詳細検索はこちら

森田 光哉 モリタ ミツヤ

所属部署名リハビリテーションセンター
職名准教授ホームページURL

プロフィール

研究キーワード

    神経内科学, 人類遺伝学

研究分野

  • 基礎医学 / 人類遺伝学
  • 内科系臨床医学 / 神経内科学

所属学協会

  • 日本神経学会
  • 日本人類遺伝学会
  • 日本内科学会
  • 日本リハビリテーション学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本神経学会
  • 日本人類遺伝学会
  • 日本内科学会
  • 日本リハビリテーション学会

委員歴

  • 日本神経学会 評議員
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 日本神経学会 評議員

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • 近赤外線分光計側を用いた重度障害者向けユーザーインターフェース
    木戸邦彦、森田光哉、長尾雅裕、小沢邦昭、内藤正美、牧 敦
    レーザー研究 41(8) 622-626 2013年
  • 膝に関する症状を自発的に訴えた高齢者群と訴えなかった高齢者群の比較検討.
    高橋恒存, 笹沼秀幸, 松村福広, 森田光哉
    運動療法と物理療法 21(3) 247-254 2010年
  • 脊髄損傷ラットにおける補助歩行訓練後の神経原性疼痛と発症機序の検討
    遠藤照顕, 井上泰一, 木村敦, 安食孝士, 中間季雄, 森田光哉, 関矢仁, 星野雄一
    21(3) 279-284 2010年
  • 脳幹聴覚誘発電位の中枢伝導時間延長が手がかりとなり、Cx32に新規の遺伝子変異が確認されたCMTX1の成人男性例
    秋本千鶴、森田光哉、中野今治
    臨床神経学  50 399-403 2010年
  • 人工膝関節置換術後の10m歩行時間と下肢筋力
    関矢仁, 川合直美, 本間朋恵, 高田尚, 杉本直哉, 森田光哉
    運動療法と物理療法 20 251-254 2009年
  • 左中前頭回後部限局性梗塞により不全型Gerstmann症候群・超皮質性感覚失語を呈した65歳男性例
    安藤喜仁, 澤田幹雄, 森田光哉, 河村満, 中野今治森田 光哉
    臨床神経学 49 560-565 2009年
  • 走査型文字入力におけるスイッチ操作タイミング特性の測定とその自動誤り訂正への応用
    森大毅、粕谷英樹、森田光哉、中野今治
    信学技報 43-48 2007年
  • 糖尿病および多発ニューロパチーを合併した高齢発症SPG4(spastin 1726T>C)の孤発例
    福永真美、大八木保政、森田光哉、重藤寛史、谷脇考恭、吉良潤一
    臨床神経学 359-361 2007年
  • A型インフルエンザ感染後に急性小脳炎を呈し、MRIにて小脳皮質病変がみとめられた1成人例
    石川剛久、藤尾由美、森田光哉、瀧山嘉久、中野今治
    臨床神経学 46 491-495 2006年
  • 免疫グロブリン静注療法(IVIG)は機能的伝導ブロックを速やかに解消する-慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の1例における経時的電気生理学的解析から-
    中村優子、澤田幹雄、嶋崎晴雄、森田光哉、中野今治
    神経治療学 23(1) 57-61 2006年
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • 近赤外線分光計側を用いた重度障害者向けユーザーインターフェース
    木戸邦彦、森田光哉、長尾雅裕、小沢邦昭、内藤正美、牧 敦
    レーザー研究 41(8) 622-626 2013年
  • 膝に関する症状を自発的に訴えた高齢者群と訴えなかった高齢者群の比較検討.
    高橋恒存, 笹沼秀幸, 松村福広, 森田光哉
    運動療法と物理療法 21(3) 247-254 2010年
  • 脊髄損傷ラットにおける補助歩行訓練後の神経原性疼痛と発症機序の検討
    遠藤照顕, 井上泰一, 木村敦, 安食孝士, 中間季雄, 森田光哉, 関矢仁, 星野雄一
    21(3) 279-284 2010年
  • 脳幹聴覚誘発電位の中枢伝導時間延長が手がかりとなり、Cx32に新規の遺伝子変異が確認されたCMTX1の成人男性例
    秋本千鶴、森田光哉、中野今治
    臨床神経学  50 399-403 2010年
  • 人工膝関節置換術後の10m歩行時間と下肢筋力
    関矢仁, 川合直美, 本間朋恵, 高田尚, 杉本直哉, 森田光哉
    運動療法と物理療法 20 251-254 2009年
  • 左中前頭回後部限局性梗塞により不全型Gerstmann症候群・超皮質性感覚失語を呈した65歳男性例
    安藤喜仁, 澤田幹雄, 森田光哉, 河村満, 中野今治森田 光哉
    臨床神経学 49 560-565 2009年
  • 走査型文字入力におけるスイッチ操作タイミング特性の測定とその自動誤り訂正への応用
    森大毅、粕谷英樹、森田光哉、中野今治
    信学技報 43-48 2007年
  • 糖尿病および多発ニューロパチーを合併した高齢発症SPG4(spastin 1726T>C)の孤発例
    福永真美、大八木保政、森田光哉、重藤寛史、谷脇考恭、吉良潤一
    臨床神経学 359-361 2007年
  • A型インフルエンザ感染後に急性小脳炎を呈し、MRIにて小脳皮質病変がみとめられた1成人例
    石川剛久、藤尾由美、森田光哉、瀧山嘉久、中野今治
    臨床神経学 46 491-495 2006年
  • 免疫グロブリン静注療法(IVIG)は機能的伝導ブロックを速やかに解消する-慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)の1例における経時的電気生理学的解析から-
    中村優子、澤田幹雄、嶋崎晴雄、森田光哉、中野今治
    神経治療学 23(1) 57-61 2006年
  • 両下肢の多発性単神経根症で発症した原発不明癌による髄膜癌腫症の1剖検例
    石川剛久, 嶋崎晴雄, 森田光哉, 澤田幹雄, 瀧山嘉久, 中野今治, 川井俊郎
    臨床神経 45 32-37 2005年
  • Baló病様同心円性多層性病巣を呈した多発性硬化症
    永田三保子、松 春子、森田光哉、中野今治
    神経内科 61 210-212 2004年
  • MRIで辺縁系大脳皮質に限局した造影効果を認めた単純ヘルペス脳炎の1例
    嶋崎晴雄,稲葉利敬,栗原秀樹,森田光哉,瀧山嘉久,中野今治
    Neuro-infection 7(1) 23-24 2003年
  • 脳MRIにてテント上の巨大白質病変を認めたBehcet病の1例
    岩津好隆、嶋崎晴雄、澤田幹雄、森田光哉、川上忠孝、滝山嘉久、藤本健一、中野今治
    日本内科学会雑誌 91(8) 242-244 2002年
  • Amantadine単独投与中に服薬の中断で悪性症候群を呈した軽症Parkinson病の一例
    川上忠孝、森田光哉、西澤正豊、吉田充男
    神経内科 49 356-360 1998年
  • B群溶連菌による感染性心内膜炎の1成人例
    林祐次、池田宇一、小川朋子、島田和幸、森田光哉、吉田充男、加藤盛人、長谷川嗣夫
    呼吸と循環 42 379-382 1994年
  • 運動部医科学生の心拍数からみた日常生活の身体活動水準とVO2maxについて
    森田光哉、宮下義啓、二橋宏嘉、阿部徳之助、竹内正雄, 折本典代、渡辺慶寿
    自治医科大学紀要 12 187-190 1989年
  • 頻回に寛解増悪を繰り返し特異な皮膚組織所見を伴った多発性筋炎の一例
    森田光哉、藤本健一、吉田充男、荒畑喜一、杉田秀夫
    臨床神経学 29 909-913 1989年

MISC

  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)・ハンチントン病(HD)の認知機能
    安藤喜仁、森田光哉、中野今治
    Modern Physician 33(1) 95-98 2013年
  • 筋萎縮性側索硬化症とその他の運動ニューロン疾患
    森田光哉, 中野今治
    医薬ジャーナル 48(5) 1281-1285 2012年05月
  • 成人型脊髄性筋萎縮症SMAの診断基準症例の臨床と遺伝学的背景
    益子貴史, 森田光哉, 中野今治
    難病と在宅ケア 18(4) 56-58 2012年
  • ALS9 (Angiogenin; ANG)
    秋本千鶴、森田光哉、中野今治
    神経内科 76(5) 483-488 2012年
  • 痙性対麻痺、HAM
    森田 光哉
    モダンフィジシャン 28(5) 680-683 2008年
  • 認知症を伴うALS の脳血流画像
    石川剛久,森田光哉,中野今治
    BARAIN and NERVE 59 1093-1098 2007年
  • 筋萎縮性側索硬化症とSOD
    森田光哉,中野今治
    総合リハビリテーション 25(10) 1157-1162 1997年
  • IL-1β変換酵素欠損マウスを用いたIL-1β産生機構の解析
    森田光哉、笠原忠
    臨床免疫 28(10) 108-112 1996年
  • インターロイキン8(共著)
    BIOmedica 8(9) 42-45 1993年
  • IL-1(インターロイキン-1)(共著)
    medicina94 31(11) 678-679 1994年
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)・ハンチントン病(HD)の認知機能
    安藤喜仁、森田光哉、中野今治
    Modern Physician 33(1) 95-98 2013年
  • 筋萎縮性側索硬化症とその他の運動ニューロン疾患
    森田光哉, 中野今治
    医薬ジャーナル 48(5) 1281-1285 2012年05月
  • 成人型脊髄性筋萎縮症SMAの診断基準症例の臨床と遺伝学的背景
    益子貴史, 森田光哉, 中野今治
    難病と在宅ケア 18(4) 56-58 2012年
  • ALS9 (Angiogenin; ANG)
    秋本千鶴、森田光哉、中野今治
    神経内科 76(5) 483-488 2012年
  • 痙性対麻痺、HAM
    森田 光哉
    モダンフィジシャン 28(5) 680-683 2008年
  • 認知症を伴うALS の脳血流画像
    石川剛久,森田光哉,中野今治
    BARAIN and NERVE 59 1093-1098 2007年
  • 筋萎縮性側索硬化症とSOD
    森田光哉,中野今治
    総合リハビリテーション 25(10) 1157-1162 1997年
  • IL-1β変換酵素欠損マウスを用いたIL-1β産生機構の解析
    森田光哉、笠原忠
    臨床免疫 28(10) 108-112 1996年
  • インターロイキン8(共著)
    BIOmedica 8(9) 42-45 1993年
  • IL-1(インターロイキン-1)(共著)
    medicina94 31(11) 678-679 1994年
  • Brachial amyotrophic diplegia.(共著) 
    医学のあゆみ  205(2), p124-126 2003年
  • 筋萎縮性側索硬化症.これだけは知っておきたい臨床医の画像診断 
    臨床医  29巻(増刊号)、790-791 2003年
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)・運動ニューロン疾患
    森田光哉、中野今治
    神経疾患 最新の治療2006-2008 187-189 2006年
  • ALS患者さんにおける呼吸補助療法
    森田光哉
    難病と在宅ケア 12(6) 29-32 2006年
  • 運動ニューロン疾患 本邦と米国でのガイドラインはどこが違うか
    森田光哉、中野今治
    EBM神経疾患の治療 248-250 2006年
  • 最新の在宅コミュニケーション機器
    森田光哉、中野今治
    神経難病のすべて 307-310 2007年

書籍等出版物

  • 症例を診て問題を解いて学ぶ 自治医科大学内科研修トレーニング
    川西康太郎、森田光哉(担当:分担執筆 範囲:V 神経内科 Case 5 歩行障害を主訴に入院した59歳の女性)
    メジカルビュー社 2013年10月
  • すべてがわかるALS・運動ニューロン疾患
    森田 光哉(担当:分担執筆 範囲:SOD1)
    2013年06月
  • 今日の神経疾患治療指針 第2版
    森田 光哉(担当:分担執筆 範囲:筋萎縮性側索硬化症)
    医学書院 2013年03月
  • 脊髄性筋萎縮症診療マニュアル
    森田 光哉(担当:分担執筆 範囲:遺伝子疾患としてのSMA -成人発症SMAの原因と病態は何ですか-)
    金芳堂 2012年05月
  • ALSマニュアル決定版!
    森田 光哉(担当:分担執筆 範囲:呼吸補助療法)
    日本プランニングセンター 2008年
  • New専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ6神経疾患
    森田光哉、中野今治(担当:分担執筆 範囲:CASE 23 下肢の痙性麻痺にて発症し、四肢麻痺に進展した43歳男性)
    日本医事新報社 2008年
  • 運動器リハビリテーション実践マニュアル
    森田 光哉(担当:分担執筆 範囲:ポストポリオ症候群)
    全日本出版協会 2008年
  • EBM神経疾患の治療2007-2008
    森田光哉、中野今治(担当:分担執筆 範囲:運動ニューロン疾患 本邦と米国でのガイドラインはどこが違うか)
    中外医学社 2007年01月
  • 神経難病のすべて
    森田光哉、中野今治(担当:分担執筆 範囲:最新の在宅コミュニケーション機器)
    新興医学出版社 2007年
  • 神経疾患 最新の治療2006-2008
    森田光哉、中野今治(担当:分担執筆 範囲:筋萎縮性側索硬化症(ALS)・運動ニューロン疾患)
    南江堂 2006年03月
著書を全て表示する
著書閉じる
  • 症例を診て問題を解いて学ぶ 自治医科大学内科研修トレーニング
    川西康太郎、森田光哉(担当:分担執筆 範囲:V 神経内科 Case 5 歩行障害を主訴に入院した59歳の女性)
    メジカルビュー社 2013年 10月
  • すべてがわかるALS・運動ニューロン疾患
    森田 光哉(担当:分担執筆 範囲:SOD1)
    2013年 06月
  • 今日の神経疾患治療指針 第2版
    森田 光哉(担当:分担執筆 範囲:筋萎縮性側索硬化症)
    医学書院 2013年 03月
  • 脊髄性筋萎縮症診療マニュアル
    森田 光哉(担当:分担執筆 範囲:遺伝子疾患としてのSMA -成人発症SMAの原因と病態は何ですか-)
    金芳堂 2012年 05月
  • ALSマニュアル決定版!
    森田 光哉(担当:分担執筆 範囲:呼吸補助療法)
    日本プランニングセンター 2008年
  • New専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ6神経疾患
    森田光哉、中野今治(担当:分担執筆 範囲:CASE 23 下肢の痙性麻痺にて発症し、四肢麻痺に進展した43歳男性)
    日本医事新報社 2008年
  • 運動器リハビリテーション実践マニュアル
    森田 光哉(担当:分担執筆 範囲:ポストポリオ症候群)
    全日本出版協会 2008年
  • EBM神経疾患の治療2007-2008
    森田光哉、中野今治(担当:分担執筆 範囲:運動ニューロン疾患 本邦と米国でのガイドラインはどこが違うか)
    中外医学社 2007年 01月
  • 神経難病のすべて
    森田光哉、中野今治(担当:分担執筆 範囲:最新の在宅コミュニケーション機器)
    新興医学出版社 2007年
  • 神経疾患 最新の治療2006-2008
    森田光哉、中野今治(担当:分担執筆 範囲:筋萎縮性側索硬化症(ALS)・運動ニューロン疾患)
    南江堂 2006年 03月
  • これだけは知っておきたい臨床医の画像診断
    森田光哉、中野今治(担当:分担執筆 範囲:筋萎縮性側索硬化症)
    中外医学者 2003年 06月

外部的資金

  • 運動ニューロン疾患における遺伝学
    :遺伝子科学研究
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 運動ニューロン疾患における遺伝学
    :遺伝子科学研究


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.