詳細検索はこちら

川上 潔 カワカミ キヨシ

所属部署名細胞生物研究部
職名教授ホームページURLhttp://www.jichi.ac.jp/biol/home.html

プロフィール

研究キーワード

    ナトリウムポンプ, Sp1, 標的遺伝子, メチル化干渉法, DNaseIフットプリント法, Six1, Six4, 遺伝子発現制御, ノックアウトマウス, 筋細胞, 遺伝子欠損マウス, 転写因子, Sp3, 筋緊張性ジストロフィー, Eボックス, 国際情報交換, 脳神経節, Six, Eya, Eya遺伝子, 血球分化, Na,K-ATPase, Dach, プラコード, アポトーシス, 発生異常, 抗体染色, トランスジェニックマウス, Na, K-ATPaseα2サブユニット遺伝子, BOR症候群, 包括脳ネットワーク, 分子発生生物学

研究分野

  • 基礎医学 / 医化学一般
  • 外科系臨床医学 / 耳鼻咽喉科学
  • 基礎医学 / 病態医化学
  • 基礎医学 / 生理学一般
  • 脳神経科学 / 神経科学一般
  • 内科系臨床医学 / 循環器内科学
  • 内科系臨床医学 / 腎臓内科学
  • 生物科学 / 分子生物学
  • 生物科学 / 発生生物学
  • 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学)
  • 基礎医学 / 生理学一般
  • 基礎医学 / 病態医化学

経歴

  • 2013年
    自治医科大学 医学部(教授)
  • 自治医科大学(JMU)(教授)

所属学協会

  • 日本生化学会
  • 日本分子生物学会
  • アメリカ微生物学会
  • 日本発生生物学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本生化学会
  • 日本分子生物学会
  • アメリカ微生物学会
  • 日本発生生物学会

学位

  • 理学博士

研究活動

論文

  • Effects of ouabain on respiratory rhythm generation in brainstem-spinal cord preparation from newborn rats and in decerebrate and arterially perfused in situ preparation from juvenile rats.
    Tsuzawa, K., Yazawa, I., Shakuo, T., Ikeda, K., Kawakami, K.
    Neuroscience 286 404-411 2015年01月
  • Heterozygous mice deficient in Atp1a3 exhibit motor deficits by chronic restraint stress.
    Sugimoto H, Ikeda K, Kawakami K
    Behavioural brain research 272 100-110 2014年10月
  • FGFR1-Frs2/3 signalling maintains sensory progenitors during inner ear hair cell formation.
    Ono K, Kita T, Sato S, O'Neill P, Mak SS, Paschaki M, Ito M, Gotoh N, Kawakami K, Sasai Y, Ladher RK
    PLoS genetics 10 e1004118 2014年01月
  • Cytoarchitecture and CO2 Sensitivity of Phox2b-Positive Parafacial Neurons in the Newborn Rat Medulla.
    Onimaru H, Ikeda K, Mariho T, Kawakami K
    Progress in brain research 209 57-71 2014年
  • Homeoproteins Six1 and Six4 regulate male sex determination and mouse gonadal development.
    Fujimoto Y, Tanaka SS, Yamaguchi YL, Kobayashi H, Kuroki S, Tachibana M, Shinomura M, Kanai Y, Morohashi K, Kawakami K, Nishinakamura R
    Developmental cell 26 416-430 2013年08月
  • Enhanced inhibitory neurotransmission in the cerebellar cortex of Atp1a3-deficient heterozygous mice.
    Ikeda K, Satake S, Onaka T, Sugimoto H, Takeda N, Imoto K, Kawakami K
    The Journal of physiology 591 3433-3449 2013年07月
  • Regulation of Six1 expression by evolutionarily conserved enhancers in tetrapods.
    Sato S, Ikeda K, Shioi G, Nakao K, Yajima H, Kawakami K
    Developmental biology 368 95-108 2012年08月
  • Postsynaptic mechanisms of CO(2) responses in parafacial respiratory neurons of newborn rats.
    Onimaru H, Ikeda K, Kawakami K
    The Journal of physiology 590 1615-1624 2012年04月
  • Development of gustatory papillae in the absence of Six1 and Six4.
    Suzuki Y, Ikeda K, Kawakami K
    Journal of anatomy 219 710-721 2011年12月
  • Menthol inhibits the respiratory rhythm in brainstem preparations of the newborn rats.
    Tani M, Onimaru H, Ikeda K, Kawakami K, Homma I
    Neuroreport 21 1095-1099 2010年12月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Effects of ouabain on respiratory rhythm generation in brainstem-spinal cord preparation from newborn rats and in decerebrate and arterially perfused in situ preparation from juvenile rats.
    Tsuzawa, K., Yazawa, I., Shakuo, T., Ikeda, K., Kawakami, K.
    Neuroscience 286 404-411 2015年01月
  • Heterozygous mice deficient in Atp1a3 exhibit motor deficits by chronic restraint stress.
    Sugimoto H, Ikeda K, Kawakami K
    Behavioural brain research 272 100-110 2014年10月
  • FGFR1-Frs2/3 signalling maintains sensory progenitors during inner ear hair cell formation.
    Ono K, Kita T, Sato S, O'Neill P, Mak SS, Paschaki M, Ito M, Gotoh N, Kawakami K, Sasai Y, Ladher RK
    PLoS genetics 10 e1004118 2014年01月
  • Cytoarchitecture and CO2 Sensitivity of Phox2b-Positive Parafacial Neurons in the Newborn Rat Medulla.
    Onimaru H, Ikeda K, Mariho T, Kawakami K
    Progress in brain research 209 57-71 2014年
  • Homeoproteins Six1 and Six4 regulate male sex determination and mouse gonadal development.
    Fujimoto Y, Tanaka SS, Yamaguchi YL, Kobayashi H, Kuroki S, Tachibana M, Shinomura M, Kanai Y, Morohashi K, Kawakami K, Nishinakamura R
    Developmental cell 26 416-430 2013年08月
  • Enhanced inhibitory neurotransmission in the cerebellar cortex of Atp1a3-deficient heterozygous mice.
    Ikeda K, Satake S, Onaka T, Sugimoto H, Takeda N, Imoto K, Kawakami K
    The Journal of physiology 591 3433-3449 2013年07月
  • Regulation of Six1 expression by evolutionarily conserved enhancers in tetrapods.
    Sato S, Ikeda K, Shioi G, Nakao K, Yajima H, Kawakami K
    Developmental biology 368 95-108 2012年08月
  • Postsynaptic mechanisms of CO(2) responses in parafacial respiratory neurons of newborn rats.
    Onimaru H, Ikeda K, Kawakami K
    The Journal of physiology 590 1615-1624 2012年04月
  • Development of gustatory papillae in the absence of Six1 and Six4.
    Suzuki Y, Ikeda K, Kawakami K
    Journal of anatomy 219 710-721 2011年12月
  • Menthol inhibits the respiratory rhythm in brainstem preparations of the newborn rats.
    Tani M, Onimaru H, Ikeda K, Kawakami K, Homma I
    Neuroreport 21 1095-1099 2010年12月
  • Expression of Six1 and Six4 in mouse taste buds.
    Suzuki Y, Ikeda K, Kawakami K
    Journal of molecular histology 41 205-214 2010年10月
  • Six family genes control the proliferation and differentiation of muscle satellite cells.
    Yajima H, Motohashi N, Ono Y, Sato S, Ikeda K, Masuda S, Yada E, Kanesaki H, Miyagoe-Suzuki Y, Takeda S, Kawakami K
    Experimental cell research 316 2932-2944 2010年10月
  • Conserved expression of mouse Six1 in the pre-placodal region (PPR) and identification of an enhancer for the rostral PPR.
    Sato S, Ikeda K, Shioi G, Ochi H, Ogino H, Yajima H, Kawakami K
    Developmental biology 344 158-171 2010年08月
  • Regulatory role of Six1 in the development of taste papillae.
    Suzuki Y, Ikeda K, Kawakami K
    Cell and tissue research 339 513-525 2010年03月
  • Characterization of the Six1 homeobox gene in normal mammary gland morphogenesis.
    Coletta RD, McCoy EL, Burns V, Kawakami K, McManaman JL, Wysolmerski JJ, Ford HL
    BMC developmental biology 10 4 2010年01月
  • Phox2b expressing neurons in the most rostral medulla of newborn rats.
    Onimaru H, Ikeda K, Kawakami K
    Advances in experimental medicine and biology 669 87-90 2010年
  • Six1 is indispensable for production of functional progenitor cells during olfactory epithelial development.
    Ikeda K, Kageyama R, Suzuki Y, Kawakami K
    The International journal of developmental biology 54 1453-1464 2010年
  • Phox2b, RTN/pFRG neurons and respiratory rhythmogenesis.
    Onimaru H, Ikeda K, Kawakami K
    Respiratory physiology & neurobiology 168 13-18 2009年08月
  • CO2-sensitive preinspiratory neurons of the parafacial respiratory group express Phox2b in the neonatal rat.
    Onimaru H, Ikeda K, Kawakami K
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 28 12845-12850 2008年11月
  • Multiple evolutionarily conserved enhancers control expression of Eya1.
    Ishihara T, Sato S, Ikeda K, Yajima H, Kawakami K
    Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists 237 3142-3156 2008年11月
  • Differential expression of Eya1 and Eya2 during chick early embryonic development.
    Ishihara T, Ikeda K, Sato S, Yajima H, Kawakami K
    Gene expression patterns : GEP 8 357-367 2008年05月
  • Six1 is essential for early neurogenesis in the development of olfactory epithelium.
    Ikeda K, Ookawara S, Sato S, Ando Z, Kageyama R, Kawakami K
    Developmental biology 311 53-68 2007年11月
  • Regulation of Na,K-ATPase alpha1 subunit gene transcription in response to low K(+): role of CRE/ATF- and GC box-binding proteins.
    Wang G, Kawakami K, Gick G
    Journal of cellular physiology 213 167-176 2007年10月
  • Defective interaction between dual oscillators for respiratory rhythm generation in Na+,K+-ATPase {alpha}2 subunit-deficient mice.
    Onimaru H, Ikeda K, Kawakami K
    The Journal of physiology 584 271-284 2007年10月
  • Six1 and Six4 are essential for Gdnf expression in the metanephric mesenchyme and ureteric bud formation, while Six1 deficiency alone causes mesonephric-tubule defects.
    Kobayashi H, Kawakami K, Asashima M, Nishinakamura R
    Mechanisms of development 124 290-303 2007年04月
  • Divergent signaling pathways mediate induction of Na,K-ATPase alpha1 and beta1 subunit gene transcription by low potassium.
    Wang G, Kawakami K, Gick G
    Molecular and cellular biochemistry 294 73-85 2007年01月
  • Six1 and Six4 promote survival of sensory neurons during early trigeminal gangliogenesis.
    Konishi Y, Ikeda K, Iwakura Y, Kawakami K
    Brain research 1116 93-102 2006年10月
  • Transcriptional activation of the SALL1 by the human SIX1 homeodomain during kidney development.
    Chai L, Yang J, Di C, Cui W, Kawakami K, Lai R, Ma Y
    The Journal of biological chemistry 281 18918-18926 2006年07月
  • Hyperphagia and obesity in Na,K-ATPase alpha2 subunit-defective mice.
    Kawakami K, Onaka T, Iwase M, Homma I, Ikeda K
    Obesity research 13 1661-1671 2005年10月
  • Slc12a2 is a direct target of two closely related homeobox proteins, Six1 and Six4.
    Ando Z, Sato S, Ikeda K, Kawakami K
    The FEBS journal 272 3026-3041 2005年06月
  • [Novel function of sodium pump].
    Ikeda K, Onimaru H, Kawakami K
    Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme 50 434-439 2005年05月
  • Malfunction of respiratory-related neuronal activity in Na+, K+-ATPase alpha2 subunit-deficient mice is attributable to abnormal Cl- homeostasis in brainstem neurons.
    Ikeda K, Onimaru H, Yamada J, Inoue K, Ueno S, Onaka T, Toyoda H, Arata A, Ishikawa TO, Taketo MM, Fukuda A, Kawakami K
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 24 10693-10701 2004年11月
  • Six1 controls patterning of the mouse otic vesicle.
    Ozaki H, Nakamura K, Funahashi J, Ikeda K, Yamada G, Tokano H, Okamura HO, Kitamura K, Muto S, Kotaki H, Sudo K, Horai R, Iwakura Y, Kawakami K
    Development (Cambridge, England) 131 551-562 2004年02月
  • Degeneration of the amygdala/piriform cortex and enhanced fear/anxiety behaviors in sodium pump alpha2 subunit (Atp1a2)-deficient mice.
    Ikeda K, Onaka T, Yamakado M, Nakai J, Ishikawa TO, Taketo MM, Kawakami K
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 23 4667-4676 2003年06月
  • Molecular interaction and synergistic activation of a promoter by Six, Eya, and Dach proteins mediated through CREB binding protein.
    Ikeda K, Watanabe Y, Ohto H, Kawakami K
    Molecular and cellular biology 22 6759-6766 2002年10月
  • Identification of transcriptional targets for Six5: implication for the pathogenesis of myotonic dystrophy type 1.
    Sato S, Nakamura M, Cho DH, Tapscott SJ, Ozaki H, Kawakami K
    Human molecular genetics 11 1045-1058 2002年05月
  • Impaired interactions between mouse Eyal harboring mutations found in patients with branchio-oto-renal syndrome and Six, Dach, and G proteins.
    Ozaki H, Watanabe Y, Ikeda K, Kawakami K
    Journal of human genetics 47 107-116 2002年
  • Knockout of sodium pump α3 subunit gene (Atp1a3-/-) results in perinatal seizure and defective respiratory rhythm generation.
    Ikeda K, Onimaru H, Kawakami K
    Brain research 1666 27-37 2017年07月
  • Distinctive features of Phox2b-expressing neurons in the rat reticular formation dorsal to the trigeminal motor nucleus.
    Nagoya K, Nakamura S, Ikeda K, Onimaru H, Yoshida A, Nakayama K, Mochizuki A, Kiyomoto M, Sato F, Kawakami K, Takahashi K, Inoue T
    Neuroscience 358 211-226 2017年07月
  • Effects of a TRPV1 agonist capsaicin on respiratory rhythm generation in brainstem-spinal cord preparation from newborn rats.
    Tani M, Kotani S, Hayakawa C, Lin ST, Irie S, Ikeda K, Kawakami K, Onimaru H
    Pflugers Archiv : European journal of physiology 469(2) 327-338 2017年02月
  • The respiratory control mechanisms in the brainstem and spinal cord: integrative views of the neuroanatomy and neurophysiology.
    Ikeda K, Kawakami K, Onimaru H, Okada Y, Yokota S, Koshiya N, Oku Y, Iizuka M, Koizumi H
    The journal of physiological sciences : JPS 67(1) 45-62 2017年01月
  • Low Six4 and Six5 gene dosage improves dystrophic phenotype and prolongs life span of mdx mice.
    Yajima H, Kawakami K
    Development, growth & differentiation 58(6) 546-561 2016年08月
  • Six1 is required for mouse dental follicle cell and human periodontal ligament-derived cell proliferation.
    Kawasaki T, Takahashi M, Yajima H, Mori Y, Kawakami K
    Development, growth & differentiation 58(6) 530-545 2016年08月
  • Long-lasting facilitation of respiratory rhythm by treatment with TRPA1 agonist, cinnamaldehyde.
    Tani M, Yazawa I, Ikeda K, Kawakami K, Onimaru H
    Journal of neurophysiology 114(2) 989-998 2015年08月
  • A Phox2b BAC Transgenic Rat Line Useful for Understanding Respiratory Rhythm Generator Neural Circuitry.
    Ikeda K, Takahashi M, Sato S, Igarashi H, Ishizuka T, Yawo H, Arata S, Southard-Smith EM, Kawakami K, Onimaru H
    PloS one 10(7) e0132475 2015年
  • Activation of Six1 Expression in Vertebrate Sensory Neurons.
    Sato S, Yajima H, Furuta Y, Ikeda K, Kawakami K
    PloS one 10(8) e0136666 2015年

MISC

  • 新規ホメオボックス遺伝子Sixの構造と機能および発生/分化へのかかわり
    蛋白質・核酸・酵素 43(14) 2120 1998年
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 新規ホメオボックス遺伝子Sixの構造と機能および発生/分化へのかかわり
    蛋白質・核酸・酵素 43(14) 2120 1998年

外部的資金

  • Six遺伝子群による骨格筋再生と発生の制御
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2013年 - 2015年 代表者 : 川上 潔
  • Naポンプα3サブユニット遺伝子の生体機能とジストニアパーキンソニズムの分子病態
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2009年 - 2011年 代表者 : 川上 潔
  • 神経堤細胞由来器官の構築原理
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2006年 - 2008年 代表者 : 川上 潔
  • 感覚器形成におけるパターニング
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2004年 - 2005年 代表者 : 川上 潔
  • ストレス性肥満を示すモデルマウスの性状
    文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
    研究期間 :2003年 - 2004年 代表者 : 川上 潔
  • Six-Eya-Dach遺伝子ネットワークによる器官形成
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2002年 - 2003年 代表者 : 川上 潔
  • 生化学的アプローチによる難聴遺伝子の同定と病態の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究, 萌芽研究)
    研究期間 :2000年 - 2002年 代表者 : 川上 潔
  • Six遺伝子群による発生プログラムと遺伝子病の病態
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2000年 - 2002年 代表者 : 川上 潔
  • Six-Eya-Dach遺伝子ネットワークによる器官形成
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
    研究期間 :2001年 - 2001年 代表者 : 川上 潔
  • ホメオボックス蛋白質Sixの核-細胞質移行と、細胞周期制御・ガン化との関係
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(C))
    研究期間 :2000年 - 2000年 代表者 : 川上 潔
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • Six遺伝子群による骨格筋再生と発生の制御
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2013年 - 2015年 代表者 : 川上 潔
  • Naポンプα3サブユニット遺伝子の生体機能とジストニアパーキンソニズムの分子病態
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2009年 - 2011年 代表者 : 川上 潔
  • 神経堤細胞由来器官の構築原理
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2006年 - 2008年 代表者 : 川上 潔
  • 感覚器形成におけるパターニング
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2004年 - 2005年 代表者 : 川上 潔
  • ストレス性肥満を示すモデルマウスの性状
    文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
    研究期間 :2003年 - 2004年 代表者 : 川上 潔
  • Six-Eya-Dach遺伝子ネットワークによる器官形成
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2002年 - 2003年 代表者 : 川上 潔
  • 生化学的アプローチによる難聴遺伝子の同定と病態の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究, 萌芽研究)
    研究期間 :2000年 - 2002年 代表者 : 川上 潔
  • Six遺伝子群による発生プログラムと遺伝子病の病態
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2000年 - 2002年 代表者 : 川上 潔
  • Six-Eya-Dach遺伝子ネットワークによる器官形成
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(A))
    研究期間 :2001年 - 2001年 代表者 : 川上 潔
  • ホメオボックス蛋白質Sixの核-細胞質移行と、細胞周期制御・ガン化との関係
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究(C))
    研究期間 :2000年 - 2000年 代表者 : 川上 潔
  • DMAHP/Six5遺伝子の機能と筋緊張性ジストロフィーへの関与
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :1998年 - 1999年 代表者 : 川上 潔
  • 腎、心及び肺の病態におけるNa,K-ATPase遺伝子の発現制御調節機構
    文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
    研究期間 :1995年 - 1997年 代表者 : 川上 潔
  • 心筋における神経型Na,K-ATPase α3サブユニット遺伝子の発現制御
    文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 :1996年 - 1996年 代表者 : 川上 潔
  • 転写因子AREC3の構造と機能
    文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C), 基盤研究(C))
    研究期間 :1995年 - 1996年 代表者 : 川上 潔
  • ハウスキーピング遺伝子の転写制御-Na,K-ATPaseα1サブユニット遺伝子の発現調節
    文部科学省:科学研究費補助金(国際学術研究)
    研究期間 :1992年 - 1993年 代表者 : 川上 潔
  • Na,KーATPase遺伝子の組織特異的発現制御機構
    文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 :1990年 - 1990年 代表者 : 川上 潔
  • six遺伝子群の生体機能
  • Na,K-ATPaseの生理機能
  • 筋硬直性ジストロフィーの病態に関する研究
  • 分子発生生物学
    :科学研究費補助金
    研究期間 :1995年 - 2019年

Works

  • ナトリウムポンプ遺伝子の生体機能
    発表年 : 1996年
  • Six遺伝子群の発生における役割
    発表年 : 1996年-1998年
  • 腎,心,肺の病変におけるNa,K-ATPaseの制御
    発表年 : 1995年-1998年
Worksを全て表示する
  • ナトリウムポンプ遺伝子の生体機能
    発表年 : 1996年
  • Six遺伝子群の発生における役割
    発表年 : 1996年-1998年
  • 腎,心,肺の病変におけるNa,K-ATPaseの制御
    発表年 : 1995年-1998年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.