詳細検索はこちら

馬場 洋介 ババ ヨウスケ

所属部署名総合周産期母子医療センター分娩部
職名講師ホームページURL

プロフィール

経歴

  • 自治医科大学産科婦人科学講座

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Uterine artery pseudoaneurysm: its occurrence after non-traumatic events, and possibility of "without embolization" strategy.
    Baba Y, Takahashi H, Ohkuchi A, Suzuki H, Kuwata T, Usui R, Saruyama M, Ogoyama M, Nagayama S, Nakamura H, Ugajin A, Matsubara S
    European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology 205 72-78 2016年08月
  • Letter to 'Cervical varix complicated by placenta previa: A case report and literature review': A novel simple abdominal traction stitch (Matsubara) to hold the Bakri balloon.
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y
    The journal of obstetrics and gynaecology research 2016年06月
  • Eclampsia and hypertension: Difficult to predict solely based on blood pressure monitoring.
    Matsubara S, Suzuki H, Baba Y, Takahashi H, Minakami H
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 2016年08月
  • No immediate increase in morbidity of infants delivered by term cesarean section for placenta previa: some concerns.
    Matsubara S, Baba Y, Takahashi H
    Archives of gynecology and obstetrics 293(6) 1363-1364 2016年06月
  • Inserting and holding the Bakri balloon in the uterus in a patient with cervical cerclage already placed: some techniques.
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y
    Archives of gynecology and obstetrics 2016年06月
  • Urinary protein-to-creatinine ratio indicative of significant proteinuria in normotensive pregnant women.
    Baba Y, Ohkuchi A, Usui R, Takahashi H, Matsubara S
    The journal of obstetrics and gynaecology research 42(7) 784-788 2016年04月
  • Isolated gestational proteinuria preceding the diagnosis of preeclampsia - an observational study.
    Yamada T, Obata-Yasuoka M, Hamada H, Baba Y, Ohkuchi A, Yasuda S, Kawabata K, Minakawa S, Hirai C, Kusaka H, Murabayashi N, Inde Y, Nagura M, Umazume T, Itakura A, Maeda M, Sagawa N, Ohno Y, Kataoka S, Fujimori K, Kudo Y, Ikeda T, Nakai A, Minakami H
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 2016年04月
  • Spontaneous resolution of post-delivery or post-abortion uterine artery pseudoaneurysm: A report of three cases.
    Takahashi H, Baba Y, Usui R, Ohkuchi A, Kijima S, Matsubara S
    The journal of obstetrics and gynaecology research 42(6) 730-733 2016年03月
  • Intra-abdominal adhesions: vaginal or abdominal delivery?
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y, Usui R, Igarashi T, Lefor AK
    Archives of gynecology and obstetrics 292(5) 953-954 2015年08月
  • Urinary protein-to-creatinine ratio in pregnant women after dipstick testing: prospective observational study.
    Baba Y, Yamada T, Obata-Yasuoka M, Yasuda S, Ohno Y, Kawabata K, Minakawa S, Hirai C, Kusaka H, Murabayashi N, Inde Y, Nagura M, Hamada H, Itakura A, Ohkuchi A, Maeda M, Sagawa N, Nakai A, Kataoka S, Fujimori K, Kudo Y, Ikeda T, Minakami H
    BMC pregnancy and childbirth 15(1) 331 2015年12月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Uterine artery pseudoaneurysm: its occurrence after non-traumatic events, and possibility of "without embolization" strategy.
    Baba Y, Takahashi H, Ohkuchi A, Suzuki H, Kuwata T, Usui R, Saruyama M, Ogoyama M, Nagayama S, Nakamura H, Ugajin A, Matsubara S
    European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology 205 72-78 2016年08月
  • Letter to 'Cervical varix complicated by placenta previa: A case report and literature review': A novel simple abdominal traction stitch (Matsubara) to hold the Bakri balloon.
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y
    The journal of obstetrics and gynaecology research 2016年06月
  • Eclampsia and hypertension: Difficult to predict solely based on blood pressure monitoring.
    Matsubara S, Suzuki H, Baba Y, Takahashi H, Minakami H
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 2016年08月
  • No immediate increase in morbidity of infants delivered by term cesarean section for placenta previa: some concerns.
    Matsubara S, Baba Y, Takahashi H
    Archives of gynecology and obstetrics 293(6) 1363-1364 2016年06月
  • Inserting and holding the Bakri balloon in the uterus in a patient with cervical cerclage already placed: some techniques.
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y
    Archives of gynecology and obstetrics 2016年06月
  • Urinary protein-to-creatinine ratio indicative of significant proteinuria in normotensive pregnant women.
    Baba Y, Ohkuchi A, Usui R, Takahashi H, Matsubara S
    The journal of obstetrics and gynaecology research 42(7) 784-788 2016年04月
  • Isolated gestational proteinuria preceding the diagnosis of preeclampsia - an observational study.
    Yamada T, Obata-Yasuoka M, Hamada H, Baba Y, Ohkuchi A, Yasuda S, Kawabata K, Minakawa S, Hirai C, Kusaka H, Murabayashi N, Inde Y, Nagura M, Umazume T, Itakura A, Maeda M, Sagawa N, Ohno Y, Kataoka S, Fujimori K, Kudo Y, Ikeda T, Nakai A, Minakami H
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 2016年04月
  • Spontaneous resolution of post-delivery or post-abortion uterine artery pseudoaneurysm: A report of three cases.
    Takahashi H, Baba Y, Usui R, Ohkuchi A, Kijima S, Matsubara S
    The journal of obstetrics and gynaecology research 42(6) 730-733 2016年03月
  • Intra-abdominal adhesions: vaginal or abdominal delivery?
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y, Usui R, Igarashi T, Lefor AK
    Archives of gynecology and obstetrics 292(5) 953-954 2015年08月
  • Urinary protein-to-creatinine ratio in pregnant women after dipstick testing: prospective observational study.
    Baba Y, Yamada T, Obata-Yasuoka M, Yasuda S, Ohno Y, Kawabata K, Minakawa S, Hirai C, Kusaka H, Murabayashi N, Inde Y, Nagura M, Hamada H, Itakura A, Ohkuchi A, Maeda M, Sagawa N, Nakai A, Kataoka S, Fujimori K, Kudo Y, Ikeda T, Minakami H
    BMC pregnancy and childbirth 15(1) 331 2015年12月
  • Respiratory Arrest in an Obese Pregnant Woman with Hyperemesis Gravidarum.
    Iwashita A, Baba Y, Usui R, Ohkuchi A, Muto S, Matsubara S
    Case reports in obstetrics and gynecology 2015 278391 2015年
  • Inserting the Bakri balloon during cesarean section in patients with a narrow cervix: Nelaton method (Matsubara).
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y, Usui R
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 94(10) 1147-1148 2015年06月
  • Preventing Bakri balloon from sliding out during "holding the cervix": "fishing for the balloon shaft" technique (Matsubara).
    Matsubara S, Baba Y, Takahashi H
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 94(8) 910-911 2015年01月
  • Uterine artery pseudoaneurysm after non-traumatic vaginal delivery as a cause of postpartum hemorrhage: Determination of its mechanism is urgently needed.
    Matsubara S, Baba Y
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 94(7) 788-789 2015年01月
  • Cesarean incision in case of placenta previa: Does the transplacental approach cause fetal anemia?
    Matsubara S, Baba Y, Ohkuchi A
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 94(2) 226-227 2014年09月
  • Calculating probability of requiring allogeneic blood transfusion using three preoperative risk factors on cesarean section for placenta previa.
    Baba Y, Ohkuchi A, Usui R, Suzuki H, Kuwata T, Matsubara S
    Archives of gynecology and obstetrics 291(2) 281-285 2014年09月
  • Uterine artery pseudoaneurysm: not a rare condition occurring after non-traumatic delivery or non-traumatic abortion.
    Baba Y, Matsubara S, Kuwata T, Ohkuchi A, Usui R, Saruyama M, Nakata M, Suzuki M
    Archives of gynecology and obstetrics 290(3) 435-440 2014年09月
  • Brain damage of surviving co-twin following single fetal death in monochorionic diamniotic twin pregnancy at 8-9 weeks' gestation.
    Takahashi H, Baba Y, Matsubara S
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 93(12) 1336 2014年08月
  • Vaccination during the 2013-2014 influenza season in pregnant Japanese women.
    Yamada T, Abe K, Baba Y, Inubashiri E, Kawabata K, Kubo T, Maegawa Y, Fuchi N, Nomizo M, Shimada M, Shiozaki A, Hamada H, Matsubara S, Akutagawa N, Kataoka S, Maeda M, Masuzaki H, Sagawa N, Nakai A, Saito S, Minakami H
    European journal of clinical microbiology & infectious diseases : official publication of the European Society of Clinical Microbiology 2014年10月
  • A novel 'uterine sandwich' for haemorrhage at caesarean section for placenta praevia.
    Matsubara S, Kuwata T, Baba Y, Usui R, Suzuki H, Takahashi H, Ohkuchi A, Suzuki M
    The Australian & New Zealand journal of obstetrics & gynaecology 54(3) 283-286 2014年06月
  • Anterior placentation as a risk factor for massive hemorrhage during cesarean section in patients with placenta previa.
    Baba Y, Matsubara S, Ohkuchi A, Usui R, Kuwata T, Suzuki H, Takahashi H, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 40(5) 1243-1248 2014年05月
  • Uterine artery pseudoaneurysm rupture as a culprit of postpartum hemorrhage: not always after cesarean section.
    Matsubara S, Kobayashi M, Baba Y, Usui R
    The Journal of emergency medicine 46(3) e97-8 2014年03月
  • Uterine compression suture combined with holding the cervix technique: a measure to achieve hemostasis for atonic bleeding during or after cesarean section.
    Matsubara S, Baba Y, Suzuki H, Suzuki H, Nagashima T, Suzuki M
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 92(10) 1234-1235 2013年10月
  • MY (Matsubara-Yano) uterine compression suture to prevent acute recurrence of uterine inversion.
    Matsubara S, Baba Y
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 92(6) 734-735 2013年06月
  • High pulse pressure is associated with increased risk of stroke in Japanese: the JMS Cohort Study.
    Baba Y, Ishikawa S, Kayaba K, Gotoh T, Kajii E
    Blood pressure 20(1) 10-14 2011年02月
  • Discordant twin: marked vascular communication between separated dichorionic diamniotic placentas.
    Hagihara S, Matsubara S, Kuwata T, Baba Y, Shimada K, Yamanaka H, Watanabe T, Suzuki M
    Twin research : the official journal of the International Society for Twin Studies 6(4) 267-269 2003年08月
  • Premature menopause is associated with increased risk of cerebral infarction in Japanese women.
    Baba Y, Ishikawa S, Amagi Y, Kayaba K, Gotoh T, Kajii E
    Menopause (New York, N.Y.) 17(3) 506-510 2010年05月
  • Uterine artery pseudoaneurysm hidden behind septic abortion: pseudoaneurysm without preceding procedure.
    Matsubara S, Nakata M, Baba Y, Suzuki H, Nakamura H, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 40 586-589 2014年02月
  • Successful management of pregnancy in a patient with Segawa disease: case report and literature review.
    Watanabe T, Matsubara S, Baba Y, Tanaka H, Suzuki T, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 35 562-564 2009年06月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • Placenta previa and hemorrhage: The placental location may be an important determinant of the bleeding amount.
    Matsubara S, Baba Y, Takahashi H
    The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians 1-5 2017年04月
  • Aortic Balloon Occlusion for Placenta Previa Accreta: Surgical Details are Important.
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y, Lefor AK
    Cardiovascular and interventional radiology 40(3) 478-479 2017年03月
  • Prophylactic Uterine Artery Embolization in Mid-trimester Pregnancy Termination for Placenta Previa: Required for All Patients?
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y
    Cardiovascular and interventional radiology 40(3) 474-475 2017年03月
  • Letter to the Editor on the article "Clinical evaluation of balloon occlusion of the lower abdominal aorta in patients with placenta previa and previous cesarean section: A retrospective study on 43 cases.": The drier the surgical field, the better?
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y, Nakamura H
    International journal of surgery (London, England) 39 148-149 2017年03月
  • Endogenous and exogenous miR-520c-3p modulates CD44-mediated extravillous trophoblast invasion.
    Takahashi H, Ohkuchi A, Kuwata T, Usui R, Baba Y, Suzuki H, Chaw Kyi TT, Matsubara S, Saito S, Takizawa T
    Placenta 50 25-31 2017年02月
  • Perceived fetal movement count as a traditional but essential tool for evaluating fetal health: some additions and Japanese obstetricians' and pediatricians' view.
    Matsubara S, Matsubara D, Takahashi H, Baba Y
    The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians 1-5 2017年01月
  • Hemostatic effect of intrauterine balloon for postpartum hemorrhage with special reference to concomitant use of "holding the cervix" procedure (Matsubara).
    Ogoyama M, Takahashi H, Usui R, Baba Y, Suzuki H, Ohkuchi A, Matsubara S
    European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology 210 281-285 2017年01月
  • Which type of placenta previa requires blood transfusion more frequently? A new concept of indiscernible edge total previa.
    Baba Y, Takahashi H, Ohkuchi A, Usui R, Matsubara S
    The journal of obstetrics and gynaecology research 42(11) 1502-1508 2016年11月
  • Intraperitoneal Hemorrhage in a Pregnant Woman with Hyperemesis Gravidarum: Vitamin K Deficiency as a Possible Cause.
    Baba Y, Morisawa H, Saito K, Takahashi H, Rifu K, Matsubara S
    Case reports in obstetrics and gynecology 2016 5384943 2016年
  • Factors Contributing to Massive Blood Loss on Peripartum Hysterectomy for Abnormally Invasive Placenta: Who Bleeds More?
    Takahashi H, Ohkuchi A, Usui R, Suzuki H, Baba Y, Matsubara S
    Obstetrics and gynecology international 2016 5349063 2016年
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    周産期医学 46(増刊) 204 2016年12月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    周産期医学 46(増刊) 204 2016年12月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8 2016年03月
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介;松原 茂樹
    周産期医学 46(増刊) 204 2016年12月

MISC

  • Influenza 2014–2015 among pregnant Japanese women: primiparous vs multiparous women
    T. Yamada, S. Kawakami, Y. Yoshida, H. Kawamura, S. Ohta, K. Abe, H. Hamada, S. Dohi, K. Ichizuka, H. Takita, Y. Baba, S. Matsubara, J. Mochizuki, N. Unno, Y. Maegawa, M. Maeda, E. Inubashiri, N. Akutagawa, T. Kubo, T. Shirota, Y. Oda, T. Yamada, E. Yamagishi, A. Nakai, N. Fuchi, H. Masuzaki, S. Urabe, Y. Kudo, M. Nomizo, N. Sagawa, T. Maeda, M. Kamitomo, K. Kawabata, S. Kataoka, A. Shiozaki, S. Saito, A. Sekizawa, H. Minakami
    European Journal of Clinical Microbiology and Infectious Diseases 35 665-671 2016年04月
  • Maintaining the position of a Bakri balloon after caesarean section for placenta previa using an abdominal traction stitch
    S. Matsubara, Y. Baba, H. Morisawa, H. Takahashi, A. K. Lefor
    European Journal of Obstetrics Gynecology and Reproductive Biology 198 177-178 2016年03月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8-11 2016年03月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13-15 2016年03月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53-55 2016年03月
  • P3-41-3 妊娠中発症の多発性筋炎・切迫早産例(Group106 合併症妊娠8,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    小古山 学, 小林 由香子, 高橋 宏典, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • P2-53-5 子宮動脈仮性動脈瘤50例の検討 : extravasation (-)例の特徴(Group53 妊娠・分娩の病理1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    馬場 洋介, 松原 茂樹, 桑田 知之, 大口 昭英, 薄井 里英, 高橋 宏典, 鈴木 寛正, 廣瀬 典子, 永山 志穂, 小古山 学, 猿山 美幸, 平嶋 洋斗
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • 産褥精神病の再発予防に関する精神科的介入の可能性―Lithiumを予防投与した1例をふまえて―
    齋藤慎之介, 須田史朗, 齋藤こよみ, 馬場洋介, 加藤敏
    精神科治療学 30(7) 985-989 2015年07月
  • P3-52-7 白衣高血圧及び真性高血圧における妊娠高血圧腎症発生率(Group 117 妊娠高血圧症候群3,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    大口 昭英, 高橋 佳代, 猿山 美幸, 平嶋 周子, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • P3-52-6 妊娠後期前半の血清LIGHTを用いた妊娠高血圧腎症の発症予知(Group 117 妊娠高血圧症候群3,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    平嶋 周子, 大口 昭英, 高橋 佳代, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • Influenza 2014–2015 among pregnant Japanese women: primiparous vs multiparous women
    T. Yamada, S. Kawakami, Y. Yoshida, H. Kawamura, S. Ohta, K. Abe, H. Hamada, S. Dohi, K. Ichizuka, H. Takita, Y. Baba, S. Matsubara, J. Mochizuki, N. Unno, Y. Maegawa, M. Maeda, E. Inubashiri, N. Akutagawa, T. Kubo, T. Shirota, Y. Oda, T. Yamada, E. Yamagishi, A. Nakai, N. Fuchi, H. Masuzaki, S. Urabe, Y. Kudo, M. Nomizo, N. Sagawa, T. Maeda, M. Kamitomo, K. Kawabata, S. Kataoka, A. Shiozaki, S. Saito, A. Sekizawa, H. Minakami
    European Journal of Clinical Microbiology and Infectious Diseases 35 665-671 2016年04月
  • Maintaining the position of a Bakri balloon after caesarean section for placenta previa using an abdominal traction stitch
    S. Matsubara, Y. Baba, H. Morisawa, H. Takahashi, A. K. Lefor
    European Journal of Obstetrics Gynecology and Reproductive Biology 198 177-178 2016年03月
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83(Suppl.) 8-11 2016年03月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13-15 2016年03月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53-55 2016年03月
  • P3-41-3 妊娠中発症の多発性筋炎・切迫早産例(Group106 合併症妊娠8,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    小古山 学, 小林 由香子, 高橋 宏典, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • P2-53-5 子宮動脈仮性動脈瘤50例の検討 : extravasation (-)例の特徴(Group53 妊娠・分娩の病理1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    馬場 洋介, 松原 茂樹, 桑田 知之, 大口 昭英, 薄井 里英, 高橋 宏典, 鈴木 寛正, 廣瀬 典子, 永山 志穂, 小古山 学, 猿山 美幸, 平嶋 洋斗
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • 産褥精神病の再発予防に関する精神科的介入の可能性―Lithiumを予防投与した1例をふまえて―
    齋藤慎之介, 須田史朗, 齋藤こよみ, 馬場洋介, 加藤敏
    精神科治療学 30(7) 985-989 2015年07月
  • P3-52-7 白衣高血圧及び真性高血圧における妊娠高血圧腎症発生率(Group 117 妊娠高血圧症候群3,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    大口 昭英, 高橋 佳代, 猿山 美幸, 平嶋 周子, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • P3-52-6 妊娠後期前半の血清LIGHTを用いた妊娠高血圧腎症の発症予知(Group 117 妊娠高血圧症候群3,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    平嶋 周子, 大口 昭英, 高橋 佳代, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • HELLP症候群における網膜剥離:「色覚異常」が主訴
    森澤宏行, 高橋宏典, 有賀治子, 廣瀬典子, 小古山学, 鈴木寛正, 馬場洋介, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 51(2) 809-809 2015年06月
  • 子宮動脈仮性動脈瘤50例の検討 extravasation(-)例の特徴
    馬場 洋介, 松原 茂樹, 桑田 知之, 大口 昭英, 薄井 里英, 高橋 宏典, 鈴木 寛正, 廣瀬 典子, 永山 志穂, 小古山 学, 猿山 美幸, 平嶋 洋斗
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 775-775 2016年02月
  • sFlt‐1が異常高値を示した急性妊娠脂肪肝:症例報告
    鈴木寛正, 大口昭英, 平嶋周子, 高橋佳代, 森澤宏行, 永山志穂, 高橋宏典, 馬場洋介, 桑田知之, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 51(2) 691-691 2015年06月
  • 妊娠中発症の多発性筋炎・切迫早産例
    小古山 学, 小林 由香子, 高橋 宏典, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 943-943 2016年02月
  • 蛋白/クレアチニン比と24時間尿中蛋白量との関係の再検討:正常血圧妊婦を中心に
    馬場洋介, 松原茂樹, 大口昭英, 桑田知之, 薄井里英, 高橋宏典, 鈴木寛正, 廣瀬典子, 永山志穂, 小古山学, 猿山美幸
    日本周産期・新生児医学会雑誌 51(2) 693-693 2015年06月
  • 妊娠後期前半の血清LIGHTを用いた妊娠高血圧腎症の発症予知
    平嶋 周子, 大口 昭英, 高橋 佳代, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 986-986 2016年02月
  • Late postpartum hemorrhageにおける超音波検査,dynamic CT検査の有用性
    小古山学, 大口昭英, 猿山美幸, 永山志穂, 鈴木寛正, 高橋宏典, 馬場洋介, 高橋佳代, 桑田知之, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 51(2) 711-711 2015年06月
  • 白衣高血圧及び真性高血圧における妊娠高血圧腎症発生率
    大口 昭英, 高橋 佳代, 猿山 美幸, 平嶋 周子, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 986-986 2016年02月
  • 帝王切開瘢痕部妊娠の臨床経過:当院10年間14例の経験から
    高橋宏典, 小林真実, 猿山美幸, 小古山学, 廣瀬典子, 永山志穂, 鈴木寛正, 馬場洋介, 桑田知之, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 51(2) 873-873 2015年06月
  • 「ウイルス・細菌感染と喘息」に寄せる IL-33と炎症における免疫応答
    馬場 洋介, 山崎 晋, 大塚 宜一, 清水 俊明
    アレルギーの臨床 36(1) 57-59 2016年01月
  • Bakriバルーンドレナージ不全:症例報告
    小林真実, 高橋宏典, 猿山美幸, 鈴木寛正, 馬場洋介, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 51(2) 710-710 2015年06月
  • 周産期診療べからず集 母体・胎児編【母体・胎児編】妊娠初期〔産科合併症〕028.肥満妊婦での重症妊娠悪阻を見逃すべからず
    馬場洋介
    周産期医学 45 94-96 2015年12月
  • 【周産期診療べからず集】 【母体・胎児編】妊娠初期[産科合併症] 肥満妊婦での重症妊娠悪阻を見逃すべからず
    馬場 洋介
    周産期医学 45(増刊) 94-96 2015年12月
  • 子宮筋腫核出術後に未破裂で発見された子宮動脈仮性動脈瘤 症例報告
    平嶋 洋斗, 竹井 裕二, 馬場 洋介, 猿山 美幸, 高橋 詳史, 町田 静生, 種市 明代, 藤原 寛行, 松原 茂樹
    関東連合産科婦人科学会誌 52(3) 491-491 2015年08月
  • 子宮内反整復後の弛緩出血に対するMY縫合+Bakriバルーン(MY uterine sandwich) 症例報告
    木村 円, 鈴木 寛正, 大口 昭英, 森澤 宏行, 小古山 学, 馬場 洋介, 高橋 宏典, 廣瀬 典子, 猿山 美幸, 薄井 里英, 松原 茂樹
    関東連合産科婦人科学会誌 52(2) 291-291 2015年05月
  • 【妊婦健診のすべて-週数別・大事なことを見逃さないためのチェックポイント】 妊娠週数ごとの健診の実際 妊娠37週以降 診断と外来対応 過期妊娠
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    臨床婦人科産科 69(4) 271-275 2015年04月
  • 本邦妊婦のインフルエンザ感染とその予防・治療の現況 多施設共同研究
    馬場 洋介, 松原 茂樹, 水上 尚典, 山田 崇弘, 濱田 洋実, 安部 加奈子, 芥川 典之, 犬走 英介, 片岡 宙門, 川端 公輔, 久保 隆彦, 前田 真, 前川 由香, 増崎 英明, 淵 直樹, 佐川 典正, 野溝 万吏, 中井 章人, 島田 学, 斉藤 滋, 塩崎 有宏
    日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集 32回 46-46 2015年05月
  • 前置胎盤におけるTransplacental approachと新生児貧血の関連
    馬場洋介, 松原茂樹, 鈴木寛正, 高橋宏典, 薄井里英, 大口昭英, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 67(2) 798-798 2015年02月
  • 妊娠週数ごとの健診の実際 診断と外来対応 妊娠37週以降 過期妊娠
    馬場洋介, 松原茂樹
    臨床婦人科産科 69(4) 271-275 2015年04月
  • 妊娠初期栄養膜細胞におけるa Disintegrin and Metalloproteinase(ADAM)ファミリーの発現:絨毛外栄養膜細胞浸潤へのADAM関与可能性
    高橋宏典, 松原茂樹, 大口昭英, 薄井里英, 桑田知之, 馬場洋介, 鈴木寛正, 瀧澤俊広, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 67(2) 508 2015年02月
  • 子宮内反整復後の弛緩出血に対するMY縫合+Bakriバルーン(MY uterine sandwich) 症例報告
    木村 円, 鈴木 寛正, 大口 昭英, 森澤 宏行, 小古山 学, 馬場 洋介, 高橋 宏典, 廣瀬 典子, 猿山 美幸, 薄井 里英, 松原 茂樹
    関東連合産科婦人科学会誌 52(2) 291-291 2015年05月
  • 再三の再発巣に対し放射線治療が奏効した子宮体部明細胞腺癌の一例
    岩下 あゆみ, 竹井 裕二, 藤原 寛行, 佐藤 尚人, 野中 宏亮, 斎藤 こよみ, 馬場 洋介, 永島 友美, 町田 静生, 鈴木 光明
    関東連合産科婦人科学会誌 51(3) 402-402 2014年08月
  • 産婦人科教室 私たちの教室紹介(series 64)自治医科大学産科婦人科学講座
    馬場 洋介, 鈴木 光明
    産科と婦人科 82(4) 428-430 2015年04月
  • 先天性中胚葉性腎腫における腎構造有無の重要性:2症例の比較
    高橋宏典, 桑田知之, 向田幸子, 永山志穂, 廣瀬典子, 鈴木寛正, 馬場洋介, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 50(2) 821-821 2014年06月
  • Double‐bubble sign+FGRを認めるのに羊水量が正常な場合は?:症例報告
    永山志穂, 桑田知之, 廣瀬典子, 向田幸子, 鈴木寛正, 馬場洋介, 高橋宏典, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 50(2) 888-888 2014年06月
  • 産褥精神病の再発予防に関する精神科的介入の可能性について
    斎藤慎之介, 須田史朗, 斎藤こよみ, 馬場洋介, 加藤敏
    日本精神神経学会総会プログラム・抄録集 110th(2014特別) S731-S731 2014年06月
  • 絨毛間腔に血腫が多発し,重度FGRを示した先天性アンチトロンビンIII欠損症合併妊娠例
    向田幸子, 薄井里英, 高橋宏典, 鈴木寛正, 馬場洋介, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 50(2) 794-794 2014年06月
  • 胎盤関連分子 妊娠初期栄養膜細胞におけるa Disintegrin and Metalloproteinase(ADAM)ファミリーの発現 絨毛外栄養膜細胞浸潤へのADAM関与可能性
    高橋 宏典, 松原 茂樹, 大口 昭英, 薄井 里英, 桑田 知之, 馬場 洋介, 鈴木 寛正, 瀧澤 俊広, 鈴木 光明
    日本産科婦人科学会雑誌 67(2) 508-508 2015年02月
  • P2-55-8 前置胎盤におけるTransplacental approachと新生児貧血の関連(Group 96 前置胎盤1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)
    馬場 洋介, 松原 茂樹, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 薄井 里英, 大口 昭英, 鈴木 光明
    日本産科婦人科學會雜誌 67(2) 2015年02月
  • 前置胎盤での同種間輸血確率を予測する:術前に把握できるリスク因子を用いて
    馬場洋介, 松原茂樹, 大口昭英, 桑田知之, 薄井里英, 高橋宏典, 鈴木寛正, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 50(2) 701-701 2014年06月
  • Transverse uterine fundal incision for placenta praevia with accreta: Concern regarding its 'overuse'
    S. Matsubara, Y. Baba
    BJOG: An International Journal of Obstetrics and Gynaecology 122 448 2015年01月
  • NW-7-1 妊娠初期栄養膜細胞におけるa Disintegrin and Metalloproteinase(ADAM)ファミリーの発現 : 絨毛外栄養膜細胞浸潤へのADAM関与可能性(ミニワークショップ7 胎盤関連分子,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)
    高橋 宏典, 松原 茂樹, 大口 昭英, 薄井 里英, 桑田 知之, 馬場 洋介, 鈴木 寛正, 瀧澤 俊広, 鈴木 光明
    日本産科婦人科學會雜誌 67(2) 2015年02月
  • 子宮動脈仮性動脈瘤は無侵襲的な分娩・流産後にも発症する:22例の検討
    馬場洋介, 松原茂樹, 桑田知之, 大口昭英, 薄井里英, 猿山美幸, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 801-801 2014年02月
  • P3-15-6 子宮動脈仮性動脈瘤は無侵襲的な分娩・流産後にも発症する : 22例の検討(Group 112 産褥期出血,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会)
    馬場 洋介, 松原 茂樹, 桑田 知之, 大口 昭英, 薄井 里英, 猿山 美幸, 鈴木 光明
    日本産科婦人科學會雜誌 66(2) 2014年02月
  • P3-9-4 切迫早産妊婦におけるリトドリンの副反応に対するイソクスプリンの効果(Group 106 早産2,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会)
    堀江 健司, 大口 昭英, 馬場 洋介, 鈴木 寛正, 桑田 知之, 薄井 里英, 松原 茂樹, 鈴木 光明
    日本産科婦人科學會雜誌 66(2) 2014年02月
  • 前壁付着の前置胎盤は帝切時大出血の独立危険因子である
    馬場洋介, 松原茂樹, 桑田知之, 薄井里英, 大口昭英, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 49(2) 688-688 2013年06月
  • 切迫早産妊婦におけるリトドリンの副反応に対するイソクスプリンの効果
    堀江 健司, 大口 昭英, 馬場 洋介, 鈴木 寛正, 桑田 知之, 薄井 里英, 松原 茂樹, 鈴木 光明
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 780-780 2014年02月
  • 産科異常出血に関する分娩様式別のリスク因子:6126例の多変量解析
    葭葉貴弘, 大口昭英, 斉藤こよみ, 馬場洋介, 渡辺尚, 桑田知之, 薄井里英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 65(2) 764-764 2013年02月
  • 傍大動脈リンパ節郭清術後に発症した乳糜腹水の3例
    今井賢, 藤原寛行, 鈴木はる奈, 野中宏亮, 高橋寿々代, 馬場洋介, 町田静夫, 種市明代, 竹井裕二, 嵯峨泰, 鈴木光明
    関東連合産科婦人科学会誌 49(3) 421-421 2012年08月
  • 無症候性の産褥子宮内仮性動脈瘤 1ヵ月健診時診断の重要性
    猿山 美幸, 桑田 知之, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹, 鈴木 光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 49(2) 733-733 2013年06月
  • 新規uterine compression suture(Matsubara‐Yano[MY]縫合):子宮内反症に対する内反再発予防と弛緩出血対策
    馬場洋介, 松原茂樹, 桑田知之, 薄井里英, 渡辺尚, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 48(2) 350-350 2012年06月
  • Is anterior placentation per se a risk for cesarean section-related morbidity in placenta previa¿
    S. Matsubara, Y. Baba, A. Ohkuchi
    Journal of Perinatology 34 649 2014年01月
  • 卵管結紮術10年後に発生した片側卵管膿瘍,骨盤腹膜炎の1例
    葭葉貴弘, 今吉真由美, 馬場洋介, 田中均, 大口昭英
    栃木県産婦人科医報 37 25-27 2011年03月
  • 切追早産妊婦におけるリトドリンの副反応に対するイソクスプリンの効果
    堀江健司, 大口昭英, 馬場洋介, 鈴木寛正, 桑田知之, 薄井里英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 780 2014年02月
  • 卵巣癌との鑑別を要した結核性腹膜炎の1例
    昇千穂美, 鈴木達也, 竹井裕二, 町田静生, 種市明代, 高橋寿々代, 馬場洋介, 藤原寛行, 鈴木光明
    栃木県産婦人科医報 37 48-52 2011年03月
  • Uterine artery pseudoaneurysm hidden behind septic abortion: Pseudoaneurysm without preceding procedure
    MATSUBARA Shigeki, NAKATA Manabu, BABA Yosuke, SUZUKI Haruna, NAKAMURA Hiroyasu, SUZUKI Mitsuaki
    J Obstet Gynaecol Res 40(2) 586-589 2014年02月
  • P2-25-7 産科異常出血に関する分娩様式別のリスク因子 : 6126例の多変量解析(Group 77 産科出血1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第65回学術講演会)
    葭葉 貴弘, 大口 昭英, 斉藤 こよみ, 馬場 洋介, 渡辺 尚, 桑田 知之, 薄井 里英, 松原 茂樹, 鈴木 光明
    日本産科婦人科學會雜誌 65(2) 2013年02月
  • 栃木県における3年間のガイドライン実態調査:実際の実施率からみた推奨レベルの妥当性
    馬場洋介, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 46(2) 509-509 2010年06月
  • 無症候性の産褥子宮内仮性動脈瘤:1カ月健診時診断の重要性
    猿山美幸, 桑田知之, 鈴木寛正, 高橋宏典, 馬場洋介, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 49(2) 733 2013年06月
  • IUI後に発生した,両側卵管峡部妊娠,左卵管破裂の1例
    葭葉貴弘, 馬場洋介, 今吉真由美, 田中均, 大口昭英
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌 47(2) 206-206 2010年05月
  • 妊婦健診体制を再考する 地域での妊婦健診体制 「産婦人科診療ガイドライン産科編2008」から見た検討
    大口 昭英, 馬場 洋介, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 46(4) 1155-1156 2010年12月
  • 地域での妊婦健診体制:「産婦人科診療ガイドライン産科編2008」から見た検討
    大口昭英, 馬場洋介, 松原茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 46(4) 1155-1156 2010年12月
  • 妊婦健診体制を再考する 地域での妊婦健診体制 「産婦人科診療ガイドライン産科編2008」から見た検討
    大口 昭英, 馬場 洋介, 松原 茂樹, 鈴木 光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 46(2) 296-296 2010年06月
  • わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 妊婦健診体制の検証 妊婦健診体制の整備 地域での妊婦健診体制:「産婦人科診療ガイドライン産科編2008」から見た検討
    大口昭英, 松原茂樹, 馬場洋介
    わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 平成20-22年度 総括・分担研究報告書 192-229 2011年
  • 「産婦人科診療ガイドライン産科編2008」発刊前後の産科診療実態追跡調査(栃木県)
    馬場洋介, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 45(2) 562-562 2009年06月
  • 「わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究」妊婦健診体制の検証 妊娠健診体制の整備 地域での妊婦健診体制:「産婦人科診療ガイドライン産科編2008」から見た検討
    大口昭英, 馬場洋介, 松原茂樹
    わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 平成22年度 総括・分担研究報告書 187-222 2011年
  • 子宮筋腫を伴う月経困難症に対して駆お血剤の変更を要した1例
    田中均, 矢久保修嗣, 木下優子, 丸山綾, 山根理子, 横瀬友好, 小泉久仁弥, 佐藤友美, 馬場洋介, 渡辺尚
    産婦人科漢方研究のあゆみ(26) 119-122 2009年03月
  • 瀬川病合併妊娠の1例
    渡辺尚, 馬場洋介, 田中均, 高野貴弘, 小川松夫, 鈴木達也, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木県産婦人科医報 35 20-22 2009年03月
  • 瀬川病合併妊娠の1例
    馬場洋介, 渡辺尚, 佐藤友美, 田中均, 鈴木達也, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌 45(3) 264-264 2008年08月
  • 瀬川病合併妊娠の1例
    馬場洋介, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 44(2) 614-614 2008年06月
  • 瀬川病合併妊婦の妊娠分娩管理
    渡辺 尚, 松原 茂樹, 馬場 洋介, 田中 均, 鈴木 達也, 鈴木 光明
    日本産科婦人科學會雜誌 61(10) 2009年10月
  • 地域周産期センター(二次)と総合周産期センター(三次)の連携―母体搬送例の分析から―
    馬場洋介, 渡辺尚, 高野貴弘, 田中均, 鈴木達也, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 60(2) 670-670 2008年02月
  • Increased risk of cerebral infarction in premature menopause
    BABA Yosuke, ISHIKAWA Shizukiyo, AMAGI Yoko, KAYABA Kazunori, GOTOH Tadao, KAJII Eiji
    J Epidemiol 20(Supplement 1) S107 2010年01月
  • ショック指数を用いた分娩後大出血母体搬送例の評価‐搬送元報告出血量は正確か?‐
    廣瀬典子, 薄井里英, 大口昭英, 桑田知之, 馬場洋介, 吉川仁, 渡辺尚, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 43(2) 378-378 2007年06月
  • Successful management of pregnancy in a patient with Segawa disease: Case report and literature review
    WATANABE Takashi, MATSUBARA Shigeki, BABA Yosuke, TANAKA Hitoshi, SUZUKI Tatsuya, SUZUKI Mitsuaki
    J Obstet Gynaecol Res 35(3) 562-564 2009年06月
  • P2-169 地域周産期センター(二次)と総合周産期センター(三次)の連携 : 母体搬送例の分析から(Group54 合併症妊娠4,一般講演,第60回日本産科婦人科学会学術講演会)
    馬場 洋介, 渡辺 尚, 高野 貴弘, 田中 均, 鈴木 達也, 泉 章夫, 松原 茂樹, 鈴木 光明
    日本産科婦人科學會雜誌 60(2) 2008年02月
  • 二次周産期医療施設の役割 2006年 芳賀赤十字病院の実績報告より
    馬場 洋介, 渡辺 尚, 鈴木 達也, 田中 均, 泉 章夫, 松原 茂樹, 鈴木 光明
    栃木県産婦人科医報 33(2) 188-191 2007年05月
  • 二次周産期医療施設としての1年間を振り返って―2006年 芳賀赤十字病院の実績報告―
    馬場洋介, 渡辺尚, 鈴木達也, 田中均, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木県産婦人科医報 33(2) 124-127 2007年05月
  • 急性淋菌性汎発性腹膜炎の1例
    馬場 洋介, 松原 茂樹, 角田 哲男, 近藤 恵, 町田 静生, 鈴木 光明
    自治医科大学紀要 29 187-191 2006年12月
  • 急性淋菌性汎発性腹膜炎―16歳女性症例―
    馬場洋介, 角田哲男, 近藤恵, 町田静生, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木県産婦人科医報 33(1) 15-18 2006年11月
  • 急性淋菌性汎発性腹膜炎の1例(Bacterial panperitonitis caused by Neisseria gonorrhoeae)
    馬場 洋介, 松原 茂樹, 角田 哲男, 近藤 恵, 町田 静生, 鈴木 光明
    自治医科大学紀要 29 187-191 2006年12月
  • 多変量解析による早産再発リスク検討:自然早産vs適応あり早産(spontaneous vs indicated preterm birth)
    薄井里英, 大口昭英, 馬場洋介, 桑田知之, 渡辺尚, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 58(2) 543-543 2006年02月
  • 妊娠中期血圧値は妊娠高血圧腎症発症の独立危険因子である(body mass indexの影響排除後解析)
    大口昭英, 岩崎竜彦, 平嶋周子, 鈴木寛正, 新井富士美, 高橋佳代, 馬場洋介, 軸丸三枝子, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 58(2) 718-718 2006年02月
  • 妊娠22~35週における腟内グラム陽性桿菌判定量値と早産リスク
    薄井里英, 大口昭英, 馬場洋介, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 42(2) 328 2006年06月
  • 妊娠22〜35週における腟内グラム陽性桿菌半定量値と早産リスク
    薄井 里英, 大口 昭英, 馬場 洋介, 渡辺 尚, 松原 茂樹, 鈴木 光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 42(2) 328-328 2006年06月
  • 本邦の巨大児の定義について―4000gと3800g,2つの基準値を用いた検討―
    馬場洋介, 大口昭英, 薄井里英, 平嶋周子, 高橋佳代, 鈴木寛正, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 41(2) 363-363 2005年06月
  • P1-519 多変量解析による早産再発リスク検討 : 自然早産vs適応あり早産(spontaneous vs indicated preterm birth)(Group 69 早産V,一般演題,講演要旨,第58回日本産科婦人科学会学術講演会)
    薄井 里英, 大口 昭英, 馬場 洋介, 桑田 知之, 渡辺 尚, 泉 章夫, 松原 茂樹, 鈴木 光明
    日本産科婦人科學會雜誌 58(2) 2006年02月
  • 妊娠間隔と早産の検討
    薄井里英, 大口昭英, 平嶋周子, 馬場洋介, 鈴木寛正, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 41(2) 409-409 2005年06月
  • P2-381 妊娠中期血圧値は妊娠高血圧腎症発症の独立危険因子である(body mass indexの影響排除後解析)(Group 164 妊娠高血圧症候群IV,一般演題,講演要旨,第58回日本産科婦人科学会学術講演会)
    大口 昭英, 岩崎 竜彦, 平嶋 周子, 鈴木 寛正, 新井 富士美, 高橋 佳代, 馬場 洋介, 軸丸 三枝子, 薄井 里英, 渡辺 尚, 松原 茂樹, 鈴木 光明
    日本産科婦人科學會雜誌 58(2) 2006年02月
  • SGAおよびHGAの再発率に関する検討
    大口昭英, 薄井里英, 馬場洋介, 平嶋周子, 高橋佳代, 鈴木寛正, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 41(2) 436-436 2005年06月
  • 妊娠中期における子宮動脈血流速度波形のnotch depth indexの週数別cutoff値の設定
    高橋佳代, 大口昭英, 薄井里英, 平嶋周子, 鈴木寛正, 馬場洋介, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 41(2) 336-336 2005年06月
  • 巨大児分娩は反復するか?―4000gと3800g,2つの基準値を用いた検討―
    馬場洋介, 大口昭英, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 57(2) 530-530 2005年02月
  • 巨大児出生における母体年齢の影響:正期産単胎妊婦8881例の後方視的多変量解析
    馬場洋介, 大口昭英, 桑田知之, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 40(2) 355-355 2004年06月
  • 巨大児分娩は反復するか? : 4000gと3800g, 2つの基準値を用いた検討(妊娠・分娩・産褥III, 第57回日本産科婦人科学会学術講演会)
    馬場 洋介, 大口 昭英, 薄井 里英, 渡辺 尚, 松原 茂樹, 鈴木 光明
    日本産科婦人科學會雜誌 57(2) 2005年02月
  • 妊娠糖尿病vs糖尿病合併妊娠;周産期morbidityに差はあるか?
    馬場洋介, 桑田知之, 大口昭英, 渡辺尚, 高橋尚人, 本間洋子, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本新生児学会雑誌 39(2) 426-426 2003年06月
  • 思春期女性の急性淋菌性汎発性腹膜炎:症例報告
    馬場洋介, 松原茂樹, 角田哲男, 近藤恵, 田中均, 町田静生, 鈴木光明
    日本産婦人科感染症研究会学術講演会プログラム・講演抄録集 23rd 57 2005年
  • 軽症外傷後の胎盤早期剥離 : 迅速な胎児心拍モニター実施の必要性
    小田切 幸平, 松原 茂樹, 馬場 洋介, 桑田 知之, 島田 和彦, 渡辺 尚, 泉 章夫, 鈴木 光明
    自治医科大学医学部紀要 26 67-71 2003年12月
  • 軽症外傷後の胎盤早期剥離:迅速な胎児心拍モニター実施の必要性(Placental abruption after minor maternal trauma: The need for immediate cardiotocographic monitoring)
    小田切 幸平, 松原 茂樹, 馬場 洋介, 桑田 知之, 島田 和彦, 渡辺 尚, 泉 章夫, 鈴木 光明
    自治医科大学医学部紀要 26 67-71 2003年12月
  • 軽症外傷後の胎盤早期剥離 迅速な胎児心拍モニタ実施の必要性
    小田切 幸平, 松原 茂樹, 馬場 洋介, 桑田 知之, 島田 和彦, 渡辺 尚, 泉 章夫, 鈴木 光明
    栃木県産婦人科医報 30(2) 202-202 2003年10月
  • プローリンヘルニアシステム(PHS)によるヘルニア修復術後感染の一症例
    馬場洋介, 尾野雅哉, 石橋敏光, 安田是和, 永井秀雄
    日本臨床外科学会雑誌 62(増刊) 466-466 2001年09月
  • 自然二絨毛膜双胎において「初産」はリスクファクターである
    馬場 洋介, 桑田 知之, 泉 章夫, 森松 友佳子, 松原 茂樹, 佐藤 郁夫, 鈴木 光明
    母性衛生 43(3) 218-218 2002年09月
  • 自然妊娠vs不妊治療後双胎 児morbidityはどちらが高い? 二絨毛膜性双胎413例の検討
    桑田 知之, 泉 章夫, 渡辺 尚, 森松 友佳子, 菊池 久美子, 馬場 洋介, 松原 茂樹, 佐藤 郁夫
    日本産科婦人科学会雑誌 54(2) 531-531 2002年02月
  • 双胎と形態異常 2000年自治医大産科分娩症例より
    馬場洋介, 桑田知之, 泉章夫, 菊池久美子, 平塚光広, 内田章, 本間洋子, 渡辺尚, 佐藤郁夫
    栃木県産婦人科医報 28(2) 139-142 2001年07月
  • 思春期女性の急性淋菌性汎発性腹膜炎
    馬場洋介, 松原茂樹, 角田哲男, 近藤恵, 田中均, 町田静生, 鈴木光明
    日本産婦人科感染症研究会学術講演会記録集 23rd 53-55 2003年05月
  • 腟原発悪性黒色腫の2例
    馬場 洋介, 平野 由紀, 竹井 裕二, 大和田 倫孝, 和田 智明, 高野 貴弘, 町田 静生, 泉 章夫, 鈴木 光明
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 40(2) 188-188 2003年05月
  • 自然二じゅう毛膜双胎において「初産」はリスクファクターである
    馬場洋介, 桑田知之, 泉章夫, 森松友佳子, 松原茂樹, 佐藤郁夫, 鈴木光明
    母性衛生 43(3) 218 2002年09月
  • 消化管閉鎖と鑑別が困難であった巨大尿管症 超音波所見を中心に
    桑田 知之, 泉 章夫, 渡辺 尚, 森松 友佳子, 馬場 洋介, 桜井 理加, 本間 洋子, 中村 みちる, 松原 茂樹, 佐藤 郁夫
    栃木県産婦人科医報 29(1) 38-40 2002年03月
  • P-434 自然妊娠vs不妊治療後双胎;児morbidityはどちらが高い? : 二絨毛膜性双胎413例の検討
    桑田 知之, 泉 章夫, 渡辺 尚, 森松 友佳子, 菊池 久美子, 馬場 洋介, 松原 茂樹, 佐藤 郁夫
    日本産科婦人科學會雜誌 54(2) 2002年02月
  • 自然妊娠vs不妊治療後双胎 児morbidityはどちらが高い? 二じゅう毛膜性双胎413例の検討
    桑田知之, 泉章夫, 渡辺尚, 森松友佳子, 菊池久美子, 馬場洋介, 松原茂樹, 佐藤郁夫
    日本産科婦人科学会雑誌 54(2) 531(S.445) 2002年02月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.