詳細検索はこちら

平井 真洋 ヒライ マサヒロ

所属部署名脳機能研究部門
職名准教授ホームページURLhttp://www.jichi.ac.jp/brainlab/

プロフィール

研究キーワード

    バイオロジカルモーション, 他者行為知覚, ウィリアムズ症候群, 顔認知, モーションキャプチャ, 包括脳ネットワーク, 脳波, 脳磁図, 事象関連電位, 眼球運動計測, 心理物理実験, 表情, 感情

経歴

  • 2013年04月
    -
    現在
    自治医科大学先端医療技術開発センター 脳機能研究部門(准教授)
  • 2017年04月
    -
    2018年03月
    Birkbeck College, University of London Centre for Brain and Cognitive Development(Visiting Researcher(国際共同研究加速基金))
  • 2011年05月
    -
    2013年03月
    愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所(研究員)
  • 2012年09月
    -
    2012年10月
    Central European University, HUNGARY The Cognitive Development Center (日本学術振興会 特定国派遣研究者)
  • 2009年04月
    -
    2011年04月
    Queen's University, CANADA Department of Psychology (日本学術振興会海外特別研究員)
  • 2006年04月
    -
    2009年03月
    自然科学研究機構生理学研究所(日本学術振興会特別研究員)
  • 2005年04月
    -
    2006年03月
    東京大学21世紀COE「心とことば-進化認知科学的展開」(研究拠点形成研究員)

学位

  • 博士(学術)

研究活動

論文

  • Communicative Hand-Waving Gestures Facilitate Object Learning in Preverbal Infants
    Hirai, M. & Kanakogi, Y.
    Developmental Science 2019年
  • Individual optimal attentional strategy during implicit motor learning boosts frontoparietal neural processing efficiency: A functional near-infrared spectroscopy study
    Sakurada, T., Hirai, M., Watanabe, E.
    Brain and Behavior 2019年
  • Face-to-trait inferences in patients with Parkinson’s disease
    Hirai M., Sakurada T., Muramatsu S
    Journal of Clinical and Experimental Neuropsychology 2018年
  • Atypical neural modulation in the right prefrontal cortex in autism spectrum disorder revealed by functional near-infrared spectroscopy
    Ikeda, T., Hirai, M.*, Sakurada, T., Monden, Y., Tokuda, T., Nagashima, M., Shimoizumi, H., Dan, I., Yamagata, T.,
    Neurophotonics 2018年
  • Hypoactivation of the Right Prefrontal Cortex Underlying Motor Related Inhibitory Deficits in Children with Autism Spectrum Disorder
    Ikeda T, Tokuda T, Monden Y, Hirai M, Mizushima S, Nagashima M, Kyutoku Y, Tanighichi T, Shimoizumi H, Dan I, Yamagata T
    Japanese Psychological Research 2018年
  • Role of the embodied cognition process in perspective-taking ability during childhood
    Hirai, M., Muramatsu, Y., Nakamura, M.,
    Child Development 2018年
  • Probing links between action perception and action production in Parkinson's disease using Fitts' law.
    Sakurada T., Knoblich G., Sebanz N., Muramatsu S, Hirai M.
    Neuropsychologia 111 201-208 2018年
  • Preserved search asymmetry in the detection of fearful faces among neutral faces in individuals with Williams syndrome revealed by measurement of both manual responses and eye tracking
    Hirai M., Muramatsu Y., Mizuno S., Kurahashi N., Kurahashi H., Nakamura M.
    J Neurodev Disord. 9 8 2017年
  • Improved motor performance in patients with acute stroke using the optimal individual attentional strategy
    Sakurada, T., Nakajima, T., Morita, M., Hirai, M., & Watanabe, E.
    Sci Rep. 7 :40592 2017年
  • Typical visual search performance and atypical gaze behaviors in response to faces in Williams syndrome, Journal of Neurodevelopmental Disorders
    Hirai M., Muramatsu Y., Mizuno S., Kurahashi N., Kurahashi H., Nakamura M.
    J Neurodev Disord 8 38 2016年
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Communicative Hand-Waving Gestures Facilitate Object Learning in Preverbal Infants
    Hirai, M. & Kanakogi, Y.
    Developmental Science 2019年
  • Individual optimal attentional strategy during implicit motor learning boosts frontoparietal neural processing efficiency: A functional near-infrared spectroscopy study
    Sakurada, T., Hirai, M., Watanabe, E.
    Brain and Behavior 2019年
  • Face-to-trait inferences in patients with Parkinson’s disease
    Hirai M., Sakurada T., Muramatsu S
    Journal of Clinical and Experimental Neuropsychology 2018年
  • Atypical neural modulation in the right prefrontal cortex in autism spectrum disorder revealed by functional near-infrared spectroscopy
    Ikeda, T., Hirai, M.*, Sakurada, T., Monden, Y., Tokuda, T., Nagashima, M., Shimoizumi, H., Dan, I., Yamagata, T.,
    Neurophotonics 2018年
  • Hypoactivation of the Right Prefrontal Cortex Underlying Motor Related Inhibitory Deficits in Children with Autism Spectrum Disorder
    Ikeda T, Tokuda T, Monden Y, Hirai M, Mizushima S, Nagashima M, Kyutoku Y, Tanighichi T, Shimoizumi H, Dan I, Yamagata T
    Japanese Psychological Research 2018年
  • Role of the embodied cognition process in perspective-taking ability during childhood
    Hirai, M., Muramatsu, Y., Nakamura, M.,
    Child Development 2018年
  • Probing links between action perception and action production in Parkinson's disease using Fitts' law.
    Sakurada T., Knoblich G., Sebanz N., Muramatsu S, Hirai M.
    Neuropsychologia 111 201-208 2018年
  • Preserved search asymmetry in the detection of fearful faces among neutral faces in individuals with Williams syndrome revealed by measurement of both manual responses and eye tracking
    Hirai M., Muramatsu Y., Mizuno S., Kurahashi N., Kurahashi H., Nakamura M.
    J Neurodev Disord. 9 8 2017年
  • Improved motor performance in patients with acute stroke using the optimal individual attentional strategy
    Sakurada, T., Nakajima, T., Morita, M., Hirai, M., & Watanabe, E.
    Sci Rep. 7 :40592 2017年
  • Typical visual search performance and atypical gaze behaviors in response to faces in Williams syndrome, Journal of Neurodevelopmental Disorders
    Hirai M., Muramatsu Y., Mizuno S., Kurahashi N., Kurahashi H., Nakamura M.
    J Neurodev Disord 8 38 2016年
  • Intact attentional orienting toward inverted faces revealed by both manual responses and eye-movement measurement in individuals with Williams syndrome
    Hirai M., Muramatsu Y., Mizuno S., Kurahashi N., Kurahashi H., Nakamura M.
    J Intellect Disabil Res. 60(10) 969-981 2016年
  • The Trans-Visible Navigator: a see-through neuronavigation system using augmented reality.
    Watanabe E., Satoh M., Konno T., Hirai M., Yamaguchi T.
    World Neurosurg 87 399-405 2016年
  • Optimization of a motor learning attention-directing strategy based on an individual's motor imagery ability, Experimental Brain Research
    Sakurada T, Hirai M, Watanabe E,
    Experimental Brain Research 234(1) 301-311 2016年
  • Absent activation in MPFC and TPJ but not STS during the perception of biological motion in schizophrenia: A functional MRI study
    Hashimoto N, Toyomaki A, Hirai M, Miyamoto T, Narita H, Okubo R, Kusumi I,
    Neuropsychiatr Dis Treat. 10 2221-2230 2014年
  • Differential electrophysiological responses to biological motion in children and adults with and without autism spectrum disorders
    Hirai M, Gunji A, Inoue Y, Kita Y, Hayashi T, Nishimaki K, Nakamura M, Kakigi R, Inagaki M
    Research in Autism Spectrum Disorders 8(12) 1623-1634 2014年
  • Developmental changes in mental rotation ability and visual perspective-taking in children and adults with Williams Syndrome
    Hirai,M., Muramatsu Y, Mizuno S, Kurahashi N, Kurahashi H, Nakamura M
    Front Hum Neurosci. 7 856 2013年
  • Electrophysiological study of face inversion effects in Williams syndrome.
    Nakamura M, Watanabe S, Inagaki M, Hirai M, Miki K, Honda Y, Kakigi R
    Brain Dev. 35(4) 323-330 2013年
  • Developmental changes in point-light walker processing during childhood: a two-year follow-up ERP study.
    Hirai, M., Watanabe S, Honda Y, Kakigi R
    Dev Cogn Neurosci 5 51-62 2013年
  • Body configuration modulates the usage of local cues to direction in biological motion perception.
    Hirai, M., Chang, D. H. F., Saunders, D. R., Troje, N. F.
    Psychological Science in press
  • バイオロジカルモーションと身体図式
    平井真洋
    Clinical Neuroscience 2011年07月
  • Allocation of attention to biological motion: local motion dominates global shape.
    Hirai M, Saunders DR, Troje NF.
    J Vis. 11(3) 2011年03月
  • The development of the perception of facial emotional change examined using ERPs.
    Miki K, Watanabe S, Teruya M, Takeshima Y, Urakawa T, Hirai M, Honda Y, Kakigi R.
    Clin Neurophysiol. 122(3) 530-538 2011年03月
  • 身体•身体運動知覚に関する発達認知神経科学研究とその展望
    平井真洋
    赤ちゃん学会誌 10 6-25 2011年03月
  • Neural correlates of face and object perception in an awake chimpanzee (Pan troglodytes) examined by scalp-surface event-related potentials.
    Fukushima H, Hirata S, Ueno A, Matsuda G, Fuwa K, Sugama K, Kusunoki K, Hirai M, Hiraki K, Tomonaga M, Hasegawa T.
    PLoS One 5(10) e13366 2010年10月
  • Occipital-parietal network prepares reflexive saccades.
    Watanabe M, Hirai M, Marino RA, Cameron IG.
    J Neurosci. 30(42) 13917-13918 2010年10月
  • Developmental changes in point-light walker processing during childhood and adolescence: an event-related potential study.
    Hirai M, Watanabe S, Honda Y, Kakigi R.
    Neuroscience 161(1) 311-325 2009年06月
  • Differential orientation effect in the neural response to interacting biological motion of two agents.
    Hirai M, Kakigi R.
    BMC Neurosci. 10 39 2009年04月
  • Neural basis of stable perception of an ambiguous apparent motion stimulus.
    Kaneoke Y, Urakawa T, Hirai M, Kakigi R, Murakami I.
    Neuroscience 159(1) 150-160 2009年03月
  • Intact point-light walker processing in Williams syndrome: a magnetoencephalography study.
    Hirai M, Nakamura M, Kaneoke Y, Kakigi R.
    Neuroreport 20(3) 267-272 2009年02月
  • ヒトが感じるヒトの存在感 - バイオロジカルモーションとその周辺-
    平井真洋
    日本バーチャルリアリティ学会誌 14(1) 18-23 2009年
  • Differential cortical processing of local and global motion information in biological motion: an event-related potential study.
    Hirai M, Kakigi R.
    J Vis. 8(16) 1 2008年12月
  • Neural responses related to point-light walker perception: a magnetoencephalographic study.
    Hirai M, Kaneoke Y, Nakata H, Kakigi R.
    Clin Neurophysiol. 119(12) 2775-2784 2008年12月
  • Emotional object and scene stimuli modulate subsequent face processing: an event-related potential study.
    Hirai M, Watanabe S, Honda Y, Miki K, Kakigi R.
    Brain Res Bull. 77(5) 264-273 2008年09月
  • Evoked magnetic fields following noxious laser stimulation of the thigh in humans.
    Nakata H, Tamura Y, Sakamoto K, Akatsuka K, Hirai M, Inui K, Hoshiyama M, Saitoh Y, Yamamoto T, Katayama Y, Kakigi R.
    Neuroimage 42(2) 858-868 2008年08月
  • Differential neural responses to humans vs. robots: an event-related potential study.
    Hirai M, Hiraki K.
    Brain Res. 1165 105-115 2007年08月
  • The relative importance of spatial versus temporal structure in the perception of biological motion: an event-related potential study.
    Hirai M, Hiraki K.
    Cognition 99(1) B15-B29 2006年07月
  • Visual search for biological motion: an event-related potential study.
    Hirai M, Hiraki K.
    Neurosci Lett. 403(3) 299-304 2006年05月
  • An event-related potentials study of biological motion perception in human infants.
    Hirai M, Hiraki K.
    Brain Res Cogn Brain Res. 22(2) 301-304 2005年02月
  • Active processing of biological motion perception: an ERP study.
    Hirai M, Senju A, Fukushima H, Hiraki K.
    Brain Res Cogn Brain Res. 22(2-3) 387-396 2005年01月
  • Neural dynamics in human imitation revealed by ERP surface topography.
    Fukushima H, Hirai M, Arita A, Kamewari K, Hiraki K.
    15(13) 2129-2132 2004年09月
  • An event-related potentials study of biological motion perception in humans.
    Hirai M, Fukushima H, Hiraki K.
    Neurosci Lett. 344(1) 41-44 2003年06月

書籍等出版物

  • 社会的認知の発達科学(第二部3章)
    平井真洋(担当:分担執筆 範囲:「生物知覚の脳内機構」)
    新曜社 2018年
  • ソーシャルブレインズ
    平井真洋(担当:共著 範囲:第6章「動きに敏感な脳」)
    東京大学出版会 2009年
  • Trends in Brain Mapping Research
    平井真洋(担当:共著 範囲:Neural dynamics for biological motion perception (p.85~116))
    Nova Science Publishers 2006年
  • 発達心理学事典
    平井真洋(担当:分担執筆 範囲:「身体運動知覚」「顔知覚」)
著書を全て表示する
著書閉じる
  • 社会的認知の発達科学(第二部3章)
    平井真洋(担当:分担執筆 範囲:「生物知覚の脳内機構」)
    新曜社 2018年
  • ソーシャルブレインズ
    平井真洋(担当:共著 範囲:第6章「動きに敏感な脳」)
    東京大学出版会 2009年
  • Trends in Brain Mapping Research
    平井真洋(担当:共著 範囲:Neural dynamics for biological motion perception (p.85~116))
    Nova Science Publishers 2006年
  • 発達心理学事典
    平井真洋(担当:分担執筆 範囲:「身体運動知覚」「顔知覚」)

受賞

  • 2014年09月 財団法人 発達科学教育センター 発達科学研究教育奨励賞
  • 2008年 BIOMAG 2008 YOUNG INVESTIGATOR AWARD
  • 2008年 第23回日本生体磁気学会U35若手研究者奨励賞
  • 2007年 第22回日本生体磁気学会U35若手研究者奨励賞
  • 2005年 優秀発表賞 日本基礎心理学会第24回大会
  • 2002年 優秀発表賞 日本基礎心理学会第21回大会
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2014年09月 財団法人 発達科学教育センター 発達科学研究教育奨励賞
  • 2008年 BIOMAG 2008 YOUNG INVESTIGATOR AWARD
  • 2008年 第23回日本生体磁気学会U35若手研究者奨励賞
  • 2007年 第22回日本生体磁気学会U35若手研究者奨励賞
  • 2005年 優秀発表賞 日本基礎心理学会第24回大会
  • 2002年 優秀発表賞 日本基礎心理学会第21回大会

外部的資金

  • 社会的認知発達における遺伝環境要因の解明:日英ウィリアムス症候群・自閉症比較研究
    :基盤研究(B)
    研究期間 :2018年 - 2021年 代表者 : 平井真洋
  • 他者の動きに埋め込まれた社会的情報の処理機構とその発達(国際共同研究強化)
    : 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)
    研究期間 :2016年 - 2019年 代表者 : 平井真洋
  • AADC欠損症等の小児神経疾患・先天代謝異常症に対する遺伝子治療法開発
    難治性疾患実用化研究事業
    研究期間 :2016年 - 2019年 代表者 : 山形崇倫
  • 他者の動きに埋め込まれた社会的情報の処理機構とその発達
    :若手研究(A)
    研究期間 :2015年 - 2019年 代表者 : 平井真洋
  • 身体に根ざした他者視点取得能力の神経機構とその障害
    :新学術領域研究(研究領域提案型)構成論的発達科学
    研究期間 :2015年 - 2017年 代表者 : 平井真洋
  • 他者視点取得養成ギブスの構築とその応用
    :挑戦的萌芽研究
    研究期間 :2015年 - 2017年 代表者 : 平井真洋
  • 日英非定型発達児への科学的証拠に基づくケアにかんする研究
    ファイザーヘルスリサーチ財団:ファイザーヘルスリサーチ振興財団助成
    研究期間 :2015年 - 2016年 代表者 : 平井真洋
  • 定型・非定型発達児を対象とした他者視点取得に関する神経基盤の解明
    公益財団法人 発達科学研究教育センター:発達科学研究教育奨励賞
    研究期間 :2014年 - 2016年 代表者 : 平井真洋
  • 身体運動に埋め込まれたコミュニカティブな信号処理に関する認知発達研究
    :若手研究(B)
    研究期間 :2013年 - 2015年 代表者 : 平井真洋
  • 発達障害の早期検出を目指したアイトラッカーによる「コミュニケーションへの関心」を評価する指標の開発
    公益財団法人大幸財団:大幸財団助成
    研究期間 :2012年 - 2013年 代表者 : 平井真洋
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 社会的認知発達における遺伝環境要因の解明:日英ウィリアムス症候群・自閉症比較研究
    :基盤研究(B)
    研究期間 :2018年 - 2021年 代表者 : 平井真洋
  • 他者の動きに埋め込まれた社会的情報の処理機構とその発達(国際共同研究強化)
    : 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)
    研究期間 :2016年 - 2019年 代表者 : 平井真洋
  • AADC欠損症等の小児神経疾患・先天代謝異常症に対する遺伝子治療法開発
    難治性疾患実用化研究事業
    研究期間 :2016年 - 2019年 代表者 : 山形崇倫
  • 他者の動きに埋め込まれた社会的情報の処理機構とその発達
    :若手研究(A)
    研究期間 :2015年 - 2019年 代表者 : 平井真洋
  • 身体に根ざした他者視点取得能力の神経機構とその障害
    :新学術領域研究(研究領域提案型)構成論的発達科学
    研究期間 :2015年 - 2017年 代表者 : 平井真洋
  • 他者視点取得養成ギブスの構築とその応用
    :挑戦的萌芽研究
    研究期間 :2015年 - 2017年 代表者 : 平井真洋
  • 日英非定型発達児への科学的証拠に基づくケアにかんする研究
    ファイザーヘルスリサーチ財団:ファイザーヘルスリサーチ振興財団助成
    研究期間 :2015年 - 2016年 代表者 : 平井真洋
  • 定型・非定型発達児を対象とした他者視点取得に関する神経基盤の解明
    公益財団法人 発達科学研究教育センター:発達科学研究教育奨励賞
    研究期間 :2014年 - 2016年 代表者 : 平井真洋
  • 身体運動に埋め込まれたコミュニカティブな信号処理に関する認知発達研究
    :若手研究(B)
    研究期間 :2013年 - 2015年 代表者 : 平井真洋
  • 発達障害の早期検出を目指したアイトラッカーによる「コミュニケーションへの関心」を評価する指標の開発
    公益財団法人大幸財団:大幸財団助成
    研究期間 :2012年 - 2013年 代表者 : 平井真洋
  • バイオロジカルモーション知覚処理における階層性の検討-ウィリアムズ症候群を対象に
    :研究活動スタート支援
    研究期間 :2011年 - 2012年 代表者 : 平井真洋
  • バイオロジカルモーションによる他者行為・相互作用の認識に関する神経機序の解明
    :海外特別研究員
    研究期間 :2009年 - 2011年 代表者 : 平井真洋
  • 他者行為知覚時の脳内ダイナミクスに関する発達的研究:EEG/MEG計測による検討
    :特別研究員奨励費
    研究期間 :2006年 - 2009年 代表者 : 平井真洋


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.