詳細検索はこちら

遠藤 照顕 エンドウ テルアキ

所属部署名整形外科学講座
職名講師ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/40406088.ja.html

プロフィール

研究キーワード

    黄色靱帯, 骨化メカニズム, 黄色靭帯

研究分野

  • 外科系臨床医学 / 整形外科学

経歴

  • 2008年
    -
    2009年
    自治医科大学 医学部(臨床助教)

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Multiple-level ossification of the ligamentum flavum in the cervical spine combined with calcification of the cervical ligamentum flavum and posterior atlanto-axial membrane.
    Inoue H, Seichi A, Kimura A, Endo T, Hoshino Y
    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 22 Suppl 3 S416-20 2013年05月
  • Tally counter test as a simple and objective assessment of cervical myelopathy.
    Kimura A, Seichi A, Endo T, Norimatsu Y, Inoue H, Higashi T, Hoshino Y
    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 22 183-188 2013年01月
  • Ultrasonographic quantification of spinal cord and dural pulsations during cervical laminoplasty in patients with compressive myelopathy.
    Kimura A, Seichi A, Inoue H, Endo T, Sato M, Higashi T, Hoshino Y
    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 21 2450-2455 2012年12月
  • Localization of the medial branches of the cervical dorsal rami during cervical laminoplasty.
    Seichi A, Kimura A, Higashi T, Endo T, Kojima M, Inoue H, Hoshino Y
    Spine 37 E1603-6 2012年12月
  • Early exercise in spinal cord injured rats induces allodynia through TrkB signaling.
    Endo T, Ajiki T, Inoue H, Kikuchi M, Yashiro T, Nakama S, Hoshino Y, Murakami T, Kobayashi E
    Biochemical and biophysical research communications 381 339-344 2009年04月
  • Treadmill training for hindlimb transplanted rats.
    Endo T, Ajiki T, Minagawa M, Hoshino Y, Kobayashi E
    Microsurgery 27 220-223 2007年
  • An ultrastructural study on the ligamentum flavum of the cervical spine in patients with ossification of the posterior longitudinal ligament.
    Nakama S, Ihara T, Sugamata M, Endo T, Ooyama M, Hoshino Y
    Medical molecular morphology 39 198-202 2006年12月
  • Cervical muscle strength after laminoplasty.
    Nakama S, Nitanai K, Oohashi Y, Endo T, Hoshino Y
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 8 36-40 2003年
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Multiple-level ossification of the ligamentum flavum in the cervical spine combined with calcification of the cervical ligamentum flavum and posterior atlanto-axial membrane.
    Inoue H, Seichi A, Kimura A, Endo T, Hoshino Y
    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 22 Suppl 3 S416-20 2013年05月
  • Tally counter test as a simple and objective assessment of cervical myelopathy.
    Kimura A, Seichi A, Endo T, Norimatsu Y, Inoue H, Higashi T, Hoshino Y
    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 22 183-188 2013年01月
  • Ultrasonographic quantification of spinal cord and dural pulsations during cervical laminoplasty in patients with compressive myelopathy.
    Kimura A, Seichi A, Inoue H, Endo T, Sato M, Higashi T, Hoshino Y
    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 21 2450-2455 2012年12月
  • Localization of the medial branches of the cervical dorsal rami during cervical laminoplasty.
    Seichi A, Kimura A, Higashi T, Endo T, Kojima M, Inoue H, Hoshino Y
    Spine 37 E1603-6 2012年12月
  • Early exercise in spinal cord injured rats induces allodynia through TrkB signaling.
    Endo T, Ajiki T, Inoue H, Kikuchi M, Yashiro T, Nakama S, Hoshino Y, Murakami T, Kobayashi E
    Biochemical and biophysical research communications 381 339-344 2009年04月
  • Treadmill training for hindlimb transplanted rats.
    Endo T, Ajiki T, Minagawa M, Hoshino Y, Kobayashi E
    Microsurgery 27 220-223 2007年
  • An ultrastructural study on the ligamentum flavum of the cervical spine in patients with ossification of the posterior longitudinal ligament.
    Nakama S, Ihara T, Sugamata M, Endo T, Ooyama M, Hoshino Y
    Medical molecular morphology 39 198-202 2006年12月
  • Cervical muscle strength after laminoplasty.
    Nakama S, Nitanai K, Oohashi Y, Endo T, Hoshino Y
    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association 8 36-40 2003年

MISC

  • JOACMEQは患者満足度を反映するか―頚椎椎弓形成術における検討
    木村敦, 遠藤照顕, 井上泰一, 星地亜都司
    J Spine Res 5(3) 206 2014年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症における馬尾神経癒着と手術成績の関連
    遠藤照顕, 星地亜都司, 木村敦, 東高弘, 井上泰一, 小島正博
    J Spine Res 5(3) 626 2014年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割椎弓切除術と棘突起切除椎弓切除術の前向き比較検討―術後2年成績―
    小島正博, 星地亜都司, 木村敦, 東高弘, 遠藤照顕, 井上泰一, 大上仁志
    J Spine Res 5(3) 274 2014年03月
  • 硬膜内髄外腫瘍および馬尾腫瘍術後髄液漏の経過
    東高弘, 星地亜都司, 木村敦, 遠藤照顕, 井上泰一, 小島正博
    J Spine Res 5(3) 352 2014年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割椎弓切除術と棘突起切除椎弓切除術の前向き比較検討
    小島正博, 星地亜都司, 井上泰一, 遠藤照顕, 山室健一, 木村敦, 大上仁志, 星野雄一
    J Spine Res 4(9) 1393-1398 2013年09月
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割椎弓切除術と棘突起切除椎弓切除術の健康関連QOLによる前向き比較検討
    小島正博, 星地亜都司, 井上泰一, 遠藤照顕, 山室健一, 大上仁志, 星野雄一
    関東整形災害外科学会雑誌 44(4) 133-137 2013年08月
  • 強直性脊椎骨増殖症に伴う頸椎骨折の1例
    蓮江正賢, 遠藤照顕, 佐藤貫洋, 木村敦, 星地亜都司, 星野雄一
    栃木県整形外科医会会誌 27(1) 6-8 2013年04月
  • 頚椎椎弓形成術における頚髄神経根後内側枝の局在
    星地亜都司, 木村敦, 東高弘, 遠藤照顕, 小島正博, 井上泰一, 星野雄一
    J Spine Res 4(3) 230 2013年03月
  • 頚椎椎弓形成術の術中超音波所見と患者立脚型アウトカムとの関係
    木村敦, 星地亜都司, 遠藤照顕, 乗松祐佐, 東高弘, 星野雄一
    J Spine Res 4(3) 235 2013年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症における後方除圧術前後の脊柱矢状面アライメントと臨床成績の関係
    小島正博, 星地亜都司, 木村敦, 東高弘, 遠藤照顕, 乗松祐佐, 山室健一, 井上泰一, 大上仁志, 星野雄一
    J Spine Res 4(3) 721 2013年03月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • JOACMEQは患者満足度を反映するか―頚椎椎弓形成術における検討
    木村敦, 遠藤照顕, 井上泰一, 星地亜都司
    J Spine Res 5(3) 206 2014年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症における馬尾神経癒着と手術成績の関連
    遠藤照顕, 星地亜都司, 木村敦, 東高弘, 井上泰一, 小島正博
    J Spine Res 5(3) 626 2014年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割椎弓切除術と棘突起切除椎弓切除術の前向き比較検討―術後2年成績―
    小島正博, 星地亜都司, 木村敦, 東高弘, 遠藤照顕, 井上泰一, 大上仁志
    J Spine Res 5(3) 274 2014年03月
  • 硬膜内髄外腫瘍および馬尾腫瘍術後髄液漏の経過
    東高弘, 星地亜都司, 木村敦, 遠藤照顕, 井上泰一, 小島正博
    J Spine Res 5(3) 352 2014年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割椎弓切除術と棘突起切除椎弓切除術の前向き比較検討
    小島正博, 星地亜都司, 井上泰一, 遠藤照顕, 山室健一, 木村敦, 大上仁志, 星野雄一
    J Spine Res 4(9) 1393-1398 2013年09月
  • 腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割椎弓切除術と棘突起切除椎弓切除術の健康関連QOLによる前向き比較検討
    小島正博, 星地亜都司, 井上泰一, 遠藤照顕, 山室健一, 大上仁志, 星野雄一
    関東整形災害外科学会雑誌 44(4) 133-137 2013年08月
  • 強直性脊椎骨増殖症に伴う頸椎骨折の1例
    蓮江正賢, 遠藤照顕, 佐藤貫洋, 木村敦, 星地亜都司, 星野雄一
    栃木県整形外科医会会誌 27(1) 6-8 2013年04月
  • 頚椎椎弓形成術における頚髄神経根後内側枝の局在
    星地亜都司, 木村敦, 東高弘, 遠藤照顕, 小島正博, 井上泰一, 星野雄一
    J Spine Res 4(3) 230 2013年03月
  • 頚椎椎弓形成術の術中超音波所見と患者立脚型アウトカムとの関係
    木村敦, 星地亜都司, 遠藤照顕, 乗松祐佐, 東高弘, 星野雄一
    J Spine Res 4(3) 235 2013年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症における後方除圧術前後の脊柱矢状面アライメントと臨床成績の関係
    小島正博, 星地亜都司, 木村敦, 東高弘, 遠藤照顕, 乗松祐佐, 山室健一, 井上泰一, 大上仁志, 星野雄一
    J Spine Res 4(3) 721 2013年03月
  • 高齢者(75歳以上)腰部脊柱管狭窄症に対する椎弓切除術の患者立脚型評価による成績
    小島正博, 星地亜都司, 木村敦, 東高弘, 遠藤照顕, 乗松祐佐, 井上泰一, 大上仁志, 山室健一, 星野雄一
    日本整形外科学会雑誌 87(3) S763 2013年03月
  • 頚椎椎弓形成術後の患者満足度に関連する因子の検討
    木村敦, 星地亜都司, 遠藤照顕, 乗松祐佐, 井上泰一, 東高弘, 星野雄一
    日本整形外科学会雑誌 87(2) S347 2013年03月
  • 症例でみる腰痛・肩痛・膝痛・外傷―実は難しい整形外科疾患に対応するコツ教えます―腰の解剖と診察法,神経ブロック
    遠藤照顕
    治療 95(3) 344-347 2013年03月
  • 頚椎椎弓形成術後の患者満足度に影響を与える因子の検討
    木村敦, 星地亜都司, 遠藤照顕, 乗松祐佐, 東高弘, 星野雄一
    関東整形災害外科学会雑誌 44 66 2013年03月
  • 強直性脊椎骨増殖症(ASH)に伴う頸椎骨折の1例
    蓮江正賢, 遠藤照顕, 佐藤貫洋, 木村敦, 星地亜都司, 星野雄一
    栃木県整形外科医会会誌 26(1) 41 2012年04月
  • 腰部脊柱管狭窄症における棘突起縦割型除圧術と棘突起切除椎弓切除術の前向き比較検討
    小島正博, 星地亜都司, 木村敦, 井上泰一, 遠藤照顕, 大上仁志, 山室健一, 星野雄一
    J Spine Res 3(3) 241 2012年03月
  • 頸椎後縦靭帯骨化症に対するハイドロキシアパタイトスペーサーを使用した棘突起縦割法椎弓形成術の長期成績
    木村敦, 星地亜都司, 遠藤照顕, 佐藤貫洋, 東高宏, 星野雄一
    J Spine Res 3(3) 224 2012年03月
  • カウンターテストによる頚髄症重症度の定量的評価
    木村敦, 星地亜都司, 遠藤照顕, 佐藤貫洋, 東高宏, 星野雄一
    J Spine Res 3(3) 406 2012年03月
  • 術中超音波による脊髄と硬膜の定量的動態解析―硬膜の拍動は良好な除圧を意味するか―
    木村敦, 星地亜都司, 遠藤照顕, 東高弘, 佐藤貫洋, 井上泰一, 星野雄一
    日本整形外科学会雑誌 86(3) S697 2012年03月
  • 腰部脊柱管狭窄症における棘突起縦割型除圧術と棘突起切除椎弓切除術の健康関連QOLによる前向き比較検討
    小島正博, 星地亜都司, 木村敦, 井上泰一, 遠藤照顕, 大上仁志, 山室健一, 星野雄一
    関東整形災害外科学会雑誌 43 57 2012年03月
  • 脊髄損傷ラットにおける補助歩行訓練後の神経原性疼痛と発症機序の検討
    遠藤 照顕, 井上 泰一, 木村 敦, 安食 孝士, 中間 季雄, 森田 光哉, 関矢 仁, 星野 雄一
    運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 21(3) 279-284 2010年11月
  • 脊髄損傷ラットにおける補助歩行訓練の効果
    遠藤 照顕, 井上 泰一, 木村 敦, 安食 孝士, 中間 季雄, 星野 雄一
    運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 20(1) 74-81 2009年06月
  • 脊髄損傷後の補助歩行訓練とBDNFシグナル伝達との関連
    遠藤 照顕, 井上 泰一, 木村 敦, 安食 孝, 星野 雄一
    運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 20(2) 2009年06月
  • ラット下肢再接着モデルを用いた運動器リハビリテーションの効果
    遠藤 照顕, 安食 孝士, 井上 泰一, 中間 季雄, 星野 雄一
    運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 19(3) 211-216 2008年11月
  • トランスジェニックラットを用いた移植骨髄由来細胞のバイオイメージング
    井上 泰一, 安食 孝士, 遠藤 照顕, 中間 季雄, 星野 雄一, 村上 孝, 小林 英司
    日本整形外科學會雜誌 82(11) 983-988 2008年11月
  • 脊髄損傷ラットに対する補助歩行訓練の効果
    遠藤 照顕, 井上 泰一, 木村 敦, 安食 孝士, 中間 季雄, 小林 英司, 星野 雄一
    運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 19(2) 2008年06月
  • ラットによる運動器損傷に対するリハビリテーションモデル
    遠藤 照顕, 井上 泰一, 木村 敦, 安食 孝士, 小林 英司, 星野 雄一
    運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 18(2) 2007年06月
  • 脊椎圧迫骨折における早期リハビリテーションの効果
    遠藤 照顕, 井上 泰一, 萩原 浩好, 萩原 佳代, 木村 敦, 大上 仁志
    運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 18(2) 2007年06月
  • 首下がりの臨床的特徴の検討
    篠原 光正, 中間 季雄, 似内 希久子, 遠藤 照顕, 税田 和夫, 星野 雄一
    運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 14(1) 2003年06月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.