詳細検索はこちら

松儀 実広 マツギ ジツヒロ

所属部署名生化学講座構造生化学部門
職名教授ホームページURL

プロフィール

研究キーワード

    tRNA, selenocysteine, read through, modified nucleotides, RNA structure, chemical synthesis of RNA

研究分野

  • 複合化学 / 生体関連化学
  • 生体分子科学 / ケミカルバイオロジー

経歴

  • 2015年
    -
    現在
    同(教授)
  • 2009年
    同 生化学講座 構造生化学(准教授)
  • 1996年
    同 大学院 講師
  • 1993年04月
    同(講師)
  • 1988年04月
    自治医科大学 医学部 化学教室(助手)
  • 1986年06月
    -
    1988年03月
    米国ノースウェスタン大学 化学科(ポスドク)

学歴

  • 1986年
    大阪大学 薬品科学研究科 後期課程 修了(薬博)(日本)
  • 1983年
    大阪大学 薬品科学研究科 前期課程 修了
  • 1981年
    大阪大学 薬学部 製薬化学科 卒業(日本)

所属学協会

  • 日本医学教育学会
  • 日本薬学会
  • 日本生化学会
  • 日本分子生物学会
  • The RNA Society
  • 日本RNA学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本医学教育学会
  • 日本薬学会
  • 日本生化学会
  • 日本分子生物学会
  • The RNA Society
  • 日本RNA学会

学位

  • 薬学博士

研究活動

論文

  • Intracellular NF-HEV/IL-33 harbors essential roles in Ras-induced cellular transformation by contributing to cyclin D1 protein synthesis.
    Ohta S, Tago K, Funakoshi-Tago M, Matsugi J, Yanagisawa K
    Cellular signalling 28(8) 1025-1036 2016年08月
  • Biochemical properties of Caenorhabditis elegans HMG-5, a regulator of mitochondrial DNA.
    Sumitani M, Kasashima K, Matsugi J, Endo H
    Journal of biochemistry 149(5) 581-589 2011年05月
  • [The system of selenoprotein biosynthesis].
    Matsugi J
    Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society 79(10) 964-968 2007年10月
  • Bacillus subtilis tRNA(Pro) with the anticodon mo5UGG can recognize the codon CCC.
    Yamada Y, Matsugi J, Ishikura H, Murao K
    Biochimica et biophysica acta 1728(3) 143-149 2005年05月
  • Genomic investigation of the system for selenocysteine incorporation in the bacterial domain.
    Matsugi J, Murao K
    Biochimica et biophysica acta 1676(1) 23-32 2004年01月
  • tRNA1Ser(G34) with the anticodon GGA can recognize not only UCC and UCU codons but also UCA and UCG codons.
    Yamada Y, Matsugi J, Ishikura H
    Biochimica et biophysica acta 1626(1-3) 75-82 2003年04月
  • Study on construction of a cDNA library corresponding to an amino acid-specific tRNA and influence of the modified nucleotide upon nucleotide
    Matsugi J, Murao K
    Biochem. Biophys. Acta 1521 81-88 2001年
  • A study of the method to pick up a selenocysteine tRNA in Bacillus subtilis.
    Matsugi J, Murao K
    Nucleic Acid Symposium Series Oxford University Press. 44 149-150 2000年
  • Characterization of a B.subtilis Minor Isoleucine tRNA Deduced from tDNA Having a Methionine Anticodon CAT.
    MATSUGI J, Murao K, and Ishikura H
    J Biochem (Tokyo) 119 811-816 1996年
  • Nucleotide sequences of serine tRNAs from Bacillus subtilis.
    Matsugi J, Jia H-T , Murao K, Ishikura H
    Biochem. Biophys. Acta 1130 333-335 1992年
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Intracellular NF-HEV/IL-33 harbors essential roles in Ras-induced cellular transformation by contributing to cyclin D1 protein synthesis.
    Ohta S, Tago K, Funakoshi-Tago M, Matsugi J, Yanagisawa K
    Cellular signalling 28(8) 1025-1036 2016年08月
  • Biochemical properties of Caenorhabditis elegans HMG-5, a regulator of mitochondrial DNA.
    Sumitani M, Kasashima K, Matsugi J, Endo H
    Journal of biochemistry 149(5) 581-589 2011年05月
  • [The system of selenoprotein biosynthesis].
    Matsugi J
    Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society 79(10) 964-968 2007年10月
  • Bacillus subtilis tRNA(Pro) with the anticodon mo5UGG can recognize the codon CCC.
    Yamada Y, Matsugi J, Ishikura H, Murao K
    Biochimica et biophysica acta 1728(3) 143-149 2005年05月
  • Genomic investigation of the system for selenocysteine incorporation in the bacterial domain.
    Matsugi J, Murao K
    Biochimica et biophysica acta 1676(1) 23-32 2004年01月
  • tRNA1Ser(G34) with the anticodon GGA can recognize not only UCC and UCU codons but also UCA and UCG codons.
    Yamada Y, Matsugi J, Ishikura H
    Biochimica et biophysica acta 1626(1-3) 75-82 2003年04月
  • Study on construction of a cDNA library corresponding to an amino acid-specific tRNA and influence of the modified nucleotide upon nucleotide
    Matsugi J, Murao K
    Biochem. Biophys. Acta 1521 81-88 2001年
  • A study of the method to pick up a selenocysteine tRNA in Bacillus subtilis.
    Matsugi J, Murao K
    Nucleic Acid Symposium Series Oxford University Press. 44 149-150 2000年
  • Characterization of a B.subtilis Minor Isoleucine tRNA Deduced from tDNA Having a Methionine Anticodon CAT.
    MATSUGI J, Murao K, and Ishikura H
    J Biochem (Tokyo) 119 811-816 1996年
  • Nucleotide sequences of serine tRNAs from Bacillus subtilis.
    Matsugi J, Jia H-T , Murao K, Ishikura H
    Biochem. Biophys. Acta 1130 333-335 1992年
  • Nucleotide sequence of tryptophan tRNA from Bacillus subtilis.
    Jitsuhiro Matsugi,Katsutoshi Murao,Hisayuki Ishikura
    Nucleic Acids Research 20(13) 3514-335 1992年
  • Modulation of properties of oligonucleotide recognition systems.
    Letsinger R L, Alul R H, Farooqui F, Jung P M, MATSUGI J, Kinster O B, Strzypczynski Z, Zhang Z
    Nucleic Acid Symposium Series Oxford University Press. 22 83-83 1990年
  • 長鎖リボヌクレオチドの合成研究
    松儀 実広
    大阪大学 学位論文 1986年03月
  • Synthesis of a gene coding for human lysozyme
    Ikehara M, Fujimoto K, Aoyama Y, Matsugi J, Inaoka T, Tokunaga T, Uesugi S, Iwai S, and Ohtsuka E
    Chem. Pharm. Bull. 34 2202-2208 1986年
  • Studies on Transfer Ribonucleic Acids (tRNA) and Related Compounds. XLIX. Solid-Phase Synthesis of Nonadecaribonucleotide Corresponding to the 5'-Half of the Formylmethionine tRNA Deficient in D-Loop and Stem Region
    Chemical & pharmaceutical bulletin 33(10) 4152-4159 1985年10月
  • Modifiation of the amino acid acceptor stem of E. coli tRNA(fMet) by ligation of chemically synthesized ribooligonucleotides
    Doi T, Morioka H, Matsugi J, Ohtsuka E, and Ikehara M
    FEBS Lett. 190 125-128 1985年
  • Replacement and insertion of nucleotides at the anticodon loop of E. coli tRNA(fMet) by ligation of chemically synthesized ribooligonucleotides.
    Doi, T; Yamane, A; MATSUGI J; Ohtsuka, E; Ikehara, M
    Nucleic Acids Res 13(10) 3685-3697 1985年
  • Studies on Transfer Ribonucleic Acids and Related Compounds. XLI. Synthesis of tRNA Fragments containing Modified Nucleosides
    OHTSUKA EIKO, MATSUGI JITSUHIRO, TAKASHIMA HIDEAKI, AOKI SHOICHI, WAKABAYASHI TOSHIAKI, MIYAKE TETSUO, IKEHARA MORIO
    Chemical & pharmaceutical bulletin 31(2) 513-520 1983年02月
  • Modification of the anticodon triplet of E. coli tRNA(fMet) by replacement with trimers complementary to nonsense codons UAG and UAA.
    Ohtsuka E, Doi, T, Fukumoto R, MATSUGI J, Ikehara M
    Nucleic Acids Res 11(12) 3863-3872 1983年
  • Improved synthesis of 2'-fluoro-2'-deoxyadenosine and synthesis and carbone-13 NMR spectum of its 3',5'-cyclic phosphate derivative.
    Uesugi S, Kaneyasu T, MATSUGI J, Ikehara M
    Nucleosides Nucleotides 2(4) 373-385 1983年
  • C-13 NMR-spectrum of 2'-fluoro-2'-deoxyadenosine 3',5'-cyclic phosphate
    Uesugi S, MATSUGI J, Kaneyasu T, and Ikehara M
    Heterocycles 17(SI) 285-288 1982年
  • Effect of nucleotide substitution in Bacillus subtilis tRNATrp on readthrough efficiency.
    Matsugi J, Murao K, and Ishikura H
    35 289 1996年
  • STAT3 and ERK pathways are involved in cell growth stimulation of the ST2/IL1RL1 promoter.
    Tago K, Ohta S, Funakoshi-Tago M, Aoki-Ohmura C, Matsugi J, Tominaga SI, Yanagisawa K
    FEBS open bio 7(2) 293-302 2017年02月
  • がん化型Ras変異体が誘起する発がんシグナルはTNFαによるNF-κBの活性化を増強する(Oncogenic signal caused by Ras(G12V) augments the TNFα-induced activation of NF-κB)
    多胡 憲治;多胡 めぐみ;太田 聡;松儀 実広;柳澤 健
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 86回 3T13p 2013年09月
  • 自治医科大学における学生寮を活用した初年次理科統合科目の導入
    松儀 実広;原田 三男;菊地 元史;黒岩 憲二;淺田 義和;輿水 崇鏡;奥田 浩;遠藤 仁司;野田 泰子;岡崎 仁昭
    医学教育 45(Suppl.) 177 2014年07月
  • がん化型Ras変異体が誘起する発がんシグナルはTNFαによるNF-κBの活性化を増強する(Oncogenic signal caused by Ras(G12V) augments the TNFα-induced activation of NF-κB)
    多胡 憲治;多胡 めぐみ;太田 聡;松儀 実広;柳澤 健
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 86回 3T13p 2013年09月
  • 自治医科大学における学生寮を活用した初年次理科統合科目の導入
    松儀 実広;原田 三男;菊地 元史;黒岩 憲二;淺田 義和;輿水 崇鏡;奥田 浩;遠藤 仁司;野田 泰子;岡崎 仁昭
    医学教育 45(Suppl.) 177 2014年07月
  • がん化型Ras変異体が誘起する発がんシグナルはTNFαによるNF-κBの活性化を増強する(Oncogenic signal caused by Ras(G12V) augments the TNFα-induced activation of NF-κB)
    多胡 憲治;多胡 めぐみ;太田 聡;松儀 実広;柳澤 健
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 86回 3T13p 2013年09月
  • 自治医科大学における学生寮を活用した初年次理科統合科目の導入
    松儀 実広;原田 三男;菊地 元史;黒岩 憲二;淺田 義和;輿水 崇鏡;奥田 浩;遠藤 仁司;野田 泰子;岡崎 仁昭
    医学教育 45(Suppl.) 177 2014年07月
  • がん化型Ras変異体が誘起する発がんシグナルはTNFαによるNF-κBの活性化を増強する(Oncogenic signal caused by Ras(G12V) augments the TNFα-induced activation of NF-κB)
    多胡 憲治;多胡 めぐみ;太田 聡;松儀 実広;柳澤 健
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 86回 3T13p 2013年09月
  • 自治医科大学における学生寮を活用した初年次理科統合科目の導入
    松儀 実広;原田 三男;菊地 元史;黒岩 憲二;淺田 義和;輿水 崇鏡;奥田 浩;遠藤 仁司;野田 泰子;岡崎 仁昭
    医学教育 45(Suppl.) 177 2014年07月

MISC

  • 自治医科大学における学生寮を活用した初年次理科統合科目の導入
    松儀 実広;原田 三男;菊地 元史;黒岩 憲二;淺田 義和;輿水 崇鏡;奥田 浩;遠藤 仁司;野田 泰子;岡崎 仁昭
    医学教育 45(Suppl.) 177 2014年07月
  • がん化型Ras変異体が誘起する発がんシグナルはTNFαによるNF-κBの活性化を増強する(Oncogenic signal caused by Ras(G12V) augments the TNFα-induced activation of NF-κB)
    多胡 憲治;多胡 めぐみ;太田 聡;松儀 実広;柳澤 健
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 86回 3T13p 2013年09月
  • セレノプロテイン生合成系について
    松儀実広
    生化学 79(10) 964-968 2007年10月
  • 細胞のがん化におけるIL‐33の役割の解析
    太田聡, 多胡憲治, 多胡めぐみ, 松儀実広, 柳澤健
    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 35th 3P-0461 (WEB ONLY) 2012年
  • 医学部低学年生からの学生指導方法―自治医科大学Faculty development―
    佐藤正章, 渥美一弥, 野田泰子, 松儀実広, 板井美浩, 奥田浩, 岡崎仁昭
    医学教育 42(Suppl.) 73 2011年07月
  • 細菌ドメインにおけるSelenocysteineの取り込みシステムのゲノム研究(Genomic investigation of the system for selenocysteine incorporation in the bactrial domain)
    Matsugi Jitsuhiro, Murao Katsutoshi
    生化学 75(8) 1091-1091 2003年08月
  • 枯草菌におけるセレノシステインtRNAの探索
    第24回日本分子生物学年会要旨集 651ページ 2001年
  • Genomic investigation of the system for selenocysteine incorporation in the bacterial domain.
    生化学 75巻 8号 1091 2003年
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 自治医科大学における学生寮を活用した初年次理科統合科目の導入
    松儀 実広;原田 三男;菊地 元史;黒岩 憲二;淺田 義和;輿水 崇鏡;奥田 浩;遠藤 仁司;野田 泰子;岡崎 仁昭
    医学教育 45(Suppl.) 177 2014年07月
  • がん化型Ras変異体が誘起する発がんシグナルはTNFαによるNF-κBの活性化を増強する(Oncogenic signal caused by Ras(G12V) augments the TNFα-induced activation of NF-κB)
    多胡 憲治;多胡 めぐみ;太田 聡;松儀 実広;柳澤 健
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 86回 3T13p 2013年09月
  • セレノプロテイン生合成系について
    松儀実広
    生化学 79(10) 964-968 2007年10月
  • 細胞のがん化におけるIL‐33の役割の解析
    太田聡, 多胡憲治, 多胡めぐみ, 松儀実広, 柳澤健
    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 35th 3P-0461 (WEB ONLY) 2012年
  • 医学部低学年生からの学生指導方法―自治医科大学Faculty development―
    佐藤正章, 渥美一弥, 野田泰子, 松儀実広, 板井美浩, 奥田浩, 岡崎仁昭
    医学教育 42(Suppl.) 73 2011年07月
  • 細菌ドメインにおけるSelenocysteineの取り込みシステムのゲノム研究(Genomic investigation of the system for selenocysteine incorporation in the bactrial domain)
    Matsugi Jitsuhiro, Murao Katsutoshi
    生化学 75(8) 1091-1091 2003年08月
  • 枯草菌におけるセレノシステインtRNAの探索
    第24回日本分子生物学年会要旨集 651ページ 2001年
  • Genomic investigation of the system for selenocysteine incorporation in the bacterial domain.
    生化学 75巻 8号 1091 2003年

講演・口頭発表

  • 自治医科大学医学部初年次における学生成績の推移に関する分析
    三重野 牧子, 武藤 弘行, 浜本 敏郎, 松山 泰, 岡崎 仁昭, 松儀 実広, 野田 泰子, 佐田 尚宏, 簑田 清次, 遠藤 仁司
    医学教育 2015年07月
  • IL‐33前駆体は,がん化型Ras変異体が誘導する形質転換とサイクリンD1のタンパク質合成に必須の役割を担う
    太田聡, 多胡憲治, 多胡めぐみ, 松儀実広, 柳澤健
    日本生化学会大会(Web) 2015年
  • がん化型Ras変異体はNF-κBの過剰な活性化を引き起こす
    多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 太田 聡, 松儀 実広, 柳澤 健
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2014年10月
  • 自治医科大学における学生寮を活用した初年次理科統合科目の導入
    松儀実広, 原田三男, 菊地元史, 黒岩憲二, 淺田義和, 輿水崇鏡, 奥田浩, 遠藤仁司, 野田泰子, 岡崎仁昭
    医学教育 2014年07月03日
  • IL‐33は,がん化型Ras変異体が誘導する形質転換とサイクリンD1の発現に必須の役割を担う
    太田聡, 多胡憲治, 多胡めぐみ, 松儀実広, 柳澤健
    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2014年
  • がん化型Ras変異体が誘起する発がんシグナルはTNFαによるNF-κBの活性化を増強する(Oncogenic signal caused by Ras(G12V) augments the TNFα-induced activation of NF-κB)
    多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 太田 聡, 松儀 実広, 柳澤 健
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2013年09月
  • 核内におけるIL‐33の機能解析
    太田聡, 多胡憲治, 多胡めぐみ, 松儀実広, 柳澤健
    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2013年
  • 細胞のがん化におけるIL‐33の役割の解析
    太田聡, 多胡憲治, 多胡めぐみ, 松儀実広, 柳澤健
    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2012年
  • 医学部低学年生からの学生指導方法―自治医科大学Faculty development―
    佐藤正章, 渥美一弥, 野田泰子, 松儀実広, 板井美浩, 奥田浩, 岡崎仁昭
    医学教育 2011年07月10日
  • IL‐33は内皮細胞に炎症反応を惹起し,その受容体のST2Lは増殖依存性に内皮細胞に発現する。
    柳澤健, 太田聡, 松儀実広, 富永眞一
    日本分子生物学会年会講演要旨集 2009年
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • 自治医科大学医学部初年次における学生成績の推移に関する分析
    三重野 牧子, 武藤 弘行, 浜本 敏郎, 松山 泰, 岡崎 仁昭, 松儀 実広, 野田 泰子, 佐田 尚宏, 簑田 清次, 遠藤 仁司
    医学教育 2015年07月
  • IL‐33前駆体は,がん化型Ras変異体が誘導する形質転換とサイクリンD1のタンパク質合成に必須の役割を担う
    太田聡, 多胡憲治, 多胡めぐみ, 松儀実広, 柳澤健
    日本生化学会大会(Web) 2015年
  • がん化型Ras変異体はNF-κBの過剰な活性化を引き起こす
    多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 太田 聡, 松儀 実広, 柳澤 健
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2014年10月
  • 自治医科大学における学生寮を活用した初年次理科統合科目の導入
    松儀実広, 原田三男, 菊地元史, 黒岩憲二, 淺田義和, 輿水崇鏡, 奥田浩, 遠藤仁司, 野田泰子, 岡崎仁昭
    医学教育 2014年07月03日
  • IL‐33は,がん化型Ras変異体が誘導する形質転換とサイクリンD1の発現に必須の役割を担う
    太田聡, 多胡憲治, 多胡めぐみ, 松儀実広, 柳澤健
    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2014年
  • がん化型Ras変異体が誘起する発がんシグナルはTNFαによるNF-κBの活性化を増強する(Oncogenic signal caused by Ras(G12V) augments the TNFα-induced activation of NF-κB)
    多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 太田 聡, 松儀 実広, 柳澤 健
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2013年09月
  • 核内におけるIL‐33の機能解析
    太田聡, 多胡憲治, 多胡めぐみ, 松儀実広, 柳澤健
    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2013年
  • 細胞のがん化におけるIL‐33の役割の解析
    太田聡, 多胡憲治, 多胡めぐみ, 松儀実広, 柳澤健
    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web) 2012年
  • 医学部低学年生からの学生指導方法―自治医科大学Faculty development―
    佐藤正章, 渥美一弥, 野田泰子, 松儀実広, 板井美浩, 奥田浩, 岡崎仁昭
    医学教育 2011年07月10日
  • IL‐33は内皮細胞に炎症反応を惹起し,その受容体のST2Lは増殖依存性に内皮細胞に発現する。
    柳澤健, 太田聡, 松儀実広, 富永眞一
    日本分子生物学会年会講演要旨集 2009年
  • 分泌型ST2タンパク質による単球系細胞の樹状細胞への分化抑制作用について
    竹迫直樹, 早川裕子, 早川盛禎, 松儀実広, 柳沢健, 村尾捷利, 富永眞一
    生化学 2007年
  • G48の変異がSec tRNAのセリル化に及ぼす影響について
    松儀実広, 柳澤健, 村尾捷利
    生化学 2007年
  • セリルtRNA合成酵素の種依存的tRNA認識パターンに影響を与える変異体の研究
    松儀実広, 石倉優生, 村尾捷利
    日本分子生物学会年会講演要旨集 2005年11月25日
  • セリルtRNA合成酵素における種依存性tRNA specificityのスイッチングについて
    松儀実広, 村尾捷利
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 2004年11月25日
  • セリルtRNA合成酵素における種依存性tRNA specificityのswitchingについて
    第27回 日本分子生物学会 講演要旨集 2004年
  • 枯草菌セリルtRNA合成酵素の大腸菌セレノシステインtRNAに対する活性について
    松儀実広, 村尾捷利
    生化学 2002年08月25日
  • 枯草菌tRNAprox(x=(mo5UGG))はコドンCCCも認識する
    山田優子, 松儀実広, 村尾捷利
    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1999年11月22日
  • 枯草菌tRNA遺伝子とRNAについて
    村尾 捷利, 山田 優子, 松儀 実広, 石倉 久之
    生化学 1998年08月
  • 枯草菌トリプトファンtRNAのUGAコドン翻訳の可能性について
    松儀実広, 村尾捷利, 石倉久之
    日本薬学会年会要旨集 1995年03月
  • 枯草菌トリプトファンtRNAの構造について
    松儀実広, 石倉久之, 村尾捷利
    日本薬学会年会要旨集 1992年03月
  • 枯草菌イソロイシンtRNA(NAU)の構造について
    松儀実広, 石倉久之, 村尾捷利
    日本薬学会年会要旨集 1991年03月
  • 修飾塩基を含むE. Coli tRNA2Glyのフラグメント24merの化学合成
    松儀 実広
    日本薬学会年会要旨集 1986年03月
  • テトラハイドロフラニル基を用いたリボオリゴヌクレオチドの固相合成
    松儀 実広
    日本薬学会年会要旨集 1984年03月

外部的資金

  • 枯草菌におけるUGA終止コドンの翻訳についての研究
  • 新規tRNAの探索システムに関する研究
  • アミノアシルtRNA合成酵素の研究
  • バクテリアにおけるセレノシステインの系の分布についての研究
    :遺伝子科学研究
    研究期間 :1999年 - 2003年
  • セレノプロテインの機能と発現
    :ライフサイエンス基礎科学研究
    研究期間 :2000年
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 枯草菌におけるUGA終止コドンの翻訳についての研究
  • 新規tRNAの探索システムに関する研究
  • アミノアシルtRNA合成酵素の研究
  • バクテリアにおけるセレノシステインの系の分布についての研究
    :遺伝子科学研究
    研究期間 :1999年 - 2003年
  • セレノプロテインの機能と発現
    :ライフサイエンス基礎科学研究
    研究期間 :2000年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.