研究者総覧

馬場 洋介 (ババ ヨウスケ)

  • 総合周産期母子医療センター 分娩部 講師
Last Updated :2021/11/23

研究者情報

ホームページURL

J-Global ID

研究分野

  • ライフサイエンス / 産婦人科学

経歴

  • 自治医科大学産科婦人科学講座

研究活動情報

論文

  • Keiko Kagawa, Hironori Takahashi, Shiho Nagayama, Kenji Horie, Kayo Takahashi, Yosuke Baba, Manabu Ogoyama, Hirotada Suzuki, Rie Usui, Akihide Ohkuchi, Shigeki Matsubara
    Taiwanese journal of obstetrics & gynecology 60 5 874 - 877 2021年09月 
    OBJECTIVE: Cystic hygroma often ameliorates or disappears with pregnancy progression. Fetuses/neonates with amelioration, when without chromosomal or major structural abnormality, generally show a favorable outcome at birth. The present study was aimed to clarify the short/long-term outcomes of fetuses/neonates with the amelioration of cystic hygroma during pregnancy. MATERIAL AND METHODS: This was a retrospective observational study. We focused on fetuses with cystic hygroma managed in our institute between January 2006 and June 2019. The infants were followed by pediatricians (neonatologist, pediatric cardiologist, and pediatric neurologist) and pediatric outcomes were retrieved from the medical records up to 3 years old. RESULTS: One hundred and seven fetuses with cystic hygroma were included. Of the 107, cystic hygromas ameliorated in 31 fetuses (31/107: 29%). Of the 31, there were 26 livebirths. Half (n = 13) of the 26 fetuses had a good outcome, whereas the remaining half (n = 13) had abnormalities. Various abnormalities were detected in their infancies. A nuchal thickness (diameter of hygroma) of ≥5 mm was significantly correlated with abnormalities (P = 0.047). CONCLUSION: Physicians should pay attention to fetuses/neonates with ameliorated cystic hygroma. Of those, special attention should be paid to fetuses/neonates with a nuchal thickness at diagnosis ≥5 mm.
  • Yoshimitsu Wada, Hironori Takahashi, Hirotada Suzuki, Mai Ohashi, Manabu Ogoyama, Shiho Nagayama, Yosuke Baba, Rie Usui, Tatsuya Suzuki, Akihide Ohkuchi, Hiroyuki Fujiwara
    European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology 260 1 - 5 2021年05月 
    OBJECTIVE: To clarify the natural history of retained products of conception (RPOC) following abortion at less than 22 weeks of gestation, and those who show major bleeding during course observation. STUDY DESIGN: We retrospectively reviewed 640 patients who had spontaneous or artificial abortion at less than 22 weeks of gestation between January 2011 and August 2019 in our institute. Of those, patients with RPOC were included. The maternal background, RPOC characteristics, and subsequent complications including additional interventions were reviewed. RESULTS: Fifty-four patients with RPOC were included. The incidence of RPOC was 6.7 %. The median (interquartile range: IQR) RPOC length was 29 (20-38) mm. RPOC hypervascularity was observed in 26 (48 %) patients. The median (IQR) periods of RPOC flow disappearance and RPOC disappearance on ultrasound from abortive treatment were 50 (28-76) and 84 (50-111) days, respectively. Of the 54, 44 patients were selected for expectant management. Of the 44, 34 (77 %) patients were observed without intervention (recovery group); the other 10 (23 %) patients required additional interventions associated with subsequent bleeding (intervention group). Compared with the recovery group, heavy bleeding (> 500 mL) at abortion (6/10: 60 %) and RPOC hypervascularity (8/10: 80 %) were more frequently observed in the intervention group. CONCLUSION: Expectant management was successful in almost 80 % of patients with RPOC following abortion. The additional interventions were required in patients with heavy bleeding at abortion and RPOC hypervascularity.
  • 高度の後屈子宮(嵌頓子宮)に対する帝王切開術
    土井 綾香, 小古山 学, 山本 夏倫, 堀江 健司, 永山 志穂, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 高橋 宏典, 藤原 寛行
    栃木県産婦人科医報 47 29 - 33 栃木県産科婦人科学会 2021年03月 
    嵌頓子宮とは、妊娠子宮が骨盤腔で高度に屈曲した状態を指す。今回、子宮頸管の強い伸展を伴う嵌頓子宮を呈し、かつ前置胎盤が疑われた妊婦の帝王切開を経験した。術前に画像検査で骨盤内臓器の位置関係を評価し、術中に超音波で胎盤位置を確認しながら切開創を決定したことで、臓器損傷なく安全に児を娩出することができた。(著者抄録)
  • 羊水FISH検査導入前後の診療変化 超音波外来
    馬場 洋介, 高橋 宏典, 高橋 佳代, 堀江 健司, 山口 順子, 矢田 ゆかり, 片岡 功一, 小古山 学, 永山 志穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 知之, 大口 昭英, 藤原 寛行, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 46 10 - 14 栃木県産科婦人科学会 2020年03月 
    羊水を用いた染色体分析には、G分染法(G-banding)とFISH(fluorescent in situ hybridization)法がある。G分染法は確定診断であり広く採用されているが、検体細胞の培養が必要で結果判定までに数週間を要する。一方、FISH(fluorescent in situ hybridization)法は確定診断ではないが、診断率は高く培養が不要なため、結果判定まで数日しかかからず染色体異常の可能性を迅速に評価できる。FISHでは、このため、患者の意思決定までの時間的余裕が増加し、小児科医によるプレネイタルビジットの機会も増す可能性が高い。FISH導入前・後の診療上の変化を論じる。(著者抄録)
  • 胎児頸部嚢胞性ヒグローマの程度と推移からみた児予後
    香川 景子, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 堀江 健司, 高橋 佳代, 大草 陽史, 山本 夏倫, 泉 遼, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 72 臨増 S - 500 (公社)日本産科婦人科学会 2020年03月
  • 前置胎盤の術後出血量は,MY/BB(Matsubara-Yano縫合or Bakri baloon留置)導入で,有意に減少する 前置胎盤416例における導入前後の検討
    馬場 洋介, 高橋 宏典, 堀江 健司, 平嶋 洋斗, 永山 志穂, 小古山 学, 木佐美 祥, 水津 枝理, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 72 臨増 S - 507 (公社)日本産科婦人科学会 2020年03月
  • Chronic Abruption Oligohydramnios Sequence(CAOS)症例の周産期予後
    斗澤 昇平, 高橋 宏典, 小林 亜美, 山本 一貴, 和田 善光, 篠原 美樹, 永山 志穂, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 72 臨増 S - 669 (公社)日本産科婦人科学会 2020年03月
  • Ogoyama M, Nakamura H, Ugajin A, Nagayama S, Suzuki H, Takahashi H, Baba Y, Usui R, Matsubara S, Ohkuchi A
    The journal of obstetrics and gynaecology research 46 2 249 - 255 2020年01月 [査読有り][通常論文]
     
    AIM: We examined whether critical conditions, which were defined as having hemoglobin (Hb) less than 7.0 g/dL, shock index ≥1.0, or need for transfusion, were associated with the presence of extravasation (EV) on dynamic computed tomography (CT) in women with late post-partum hemorrhage (PPH). METHODS: Forty post-partum women with late PPH without evident retained products of conception performed dynamic CT. Two radiologists retrospectively evaluated dynamic CT, and determined the presence or absence of EV and a sac-like structure within the uterine cavity with enhancement. RESULTS: Ultrasound images were available in 34/40 patients. Color Doppler flow in uterine cavity was evaluated in 33/34 (97%), and all women showed abnormal flow. Of 40 patients, dynamic CT revealed EV in 8 (20%), and a sac-like structure in 30 (75%). Thus, we diagnosed these 38 (95%) as having uterine artery pseudoaneurysm (UAP). Uterine artery embolization was performed in 36/38 diagnosed as having UAP, and in 2/2 patients with an unknown cause of hemorrhage. The incidence rates of critical conditions were significantly increased in PPH women with than without EV on dynamic CT: Hb <7.0 g/dL (62.5 vs 0%, [P < 0.001]), shock index ≥1.0 (50 vs 9.4% [P = 0.020]), and need for transfusion (37.5 vs 0% [P = 0.006]). Abnormal color Doppler flows were observed in all patients with either EV and sac on dynamic CT. CONCLUSION: Dynamic CT was useful for diagnosing UAP, and for evaluating critical conditions, in women with late PPH not complicated by retained products of conception.
  • Ohkuchi A, Hirashima C, Arai R, Takahashi K, Suzuki H, Ogoyama M, Nagayama S, Takahashi H, Baba Y, Usui R, Shirasuna K, Matsubara S
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 2019年08月 [査読有り][通常論文]
  • Takahashi H, Ohhashi M, Baba Y, Nagayama S, Ogoyama M, Horie K, Suzuki H, Usui R, Ohkuchi A, Matsubara S
    European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology 240 87 - 92 2019年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Objectives: To clarify the outcome of retained products of conception (RPOC) without placenta previa.Study design: This was a retrospective cohort study consisting of 59 patients who abdominally or vaginally gave birth to infants after 14 weeks without placenta previa and had RPOC between April 2006 and December 2018. Patients' background, characteristics, and outcomes were compared between those requiring and not-requiring intervention for RPOC.Results: Of the 59 patients, pregnancies after assisted reproductive technology accounted for 18 (31%). The ultrasound-measured RPOC length was 4 cm (median) and 39 (66%) showed hypervascularity within RPOC. Interventions were required in 36 patients (61%), with all due to bleeding-related events. Multivariate regression analyses revealed that the interventions were significantly more likely in the following situations: younger than 35 years (aOR: 4.2, 95%CI: 1.1-18.5), RPOC length >= 4 cm (aOR: 8.6, 95% CI: 2.4-39.2), and RPOC hypervascularity (aOR: 4.6, 95%CI: 1.3-18.8). Methotrexate was administered to 8 patients, of whom 4 (50%) required further hemostatic interventions.Conclusion: In patients with RPOC without previa, 61 and 39% did and did not require hemostatic interventions, respectively. In the latter, a wait-and-see strategy resulted in the resolution of RPOC. Patients with larger RPOC (>= 4-cm fragment length) and hypervascularity were significantly more likely to require hemostatic intervention. (C) 2019 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Sugiyama M, Takahashi H, Baba Y, Taneichi A, Suzuki H, Usui R, Takei Y, Ohkuchi A, Fujiwara H, Matsubara S
    The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians 1 - 141 2019年03月 [査読有り][通常論文]
  • Takahashi H, Baba Y, Usui R, Suzuki H, Horie K, Yano H, Ohkuchi A, Matsubara S
    Archives of gynecology and obstetrics 299 1 113 - 121 2019年01月 [査読有り][通常論文]
  • Takahashi H, Baba Y, Usui R, Suzuki H, Ohkuchi A, Matsubara S
    The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians 1 - 161 2018年12月 [査読有り][通常論文]
  • Takahashi Hironori, Baba Yosuke, Usui Rie, Ohkuchi Akihide, Matsubara Shigeki
    HYPERTENSION RESEARCH IN PREGNANCY 6 2 73 - 75 2018年11月 [査読有り][通常論文]
  • Reiko Suga, Mayumi Tsuji, Rie Tanaka, Eiji Shibata, Masayuki Tanaka, Ayako Senju, Shunsuke Araki, Seiichi Morokuma, Masafumi Sanefuji, Masako Oda, Nathan Mise, Yosuke Baba, Mina Hayama-Terada, Koichi Kusuhara, Hiroshi Mitsubuchi, Takahiko Katoh, Toshihiro Kawamoto
    BMC Women's Health 18 1 86  2018年06月 [査読有り][通常論文]
     
    © 2018 The Author(s). Background: In Japan, although the number of females who continue to work after marriage has recently increased, the proportion of those working while parenting their infants is still not clearly increasing, indicating that it is still difficult for them to continue working after delivery. The present study aimed to clarify factors influencing females' continuation of work, using data obtained by continuously following up the same subjects and focusing on occupation changes, family environments, and the type of employment after pregnancy or delivery. Methods: Based on the results of the questionnaire survey, which was conducted involving 164 participants at 4 universities, as part of the Japan Environment and Children's Pilot Study (JECS Pilot Study) led by the Ministry of Environment and the National Institute for Environmental Studies, the occupational status was compared between the detection of pregnancy (weeks 0 to 7) and 1year after delivery. Results: compared with changed their occupations significantly more frequently (OR=5.07, 95% CI=2.57-10.01, P<0.001). Furthermore, on examining in detail, occupation changes were particularly marked among (OR=12.48, 95% CI=4.43-35.15, P<0.001). This tendency was especially shown among <>(OR=10.36, 95% CI=1.59-67.38, P=0.014) and<>(OR=15.15, 95% CI=2.55-90.17, P=0.003). Conclusions: Analysis revealed that the type of employment, rather than the category of occupation, was associated with the continuation of work after pregnancy or delivery more closely, as compared with continued to work less frequently. Furthermore, on comparison of the category of occupation among , <>and<>were shown to be more likely to continue to be engaged in the same occupation after pregnancy or delivery. These differences may be related to availability of the child-care leave program and other support resources, therefore, it may be important to establish social systems that enable all females, to use these support resources if they wish, and actively work, while delivering and parenting their children.
  • Shigeki Matsubara, Hironori Takahashi, Yosuke Baba
    Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 44 6 1186 - 1187 2018年06月 [査読有り][通常論文]
  • Hironori Takahashi, Akihide Ohkuchi, Rie Usui, Hirotada Suzuki, Yosuke Baba, Shigeki Matsubara
    International Journal of Gynecology and Obstetrics 140 3 357 - 364 2018年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Objective: To determine the efficacy and safety of the Matsubara–Takahashi cervix-holding technique (MT-holding) for achieving hemostasis for postpartum hemorrhage (PPH). Methods: The present retrospective observational study included data from deliveries that occurred between January 1, 2004, and December 31, 2014, at the Department of Obstetrics and Gynecology, Jichi Medical University, Shimotsuke, Japan. Deliveries were included where patients experienced blood loss greater than 2500 mL and MT-holding was used. The success rates of the technique in patients with placenta accreta spectrum (PAS) disorders and PPH were determined subsequent pregnancy outcomes were also examined. Results: There were 53 deliveries included in the study 29 patients had placenta previa and 8 of these patients also had PAS disorders. MT-holding achieved hemostasis in 15 (71%) and 4 (50%) patients with placenta previa without and with PAS disorders, respectively the placenta was removed in the latter. Overall, MT-holding achieved hemostasis in 40 (75%) deliveries. Of nine patients who became pregnant after this procedure, six went on to have full-term deliveries. Conclusion: MT-holding achieved hemostasis in 50% of patients with PAS disorders and had an overall success rate of 75% for PPH, comparable to other uterus-sparing procedures. MT-holding is suggested as a simple, effective, safe technique available to less-experienced obstetrician these findings require confirmation in larger studies.
  • Baba Y, Takahashi H, Morisawa H, Matsubara D, Tamura K, Usui R, Matsubara S
    Case reports in obstetrics and gynecology 2018 2158248  2018年 [査読有り][通常論文]
  • Horie K, Takahashi H, Matsubara D, Kataoka K, Furukawa R, Baba Y, Ohkuchi A, Matsubara S
    Case reports in obstetrics and gynecology 2018 6591025  2018年 [査読有り][通常論文]
  • Ohhashi Mai, Takahashi Hironori, Baba Yosuke, Suzuki Hirotada, Horie Kenji, Usui Rie, Ohkuchi Akihide, Watanabe Takashi, Matsubara Shigeki
    HYPERTENSION RESEARCH IN PREGNANCY 5 2 59 - 64 2017年11月 [査読有り][通常論文]
  • Shigeki Matsubara, Hironori Takahashi, Yosuke Baba
    ARCHIVES OF GYNECOLOGY AND OBSTETRICS 296 5 851 - 853 2017年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Background At cesarean hysterectomy for abnormally invasive placenta, rupture of aberrant vessels around the uterus causes massive bleeding. Purpose This study aimed at describing a technique to reduce bleeding from aberrant vessels at the posterior bladder wall in this surgery. Methods The bladder is filled with 200-300 mL of water during handling the posterior bladder wall. Results This technique facilitates understanding that some aberrant vessels do not have communications with the cervix-uterus. Some aberrant vessels have communication with the cervix-uterus and this technique makes cutting and ligation of these vessels easy. Conclusions Filling the bladder may reduce bleeding from the posterior bladder wall at cesarean hysterectomy for abnormally invasive placenta.
  • Shigeki Matsubara, Hironori Takahashi, Yosuke Baba, Alan Kawarai Lefor
    BJOG-AN INTERNATIONAL JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY 124 11 1792 - 1793 2017年10月 [査読有り][通常論文]
  • Shigeki Matsubara, Hironori Takahashi, Yosuke Baba
    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH 43 10 1660 - 1661 2017年10月 [査読有り][通常論文]
  • Shigeki Matsubara, Daisuke Matsubara, Yosuke Baba, Hironori Takahashi
    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY 37 7 973 - 973 2017年10月 [査読有り][通常論文]
  • Shigeki Matsubara, Hironori Takahashi, Yosuke Baba
    JOURNAL OF ANESTHESIA 31 4 642 - 642 2017年08月 [査読有り][通常論文]
  • Shigeki Matsubara, Hironori Takahashi, Daisuke Matsubara, Yosuke Baba
    JOURNAL OF ZHEJIANG UNIVERSITY-SCIENCE B 18 8 723 - 724 2017年08月 [査読有り][通常論文]
  • Yosuke Baba, Itsuko Furuta, Tianyue Zhai, Akihide Ohkuchi, Takahiro Yamada, Kayo Takahashi, Shigeki Matsubara, Hisanori Minakami
    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH 43 6 967 - 973 2017年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Aim: Dipstick results for proteinuria are affected by urine concentration, and thus urine creatinine concentration ([Cr]). This study was performed to determine whether spot urine [Cr] changes significantly during pregnancy, leading to a significantly different false-negative rate (FNR) on dipstick test between trimester. Methods: The [Cr] and protein concentrations ([P]) were analyzed in 631 spot urine samples with negative/equivocal dipstick from 425 pregnant women. False-negative dipstick was defined as [P] : [Cr] ratio (P/Cr) > 0.27 mg/mg. Results: Median [Cr] was 117 mg/dL (range, 6.5-326 mg/dL), 72 mg/dL (range, 4.3-477 mg/dL), and 73 mg/dL (range, 8.4-396 mg/dL) in the first (n = 96), second (n = 344), and third (n = 191) trimester urine samples, respectively (P = 0.000, Kruskal-Wallis). Both [P] and P/Cr increased significantly with advancing gestation. FNR 9.4% (18/191) in the third trimester was significantly higher than that of 0.0% (0/96) in the second trimester and that of 0.5% (2/344) in the third trimester. In the 20 urine samples with false-negative dipstick, median [Cr] was 47.0 mg/dL (range, 11.0-358 mg/dL) and the proportion of samples with dilute urine, that is, [Cr] <47 mg/dL, was significantly higher than in the remaining 611 urine samples (50%, 10/20 vs 28%, 174/611, respectively, P = 0.046). Conclusions: Urine samples in the second and third trimesters were more likely to be diluted compared with the first trimester. This was associated with high FNR in third trimester urine samples.
  • Matsubara S, Baba Y, Takahashi H
    The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians 31 10 1 - 5 2017年04月 [査読有り][通常論文]
  • Shigeki Matsubara, Hironori Takahashi, Yosuke Baba, Alan Kawarai Lefor
    CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY 40 3 478 - 479 2017年03月 [査読有り][通常論文]
  • Shigeki Matsubara, Hironori Takahashi, Yosuke Baba
    CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY 40 3 474 - 475 2017年03月 [査読有り][通常論文]
  • Manabu Ogoyama, Hironori Takahashi, Rie Usui, Yosuke Baba, Hirotada Suzuki, Akihide Ohkuchi, Shigeki Matsubara
    EUROPEAN JOURNAL OF OBSTETRICS & GYNECOLOGY AND REPRODUCTIVE BIOLOGY 210 281 - 285 2017年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Objective: The intrauterine balloon (Balloon) has recently been widely used to achieve hemostasis for postpartum hemorrhage (PPH). We concomitantly used a novel method, "holding the cervix", with the Balloon to prevent Balloon prolapse and achieve hemostasis. We aimed to clarify the following three factors: 1) hemostatic success rate of Balloon use for PPH, 2) effect of holding the cervix on Balloon prolapse, and, 3) the rate of bleeding after Balloon insertion, possibly predictive of Balloon failure. Study design: We retrospectively examined 80 patients undergoing Balloon application for PPH in our institution. We defined "success" as achieving hemostasis with no requirement of additional invasive procedures, and "failure" as their requirement. Between success vs. failure, several parameters were compared. For statistical analyses, Fisher's exact test and Wilcoxon rank sum test were applied. Results: Excluding "unable to insert" patients, "holding the cervix" was performed in 56 (75%). Prolapse was less likely to occur in patients with than in those without "holding the cervix" (4 vs. 11%, respectively). The success rate in patients with "Balloon + holding the cervix" was 94%. Treatment for atonic bleeding and placenta previa (PP) showed similarly high success rates (97 and 94%, respectively). The rate of bleeding following Balloon insertion was significantly higher in failure than success cases (P =0.03) and all failure cases showed bleeding >250 mL/h. Conclusions: The "Balloon + holding the cervix" strategy achieved hemostasis in over 90% of primary PPH. Treatment: for not only atonic bleeding but also PP showed a high success rate. Bleeding >250 mL/h after Balloon insertion may indicate the requirement of additional invasive procedures. (C) 2017 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Hironori Takahashi, Akihide Ohkuchi, Tomoyuki Kuwata, Rie Usui, Yosuke Baba, Hirotada Suzuki, Tha Thu Chaw Kyi, Shigeki Matsubara, Shigeru Saito, Toshihiro Takizawa
    PLACENTA 50 25 - 31 2017年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Introduction: Adequate extravillous trophoblast (EVT) invasion is essential for successful placentation. Although miR-520c-3p plays an important role in CD44-mediated invasion in cancer cells, there is little information on whether miR-520c-3p is involved in the regulatory mechanisms of CD44-mediated EVT invasion. Methods: We screened first trimester trophoblast cells and trophoblast cell lines for expression of miR-520c-3p using real-time polymerase chain reaction. The cell invasion assay was performed using EVT cell lines, HTR8/SVneo and HChEpC1b, to investigate the capability of suppressing EVT invasion by miR-520c-3p. Laser microdissection analysis was then used to determine whether miR-520c-3p was present in the first trimester decidua. Finally, the possibility of chorionic villous trophoblast (CVT)-EVT communication via exosomal miR-520c-3p was determined using an in vitro model based on BeWo exosomes and the EVT cell lines as recipient cells. Results: The miR-520c-3p level was significantly downregulated in EVT cell lines and EVTs. Cell invasion was significantly inhibited in miR-520c-3p-overexpressing cell lines, involving a significant reduction of CD44. Laser microdissection analysis showed that miR-520c-3p in the periarterial area of the decidua was significantly higher than that in the non-periarterial area. Using an in vitro model system, BeWo exosomal miR-520c-3p was internalized into the EVT cells with subsequently reduced cell invasion via CD44 repression. Conclusions: EVT invasion is synergistically enhanced by the reciprocal expression of endogenous miR-520c-3p and CD44. The present study supports a novel model involving a placenta-associated miRNA function in cell-cell communication in which CVT exosomal miR-520c-3p regulates cell invasion by targeting CD44 in EVTs. (C) 2016 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • H. Takahashi, R. Usui, H. Suzuki, Y. Baba, T. Suzuki, T. Kuwata, A. Ohkuchi, S. Matsubara
    CLINICAL AND EXPERIMENTAL OBSTETRICS & GYNECOLOGY 44 1 88 - 92 2017年 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose of investigation: Cesarean scar pregnancy (CSP) is a life-threatening condition that requires early pregnancy termination. Its early ultrasound diagnosis is clinically important; however, previous studies focused on the CSP site itself. The present study was conducted to investigate the authors' clinical impression that a uterine-fundal hypoechoic mass is more frequently observed in CSP. Such a finding, if confirmed, may contribute to ultrasound diagnosis of CSP. The authors also determined the relationship between the treatment strategy and outcome, with special emphasis on conditions eventually requiring uterine artery embolization (UAE). Materials and Methods: This was a case-control study of CSP, and the authors analyzed all 14 women that were treated in this single tertiary institute over a period of ten years. Control subjects consisted of all pregnant women with prior cesarean section (CS) but no CSP. Results: Patients with CSP were significantly more likely to have a hypoechoic mass than controls (42.9 vs. 15.4%, respectively; p = 0.028). On confining results to a "fundal" hypoechoic mass, only CSP(+) patients showed it (CSP vs. control: 28.6 vs. 0%, respectively; p < 0.001). Six (43%: 6/14) received UAE: four following vaginal evacuation (artificial or spontaneous), and two for bleeding after methotrexate (MTX) treatment. Conclusion: Patients with CSP more frequently had a uterine-fundal hypoechoic mass, whose detection may trigger a detailed observation of the CSP site, possibly leading to CSP diagnosis.
  • Matsubara S, Matsubara D, Takahashi H, Baba Y
    The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians 31 2 1 - 5 2017年01月 [査読有り][通常論文]
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    周産期医学 46 増刊 204  (株)東京医学社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    周産期医学 46 増刊 204  (株)東京医学社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    周産期医学 46 増刊 204  (株)東京医学社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    周産期医学 46 増刊 204  (株)東京医学社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    周産期医学 46 増刊 204  (株)東京医学社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    周産期医学 46 増刊 204  (株)東京医学社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    周産期医学 46 増刊 204  (株)東京医学社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    周産期医学 46 増刊 204  (株)東京医学社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    周産期医学 46 増刊 204  (株)東京医学社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    周産期医学 46 増刊 204  (株)東京医学社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    周産期医学 46 増刊 204  (株)東京医学社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    周産期医学 46 増刊 204  (株)東京医学社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    周産期医学 46 増刊 204  (株)東京医学社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • Shigeki Matsubara, Hirotada Suzuki, Yosuke Baba, Hironori Takahashi, Hisanori Minakami
    ACTA OBSTETRICIA ET GYNECOLOGICA SCANDINAVICA 95 12 1448 - 1448 2016年12月 [査読有り][通常論文]
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 重症妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹
    周産期医学 46 増刊 204  (株)東京医学社 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • Yosuke Baba, Hironori Takahashi, Akihide Ohkuchi, Rie Usui, Shigeki Matsubara
    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH 42 11 1502 - 1508 2016年11月 [査読有り][通常論文]
     
    AimDuring cesarean section (CS) for placenta previa (PP), the size/area/portion of the lower uterine segment occupied by the placenta may affect the bleeding amount and the subsequent need for a blood transfusion (BT). We propose a new concept, indiscernible edge total PP (IEPP), when vaginal ultrasound does not discern the lower placental edge because the placenta covers the visible lower segment. We characterized IEPP, focusing on its allogeneic BT requirement. MethodsWe classified PP (n = 307) into four types: marginal, partial, discernible edge total PP (DEPP) and IEPP: internal ostium (os)-placental edge distance measurable or unmeasurable on vaginal ultrasound in DEPP or IEPP, respectively. We determined the clinical characteristics according to the four types; the relationship between the intraoperative blood loss and os-edge distance in DEPP; and risk factors for allogeneic BT. ResultsThe following were significantly higher/larger in cases of IEPP: previous CS; anterior placentation; lacunae; elective cesarean hysterectomy; intraoperative blood loss; autologous BT; allogeneic BT; intensive care unit admission; and an abnormally invasive placenta (AIP). In DEPP, the os-edge distance was weakly correlated with the bleeding amount (r = 0.214). Multivariate logistic regression analysis showed that previous CS, lacunae, AIP and IEPP were independent risk factors for allogeneic BT (odds ratios 3.8, 3.1, 13.8 and 4.6, respectively). After excluding patients undergoing hemostatic procedures during CS, IEPP remained the only independent risk factor for allogeneic BT (odds ratio 5.2). ConclusionsThe new concept of IEPP may be useful for predicting BT in CS for patients with PP.
  • Yosuke Baba, Hironori Takahashi, Akihide Ohkuchi, Hirotada Suzuki, Tomoyuki Kuwata, Rie Usui, Miyuki Saruyama, Manabu Ogoyama, Shiho Nagayama, Hiroyasu Nakamura, Atsushi Ugajin, Shigeki Matsubara
    European Journal of Obstetrics Gynecology and Reproductive Biology 205 72 - 78 2016年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Objectives Uterine artery pseudoaneurysm (UAP) has been considered to occur very rarely after traumatic delivery/abortion, and is usually detected after its rupture, yielding massive bleeding. Our hypothesis is: some UAP may be undetected without massive bleeding and may spontaneously resolve, and, thus, may not require transarterial embolization (TAE). We attempted: (1) to detect both ruptured and non-ruptured UAP, thereby characterizing candidates of spontaneously resolving UAP, and (2) to confirm that UAP is not rare and not always associated with traumatic events. Study design This was a retrospective observational study of 50 women with angiographically confirmed UAP and treated by TAE. Angiograms and medical charts were retrieved to examine the associations among symptoms, ultrasound findings, and extravasation. Gray-scale ultrasound was performed for all women after delivery or abortion as our routine practice. Results UAP occurred in 3–6/1000 deliveries and 40% occurred after non-traumatic deliveries/abortion. While 36% had active vaginal bleeding at admission, 64% did not. While 100% of patients with current active bleeding showed extravasation from the pseudoaneurysmal sac, patients without it showed a varied incidence of extravasation depending on the bleeding pattern/history and ultrasound findings. Interestingly, all patients with current bleeding (−), bleeding history (+), and ultrasound-discernable-intrauterine low echoic mass (−) were devoid of extravasation, suggesting that UAP may show progression to thrombosis and, thus, resolve spontaneously. Conclusions UAP may not be so rare and not associated with traumatic delivery/abortion. Some UAP may resolve, and, thus, may not require TAE, at least immediately.
  • Shigeki Matsubara, Hironori Takahashi, Yosuke Baba
    ARCHIVES OF GYNECOLOGY AND OBSTETRICS 294 3 669 - 670 2016年09月 [査読有り][通常論文]
  • Shigeki Matsubara, Hironori Takahashi, Yosuke Baba
    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH 42 9 1203 - 1204 2016年09月 [査読有り][通常論文]
  • Takahiro Yamada, Mana Obata-Yasuoka, Hiromi Hamada, Yosuke Baba, Akihide Ohkuchi, Shun Yasuda, Kosuke Kawabata, Shiori Minakawa, Chihiro Hirai, Hideto Kusaka, Nao Murabayashi, Yusuke Inde, Michikazu Nagura, Takeshi Umazume, Atsuo Itakura, Makoto Maeda, Norimasa Sagawa, Yasumasa Ohno, Soromon Kataoka, Keiya Fujimori, Yoshiki Kudo, Tomoaki Ikeda, Akihito Nakai, Hisanori Minakami
    ACTA OBSTETRICIA ET GYNECOLOGICA SCANDINAVICA 95 9 1048 - 1054 2016年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Introduction. Some pregnant women develop significant proteinuria in the absence of hypertension. However, clinical significance of isolated gestational proteinuria (IGP) is not well understood. This study aimed to determine the prevalence of IGP in singleton pregnancies and the proportion of women with IGP who subsequently developed preeclampsia (IGP-PE) among all PE cases. Material and methods. This was an observational study of 6819 women with singleton pregnancies at 12 centers, including 938 women with at least once determination of protein-to-creatinine ratio (P/Cr). Significant proteinuria in pregnancy (SPIP) was defined as P/Cr (mg/mg) level >0.27. IGP was defined as SPIP in the absence of hypertension. Gestational hypertension (GH) preceding preeclampsia (GH-PE) was defined as preeclampsia (PE) in which GH preceded SPIP. Simultaneous PE (S-PE) was defined as PE in which both SPIP and hypertension occurred simultaneously. Results. IGP and PE were diagnosed in 130 (1.9%) and 158 (2.3%) of 6819 women, respectively. Of 130 women with IGP, 32 (25%) progressed to PE and accounted for 20% of all women with PE. Hence, women with IGP had a relative risk of 13.1 (95% CI; 9.2-18.5) for developing PE compared with those without IGP [25% (32/130) vs. 1.9% (126/6689)]. At diagnosis of SPIP, P/Cr levels already exceeded 1.0 more often in women with S-PE than in those with IGP-PE [67% (33/49) vs. 44% (14/32), respectively, p = 0.031]. Conclusions. IGP is a risk factor for PE, and IGP-PE accounts for a considerable proportion (20%) of all PE.
  • Yosuke Baba, Akihide Ohkuchi, Rie Usui, Hironori Takahashi, Shigeki Matsubara
    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH 42 7 784 - 788 2016年07月 [査読有り][通常論文]
     
    AimIn hypertensive pregnant women, the protein-to-creatinine (P/C) ratio is well correlated with 24-h proteinuria and a P/C ratio of 0.27 (g/gCr) is used to reflect significant proteinuria (>0.3 g/day). The aim of this study was to obtain data on normotensive pregnant women, which have so far been lacking. MethodsThe study population consisted of 74 pregnant women who met the following criteria: (i) 22 gestational weeks; (ii) a positive result (1+) on dipstick test; (iii) a positive result (>0.27) for P/C ratio; and (iv) 24-h urine test performed within 2 days of the P/C ratio. The correlation between the P/C ratio and 24-h proteinuria, the incidence rates of significant proteinuria according to P/C ratios, and appropriate threshold of the P/C ratio to rule in significant proteinuria were determined using the appropriate statistical methods. ResultsThe P/C ratio was moderately correlated with the 24-h proteinuria, with a correlation coefficient of 0.64 (95% confidence interval, 0.487-0.76). The area under the receiver-operator curve was 0.76 (95% confidence interval, 0.66-0.87); however, no clear shoulder was identifiable. The incidence rates of significant proteinuria according to P/C ratios of 0.27-0.49, 0.50-0.74, 0.75-0.99, and >1 were 41, 66, 100, and 100%, respectively, indicating that all normotensive pregnant women with a P/C ratio > 0.75 had significant proteinuria. ConclusionNormotensive pregnant women showed a significant correlation between the P/C ratio and 24-h urine protein level. All normotensive pregnant women with a P/C ratio > 0.75 had significant proteinuria, suggesting that a P/C ratio > 0.75 may be the rule-in' threshold of significant proteinuria in this population.
  • Shigeki Matsubara, Yosuke Baba, Hironori Takahashi
    ARCHIVES OF GYNECOLOGY AND OBSTETRICS 293 6 1363 - 1364 2016年06月 [査読有り][通常論文]
  • Hironori Takahashi, Yosuke Baba, Rie Usui, Akihide Ohkuchi, Shigeyoshi Kijima, Shigeki Matsubara
    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH 42 6 730 - 733 2016年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Post-delivery/-abortion uterine artery pseudoaneurysm (UAP) sometimes causes life-threatening bleeding, requiring transarterial embolization (TAE). It is unclear whether some UAP resolve spontaneously. In three patients, UAP resolved spontaneously without TAE. Case 1 was after vacuum delivery with slight bleeding: at day 5 post-partum, a yin-yang sign on Color Doppler and an enhanced intrauterine sac-like structure were observed, leading to the diagnosis of UAP, which disappeared at 4 weeks post-partum. Case 2 was after vacuum delivery with manual placental removal and was asymptomatic: a hypoechoic intrauterine mass with a yin-yang sign were observed during a post-partum routine check-up and the intrauterine flow disappeared at 4 weeks post-partum. Case 3 was after dilatation and curettage in the first trimester with slight bleeding: UAP was detected at 4 weeks post-abortion, which disappeared at 6 weeks post-abortion. All three cases had a small UAP (diameter: 10-15 mm) and low-level or no symptoms. Some UAP may resolve spontaneously and, thus, may not require TAE.
  • Yamada, Takahiro, Kawakami, S, Yoshida, Y, Minakami, Hisanori, Ohta, S, Abe, Kanako, Hamada, Hiromi, Dohi, S, Ichizuka, K, Takita, H, Baba, Y, Matsubara, S, Mochizuki, J, Unno, N, Maegawa, Y, Maeda, M, Inubashiri, E, Akutagawa, N, Kubo, T, Shirota, T, Oda, Y, Yamada, T, Yamagishi, E, Nakai, A, Fuchi, N, Masuzaki, H, Urabe, S, Kudo, Y, Nomizo, M, Sagawa, N, Maeda, T, Kamitomo, M, Kawabata, K, Kataoka, S, Shiozaki, A, Saito, S, Sekizawa, A, Minakami, H
    European Journal of Clinical Microbiology & Infectious Diseases 35 4 665 - 671 2016年04月 [査読有り][通常論文]
     
    This study was performed to determine whether multiparous pregnant women are prone to influenza. A questionnaire survey was conducted at 19 centres located throughout Japan, targeting all 6,694 postpartum women within 7 days after birth before leaving the hospital. All women gave birth during the study period between March 1, 2015, and July 31, 2015. Data regarding vaccination and influenza infection in or after October 2014, age, previous experience of childbirth, and number and ages of cohabitants were collected. Seventy-eight percent (n = 51,97) of women given questionnaires responded. Of these, 2,661 (51 %) and 364 (7.0 %) women reported having been vaccinated and having contracted influenza respectively. Multiparous women had a higher risk of influenza regardless of vaccination status (8.9 % [121/1362] vs 5.7 % [74/1299], relative risk [95 % confidence interval], 1.80 [1.36 to 2.38] for vaccinated and 9.3 % [112/1198] vs 4.3 % [57/1328], 2.18 [1.60 to 2.97] for unvaccinated women) compared to primiparous women. The risk of influenza increased with increasing number of cohabitants: 4.8 % (100/2089), 7.5 %, (121/1618), 9.0 %, (71/785), and 10.4 % (58/557) for wom
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53  栃木県産科婦人科学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ 42 13  栃木県母性衛生学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹
    産科と婦人科 83 Suppl. 8  (株)診断と治療社 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • Hirose Noriko, Ohkuchi Akihide, Baba Yosuke, Usui Rie, Hirashima Chikako, Watanabe Takashi, Matsubara Shigeki
    HYPERTENSION RESEARCH IN PREGNANCY 4 2 88 - 96 2016年 [査読有り][通常論文]
  • Baba Y, Morisawa H, Saito K, Takahashi H, Rifu K, Matsubara S
    Case reports in obstetrics and gynecology 2016 5384943  2016年 [査読有り][通常論文]
  • Hironori Takahashi, Akihide Ohkuchi, Rie Usui, Hirotada Suzuki, Yosuke Baba, Shigeki Matsubara
    Obstetrics and Gynecology International 2016 5349063  2016年 [査読有り][通常論文]
     
    Introduction. To identify factors that determine blood loss during peripartum hysterectomy for abnormally invasive placenta (AIP-hysterectomy). Methods. We reviewed all of the medical charts of 11,919 deliveries in a single tertiary perinatal center. We examined characteristics of AIP-hysterectomy patients, with a single experienced obstetrician attending all AIP-hysterectomies and using the same technique. Results. AIP-hysterectomy was performed in 18 patients (0.15%: 18/11,919). Of the 18, 14 (78%) had a prior cesarean section (CS) history and the other 4 (22%) were primiparous women. Planned AIP-hysterectomy was performed in 12/18 (67%), with the remaining 6 (33%) undergoing emergent AIP-hysterectomy. Of the 6, 4 (4/6: 67%) patients were primiparous women. An intra-arterial balloon was inserted in 9/18 (50%). Women with the following three factors significantly bled less in AIP-hysterectomy than its counterpart: the employment of an intra-arterial balloon (4, 448 ± 1, 948 versus 8, 861 ± 3, 988 mL), planned hysterectomy (5, 003 ± 2, 057 versus 9, 957 ± 4, 485 mL), and prior CS (5, 706 ± 2, 727 versus 9, 975 ± 5, 532 mL). Patients with prior CS (-) bled more: this may be because these patients tended to undergo emergent surgery or attempted placental separation. Conclusion. Patients with intra-arterial balloon catheter insertion bled less on AIP-hysterectomy. Massive bleeding occurred in emergent AIP-hysterectomy without prior CS.
  • Yosuke Baba, Takahiro Yamada, Mana Obata-Yasuoka, Shun Yasuda, Yasumasa Ohno, Kosuke Kawabata, Shiori Minakawa, Chihiro Hirai, Hideto Kusaka, Nao Murabayashi, Yusuke Inde, Michikazu Nagura, Hiromi Hamada, Atsuo Itakura, Akihide Ohkuchi, Makoto Maeda, Norimasa Sagawa, Akihito Nakai, Soromon Kataoka, Keiya Fujimori, Yoshiki Kudo, Tomoaki Ikeda, Hisanori Minakami
    BMC PREGNANCY AND CHILDBIRTH 15 1 331  2015年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: The dipstick test is widely used as a primary screening test for detection of significant proteinuria in pregnancy (SPIP). However, it often shows a false positive test result. This study was performed to determine which pregnant women should be recommended to undergo determination of urinary protein-to-creatinine ratio (mg/mg, P/Cr test) after dipstick test for confirmation of SPIP. Methods: This was a multicenter, prospective, and observational study of 2212 urine specimens from 1033 pregnant women who underwent simultaneous dipstick and P/Cr tests in the same spot urine samples at least once. SPIP was defined as P/Cr > 0.27. Preeclampsia was diagnosed in women with both hypertension and SPIP. Results: Preeclampsia, hypertension alone, and SPIP alone developed in 202 (20 %), 73 (7.1 %), and 120 (12 %) women, respectively. Creatinine concentration [Cr] varied greatly, ranging from 8.1 to 831 mg/dL in the 2212 urine samples. Rate of positive dipstick test results increased with increasing [Cr], while SPIP prevalence rate was lower in urine samples with higher [Cr], yielding higher false positive rates in samples with higher [Cr]. Postpartum urine samples had significantly lower [Cr] compared to those obtained antepartum (60 [8.7-297] vs. 100 [10-401] mg/dL, respectively). At the first P/Cr test among women with similar dipstick test results, the risk of having SPIP was consistently and significantly higher for hypertensive women than for normotensive women at any dipstick test result: 18 % (14/77) vs. 3.2 % (8/251), 47 % (26/55) vs. 8.7 % (37/425), 91 % (82/90) vs. 59 % (44/75) for negative/equivocal, 1+, and >= 2+ test results, respectively. The risk of SPIP was 16 % (9/55) for normotensive women when two successive antenatal urine samples showed a dipstick test result of 1 +. Conclusions: For prediction of SPIP, the dipstick test was more likely to show a false positive result in concentrated urine samples with higher [Cr]. Hypertensive women with >= 1+ as well as normotensive women with >= 2+ on dipstick test should be advised to undergo the P/Cr test.
  • Shigeki Matsubara, Hironori Takahashi, Yosuke Baba, Rie Usui, Takashi Igarashi, Alan K. Lefor
    ARCHIVES OF GYNECOLOGY AND OBSTETRICS 292 5 953 - 954 2015年11月 [査読有り][通常論文]
  • Shigeki Matsubara, Hironori Takahashi, Yosuke Baba, Rie Usui
    ACTA OBSTETRICIA ET GYNECOLOGICA SCANDINAVICA 94 10 1147 - 1148 2015年10月 [査読有り][通常論文]
  • Shigeki Matsubara, Yosuke Baba, Hironori Takahashi
    ACTA OBSTETRICIA ET GYNECOLOGICA SCANDINAVICA 94 8 910 - 911 2015年08月 [査読有り][通常論文]
  • Shigeki Matsubara, Yosuke Baba
    ACTA OBSTETRICIA ET GYNECOLOGICA SCANDINAVICA 94 7 788 - 789 2015年07月 [査読有り][通常論文]
  • T. Yamada, K. Abe, Y. Baba, E. Inubashiri, K. Kawabata, T. Kubo, Y. Maegawa, N. Fuchi, M. Nomizo, M. Shimada, A. Shiozaki, H. Hamada, S. Matsubara, N. Akutagawa, S. Kataoka, M. Maeda, H. Masuzaki, N. Sagawa, A. Nakai, S. Saito, H. Minakami
    EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL MICROBIOLOGY & INFECTIOUS DISEASES 34 3 543 - 548 2015年03月 [査読有り][通常論文]
     
    This questionnaire survey was conducted at 11 hospitals in Japan to determine vaccination coverage against seasonal influenza and the prevalence rate of influenza among pregnant Japanese women. Of 2,808 postpartum women who gave birth at the 11 hospitals during the study period from March 1, 2014, to July 31, 2014, 1,713 (61 %) participated in this study and 876 (51 %) reported having received vaccination against influenza in or after October 2013. Women aged < 25 years had a significantly lower vaccination rate than those aged a parts per thousand yen25 years (31 % vs. 53 %, respectively; p = 0.0000). Eighty-seven (5.1 %) and 1,626 (94.9 %) women did and did not contract influenza, respectively. Although prior birth did not affect overall vaccination coverage (50 % for primiparous vs. 53 % for multiparous), multiparous women had a significantly higher rate of contracting influenza than primiparous women, irrespective of vaccination status (5.6 % vs. 2.2 % [p = 0.0216] and 9.7 % vs. 3.5 % [p = 0.0003] for women with and without vaccination, respectively). The 2013-2014 vaccination program significantly reduced the influenza infection rate by 35 % (3.9 % vs. 6.3 % for women with and without vaccination, respectively; p = 0.0272). Seventy-two (83 %) of the 87 women took antiviral agents for the treatment of influenza and two (2.3 %) required hospitalization. These results suggested that pregnant Japanese women had a high level of concern regarding seasonal influenza. However, campaigns targeting young pregnant Japanese women, as well as multiparous women, for vaccination are needed in order to further reduce the incidence of influenza among pregnant Japanese women.
  • Shigeki Matsubara, Yosuke Baba, Akihide Ohkuchi
    ACTA OBSTETRICIA ET GYNECOLOGICA SCANDINAVICA 94 2 226 - 227 2015年02月 [査読有り][通常論文]
  • Yosuke Baba, Akihide Ohkuchi, Rie Usui, Hirotada Suzuki, Tomoyuki Kuwata, Shigeki Matsubara
    ARCHIVES OF GYNECOLOGY AND OBSTETRICS 291 2 281 - 285 2015年02月 [査読有り][通常論文]
     
    To construct a model to calculating probability of requiring allogeneic blood transfusion on cesarean section (CS) for placenta previa (PP). A retrospective cohort study involving all 205 patients with PP who underwent CS in our institute. We determined the relationship between allogeneic blood transfusion and nine preoperative factors: (1) maternal age, (2) parity, (3) uterine myoma, (4) previous CS, (5) the placenta covering the previous CS scar (referred to as "scar covering"), (6) degree of previa, (7) ultrasound finding of lacunae, (8) preoperative anemia, and (9) preparation of autologous blood. Independent risk factors of allogeneic blood transfusion were identified by multivariate logistic regression analysis. These significant factors were included in the final model, and, the probability of allogeneic blood transfusion was calculated. Independent risk factors of allogeneic blood transfusion were scar covering, previous CS without scar covering, and lacunae. These three factors were used to create a predictive model. The model revealed that patients with scar covering and lacunae had the highest probability (0.73), while those with no risk factors had the lowest probability (0.02). This simple model may be useful to calculate probability of requiring allogeneic blood transfusion on CS for placenta previa.
  • Iwashita A, Baba Y, Usui R, Ohkuchi A, Muto S, Matsubara S
    Case reports in obstetrics and gynecology 2015 278391  2015年 [査読有り][通常論文]
  • Takahashi H, Baba Y, Matsubara S
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 93 12 1336 - 1336 2014年12月 [査読有り][通常論文]
  • Yosuke Baba, Shigeki Matsubara, Tomoyuki Kuwata, Akihide Ohkuchi, Rie Usui, Miyuki Saruyama, Manabu Nakata, Mitsuaki Suzuki
    ARCHIVES OF GYNECOLOGY AND OBSTETRICS 290 3 435 - 440 2014年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Uterine artery pseudoaneurysm (UAP) is considered a rare disorder after traumatic delivery or traumatic pregnancy termination such as cesarean section or dilatation and curettage, initially manifesting as genital hemorrhage. Our clinical impression contradicts these three assumptions; after traumatic delivery/termination, hemorrhage, and its rarity. Thus, we attempted to clarify these three issues. We retrospectively analyzed 22 UAP cases treated at our institute over a 6-year period. Uterine artery pseudoaneurysm occurred in 2-3/1,000 deliveries. Of 22 cases, half occurred after non-traumatic deliveries or non-traumatic pregnancy termination. Fifty-five percent (12/22) showed no hemorrhage; ultrasound or color Doppler revealed UAP. Thus, half of UAP occurred after non-traumatic deliveries or non-traumatic pregnancy termination and showed no hemorrhage at the time of their diagnoses. All patients received transarterial embolization, which stopped blood flow into UAP or achieved hemostasis. We must be aware that UAP may not be so rare and it may be present in patients after non-traumatic deliveries/pregnancy termination and without postpartum or postabortal hemorrhage.
  • Shigeki Matsubara, Tomoyuki Kuwata, Yosuke Baba, Rie Usui, Hirotada Suzuki, Hironori Takahashi, Akihide Ohkuchi, Mitsuaki Suzuki
    AUSTRALIAN & NEW ZEALAND JOURNAL OF OBSTETRICS & GYNAECOLOGY 54 3 283 - 286 2014年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Although massive haemorrhage at caesarean section (CS) for placenta praevia is a serious concern, effective treatment is not yet determined. We performed a new uterine sandwich to achieve haemostasis at CS for total placenta praevia in five consecutive cases in whom the placenta reached up to >5cm from the internal cervical os in all directions of an uterine wall. A Matsubara-Yano (MY) uterine compression suture was placed, followed by placement of an intrauterine balloon. Haemostasis was achieved in all five cases with median blood loss of 1618mL. No short-term adverse events were observed. The MY sandwich can be used to achieve haemostasis at CS for placenta praevia.
  • Yosuke Baba, Shigeki Matsubara, Akihide Ohkuchi, Rie Usui, Tomoyuki Kuwata, Hirotada Suzuki, Hironori Takahashi, Mitsuaki Suzuki
    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH 40 5 1243 - 1248 2014年05月 [査読有り][通常論文]
     
    AimIn placenta previa (PP), anterior placentation, compared with posterior placentation, is reported to more frequently cause massive hemorrhage during cesarean section (CS). Whether this is due to the high incidence of placenta accreta, previous CS, or a transplacental approach in anterior placenta is unclear. We attempted to clarify this issue. Material and MethodsWe retrospectively analyzed the relation between the bleeding amount during CS for PP and various factors that may cause massive hemorrhage (>2400mL) (n=205) in a tertiary center. If the preoperatively ultrasound-measured distance from the internal cervical ostium to the placental edge was longer in the uterine anterior wall than in the posterior wall, we defined it as anterior previa, and vice versa. ResultsPatients with accreta, previous CS, total previa, and anterior placentation bled significantly more than their counterparts. Multivariate logistic regression analysis showed that accreta (odds ratio [OR] 12.6), previous CS (OR 4.7), total previa (OR 4.1), and anterior placentation (OR 3.5) were independent risk factors of massive hemorrhage. ConclusionsAnterior placentation, namely, the placenta with a longer os-placental edge distance in the anterior wall than in the posterior wall, was a risk of massive hemorrhage during CS for PP.
  • Shigeki Matsubara, Mami Kobayashi, Yosuke Baba, Rie Usui
    JOURNAL OF EMERGENCY MEDICINE 46 3 E97 - E98 2014年03月 [査読有り][通常論文]
  • Shigeki Matsubara, Manabu Nakata, Yosuke Baba, Haruna Suzuki, Hiroyasu Nakamura, Mitsuaki Suzuki
    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH 40 2 586 - 589 2014年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Uterine artery pseudoaneurysm (UAP) can occur after cesarean section or traumatic delivery, usually manifesting as postpartum hemorrhage. Here we report a patient with UAP possibly caused by septic abortion. She had high fever and bleeding with positive urine pregnancy test. We diagnosed this condition as septic abortion. Ultrasound revealed an intrauterine echogenic mass and color Doppler revealed swirling blood flow within the mass. Contrast-enhanced computed tomography showed a heterogeneously enhanced intrauterine mass. Selective internal iliac artery angiography revealed contrast medium within the mass immediately after medium injection. Bilateral uterine artery embolization was performed, after which medium no longer accumulated in the uterus, and hemostasis was achieved, confirming the diagnosis as UAP. Antibiotic treatment ameliorated the infection and the uterine content was expelled and absorbed. UAP can occur even without preceding procedures and may manifest abortive, and not postpartum, hemorrhage. UAP may be hidden behind septic abortion.
  • Shigeki Matsubara, Yosuke Baba, Hirotada Suzuki, Haruna Suzuki, Tomomi Nagashima, Mitsuaki Suzuki
    Acta Obstetricia et Gynecologica Scandinavica 92 10 1234 - 1235 2013年10月 [査読有り][通常論文]
  • Shigeki Matsubara, Yosuke Baba
    Acta Obstetricia et Gynecologica Scandinavica 92 6 734 - 735 2013年06月 [査読有り][通常論文]
  • Yosuke Baba, Shizukiyo Ishikawa, Kazunori Kayaba, Tadao Gotoh, Eiji Kajii
    BLOOD PRESSURE 20 1 10 - 14 2011年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Background. The relationship between pulse pressure (PP) and stroke has been described in populations outside Japan. Here, we investigated the relationship between PP and stroke incidence in Japan. Methods. Study subjects were 11,097 people (4315 men and 6782 women) in 12 rural areas of Japan enrolled in the Jichi Medical School Cohort Study, a population-based prospective study. The subjects were divided into quintiles of PP. Baseline data were obtained by questionnaire and health checkups between April 1992 and July 1995, and the incidence of all strokes and stroke subtypes was monitored. Results. A total of 412 strokes were observed during a mean follow-up period of 10.7 years. After adjusting for age, smoking status, drinking status, total cholesterol, low-density lipoprotein-cholesterol, high-density lipoprotein-cholesterol, body mass index and diabetes mellitus, hazard ratios [HRs] in the second to fifth quintiles of PP for all strokes were 1.06 (95% confidence interval [CI] 0.69-1.64), 1.53 (CI 1.02-2.28), 2.02 (CI 1.38-2.96) and 2.22 (CI 1.53-3.20) compared with the first quintile using Cox's proportional hazard model, respectively. Conclusion. Our findings suggest high PP is at an increased risk of stroke.
  • Yosuke Baba, Shizukiyo Ishikawa, Yoko Amagi, Kazunori Kayaba, Tadao Gotoh, Eiji Kajii
    MENOPAUSE-THE JOURNAL OF THE NORTH AMERICAN MENOPAUSE SOCIETY 17 3 506 - 510 2010年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Objective: Few epidemiological studies have examined the relationship between age at menopause and stroke incidence, and none have done so in Japanese women. Here, we investigated the relationship between age at menopause and stroke incidence in a large group of Japanese women. Methods: The study participants were 4,790 postmenopausal women aged 36 to 89 years enrolled in the Jichi Medical School Cohort Study, a population-based prospective study. Baseline data were obtained by questionnaire and health checkups between April 1992 and July 1995 in 12 rural areas in Japan. The incidence of all strokes and stroke subtypes was monitored. Results: Mean (SD) participant age was 61.0 (6.7) years, and mean (SD) age at menopause was 48.3 (4.8) years. A total of 185 strokes were observed during a mean follow-up of 10.8 years. On adjustment for age, systolic blood pressure, total cholesterol, body mass index, smoking habits, and alcohol drinking habits, hazard ratios (95% CIs) of stroke for women who underwent menopause before age 40 years, at 40 to 44 years, at 45 to 49 years, and at 55 years or after relative to those who underwent menopause at age 50 to 54 years were 1.56 (0.78-3.12), 1.59 (1.00-2.51), 1.28 (0.92-1.78), and 0.83 (0.38-1.81), respectively. However, hazard ratios (95% CI) of cerebral infarction for women who underwent menopause before age 40 years, at 40 to 44 years, at 45 to 49 years, and at 55 years or after relative to those who underwent menopause at age 50 to 54 years were 2.57 (1.20-5.49), 1.49 (0.80-2.78), 1.06 (0.67-1.68), and 1.08 (0.43-2.74), respectively. Conclusions: Our data suggest that Japanese women who undergo menopause before age 40 years are at an increased risk of cerebral infarction. Premature menopause should be considered an indicator of the need for more aggressive medical intervention aimed at the prevention of cerebral infarction.
  • Takashi Watanabe, Shigeki Matsubara, Yosuke Baba, Hitoshi Tanaka, Tatsuya Suzuki, Mitsuaki Suzuki
    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH 35 3 562 - 564 2009年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Segawa disease is an autosomal dominant trait characterized by progressive dystonia with marked diurnal fluctuation. Levodopa therapy dramatically improves the symptoms. We present the case of a pregnant woman with Segawa disease with a successful outcome. At the age of ten, bilateral clubfeet appeared as her first symptom. She was diagnosed as having Segawa disease and levodopa was administered with complete disappearance of the symptoms. She became pregnant and received levodopa throughout the pregnancy, and delivered a healthy male infant. A literature review and the present case indicated that out of nine pregnancies in six women with Segawa disease, all six pregnancies treated with levodopa monotherapy resulted in an uneventful obstetrical course and healthy infants; however, the remaining three pregnancies, two with levodopa and carbidopa and one without medication, resulted in fetal loss. Women with Segawa disease may be able to give birth to healthy infants with levodopa monotherapy.
  • Hagihara S, Matsubara S, Kuwata T, Baba Y, Shimada K, Yamanaka H, Watanabe T, Suzuki M
    Twin research : the official journal of the International Society for Twin Studies 6 4 267 - 269 4 2003年08月 [査読有り][通常論文]

MISC

  • 堀江健司, 高橋宏典, 馬場洋介, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 54 (2) 615 -615 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 平嶋洋斗, 大口昭英, 小古山学, 永山志穂, 平嶋周子, 高橋佳代, 鈴木寛正, 馬場洋介, 高橋宏典, 薄井里恵, 藤原寛行, 松原茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 54 (2) 610 -610 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 佐野実穂, 高橋宏典, 堀江健司, 平嶋洋人, 馬場洋介, 鈴木寛正, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 54 (2) 682 -682 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 産褥5日にPRESに脳実質出血を合併した抗リン脂質抗体症候群合併妊婦症例報告
    平嶋 洋斗, 大口 昭英, 小古山 学, 永山 志穂, 平嶋 周子, 高橋 佳代, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 高橋 宏典, 薄井 里恵, 藤原 寛行, 松原 茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 54 (2) 610 -610 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • たこつぼ心筋症と妊娠高血圧腎症の合併 症例報告
    堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 54 (2) 615 -615 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 帝王切開瘢痕部妊娠におけるMTX単回局注療法の成績
    佐野 実穂, 高橋 宏典, 堀江 健司, 平嶋 洋人, 馬場 洋介, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 54 (2) 682 -682 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 一次治療として選択的血管塞栓術(IVR)を施行した分娩時腟壁血腫 症例報告
    伊藤 千紗, 馬場 洋介, 石田 洋一, 平嶋 洋斗, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 大口 昭英, 宇賀神 敦, 中村 仁康, 松原 茂樹 栃木県産婦人科医報 44 47 -50 2018年03月 [査読無し][通常論文]
     
    腟壁血腫は、損傷血管が深部の事や、血腫の形成方向が後腹膜腔内に向かう事があり、総出血量及び全体像の把握が、外陰血腫に比べて難しい。腟壁血腫の原因となった損傷血管を、臨床経過から予想し、深部損傷が疑われる場合には、Dynamic CTが有用である。損傷血管が深部かつextravasationを伴うような腟壁血腫では、一次治療として選択的血管塞栓術(IVR:interventional radiology)が考慮される。(著者抄録)
  • 蛋白尿は同種間輸血の独立危険因子 単胎10,523名,双胎900名の解析
    馬場 洋介, 高橋 宏典, 伊藤 千紗, 伊東 孝晃, 織田 恭子, 香川 景子, 斗澤 昇平, 藤本 揚子, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 70 (2) 784 -784 2018年02月 [査読無し][通常論文]
  • 妊娠高血圧腎症,HELLP症候群の発症週数別sFlt-1,PlGF,及びsFlt-1/PlGFの比較
    鈴木 寛正, 平嶋 周子, 永山 志穂, 小古山 学, 馬場 洋介, 高橋 宏典, 高橋 佳代, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 70 (2) 812 -812 2018年02月 [査読無し][通常論文]
  • 流産後の子宮動脈仮性動脈瘤 出血後の自然退縮例
    香川 景子, 平嶋 洋斗, 小古山 学, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 高橋 宏典, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 関東連合産科婦人科学会誌 54 (3) 296 -296 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 流産後の子宮動脈仮性動脈瘤 出血後の自然退縮例
    香川 景子, 平嶋 洋斗, 小古山 学, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 高橋 宏典, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 関東連合産科婦人科学会誌 54 (3) 296 -296 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 蛋白/クレアチニン比と24時間尿中蛋白量との関係の再検討 検査時高血圧あり/なしに分けて
    馬場 洋介, 高橋 宏典, 高橋 佳代, 平嶋 洋斗, 小古山 学, 廣瀬 典子, 永山 志穂, 森澤 宏行, 小林 由香子, 大橋 麻衣, 安部 まさき, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 53 (2) 491 -491 2017年06月 [査読無し][通常論文]
  • 子宮腺筋症変性を示した妊婦の1例
    平嶋 洋斗, 大口 昭英, 小古山 学, 永山 志穂, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 53 (2) 672 -672 2017年06月 [査読無し][通常論文]
  • 子宮腺筋症術後分娩の4例 頸管長短縮あり対なし
    杉山 瑞穂, 馬場 洋介, 吉田 智香子, 齋藤 こよみ, 大橋 麻衣, 今井 賢, 新井 美幸, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 関東連合産科婦人科学会誌 54 (2) 150 -150 2017年05月 [査読無し][通常論文]
  • 自然軽快した子宮動脈仮性動脈瘤の超音波所見の変化 症例報告
    馬場 洋介, 高橋 宏典, 高橋 佳代, 桑田 知之, 松原 茂樹 超音波医学 44 (Suppl.) S569 -S569 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 骨形成不全症type I胎児の超音波所見 症例報告
    高橋 宏典, 馬場 洋介, 桑田 知之, 堀江 健司, 高橋 佳代, 松原 茂樹 超音波医学 44 (Suppl.) S677 -S677 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 自然軽快した子宮動脈仮性動脈瘤の超音波所見の変化 症例報告
    馬場 洋介, 高橋 宏典, 高橋 佳代, 桑田 知之, 松原 茂樹 超音波医学 44 (Suppl.) S569 -S569 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 骨形成不全症type I胎児の超音波所見 症例報告
    高橋 宏典, 馬場 洋介, 桑田 知之, 堀江 健司, 高橋 佳代, 松原 茂樹 超音波医学 44 (Suppl.) S677 -S677 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • サイナソイダルパターンが出現した胎児先天性心疾患 症例報告
    杉山 瑞穂, 永山 志穂, 薄井 里英, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 浅野 歩未, 高橋 宏典, 桑田 知之, 大口 昭英, 松原 茂樹 栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ (43) 15 -17 2017年03月 [査読無し][通常論文]
  • サイナソイダルパターンが出現した胎児先天性心疾患 症例報告
    杉山 瑞穂, 永山 志穂, 薄井 里英, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 浅野 歩未, 高橋 宏典, 桑田 知之, 大口 昭英, 松原 茂樹 栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ (43) 15 -17 2017年03月 [査読無し][通常論文]
     
    胎児先天性心疾患管理中にサイナソイダルパターンが出現し、分娩時期の判断に苦慮した34歳女性の症例を報告した。対象患者は自然妊娠1回経産婦であった。妊娠17週に本人希望でクアトロテストを行い、陽性であったため、羊水染色体検査を施行したが、正常核型であった。妊娠31週に超音波検査で胎児総動脈幹症、心室中隔欠損症との診断で自治医科大学へ紹介となり、妊娠33週に子宮収縮と頸管長短縮があり、切迫早産の判断で入院となった。妊娠33週5日の胎児心拍数モニタリングで、サイナソイダルパターンが出現した。胎児心疾患合併症のため、できるだけ週数経過してからの出生が望まれていたため、経過観察とした。妊娠34週5日に、胎児の皮下浮腫と心嚢液が出現し、サイナソイダルパターンと遅発性一過性徐脈も出現したため、胎児機能不全の診断で、緊急帝王切開術を施行した。2470gの女児でApgar score 5点(1分)、6点(5分)であった。
  • 正常血圧妊婦に生じた分娩時子癇2症例
    新井 良子, 小林 真実, 薄井 里英, 田村 昴平, 横山 美樹, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 大口 昭英, 松原 茂樹 栃木県産婦人科医報 43 28 -30 2017年03月 [査読無し][通常論文]
     
    子癇は通常高度の高血圧を伴うが、高血圧が認められない妊婦でも分娩子癇を起こし得る。今回、妊娠高血圧症候群と診断されていなかった正常経過妊婦での分娩子癇発症例を2例報告する。1例は、陣痛発来時は正常血圧、1例は軽症域の高血圧であり、どちらもMgSO4の予防投与は行われていなかった。分娩時に初めて高血圧を示す症例の存在を認識し、医療介入が必要かどうか慎重に判断する必要があることが示唆された。(著者抄録)
  • 静脈管欠損(extrahepatic drainage type)と肝部分欠損との合併例
    堀江 健司, 高橋 宏典, 新井 美幸, 馬場 洋介, 小林 真実, 高橋 佳代, 桑田 知之, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 69 (2) 1016 -1016 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 前置胎盤帝王切開 既往帝王切開回数および既往子宮内容除去術回数と母児周産期予後との関連
    馬場 洋介, 高橋 宏典, 桑田 知之, 大口 昭英, 薄井 里英, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 小古山 学, 新井 良子, 田村 昴平, 成見 莉沙, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 69 (2) 761 -761 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 内子宮口に接する胎盤辺縁が、胎盤実質の場合と辺縁静脈洞の場合との周産期予後比較 辺縁前置胎盤91例の検討
    平嶋 洋斗, 馬場 洋介, 高橋 宏典, 桑田 知之, 大口 昭英, 薄井 里英, 鈴木 寛正, 廣瀬 典子, 森澤 宏行, 斎藤 こよみ, 小林 真実, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 69 (2) 762 -762 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 子宮摘出を要する癒着胎盤予知因子 24例の後方視的研究
    永山 志穂, 桑田 知之, 小林 真実, 小古山 学, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 69 (2) 762 -762 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 妊産婦の深部静脈血栓症・肺塞栓症 単施設22例の検討
    大橋 麻衣, 高橋 宏典, 堀江 健司, 今井 賢, 斎藤 こよみ, 永山 志穂, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 69 (2) 871 -871 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 妊娠前body mass index(BMI)及び妊娠中の体重増加と妊娠高血圧症候群の発症
    鈴木 寛正, 大口 昭英, 永山 志穂, 小古山 学, 平嶋 周子, 高橋 佳代, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 69 (2) 990 -990 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 静脈管欠損(extrahepatic drainage type)と肝部分欠損との合併例
    堀江 健司, 高橋 宏典, 新井 美幸, 馬場 洋介, 小林 真実, 高橋 佳代, 桑田 知之, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 69 (2) 1016 -1016 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 前置胎盤帝王切開 既往帝王切開回数および既往子宮内容除去術回数と母児周産期予後との関連
    馬場 洋介, 高橋 宏典, 桑田 知之, 大口 昭英, 薄井 里英, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 小古山 学, 新井 良子, 田村 昴平, 成見 莉沙, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 69 (2) 761 -761 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 内子宮口に接する胎盤辺縁が、胎盤実質の場合と辺縁静脈洞の場合との周産期予後比較 辺縁前置胎盤91例の検討
    平嶋 洋斗, 馬場 洋介, 高橋 宏典, 桑田 知之, 大口 昭英, 薄井 里英, 鈴木 寛正, 廣瀬 典子, 森澤 宏行, 斎藤 こよみ, 小林 真実, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 69 (2) 762 -762 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 子宮摘出を要する癒着胎盤予知因子 24例の後方視的研究
    永山 志穂, 桑田 知之, 小林 真実, 小古山 学, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 69 (2) 762 -762 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 妊産婦の深部静脈血栓症・肺塞栓症 単施設22例の検討
    大橋 麻衣, 高橋 宏典, 堀江 健司, 今井 賢, 斎藤 こよみ, 永山 志穂, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 69 (2) 871 -871 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 妊娠前body mass index(BMI)及び妊娠中の体重増加と妊娠高血圧症候群の発症
    鈴木 寛正, 大口 昭英, 永山 志穂, 小古山 学, 平嶋 周子, 高橋 佳代, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 69 (2) 990 -990 2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 母体腹腔内出血を示したビタミンK欠乏症合併重症妊娠悪阻
    橋本 真美, 馬場 洋介, 森澤 宏行, 齋藤 こよみ, 小古山 学, 永山 志穂, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 関東連合産科婦人科学会誌 53 (3) 382 -382 2016年08月 [査読無し][通常論文]
  • 母体腹腔内出血を示したビタミンK欠乏症合併重症妊娠悪阻
    橋本 真美, 馬場 洋介, 森澤 宏行, 齋藤 こよみ, 小古山 学, 永山 志穂, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 関東連合産科婦人科学会誌 53 (3) 382 -382 2016年08月 [査読無し][通常論文]
  • 日本人妊婦における2014〜2015シーズンの季節性インフルエンザ 初産婦と経産婦の比較
    山田 崇弘, 河上 祥一, 吉田 悠晋, 川村 裕士, 太田 志代, 安部 加奈子, 濱田 洋実, 土肥 聡, 市塚 清健, 瀧田 寛子, 馬場 洋介, 松原 茂樹, 望月 純子, 海野 信也, 前川 有香, 前田 眞, 犬走 英介, 芥川 典之, 久保 隆彦, 小田 泰也, 山田 俊, 山岸 絵美, 中井 章人, 淵 直樹, 増崎 英明, 占部 智, 工藤 美樹, 野溝 万吏, 佐川 典正, 前田 隆嗣, 上塘 正人, 川端 公輔, 片岡 宙門, 塩崎 有宏, 斎藤 滋, 関沢 明彦, 水上 尚典 日本周産期・新生児医学会雑誌 52 (2) 568 -568 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 妊娠高血圧腎症ハイリスク妊婦における妊娠中の末梢血中のCD4+FoxP3+制御性T細胞の変化
    永山 志穂, 大口 昭英, 高橋 佳代, 小林 真美, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 平嶋 周子, 松原 茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 52 (2) 671 -671 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 糖尿病性慢性腎不全透析妊婦における血清sFlt-1、PIGF及びsEng変化
    森澤 宏行, 大口 昭英, 高橋 宏典, 小古山 学, 猿山 美幸, 平嶋 周子, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 52 (2) 503 -503 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 癒着胎盤に伴う子宮全摘において出血量に関与する因子の検討
    高橋 宏典, 堀江 健司, 小林 真実, 小古山 学, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 52 (2) 664 -664 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 随時尿中タンパク/クレアチニン比が推奨される妊婦とは?1033妊婦(2212検体)の解析 多施設前向き観察研究
    馬場 洋介, 山田 崇弘, 小畠 真奈, 安田 俊, 大野 泰正, 川端 公輔, 皆川 詩織, 平井 千裕, 日下 秀人, 村林 奈緒, 印出 佑介, 奈倉 道和, 濱田 洋実, 板倉 敦夫, 大口 昭英, 前田 眞, 佐川 典正, 中井 章人, 片岡 宙門, 藤森 敬也, 工藤 美樹, 池田 智明, 水上 尚典 日本周産期・新生児医学会雑誌 52 (2) 500 -500 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 糖尿病性慢性腎不全透析妊婦における血清sFlt-1、PlGF及びsEng変化
    森澤 宏行, 大口 昭英, 高橋 宏典, 小古山 学, 猿山 美幸, 平嶋 周子, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 52 (2) 503 -503 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 癒着胎盤に伴う子宮全摘において出血量に関与する因子の検討
    高橋 宏典, 堀江 健司, 小林 真実, 小古山 学, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 52 (2) 664 -664 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 妊娠高血圧腎症ハイリスク妊婦における妊娠中の末梢血中のCD4+FoxP3+制御性T細胞の変化
    永山 志穂, 大口 昭英, 高橋 佳代, 小林 真美, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 平嶋 周子, 松原 茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 52 (2) 671 -671 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 経腟超音波で胎盤辺縁までの最短距離が計測不可な前置胎盤は同種間輸血の独立危険因子
    馬場 洋介, 高橋 宏典, 高橋 佳代, 桑田 知之, 松原 茂樹 超音波医学 43 (Suppl.) S525 -S525 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 子宮底部血腫 帝王切開瘢痕部妊娠の補助診断所見
    高橋 宏典, 桑田 知之, 馬場 洋介, 高橋 佳代, 松原 茂樹 超音波医学 43 (Suppl.) S719 -S719 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 経腟超音波で胎盤辺縁までの最短距離が計測不可な前置胎盤は同種間輸血の独立危険因子
    馬場 洋介, 高橋 宏典, 高橋 佳代, 桑田 知之, 松原 茂樹 超音波医学 43 (Suppl.) S525 -S525 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 子宮底部血腫 帝王切開瘢痕部妊娠の補助診断所見
    高橋 宏典, 桑田 知之, 馬場 洋介, 高橋 佳代, 松原 茂樹 超音波医学 43 (Suppl.) S719 -S719 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • T. Yamada, S. Kawakami, Y. Yoshida, H. Kawamura, S. Ohta, K. Abe, H. Hamada, S. Dohi, K. Ichizuka, H. Takita, Y. Baba, S. Matsubara, J. Mochizuki, N. Unno, Y. Maegawa, M. Maeda, E. Inubashiri, N. Akutagawa, T. Kubo, T. Shirota, Y. Oda, T. Yamada, E. Yamagishi, A. Nakai, N. Fuchi, H. Masuzaki, S. Urabe, Y. Kudo, M. Nomizo, N. Sagawa, T. Maeda, M. Kamitomo, K. Kawabata, S. Kataoka, A. Shiozaki, S. Saito, A. Sekizawa, H. Minakami European Journal of Clinical Microbiology and Infectious Diseases 35 (4) 665 -671 2016年04月 [査読無し][通常論文]
     
    © 2016, Springer-Verlag Berlin Heidelberg.This study was performed to determine whether multiparous pregnant women are prone to influenza. A questionnaire survey was conducted at 19 centres located throughout Japan, targeting all 6,694 postpartum women within 7 days after birth before leaving the hospital. All women gave birth during the study period between March 1, 2015, and July 31, 2015. Data regarding vaccination and influenza infection in or after October 2014, age, previous experience of childbirth, and number and ages of cohabitants were collected. Seventy-eight percent (n = 51,97) of women given questionnaires responded. Of these, 2,661 (51 %) and 364 (7.0 %) women reported having been vaccinated and having contracted influenza respectively. Multiparous women had a higher risk of influenza regardless of vaccination status (8.9 % [121/1362] vs 5.7 % [74/1299], relative risk [95 % confidence interval], 1.80 [1.36 to 2.38] for vaccinated and 9.3 % [112/1198] vs 4.3 % [57/1328], 2.18 [1.60 to 2.97] for unvaccinated women) compared to primiparous women. The risk of influenza increased with increasing number of cohabitants: 4.8 % (100/2089), 7.5 %, (121/1618), 9.0 %, (71/785), and 10.4 % (58/557) for women with 1, 2, 3, and ≥4 cohabitants respectively. Family size is a risk factor for influenza infection in pregnancy.
  • S. Matsubara, Y. Baba, H. Morisawa, H. Takahashi, A. K. Lefor EUROPEAN JOURNAL OF OBSTETRICS & GYNECOLOGY AND REPRODUCTIVE BIOLOGY 198 177 -178 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 【産婦人科処方実践マニュアル】 (第1章)周産期分野 妊娠中の産科異常 妊娠悪阻
    馬場 洋介, 松原 茂樹 産科と婦人科 83 (Suppl.) 8 -11 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂, 鈴木 寛正, 薄井 里英, 桑田 円, 横山 瑞浩, 堀江 健司, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 大口 昭英, 松原 茂樹 栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ (42) 13 -15 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳(2経妊0経産)。妊娠19週4日に出血と腹部膨満感を主訴に来院し、切迫流産の診断で入院となった。塩酸リトドリンの経静脈投与を66μg/分から開始し、炎症所見が軽快した後、21週0日に緊急マクドナルド頸管縫縮術を行った。その後、子宮収縮や頸管所見に応じてリトドリンを200μg/分まで徐々に増量した。母体の心拍数はリトドリン投与前が80bpm台、投与後が90〜110bpmであった。リトドリン投与55日目、起床時に突然の強い動悸を訴えた。脈拍は150〜170bpm、血圧は118/56mmHg、SpO2は97%、12誘導心電図は心拍数160bpm、R-R間隔は不整でP波を認めず、心房細動と診断した。心房細動の原因を明らかにするため、原因となりうる「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」「薬剤」について鑑別診断を行った結果、「心疾患」「電解質異常」「甲状腺機能亢進症」は否定的であり、投与中の薬剤はリトドリンのみであったことから、リトドリンによる薬剤性の心房細動と診断した。
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 栃木県産婦人科医報 42 53 -55 2016年03月 [査読無し][通常論文]
     
    新生児同種免疫性血小板減少症(Neonatal alloimmune thrombocytopenia:NAIT)とは、免疫学的機序により起こる児の一過性血小板減少症であり、同胞罹患率が高い。母親に患児の血小板と反応する抗血小板抗体が証明されることが診断基準の一つであるが、原因抗体が明らかでない同胞発症症例を経験した。臨床経過からNAITが否定できない場合には、原因抗体が不明であっても次の妊娠分娩の際にNAITに準じた慎重な管理が必要である。(著者抄録)
  • 子宮動脈仮性動脈瘤50例の検討 extravasation(-)例の特徴
    馬場 洋介, 松原 茂樹, 桑田 知之, 大口 昭英, 薄井 里英, 高橋 宏典, 鈴木 寛正, 廣瀬 典子, 永山 志穂, 小古山 学, 猿山 美幸, 平嶋 洋斗 日本産科婦人科学会雑誌 68 (2) 775 -775 2016年02月 [査読無し][通常論文]
  • 妊娠中発症の多発性筋炎・切迫早産例
    小古山 学, 小林 由香子, 高橋 宏典, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 68 (2) 943 -943 2016年02月 [査読無し][通常論文]
  • 妊娠後期前半の血清LIGHTを用いた妊娠高血圧腎症の発症予知
    平嶋 周子, 大口 昭英, 高橋 佳代, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 68 (2) 986 -986 2016年02月 [査読無し][通常論文]
  • 白衣高血圧及び真性高血圧における妊娠高血圧腎症発生率
    大口 昭英, 高橋 佳代, 猿山 美幸, 平嶋 周子, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹 日本産科婦人科学会雑誌 68 (2) 986 -986 2016年02月 [査読無し][通常論文]
  • 小古山 学, 小林 由香子, 高橋 宏典, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹 日本産科婦人科學會雜誌 68 (2) 2016年02月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹, 桑田 知之, 大口 昭英, 薄井 里英, 高橋 宏典, 鈴木 寛正, 廣瀬 典子, 永山 志穂, 小古山 学, 猿山 美幸, 平嶋 洋斗 日本産科婦人科學會雜誌 68 (2) 2016年02月 [査読無し][通常論文]
  • 大口 昭英, 高橋 佳代, 猿山 美幸, 平嶋 周子, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹 日本産科婦人科學會雜誌 68 (2) 2016年02月 [査読無し][通常論文]
  • 平嶋 周子, 大口 昭英, 高橋 佳代, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹 日本産科婦人科學會雜誌 68 (2) 2016年02月 [査読無し][通常論文]
  • 「ウイルス・細菌感染と喘息」に寄せる IL-33と炎症における免疫応答
    馬場 洋介, 山崎 晋, 大塚 宜一, 清水 俊明 アレルギーの臨床 36 (1) 57 -59 2016年01月 [査読無し][通常論文]
     
    IL-33の受容体であるST2(IL-1RL1:Interleukin-1 Receptor Like 1)は、アレルギーや感染における免疫応答において重要な役割をもたらしていると考えられている。主にマスト細胞や好塩基球に発現するが、グループ2自然リンパ球を刺激し自然免疫に関与することが報告されている。ヒトST2遺伝子の発現制御機構として、そのプロモーターに関連する転写調節因子の作用は徐々に解明されてきているが、その作用は複雑で不明な部分も多い。GWAS解析が進められ、様々な疾患の原因遺伝子としてST2遺伝子が見出されているが、アレルギー発症の解明において小児におけるそれらの遺伝子解析や発現機序の解析も十分ではない。アレルギー疾患や病原体による炎症におけるIL-33の役割もいまだに明らかになっておらず、現在その機序を遺伝子レベルで解析中である。小児におけるこれらの機序の解明は疾患制御において非常に重要であり今後の大きな研究課題と考える。(著者抄録)
  • 【周産期診療べからず集】 【母体・胎児編】妊娠初期[産科合併症] 肥満妊婦での重症妊娠悪阻を見逃すべからず
    馬場 洋介 周産期医学 45 (増刊) 94 -96 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 子宮筋腫核出術後に未破裂で発見された子宮動脈仮性動脈瘤 症例報告
    平嶋 洋斗, 竹井 裕二, 馬場 洋介, 猿山 美幸, 高橋 詳史, 町田 静生, 種市 明代, 藤原 寛行, 松原 茂樹 関東連合産科婦人科学会誌 52 (3) 491 -491 2015年08月 [査読無し][通常論文]
  • 齋藤慎之介, 須田史朗, 齋藤こよみ, 馬場洋介, 加藤敏 精神科治療学 30 (7) 985 -989 2015年07月 [査読無し][通常論文]
     
    産褥精神病の再発予防としては、妊娠後期からあるいは分娩直後からのlithium内服の有効性が確立されている。しかしながら、本症は症状発現が産褥期に限定されることが少なくなく、そのため再発リスクが軽視され、産後再発が起ってから精神科へ診察依頼がなされるという可能性がある。症例は34歳妊婦である。33歳時、第1子分娩後に著しい精神運動興奮を伴う非定型精神病像を呈したが、その後は残遺症状なく寛解し、半年で治療終結した。34歳時に第2子妊娠・出産のため当院産科へ入院した。精神科医が介入し、分娩直後からlithiumの内服が開始された。以後精神状態は安定したまま経過し、再発は予防しえたと考えられた。再発予防の機会を逸しないためには、産科医は、高リスク群に対しては、たとえ症状がなくとも分娩前に精神科医への診察依頼を検討すべきである。また、発症した症例に関しては、再発リスクとその予防法について説明しておくべきである。(著者抄録)
  • 森澤宏行, 高橋宏典, 有賀治子, 廣瀬典子, 小古山学, 鈴木寛正, 馬場洋介, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 51 (2) 809 -809 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 鈴木寛正, 大口昭英, 平嶋周子, 高橋佳代, 森澤宏行, 永山志穂, 高橋宏典, 馬場洋介, 桑田知之, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 51 (2) 691 -691 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 松原茂樹, 大口昭英, 桑田知之, 薄井里英, 高橋宏典, 鈴木寛正, 廣瀬典子, 永山志穂, 小古山学, 猿山美幸 日本周産期・新生児医学会雑誌 51 (2) 693 -693 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 小古山学, 大口昭英, 猿山美幸, 永山志穂, 鈴木寛正, 高橋宏典, 馬場洋介, 高橋佳代, 桑田知之, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 51 (2) 711 -711 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 高橋宏典, 小林真実, 猿山美幸, 小古山学, 廣瀬典子, 永山志穂, 鈴木寛正, 馬場洋介, 桑田知之, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 51 (2) 873 -873 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 小林真実, 高橋宏典, 猿山美幸, 鈴木寛正, 馬場洋介, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 51 (2) 710 -710 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 本邦妊婦のインフルエンザ感染とその予防・治療の現況 多施設共同研究
    馬場 洋介, 松原 茂樹, 水上 尚典, 山田 崇弘, 濱田 洋実, 安部 加奈子, 芥川 典之, 犬走 英介, 片岡 宙門, 川端 公輔, 久保 隆彦, 前田 真, 前川 由香, 増崎 英明, 淵 直樹, 佐川 典正, 野溝 万吏, 中井 章人, 島田 学, 斉藤 滋, 塩崎 有宏 日本産婦人科感染症学会学術講演会プログラム・抄録集 32回 46 -46 2015年05月 [査読無し][通常論文]
  • 子宮内反整復後の弛緩出血に対するMY縫合+Bakriバルーン(MY uterine sandwich) 症例報告
    木村 円, 鈴木 寛正, 大口 昭英, 森澤 宏行, 小古山 学, 馬場 洋介, 高橋 宏典, 廣瀬 典子, 猿山 美幸, 薄井 里英, 松原 茂樹 関東連合産科婦人科学会誌 52 (2) 291 -291 2015年05月 [査読無し][通常論文]
  • 子宮内反整復後の弛緩出血に対するMY縫合+Bakriバルーン(MY uterine sandwich) 症例報告
    木村 円, 鈴木 寛正, 大口 昭英, 森澤 宏行, 小古山 学, 馬場 洋介, 高橋 宏典, 廣瀬 典子, 猿山 美幸, 薄井 里英, 松原 茂樹 関東連合産科婦人科学会誌 52 (2) 291 -291 2015年05月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 松原茂樹 臨床婦人科産科 69 (4) 271 -275 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 鈴木 光明 産科と婦人科 82 (4) 428 -430 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹 臨床婦人科産科 69 (4) 271 -275 2015年04月 [査読無し][通常論文]
     
    <POINT>妊娠週数が正しいことを再確認する.胎児well-being監視を怠らない.(著者抄録)
  • S. Matsubara, Y. Baba BJOG-AN INTERNATIONAL JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY 122 (3) 448 -448 2015年02月 [査読無し][通常論文]
  • 胎盤関連分子 妊娠初期栄養膜細胞におけるa Disintegrin and Metalloproteinase(ADAM)ファミリーの発現 絨毛外栄養膜細胞浸潤へのADAM関与可能性
    高橋 宏典, 松原 茂樹, 大口 昭英, 薄井 里英, 桑田 知之, 馬場 洋介, 鈴木 寛正, 瀧澤 俊広, 鈴木 光明 日本産科婦人科学会雑誌 67 (2) 508 -508 2015年02月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 薄井 里英, 大口 昭英, 鈴木 光明 日本産科婦人科學會雜誌 67 (2) 2015年02月 [査読無し][通常論文]
  • 高橋 宏典, 松原 茂樹, 大口 昭英, 薄井 里英, 桑田 知之, 馬場 洋介, 鈴木 寛正, 瀧澤 俊広, 鈴木 光明 日本産科婦人科學會雜誌 67 (2) 2015年02月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 松原茂樹, 鈴木寛正, 高橋宏典, 薄井里英, 大口昭英, 鈴木光明 日本産科婦人科学会雑誌 67 (2) 798 -798 2015年02月 [査読無し][通常論文]
  • 高橋宏典, 松原茂樹, 大口昭英, 薄井里英, 桑田知之, 馬場洋介, 鈴木寛正, 瀧澤俊広, 鈴木光明 日本産科婦人科学会雑誌 67 (2) 508 2015年02月 [査読無し][通常論文]
  • S. Matsubara, Y. Baba, A. Ohkuchi Journal of Perinatology 34 (8) 649 -649 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 再三の再発巣に対し放射線治療が奏効した子宮体部明細胞腺癌の一例
    岩下 あゆみ, 竹井 裕二, 藤原 寛行, 佐藤 尚人, 野中 宏亮, 斎藤 こよみ, 馬場 洋介, 永島 友美, 町田 静生, 鈴木 光明 関東連合産科婦人科学会誌 51 (3) 402 -402 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 高橋宏典, 桑田知之, 向田幸子, 永山志穂, 廣瀬典子, 鈴木寛正, 馬場洋介, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 50 (2) 821 -821 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 向田幸子, 薄井里英, 高橋宏典, 鈴木寛正, 馬場洋介, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 50 (2) 794 -794 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 松原茂樹, 大口昭英, 桑田知之, 薄井里英, 高橋宏典, 鈴木寛正, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 50 (2) 701 -701 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 永山志穂, 桑田知之, 廣瀬典子, 向田幸子, 鈴木寛正, 馬場洋介, 高橋宏典, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 50 (2) 888 -888 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 斎藤慎之介, 須田史朗, 斎藤こよみ, 馬場洋介, 加藤敏 日本精神神経学会総会プログラム・抄録集 110th (2014特別) S731 -S731 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 切迫早産妊婦におけるリトドリンの副反応に対するイソクスプリンの効果
    堀江 健司, 大口 昭英, 馬場 洋介, 鈴木 寛正, 桑田 知之, 薄井 里英, 松原 茂樹, 鈴木 光明 日本産科婦人科学会雑誌 66 (2) 780 -780 2014年02月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹, 桑田 知之, 大口 昭英, 薄井 里英, 猿山 美幸, 鈴木 光明 日本産科婦人科學會雜誌 66 (2) 2014年02月 [査読無し][通常論文]
  • 堀江 健司, 大口 昭英, 馬場 洋介, 鈴木 寛正, 桑田 知之, 薄井 里英, 松原 茂樹, 鈴木 光明 日本産科婦人科學會雜誌 66 (2) 2014年02月 [査読無し][通常論文]
  • Shigeki Matsubara, Manabu Nakata, Yosuke Baba, Haruna Suzuki, Hiroyasu Nakamura, Mitsuaki Suzuki JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH 40 (2) 586 -589 2014年02月 [査読無し][通常論文]
     
    Uterine artery pseudoaneurysm (UAP) can occur after cesarean section or traumatic delivery, usually manifesting as postpartum hemorrhage. Here we report a patient with UAP possibly caused by septic abortion. She had high fever and bleeding with positive urine pregnancy test. We diagnosed this condition as septic abortion. Ultrasound revealed an intrauterine echogenic mass and color Doppler revealed swirling blood flow within the mass. Contrast-enhanced computed tomography showed a heterogeneously enhanced intrauterine mass. Selective internal iliac artery angiography revealed contrast medium within the mass immediately after medium injection. Bilateral uterine artery embolization was performed, after which medium no longer accumulated in the uterus, and hemostasis was achieved, confirming the diagnosis as UAP. Antibiotic treatment ameliorated the infection and the uterine content was expelled and absorbed. UAP can occur even without preceding procedures and may manifest abortive, and not postpartum, hemorrhage. UAP may be hidden behind septic abortion.
  • 馬場洋介, 松原茂樹, 桑田知之, 大口昭英, 薄井里英, 猿山美幸, 鈴木光明 日本産科婦人科学会雑誌 66 (2) 801 -801 2014年02月 [査読無し][通常論文]
  • 堀江健司, 大口昭英, 馬場洋介, 鈴木寛正, 桑田知之, 薄井里英, 松原茂樹, 鈴木光明 日本産科婦人科学会雑誌 66 (2) 780 2014年02月 [査読無し][通常論文]
  • 猿山美幸, 桑田知之, 鈴木寛正, 高橋宏典, 馬場洋介, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 49 (2) 733 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 松原茂樹, 桑田知之, 薄井里英, 大口昭英, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 49 (2) 688 -688 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 無症候性の産褥子宮内仮性動脈瘤 1ヵ月健診時診断の重要性
    猿山 美幸, 桑田 知之, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹, 鈴木 光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 49 (2) 733 -733 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 葭葉 貴弘, 大口 昭英, 斉藤 こよみ, 馬場 洋介, 渡辺 尚, 桑田 知之, 薄井 里英, 松原 茂樹, 鈴木 光明 日本産科婦人科學會雜誌 65 (2) 2013年02月 [査読無し][通常論文]
  • 葭葉貴弘, 大口昭英, 斉藤こよみ, 馬場洋介, 渡辺尚, 桑田知之, 薄井里英, 松原茂樹, 鈴木光明 日本産科婦人科学会雑誌 65 (2) 764 -764 2013年02月 [査読無し][通常論文]
  • 今井賢, 藤原寛行, 鈴木はる奈, 野中宏亮, 高橋寿々代, 馬場洋介, 町田静夫, 種市明代, 竹井裕二, 嵯峨泰, 鈴木光明 関東連合産科婦人科学会誌 49 (3) 421 -421 2012年08月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 松原茂樹, 桑田知之, 薄井里英, 渡辺尚, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 48 (2) 350 -350 2012年06月 [査読無し][通常論文]
  • 葭葉貴弘, 今吉真由美, 馬場洋介, 田中均, 大口昭英 栃木県産婦人科医報 37 25 -27 2011年03月 [査読無し][通常論文]
     
    40歳3経妊3経産。約10年前、3回目帝王切開時にMadlener法により卵管結紮術を施行されていた。37℃台の微熱および腹痛で子宮頸癌検診後の発熱があり近医内科を受診し、急性腹症を疑われ外科に救急搬送された。腹部CTで左付属器領域に不整形な腫瘤影を認め、婦人科に紹介された。下腹部全体の圧痛、反跳痛および筋性防御等の腹膜刺激症状および内診での子宮頸管の移動痛が著明であった。経腟超音波および造影CTでは左附属器領域に拡張した卵管を思わせる管状構造を認め、小量の腹水を認めた。以上の所見から、左付属器、卵管留膿腫、骨盤腹膜炎と診断し、緊急手術を行った。腹壁と大網、子宮体部前面が癒着し、黄緑色の腹水が貯留し、腹壁癒着解除で左附属器と大網との癒着を認め、剥離中に膿汁の排出を認めた。左付属器を観察したところ、左卵管の間質部から卵管結紮を行ったと思われる部位までの腫脹があり、その一部が破裂し膿汁が排出されていた。左卵管瘤膿腫と診断し、左付属器を切除した。腹腔内洗浄を行い、抗生剤フロモキセフ、ミノサイクリン投与を行った。投与後も発熱が続き、炎症反応が改善しないためフロモキセフを増量したところ、術後7日目に解熱しCRPも改善した。病理所見では左卵管留膿腫であった。
  • 昇千穂美, 鈴木達也, 竹井裕二, 町田静生, 種市明代, 高橋寿々代, 馬場洋介, 藤原寛行, 鈴木光明 栃木県産婦人科医報 37 48 -52 2011年03月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は39歳、1経妊1経産。主訴は下腹部痛。腹水貯留、左卵巣腫大、CA125高値を示し、当科紹介となった。卵巣癌による癌性腹膜炎および結核性腹膜炎を鑑別診断に挙げ、CT/MRI、PET、腹水細胞診、腹水中ADA、腹水抗酸菌培養施行するも診断に至らず。腹膜生検により乾酪性肉芽腫を認め結核性腹膜炎と確定診断した。術後に様々な検体の抗酸菌培養・TB-PCRを施行したがいずれも陰性であり、唯一クオンティフェロンTB-2G検査(QFT)のみが陽性を示した。原因不明の腹水を認める場合、腹水の塗抹・培養・TB-PCRが陰性であっても、補助診断として腹水中ADAやQFTを検査した上で結核性腹膜炎を鑑別に挙げ、手術を含めた生検による組織学的検査を行うことが重要である。(著者抄録)
  • 大口昭英, 松原茂樹, 馬場洋介 わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 平成20-22年度 総括・分担研究報告書 192 -229 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 大口昭英, 馬場洋介, 松原茂樹 わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 平成22年度 総括・分担研究報告書 187 -222 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 大口昭英, 馬場洋介, 松原茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 46 (4) 1155 -1156 2010年12月 [査読無し][通常論文]
  • 妊婦健診体制を再考する 地域での妊婦健診体制 「産婦人科診療ガイドライン産科編2008」から見た検討
    大口 昭英, 馬場 洋介, 松原 茂樹 日本周産期・新生児医学会雑誌 46 (4) 1155 -1156 2010年12月 [査読無し][通常論文]
     
    2007年10月から3年間、県産婦人科医会に所属している96施設に郵送法でアンケート調査を行った。アンケート回収率は3年間を通じて100%であった。2007年10月時点で分娩を扱っている施設は48施設(50%)、妊婦健診のみを行っている施設は17施設(18%)であった。全妊婦にGDMスクリーニングを行っている施設は56%から81%と著増した。GDM高リスクに最初から診断検査(75gOGTT)を行っている施設は30%から45%とやや増加し、2段階法取り入れ施設は全妊婦へのGDMスクリーニング(ユニバーサルスクリーニング)を行っている施設においては38%から59%と増加、ユニバーサルスクリーニング(-)施設も含めた全施設では19%から51%と著増した。妊娠初期血糖カットオフ値として95mg/dl採用は2%から26%と著増、妊娠中期50gGCT採用施設は6%から16%とやや増加、産褥期に75gOGTTを勧めているか内科管理している施設は67%から86%と増加した。骨盤位経腟分娩とVBACにおける文書による同意取得は33%(2/6)から50%(2/4)と依然実施されていない施設が2施設みられた。Rh(D)陰性妊婦に対する妊娠28週前後での抗D免疫グロブリン投与は53%から74%と著増した。児体重の評価に胎児体重基準値使用施設は62%から77%と増加した。ヘパリン投与後5〜7日後の採血は36%から74%と2倍増した。
  • 馬場洋介, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 46 (2) 509 -509 2010年06月 [査読無し][通常論文]
  • 妊婦健診体制を再考する 地域での妊婦健診体制 「産婦人科診療ガイドライン産科編2008」から見た検討
    大口 昭英, 馬場 洋介, 松原 茂樹, 鈴木 光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 46 (2) 296 -296 2010年06月 [査読無し][通常論文]
  • 葭葉貴弘, 馬場洋介, 今吉真由美, 田中均, 大口昭英 日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌 47 (2) 206 -206 2010年05月 [査読無し][通常論文]
  • BABA Yosuke, ISHIKAWA Shizukiyo, AMAGI Yoko, KAYABA Kazunori, GOTOH Tadao, KAJII Eiji J Epidemiol 20 (Supplement 1) S107 2010年01月 [査読無し][通常論文]
  • 渡辺 尚, 松原 茂樹, 馬場 洋介, 田中 均, 鈴木 達也, 鈴木 光明 日本産科婦人科學會雜誌 61 (10) 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 45 (2) 562 -562 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • Takashi Watanabe, Shigeki Matsubara, Yosuke Baba, Hitoshi Tanaka, Tatsuya Suzuki, Mitsuaki Suzuki JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH 35 (3) 562 -564 2009年06月 [査読無し][通常論文]
     
    Segawa disease is an autosomal dominant trait characterized by progressive dystonia with marked diurnal fluctuation. Levodopa therapy dramatically improves the symptoms. We present the case of a pregnant woman with Segawa disease with a successful outcome. At the age of ten, bilateral clubfeet appeared as her first symptom. She was diagnosed as having Segawa disease and levodopa was administered with complete disappearance of the symptoms. She became pregnant and received levodopa throughout the pregnancy, and delivered a healthy male infant. A literature review and the present case indicated that out of nine pregnancies in six women with Segawa disease, all six pregnancies treated with levodopa monotherapy resulted in an uneventful obstetrical course and healthy infants; however, the remaining three pregnancies, two with levodopa and carbidopa and one without medication, resulted in fetal loss. Women with Segawa disease may be able to give birth to healthy infants with levodopa monotherapy.
  • 田中均, 矢久保修嗣, 木下優子, 丸山綾, 山根理子, 横瀬友好, 小泉久仁弥, 佐藤友美, 馬場洋介, 渡辺尚 産婦人科漢方研究のあゆみ (26) 119 -122 2009年03月 [査読無し][通常論文]
     
    37歳女。1年前より月経痛、排卵日前後の下腹部痛、月経過多がみられた。左右臍下に圧痛があり胸脇苦満、心下痞硬、腹直筋攣急、腹部動悸、胃内停水は認めなかった。血液検査に異常はなく、子宮頸部、体部細胞診では悪性所見はなかった。MRIで子宮底部〜頭側漿膜下に突出する子宮筋腫を認めた。桂枝茯苓丸エキス剤を3週間投与し、月経期間中の1週間はきゅう帰調血飲エキス剤を周期的に投与した。月経痛や排卵期前後の疼痛はかなり軽快した。不定期の下腹部痛や便秘傾向がみられたため桃核承気湯エキス剤に変更したところ便秘の改善ばかりでなく疼痛に対するロキソプロフェンナトリウムの頓用使用回数が減少し、桃核承気湯のみでコントロール可能となった。
  • 渡辺尚, 馬場洋介, 田中均, 高野貴弘, 小川松夫, 鈴木達也, 松原茂樹, 鈴木光明 栃木県産婦人科医報 35 20 -22 2009年03月 [査読無し][通常論文]
     
    瀬川病は著明な日内変動を呈する稀な優性遺伝性ジストニーで、levodopaが奏功し、その効果は副作用なく生涯持続する。瀬川病患者が妊娠後もlevodopa内服を継続し、症状の悪化なく、生児を得た症例を報告するとともに、文献的考察を加える。妊娠中から授乳期を含めて、levodopaのヒトでの使用はまだ症例数が限られているが、児に対する明らかな悪影響の報告はない。levodopaの中止や減量に伴う症状の悪化が妊娠、分娩に悪影響を及ぼすこと考慮し、levodopa内服は、妊娠中、授乳期を通して、継続するべきである。(著者抄録)
  • 馬場洋介, 渡辺尚, 佐藤友美, 田中均, 鈴木達也, 松原茂樹, 鈴木光明 日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌 45 (3) 264 -264 2008年08月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 44 (2) 614 -614 2008年06月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 渡辺尚, 高野貴弘, 田中均, 鈴木達也, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明 日本産科婦人科学会雑誌 60 (2) 670 -670 2008年02月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 渡辺 尚, 高野 貴弘, 田中 均, 鈴木 達也, 泉 章夫, 松原 茂樹, 鈴木 光明 日本産科婦人科學會雜誌 60 (2) 2008年02月 [査読無し][通常論文]
  • 廣瀬典子, 薄井里英, 大口昭英, 桑田知之, 馬場洋介, 吉川仁, 渡辺尚, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 43 (2) 378 -378 2007年06月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 渡辺尚, 鈴木達也, 田中均, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明 栃木県産婦人科医報 33 (2) 124 -127 2007年05月 [査読無し][通常論文]
     
    当院は栃木県東部に位置する総合病院で、機能的には「地域周産期母子医療センター」(二次周産期医療施設)に当たる。当院では2006年に66件の母体搬送(広義)を県内はもとより県外からの受け入れた。二次施設の充実により、症例の三次施設への集中が緩和される。各医療圏単位で、二次施設がその役割を果たす事は、周産期医療を円滑に進める上で重要である。(著者抄録)
  • 二次周産期医療施設の役割 2006年 芳賀赤十字病院の実績報告より
    馬場 洋介, 渡辺 尚, 鈴木 達也, 田中 均, 泉 章夫, 松原 茂樹, 鈴木 光明 栃木県産婦人科医報 33 (2) 188 -191 2007年05月 [査読無し][通常論文]
  • 急性淋菌性汎発性腹膜炎の1例(Bacterial panperitonitis caused by Neisseria gonorrhoeae)
    馬場 洋介, 松原 茂樹, 角田 哲男, 近藤 恵, 町田 静生, 鈴木 光明 自治医科大学紀要 29 187 -191 2006年12月 [査読無し][通常論文]
     
    淋菌性汎発性腹膜炎のために開腹ドレナージ手術を行った思春期女性症例を経験した。症例は16歳女性で複数男性との性交経験がある。発熱と腹部痛のため紹介入院となった。下腹部全体の筋性防御と子宮圧痛があり、白血球増多・CRP高値を認めた。膿性頸管腟分泌物は認められなかった。flomoxef 2g/dayとminocycline 200mg/dayを併用投与したが腹膜刺激症状が悪化し、汎発性腹膜炎の診断で緊急開腹手術をおこなった。膿性腹水があり腸管の表面を膿性被膜が覆っており、卵管に強度の炎症性浮腫が認められた。腹腔内を洗浄しドレーンを留置した。術後3日目には下腹部痛が軽快し解熱した。細菌検査では、腟分泌物の淋菌培養が陽性で、子宮頸管分泌物・膿性腹水からはPCRで淋菌が検出された。以上より、本症例は淋菌による汎発性腹膜炎と診断された。医学中央雑誌での検索によると、最近20年間に淋菌性汎発性腹膜炎は本邦では5例報告され、いずれも緊急開腹ドレナージ手術が行われた。女性の淋菌感染症は多くの場合子宮頸管炎・下部尿路感染症を示すが汎発性腹膜炎となる場合もある。近年、初交年齢の低下と共にティーンエイジャーのSTDが増加し、若年女性の淋菌感染症も増加傾向にある。腹膜炎の診療に際して、ことに性的活発な女性の腹膜炎では、淋菌性腹膜炎も鑑別診断として考慮する必要がある。(著者抄録)
  • 馬場 洋介, 松原 茂樹, 角田 哲男, 近藤 恵, 町田 静生, 鈴木 光明 自治医科大学紀要 29 187 -191 2006年12月 [査読無し][通常論文]
     
    淋菌性汎発性腹膜炎のために開腹ドレナージ手術を行った思春期女性症例を経験した。症例は16歳女性で複数男性との性交経験がある。発熱と下腹部痛のため紹介入院となった。下腹部全体の筋性防御と子宮圧痛があり,白血球増多・CRP高値を認めた。膿性頸管膣分泌物は認められなかった。flomoxef 2g/dayとminocycline200mg/dayを併用投与したが腹膜刺激症状が悪化し,汎発性腹膜炎の診断で緊急開腹手術をおこなった。膿性腹水があり腸管の表面を膿性被膜が覆っており,卵管に強度の炎症性浮腫が認められた。腹腔内を洗浄しドレーンを留置した。術後3日目には下腹部痛が軽快し解熱した。細菌検査では,膣分泌物の淋菌培養が陽性で,子宮頸管分泌物・膿性腹水からはPCRで淋菌が検出された。以上より,本症例は淋菌による汎発性腹膜炎と診断された。医学中央雑誌での検索によると,最近20年間に淋菌性汎発性腹膜炎は本邦では5例報告され,いずれも緊急開腹ドレナージ手術が行われた。女性の淋菌感染症は多くの場合子宮頚管炎・下部尿路感染症を示すが汎発性腹膜炎となる場合もある。近年,初交年齢の低下と共にティーンエイジャーのSTDが増加し,若年女性の淋菌感染症も増加傾向にある。腹膜炎の診療に際して,ことに性的活発な女性の腹膜炎では,淋菌性腹膜炎も鑑別診断として考慮する必要がある。
  • 馬場洋介, 角田哲男, 近藤恵, 町田静生, 松原茂樹, 鈴木光明 栃木県産婦人科医報 33 (1) 15 -18 2006年11月 [査読無し][通常論文]
     
    患者は初交年齢15歳で、複数男性との性交経験があった。当科受診の2日前に37℃台の発熱と下腹部痛が出現し、近医受診した。胃腸炎の疑いと診断され整腸剤を処方されたが、新たに下痢も出現、体温は39℃まで上昇し、再診したところ白血球増多と下腹部刺激症状を認められ、婦人科的救急疾患が疑われ当科に紹介された。現症と血液検査所見(炎症反応)から汎発性腹膜炎と診断し、入院のうえ抗生剤(flomoxef、minocycline)の投与を開始したが、翌日には腹痛が上腹部にまで及び、腹膜刺激症状も増強した。血液検査所見も増悪し、CT検査で骨盤深部に膿瘍を疑わせる所見を認めたため緊急開腹手術を行った。開腹所見から汎発性腹膜炎と確定診断し、CT上疑われた骨盤深部の膿瘍は認められなかった。腸管表面を覆っていた膿性被膜を丁寧に剥がしながら可能な限りの腸管剥離を行うとともに、腹腔内を大量の生食で洗浄し、ドレーンを留置し閉腹した。術後3日目に腹痛は軽快し解熱した。細菌検査の結果が術後に判明し、淋菌による汎発性腹膜炎と診断した。minocyclineの投与を継続し、術後13日目に炎症所見が消失したため投与は終了、17日目に退院となった。
  • 薄井里英, 大口昭英, 馬場洋介, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 42 (2) 328 2006年06月 [査読無し][通常論文]
  • 妊娠22〜35週における腟内グラム陽性桿菌半定量値と早産リスク
    薄井 里英, 大口 昭英, 馬場 洋介, 渡辺 尚, 松原 茂樹, 鈴木 光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 42 (2) 328 -328 2006年06月 [査読無し][通常論文]
  • 薄井里英, 大口昭英, 馬場洋介, 桑田知之, 渡辺尚, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明 日本産科婦人科学会雑誌 58 (2) 543 -543 2006年02月 [査読無し][通常論文]
  • 大口昭英, 岩崎竜彦, 平嶋周子, 鈴木寛正, 新井富士美, 高橋佳代, 馬場洋介, 軸丸三枝子, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明 日本産科婦人科学会雑誌 58 (2) 718 -718 2006年02月 [査読無し][通常論文]
  • 薄井 里英, 大口 昭英, 馬場 洋介, 桑田 知之, 渡辺 尚, 泉 章夫, 松原 茂樹, 鈴木 光明 日本産科婦人科學會雜誌 58 (2) 2006年02月 [査読無し][通常論文]
  • 大口 昭英, 岩崎 竜彦, 平嶋 周子, 鈴木 寛正, 新井 富士美, 高橋 佳代, 馬場 洋介, 軸丸 三枝子, 薄井 里英, 渡辺 尚, 松原 茂樹, 鈴木 光明 日本産科婦人科學會雜誌 58 (2) 2006年02月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 大口昭英, 薄井里英, 平嶋周子, 高橋佳代, 鈴木寛正, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 41 (2) 363 -363 2005年06月 [査読無し][通常論文]
  • 薄井里英, 大口昭英, 平嶋周子, 馬場洋介, 鈴木寛正, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 41 (2) 409 -409 2005年06月 [査読無し][通常論文]
  • 大口昭英, 薄井里英, 馬場洋介, 平嶋周子, 高橋佳代, 鈴木寛正, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 41 (2) 436 -436 2005年06月 [査読無し][通常論文]
  • 高橋佳代, 大口昭英, 薄井里英, 平嶋周子, 鈴木寛正, 馬場洋介, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 41 (2) 336 -336 2005年06月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 大口昭英, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明 日本産科婦人科学会雑誌 57 (2) 530 -530 2005年02月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場 洋介, 大口 昭英, 薄井 里英, 渡辺 尚, 松原 茂樹, 鈴木 光明 日本産科婦人科學會雜誌 57 (2) 2005年02月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 松原茂樹, 角田哲男, 近藤恵, 田中均, 町田静生, 鈴木光明 日本産婦人科感染症研究会学術講演会プログラム・講演抄録集 23rd 57 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 大口昭英, 桑田知之, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明 日本周産期・新生児医学会雑誌 40 (2) 355 -355 2004年06月 [査読無し][通常論文]
  • 軽症外傷後の胎盤早期剥離:迅速な胎児心拍モニター実施の必要性(Placental abruption after minor maternal trauma: The need for immediate cardiotocographic monitoring)
    小田切 幸平, 松原 茂樹, 馬場 洋介, 桑田 知之, 島田 和彦, 渡辺 尚, 泉 章夫, 鈴木 光明 自治医科大学医学部紀要 26 67 -71 2003年12月 [査読無し][通常論文]
     
    28歳初任,初産婦.患者は妊娠31週時に車同士の側面衝突にあい,直ちに救急外来へ搬送された.搬送時,妊婦は右肘,右膝の軽度疼痛を訴え,同部に軽度腫脹を認めたが,他の外傷や腹部ベルト圧痕を認めず,性器出血や腹痛の訴えもなかった.しかし,全身のcheck upに並行して胎児心拍モニタリングを行ったところ,non-reassuring fetal heart rate patternを認め,腹部超音波検査では胎盤の異常肥厚像を認めた.そのため胎盤早期剥離による胎児仮死と判断し,緊急帝王切開が行われた.新生児は1950gの女児でアプガー値は6点,8点(1,3分)であった.そして,胎盤母体面の1/3を占める胎盤後血腫より,本症例が胎盤早期剥離であったことが確定された.以後,母体DICや母児間輸血のサインは認められず,母児ともに健康退院となった
  • 小田切 幸平, 松原 茂樹, 馬場 洋介, 桑田 知之, 島田 和彦, 渡辺 尚, 泉 章夫, 鈴木 光明 自治医科大学医学部紀要 26 67 -71 2003年12月 [査読無し][通常論文]
     
    外傷性胎盤早期剥離は妊婦の腹部重症外傷に高率に合併する。時に軽症外傷にも合併するが,この際にも性器出血や腹痛などの症状を伴う事が多い,と報告されてきた。今回,軽微交通外傷後に発症した無症候性胎盤早期剥離症例を経験した。症例は28才,初妊,初産婦。妊娠31週。車同士の側面衝突。車は小破程度でエアーバッグ作動せず。妊婦は助手席で3点式シートベルトを装着しており,腹部打撲の自覚なし。事故後直ちに当病院救急外来へ救急車搬送された。妊婦は右肘,右膝の軽度疼痛を訴え,同部に軽度腫脹を認めたが,他の外傷や腹部ベルト圧痕を認めず,性器出血や腹痛の訴えもなかった。全身のcheck upに並行して胎児心拍モニタリングを行ったところ,non-reassuring fetal heart rate patternを認め,腹部超音波検査では胎盤の異常肥厚像を認めた。胎盤早期剥離による胎児ジストレスと判断,緊急帝王切開が行われた。新生児は1950gの女児でアプガー値は,6点,8点(1,3分)。胎盤母体面の1/3を占める胎盤後血腫を認め,胎盤早期剥離が確定された。母体DICや母児間輸血のサインは認めず,母児共健康退院となった。胎盤早期剥離は軽症外傷にも合併し得る。性器出血,腹痛などの症状がなくても,また腹部打撲の自覚がなくても本症は起こり得る。軽症外傷,ことに軽症交通外傷では,受傷妊婦に生命の危険のないことを確認後,胎児心拍モニタリングを傷処置や傷状態の記録(訴訟に対する証拠保全)に先行させて施行すべきである。
  • 軽症外傷後の胎盤早期剥離 迅速な胎児心拍モニタ実施の必要性
    小田切 幸平, 松原 茂樹, 馬場 洋介, 桑田 知之, 島田 和彦, 渡辺 尚, 泉 章夫, 鈴木 光明 栃木県産婦人科医報 30 (2) 202 -202 2003年10月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 桑田知之, 大口昭英, 渡辺尚, 高橋尚人, 本間洋子, 松原茂樹, 鈴木光明 日本新生児学会雑誌 39 (2) 426 -426 2003年06月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 松原茂樹, 角田哲男, 近藤恵, 田中均, 町田静生, 鈴木光明 日本産婦人科感染症研究会学術講演会記録集 23rd 53 -55 2003年05月 [査読無し][通常論文]
  • 腟原発悪性黒色腫の2例
    馬場 洋介, 平野 由紀, 竹井 裕二, 大和田 倫孝, 和田 智明, 高野 貴弘, 町田 静生, 泉 章夫, 鈴木 光明 日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 40 (2) 188 -188 2003年05月 [査読無し][通常論文]
  • 自然二絨毛膜双胎において「初産」はリスクファクターである
    馬場 洋介, 桑田 知之, 泉 章夫, 森松 友佳子, 松原 茂樹, 佐藤 郁夫, 鈴木 光明 母性衛生 43 (3) 218 -218 2002年09月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 桑田知之, 泉章夫, 森松友佳子, 松原茂樹, 佐藤郁夫, 鈴木光明 母性衛生 43 (3) 218 2002年09月 [査読無し][通常論文]
  • 消化管閉鎖と鑑別が困難であった巨大尿管症 超音波所見を中心に
    桑田 知之, 泉 章夫, 渡辺 尚, 森松 友佳子, 馬場 洋介, 桜井 理加, 本間 洋子, 中村 みちる, 松原 茂樹, 佐藤 郁夫 栃木県産婦人科医報 29 (1) 38 -40 2002年03月 [査読無し][通常論文]
  • 自然妊娠vs不妊治療後双胎 児morbidityはどちらが高い? 二絨毛膜性双胎413例の検討
    桑田 知之, 泉 章夫, 渡辺 尚, 森松 友佳子, 菊池 久美子, 馬場 洋介, 松原 茂樹, 佐藤 郁夫 日本産科婦人科学会雑誌 54 (2) 531 -531 2002年02月 [査読無し][通常論文]
  • 桑田 知之, 泉 章夫, 渡辺 尚, 森松 友佳子, 菊池 久美子, 馬場 洋介, 松原 茂樹, 佐藤 郁夫 日本産科婦人科學會雜誌 54 (2) 2002年02月 [査読無し][通常論文]
  • 桑田知之, 泉章夫, 渡辺尚, 森松友佳子, 菊池久美子, 馬場洋介, 松原茂樹, 佐藤郁夫 日本産科婦人科学会雑誌 54 (2) 531(S.445) 2002年02月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 尾野雅哉, 石橋敏光, 安田是和, 永井秀雄 日本臨床外科学会雑誌 62 (増刊) 466 -466 2001年09月 [査読無し][通常論文]
  • 馬場洋介, 桑田知之, 泉章夫, 菊池久美子, 平塚光広, 内田章, 本間洋子, 渡辺尚, 佐藤郁夫 栃木県産婦人科医報 28 (2) 139 -142 2001年07月 [査読無し][通常論文]


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.