詳細検索はこちら

松山 泰 マツヤマ ヤスシ

所属部署名医学教育センター
職名准教授ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/60458320.ja.html

プロフィール

研究キーワード

    サイトカイン, 関節リウマチ, インターロイキン33, 地域医療学, 自己調整学習, プログレステスト, 医学教育

研究分野

  • 内科系臨床医学 / 膠原病・アレルギー内科学
  • 境界医学 / 医療社会学 / 医学教育学

経歴

  • 2010年
    -
    2011年
    自治医科大学 医学部(研究員)
  • 2011年
    -
    現在
    自治医科大学 医学教育センター
  • 2018年
    -
    現在
    岐阜大学 医学教育開発研究センター(客員教授)

学歴

  • 2013年05月
    -
    2015年06月
    Maastricht University Faculty of Health, Medicine and Life Sciences Master Course of Health Professions Education
  • 2008年04月
    -
    2011年03月
    自治医科大学大学院 医学研究科

委員歴

  • 2018年
    -
    現在
    日本医学教育学会 学会誌編集委員
  • 2018年
    -
    現在
    日本プライマリ・ケア連合学会 学会誌編集委員
  • 2017年
    -
    現在
    日本内科学会 資格認定試験問題作成委員
  • 2015年
    -
    現在
    日本内科学会 セルフトレーニング問題部会
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2018年
    -
    現在
    日本医学教育学会 学会誌編集委員
  • 2018年
    -
    現在
    日本プライマリ・ケア連合学会 学会誌編集委員
  • 2017年
    -
    現在
    日本内科学会 資格認定試験問題作成委員
  • 2015年
    -
    現在
    日本内科学会 セルフトレーニング問題部会

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Pyoderma gangrenosum associated with Takayasu's arteritis without typical symptoms.
    Futaki K, Komine M, Hosoda S, Hirashima M, Yokokura H, Yamada T, Murata S, Matsuyama Y, Nagashima T, Nara H, Minota S, Ohtsuki M
    European journal of dermatology : EJD 19(3) 266-267 2009年05月
  • Mature interleukin-33 is produced by calpain-mediated cleavage in vivo.
    Hayakawa M, Hayakawa H, Matsuyama Y, Tamemoto H, Okazaki H, Tominaga S
    Biochemical and biophysical research communications 387(1) 218-222 2009年09月
  • Increased levels of interleukin 33 in sera and synovial fluid from patients with active rheumatoid arthritis.
    Matsuyama Y, Okazaki H, Tamemoto H, Kimura H, Kamata Y, Nagatani K, Nagashima T, Hayakawa M, Iwamoto M, Yoshio T, Tominaga S, Minota S
    The Journal of rheumatology 37(1) 18-25 2010年01月
  • Characterization of ST2 transgenic mice with resistance to IL-33.
    Ohto-Ozaki H, Kuroiwa K, Mato N, Matsuyama Y, Hayakawa M, Tamemoto H, Tominaga S
    European journal of immunology 40(9) 2632-2642 2010年09月
  • Successful treatment of a patient with rheumatoid arthritis and IgA-κ multiple myeloma with tocilizumab.
    Matsuyama Y, Nagashima T, Honne K, Kamata Y, Iwamoto M, Okazaki H, Sato K, Ozawa K, Minota S
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 50(6) 639-642 2011年
  • Sustained elevation of interleukin-33 in sera and synovial fluids from patients with rheumatoid arthritis non-responsive to anti-tumor necrosis factor: possible association with persistent IL-1β signaling and a poor clinical response.
    Matsuyama Y, Okazaki H, Hoshino M, Onishi S, Kamata Y, Nagatani K, Nagashima T, Iwamoto M, Yoshio T, Ohto-Ozaki H, Tamemoto H, Komine M, Sekiya H, Tominaga S, Minota S
    Rheumatology international 32(5) 1397-1401 2012年05月
  • The levels of soluble ST2 in sera and bullous fluid from patients with bullous pemphigoid.
    Wakatabi K, Komine M, Meephansan J, Matsuyama Y, Tsuda H, Tominaga S, Ohtsuki M
    European journal of dermatology : EJD 22(3) 333-336 2012年05月
  • Glucocorticoid-induced normotensive scleroderma renal crisis: a report on two cases and a review of the literature in Japan.
    Maruyama A, Nagashima T, Ikenoya K, Aoki Y, Matsuyama Y, Iwamoto M, Minota S
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 52(16) 1833-1837 2013年
  • Successful re-administration of imatinib without recurrence of tumor lysis syndrome in a patient with peritoneal gastrointestinal stromal tumor.
    Terada S, Matsuyama Y, Onoda K, Kawai K
    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology 111(9) 1782-1788 2014年09月
  • A first report of East Asian students' perception of progress testing: a focus group study.
    Matsuyama Y, Muijtjens AM, Kikukawa M, Stalmeijer R, Murakami R, Ishikawa S, Okazaki H
    BMC Medical Education 16(1) 1-9 2016年09月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Pyoderma gangrenosum associated with Takayasu's arteritis without typical symptoms.
    Futaki K, Komine M, Hosoda S, Hirashima M, Yokokura H, Yamada T, Murata S, Matsuyama Y, Nagashima T, Nara H, Minota S, Ohtsuki M
    European journal of dermatology : EJD 19(3) 266-267 2009年05月
  • Mature interleukin-33 is produced by calpain-mediated cleavage in vivo.
    Hayakawa M, Hayakawa H, Matsuyama Y, Tamemoto H, Okazaki H, Tominaga S
    Biochemical and biophysical research communications 387(1) 218-222 2009年09月
  • Increased levels of interleukin 33 in sera and synovial fluid from patients with active rheumatoid arthritis.
    Matsuyama Y, Okazaki H, Tamemoto H, Kimura H, Kamata Y, Nagatani K, Nagashima T, Hayakawa M, Iwamoto M, Yoshio T, Tominaga S, Minota S
    The Journal of rheumatology 37(1) 18-25 2010年01月
  • Characterization of ST2 transgenic mice with resistance to IL-33.
    Ohto-Ozaki H, Kuroiwa K, Mato N, Matsuyama Y, Hayakawa M, Tamemoto H, Tominaga S
    European journal of immunology 40(9) 2632-2642 2010年09月
  • Successful treatment of a patient with rheumatoid arthritis and IgA-κ multiple myeloma with tocilizumab.
    Matsuyama Y, Nagashima T, Honne K, Kamata Y, Iwamoto M, Okazaki H, Sato K, Ozawa K, Minota S
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 50(6) 639-642 2011年
  • Sustained elevation of interleukin-33 in sera and synovial fluids from patients with rheumatoid arthritis non-responsive to anti-tumor necrosis factor: possible association with persistent IL-1β signaling and a poor clinical response.
    Matsuyama Y, Okazaki H, Hoshino M, Onishi S, Kamata Y, Nagatani K, Nagashima T, Iwamoto M, Yoshio T, Ohto-Ozaki H, Tamemoto H, Komine M, Sekiya H, Tominaga S, Minota S
    Rheumatology international 32(5) 1397-1401 2012年05月
  • The levels of soluble ST2 in sera and bullous fluid from patients with bullous pemphigoid.
    Wakatabi K, Komine M, Meephansan J, Matsuyama Y, Tsuda H, Tominaga S, Ohtsuki M
    European journal of dermatology : EJD 22(3) 333-336 2012年05月
  • Glucocorticoid-induced normotensive scleroderma renal crisis: a report on two cases and a review of the literature in Japan.
    Maruyama A, Nagashima T, Ikenoya K, Aoki Y, Matsuyama Y, Iwamoto M, Minota S
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 52(16) 1833-1837 2013年
  • Successful re-administration of imatinib without recurrence of tumor lysis syndrome in a patient with peritoneal gastrointestinal stromal tumor.
    Terada S, Matsuyama Y, Onoda K, Kawai K
    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology 111(9) 1782-1788 2014年09月
  • A first report of East Asian students' perception of progress testing: a focus group study.
    Matsuyama Y, Muijtjens AM, Kikukawa M, Stalmeijer R, Murakami R, Ishikawa S, Okazaki H
    BMC Medical Education 16(1) 1-9 2016年09月
  • Contextual attributes promote or hinder self-regulated learning: A qualitative study contrasting rural physicians with undergraduate learners in Japan.
    Matsuyama Y, Nakaya M, Okazaki H, Leppink J, van der Vleuten C
    Medical teacher 1-11 2017年11月
  • The effect and possible clinical efficacy of in vivo inhibition of neutrophil extracellular traps by blockade of PI3K-gamma on the pathogenesis of microscopic polyangiitis.
    Kimura H, Matsuyama Y, Araki S, Koizumi A, Kariya Y, Takasuga S, Eguchi S, Nakanishi H, Sasaki J, Sasaki T
    Modern rheumatology 1-12 2017年09月
  • 【地域ケアの実践知】 教育からみた地域ケア 大学医学部から考える地域ケア教育
    松山 泰, 竹島 太郎
    治療 100(3) 318-323 2018年03月
  • 【マルチプロブレムの高齢者薬物治療】 関節リウマチ×ステロイド糖尿病×骨粗鬆症
    松山 泰
    薬事 59(7) 1432-1438 2017年05月
  • 関節リウマチの難治病態におけるIL-33/ST2Lシステムの役割
    松山 泰
    自治医科大学紀要 34 172-172 2012年03月
  • 【「分子標的薬」時代へ 投与のコツと副反応のコントロール】 高分子の分子標的薬の話題 抗体治療薬を中心に インフリキシマブによる乾癬性紅皮症/関節炎の治療
    松山 泰, 簑田 清次, 大槻 マミ太郎
    Visual Dermatology 9(8) 820-822 2010年07月
  • 血清β-D-glucanの上昇を伴った難治性関節症性乾癬にインフリキシマブが著効した1例
    松山 泰, 長嶋 孝夫, 増田 智一, 岩本 雅弘, 吉尾 卓, 岡崎 仁昭, 大槻 マミ太郎, 簑田 清次
    自治医科大学紀要 32 63-69 2010年03月
  • プロテアソーム阻害薬によるループスモデルマウスの治療
    松山 泰, 岡崎 仁昭
    リウマチ科 42(2) 190-197 2009年08月
  • 【膠原病診療のブレークスルー 早期診断・早期治療のポイント】 膠原病の難治性病態の早期診断・早期治療のこつ 吸収不全症候群
    松山 泰, 岩本 雅弘
    内科 101(4) 724-727 2008年04月
  • 【強皮症の病態とそのマネージメント】 強皮症におけるpseudo-obstructionの診断と治療
    松山 泰, 岡崎 仁昭
    リウマチ科 39(4) 312-316 2008年04月
  • 肺病変を伴って再発した結節性多発動脈炎の1例
    松山 泰, 豊嶋 幹生, 千田 金吾, 須田 隆文
    日本胸部臨床 65(5) 484-488 2006年05月
  • Ganciclovir投与が必要であったサイトメガロウイルスによる伝染性単核球症の1例
    松山 泰, 豊嶋 幹生, 千田 金吾, 須田 隆文
    内科 96(4) 783-785 2005年10月
  • アスピリン喘息における副鼻腔気管支外病変
    豊嶋 幹生, 千田 金吾, 松山 泰, 佐藤 潤, 須田 隆文, 早川 啓史
    アレルギーの臨床 25(11) 897-901 2005年10月
  • 高用量HFA-BDP投与中の気管支喘息患者に発症した慢性好酸球性肺炎の1例
    豊嶋 幹生, 千田 金吾, 松山 泰, 須田 隆文
    日本胸部臨床 64(6) 567-571 2005年06月
  • 血栓除去のみで救命しえた96歳・上腸間膜動脈塞栓症の1例
    綿引 洋一, 西山 雷祐, 金井 俊和, 阿部 仁郎, 松山 泰, 原 竜平
    手術 58(13) 2209-2212 2004年12月

講演・口頭発表

  • 自治医大「県人会」におけるpeer-assisted learningの現状と効果
    大谷 真紀, 松山 泰, 邉田 健一, 岡崎 仁昭
    医学教育 2017年08月
  • PCC OSCEのステーション変更による影響の評価
    石川 鎮清, 江口 和男, 松山 泰, 岡崎 仁昭
    医学教育 2016年07月
  • 自治医科大学フリーコース・スチューデントドクター制度による自発性の促進と国際的視野の涵養
    松山 泰, 岡崎 仁昭, 苅尾 七臣, 野田 泰子
    医学教育 2016年07月
  • 自治医科大学におけるマルチメディア形式総合判定試験の6年の解析
    松山 泰, 三重野 牧子, 武藤 弘行, 江口 和男, 石川 鎮清, 佐田 尚宏, 岡崎 仁昭
    医学教育 2015年07月
  • 東アジア地域初のプログレステストの試み
    松山 泰, 菊川 誠, 村上 礼子, Muijtjens Arno, Stalmeijer Renee, 石川 鎮清, 岡崎 仁昭
    医学教育 2015年07月
  • 都道府県拠点病院実習とそのファカルティ・ディベロプメント
    石川 鎮清, 江口 和男, 松山 泰, 武藤 弘行, 岡崎 仁昭
    医学教育 2015年07月
  • 自治医科大学医学部初年次における学生成績の推移に関する分析
    三重野 牧子, 武藤 弘行, 浜本 敏郎, 松山 泰, 岡崎 仁昭, 松儀 実広, 野田 泰子, 佐田 尚宏, 簑田 清次, 遠藤 仁司
    医学教育 2015年07月
  • A first trial of progress testing in East Asia: students' perceptions of the new testing procedure.
    Matsuyama Y, Muijtjens AM, Kikukawa M, Stalmeijer R, Murakami R, Ishikawa S, Okazaki H
    AMEE 2015 2015年
  • 自治医科大学におけるマルチメディア形式の総合判定試験の導入
    松山 泰, 石川鎮清, 岸 浩一郎, 矢野 晴美, 武藤 弘行, 佐田 尚宏, 岡崎 仁昭
    医学教育 2014年07月
  • 自治医科大学におけるマルチメディアadvanced CBT形式の記述式(SEQ)総合判定試験の導入
    松山 泰, 岡崎 仁昭, 岸 浩一郎, 坂東 政司, 矢野 晴美, 川上 忠孝, 武藤 弘行, 佐田 尚宏
    医学教育 2012年07月
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • 自治医大「県人会」におけるpeer-assisted learningの現状と効果
    大谷 真紀, 松山 泰, 邉田 健一, 岡崎 仁昭
    医学教育 2017年08月
  • PCC OSCEのステーション変更による影響の評価
    石川 鎮清, 江口 和男, 松山 泰, 岡崎 仁昭
    医学教育 2016年07月
  • 自治医科大学フリーコース・スチューデントドクター制度による自発性の促進と国際的視野の涵養
    松山 泰, 岡崎 仁昭, 苅尾 七臣, 野田 泰子
    医学教育 2016年07月
  • 自治医科大学におけるマルチメディア形式総合判定試験の6年の解析
    松山 泰, 三重野 牧子, 武藤 弘行, 江口 和男, 石川 鎮清, 佐田 尚宏, 岡崎 仁昭
    医学教育 2015年07月
  • 東アジア地域初のプログレステストの試み
    松山 泰, 菊川 誠, 村上 礼子, Muijtjens Arno, Stalmeijer Renee, 石川 鎮清, 岡崎 仁昭
    医学教育 2015年07月
  • 都道府県拠点病院実習とそのファカルティ・ディベロプメント
    石川 鎮清, 江口 和男, 松山 泰, 武藤 弘行, 岡崎 仁昭
    医学教育 2015年07月
  • 自治医科大学医学部初年次における学生成績の推移に関する分析
    三重野 牧子, 武藤 弘行, 浜本 敏郎, 松山 泰, 岡崎 仁昭, 松儀 実広, 野田 泰子, 佐田 尚宏, 簑田 清次, 遠藤 仁司
    医学教育 2015年07月
  • A first trial of progress testing in East Asia: students' perceptions of the new testing procedure.
    Matsuyama Y, Muijtjens AM, Kikukawa M, Stalmeijer R, Murakami R, Ishikawa S, Okazaki H
    AMEE 2015 2015年
  • 自治医科大学におけるマルチメディア形式の総合判定試験の導入
    松山 泰, 石川鎮清, 岸 浩一郎, 矢野 晴美, 武藤 弘行, 佐田 尚宏, 岡崎 仁昭
    医学教育 2014年07月
  • 自治医科大学におけるマルチメディアadvanced CBT形式の記述式(SEQ)総合判定試験の導入
    松山 泰, 岡崎 仁昭, 岸 浩一郎, 坂東 政司, 矢野 晴美, 川上 忠孝, 武藤 弘行, 佐田 尚宏
    医学教育 2012年07月
  • アミロイドーシスの病型診断に未固定生検試料のイムノブロットが有用である
    山田 俊幸, 松山 泰, 寺井 千尋, 星井 嘉信
    臨床化学 2012年07月
  • 自治医科大学におけるマルチメディアadvanced CBT形式の記述式(SEQ)総合判定試験の導入
    松山 泰, 岡崎 仁昭, 岸 浩一郎, 坂東 政司, 矢野 晴美, 川上 忠孝, 武藤 弘行, 佐田 尚宏
    医学教育 2011年07月
  • アトピー性皮膚炎における血清中IL-33および可溶性ST2濃度の検討
    遠田 博, 唐川 大, 小宮根 真弓, 塚原 理恵子, 津田 英利, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 松山 泰, 富永 眞一
    Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology 2011年07月
  • くすぶり型骨髄腫(IgA-κ型)合併関節リウマチにトシリズマブを使用し、有効性と安全性が確認された一例
    松山 泰, 長嶋 孝夫, 本根 杏子, 釜田 康行, 岩本 雅弘, 岡崎 仁昭, 簑田 清次, 佐藤 一也, 小澤 敬也
    関東リウマチ 2011年03月
  • 血清中および滑液中のIL-33の持続的な上昇は抗TNF療法に対する関節リウマチの低反応と関連する(Sustained elevation of interleukin-33 in serum and synovial fluid is associated with a poor response of rheumatoid arthritis to anti-tumor necrosis factor therapy)
    松山 泰, 岡崎 仁昭, 星野 東明, 大西 佐知子, 尾崎 裕美, 為本 浩至, 富永 眞一, 簑田 清次
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 2010年12月
  • 分泌型ST2は、IL-33投与によるマウス腹腔マクロファージのM2化を抑制する(Soluble ST2 attenuated the IL-33-induced M2 polarization of peritoneal macrophages)
    尾崎 裕美, 黒岩 憲二, 松山 泰, 早川 盛禎, 為本 浩至, 富永 眞一
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 2010年12月
  • P4-2-7 自己免疫疾患における血清IL-33,ST2濃度の変化(P4-2自己免疫,自己免疫性疾患1,一般演題,第22回日本アレルギー学会春季臨床大会)
    松山 泰, 岡崎 仁昭, 為本 浩至, 富永 眞一, 簑田 清次
    アレルギー 2010年04月10日
  • RAの病因・病態 リウマチ血清および関節液でのIL-33測定系の確立と疾患活動性との相関
    松山 泰, 岡崎 仁昭, 木村 洋貴, 永谷 勝也, 釜田 康行, 長嶋 孝夫, 岩本 雅弘, 吉尾 卓, 簑田 清次
    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2010年03月
  • 228 血清ST2濃度は様々な自己免疫性疾患で上昇するが,経時的変化は疾患によって異なる(膠原病と類縁疾患2,第58回日本アレルギー学会秋季学術大会)
    松山 泰, 岡崎 仁昭, 長嶋 孝夫, 岩本 雅弘, 吉尾 卓, 簑田 清次
    アレルギー 2008年10月30日
  • 大動脈炎症候群が発見された壊疽性膿皮症の1例
    二木 賢, 細田 里美, 平嶋 海帆, 横倉 英人, 山田 朋子, 村田 哲, 大槻 マミ太郎, 松山 泰, 長嶋 孝夫, 簑田 清次
    日本皮膚科学会雑誌 2008年09月
  • P145 全身性エリテマトーデスにおけるST2およびST2Lの解析(自己免疫疾患2,第20回日本アレルギー学会春季臨床大会)
    松山 泰, 岡崎 仁昭, 木村 洋貴, 長嶋 孝夫, 簑田 清次
    アレルギー 2008年04月30日
  • 肺病変を伴って再発した結節性多発動脈炎の1例
    松山 泰, 豊嶋 幹生, 千田 金吾, 須田 隆文
    アレルギー 2005年09月
  • Sjogren症候群に伴う胸膜炎の1例
    松山 泰, 豊嶋 幹生, 岡崎 仁昭, 蓑田 清次
    中部リウマチ 2005年08月
  • 診断に血清MMP-3が有用であった高齢者の膝関節炎の2例
    松山 泰, 岡崎 仁昭, 簑田 清次
    日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2005年04月
  • 上腸間膜動脈急性閉塞症の早期診断治療 1例報告および血行再建4例の検討
    綿引 洋一, 西山 雷祐, 金井 俊和, 阿部 仁郎, 松山 泰
    日赤医学 2004年09月
  • 好酸球性胃腸炎の臨床的検討 アスピリン喘息合併例と非合併例の比較
    豊嶋 幹生, 千田 金吾, 松山 泰, 須田 隆文
    アレルギー 2004年09月
  • 肺胞出血を合併した強皮症に伴う間質性肺炎の1例
    豊嶋 幹生, 千田 金吾, 松山 泰, 中村 祐太郎, 妹川 史朗, 須田 隆文
    アレルギー 2004年03月
  • 気管支喘息における血清チミジンキナーゼ活性の検討 アスピリン喘息の病因と関連して
    豊嶋 幹生, 千田 金吾, 松山 泰, 須田 隆文
    アレルギー 2003年09月

受賞

  • 2010年05月 日本アレルギー学会 第22回日本アレルギー学会春季臨床大会ポスター大賞
  • 2018年08月 医学教育振興財団/日本医学教育学会 医学教育賞懸田賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2010年05月 日本アレルギー学会 第22回日本アレルギー学会春季臨床大会ポスター大賞
  • 2018年08月 医学教育振興財団/日本医学教育学会 医学教育賞懸田賞

外部的資金

  • 日本を含む東アジアに適合する能動的学習力確立支援プログラムの開発
    :科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間 :2017年 - 2020年 代表者 : 松山泰
  • 「日本発」自己調整学習力の確立支援プログラムの開発
    公益財団法人 医学教育振興財団:医学教育研究助成
    研究期間 :2017年 - 2019年 代表者 : 松山泰
  • 関節リウマチにおけるカルパイン切断型インターロイキン33の役割
    :科学研究費 若手研究(B)
    研究期間 :2010年 - 2011年 代表者 : 松山泰
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 日本を含む東アジアに適合する能動的学習力確立支援プログラムの開発
    :科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間 :2017年 - 2020年 代表者 : 松山泰
  • 「日本発」自己調整学習力の確立支援プログラムの開発
    公益財団法人 医学教育振興財団:医学教育研究助成
    研究期間 :2017年 - 2019年 代表者 : 松山泰
  • 関節リウマチにおけるカルパイン切断型インターロイキン33の役割
    :科学研究費 若手研究(B)
    研究期間 :2010年 - 2011年 代表者 : 松山泰


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.