詳細検索はこちら

門田 行史 モンデン ユキフミ

所属部署名小児科
職名准教授ホームページURLhttp://ped-brain-lab.xii.jp/wp/

プロフィール

プロフィール

    2014年9月に研究室を開設しました。よろしくお願いします。 研究テーマである発達障害については、その診断と治療評価法は従来、行動観察が中心であり、客観的評価方法の開発が望まれています。そこで我々は、fNIRSを用いた発達障害の客観的診断と治療効果の指標の作成に着目し、研究を進めてきました。本年度は、注意欠如・多動症に関する認知機能の変化を可視化し、治療薬の効果を脳機能学的に検証する、等に関する研究を中心にすすめています。 ホームページアドレス: http://ped-brain-lab.xii.jp/wp/

研究キーワード

    光トポグラフィー, 発達障害

研究分野

  • 神経科学 / 神経化学・神経薬理学
  • 神経科学 / 神経化学・神経薬理学 / 脳機能イメージング

経歴

  • 2013年04月
    -
    現在
    自治医科大学 小児科(講師)

学歴

  • -
    2002年03月
    北里大学

所属学協会

  • 日本小児神経学会
  • 日本薬物脳波学会(評議員)
  • 日本てんかん学会
  • 日本人類遺伝学会
  • 日本小児科学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本小児神経学会
  • 日本薬物脳波学会(評議員)
  • 日本てんかん学会
  • 日本人類遺伝学会
  • 日本小児科学会

委員歴

  • 2013年11月
    -
    現在
    日本薬物脳波学会 評議員
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2013年11月
    -
    現在
    日本薬物脳波学会 評議員

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • A case of anti-NMDAR encephalitis presented hypotensive shock during plasma exchange.
    Miyauchi A, Monden Y, Osaka H, Takahashi Y, Yamagata T
    Brain & development 2015年10月
  • Phenotypic spectrum of GNAO1 variants: epileptic encephalopathy to involuntary movements with severe developmental delay.
    Saitsu H, Fukai R, Ben-Zeev B, Sakai Y, Mimaki M, Okamoto N, Suzuki Y, Monden Y, Saito H, Tziperman B, Torio M, Akamine S, Takahashi N, Osaka H, Yamagata T, Nakamura K, Tsurusaki Y, Nakashima M, Miyake N, Shiina M, Ogata K, Matsumoto N
    European journal of human genetics : EJHG 2015年05月
  • Acute encephalopathy with callosal, subcortical and thalamic lesions
    Yuko Nakano,Yukifumi Monden,Masashi Mizuguchi, Masako Nagashima,Yasunori Koike, Yuji Gunji, Naoto Takahashi, Hideo Sugie, MarikoY. Momoi, Takanori Yamagata
    Neurology Asia 20(1) 85-89 2015年03月
  • Neuropharmacological effect of methylphenidate on attention network in children with attention deficit hyperactivity disorder during oddball paradigms as assessed using functional near-infrared spectroscopy
    門田行史
    Neurophotonics 1(1) 15001-15015 2014年07月
  • Neuropharmacological effect of atomoxetine on attention network in children with attention deficit hyperactivity disorder during oddball paradigms as assessed using functional near-infrared spectroscopy.
    Nagashima M, Monden Y, Dan I, Dan H, Mizutani T, Tsuzuki D, Kyutoku Y, Gunji Y, Hirano D, Taniguchi T, Shimoizumi H, Momoi MY, Yamagata T, Watanabe E
    Neurophotonics 1(2) 025007 2014年10月
  • Individual classification of ADHD children by right prefrontal hemodynamic responses during a go/no-go task as assessed by fNIRS.
    Monden Y, Dan I, Nagashima M, Dan H, Uga M, Ikeda T, Tsuzuki D, Kyutoku Y, Gunji Y, Hirano D, Taniguchi T, Shimoizumi H, Watanabe E, Yamagata T
    NeuroImage. Clinical 9 1-12 2015年
  • Persistent Presence of the Anti-Myelin Oligodendrocyte Glycoprotein Autoantibody in a Pediatric Case of Acute Disseminated Encephalomyelitis Followed by Optic Neuritis.
    Miyauchi A, Monden Y, Watanabe M, Sugie H, Morita M, Kezuka T, Momoi M, Yamagata T
    Neuropediatrics 2014年03月
  • Late-onset Leigh syndrome with myoclonic epilepsy with ragged-red fibers.
    Monden Y, Mori M, Kuwajima M, Goto T, Yamagata T, Momoi MY
    Brain & development 35(6) 582-585 2013年06月
  • 軽症胃腸炎に伴うけいれんで入院した18例の臨床像と治療効果の後方視的検討
    長嶋雅子, 森雅人, 門田行史, 山形崇倫, 野崎靖之, 福田冬季子, 杉江秀夫, 桃井真里子
    脳と発達 45(1) 62-63 2013年01月
  • fNIRSを用いたADHDの実行機能解析とMPHの薬理効果の検討-小児における早期診断を目指して
    門田行史、檀はるか、檀一平太、 長嶋雅子、續木大介、久徳康史、山形崇倫、郡司勇治、渡辺英寿、桃井真里子
    薬物脳波学会雑誌 (印刷中) 2013年
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • A case of anti-NMDAR encephalitis presented hypotensive shock during plasma exchange.
    Miyauchi A, Monden Y, Osaka H, Takahashi Y, Yamagata T
    Brain & development 2015年10月
  • Phenotypic spectrum of GNAO1 variants: epileptic encephalopathy to involuntary movements with severe developmental delay.
    Saitsu H, Fukai R, Ben-Zeev B, Sakai Y, Mimaki M, Okamoto N, Suzuki Y, Monden Y, Saito H, Tziperman B, Torio M, Akamine S, Takahashi N, Osaka H, Yamagata T, Nakamura K, Tsurusaki Y, Nakashima M, Miyake N, Shiina M, Ogata K, Matsumoto N
    European journal of human genetics : EJHG 2015年05月
  • Acute encephalopathy with callosal, subcortical and thalamic lesions
    Yuko Nakano,Yukifumi Monden,Masashi Mizuguchi, Masako Nagashima,Yasunori Koike, Yuji Gunji, Naoto Takahashi, Hideo Sugie, MarikoY. Momoi, Takanori Yamagata
    Neurology Asia 20(1) 85-89 2015年03月
  • Neuropharmacological effect of methylphenidate on attention network in children with attention deficit hyperactivity disorder during oddball paradigms as assessed using functional near-infrared spectroscopy
    門田行史
    Neurophotonics 1(1) 15001-15015 2014年07月
  • Neuropharmacological effect of atomoxetine on attention network in children with attention deficit hyperactivity disorder during oddball paradigms as assessed using functional near-infrared spectroscopy.
    Nagashima M, Monden Y, Dan I, Dan H, Mizutani T, Tsuzuki D, Kyutoku Y, Gunji Y, Hirano D, Taniguchi T, Shimoizumi H, Momoi MY, Yamagata T, Watanabe E
    Neurophotonics 1(2) 025007 2014年10月
  • Individual classification of ADHD children by right prefrontal hemodynamic responses during a go/no-go task as assessed by fNIRS.
    Monden Y, Dan I, Nagashima M, Dan H, Uga M, Ikeda T, Tsuzuki D, Kyutoku Y, Gunji Y, Hirano D, Taniguchi T, Shimoizumi H, Watanabe E, Yamagata T
    NeuroImage. Clinical 9 1-12 2015年
  • Persistent Presence of the Anti-Myelin Oligodendrocyte Glycoprotein Autoantibody in a Pediatric Case of Acute Disseminated Encephalomyelitis Followed by Optic Neuritis.
    Miyauchi A, Monden Y, Watanabe M, Sugie H, Morita M, Kezuka T, Momoi M, Yamagata T
    Neuropediatrics 2014年03月
  • Late-onset Leigh syndrome with myoclonic epilepsy with ragged-red fibers.
    Monden Y, Mori M, Kuwajima M, Goto T, Yamagata T, Momoi MY
    Brain & development 35(6) 582-585 2013年06月
  • 軽症胃腸炎に伴うけいれんで入院した18例の臨床像と治療効果の後方視的検討
    長嶋雅子, 森雅人, 門田行史, 山形崇倫, 野崎靖之, 福田冬季子, 杉江秀夫, 桃井真里子
    脳と発達 45(1) 62-63 2013年01月
  • fNIRSを用いたADHDの実行機能解析とMPHの薬理効果の検討-小児における早期診断を目指して
    門田行史、檀はるか、檀一平太、 長嶋雅子、續木大介、久徳康史、山形崇倫、郡司勇治、渡辺英寿、桃井真里子
    薬物脳波学会雑誌 (印刷中) 2013年
  • Right prefrontal activation as a neuro-functional biomarker for monitoring acute effects of methylphenidate in ADHD children: An fNIRS study.
    Monden Y, Dan H, Nagashima M, Dan I, Tsuzuki D, Kyutoku Y, Gunji Y, Yamagata T, Watanabe E, Momoi MY
    NeuroImage : clinical 1 131-140 2012年10月
  • 小児ADHDに対するMPH投与効果のNIRSによる評価法の探索
    門田行史, 檀はるか, 長嶋雅子, 檀一平太, 久徳康史, 岡本雅子, 山形崇倫, 桃井真里子, 渡辺英寿
    日本薬物脳波学会雑誌 13(1) 57-66 2012年06月
  • Clinically-oriented monitoring of acute effects of methylphenidate on cerebral hemodynamics in ADHD children using fNIRS.
    Monden Y, Dan H, Nagashima M, Dan I, Kyutoku Y, Okamoto M, Yamagata T, Momoi MY, Watanabe E
    Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology 123(6) 1147-1157 2012年06月
  • A case of ADEM with atypical MRI findings of a centrally-located long spinal cord lesion.
    Monden Y, Yamagata T, Kuroiwa Y, Takahashi T, Mori M, Fukuda T, Sugie H, Momoi MY
    Brain & development 34 380-383 2012年05月
  • Trisomy 13 in a 9-year-old girl with left ventricular noncompaction.
    Yukifumi M, Hirohiko S, Fukiko I, Mariko M
    Pediatric cardiology 32 206-207 2011年02月

講演・口頭発表

  • 第45回日本臨床神経生理学会学術大会のシンポジウム
    門田行史
    注意欠陥/多動性障害に対する治療薬の脳機能学的薬理効果の研究最前線治療薬の脳機能学的薬理効果の研究最前線 2015年11月05日
  • 光トポの基礎的知識と臨床応用
    門田行史
    比較心身症研究会 2014年06月07日
  • fNIRSを用いた客観的評価法の確立を目指して
    門田行史
    第56回日本小児神経学会学術集会 ランチョンセミナー 2014年05月30日
  • fNIRS-based examination of neuropharmacological effect in ADHD
    門田行史
    2nd Asian congress on ADHD 2014年03月08日
  • 注意欠陥/多動性障害(ADHD)の脳機能学的検討‐fNIRSを用いた客観的治療評価ツールの確立を目指して‐
    門田行史
    自治医科大学シンポジウム(第12回) 2013年09月05日
  • MPH naïveのADHD児における抑制機能障害の検討 –fNIRSを用いて-
    門田行史
    日本薬物脳波学会 2013年07月12日
  • 注意欠陥多動性障害におけるfNIRS計測を用いた右前頭前野の血流変化の検討 臨床応用を目指して
    門田行史
    日本脳機能マッピング学会 2013年07月05日
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • 第45回日本臨床神経生理学会学術大会のシンポジウム
    門田行史
    注意欠陥/多動性障害に対する治療薬の脳機能学的薬理効果の研究最前線治療薬の脳機能学的薬理効果の研究最前線 2015年11月05日
  • 光トポの基礎的知識と臨床応用
    門田行史
    比較心身症研究会 2014年06月07日
  • fNIRSを用いた客観的評価法の確立を目指して
    門田行史
    第56回日本小児神経学会学術集会 ランチョンセミナー 2014年05月30日
  • fNIRS-based examination of neuropharmacological effect in ADHD
    門田行史
    2nd Asian congress on ADHD 2014年03月08日
  • 注意欠陥/多動性障害(ADHD)の脳機能学的検討‐fNIRSを用いた客観的治療評価ツールの確立を目指して‐
    門田行史
    自治医科大学シンポジウム(第12回) 2013年09月05日
  • MPH naïveのADHD児における抑制機能障害の検討 –fNIRSを用いて-
    門田行史
    日本薬物脳波学会 2013年07月12日
  • 注意欠陥多動性障害におけるfNIRS計測を用いた右前頭前野の血流変化の検討 臨床応用を目指して
    門田行史
    日本脳機能マッピング学会 2013年07月05日

書籍等出版物

  • けいれん
    門田行史 山形崇倫(担当: 範囲:特集「症状・症候から診断を導くコツ」 11)
    小児科 53巻 2012年10月
  • 広汎性発達障害(高次機能以外)
    門田行史 山形崇倫(担当: 範囲:)
    小児科診療 73巻増刊号 2010年04月
著書を全て表示する
著書閉じる
  • けいれん
    門田行史 山形崇倫(担当: 範囲:特集「症状・症候から診断を導くコツ」 11)
    小児科 53巻 2012年 10月
  • 広汎性発達障害(高次機能以外)
    門田行史 山形崇倫(担当: 範囲:)
    小児科診療 73巻増刊号 2010年 04月

受賞

  • 2013年05月 第53回 日本小児神経学会総会 田原 淳賞
  • 2012年08月 自治医大シンポジウム・ベストポスター賞
  • 2012年05月 第52回 日本小児神経学会総会 English session 優秀口演賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2013年05月 第53回 日本小児神経学会総会 田原 淳賞
  • 2012年08月 自治医大シンポジウム・ベストポスター賞
  • 2012年05月 第52回 日本小児神経学会総会 English session 優秀口演賞

外部的資金

  • 機能的近赤外分光分析診断法による注意欠如・多動症児支援システムの実装
    戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発):研究開発成果実装支援プログラム
    研究期間 :2015年 - 2018年 代表者 : 檀一平太
  • 小児ADHDの抑制機能障害に関するNIRSを用いたモニタリング法の確立
    科学研究費補助金(若手研究B)
    研究期間 :2012年 - 2015年 代表者 : 門田行史
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 機能的近赤外分光分析診断法による注意欠如・多動症児支援システムの実装
    戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発):研究開発成果実装支援プログラム
    研究期間 :2015年 - 2018年 代表者 : 檀一平太
  • 小児ADHDの抑制機能障害に関するNIRSを用いたモニタリング法の確立
    科学研究費補助金(若手研究B)
    研究期間 :2012年 - 2015年 代表者 : 門田行史

その他

  • 2014年09月
    9月24日に中央大学で行ったプレスリリース内容が、 ① 9月25日 日本経済新聞 38面 社会に掲載されました。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24042_U4A920C1CR8000/ ② 9月25日 日刊工業新聞 27面 科学技術・大学に掲載されました。 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020140925eaaj.html ありがとうございます。
その他を全て表示する
その他の活動閉じる
  • 2014年09月
    9月24日に中央大学で行ったプレスリリース内容が、 ① 9月25日 日本経済新聞 38面 社会に掲載されました。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24042_U4A920C1CR8000/ ② 9月25日 日刊工業新聞 27面 科学技術・大学に掲載されました。 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020140925eaaj.html ありがとうございます。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.