研究者総覧

兼田 裕司 (カネダ ユウジ)

  • メディカルシミュレーションセンター 講師
Last Updated :2021/12/08

研究者情報

学位

  • 医学博士(自治医科大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 00600868

J-Global ID

プロフィール

  • 【専門医資格】


    日本肝胆膵外科学会 肝胆膵高度技能専門医・評議員


    日本外科学会 専門医・指導医


    日本消化器外科学会 専門医・指導医


    日本膵臓学会 認定指導医


    日本消化器病学会 専門医・指導医


    日本消化器内視鏡学会 専門医


    日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医


    日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

研究キーワード

  • 手術器具発明   肝胆膵外科   知財化   バイオデザイン   シミュレーター   模擬臓器   

研究分野

  • ライフサイエンス / 消化器外科学 / 手術器具発明・開発
  • ライフサイエンス / 消化器外科学 / 手術シミュレーション、模擬臓器
  • ライフサイエンス / 消化器外科学 / 肝胆膵外科
  • ライフサイエンス / 消化器外科学 / バイオデザイン
  • ライフサイエンス / 消化器外科学 / 知財化

経歴

  • 2021年04月 - 現在  自治医科大学メディカルシミュレーションセンター, 消化器一般移植外科講師
  • 2018年09月 - 2021年03月  自治医科大学消化器一般移植外科助教
  • 2017年09月 - 2018年08月  Rigshospitalet (Copenhagen University Hospital)Department of Surgical Gastroenterology and TransplantationClinical Fellow
  • 2017年04月 - 2017年08月  自治医科大学消化器一般移植外科助教
  • 2014年10月 - 2017年03月  自治医科大学附属さいたま医療センター一般・消化器外科助教
  • 2010年04月 - 2014年09月  自治医科大学消化器一般移植外科助教
  • 2009年04月 - 2010年03月  徳島県立中央病院外科医長
  • 2007年04月 - 2008年03月  美馬市立木屋平診療所所長
  • 2006年04月 - 2007年03月  自治医大附属さいたま医療センター一般・消化器外科医員
  • 2005年04月 - 2006年03月  那賀町立相生診療所所長
  • 2004年04月 - 2005年03月  那賀町立日野谷診療所所長補佐
  • 2002年04月 - 2004年03月  徳島県立三好病院外科医員
  • 2000年10月 - 2002年03月  徳島県立中央病院研修医
  • 2000年04月 - 2000年09月  徳島大学旧第一外科研修医

学歴

  • 1994年04月 - 2000年03月   自治医科大学   医学部   医学科

所属学協会

  • 日本癌治療学会   日本移植学会   日本膵臓学会   日本胆道学会   日本肝臓学会   日本消化器内視鏡学会   日本消化器病学会   日本内視鏡外科学会   日本肝胆膵外科学会   日本消化器外科学会   日本外科学会   

研究活動情報

論文

  • Daishi Naoi, Hisanaga Horie, Koji Koinuma, Yuko Kumagai, Gaku Ota, Mineyuki Tojo, Yuji Kaneda, Shuji Hishikawa, Ai Sadatomo, Yoshiyuki Inoue, Noriyoshi Fukushima, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    Surgery today 51 10 1713 - 1719 2021年10月 
    PURPOSE: The aim of this study was to evaluate both the intestinal mucosa staple line integrity and anastomotic leak pressure after healing in a porcine survival model. METHODS: We used two suture models using two different size staples (incomplete mucosal closure model: group G [staple height 0.75 mm], complete mucosal closure model: group B [staple height 1.5 mm]) in the porcine ileum. Five staple lines were created in each group made in the ileum for each model, and the staple sites harvested on days 0, 2, and 7. The leak pressure at the staple site was measured at each time point. RESULTS: On day 0, the leak pressure for group G (79.5 mmHg) was significantly lower than that for group B (182.3 mmHg) (p < 0.01). On days 2 and 7, there was no significant difference between groups G and B (171 mmHg and 175.5 mmHg on day 2, 175.5 mmHg and 175.5 mmHg on day 7, p > 0.05). The histological findings in both groups showed similar healing at postoperative days 2 and 7. CONCLUSION: The integrity of the mucosal staple lines was associated with the postoperative leak pressure on day 0. However, there was no association with the leak pressure at two days or more postoperatively in a porcine model.
  • Innovative Pancreas Ligation Band for Distal Pancreatectomy: A Pilot In Vivo Porcine Study
    Kaneda Y, Kimura Y, Saito A, Ohzawa H, Ae R, Kawahira H, Lefor AK, Sata N
    Cureus 13 9 2021年09月 [査読有り][通常論文]
  • Kenichi Oshiro, Kazuhiro Endo, Kazue Morishima, Yuji Kaneda, Masaru Koizumi, Hideki Sasanuma, Yasunaru Sakuma, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    BMC surgery 21 1 102 - 102 2021年02月 
    BACKGROUND: Pancreatojejunostomy (PJ) is one of the most difficult and challenging abdominal surgical procedures. There are no appropriate training systems available outside the operating room (OR). We developed a structured program for teaching PJ outside the OR. We describe its development and results of a pilot study. METHODS: We have created this structured program to help surgical residents and fellows acquire both didactic knowledge and technical skills to perform PJ. A manual was created to provide general knowledge about PJ and the specific PJ procedure used in our institution. Based on questionnaires completed by trainers and trainees, the procedure for PJ was divided into twelve steps and described in detail. After creating the manual, we developed organ models, needles and a frame box for simulation training. Three residents (PGY3-5) and three fellows (PGY6 or above) participated in a pilot study. Objective and subjective evaluations were performed. RESULTS: Trainees learn about PJ by reading the procedure manual, acquiring both general and specific knowledge. We conducted simulation training outside the OR using the training materials created for this system. They simulate the procedure with surgical instruments as both primary and assistant surgeon. In this pilot study, as objective assessments, the fellow-group took less time to complete one anastomosis (36 min vs 48 min) and had higher scores in the objective structured assessment of technical skill (average score: 4.1 vs 2.0) compared to the resident-group. As a subjective assessment, the confidence to perform a PJ anastomosis increased after simulation training (from 1.6 to 2.6). Participants considered that this structured teaching program is useful. CONCLUSION: We developed a structured program for teaching PJ. By implementing this program, learning opportunities for surgical residents and fellows can be increased as a complement to training in the OR.
  • Yuichi Aoki, Hideki Sasanuma, Yuki Kimura, Akira Saito, Kazue Morishima, Yuji Kaneda, Kazuhiro Endo, Atsushi Yoshida, Atsushi Kihara, Yasunaru Sakuma, Hisanaga Horie, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    The Journal of international medical research 48 10 300060520962967 - 300060520962967 2020年10月 
    Traumatic injury to the main pancreatic duct requires surgical treatment, but optimal management strategies have not been established. In patients with isolated pancreatic injury, the pancreatic parenchyma must be preserved to maintain long-term quality of life. We herein report a case of traumatic pancreatic injury with main pancreatic duct injury in the head of the pancreas. Two years later, the patient underwent a side-to-side anastomosis between the distal pancreatic duct and the jejunum. Eleven years later, he presented with abdominal pain and severe gastrointestinal bleeding from the Roux limb. Emergency surgery was performed with resection of the Roux limb along with central pancreatectomy. We attempted to preserve both portions of the remaining pancreas, including the injured pancreas head. We considered the pancreatic fluid outflow tract from the distal pancreatic head and performed primary reconstruction with a double pancreaticogastrostomy to avoid recurrent gastrointestinal bleeding. The double pancreaticogastrostomy allowed preservation of the injured pancreatic head considering the distal pancreatic fluid outflow from the pancreatic head and required no anastomoses to the small intestine.
  • Heidelberg大学病院の膵頭十二指腸切除術
    田口 昌延, 佐久間 康成, 小泉 大, 笹沼 英紀, 下平 健太郎, 齋藤 晶, 木村 有希, 青木 裕一, 目黒 由行, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 清水 敦, 山口 博紀, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 35 3 A337 - A337 (一社)日本膵臓学会 2020年07月
  • Yuta Muto, Koichi Suzuki, Takaharu Kato, Kosuke Ichida, Yuji Takayama, Taro Fukui, Nao Kakizawa, Fumiaki Watanabe, Yuji Kaneda, Hiroshi Noda, Toshiki Rikiyama
    Molecular and clinical oncology 10 5 511 - 515 2019年05月 
    As a result of recent advances in diagnostic techniques and treatment modalities, the number of patients diagnosed with multiple primary malignancies has been increasing. We report the case of a 79-year-old male with multiple primary malignancies of three histological types in six different organs: Stomach, prostate, colon, urinary bladder, facial skin and pancreas, in chronological order. The first malignancy was upper gastric cancer diagnosed in 1998. The second and third malignancies were prostate cancer and ascending colon cancer, which were diagnosed in 2010. The fourth malignancy was bladder cancer diagnosed in 2011. The fifth and sixth malignancies were squamous cell skin cancer of the right cheek and intraductal papillary mucinous carcinoma (IPMC), respectively, diagnosed in 2014. The gastric cancer, colon cancer, bladder cancer, skin cancer and IPMC were surgically resected. The prostate cancer was treated by anti-androgen therapy. The patient died of local recurrence of IPMC in August 2016. Although multiple primary malignancies are not uncommon, diagnosis of six primary malignancies in a single patient, as reported in the present study, is extremely rare. It is important to understand the characteristics of multiple primary malignancies in order to administer suitable treatment and determine relevant follow-up plans for patients with cancer.
  • 福田 臨太郎, 野田 弘志, 遠藤 裕平, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 山田 茂樹, 力山 敏樹
    自治医科大学紀要 40 35 - 40 (学)自治医科大学 2018年03月 
    症例は60代女性。1991年他院で後腹膜脂肪肉腫に対して腫瘍摘出術および補助化学療法を施行された。1999年3月右腎臓下極近傍の再発に対して右腎摘出術を伴う再発腫瘍摘出術を当院で施行。その後、2006年1月肝臓尾側の再発、2008年6月腹部大動脈腹側の再発、2015年10月右側腹部の再発に対して各々、再発腫瘍摘出術を施行し、初回手術から25年の現在無再発生存中である。脂肪肉腫の予後は組織型に依存し、高分化型脂肪肉腫は予後良好である。高分化型脂肪肉腫においては外科的切除の可否が予後に反映し、再発を来しても、完全切除することで予後改善が期待できるため、術後の綿密な経過観察による早期再発診断、再発腫瘍摘出術の施行が重要である。(著者抄録)
  • 遠藤 裕平, 野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 田中 亨, 力山 敏樹
    胆道 31 5 831 - 837 日本胆道学会 2017年12月 
    症例は70代女性。上腹部痛と嘔吐を契機に胆嚢腫瘍を指摘された。膵胆管合流異常に合併した胆嚢癌の診断で胆嚢床切除術を施行。術後病理組織学的検査で胆嚢癌肉腫の診断となった。術後6ヵ月で肝転移再発を認めS-1療法、gemcitabine療法を施行。progressive diseaseであったが、他に新出病変を認めなかったため、肝切除を行った。術後gemcitabine療法施行し、初回手術後32ヵ月無再発生存中である。癌肉腫は上皮性悪性腫瘍の癌と非上皮性悪性腫瘍の肉腫が混在する腫瘍で、胆嚢原発の癌肉腫はまれな腫瘍である。本疾患は再発が多く予後不良であるが再発に対する有効な治療法は未だ確立されていない。今回、胆嚢癌肉腫の術後肝転移再発に対して、化学療法と肝切除を行い、病勢をコントロールしている1例を経験した。本症例は治癒切除が可能な胆嚢癌肉腫転移再発例に対する治療としての切除の有効性を示唆すると考えられた。(著者抄録)
  • Koichi Suzuki, Yuta Muto, Kosuke Ichida, Taro Fukui, Yuji Takayama, Nao Kakizawa, Takaharu Kato, Fumi Hasegawa, Fumiaki Watanabe, Yuji Kaneda, Rina Kikukawa, Masaaki Saito, Shingo Tsujinaka, Kazushige Futsuhara, Osamu Takata, Hiroshi Noda, Yasuyuki Miyakura, Hirokazu Kiyozaki, Fumio Konishi, Toshiki Rikiyama
    Oncology letters 14 2 1491 - 1499 2017年08月 
    Morphological response is considered an improved surrogate to the Response Evaluation Criteria in Solid Tumors (RECIST) model with regard to predicting the prognosis for patients with colorectal liver metastases. However, its use as a decision-making tool for surgical intervention has not been examined. The present study assessed the morphological response in 50 patients who underwent chemotherapy with or without bevacizumab for initially un-resectable colorectal liver metastases. Changes in tumor morphology between heterogeneous with uncertain borders and homogeneous with clear borders were defined as an optimal response (OR). Patients were also assessed as having an incomplete response (IR), and an absence of marked changes was assessed as no response (NR). No significant difference was observed in progression-free survival (PFS) between complete response/partial response (CR/PR) and stable disease/progressive disease (SD/PD), according to RECIST. By contrast, PFS for OR/IR patients was significantly improved compared with that for NR patients (13.2 vs. 8.7 months; P=0.0426). Exclusion of PD enhanced the difference in PFS between OR/IR and NR patients (15.1 vs. 9.3 months; P<0.0001), whereas no difference was observed between CR/PR and SD. The rate of OR and IR in patients treated with bevacizumab was 47.4% (9/19), but only 19.4% (6/31) for patients that were not administered bevacizumab. Comparison of the survival curves between OR/IR and NR patients revealed similar survival rates at 6 months after chemotherapy, but the groups exhibited different survival rates subsequent to this period of time. Patients showing OR/IR within 6 months appeared to be oncologically stable and could be considered as candidates for surgical intervention, including rescue liver resection. Comparing the pathological and morphological features of the tumor with representative optimal response, living tumor cells were revealed to be distributed within the area of vascular reconstruction induced by bevacizumab, resulting in a predictive value for prognosis in the patients treated with bevacizumab. The present findings provided the evidence for physicians to consider patients with previously un-resectable metastatic colorectal cancer as candidates for surgical treatment. Morphological response is a useful decision-making tool for evaluating these patients for rescue liver resection following chemotherapy.
  • Yuji Kaneda, Hiroshi Noda, Yuhei Endo, Nao Kakizawa, Kosuke Ichida, Fumiaki Watanabe, Takaharu Kato, Yasuyuki Miyakura, Koichi Suzuki, Toshiki Rikiyama
    World Journal of Gastrointestinal Oncology 9 9 372 - 372 2017年 [査読有り][通常論文]
  • 膵頭十二指腸切除における残膵の形態的変化と耐糖能異常に関する検討
    兼田裕司, 野田弘志, 渡部文昭, 力山敏樹
    胆膵の病態生理 31 5 831 - 837 2016年 [査読有り][通常論文]
  • Noriki Okada, Yukihiro Sanada, Yuta Hirata, Naoya Yamada, Taiichi Wakiya, Yoshiyuki Ihara, Taizen Urahashi, Atsushi Miki, Yuji Kaneda, Hideki Sasanuma, Takehito Fujiwara, Yasunaru Sakuma, Atsushi Shimizu, Masanobu Hyodo, Yoshikazu Yasuda, Koichi Mizuta
    Pediatric transplantation 19 3 279 - 86 2015年05月 
    Previous studies have demonstrated the safety of ABO-incompatible pediatric LDLT using preoperative plasmapheresis and rituximab; however, no reports have described the timing and dosage of rituximab administration for pediatric LDLT. This study aimed to describe a safe and effective dosage and timing of rituximab for patients undergoing pediatric ABO-incompatible LDLT based on the experience of our single center. A total of 192 LDLTs in 187 patients were examined. These cases included 29 ABO-incompatible LDLTs in 28 patients. Rituximab was used beginning in January 2004 in recipients older than two yr of age (first period: 375 mg/m(2) in two cases; second period: 50 mg/m(2) in two cases; and 200 mg/m(2) in eight cases). Two patients who received 375 mg/m(2) rituximab died of Pneumocystis carinii pneumonia and hemophagocytic syndrome. One patient who received 50 mg/m(2) rituximab required retransplantation as a consequence of antibody-mediated complications. All eight patients administered 200 mg/m(2) survived, and the mean CD20(+) lymphocyte count was 0.1% at the time of LDLT. In the preoperative management of patients undergoing pediatric ABO-incompatible LDLT, the administration of 200 mg/m(2) rituximab three wk prior to LDLT was safe and effective.
  • Yuji Kaneda, Shizukiyo Ishikawa, Atsuko Sadakane, Tadao Gotoh, Kazunori Kayaba, Yoshikazu Yasuda, Eiji Kajii
    Asia Pacific Journal of Public Health 27 2 NP572 - NP579 2015年03月 [査読有り][通常論文]
     
    The aim of the study was to investigate the relation between insulin resistance and risk of cerebral infarction in a Japanese general population. The subjects were 2610 men and women without past history of stroke or myocardial infarction and who were under treatment for diabetes. Subjects were divided into quartiles by the homeostasis model assessment of insulin resistance (HOMA-IR), and Cox’s proportional hazard model was used to calculate hazard ratios (HRs) for cerebral infarction. In men, the multivariate-adjusted HRs were 2.51 (95% confidence interval [CI] = 0.98-6.42) in quartile 1 (Q1), 1.43 (95% CI = 0.54-3.82) in Q2, and 2.13 (95% CI = 0.82-5.51) in Q4, using Q3 as the reference. In women, the multivariate-adjusted HRs were 2.12 (95% CI = 0.72-6.31) in Q1, 2.96 (95% CI = 1.06-8.26) in Q3, and 2.31 (95% CI = 0.80-6.69) in Q4, using Q2 as the reference. The association between risk of cerebral infarction and HOMA-IR was not dose dependent.
  • Naoya Yamada, Yukihiro Sanada, Yuta Hirata, Noriki Okada, Taiichi Wakiya, Yoshiyuki Ihara, Atsushi Miki, Yuji Kaneda, Hideki Sasanuma, Taizen Urahashi, Yasunaru Sakuma, Yoshikazu Yasuda, Koichi Mizuta
    Liver transplantation : official publication of the American Association for the Study of Liver Diseases and the International Liver Transplantation Society 21 2 233 - 8 2015年02月 
    In the field of pediatric living donor liver transplantation (LDLT), physicians sometimes must reduce the volume of left lateral segment (LLS) grafts to prevent large-for-size syndrome. There are 2 established methods for decreasing the size of an LLS graft: the use of a segment 2 (S2) monosegment graft and the use of a reduced LLS graft. However, no procedure for selecting the proper graft type has been established. In this study, we conducted a retrospective investigation of LDLT and examined the strategy of graft selection for patients weighing ≤6 kg. LDLT was conducted 225 times between May 2001 and December 2012, and 15 of the procedures were performed in patients weighing ≤6 kg. We selected S2 monosegment grafts and reduced LLS grafts if the preoperative computed tomography (CT)-volumetry value of the LLS graft was >5% and 4% to 5% of the graft/recipient weight ratio, respectively. We used LLS grafts in 7 recipients, S2 monosegment grafts in 4 recipients, reduced S2 monosegment grafts in 3 recipients, and a reduced LLS graft in 1 recipient. The reduction rate of S2 monosegment grafts for use as LLS grafts was 48.3%. The overall recipient and graft survival rates were both 93.3%, and 1 patient died of a brain hemorrhage. Major surgical complications included hepatic artery thrombosis in 2 recipients, bilioenteric anastomotic strictures in 2 recipients, and portal vein thrombosis in 1 recipient. In conclusion, our graft selection strategy based on preoperative CT-volumetry is highly useful in patients weighing ≤6 kg. S2 monosegment grafts are effective and safe in very small infants particularly neonates.
  • Masanobu Taguchi, Naohiro Sata, Yuji Kaneda, Masaru Koizumi, Masanobu Hyodo, Alan Kawarai Lefor, Hirotoshi Kawata, Yoshikazu Yasuda
    International journal of surgery case reports 8C 62 - 7 2015年 
    INTRODUCTION: Radical resection of bile duct carcinoma may require resection of hepatic arteries. Preoperative segmental embolization of the hepatic artery for resection of hilar cholangiocarcinoma has been reported. We report a patient with bile duct carcinoma infiltrating the proper hepatic artery. PRESENTATION OF CASE: A 66-year old male with jaundice was diagnosed with mid-distal bile duct carcinoma. A replaced left hepatic artery originated from the left gastric artery. Pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy (PPPD) with combined resection of hepatic artery was planned. To promote the development of collateral blood flow after excision of the hepatic artery, preoperative segmental embolization of the proper hepatic artery was performed. The patient underwent PPPD with concurrent resection of the common hepatic, right hepatic, and middle hepatic arteries without arterial reconstruction. He received adjuvant chemotherapy with gemcitabine for six months and is alive three years after surgery without tumor recurrence. DISCUSSION: The growth of collateral vessels after selective embolization of the proper hepatic artery has been used for hilar lesions and bile duct lesions. Resection of the hepatic artery without the need for complex arterial reconstruction, allowing a radical resection, may have contributed to this patient's relatively unremarkable recovery and long-term survival. Retroperitoneal mobilization of the pancreatic head and duodenum must be limited as important collaterals may originate in that area. CONCLUSION: Preoperative segmental embolization of the hepatic artery before PPPD for a patient with a replaced left hepatic artery encouraged the growth of collateral blood supply, allowing radical resection including the vessels and obviated the need for arterial reconstruction.
  • Yukihiro Sanada, Hideki Sasanuma, Yasunaru Sakuma, Kazue Morishima, Naoya Kasahara, Yuji Kaneda, Atsushi Miki, Takehito Fujiwara, Atsushi Shimizu, Masanobu Hyodo, Yuta Hirata, Naoya Yamada, Noriki Okada, Yoshiyuki Ihara, Taizen Urahashi, Seiji Madoiwa, Jun Mimuro, Koichi Mizuta, Yoshikazu Yasuda
    Pediatric transplantation 18 8 E270-3  2014年12月 
    The use of donors with coagulation FIX deficiency is controversial, and there are no current protocols for peri-transplant management. We herein describe the first reported case of a pediatric LDLT from an asymptomatic donor with mild coagulation FIX deficiency. A 32-yr-old female was evaluated as a donor for her 12-month-old daughter with biliary atresia. The donor's pretransplant coagulation tests revealed asymptomatic mild coagulation FIX deficiency (FIX activity 60.8%). Freeze-dried human blood coagulation FIX concentrate was administered before the dissection of the liver and 12 h afterwards by bolus infusion (40 U/kg) and was continued on POD 1. The bleeding volume at LDLT was 590 mL. On POD 1, 3, 5, and 13, the coagulation FIX activity of the donor was 121.3%, 130.6%, 114.6%, and 50.2%, respectively. The donor's post-transplant course was uneventful, and the recipient is currently doing well at 18 months after LDLT. The FIX activity of the donor and recipient at nine months after LDLT was 39.2% and 58.0%, respectively. LDLT from donors with mild coagulation FIX deficiency could be performed effectively and safely using peri-transplant short-term coagulation FIX replacement and long-term monitoring of the plasma FIX level in the donor.
  • Naohiro Sata, Masaru Koizumi, Yuji Kaneda, Yasunao Ishiguro, Akira Kurogochi, Kazuhiro Endo, Hideki Sasanuma, Yasunaru Sakuma, Alan Lefor, Yoshikazu Yasuda
    Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract 18 4 858 - 64 2014年04月 
    Rational treatment for neoplasms of the duodenal papilla (NDPs) is still controversial, especially for early stage lesions. Total papillectomies are indicated in patients expected to have adenomas, adenocarcinoma in an adenoma, or mucosal adenocarcinomas with no lymph node metastases. However, the preoperative pathological evaluation of NDPs is still challenging and often inaccurate, mainly because of the complicated anatomical structures involved and the possibility of an adenocarcinoma in an adenoma. Herein, we introduce a new method of total papillectomy, the extraduodenal papillectomy (ExDP). In this method, papillectomy is undertaken from outside of the duodenum, instead of resection from the inside through a wide incision of the duodenal wall as is done in conventional transduodenal papillectomy (TDP). The advantages of ExDP are precise and deeper cutting of the sphincter and shorter exploration time of the tumor compared to conventional TDP. We demonstrate three representative patients, all of whom had an uneventful postoperative course. One of them subsequently underwent a pylorus preserving pancreatoduodenectomy after detailed postoperative pathological evaluation. Including that patient, no recurrence has occurred with 37-46 months of follow-up. In conclusion, ExDP is regarded as a "total biopsy" for early stage borderline lesions and a feasible, less demanding alternative method for the treatment of NDPs.
  • Risk of Cerebral Infarction assessed by Fasting Insulin and Fasting Glucose in a Japanese General Population: The Jichi Medical School Cohort Study
    Kaneda Y, Ishikawa S, Goto T, Kayaba K, Yasuda Y, Kajii E
    Jichi Medical University Journal 36 33 - 40 2014年 [査読有り][通常論文]
  • Toru Zuiki, Yoshinori Hosoya, Yuji Kaneda, Kentaro Kurashina, Shin Saito, Takashi Ui, Hidenori Haruta, Masanobu Hyodo, Naohiro Sata, Alan T Lefor, Yoshikazu Yasuda
    Surgical endoscopy 27 10 3683 - 9 2013年10月 
    BACKGROUND: The double-stapling technique (DST) for esophagojejunostomy using the transorally inserted anvil (OrVil; Covidien Japan, Tokyo, Japan) is one of the reconstruction methods used after laparoscopy-assisted total gastrectomy (LATG). This technique has potential advantages in terms of less invasive surgery without the need to create a complicated intraabdominal anastomosis. METHODS: From 2008 to 2011, 262 patients with gastric cancer underwent total gastrectomy and reconstruction with a Roux-en-Y anastomosis, and 52 patients underwent LATG with DST. A retrospective analysis then was performed comparing the patients who experienced postoperative stenosis after LATG-DST (positive group) and the patients who did not (negative group). A comparative analysis was performed among patients comparing conventional open total gastrectomy and LATG, and multivariate analysis was performed to evaluate risk factors for the development of anastomotic stenosis. RESULTS: A minor leak was found in 1 patient (1.9 %), and 11 patients experienced anastomotic stenosis (21 %) after LATG with DST. Among the patients with anastomotic stenosis, three (3/4, 75 %) anastomoses were performed with the 21-mm end-to-end anastomosis (EEA) stapler, and eight anastomoses were performed (8/47, 17 %) with the 25-mm EEA stapler. The median interval to the diagnosis of anastomotic stenosis was 43 days after surgery. The patients with stenosis needed endoscopic balloon dilation an average of four times, and the rate of perforation after dilation was 13 %. The clinical and operative characteristics did not differ between the two groups. Anastomotic stenosis after open total gastrectomy occurred in two cases (0.98 %). Multivariate analysis showed that the size of the EEA stapler and the use of DST were risk factors for anastomotic stenosis. CONCLUSION: Esophagojejunostomy using DST with OrVil is useful in performing a minimally invasive procedure but carries a high risk of anastomotic stenosis.
  • 遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 兼田 裕司, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和
    胆と膵 34 1 69 - 73 医学図書出版(株) 2013年01月 
    胆膵領域の診断に用いられる画像診断装置の進歩は著しい。これら画像診断装置から得られる高精細の情報を、系統的に活用する手法の開発が必要である。われわれは、画像情報を処理することによるvirtual 3D model(仮想三次元モデル)を作成した。さらに、産業界で用いられる3次元プリンタのrapid prototyping法によりreal 3D model(実体3次元モデル)を作成する手法を開発した。本手法により患者の個人情報を直接反映した臓器モデルが作成可能である。Virtual 3D modelは、コンピューター上での加工、処理が容易である。Real 3D modelは直接の大きさの把握や曲面の理解などに寄与する。デジタルとアナログの組み合わせにより、より詳細な理解や情報共有が得られる。今後は臨床のみならず、教育や患者コミュニケーションツールとしての活用も期待される。(著者抄録)
  • Fasting insulin and risk of cerebral infarction in a Japanese general population: The Jichi Medical School Cohort Study
    Kaneda Y, Ishikawa S, Sadakane A, Goto T, Kayaba K, Yasuda Y, Kajii E
    Neurology Asia 18 343 - 348 2013年 [査読有り][通常論文]
  • Masaru Koizumi, Naohiro Sata, Masanobu Taguchi, Naoya Kasahara, Kazue Morishima, Yuji Kaneda, Atsushi Miki, Kunihiko Shimura, Hideki Sasanuma, Takehito Fujiwara, Makoto Ota, Atsushi Shimizu, Masanobu Hyodo, Alan T. Lefor, Yoshikazu Yasuda
    JOURNAL OF SURGICAL EDUCATION 69 5 605 - 610 2012年09月 
    OBJECTIVE: The Lichtenstein inguinal hernia repair is commonly performed and suitable for teaching basic surgical skills. The objective of this study is to evaluate the feasibility of this procedure for surgical training, particularly in regard to patient outcomes.DESIGN: Retrospective case review after introduction of an integrated teaching program.SETTING: University teaching hospital.PARTICIPANTS: The Lichtenstein inguinal hernia repair is the standard procedure for adult primary unilateral inguinal hernia since 2003 at Jichi Medical University. We introduced an integrated teaching system of lectures, skill training, and videos to teach the skills for Lichtenstein inguinal hernia repair to residents and junior faculty in 2003. Cases were retrospectively divided into 4 groups. based on the experience of the operating surgeon; junior residents (PGY 1-2, group A), senior residents (PGY 3-5, group B), junior faculty (PGY 6-10, group C), and senior faculty (PGY 11 or more, group D). Background, perioperative factors, and outcomes were evaluated among the groups.RESULTS: A total of 246 elective inguinal hernia repairs (group A: 136, group B: 49, group C: 42, group D: 19) were performed. There was a significant difference in the frequeney of concomitant diseases (p = 0.012) and anticoagulant therapy (p = 0.031). Average operating time was 80.7 +/- 24.9, 72.6 +/- 20.8, 63.5 +/- 22.0, and 54.7 +/- 27.9 (min +/- SD) in groups A, B, C, and D, respectively, with a significant difference between groups A and D (p < 0.001). No significant differences were observed in estimated blood loss (p = 0.216) or morbidity (p = 0.294).CONCLUSIONS: The Lichtenstein inguinal hernia repair can be safely performed by residents and junior faculty with the appropriate supervision of senior faculty without any disadvantage to patients. This integrated teaching program for Lichtenstein inguinal hernia repair is effective and feasible for training residents and junior faculty. (J Surg 69:605-610. (C) 2012 Association of Program Directors in Surgery. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.)
  • 小泉 大, 兼田 裕司, 俵藤 正信, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和
    手術 66 4 471 - 474 金原出版(株) 2012年04月
  • Masaru Koizumi, Naohiro Sata, Naoya Kasahara, Kazue Morishima, Yuji Kaneda, Takehito Fujiwara, Makoto Ota, Masanobu Hyodo, Yoshikazu Yasuda
    Clinical journal of gastroenterology 4 5 323 - 330 2011年10月 
    We report two cases of carcinoid tumor of the gallbladder. Case 1 was a 59-year-old woman who presented with epigastric pain. Abdominal ultrasonography and computed tomography (CT) revealed a 16 mm polypoid lesion in the neck of the gallbladder. Tumor markers were within normal limits. Open cholecystectomy was performed with a preoperative diagnosis of early cancer of the gallbladder. Case 2 was a 45-year-old man. A polyp in the gallbladder was incidentally detected on annual checkup. Ultrasound and CT showed an 18 mm protruding lesion in the neck of the gallbladder. Laparoscopic cholecystectomy was performed and the tumor diagnosed as a carcinoid tumor based on the findings of funicular and tubular cells in the lamina propria mucosa, homogeneous nuclei, basophilic cytoplasm, and positive staining with chromogranin A and synaptophysin. The postoperative course of both patients was uneventful, with no recurrence at 44 and 41 months after surgery. In this literature review of 39 cases, classical carcinoid of the gallbladder has a favorable postoperative outcome. Of cases reviewed, 60% are located in the neck of the gallbladder and 50% have a polypoid shape.
  • 保存的加療にて軽快した腸管気腫を伴った門脈内ガス血症の一例
    三井 康裕, 倉立 真志, 近清 素也, 兼田 裕司, 開野 友佳理, 広瀬 敏幸, 八木 淑之, 斎藤 勢也, 住友 正幸, 藤野 良三
    徳島県立中央病院医学雑誌 32 5 - 8 徳島県立中央病院 2011年03月 
    43歳男。発熱、呼吸促迫が出現し、胸部X線で右胸水貯留を指摘され紹介となった。胸腹部単純レントゲンで右胸水貯留、両側横隔膜挙上、小腸ガスの著明貯留を認め、腹部造影CTでは肝右葉に樹枝状門脈内ガス像を、小腸には壁内気腫像を認めた。腸管壁の造影効果は全長にわたって良好であった。画像所見に加え、血液生化学検査で炎症所見は強かったが、LDH、CPKの上昇はなく、腹膜刺激症状やアシドーシスも認めなかったことより、麻痺性イレウスによる腸管内圧亢進から生じた門脈内ガス血症と診断し、腸管壊死は否定的と考え保存的治療の方針とした。絶飲食、経鼻胃管挿入の上、輸液を行い抗生剤および免疫グロブリンを投与し、入院翌日のCTでは門脈内ガス像の消失を認めたが、腸管壁内気腫像は残存していた。全身状態が改善傾向にあったため保存的治療継続とし、第4病日に解熱して第8病日に炎症反応は沈静化した。第24病日のCTでは腸管壁内気腫も消失し、経鼻胃管からの排液も徐々に減少して胃管抜去に至り、第46病日より食事を開始し、第53病日に軽快退院した。
  • Shinji Kuratate, Motoya Chikakiyo, Yuji Kaneda, Yukari Harino, Toshiyuki Hirose, Toshiyuki Yagi, Seiya Saitoh, Masayuki Sumitomo, Ryozo Fujino, Nobuo Satake, Takahiro Hirose
    The journal of medical investigation : JMI 58 1-2 154 - 8 2011年02月 
    A 58-year old man was referred to our hospital for treatment of an abdominal mass. As for him, tumor resection with right nephrectomy had been performed ten years ago for a giant well-differentiated perinephric liposarcoma. CT examination showed a huge tumor shadow in the abdominal cavity. Abdominal MRI examination showed a 15 × 8 cm tumor with almost high signal intensity on the T2 weighted images. At laparotomy, a large bulky retroperitoneal tumor pointed out before an operation was found. Surgical extirpation of the tumor was performed. Besides, several tumors of the thumb head size were detected into right retroperitoneal fatty tissue. The right side mesocolon and the tumors were not able to exfoliate, therefore right hemicolectomy was performed. Histological features showed dedifferentiated liposarcoma. The postoperative course was uneventful. But eight months after surgery, he was admitted again for treatment of a 4 × 3 cm retroperitoneal tumor. Extirpation of the tumor was performed. Histological finding of this tumor also showed dedifferentiated liposarcoma. Dedifferentiation, occurring in 15% of the well-differentiated liposarcomas, sometimes may develop later. Long-term detailed follow-up is necessary for well-differentiated liposarcoma.
  • Shinji Kuratate, Seiya Inoue, Motoya Chikakiyo, Yuji Kaneda, Yukari Harino, Toshiyuki Hirose, Toshiyuki Yagi, Seiya Saitoh, Masayuki Sumitomo, Ryozo Fujino, Nobuo Satake
    The journal of medical investigation : JMI 57 3-4 338 - 44 2010年08月 
    A 74-years old man was referred to our hospital for treatment of a rectal mass. Colonoscopy revealed villous tumor covering all the lower rectal lumen. Biopsy yielded a diagnosis of adenoma. CT examination showed tumor shadows of the rectum and the liver. Pelvic MRI examination showed a 10.5×8×7 cm tumor with high signal intensity on the T2 weighted images in the rectum. Rectosigmoidectomy with lymph node dissection was performed with the diagnosis of rectal cancer that metastasized to the liver. Histological and immuno- histochemical features showed coexistent poorly-differentiated small cell neuroendocrine cell (NEC) carcinoma and non-invasive well-differentiated adenocarcinoma in tubulovillous adenoma. However the chemotherapy with FOLFOX and Bevacizumab was performed postoperatively, the patient died in cancer 3 months after surgery. Rectal poorly-differentiated NEC carcinomas are thought to be a tumor with a high malignant potential. Recently, the UICC TNM classifications of malignant tumors, 7th edition and the Guidelines for colorectal NEC tumors of European Neuroendocrine Tumor Society have been published. They would be evaluated, and effective multimodal therapy for NEC carcinomas should be established.
  • 孤立性膵結核の1切除例
    神村 盛一郎, 倉立 真志, 井上 聖也, 徳永 卓哉, 近清 素也, 兼田 裕司, 開野 友佳理, 広瀬 敏幸, 八木 淑之, 斉藤 勢也, 住友 正幸, 藤野 良三, 佐竹 宣法, 廣瀬 隆則
    徳島県立中央病院医学雑誌 31 35 - 38 徳島県立中央病院 2010年03月 
    58歳女。膀胱炎で近医入院した際、膵の嚢胞性腫瘤病変を指摘され当院紹介された。腹部超音波で膵尾部に30×28mmのhypo echoic massを認め、境界明瞭、内部不均一であった。胸部CTで異常所見はなく、腹部CTでは膵腫瘤の内部に隔壁様構造を認めた。MRIでは腫瘤に造影効果は認めず、内部はT2WIで淡い高信号、DWIで高信号を呈した。膵嚢胞性腺癌を疑い手術を施行し、膵体部頭側前面に3cm大の腫瘤を認め、膵内への浸潤性発育が疑われた。9番リンパ節が腫脹して腫瘤と一体になっており、膵体尾部・脾合併切除を施行した。術中に腫瘤の内容物が一部流出し、内容物は粘性のある黄白色調の性状であった。病理組織所見では類上皮細胞から成る肉芽腫、多核巨細胞、乾酪壊死を認め、Ziehl-Neelsen染色で抗酸菌は認めなかった。術中に採取した嚢胞内容液のPCR検査では結核菌が陽性で、孤立性膵結核と診断された。術後経過は良好で、退院後抗結核剤を6ヵ月間内服し、再発はない。
  • Sivelestat Sodium Hydrateとエンドトキシン吸着療法との併用療法が有用であったARDSの1例
    兼田裕司, 矢田清吾, 山口剛史, 宮内隆行, 倉立真志, 余喜多史郎
    四国医学雑誌 63 40 - 43 2007年 [査読有り][通常論文]
  • A Case of Unicentric type Castleman's Disease in the Retroperitoneal Space
    Kaneda Y, Soda K, Yamaguchi Y, Nokubi M, Watanabe Y, Konishi F
    Jichi Medical University Journal 30 147 - 154 2007年 [査読有り][通常論文]
  • 倉立 真志, 余喜多 史郎, 山口 剛史, 兼田 裕司, 宮内 隆行, 矢田 清吾
    臨床外科 61 13 1675 - 1678 (株)医学書院 2006年12月 
    79歳男。主訴は吐血、タール便で、上部消化管内視鏡にて十二指腸球部に1cmの半球状の隆起性病変を認め、その中心に5mm大の粘膜欠損があり、静脈性出血を認め、静脈瘤からの出血が疑われた。手術を施行し、術中超音波検査で腫瘤内の血流を認め、腹腔動脈又は上腸間膜動脈領域から発生した動脈瘤の十二指腸穿破と診断した。流入動脈の検索目的で術中血管造影を行い胃十二指腸動脈瘤と判明し、塞栓術を行なったが完全には塞栓できず、開腹術を施行した。術後消化管出血は止まり、術後1ヵ月の腹部CTで胃十二指腸動脈結紮部付近に仮性腸嚢胞を認めたが、瘤内への造影剤流入は認めなかった。仮性肺嚢胞は術後2ヵ月で自然消退し、術後2年現在、再発は認めない。
  • 大腸穿孔症例に対するエンドトキシン吸着療法の検討
    兼田裕司, 矢田清吾, 山口剛史, 宮内隆行, 倉立真志, 余喜多史郎
    四国医学雑誌 63 40 - 43 2006年 [査読有り][通常論文]
  • 倉立 真志, 余喜多 史郎, 山口 剛史, 兼田 裕司, 宮内 隆行, 矢田 清吾, 廣川 満良
    臨床外科 59 10 1371 - 1374 (株)医学書院 2004年10月 
    60歳男性.患者は下血および腹痛を主訴に,近医で貧血を指摘され,著者らの施設へ紹介となった.入院時,腹部CTでは肝左葉辺縁部に門脈内ガスを認め,腸管壊死は否定的で,保存的治療にて門脈内ガスの軽減を認めたが,大量消化管出血によるショックを呈し,緊急開腹術を施行した.手術所見では回腸末端10cmから30cmにわたる浮腫状の腸管を40cm切除し,端々吻合を行った.術後,貧血は改善したが,再度下血し,出血性ショックとなり,再手術を施行した.病理組織学的に1回目の切除標本で不整型多発性の潰瘍性病変を認め,非特異性多発性小腸潰瘍症と診断した.再手術後5日目に縫合不全を発症し,小腸瘻を造設したが,経過良好で小腸瘻閉鎖術後に退院した.退院後1年経過した現在,小腸潰瘍の再発なみられない
  • 管腔内超音波検査, 経口胆道鏡が術式選択に有用であった粘液産生胆管癌の1例
    兼田裕司, 余喜多史郎, 山口剛史, 宮内隆行, 倉立真志, 矢田清吾, 堀江貴浩, 銭志栄, 廣川満良, 佐野寿昭
    日本消化器外科学会雑誌 37 1417 - 1422 2004年 [査読有り][通常論文]
  • 倉立 真志, 余喜多 史郎, 矢田 清吾, 宮内 隆行, 兼田 裕司, 山口 剛史
    臨床外科 58 12 1565 - 1568 (株)医学書院 2003年11月 
    65歳男.食欲不振を認め,上部消化管造影検査にて幽門狭窄を指摘された.入院時,右上腹部に鶏卵大の硬い腫瘤を触知した以外に異常はなく,CTにて前庭部胃壁の肥厚を認めたのみであった.入院3日目突然上腹部の激痛が出現し,筋性防御と腹部CTにて腹腔内遊離ガス像を認めたため消化管穿孔と診断して緊急手術を施行した.胃L領域に存在する腫瘤の前壁穿孔を確認,肉眼所見で胃癌と診断し,幽門側胃切除,D2郭清,胃空腸吻合を行った.摘出標本では2型腫瘤の前壁に穿孔があり,病理組織学的には低分化型腺癌が漿膜下層まで浸潤し,総合的にT2,N1,H0,P0,M0,StageIIIa,根治度Aであった.術後,MTX-5FU療法とUFT内服を行い,術後6年経過した現在も再発所見はない.進行性胃癌穿孔では予後不良例が多いが,長期生存を得るにはできる限り根治度B以上の一期的手術を行う必要があると思われた
  • 八木 淑之, 藤野 良三, 高井 茂治, 三木 仁司, 住友 正幸, 松山 和男, 尾形 頼彦, 中川 靖士, 金村 晋史, 兼田 裕司, 黒部 裕嗣
    四国医学雑誌 59 1〜2 57 - 62 徳島医学会 2003年04月 
    49歳男.膵体尾部腫瘤を主訴とした.人間ドックで膵体尾部腫瘤を指摘されたが腹痛等の症状はなかった.画像診断から膵体尾部の嚢胞腺腫あるいは同部周辺のリンパ管腫を疑った.経過観察中に腫瘤の増大傾向を認めたため,malignant potentialを有する膵嚢胞性腫瘍も否定できず,腹腔鏡下腫瘍摘出術を施行した.摘出された腫瘤は7.0×5.5×3.0cmの,結合織で囲まれた多房性腫瘍であった.悪性所見は認めず,膵海綿状リンパ管腫と診断された.術後経過は良好で,術後4年の現在,再発なく無症状で経過している.膵海綿状リンパ管腫は極めて稀な膵非上皮性腫瘍であり,検索し得た限り自験例を含め15例の報告があるのみであった
  • 八木 淑之, 藤野 良三, 高井 茂治, 三木 仁司, 住友 正幸, 松山 和男, 尾形 頼彦, 中川 靖士, 金村 晋史, 兼田 裕司, 黒部 裕嗣, 寺内 明子
    四国医学雑誌 59 1〜2 68 - 73 徳島医学会 2003年04月 
    17歳女.嘔吐,摂食不良を主訴とした.乳児期から嘔吐の頻度が多かった.上部消化管透視,造影後腹部X線検査,腹部造影CT検査,腹部3D-CT検査の所見と経過から,長期にわたる極端な内臓下垂を伴った上腸間膜動脈性十二指腸閉塞症(SMA症候群)と診断した.手術適応と考えられ,腹腔鏡下に十二指腸第3部と空腸を経横行結腸間膜的に側々に吻合した.術後経過良好で,術後第5週の透視においても通過は良好であった.本症には術式も簡単で手術侵襲が少なく美容的にも優れている,経横行結腸間膜的腹腔鏡下十二指腸空腸吻合術がより適応と考えられた

MISC

  • 外科系医師はどのようにして医学教育のキャリアを形成していくのか? シミュレーション教育未経験の外科医が始める医学教育のキャリア形成
    川平 洋, 遠藤 和洋, 鈴木 義彦, 前田 佳孝, 兼田 裕司, 淺田 義和, アラン・レフォー, 佐田 尚宏 医学教育 52 (Suppl.) 40 -40 2021年07月
  • 外科医が主導する医療機器開発と医工連携・知財化の重要性:膵断端処置具開発(Class IV)の経験を通して
    兼田裕司, 木村有希, 齋藤 晶, 小泉 大, 笹沼英紀, 川平 洋, 細谷好則, 北山丈二, Lefor AK, 佐田尚宏 第76回消化器外科学会総会 2021年07月 [査読無し][通常論文]
  • An Innovative Device for Preventing Postoperative Pancreatic Fistula When Performing Distal Pancreatectomy: The Road to Zero Risk
    兼田裕司, 木村有希, 齋藤 晶, 下平健太郎, 青木裕一, 目黒由行, 田口昌延, 笠原尚哉, 森嶋 計, 遠藤和洋, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼英紀, 佐久間康成, Lefor AK, 佐田尚宏 第33回日本肝胆膵外科学会学術集会 2021年06月 [査読無し][通常論文]
  • 胃壁内進展を伴う遅発性膵液瘻の一例
    久保 百合香, 篠原 翔一, 兼田 裕司, 藤原 正貴, 利府 数馬, 直井 大志, 関口 忠司 日本臨床外科学会雑誌 82 (5) 1020 -1020 2021年05月
  • 外科医による起業-医工連携・産学連携- 外科医を取り巻く職場ニーズから中小企業の事業創出に繋がった産学連携事業の報告
    川平 洋, 井上 賢之, 篠原 翔一, 兼田 裕司, 千葉 蒔七, 窪木 大悟, 太田 学, 松本 志郎, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, Lefor Alan K., 中村 亮一, 下村 義弘, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 121回 NES -2 2021年04月
  • 術後膵液瘻ゼロを目指した、膵断端処置具の創出研究
    兼田裕司, 木村有希, 齋藤 晶, 青木裕一, 目黒由行, 森嶋 計, 大澤英之, 遠藤和洋, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼英紀, 山口博紀, 佐久間康成, 川平 洋, 堀江久永, 細谷好則, 味村俊樹, 北山丈二, Lefor AK, 佐田尚宏 第121回日本外科学会学術集会 2021年04月 [査読無し][通常論文]
  • Innovative device to prevent postoperative pancreatic fistula in distal pancreatectomy: A pilot study
    兼田裕司, 木村有希, 齋藤 晶, 青木裕一, 目黒由行, 田口昌延, 笠原尚哉, 森嶋 計, 宮戸英世, 遠藤和洋, 吉田 淳, 小泉 大, 笹沼英紀, 佐久間康成, Lefor AK, 佐田尚宏 第32回日本肝胆膵外科学会学術集会 2021年02月 [査読無し][通常論文]
  • 術後膵液瘻ゼロを目指した膵断端処置具の新規開発
    兼田裕司, 木村有希, 齋藤 晶, 小泉 大, 笹沼英紀, 川平 洋, 細谷好則, 北山丈二, Lefor AK, 佐田尚宏 第75回消化器外科学会総会 2020年12月 [査読無し][通常論文]
  • Innovative device to prevent postoperative pancreatic fistula in distal pancreatectomy: A pilot study
    Kaneda Y, Kimura Y, Akira S, Ohzawa M, Koizumi M, Sasanuma H, Lefor AK, Sakuma Y, Hosoya Y, Sata N The 14th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Association 2020年11月 [査読無し][通常論文]
  • 十二指腸乳頭部癌切除例の長期成績
    小泉 大, 下平 健太郎, 木村 有希, 斉藤 晶, 森嶋 計, 兼田 裕司, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 川平 洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 SF -1 2020年08月
  • 器械縫合において粘膜縫合の欠損が腸管吻合部の強度に与える影響
    直井 大志, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 太田 学, 東條 峰之, 兼田 裕司, 斎藤 晶, 木村 有希, 津久井 秀則, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 菱川 修司, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 SF -7:[*] 2020年08月
  • 術後膵液瘻ゼロを目指した膵断端処置具の新規開発
    兼田裕司, 木村有希, 齋藤 晶, 青木裕一, 目黒由行, 森嶋 計, 宮戸英世, 大澤英之, 遠藤和洋, 吉田 淳, 小泉 大, 笹沼英紀, 山口博紀, 佐久間康成, 川平 洋, 堀江久永, 味村俊樹, 北山丈二, Lefor AK, 佐田尚宏 第120回日本外科学会学術集会 120回 SF -8 2020年08月 [査読無し][通常論文]
  • 田口 昌延, 佐久間 康成, 小泉 大, 笹沼 英紀, 下平 健太郎, 齋藤 晶, 木村 有希, 青木 裕一, 目黒 由行, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 清水 敦, 山口 博紀, 北山 丈二, 佐田 尚宏 膵臓 35 (3) A337 -A337 2020年07月
  • 大豆生田 尚彦, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 片野 匠, 篠原 翔一, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 三木 厚, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内分泌学会雑誌 95 (4) 1697 -1697 2020年02月
  • 肝内胆管癌疑いの症例に対して腹腔鏡下肝切除を行い肝類上皮細胞肉芽腫と診断された1例
    吉田 淳, 佐久間 康成, 宮戸 英世, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) MO188 -5 2019年12月
  • 晩期合併症・トランジション 先天性胆道拡張症術後晩期合併症の検討
    吉田 淳, 笹沼 英紀, 宮戸 英世, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス 42 30 -30 2019年09月
  • 十二指腸乳頭部腫瘍に対する外科的乳頭切除術による段階的治療戦略
    小泉 大, 斎藤 晶, 青木 裕一, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS -7 2019年04月
  • 力山 敏樹, 野田 弘志, 兼田 裕司 手術 73 (4) 435 -441 2019年03月
  • 膵十二指腸動脈瘤の3例
    渡部 晃佑, 吉田 淳, 高橋 和也, 青木 裕一, 田口 昌延, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本腹部救急医学会雑誌 39 (2) 345 -345 2019年02月
  • 鼠径部ヘルニア嵌頓症例における経過時間と腸切除の検討
    小泉 大, 斎藤 晶, 青木 裕一, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本腹部救急医学会雑誌 39 (2) 379 -379 2019年02月
  • 術前診断しえた特発性大網出血の1例
    高橋 和也, 笹沼 英紀, 青木 裕一, 森嶋 計, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本腹部救急医学会雑誌 39 (2) 465 -465 2019年02月
  • 下行結腸癌異時性孤立性脾転移の1例
    松宮 美沙希, 三木 厚, 川口 英之, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 79 (7) 1556 -1556 2018年07月
  • 高齢者に発生した3重複癌に対して3期的治療を施行した1例
    菊池 悠希, 野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 小櫃 保, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 79 (5) 1141 -1141 2018年05月
  • 膵頭十二指腸切除術後の乳糜漏に対し、外科的治療が奏功した1例
    町田 枝里華, 兼田 裕司, 遠藤 裕平, 渡部 文昭, 菊川 利奈, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 79 (5) 1165 -1165 2018年05月
  • 小泉 大, 斎藤 晶, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 田口 昌延, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏 膵臓 33 (3) 641 -641 2018年05月
  • 膵頭十二指腸切除術を施行した十二指腸乳頭部癌の長期成績
    小泉 大, 斎藤 晶, 横田 真一郎, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 2414 -2414 2018年04月
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除における電動式自動縫合器を使った膵離断定型化の試み
    笹沼 英紀, 佐久間 康成, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP141 -02 2017年12月
  • 膵頭十二指腸切除での再建の工夫 Blumgart変法(自治医大方式)による膵空腸吻合の成績
    小泉 大, 斎藤 晶, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 78 (増刊) 425 -425 2017年10月
  • 80歳以上の高齢者における膵頭十二指腸切除術の周術期治療成績の検討
    加藤 高晴, 野田 弘志, 笠原 尚哉, 渡部 文昭, 遠藤 裕平, 柿澤 奈緒, 兼田 裕司, 清崎 浩一, 宮倉 安幸, 辻仲 眞康, 齊藤 正昭, 蓬原 一茂, 菊川 利奈, 石岡 大輔, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 78 (増刊) 681 -681 2017年10月
  • 進行・再発膵癌に対するGemcitabine+nab-paclitaxelの使用経験
    渡部 文昭, 野田 弘志, 遠藤 裕平, 染谷 崇徳, 長谷川 芙美, 石岡 大輔, 菊川 利奈, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本消化器外科学会雑誌 50 (Suppl.2) 418 -418 2017年10月
  • 当科における肝門部領域胆管癌の手術成績
    遠藤 裕平, 野田 弘志, 渡部 文昭, 染谷 崇徳, 長谷川 芙美, 石岡 大輔, 菊川 利奈, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本消化器外科学会雑誌 50 (Suppl.2) 521 -521 2017年10月
  • 佐田 尚宏, 齋藤 晶, 木村 有希, 青木 裕一, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 清水 敦, 佐久間 康成, 栗原 克己, 大木 準, 鈴木 正徳 臨床外科 72 (8) 986 -989 2017年08月
  • 当科における肝門部領域胆管癌の手術成績
    遠藤 裕平, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本消化器外科学会総会 72回 PN2 -1 2017年07月
  • 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)切除患者に合併する他臓器癌の検討
    加藤 高晴, 野田 弘志, 兼田 裕司, 渡部 文昭, 遠藤 裕平, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本消化器外科学会総会 72回 PK4 -3 2017年07月
  • SSIサーベイランスにおける肝胆膵手術手技分類の細分化の提案
    市田 晃佑, 野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 吉沢 あゆは, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本消化器外科学会総会 72回 RS2 -5 2017年07月
  • 膵体尾部切除術における自動縫合機を用いた膵切離の工夫
    兼田 裕司, 野田 弘志, 遠藤 裕平, 渡部 文昭, 加藤 高晴, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本消化器外科学会総会 72回 PJ12 -5 2017年07月
  • 肝細胞癌術後早期再発予測因子としての腫瘍マーカー腫瘍ボリューム比の意義
    吉沢 あゆは, 野田 弘志, 渡部 文昭, 遠藤 裕平, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本消化器外科学会総会 72回 PL14 -5 2017年07月
  • 大腸癌肝転移に対する治療戦略 大腸癌肝転移に対する外科的治療選択における形態学的変化の有用性の検証
    福井 太郎, 鈴木 浩一, 市田 晃佑, 柿澤 奈緒, 武藤 雄太, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本消化器外科学会総会 72回 O3 -3 2017年07月
  • 野田 弘志, 遠藤 裕平, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 力山 敏樹 膵臓 32 (3) 403 -403 2017年05月
  • 遠藤 裕平, 野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 力山 敏樹 膵臓 32 (3) 640 -640 2017年05月
  • 膵腫瘍性病変における組織と血中のKrasモニタリングの臨床的意義
    渡部 文昭, 鈴木 浩一, 遠藤 裕平, 市田 晃佑, 福井 太郎, 柿澤 奈緒, 兼田 裕司, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 SF -6 2017年04月
  • 直腸癌に対する低位前方切除術後の吻合部出血のリスク因子の検討
    田巻 佐和子, 宮倉 安幸, 石川 英樹, 染谷 崇徳, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -4 2017年04月
  • 膵頭十二指腸切除術後における残膵の形態的変化と耐糖能異常に関する研究
    兼田 裕司, 野田 弘志, 染谷 崇徳, 長谷川 芙美, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 菊川 利奈, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -1 2017年04月
  • ハルトマン手術の当院における術後成績と合併症発症リスクの検討
    柿澤 奈緒, 辻仲 眞康, 小櫃 保, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 長谷川 芙美, 染谷 崇徳, 菊川 利奈, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -3 2017年04月
  • 直腸癌術後吻合部関連合併症の検討
    宮倉 安幸, 田巻 佐和子, 石川 英樹, 染谷 崇徳, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -2 2017年04月
  • PNET24例の治療成績の検討
    遠藤 裕平, 野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 齋藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -7 2017年04月
  • 当院での神経内分泌癌8例の検討(Results of treatment in eight cases with neuroendocrine carcinoma of the stomach)
    石岡 大輔, 齊藤 正昭, 菊地 望, 高橋 洵, 小櫃 保, 福田 臨太郎, 染谷 崇徳, 長谷川 芙美, 渡部 文昭, 菊川 利奈, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本胃癌学会総会記事 89回 401 -401 2017年03月
  • 佐田 尚宏, 齋藤 晶, 木村 有希, 青木 裕一, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 栗原 克己, 大木 準, 鈴木 正徳 胆と膵 38 (2) 195 -199 2017年02月 
    近年、内視鏡的治療の進歩により、慢性膵炎およびその合併症(膵石症、膵仮性嚢胞、internal pancreatic fistula(IPF:膵性胸腹水)、胆道狭窄)に対して、膵管ステント留置、経胃的ドレナージなどの難易度の高い内視鏡手技が開発され、その低侵襲性から多くの病態では第一選択の治療となっている。しかし、すべての例で内視鏡的治療が実施できる訳ではなく、奏効率、長期成績では外科的治療に劣る部分もあり、どのようなタイミングで外科的治療を行うかを常に念頭に置いて治療計画を検討することが重要である。治療コンプライアンスの悪い症例などでは外科的治療を第一選択とすることも選択肢として、施設の熟達度を考慮し、十分なインフォームドコンセントを行ったうえで治療法を決定する必要がある。(著者抄録)
  • 佐田 尚宏, 齋藤 晶, 青木 裕一, 木村 有希, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 吉田 淳, 清水 敦, 佐久間 康成 胆と膵 37 (12) 1575 -1579 2016年12月 
    慢性膵炎の疼痛治療として、まず内科的治療が行われる。外科的治療は内科的治療無効例に対して適応が検討される。膵管拡張例には膵管ドレナージ術が適応になり、術式としては主にPartington手術とFrey手術が行われる。膵切除術は、膵管拡張がなく病変が頭部もしくは体尾部に限局した症例が適応になるが、術後の膵内分泌機能低下が必発であり、それを上回る利点があると判断された症例に実施すべきである。膵全摘術、腹腔神経叢ブロック、(胸腔鏡下)内臓神経切除術は限られた症例のみが適応となる。慢性膵炎の疼痛治療は、症例により所見、疼痛の状態はさまざまで、慢性膵炎が良性疾患であることも考慮して、治療方針を決定する必要がある。外科的治療の実施にあたっても、断酒・禁煙を中心とする生活指導は重要で、治療コンプライアンスの高い症例に対してのみ治療を行うことが推奨される。(著者抄録)
  • インスリノーマに対する動脈牽引による術野展開を用いた腹腔鏡下膵腫瘍核出術の手技と有用性
    野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 遠藤 裕平, 力山 敏樹 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS148 -1 2016年12月
  • 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下手術の検討
    長谷川 芙美, 宮倉 安幸, 辻仲 眞康, 菊川 利奈, 石川 英樹, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 清崎 浩一, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS160 -3 2016年12月
  • 進行横行・下行結腸癌に対する腹腔鏡下手術 内側アプローチを重視した術式と短期成績の検討
    辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 石川 英樹, 染谷 崇徳, 田巻 佐和子, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 清崎 浩一, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS183 -3 2016年12月
  • 腹腔鏡下腫瘤核出術を施行した膵鉤部インスリノーマの1例
    遠藤 裕平, 野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 福田 臨太郎, 染谷 崇徳, 長谷川 芙美, 石岡 大輔, 菊川 利奈, 齊藤 正昭, 辻中 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) DP105 -6 2016年12月
  • 腹壁瘢痕ヘルニア内の腸管が他のヘルニア門を介して腹腔内に陥頓した1例
    石岡 大輔, 齋藤 正昭, 高田 理, 清崎 浩一, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 77 (11) 2850 -2850 2016年11月
  • 排便障害の診断と治療 直腸癌術後の吻合部狭窄のリスク因子の検討
    宮倉 安幸, 田巻 佐和子, 石川 英樹, 染谷 崇徳, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 渡辺 文昭, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 389 -389 2016年10月
  • 膵全摘術 その意義と問題点 膵全摘術、残膵全摘術の術後栄養指標推移の比較と術後加療の留意点
    町田 枝里華, 野田 弘志, 加藤 高晴, 兼田 裕司, 渡部 文昭, 辻仲 眞康, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 399 -399 2016年10月
  • 肝門脈管への正確なアプローチ 肝門部脈管への術前・術中アプローチ
    遠藤 裕平, 野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 福田 臨太郎, 染谷 崇徳, 長谷川 芙美, 石岡 大輔, 菊川 利奈, 齊藤 正昭, 辻中 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 399 -399 2016年10月
  • 肝門部領域胆管癌の術式選択と手技 肝門部胆管領域癌の治療戦略と手術手技
    渡部 文昭, 野田 弘志, 遠藤 裕平, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 450 -450 2016年10月
  • 膵頭十二指腸切除術における膵頭部右背側からのmesopancreas郭清
    兼田 裕司, 野田 弘志, 遠藤 裕平, 渡部 文昭, 菊川 利奈, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 466 -466 2016年10月
  • 術前画像で判定する大腸癌肝転移の腫瘍学的予後不良因子
    市田 晃佑, 野田 弘志, 福井 太郎, 高山 裕司, 渡部 文昭, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 494 -494 2016年10月
  • 一時的回腸ストーマ造設時における癒着防止吸収性バリアの有用性 傾向スコアマッチングを用いた解析
    辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 染谷 崇徳, 石川 英樹, 田巻 佐和子, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 清崎 浩一, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 572 -572 2016年10月
  • 褐色細胞腫に対する腹腔鏡下副腎摘除術の経験
    野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 遠藤 裕平, 齋藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 684 -684 2016年10月
  • 甲状腺濾胞性腫瘍と胸腺様分化を示す癌(Carcinoma showing thymus-like differentiation:CASTLE)との鑑別に苦慮した1例
    野口 友里, 柿澤 奈緒, 蓬原 一茂, 渡部 文昭, 菊川 利奈, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 904 -904 2016年10月
  • カンジダ感染胃潰瘍穿孔の一手術例
    傳田 侑也, 石岡 大輔, 菊地 望, 高橋 洵, 小櫃 保, 福田 臨太郎, 渡部 文昭, 菊川 利奈, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 1002 -1002 2016年10月
  • 消化器外科手術アトラス Blumgart-dumpling法膵空腸吻合を併置した幽門輪温存膵頭十二指腸切除術
    佐田 尚宏, 遠藤 和洋, 兼田 裕司, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成 消化器外科 39 (10) 1347 -1359 2016年09月
  • 渡部 文昭, 野田 弘志, 遠藤 裕平, 兼田 裕司, 力山 敏樹 胆道 30 (3) 465 -465 2016年08月
  • 遠藤 裕平, 野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 力山 敏樹 胆道 30 (3) 561 -561 2016年08月
  • P0CY1胃癌症例に対する治療戦略
    石岡 大輔, 齊藤 正昭, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 鈴木 浩一, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本消化器外科学会総会 71回 P1 -5 2016年07月
  • 膵腫瘍性病変におけるkrasモニタリングの臨床的意義
    渡部 文昭, 鈴木 浩一, 野田 弘志, 市田 晃佑, 高山 裕司, 福井 太郎, 柿澤 奈緒, 武藤 雄太, 兼田 裕司, 力山 敏樹 日本消化器外科学会総会 71回 P1 -6 2016年07月
  • 当院における下部進行直腸癌に対する術前治療の変遷と治療成績の比較
    長谷川 芙美, 宮倉 安幸, 辻仲 眞康, 菊川 利奈, 兼田 裕司, 高田 理, 齊藤 正昭, 清崎 浩一, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本消化器外科学会総会 71回 P2 -3 2016年07月
  • インスリノーマ14例の治療成績からみた腹腔鏡下膵腫瘍核出術の有用性の検討
    町田 枝里華, 野田 弘志, 兼田 裕司, 渡部 文昭, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本消化器外科学会総会 71回 P2 -5 2016年07月
  • 切除不能胃癌におけるConversion therapy可能症例の検討
    齊藤 正昭, 清崎 浩一, 染谷 崇徳, 石岡 大輔, 鈴木 浩一, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本消化器外科学会総会 71回 P3 -8 2016年07月
  • 局所進行右側大腸癌に対する結腸右半切除術+膵頭十二指腸切除術の有用性
    兼田 裕司, 野田 弘志, 柿澤 奈緒, 渡部 文昭, 菊川 利奈, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本消化器外科学会総会 71回 P3 -6 2016年07月
  • 兼田 裕司, 野田 弘志, 渡部 文昭, 力山 敏樹 胆膵の病態生理 32 (1) 47 -49 2016年06月 
    膵頭十二指腸切除術(PD)を施行した74例(男性43例、女性31例、平均67.1歳)を対象に、術前主膵管径が3mmを超えている42例(D群)と3mm以下の32例(N群)に分け、標記の検討を行った。原疾患は胆管癌23例、膵癌22例、乳頭部癌8例、膵管内乳頭粘液性腺腫7例、十二指腸癌5例、膵管内乳頭粘液性腺癌4例、膵神経内分泌腫瘍1例などであった。術前の主膵管面積の平均値(mm2)はN群3.1、D群28.6、術後6ヵ月ではそれぞれ6.9、8.5と、N群で有意に増加、D群で有意に減少していた。術前のHbA1c平均値(%)はN群5.9、D群6.4、術後6ヵ月ではそれぞれ6.1、6.0と、N群で有意に増加し、D群では減少していたが、有意な変化ではなかった。多変量解析では、主膵管面積増加がHbA1c増加の有意なリスクとなっており、PD後の主膵管径増大が耐糖能異常のリスクとなる可能性が示唆された。
  • Operative planning and pitfalls during highly advanced HBP Surgery; Biliary 肝門部領域癌に対する治療戦略と積極的切除後の短期治療成績(Operative planning and pitfalls during highly advenced HBP Surgery: Biliary The strategy of perioperative strict management and a short term outcome of aggressive resection for perihilar cholangiocarcinoma)
    力山 敏樹, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 野田 弘志 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 329 -329 2016年06月
  • 腹腔動脈起始部狭窄症例に対してバイパス術を併用した膵頭十二指腸切除術
    兼田 裕司, 野田 弘志, 渡部 文昭, 力山 敏樹 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 434 -434 2016年06月
  • インスリノーマに対する腹腔鏡下膵腫瘍核出術の手技と有用性
    野田 弘志, 兼田 裕司, 渡部 文昭, 力山 敏樹 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 453 -453 2016年06月
  • 2度のRFAで制御している膵癌肝転移の1例
    渡部 文昭, 野田 弘志, 柿澤 奈緒, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 鈴木 浩一, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 596 -596 2016年06月
  • 粘液性嚢胞腺癌の1例
    鈴木 康治郎, 野田 弘志, 兼田 裕司, 渡部 文昭, 力山 敏樹, 蛭田 昌弘, 山田 茂樹 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 601 -601 2016年06月
  • 大腸癌同時性肝転移の初回治療戦略
    市田 晃佑, 野田 弘志, 鈴木 浩一, 柿澤 奈緒, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 力山 敏樹 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 636 -636 2016年06月
  • 部分内臓逆位を伴う上腹部正中に存在する胆嚢腺筋症に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した一例
    福田 臨太郎, 野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 力山 敏樹 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 684 -684 2016年06月
  • 胸腔鏡下食道亜全摘、胸骨後胃管再建術を施行した腐食性食道炎による食道狭窄の1例
    木村 恭彰, 齊藤 正昭, 石岡 大輔, 小櫃 保, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 77 (5) 1277 -1277 2016年05月
  • 直腸癌に対する低位前方切除術後の吻合部狭窄症例の検討
    宮倉 安幸, 小櫃 保, 柿澤 奈緒, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 野田 弘, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 OP -8 2016年04月
  • 形態学的応答の評価によるレスキュー肝切除術(Rescue liver resection by assessment of morphological response)
    福井 太郎, 鈴木 浩一, 市田 晃佑, 高山 裕司, 柿澤 奈緒, 武藤 雄太, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 IST -5 2016年04月
  • 当院における上部消化管神経内分泌腫癌の検討 食道・胃
    高田 理, 石岡 大輔, 福田 臨太郎, 小櫃 保, 柿澤 奈緒, 斎藤 正昭, 染谷 崇徳, 菊川 怜奈, 長谷川 芙美, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 鈴木 浩一, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 蛭田 昌宏, 土橋 洋, 野首 光弘, 山田 茂樹, 力山 敏樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS -4 2016年04月
  • 当科における腹腔鏡補助下幽門側胃切除術後膵液瘻症例の検討
    染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS -1 2016年04月
  • SSIサーベイランスの現状と課題 SSIサーベイランスにおける肝胆膵手術手技細分化の提案
    市田 晃佑, 野田 弘志, 吉沢 あゆは, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 力山 敏樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 WS -7 2016年04月
  • 膵頭十二指腸切除術後乳糜漏の検討
    野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 齋藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS -4 2016年04月
  • 肝門部胆管癌と肝門部浸潤を伴う肝内胆管癌に対する短期手術成績
    渡部 文昭, 野田 弘志, 柿澤 奈緒, 染谷 崇徳, 石岡 大輔, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS -8 2016年04月
  • P0CY1胃癌症例に対する治療戦略
    石岡 大輔, 齊藤 正昭, 染谷 崇徳, 福田 臨太郎, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 鈴木 浩一, 清崎 浩一, 遠山 信幸, 力山 敏樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS -4 2016年04月
  • 膵神経内分泌腫瘍24切除例の治療成績の検討
    鈴木 康治郎, 野田 弘志, 柿澤 奈緒, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS -8 2016年04月
  • 当科における腹腔鏡補助下幽門側胃切除術後膵液瘻症例の検討
    染谷 崇徳, 齋藤 正昭, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 野田 弘志, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本胃癌学会総会記事 88回 281 -281 2016年03月
  • 実質臓器の部分切除術の要点 腎・肝・膵領域から インスリノーマに対する腹腔鏡下腫瘍核出術の有用性
    野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 齋藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) WS10 -1 2015年12月
  • 3D腹腔鏡下直腸切除術での助手鉗子操作の術野展開
    宮倉 安幸, 小櫃 保, 柿澤 奈緒, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS75 -3 2015年12月
  • 腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術での結腸人工肛門造設における腹膜外経路と腹膜内経路の検討
    菊川 利奈, 宮倉 安幸, 小櫃 保, 柿澤 奈緒, 長谷川 芙美, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 斉藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 野田 弘, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS84 -6 2015年12月
  • 腹腔鏡下腹壁瘢痕ヘルニア修復術の手術成績改善を目指したヘルニア門閉鎖の試み
    辻仲 眞康, 遠山 信幸, 長谷川 芙美, 柿澤 奈緒, 小櫃 保, 菊川 利奈, 福田 臨太郎, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS121 -4 2015年12月
  • 我々のストーマ作製と閉鎖の工夫 一時的回腸ストーマ造設時における癒着防止吸収性バリアの有用性に関する検討
    辻仲 眞康, 宮倉 安幸, 長谷川 芙美, 柿澤 奈緒, 小櫃 保, 菊川 利奈, 福田 臨太郎, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 高田 理, 清崎 浩一, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 483 -483 2015年10月
  • 腹腔鏡下副腎摘除術指導から見た内視鏡外科手術の教育の留意点
    野田 弘志, 兼田 裕司, 染谷 崇徳, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 菊川 利奈, 斎藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 599 -599 2015年10月
  • 3D腹腔鏡を使用した直腸癌に対する腹腔鏡下直腸切除術
    宮倉 安幸, 小櫃 保, 柿澤 奈緒, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 野田 弘, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 667 -667 2015年10月
  • 膵切離を最後に行う膵頭十二指腸切除術
    兼田 裕司, 野田 弘志, 渡部 文昭, 染谷 崇徳, 石岡 大輔, 菊川 利奈, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 682 -682 2015年10月
  • 大腸癌肝転移症例に対してIVC部分合併切除を伴う肝尾状葉切除施行をした1例
    渡部 文昭, 野田 弘志, 柿澤 奈緒, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 883 -883 2015年10月
  • 病理学的完全奏効が得られた門脈腫瘍栓を伴う急速進展肝細胞癌の1例
    田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 俵藤 正信, 佐久間 康成, 安田 是和, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 983 -983 2015年10月
  • 胸腔鏡下食道亜全摘、胸骨後胃管再建術を施行した腐食性食道炎による食道狭窄の1例
    木村 恭彰, 齊藤 正昭, 小櫃 保, 石岡 大輔, 染谷 崇徳, 渡部 文昭, 菊川 利奈, 兼田 裕司, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 野田 弘志, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 1121 -1121 2015年10月
  • 切除不能S状結腸癌に対して化学療法施行後に根治手術を施行した1例
    加藤 ゆりあ, 柿澤 奈緒, 辻仲 眞康, 小櫃 保, 長谷川 芙美, 菊川 利奈, 石岡 大輔, 兼田 裕司, 渡部 文昭, 齊藤 正昭, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 1134 -1134 2015年10月
  • 腸閉塞術後に難治性の創合併症を併発し多職種間連携を要した1例
    中村 宜由, 菊川 利奈, 辻仲 眞康, 柿澤 奈緒, 長谷川 芙美, 小櫃 保, 石岡 大輔, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 1145 -1145 2015年10月
  • 肝嚢胞開窓術後嚢胞出血の1例
    菊地 望, 野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 染谷 崇徳, 石岡 大輔, 菊川 利奈, 齋藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 野首 光弘, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 1165 -1165 2015年10月
  • 研修医が執刀する鼠径ヘルニア手術 安全性の検証と有益性の評価
    大野 慧介, 辻仲 眞康, 遠山 信幸, 齊藤 正昭, 渡部 文昭, 小櫃 保, 柿澤 奈緒, 福田 臨太郎, 兼田 裕司, 高田 理, 池田 太郎, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 1179 -1179 2015年10月
  • 膵頭十二指腸切除術後乳糜漏の検討
    野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 柿澤 奈緒, 市田 晃佑, 齋藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 神山 英範, 力山 敏樹 日本消化器外科学会雑誌 48 (Suppl.2) 283 -283 2015年10月
  • 渡部 文昭, 野田 弘志, 柿澤 奈緒, 兼田 裕司, 力山 敏樹 胆道 29 (3) 656 -656 2015年08月
  • 町田 枝里華, 野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 力山 敏樹 胆道 29 (3) 665 -665 2015年08月
  • 肝細胞癌術後早期再発予測因子としての、腫瘍マーカーと最大腫瘍径ないし腫瘍ボリューム比についての検討
    吉沢 あゆは, 野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 清崎 浩一, 宮倉 安幸, 高田 理, 辻仲 眞康, 力山 敏樹 日本消化器外科学会総会 70回 P -8 2015年07月
  • 他臓器浸潤局所進行右側大腸癌に対する右半結腸切除術+膵頭十二指腸切除術の有用性
    兼田 裕司, 野田 弘志, 渡部 文昭, 柿澤 奈緒, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本消化器外科学会総会 70回 P -5 2015年07月
  • 肝門部胆管癌と肝門部浸潤肝内胆管癌に対する短期治療成績
    渡部 文昭, 野田 弘志, 柿澤 奈緒, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本消化器外科学会総会 70回 P -4 2015年07月
  • 膵消化管吻合の工夫 膵頭十二指腸切除術膵空腸吻合の手技と周術期成績
    野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 柿澤 奈緒, 齋藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本消化器外科学会総会 70回 RS -3 2015年07月
  • 迷わない確実な膵吻合術を目指して1 膵頭十二指腸切除の膵空腸吻合の手技と周術期成績
    野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 柿澤 奈緒, 齋藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 417 -417 2015年06月
  • 膵臓外科のドレーンの管理2 膵頭十二指腸切除術ドレン早期抜去症例の周術期治療成績
    野田 弘志, 福田 臨太郎, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 柿澤 奈緒, 斎藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 440 -440 2015年06月
  • 肝尾状葉切除においてhanging maneuverが有効であった1例
    渡部 文昭, 野田 弘志, 柿澤 奈緒, 兼田 裕司, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 498 -498 2015年06月
  • 肝内に発生した胸腺腫様腫瘍の一切除例
    吉沢 あゆは, 野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 土橋 洋, 力山 敏樹 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 506 -506 2015年06月
  • 広範囲胆道癌に肝膵頭十二指腸切除術(HPD;hepatopancreatoduodenectomy)を施行し、治癒切除が得られた1例
    町田 枝里華, 兼田 裕司, 渡部 文昭, 柿澤 奈緒, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 野田 弘志, 力山 敏樹 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 515 -515 2015年06月
  • 膵切離を最後に行う肝膵十二指腸切除術(HPD;hepatopancreatoduodenectomy)
    兼田 裕司, 野田 弘志, 渡部 文昭, 柿澤 奈緒, 齊藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 516 -516 2015年06月
  • 75歳以上の膵頭十二指腸切除術症例における周術期関連因子と術後栄養状態回復の関連
    柿澤 奈緒, 野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 力山 敏樹 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 624 -624 2015年06月
  • 胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)切除例についての検討
    森嶋 計, 笠原 尚哉, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 厚, 黒河内 顕, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 716 -716 2015年06月
  • 野田 弘志, 市田 晃佑, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 柿澤 奈緒, 斎藤 正昭, 辻仲 眞康, 高田 理, 宮倉 安幸, 清崎 浩一, 力山 敏樹 膵臓 30 (3) 341 -341 2015年05月
  • 兼田 裕司, 野田 弘志, 柿澤 奈緒, 渡部 文昭, 力山 敏樹 膵臓 30 (3) 378 -378 2015年05月
  • 柿澤 奈緒, 野田 弘志, 渡部 文昭, 兼田 裕司, 力山 敏樹 膵臓 30 (3) 429 -429 2015年05月
  • 出血が懸念された腹腔鏡下副腎摘除術へのTHUNDERBEATの使用経験
    野田 弘志, 兼田 裕司, 渡部 文昭, 鈴木 康二郎, 蓬原 一茂, 力山 敏樹 日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 32 (Suppl.1) S117 -S117 2015年04月
  • 診断から2年の経過で片側切除した両側副腎過形成の1例
    横山 美樹, 佐久間 康成, 石黒 保直, 兼田 裕司, 松本 健司, 佐田 尚宏, 安田 是和, 長坂 昌一郎, 鈴木 司, 山口 岳彦 日本臨床外科学会雑誌 75 (11) 3214 -3214 2014年11月
  • 下瀬川 徹, 糸井 隆夫, 佐田 尚宏, 祖父尼 淳, 向井 俊太郎, 乾 和郎, 白鳥 敬子, 廣岡 芳樹, 入澤 篤志, 菅野 敦, 五十嵐 良典, 北野 雅之, 兼田 裕司, 伊佐地 秀司, 武田 和憲, 竹山 宜典, 真弓 俊彦, 木原 康之, 桐山 勢生, 安田 一朗, 厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業難治性膵疾患に関する調査研究班 膵臓 29 (5) 777 -818 2014年10月
  • 【膵炎大全〜もう膵炎なんて怖くない〜】膵炎各論 アルコール性膵炎
    佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 直哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 石黒 保直, 黒河内 顕, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 栗原 克己, 安田 是和 胆と膵 35 (臨増特大) 1125 -1129 2014年10月 
    アルコール摂取(多飲)は急性膵炎、慢性膵炎の成因として最も頻度が高い。他の成因と異なり、アルコール性膵炎は断酒・禁煙で発症・進展の予防が可能で、生活指導が重要な疾患である。その一方で「アルコール性」を規定するエタノール摂取量の明確な基準はなく、その発症・進展の機序についても不明な点が多い。慢性膵炎臨床診断基準2009では慢性膵炎をアルコール性と非アルコール性に分類し、発症前、発症早期に治療介入ができるように慢性膵炎疑診、早期慢性膵炎の診断基準を設定した。急性膵炎でも高リスク群であるアルコール多飲者の実際の発症率は低率で、遺伝子異常(SPINK1、PRSS1など)など、他の要因が深く関与していることが想定されている。アルコール性急性膵炎、慢性膵炎の診断・治療は、他の成因によるものと大きく変わるところはなく、介入治療は改訂アトランタ分類2012による膵炎局所合併症の新分類に応じた適切な時期・手技で行うことが推奨される。(著者抄録)
  • 当科における肝細胞癌初回切除症例116例の予後についての検討
    石黒 保直, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 黒河内 顕, 三木 厚, 兼田 裕司, 森嶋 計, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会雑誌 47 (Suppl.2) 211 -211 2014年10月
  • インスリノーマの局在診断における造影早期相thin slice CT撮影の有用性
    石岡 秀基, 石黒 保直, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 黒河内 顕, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会雑誌 47 (Suppl.2) 258 -258 2014年10月
  • 胃癌・大腸癌手術症例に併存する膵嚢胞性病変の検討
    小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 森嶋 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 敦, 黒河内 顕, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 安田 是和 日本消化器病学会雑誌 111 (臨増大会) A960 -A960 2014年09月
  • 清水 敦, 佐田 尚宏, 森嶋 計, 兼田 裕司, 石黒 保直, 三木 厚, 黒河内 顕, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 田中 昌宏, 安田 是和 外科 76 (7) 747 -752 2014年07月 
    胆道手術におけるドレーン挿入の功罪を臨床試験の結果から検討した.膿瘍・穿孔などの合併症がない胆嚢摘出術では,開腹・腹腔鏡下ともにドレーンの挿入は創感染,呼吸器感染といった術後の合併症を増やし,それに見合う利点がないとされる.胆道切開や胆管切除・吻合でも同様に,ドレーンの利点が乏しいという結果が得られている.ルーチンワークとして行われがちなドレーンの挿入であるが,evidence-based medicine(EBM)に基づき再考すべきである.(著者抄録)
  • 肝細胞癌肝切除症例に対する残肝機能測定とリスク評価
    三木 厚, 佐久間 康成, 森島 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 黒河内 顕, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 69回 O -2 2014年07月
  • 肝門部胆管癌術後の放射線治療の検討
    森嶋 計, 佐久間 康成, 三木 厚, 兼田 裕司, 石黒 保直, 黒河内 顕, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 69回 P -4 2014年07月
  • 中部胆管癌に対する肝外胆管切除術の適応
    松本 志郎, 佐田 尚宏, 兼田 裕司, 三木 厚, 石黒 保直, 黒河内 顕, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 69回 RS -1 2014年07月
  • 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術後のドレーン排液アミラーゼによるドレーン管理
    小泉 大, 佐田 尚宏, 森 和亮, 森嶋 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 厚, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 69回 RS -2 2014年07月
  • 佐田 尚宏, 森嶋 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 黒河内 顕, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 膵臓 29 (3) 434 -434 2014年06月
  • 黒河内 顕, 佐田 尚宏, 森嶋 計, 石黒 保直, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 膵臓 29 (3) 660 -660 2014年06月
  • Vater乳頭部癌の治療成績
    小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 森嶋 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 敦, 黒河内 顕, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 423 -423 2014年06月
  • 当施設における生体肝移植後胆管空腸吻合部閉塞に対するRendezvous penetration methodの治療成績
    眞田 幸弘, 川野 陽一, 矢野 智則, 畑中 恒, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 岡田 憲樹, 山田 直也, 平田 雄大, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和, 山本 博徳, 水田 耕一 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 425 -425 2014年06月
  • 増大傾向を示した血管筋脂肪腫の一切除例
    小林 久也, 三木 厚, 森嶋 計, 兼田 裕司, 石黒 保直, 黒河内 顕, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 599 -599 2014年06月
  • 術前固有肝動脈塞栓後に幽門輪温存膵頭十二指腸切除を施行した胆管癌の1例
    田口 昌延, 眞田 幸弘, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 厚, 黒河内 顕, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 639 -639 2014年06月
  • 胆管空腸吻合における縫合不全ゼロを目指した当科の工夫 全層一層連続縫合による胆管空腸吻合術
    兼田 裕司, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 森嶋 計, 石黒 保直, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 649 -649 2014年06月
  • 胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)切除例の検討
    森嶋 計, 佐久間 康成, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 厚, 黒河内 顕, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 719 -719 2014年06月
  • 水田 耕一, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 岡田 憲樹, 山田 直也, 平田 雄大, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 移植 49 (1) 83 -83 2014年05月
  • 岡田 憲樹, 眞田 幸弘, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 山田 直也, 平田 雄大, 三木 厚, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和, 水田 耕一 日本外科学会雑誌 115 (2) 320 -320 2014年03月
  • 小泉 大, 佐田 尚宏, 眞田 幸弘, 田口 昌延, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 厚, 黒河内 顕, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 太田 真, Lefor Alan, 安田 是和 日本外科学会雑誌 115 (2) 918 -918 2014年03月
  • 岡田 憲樹, 眞田 幸弘, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 山田 直也, 平田 雄大, 三木 厚, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和, 水田 耕一 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 320 -320 2014年03月
  • 小泉 大, 佐田 尚宏, 眞田 幸弘, 田口 昌延, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 厚, 黒河内 顕, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 太田 真, Lefor Alan, 安田 是和 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 918 -918 2014年03月
  • 佐田 尚宏, 笹沼 英紀, 小泉 大, 兼田 裕司, 石黒 保直, 黒河内 顕, 佐久間 康成, 安田 是和 肝胆膵 67 (5) 687 -692 2013年11月
  • 膵頭十二指腸切除術後の膵液瘻予防を目指した当科の対策 Blumgart変法による膵空腸吻合術
    兼田 裕司, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 森 和亮, 石黒 保直, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 俵藤 正信, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 74 (増刊) 568 -568 2013年10月
  • 当科における胆管消化管吻合術後の胆道感染症
    森 和亮, 笹沼 英紀, 田口 昌延, 森嶋 計, 石黒 保直, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 74 (増刊) 994 -994 2013年10月
  • 佐田 尚宏, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本外科感染症学会雑誌 10 (5) 609 -609 2013年10月
  • 肝移植周術期管理におけるエンドトキシンの測定意義
    眞田 幸弘, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 岡田 憲樹, 山田 直也, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和, 水田 耕一 日本消化器外科学会雑誌 46 (Suppl.2) 160 -160 2013年10月
  • 肝移植と門脈圧亢進症 肝移植後門脈体循環シャントの臨床的意義
    眞田 幸弘, 水田 耕一, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 脇屋 太一, 岡田 憲樹, 山田 直也, 平田 雄大, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本門脈圧亢進症学会雑誌 19 (3) 73 -73 2013年08月
  • 当院における膵癌切除術後の長期生存症例に関する検討
    兼田 裕司, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 68回 P -3 2013年07月
  • 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術後のドレーン排液アミラーゼと抜去時期に関する検討
    小泉 大, 佐田 尚宏, 森 和亮, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 68回 O -5 2013年07月
  • 膵Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm(IPMN)の手術適応と至適術式 膵切離断端からみた膵IPMN切除術式の検討
    笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 兼田 裕司, 石黒 保直, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 福嶋 敬宜, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 68回 WS -9 2013年07月
  • Interactiveな手術simulationおよびnavigation virtual及びreal 3D modelによる治療支援と教育的活用
    遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 眞田 幸弘, 兼田 裕司, 石黒 保直, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 68回 O -4 2013年07月
  • 膵頭十二指腸切除後胆管炎・胆管狭窄に対する治療戦略
    三木 厚, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 兼田 裕司, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 68回 O -4 2013年07月
  • 膵消化管吻合法の工夫 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術における前壁切開膵胃吻合法の工夫
    小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25回 275 -275 2013年06月
  • 膵仮性嚢胞に対する嚢胞胃吻合術の工夫
    石黒 保直, 遠藤 和洋, 森嶋 計, 笠原 直哉, 田口 昌延, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 小泉 大, 佐久間 康成, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25回 294 -294 2013年06月
  • 当施設における生体肝移植後肝動脈合併症
    眞田 幸弘, 脇屋 太一, 菱川 修司, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 岡田 憲樹, 山田 直也, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和, 水田 耕一 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25回 362 -362 2013年06月
  • 小児生体肝移植後に横隔神経麻痺を合併した2例
    山田 直也, 眞田 幸弘, 浦橋 泰然, 井原 欣志, 脇屋 太一, 岡田 憲樹, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 俵藤 正信, 安田 是和, 水田 耕一 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25回 413 -413 2013年06月
  • 非B非C型肝細胞癌の特徴と治療
    清水 敦, 俵藤 正信, 佐久間 康成, 藤原 岳人, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 石黒 保直, 眞田 幸弘, 兼田 裕司, 森嶋 計, 三木 厚, 笠原 尚哉, 田口 昌延, 山下 圭輔, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25回 452 -452 2013年06月
  • 非閉塞性輸入脚症候群による幽門輪温存膵頭十二指腸切除後反復性胆管炎の1例
    眞田 幸弘, 山田 直也, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25回 490 -490 2013年06月
  • Traineeによる安全な手術実現に対する術前simulationと術中navigationの役割
    遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 石黒 保直, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 25回 514 -514 2013年06月
  • 石黒 保直, 佐久間 康成, 森嶋 計, 笠原 直哉, 田口 昌延, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 小泉 大, 佐田 尚宏, 安田 是和 膵臓 28 (3) 381 -381 2013年06月
  • 森 和亮, 笹沼 英紀, 田口 昌延, 森嶋 計, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和 膵臓 28 (3) 474 -474 2013年06月
  • 黒河内 顕, 佐田 尚宏, 遠藤 和洋, 兼田 裕司, 小泉 大, 笹沼 英紀, 安田 是和 膵臓 28 (3) 515 -515 2013年06月
  • 佐田友 藍, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和 膵臓 28 (3) 532 -532 2013年06月
  • 水田 耕一, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 岡田 憲樹, 山田 直也, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本小児外科学会雑誌 49 (3) 552 -552 2013年05月
  • 清水 敦, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 小泉 大, 俵藤 正信, 藤原 岳人, 眞田 幸弘, 兼田 裕司, 三木 厚, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 田口 昌延, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 653 -653 2013年03月
  • 水田 耕一, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 岡田 憲樹, 山田 直也, 江上 聡, 菱川 修司, 佐久間 康成, 清水 敦, 笹沼 英紀, 兼田 裕司, 藤原 岳人, 俵藤 正信, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 194 -194 2013年03月
  • 眞田 幸弘, 水田 耕一, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 脇屋 太一, 岡田 憲樹, 山田 直也, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 996 -996 2013年03月
  • 水田 耕一, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 岡田 憲樹, 山田 直也, 江上 聡, 菱川 修司, 佐久間 康成, 清水 敦, 笹沼 英紀, 兼田 裕司, 藤原 岳人, 俵藤 正信, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 194 -194 2013年03月
  • 清水 敦, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 遠藤 和洋, 小泉 大, 俵藤 正信, 藤原 岳人, 眞田 幸弘, 兼田 裕司, 三木 厚, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 田口 昌延, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 653 -653 2013年03月
  • 眞田 幸弘, 水田 耕一, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 脇屋 太一, 岡田 憲樹, 山田 直也, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 996 -996 2013年03月
  • 大腿ヘルニア緊急手術症例の検討
    小泉 大, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 兼田 裕司, 石黒 保直, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 日本腹部救急医学会雑誌 33 (2) 402 -402 2013年02月
  • 【急性膵炎の診断と治療:最新の動向】感染性膵壊死(WOPNを含む)に対する治療 外科的アプローチ
    佐田 尚宏, 兼田 裕司, 小泉 大, 佐久間 康成, 安田 是和 消化器外科 35 (12) 1795 -1800 2012年11月
  • 眞田 幸弘, 笹沼 英紀, 兼田 裕司, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 水田 耕一, 安田 是和 小切開・鏡視外科学会雑誌 3 (1) 43 -43 2012年11月
  • 膵IPMN切除における断端腺腫陽性症例の検討
    笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 小泉 大, 田口 昌延, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 兼田 裕司, 三木 厚, 佐久間 康成, 清水 敦, 福嶋 敬宜, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 73 (増刊) 459 -459 2012年10月
  • 膵切除後の合併症とドレーン排液アミラーゼ量の検討
    森 和亮, 遠藤 和洋, 田口 昌延, 森嶋 計, 兼田 裕司, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 73 (増刊) 842 -842 2012年10月
  • 当院で行った80歳以上の高齢者に対する幽門輪温存膵頭十二指腸切除術12例の検討
    田口 昌延, 佐田 尚宏, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 志村 国彦, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 俵藤 正信, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 67回 3 -3 2012年07月
  • 肝細胞癌と鑑別を要した肝血管筋脂肪腫の一切除例
    田口 昌延, 俵藤 正信, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 兼田 裕司, 小泉 大, 藤原 岳人, 清水 敦, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 24回 412 -412 2012年05月
  • 肝胆道シンチグラフィにより描出しえた胆道気管支瘻の1例
    清水 敦, 俵藤 正信, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 遠藤 和洋, 田口 昌延, 眞田 幸弘, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 三木 厚, 志村 国彦, 兼田 裕司, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 24回 500 -500 2012年05月
  • Stage I膵癌切除症例に関する検討
    兼田 裕司, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 24回 507 -507 2012年05月
  • 笹沼 英紀, 佐田 尚宏, 小泉 大, 田口 昌延, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 清水 敦, 福嶋 敬宜, 安田 是和 膵臓 27 (3) 307 -307 2012年05月
  • 佐田 尚宏, 田口 昌延, 森嶋 計, 眞田 幸弘, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 安田 是和 膵臓 27 (3) 356 -356 2012年05月
  • 兼田 裕司, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和 膵臓 27 (3) 389 -389 2012年05月
  • 黒河内 顕, 佐田 尚宏, 遠藤 和洋, 兼田 裕司, 小泉 大, 笹沼 英紀, 安田 是和 膵臓 27 (3) 494 -494 2012年05月
  • 【胆道・膵のドレナージとステント】経皮的膵嚢胞ドレナージ
    佐田 尚宏, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和 臨床消化器内科 27 (4) 461 -464 2012年03月 
    ドレナージが必要な膵嚢胞は径の大きな有症状膵仮性嚢胞に限られる.急性膵炎後の膵仮性嚢胞に対する経皮的ドレナージは根治的治療とはなり難いが,全身状態不良例,嚢胞壁の脆弱例に対する感染コントロールのために行う適応はある.慢性膵炎の急性増悪による膵仮性嚢胞は内視鏡的ドレナージ,外科的内瘻造設術の良い適応であり,経皮的ドレナージの適応はごく限られる.経皮的ドレナージはUSガイド下,CTガイド下に行われ,もっとも問題となる合併症は難治性の膵液瘻形成で,追加治療の可能性を常に念頭におく必要がある.膵嚢胞に対する経皮的ドレナージの適応になる症例は限られているが,その手技について習熟することは重要である.(著者抄録)
  • 遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 兼田 裕司, 三木 厚, 小泉 大, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和 日本外科学会雑誌 113 (臨増2) 350 -350 2012年03月
  • 佐田 尚宏, 小泉 大, 志村 国彦, 兼田 裕司, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 田口 昌延, 三木 厚, 遠藤 和洋, 藤原 岳人, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和 日本外科学会雑誌 113 (臨増2) 456 -456 2012年03月
  • 清水 敦, 俵藤 正信, 佐久間 康成, 藤原 岳人, 遠藤 和洋, 三木 厚, 笹沼 英紀, 森嶋 計, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 小泉 大, 兼田 裕司, 山下 圭輔, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 113 (臨増2) 547 -547 2012年03月
  • 技術認定制度の目指すもの(トレーニングシステム) 自治医科大学消化器一般外科方式内視鏡外科トレーニングシステム
    佐田 尚宏, Lefor Alan, 兼田 裕司, 小泉 大, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 俵藤 正信, 細谷 好則, 安田 是和 日本内視鏡外科学会雑誌 16 (7) 202 -202 2011年12月
  • 肝胆膵領域における手術シミュレーション 3D-virtualおよび3D-real modelによる肝胆膵手術simulationおよびnavigationの試み
    遠藤 和洋, 佐田 尚宏, 田口 昌延, 兼田 裕司, 三木 厚, 小泉 大, 藤原 岳人, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 327 -327 2011年10月
  • 手術・そこが知りたい!(肝亜区域の同定と切離) 肝亜区域S2の同定と切離について 当科における小児生体肝移植ドナー手術での工夫
    藤原 岳人, 兼田 裕司, 森嶋 計, 三木 厚, 俵藤 正信, 太田 真, 清水 敦, 佐久間 康成, 眞田 幸弘, 脇屋 太一, 浦橋 泰然, 水田 耕一, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 408 -408 2011年10月
  • 当科における幽門輪温存膵頭十二指腸の前壁切開膵胃吻合法の工夫
    佐田 尚宏, 小泉 大, 笠原 尚哉, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 志村 国彦, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 俵藤 正信, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 486 -486 2011年10月
  • 99Tc-GalactosylHuman Serum Albumin(GSA)シンチグラフィーを用いた術前肝予備能評価の有用性
    三木 厚, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 小泉 大, 藤原 岳人, 佐久間 康成, 太田 真, 清水 敦, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 621 -621 2011年10月
  • 孤立性肺癌膵転移の1切除例
    安部 望, 兼田 裕司, 田口 昌延, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 小泉 大, 藤原 岳人, 清水 敦, 俵藤 正信, 安田 是和, 福嶋 敬宣 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 653 -653 2011年10月
  • 二期的再建を施行した食道癌肉腫の1例
    清水 徹一郎, 細谷 好則, 兼田 裕司, 瑞木 亨, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 850 -850 2011年10月
  • 兼田 裕司, 小泉 大, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 藤原 岳人, 清水 敦, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 安田 是和 胆道 25 (3) 533 -533 2011年08月
  • 十二指腸乳頭部癌に対する経十二指腸的・経腹腔的乳頭切除術
    小泉 大, 佐田 尚宏, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 藤原 岳人, 太田 真, 俵藤 正信, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 66回 384 -384 2011年07月
  • 当院の膵癌切除症例の治療成績と予後因子についての検討
    兼田 裕司, 佐田 尚宏, 小泉 大, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 藤原 岳人, 太田 真, 俵藤 正信, 安田 是和 日本消化器外科学会総会 66回 751 -751 2011年07月
  • 小泉 大, 佐田 尚宏, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 藤原 岳人, 太田 真, 俵藤 正信, 安田 是和 膵臓 26 (3) 472 -472 2011年06月
  • IPMNの術式とその根拠(2) 膵IPMNの術式選択における残膵切除術・膵全摘術の検討
    小泉 大, 佐田 尚宏, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 藤原 岳人, 太田 真, 俵藤 正信, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 23回 216 -216 2011年06月
  • 小児肝移植を安全に行なうためのS2 mono subsegment graftについてドナー手術の工夫
    藤原 岳人, 森嶋 計, 兼田 裕司, 太田 真, 俵藤 正信, 眞田 幸弘, 脇屋 太一, 浦橋 泰然, 水田 耕一, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 23回 279 -279 2011年06月
  • 腹膜播種を来たした胆管嚢胞腺癌の一例
    太田 真, 俵藤 正信, 藤原 岳人, 小泉 大, 三木 厚, 兼田 裕司, 黒河内 顕, 長瀬 通隆, 佐田 尚弘, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 23回 357 -357 2011年06月
  • 膵癌術後5年以上経過して残膵に膵癌が発生した2例の検討
    兼田 裕司, 小泉 大, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 藤原 岳人, 太田 真, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 23回 465 -465 2011年06月
  • 小腸腸間膜内ヘルニアの1例
    黒河内 顕, 堀江 久永, 兼田 裕司, 熊野 秀俊, 宮倉 安幸, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 72 (5) 1341 -1341 2011年05月
  • 兼田 裕司, 小泉 大, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 太田 真, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 402 -402 2011年05月
  • 小泉 大, 佐田 尚宏, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 太田 真, 俵藤 正信, 安田 是和 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 869 -869 2011年05月
  • 非閉塞性腸間膜梗塞症と上腸間膜動脈血栓症の術前合併症に対する検討
    森 美鈴, 兼田 裕司, 小泉 大, 堀江 久永, 俵藤 正信, 岡田 真樹, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本腹部救急医学会雑誌 31 (2) 351 -351 2011年02月
  • 膵IPMN切除例の検討と治療戦略
    小泉 大, 佐田 尚宏, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 志村 国彦, 笹沼 英紀, 藤原 岳人, 太田 真, 俵藤 正信, 山下 圭輔, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 527 -527 2010年10月
  • 移動性盲腸を伴う盲腸癌を先進部とした成人腸重積症の1例
    森 美鈴, 小泉 大, 兼田 裕司, 熊野 秀俊, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 583 -583 2010年10月
  • 胃原発絨毛癌およびyolk sac tumorへの分化を示した1例
    近清 素也, 八木 淑之, 兼田 裕司, 開野 友佳理, 広瀬 敏幸, 倉立 真志, 齋藤 勢也, 住友 正幸, 藤野 良三 日本消化器外科学会総会 65回 651 -651 2010年07月
  • 大腸穿孔83例の臨床的検討
    井上 聖也, 倉立 真志, 徳永 卓哉, 近清 素也, 兼田 裕司, 開野 友佳理, 広瀬 敏幸, 八木 淑之, 齋藤 勢也, 住友 正幸, 藤野 良三 日本臨床外科学会雑誌 70 (増刊) 533 -533 2009年10月
  • 直腸に内分泌細胞癌と高分化型腺癌が共存した1例
    倉立 真志, 井上 聖也, 近清 素也, 兼田 裕司, 開野 友佳理, 広瀬 敏幸, 八木 淑之, 斉藤 勢也, 住友 正幸, 藤野 良三 日本臨床外科学会雑誌 70 (増刊) 867 -867 2009年10月
  • 会陰部腫瘤として発症した悪性中皮腫の1例
    富永 理人, 溝上 賢, 兼田 裕司, 河村 裕, 小林 裕, 小西 文雄 日本臨床外科学会雑誌 68 (10) 2689 -2689 2007年10月
  • 加藤 高晴, 兼田 裕司, 野田 弘志, 遠山 信幸, 宮崎 国久, 住永 佳久, 小西 文雄 日本消化器外科学会雑誌 40 (7) 1104 -1104 2007年07月
  • 野田 弘志, 遠山 信幸, 兼田 裕司, 加藤 高晴, 宮崎 国久, 住永 佳久, 小西 文雄 日本消化器外科学会雑誌 40 (7) 1290 -1290 2007年07月
  • 兼田 裕司, 遠山 信幸, 野田 弘志, 小西 文雄 日本外科学会雑誌 108 (臨増2) 612 -612 2007年03月
  • 術後11年目に膵転移をきたした腎細胞癌の一例
    兼田 裕司, 遠山 信幸, 大岐 真央子, 野田 弘志, 小西 文雄, 山田 茂樹 日本臨床外科学会雑誌 67 (増刊) 636 -636 2006年10月
  • 虫垂根部蓄膿による腸重積の一切除例
    山口 剛史, 倉立 真志, 兼田 裕司, 宮内 隆行, 矢田 清吾, 余喜多 史朗, 山下 理子 日本臨床外科学会雑誌 65 (増刊) 759 -759 2004年09月
  • 兼田 裕司, 余喜多 史郎, 山口 剛史, 宮内 隆行, 倉立 真志, 矢田 清吾 日本消化器外科学会雑誌 37 (7) 1036 -1036 2004年07月
  • 倉立 真志, 余喜多 史郎, 山口 剛史, 兼田 裕司, 宮内 隆行, 矢田 清吾 日本消化器外科学会雑誌 37 (7) 1285 -1285 2004年07月
  • 興味ある粘液産生肝癌及び粘液産生胆管癌の各1例
    岡崎 三千代, 堀江 貴浩, 寺岡 桃子, 藤原 堅祐, 上原 康三, 藤原 宗一郎, 山本 浩史, 井内 新, 兼田 裕司, 余喜多 史郎, 棚上 彰仁, 清水 一郎, 武市 和憲 Gastroenterological Endoscopy 46 (Suppl.1) 755 -755 2004年04月
  • 矢田 清吾, 山口 剛史, 兼田 裕司, 宮内 隆行, 倉立 真志, 余喜多 史郎 日本外科学会雑誌 105 (臨増) 529 -529 2004年03月
  • 原発性虫垂腫瘍の3例
    山口 剛史, 倉立 真志, 兼田 裕司, 宮内 隆行, 矢田 清吾, 余喜多 史郎, 広川 満良 日本臨床外科学会雑誌 64 (増刊) 421 -421 2003年10月
  • シベレスタットナトリウムとエンドトキシン吸着療法の併用で急性肺障害が改善した大腸癌穿孔性腹膜炎の一例
    兼田 裕司, 倉立 真志, 山口 剛史, 宮内 隆行, 矢田 清吾, 余喜多 史郎 日本臨床外科学会雑誌 64 (増刊) 705 -705 2003年10月
  • 門脈内ガスを認め出血性ショックを呈した非特異性多発性小腸潰瘍の1例
    倉立 真志, 余喜多 史郎, 山口 剛史, 兼田 裕司, 宮内 隆行, 矢田 清吾 日本臨床外科学会雑誌 64 (増刊) 853 -853 2003年10月
  • 膵管癒合不全に合併した膵・胆管合流異常の1例
    矢田 清吾, 山口 剛史, 兼田 裕司, 宮内 隆行, 倉立 真志, 余喜多 史郎 日本消化器病学会雑誌 100 (臨増大会) A775 -A775 2003年09月
  • 兼田 裕司, 余喜多 史郎, 山口 剛史, 宮内 隆行, 倉立 真志, 矢田 清吾, 堀江 貴浩, 銭 志栄, 広川 満良, 佐野 寿昭 日本消化器外科学会雑誌 36 (7) 1069 -1069 2003年07月
  • 入浴中の高齢者心肺停止症例の検討
    田尾 佳代子, 三村 誠二, 渡部 智紀, 兼田 裕司, 木下 弾, 黒部 裕嗣, 細川 亜裕, 渡部 豪, 上山 裕二, 橋本 拓也 四国医学雑誌 57 (4〜5) 150 -150 2001年10月
  • 地方都市の救命救急センターにおける熱傷患者症例の実態について
    上山 裕二, 三村 誠二, 渡部 智紀, 田尾 佳代子, 兼田 裕司, 木下 弾, 黒部 裕嗣, 細川 亜裕, 渡部 豪, 橋本 拓也 四国医学雑誌 57 (4〜5) 150 -150 2001年10月
  • 肝原発神経内分泌癌の1自験例
    松山 和男, 余喜多 史郎, 三宅 講太朗, 兼田 裕司, 細川 亜裕, 尾形 頼彦, 安藤 勤, 三宅 秀則, 松村 敏信, 原田 雅光 日本臨床外科学会雑誌 62 (増刊) 561 -561 2001年09月
  • 松山 和男, 余喜多 史郎, 三宅 秀則, 安藤 勤, 藤井 正彦, 尾方 信也, 佐々木 克哉, 兼田 裕司, 松村 敏信, 原田 雅光 日本外科学会雑誌 102 (臨増) 332 -332 2001年03月
  • 当救命救急センターにおける,多発外傷にともなう骨盤骨折症例
    古谷 俊介, 三村 誠二, 兼田 裕司, 渡部 智紀, 田尾 佳代子, 大森 裕子, 木下 聡子, 近藤 亮, 松浦 宏枝, 森田 奈緒美 四国医学雑誌 57 (1) 16 -16 2001年02月

産業財産権

  • 特許6950905:ダイレータ  
    兼田裕司


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.