diagnosed by the PiCCO monitoring, reflects inflammatory reactions predominantly in the lungs.
  • Yuichiro Sakamoto, Satoshi Inoue, Takashi Iwamura, Tomoko Yamashita, Atsushi Nakashima, Yoichi Nishimura, Hiroyuki Koami, Hisashi Imahase, Akiko Goto, Kosuke Chris Yamada, Kunihiro Mashiko, Hiroyuki Yokota
    Yonsei medical journal 54 3 686 - 9 2013年05月 
    PURPOSE: Few reports have been made on the therapeutic effects as well as pathological features of an antithrombin preparation in patients diagnosed with septic disseminated intravascular coagulation (DIC) by the diagnostic criteria for acute DIC. MATERIALS AND METHODS: A total of 88 sepsis patients who had received inpatient hospital care during the period from January 2000 through December 2008 were divided into two groups, an antithrombin group and a non-antithrombin group, to study the outcomes. Furthermore, the relationship between sepsis-related factors and DIC in 44 patients was studied. RESULTS: The antithrombin group contained 34 patients, and the non-antithrombin group contained 54 patients. The outcomes were significantly better in the antithrombin group. The levels of protein C were low in DIC patients. CONCLUSION: Our results suggest that early administration of antithrombin might improve outcomes of septic DIC patients in the diagnostic criteria for Japanese Association for Acute Medicine acute DIC.
  • Takashi Iwamura, Yuichiro Sakamoto, Noriyoshi Kutsukata, Atsushi Nakashima, Tomoko Yamashita, Youichi Nishimura, Hiroyuki Koami, Hisashi Imahase, Mayuko Yahata, Akiko Goto
    Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi 80 3 184 - 91 2013年 
    INTRODUCTION: The Utstein-style guidelines have been used in various countries around the world, because they are suitable for evaluating regional emergency medical systems (EMSs) for patients who have an out-of-hospital cardiac arrest (OHCA). This report examined the present status of treating OHCA in Saga Prefecture and examined policies that can contribute to improving the rate of the return of spontaneous circulation (ROSC). METHODS: This study examined 800 cases of OHCA by means of the Utstein-style guidelines submitted for medical control verification by firefighting organizations in Saga Prefecture from July 1, 2010, to June 30, 2011. The firefighting organizations were divided into 5 areas (A-E) according to each medical classification. The 5 areas were compared in terms of the ROSC rate and background factors (patient age and sex, cardiac arrest cause, place, witnesses, initial electrocardiogram [ECG], hospital ECG, prehospital medical treatment, transfer time, oral instruction, and bystander cardiopulmonary resuscitation [CPR]). RESULTS: The ROSC rate was significantly lower in areas D (24.2%) and E (26.8%). Age, sex, cardiac arrest cause, place, witnesses, initial ECG, hospital ECG, shock, and adrenaline administration did not differ significantly among the 5 areas. The response time was significantly shorter in areas A (8: 25), D (8: 07), and E (8: 12). There were significantly fewer examples of oral CPR instruction in area E (42.1%), and there were fewer examples of CPR in areas A (44.0%), D (41.9%), and E (37.9%). CPR was performed by lay person in approximately 70% of the cases in which oral instructions were provided, but it was not performed in 90% of cases in which no oral instructions were provided. CONCLUSIONS: The Utstein-style guidelines were used to clarify differences in the ROSC rate in Saga Prefecture, thus making improvements in regional EMSs possible. Improvements in the quality of oral instruction and a reexamination of the oral instruction manual are expected to improve the ROSC rate, in parallel with education in basic life support for lay person and in advanced cardiac life support for medical personnel. In addition, it is important to reaffirm the effectiveness of CPR and encourage the participation of lay person by providing instructions by telephone from an ambulance that is en route to the scene.

書籍

MISC

  • 【災害とICU】(Part 2.)mass casualty incidentへの備え 災害やパンデミックにおける医療の倫理的ジレンマ 医療資源の分配,患者らへの倫理的配慮,医療・行政機関の倫理的責務,研究の実施を軸に考える
    今長谷 尚史 Intensivist 12 (2) 382 -386 2020年04月 
    <文献概要>災害やパンデミックでは,医療資源の供給と医療・ケアの需要のバランスが崩れるため,「社会全体の利益,幸福」を目指す功利主義に基づいて医療資源は分配される。しかし,何をもって「社会全体の利益,幸福」と考えるのかにより,いくつかの分配法則がある。海外のガイドラインではそれぞれの法則の一長一短を考慮しながら,ある一定の基準で医療資源を分配するように示されている。これらのガイドラインに従っていたとしても,患者・家族ら,医療・ケアの提供者らに対する倫理的配慮は重要であり,管理者の責務は重いものである。また,災害やパンデミック時の研究は,研究の必要性・意義が高いものではあるが,平時よりもいっそうの倫理的配慮が求められる。
  • 【集中治療の基本、まずはここから!臓器別の評価のしかたと重症患者管理のポイントがわかる】(第2章)臓器別に評価し対応する 血液・凝固の異常に対応する
    今長谷 尚史 レジデントノート 21 (14) 2454 -2460 2019年12月 
    <●Point●>・好中球数減少は重症患者の管理において重要なサイン・貧血の鑑別は緊急性とともに考える・血小板減少症の原因はさまざま、DICのせいにばかりしない・外傷など大量出血があるときには凝固・線溶系の管理が大切(著者抄録)
  • 日本救急医学会学生・研修医部会運用特別委員会主催のイベント開催による医学生・研修医の意識の変化
    狩野 謙一, 上杉 泰隆, 澤田 悠輔, 大内 元, 野村 智久, 今長谷 尚史, 舩越 拓, 西川 佳友, 新井 隆男, 黒田 泰弘, 日本救急医学会学生・研修医部会運用特別委員会 日本救急医学会雑誌 30 (9) 656 -656 2019年09月
  • 日本救急医学会当委員会主催のイベントに関するアンケート、追跡調査の検討
    上杉 泰隆, 狩野 謙一, 澤田 悠輔, 大内 元, 野村 智久, 今長谷 尚史, 舩越 拓, 西川 佳友, 新井 隆男, 黒田 泰弘, 日本救急医学会学生・研修医部会設置運用特別委員会 日本救急医学会雑誌 29 (10) 519 -519 2018年10月
  • 全国医学生CPR選手権大会に関するアンケート、追跡調査の検討
    澤田 悠輔, 上杉 泰隆, 今長谷 尚史, 山川 一馬, 西川 佳友, 本間 康一郎, 武田 宗和, 太田 祥一, 川本 英嗣, 新井 隆男, 黒田 泰弘, 日本救急医学会学生・研修医部会設置運用特別委員会 日本救急医学会雑誌 29 (10) 654 -654 2018年10月
  • 敗血症性AKIにおける腎代替療法の効果を再考する DESIREサブ解析から
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 櫻井 良太, 太田 美穂, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 梅香 満, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 山田 クリス孝介, 井上 聡, 山村 仁, 川副 友, 宮本 恭兵, 太田 好紀, 森本 剛 日本救急医学会雑誌 28 (9) 616 -616 2017年09月
  • 【ER・ICUにおける手技の基本と実際-ベテランに学ぶトラブル回避法-】カテーテル手技 PiCCOカテーテル
    今長谷 尚史 救急・集中治療 29 (臨増) e118 -e124 2017年06月 
    <point>PiCCOカテーテルの挿入部位は、大腿動脈と上腕動脈。動脈シースと同様の挿入手技で、合併症に注意する。短期間での使用に限定し、原則的に交換しない。PiCCOカテーテルで測定可能な数値とは?経肺熱希釈法では測定の手技を安定させることが重要である。(著者抄録)
  • 呼吸・循環・意識・腎機能は敗血症の生命予後を反映する指標である(qSOFAは有用だと推測される)
    今長谷 尚史, 太田 美穂, 阪本 雄一郎, 櫻井 良太, 八幡 真由子, 三池 徹, 小網 博之, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡 日本集中治療医学会雑誌 24 (Suppl.) DP1 -2 2017年02月
  • Evidence Based Medicine(EBM)とShared Decision Making(SDM)を推進するための多職種チームアプローチ
    今長谷 尚史, 太田 美穂, 櫻井 良太, 宮崎 恵美子, 別府 美紀, 坂本 典子, 今泉 香織, 山田 クリス孝介, 小網 博之, 阪本 雄一郎 日本集中治療医学会雑誌 24 (Suppl.) DP105 -2 2017年02月
  • 麻生 将太郎, 大江 恭司, 前島 克哉, 今長谷 尚史, 神田 潤, 伊藤 史生, 糟谷 美有紀, 伊良部 徳次 日本集中治療医学会雑誌 24 (1) 18 -21 2017年01月 
    後天性第V因子インヒビターは様々な原因で抗第V因子抗体が出現し、易出血性をきたす稀な疾患である。交差混合試験、ループスアンチコアグラント、凝固因子活性、凝固因子インヒビターを測定して診断される。治療は止血に新鮮凍結血漿や血小板製剤の投与、インヒビター除去に免疫抑制薬が投与される。無効な場合は、血漿交換を行う。本症例は直腸癌術後、末期腎不全の55歳男性が、体表の複数の血腫を主訴に、後天性第V因子インヒビターと診断された。心タンポナーデが出現し、血腫増大による貧血進行のため、高用量メチルプレドニゾロン療法、リツキシマブや輸血の大量投与を施行しても出血を制御できず、血漿交換を施行した。合計9回の血漿交換を施行したが、出血を制御できず、カテーテル感染による敗血症を合併し、死亡した。血漿交換を施行しても出血を制御できない場合、他の治療法の併用を早期に検討する必要がある。(著者抄録)
  • Thromboelastometry(ROTEM)を用いて急性期の輸血管理を行った内胸静脈損傷の一例
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 太田 美穂, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡 九州救急医学雑誌 15 (1) 7 -10 2016年12月 
    症例は76歳女性で、交通事故で当院にドクターヘリ搬送された。来院時、右肩から左前胸、右下腹部にシートベルト痕、胸骨に圧痛を認めた。血液検査では、貧血や血小板低下、凝固能異常を認めた。ROTEMでは、EXTEMの凝固時間が延長しFIBTEMの凝固波形は消失した。画像検査で、縦隔拡大や胸骨骨折、縦隔血腫を認めたが、全身状態は安定しておりそのまま入院とした。入院4時間後に血圧低下、超音波で血腫増大を認めた。血液検査で貧血や血小板低下の増悪、フィブリノゲンも著減し、ROTEM所見も改善しなかった。造影CTでは内胸静脈損傷による縦隔血腫と診断した。保存加療となり輸血を開始した。RCCとFFPを4単位ずつ輸血したが、翌日のROTEMで、EXTEMの凝固時間短縮やFIBTEMの血栓硬度上昇を認めたが、循環動態も不安定であり効果不十分と考えた。輸血を継続したところ第3病日には貧血や凝固異常が改善し循環動態も安定した。本例は、その後全身状態が安定し第19病日に近医へ転院した。(著者抄録)
  • 今長谷 尚史 レジデントノート 18 (12) 2270 -2277 2016年11月 
    (1)好中球数減少は重症患者の管理において重要なサイン(2)貧血の鑑別は緊急性とともに考える(3)血小板減少症の原因はさまざま、DICのせいにばかりしない(4)外傷など大量出血があるときには凝固・線溶系の管理が大切(著者抄録)
  • 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 川路 明人, 小山 富士雄, 中田 邦臣, 野村 眞弓, 三谷 洋 救急医学 40 (12) 1577 -1587 2016年11月
  • 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 川路 明人, 小山 富士雄, 中田 邦臣, 野村 眞弓, 三谷 洋 救急医学 40 (11) 1461 -1468 2016年10月
  • 当院における重症骨盤外傷の治療戦略
    櫻井 良太, 太田 美穂, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 梅香 満, 八幡 真由子, 小網 博之, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本臨床外科学会雑誌 77 (10) 2611 -2611 2016年10月
  • 敗血症患者の臓器障害(特に腎障害)と院内死亡率との相関について
    今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 八幡 真由子, 太田 美穂, 櫻井 良太, 三池 徹, 小網 博之, 永嶋 太 日本急性血液浄化学会雑誌 7 (Suppl.) 79 -79 2016年09月
  • 救急医療とICT 新たな展開への挑戦 佐賀県における救急医療へのICTの応用
    山田 クリス孝介, 小網 博之, 永嶋 太, 岩村 高志, 三池 徹, 八幡 真由子, 今長谷 尚史, 太田 美穂, 櫻井 良太, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 27 (9) 311 -311 2016年09月
  • 大量輸血を再考する Massive transfusion protocolは本当に使えるのか? 重症外傷患者に対するMTPを補完するためにThromboelastometryをいかに活用すべきか?
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 太田 美穂, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 梅香 満, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 山田 クリス孝介, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 27 (9) 317 -317 2016年09月
  • 熊本地震での佐賀SCUを活用した佐賀県の広域搬送受け入れ体制の工夫と活動報告
    八幡 真由子, 櫻井 良太, 太田 美穂, 今長谷 尚史, 三池 徹, 小網 博之, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 27 (9) 365 -365 2016年09月
  • 複数の症候を合併した神経因性食思不振症の集学的治療に成功した一例
    福地 絢子, 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 西 純平, 太田 美穂, 八幡 真由子, 梅香 満, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 27 (9) 392 -392 2016年09月
  • 線溶亢進は院外心停止症例の蘇生と関連する可能性がある
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 櫻井 良太, 太田 美穂, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 梅香 満, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 27 (9) 427 -427 2016年09月
  • 高気圧酸素治療が一酸化炭素中毒患者の凝固系に及ぼす影響(TEG6sを用いて)
    三池 徹, 阪本 雄一郎, 岩村 高志, 永島 太, 小網 博之, 山田 クリス孝介, 八幡 真由子, 今長谷 尚史, 太田 美穂, 櫻井 良太, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 27 (9) 445 -445 2016年09月
  • 敗血症患者のSOFA分析から考える重症度評価について
    今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 小網 博之, 三池 徹, 八幡 真由子, 太田 美穂, 梅香 満, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡, 山田 クリス孝介 日本救急医学会雑誌 27 (9) 448 -448 2016年09月
  • 感染症患者における血小板機能の変化(T-TASの解析から)
    三池 徹, 阪本 雄一郎, 岩村 高志, 永島 太, 小網 博之, 山田 クリス孝介, 八幡 真由子, 今長谷 尚史, 太田 美穂, 櫻井 良太, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 27 (9) 449 -449 2016年09月
  • 当院集中治療室での遺伝子組み換えアンチトロンビン製剤の使用状況ならびにその効果
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 櫻井 良太, 太田 美穂, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 梅香 満, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 27 (9) 450 -450 2016年09月
  • Thrombelastograph(TEG 6s)とThromboelastometry(ROTEM delta)は相関するか?
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 櫻井 良太, 太田 美穂, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 梅香 満, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 27 (9) 463 -463 2016年09月
  • Thrombelastograph(TEG6s)の線溶亢進の診断能について
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 櫻井 良太, 太田 美穂, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 梅香 満, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 27 (9) 487 -487 2016年09月
  • 二次性血小板増多症患者に対するPoint of care testingの可能性
    永嶋 太, 井上 聡, 阪本 雄一郎, 岩村 高志, 小網 博之, 三池 徹, 梅香 滿, 八幡 真由子, 今長谷 尚史, 太田 美穂, 櫻井 良太 日本救急医学会雑誌 27 (9) 488 -488 2016年09月
  • Damage Control戦略を用いることで、救命できた広範大腸虚血の1例
    松田 知也, 井上 高志, 太田 美穂, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 梅香 満, 三池 徹, 小網 博之, 永嶋 太, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 27 (9) 512 -512 2016年09月
  • 受傷前における胸水の存在が早期診断を困難にした外傷性血胸の1例
    梅香 満, 櫻井 良太, 太田 美穂, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 小網 博之, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 27 (9) 569 -569 2016年09月
  • 明らかな胸腹部外傷の合併なく発症した横隔膜ヘルニアの一例
    櫻井 良太, 永嶋 太, 梅香 満, 太田 美穂, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 小網 博之, 三池 徹, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 27 (9) 573 -573 2016年09月
  • 早期からの集学的治療により救命し得たマイコプラズマ肺炎による重症ARDSの1例
    西 純平, 小網 博之, 阪本 雄一郎, 太田 美穂, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 梅香 満, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 27 (9) 591 -591 2016年09月
  • 血栓予防としてのヘパリンの濃度調整にThrombelastograph(TEG)6sを使用した2症例
    中山 紫季, 小網 博之, 太田 美穂, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎, 小野 南月 日本救急医学会雑誌 27 (9) 606 -606 2016年09月
  • 血液浄化を行わずに救命し得たパラコート中毒の1例
    中山 賢人, 小網 博之, 阪本 雄一郎, 櫻井 良太, 太田 美穂, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 27 (9) 611 -611 2016年09月
  • バイ貝の摂取によりテトロドトキシン中毒を発症し、経時的なテトロドトキシンの血中濃度の測定を行うことができた一例
    松田 知也, 梅香 満, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 小網 博之, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎 中毒研究 29 (2) 202 -202 2016年07月
  • 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 川路 明人, 小山 富士雄, 中田 邦臣, 野村 眞弓, 三谷 洋 救急医学 40 (6) 709 -719 2016年06月
  • 腹腔内感染症の感染源別における凝固障害の機能解析
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 櫻井 良太, 太田 美穂, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 梅香 満, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 山田 クリス孝介, 井上 聡 日本腹部救急医学会雑誌 36 (2) 430 -430 2016年02月
  • 転落外傷による中枢性高体温と吸収熱から著明な体重減少を来し、NST介入により体重減少抑制となった一例
    前間 真弓, 林 章浩, 池田 弘典, 皆良田 貴之, 椛島 久美子, 板村 裕子, 蒲地 俊介, 朝長 元輔, 井手 貴雄, 北村 浩晃, 桑野 彰人, 今長谷 尚史, 江口 有一郎 日本静脈経腸栄養学会雑誌 31 (1) 608 -608 2016年01月
  • 心肺蘇生・体温管理 Thromboelastometry(ROTEM)を用いた院外心停止症例の来院後自己心拍再開を規定する因子の検討
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 梅香 満, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 山田 クリス孝介, 井上 聡 日本集中治療医学会雑誌 23 (Suppl.) 247 -247 2016年01月
  • Septic shockを契機に発見された急性骨髄性白血病の一例
    藤田 亮, 阪本 雄一郎, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 小網 博之, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡 日本集中治療医学会雑誌 23 (Suppl.) 792 -792 2016年01月
  • 八幡 真由子, 太田 美穂, 後藤 明子, 鳴海 翔悟, 今長谷 尚史, 三池 徹, 小網 博之, 藤田 亮, 永嶋 太, 岩村 高志, 山田 クリス孝介, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本急性血液浄化学会雑誌 6 (2) 119 -123 2015年12月 
    【目的】敗血症性ショックに対するエンドトキシン吸着療法(PMX-DHP)による加療中の遺伝子組み換えヒトトロンボモジュリン製剤(rTM)投与の影響について検討した。【方法】PMX-DHP施行のrTM投与群と非投与群で、患者背景、転帰、カテコラミン量と血小板数および回路内圧の推移について後ろ向きに比較した。【結果】両群で28日転帰に有意差はなかった。カテコラミン量は投与群のほうがより減量できる傾向にあり、血小板数も投与群で減少抑制がみられた。しかし、いずれも統計学的有意差までは認めなかった。【結論】今回の検討においてPMX-DHPにrTMを併用することでの血小板数、循環動態改善について有意差は認めず、今後、前向き研究での有効性の検討が必要と考える。(著者抄録)
  • 今長谷 尚史, 永嶋 太, 井上 聡, 阪本 雄一郎, 川路 明人, 小山 富士雄, 中田 邦臣, 野村 眞弓, 三谷 洋 救急医学 39 (12) 1741 -1753 2015年11月
  • ドクターヘリによる隣県対応の現状と考察
    岩村 高志, 櫻井 良太, 太田 美穂, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 梅香 満, 三池 徹, 小網 博之, 藤田 亮, 永嶋 太, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本航空医療学会雑誌 16 (2) 78 -78 2015年10月
  • 急性血液浄化療法と抗凝固療法による新たなる敗血症治療戦略 敗血症治療における抗凝固薬の効果(動物実験モデルとin vitroでの検討)
    今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 八幡 真由子, 小網 博之, 井上 聡 日本急性血液浄化学会雑誌 6 (Suppl.) 61 -61 2015年09月
  • 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 川路 明人, 小山 富士雄, 中田 邦臣, 野村 眞弓, 三谷 洋 救急医学 39 (8) 993 -1005 2015年08月
  • 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 宮庄 拓, 山下 和人, 田村 純, 河村 芳朗, 佐野 忠士, 井上 聡 補体 52 (1) 29 -30 2015年08月
  • 敗血症の早期診断の重要性をICUから発信する 救急ICUにおける敗血症死亡患者の検討から
    今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 岩村 高志, 小網 博之, 山田 クリス孝介, 太田 美穂, 櫻井 良太, 三池 徹, 梅香 満, 永嶋 太, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 26 (8) 290 -290 2015年08月
  • 精神科病院入院中に救命救急センターに紹介・救急搬送された患者から考察する精神科病院と救急の連携
    今長谷 尚史, 岩村 高志, 阪本 雄一郎, 櫻井 良太, 太田 美穂, 後藤 明子, 八幡 真由子, 三池 徹, 小網 博之, 永嶋 太, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 26 (8) 303 -303 2015年08月
  • これからの救命救急センターのあり方 地方の救命救急センターのあり方
    永嶋 太, 阪本 雄一郎, 井上 聡, 岩村 高志, 小網 博之, 三池 徹, 梅香 満, 八幡 真由子, 今長谷 尚史, 太田 美穂, 櫻井 良太 日本救急医学会雑誌 26 (8) 320 -320 2015年08月
  • 治療に難渋した腐食性胃食道炎の1例
    松田 知也, 梅香 満, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 小網 博之, 藤田 亮, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 26 (8) 333 -333 2015年08月
  • 超急性期より血液透析と持続血液濾過透析を施行することで、明らかな副作用なく救命できた急性リチウム中毒の1例
    中山 賢人, 小網 博之, 櫻井 良太, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 梅香 満, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 26 (8) 342 -342 2015年08月
  • 急性期DIC基準の中で、敗血症性DICに最も関与している因子は何か?
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 櫻井 良太, 太田 美穂, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 梅香 満, 三池 徹, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 26 (8) 361 -361 2015年08月
  • リツキシマブが奏効した重症血小板減少性紫斑病の一例
    櫻井 良太, 今長谷 尚史, 太田 美穂, 八幡 真由子, 梅香 満, 三池 徹, 小網 博之, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 26 (8) 380 -380 2015年08月
  • 腹痛を契機に発見された上腸間膜静脈(SMV)ガス血症の1例
    梅香 満, 小網 博之, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 藤田 亮, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 26 (8) 416 -416 2015年08月
  • 中枢神経感染症におけるプレセプシンの有用性
    太田 美穂, 櫻井 良太, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 梅香 満, 三池 徹, 小網 博之, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 26 (8) 433 -433 2015年08月
  • 高気圧酸素環境が健常血液の血栓形成能に及ぼす影響
    三池 徹, 阪本 雄一郎, 櫻井 良太, 太田 美穂, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 小網 博之, 永嶋 太, 岩村 高志, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 26 (8) 459 -459 2015年08月
  • 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 川路 明人, 小山 富士雄, 中田 邦臣, 野村 眞弓, 三谷 洋 救急医学 39 (6) 733 -744 2015年06月
  • 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 川路 明人, 小山 富士雄, 中田 邦臣, 野村 眞弓, 三谷 洋 救急医学 39 (4) 485 -495 2015年04月
  • 藤田 亮, 阪本 雄一郎, 井上 聡, 岩村 高志, 小網 博之, 永嶋 太, 三池 徹, 今長谷 尚史, 鳴海 翔悟, 後藤 明子 日本臨床救急医学会雑誌 18 (2) 435 -435 2015年04月
  • 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 川路 明人, 小山 富士雄, 中田 邦臣, 野村 眞弓, 三谷 洋 救急医学 39 (3) 378 -387 2015年03月
  • 遅発性呼吸停止を来したグルホシネート中毒の1例
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 岩村 高志, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 26 (1) 30 -35 2015年01月 
    遅発性に呼吸停止を来したグルホシネート中毒を経験した。症例は62歳男性で、来院直前にグルホシネート含有除草剤(バスタ)を数十mLに薄めて服毒後に頻回の下痢が出現したため当院に救急搬送された。来院時、血圧低下や低体温を呈し、腸蠕動が亢進していた以外に特記所見は認めなかった。服毒量は重症化の目安とされる液剤100mL以下と考えられたため、胃洗浄と活性炭の投与を行い救命センターに入院となった。第3病日(服毒後約47時間)に突然の呼吸停止を認め、人工呼吸管理を開始した。その後、徐々に自発呼吸が回復し、第7病日に抜管した。経過良好で第15病日に退院となった。なお、血中グルホシネート濃度は、来院時に122μg/mLと高値を認めたものの、6時間後には著明に低下し、第2病日と呼吸停止が出現した第3病日には検出限界以下となっていた。バスタを服用した場合、急性期には、界面活性剤による悪心・嘔吐、下剤といった消化器症状が出現し、グルホシネートによる意識障害や呼吸障害は服毒の4〜60時間後に出現すると言われている。グルホシネート中毒の治療としては、重症例ならば予防的気管挿管も検討すべきだが、基本的には通常の薬物中毒に準じた対応が中心である。すなわち、この中毒では、重症例をいかに予測するかが重要であり、服毒量の確認とノモグラムを用いた血中濃度測定が推奨されている。しかし、服毒量の推定は誤差が大きいことや、血中濃度の測定ができる施設が限られていることなど、いまだ障壁が多い。本邦にて遅発性呼吸障害を来した15例の文献を考察したところ、高齢者に多く、服毒量や症状出現時期にはかなりばらつきが見られた。現時点では、たとえ服毒量が少なく全身状態が良好であっても、重症化する可能性を念頭におき、服毒後72時間は人工呼吸管理が可能な集中治療室で厳重に管理すべきである。(著者抄録)
  • 初期研修医の視点によって、救命救急センターの診療の質を改善することができる
    今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 岩村 高志, 太田 美穂, 後藤 明子, 鳴海 翔悟, 八幡 真由子, 三池 徹, 小網 博之, 井上 聡 日本集中治療医学会雑誌 22 (Suppl.) [RT2 -1] 2015年01月
  • 心停止蘇生後に発症したparoxysmal sympathetic hyperactivityの1例
    岩村 高志, 太田 美穂, 後藤 明子, 鳴海 翔梧, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 小網 博之, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本集中治療医学会雑誌 22 (Suppl.) [DP38 -2] 2015年01月
  • 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 川路 明人, 小山 富士雄, 中田 邦臣, 野村 眞弓, 三谷 洋 救急医学 38 (13) 1722 -1728 2014年12月
  • 鈍的外傷により出血性ショックおよび心嚢気腫を呈した1例
    後藤 明子, 今長谷 尚史, 小網 博之, 中島 厚士, 山下 友子, 岩村 高志, 阪本 雄一郎 九州救急医学雑誌 13 (1) 46 -50 2014年12月 
    51歳女性。軽自動車を運転中に、自動車とのオフセット衝突により受傷した。来院時のvital signsは脈拍130/min、血圧148/87mmHg、呼吸数33/min、 SpO2 100%(リザーバー付マスク酸素10L投与下)であり、明らかな皮下気腫や頸静脈怒張は認めなかった。胸部〜骨盤部造影CT検査において右多発肋骨骨折と右血気胸、心嚢内気腫、骨盤骨折、骨盤内血腫の所見を認めた。血気胸に対し右胸腔ドレーンの挿入中に収縮期血圧が78mmHgまで低下し、緊張性心嚢気腫によるショックか、骨盤骨折による出血性ショックかが疑われた。急変時に呼吸音増悪なく、再度胸部CT検査を行ったところ心嚢気腫の増大傾向は認めず、骨盤骨折による出血がショックの原因と判断し、緊急経カテーテル的動脈塞栓術を施行し状態は安定した。鈍的外傷による心嚢気腫は治療指針が明確に確立していないが、緊張性心嚢気腫へと移行した際には速やかな処置を要するため、ショックの原因として留意する必要がある。(著者抄録)
  • 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 川路 明人, 小山 富士雄, 中田 邦臣, 野村 眞弓, 三谷 洋 救急医学 38 (11) 1471 -1478 2014年10月
  • 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎 日本臨床麻酔学会誌 34 (6) S179 -S179 2014年10月
  • 佐賀県ドクターヘリの現状と今後の展望
    岩村 高志, 太田 美穂, 後藤 明子, 鳴海 翔梧, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 小網 博之, 井上 聡, 阪本 雄一郎, 吉富 有哉, 松本 康, 小山 敬, 山下 友子, 中島 厚士 日本航空医療学会雑誌 15 (2) 106 -106 2014年10月
  • PMX-DHPの既成概念と可能性
    阪本 雄一郎, 八幡 真由子, 山田 クリス孝介, 太田 美穂, 後藤 明子, 鳴海 翔悟, 今長谷 尚史, 三池 徹, 小網 博之, 岩村 高志, 井上 聡, 平原 健司, 山下 友子, 藤田 亮, 中島 厚士 エンドトキシン血症救命治療研究会誌 18 (1) 31 -38 2014年10月 
    わが国においては敗血症性ショックの治療法の一つとして、ポリミキシンB固定化線維カラムを用いた直接血液灌流法(PMX-DHP)が知られており、循環動態に関して収縮期血圧の上昇や呼吸機能の改善等が報告されている。効果に関しては、酸化ストレスマーカーであるF2-イソプロスタンとPMX-DHPによる呼吸機能の改善との関連、収縮期血圧の上昇とスフィンゴシン1-リン酸との関係、そして転帰とa disintegrin and metalloproteinase with a thrombospondin type 1 motif,member 13との関連が明らかになっている。
  • 栗原 麻希子, 今長谷 尚史, 小網 博之, 中島 厚士, 岩村 高志, 山下 友子, 阪本 雄一郎 日本救命医療学会雑誌 28 71 -75 2014年09月 
    【症例】56歳男性。前日から胸痛を自覚しており、翌朝、仕事場で突然意識消失し卒倒したため、救急要請。救急隊現場到着時の状態は心停止、心電図波形は心室細動で、搬送中に除細動を施行したが、心室細動は持続していた。当院到着時も心室細動が持続しており、救急初療室でPCPS導入を試みた。右鼠径部より脱血用シースを挿入したが、挿入までに時間を要した。冠動脈造影までの時間を短縮するために血管造影室での処置が望ましいと判断し、血管造影室に移動後PCPS導入となった。しかし、脱血用シースが動脈に誤挿入されており、送血用シースに入れ替え、脱血用シースを左鼠径部より挿入した。シースのサイズが異なるため、送血シースの脇からは出血が持続して圧迫を要する状態であった。冠動脈造影施行中に、送血用シースが体外に飛び出したため、PCPSのプライミングとシースの再挿入を行って、PCPS再開となった。右冠動脈に冠動脈閉塞の所見があり、同部位に対する経皮的冠動脈形成術を行った。その後、集中治療室に緊急入院となった。入院後は、低体温療法、IABPを併用した治療を行った。第2病日にPCPSを、第4病日にIABPを離脱した。人工呼吸器離脱は第11病日であった。第56病日に、自立歩行可能で自宅退院した。【考察】本症例でPCPSトラブルが起こった原因を考察したところ、(1)手技の問題、(2)事前準備・時間管理の問題、(3)医療スタッフの問題があると考えられた。このトラブルを回避するため、(1)リスク軽減を含めた手技選択・手技の時間管理を行うこと、(2)病院前から救急部と各科がコミュニケーションを取っておくこと、(3)臨床工学技師の常駐などのチーム医療をより進めていくことが重要であると考えられた。個人の責任を追及するのではなく、リスクを減らすためのシステムを作成し、安全に医療を行うことが重要であると考えられた。(著者抄録)
  • 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 川路 明人, 小山 富士雄, 中田 邦臣, 野村 眞弓, 三谷 洋 救急医学 38 (9) 1098 -1106 2014年09月
  • Acute Care Surgeryにおける敗血症治療戦略 Thromboelastometry(ROTEM)を用いた、急性期DIC診断基準により診断された外傷性DICと敗血症性DICの検討
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 山田 クリス孝介, 太田 美穂, 後藤 明子, 鳴海 翔悟, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 岩村 高志, 井上 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 4 (2) 166 -166 2014年09月
  • 急性血液浄化と凝固障害 敗血症でのエンドトキシン吸着療法とリコモジュリン併用効果についての検討
    八幡 真由子, 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎 日本急性血液浄化学会雑誌 5 (Suppl.) 57 -57 2014年09月
  • 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 宮庄 拓, 山下 和人, 田村 純, 石塚 友人, 河村 芳朗, 佐野 忠士, 井上 聡 補体 51 (1) 76 -77 2014年08月
  • 凝固・線溶異常の最前線 ROTEM deltaによる急性心筋梗塞例の病態予測の可能性と総合凝固能の検討
    八幡 真由子, 阪本 雄一郎, 井上 聡, 岩村 高志, 小網 博之, 山田 孝介, 三池 徹, 今長谷 尚史, 鳴海 翔悟, 後藤 明子, 太田 美穂 日本救急医学会雑誌 25 (8) 377 -377 2014年08月
  • 死亡時画像診断に基づいた院外心停止症例の凝固障害の解析
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 山田 クリス孝介, 太田 美穂, 後藤 明子, 鳴海 翔悟, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 岩村 高志, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 25 (8) 431 -431 2014年08月
  • 院外心停止例における通報内容と予後に関する検討
    岩村 高志, 井上 聡, 山田 孝介, 太田 美穂, 後藤 明子, 鳴海 翔悟, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 小網 博之, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 25 (8) 440 -440 2014年08月
  • 血漿吸着療法によるHMGB-1除去の可能性 in vitroによる評価
    小野原 貴之, 阪本 雄一郎, 太田 美穂, 山田 クリス孝介, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 小網 博之, 岩村 高志, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 25 (8) 474 -474 2014年08月
  • 血流下血栓形成解析装置T-TASを用いた壊死性筋膜炎に対する高圧酸素療法の効果に関する検討
    三池 徹, 阪本 雄一郎, 山田 クリス孝介, 太田 美穂, 後藤 明子, 鳴海 翔悟, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 小網 博之, 岩村 高志, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 25 (8) 563 -563 2014年08月
  • ドクターヘリによる早期医療介入により救命し得た重症多発外傷
    太田 美穂, 八幡 真由子, 後藤 明子, 鳴海 翔悟, 今長谷 尚史, 三池 徹, 小網 博之, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 25 (8) 573 -573 2014年08月
  • 交通外傷を契機に発見された傍気管嚢胞の1例
    鳴海 翔悟, 阪本 雄一郎, 太田 美穂, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 小網 博之, 岩村 高志, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 25 (8) 575 -575 2014年08月
  • 顔面浮腫と呼吸苦を主訴に搬送され、気管挿管を要し診断に難渋した薬剤性過敏性症候群の一例
    五反田 香, 八幡 真由子, 今長谷 尚史, 三池 徹, 小網 博之, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 25 (8) 634 -634 2014年08月
  • 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 川路 明人, 小山 富士雄, 中田 邦臣, 野村 眞弓, 三谷 洋 救急医学 38 (7) 864 -867 2014年07月
  • ドクサバフグ中毒が疑われた2症例
    久場 友加里, 今長谷 尚史, 岩村 高志, 中島 厚士, 八幡 真由子, 井上 聡, 阪本 雄一郎 中毒研究 27 (2) 176 -176 2014年07月
  • 門脈ガスや腸管気腫を伴う腸管壊死症例はより重症か?
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 山田 クリス孝介, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 山下 友子, 中島 厚士, 岩村 高志, 井上 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 4 (1) 27 -32 2014年07月 
    門脈ガスや腸管気腫を伴う腸管壊死症例について検討した。腸管壊死あるいは腸管虚血と診断した15例を対象とした。異常ガスを認めたのは6例(G群)、認めなかったのは9例(C群)であった。腸管気腫はすべてのG群で認めた。単変量解析では.年齢や性別、来院時所見では有意差を認めなかった。収縮期血圧は、G群で有意に低かったが、それ以外のバイタルサインは有意差を認めなかった。非閉塞性腸間膜虚血がG群で多いものの、有意差は認めなかった。最終診断では、G群で有意に腸管壊死が多く、C群では、腸管虚血が多かった。血液検査所見やCT所見に関しては両群で有意差はなく、手術施行例の割合や診断後の在院日数でも有意差は認めなかった。総死亡率はG群で高かったが、有意差はなかった。G群では腸管壊死症例の80%が死亡し、非壊死症例は死亡例がなかったが、C群では3例が死亡した。
  • 地方都市の救命救急センターにおけるAcute Care Surgeryの立ち上げに際して、米国での経験とわが国での外傷外科のトレーニングコース(ATOM)受講による考察
    井上 聡, 阪本 雄一郎, 山田 クリス孝介, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 小網 博之, 中島 厚士, 山下 友子, 岩村 高志 Japanese Journal of Acute Care Surgery 4 (1) 56 -61 2014年07月
  • 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 川路 明人, 小山 富士雄, 中田 邦臣, 野村 眞弓, 三谷 洋 救急医学 38 (6) 739 -742 2014年06月
  • ROTEM deltaを用いた敗血症性DICの解析
    小網 博之, 井上 聡, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 山下 友子, 中島 厚士, 岩村 高志, 阪本 雄一郎 日本外科系連合学会誌 39 (3) 571 -571 2014年05月
  • T-TASを用いた敗血症性DICに対するヒトリコンビナント・トロンボモジュリンの効果に関する検討
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 山田 クリス孝介, 今長谷 尚史, 八幡 真由子, 三池 徹, 山下 友子, 中島 厚士, 岩村 高志, 井上 聡 日本血栓止血学会誌 25 (2) 258 -258 2014年04月
  • 安心院 法樹, 山下 友子, 八幡 真由子, 今長谷 尚史, 三池 徹, 小網 博之, 中島 厚士, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本臨床救急医学会雑誌 17 (2) 255 -255 2014年04月
  • 松藤 祥平, 山下 友子, 八幡 真由子, 今長谷 尚史, 三池 徹, 小網 博之, 中島 厚士, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本臨床救急医学会雑誌 17 (2) 261 -261 2014年04月
  • 阪本 雄一郎, 今長谷 尚史 診断と治療 102 (Suppl.) 402 -407 2014年03月 
    1)アナフィラキシーショックは極めて緊急性の高い病態である。2)80%以上の症例で皮膚所見が認められる。3)皮膚症状、循環器症状、呼吸器症状、中枢神経症状、消化器症状などが認められる全身性の反応であり2臓器系以上にわたることが多い。4)ショック状態では高濃度酸素投与、大量輸液、アドレナリン投与(通常は筋肉内投与)が治療の基本となる。5)二相性に症状が出現することがあり、抗ヒスタミン薬や副腎皮質ホルモンを投与する。6)症状が完全に消失した後も最低4時間は経過観察を行う。通常は入院経過観察が望ましい。7)わが国においても危険性が高い症例に対してはアドレナリン自己注射キットが認可されている。(著者抄録)
  • 看護師・医師へのアンケート結果から考える多職種連携
    今長谷 尚史, 別府 美紀, 山田 クリス孝介, 松本 浩一, 阪本 雄一郎, 坂口 嘉郎, 岩村 高志, 山下 友子, 西村 洋一, 小網 博之 日本集中治療医学会雑誌 21 (Suppl.) [O -3] 2014年01月
  • Thromboelastometry(ROTEM)を用いた心肺停止症例での凝固異常に関する検討
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 山田 クリス孝介, 今長谷 尚史, 西村 洋一, 山下 友子, 中島 厚士, 岩村 高志, 井上 聡 日本集中治療医学会雑誌 21 (Suppl.) [DP -6] 2014年01月
  • 門脈ガスや腸管気腫を伴う腸管壊死症例はより重症か?
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 山田 クリス孝介, 今長谷 尚史, 西村 洋一, 山下 友子, 中島 厚士, 岩村 高志, 井上 聡 日本Acute Care Surgery学会学術集会プログラム・抄録 5回 119 -119 2013年11月
  • 当院救急外来を受診した患者のEAAについての検討
    山下 友子, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 小網 博之, 西村 洋一, 中島 厚士, 岩村 高志, 阪本 雄一郎 エンドトキシン血症救命治療研究会誌 17 (1) 182 -182 2013年10月
  • 急性期に血液透析を施行し救命し得た、カフェイン中毒の1例
    西村 洋一, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 小網 博之, 中島 厚士, 山下 友子, 岩村 高志, 朽方 規喜, 阪本 雄一郎 中毒研究 26 (3) 275 -275 2013年09月
  • ブタ敗血症モデルにおけるPMX-DHPの効果の検討
    今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 小網 博之, 宮庄 拓, 山下 和人, 井上 聡, 西村 洋一, 山下 友子, 中島 厚士, 岩村 高志 日本急性血液浄化学会雑誌 4 (Suppl.) 87 -87 2013年08月
  • "循環動態モニタPiCCOによる新たな知見" PiCCO2とEV1000の比較(ブタ敗血症モデルにおける同時測定実験)
    今長谷 尚史 日本救急医学会雑誌 24 (8) 60 -60 2013年08月
  • 外傷性血液凝固障害への挑戦 ROTEM deltaを用いた大量輸血を示唆する外傷症例に関する検討
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 今長谷 尚史, 西村 洋一, 山下 友子, 中島 厚士, 岩村 高志, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 24 (8) 494 -494 2013年08月
  • 非感染状態において高EAレベルを示す症例に関する検討
    山下 友子, 今長谷 尚史, 小網 博之, 西村 洋一, 中島 厚士, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 24 (8) 509 -509 2013年08月
  • 胸腹部損傷の安全基準策定のための動物衝撃実験
    中島 厚士, 阪本 雄一郎, 井上 聡, 岩村 高志, 山下 友子, 西村 洋一, 本村 友一, 小網 博之, 今長谷 尚史 日本救急医学会雑誌 24 (8) 561 -561 2013年08月
  • ROTEM deltaは、敗血症性DICを予測するのに有効か?
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 今長谷 尚史, 西村 洋一, 山下 友子, 中島 厚士, 岩村 高志, 井上 聡 日本救急医学会雑誌 24 (8) 568 -568 2013年08月
  • C1inhibitor、AT3のブタ敗血症モデルに対する効果の検討
    今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 井上 聡, 宮庄 拓, 山下 和人, 小網 博之, 西村 洋一, 山下 友子, 中島 厚士, 岩村 高志 日本救急医学会雑誌 24 (8) 622 -622 2013年08月
  • ROTEM deltaを用いて線溶亢進を認めたアナフィラキシーショックの2例
    古川 隆, 小網 博之, 山田 クリス孝介, 今長谷 尚史, 西村 洋一, 山下 友子, 中島 厚士, 岩村 高志, 井上 聡, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 24 (8) 625 -625 2013年08月
  • 今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 宮庄 拓, 山下 和人, 田村 純, 伊丹 貴晴, 石塚 友人, 河村 芳朗, 佐野 忠士, 井上 聡 補体シンポジウム講演集 50 55 -55 2013年07月
  • 小網 博之, 阪本 雄一郎, 今長谷 尚史, 西村 洋一, 中島 厚士, 山下 友子, 岩村 高志, 井上 聡, 宮庄 拓, 山下 和人 日本臨床救急医学会雑誌 16 (3) 290 -290 2013年06月
  • 山下 友子, 今長谷 尚史, 小網 博之, 西村 洋一, 中島 厚士, 岩村 高志, 阪本 雄一郎 日本臨床救急医学会雑誌 16 (3) 342 -342 2013年06月
  • 小網 博之, 阪本 雄一郎, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 西村 洋一, 中島 厚士, 山下 友子, 岩村 高志, 朽方 規喜, 山田 クリス孝介, 伊佐 勉 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 290 -290 2013年03月
  • ブタ敗血症モデルにおける循環動態の変化についてのPiCCOを用いた検討
    今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 西村 洋一, 山下 友子, 岩村 高志 日本集中治療医学会雑誌 20 (Suppl.) 353 -353 2013年01月
  • 壊死性筋膜炎を発症することなく死亡に至ったVibrio vulnificus感染症の一症例
    松本 浩一, 山田 友子, 中川内 章, 三浦 大介, 垣内 好信, 今長谷 尚史, 西村 洋一, 岩村 高志, 阪本 雄一郎, 坂口 嘉郎 日本集中治療医学会雑誌 20 (Suppl.) 416 -416 2013年01月
  • 津波被災地で発生した急性呼吸不全の1例
    神戸 敏行, 川崎 圭史, 栃木 直文, 田中 顕之, 宮内 義浩, 小倉 高志, 中谷 行雄, 佐藤 寿俊, 中村 朗, 田頭 保彰, 伊良部 徳次, 張ヶ谷 健一, 今長谷 尚史, 石井 昭広, 亀田 和明, 石橋 啓如, 齊藤 陽久 旭中央病院医報 34 149 -172 2012年11月
  • 当院で経験した小児重症頭部外傷の3例
    西村 洋一, 山下 友子, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 小網 博之, 中島 厚志, 岩村 高志, 朽方 規喜, 阪本 雄一郎, 荒木 則子, 阿部 淳, 熊本 崇, 岡 政史, 谷口 一登, 小林 育子 日本小児救急医学会雑誌 11 (3) 410 -410 2012年10月
  • 血液濾過膜のHMGB1除去能の検討
    今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 楠瀬 正彦, 小網 博之, 後藤 明子, 西村 洋一, 山下 友子, 中島 厚士, 岩村 高志, 朽方 規喜 日本救急医学会雑誌 23 (10) 459 -459 2012年10月
  • 門脈ガス血症における保存的治療可能な症例とは?
    小網 博之, 阪本 雄一郎, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 西村 洋一, 山下 友子, 中島 厚士, 岩村 高志, 朽方 規喜, 伊佐 勉 日本救急医学会雑誌 23 (10) 495 -495 2012年10月
  • 佐賀県における院外心停止症例800例のウツタイン様式による検討
    岩村 高志, 阪本 雄一郎, 朽方 規喜, 山下 友子, 中島 厚士, 西村 洋一, 小網 博之, 今長谷 尚史, 後藤 明子 日本救急医学会雑誌 23 (10) 523 -523 2012年10月
  • 救急外来での簡易固定法を行った不安定型骨盤骨折の2例
    山下 友子, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 小網 博之, 西村 洋一, 中島 厚士, 岩村 高志, 朽方 規善, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 23 (10) 618 -618 2012年10月
  • 巨大縦隔腫瘍にたこつぼ型心筋症を発症した一例
    後藤 明子, 今長谷 尚史, 小網 博之, 西村 洋一, 中島 厚士, 山下 友子, 岩村 高志, 朽方 規喜, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 23 (10) 656 -656 2012年10月
  • 急性期に血液透析を行い救命しえた、カフェイン中毒の一例
    西村 洋一, 中山 雪詩, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 小網 博之, 中島 厚士, 山下 友子, 岩村 高志, 朽方 規喜, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 23 (10) 667 -667 2012年10月
  • 他科紹介患者に対する救急医の役割
    中島 厚士, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 小網 博之, 西村 洋一, 山下 友子, 岩村 高志, 朽方 規喜, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 23 (10) 705 -705 2012年10月
  • 精神症状や痙攣で発症して精神疾患も疑われたが、自己免疫性脳炎と診断された症例の報告
    今長谷 尚史, 岩村 高志, 中島 厚士, 後藤 明子, 西村 洋一, 小網 博之, 山下 友子, 朽方 規喜, 阪本 雄一郎 日本救急医学会雑誌 23 (10) 712 -712 2012年10月
  • 佐賀県内のドクターヘリ要請と当院の受入れに関する現状と考察
    山下 友子, 後藤 明子, 今長谷 尚史, 小網 博之, 西村 洋一, 中島 厚士, 岩村 高志, 朽方 規善, 阪本 雄一郎 日本航空医療学会雑誌 13 (2) 150 -150 2012年10月
  • 遺伝子組換え型ヒトトロンボモジュリンによる持続的血液濾過の膜寿命延長効果の検討
    今長谷 尚史, 阪本 雄一郎, 楠瀬 正彦, 小網 博之, 後藤 明子, 西村 洋一, 山下 友子, 中島 厚士, 岩村 高志, 朽方 規喜 日本急性血液浄化学会雑誌 3 (Suppl.) 93 -93 2012年10月
  • 敗血症性ショックに至った蜂窩織炎の1例
    大津 玉緒, 永山 博敏, 門岡 浩介, 清水 聖子, 今長谷 尚史, 方山 真朱, 中村 朗 日本皮膚科学会雑誌 122 (3) 672 -672 2012年03月
  • 神戸 敏行, 川崎 圭史, 齋藤 陽久, 栃木 直文, 鈴木 良夫, 麻生 将太郎, 今長谷 尚史 日本呼吸器学会誌 1 (増刊) 347 -347 2012年03月
  • 当院ICU死亡症例でwithhold/withdrawを含めた方針決定についての症例検討
    今長谷 尚史, 麻生 将太郎, 湯澤 紘子, 神田 潤, 近藤 農, 前島 克哉, 伊藤 史生, 糟谷 美有紀, 大江 恭司 日本集中治療医学会雑誌 19 (Suppl.) 217 -217 2012年01月
  • 天気予報で用いられる熱中症の危険因子の検討
    神田 潤, 三宅 康史, 近藤 農, 前島 克哉, 麻生 将太郎, 今長谷 尚史, 湯澤 紘子, 伊藤 史生, 糟谷 美有紀, 大江 恭司, 有賀 徹, 伊良部 徳次 日本救急医学会関東地方会雑誌 32 80 -81 2011年12月
  • 今長谷 尚史, 方山 真朱, 糟谷 美有紀 日本集団災害医学会誌 16 (3) 467 -467 2011年12月
  • 方山 真朱, 伊藤 史生, 今長谷 尚史, 麻生 将太郎, 神田 潤, 湯澤 紘子, 熊澤 淳史, 糟谷 美有紀, 大江 恭司, 伊良部 徳次 日本集団災害医学会誌 16 (3) 520 -520 2011年12月
  • 方山 真朱, 伊藤 史生, 今長谷 尚史, 麻生 将太郎, 神田 潤, 湯澤 紘子, 熊澤 淳史, 糟谷 美有紀, 大江 恭司, 伊良部 徳次 日本集団災害医学会誌 16 (3) 524 -524 2011年12月
  • 熱中症の発症環境の違いによる4分類型重症度分類と予後の関係についての検討
    神田 潤, 三宅 康史, 近藤 農, 前島 克哉, 麻生 将太郎, 今長谷 尚史, 湯澤 紘子, 伊藤 史生, 糟谷 美有紀, 伊良部 徳次, 有賀 徹 日本救急医学会雑誌 22 (8) 489 -489 2011年08月
  • walk-inで頭痛を主訴とするクモ膜下出血を鑑別するのに有用な因子の検討
    麻生 将太郎, 近藤 農, 前島 克哉, 今長谷 尚史, 神田 潤, 湯澤 紘子, 伊藤 史生, 糟谷 美有紀, 伊良部 徳次 日本救急医学会雑誌 22 (8) 530 -530 2011年08月
  • 急性呼吸障害で来院し、筋無力性クリーゼであった23歳女性
    湯澤 紘子, 方山 真朱, 麻生 将太郎, 今長谷 尚史, 神田 潤, 熊澤 淳史, 伊藤 史生, 糟谷 美有紀, 伊良部 徳次 日本救急医学会雑誌 22 (8) 625 -625 2011年08月
  • ERに小児科医が常駐することでどうなるか?しなくなったときどうなったか?
    糟谷 美有紀, 前島 克哉, 近藤 農, 麻生 将太郎, 今長谷 尚史, 神田 潤, 湯澤 紘子, 小林 宏伸, 伊藤 史生, 北澤 克彦, 伊良部 徳次 日本救急医学会雑誌 22 (8) 639 -639 2011年08月
  • 麻生 将太郎, 方山 真朱, 今長谷 尚史, 湯澤 紘子, 神田 潤, 熊澤 淳史, 伊藤 史生, 糟谷 美有紀, 大江 恭司, 伊良部 徳次 日本臨床救急医学会雑誌 14 (2) 290 -290 2011年04月
  • 今長谷 尚史, 麻生 将太郎, 湯澤 紘子, 神田 潤, 熊澤 淳史, 方山 真朱, 糟谷 美有紀, 伊藤 史生, 大江 恭司 日本臨床救急医学会雑誌 14 (2) 311 -311 2011年04月
  • 診断の遅れにより死亡した甲状腺クリーゼの1症例
    熊澤 淳史, 方山 真朱, 大江 恭司, 今長谷 尚史, 麻生 将太郎, 湯澤 紘子, 神田 潤, 糟谷 美有紀, 伊良部 徳次 日本集中治療医学会雑誌 18 (Suppl.) 243 -243 2011年01月
  • 出血性ショックに対する大量輸血でアナフィラキシーショックを生じた抗IgA2m(2)抗体陽性の1例
    方山 真朱, 大江 恭司, 今長谷 尚史, 麻生 将太郎, 神田 潤, 湯澤 紘子, 伊藤 史生, 糟谷 美有紀, 伊良部 徳次 日本集中治療医学会雑誌 18 (Suppl.) 329 -329 2011年01月
  • 経口摂取不良中のアンベノニウム投与で発症したコリン作動性クリーゼ
    湯澤 紘子, 方山 真朱, 大江 恭司, 麻生 将太郎, 今長谷 尚史, 神田 潤, 熊澤 淳史, 伊藤 史生, 糟谷 美有紀, 伊良部 徳次 日本集中治療医学会雑誌 18 (Suppl.) 332 -332 2011年01月
  • 今長谷 尚史 日本集団災害医学会誌 15 (3) 455 -455 2010年12月
  • 食道癌術後、リンパ節再発に対して放射線化学療法施行後に、気管肺瘻をきたした50歳代男性
    今長谷 尚史, 岸川 孝弘, 中村 朗, 飛梅 実, 鈴木 良夫 旭中央病院医報 32 165 -168 2010年11月
  • 救急外来初診時に腎梗塞を診断するために有用な因子の検討
    方山 真朱, 今長谷 尚史, 麻生 将太郎, 神田 潤, 湯澤 紘子, 熊澤 淳史, 伊藤 史生, 糟谷 美有紀, 伊良部 徳次 日本救急医学会雑誌 21 (8) 703 -703 2010年08月
  • 中枢神経原発悪性リンパ腫に対する大量メソトレキセート療法後に尿崩症を発症した1例
    高田 智司, 小泉 正幸, 今長谷 尚史, 間淵 圭, 中原 あや, 石井 昭広 臨床血液 51 (3) 225 -225 2010年03月

委員歴

  • 2015年04月 - 現在   日本救急医学会   学生・研修医部会設置特別委員会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.