詳細検索はこちら

木下 望 キノシタ ノゾミ

所属部署名総合医学第2講座
職名講師ホームページURLhttps://www.facebook.com/nozomik1012

プロフィール

プロフィール

     私は中学1年生の時に、近視になりました。近視を治したくて、遠くの山を見たり、目の体操をしたり、超音波治療器を親に買ってもらったりしましたが、治りませんでした。  そこで将来眼科医になって近視の研究をしようと思い立ち、医師になることにしました。眼科医になってから、本当に怖いのは強度近視であることを知りました。強度近視は、眼軸長が長くなり過ぎたため網膜が引き伸ばされ萎縮してしまい失明原因になります。そして近視の発症年齢が低いほど、この強度近視になりやすくなります。  このたび日本学術振興会(文部科学省)より、近視進行(=眼軸長伸展)抑制治療の研究に対し、科学研究費を助成して戴くことになりました。不運にも幼くして近視になってしまった子供たちを将来強度近視にさせないことが、私の使命と肝に銘じ研究に打ち込む所存です。  皆様のご支援に感謝しつつ頑張りますので、今後ともご協力の程、宜しくお願い致します。

研究キーワード

    近視, 眼軸長伸展抑制, 近視進行予防, 0.01%アトロピン点眼液, 低濃度アトロピン点眼液, オルソケラトロジー, 糖尿病網膜症, 網膜微小循環障害

研究分野

  • 外科系臨床医学 / 眼科学

経歴

  • 1995年05月
    -
    1997年04月
    兵庫県立淡路病院 スーパーローテーション(前期研修医)
  • 1997年05月
    -
    1998年04月
    美方町国保大谷診療所(所長)
  • 1998年05月
    -
    2000年04月
    公立村岡病院 内科(医員)
  • 2000年05月
    -
    2002年04月
    自治医科大学附属大宮医療センター 眼科(後期研修医)
  • 2002年05月
    -
    2004年04月
    公立和田山病院 眼科(医長)
  • 2004年05月
    -
    2012年11月
    自治医科大学附属さいたま医療センター 眼科(助教)
  • 2012年12月
    -
    現在
    自治医科大学附属さいたま医療センター 眼科(講師)

学歴

  • 1986年04月
    -
    1989年03月
    兵庫県立豊岡高等学校 理数コース
  • 1989年04月
    -
    1995年03月
    自治医科大学 医学部 医学科

所属学協会

  • 日本眼科学会
  • 日本緑内障学会
  • トラベクトーム手術研究会
  • 日本眼科医会
  • 埼玉県眼科医会
  • 近視研究会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本眼科学会
  • 日本緑内障学会
  • トラベクトーム手術研究会
  • 日本眼科医会
  • 埼玉県眼科医会
  • 近視研究会

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Blunt needle revision with viscoelastic materials via the anterior chamber for early failed filtering blebs after trabeculectomy.
    Kinoshita N, Ota A, Toyoda F, Yamagami H, Kakehashi A
    Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.) 6 915-918 2012年06月
  • Surgical results of pars plana vitrectomy combined with pars plana lensectomy with anterior capsule preservation, endophotocoagulation, and silicon oil tamponade for neovascular glaucoma.
    Kinoshita N, Ota A, Toyoda F, Yamagami H, Kakehashi A
    Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.) 5 1777-1781 2011年12月
  • 網膜微小循環障害に起因する網膜症の検討(学位論文)
    木下 望
    自治医科大学 2006年12月
  • A new form of retinopathy associated with myocardial infarction treated with percutaneous coronary intervention.
    Kinoshita N, Kakehashi A, Yasu T, Katayama T, Kuroki M, Tsurimaki Y, Ohno R, Yamagami H, Saito M, Kawakami M
    Br J Ophthalmol 88(4) 494-496 2004年04月
  • Effective and selective prevention of retinal leukostasis in streptozotocin-induced diabetic rats using gliclazide.
    Kinoshita N, Kakehashi A, Inoda S, Itou Y, Kuroki M, Yasu T, Kawakami M, Kanazawa Y
    Diabetlogia 45(5) 735-739 2002年05月
  • Effects of topical nipradilol on early diabetic retinopathy in SDT rats.
    Kinoshita N, Kakehashi A, Dobashi Y, Ono R, Toyoda F, Kambara C, Yamagami H, Kitazume Y, Kobayashi E, Osakabe Y, Kudo M, Kawakami M Kanazawa Y
    Open Diabetes J 4 114-118 2011年03月
  • Effect of Ranirestat, a New Aldose Reductase Inhibitor, on Diabetic Retinopathy in SDT Rats.
    Toyoda F, Tanaka Y, Ota A, Shimmura M, Kinoshita N, Takano H, Matsumoto T, Tsuji J, Kakehashi A
    Journal of diabetes research 2014 672590 2014年
  • Transient Retinopathy in Acute Aortic Dissection.
    Arao K, Kuribara A, Jinnouchi H, Matsumoto M, Fujiwara T, Kinoshita N, Kakehashi A, Ako J, Momomura SI
    Ophthalmology 121(11) 2261-2267 2014年08月
  • Effects of long-term treatment with ranirestat, a potent aldose reductase inhibitor, on diabetic cataract and neuropathy in spontaneously diabetic torii rats.
    Ota A, Kakehashi A, Toyoda F, Kinoshita N, Shinmura M, Takano H, Obata H, Matsumoto T, Tsuji J, Dobashi Y, Fujimoto WY, Kawakami M, Kanazawa Y
    Journal of diabetes research 2013 175901 2013年
  • Accumulation of AGEs and VEGF in Eyes of SDT Rats.
    Toyoda F, Kakehashi A, Hashimoto K, Kinoshita N, Kambara C, Yamagami H, Tamemoto H, Ishikawa S, Dobashi Y, Kawakami M, Kanazawa Y
    Open Diabetes J 4 41-44 2011年03月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Blunt needle revision with viscoelastic materials via the anterior chamber for early failed filtering blebs after trabeculectomy.
    Kinoshita N, Ota A, Toyoda F, Yamagami H, Kakehashi A
    Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.) 6 915-918 2012年06月
  • Surgical results of pars plana vitrectomy combined with pars plana lensectomy with anterior capsule preservation, endophotocoagulation, and silicon oil tamponade for neovascular glaucoma.
    Kinoshita N, Ota A, Toyoda F, Yamagami H, Kakehashi A
    Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.) 5 1777-1781 2011年12月
  • 網膜微小循環障害に起因する網膜症の検討(学位論文)
    木下 望
    自治医科大学 2006年12月
  • A new form of retinopathy associated with myocardial infarction treated with percutaneous coronary intervention.
    Kinoshita N, Kakehashi A, Yasu T, Katayama T, Kuroki M, Tsurimaki Y, Ohno R, Yamagami H, Saito M, Kawakami M
    Br J Ophthalmol 88(4) 494-496 2004年04月
  • Effective and selective prevention of retinal leukostasis in streptozotocin-induced diabetic rats using gliclazide.
    Kinoshita N, Kakehashi A, Inoda S, Itou Y, Kuroki M, Yasu T, Kawakami M, Kanazawa Y
    Diabetlogia 45(5) 735-739 2002年05月
  • Effects of topical nipradilol on early diabetic retinopathy in SDT rats.
    Kinoshita N, Kakehashi A, Dobashi Y, Ono R, Toyoda F, Kambara C, Yamagami H, Kitazume Y, Kobayashi E, Osakabe Y, Kudo M, Kawakami M Kanazawa Y
    Open Diabetes J 4 114-118 2011年03月
  • Effect of Ranirestat, a New Aldose Reductase Inhibitor, on Diabetic Retinopathy in SDT Rats.
    Toyoda F, Tanaka Y, Ota A, Shimmura M, Kinoshita N, Takano H, Matsumoto T, Tsuji J, Kakehashi A
    Journal of diabetes research 2014 672590 2014年
  • Transient Retinopathy in Acute Aortic Dissection.
    Arao K, Kuribara A, Jinnouchi H, Matsumoto M, Fujiwara T, Kinoshita N, Kakehashi A, Ako J, Momomura SI
    Ophthalmology 121(11) 2261-2267 2014年08月
  • Effects of long-term treatment with ranirestat, a potent aldose reductase inhibitor, on diabetic cataract and neuropathy in spontaneously diabetic torii rats.
    Ota A, Kakehashi A, Toyoda F, Kinoshita N, Shinmura M, Takano H, Obata H, Matsumoto T, Tsuji J, Dobashi Y, Fujimoto WY, Kawakami M, Kanazawa Y
    Journal of diabetes research 2013 175901 2013年
  • Accumulation of AGEs and VEGF in Eyes of SDT Rats.
    Toyoda F, Kakehashi A, Hashimoto K, Kinoshita N, Kambara C, Yamagami H, Tamemoto H, Ishikawa S, Dobashi Y, Kawakami M, Kanazawa Y
    Open Diabetes J 4 41-44 2011年03月
  • Aldose reductase inhibitor fidarestat prevents diabetic ocular complications in spontaneously diabetic torii rats.
    Kakehashi A, Takezawa M, Toyoda F, Kinoshita N, Kambara C, Yamagami H, Kato N, Ishikawa S, Kawakami M, Kanazawa Y
    Open Diabetes J 4 101-107 2011年03月
  • Prevention of proliferative diabetic retinopathy and cataract in SDT rats with aminoguanidine, an anti-advanced glycation end product agent.
    Toyoda F, Kakehashi A, Ota A, Kinoshita N, Ueba H, Dobashi Y, Ishikawa S, Kawakami M, Kanazawa Y
    Open Diabetes J 4 108-113 2011年03月
  • Diabetes mellitus as a predictor of retinopathy associated with acute myocardial infarction.
    Katayama T, Yasu T, Kinoshita N, Kakehashi A, Kubo N, Saito M, Momomura S, Kawakami M
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 73(7) 1278-1282 2009年07月
  • Prospective assessment of proliferative diabetic retinopathy with observations of posterior vitreous detachment.
    Ono R, Kakehashi A, Yamagami H, Sugi N, Kinoshita N, Saito T, Tamemoto H, Kuroki M, Lshikawa SE, Kawakami M
    International ophthalmology 26(1) 15-19 2005年02月
  • Nicorandil improves diabetes and rat islet beta-cell damage induced by streptozotocin in vivo and in vitro.
    Kasono K, Yasu T, Kakehashi A, Kinoshita N, Tamemoto H, Namai K, Ohno R, Ueba H, Kuroki M, Ishikawa S, Kawakami M
    Eur J Endocrinol 115(2) 277-285 2004年08月
  • [Transient retinopathy after acute myocardial infarction treated by reperfusion therapy: clinical background and manifestation].
    Katayama T, Yasu T, Kinoshita N, Kakehashi A, Ueba H, Hashimoto S, Kobayashi N, Tsuruya Y, Kubo N, Fujii M, Kuroki M, Kawakami M, Saito M
    Journal of cardiology 42(1) 23-28 2003年07月
  • Diabetic Retinal and Choroidal Edema in SDT Rats.
    Toyoda F, Tanaka Y, Shimmura M, Kinoshita N, Takano H, Kakehashi A
    Journal of diabetes research 2016 2345141 2016年
  • Relationship between variations in posterior vitreous detachment and visual prognosis in idiopathic epiretinal membranes.
    Ota A, Tanaka Y, Toyoda F, Shimmura M, Kinoshita N, Takano H, Kakehashi A
    Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.) 10 7-11 2016年

MISC

  • 鈍針と粘弾性物質を用いた鈍的経前房ニードリングによる早期濾過胞再建術
    木下望, 太田有夕美, 豊田文彦, 神原千浦, 山上博子, 梯彰弘
    眼科手術 24 134 2010年12月
  • Surgical result of first-time silicon oil tamponade for neovascular glaucoma.
    Kinoshita N, Kakehashi A, Toyoda F, Ishizaki K, Mameuda C, Yamagami H
    ARVO 2008 annual meeting program summary 375 2008年
  • Retinopathy Associated with Myocardial Infarction.
    Kinoshita N, Kakehashi A, Katayama T, Yasu T, Ohno R, Yamagami H, Tsurimaki Y, Kuroki M, Saitou M, Kawakami M
    Clin Exp Ophthalmol 30(Suppl) A379 2002年
  • 急性心筋梗塞後発症した新奇な網膜症についての検討
    木下望、梯彰弘、片山卓志、安隆則、黒木昌寿、釣巻穣、大野隆一郎、山上博子、斎藤宗靖、川上正舒
    日眼会誌 106(臨時増刊号) 156 2002年05月
  • 糖尿病網膜症に対するSU薬の予防的作用―Acridine Orange Leukocyte Fluorographyによる解析―
    木下望、梯彰弘、加園恵三、伊藤由香、高橋雄二、伊野田繁、安隆則、為本浩至、生井一之、黒木昌寿、川上正舒、金澤康徳
    糖尿病合併症 15(Supplement-1) 93 2001年09月
  • 心筋梗塞関連網膜症―急性心筋梗塞患者30例の検討―
    木下望、梯彰弘、片山卓志、安隆則、黒木昌寿、釣巻穣、大野隆一郎、斎藤宗靖、川上正舒
    第56回日本臨床眼科学会プログラム講演抄録集 86 2002年10月
  • 急性心筋梗塞再灌流後の一過性網膜症 : その臨床背景と特徴
    片山 卓志, 安 隆則, 木下 望, 梯 彰弘, 上羽 洋人, 橋本 重正, 小林 信彦, 鶴谷 善夫, 久保 典史, 藤井 幹久, 黒木 昌寿, 川上 正舒, 齋藤 宗靖
    Journal of cardiology 42(1) 23-28 2003年07月
  • 鼻涙管狭窄症例に対する内視鏡下鼻内涙嚢鼻腔吻合術
    太田 康, 椿 恵樹, 金澤 丈治, 山本 昌範, 児玉 梢, 飯野 ゆき子, 木下 望, 斉藤 由香, 豆生田 千浦, 山上 博子, 梯 彰弘
    あたらしい眼科 = Journal of the eye 24(9) 1223-1228 2007年09月
  • SDTラットの糖尿病眼合併症に対するアルドース還元酵素阻害薬ranirestatの効果
    梯彰弘, 太田有夕美, 豊田文彦, 木下望, 山上博子, 小幡博人, 松本考史, 辻淳一, 土橋洋, 川上正舒, 金澤康徳
    糖尿病合併症 25(Supplement 1) 81 2011年09月
  • SDTラットの角膜障害に対するアルドース還元酵素阻害薬Ranirestatの効果
    太田有夕美, 梯彰弘, 豊田文彦, 木下望, 山上博子, 小幡博人, 松本考史, 辻淳一, 山上聡, 土橋洋, 川上正舒, 金澤康徳
    日本糖尿病眼学会総会講演抄録集 17th 135 2011年
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 鈍針と粘弾性物質を用いた鈍的経前房ニードリングによる早期濾過胞再建術
    木下望, 太田有夕美, 豊田文彦, 神原千浦, 山上博子, 梯彰弘
    眼科手術 24 134 2010年12月
  • Surgical result of first-time silicon oil tamponade for neovascular glaucoma.
    Kinoshita N, Kakehashi A, Toyoda F, Ishizaki K, Mameuda C, Yamagami H
    ARVO 2008 annual meeting program summary 375 2008年
  • Retinopathy Associated with Myocardial Infarction.
    Kinoshita N, Kakehashi A, Katayama T, Yasu T, Ohno R, Yamagami H, Tsurimaki Y, Kuroki M, Saitou M, Kawakami M
    Clin Exp Ophthalmol 30(Suppl) A379 2002年
  • 急性心筋梗塞後発症した新奇な網膜症についての検討
    木下望、梯彰弘、片山卓志、安隆則、黒木昌寿、釣巻穣、大野隆一郎、山上博子、斎藤宗靖、川上正舒
    日眼会誌 106(臨時増刊号) 156 2002年05月
  • 糖尿病網膜症に対するSU薬の予防的作用―Acridine Orange Leukocyte Fluorographyによる解析―
    木下望、梯彰弘、加園恵三、伊藤由香、高橋雄二、伊野田繁、安隆則、為本浩至、生井一之、黒木昌寿、川上正舒、金澤康徳
    糖尿病合併症 15(Supplement-1) 93 2001年09月
  • 心筋梗塞関連網膜症―急性心筋梗塞患者30例の検討―
    木下望、梯彰弘、片山卓志、安隆則、黒木昌寿、釣巻穣、大野隆一郎、斎藤宗靖、川上正舒
    第56回日本臨床眼科学会プログラム講演抄録集 86 2002年10月
  • 急性心筋梗塞再灌流後の一過性網膜症 : その臨床背景と特徴
    片山 卓志, 安 隆則, 木下 望, 梯 彰弘, 上羽 洋人, 橋本 重正, 小林 信彦, 鶴谷 善夫, 久保 典史, 藤井 幹久, 黒木 昌寿, 川上 正舒, 齋藤 宗靖
    Journal of cardiology 42(1) 23-28 2003年07月
  • 鼻涙管狭窄症例に対する内視鏡下鼻内涙嚢鼻腔吻合術
    太田 康, 椿 恵樹, 金澤 丈治, 山本 昌範, 児玉 梢, 飯野 ゆき子, 木下 望, 斉藤 由香, 豆生田 千浦, 山上 博子, 梯 彰弘
    あたらしい眼科 = Journal of the eye 24(9) 1223-1228 2007年09月
  • SDTラットの糖尿病眼合併症に対するアルドース還元酵素阻害薬ranirestatの効果
    梯彰弘, 太田有夕美, 豊田文彦, 木下望, 山上博子, 小幡博人, 松本考史, 辻淳一, 土橋洋, 川上正舒, 金澤康徳
    糖尿病合併症 25(Supplement 1) 81 2011年09月
  • SDTラットの角膜障害に対するアルドース還元酵素阻害薬Ranirestatの効果
    太田有夕美, 梯彰弘, 豊田文彦, 木下望, 山上博子, 小幡博人, 松本考史, 辻淳一, 山上聡, 土橋洋, 川上正舒, 金澤康徳
    日本糖尿病眼学会総会講演抄録集 17th 135 2011年
  • Effects of Long-Term Treatment with Ranirestat, a Potent Aldose Reductase Inhibitor, on Diabetic Retinopathy and Neuropathy in Spontaneously Diabetic Toni Rats.
    Kakehashi A, Takezawa M, Toyoda F, Kinoshita N, Kambara C, Yamagami H, Obata H, Matsumoto T, Tsuji J, Dobashi H, Kawakami M, Kanazawa Y
    Diabetes 59(Suppl-1) A273 2010年
  • 黄斑分離が寛解傾向を示した先天網膜分離症の16年間の自然経過
    太田有夕美, 豊田文彦, 竹澤美貴子, 榛村真智子, 木下望, 高野博子, 手塚聡一, 梯彰弘
    眼科臨床紀要 7(5) 382 2014年05月
  • シリコーンオイルタンポナーデと角膜内皮障害
    榛村真智子, 高野博子, 木下望, 豊田文彦, 太田有夕美, 田中克明, 梯彰弘
    日本眼科学会雑誌 118 315 2014年03月
  • 自治医科大学附属さいたま医療センターにおける角膜ヘルペスの病状
    高野博子, 太田有夕美, 田中克明, 豊田文彦, 榛村真智子, 木下望, 梯彰弘
    日本角膜学会総会・日本角膜移植学会プログラム・抄録集 38th-30th 108 2014年
  • 眼慢性移植片対宿主病患者における眼所見とドライアイ関連QOL
    榛村真智子, 高野博子, 木下望, 豊田文彦, 太田有夕美, 田中克明, 梯彰弘
    日本角膜学会総会・日本角膜移植学会プログラム・抄録集 38th-30th 74 2014年
  • 2%レバミピド点眼液の使用経験
    高野博子, 當重遼子, 太田有夕美, 豊田文彦, 榛村真智子, 木下望, 梯彰宏
    日本角膜学会総会・日本角膜移植学会プログラム・抄録集 37th-29th 114 2013年
  • 前房内抗真菌薬投与,前房洗浄を行ったFusarium角膜真菌症の一例
    高野博子, 當重遼子, 太田有夕美, 豊田文彦, 榛村真智子, 木下望, 悌彰弘
    日本眼感染症学会・日本眼炎症学会・日本コンタクトレンズ学会総会・日本涙道・涙液学会プログラム・講演抄録集 50th-47th-56th-2nd 66 2013年
  • 塩酸処理による角膜カルシウム沈着除去
    山上博子, 太田有夕美, 豊田文彦, 木下望, 梯彰弘
    日本角膜学会総会・日本角膜移植学会プログラム・抄録集 36th-28th 68 2012年
  • Suppressive effect of combined treatment of orthokeratology and 0.01% atropine instillation on axial length elongation in childhood myopia.
    Kinoshita N, Konno Y, Hamada N, Kakehashi A
    ARVO 2017 annual meeting. Abstract number: 2386 - B0535 2017年05月

受賞

  • 2002年05月 日本眼科学会 第106回日本眼科学会総会 優秀演題賞
  • 2013年05月 埼玉県眼科医会 平成24年度埼玉県眼科医会賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2002年05月 日本眼科学会 第106回日本眼科学会総会 優秀演題賞
  • 2013年05月 埼玉県眼科医会 平成24年度埼玉県眼科医会賞

外部的資金

  • 0.01%アトロピン点眼薬とオルソケラトロジーの併用による近視進行抑制効果の検討
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2014年 - 2018年 代表者 : 木下 望
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 0.01%アトロピン点眼薬とオルソケラトロジーの併用による近視進行抑制効果の検討
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2014年 - 2018年 代表者 : 木下 望

その他

  • 2005年10月
    日本眼科学会
  • 2014年07月
    トラベクトーム手術研究会
  • 2014年10月
    日本眼科学会
その他を全て表示する
その他の活動閉じる
  • 2005年10月
    日本眼科学会
  • 2014年07月
    トラベクトーム手術研究会
  • 2014年10月
    日本眼科学会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.