詳細検索はこちら

原 弘真 ハラ ヒロマサ

所属部署名再生医学研究部
職名助教ホームページURL

プロフィール

研究分野

  • 実験動物学 / 実験動物学

経歴

  • 2016年03月
    -
    現在
    自治医科大学 分子病態治療研究センター 再生医学研究部(助教)
  • 2015年04月
    -
    2016年02月
    自然科学研究機構 生理学研究所 行動・代謝分子解析センター 遺伝子改変動物作製室(NIPSリサーチフェロー)
  • 2013年04月
    -
    2015年03月
    日本学術振興会(特別研究員)

学歴

  • 2012年04月
    -
    2014年09月
    信州大学院 博士課程
  • 2010年04月
    -
    2012年03月
    信州大学院 修士課程
  • 2006年04月
    -
    2010年03月
    信州大学 繊維学部 応用生物科学科

学位

  • 農学博士

研究活動

論文

  • Hypomorphic phenotype of Foxn1 gene-modified rats by CRISPR/Cas9 system
    Goto T, Hara H, Nakauchi H, Hochi S, Hirabayashi M
    Transgenic Research 2016年03月
  • Rat blastocysts from nuclear injection and time-lagged enucleation and their commitment to embryonic stem cells
    Hara H, Goto T, Takizawa A, Sanbo M, Jacob HJ, Kobayashi T, Nakauchi H, Hochi S, Hirabayashi M
    Cellular Reprogramming 18(2) 108-115 2016年04月
  • Multiple aster formation is frequently observed in bovine oocytes retrieved from 1-day stored ovaries
    Hara H, Tagiri M, Hirabayashi M, Hochi S
    Zygote 24(1) 115-120 2016年
  • Knock-in of a histone H2B-tdTomato reporter into the Rosa26 locus allows visualization of cell nuclei in rats
    Goto T, Kobayashi T, Hara H, Sanbo M, Hochi S, Nakauchi H, Hirabayashi M
    Molecular Reproduction and Development 82(12) 916-917 2015年12月
  • High revivability of vitrified-warmed bovine mature oocytes after recovery culture with α-tocopherol
    Yashiro I, Tagiri M, Ogawa H, Tashima K, Takashima S, Hara H, Hirabayashi M, Hochi S
    Reproduction 149(4) 347-355 2015年04月
  • Microtubule assembly and in vitro development of bovine oocytes with increased intracellular glutathione level prior to vitrification and in vitro fertilization
    Hara H, Yamane I, Noto I, Kagawa N, Kuwayama M, Hirabayashi M, Hochi S
    Zygote 22(4) 476-482 2014年
  • Adverse effect of cake collapse on the functional integrity of freeze-dried bull spermatozoa
    Hara H, Tagiri M, Hwang IS, Takahashi M, Hirabayashi M, Hochi S
    Cryobiology 68(3) 354-360 2014年06月
  • Effect of leukemia inhibitory factor and forskolin on establishment of rat embryonic stem cell lines
    Hirabayashi M, Goto T, Tamura C, Sanbo M, Hara H, Hochi S
    Journal of Reproduction and Development 60(1) 78-82 2014年03月
  • Derivation of embryonic stem cell lines from parthenogenetically developing rat blastocysts
    Hirabayashi M, Goto T, Tamura C, Sanbo M, Hara H, Kato-Itoh M, Sato H, Kobayashi T, Nakauchi H, Hochi S
    Stem Cells and Development 23(2) 107-114 2014年01月
  • Rescue of vitrified-warmed bovine oocytes with Rho-associated coiled-coil kinase inhibitor
    Hwang IS, Hara H, Chung HJ, Hirabayashi M, Hochi S
    Biology of Reproduction 89(2) 26 2013年08月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Hypomorphic phenotype of Foxn1 gene-modified rats by CRISPR/Cas9 system
    Goto T, Hara H, Nakauchi H, Hochi S, Hirabayashi M
    Transgenic Research 2016年03月
  • Rat blastocysts from nuclear injection and time-lagged enucleation and their commitment to embryonic stem cells
    Hara H, Goto T, Takizawa A, Sanbo M, Jacob HJ, Kobayashi T, Nakauchi H, Hochi S, Hirabayashi M
    Cellular Reprogramming 18(2) 108-115 2016年04月
  • Multiple aster formation is frequently observed in bovine oocytes retrieved from 1-day stored ovaries
    Hara H, Tagiri M, Hirabayashi M, Hochi S
    Zygote 24(1) 115-120 2016年
  • Knock-in of a histone H2B-tdTomato reporter into the Rosa26 locus allows visualization of cell nuclei in rats
    Goto T, Kobayashi T, Hara H, Sanbo M, Hochi S, Nakauchi H, Hirabayashi M
    Molecular Reproduction and Development 82(12) 916-917 2015年12月
  • High revivability of vitrified-warmed bovine mature oocytes after recovery culture with α-tocopherol
    Yashiro I, Tagiri M, Ogawa H, Tashima K, Takashima S, Hara H, Hirabayashi M, Hochi S
    Reproduction 149(4) 347-355 2015年04月
  • Microtubule assembly and in vitro development of bovine oocytes with increased intracellular glutathione level prior to vitrification and in vitro fertilization
    Hara H, Yamane I, Noto I, Kagawa N, Kuwayama M, Hirabayashi M, Hochi S
    Zygote 22(4) 476-482 2014年
  • Adverse effect of cake collapse on the functional integrity of freeze-dried bull spermatozoa
    Hara H, Tagiri M, Hwang IS, Takahashi M, Hirabayashi M, Hochi S
    Cryobiology 68(3) 354-360 2014年06月
  • Effect of leukemia inhibitory factor and forskolin on establishment of rat embryonic stem cell lines
    Hirabayashi M, Goto T, Tamura C, Sanbo M, Hara H, Hochi S
    Journal of Reproduction and Development 60(1) 78-82 2014年03月
  • Derivation of embryonic stem cell lines from parthenogenetically developing rat blastocysts
    Hirabayashi M, Goto T, Tamura C, Sanbo M, Hara H, Kato-Itoh M, Sato H, Kobayashi T, Nakauchi H, Hochi S
    Stem Cells and Development 23(2) 107-114 2014年01月
  • Rescue of vitrified-warmed bovine oocytes with Rho-associated coiled-coil kinase inhibitor
    Hwang IS, Hara H, Chung HJ, Hirabayashi M, Hochi S
    Biology of Reproduction 89(2) 26 2013年08月
  • Procedure for bovine ICSI, not sperm freeze-drying, impairs the function of the microtubule-organizing center
    Hara H, Abdalla H, Morita H, Kuwayama M, Hirabayashi M, Hochi S
    Journal of Reproduction and Development 57(3) 428-432 2011年06月
  • High incidence of multiple aster formation in vitrified-warmed bovine oocytes after in vitro fertilization
    Hara H, Hwang IS, Kagawa N, Kuwayama M, Hirabayashi M, Hochi S
    Theriogenology 77(5) 908-915 2012年
  • Vitrification of ICSI- and IVF-derived bovine blastocysts by minimum volume cooling procedure: effect of developmental stage and age
    Abdalla H, Shimoda M, Hara H, Morita H, Kuwayama M, Hirabayashi M, Hochi S
    Theriogenology 74(6) 1028-1035 2010年
  • Stimulatory effect of Rho-associated coiled-coil kinase (ROCK) inhibitor on revivability of in vitro-produced bovine blastocysts after vitrification
    Hochi S, Abdalla H, Hara H, Shimoda M, Morita H, Kuwayama M, Hirabayashi M
    Theriogenology 73(8) 1139-1145 2010年

MISC

  • Challenging endeavour for preservation of freeze-dried mammalian spermatozoa.
    Hochi S, Abdalla H, Hara H, Hirabayashi M
    The Journal of reproduction and development 57(5) 557-563 2011年10月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • Challenging endeavour for preservation of freeze-dried mammalian spermatozoa.
    Hochi S, Abdalla H, Hara H, Hirabayashi M
    The Journal of reproduction and development 57(5) 557-563 2011年10月

講演・口頭発表

  • Haploid ES cell lines derived from androgenetic and parthenogenetic rat blastocysts
    Hirabayashi M, Hara H, Goto T, Takizawa A, Dwinell MR, Hochi S, Nakauchi H
    49th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction 2016年07月
  • Mouse thymus generated in Foxn1 mutant rats by blastocyst complementation
    Goto T, Hara H, Hochi S, Nakauchi H, Hirabayashi M
    49th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction 2016年07月
  • 雄性発生胚ならびに雌性発生胚からの半数体ラットES細胞株の樹立
    原 弘真・後藤 哲平・滝沢 明子・DWINELL Melinda・保地 眞一・中内 啓光・平林 真澄
    第63回日本実験動物学会 2016年05月
  • 腎発生関連遺伝子Sall1をノックアウトしたラットの表現型解析
    後藤 哲平・原 弘真・保地 眞一・中内 啓光・平林 真澄
    第63回日本実験動物学会 2016年05月
  • 臓器再生に向けたCRISPR/Cas9法による腎臓欠損ラットの作出
    後藤 哲平・原 弘真・保地 眞一・平林 真澄
    第108回日本繁殖生物学会 2015年09月
  • ドナー核注入後に時間をおいて除核する方法で作製したラットクローン胚盤胞
    原 弘真・滝澤 明子・後藤 哲平・三宝 誠・小林 俊寛・中内 啓光・保地 眞一・平林 真澄
    第108回日本繁殖生物学会 2015年09月
  • Rat blastocysts resulting from somatic cell nuclear injection and time-lagged enucleation
    Hara H, Goto T, Sanbo M, Kobayashi T, Nakauchi H, Hochi S, Hirabayashi M
    48th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction 2015年06月
  • CRISPR/Cas9法により作出したFoxN1遺伝子ノックアウトラットの解析
    後藤 哲平・原 弘真・保地 眞一・平林 真澄
    第62回日本実験動物学会 2015年05月
  • 回復培養におけるα-トコフェロール処理はガラス化ウシ卵子の発生能を改善する
    原 弘真・八代 育子・田切 美穂・平林 真澄・保地 眞一
    第4回生理学研究所・名古屋大学医学系研究科合同シンポジウム 2014年11月
  • 保存卵巣由来のウシ前核期卵における星状体形成と胚盤胞発生との関係
    原 弘真・田切 美穂・平林 真澄・保地 眞一
    第107回日本繁殖生物学会 2014年08月
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • Haploid ES cell lines derived from androgenetic and parthenogenetic rat blastocysts
    Hirabayashi M, Hara H, Goto T, Takizawa A, Dwinell MR, Hochi S, Nakauchi H
    49th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction 2016年07月
  • Mouse thymus generated in Foxn1 mutant rats by blastocyst complementation
    Goto T, Hara H, Hochi S, Nakauchi H, Hirabayashi M
    49th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction 2016年07月
  • 雄性発生胚ならびに雌性発生胚からの半数体ラットES細胞株の樹立
    原 弘真・後藤 哲平・滝沢 明子・DWINELL Melinda・保地 眞一・中内 啓光・平林 真澄
    第63回日本実験動物学会 2016年05月
  • 腎発生関連遺伝子Sall1をノックアウトしたラットの表現型解析
    後藤 哲平・原 弘真・保地 眞一・中内 啓光・平林 真澄
    第63回日本実験動物学会 2016年05月
  • 臓器再生に向けたCRISPR/Cas9法による腎臓欠損ラットの作出
    後藤 哲平・原 弘真・保地 眞一・平林 真澄
    第108回日本繁殖生物学会 2015年09月
  • ドナー核注入後に時間をおいて除核する方法で作製したラットクローン胚盤胞
    原 弘真・滝澤 明子・後藤 哲平・三宝 誠・小林 俊寛・中内 啓光・保地 眞一・平林 真澄
    第108回日本繁殖生物学会 2015年09月
  • Rat blastocysts resulting from somatic cell nuclear injection and time-lagged enucleation
    Hara H, Goto T, Sanbo M, Kobayashi T, Nakauchi H, Hochi S, Hirabayashi M
    48th Annual Meeting of the Society for the Study of Reproduction 2015年06月
  • CRISPR/Cas9法により作出したFoxN1遺伝子ノックアウトラットの解析
    後藤 哲平・原 弘真・保地 眞一・平林 真澄
    第62回日本実験動物学会 2015年05月
  • 回復培養におけるα-トコフェロール処理はガラス化ウシ卵子の発生能を改善する
    原 弘真・八代 育子・田切 美穂・平林 真澄・保地 眞一
    第4回生理学研究所・名古屋大学医学系研究科合同シンポジウム 2014年11月
  • 保存卵巣由来のウシ前核期卵における星状体形成と胚盤胞発生との関係
    原 弘真・田切 美穂・平林 真澄・保地 眞一
    第107回日本繁殖生物学会 2014年08月
  • 保存卵巣由来のウシ前核期卵における星状体形成ならびにその後の胚盤胞発生に及ぼす短期ROCK阻害処理の影響
    田切 美穂・原 弘真・黄 仁偰・八代 育子・平林 真澄・保地 眞一
    第55回日本卵子学会 2014年05月
  • ガラス化ウシ成熟卵母細胞の回復培養液におけるビタミンC及びEの添加効果
    八代 育子・田切 美穂・能登 一葉・山根 伊織・原 弘真・保地 眞一
    第118回日本畜産学会 2014年03月
  • Effect of cake collapse on integrity of freeze-dried bull spermatozoa
    Hara H, Tagiri M, Hirabayashi M, Hochi S
    40th Annucal Conference of the International Embryo Transfer Society 2014年01月
  • 凍結乾燥ウシ精子の発生能に及ぼすコラプスの影響
    原 弘真・田切 美穂・平林 真澄・保地 眞一
    第106回日本繁殖生物学会 2013年09月
  • Rescue of vitrified-warmed bovine oocytes by recovery culture in the presence of Rho-associated coiled-coil kinase (ROCK) inhibitor
    黄 仁偰・八代 育子・原 弘真・平林 真澄・保地 眞一
    第106回日本繁殖生物学会 2013年09月
  • 成熟培養におけるROCK阻害が保存卵巣に由来するウシ卵母細胞の発生能に及ぼす影響
    山根 伊織・原 弘真・平林 真澄・保地 眞一
    第117回日本畜産学会 2013年09月
  • 凍結乾燥ケーキにおけるコラプス形成と復水ウシ精子の正常性との関係
    原 弘真・田切 美穂・平林 真澄・保地 眞一
    第116回日本畜産学会 2013年03月
  • ガラス化したウシ成熟卵母細胞の蘇生率は回復培養液へ添加したROCK阻害剤によって改善される
    八代 育子・黄 仁偰・山根 伊織・能登 一葉・原 弘真・平林 真澄・保地 眞一
    第116回日本畜産学会 2013年03月
  • ガラス化・加温したウシ体外成熟卵子における細胞内グルタチオン濃度と精子星状体形成及び胚盤胞発生との関係
    原 弘真・能登 一葉・山根 伊織・香川 則子・桑山 正成・平林 真澄・保地 眞一
    第105回日本繁殖生物学会 2012年09月
  • Apoptosis in bovine blastocysts derived from vitrified-warmed oocytes
    Hwang IS, Hara H, Hochi S
    The 6th International Conference on Advanced Fiber/Textile Materials 2011年12月
  • ガラス化・加温後に体外受精したウシ卵母細胞に多発した複数の星状体形成
    原 弘真・HWANG In-Sul・桑山 正成・平林 真澄・保地 眞一
    第104回日本繁殖生物学会 2011年09月
  • 顕微授精、精子凍結乾燥、卵子ガラス化の各工程がウシ微小管形成中心の機能発現に及ぼす影響
    原 弘真・森田 大・桑山 正成・平林 真澄・保地 眞一
    第52回日本哺乳動物卵子学会 2011年05月
  • IVFまたはICSIに由来するウシ前核期卵におけるDNAメチル化量とH3ヒストンアセチル化量との関係
    原 弘真・下田 美怜・保地 眞一
    第103回日本繁殖生物学会 2010年09月
  • ICSIとIVFに由来するウシ胚盤胞の超急速ガラス化保存:発生速度と発育ステージの影響
    下田 美怜・原 弘真・ABDALLA Hany・森田 大・桑山 正成・平林 真澄・保地 眞一
    第51回日本哺乳動物卵子学会 2010年05月
  • ICSIとIVFにより作出した拡張度が異なる7日目ウシ胚盤胞におけるガラス化耐性の比較
    下田 美怜・原 弘真・ABDALLA Hany・保地 眞一
    第112回日本畜産学会 2010年03月
  • ROCKの活性阻害はガラス化保存した体外受精由来ウシ胚盤胞の蘇生率を改善する
    原 弘真・下田 美怜・ABDALLA Hany・保地 眞一
    第112回日本畜産学会 2010年03月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.