詳細検索はこちら

柴山 修哉 シバヤマ ナオヤ

所属部署名生理学講座生物物理学部門
職名教授ホームページURLhttp://rseeds.jichi.ac.jp/research_seeds/public/ResearcherList.php?sectionCd=19

プロフィール

研究キーワード

    アロステリー, ヘモグロビン, 生物時計, EA4, ゾル・ゲル法

研究分野

  • 生物科学 / 構造生物化学
  • 生物科学 / 生物物理学

経歴

  • 自治医科大学(JMU)(教授)

学歴

  • -
    1985年
    大阪大学 基礎工学研究科 物理系専攻 生物工学分野(日本)
  • -
    1983年
    大阪大学 基礎工学部 生物工学科(日本)

所属学協会

  • 日本生物物理学会
  • 日本生化学会
  • American Society of Biochemistry and Molecular Biology
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本生物物理学会
  • 日本生化学会
  • American Society of Biochemistry and Molecular Biology

委員歴

  • 2010年01月
    -
    現在
    日本生物物理学会 分野別専門委員(アロステリズム)
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2010年01月
    -
    現在
    日本生物物理学会 分野別専門委員(アロステリズム)

学位

  • 工学博士

研究活動

論文

  • Capturing the hemoglobin allosteric transition in a single crystal form.
    Shibayama N, Sugiyama K, Tame JR, Park SY
    Journal of the American Chemical Society 136 5097-5105 2014年04月
  • Intersubunit communication via changes in hemoglobin quaternary structures revealed by time-resolved resonance Raman spectroscopy: direct observation of the Perutz mechanism.
    Yamada K, Ishikawa H, Mizuno M, Shibayama N, Mizutani Y
    The journal of physical chemistry. B 117 12461-12468 2013年10月
  • Homopiperazine derivatives as a novel class of proteasome inhibitors with a unique mode of proteasome binding.
    Kikuchi J, Shibayama N, Yamada S, Wada T, Nobuyoshi M, Izumi T, Akutsu M, Kano Y, Sugiyama K, Ohki M, Park SY, Furukawa Y
    PloS one 8 e60649 2013年
  • Symmetry distortion in the human hemoglobin tetramer induced by asymmetric ligation.
    Shibayama N
    FEBS letters 586 74-78 2012年01月
  • Structures and oxygen affinities of crystalline human hemoglobin C (β6 Glu->Lys) in the R and R2 quaternary structures.
    Shibayama N, Sugiyama K, Park SY
    The Journal of biological chemistry 286 33661-33668 2011年09月
  • MWC2状態モデルはヘモグロビンのアロステリーといかに調和しうるか
    柴山修哉
    人工血液 18(3) 102-109 2011年01月
  • Protonation states of histidine and other key residues in deoxy normal human adult hemoglobin by neutron protein crystallography.
    Kovalevsky A, Chatake T, Shibayama N, Park SY, Ishikawa T, Mustyakimov M, Fisher SZ, Langan P, Morimoto Y
    Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography 66 1144-1152 2010年11月
  • Direct determination of protonation states of histidine residues in a 2 A neutron structure of deoxy-human normal adult hemoglobin and implications for the Bohr effect.
    Kovalevsky AY, Chatake T, Shibayama N, Park SY, Ishikawa T, Mustyakimov M, Fisher Z, Langan P, Morimoto Y
    Journal of molecular biology 398 276-291 2010年04月
  • Physicochemical properties of diheme cytochrome c4 of unknown function from Vibrio parahaemolyticus strain RIMD2210633.
    Akazaki H, Futami Y, Shibayama N, Shirasaki I, Nakade H, Chida H, Hakamata W, Park SY, Nishio T, Oku T
    Bioscience, biotechnology, and biochemistry 72 2791-2794 2008年10月
  • The structural basis for an essential subunit interaction in influenza virus RNA polymerase.
    Obayashi E, Yoshida H, Kawai F, Shibayama N, Kawaguchi A, Nagata K, Tame JR, Park SY
    Nature 454 1127-1131 2008年08月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Capturing the hemoglobin allosteric transition in a single crystal form.
    Shibayama N, Sugiyama K, Tame JR, Park SY
    Journal of the American Chemical Society 136 5097-5105 2014年04月
  • Intersubunit communication via changes in hemoglobin quaternary structures revealed by time-resolved resonance Raman spectroscopy: direct observation of the Perutz mechanism.
    Yamada K, Ishikawa H, Mizuno M, Shibayama N, Mizutani Y
    The journal of physical chemistry. B 117 12461-12468 2013年10月
  • Homopiperazine derivatives as a novel class of proteasome inhibitors with a unique mode of proteasome binding.
    Kikuchi J, Shibayama N, Yamada S, Wada T, Nobuyoshi M, Izumi T, Akutsu M, Kano Y, Sugiyama K, Ohki M, Park SY, Furukawa Y
    PloS one 8 e60649 2013年
  • Symmetry distortion in the human hemoglobin tetramer induced by asymmetric ligation.
    Shibayama N
    FEBS letters 586 74-78 2012年01月
  • Structures and oxygen affinities of crystalline human hemoglobin C (β6 Glu->Lys) in the R and R2 quaternary structures.
    Shibayama N, Sugiyama K, Park SY
    The Journal of biological chemistry 286 33661-33668 2011年09月
  • MWC2状態モデルはヘモグロビンのアロステリーといかに調和しうるか
    柴山修哉
    人工血液 18(3) 102-109 2011年01月
  • Protonation states of histidine and other key residues in deoxy normal human adult hemoglobin by neutron protein crystallography.
    Kovalevsky A, Chatake T, Shibayama N, Park SY, Ishikawa T, Mustyakimov M, Fisher SZ, Langan P, Morimoto Y
    Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography 66 1144-1152 2010年11月
  • Direct determination of protonation states of histidine residues in a 2 A neutron structure of deoxy-human normal adult hemoglobin and implications for the Bohr effect.
    Kovalevsky AY, Chatake T, Shibayama N, Park SY, Ishikawa T, Mustyakimov M, Fisher Z, Langan P, Morimoto Y
    Journal of molecular biology 398 276-291 2010年04月
  • Physicochemical properties of diheme cytochrome c4 of unknown function from Vibrio parahaemolyticus strain RIMD2210633.
    Akazaki H, Futami Y, Shibayama N, Shirasaki I, Nakade H, Chida H, Hakamata W, Park SY, Nishio T, Oku T
    Bioscience, biotechnology, and biochemistry 72 2791-2794 2008年10月
  • The structural basis for an essential subunit interaction in influenza virus RNA polymerase.
    Obayashi E, Yoshida H, Kawai F, Shibayama N, Kawaguchi A, Nagata K, Tame JR, Park SY
    Nature 454 1127-1131 2008年08月
  • Circular dichroism study on the early folding events of beta-lactoglobulin entrapped in wet silica gels.
    Shibayama N
    FEBS letters 582 2668-2672 2008年07月
  • Slow motion analysis of protein folding intermediates within wet silica gels.
    Shibayama N
    Biochemistry 47 5784-5794 2008年05月
  • Crystal structures of the clock protein EA4 from the silkworm Bombyx mori.
    Hiraki T, Shibayama N, Akashi S, Park SY
    Journal of molecular biology 377 630-635 2008年03月
  • Protonation states of buried histidine residues in human deoxyhemoglobin revealed by neutron crystallography.
    Chatake T, Shibayama N, Park SY, Kurihara K, Tamada T, Tanaka I, Niimura N, Kuroki R, Morimoto Y
    Journal of the American Chemical Society 129 14840-14841 2007年12月
  • Crystallization and preliminary crystallographic studies of the metalloglycoprotein esterase A4 using a baculovirus expression system.
    Hiraki T, Shibayama N, Yoon YH, Yun KM, Hamamoto T, Tame JR, Park SY
    Acta crystallographica. Section F, Structural biology and crystallization communications 63 734-736 2007年09月
  • 1.25 A resolution crystal structures of human haemoglobin in the oxy, deoxy and carbonmonoxy forms.
    Park SY, Yokoyama T, Shibayama N, Shiro Y, Tame JR
    Journal of molecular biology 360 690-701 2006年07月
  • Crystal structures of unliganded and half-liganded human hemoglobin derivatives cross-linked between Lys 82beta1 and Lys 82beta2.
    Park SY, Shibayama N, Hiraki T, Tame JR
    Biochemistry 43 8711-8717 2004年07月
  • 光解離に伴うヘモグロビンの動きを観る
    柴山修哉
    生物物理 44(3) 108-112 2004年
  • Highly nonexponential kinetics in the early-phase refolding of proteins at low temperatures.
    Saigo S, Shibayama N
    Biochemistry 42 9669-9676 2003年08月
  • Direct observation of photolysis-induced tertiary structural changes in hemoglobin.
    Adachi S, Park SY, Tame JR, Shiro Y, Shibayama N
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 100 7039-7044 2003年06月
  • Oxygen equilibrium properties of myoglobin locked in the liganded and unliganded conformations.
    Shibayama N, Saigo S
    Journal of the American Chemical Society 125 3780-3783 2003年04月
  • Crystal structure of horse carbonmonoxyhemoglobin-bezafibrate complex at 1.55-A resolution. A novel allosteric binding site in R-state hemoglobin.
    Shibayama N, Miura S, Tame JR, Yonetani T, Park SY
    The Journal of biological chemistry 277 38791-38796 2002年10月
  • The contribution of the asymmetric alpha 1beta 1 half-oxygenated intermediate to human hemoglobin cooperativity.
    Yun KM, Morimoto H, Shibayama N
    The Journal of biological chemistry 277 1878-1883 2002年01月
  • Differences in changes of the α1-β2 subunit contacts between ligand binding to the α and β subunits of hemoglobin A: UV resonance Raman analysis using Ni-Fe hybrid hemoglobin
    Nagatomo, S., Nagai, M., Shibayama, N., and Kitagawa, T.
    Biochemistry 41 10010-10020 2002年
  • Direct observation of two distinct affinity conformations in the T state human deoxyhemoglobin
    Shibayama, N., and Saigo, S.
    FEBS Letters 492 50-53 2001年
  • ゾル・ゲル法でタンパク質分子のコンホメーションを固定する
    柴山修哉
    生物物理 40(5) 346-349 2000年
  • Magnesium(II) and zinc(II)-protoporphyrin IX's stabilize the lowest oxygen affinity state of human hemoglobin even more strongly than deoxyheme
    Miyazaki, G. et al.
    Journal of Molecular Biology 292 1121-1136 1999年
  • Functional analysis of hemoglobin molecules locked in doubly liganded conformations.
    Shibayama, N.
    Journal of Molecular Biology 285 1383-1388 1999年
  • Kinetics of the allosteric transition in hemoglobin within silicate sol-gels
    Shibayama, N., and Saigo, S.
    Journal of the American Chemical Society 121 444-445 1999年
  • Asymmetric cyanomet valency hybrid hemoglobin, (α+CN-β+CN-)(αβ): The Issue of valency exchange
    Shibayama, N., Morimoto, H., and Saigo, S.
    Biochemistry 37 6221-6228 1998年
  • Rate constants for O2 and CO binding to the alpha and beta subunits within the R and T states of human hemoglobin
    Unzai, S., Eich, R., Shibayama, N., Olson, J. S., and Morimoto, H.
    Journal of Biological Chemistry 273 23150-23159 1998年
  • 作用反作用の法則は誤解されている
    青野修, 西郷敏, 原田三男, 柴山修哉
    物理教育 45(6) 328-329 1997年12月
  • Reexamination of the hyper thermodynamic stability of asymmetric cyanomet valency hybrid hemoglobin, (α+CN-β+CN-)(αβ): No preferentially populating asymmetric hybrid at equilibrium
    Shibayama, N., Morimoto, H., and Saigo, S.
    Biochemistry 36 4375-4381 1997年
  • Oxygen equilibrium properties of chromium(III)-iron(II) hybrid hemoglobins
    Unzai, S., Hori, H., Miyazaki, G., Shibayama, N., and Morimoto, H.
    Journal of Biological Chemistry 271 12451-12456 1996年
  • Oxygen equilibrium and electron paramagnetic resonance studies on copper(II)-iron(II) hybrid hemoglobins at room temperature
    Shibayama, N. et al.
    FEBS Letters 372 126-130 1995年
  • Mechanism of ligand binding to Ni(II)-Fe(II) hybrid hemoglobins
    Shibayama, N., Yonetani, T., Regan, R. M., and Gibson, Q. H.
    Biochemistry 34 14658-14667 1995年
  • Oxygen equilibrium properties of nickel(II)-iron(II) hybrid hemoglobins cross-linked between 82β1 and 82β2 lysyl residues by bis(3,5-dibromosalicyl)fumarate: Determination of the first two-step microscopic Adair constants for human hemoglobin
    Shibayama, N., Imai, K., Morimoto, H., and Saigo, S.
    Biochemistry 34 4773-4780 1995年
  • Fixation of the quaternary structures of human adult haemoglobin by encapsulation in transparent porous silica gels
    Shibayama, N., and Saigo, S.
    Journal of Molecular Biology 251 203-209 1995年
  • 大学物理教育をめぐって その2 医歯薬系の基礎物理 自治医科大学における物理学の新しい教育課程
    青野修, 西郷敏, 原田三男, 柴山修哉
    物理教育 42(3) 307-310 1994年09月
  • X-ray absorption spectroscopic studies of a transient intermediate in the reaction of cyanide metmyoglobin with dithionite by using rapid freezing
    Saigo, S., Hashimoto, H., Shibayama, N., Nomura, M., and Nagamura, T.
    Biochim. Biophys. Acta. 1202 99-106 1993年
  • Rapid-freeze XAFS characterization of kinetic intermediates of metalloproteins
    Saigo, S., Hashimoto, H., Shibayama, N., Nomura, M., and Nagamura, T.
    Jpn. J. Appl. Phys. 32 538-540 1993年
  • Oxygen equilibrium properties of asymmetric nickel(II)-iron(II) hybrid hemoglobin
    Shibayama, N., Imai, K., Morimoto, H., and Saigo, S.
    Biochemistry 32 8792-8798 1993年
  • Polymerization and solubility of Ni(II)-Fe(II) hybrid Hb S
    Adachi, K., Kim, J., and Shibayama, N.
    Biochim. Biophys. Acta. 1079 268-272 1991年
  • Oxygen equilibrium properties of highly purified human adult hemoglobin cross-linked between 82β1 and 82β2 lysyl residues by bis(3,5-dibromosalicyl)fumarate
    Shibayama, N. et al.
    Biochemistry 30 8158-8165 1991年
  • Structure of deoxy-quaternary haemoglobin with liganded β subunits
    Luisi, B., Liddington, B., Fermi, G., and Shibayama, N.
    Journal of Molecular Biology 214 7-14 1990年
  • Polymerization of partially liganded hemoglobin S
    Adachi, K., Kim, J., and Shibayama, N.
    Sickle Cell Disease 565 356-357 1989年
  • Structure of haemoglobin in the deoxy quaternary state with ligand bound at the α haems.
    Luisi, B., and Shibayama, N.
    Journal of Molecular Biology 206 723-736 1989年
  • 混成ヘモグロビンの協同作用
    森本英樹,柴山修哉,宮崎源太郎
    蛋白質・核酸・酵素 32(6) 557-565 1987年
  • Proton nuclear magnetic resonance and spectrophotometric studies of nickel(II)-iron(II) hybrid hemoglobin
    Shibayama, N., Inubushi, T., Morimoto, H., and Yonetani, T.
    Biochemistry 26 2194-2201 1987年
  • Properties of chemically modified Ni(II)-Fe(II) hybrid hemoglobins: Ni(II) protoprphyrin IX as a model for a permanent deoxy-heme.
    Shibayama, N., Morimoto, H., and Kitagawa, T.
    Journal of Molecular Biology 192 330-336 1986年
  • Oxygen equilibrium study and light absorption spectra of Ni(II)-Fe(II) hybrid hemoglobins
    Shibayama, N., Morimoto, H., and Miyazaki, G.
    Journal of Molecular Biology 192 323-329 1986年

講演・口頭発表

  • 極低温下における4量体ヘモグロビンの低速配位子解離動態
    富田文菜, 佐藤篤志, 野澤俊介, 星野学, 野口大貴, 朴三用, 柴山修哉, 腰原伸也, 足立伸一, 足立伸一
    物構研サイエンスフェスタ要旨集 2013年
  • セルフタイマーを内蔵するタンパク質EA4
    柴山修哉
    日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 2012年05月31日
  • 3SA4-05 ヘモグロビンのアロステリック平衡の実体(3SA4 ヘモグロビンはいま,第47回日本生物物理学会年会)
    柴山 修哉
    生物物理 2009年09月20日
  • Vibrio parahaemolyticus由来機能未知c4‐type cytochromeの大腸菌での大量発現,精製と物理化学的性質の決定
    小嶋翔平, 赤崎秀治, 柴山修哉, 関根晃陽, 比留間航, 山本慎一郎, 袴田航, 朴三用, 西尾俊幸, 奥忠武
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2009年03月05日
  • パルス中性子源を用いたヒト由来デオキシヘモグロビンの中性子実験
    茶竹俊行, 石川卓哉, KOVALEVSKYI Andrii Y., 柴山修哉, PARK Sam‐Yong, MUSTYAKIMOV Marat, LANGAN Paul, 森本幸生
    京都大学原子炉実験所学術講演会報文集 2008年01月
  • 1P016 セルフタイマーを内蔵するタンパク質EA4(蛋白質(構造・構造機能相関),口頭発表,第45回日本生物物理学会年会)
    柴山 修哉, 開 俊樹, 明石 知子, Tame Jeremy R. H., 朴 三用
    生物物理 2007年11月20日
  • デオキシヘモグロビンの中性子構造の精密化により明らかにされた,ヒスチジン残基のプロトネーション
    茶竹俊行, PARK Sam‐Yong, 柴山修哉, 森本幸生
    日本中性子科学会年会講演概要集 2006年
  • 3P042 スローモーションでみたタンパク質の折れたたみ運動(蛋白質 C) 物性(安定性、折れたたみなど)))
    柴山 修哉
    生物物理 2005年10月19日
  • 1P018 タンパク質単独で機能する分子時計EA4の結晶構造(蛋白質 A) 構造))
    開 俊樹, 柴山 修哉, Tame Jeremy R.H., 朴 三用
    生物物理 2005年10月19日
  • 3P018 多孔性ゲルを用いたシトクロムcの折れたたみ運動のスローモーション解析(蛋白質 C) 物性 : 安定性、折れたたみなど)
    柴山 修哉
    生物物理 2004年11月10日
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • 極低温下における4量体ヘモグロビンの低速配位子解離動態
    富田文菜, 佐藤篤志, 野澤俊介, 星野学, 野口大貴, 朴三用, 柴山修哉, 腰原伸也, 足立伸一, 足立伸一
    物構研サイエンスフェスタ要旨集 2013年
  • セルフタイマーを内蔵するタンパク質EA4
    柴山修哉
    日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 2012年05月31日
  • 3SA4-05 ヘモグロビンのアロステリック平衡の実体(3SA4 ヘモグロビンはいま,第47回日本生物物理学会年会)
    柴山 修哉
    生物物理 2009年09月20日
  • Vibrio parahaemolyticus由来機能未知c4‐type cytochromeの大腸菌での大量発現,精製と物理化学的性質の決定
    小嶋翔平, 赤崎秀治, 柴山修哉, 関根晃陽, 比留間航, 山本慎一郎, 袴田航, 朴三用, 西尾俊幸, 奥忠武
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2009年03月05日
  • パルス中性子源を用いたヒト由来デオキシヘモグロビンの中性子実験
    茶竹俊行, 石川卓哉, KOVALEVSKYI Andrii Y., 柴山修哉, PARK Sam‐Yong, MUSTYAKIMOV Marat, LANGAN Paul, 森本幸生
    京都大学原子炉実験所学術講演会報文集 2008年01月
  • 1P016 セルフタイマーを内蔵するタンパク質EA4(蛋白質(構造・構造機能相関),口頭発表,第45回日本生物物理学会年会)
    柴山 修哉, 開 俊樹, 明石 知子, Tame Jeremy R. H., 朴 三用
    生物物理 2007年11月20日
  • デオキシヘモグロビンの中性子構造の精密化により明らかにされた,ヒスチジン残基のプロトネーション
    茶竹俊行, PARK Sam‐Yong, 柴山修哉, 森本幸生
    日本中性子科学会年会講演概要集 2006年
  • 3P042 スローモーションでみたタンパク質の折れたたみ運動(蛋白質 C) 物性(安定性、折れたたみなど)))
    柴山 修哉
    生物物理 2005年10月19日
  • 1P018 タンパク質単独で機能する分子時計EA4の結晶構造(蛋白質 A) 構造))
    開 俊樹, 柴山 修哉, Tame Jeremy R.H., 朴 三用
    生物物理 2005年10月19日
  • 3P018 多孔性ゲルを用いたシトクロムcの折れたたみ運動のスローモーション解析(蛋白質 C) 物性 : 安定性、折れたたみなど)
    柴山 修哉
    生物物理 2004年11月10日
  • 2P006 ヒトヘモグロビンの中性子回折による構造研究(蛋白質 A) 構造)
    森本 幸生, 朴 三用, 柴山 修哉, 栗原 和男, 田中 伊知朗, 玉田 太郎, 黒木 良太, 新村 信雄
    生物物理 2004年11月10日
  • 3SB04 光解離に伴うヘモグロビン構造変化の直接観測(蛋白質場の精密化学)
    足立 伸一, 城 宜嗣, 朴 三用, Tame Jeremy R. H., 柴山 修哉
    生物物理 2004年11月10日
  • ヒトヘモグロビンの中性子回折による構造研究
    森本幸生, PARK S. Y., 柴山修哉, 栗原和男, 田中伊知朗, 玉田太郎, 黒木良太, 新村信雄
    日本中性子科学会年会講演概要集 2004年
  • X線回折法によるタンパク質の光誘起反応中間体構造解析~ヒトヘモグロビンにおける光誘起構造変化の直接観測~
    足立伸一, 城宜嗣, PARK S‐Y, TAME J R H, 柴山修哉
    SPring-8利用者情報 2003年11月16日
  • シトクロムcのサブミリ秒折れたたみ中間体の多孔性ゲルによる固定化
    柴山 修哉, 西郷 敏
    生物物理 2003年08月25日
  • ゾル・ゲル法でミオグロビン分子のコンホメーションを固定する
    柴山修哉
    日本生物物理学会年会講演予稿集 2002年11月
  • 2J1630 T型およびR型ヘモグロビン-CO光解離中間体の低温結晶構造解析(2.ヘム蛋白質,一般演題,日本生物物理学会第40回年会)
    足立 伸一, 朴 三用, Tame Jeremy, 城 宜嗣, 柴山 修哉
    生物物理 2002年10月10日
  • 2K1645 ゾル・ゲル法でミオグロビン分子のコンホメーションを固定する(2.ヘムタンパク質,一般演題,日本生物物理学会第40回年会)
    柴山 修哉
    生物物理 2002年10月10日
  • 薬剤結合でヘモグロビンのR状態の酸素親和性を変えることができる
    柴山修哉, TAME J, 米谷隆, PARK S‐Y
    日本生物物理学会年会講演予稿集 2001年10月
  • 2P065薬剤結合でヘモグロビンのR状態の酸素親和性を変えることができる
    柴山 修哉, Tame Jeremy, 米谷 隆, 朴 三用
    生物物理 2001年09月10日
  • 1P050種間キメラシトクロムcの立体構造およびその安定性
    山本 栄治, 柴山 修哉, 西郷 敏, 朴 三用
    生物物理 2001年09月10日
  • 3G1100 種間ハイブリッドシトクロムcの立体構造安定性
    山本 栄治, 柴山 修哉, 西郷 敏
    生物物理 2000年08月05日
  • 1F1530 ゾル・ゲル法による環形動物巨大ヘモグロビン分子のコンホメーションの固定
    柴山 修哉, 今井 清博, 後藤 寿夫
    生物物理 2000年08月05日
  • 1F1400 O_2ジャンプ・ストップトフロー法を用いた非対称Zn混成ヘモグロビン(Hb)の酸素平衡機能の研究
    尹 慶黙, 宮崎 源太郎, 高橋 聡, 森島 績, 柴山 修哉, 西郷 敏, 森本 英樹
    生物物理 2000年08月05日
  • 1A1600 シトクロムcの折れたたみ過程における二次構造形成 : 低温ストップトフロー測定
    西郷 敏, 柴山 修哉, 山本 栄治
    生物物理 2000年08月05日
  • ヘモグロビンの四次構造変化におけるα鎖,β鎖の寄与の違い Ni‐Fe混成ヘモグロビンを中心とした研究
    長友重紀, 長井雅子, 柴山修哉, 北川禎三
    生体分子科学討論会講演要旨集 2000年08月
  • 3PA110 酸素濃度ジャンプ・ストップフロー法を用いたヘモグロビンの酸素平衡曲線の測定 : 非対称Zn-Fe混成Hbへの応用
    伊 慶黙, 森本 英樹, 堀 洋, 西郷 敏, 柴山 修哉
    生物物理 1999年09月02日
  • 3PA050 半合成ウマ心筋シトクロムcの立体構造安定性
    山本 栄治, 柴山 修哉, 西郷 敏
    生物物理 1999年09月02日
  • 2PA091 ヘモグロビンのゾル・ゲル包括
    柴山 修哉
    生物物理 1999年09月02日
  • 半合成ウマ心筋シトクロムcの立体構造安定性
    山本栄治, 柴山修哉, 西郷敏
    日本生物物理学会年会講演予稿集 1999年09月02日
  • 酸素濃度ジャンプ・ストップトフロー法を用いたヘモグロビンの酸素平衡曲線の測定 非対称Zn‐Fe混成Hbへの応用
    YUN K M, 森本英樹, 堀洋, 西郷敏, 柴山修哉
    日本生物物理学会年会講演予稿集 1999年09月02日
  • UVRRからみたNi-Fe混成ヘモグロビンの構造、配位状態およびそれらと機能との関係
    長友 重紀, 長井 雅子, 柴山 修哉, 北川 禎三
    生物物理 1998年09月07日
  • 低温におけるタンパク質の折れたたみの初期過程
    西郷敏, 柴山修哉, 山本栄治, 高嶋真純
    日本生物物理学会年会講演予稿集 1998年09月
  • 3Q01 金属置換混成ヘモグロビンのO_2(CO)の結合・解離速度定数
    雲財 悟, Eich Raymund, 柴山 修哉, Olson John S., 森本 英樹
    生物物理 1997年09月05日
  • 金属置換混成ヘモグロビン
    ユン慶黙, 雲財悟, 宮崎源太郎, 森本英樹, 柴山修哉
    酸素結合蛋白質の分子操作と精密構造機能研究の新展開 平成7-8年度 No.07308071 1997年
  • 多孔性ガラスで高次構造を固定したヘモグロビンの機能
    柴山修哉
    日本生物物理学会年会講演予稿集 1996年10月
  • カルボキシペプチダーゼA反応中間体の局所構造解析
    西郷敏, 柴山修哉, 小堤和彦, 横山利彦
    日本生物物理学会年会講演予稿集 1995年08月
  • 29a-A-2 中性子小角散乱によるSi(OCH_3)_4より作成されたゲルの研究
    原田 三男, 柴山 修哉
    日本物理学会講演概要集. 年会 1995年03月16日
  • タンパク質の時分割EXAFS測定
    西郷敏, 柴山修哉, 小堤和彦, 横山利彦
    日本生物物理学会年会講演予稿集 1994年09月
  • 金属置換混成ヘモグロビンのα鎖置換とβ鎖置換の相違
    雲財悟, 森本英樹, 柴山修哉
    日本生物物理学会年会講演予稿集 1994年09月
  • 多孔性ガラスによるヘモグロビンの高次構造固定
    柴山修哉, 西郷敏, 大住知範, 森本英樹
    日本生物物理学会年会講演予稿集 1994年09月
  • クロム(III)‐鉄(II)混成ヘモグロビンへのダイマー間架橋の導入
    雲財悟, 堀洋, 宮崎源太郎, 森本英樹, 柴山修哉
    日本生物物理学会年会講演予稿集 1993年09月
  • β鎖間を架橋したNi(II)‐Fe(II)混成ヘモグロビンの酸素平衡機能
    柴山修哉, 今井清博, 西郷敏, 森本英樹
    日本生物物理学会年会講演予稿集 1992年10月

外部的資金

  • ヘモグロビンのアロステリック平衡の実体解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2011年 - 2013年 代表者 : 柴山 修哉
  • タイマータンパク質EA4の計時機構解明を目指した研究
    文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
    研究期間 :2008年 - 2009年 代表者 : 柴山 修哉
  • 多孔性ゲルを用いたタンパク質の折れたたみ反応のスローモーション解析
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2005年 - 2007年 代表者 : 柴山 修哉
  • ゾル・ゲル包括法によるタンパク質分子の構造・機能解析
    文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究, 萌芽研究)
    研究期間 :2000年 - 2002年 代表者 : 柴山 修哉
  • 多孔性ゲルによるタンパク質の微視的構造状態の機能解析
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1998年 - 1999年 代表者 : 柴山 修哉
  • 多孔性ガラスによるタンパク質の高次構造固定法を用いたタンパク質機能の研究
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1996年 - 1996年 代表者 : 柴山 修哉
  • 多孔性ガラスによるタンパク質の高次構造固定法の開発と2状態モデルの直接的検証
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1994年 - 1994年 代表者 : 柴山 修哉
  • 架橋混成ヘモグロビンを用いたアロステリック効果の研究
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1993年 - 1993年 代表者 : 柴山 修哉
  • 急速凍結X線吸の収スペクトル法による錯体、金属タンパク質の反応過程の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 :1992年 - 1992年 代表者 : 西郷 敏
  • X線吸収スペクトルの時間分解測定による錯体,金属タンパク質の反応過程の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 :1991年 - 1991年 代表者 : 西郷 敏
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • ヘモグロビンのアロステリック平衡の実体解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2011年 - 2013年 代表者 : 柴山 修哉
  • タイマータンパク質EA4の計時機構解明を目指した研究
    文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
    研究期間 :2008年 - 2009年 代表者 : 柴山 修哉
  • 多孔性ゲルを用いたタンパク質の折れたたみ反応のスローモーション解析
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2005年 - 2007年 代表者 : 柴山 修哉
  • ゾル・ゲル包括法によるタンパク質分子の構造・機能解析
    文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究, 萌芽研究)
    研究期間 :2000年 - 2002年 代表者 : 柴山 修哉
  • 多孔性ゲルによるタンパク質の微視的構造状態の機能解析
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1998年 - 1999年 代表者 : 柴山 修哉
  • 多孔性ガラスによるタンパク質の高次構造固定法を用いたタンパク質機能の研究
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1996年 - 1996年 代表者 : 柴山 修哉
  • 多孔性ガラスによるタンパク質の高次構造固定法の開発と2状態モデルの直接的検証
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1994年 - 1994年 代表者 : 柴山 修哉
  • 架橋混成ヘモグロビンを用いたアロステリック効果の研究
    文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 :1993年 - 1993年 代表者 : 柴山 修哉
  • 急速凍結X線吸の収スペクトル法による錯体、金属タンパク質の反応過程の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 :1992年 - 1992年 代表者 : 西郷 敏
  • X線吸収スペクトルの時間分解測定による錯体,金属タンパク質の反応過程の解析
    文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 :1991年 - 1991年 代表者 : 西郷 敏
  • 分散型EXAFS法の高感度化とそれによる錯体,金属酵素の反応の動的解析
    文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 :1990年 - 1990年 代表者 : 西郷 敏
  • タンパク質のアロステリック機構の研究
    研究期間 :1983年


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.