詳細検索はこちら

山田 俊幸 ヤマダ トシユキ

所属部署名臨床検査部
職名教授ホームページURL

プロフィール

研究キーワード

    臨床検査医学, 臨床免疫学

研究分野

  • 境界医学 / 病態検査学

経歴

  • 1988年
    -
    1995年
     新潟大学医学部附属病院 助手
  • 1995年
    -
    1999年
     自治医科大学 講師
  • 1999年
    -    順天堂大学医学部 助教授     

学歴

  • -
    1984年
    新潟大学 医学部 医学科(日本)

所属学協会

  • 日本臨床病理学会
  • 日本臨床化学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本動脈硬化学会
  • 日本人類遺伝学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本臨床病理学会
  • 日本臨床化学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本動脈硬化学会
  • 日本人類遺伝学会

委員歴

  • 1988年
    日本臨床病理学会 評議員
  • 2001年
    日本臨床化学会 評議員
  • 2001年
    日本リウマチ学会 評議員
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 1988年
    日本臨床病理学会 評議員
  • 2001年
    日本臨床化学会 評議員
  • 2001年
    日本リウマチ学会 評議員

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • リウマチ性疾患とAAアミロイドーシス 実験医学的視点でのAAアミロイドーシス
    山田 俊幸
    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 60回 214 2016年03月
  • 大腸癌(直腸癌)に対する化学療法中に下痢・嘔吐を来たした50歳男性
    岩津 好隆;小谷 和彦;山田 俊幸
    臨床病理 64(5) 595 2016年05月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • リウマチ性疾患とAAアミロイドーシス 実験医学的視点でのAAアミロイドーシス
    山田 俊幸
    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 60回 214 2016年03月
  • 大腸癌(直腸癌)に対する化学療法中に下痢・嘔吐を来たした50歳男性
    岩津 好隆;小谷 和彦;山田 俊幸
    臨床病理 64(5) 595 2016年05月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • リウマチ性疾患とAAアミロイドーシス 実験医学的視点でのAAアミロイドーシス
    山田 俊幸
    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 60回 214 2016年03月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • リウマチ性疾患とAAアミロイドーシス 実験医学的視点でのAAアミロイドーシス
    山田 俊幸
    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 60回 214 2016年03月
  • 大腸癌(直腸癌)に対する化学療法中に下痢・嘔吐を来たした50歳男性
    岩津 好隆;小谷 和彦;山田 俊幸
    臨床病理 64(5) 595 2016年05月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • リウマチ性疾患とAAアミロイドーシス 実験医学的視点でのAAアミロイドーシス
    山田 俊幸
    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 60回 214 2016年03月
  • 大腸癌(直腸癌)に対する化学療法中に下痢・嘔吐を来たした50歳男性
    岩津 好隆;小谷 和彦;山田 俊幸
    臨床病理 64(5) 595 2016年05月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • リウマチ性疾患とAAアミロイドーシス 実験医学的視点でのAAアミロイドーシス
    山田 俊幸
    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 60回 214 2016年03月
  • 大腸癌(直腸癌)に対する化学療法中に下痢・嘔吐を来たした50歳男性
    岩津 好隆;小谷 和彦;山田 俊幸
    臨床病理 64(5) 595 2016年05月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • 免疫自動分析装置ミュータスワコーi30測定AFPの偽低値解析と患者特性について
    井本 真由美;山田 俊幸
    電気泳動 59(1) 29-34 2015年
  • Possible relationship between the heart rates and serum amyloid A in a hyperglycemic population
    Kotani Kazuhiko;Shuumarjav Uurtuya;Taniguchi Nobuyuki;Yamada Toshiyuki
    BioScience Trends 9(1) 79-81 2015年
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • リウマチ性疾患とAAアミロイドーシス 実験医学的視点でのAAアミロイドーシス
    山田 俊幸
    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 60回 214 2016年03月
  • 大腸癌(直腸癌)に対する化学療法中に下痢・嘔吐を来たした50歳男性
    岩津 好隆;小谷 和彦;山田 俊幸
    臨床病理 64(5) 595 2016年05月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • 免疫自動分析装置ミュータスワコーi30測定AFPの偽低値解析と患者特性について
    井本 真由美;山田 俊幸
    電気泳動 59(1) 29-34 2015年
  • Possible relationship between the heart rates and serum amyloid A in a hyperglycemic population
    Kotani Kazuhiko;Shuumarjav Uurtuya;Taniguchi Nobuyuki;Yamada Toshiyuki
    BioScience Trends 9(1) 79-81 2015年
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • リウマチ性疾患とAAアミロイドーシス 実験医学的視点でのAAアミロイドーシス
    山田 俊幸
    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 60回 214 2016年03月
  • 大腸癌(直腸癌)に対する化学療法中に下痢・嘔吐を来たした50歳男性
    岩津 好隆;小谷 和彦;山田 俊幸
    臨床病理 64(5) 595 2016年05月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • 免疫自動分析装置ミュータスワコーi30測定AFPの偽低値解析と患者特性について
    井本 真由美;山田 俊幸
    電気泳動 59(1) 29-34 2015年
  • Possible relationship between the heart rates and serum amyloid A in a hyperglycemic population
    Kotani Kazuhiko;Shuumarjav Uurtuya;Taniguchi Nobuyuki;Yamada Toshiyuki
    BioScience Trends 9(1) 79-81 2015年
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • リウマチ性疾患とAAアミロイドーシス 実験医学的視点でのAAアミロイドーシス
    山田 俊幸
    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 60回 214 2016年03月
  • 大腸癌(直腸癌)に対する化学療法中に下痢・嘔吐を来たした50歳男性
    岩津 好隆;小谷 和彦;山田 俊幸
    臨床病理 64(5) 595 2016年05月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • 免疫自動分析装置ミュータスワコーi30測定AFPの偽低値解析と患者特性について
    井本 真由美;山田 俊幸
    電気泳動 59(1) 29-34 2015年
  • Possible relationship between the heart rates and serum amyloid A in a hyperglycemic population
    Kotani Kazuhiko;Shuumarjav Uurtuya;Taniguchi Nobuyuki;Yamada Toshiyuki
    BioScience Trends 9(1) 79-81 2015年
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • リウマチ性疾患とAAアミロイドーシス 実験医学的視点でのAAアミロイドーシス
    山田 俊幸
    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 60回 214 2016年03月
  • 大腸癌(直腸癌)に対する化学療法中に下痢・嘔吐を来たした50歳男性
    岩津 好隆;小谷 和彦;山田 俊幸
    臨床病理 64(5) 595 2016年05月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • 免疫自動分析装置ミュータスワコーi30測定AFPの偽低値解析と患者特性について
    井本 真由美;山田 俊幸
    電気泳動 59(1) 29-34 2015年
  • Possible relationship between the heart rates and serum amyloid A in a hyperglycemic population
    Kotani Kazuhiko;Shuumarjav Uurtuya;Taniguchi Nobuyuki;Yamada Toshiyuki
    BioScience Trends 9(1) 79-81 2015年
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • リウマチ性疾患とAAアミロイドーシス 実験医学的視点でのAAアミロイドーシス
    山田 俊幸
    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 60回 214 2016年03月
  • 大腸癌(直腸癌)に対する化学療法中に下痢・嘔吐を来たした50歳男性
    岩津 好隆;小谷 和彦;山田 俊幸
    臨床病理 64(5) 595 2016年05月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • 免疫自動分析装置ミュータスワコーi30測定AFPの偽低値解析と患者特性について
    井本 真由美;山田 俊幸
    電気泳動 59(1) 29-34 2015年
  • Possible relationship between the heart rates and serum amyloid A in a hyperglycemic population
    Kotani Kazuhiko;Shuumarjav Uurtuya;Taniguchi Nobuyuki;Yamada Toshiyuki
    BioScience Trends 9(1) 79-81 2015年
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • リウマチ性疾患とAAアミロイドーシス 実験医学的視点でのAAアミロイドーシス
    山田 俊幸
    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 60回 214 2016年03月
  • 大腸癌(直腸癌)に対する化学療法中に下痢・嘔吐を来たした50歳男性
    岩津 好隆;小谷 和彦;山田 俊幸
    臨床病理 64(5) 595 2016年05月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • 免疫自動分析装置ミュータスワコーi30測定AFPの偽低値解析と患者特性について
    井本 真由美;山田 俊幸
    電気泳動 59(1) 29-34 2015年
  • Possible relationship between the heart rates and serum amyloid A in a hyperglycemic population
    Kotani Kazuhiko;Shuumarjav Uurtuya;Taniguchi Nobuyuki;Yamada Toshiyuki
    BioScience Trends 9(1) 79-81 2015年
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • リウマチ性疾患とAAアミロイドーシス 実験医学的視点でのAAアミロイドーシス
    山田 俊幸
    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 60回 214 2016年03月
  • 大腸癌(直腸癌)に対する化学療法中に下痢・嘔吐を来たした50歳男性
    岩津 好隆;小谷 和彦;山田 俊幸
    臨床病理 64(5) 595 2016年05月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • 免疫自動分析装置ミュータスワコーi30測定AFPの偽低値解析と患者特性について
    井本 真由美;山田 俊幸
    電気泳動 59(1) 29-34 2015年
  • Possible relationship between the heart rates and serum amyloid A in a hyperglycemic population
    Kotani Kazuhiko;Shuumarjav Uurtuya;Taniguchi Nobuyuki;Yamada Toshiyuki
    BioScience Trends 9(1) 79-81 2015年
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • リウマチ性疾患とAAアミロイドーシス 実験医学的視点でのAAアミロイドーシス
    山田 俊幸
    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 60回 214 2016年03月
  • 大腸癌(直腸癌)に対する化学療法中に下痢・嘔吐を来たした50歳男性
    岩津 好隆;小谷 和彦;山田 俊幸
    臨床病理 64(5) 595 2016年05月
  • 【血漿蛋白-その病態と検査】 血漿蛋白沈着病としての全身性アミロイドーシス
    山田 俊幸
    臨床検査 60(4) 394 2016年04月
  • 免疫自動分析装置ミュータスワコーi30測定AFPの偽低値解析と患者特性について
    井本 真由美;山田 俊幸
    電気泳動 59(1) 29-34 2015年
  • Possible relationship between the heart rates and serum amyloid A in a hyperglycemic population
    Kotani Kazuhiko;Shuumarjav Uurtuya;Taniguchi Nobuyuki;Yamada Toshiyuki
    BioScience Trends 9(1) 79-81 2015年

MISC

  • リコンビナント血清アミロイドAからの線維形成(共著)
    Biochimica Biophysica Acta 1226 323-329 1994年
  • カテプシンBは血清アミロイドAから最も普遍的なアミロイドA(76残基)を生成する(共著)
    Scandinavian Journal of Immunology 41 94-97 1995年
  • アスパテートプロテアーゼインヒビター、ペプスタチン投与によるアミロイド沈着の促進(共著)
    Journal of Immunology 157 901-907 1996年
  • 急性期、構造アミロイドAとも動脈硬化病変に存在する(共著)
    Pathology International 47 797-800 1996年
  • ヒト血清アミロイドAに対するラットモノクロナール抗体の産生と解析(共著)
    Scandinavian Journal of Immunology 46 175-179 1997年
  • 全身性アミロイドーシスにおけるアポリポ蛋白AII/AI比の低下(共著)
    Journal of Rheumatic Diseases 57 249-251 1998年
  • 日本での血清アミロイドA2アリルの頻度(共著)
    Amiyloid 5 208-211 1998年
  • 血清アミロイドA1アリルと血中同蛋白濃度(共著)
    Amyloid 6 199-204 1999年
  • マウス続発性アミロイドーシスにおける血中アポリポ蛋白AIとAII濃度(共著)
    Scandinavian Journal of Immunology 50 475-478 1999年
  • 日本人対象における血清アミロイドA1エクソン4多型性の解析
    Amyloid 71 118-120 2000年
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • リコンビナント血清アミロイドAからの線維形成(共著)
    Biochimica Biophysica Acta 1226 323-329 1994年
  • カテプシンBは血清アミロイドAから最も普遍的なアミロイドA(76残基)を生成する(共著)
    Scandinavian Journal of Immunology 41 94-97 1995年
  • アスパテートプロテアーゼインヒビター、ペプスタチン投与によるアミロイド沈着の促進(共著)
    Journal of Immunology 157 901-907 1996年
  • 急性期、構造アミロイドAとも動脈硬化病変に存在する(共著)
    Pathology International 47 797-800 1996年
  • ヒト血清アミロイドAに対するラットモノクロナール抗体の産生と解析(共著)
    Scandinavian Journal of Immunology 46 175-179 1997年
  • 全身性アミロイドーシスにおけるアポリポ蛋白AII/AI比の低下(共著)
    Journal of Rheumatic Diseases 57 249-251 1998年
  • 日本での血清アミロイドA2アリルの頻度(共著)
    Amiyloid 5 208-211 1998年
  • 血清アミロイドA1アリルと血中同蛋白濃度(共著)
    Amyloid 6 199-204 1999年
  • マウス続発性アミロイドーシスにおける血中アポリポ蛋白AIとAII濃度(共著)
    Scandinavian Journal of Immunology 50 475-478 1999年
  • 日本人対象における血清アミロイドA1エクソン4多型性の解析
    Amyloid 71 118-120 2000年
  • 単球性白血病細胞株THP-1と培養ヒト未梢血単球からの血清アミロイドA分泌(共著)
    Scandinavian journal of Immunology 52 7-12 2000年
  • マウス反応性アミロイド沈着への抗血清アミロイド抗体の結合(共著)
    Modern Rheumatology 110 216-219 2000年
  • 日本人リウマチ患者の血清アミロイドA濃度はSAAI遺伝子型とステロイド治療に影響される(共著)
    Annals of Rheumatic Diseases 60 124-127 2001年
  • マイナーな炎症マーカー、栄養マーカーとしてのSAA4の検討(共著)
    Clinical Chemistry and Laboratory Medicine 39 7-10 2001年
  • 血清アミロイドA蛋白はHDLからプレβHDLを生成する(共著)
    Biochemitstry 38 16958-16962 1999年
  • フェノフィブレートはマウス反応性アミロイドーシスを抑制する(共著)
    Arthritis and Rheumatism 46 1683-1688 2002年
  • 日本人、白人に共通なアミロイドーシス発症に関与する血清アミロイドAIのアリル(共著)
    Amiloid 10 7-11. 2003年
  • 維持透析における血中β2ミクログロブリン濃度の変化
    Clinical Nephrology 60 63-64 2003年
  • Fenofibrate inhibits reactide amyloidosis in mice.“jointly worked”
    Arthritis And Rheumatism 46・、1683-1688 2002年
  • An allele of serum amyloid AI associated with amyloidosis in both Japanese and Caucasians “jointly worked”
    Amyloid 10 7-11 2003年
  • Changes in individual serum beta2-microglobulin in regular hemodialysis“jointly worked”
    Clinical Nephrology 60 63-64 2003年

受賞

  • 1996年 日本臨床病理学会学術奨励賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 1996年 日本臨床病理学会学術奨励賞

外部的資金

  • 2次性アミロイドーシスに関する研究
    研究期間 :1986年
  • 血清アミロイドA蛋白に関する研究
    研究期間 :1986年
  • アミロイドーシスの体内診断に関する研究
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 2次性アミロイドーシスに関する研究
    研究期間 :1986年
  • 血清アミロイドA蛋白に関する研究
    研究期間 :1986年
  • アミロイドーシスの体内診断に関する研究


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.