詳細検索はこちら

高橋 将文 タカハシ マサノリ

所属部署名博士課程人間生物学系専攻生体制御医学専攻分野分子細胞生物学専攻科
職名講師ホームページURLhttp://www.jichi.ac.jp/biol/home.html

プロフィール

プロフィール

    大阪府出身。徳島大学工学部生物工学科卒業後、奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科博士前期課程、東北大学大学院医学系研究科医学履修博士課程修了。発生発達過程における脳の領域化、ニューロン分化の分子細胞メカニズムおよび成体脳における機能の局在化に興味をもっている。

研究キーワード

    包括脳ネットワーク, Pax6, 転写因子, 神経上皮細胞, 脳・神経, 発生・分化, 発現制御, 活動依存性, 左右非対称性, 線条体, イメージング, マイクロアレイ, 神経幹細胞, カドヘリン, 細胞周期, 大脳皮質, マイクロアレイ解析, 哺乳類, タイムラプス解析, 神経発生, Pax6変異ラット, Fabp7, 細胞分化, RNA干渉法, 細胞増殖, 遺伝子発現, 比較解析, 神経新生, 脳原基, マイクロアレイ法

研究分野

  • 神経科学 / 神経科学一般 / 神経発生生物学
  • 神経科学 / 神経科学一般
  • 生物科学 / 発生生物学

経歴

  • 自治医科大学(JMU)(講師)
  • 2012年04月
    -
    現在
    自治医科大学 大学院医学研究科 基礎系大学院本務 講師、分子病態治療研究センター 細胞生物研究部 講師(兼任)
  • 2012年06月
    -
    2013年03月
    東北大学 医学部(非常勤講師)
  • 2011年02月
    -
    2012年02月
    Division of Developmental Neurobiology, MRC National Institute for Medical Research, London, UK(Visiting research fellow)
  • 2007年04月
    -
    2012年03月
    東北大学 大学院医学系研究科(助教)
  • 2003年05月
    -
    2003年06月
    Department of Molecular Cell Biology, Max Planck Institute for Biophysical Chemistry, Gottingen, Germany(Guest research fellow)
  • 2003年04月
    -
    2007年03月
    東北大学 大学院医学研究科(助手)

所属学協会

  • 日本解剖学会
  • 北米神経科学学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本発生生物学会
  • 日本神経科学学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本解剖学会
  • 北米神経科学学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本発生生物学会
  • 日本神経科学学会

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • A Phox2b BAC Transgenic Rat Line Useful for Understanding Respiratory Rhythm Generator Neural Circuitry.
    Ikeda K, Takahashi M, Sato S, Igarashi H, Ishizuka T, Yawo H, Arata S, Southard-Smith EM, Kawakami K, Onimaru H
    PloS one 10(7) e0132475 2015年
  • Preparation of rat serum suitable for Mammalian whole embryo culture.
    Takahashi M, Makino S, Kikkawa T, Osumi N
    Journal of visualized experiments : JoVE 2014年08月
  • Ninein is essential for the maintenance of the cortical progenitor character by anchoring the centrosome to microtubules.
    Shinohara H, Sakayori N, Takahashi M, Osumi N
    Biology open 2 739-749 2013年07月
  • Dmrta1 regulates proneural gene expression downstream of Pax6 in the mammalian telencephalon.
    Kikkawa T, Obayashi T, Takahashi M, Fukuzaki-Dohi U, Numayama-Tsuruta K, Osumi N
    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms 2013年05月
  • Penetration and differentiation of cephalic neural crest-derived cells in the developing mouse telencephalon.
    Yamanishi E, Takahashi M, Saga Y, Osumi N
    Development, growth & differentiation 54(9) 785-800 2012年11月
  • Cyclin D2 in the basal process of neural progenitors is linked to non-equivalent cell fates.
    Tsunekawa Y, Britto JM, Takahashi M, Polleux F, Tan SS, Osumi N
    The EMBO journal 31 1879-1892 2012年03月
  • Pax6 regulates boundary-cell specification in the rat hindbrain.
    Takahashi M, Osumi N
    Mechanisms of development 128(5-6) 289-302 2011年05月
  • Rho/Rho-kinase signaling pathway controls axon patterning of a specified subset of cranial motor neurons.
    Kobayashi K, Masuda T, Takahashi M, Miyazaki J, Nakagawa M, Uchigashima M, Watanabe M, Yaginuma H, Osumi N, Kaibuchi K, Kobayashi K
    The European journal of neuroscience 33 612-621 2011年02月
  • The method of rodent whole embryo culture using the rotator-type bottle culture system.
    Takahashi M, Osumi N
    Journal of visualized experiments : JoVE 2010年08月
  • Dynamic expression of Six family genes in the dental mesenchyme and the epithelial ameloblast stem/progenitor cells during murine tooth development.
    Nonomura K, Takahashi M, Wakamatsu Y, Takano-Yamamoto T, Osumi N
    Journal of anatomy 216(1) 80-91 2010年01月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • A Phox2b BAC Transgenic Rat Line Useful for Understanding Respiratory Rhythm Generator Neural Circuitry.
    Ikeda K, Takahashi M, Sato S, Igarashi H, Ishizuka T, Yawo H, Arata S, Southard-Smith EM, Kawakami K, Onimaru H
    PloS one 10(7) e0132475 2015年
  • Preparation of rat serum suitable for Mammalian whole embryo culture.
    Takahashi M, Makino S, Kikkawa T, Osumi N
    Journal of visualized experiments : JoVE 2014年08月
  • Ninein is essential for the maintenance of the cortical progenitor character by anchoring the centrosome to microtubules.
    Shinohara H, Sakayori N, Takahashi M, Osumi N
    Biology open 2 739-749 2013年07月
  • Dmrta1 regulates proneural gene expression downstream of Pax6 in the mammalian telencephalon.
    Kikkawa T, Obayashi T, Takahashi M, Fukuzaki-Dohi U, Numayama-Tsuruta K, Osumi N
    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms 2013年05月
  • Penetration and differentiation of cephalic neural crest-derived cells in the developing mouse telencephalon.
    Yamanishi E, Takahashi M, Saga Y, Osumi N
    Development, growth & differentiation 54(9) 785-800 2012年11月
  • Cyclin D2 in the basal process of neural progenitors is linked to non-equivalent cell fates.
    Tsunekawa Y, Britto JM, Takahashi M, Polleux F, Tan SS, Osumi N
    The EMBO journal 31 1879-1892 2012年03月
  • Pax6 regulates boundary-cell specification in the rat hindbrain.
    Takahashi M, Osumi N
    Mechanisms of development 128(5-6) 289-302 2011年05月
  • Rho/Rho-kinase signaling pathway controls axon patterning of a specified subset of cranial motor neurons.
    Kobayashi K, Masuda T, Takahashi M, Miyazaki J, Nakagawa M, Uchigashima M, Watanabe M, Yaginuma H, Osumi N, Kaibuchi K, Kobayashi K
    The European journal of neuroscience 33 612-621 2011年02月
  • The method of rodent whole embryo culture using the rotator-type bottle culture system.
    Takahashi M, Osumi N
    Journal of visualized experiments : JoVE 2010年08月
  • Dynamic expression of Six family genes in the dental mesenchyme and the epithelial ameloblast stem/progenitor cells during murine tooth development.
    Nonomura K, Takahashi M, Wakamatsu Y, Takano-Yamamoto T, Osumi N
    Journal of anatomy 216(1) 80-91 2010年01月
  • Downstream genes of Pax6 revealed by comprehensive transcriptome profiling in the developing rat hindbrain.
    Numayama-Tsuruta K, Arai Y, Takahashi M, Sasaki-Hoshino M, Funatsu N, Nakamura S, Osumi N
    BMC developmental biology 10 6 2010年01月
  • Expression study of cadherin7 and cadherin20 in the embryonic and adult rat central nervous system.
    Takahashi M, Osumi N
    BMC developmental biology 8 87 2008年09月
  • Transferring genes into cultured mammalian embryos by electroporation.
    Takahashi M, Nomura T, Osumi N
    Development, growth & differentiation 50 485-497 2008年08月
  • Patterns of neurogenesis and amplitude of Reelin expression are essential for making a mammalian-type cortex.
    Nomura T, Takahashi M, Hara Y, Osumi N
    PloS one 3 e1454 2008年01月
  • Specification of cell fate along the proximal-distal axis in the developing chick limb bud.
    Sato K, Koizumi Y, Takahashi M, Kuroiwa A, Tamura K
    Development (Cambridge, England) 134(7) 1397-1406 2007年04月
  • Human mesenchymal stem cells in rodent whole-embryo culture are reprogrammed to contribute to kidney tissues.
    Yokoo T, Ohashi T, Shen JS, Sakurai K, Miyazaki Y, Utsunomiya Y, Takahashi M, Terada Y, Eto Y, Kawamura T, Osumi N, Hosoya T
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 102(9) 3296-3300 2005年03月
  • Identification of a novel type II classical cadherin: rat cadherin19 is expressed in the cranial ganglia and Schwann cell precursors during development.
    Takahashi M, Osumi N
    Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists 232 200-208 2005年01月
  • Gliogenic radial glial cells show heterogeneity in the developing mouse spinal cord.
    Ogawa Y, Takebayashi H, Takahashi M, Osumi N, Iwasaki Y, Ikenaka K
    Developmental neuroscience 27 364-377 2005年
  • Survival of developing motor neurons mediated by Rho GTPase signaling pathway through Rho-kinase.
    Kobayashi K, Takahashi M, Matsushita N, Miyazaki J, Koike M, Yaginuma H, Osumi N, Kaibuchi K, Kobayashi K
    The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 24 3480-3488 2004年04月
  • The G12 family of heterotrimeric G proteins and Rho GTPase mediate Sonic hedgehog signalling.
    Kasai K, Takahashi M, Osumi N, Sinnarajah S, Takeo T, Ikeda H, Kehrl JH, Itoh G, Arnheiter H
    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms 9(1) 49-58 2004年01月
  • Manipulating gene expressions by electroporation in the developing brain of mammalian embryos.
    Takahashi M, Sato K, Nomura T, Osumi N
    Differentiation; research in biological diversity 70 155-162 2002年06月
  • Pax6 regulates specification of ventral neurone subtypes in the hindbrain by establishing progenitor domains.
    Takahashi M, Osumi N
    Development (Cambridge, England) 129 1327-1338 2002年03月
  • Six1 is required for mouse dental follicle cell and human periodontal ligament-derived cell proliferation.
    Kawasaki T, Takahashi M, Yajima H, Mori Y, Kawakami K
    Development, growth & differentiation 58(6) 530-545 2016年08月

MISC

  • Gene Transfer into Cultured Mammalian Embryos by Electroporation
    Takahashi M, Kikkawa T, Osumi N.
    Electroporation Methods in Neuroscience, Ed. Saito, Tetsuichiro, Springer 141-157 2015年04月
  • 脊髄の発生
    高橋将文
    脳科学事典 web 2014年01月
  • 前後軸
    高橋将文
    脳科学事典 web 2013年03月
  • 神経管
    高橋将文
    脳科学事典 web 2013年02月
  • Electroporation into cultured mammalian embryos.
    Nomura T, Takahashi M, Osumi N
    Electroporation and Sonoporation in Developmental Biology 129-141 2009年04月
  • 神経細胞の移動・投射・層構造 脳の領域化--特異的遺伝子発現とコンパートメント・境界形成の制御機構 (神経の分化,回路形成,機能発現) -- (神経の発生と分化)
    高橋将文, 大隅典子
    蛋白質核酸酵素 53(4) 350-357 2008年03月
  • Live Imaging of neuroepithelial cells in the rat spinal cord by confocal laser-scanning microscopy.
    Takahashi M, Osumi N
    Bionanotechnology Based Future Medical Engineering Proceedings of the Final Symposium of the Tohoku University 21st Century Center of Excellence Program 211-220 2006年11月
  • Labeling of neuroepithelial cells using whole embryo culture and gene transfer methods to characterize the cell cycle.
    Tsunekawa Y, Takahashi M, Osumi N
    Bionanotechnology Based Future Medical Engineering Proceedings of the Final Symposium of the Tohoku University 21st Century Center of Excellence Program 203-210 2006年11月
  • 免疫染色法の実際
    高橋将文、大隅典子
    注目のバイオ実験シリーズ「免疫染色& in situ ハイブリダイゼーション最新プロトコール」 103-127 2006年09月
  • 写真撮影とデータ処理
    高橋将文、大隅典子
    注目のバイオ実験シリーズ「免疫染色&in situ ハイブリダイゼーション最新プロトコール」 165-197 2006年09月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • Gene Transfer into Cultured Mammalian Embryos by Electroporation
    Takahashi M, Kikkawa T, Osumi N.
    Electroporation Methods in Neuroscience, Ed. Saito, Tetsuichiro, Springer 141-157 2015年04月
  • 脊髄の発生
    高橋将文
    脳科学事典 web 2014年01月
  • 前後軸
    高橋将文
    脳科学事典 web 2013年03月
  • 神経管
    高橋将文
    脳科学事典 web 2013年02月
  • Electroporation into cultured mammalian embryos.
    Nomura T, Takahashi M, Osumi N
    Electroporation and Sonoporation in Developmental Biology 129-141 2009年04月
  • 神経細胞の移動・投射・層構造 脳の領域化--特異的遺伝子発現とコンパートメント・境界形成の制御機構 (神経の分化,回路形成,機能発現) -- (神経の発生と分化)
    高橋将文, 大隅典子
    蛋白質核酸酵素 53(4) 350-357 2008年03月
  • Live Imaging of neuroepithelial cells in the rat spinal cord by confocal laser-scanning microscopy.
    Takahashi M, Osumi N
    Bionanotechnology Based Future Medical Engineering Proceedings of the Final Symposium of the Tohoku University 21st Century Center of Excellence Program 211-220 2006年11月
  • Labeling of neuroepithelial cells using whole embryo culture and gene transfer methods to characterize the cell cycle.
    Tsunekawa Y, Takahashi M, Osumi N
    Bionanotechnology Based Future Medical Engineering Proceedings of the Final Symposium of the Tohoku University 21st Century Center of Excellence Program 203-210 2006年11月
  • 免疫染色法の実際
    高橋将文、大隅典子
    注目のバイオ実験シリーズ「免疫染色& in situ ハイブリダイゼーション最新プロトコール」 103-127 2006年09月
  • 写真撮影とデータ処理
    高橋将文、大隅典子
    注目のバイオ実験シリーズ「免疫染色&in situ ハイブリダイゼーション最新プロトコール」 165-197 2006年09月
  • 生命科学を志して-研究する人々-
    高橋将文
    Brain & Mind (Crest Osumi Project) 4 11-11 2006年09月
  • 神経系における細胞増殖・分化の制御
    高橋将文, 大隅典子
    発生における細胞増殖制御 77-85 2004年02月
  • 哺乳類胚神経管および胎児脳への遺伝子導入法
    高橋将文, 佐藤健一, 大隅典子.
    遺伝子医学別冊:図で観る発生・再生医学実験マニュアル 22-35 2002年07月
  • 哺乳類脳形成におけるPax6遺伝子の役割
    高橋将文, 大隅典子
    実験医学増刊 脳神経研究のフロンティア 20(5) 676-684 2002年04月
  • Electroporation in the Rodent Embryonic Brain Using Whole Embryo Culture System.
    Kikkawa T, Takahashi M, Osumi N
    Current protocols in neuroscience 78 3.30.1-3.30.16 2017年01月

受賞

  • 2006年05月 東北大学バイオサイエンスシンポジウム ポスター賞
  • 2003年03月 東北大学 総長賞
  • 1997年01月 財団法人三木康楽会 康楽賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2006年05月 東北大学バイオサイエンスシンポジウム ポスター賞
  • 2003年03月 東北大学 総長賞
  • 1997年01月 財団法人三木康楽会 康楽賞

外部的資金

  • 線条体外側部投射ニューロンにおける左右非対称遺伝子発現の生理的意義の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2012年 - 2014年 代表者 : 高橋 将文
  • 脳パターン化におけるシグナリングセンターの形成維持メカニズムの解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2010年 - 2011年 代表者 : 高橋 将文
  • 脳の非対称性獲得における分子基盤の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2008年 - 2009年 代表者 : 高橋 将文
  • 脳の発生発達過程における神経幹細胞の増殖と分化を制御する分子メカニズムの解明
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2005年 - 2009年 代表者 : 大隅 典子
  • 成体脳における左右非対称性形成の分子基盤の解明
    財団法人 艮陵医学振興会 :医学研究助成金(研究B)
    研究期間 :2007年 - 2007年 代表者 : 高橋将文
  • 神経上皮細胞の細胞周期および運動性の制御におけるPax6の役割
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2005年 - 2006年 代表者 : 高橋 将文
  • 転写因子Pax6の標的遺伝子の網羅的探索と発現制御cisエレメントの同定
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2005年 - 2005年 代表者 : 高橋 将文
  • 脳の発生過程における神経幹細胞の増殖と分化を制御する分子メカニズムの解明
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2004年 - 2004年 代表者 : 大隅 典子
  • 哺乳類神経発生におけるPax6下流遺伝子ネットワークの綱羅的解析
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2004年 - 2004年 代表者 : 大隅 典子
  • 線条体の機能局在化を制御する分子機構の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究 (C))
    研究期間 :2016年 - 2018年 代表者 : 高橋将文
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 線条体外側部投射ニューロンにおける左右非対称遺伝子発現の生理的意義の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2012年 - 2014年 代表者 : 高橋 将文
  • 脳パターン化におけるシグナリングセンターの形成維持メカニズムの解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2010年 - 2011年 代表者 : 高橋 将文
  • 脳の非対称性獲得における分子基盤の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2008年 - 2009年 代表者 : 高橋 将文
  • 脳の発生発達過程における神経幹細胞の増殖と分化を制御する分子メカニズムの解明
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2005年 - 2009年 代表者 : 大隅 典子
  • 成体脳における左右非対称性形成の分子基盤の解明
    財団法人 艮陵医学振興会 :医学研究助成金(研究B)
    研究期間 :2007年 - 2007年 代表者 : 高橋将文
  • 神経上皮細胞の細胞周期および運動性の制御におけるPax6の役割
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2005年 - 2006年 代表者 : 高橋 将文
  • 転写因子Pax6の標的遺伝子の網羅的探索と発現制御cisエレメントの同定
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2005年 - 2005年 代表者 : 高橋 将文
  • 脳の発生過程における神経幹細胞の増殖と分化を制御する分子メカニズムの解明
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2004年 - 2004年 代表者 : 大隅 典子
  • 哺乳類神経発生におけるPax6下流遺伝子ネットワークの綱羅的解析
    文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 :2004年 - 2004年 代表者 : 大隅 典子
  • 線条体の機能局在化を制御する分子機構の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究 (C))
    研究期間 :2016年 - 2018年 代表者 : 高橋将文


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.