研究者総覧

宮倉 安幸 (ミヤクラ ヤスユキ)

  • 総合医学第2講座 准教授
Last Updated :2020/07/29

研究者情報

学位

    宮倉 安幸

ホームページURL

J-Global ID

プロフィール

  • 専門:大腸肛門外科

    特に、大腸癌に対する腹腔鏡手術や内視鏡手術、

    直腸癌に対する肛門温存手術、家族性腫瘍に対する遺伝診療を行っています。

研究キーワード

  • 癌   外科   ゲノム   病理学   遺伝子   大腸内視鏡検査   マイクロアレイ   大腸腺腫   大腸癌術後   mRNA   

研究分野

  • ライフサイエンス / 消化器外科学

経歴

  • 2014年 - 現在  自治医科大学さいたま医療センター准教授
  • 2006年 - 2013年  自治医科大学医学部講師

研究活動情報

論文

  • Kanazawa H, Utano K, Kijima S, Sasaki T, Miyakura Y, Horie H, Lefor AK, Sugimoto H
    Asian journal of endoscopic surgery 10 1 28 - 34 2017年02月 [査読有り][通常論文]
  • Takaharu Kato, Sergio Alonso, Yuta Muto, Hiroshi Noda, Yasuyuki Miyakura, Koichi Suzuki, Shingo Tsujinaka, Masaaki Saito, Manuel Perucho, Toshiki Rikiyama
    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY 14 1 272  2016年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: Incidence and clinical characteristics of synchronous colorectal cancer (sCRC) patients significantly vary among studies, likely due to differences in surveillance methodology. If remain undetected, sCRC can progress to more advanced stages seriously aggravating patient prognosis. We studied the incidence and clinicopathological characteristics of Japanese patients with sCRCs who underwent surgery for primary CRC and received exhaustive perioperative surveillance. Methods: We recruited 1005 patients with surgically resected CRCs between January 2007 and December 2011. The associations of clinical and pathological factors with sCRC development were assessed by univariate and multivariate logistic regression. Results: Eighty-four patients (8.4 %) developed sCRCs, 16 of them(19.0 %) harboring three or more cancers. Companion sCRCs were smaller and earlier stage than the index lesion (P < 0.0001). In multivariate analysis, advanced age (odds ratio (OR) 1.03 per year; P = 0.009) and left colon tumor location (OR 1.78; P = 0.013) are associated with higher risk of sCRCs, particularly in females. Overall survival did not differ between solitary CRC and sCRC (P = 0.62). Conclusions: Our results highlight the importance of perioperative colonoscopy examination to ensure the absence of sCRCs that, being small and early staged, are more difficult to detect. The incidence of sCRC, and notably of triple or more sCRCs, was higher than previously recognized. Because they are also significantly higher than expected by merely stochastic accumulation of individual cancerous lesions, we suggest that the occurrence of many sCRC reflects a hitherto uncharacterized predisposition condition.
  • Yuta Muto, Koichi Suzuki, Takaharu Kato, Shingo Tsujinaka, Kosuke Ichida, Yuji Takayama, Taro Fukui, Nao Kakizawa, Fumiaki Watanabe, Masaaki Saito, Kazushige Futsuhara, Hiroshi Noda, Yasuyuki Miyakura, Fumio Konishi, Toshiki Rikiyama
    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY 49 3 1057 - 1067 2016年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Although epithelial-mesenchymal transition (EMT) has been implicated as the pivotal event in metastasis, there is insufficient evidence related to EMT in clinical settings. Intratumor heterogeneity may lead to underestimation of gene expression representing EMT. In the present study, we investigated the expression of EMT-associated genes and microRNAs in primary colorectal cancer while considering intratumor heterogeneity. One-hundred and thirty-three multiple spatially separated samples were obtained from 8 patients with metastatic colorectal cancers and 8 with non-metastatic colorectal cancers, from the tumor center (TC), invasive front (IF) and metastasis. Differences in gene and microRNA expression were investigated by microarray and quantitative reverse-transcription PCR. Gene expression microarray analysis detected 7920 sites showing differing levels of gene expression among the TC, IF and metastasis. Expression of the EMT-associated gene zinc-finger E-box-binding homeobox 1 (ZEB1) significantly increased in the IF (P<0.01). To exclude individual differences, the expression ratio between TC and IF in each tumor was applied to analysis. This approach enabled recognition of the activation of the VEGF and Wnt signaling pathways, which were involved in metastasis via promotion of EMT. While no activation of these pathways was seen at the TC, regardless of whether tumors were metastatic or non-metastatic, they were preferentially activated at the IF in metastatic tumors, where high ZEB1 expression was seen in connection with decreased miR-200c expression. Multiple sampling in a tumor revealed that heterogeneous ZEB1 expression induced by EMT-associated signaling pathways played a pivotal role in metastasis via regulation of miR-200c.
  • Takaharu Kato, Sergio Alonso, Hiroshi Noda, Yasuyuki Miyakura, Shingo Tsujinaka, Masaaki Saito, Yuta Muto, Taro Fukui, Kosuke Ichida, Yuji Takayama, Fumiaki Watanabe, Nao Kakizawa, Manuel Perucho, Toshiki Rikiyama
    ONCOLOGY REPORTS 35 6 3236 - 3240 2016年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Intraductal papillary mucinous neoplasm (IPMN) has been associated with a high incidence of extrapancreatic malignancies (EPMs). However, it is controversial whether IPMN is prognostic for EPM. We aimed to help clarify the issue studying this association in patients with histologically proven IPMN. We reviewed 51 surgically resected IPMNs in Saitama Medical Center, Jichi Medical University between January 1991 and June 2012. Mean follow-up was 63.7 +/- 47.8 months. The observed EPM incidence was compared with the expected incidence of cancer in Japan. Of the 51 IPMNs, 14 were malignant and the rest benign. Seventeen EPMs developed in 15 patients (29.4%), nine of which occurred prior to IPMN diagnosis. For all IPMNs, the standardized incidence ratio (SIR) was significantly increased for the six types of reported EPMs (SIR=2.18, CI=1.31-3.42, P=0.004). Benign IPMNs showed no association with EPMs (SIR=0.92, CI=0.43-1,76, P=0.87). In contrast, malignant IPMNs showed a higher association (SIR=3.83, CI=1.87-7.03, P=0.0009). However, the association was mostly due to the prior EPMs, as removal of metachronous EPMs had no significant effect (SIR=3.63, CI=1.59-7.17, P=0.005). Thus, only malignant IPMNs drive the significant association with prior EPMs, showing a near 4-fold increased incidence compared to the general Japanese population. Histological characterization of IPMNs may offer clinical value for EPM patient management. We hypothesize that these observations may be explained if some patients with EPMs present a higher risk to develop IPMNs (and vice versa), possibly resulting from an uncharacterized multiple cancer predisposition condition.
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • Ito H, Miyakura Y, Tsukui H, Naoi D, Tahara M, Morimoto M, Koinuma K, Horie H, Lefor AK, Sata N
    Journal of surgical case reports 2016 5 2016年05月 [査読有り][通常論文]
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1277  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 宮原 悠三, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 77 5 1197  日本臨床外科学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は65歳,男性.排便困難と肛門痛を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で下部直腸癌と診断され,当科を紹介受診.腹部CTで前立腺および肛門挙筋への浸潤,直腸周囲の膿瘍形成,側方リンパ節の腫脹を認めた.外来精査中にイレウスとなり,緊急で双孔式S状結腸人工肛門造設術を施行した.抗菌薬投与を行い炎症所見が消退した後,術前化学放射線療法(UFT 500mg/LV 75mg,総線量50.4Gy)を行い,腫瘍の著明な縮小を認め,骨盤内臓全摘術を施行した.術後に癒着性イレウスを発症したが保存的加療で軽快し,術後51日目に退院となった.切除標本では直腸病変は瘢痕化しており,病理組織学的検査では腫瘍細胞を認めず,化学放射線療法の効果はGrade3,病理学的完全奏効(pCR)と診断された.膿瘍形成を伴う高度進行直腸癌に対し術前化学放射線療法が奏効しpCRを得た症例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹
    日本胃癌学会総会記事 88回 281  (一社)日本胃癌学会 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • Komatsubara T, Koinuma K, Miyakura Y, Horie H, Morimoto M, Ito H, Lefor AK, Sata N, Fukushima N
    Clinical journal of gastroenterology 9 1 1 - 6 2016年02月 [査読有り][通常論文]
  • Hisanaga Horie, Kazutomo Togashi, Kenichi Utano, Yasuyuki Miyakura, Alan T. Lefor, Yoshikazu Yasuda
    ASIAN JOURNAL OF SURGERY 39 1 29 - 33 2016年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Background and aim: Patients with stage T3 or T4 rectal cancer are candidates for neoadjuvant chemoradiation therapy. The aim of this study is to clarify the usefulness of circumferential tumor extent determined by computed tomography (CT) colonography in differentiating T3 or T4 from T1 or T2 rectal cancer. Methods: Seventy consecutive rectal cancer patients who underwent curative-intent surgery were enrolled in this study. All patients underwent colonoscopy and CT colonography on the same day. The circumferential tumor extent was estimated in 10% increments. The pathological T stage was used as the reference. Results: The median circumferential tumor extent evaluated by colonoscopy for T1 (n = 6), T2 (n = 21), and T3/T4 (n = 43) were 10%, 30%, and 80%, respectively (T1/T2 vs. T3/T4, p < 0.0001). The median circumferential tumor extent evaluated by CT colonography for T1, T2, and T3/T4 is 10%, 30%, and 70%, respectively (T1/T2 vs. T3/T4, p < 0.0001). The correlation coefficient between colonoscopy and CT colonography was very high (0.94). By defining a circumferential tumor extent >= 50% by CT colonography as the criterion for stage T3 or T4, the sensitivity, specificity, positive predictive value and accuracy were 72%, 88%, 91%, and 79%, respectively. Conclusion: Circumferential tumor extent >= 50% determined by CT colonography is a simple and potentially useful marker to identify candidates for neoadjuvant chemoradiation therapy. Copyright (C) 2015, Asian Surgical Association. Published by Elsevier Taiwan LLC. All rights reserved.
  • Lymph Node Size Alone Is Not an Accurate Predictor of Metastases in Rectal Cancer: A Node-for-Node Comparative Study of Specimens and Histology
    Yoshihiko Kono, Kazutomo Togashi, Kenichi Utano, Hisanaga Horie, Yasuyuki Miyakura, Noriyoshi Fukushima, Alan T. Lefor, Yoshikazu Yasuda
    AMERICAN SURGEON 81 12 1263 - 1271 2015年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Although size criteria have been proposed to identify lymph node metastases in patients with rectal cancer, size may not be an accurate predictor. Specimens from consecutive rectal cancer patients who underwent curative-intent radical surgery were examined. The long and short axes of lymph nodes were measured on the glass slides using micrometer calipers. The pathologic diagnosis was used as the reference. The diagnostic accuracy of metastatic status according to lymph node size was evaluated. Overall, 1283 lymph nodes from 78 patients were reviewed. The metastatic rate correlates with the length of both the long and short axes. However, metastases were present even in 1-mm lymph nodes, and the metastatic rate exceeds 5 per cent in lymph nodes measuring 3 mm along both axes. Cutoff values of >= 4 mm and >= 3 mm for the long and short axes result in a sensitivity of 76 per cent and 79 per cent, and a specificity of 36 per cent and 33 per cent, respectively, for each axis. Size criteria alone do not accurately predict the N-stage of rectal cancer. Diminutive lymph nodes, which are not seen on imaging studies, can contain metastatic disease.
  • Sadatomo A, Koinuma K, Kanamaru R, Miyakura Y, Horie H, Lefor AT, Yasuda Y
    World journal of gastrointestinal surgery 7 2 21 - 24 2015年02月 [査読有り][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 田原 真紀子, 井上 剛志, 佐藤 太, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 康吉
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌 30 0 72 - 73 日本分子腫瘍マーカー研究会 2015年 [査読無し][通常論文]
  • Miyakura Y, Tahara M, Lefor AT, Yasuda Y, Sugano K
    BMC research notes 7 835  2014年11月 [査読有り][通常論文]

MISC



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.