研究者総覧

金丸 理人 (カナマル リヒト)

  • 外科学講座(消化器一般移植外科学部門) 助教
メールアドレス: rkanamarujichi.ac.jp
Last Updated :2021/11/23

研究者情報

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 10625544

J-Global ID

研究活動情報

論文

  • Flow cytometryを用いた胃癌患者腹腔内遊離癌細胞・免疫細胞の解析
    高橋 和也, 大澤 英之, 金丸 理人, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 山口 博紀, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 76回 P022 - 4 (一社)日本消化器外科学会 2021年07月
  • Stage IV胃癌に対するConversion surgeryの課題と展望 IP-PTX+SOX療法に奏功を認めた腹膜播種陽性胃癌症例に対するconversoin surgeryの適応と成績
    金丸 理人, 山口 博紀, 齋藤 心, 倉科 憲太郎, 大澤 英之, 高橋 和也, 金子 勇貴, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会 76回 PD3 - 3 (一社)日本消化器外科学会 2021年07月
  • Toru Takagi, Shin Saito, Shinichiro Yokota, Yuki Kaneko, Kazuya Takahashi, Rihito Kanamaru, Kentaro Kurashina, Yoshinori Hosoya, Joji Kitayama, Hirotoshi Kawata, Hiroyuki Osawa, Naohiro Sata
    Surgical case reports 7 1 146 - 146 2021年06月 
    BACKGROUND: Leiomyosarcoma is a rare tumor that could originate from the gastrointestinal tract, uterus, kidney, retroperitoneum, and the soft tissues of the extremities. It accounts for only 1% of all gastrointestinal mesenchymal tumors and primary leiomyosarcoma of the stomach is extremely rare. Most cases reported as leiomyosarcoma of the stomach before the development of KIT immunohistochemistry might be gastrointestinal stromal tumors (GISTs) of the stomach and only 18 cases of leiomyosarcoma of the stomach have been reported since early 2000s. We report here a patient with leiomyosarcoma of the stomach treated by laparoscopic and endoscopic cooperative surgery (LECS). CASE PRESENTATION: A 59-year-old man was referred to our hospital for an early gastric cancer, which was initially treated by endoscopic submucosal dissection. Six months after his initial treatment, a follow-up esophagogastroduodenoscopy revealed a small polypoid lesion at the lesser curvature of the proximal stomach, which appeared to be a hyperplastic polyp. However, one and a half years later, the lesion grew and showed more irregular surface. Biopsy at the time revealed smooth muscle cell proliferation suggestive of leiomyoma. Three years later, the lesion grew even larger and biopsy showed pleomorphic spindle cells. Immunohistochemical study showed positive staining for alpha-smooth muscle actin and desmin, but negative for c-kit and CD34. Ki-67 labeling index was nearly 60%. Based on these findings, the diagnosis of leiomyosarcoma was established. The patient subsequently underwent a partial gastrectomy by LECS. The patient is currently in good condition without recurrence or metastasis at 12 months after surgery. CONCLUSIONS: Leiomyosarcoma of the stomach is extremely rare. This is the first report of leiomyosarcoma of the stomach treated by LECS. We could also follow its appearance change through endoscopic examination for 3 years.
  • Kazuya Takahashi, Kentaro Kurashina, Shin Saito, Rihito Kanamaru, Hideyuki Ohzawa, Hironori Yamaguchi, Hideyo Miyato, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Cytometry. Part B, Clinical cytometry 2020年12月 
    BACKGROUND: The frequency of tumor cell dissemination in the peritoneal cavity is critically related to the progression of peritoneal metastases (PM). Recently, flow cytometry (FCM) has been successfully used to detect tumor cells in malignant effusions. METHODS: A total of 143 single cell suspensions derived from ascites or peritoneal lavages from patients with advanced gastric cancer (GC) were stained with monoclonal antibodies to CD45 and to CD326 as well as 4,6-diamidino-2-phenylindole (DAPI) and FVS780. Using FCM, tumor-leukocyte ratio (TLR) were calculated from CD45(-)CD326(+) tumor cell counts/ CD45(+)CD326(+) leukocyte counts in DAPI (+) FVS780(-) gated area. In 54 patients, the ratios of CD11b(+), CD4(+) and CD8(+) cells in CD45(+) leukocytes were evaluated in parallel. RESULTS: TLR of 69 patients with PM were significantly higher than those of 74 without PM (p < .001) and log(TLR) showed strong correlation with peritoneal cancer index scores in 51 PM (+) patients (r = 0.439). TLR in PM (+) patients also correlated with the ratio of CD11b (+) myeloid cells (r = 0.547), and correlated inversely with those of CD4(+) (r = -0.490) and CD8(+) T cells (r = -0.648). In PM (-) patients who underwent gastrectomy, TLR never exceeded 0.1% in patients with primary GC without serosal involvement (
  • Shin Saito, Hironori Yamaguchi, Hideyuki Ohzawa, Hideyo Miyato, Rihito Kanamaru, Kentaro Kurashina, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Annals of surgical oncology 2020年12月 
    BACKGROUND: Intraperitoneal (IP) administration of paclitaxel (PTX) has a great pharmacokinetic advantage to control peritoneal lesions and can be combined with various systemic chemotherapies. In this study, we evaluate the efficacy and tolerability of a combination of IP-PTX and systemic S-1/oxaliplatin (SOX) for induction chemotherapy for patients with peritoneal metastases (PM) from gastric cancer (GC). PATIENTS AND METHODS: Patients with GC who were diagnosed as macroscopic PM (P1) or positive peritoneal cytology (CY1) by staging laparoscopy between 2016 and 2019 were enrolled. PTX was IP administered at 40 mg/m2 on days 1 and 8. Oxaliplatin was IV administered at 100 mg/m2 on day 1, and S-1 was administered at 80 mg/m2/day for 14 consecutive days, repeated every 21 days. Survival time and toxicities were retrospectively explored. RESULTS: Forty-four patients received SOX + IP-PTX with a median (range) of 16 (1-48) courses, although oxaliplatin was suspended due to the hematotoxicity or intolerable peripheral neuropathy in many patients. The 1-year overall survival (OS) rate was 79.5% (95% CI 64.4-88.8%) with median survival time of 25.8 months. Gastrectomy was performed in 20 (45%) patients who showed macroscopic shrinkage of PM with a 1-year OS rate of 100% (95% CI 69.5-100%). Grade 2 and 3 histological responses was achieved in four (20%) and one (5%) patients. Grade 3/4 toxicities included neutropenia (11%), leukopenia (39%), and anemia (14%). There were no treatment-related deaths. CONCLUSIONS: Combination chemotherapy using SOX + IP-PTX regimen is highly effective and recommended as induction chemotherapy for patients with PM from GC.
  • Yoshiyuki Meguro, Hironori Yamaguchi, Joji Kitayama, Rihito Kanamaru, Shiro Matsumoto, Takashi Ui, Hidenori Haruta, Kentaro Kurashina, Shin Saito, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    Surgical case reports 6 1 63 - 63 2020年03月 
    BACKGROUND: Despite recent progress in systemic chemotherapy, the prognosis of patients with peritoneal metastases from gastric cancer is still poor. Efficacious intraperitoneal and systemic combination chemotherapy regimens to treat patients with peritoneal metastases have recently been developed. CASE PRESENTATION: A 74-year-old man with gastric cancer T4b (transverse mesocolon) N3 M1 (peritoneum) received combination chemotherapy with intraperitoneal administration of paclitaxel, intravenous oxaliplatin, and oral S-1. Eight courses of combined chemotherapy had remarkable anti-tumor effects on the primary lesion, lymph node metastases, and peritoneal metastases. Total gastrectomy with regional lymph node dissection was performed. Pathological examination revealed no viable tumor cells in the resected specimens. After gastrectomy, the patient received 25 courses of the same chemotherapy without oxaliplatin and has no evidence of recurrence 24 months later. DISCUSSION: Therapeutic approaches including systemic chemotherapy, extended resection, and heated intraperitoneal chemotherapy have been used to treat patients with peritoneal metastases. Repeat therapy with intraperitoneal paclitaxel has been used recently. Intraperitoneal administration of paclitaxel results in prolonged retention in the peritoneal cavity with effects against peritoneal metastases. Repeated administration of paclitaxel does not cause adhesions in the peritoneal cavity. When combination chemotherapy is effective, salvage gastrectomy is a promising option with minimal morbidity and mortality. CONCLUSION: Combined chemotherapy with intraperitoneal paclitaxel and systemic chemotherapy followed by gastrectomy is a promising strategy for patients with advanced gastric cancer and peritoneal metastases.
  • Yuki Kaneko, Shin Saito, Kazuya Takahashi, Rihito Kanamaru, Yoshinori Hosoya, Hironori Yamaguchi, Joji Kitayama, Toshiro Niki, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    Clinical journal of gastroenterology 12 6 534 - 538 2019年12月 
    A 68-year-old male was referred with dysphagia. Endoscopic findings showed circular stenosis with a protruding mass in the lower esophagus. Biopsy showed adenocarcinoma and there was no evidence of distant metastases. A subtotal esophagectomy was performed. The resected specimen revealed a mixed neuroendocrine carcinoma with adenocarcinoma. The adenocarcinoma component was on the surface of the tumor and the neuroendocrine component invaded the deeper portion. Immunohistochemically, the neuroendocrine carcinoma component stained positive for cytokeratin 7 and cytokeratin 20, suggesting that the neuroendocrine carcinoma originated from the adenocarcinoma. The adenocarcinoma component stained positive for MUC2, which suggests that the adenocarcinoma component originated from Barrett's epithelium. Taken together, the neuroendocrine carcinoma may have originated from Barrett's epithelium. A metastasis to the liver was found 2 months after the surgical resection. Chemotherapy was administered, but there was no response. Most esophageal neuroendocrine carcinomas are accompanied by adenocarcinoma or squamous cell components, suggesting that these carcinomas originate from pluripotent cells in squamous or Barrett's epithelium. Appropriate chemotherapy for these lesions should be considered based on the cell of origin.
  • 当院における肥満外科手術の減量効果と代謝改善効果の中長期成績
    春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 齋藤 心, 倉科 憲太郎, 金丸 理人, 石橋 俊, 山口 博紀, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 74回 O52 - 4 (一社)日本消化器外科学会 2019年07月
  • Rihito Kanamaru, Hideyuki Ohzawa, Hideyo Miyato, Hironori Yamaguchi, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Journal of visualized experiments : JoVE 138 2018年08月 
    Activated neutrophils release neutrophil extracellular traps (NETs), which can capture and destroy microbes. Recent studies suggest that NETs are involved in various disease processes, such as autoimmune disease, thrombosis, and tumor metastases. Here, we show a detailed in vitro technique to detect NET activity during the trapping of free tumor cells, which grow after attachment to NETs. First, we collected low density neutrophils (LDN) from postoperative peritoneal lavage fluid from patients who underwent laparotomies. Short-term culturing of LDN resulted in massive NET formation that was visualized with green fluorescent nuclear and chromosome counterstain. After co-incubation of human gastric cancer cell lines MKN45, OCUM-1, and NUGC-4 with the NETs, many tumor cells were trapped by the NETs. Subsequently, the attachment was completely abrogated by the degradation of NETs with DNase I. Time-lapse video revealed that tumor cells trapped by the NETs did not die but instead grew vigorously in a continuous culture. These methods may be applied to the detection of adhesive interactions between NETs and various types of cells and materials.
  • Rihito Kanamaru, Hideyuki Ohzawa, Hideyo Miyato, Shiro Matsumoto, Hidenori Haruta, Kentaro Kurashina, Shin Saito, Yoshinori Hosoya, Hironori Yamaguchi, Hiroharu Yamashita, Yasuyuki Seto, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Scientific reports 8 1 632 - 632 2018年01月 
    Many types of immune cells appear in peritoneal cavity after abdominal surgery. In patients who underwent laparotomy due to gastric cancer, peritoneal lavages were obtained before and after surgical procedure. Cells were recovered from intermediate layer after Ficoll-Hypaque centrifugation and analyzed for phenotypes and functions, especially focused on low density neutrophils (LDN). The number of CD66b (+) LDN with mature phenotype was markedly elevated in postoperative as compared with preoperative lavages. Short term culture of the purified LDN produced many threadlike structures positive for SYTOX, nucleic acid staining, as well as histone and myeloperoxidase, suggesting the NETs formation. Human gastric cancer cells, MKN45, OCUM-1 and NUGC-4, were selectively attached on the NETs, which was totally abolished by the pretreatment of DNAse I. Intraperitoneal (IP) co-transfer of the LDN with MKN45 in nude mice strongly augments the metastasis formation on peritoneum, which was strongly suppressed by the following IP administration of DNAse I. Many NETs-like structures were detected on the surface of human omental tissue resected by gastrectomy. NETs on peritoneal surface can assist the clustering and growth of free tumor cells disseminated in abdomen. Disruption of the NETs by DNAse might be useful to prevent the peritoneal recurrence after abdominal surgery.
  • 胸骨後経路胃管癌に対して胸壁吊り上げ式鏡視下胃管切除・空腸再建を行なった3例の経験
    齋藤 心, 宇井 崇, 倉科 憲太郎, 金丸 理人, 松本 志郎, 堀江 久永, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 永井 秀雄, 福嶋 敬宜
    日本消化器外科学会雑誌 49 Suppl.2 126 - 126 (一社)日本消化器外科学会 2016年11月
  • Shin Saito, Yoshinori Hosoya, Kentaro Kurashina, Shiro Matsumoto, Rihito Kanamaru, Takashi Ui, Hidenori Haruta, Joji Kitayama, Alan K Lefor, Naohiro Sata
    International journal of surgery case reports 19 51 - 4 2016年 
    INTRODUCTION: Spontaneous esophageal perforation, or Boerhaave's syndrome, is a life-threating condition which usually requires emergent surgery. An upside down stomach is defined as a gastric volvulus in a huge supradiaphragmatic sac. In general, this condition can result in ischemia and perforation of the stomach. This is the first report of a patient with Boerhaave's syndrome and an upside down stomach. CASE PRESENTATION: A 79-year-old woman presented with sudden epigastric pain following hematemesis. Evaluation of the patient showed both an esophageal perforation and an upside down stomach. Surgical drainage and irrigation of the mediastinum and pleural cavities were undertaken emergently. Due to the concurrent gastric volvulus, a gastrostomy was placed to fix and decompress the stomach. The patient had an uneventful hospital course and was discharged. DISCUSSION AND CONCLUSION: Boerhaave's syndrome is a rare but severe complication caused by excessive vomiting, due to a sudden elevation in intraluminal esophageal pressure resulting in esophageal perforation. Acute gastric volvulus can result in ischemia and perforation of the stomach, but has not previously been reported with esophageal perforation. The most likely mechanism associating an upside down stomach with Boerhaave's syndrome is acute gastric outlet obstruction resulting in vomiting, and subsequent esophageal perforation. Perforation of the esophagus as well as perforation of the stomach must be considered in patients with an upside down stomach although both upside down stomach and Boerhaave's syndrome are rare clinical entities.
  • Ai Sadatomo, Koji Koinuma, Rihito Kanamaru, Yasuyuki Miyakura, Hisanaga Horie, Alan T Lefor, Yoshikazu Yasuda
    World journal of gastrointestinal surgery 7 2 21 - 4 2015年02月 
    A 72-year-old male underwent a laparoscopic low anterior resection for advanced rectal cancer. A diverting loop ileostomy was constructed due to an anastomotic leak five days postoperatively. Nine months later, colonoscopy performed through the stoma showed complete anastomotic obstruction. The mucosa of the proximal sigmoid colon was atrophic and whitish. Ten days after the colonoscopy, the patient presented in shock with abdominal pain. Abdominal computed tomography scan showed hepatic portal venous gas (HPVG) and a dilated left colon. HPVG induced by obstructive colitis was diagnosed and a transverse colostomy performed emergently. His subsequent hospital course was unremarkable. Rectal anastomosis with diverting ileostomy is often performed in patients with low rectal cancers. In patients with anastomotic obstruction or severe stenosis, colonoscopy through diverting stoma should be avoided. Emergent operation to decompress the obstructed proximal colon is necessary in patients with a blind intestinal loop accompanied by HPVG.

MISC

  • 外科的侵襲・炎症と癌の転移再発 手術侵襲は末梢血中低比重好中球を増加させ遠隔転移を促進する
    熊谷 祐子, 金丸 理人, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 WS -1 2020年08月
  • 食道癌術前DCF療法の予後に関わる因子の検討
    松本 志郎, 高橋 和也, 金丸 理人, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 山口 博紀, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -4 2020年08月
  • Flowcytometryを用いた胃癌腹膜播種患者の腹腔内遊離細胞の解析
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -4 2020年08月
  • Flowcytometryを用いた大腸癌組織における細胞別PD-L1、PD-L2の発現解析の試み
    齋藤 晶, 東条 峰之, 高橋 和也, 木村 有希, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 金丸 理人, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -5 2020年08月
  • クラインフェルター症候群合併の高度肥満症に対しBariatric surgeryが奏功した1例
    千葉 蒔七, 春田 英律, 齋藤 心, 細谷 好則, 岡田 健太, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 360回 23 -23 2020年07月
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術における高血圧症改善因子の検討
    金丸 理人, 春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 高橋 和也, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本成人病(生活習慣病)学会会誌 46 68 -68 2020年01月
  • 消化器癌治癒切除術後患者の予後解析 メトホルミン内服群とDPP-4阻害薬内服群の比較検討
    齋藤 晶, 大澤 英之, 高橋 和也, 木村 有希, 東條 峰之, 熊谷 祐子, 金丸 理人, 津久井 秀則, 佐田 尚宏, 北山 丈二 日本成人病(生活習慣病)学会会誌 46 81 -81 2020年01月
  • 切除可能進行食道癌における体重と予後との関連
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 北山 丈二, 山口 博紀, 齋藤 心, 春田 英律, 松本 志郎, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 大澤 英之, 川平 洋, 堀江 久永, 佐久間 康成, 佐田 尚宏 日本成人病(生活習慣病)学会会誌 46 82 -82 2020年01月
  • 金丸 理人, 北山 丈二, 佐田 尚宏 Thrombosis Medicine 9 (4) 319 -324 2019年12月 
    好中球細胞外トラップ(NETs)上に存在する好中球エラスターゼ(NE)やマトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)-9は、がん細胞の形質転換や細胞外基質のリモデリングを介してがん細胞の浸潤を促進する作用を有する。また、肺や肝臓の血管床や腹膜表面にNETsが存在すると、その場で遊離がん細胞を捕捉することで転移の成立を促進し、DNase IによるNETsの分解がこの転移形成を抑制することが証明されている。がん患者は腫瘍が産生する因子によりNETsを形成しやすい状態にあると考えられ、NETsを標的とした新しいがん治療法の開発に期待が持たれる。(著者抄録)
  • スリーブ状胃切除術の問題点 当院の肥満外科手術の治療成績と今後の課題
    春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 川平 洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) WS34 -8 2019年12月
  • 胃癌・大腸癌に対して腹腔鏡下に同時切除を行った9症例の検討
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 春田 英律, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 佐久間 康成, 堀江 久永, 味村 俊樹, 川平 洋, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) MO142 -2 2019年12月
  • 診断的ESDによって確定診断しえた超高分化型胃癌の一手術例
    松本 志郎, 細谷 好則, 高橋 和也, 金丸 理人, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 691 -691 2019年10月
  • 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 肥満研究 25 (Suppl.) 191 -191 2019年10月
  • 千葉 蒔七, 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 肥満研究 25 (Suppl.) 254 -254 2019年10月
  • 篠田 祐之, 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 肥満研究 25 (Suppl.) 317 -317 2019年10月
  • 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 肥満研究 25 (Suppl.) 324 -324 2019年10月
  • アポトーシス好中球によるPD-1/PD-L1経路を介した免疫抑制機序の可能性(Apoptotic neutrophils may suppress T cell proliferation via PD-1/PD-L1 pathway)
    金丸 理人, 大澤 英之, 山口 博紀, 北山 丈二 日本癌学会総会記事 78回 J -2028 2019年09月
  • がんの免疫逃避機構における好中球細胞外トラップ(NETs)の意義(Neutrophil extracellular traps(NETs) in cancer immune escape mechanisms)
    北山 丈二, 金丸 理人, 大澤 英之, 熊谷 祐子, 佐田 尚宏 日本癌学会総会記事 78回 P -3274 2019年09月
  • 通過障害を伴う進行胃癌に対し、PTEG造設後に腹腔内化学療法を行い奏功した1例
    佐藤 孝弘, 高橋 和也, 春田 英律, 山口 博紀, 金丸 理人, 松本 志郎, 宇井 崇, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (8) 1584 -1584 2019年08月
  • Akira Saito, Hideyuki Ohzawa, Mineyuki Tojo, Yuko Kumagai, Rihito Kanamaru, Hidenori Tsukui, Satomi Shiba, Homare Ito, Naohiro Sata, Joji Kitayama CANCER RESEARCH 79 (13) 2019年07月
  • 【胃】胃癌腹膜播種に対する治療戦略 腹膜播種陽性胃癌に対するSOX+PTX腹腔内投与併用療法
    齋藤 心, 山口 博紀, 細谷 好則, 金丸 理人, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 堀江 久永, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 北山 丈二 日本消化器外科学会総会 74回 PD2 -8 2019年07月
  • 開腹術後腹腔内滲出好中球上のPD-L1発現
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 健太郎, 山口 博紀, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二 日本消化器外科学会総会 74回 P67 -6 2019年07月
  • 術前DCF療法の治療効果に係る因子の検討
    松本 志郎, 細谷 好則, 宇井 崇, 高橋 和也, 金丸 理人, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 山口 博紀, 北山 丈二 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 73回 170 -170 2019年06月
  • 消化器癌手術患者における末梢血中低比重好中球の術中推移
    熊谷 祐子, 金丸 理人, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS -7 2019年04月
  • 開腹術後腹腔内滲出好中球の臨床的意義
    金丸 理人, 大澤 英之, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS -6 2019年04月
  • 横隔膜上憩室を伴う食道平滑筋腫の1例
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 春田 英律, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 353回 35 -35 2019年02月
  • 当科における高度肥満症に対する腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の取り組みと治療成績
    春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本成人病(生活習慣病)学会会誌 45 87 -87 2019年01月
  • 当科で施行した縦隔鏡併用非開胸食道切除術3症例の経験
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 愛甲 丞, 瀬戸 泰之, 齋藤 心, 春田 英律, 松本 志郎, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) DP128 -7 2018年12月
  • 肥満に対する外科治療の最前線 当院における肥満外科手術の取り組みと治療成績
    春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 79 (増刊) 374 -374 2018年10月
  • 根治切除可能であったTrousseau症候群を合併した進行胃癌の1例
    齋藤 匠, 倉科 憲太郎, 細谷 好則, 山口 博紀, 益子 貴史, 春田 英律, 齋藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 79 (増刊) 539 -539 2018年10月
  • 胃癌腹膜播種に対するSOX+PTX腹腔内投与併用化学療法の新規導入施設における治療成績
    山口 博紀, 金丸 理人, 大澤 英之, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 春田 英律, 細谷 好則, 藤井 博文, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本癌治療学会学術集会抄録集 56回 O27 -5 2018年10月
  • 腹腔環境の特殊性に基づいた新規腹膜播種治療(Treatment of peritoneal dissemination based on the unique microenvironment in peritoneal cavity)
    北山 丈二, 金丸 理人, 大澤 英之, 熊谷 祐子, 山口 博紀, 細谷 好則, 松崎 圭祐, 佐田 尚宏 日本癌学会総会記事 77回 277 -277 2018年09月
  • 好中球細胞外トラップ(NETs)による開腹術後腹膜再発促進機構(Neutrophil extracellular traps(NETs) on postoperative peritoneal surface may support the tumor recurrence on peritoneum)
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二 日本癌学会総会記事 77回 495 -495 2018年09月
  • 消化器癌手術患者の末梢血中低比重好中球と術後転移再発との関連について(Low density neutrophils(LDN) in postoperative peripheral blood may assist the recurrence of gastrointestinal cancer)
    熊谷 祐子, 金丸 理人, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二 日本癌学会総会記事 77回 1631 -1631 2018年09月
  • 治癒切除を受けた消化器癌術後患者へのメトホルミン内服による生存率改善について
    熊谷 祐子, 大澤 英之, 津久井 秀則, 金丸 理人, 芝 聡美, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 北山 丈二 日本消化器外科学会総会 73回 253 -253 2018年07月
  • 開腹手術後の腹腔内滲出好中球由来細胞外トラップ(NETs)の臨床的意義
    金丸 理人, 大澤 英之, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 山口 博紀, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二 日本消化器外科学会総会 73回 726 -726 2018年07月
  • 開腹手術後の末梢血低比重好中球の臨床的意義
    熊谷 祐子, 大澤 英之, 金丸 理人, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 山口 博紀, 佐田 尚宏, 北山 丈二 日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集 22回 77 -77 2018年07月
  • 食道に穿破した神経鞘腫の一例
    松本 志郎, 細谷 好則, 金丸 理人, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 72回 140 -140 2018年06月
  • 食道神経内分泌癌(NEC)6例の治療経験
    齋藤 心, 細谷 好則, 藤井 博文, 山口 博紀, 森 美鈴, 福嶋 敬宜, 金丸 理人, 松本 志郎, 三浦 義正, 佐田 尚宏 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 72回 281 -281 2018年06月
  • 当院における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の治療成績
    春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 36回 119 -119 2018年06月
  • 春田 英律, 齋藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 細谷 好則, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏 小切開・鏡視外科学会雑誌 9 (1) 40 -40 2018年06月
  • 井上 賢之, 金丸 理人, 横田 真一郎, 森嶋 計, 石黒 保直, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏 Gastroenterological Endoscopy 60 (4) 997 -1002 2018年04月 
    症例は79歳、女性。主訴は食欲不振、上腹部違和感、嘔気。腹部CTにて十二指腸肝嚢胞瘻が疑われ、上部消化管内視鏡で、球部前壁に径6mmの瘻孔を認めた。瘻孔造影により肝嚢胞が描出されるも、腹腔内への造影剤漏出はなかった。急性汎発性腹膜炎症状がないため保存的加療を選択し、瘻孔は縮小したが、瘻孔開口部より膿汁の流出を認め、小開腹肝嚢胞ドレナージを施行した。その後、瘻孔は閉鎖、肝嚢胞は胆道系との交通を認めたが自然に縮小が得られた。十二指腸潰瘍肝嚢胞瘻では肝嚢胞の外ドレナージを併用することにより急性期の外科治療侵襲を回避して瘻孔閉鎖が期待できる例もあり、治療法の選択肢になりうる。(著者抄録)
  • 胃癌腹膜播種に対する腹腔内化学療法における腹腔洗浄液中CEA mRNA定量 手術適応決定のバイオマーカーとしての意義
    山口 博紀, 石神 浩徳, 金丸 理人, 大澤 英之, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 春田 英律, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 752 -752 2018年04月
  • 消化器癌手術患者における末梢血中低比重好中球(Low Density Granulocyte)の術中推移
    熊谷 祐子, 金丸 理人, 津久井 秀則, 大澤 英之, 倉科 憲太郎, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 1761 -1761 2018年04月
  • 井上 賢之, 横田 真一郎, 金丸 理人, 森嶋 計, 石黒 保直, 小泉 大, 近藤 康雄, 佐田 尚宏 自治医科大学紀要 40 29 -34 2018年03月 
    症例は78歳、女性。右閉鎖孔に脱出する嚢胞状構造を認めていたが無症状のため経過を見ていた。下腹部痛を主訴に受診し、右閉鎖孔に小腸の脱出を認め用手的に還納した。その後も嚢胞状構造が遺残していたため、精査を施行、閉鎖孔に滑脱した膀胱ヘルニアと診断し、待機的手術の方針となった。下腹部正中切開を置き、腹腔内より右閉鎖孔を確認した。小腸壁は一部嵌入していたが、軽い牽引で容易に閉鎖孔から還納された。骨盤底腹膜を切開し、大きく張り出した膀胱を右閉鎖孔より引き出し、閉鎖孔と膀胱との間に形状維持メッシュPolySoftを留置した。閉鎖孔に滑脱した膀胱ヘルニアでは、年齢、状態を考慮し保存的に経過をみることも可能であるが、腸管脱出合併例では積極的な修復手術が考慮されるべきと考えられた。(著者抄録)
  • 胃切除後胆道結石症の検討(Biliary tract stone after gastrectomy)
    木村 有希, 細谷 好則, 小泉 大, 金丸 理人, 松本 史郎, 春田 英律, 宇井 崇, 倉科 健太郎, 宮戸 秀世, 齋藤 心, 佐久間 康成, 山口 博紀, 堀江 久永, 北山 丈二, アラン・レフォー, 佐田 尚宏 日本胃癌学会総会記事 90回 379 -379 2018年03月
  • 腹腔内投与併用化学療法により病理学的完全奏功を得た腹膜播種陽性胃癌の2例(pCR in P1 gastric cancer using intraperitoneal and systemic chemotherapy: Report of two patients)
    目黒 由行, 山口 博紀, 北山 丈二, 石神 浩徳, 奥野 貴之, 金丸 理人, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本胃癌学会総会記事 90回 396 -396 2018年03月
  • 当院における漿膜浸潤胃癌R0切除症例における術中出血量と生命予後の関係
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 斉藤 心, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二 日本胃癌学会総会記事 90回 421 -421 2018年03月
  • 胃癌切除症例における術前D-dimer値と病期・転帰の検討
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 清水 徹一郎, 太田 学, 齋藤 心, 春田 英律, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 三木 厚, 山口 博紀, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本胃癌学会総会記事 90回 499 -499 2018年03月
  • 大学病院における経皮内視鏡的胃瘻造設術の適応と早期合併症
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 齋藤 心, 春田 英律, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 安部 望, 高橋 和也, 山口 博紀, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本成人病(生活習慣病)学会会誌 44 69 -69 2018年01月
  • 開腹術後の腹膜再発における腹腔滲出性低比重好中球の意義
    北山 丈二, 金丸 理人, 津久井 秀則, 大澤 英之, 山口 博紀, 松本 志朗, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本癌学会総会記事 76回 P -3082 2017年09月
  • Hidenori Tsukui, Rihito Kanamaru, Ai Sadatomo, Daishi Naoi, Tetsuichiro Shimizu, Makiko Tahara, Katsusuke Mori, Homare Ito, Mitsuaki Morimoto, Yoshihiko Kono, Yoshiyuki Inoue, Hiroyuki Maruyama, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Yasunaru Sakuma, Yoshinori Hosoya, Naohiro Sata, Joji Kitayama CANCER RESEARCH 77 2017年07月
  • 胃癌術後腹腔内Neutrophil Extracellular Traps(NETs)の腹膜播種再発の関与について
    金丸 理人, 津久井 秀則, 斉藤 心, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 山口 博紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二 日本消化器外科学会総会 72回 RS1 -2 2017年07月
  • 当院における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の治療成績
    春田 英律, 細谷 好則, 松本 志郎, 齋藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 安部 望, 金丸 理人, 高橋 和也, 北山 丈二, 佐久間 康成, 堀江 久永, 海老原 健, 石橋 俊, 佐田 尚宏 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 35回 135 -135 2017年06月
  • 胃癌術後補助化学療法の新たな選択 漿膜浸潤陽性胃癌に対する補助療法としてのPaclitaxel腹腔内反復投与の可能性
    北山 丈二, 石神 浩徳, 山口 博紀, 金丸 理人, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 細谷 好則, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PD -6 2017年04月
  • 胃癌腹膜再発における開腹術後の腹腔内滲出液中low density granulocytes(LDG)の意義
    金丸 理人, 津久井 秀則, 斉藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 春田 英律, 松本 志郎, 安部 望, 高橋 和也, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 SF -1 2017年04月
  • 胃過形成ポリープに発生した低分化型腺癌の1例(Poorly differentiated adenocarcinoma arising in hyperplastic polyp of the stomach: A report of case)
    高橋 和也, 齋藤 心, 金丸 理人, 安部 望, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本胃癌学会総会記事 89回 235 -235 2017年03月
  • 胃癌腹膜再発における開腹術後の腹腔内滲出液中low density granulocytes(LDG)の意義(Low density granulocytes in peritoneal exudates may assist peritoneal recurrence after gastrectomy)
    北山 丈二, 金丸 理人, 津久井 秀則, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 細谷 好則, 山口 博紀, 石神 浩徳, 佐田 尚宏 日本胃癌学会総会記事 89回 264 -264 2017年03月
  • 腹腔内化学療法の経験のない施設における新規導入(Introduction of intraperitoneal chemotherapy at a hospital with inexperienced staff)
    山口 博紀, 北山 丈二, 大澤 英之, 金丸 理人, 松本 志郎, 森 美鈴, 齋藤 心, 倉科 憲太郎, 上田 真寿, 細谷 好則, 藤井 博文, 佐田 尚宏 日本胃癌学会総会記事 89回 365 -365 2017年03月
  • 肺気腫、低肺機能を併存した食道癌症例に対する縦隔鏡下食道切除術の1経験
    齋藤 心, 細谷 好則, 宇井 崇, 倉科 憲太郎, 春田 英律, 松本 志郎, 金丸 理人, 安部 望, 高橋 和也, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 愛甲 丞, 瀬戸 泰之 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) DP70 -8 2016年12月
  • 十二指腸潰瘍が無症候性肝嚢胞に穿通した1例
    井上 賢之, 金丸 理人, 森嶋 計, 石黒 保直, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 870 -870 2016年10月
  • 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)と胃癌を合併した自己免疫性膵炎(AIP)の1例
    安部 望, 細谷 好則, 金丸 理人, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 佐田 尚宏, 安田 是和, 今田 浩生, 福嶋 敬宜 日本臨床外科学会雑誌 77 (9) 2375 -2376 2016年09月
  • 当院における胃管癌の治療経験
    齋藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 春田 英律, 細谷 好則, 北山 丈二, 三浦 義正, 佐田 尚宏 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 70回 132 -132 2016年07月
  • 食道胃接合部癌に認めた内分泌神経細胞癌と中分化型腺癌の1例
    金丸 理人, 斎藤 心, 宇井 崇, 倉科 憲太郎, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 天野 雄介, 仁木 利郎 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 70回 137 -137 2016年07月
  • 倉科 憲太郎, 春田 英律, 細谷 好則, 齋藤 心, 松本 志郎, 宇井 崇, 安部 望, 金丸 理人, Lefor Alan, 佐田 尚宏 自治医科大学紀要 38 79 -84 2016年03月 
    1999年より経皮内視鏡的胃瘻造設術(Percutaneous Endoscopic Gastrostomy:PEG)を導入し、2015年3月現在で780症例のPEGを経験した。1999年〜2015年3月に施行されたPEG症例の診療録から、対象疾患・留置したPEGのタイプ・PEG後の早期合併症・造設後の転帰を調査した。対象疾患は悪性腫瘍・脳血管疾患・神経変性疾患が主であった。本学附属病院では当初Push法で導入したが、2007年にIntroducer変法を導入してから手技の移行が見られた。PEG後の早期合併症は出血性合併症と感染性合併症に分けられ、Push/Pull法で感染性合併症が有意に多く、Introducer法では出血性合併症が多い傾向であった。胃瘻造設後30日以内の死亡率は4.0%、経腸栄養目的のPEG症例の1年生存率は68.2%であった。本学附属病院の診療特性上、悪性腫瘍や神経変性疾患に対するPEGが多く見られた。摂食・嚥下障害に対するPEGのほか、悪性腫瘍の治療に伴い必要となる経腸栄養路の確保を目的とするPEGにも意義があると考えている。造設時の合併症率や造設後早期死亡の可能性について、インフォームドコンセントに際して十分に情報提供を行う必要があると考えられた。(著者抄録)
  • 巨大なMeckel憩室内翻により腸重積をきたし小腸部分切除術を施行した1例
    金丸 理人, 石黒 保直, 谷口 理丈, 井上 賢之, 黒河内 顕, 近藤 泰雄 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 857 -857 2015年10月
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術を施行したクラインフェルター症候群の1例
    春田 英律, 細谷 好則, 石橋 俊, 斎藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 松本 志郎, 安部 望, 金丸 理人, 佐田 尚宏 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 33回 108 -108 2015年06月
  • アルコール多飲者の嘔吐による食道破裂の2例
    金丸 理人, 細谷 好則, 小松原 利英, 森 和亮, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 斉藤 心, 瑞木 亨, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 75 (10) 2940 -2940 2014年10月
  • 当院における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の成績と課題
    春田 英律, 細谷 好則, 石橋 俊, 瑞木 亨, 斎藤 心, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 安部 望, 金丸 理人, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 32回 85 -85 2014年07月
  • 化学放射線・陽子線治療後にサルベージ手術を行った頸部食道癌の一例
    松本 志郎, 細谷 好則, 金丸 理人, 安部 望, 倉科 憲太郎, 藤井 博文, 西野 宏, 安田 是和 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 68回 88 -88 2014年07月
  • 食道バイパス術後に挙上胃管壊死をきたし遊離空腸再建術を行った食道癌CRT後の症例
    春田 英律, 細谷 好則, 金丸 理人, 安部 望, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 瑞木 亨, 斎藤 心, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 68回 95 -95 2014年07月
  • 腹直筋内に発生した神経鞘腫の1切除例
    田口 昌延, 赤松 郁夫, 金丸 理人, 清水 徹一郎, 井上 賢之, 山下 圭輔, 市川 一仁, 藤盛 孝博, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 69回 P -8 2014年07月
  • 胃切除術後6年目に発症した脚気ニューロパチー、衝心脚気の1例
    春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 瑞木 亨, 松本 志郎, 金丸 理人, 佐田 尚宏, 安田 是和 静脈経腸栄養 29 (1) 497 -497 2014年01月
  • 下村 義弘, 金丸 直史, 森口 純, 辻 健司, 小林 利彰, 山本 高司, 勝浦 哲夫 日本生理人類学会誌 18 (3) 133 -137 2013年08月 
    磁気による3次元計測システムを用いて、顎および口腔ケア用具に関する運動解析方法を開発した。有効性を示すため、歯ブラシの先端部分の寸法がブラッシング行動に与える影響を検討した。第3大臼歯を有する健常成人8例を対象とした。ヘッド先端が最後臼歯周辺で小刻みな運動をしている様子を観察した。開口量には条件の有意な主効果は認めなかった。到達度と開口量は有意な正の相関関係があった。散布図の全体の傾向としては開口するほど奥行度も高くなるが、ヘッドやネックが大きいものほどその影響が顕著であり、小さいものでは開口度によらず奥行度が高い様子が示唆された。
  • 金丸 理人, 小泉 大, 志村 国彦, 笹沼 英紀, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会雑誌 46 (7) 487 -493 2013年07月 
    症例は70歳の男性で,2008年9月,近医での血液検査にて肝機能障害を指摘され,精査目的に当科紹介受診し,膵管内乳頭粘液性腫瘍intraductal papillary-mucinous neoplasm(IPMN)と診断された.2009年6月,脾温存膵体尾部切除術(spleen-preserving distal pancreatectomy;SPDP)を施行した.術後第25病日に,ドレーンからの出血を認め,膵液瘻による胃十二指腸動脈瘤の破裂を認め,血管塞栓術を行い,術後第66病日で退院した.2009年11月(術後5ヵ月),腹部CTを施行したところ,胃静脈瘤が描出された.上部消化管内視鏡検査でも穹隆部に孤立性の胃静脈瘤(Lg-cf,F2,Cb,RC(-))を確認できた.SPDP術後に脾静脈が閉塞し,孤立性胃静脈瘤が発生した1例を経験したので文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)
  • 経管栄養の難治性下痢症患者に対するNST介入 半固形化栄養剤とプロバイオティクスの使用
    根立 路子, 武藤 浩司, 宮川 哲也, 西澤 清, 五十嵐 英子, 楠田 春美, 金丸 理人, 石橋 敏光 静脈経腸栄養 28 (1) 482 -482 2013年01月
  • 非癌終末期高齢者における皮下輸液の有用性の検討
    宮川 哲也, 五十嵐 英子, 西澤 清, 楠田 春美, 金丸 理人, 石橋 敏光 静脈経腸栄養 28 (1) 544 -544 2013年01月
  • 当院における下痢対策マニュアル作成 看護師の意識調査から
    笠尾 雄大, 楠田 春美, 五十嵐 英子, 宮川 哲也, 金丸 理人, 石橋 敏光 静脈経腸栄養 27 (1) 349 -349 2012年01月
  • 終末期患者におけるRTP(rapid turnover protein)測定の有用性
    金丸 理人, 宮川 哲也, 五十嵐 英子, 西澤 清, 石橋 敏光 静脈経腸栄養 27 (1) 539 -539 2012年01月
  • 金丸 理人, 小泉 大, 佐田 尚宏 胆道 25 (5) 768 -773 2011年12月 
    症例は61歳、男性。発熱で近医受診し、血液検査にて肝機能障害を指摘された。そのときは自然軽快したが4ヵ月後に再度発熱・黄疸を認め、近医で肝機能障害を指摘された。腹部エコーでは、膵頭部腫大を認め、精査目的に当院紹介となり、緊急入院となった。ENBD造影で、下部胆管に表面不整な陰影欠損を認めた。腹部造影CTでは、下部胆管内に造影効果を認める腫瘤を認めた。画像所見、臨床所見から下部胆管癌の術前診断のもと、幽門輪温存膵頭部十二指腸切除術(D2郭清)を施行した。摘出標本の病理結果は、下部胆管内に進展した十二指腸乳頭部癌(ポリープ型、adenocarcinoma、20×11mm、深達度od)であった。下部胆管内に進展したポリープ型の十二指腸乳頭部癌は極めてまれであり、文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)
  • 乳癌との鑑別に苦慮した乳腺症型線維腺腫の一例
    本多 寛之, 大澤 英之, 金丸 理人, 宮崎 千絵子, 尾本 和, 竹原 めぐみ, 坂谷 貴司, 穂積 康夫 日本臨床外科学会雑誌 72 (12) 3214 -3214 2011年12月
  • 腹腔鏡下胃切除後のRoux-en-Y再建では内ヘルニア対策が必要である
    宇井 崇, 細谷 好則, 春田 英律, 瑞木 亨, 斉藤 心, 倉科 憲太郎, 金丸 理人, Lefor Alan, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本内視鏡外科学会雑誌 16 (7) 411 -411 2011年12月
  • 脾温存膵体尾部切除術術後に孤立性胃静脈瘤が発生した1例
    金丸 理人, 小泉 大, 志村 国彦, 笹沼 英紀, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 937 -937 2011年10月
  • 金丸 理人, 小泉 大, 森 和亮, 関口 忠司 臨床外科 66 (5) 677 -680 2011年05月 
    患者は71歳,女性.2009年8月に,3日前からの食欲低下および下腹部痛で当院を紹介され受診した.腹部CTでfree airは認めず,胃の大彎側に,内部に線状高濃度陰影を伴う腫瘤を認めた.腹膜炎および腹腔内膿瘍と診断し,緊急手術を施行した.開腹所見で,横行結腸中央の胃結腸間膜部に限局した腫瘤状の膿瘍を認めた.腫瘤,横行結腸間膜,胃結腸間膜を一塊として横行結腸部分切除術を施行した.標本に割を入れると膿瘍腔内に魚骨を認め,魚骨による横行結腸穿通および腸間膜膿瘍と診断した.経過は良好で,第12病日に退院した.異物による消化管穿孔・穿通の原因としては魚骨,義歯,爪楊枝などが知られている.わが国における魚骨による穿孔・穿通症例の文献的考察を加え報告する.(著者抄録)
  • 腹腔内転移発見の契機となった胃癌による腫瘍塞栓の1例
    唐川 大, 小宮根 真弓, Meephansan Jitlada, 藤田 悦子, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 森澤 宏行, 金丸 理人 日本皮膚科学会雑誌 121 (6) 1121 -1121 2011年05月
  • 小泉 大, 金丸 理人, 森 和亮, 関口 忠司 日本臨床外科学会雑誌 71 (11) 2781 -2784 2010年11月 
    目的:消毒液を使用しない創処置方法の導入前後でのSurgical site infection(SSI)の発生と医療材料費について検討し,本処置法の有用性を検証した.方法:2007年4月から2009年3月に手術を施行した315例を対象とした.創の消毒をしていた前半1年(前期)と消毒をしない後半1年(後期)の2群に分け,両群を比較検討した.器械吻合,閉創の縫合方法と皮下洗浄は両群で同様に行った.結果:前期は148症例,後期は167症例.術後SSI発生症例は,全例消化器手術で認め,前期9例(6.1%),後期5例(3.0%)で,発生率に有意差は認めなかった(P=0.185)が,減少傾向を認めた.1例の平均医療材料費は,前期1,370円,後期447円へと67.5%減少した.まとめ:消毒薬を使用しない創処置でも術後SSIの発生は増加せず,消毒薬の使用はSSIの予防に寄与しないことが検証された.本方法は,消毒薬・ガーゼなどのコスト削減と消毒に要する業務軽減に有用である.(著者抄録)
  • Bevacizumabによる消化管穿孔の臨床像
    金丸 理人, 長瀬 通隆, 宇井 崇, 熊野 秀俊, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 上田 真寿, 藤井 博文, 安田 是和 日本癌治療学会誌 45 (2) 895 -895 2010年09月
  • 胆道がん化学療法の現状
    長瀬 通隆, 金丸 理人, 小泉 大, 志村 国彦, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 上田 真寿, 藤井 博文, 安田 是和 日本癌治療学会誌 45 (2) 912 -912 2010年09月
  • 高澤 一平, 倉科 憲太郎, 森 和亮, 小泉 大, 金丸 理人, 関口 忠司, 佐田 尚宏 小切開・鏡視外科学会雑誌 1 (1) 94 -94 2010年09月
  • 胆管内に進展し閉塞性黄疸をきたしたポリープ型十二指腸乳頭部癌の1例
    金丸 理人, 小泉 大, 森 和亮, 関口 忠司 日本消化器病学会雑誌 107 (臨増総会) A378 -A378 2010年03月
  • 小泉 大, 金丸 理人, 森 和亮, 関口 忠司 日本外科学会雑誌 111 (臨増2) 471 -471 2010年03月
  • 総胆管切石後の術中胆道鏡下内瘻化チューブステントが胆道ドレナージとして有用であった総胆管結石症の1例
    森 和亮, 小泉 大, 金丸 理人, 関口 忠司 日本臨床外科学会雑誌 70 (増刊) 599 -599 2009年10月

受賞

  • 2020年11月 公益財団法人持田記念医学薬学振興財団 研究助成金 領域6 創薬とその臨床応用に関する研究

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 消化器癌組織内好中球細胞外トラップが腫瘍浸潤リンパ球の動態に与える影響の解明
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 研究活動スタート支援
    研究期間 : 2020年09月 -2022年03月 
    代表者 : 金丸 理人


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.