詳細検索はこちら

矢田 俊彦 ヤダ トシヒコ

所属部署名生理学講座統合生理学部門
職名教授ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/ja/r/60166527

プロフィール

プロフィール

    自治医科大学医学部生理学教授 専門領域:中枢性摂食・代謝調節機構

研究キーワード

    包括脳ネットワーク, 糖尿病, インスリン分泌, 膵β細胞, グルコース, PACAP, Ca^<2+>, グレリン, レプチン, β細胞, 膵島, 摂食中枢, NPYニューロン, 免疫組織化学, 脂肪細胞, 弓状核, 摂食, インスリン, サイクリックAMP, 細胞内カルシウム, オ-トクリン, パッチクランプ, 肥満, GKラット, 小胞体, ランゲルハンス島, 視床下部, cAMP

研究分野

  • 基礎医学 / 生理学一般
  • 内科系臨床医学 / 代謝学
  • 神経科学 / 神経解剖学・神経病理学
  • 基礎医学 / 薬理学一般
  • 内科系臨床医学 / 内分泌学
  • 内科系臨床医学 / 精神神経科学
  • 外科系臨床医学 / 整形外科学
  • 基礎医学 / 医化学一般
  • 内科系臨床医学 / 神経内科学

経歴

  • 2000年
    -
    現在
    自治医科大学 医学研究科(教授)
  • 2000年
    -
    現在
    自治医科大学(教授)

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • AMP-activated protein kinase activates neuropeptide Y neurons in the hypothalamic arcuate nucleus to increase food intake in rats.
    Kohno D, Sone H, Tanaka S, Kurita H, Gantulga D, Yada T
    Neuroscience letters 499(3) 194-198 2011年07月
  • Dynamics of plasma active GLP-1 versus insulin and glucose concentrations during GLP-1 infusion in rat model of postprandial hyperglycemia.
    Eiki JI, Yada T
    Endocrine journal 58(8) 691-698 2011年06月
  • Postoperative weight loss does not resolve after esophagectomy despite normal serum ghrelin levels.
    Koizumi M, Hosoya Y, Dezaki K, Yada T, Hosoda H, Kangawa K, Nagai H, Lefor AT, Sata N, Yasuda Y
    The Annals of thoracic surgery 91(4) 1032-1037 2011年04月
  • Lack of TRPM2 impaired insulin secretion and glucose metabolisms in mice.
    Uchida K, Dezaki K, Damdindorj B, Inada H, Shiuchi T, Mori Y, Yada T, Minokoshi Y, Tominaga M
    Diabetes 60(1) 119-126 2011年01月
  • Nesfatin-1 enhances glucose-induced insulin secretion by promoting Ca(2+) influx through L-type channels in mouse islet β-cells.
    Nakata M, Manaka K, Yamamoto S, Mori M, Yada T
    Endocrine journal 58(4) 305-313 2011年
  • Stressor-responsive central nesfatin-1 activates corticotropin-releasing hormone, noradrenaline and serotonin neurons and evokes hypothalamic-pituitary-adrenal axis.
    Yoshida N, Maejima Y, Sedbazar U, Ando A, Kurita H, Damdindorj B, Takano E, Gantulga D, Iwasaki Y, Kurashina T, Onaka T, Dezaki K, Nakata M, Mori M, Yada T
    Aging 2 775-784 2010年11月
  • Reconstruction-dependent recovery from anorexia and time-related recovery of regulatory ghrelin system in gastrectomized rats.
    Koizumi M, Dezaki K, Hosoda H, Damdindorj B, Sone H, Ming L, Hosoya Y, Sata N, Kobayashi E, Kangawa K, Nagai H, Yasuda Y, Yada T
    International journal of peptides 2010 2010年
  • Nesfatin-1-regulated oxytocinergic signaling in the paraventricular nucleus causes anorexia through a leptin-independent melanocortin pathway.
    Maejima Y, Sedbazar U, Suyama S, Kohno D, Onaka T, Takano E, Yoshida N, Koike M, Uchiyama Y, Fujiwara K, Yashiro T, Horvath TL, Dietrich MO, Tanaka S, Dezaki K, Oh-I S, Hashimoto K, Shimizu H, Nakata M, Mori M, Yada T
    Cell metabolism 10 355-365 2009年11月
  • Nesfatin-1 neurons in paraventricular and supraoptic nuclei of the rat hypothalamus coexpress oxytocin and vasopressin and are activated by refeeding.
    Kohno D, Nakata M, Maejima Y, Shimizu H, Sedbazar U, Yoshida N, Dezaki K, Onaka T, Mori M, Yada T
    Endocrinology 149 1295-1301 2008年03月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • AMP-activated protein kinase activates neuropeptide Y neurons in the hypothalamic arcuate nucleus to increase food intake in rats.
    Kohno D, Sone H, Tanaka S, Kurita H, Gantulga D, Yada T
    Neuroscience letters 499(3) 194-198 2011年07月
  • Dynamics of plasma active GLP-1 versus insulin and glucose concentrations during GLP-1 infusion in rat model of postprandial hyperglycemia.
    Eiki JI, Yada T
    Endocrine journal 58(8) 691-698 2011年06月
  • Postoperative weight loss does not resolve after esophagectomy despite normal serum ghrelin levels.
    Koizumi M, Hosoya Y, Dezaki K, Yada T, Hosoda H, Kangawa K, Nagai H, Lefor AT, Sata N, Yasuda Y
    The Annals of thoracic surgery 91(4) 1032-1037 2011年04月
  • Lack of TRPM2 impaired insulin secretion and glucose metabolisms in mice.
    Uchida K, Dezaki K, Damdindorj B, Inada H, Shiuchi T, Mori Y, Yada T, Minokoshi Y, Tominaga M
    Diabetes 60(1) 119-126 2011年01月
  • Nesfatin-1 enhances glucose-induced insulin secretion by promoting Ca(2+) influx through L-type channels in mouse islet β-cells.
    Nakata M, Manaka K, Yamamoto S, Mori M, Yada T
    Endocrine journal 58(4) 305-313 2011年
  • Stressor-responsive central nesfatin-1 activates corticotropin-releasing hormone, noradrenaline and serotonin neurons and evokes hypothalamic-pituitary-adrenal axis.
    Yoshida N, Maejima Y, Sedbazar U, Ando A, Kurita H, Damdindorj B, Takano E, Gantulga D, Iwasaki Y, Kurashina T, Onaka T, Dezaki K, Nakata M, Mori M, Yada T
    Aging 2 775-784 2010年11月
  • Reconstruction-dependent recovery from anorexia and time-related recovery of regulatory ghrelin system in gastrectomized rats.
    Koizumi M, Dezaki K, Hosoda H, Damdindorj B, Sone H, Ming L, Hosoya Y, Sata N, Kobayashi E, Kangawa K, Nagai H, Yasuda Y, Yada T
    International journal of peptides 2010 2010年
  • Nesfatin-1-regulated oxytocinergic signaling in the paraventricular nucleus causes anorexia through a leptin-independent melanocortin pathway.
    Maejima Y, Sedbazar U, Suyama S, Kohno D, Onaka T, Takano E, Yoshida N, Koike M, Uchiyama Y, Fujiwara K, Yashiro T, Horvath TL, Dietrich MO, Tanaka S, Dezaki K, Oh-I S, Hashimoto K, Shimizu H, Nakata M, Mori M, Yada T
    Cell metabolism 10 355-365 2009年11月
  • Nesfatin-1 neurons in paraventricular and supraoptic nuclei of the rat hypothalamus coexpress oxytocin and vasopressin and are activated by refeeding.
    Kohno D, Nakata M, Maejima Y, Shimizu H, Sedbazar U, Yoshida N, Dezaki K, Onaka T, Mori M, Yada T
    Endocrinology 149 1295-1301 2008年03月

MISC

  • メタボリックシンドローム発症基盤としてのインスリン抵抗性 臓器別インスリン抵抗性とその病態生理学的意義 中枢インスリンの多様な機能と抵抗性 (メタボリックシンドローム(第2版)--基礎・臨床の最新知見) -- (成因と病態生理)
    中田 正範, 矢田 俊彦
    日本臨床 69 190-196 2011年01月
  • 中枢グルコース感知と全身代謝・摂食調節 : 開拓的研究とその継承
    矢田 俊彦, 栗田 英治, 前川 文彦, 安藤 明彦, 室屋 真二
    肥満研究 : 日本肥満学会誌 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity 15(1) 14-19 2009年04月
  • 脳由来神経栄養因子BDNFによる視床下部室傍核を介した摂食調節
    鳥谷 真佐子, 中田 正範, 矢田 俊彦
    肥満研究 : 日本肥満学会誌 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity 15(1) 97-99 2009年04月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • メタボリックシンドローム発症基盤としてのインスリン抵抗性 臓器別インスリン抵抗性とその病態生理学的意義 中枢インスリンの多様な機能と抵抗性 (メタボリックシンドローム(第2版)--基礎・臨床の最新知見) -- (成因と病態生理)
    中田 正範, 矢田 俊彦
    日本臨床 69 190-196 2011年01月
  • 中枢グルコース感知と全身代謝・摂食調節 : 開拓的研究とその継承
    矢田 俊彦, 栗田 英治, 前川 文彦, 安藤 明彦, 室屋 真二
    肥満研究 : 日本肥満学会誌 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity 15(1) 14-19 2009年04月
  • 脳由来神経栄養因子BDNFによる視床下部室傍核を介した摂食調節
    鳥谷 真佐子, 中田 正範, 矢田 俊彦
    肥満研究 : 日本肥満学会誌 = Journal of Japan Society for the Study of Obesity 15(1) 97-99 2009年04月

外部的資金

  • ネスファチン‐オキシトシン系による摂食・代謝・リズム制御と生活習慣病介入基盤
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2011年 - 2011年 代表者 : 矢田俊彦
  • 摂食行動を創出する新規分子と神経回路の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 :2011年 - 2011年 代表者 : 矢田俊彦
  • オキシトシンの新規機能の展開:摂食制御の神経経路と生理的病態的役割
    文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 :2010年 - 2011年 代表者 : 矢田俊彦
  • グレリンの膵ホルモン立証、インスリン分泌・糖代謝制御機構解明と糖尿病治療への展開
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2008年 - 2010年 代表者 : 矢田俊彦
  • 視床下部NPY・BDNFニューロンの入出力系と摂食・代謝調節機構の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2006年 - 2007年 代表者 : 矢田俊彦
  • 内因性グレリンによるインスリン分泌制御と摂食・糖代謝恒常性維持機構の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2004年 - 2005年 代表者 : 矢田俊彦
  • 脂肪細胞の新しいシグナル伝達機能解析
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2003年 - 2007年 代表者 : 矢田俊彦
  • 摂食・代謝中枢ニューロンのブドウ糖・インスリン応答機構と肥満・糖尿病における変調
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2000年 - 2002年 代表者 : 矢田俊彦
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • ネスファチン‐オキシトシン系による摂食・代謝・リズム制御と生活習慣病介入基盤
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2011年 - 2011年 代表者 : 矢田俊彦
  • 摂食行動を創出する新規分子と神経回路の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 :2011年 - 2011年 代表者 : 矢田俊彦
  • オキシトシンの新規機能の展開:摂食制御の神経経路と生理的病態的役割
    文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 :2010年 - 2011年 代表者 : 矢田俊彦
  • グレリンの膵ホルモン立証、インスリン分泌・糖代謝制御機構解明と糖尿病治療への展開
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2008年 - 2010年 代表者 : 矢田俊彦
  • 視床下部NPY・BDNFニューロンの入出力系と摂食・代謝調節機構の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2006年 - 2007年 代表者 : 矢田俊彦
  • 内因性グレリンによるインスリン分泌制御と摂食・糖代謝恒常性維持機構の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2004年 - 2005年 代表者 : 矢田俊彦
  • 脂肪細胞の新しいシグナル伝達機能解析
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2003年 - 2007年 代表者 : 矢田俊彦
  • 摂食・代謝中枢ニューロンのブドウ糖・インスリン応答機構と肥満・糖尿病における変調
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 :2000年 - 2002年 代表者 : 矢田俊彦


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.