詳細検索はこちら

室井 一男 ムロイ カズオ

所属部署名輸血・細胞移植部
職名教授ホームページURL

プロフィール

プロフィール

    1981年 山形大学医学部卒業、自治医科大学附属病院内科レジデント 1983年 自治医科大学附属病院 血液科レジデント 1986年 自治医科大学附属病院 血液科病院助手 1989年 自治医科大学輸血部 助手 1992年 自治医科大学輸血部 講師 1994年 Fred Hutchinson Cancer Research Center, visiting scientist 1995年 自治医科大学輸血部 講師 1999年 自治医科大学輸血部 助教授 2005年自治医科大学輸血・細胞移植部 教授(附属病院 部長)、現在に至る

研究キーワード

    造血器疾患, フローサイトメトリ, 細胞処理

研究分野

  • 内科系臨床医学 / 血液内科学

経歴

  • 自治医科大学(JMU)(教授)
  • 2005年04月
    -
    2014年05月
    自治医科大学附属病院 輸血・細胞移植部(教授)

学歴

  • 1975年04月
    -
    1981年03月
    山形大学 医学部 医学科

所属学協会

  • 日本輸血・細胞治療学会
  • 日本血液学会
  • 日本内科学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本輸血・細胞治療学会
  • 日本血液学会
  • 日本内科学会

委員歴

  • 2014年01月
    -
    2015年12月
    栃木県合同輸血療法委員会
  • 2011年01月
    -
    2015年01月
    薬事・食品衛生審議会専門委員
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2014年01月
    -
    2015年12月
    栃木県合同輸血療法委員会
  • 2011年01月
    -
    2015年01月
    薬事・食品衛生審議会専門委員

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Two granulocytic regions in bone marrow with eosinophilia evaluated by flow cytometry.
    Muroi K, Fujiwara S, Tatara R, Sato K, Oh I, Ohmine K, Suzuki T, Nagai T, Ozawa K, Kanda Y
    Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH 54(3) 243-245 2014年
  • Intrathecal administration of high-titer cytomegalovirus immunoglobulin for cytomegalovirus meningitis.
    Fujiwara S, Muroi K, Tatara R, Ohmine K, Matsuyama T, Mori M, Nagai T, Ozawa K
    Case reports in hematology 2014 272458 2014年
  • Plasmapheresis-refractory transplantation-associated thrombotic microangiopathy successfully treated with pravastatin and limaprost alfadex.
    Uesawa M, Muroi K, Ozawa K
    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy 17(4) 462-463 2013年08月
  • 輸血部門の発展における輸血部門教員の役割 平成23年度全国大学病院輸血部会議の報告
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 58(1) 49-55 2012年02月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Two granulocytic regions in bone marrow with eosinophilia evaluated by flow cytometry.
    Muroi K, Fujiwara S, Tatara R, Sato K, Oh I, Ohmine K, Suzuki T, Nagai T, Ozawa K, Kanda Y
    Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH 54(3) 243-245 2014年
  • Intrathecal administration of high-titer cytomegalovirus immunoglobulin for cytomegalovirus meningitis.
    Fujiwara S, Muroi K, Tatara R, Ohmine K, Matsuyama T, Mori M, Nagai T, Ozawa K
    Case reports in hematology 2014 272458 2014年
  • Plasmapheresis-refractory transplantation-associated thrombotic microangiopathy successfully treated with pravastatin and limaprost alfadex.
    Uesawa M, Muroi K, Ozawa K
    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy 17(4) 462-463 2013年08月
  • 輸血部門の発展における輸血部門教員の役割 平成23年度全国大学病院輸血部会議の報告
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 58(1) 49-55 2012年02月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月
  • 医薬品としての細胞製剤の取り扱い 造血幹細胞移植後の急性GVHDを適応とするヒト骨髄由来間葉系幹細胞テムセルHS注について
    室井 一男
    日本輸血細胞治療学会誌 62(2) 254 2016年04月

講演・口頭発表

  • 細胞医薬品への承認を目指したMSCの臨床試験
    室井 一男
    第62回日本輸血・細胞治療学会総会 2014年05月17日
  • ステロイド不応GVHDに対する非血縁由来の間葉系幹細胞:多施設共同第I/II相試験
    室井 一男
    2013年04月20日
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • 細胞医薬品への承認を目指したMSCの臨床試験
    室井 一男
    第62回日本輸血・細胞治療学会総会 2014年05月17日
  • ステロイド不応GVHDに対する非血縁由来の間葉系幹細胞:多施設共同第I/II相試験
    室井 一男
    2013年04月20日

書籍等出版物

  • 治癒を望めまい造血器羞悪患者への医療と看護
    室井 一男(担当:編者 範囲:)
    医薬ジャーナル社 2012年08月
  • 医師と看護師によるアフェレーシスの理解と実践 末梢血幹細胞採取と成分採血
    室井 一男(担当:編者 範囲:)
    医薬ジャーナル社 2011年06月
  • 血液・造血器疾患のマネジメント 血液内科医と病理の対話
    室井 一男(担当:編者 範囲:)
    医薬ジャーナル社 2011年05月
  • 造血幹細胞移植後のQOLの向上
    室井 一男(担当:編者 範囲:)
    医薬ジャーナル社 2009年01月
  • 医師と看護師のための造血幹細胞移植 全面改訂版
    室井 一男(担当:編者 範囲:)
    医薬ジャーナル社 2007年07月
  • フローサイトメトリーを用いた造血器腫瘍の診断
    室井 一男(担当:編者 範囲:)
    2006年08月
著書を全て表示する
著書閉じる
  • 治癒を望めまい造血器羞悪患者への医療と看護
    室井 一男(担当:編者 範囲:)
    医薬ジャーナル社 2012年 08月
  • 医師と看護師によるアフェレーシスの理解と実践 末梢血幹細胞採取と成分採血
    室井 一男(担当:編者 範囲:)
    医薬ジャーナル社 2011年 06月
  • 血液・造血器疾患のマネジメント 血液内科医と病理の対話
    室井 一男(担当:編者 範囲:)
    医薬ジャーナル社 2011年 05月
  • 造血幹細胞移植後のQOLの向上
    室井 一男(担当:編者 範囲:)
    医薬ジャーナル社 2009年 01月
  • 医師と看護師のための造血幹細胞移植 全面改訂版
    室井 一男(担当:編者 範囲:)
    医薬ジャーナル社 2007年 07月
  • フローサイトメトリーを用いた造血器腫瘍の診断
    室井 一男(担当:編者 範囲:)
    2006年 08月

外部的資金

  • 200 ml献血由来の血液製剤の安全性評価及び学校献血の推進等に関する研究
    厚生労働科学研究費補助金
    研究期間 :2014年 - 2015年 代表者 : 室井 一男
  • 血液細胞における糖鎖を含む抗原の発現解析と細胞機能及び病態との関係の解明
    日本学術振興会科学研究費補助金
    研究期間 :2011年 - 2014年 代表者 : 室井 一男
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 200 ml献血由来の血液製剤の安全性評価及び学校献血の推進等に関する研究
    厚生労働科学研究費補助金
    研究期間 :2014年 - 2015年 代表者 : 室井 一男
  • 血液細胞における糖鎖を含む抗原の発現解析と細胞機能及び病態との関係の解明
    日本学術振興会科学研究費補助金
    研究期間 :2011年 - 2014年 代表者 : 室井 一男


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.