詳細検索はこちら

椎崎 和弘 シイザキ カズヒロ

所属部署名抗加齢医学研究部
職名講師ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/10423930.ja.html

プロフィール

研究キーワード

    二次性副甲状腺機能亢進症, アポトーシス, ビタミンD受容体, Ca感知受容体, 遺伝子導入, 慢性腎不全, Ca感受受容体, リン, ビタミンD, 血管内膜障害, 異所性血管石灰化, 線維性骨炎, カルシウム受容体, 無形成骨, 異所性石灰化, メンケベル型血管石灰化, 高リン, 腎性骨異栄養症, 副甲状腺ホルモン, 活性型ビタミンD, 血管石灰化, PTA, 副甲状線ホルモン, 副甲状腺機能低下症, 血管培養, カルシウム, カルシウム受容体作動薬

研究分野

  • 内科系臨床医学 / 腎臓内科学

経歴

  • 2007年
    -
    2010年
    自治医科大学 医学部(助教)

学位

  • 医学博士

研究活動

MISC

  • 7.血漿交換療法が有効であった自己免疫性溶血性貧血の1例(一般演題2,日本アフェレシス学会第18回関東甲信越地方会抄録)
    珍田 純子, 椎崎 和弘, 岡部 絵里子, 伊澤 佐世子, 澤口 博, 斎藤 孝子, 嶋中 公夫, 前田 孝雄, 海野 鉄男, 草野 英二
    日本アフェレシス学会雑誌 28(3) 2009年10月
  • WS4-04 過形成副甲状腺内ビタミンDアナログ直接注入療法に関する分子形態学的アプローチ(内分泌疾患の分子形態学的アプローチ-その基礎を若手研究者がクロストークする-,ワークショップ4,第48回日本組織細胞化学会総会(第8回日中合同組織細胞化学セミナー) 第39回日本臨床分子形態学会総会 合同学術集会)
    椎崎 和弘
    日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集(48) 2007年09月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 7.血漿交換療法が有効であった自己免疫性溶血性貧血の1例(一般演題2,日本アフェレシス学会第18回関東甲信越地方会抄録)
    珍田 純子, 椎崎 和弘, 岡部 絵里子, 伊澤 佐世子, 澤口 博, 斎藤 孝子, 嶋中 公夫, 前田 孝雄, 海野 鉄男, 草野 英二
    日本アフェレシス学会雑誌 28(3) 2009年10月
  • WS4-04 過形成副甲状腺内ビタミンDアナログ直接注入療法に関する分子形態学的アプローチ(内分泌疾患の分子形態学的アプローチ-その基礎を若手研究者がクロストークする-,ワークショップ4,第48回日本組織細胞化学会総会(第8回日中合同組織細胞化学セミナー) 第39回日本臨床分子形態学会総会 合同学術集会)
    椎崎 和弘
    日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集(48) 2007年09月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.