詳細検索はこちら

高橋 宏典 タカハシ ヒロノリ

所属部署名生殖医学センター
職名准教授ホームページURL

プロフィール

学歴

  • 2010年04月
    -
    2014年03月
    自治医科大学  医学部 医学研究科
  • 1994年04月
    -
    2000年03月
    防衛医科大学校 医学部 医学科

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Aortic Balloon Occlusion for Placenta Previa Accreta: Surgical Details are Important.
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y, Lefor AK
    Cardiovascular and interventional radiology 40(3) 478-479 2016年10月
  • Uterine artery pseudoaneurysm caused by non-obstetric pelvic surgery, manifesting as haemoperitoneum after vaginal delivery: Some clarifications.
    Matsubara S, Takahashi H
    Journal of obstetrics and gynaecology : the journal of the Institute of Obstetrics and Gynaecology 1 2016年12月
  • Recurrent uterine artery pseudoaneurysm.
    Takahashi H, Matsubara S
    The journal of obstetrics and gynaecology research 42(11) 1629-1630 2016年09月
  • Which type of placenta previa requires blood transfusion more frequently? A new concept of indiscernible edge total previa.
    Baba Y, Takahashi H, Ohkuchi A, Usui R, Matsubara S
    The journal of obstetrics and gynaecology research 42(11) 1502-1508 2016年10月
  • Uneventful vaginal delivery after spontaneous resolution of uterine artery pseudoaneurysm.
    Matsubara S, Takahashi H, Arai-Saruyama M, Otachi H, Tada K
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 96(1) 128-129 2016年09月
  • Recurrent postpartum haemorrhage following transcatheter arterial permanent embolisation using N-butyl cyanoacrylate requiring repeat embolisation with transient gelatine sponge: Lessons for clinical practice.
    Suzuki H, Takahashi H, Kimura M, Nakamura H, Usui R, Matsubara S
    Journal of obstetrics and gynaecology : the journal of the Institute of Obstetrics and Gynaecology 36(8) 1-3 2016年09月
  • Antenatal immunoglobulin for prevention of neonatal hemochromatosis.
    Okada N, Ihara Y, Urahashi T, Sanada Y, Yamada N, Hirata Y, Tashiro M, Katano T, Ushijima K, Otomo S, Takahashi H, Matsubara S, Mizuta K
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 58(10) 1059-1061 2016年08月
  • Uterine artery pseudoaneurysm: its occurrence after non-traumatic events, and possibility of "without embolization" strategy.
    Baba Y, Takahashi H, Ohkuchi A, Suzuki H, Kuwata T, Usui R, Saruyama M, Ogoyama M, Nagayama S, Nakamura H, Ugajin A, Matsubara S
    European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology 205 72-78 2016年08月
  • Eclampsia and hypertension: Difficult to predict solely based on blood pressure monitoring.
    Matsubara S, Suzuki H, Baba Y, Takahashi H, Minakami H
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 95(12) 1448 2016年08月
  • Pelvic packing after peripartum hysterectomy: some concerns and additions.
    Matsubara S, Takahashi H, Kuwata T, Usui R, Lefor AK
    European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology 206 245-246 2016年06月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Aortic Balloon Occlusion for Placenta Previa Accreta: Surgical Details are Important.
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y, Lefor AK
    Cardiovascular and interventional radiology 40(3) 478-479 2016年10月
  • Uterine artery pseudoaneurysm caused by non-obstetric pelvic surgery, manifesting as haemoperitoneum after vaginal delivery: Some clarifications.
    Matsubara S, Takahashi H
    Journal of obstetrics and gynaecology : the journal of the Institute of Obstetrics and Gynaecology 1 2016年12月
  • Recurrent uterine artery pseudoaneurysm.
    Takahashi H, Matsubara S
    The journal of obstetrics and gynaecology research 42(11) 1629-1630 2016年09月
  • Which type of placenta previa requires blood transfusion more frequently? A new concept of indiscernible edge total previa.
    Baba Y, Takahashi H, Ohkuchi A, Usui R, Matsubara S
    The journal of obstetrics and gynaecology research 42(11) 1502-1508 2016年10月
  • Uneventful vaginal delivery after spontaneous resolution of uterine artery pseudoaneurysm.
    Matsubara S, Takahashi H, Arai-Saruyama M, Otachi H, Tada K
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 96(1) 128-129 2016年09月
  • Recurrent postpartum haemorrhage following transcatheter arterial permanent embolisation using N-butyl cyanoacrylate requiring repeat embolisation with transient gelatine sponge: Lessons for clinical practice.
    Suzuki H, Takahashi H, Kimura M, Nakamura H, Usui R, Matsubara S
    Journal of obstetrics and gynaecology : the journal of the Institute of Obstetrics and Gynaecology 36(8) 1-3 2016年09月
  • Antenatal immunoglobulin for prevention of neonatal hemochromatosis.
    Okada N, Ihara Y, Urahashi T, Sanada Y, Yamada N, Hirata Y, Tashiro M, Katano T, Ushijima K, Otomo S, Takahashi H, Matsubara S, Mizuta K
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 58(10) 1059-1061 2016年08月
  • Uterine artery pseudoaneurysm: its occurrence after non-traumatic events, and possibility of "without embolization" strategy.
    Baba Y, Takahashi H, Ohkuchi A, Suzuki H, Kuwata T, Usui R, Saruyama M, Ogoyama M, Nagayama S, Nakamura H, Ugajin A, Matsubara S
    European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology 205 72-78 2016年08月
  • Eclampsia and hypertension: Difficult to predict solely based on blood pressure monitoring.
    Matsubara S, Suzuki H, Baba Y, Takahashi H, Minakami H
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 95(12) 1448 2016年08月
  • Pelvic packing after peripartum hysterectomy: some concerns and additions.
    Matsubara S, Takahashi H, Kuwata T, Usui R, Lefor AK
    European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology 206 245-246 2016年06月
  • Re: Caesarean hysterectomy for placenta praevia/accreta using an approach via the pouch of Douglas.
    Matsubara S, Takahashi H, Takei Y, Lefor AK
    BJOG : an international journal of obstetrics and gynaecology 123(8) 1404-1405 2016年07月
  • Incidence of human papillomavirus contamination of transvaginal probes in Japan and possible contamination prevention strategy.
    Kuwata T, Takahashi H, Koibuchi H, Ichizuka K, Natori M, Matsubara S
    Journal of medical ultrasonics (2001) 43(4) 505-508 2016年06月
  • Letter to 'Cervical varix complicated by placenta previa: A case report and literature review': A novel simple abdominal traction stitch (Matsubara) to hold the Bakri balloon.
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y
    The journal of obstetrics and gynaecology research 42(9) 1203-1204 2016年06月
  • Inserting and holding the Bakri balloon in the uterus in a patient with cervical cerclage already placed: some techniques.
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y
    Archives of gynecology and obstetrics 294(3) 669-670 2016年06月
  • Wnt5a and preeclampsia: Is Wnt5a really a causative factor of preeclampsia?
    Takahashi H, Takizawa T, Matsubara S
    The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians 1-4 2016年06月
  • Factors Contributing to Massive Blood Loss on Peripartum Hysterectomy for Abnormally Invasive Placenta: Who Bleeds More?
    Takahashi H, Ohkuchi A, Usui R, Suzuki H, Baba Y, Matsubara S
    Obstetrics and gynecology international 2016 5349063 2016年
  • Response to "Tardive intermittent massive vaginal bleeding from abnormal blood vessels within cesarean scar: Two more new cases should bring our attention to a new entity": Really, a new entity?
    Matsubara S, Takahashi H, Usui R
    The journal of obstetrics and gynaecology research 42(10) 1412-1413 2016年06月
  • Intraperitoneal Hemorrhage in a Pregnant Woman with Hyperemesis Gravidarum: Vitamin K Deficiency as a Possible Cause.
    Baba Y, Morisawa H, Saito K, Takahashi H, Rifu K, Matsubara S
    Case reports in obstetrics and gynecology 2016 5384943 2016年
  • Urinary protein-to-creatinine ratio indicative of significant proteinuria in normotensive pregnant women.
    Baba Y, Ohkuchi A, Usui R, Takahashi H, Matsubara S
    The journal of obstetrics and gynaecology research 42(7) 784-788 2016年04月
  • Maintaining the position of a Bakri balloon after caesarean section for placenta previa using an abdominal traction stitch.
    Matsubara S, Baba Y, Morisawa H, Takahashi H, Lefor AK
    European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology 198 177-178 2016年03月
  • Ultrasound findings of a fetus with osteogenesis imperfecta type I.
    Takahashi H, Horie K, Hayashi S, Matsubara S
    Archives of gynecology and obstetrics 294(1) 213-214 2016年04月
  • Cesarean hysterectomy for placenta previa accreta in dichorionic twin: a surgery that remains challenging.
    Matsubara S, Takahashi H, Usui R, Morisawa H, Nakamura H, Takei Y
    The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians 29(19) 1-2 2015年12月
  • Surgical management of abnormally invasive placenta: is decreased blood loss due to participation of gynecologic oncologists?
    Matsubara S, Fujiwara H, Ohkuchi A, Takahashi H, Lefor AK
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 95(1) 119 2016年01月
  • No immediate increase in morbidity of infants delivered by term cesarean section for placenta previa: some concerns.
    Matsubara S, Baba Y, Takahashi H
    Archives of gynecology and obstetrics 293(6) 1363-1364 2016年03月
  • Postpartum hemorrhage: is angiographically detectable "sac" mandatory for diagnosis of ruptured pseudoaneurysm?
    Matsubara S, Takahashi H, Ogoyama M, Ohkuchi A, Nakamura H, Misawa Y
    Archives of gynecology and obstetrics 293(6) 1361-1362 2016年03月
  • Spontaneous resolution of post-delivery or post-abortion uterine artery pseudoaneurysm: A report of three cases.
    Takahashi H, Baba Y, Usui R, Ohkuchi A, Kijima S, Matsubara S
    The journal of obstetrics and gynaecology research 42(6) 730-733 2016年03月
  • Insertion of the Bakri balloon: The earlier, the better?
    Matsubara S, Takahashi H, Ohkuchi A, Lefor AK
    The Australian & New Zealand journal of obstetrics & gynaecology 56(1) 117 2016年02月
  • Letter to "Post-partum hemoperitoneum: Do not miss false aneurysm as a cause of bleeding." Extrauterine pseudoaneurysm.
    Matsubara S, Takahashi H, Misawa Y, Lefor AK
    The journal of obstetrics and gynaecology research 42(6) 752 2016年02月
  • Intra-abdominal adhesions: vaginal or abdominal delivery?
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y, Usui R, Igarashi T, Lefor AK
    Archives of gynecology and obstetrics 292(5) 953-954 2015年08月
  • Congenital mesoblastic nephroma: Its diverse clinical features - A literature review with a case report.
    Takahashi H, Ohkuchi A, Kuwata T, Usui R, Takahashi S, Matsubara S
    Journal of obstetrics and gynaecology : the journal of the Institute of Obstetrics and Gynaecology 36(3) 1-5 2015年10月
  • A novel hemostatic technique during cesarean section for placenta previa: combining "cervical inversion" and "holding the cervix".
    Matsubara S, Takahashi H, Lefor AK
    Minerva ginecologica 67(5) 488-489 2015年10月
  • Need for systematic classification of various uterine compression sutures.
    Matsubara S, Takahashi H, Ohkuchi A
    The journal of obstetrics and gynaecology research 2015年07月
  • Retinal detachment in hemolysis, elevated liver enzymes, and low platelet count (HELLP) syndrome: Color vision abnormality as the first and predominant manifestation.
    Morisawa H, Makino S, Takahashi H, Sorita M, Matsubara S
    The journal of obstetrics and gynaecology research 2015年07月
  • Intrauterine hypoechoic mass cephalad to cesarean scar pregnancy.
    Takahashi H, Matsubara S
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 94(6) 670-671 2015年06月
  • Inserting the Bakri balloon during cesarean section in patients with a narrow cervix: Nelaton method (Matsubara).
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y, Usui R
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 2015年06月
  • Cesarean hysterectomy: amputation-first technique (Matsubara).
    Matsubara S, Ohkuchi A, Suzuki H, Kimura M, Takahashi H, Fujiwara H
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 94(5) 552-553 2015年05月
  • Authors' reply: No vaginal bleeding does not indicate no bleeding: still valid for Bakri balloon and also for "holding the cervix".
    Takahashi H, Matsubara S
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 94(5) 557 2015年05月
  • Comment on "Alternate Sequential Suture Tightening: A Novel Technique for Uncontrolled Postpartum Hemorrhage".
    Matsubara S, Takahashi H, Lefor AK
    Obstetrics and gynecology international 2015 279513 2015年
  • Vasa previa: Another ultrasound sign and caution at cesarean section.
    Matsubara S, Kuwata T, Takahashi H, Suzuki H
    The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians 1-2 2015年04月
  • Drainage failure of Bakri balloon: no drainage does not indicate no bleeding.
    Takahashi H, Matsubara S, Kobayashi M, Ohkuchi A
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 94(3) 336 2015年03月
  • Diagnosis of placental mesenchymal dysplasia: magnetic resonance imaging or color Doppler?
    Matsubara S, Kuwata T, Takahashi H, Kimura Y
    The journal of obstetrics and gynaecology research 41(3) 488 2015年03月
  • A Commentary on: "A New Removable Uterine Compression by a Brace Suture in the Management of Severe Postpartum Hemorrhage".
    Matsubara S, Takahashi H, Lefor AK
    Frontiers in surgery 2 17 2015年
  • Brain damage of surviving co-twin following single fetal death in monochorionic diamniotic twin pregnancy at 8-9 weeks' gestation.
    Takahashi H, Baba Y, Matsubara S
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 93(12) 1336 2014年12月
  • A novel 'uterine sandwich' for haemorrhage at caesarean section for placenta praevia.
    Matsubara S, Kuwata T, Baba Y, Usui R, Suzuki H, Takahashi H, Ohkuchi A, Suzuki M
    The Australian & New Zealand journal of obstetrics & gynaecology 54(3) 283-286 2014年06月
  • Anterior placentation as a risk factor for massive hemorrhage during cesarean section in patients with placenta previa.
    Baba Y, Matsubara S, Ohkuchi A, Usui R, Kuwata T, Suzuki H, Takahashi H, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 40(5) 1243-1248 2014年05月
  • Maternal manifestation of Ballantyne's syndrome occurring concomitantly with the development of fetal congenital mesoblastic nephroma.
    Takahashi H, Matsubara S, Kuwata T, Ohkuchi A, Mukoda Y, Saito K, Usui R, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 40(4) 1114-1117 2014年04月
  • Changes in expression of vascular endothelial growth factor D-related genes in placental mesenchymal dysplasia.
    Takahashi H, Matsubara S, Kuwata T, Saruyama M, Usui R, Ohkuchi A, Takizawa T, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 40(4) 1145-1149 2014年04月
  • Good obstetric outcome after embolisation of pulmonary arteriovenous malformation in hereditary haemorrhagic telangiectasia: planned pregnancy may also be important in this condition.
    Takahashi H, Matsubara S, Saito K, Bando M
    The Australian & New Zealand journal of obstetrics & gynaecology 54(2) 191 2014年04月
  • 'Stained-glass' sign for placental mesenchymal dysplasia.
    Kuwata T, Takahashi H, Matsubara S
    Ultrasound in obstetrics & gynecology : the official journal of the International Society of Ultrasound in Obstetrics and Gynecology 43(3) 355 2014年03月
  • Extravillous trophoblast cell invasion is promoted by the CD44-hyaluronic acid interaction.
    Takahashi H, Takizawa T, Matsubara S, Ohkuchi A, Kuwata T, Usui R, Matsumoto H, Sato Y, Fujiwara H, Okamoto A, Suzuki M, Takizawa T
    Placenta 35(3) 163-170 2014年03月
  • Hypoproteinemia in the second trimester among patients with preeclampsia prior to the onset of clinical symptoms.
    Takahashi H, Hisano M, Sago H, Murashima A, Yamaguchi K
    Hypertension in pregnancy 33(1) 55-60 2014年02月
  • Differential expression of ADAM (a disintegrin and metalloproteinase) genes between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells.
    Takahashi H, Yuge K, Matsubara S, Ohkuchi A, Kuwata T, Usui R, Suzuki M, Takizawa T
    Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi 81(3) 122-129 2014年
  • Early-onset group B streptococcal disease following culture-based screening in Japan: a single center study.
    Miyata A, Takahashi H, Kubo T, Watanabe N, Tsukamoto K, Ito Y, Sago H
    The journal of obstetrics and gynaecology research 38(8) 1052-1056 2012年08月
  • Persistent pulmonary hypertension of the newborn in twin-twin transfusion syndrome following fetoscopic laser surgery.
    Takahashi H, Takahashi S, Tsukamoto K, Ito Y, Nakamura T, Hayashi S, Sago H
    The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians 25(5) 543-545 2012年05月
  • Increased rate of cesarean section in primiparous women aged 40 years or more: a single-center study in Japan.
    Takahashi H, Watanabe N, Sugibayashi R, Aoki H, Egawa M, Sasaki A, Tsukahara Y, Kubo T, Sago H
    Archives of gynecology and obstetrics 285(4) 937-941 2012年04月
  • Reversible Atrioventricular Block and Junctional Ectopic Tachycardia in Coxsackievirus B3-Induced Fetal-Neonatal Myocarditis without Left Ventricular Dysfunction.
    Takahashi H, Tsukamoto K, Takahashi S, Nakamura T, Ito Y, Kaneko M, Sago H
    AJP reports 1(1) 37-42 2011年09月
  • Placenta accreta following uterine artery embolization.
    Takahashi H, Hayashi S, Matsuoka K, Kitagawa M
    Taiwanese journal of obstetrics & gynecology 49(2) 197-198 2010年06月
  • Trisomy 9 mosaicism diagnosed in utero.
    Takahashi H, Hayashi S, Miura Y, Tsukamoto K, Kosaki R, Itoh Y, Sago H
    Obstetrics and gynecology international 2010 2010年
  • Intra-Abdominal Bleeding during Pregnancy, Preterm Delivery, and Placental Polyp in a Long-Term Survivor of Neuroblastoma: A Case Report.
    Watanabe N, Tsutsui J, Kakiuchi S, Jwa SC, Takahashi H, Kato N, Ozawa N, Sago H, Kitagawa M
    Obstetrics and gynecology international 2009 564567 2009年
  • Intraplacental choriocarcinoma with fetomaternal hemorrhage: a case study and literature review.
    Takahashi H, Matsuda H, Mizumoto Y, Furuya K
    Journal of perinatal medicine 36(2) 178-181 2008年
  • Cerebral edema on MRI in severe preeclamptic women developing eclampsia.
    Matsuda H, Sakaguchi K, Shibasaki T, Takahashi H, Kawakami Y, Furuya K, Kikuchi Y
    Journal of perinatal medicine 33(3) 199-205 2005年
  • Intrauterine therapy for parvovirus B19 infected symptomatic fetus using B19 IgG-rich high titer gammaglobulin.
    Matsuda H, Sakaguchi K, Shibasaki T, Takahashi H, Kawakami Y, Furuya K
    Journal of perinatal medicine 33(6) 561-563 2005年
  • IS-AC-4-6 The differential expression of microRNA between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells : PCR array-based approach(Group 4 Perinatology 2,International Session Award Candidate)
    Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Ishida Yoichi;Takizawa Toshihiro;Matsubara Shigeki
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • IS-AC-4-6 The differential expression of microRNA between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells : PCR array-based approach(Group 4 Perinatology 2,International Session Award Candidate)
    Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Ishida Yoichi;Takizawa Toshihiro;Matsubara Shigeki
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 【知っておくべき周産期の臨床検査 テストに答えて知識を深めよう!】 感染症
    高橋 宏典
    ペリネイタルケア 35(5) 451 2016年05月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • IS-AC-4-6 The differential expression of microRNA between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells : PCR array-based approach(Group 4 Perinatology 2,International Session Award Candidate)
    Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Ishida Yoichi;Takizawa Toshihiro;Matsubara Shigeki
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 【知っておくべき周産期の臨床検査 テストに答えて知識を深めよう!】 感染症
    高橋 宏典
    ペリネイタルケア 35(5) 451 2016年05月
  • IS-AC-4-6 The differential expression of microRNA between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells : PCR array-based approach(Group 4 Perinatology 2,International Session Award Candidate)
    Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Ishida Yoichi;Takizawa Toshihiro;Matsubara Shigeki
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • 【知っておくべき周産期の臨床検査 テストに答えて知識を深めよう!】 感染症
    高橋 宏典
    ペリネイタルケア 35(5) 451 2016年05月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • IS-AC-4-6 The differential expression of microRNA between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells : PCR array-based approach(Group 4 Perinatology 2,International Session Award Candidate)
    Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Ishida Yoichi;Takizawa Toshihiro;Matsubara Shigeki
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 【知っておくべき周産期の臨床検査 テストに答えて知識を深めよう!】 感染症
    高橋 宏典
    ペリネイタルケア 35(5) 451 2016年05月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • IS-AC-4-6 The differential expression of microRNA between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells : PCR array-based approach(Group 4 Perinatology 2,International Session Award Candidate)
    Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Ishida Yoichi;Takizawa Toshihiro;Matsubara Shigeki
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 【知っておくべき周産期の臨床検査 テストに答えて知識を深めよう!】 感染症
    高橋 宏典
    ペリネイタルケア 35(5) 451 2016年05月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • Perceived fetal movement count as a traditional but essential tool for evaluating fetal health: Some additions and Japanese obstetricians' and pediatricians' view.
    Matsubara S, Matsubara D, Takahashi H, Baba Y
    The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians 1-7 2017年01月
  • Ritodrine-induced rhabdomyolysis, infantile myotonic dystrophy, and maternal myotonic dystrophy unveiled.
    Ogoyama M, Takahashi H, Kobayashi Y, Usui R, Matsubara S
    The journal of obstetrics and gynaecology research 43(2) 403-407 2016年12月
  • Prophylactic Uterine Artery Embolization in Mid-trimester Pregnancy Termination for Placenta Previa: Required for All Patients?
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y
    Cardiovascular and interventional radiology 40(3) 474-475 2016年12月
  • Intrauterine hemostatic balloon placement: Is less than 12-hours really better?
    Matsubara S, Takahashi H, Lefor AK
    American journal of obstetrics and gynecology 2016年12月
  • IS-AC-4-6 The differential expression of microRNA between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells : PCR array-based approach(Group 4 Perinatology 2,International Session Award Candidate)
    Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Ishida Yoichi;Takizawa Toshihiro;Matsubara Shigeki
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 【知っておくべき周産期の臨床検査 テストに答えて知識を深めよう!】 感染症
    高橋 宏典
    ペリネイタルケア 35(5) 451 2016年05月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • Endogenous and exogenous miR-520c-3p modulates CD44-mediated extravillous trophoblast invasion
    Takahashi H, Ohkuchi A, Kuwata T, Usui R, Baba Y, Suzuki H, Chaw Kyi T.T, Matsubara S, Saito S, Takizawa T.
    Placenta 50 25-31 2017年02月
  • Hemostatic effect of intrauterine balloon for postpartum hemorrhage with special reference to concomitant use of "holding the cervix" procedure (Matsubara).
    Ogoyama M, Takahashi H, Usui R, Baba Y, Suzuki H, Ohkuchi A, Matsubara S
    European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology 210 281-285 2017年01月
  • Color vision abnormality as the sole manifestation of posterior reversible encephalopathy due to post-partum HELLP syndrome.
    Takahashi H, Matsubara T, Makino S, Horie K, Matsubara S
    The journal of obstetrics and gynaecology research 43(3) 592-594 2017年01月
  • Letter to the Editor on the article "Clinical evaluation of balloon occlusion of the lower abdominal aorta in patients with placenta previa and previous cesarean section: A retrospective study on 43 cases.": The drier the surgical field, the better?
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y, Nakamura H
    International journal of surgery (London, England) 39 148-149 2017年01月
  • IS-AC-4-6 The differential expression of microRNA between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells : PCR array-based approach(Group 4 Perinatology 2,International Session Award Candidate)
    Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Ishida Yoichi;Takizawa Toshihiro;Matsubara Shigeki
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 【知っておくべき周産期の臨床検査 テストに答えて知識を深めよう!】 感染症
    高橋 宏典
    ペリネイタルケア 35(5) 451 2016年05月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • Timing of surgery for placenta previa with suspected abnormally invasive placentation: a test of team competency?
    Matsubara S, Takahashi H, Matsubara D, Ohkuchi A
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 96(8) 1029 2017年05月
  • Advanced glycation end products regulate interleukin-1β production in human placenta.
    Seno K, Sase S, Ozeki A, Takahashi H, Ohkuchi A, Suzuki H, Matsubara S, Iwata H, Kuwayama T, Shirasuna K
    The Journal of reproduction and development 63(4) 401-408 2017年05月
  • Placenta previa and hemorrhage: the placental location may be an important determinant of the bleeding amount.
    Matsubara S, Baba Y, Takahashi H
    The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians 1-2 2017年04月
  • The "morbidly adherent placenta" team: recognition and respect are needed.
    Matsubara S, Takahashi H, Lefor AK
    American journal of obstetrics and gynecology 2017年04月
  • Sclerotherapy for placenta accreta: Some concerns.
    Matsubara S, Takahashi H, Matsubara D
    Taiwanese journal of obstetrics & gynecology 56(2) 270 2017年04月
  • IS-AC-4-6 The differential expression of microRNA between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells : PCR array-based approach(Group 4 Perinatology 2,International Session Award Candidate)
    Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Ishida Yoichi;Takizawa Toshihiro;Matsubara Shigeki
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 【知っておくべき周産期の臨床検査 テストに答えて知識を深めよう!】 感染症
    高橋 宏典
    ペリネイタルケア 35(5) 451 2016年05月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • Antenatal immunoglobulin for prevention of neonatal hemochromatosis(和訳中)
    Okada Noriki;Ihara Yoshiyuki;Urahashi Taizen;Sanada Yukihiro;Yamada Naoya;Hirata Yuta;Tashiro Masahisa;Katano Takumi;Ushijima Kentaro;Otomo Shinya;Takahashi Hironori;Matsubara Shigeki;Mizuta Koichi
    Pediatrics International 58(10) 1059 2016年10月
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 帝王切開
    高橋 宏典;松原 茂樹
    周産期医学 46(増刊) 380 2016年12月
  • 【周産期医学必修知識第8版】 母子保健編 妊娠中、授乳中の薬の使い方
    高橋 宏典;松原 茂樹
    周産期医学 46(増刊) 1132 2016年12月
  • Incidence of human papillomavirus contamination of transvaginal probes in Japan and possible contamination prevention strategy(和訳中)
    Kuwata Tomoyuki;Takahashi Hironori;Koibuchi Harumi;Ichizuka Kiyotake;Natori Michiya;Matsubara Shigeki
    Journal of Medical Ultrasonics 43(4) 505 2016年10月
  • Letter to "Tardive intermittent massive vaginal bleeding from abnormal blood vessels within cesarean scar: Two more new cases should bring our attention to a new entity": Really, a new entity?(和訳中)
    Matsubara Shigeki;Takahashi Hironori;Usui Rie
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 42(10) 1412 2016年10月
  • Differential expression of microRNA between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells: PCR array-based approach(和訳中)
    Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Ishida Yoichi;Takizawa Toshihiro;Matsubara Shigeki
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 42(Suppl.1) 13 2016年10月
  • Which type of placenta previa requires blood transfusion more frequently? A new concept of indiscernible edge total previa(和訳中)
    Baba Yosuke;Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Usui Rie;Matsubara Shigeki
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 42(11) 1502 2016年11月
  • Recurrent uterine artery pseudoaneurysm(和訳中)
    Takahashi Hironori;Matsubara Shigeki
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 42(11) 1629 2016年11月
  • IS-AC-4-6 The differential expression of microRNA between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells : PCR array-based approach(Group 4 Perinatology 2,International Session Award Candidate)
    Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Ishida Yoichi;Takizawa Toshihiro;Matsubara Shigeki
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 【知っておくべき周産期の臨床検査 テストに答えて知識を深めよう!】 感染症
    高橋 宏典
    ペリネイタルケア 35(5) 451 2016年05月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • Antenatal immunoglobulin for prevention of neonatal hemochromatosis(和訳中)
    Okada Noriki;Ihara Yoshiyuki;Urahashi Taizen;Sanada Yukihiro;Yamada Naoya;Hirata Yuta;Tashiro Masahisa;Katano Takumi;Ushijima Kentaro;Otomo Shinya;Takahashi Hironori;Matsubara Shigeki;Mizuta Koichi
    Pediatrics International 58(10) 1059 2016年10月
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 帝王切開
    高橋 宏典;松原 茂樹
    周産期医学 46(増刊) 380 2016年12月
  • 【周産期医学必修知識第8版】 母子保健編 妊娠中、授乳中の薬の使い方
    高橋 宏典;松原 茂樹
    周産期医学 46(増刊) 1132 2016年12月
  • Incidence of human papillomavirus contamination of transvaginal probes in Japan and possible contamination prevention strategy(和訳中)
    Kuwata Tomoyuki;Takahashi Hironori;Koibuchi Harumi;Ichizuka Kiyotake;Natori Michiya;Matsubara Shigeki
    Journal of Medical Ultrasonics 43(4) 505 2016年10月
  • Letter to "Tardive intermittent massive vaginal bleeding from abnormal blood vessels within cesarean scar: Two more new cases should bring our attention to a new entity": Really, a new entity?(和訳中)
    Matsubara Shigeki;Takahashi Hironori;Usui Rie
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 42(10) 1412 2016年10月
  • Differential expression of microRNA between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells: PCR array-based approach(和訳中)
    Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Ishida Yoichi;Takizawa Toshihiro;Matsubara Shigeki
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 42(Suppl.1) 13 2016年10月
  • Which type of placenta previa requires blood transfusion more frequently? A new concept of indiscernible edge total previa(和訳中)
    Baba Yosuke;Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Usui Rie;Matsubara Shigeki
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 42(11) 1502 2016年11月
  • Recurrent uterine artery pseudoaneurysm(和訳中)
    Takahashi Hironori;Matsubara Shigeki
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 42(11) 1629 2016年11月
  • Predicting massive transfusion in placenta previa.
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y
    Journal of anesthesia 31(4) 642 2017年08月
  • Pseudoaneurysm: really a placenta-associated vascular regression abnormality?
    Matsubara S, Matsubara D, Baba Y, Takahashi H
    Journal of obstetrics and gynaecology : the journal of the Institute of Obstetrics and Gynaecology 37(7) 973 2017年10月
  • Re: Serious maternal complications in relation to severe pre-eclampsia: a retrospective cohort study of the impact of hospital volume; Severe maternal morbidity requires regionalisation of obstetric critical care; Guilt, blame and litigation: can an overe
    Matsubara S, Matsubara D, Takahashi H, Lefor AK
    BJOG : an international journal of obstetrics and gynaecology 124(10) 1621-1622 2017年09月
  • Novel ultrasound finding of a fetus with Hirschsprung's disease: A caliber change sign.
    Takahashi H, Matsubara D, Ono S, Hirose N, Matsubara S
    European journal of obstetrics, gynecology, and reproductive biology 215 259-260 2017年08月
  • Delivery or previous cesarean? A comment on "Antepartum hemorrhage from previous-cesarean-sectioned uterus as a potential sign of uterine artery pseudoaneurysm".
    Matsubara S, Takahashi H, Matsubara D, Baba Y
    Journal of Zhejiang University. Science. B 18(8) 723-724 2017年08月
  • Letter to 'Uterine artery pseudoaneurysm bleeding one decade after caesarean section: A case report': Pseudoaneurysm anywhere and anytime.
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y
    The journal of obstetrics and gynaecology research 43(10) 1660-1661 2017年07月
  • Re: Intrauterine balloon tamponade for management of severe postpartum haemorrhage in a perinatal network: a prospective cohort study: Exclusion criteria?
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y, Lefor AK
    BJOG : an international journal of obstetrics and gynaecology 124(11) 1792-1793 2017年06月
  • Uterine artery pseudoaneurysm: its occurrence after non-traumatic events, and possibility of "without embolization" strategy
    Baba Yosuke, Takahashi Hironori, Ohkuchi Akihide, Suzuki Hirotada, Kuwata Tomoyuki, Usui Rie, Saruyama Miyuki, Ogoyama Manabu, Nagayama Shiho, Nakamura Hiroyasu, Ugajin Atsushi, Matsubara Shigeki
    EUROPEAN JOURNAL OF OBSTETRICS & GYNECOLOGY AND REPRODUCTIVE BIOLOGY 205 72-78 2016年10月
  • IS-AC-4-6 The differential expression of microRNA between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells : PCR array-based approach(Group 4 Perinatology 2,International Session Award Candidate)
    Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Ishida Yoichi;Takizawa Toshihiro;Matsubara Shigeki
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • 塩酸リトドリンの有害事象 心房細動(症例報告)
    佐野 実穂;鈴木 寛正;薄井 里英;桑田 円;横山 瑞浩;堀江 健司;高橋 宏典;馬場 洋介;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(42) 13 2016年03月
  • 【知っておくべき周産期の臨床検査 テストに答えて知識を深めよう!】 感染症
    高橋 宏典
    ペリネイタルケア 35(5) 451 2016年05月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹;廣瀬 典子;鈴木 寛正;高橋 宏典;馬場 洋介;薄井 里英;大口 昭英;松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53 2016年03月
  • Antenatal immunoglobulin for prevention of neonatal hemochromatosis(和訳中)
    Okada Noriki;Ihara Yoshiyuki;Urahashi Taizen;Sanada Yukihiro;Yamada Naoya;Hirata Yuta;Tashiro Masahisa;Katano Takumi;Ushijima Kentaro;Otomo Shinya;Takahashi Hironori;Matsubara Shigeki;Mizuta Koichi
    Pediatrics International 58(10) 1059 2016年10月
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 帝王切開
    高橋 宏典;松原 茂樹
    周産期医学 46(増刊) 380 2016年12月
  • 【周産期医学必修知識第8版】 母子保健編 妊娠中、授乳中の薬の使い方
    高橋 宏典;松原 茂樹
    周産期医学 46(増刊) 1132 2016年12月
  • Incidence of human papillomavirus contamination of transvaginal probes in Japan and possible contamination prevention strategy(和訳中)
    Kuwata Tomoyuki;Takahashi Hironori;Koibuchi Harumi;Ichizuka Kiyotake;Natori Michiya;Matsubara Shigeki
    Journal of Medical Ultrasonics 43(4) 505 2016年10月
  • Letter to "Tardive intermittent massive vaginal bleeding from abnormal blood vessels within cesarean scar: Two more new cases should bring our attention to a new entity": Really, a new entity?(和訳中)
    Matsubara Shigeki;Takahashi Hironori;Usui Rie
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 42(10) 1412 2016年10月
  • Differential expression of microRNA between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells: PCR array-based approach(和訳中)
    Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Ishida Yoichi;Takizawa Toshihiro;Matsubara Shigeki
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 42(Suppl.1) 13 2016年10月
  • Which type of placenta previa requires blood transfusion more frequently? A new concept of indiscernible edge total previa(和訳中)
    Baba Yosuke;Takahashi Hironori;Ohkuchi Akihide;Usui Rie;Matsubara Shigeki
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 42(11) 1502 2016年11月
  • Recurrent uterine artery pseudoaneurysm(和訳中)
    Takahashi Hironori;Matsubara Shigeki
    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 42(11) 1629 2016年11月
  • Galectin-1 as a novel risk factor for both gestational hypertension and preeclampsia, specifially its expression at a low level in the second trimester and a high level after onset.
    Hirashima C, Ohkuchi A, Nagayama S, Suzuki H, Takahashi K, Ogoyama M, Takahashi H, Shirasuna K, Matsubara S
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 2017年10月
  • Handling aberrant vessels located in the posterior bladder wall in surgery for abnormally invasive placenta: a non/less-touch technique.
    Matsubara S, Takahashi H, Baba Y
    Archives of gynecology and obstetrics 2017年09月
  • Cesarean hysterectomy for abnormally invasive placenta: is urologists' participation in the surgery always necessary?
    Matsubara S, Takahashi H
    Scandinavian journal of urology 1-2 2017年09月
  • Uterine wall resection strategy for abnormally invasive placenta: extirpative approach for control patients justifiable?
    Matsubara S, Takahashi H
    Archives of gynecology and obstetrics 2017年09月

MISC

  • Pseudoaneurysm Hidden Behind Secondary Postpartum Hemorrhage
    Shigeki Matsubara, Hironori Takahashi
    Birth 43 184-185 2016年06月
  • 糖尿病性慢性腎不全透析妊婦における血清sFlt-1、PIGF及びsEng変化
    森澤 宏行, 大口 昭英, 高橋 宏典, 小古山 学, 猿山 美幸, 平嶋 周子, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 52(2) 503-503 2016年06月
  • 癒着胎盤に伴う子宮全摘において出血量に関与する因子の検討
    高橋 宏典, 堀江 健司, 小林 真実, 小古山 学, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 52(2) 664-664 2016年06月
  • 妊娠高血圧腎症ハイリスク妊婦における妊娠中の末梢血中のCD4+FoxP3+制御性T細胞の変化
    永山 志穂, 大口 昭英, 高橋 佳代, 小林 真美, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 平嶋 周子, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 52(2) 671-671 2016年06月
  • 母児間輸血症候群と周郭胎盤の合併 症例報告
    堀江 健司, 高橋 宏典, 桑田 知之, 坂本 有希, 齋藤 こよみ, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 52(2) 743-743 2016年06月
  • 知っておくべき周産期の臨床検査 テストに答えて知識を深めよう!06 感染症
    高橋宏典
    ペリネイタルケア 35(5) 451-457 2016年05月
  • Re: Abnormally invasive placenta - Prevalence, risk factors and antenatal suspicion: Results from a large population-based pregnancy cohort study in the Nordic countries
    S. Matsubara, H. Takahashi, Y. Takei, A. K. Lefor
    BJOG: An International Journal of Obstetrics and Gynaecology 123 1031-1032 2016年05月
  • 子宮動脈仮性動脈瘤50例の検討:extravasation(-)例の特徴
    馬場洋介, 松原茂樹, 桑田知之, 大口昭英, 薄井里英, 高橋宏典, 鈴木寛正, 廣瀬典子, 永山志穂, 小古山学, 猿山美幸, 平嶋洋斗
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 775-775 2016年02月
  • 塩酸リトドリンの有害事象―心房細動(症例報告)―
    佐野実穂, 鈴木寛正, 薄井里英, 桑田円, 横山端浩, 堀江健司, 高橋宏典, 馬場洋介, 大口昭英, 松原茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌(42) 13-15 2016年03月
  • 【知っておくべき周産期の臨床検査 テストに答えて知識を深めよう!】 感染症
    高橋 宏典
    ペリネイタルケア 35(5) 451-457 2016年05月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • Pseudoaneurysm Hidden Behind Secondary Postpartum Hemorrhage
    Shigeki Matsubara, Hironori Takahashi
    Birth 43 184-185 2016年06月
  • 糖尿病性慢性腎不全透析妊婦における血清sFlt-1、PIGF及びsEng変化
    森澤 宏行, 大口 昭英, 高橋 宏典, 小古山 学, 猿山 美幸, 平嶋 周子, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 52(2) 503-503 2016年06月
  • 癒着胎盤に伴う子宮全摘において出血量に関与する因子の検討
    高橋 宏典, 堀江 健司, 小林 真実, 小古山 学, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 52(2) 664-664 2016年06月
  • 妊娠高血圧腎症ハイリスク妊婦における妊娠中の末梢血中のCD4+FoxP3+制御性T細胞の変化
    永山 志穂, 大口 昭英, 高橋 佳代, 小林 真美, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 平嶋 周子, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 52(2) 671-671 2016年06月
  • 母児間輸血症候群と周郭胎盤の合併 症例報告
    堀江 健司, 高橋 宏典, 桑田 知之, 坂本 有希, 齋藤 こよみ, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 52(2) 743-743 2016年06月
  • 知っておくべき周産期の臨床検査 テストに答えて知識を深めよう!06 感染症
    高橋宏典
    ペリネイタルケア 35(5) 451-457 2016年05月
  • Re: Abnormally invasive placenta - Prevalence, risk factors and antenatal suspicion: Results from a large population-based pregnancy cohort study in the Nordic countries
    S. Matsubara, H. Takahashi, Y. Takei, A. K. Lefor
    BJOG: An International Journal of Obstetrics and Gynaecology 123 1031-1032 2016年05月
  • 子宮動脈仮性動脈瘤50例の検討:extravasation(-)例の特徴
    馬場洋介, 松原茂樹, 桑田知之, 大口昭英, 薄井里英, 高橋宏典, 鈴木寛正, 廣瀬典子, 永山志穂, 小古山学, 猿山美幸, 平嶋洋斗
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 775-775 2016年02月
  • 塩酸リトドリンの有害事象―心房細動(症例報告)―
    佐野実穂, 鈴木寛正, 薄井里英, 桑田円, 横山端浩, 堀江健司, 高橋宏典, 馬場洋介, 大口昭英, 松原茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌(42) 13-15 2016年03月
  • 【知っておくべき周産期の臨床検査 テストに答えて知識を深めよう!】 感染症
    高橋 宏典
    ペリネイタルケア 35(5) 451-457 2016年05月
  • 妊娠後期前半の血清LIGHTを用いた妊娠高血圧腎症の発症予知
    平嶋周子, 大口昭英, 高橋佳代, 鈴木寛正, 永山志穂, 高橋宏典, 馬場洋介, 薄井里英, 松原茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 986-986 2016年02月
  • 妊娠中発症の多発性筋炎・切迫早産例
    小古山学, 小林由香子, 高橋宏典, 鈴木寛正, 馬場洋介, 桑田知之, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 943-943 2016年02月
  • 原因抗体不明の新生児同種免疫性血小板減少症 症例報告
    横山 美樹, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県産婦人科医報 42 53-55 2016年03月
  • 絨毛外栄養膜細胞に発現している長鎖non‐coding RNAの次世代シーケンス解析
    瀧澤俊広, 高橋宏典, 桑田知之, 大口昭英, 松原茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 709-709 2016年02月
  • 経腟探触子のHPV汚染―現状調査とHPV汚染防御の試み―
    桑田知之, 高橋宏典, 市塚清健, 名取道也, 松原茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 666-666 2016年02月
  • 白衣高血圧及び真性高血圧における妊娠高血圧腎症発生率
    大口昭英, 高橋佳代, 猿山美幸, 平嶋周子, 鈴木寛正, 永山志穂, 高橋宏典, 馬場洋介, 薄井里英, 松原茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 986-986 2016年02月
  • 経腟探触子のHPV汚染 現状調査とHPV汚染防御の試み
    桑田 知之, 高橋 宏典, 市塚 清健, 名取 道也, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 666-666 2016年02月
  • 絨毛外栄養膜細胞に発現している長鎖non-coding RNAの次世代シーケンス解析
    瀧澤 俊広, 高橋 宏典, 桑田 知之, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 709-709 2016年02月
  • 子宮動脈仮性動脈瘤50例の検討 extravasation(-)例の特徴
    馬場 洋介, 松原 茂樹, 桑田 知之, 大口 昭英, 薄井 里英, 高橋 宏典, 鈴木 寛正, 廣瀬 典子, 永山 志穂, 小古山 学, 猿山 美幸, 平嶋 洋斗
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 775-775 2016年02月
  • 妊娠中発症の多発性筋炎・切迫早産例
    小古山 学, 小林 由香子, 高橋 宏典, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 943-943 2016年02月
  • 妊娠後期前半の血清LIGHTを用いた妊娠高血圧腎症の発症予知
    平嶋 周子, 大口 昭英, 高橋 佳代, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 986-986 2016年02月
  • 白衣高血圧及び真性高血圧における妊娠高血圧腎症発生率
    大口 昭英, 高橋 佳代, 猿山 美幸, 平嶋 周子, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 68(2) 986-986 2016年02月
  • Caesarean hysterectomy for placenta accreta: Paracervix should be divided sequentially, not en masse
    S. Matsubara, H. Takahashi, K. Horie, A. K. Lefor, H. Fujiwara
    European Journal of Obstetrics Gynecology and Reproductive Biology 201 227-228 2016年01月
  • sFlt-1が異常高値を示した急性妊娠脂肪肝 症例報告
    鈴木 寛正, 大口 昭英, 平嶋 周子, 高橋 佳代, 永山 志穂, 高橋 宏典, 松原 茂樹
    日本妊娠高血圧学会雑誌 22 78-78 2015年08月
  • 子宮内反整復後の弛緩出血に対するMY縫合+Bakriバルーン(MY uterine sandwich) 症例報告
    木村 円, 鈴木 寛正, 大口 昭英, 森澤 宏行, 小古山 学, 馬場 洋介, 高橋 宏典, 廣瀬 典子, 猿山 美幸, 薄井 里英, 松原 茂樹
    関東連合産科婦人科学会誌 52(2) 291-291 2015年05月
  • sFlt-1が異常高値を示した急性妊娠脂肪肝 症例報告
    鈴木 寛正, 大口 昭英, 平嶋 周子, 高橋 佳代, 森澤 宏行, 永山 志穂, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 渡辺 尚, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 51(2) 691-691 2015年06月
  • 新生児ヘモクロマトーシス 新生児ヘモクロマトーシス児出産既往妊婦に対する高用量ガンマグロブリン療法 症例報告
    岡田 憲樹, 井原 欣幸, 高橋 宏典, 松原 茂樹, 水田 耕一
    日本周産期・新生児医学会雑誌 51(2) 624-624 2015年06月
  • 蛋白/クレアチニン比と24時間尿中蛋白量との関係の再検討 正常血圧妊婦を中心に
    馬場 洋介, 松原 茂樹, 大口 昭英, 桑田 知之, 薄井 里英, 高橋 宏典, 鈴木 寛正, 廣瀬 典子, 永山 志穂, 小古山 学, 猿山 美幸
    日本周産期・新生児医学会雑誌 51(2) 693-693 2015年06月
  • Bakriバルーンドレナージ不全 症例報告
    小林 真実, 高橋 宏典, 猿山 美幸, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 51(2) 710-710 2015年06月
  • Late postpartum hemorrhageにおける超音波検査、dynamic CT検査の有用性
    小古山 学, 大口 昭英, 猿山 美幸, 永山 志穂, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 高橋 佳代, 桑田 知之, 薄井 里英, 渡辺 尚, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 51(2) 711-711 2015年06月
  • HELLP症候群における網膜剥離 「色覚異常」が主訴
    森澤 宏行, 高橋 宏典, 有賀 治子, 廣瀬 典子, 小古山 学, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 51(2) 809-809 2015年06月
  • 帝王切開瘢痕部妊娠の臨床経過 当院10年間14例の経験から
    高橋 宏典, 小林 真実, 猿山 美幸, 小古山 学, 廣瀬 典子, 永山 志穂, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 51(2) 873-873 2015年06月
  • 胎動監視は双胎妊娠でも有効:日本人標準自覚胎動表(桑田・松原)にも触れて
    鈴木寛正, 桑田知之, 高橋宏典, 廣瀬典子, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木県母性衛生学会雑誌(41) 7-8 2015年03月
  • P2-55-8 前置胎盤におけるTransplacental approachと新生児貧血の関連(Group 96 前置胎盤1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)
    馬場 洋介, 松原 茂樹, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 薄井 里英, 大口 昭英, 鈴木 光明
    日本産科婦人科學會雜誌 67(2) 2015年02月
  • P3-37-2 妊娠中期の血清galectin-1低値と,妊娠高血圧腎症及び妊娠高血圧の発症リスク(Group139 妊娠高血圧症候群1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)
    鈴木 寛正, 平嶋 周子, 大口 昭英, 高橋 佳代, 永山 志穂, 高橋 宏典, 猿山 美幸, 薄井 里英, 松原 茂樹, 鈴木 光明
    日本産科婦人科學會雜誌 67(2) 2015年02月
  • NW-7-1 妊娠初期栄養膜細胞におけるa Disintegrin and Metalloproteinase(ADAM)ファミリーの発現 : 絨毛外栄養膜細胞浸潤へのADAM関与可能性(ミニワークショップ7 胎盤関連分子,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)
    高橋 宏典, 松原 茂樹, 大口 昭英, 薄井 里英, 桑田 知之, 馬場 洋介, 鈴木 寛正, 瀧澤 俊広, 鈴木 光明
    日本産科婦人科學會雜誌 67(2) 2015年02月
  • 妊娠中期の血清galectin‐1低値と,妊娠高血圧腎症及び妊娠高血圧の発症リスク
    鈴木寛正, 平嶋周子, 大口昭英, 高橋佳代, 永山志穂, 高橋宏典, 猿山美幸, 薄井里英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 67(2) 912 2015年02月
  • 妊娠初期栄養膜細胞におけるa Disintegrin and Metalloproteinase(ADAM)ファミリーの発現:絨毛外栄養膜細胞浸潤へのADAM関与可能性
    高橋宏典, 松原茂樹, 大口昭英, 薄井里英, 桑田知之, 馬場洋介, 鈴木寛正, 瀧澤俊広, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 67(2) 508 2015年02月
  • 前置胎盤におけるTransplacental approachと新生児貧血の関連
    馬場洋介, 松原茂樹, 鈴木寛正, 高橋宏典, 薄井里英, 大口昭英, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 67(2) 798 2015年02月
  • Preventing a Bakri balloon from sliding out during "holding the cervix": "fishing for the balloon shaft" technique (Matsubara)
    Shigeki Matsubara, Yosuke Baba, Hironori Takahashi
    Acta Obstetricia et Gynecologica Scandinavica 94 910-911 2015年01月
  • Double‐bubble sign+FGRを認めるのに羊水量が正常な場合は?:症例報告
    永山志穂, 桑田知之, 廣瀬典子, 向田幸子, 鈴木寛正, 馬場洋介, 高橋宏典, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 50(2) 888 2014年06月
  • 前置胎盤での同種間輸血確率を予測する:術前に把握できるリスク因子を用いて
    馬場洋介, 松原茂樹, 大口昭英, 桑田知之, 薄井里英, 高橋宏典, 鈴木寛正, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 50(2) 701 2014年06月
  • MW-3-3 CD44を介した絨毛外栄養膜細胞の浸潤調節機構の解明(ミニワークショップ3 胎盤関連の分子,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会)
    高橋 宏典, 弓削 主哉, 松原 茂樹, 大口 昭英, 桑田 知之, 薄井 里英, 松本 久宣, 佐藤 幸保, 藤原 浩, 岡本 愛光, 瀧澤 俊広, 鈴木 光明
    日本産科婦人科學會雜誌 66(2) 2014年02月
  • 絨毛間腔に血腫が多発し,重度FGRを示した先天性アンチトロンビンIII欠損症合併妊娠例
    向田幸子, 薄井里英, 高橋宏典, 鈴木寛正, 馬場洋介, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 50(2) 794 2014年06月
  • 先天性中胚葉性腎腫における腎構造有無の重要性:2症例の比較
    高橋宏典, 桑田知之, 向田幸子, 永山志穂, 廣瀬典子, 鈴木寛正, 馬場洋介, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 50(2) 821 2014年06月
  • 経腟プローブのHPV・細菌汚染実態調査
    桑田知之, 鯉渕晴美, 市塚清健, 名取道也, 高橋宏典, 松原茂樹
    超音波医学 41 S637 2014年04月
  • CD44を介した絨毛外栄養膜細胞の浸潤調節機構の解明
    高橋宏典, 弓削主哉, 松原茂樹, 大口昭英, 桑田知之, 薄井里英, 松本久宣, 佐藤幸保, 藤原浩, 岡本愛光, 瀧澤俊広, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 433 2014年02月
  • 栄養膜細胞におけるC19MCプロモーター領域のメチル化解析
    高橋宏典, 大口昭英, 桑田知之, 薄井里英, 菊池邦生, 松原茂樹, 鈴木光明, 竹下俊行, 瀧澤俊広
    日本絨毛性疾患研究会・日本胎盤学会学術集会プログラム・抄録集 32nd-22nd 67 2014年
  • 無症候性の産褥子宮内仮性動脈瘤:1カ月健診時診断の重要性
    猿山美幸, 桑田知之, 鈴木寛正, 高橋宏典, 馬場洋介, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 49(2) 733 2013年06月
  • WS-2-2 MicroRNAを介した絨毛栄養膜細胞による絨毛外栄養膜細胞の浸潤制御(ワークショップ2 妊娠成立と維持,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第65回学術講演会)
    高橋 宏典, 菊池 邦生, 大口 昭英, 松原 茂樹, 桑田 知之, 薄井 里英, 松本 久宣, 佐藤 幸保, 藤原 浩, 岡本 愛光, 瀧澤 俊広, 鈴木 光明
    日本産科婦人科學會雜誌 65(2) 2013年02月
  • 双胎1児の胎動消失感:急速発症TTTSによる胎児機能不全(症例報告)
    鈴木寛正, 桑田知之, 高橋宏典, 廣瀬典子, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 49(2) 652 2013年06月
  • 超音波カラードプラ法を用いたPMD(間葉性異形成胎盤)の診断:症例報告
    桑田知之, 高橋宏典, 猿山美幸, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 49(2) 686 2013年06月
  • 肺動静脈瘻治療後に良好な転帰をとった遺伝性出血性毛細血管拡張症合併妊娠
    齋藤こよみ, 高橋宏典, 薄井里英, 鈴木はる奈, 永島友美, 桑田知之, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    関東連合産科婦人科学会誌 50(2) 341 2013年05月
  • MicroRNAを介した絨毛栄養膜細胞による絨毛外栄養膜細胞の浸潤制御
    高橋宏典, 菊池邦生, 大口昭英, 松原茂樹, 桑田知之, 薄井里英, 松本久宣, 佐藤幸保, 藤原浩, 岡本愛光, 瀧澤俊広, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 65(2) 514 2013年02月
  • P3-41-2 胎盤栄養膜における接着因子CD44の浸潤能と発現制御機構の解析(Group 153 胎盤2)
    高橋 宏典, 菊池 邦生, 竹下 俊行, 松原 茂樹, 鈴木 光明, 瀧澤 俊広
    日本産科婦人科學會雜誌 64(2) 2012年02月
  • CD44による絨毛外栄養膜細胞の浸潤機構:WNTシグナルによる促進
    高橋宏典, 吉武洋, 松原茂樹, 大口昭英, 桑田知之, 薄井里英, 岡本愛光, 鈴木光明, 瀧澤俊広
    日本絨毛性疾患研究会・日本胎盤学会学術集会プログラム・抄録集 31st-21st 51 2013年
  • 胎児脳室拡大症例の出生前検査所見と予後に関する検討
    本村健一郎, 林聡, 小川浩平, 江川真希子, 高橋宏典, 佐々木愛子, 左合治彦, 北川道弘
    産婦人科の実際 61(8) 1215-1218 2012年08月
  • 胎盤栄養膜において浸潤能を制御する接着因子の同定と機能解析の試み
    高橋宏典, 菊池邦生, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明, 瀧澤俊広
    解剖学雑誌 87(1) 9 2012年03月
  • 高齢初産婦と無痛分娩 (特集 社会医学的ハイリスク妊娠とその対策)
    梅原 永能, 角倉 弘行, 高橋 宏典
    産婦人科治療 103(4) 369-373 2011年10月
  • 胎盤栄養膜における接着因子CD44の浸潤能と発現制御機構の解析
    高橋宏典, 菊池邦生, 竹下俊行, 松原茂樹, 鈴木光明, 瀧澤俊広
    日本産科婦人科学会雑誌 64(2) 870 2012年02月
  • 臨床経験 体外受精による一絨毛膜二羊膜性双胎の検討
    高橋 宏典, 渡辺 典芳, 本村 健一郎
    産婦人科の実際 60(3) 497-502 2011年03月
  • 社会医学的ハイリスク妊娠とその対策 高齢初産婦と無痛分娩
    梅原永能, 角倉弘行, 高橋宏典, 左合治彦, 北川道弘
    産婦人科治療 103(4) 369-373 2011年10月
  • 胎児卵巣嚢腫に対する胎児治療の有効性に関する検討
    左勝則, 林聡, 杉林里佳, 江川真希子, 佐々木愛子, 加藤有美, 高橋宏典, 青木宏明, 三浦裕美子, 左合治彦, 北川道弘, 名取道也
    日本周産期・新生児医学会雑誌 46(4) 1221-1222 2010年12月
  • 体外受精による一絨毛膜二羊膜性双胎の検討
    高橋宏典, 渡辺典芳, 本村健一郎, 小澤伸晃, 塚原優己, 久保隆彦, 左合治彦
    産婦人科の実際 60(3) 497-502 2011年03月
  • 栄養膜浸潤における接着分子CD44の役割:浸潤能解析
    高橋宏典, 菊池邦生, 松原茂樹, 鈴木光明, 瀧澤俊広
    日本絨毛性疾患研究会・日本胎盤学会学術集会プログラム・抄録集 29th-19th 66 2011年
  • 診療 高齢妊娠における周産期予後
    高橋 宏典, 渡邉 典芳, 青海 咲子
    産婦人科の実際 59(7) 1103-1107 2010年07月
  • ヒツジ胎子へのbusulfan前処置によるヒト造血幹細胞移植後の生着率の向上
    阿部朋行, 増田茂夫, 田中裕次郎, 高橋宏典, 林聡, 花園豊, 長尾慶和
    J Reprod Dev 56(Suppl Japanese Issue) J68 2010年08月
  • 高齢妊娠における周産期予後
    高橋宏典, 渡邉典芳, 青海咲子, 堀谷まどか, 穴見愛, 江川真希子, 左合治彦
    産婦人科の実際 59(7) 1103-1107 2010年07月
  • 出生前診断し得た前置血管5例の検討
    三浦裕美子, 久保隆彦, 本村健一郎, 堀谷まどか, 江川真希子, 青木宏明, 高橋宏典, 池谷美樹, 林聡, 塚原優己, 左合治彦, 北川道弘
    日本周産期・新生児医学会雑誌 46(2) 675 2010年06月
  • 当院におけるNT肥厚症例の予後
    佐々木愛子, 林聡, 江川真希子, 杉林里佳, 加藤有美, 高橋宏典, 青木宏明, 三井真理, 小澤伸晃, 中村知夫, 左合治彦, 北川道弘
    日本周産期・新生児医学会雑誌 46(2) 484 2010年06月
  • 妊産婦における自己血輸血
    JWA Seung Chik, 渡辺典芳, 須郷慶信, 高橋宏典, 加藤有美, 三井真理, 久保隆彦
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 19(2) 73-77 2010年03月
  • 当院における先天性心疾患の出生前診断と予後について
    杉林里佳, 林聡, 左勝則, 須郷慶信, 江川真希子, 佐々木愛子, 大石由利子, 高橋宏典, 左合治彦, 北川道弘, 名取道也
    日本周産期・新生児医学会雑誌 46(2) 478 2010年06月
  • 胎児遺伝性疾患に対する胎児細胞治療への試み―動物モデルを用いた胎児細胞治療の治療効果と安全性の検討―
    林聡, 井原規公, 高橋宏典, 左合治彦, 北川道弘, 名取道也
    日本周産期・新生児医学会雑誌 46(2) 349 2010年06月
  • 妊産婦における自己血貯血~5年間の前方視的検討~
    高橋宏典, 渡邉典芳, 左勝則, 須郷慶信, 加藤有美, 花岡正智, 久保隆彦
    日本輸血細胞治療学会誌 56(2) 200 2010年04月
  • P1-310 当センターにおける妊娠30週の胎児超音波スクリーニング検査の検討(Group38 胎児・新生児1,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)
    須郷 慶信, 林 聡, 大石 由利子, 堀谷 まどか, 加藤 有美, 青木 宏明, 高橋 宏典, 三浦 裕美子, 三原 慶子, 佐々木 愛子, 左合 治彦, 名取 道也
    日本産科婦人科學會雜誌 62(2) 2010年02月
  • 当センターで経験した臨床的羊水塞栓症の3症例
    須郷慶信, 渡邉典芳, 左勝則, 加藤有美, 高橋宏典, 三浦裕美子, 久保隆彦
    日本輸血細胞治療学会誌 56(2) 227 2010年04月
  • P2-105 ローリスク分娩において新生児仮死に至った症例の検討(Group56 妊娠分娩産褥9,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)
    宮田 あかね, 高橋 宏典, 左 勝則, 須郷 慶信, 堀谷 まどか, 池谷 美樹, 渡辺 典芳, 林 聡, 塚原 優己, 久保 隆彦, 左合 治彦, 北川 道弘
    日本産科婦人科學會雜誌 62(2) 2010年02月
  • 14番染色体父性片親性ダイソミー(paternal Uniparental Disomy:pUPD14)の1例
    高橋宏典, 左合治彦, 林聡, 渡邉典芳, 青木宏明, 加藤有美, 花岡正智, 須郷慶信, 名取道也
    超音波医学 37(2) 191 2010年03月
  • P2-413 双胎間輸血症候群(TTTS)に対する胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術(FLP)における母体合併症の検討(Group94 多胎妊娠1,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)
    江川 真希子, 林 聡, 左 勝則, 須郷 慶信, 堀谷 まどか, 青木 宏明, 高橋 宏典, 大井 理恵, 三原 慶子, 佐々木 愛子, 左合 治彦, 北川 道弘
    日本産科婦人科學會雜誌 62(2) 2010年02月
  • P3-403 当センターにおける双胎妊娠390例の検討(Group147 多胎妊娠2,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)
    本村 健一郎, 高橋 宏典, 花岡 正智, 大井 理恵, 池谷 美樹, 渡辺 典芳, 小澤 伸晃, 塚原 優己, 久保 隆彦, 左合 治彦, 北川 道弘, 名取 道也
    日本産科婦人科學會雜誌 62(2) 2010年02月
  • P3-404 体外受精による一絨毛膜性双胎の周産期予後に関する検討(Group147 多胎妊娠2,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)
    高橋 宏典, 渡辺 典芳, 本村 健一郎, 加藤 有美, 江川 真希子, 三井 真理, 林 聡, 小澤 伸晃, 塚原 優己, 久保 隆彦, 左合 治彦, 北川 道弘
    日本産科婦人科學會雜誌 62(2) 2010年02月
  • P3-115 精神疾患合併妊娠における新生児予後の検討(Group112 合併症妊娠7,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)
    川嶋 章弘, 松田 秀雄, 高橋 宏典, 吉田 昌史, 長谷川 ゆり, 吉永 洋輔, 浅井 一彦, 川上 裕一, 古谷 健一
    日本産科婦人科學會雜誌 62(2) 2010年02月
  • 胎児胸水に対する胎児治療の検討
    三浦裕美子, 左合治彦, 高橋宏典, 林聡, 中村知夫, 伊藤裕司, 久保隆彦, 北川道弘
    日本周産期・新生児医学会雑誌 45(4) 1311-1316 2009年12月
  • 体外受精による一絨毛膜性双胎の周産期予後に関する検討
    高橋宏典, 渡辺典芳, 本村健一郎, 加藤有美, 江川真希子, 三井真理, 林聡, 小澤伸晃, 塚原優己, 久保隆彦, 左合治彦, 北川道弘
    日本産科婦人科学会雑誌 62(2) 759 2010年02月
  • 症例から学ぶハイリスク妊娠 第8回 胎盤後血腫,DIC
    堀谷まどか, 高橋宏典, 渡邉典芳
    産科と婦人科 76(12) 1579-1581 2009年12月
  • 双胎間輸血症候群(TTTS)に対する胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術(FLP)における母体合併症の検討
    江川真希子, 林聡, 左勝則, 須郷慶信, 堀谷まどか, 青木宏明, 高橋宏典, 大井理恵, 三原慶子, 佐々木愛子, 左合治彦, 北川道弘
    日本産科婦人科学会雑誌 62(2) 602 2010年02月
  • 当センターにおける双胎妊娠390例の検討
    本村健一郎, 高橋宏典, 花岡正智, 大井理恵, 池谷美樹, 渡辺典芳, 小澤伸晃, 塚原優己, 久保隆彦, 左合治彦, 北川道弘, 名取道也
    日本産科婦人科学会雑誌 62(2) 758 2010年02月
  • 精神疾患合併妊娠における新生児予後の検討
    川嶋章弘, 松田秀雄, 高橋宏典, 吉田昌史, 長谷川ゆり, 吉永洋輔, 浅井一彦, 川上裕一, 古谷健一
    日本産科婦人科学会雑誌 62(2) 662 2010年02月
  • 症例から学ぶハイリスク妊娠 第4回 胎盤遺残(retention of the placenta)
    左勝則, 高橋宏典
    産科と婦人科 76(8) 1015-1017 2009年08月
  • ローリスク分娩において新生児仮死に至った症例の検討
    宮田あかね, 高橋宏典, 左勝則, 須郷慶信, 堀谷まどか, 池谷美樹, 渡辺典芳, 林聡, 塚原優己, 久保隆彦, 左合治彦, 北川道弘
    日本産科婦人科学会雑誌 62(2) 499 2010年02月
  • 当センターにおける妊娠30週の胎児超音波スクリーニング検査の検討
    須郷慶信, 林聡, 大石由利子, 堀谷まどか, 加藤有美, 青木宏明, 高橋宏典, 三浦裕美子, 三原慶子, 佐々木愛子, 左合治彦, 名取道也
    日本産科婦人科学会雑誌 62(2) 452 2010年02月
  • これからの産科医療を考える―その現状とくに問題点からみた将来像―産科医療と電子カルテの導入―その問題点と将来―
    久保隆彦, 北西あすか, 江川真希子, 高橋宏典
    産婦人科治療 100(1) 43-46 2010年01月
  • 14番染色体父性片親性ダイソミー関連疾患の実態把握と診断・治療指針作成に関する研究 第14番染色体父性片親性ダイソミー関連疾患の出生前所見に関する研究
    左合治彦, 高橋宏典
    14番染色体父性片親性ダイソミー関連疾患の実態把握と診断・治療指針作成に関する研究 平成21年度 総括・分担研究報告書 9-10 2010年
  • 小児がん治療後女性の妊娠・出産管理/成育医療研究センター周産期診療部における経験
    宮田あかね, 渡邉典芳, 高橋宏典, 塩田曜子, 清谷知賀子, 久保隆彦, 森鉄也, 熊谷昌明, 左合治彦, 北川道弘
    日本小児血液学会・日本小児がん学会・日本小児がん看護学会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号 52nd-26th-8th-15th 252 2010年
  • 小児医療,産科・周産期医療,精神科医療領域と一般救急医療との連携体制構築のための具体的方策に関する研究 周産期医療域の救急医療体制
    左合治彦, 高橋宏典
    小児医療、産科・周産期医療、精神科医療領域と一般救急医療との連携体制構築のための具体的方策に関する研究 平成21年度 総括・分担研究報告書 7-8 2010年
  • 胎児に房室ブロックを伴わない心機能低下をきたしたシェーグレン症候群合併妊娠の1症例
    大石由利子, 高橋宏典, 花岡正智, 須郷慶信, 堀谷まどか, 渡場孝弥, 久保隆彦, 村島温子, 左合治彦
    日本産科婦人科学会東京地方部会会誌 58(4) 475-479 2009年12月
  • 症例から学ぶハイリスク妊娠 第2回 癒着胎盤
    高橋宏典, 渡邊典芳
    産科と婦人科 76(6) 746-748 2009年06月
  • 妊産婦における貯血自己血中の凝固因子活性の検討
    須郷慶信, 渡辺典芳, 左勝則, 大石由利子, 高橋宏典, 加藤有美, 久保隆彦, 北川道弘
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 19(1) S.97-S.98-97"-"S-98" 2009年05月
  • 妊産婦における自己血輸血の安全性と有用性の検討
    左勝則, 渡辺典芳, 須郷慶信, 高橋宏典, 種元智洋, 加藤有美, 三井真理, 久保隆彦
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 19(1) S.95-S.96-95"-"S-96" 2009年05月
  • 薬物治療を受けている母親の授乳の安全性の検討
    青木宏明, 久保隆彦, 高橋宏典, 種元智洋, 渡辺典芳, 塚原優己, 左合治彦, 北川道弘
    日本周産期・新生児医学会雑誌 45 20 2009年12月
  • 房室ブロックにて発症し,後に接合部頻拍を認めた新生児心筋炎の1例
    金子正英, 江竜喜彦, 林泰佑, 金基成, 賀藤均, 高橋宏典, 塚本桂子, 伊藤直樹, 高橋重裕, 大石芳久, 難波由喜子, 中村知夫, 伊藤裕司
    日本小児循環器学会雑誌 25(5) 742 2009年09月
  • 神経芽腫の集学的治療歴を有する2症例の周産期管理の経験
    加藤有美, 渡辺典芳, 左勝則, 花岡正智, 筒井淳奈, 高橋宏典, 小澤伸晃, 久保隆彦, 左合治彦, 北川道弘
    日本周産期・新生児医学会雑誌 45(2) 525 2009年06月
  • 当センターにおけるMD双胎の一児子宮内死亡例についての検討
    穴見愛, 林聡, 須郷慶信, 堀谷まどか, 筒井淳奈, 高橋宏典, 左合治彦
    日本周産期・新生児医学会雑誌 45(2) 412 2009年06月
  • 診断・管理に苦慮した,無症候性の破水による羊水過少の2症例
    左勝則, 高橋宏典, 加藤有美, 種元智洋, 大石由利子, 渡辺典芳, 小澤伸晃, 塚原優己, 久保隆彦, 左合治彦
    日本周産期・新生児医学会雑誌 45(2) 438 2009年06月
  • 高年初産婦の無痛分娩に関する検討
    高橋宏典, 渡邊典芳, 穴見愛, 三井真理, 三浦裕美子, 小澤伸晃, 塚原優己, 久保隆彦, 角倉弘行, 左合治彦
    日本周産期・新生児医学会雑誌 45(2) 559 2009年06月
  • 臨床経験 羊水量較差を認めるMD双胎(amniotic fluid discordance)の臨床経過とレーザー治療の適応拡大
    林 聡, 佐合 治彦, 高橋 宏典
    産婦人科の実際 58(6) 951-954 2009年06月
  • 管理に難渋した重症抗リン脂質抗体症候群の2症例
    渡辺典芳, 小澤伸晃, 宮田あかね, 花岡正智, 高橋宏典, 塚原優己, 左合治彦, 北川道弘, 名取道也
    日本周産期・新生児医学会雑誌 45(2) 405 2009年06月
  • 羊水量較差を認めるMD双胎(amniotic fluid discordance)の臨床経過とレーザー治療の適応拡大
    林聡, 左合治彦, 高橋宏典, 三浦裕美子, 北川道弘, 名取道也
    産婦人科の実際 58(6) 951-954 2009年06月
  • 妊産婦における貯血自己血中の凝固因子活性の検討
    須郷慶信, 渡邉典芳, 左勝則, 筒井淳奈, 加藤有美, 高橋宏典, 久保隆彦
    日本輸血細胞治療学会誌 55(2) 249 2009年04月
  • 心拡大と胎児水腫を呈した胎児αサラセミアの一例
    久須美真紀, 加藤有美, 高橋宏典, 三浦裕美子, 林聡, 大石芳久, 高橋重裕, 中村知夫, 伊藤裕司, 山口晃史, 松岡健太郎, 服部幸夫, 山城安啓, 左合治彦, 北川道弘
    日本周産期・新生児医学会雑誌 44(4) 1241-1245 2008年12月
  • 妊産婦における自己血輸血の安全性と有用性の検討
    左勝則, 渡邉典芳, 須郷慶信, 高橋宏典, 種元智洋, 加藤有美, 三井真理, 大石由利子, 筒井淳奈, 久保隆彦
    日本輸血細胞治療学会誌 55(2) 248 2009年04月
  • P3-214 高年初産婦の検討(Group102 合併症妊娠9,一般演題,第61回日本産科婦人科学会学術講演会)
    高橋 宏典, 青海 咲子, 穴見 愛, 宮田 あかね, 青木 宏明, 種元 智洋, 渡辺 典芳, 塚原 優己, 久保 隆彦, 左合 治彦, 北川 道弘
    日本産科婦人科學會雜誌 61(2) 2009年02月
  • 胎児軽度脳室拡大の検討
    高橋宏典, 林聡, 加藤有美, 筒井淳奈, 左合治彦, 北川道弘
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌 46(1) 47-51 2009年03月
  • P2-258 新生児GBS感染症に至った症例の妊娠・分娩経過についての検討(Group65 周産期感染症2,一般演題,第61回日本産科婦人科学会学術講演会)
    宮田 あかね, 高橋 宏典, 筒井 淳奈, 加藤 有美, 三浦 裕美子, 種元 智洋, 渡辺 典芳, 塚原 優己, 久保 隆彦, 左合 治彦, 北川 道弘
    日本産科婦人科學會雜誌 61(2) 2009年02月
  • 胎児MRIによる肺動脈弁欠損症の呼吸不全予測
    加藤有美, 久須美真紀, 高橋宏典, 三浦裕美子, 林聡, 左合治彦, 北川道弘, 金基成, 金子正英, 磯田貴義, 中野彰子, 伊藤直樹, 伊藤裕司
    日本小児循環器学会雑誌 25(2) 173-174 2009年03月
  • P2-121 双胎間輸血症候群に対する胎児鏡下胎盤血管吻合レーザー凝固術後のCombined Cardiac Outputによる治療効果予測(Group48 多胎妊娠1,一般演題,第61回日本産科婦人科学会学術講演会)
    堀谷 まどか, 林 聡, 花岡 正智, 大井 理恵, 筒井 淳奈, 加藤 有美, 久須美 真紀, 高橋 宏典, 三浦 裕美子, 左合 治彦, 北川 道弘
    日本産科婦人科學會雜誌 61(2) 2009年02月
  • 心拡大と胎児水腫を呈した胎児αサラセミアの1例
    久須美真紀, 加藤有美, 高橋宏典, 三浦裕美子, 林聡, 左合治彦, 北川道弘, 大石芳久, 高橋重裕, 中村知夫, 松岡健太郎
    日本小児循環器学会雑誌 25(2) 178 2009年03月
  • P1-106 当院における前置胎盤症例の検討(Group15 妊娠分娩産褥1,一般演題,第61回日本産科婦人科学会学術講演会)
    味八木 寿子, 三浦 裕美子, 須郷 慶信, 高橋 宏典, 種元 智洋, 渡辺 典芳, 久保 隆彦, 左合 治彦, 北川 道弘
    日本産科婦人科學會雜誌 61(2) 2009年02月
  • P3-215 当センターにおける40歳以上初産婦の予後について(Group102 合併症妊娠9,一般演題,第61回日本産科婦人科学会学術講演会)
    青海 咲子, 高橋 宏典, 須郷 慶信, 筒井 淳奈, 青木 宏明, 種元 智洋, 渡辺 典芳, 塚原 優己, 久保 隆彦, 左合 治彦
    日本産科婦人科學會雜誌 61(2) 2009年02月
  • K3-63 子宮内造血幹細胞移植後のドナーリンパ球輸注で100%キメラとなるメカニズムの検討(高得点演題19 周産期,高得点演題プログラム,第61回日本産科婦人科学会学術講演会)
    井原 規公, 林 聡, 高橋 宏典, 左合 治彦, 北川 道弘, 名取 道也
    日本産科婦人科學會雜誌 61(2) 2009年02月
  • K3-31 流産の遺伝学的原因に対する検索法の確立(高得点演題14 生殖医学,高得点演題プログラム,第61回日本産科婦人科学会学術講演会)
    小澤 伸晃, 井原 規公, 左 勝則, 大石 由利子, 穴見 愛, 高橋 宏典, 青木 宏明, 種元 智洋, 渡辺 典芳, 塚原 優己, 久保 隆彦, 左合 治彦
    日本産科婦人科學會雜誌 61(2) 2009年02月
  • 新生児GBS感染症に至った症例の妊娠・分娩経過についての検討
    宮田あかね, 高橋宏典, 筒井淳奈, 加藤有美, 三浦裕美子, 種元智洋, 渡辺典芳, 塚原優己, 久保隆彦, 左合治彦, 北川道弘
    日本産科婦人科学会雑誌 61(2) 611 2009年02月
  • 流産の遺伝学的原因に対する検索法の確立
    小澤伸晃, 井原規公, 左勝則, 大石由利子, 穴見愛, 高橋宏典, 青木宏明, 種元智洋, 渡辺典芳, 塚原優己, 久保隆彦, 左合治彦
    日本産科婦人科学会雑誌 61(2) 654 2009年02月
  • 高年初産婦の検討
    高橋宏典, 青海咲子, 穴見愛, 宮田あかね, 青木宏明, 種元智洋, 渡辺典芳, 塚原優己, 久保隆彦, 左合治彦, 北川道弘
    日本産科婦人科学会雑誌 61(2) 739 2009年02月
  • 当センターにおける40歳以上初産婦の予後について
    青海咲子, 高橋宏典, 須郷慶信, 筒井淳奈, 青木宏明, 種元智洋, 渡辺典芳, 塚原優己, 久保隆彦, 左合治彦
    日本産科婦人科学会雑誌 61(2) 739 2009年02月
  • 当院における前置胎盤症例の検討
    味八木寿子, 三浦裕美子, 須郷慶信, 高橋宏典, 種元智洋, 渡辺典芳, 久保隆彦, 左合治彦, 北川道弘
    日本産科婦人科学会雑誌 61(2) 481 2009年02月
  • 子宮内造血幹細胞移植後のドナーリンパ球輸注で100%キメラとなるメカニズムの検討
    井原規公, 林聡, 高橋宏典, 左合治彦, 北川道弘, 名取道也
    日本産科婦人科学会雑誌 61(2) 664 2009年02月
  • 双胎間輸血症候群に対する胎児鏡下胎盤血管吻合レーザー凝固術後のCombined Cardiac Outputによる治療効果予測
    堀谷まどか, 林聡, 花岡正智, 大井理恵, 筒井淳奈, 加藤有美, 久須美真紀, 高橋宏典, 三浦裕美子, 左合治彦, 北川道弘
    日本産科婦人科学会雑誌 61(2) 566 2009年02月
  • アレイCGH法による流産絨毛染色体分析
    小澤伸晃, 佐々木愛子, 須郷慶信, 江川真希子, 青木宏明, 高橋宏典, 三井真理, 渡邉典芳, 林聡, 左合治彦, 会津善紀, 山口敏和, 井本逸勢, 稲澤譲治
    日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集 54th 104 2009年
  • 多彩な不整脈を呈したコクサッキーウイルスB群3型による新生児急性心筋炎の一例
    高橋宏典, 塚本桂子, 大石芳久, 高橋重裕, 伊藤直樹, 難波由貴子, 中村知夫, 伊藤裕司
    日本周産期・新生児医学会雑誌 44(2) 544 2008年06月
  • 双胎間輸血症候群に合併した遷延性肺高血圧症の3例
    高橋宏典, 高橋重裕, 塚本桂子, 伊藤裕司, 中村知夫, 林聡, 左合治彦, 北川道弘
    日本周産期・新生児医学会雑誌 44(2) 404 2008年06月
  • 胎児軽度脳室拡大の検討
    高橋宏典, 林聡, 加藤有美, 筒井淳奈, 左合治彦, 北川道弘
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌 45(2) 123 2008年05月
  • 経膣分娩後に初めて認識された常位付着の癒着胎盤2症例
    高橋宏典, 渡辺典芳, 筒井淳奈, 加藤有美, 三浦裕美子, 種元智洋, 須郷慶信, 久保隆彦
    日本輸血細胞治療学会誌 54(2) 182 2008年04月
  • 妊産婦における自己血輸血―適応疾患と輸血率の検討―
    加藤有美, 渡辺典芳, 三浦裕美子, 種元智洋, 高橋宏典, 筒井淳奈, 須郷慶信, 久保隆彦
    日本輸血細胞治療学会誌 54(2) 265 2008年04月
  • 多胎妊娠 (特集 妊婦と胎児の画像診断Up-to-date) -- (妊娠初期の異常と画像診断)
    高橋 宏典, 塚原 優己, 北川 道弘
    産婦人科の実際 57(3) 385-390 2008年03月
  • 妊産婦における自己血採血の検討―採血時母体・胎児の検討―
    須郷慶信, 渡辺典芳, 種元智洋, 三浦裕美子, 高橋宏典, 加藤有美, 筒井淳奈, 久保隆彦
    日本輸血細胞治療学会誌 54(2) 266 2008年04月
  • P1-118 胎児嚢胞性肺疾患29例の検討(Group14 胎盤1,一般演題,第60回日本産科婦人科学会学術講演会)
    三浦 裕美子, 左合 治彦, 高橋 宏典, 林 聡, 加藤 有美, 久須美 真紀, 種元 智洋, 小澤 伸晃, 北川 道弘, 名取 道也
    日本産科婦人科學會雜誌 60(2) 2008年02月
  • 産褥期にreversible posterior leukoencephalopathy syndrome (RPLS)を発症した輸血適応の決定に苦慮した1例
    三浦裕美子, 渡邉典芳, 須郷慶信, 加藤有美, 筒井淳奈, 高橋宏典, 種元智洋, 久保隆彦
    日本輸血細胞治療学会誌 54(2) 239 2008年04月
  • P1-121 肝挙上型先天性横隔膜ヘルニアの予後指標に関する検討(Group14 胎盤1,一般演題,第60回日本産科婦人科学会学術講演会)
    高橋 宏典, 林 聡, 三浦 裕美子, 種元 智洋, 久須美 真紀, 加藤 有美, 小澤 伸晃, 左合 治彦, 北川 道弘, 名取 道也
    日本産科婦人科學會雜誌 60(2) 2008年02月
  • 妊婦と胎児の画像診断Up‐to‐date 妊娠初期の異常と画像診断 多胎妊娠
    高橋宏典, 塚原優己, 北川道弘
    産婦人科の実際 57(3) 385-390 2008年03月
  • K3-32 羊水量較差を認めるMD双胎(Amniotic fluid discordance)の臨床経過とレーザー治療の適応拡大(高得点周産期学5,高得点演題プログラム,第60回日本産科婦人科学会学術講演会)
    林 聡, 左合 治彦, 高橋 宏典, 三浦 裕美子, 北川 道弘, 名取 道也
    日本産科婦人科學會雜誌 60(2) 2008年02月
  • 羊水量較差を認めるMD双胎(Amniotic fluid discordance)の臨床経過とレーザー治療の適応拡大
    林聡, 左合治彦, 高橋宏典, 三浦裕美子, 北川道弘, 名取道也
    日本産科婦人科学会雑誌 60(2) 720 2008年02月
  • 胎児嚢胞性肺疾患29例の検討
    三浦裕美子, 左合治彦, 高橋宏典, 林聡, 加藤有美, 久須美真紀, 種元智洋, 小澤伸晃, 北川道弘, 名取道也
    日本産科婦人科学会雑誌 60(2) 536 2008年02月
  • 肝挙上型先天性横隔膜ヘルニアの予後指標に関する検討
    高橋宏典, 林聡, 三浦裕美子, 種元智洋, 久須美真紀, 加藤有美, 小澤伸晃, 左合治彦, 北川道弘, 名取道也
    日本産科婦人科学会雑誌 60(2) 537 2008年02月
  • 産婦人科領域でみられる出血 (特集 止血のひけつ) -- (内因性出血に対する止血法)
    高橋 宏典, 林 聡
    救急医学 31(8) 963-966 2007年08月
  • アレイCGH法を用いた流産原因の遺伝学的解析
    小澤伸晃, 左合治彦, 高橋宏典, 林聡, 右田王介, 小崎里華, 柿島裕樹, 奥山虎之, 北川道弘, 合津善紀, 山口敏和, 井本逸勢, 稲澤譲治
    日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集 53rd 125 2008年
  • 止血のひけつ III 内因性出血に対する止血法 産婦人科領域でみられる出血
    高橋宏典, 林聡
    救急医学 31(8) 963-966 2007年08月
  • 子宮動脈塞栓(Uterine Arterial Embolization:UAE)が原因と考えられた癒着胎盤の一例
    高橋宏典, 林聡, 渡辺典芳, 左合治彦, 塚原優己, 久保隆彦, 北川道弘
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 44(3) 279 2007年08月
  • P1-598 顕微受精後の二卵性一絨毛膜双胎の一例(Group75 多胎妊娠2,一般演題,第59回日本産科婦人科学会学術講演会)
    加藤 有美, 種元 智洋, 左合 治彦, 川上 香織, 高橋 宏典, 小澤 伸晃, 久保 隆彦, 北川 道弘, 名取 道也
    日本産科婦人科學會雜誌 59(2) 2007年02月
  • 経腟分娩後に初めて認識された常位付着の癒着胎盤2症例
    高橋宏典, 渡辺典芳, 林聡, 筒井淳奈, 三浦裕美子, 北川道弘
    日本周産期・新生児医学会雑誌 43(2) 482 2007年06月
  • 妊娠蛋白尿の周産期成績
    長谷川ゆり, 松田秀雄, 芝崎智子, 川上裕一, 高橋宏典, 田中雅子, 吉田昌史, 古谷健一
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 44(1) 53-55 2007年03月
  • 顕微受精後の二卵性一絨毛膜双胎の一例
    加藤有美, 種元智洋, 左合治彦, 川上香織, 高橋宏典, 小澤伸晃, 久保隆彦, 北川道弘, 名取道也
    日本産科婦人科学会雑誌 59(2) 548 2007年02月
  • トリソミー9モザイクの3症例
    高橋宏典, 左合治彦, 林聡, 三浦裕美子, 小沢伸晃, 三原喜美恵, 右田王介, 奥山虎之, 北川道弘
    日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集 52nd 140 2007年
  • 帝王切開時突然心停止を呈したが母児ともに救命しえた硬膜外麻酔ショックの1症例
    吉田昌史, 松田秀雄, 川上裕一, 芝崎智子, 高橋宏典, 古谷健一
    分娩と麻酔(88) 42-43 2006年12月
  • 腎と妊娠 妊娠蛋白尿の周産期成績
    長谷川ゆり, 松田秀雄, 芝崎智子, 川上裕一, 高橋宏典, 田中雅子, 吉田昌史, 古谷健一
    腎と透析 61(5) 711-715 2006年11月
  • 電気けいれん療法(modified electroconvulsive therapy:mECT)が著効を示した妄想型統合失調症妊婦の1症例
    高橋宏典, 松田秀雄, 脇園知宣, 古谷健一
    日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌 36 107 2006年10月
  • 転移性S状結腸癌合併妊娠の1症例
    長谷川ゆり, 松田秀雄, 高橋宏典, 川上裕一, 古谷健一
    日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌 36 28-31 2006年10月
  • 臨床経験 産後出血(PPH)に対する子宮動脈塞栓術(UAE)--とくに卵巣機能,妊娠・分娩への影響について
    高橋 宏典, 松田 秀雄, 古谷 健一
    産婦人科の実際 55(9) 1467-1470 2006年09月
  • 修正型電気けいれん療法(modified electroconvulsive therapy:mECT)が著効を示した妄想型統合失調症妊婦の1症例
    高橋宏典, 松田秀雄, 川上裕一, 古谷健一
    日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌 36 33-35 2006年10月
  • 転移性S状結腸癌合併妊娠の1症例
    長谷川ゆり, 高橋宏典, 川上裕一, 松田秀雄, 古谷健一
    日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌 36 104 2006年10月
  • 産後出血(PPH)に対する子宮動脈塞栓術(UAE)―とくに卵巣機能,妊娠・分娩への影響について―
    高橋宏典, 松田秀雄, 古谷健一
    産婦人科の実際 55(9) 1467-1470 2006年09月
  • 耐糖能異常妊婦と味覚との関連について
    水本賀文, 村上充剛, 高橋宏典, 古谷健一, 奥山輝明
    日本臨床栄養学会雑誌 28(1) 235 2006年08月
  • 妊婦におけるインスリンと甘味覚の関連
    水本賀文, 村上充剛, 高橋宏典, 古谷健一, 奥山輝明
    日本臨床栄養学会雑誌 28(1) 235 2006年08月
  • 体重変化からみた妊婦の栄養・食生活と味覚との関連
    水本賀文, 村上充剛, 高橋宏典, 古谷健一, 奥山輝明
    日本臨床栄養学会雑誌 28(1) 234 2006年08月
  • 胎児期における卵巣嚢腫内容吸引術の検討
    田中雅子, 松田秀雄, 川上裕一, 芝崎智子, 高橋宏典, 長谷川ゆり, 吉田昌史, 古谷健一
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 43(3) 343 2006年08月
  • 前置胎盤・前置癒着胎盤における帝切時出血の検討と対策
    長谷川ゆり, 川上裕一, 高橋宏典, 吉田昌史, 芝崎智子, 松田秀雄, 古谷健一
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 43(3) 278 2006年08月
  • 【手術・麻酔】子宮体癌における術前の組織分化度と子宮筋層浸潤度による手術術式個別化の問題点
    工藤一弥, 喜多恒和, 吉川智之, 高橋宏典, 芝崎智子, 藤井和之, 古谷健一, 高野政志, 菊池義公
    日本婦人科腫よう学会雑誌 24(3) 276 2006年06月
  • 前置胎盤における帝切時出血量の検討と前置癒着
    川上裕一, 松田秀雄, 高橋宏典, 吉田昌史, 芝崎智子, 古谷健一
    日本周産期・新生児医学会雑誌 42(2) 283 2006年06月
  • 透析歴のある発作性夜間血色素尿症(PNH)合併妊娠に対しハプトグロビンが有効であった一例
    吉田昌史, 松田秀雄, 芝崎智子, 高橋宏典, 古谷健一
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 16(1) S.19-S.20-19"-"S-20" 2006年06月
  • 妊娠中の「高血圧を呈さない蛋白尿」の検討
    長谷川ゆり, 松田秀雄, 川上裕一, 芝崎智子, 高橋宏典, 田中雅子, 吉田昌史, 古谷健一
    日本周産期・新生児医学会雑誌 42(2) 274 2006年06月
  • 妊婦における麻疹・風疹・水痘・サイトメガロウイルス(CMV)抗体保有率の検討
    田中雅子, 松田秀雄, 川上裕一, 芝崎智子, 高橋宏典, 長谷川ゆり, 吉田昌史, 古谷健一
    日本周産期・新生児医学会雑誌 42(2) 264 2006年06月
  • triple edema syndromeを呈した乳糜腹水の1症例
    高橋宏典, 松田秀雄, 川上裕一, 芝崎智子, 吉田昌史, 若松太, 古谷健一
    日本周産期・新生児医学会雑誌 42(2) 407 2006年06月
  • 診療 妊産婦における麻疹抗体スクリーニング検査の検討
    早田 英二郎, 松田 秀雄, 高橋 宏典
    産婦人科の実際 55(6) 1007-1012 2006年06月
  • パルボウィルス感染胎児における羊水中エリスロポエチン,トロポニン‐T測定の意義
    吉田昌史, 松田秀雄, 山田秀人, 上塘正人, 松岡隆, 川上裕一, 芝崎智子, 高橋宏典, 古谷健一, 水上尚典
    日本周産期・新生児医学会雑誌 42(2) 263 2006年06月
  • 妊産婦における麻疹抗体スクリーニング検査の検討
    早田英二郎, 松田秀雄, 高橋宏典, 川上裕一, 古谷健一
    産婦人科の実際 55(6) 1007-1012 2006年06月
  • 早産―予防と対策 切迫早産の管理
    松田秀雄, 川上裕一, 芝崎智子, 高橋宏典, 吉田昌史, 古谷健一
    臨床婦人科産科 60(5) 760-765 2006年05月
  • 非典型的な画像所見(泡沫状球形腫瘤充填像)を示した卵巣皮様嚢腫の1例
    福間深里, 吉田昌史, 芝崎智子, 高橋宏典, 長谷川ゆり, 田中雅子, 松田秀雄, 古谷健一
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 43(2) 168 2006年05月
  • 妊娠蛋白尿の周産期予後
    長谷川ゆり, 松田秀雄, 川上裕一, 芝崎智子, 高橋宏典, 吉田昌史, 田中雅子, 古谷健一
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 43(2) 178 2006年05月
  • パルボB19ウィルス感染胎児の羊水中エリスロポエチン,トロポニン‐T,心房性利尿ホルモン測定の意義
    吉田昌史, 松田秀雄, 川上裕一, 芝崎智子, 高橋宏典, 古谷健一
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 43(2) 201 2006年05月
  • 妊娠31週の発症し,腎不全に至った微小変化型ネフローゼ症候群の1症例
    田中雅子, 松田秀雄, 川上裕一, 芝崎智子, 高橋宏典, 長谷川ゆり, 吉田昌史, 兵頭尚美, 小原一葉, 古谷健一
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 43(2) 178 2006年05月
  • 救急蘇生室で緊急帝王切開を施行した1症例
    高橋宏典, 松田秀雄, 吉田昌史, 長谷川ゆり, 田中雅子, 芝崎智子, 川上裕一, 藤井和之, 古谷健一
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 43(2) 182 2006年05月
  • 妊産婦における麻疹抗体スクリーニング検査の検討
    早田英二郎, 松田秀雄, 坂口健一郎, 高橋宏典, 川上裕一, 古谷健一, 菊池義公
    埼玉県医学会雑誌 40(4) 458-460 2006年03月
  • P1-501 当院における精神神経疾患合併妊娠の臨床的検討(Group 67 合併症妊娠VI,一般演題,講演要旨,第58回日本産科婦人科学会学術講演会)
    高橋 宏典, 松田 秀雄, 田中 雅子, 長谷川 ゆり, 吉田 昌史, 川上 裕一, 古谷 健一
    日本産科婦人科學會雜誌 58(2) 2006年02月
  • N‐ベンジル2‐メチル‐4‐ニトロアニリン単結晶の二次非線形感受率の決定
    藤原正澄, 丸山稔, 杉崎満, 黒柳和良, 高橋宏典, 青島紳一郎, 土屋裕, 橋本秀樹
    応用物理学関係連合講演会講演予稿集 53rd(3) 1188 2006年03月
  • P1-539 子癇発症予測における高血圧脳症(PRES)の有無の重要性(Group 71 妊娠高血圧症候群I,一般演題,講演要旨,第58回日本産科婦人科学会学術講演会)
    川上 裕一, 松田 秀雄, 芝崎 智子, 高橋 宏典, 吉田 昌史, 古谷 健一
    日本産科婦人科學會雜誌 58(2) 2006年02月
  • 産婦人科 インフォームド・コンセントの実際 19.産じょく子宮止血処置としての選択的子宮動脈塞栓術
    高橋宏典, 松田秀雄, 古谷健一
    産科と婦人科 73 97-99 2006年03月
  • P1-614 過去10年における母体サイトメガロウイルス抗体保有率の変化(Group 81 周産期感染症II,一般演題,講演要旨,第58回日本産科婦人科学会学術講演会)
    芝崎 智子, 松田 秀雄, 川上 裕一, 高橋 宏典, 吉田 昌史, 笹 秀典, 古谷 健一
    日本産科婦人科學會雜誌 58(2) 2006年02月
  • 極超短パルスが開く新しい世界 極超短パルス光を利用したテラヘルツ波の発生・計測=有機非線形光学結晶BNAからのTHz波発生と周波数ドメイン分光法=
    高橋宏典, 黒柳和良, 青島紳一郎, 藤原正澄, 橋本秀樹
    光アライアンス 17(3) 13-17 2006年03月
  • P2-354 妊娠中期の胎胞形成例における羊水除去緊急頸管縫縮術(ECAD: Emergency Cerclage with Amnion Drainage)の成績(Group 160 早産I,一般演題,講演要旨,第58回日本産科婦人科学会学術講演会)
    吉田 昌史, 松田 秀雄, 川上 裕一, 芝崎 智子, 高橋 宏典, 古谷 健一
    日本産科婦人科學會雜誌 58(2) 2006年02月
  • 過去10年における母体サイトメガロウイルス抗体保有率の変化
    芝崎智子, 松田秀雄, 川上裕一, 高橋宏典, 吉田昌史, 笹秀典, 古谷健一
    日本産科婦人科学会雑誌 58(2) 575 2006年02月
  • 症候性パルボウイルス感染胎児水腫にたいする胎児腹腔内B19高力価γグロブリン投与による胎内治療(症例報告)
    松田秀雄, 坂口健一郎, 芝崎智子, 高橋宏典, 川上裕一, 古谷健一
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 15(1) S.51-S.52-51"-"S-52" 2005年06月
  • 当院における精神神経疾患合併妊娠の臨床的検討
    高橋宏典, 松田秀雄, 田中雅子, 長谷川ゆり, 吉田昌史, 川上裕一, 古谷健一
    日本産科婦人科学会雑誌 58(2) 537 2006年02月
  • 妊娠中期の胎胞形成例における羊水除去緊急頚管縫縮術(ECAD:Emergency Cerclage with Amnion Drainage)の成績
    吉田昌史, 松田秀雄, 川上裕一, 芝崎智子, 高橋宏典, 古谷健一
    日本産科婦人科学会雑誌 58(2) 709 2006年02月
  • 子かん発症予測における高血圧脳症(PRES)の有無の重要性
    川上裕一, 松田秀雄, 芝崎智子, 高橋宏典, 吉田昌史, 古谷健一
    日本産科婦人科学会雑誌 58(2) 550 2006年02月
  • 妊娠中期の胎胞形成例における緊急頚管縫縮術の成績
    吉田昌史, 松田秀雄, 川上裕一, 高橋宏典, 古谷健一
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 42(3) 352 2005年08月
  • 脊椎損傷合併妊娠4症例の分娩管理
    高橋宏典, 松田秀雄, 吉田昌史, 川上裕一, 古谷健一
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 42(3) 338 2005年08月
  • 妊娠中期の胎胞形成例における緊急頚管縫縮術の成績
    吉田昌史, 松田秀雄, 川上裕一, 坂口健一郎, 岡本三四郎, 高橋宏典, 古谷健一
    日本周産期・新生児医学会雑誌 41(2) 326 2005年06月
  • 過去15年の後方視的検討により明らかとなった分娩週数・初産経産別の分娩誘発のリスク
    川上裕一, 松田秀雄, 高橋宏典, 岡本三四郎, 坂口健一郎, 菊池義公, 古谷健一, 村上真紀
    日本周産期・新生児医学会雑誌 41(2) 319 2005年06月
  • 帝王切開時突然心停止を呈したが,母児ともに救命しえた硬膜外麻酔ショックの1症例
    岡本三四郎, 松田秀雄, 川上裕一, 坂口健一郎, 高橋宏典, 古谷健一, 石渡隆寛
    日本周産期・新生児医学会雑誌 41(2) 321 2005年06月
  • 産じょく出血に対する子宮動脈塞栓(Uterine Artrial Embolization:UAE)の検討
    高橋宏典, 松田秀雄, 坂口健一郎, 岡本三四郎, 川上裕一, 古谷健一
    日本周産期・新生児医学会雑誌 41(2) 320 2005年06月
  • パルボウィルスB19胎内感染症―4症例の比較
    坂口健一郎, 松田秀雄, 川上裕一, 高橋宏典, 菊池義公, 古谷健一
    日本周産期・新生児医学会雑誌 41(2) 290 2005年06月
  • 臍帯穿刺用25ゲージ針の開発と安全性の評価(胎児・新生児IV, 第57回日本産科婦人科学会学術講演会)
    川上 裕一, 松田 秀雄, 坂口 健一郎, 芝崎 智子, 高橋 宏典, 鈴木 嘉穂, 早田 英二郎, 古谷 健一, 菊池 義公
    日本産科婦人科學會雜誌 57(2) 2005年02月
  • ウイルス性胎児水腫に対する特定ウイルス抗体高力価γグロブリン胎児腹腔内投与の有用性(胎児・新生児IV, 第57回日本産科婦人科学会学術講演会)
    坂口 健一郎, 松田 秀雄, 川上 裕一, 芝崎 智子, 高橋 宏典, 早田 英二郎, 古谷 健一, 菊池 義公
    日本産科婦人科學會雜誌 57(2) 2005年02月
  • 恒久的下大静脈フィルターを留置した産じょく期深部静脈血栓症の1例
    高橋宏典, 水本賀文, 工藤一弥, 勝然秀一
    防衛衛生 52(5/6) 89-94 2005年05月
  • 侵入胎盤・穿通胎盤に対する子宮動脈塞栓術の効果(周産期症例V, 第57回日本産科婦人科学会学術講演会)
    高橋 宏典, 松田 秀雄, 坂口 健一郎, 芝崎 智子, 吉永 洋輔, 高野 政志, 古谷 健一, 菊池 義公
    日本産科婦人科學會雜誌 57(2) 2005年02月
  • 子宮動脈塞栓(uterine arterial embolization:UAE)により自然娩出した侵入胎盤の1例
    高橋宏典, 松田秀雄, 芝崎智子, 早田英二郎, 坂口健一郎, 川上裕一, 菊池義公, 古谷健一
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 42(2) 207 2005年05月
  • 妊産婦における麻疹抗体スクリーニング検査の検討(感染症III, 第57回日本産科婦人科学会学術講演会)
    早田 英二郎, 松田 秀雄, 坂口 健一郎, 高橋 宏典, 川上 裕一, 笹 秀典, 古谷 健一, 菊池 義公
    日本産科婦人科學會雜誌 57(2) 2005年02月
  • γグロブリンによる胎児治療を行ったヒトパルボウイルスB19感染による胎児水腫の1例
    野崎昌俊, 石渡隆寛, 高橋宏典, 松田秀雄, 浅野優, 野々山恵章
    日本小児科学会雑誌 109(2) 130 2005年02月
  • 侵入胎盤・穿通胎盤に対する子宮動脈塞栓術の効果
    高橋宏典, 松田秀雄, 坂口健一郎, 芝崎智子, 吉永洋輔, 高野政志, 古谷健一, 菊池義公
    日本産科婦人科学会雑誌 57(2) 747 2005年02月
  • 当院における腹腔鏡下手術の現況と中小規模施設での腹腔鏡下手術の継続のあり方
    水本賀文, 高橋宏典, 古谷健一, 村上充剛, 寿円裕康
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 19(2) 65-67 2003年12月
  • 症例報告 恒久的下大静脈フィルターを留置した産褥期深部静脈血栓症の1例
    高橋 宏典, 水本 賀文, 工藤 一弥
    防衛衛生 52(5) 89-94 2005年
  • さい帯穿刺用25ゲージ針の開発と安全性の評価
    川上裕一, 松田秀雄, 坂口健一郎, 芝崎智子, 高橋宏典, 鈴木嘉穂, 早田英二郎, 古谷健一, 菊池義公
    日本産科婦人科学会雑誌 57(2) 545 2005年02月
  • 妊娠期の塩味覚の変動と塩分摂取量の関係
    水本賀文, 奥山輝明, 高橋宏典, 船橋宏幸
    日本臨床栄養学会雑誌 25(1) 1-4 2003年09月
  • ウィルス性胎児水腫に対する特定ウィルス抗体高力価γグロブリン胎児腹腔内投与の有用性
    坂口健一郎, 松田秀雄, 川上裕一, 芝崎智子, 高橋宏典, 早田英二郎, 古谷健一, 菊池義公
    日本産科婦人科学会雑誌 57(2) 545 2005年02月
  • 妊産婦における麻疹抗体スクリーニング検査の検討
    早田英二郎, 松田秀雄, 坂口健一郎, 高橋宏典, 川上裕一, 笹秀典, 古谷健一, 菊池義公
    日本産科婦人科学会雑誌 57(2) 765 2005年02月
  • 心電図 波形見きわめ完全ガイド
    徳野慎一, 中家和宏, 田中伸享, 高橋宏典
    Expert Nurse 20(14) 113P 2004年11月
  • 茎捻転による急性腹症で発見された腹膜線維性中皮腫の1症例
    高橋宏典, 工藤一弥, 吉田昌史, 酒井優, 水本賀文
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 41(4) 315-319 2004年11月
  • 骨盤内未分化癌(神経内分泌癌)の一例
    斉藤恵子, 喜多恒和, 高野政志, 工藤一弥, 高橋宏典, 水本賀文, 酒井優, 猛尾弘照, 菊池義公
    日本婦人科腫よう学会雑誌 22(3) 259 2004年06月
  • 産科救急における子宮動脈塞栓術(UAE)の臨床的検討
    古谷健一, 松田秀雄, 川上裕一, 芝崎智子, 坂口健一郎, 岡本三四郎, 高橋宏典, 鈴木嘉穂, 菊池義公
    日本周産期・新生児医学会雑誌 40(2) 434 2004年06月
  • 13-6.妊娠中の糖代謝異常におけるコレステロール系の動態について(第60群 妊娠・分娩・産褥期12)(一般講演)
    高橋 宏典, 水本 賀文, 吉田 昌史, 川上 裕一, 斉藤 恵子, 船橋 宏幸, 奥山 輝明
    日本産科婦人科學會雜誌 56(2) 2004年02月
  • 25ゲージ針の開発による胎児採血の安全性の向上
    松田秀雄, 川上裕一, 芝崎智子, 坂口健一郎, 岡本三四郎, 高橋宏典, 鈴木嘉穂, 古谷健一, 菊池義公
    日本周産期・新生児医学会雑誌 40(2) 370 2004年06月
  • 13-13.妊産婦における体重増加と味覚の変化(第61群 妊娠・分娩・産褥期13)(一般講演)
    水本 賀文, 高橋 宏典, 吉田 昌史, 斉藤 恵子, 川上 裕一, 奥山 輝明
    日本産科婦人科學會雜誌 56(2) 2004年02月
  • 当院における妊婦の耐糖能スクリーニングと耐糖能異常妊婦の現状
    高橋宏典, 水本賀文, 工藤一弥, 提坂敏昭
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 41(1) 41-46 2004年03月
  • 31-5.重症妊娠中毒症における母体脳MRI異常の分析(第152群 妊娠・分娩・産褥期35)(一般演題)
    坂口 健一郎, 松田 秀雄, 川上 裕一, 芝崎 智子, 高橋 宏典, 吉田 昌史, 古谷 健一, 菊池 義公
    日本産科婦人科學會雜誌 56(2) 2004年02月
  • 妊娠に合併した卵巣Sertoli‐Leydig cell tumorの1例
    藤井和之, 水本賀文, 高橋宏典, 秦俊昭, 酒井優, 提坂敏昭
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 41(1) 47-50 2004年03月
  • 妊娠中の糖代謝異常におけるコレステロール系の動態について
    高橋宏典, 水本賀文, 吉田昌史, 川上裕一, 斉藤恵子, 船橋宏幸, 奥山輝明
    日本産科婦人科学会雑誌 56(2) 483 2004年02月
  • 妊産婦における体重増加と味覚の変化
    水本賀文, 高橋宏典, 吉田昌史, 斉藤恵子, 川上裕一, 奥山輝明
    日本産科婦人科学会雑誌 56(2) 486 2004年02月
  • 重症妊娠中毒症における母体脳MRI異常の分析
    坂口健一郎, 松田秀雄, 川上裕一, 芝崎智子, 高橋宏典, 吉田昌史, 古谷健一, 菊池義公
    日本産科婦人科学会雑誌 56(2) 687 2004年02月
  • Early clinical evaluation of the Cosgrove-Edwards prosthetic heart valve ring
    Y. Misawa, T. Saito, H. Konishi, S. Oki, Y. Kaminishi, K. Aizawa, H. Takahashi, O. Kamisawa, M. Kato, K. Fuse
    Journal of Artificial Organs 5 184-187 2002年11月
  • 経皮的臍帯採血で明らかになった血小板減少性血液疾患合併妊娠の周産期管理の問題点
    松田 秀雄, 古谷 健一, 川上 裕一, 斉藤 恵子, 高橋 宏典, 菊池 義公
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 = The Japanese journal of obstetrical, gynecological & neonatal hematology 12(1) "S-51"-"S-52" 2002年05月
  • 重症妊娠中毒症における母体脳MRI検査―第2報―
    坂口健一郎, 松田秀雄, 芝崎智子, 高橋宏典, 吉田昌史, 川上裕一, 古谷健一, 菊池義公
    日本妊娠中毒症学会雑誌 11 192-193 2003年12月
  • 抗Jra抗体による血液型不適合妊娠に対する胎児輸血の効果
    高橋宏典, 松田秀雄, 川上裕一, 佐々木直樹, 古谷健一, 菊池義公
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 12(1) S.57-57 2002年05月
  • 産褥における母体血液凝固能について : 特に分娩後7日以内の早期において
    提坂 敏昭, 水本 賀文, 高橋 宏典, 奥山 輝明
    日本バイオレオロジー学会年会抄録集 26 2003年06月
  • 卵巣甲状腺腫性カルチノイドの1例
    高橋宏典, 工藤一弥, 水本賀文, 提坂敏昭, 酒井優
    日本産科婦人科学会東京地方部会会誌 52(2) 222-226 2003年06月
  • 症例 PMXが著効したがVCMによるred man症候群を呈した産褥MRSA敗血症性ショックの1症例
    高橋 宏典, 松田 秀雄, 川上 裕一
    周産期医学 33(6) 777-780 2003年06月
  • PMXが著効したがVCMによるred man症候群を呈した産じょくMRSA敗血症性ショックの1症例
    高橋宏典, 松田秀雄, 川上裕一, 斉藤恵子, 古谷健一, 菊池義公
    周産期医学 33(6) 777-780 2003年06月
  • 当院における経皮的臍帯血採血(PUBS)の現状
    松田 秀雄, 川上 裕一, 芝崎 智子, 高橋 宏典, 吉田 昌史, 古谷 健一, 菊池 義公
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 = The Japanese journal of obstetrical, gynecological & neonatal hematology 13(1) "S-79"-"S-80" 2003年05月
  • 産じょくにおける母体血液凝固能について―特に分娩後7日以内の早期において―
    提坂敏昭, 水本賀文, 高橋宏典, 奥山輝明
    日本バイオレオロジー学会年会プログラム・抄録集 26th 60 2003年06月
  • 妊産婦における味覚の変化と塩分制限についての検討(第40群 妊娠・分娩・産褥13)
    水本 賀文, 高橋 宏典, 工藤 一弥, 提坂 敏昭, 奥山 輝明
    日本産科婦人科學會雜誌 55(2) 2003年02月
  • 溶血を伴うDICにおける血液凝固促進について(第116群 その他1)
    船橋 宏幸, 提坂 敏昭, 水本 賀文, 工藤 一弥, 高橋 宏典, 奥山 輝明
    日本産科婦人科學會雜誌 55(2) 2003年02月
  • 当院における経皮的さい帯血採血(PUBS)の現状
    松田秀雄, 川上裕一, 芝崎智子, 高橋宏典, 吉田昌史, 古谷健一, 菊池義公
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 13(1) S.79-S.80 2003年05月
  • 妊娠中のコレステロール系の動態と耐糖能異常症例との関連について(第149群 妊娠・分娩・産褥28)
    高橋 宏典, 水本 賀文, 船橋 宏幸, 工藤 一弥, 提坂 敏昭, 奥山 輝明
    日本産科婦人科學會雜誌 55(2) 2003年02月
  • 妊婦における耐糖能異常と脂質代謝との関連について
    船橋宏幸, 水本賀文, 高橋宏典, 藤井和之, 提坂敏昭, 奥山輝明
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 40(1) 73-76 2003年03月
  • 妊娠中のコレステロール系の動態と耐糖能異常症例との関連について
    高橋宏典, 水本賀文, 船橋宏幸, 工藤一弥, 提坂敏昭, 奥山輝明
    日本産科婦人科学会雑誌 55(2) 452 2003年02月
  • 溶血を伴うDICにおける血液凝固促進について
    船橋宏幸, 提坂敏昭, 水本賀文, 工藤一弥, 高橋宏典, 奥山輝明
    日本産科婦人科学会雑誌 55(2) 396 2003年02月
  • 妊産婦における味覚の変化と塩分制限についての検討
    水本賀文, 高橋宏典, 工藤一弥, 提坂敏昭, 奥山輝明
    日本産科婦人科学会雑誌 55(2) 249 2003年02月
  • 高悪性度子宮内膜間質肉腫の細胞像
    笹秀典, 高橋宏典, 高野政志, 喜多恒和, 菊池義公, 安斎幹雄, 波多野弁, 緒方衛, 玉井誠一
    埼玉県医学会雑誌 37(5) 567-569 2003年01月
  • 免疫抑制剤投与時の胎児血中シクロスポリン濃度測定とその意義
    川上裕一, 松田秀雄, 高橋宏典, 窪智宏, 古谷健一, 菊池義公
    日本新生児学会雑誌 38(2) 457 2002年06月
  • サイトメガロウイルス(CMV)感染胎児に対する胎内治療と治療効果判定
    松田秀雄, 古谷健一, 川上裕一, 高橋宏典, 窪智宏, 菊池義公
    日本新生児学会雑誌 38(2) 293 2002年06月
  • 胎児輸血により血しょう交換を回避できた抗Jra抗体陽性による血液型不適合妊娠の1症例
    高橋宏典, 松田秀雄, 川上裕一, 窪智宏, 古谷健一, 菊池義公
    日本新生児学会雑誌 38(2) 388 2002年06月
  • バンコマイシン低感受性MRSA(vancomycin‐intermediate resistant Staphylococcus aureus; VISA)による難治性産じょく敗血症性ショックの一例
    高橋宏典, 松田秀雄, 川上裕一, 斉藤恵子, 古谷健一, 菊池義公
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 39(2) 172 2002年05月
  • 192 サイトメガロウィルス(CMV)感染胎児に対する胎内治療とCMV-DNA定量PCR法による治療効果判定の有用性
    松田 秀雄, 古谷 健一, 斉藤 恵子, 川上 裕一, 高橋 宏典, 岡本 三四郎, 菊池 義公
    日本産科婦人科學會雜誌 54(2) 2002年02月
  • 胎児輸血により新生児期の血しょう交換を回避できた抗Jra抗体陽性血液型不適合妊娠の1症例
    川上裕一, 松田秀雄, 高橋宏典, 斉藤恵子, 佐々木直樹, 古谷健一, 菊池義公
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 39(2) 179 2002年05月
  • 経皮的さい帯採血で明らかになった血小板減少性血液疾患合併妊婦の周産期管理の問題点
    松田秀雄, 古田健一, 川上裕一, 斉藤恵子, 高橋宏典, 菊池義公
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 12(1) S.51-S.52 2002年05月
  • サイトメガロウィルス(CMV)感染胎児に対する胎内治療とCMV‐DNA定量PCR法による治療効果判定の有用性
    松田秀雄, 古谷健一, 斉藤恵子, 川上裕一, 高橋宏典, 岡本三四郎, 菊池義公
    日本産科婦人科学会雑誌 54(2) 306(S.220) 2002年02月
  • 鼻症状を欠き腎小動脈りゅうを認めたWegener肉芽腫症(WG)の1例
    高橋宏典, 清水潤, 稲津昭仁, 大嶋智, 清水栄一, 志和池成世, 久保田孝雄
    日本腎臓学会誌 43(6) 546 2001年08月
  • 急性胃拡張を呈したCrow‐Fukase症候群の2例
    久保田孝雄, 清水潤, 稲津昭仁, 大嶋智, 高橋宏典, 清水栄一, 志和池成世
    日本腎臓学会誌 43(6) 533 2001年08月
  • アナフィラキシー様症状を呈したコレステロール塞栓症(CE)の1救命例
    清水潤, 稲津昭仁, 大嶋智, 高橋宏典, 清水栄一, 志和池成世, 久保田孝雄
    日本腎臓学会誌 43(6) 535 2001年08月
  • 糖尿病性慢性腎不全透析妊婦における血清sFlt-1、PlGF及びsEng変化
    森澤 宏行, 大口 昭英, 高橋 宏典, 小古山 学, 猿山 美幸, 平嶋 周子, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 52(2) 503-503 2016年06月
  • 癒着胎盤に伴う子宮全摘において出血量に関与する因子の検討
    高橋 宏典, 堀江 健司, 小林 真実, 小古山 学, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 52(2) 664-664 2016年06月
  • 妊娠高血圧腎症ハイリスク妊婦における妊娠中の末梢血中のCD4+FoxP3+制御性T細胞の変化
    永山 志穂, 大口 昭英, 高橋 佳代, 小林 真美, 廣瀬 典子, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 平嶋 周子, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 52(2) 671-671 2016年06月
  • 母児間輸血症候群と周郭胎盤の合併 症例報告
    堀江 健司, 高橋 宏典, 桑田 知之, 坂本 有希, 齋藤 こよみ, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 52(2) 743-743 2016年06月
  • Pregnancy complicated by congenital antithrombin deficiency: A case report, with special reference to placental thrombus formation
    Hironori Takahashi, Takashi Watanabe, Takashi Watanabe, Rie Usui, Hiroki Imada, Yukiko Mukoda, Shigeki Matsubara
    Gazzetta Medica Italiana Archivio per le Scienze Mediche 175 113-117 2016年03月
  • P2-20-1 経腟探触子のHPV汚染 : 現状調査とHPV汚染防御の試み(Group20 感染症1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    桑田 知之, 高橋 宏典, 市塚 清健, 名取 道也, 松原 茂樹
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • P2-35-2 絨毛外栄養膜細胞に発現している長鎖non-coding RNAの次世代シーケンス解析(Group35 胎盤1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    瀧澤 俊広, 高橋 宏典, 桑田 知之, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • P2-53-5 子宮動脈仮性動脈瘤50例の検討 : extravasation (-)例の特徴(Group53 妊娠・分娩の病理1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    馬場 洋介, 松原 茂樹, 桑田 知之, 大口 昭英, 薄井 里英, 高橋 宏典, 鈴木 寛正, 廣瀬 典子, 永山 志穂, 小古山 学, 猿山 美幸, 平嶋 洋斗
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • P3-41-3 妊娠中発症の多発性筋炎・切迫早産例(Group106 合併症妊娠8,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    小古山 学, 小林 由香子, 高橋 宏典, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • P3-52-6 妊娠後期前半の血清LIGHTを用いた妊娠高血圧腎症の発症予知(Group 117 妊娠高血圧症候群3,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    平嶋 周子, 大口 昭英, 高橋 佳代, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • P3-52-7 白衣高血圧及び真性高血圧における妊娠高血圧腎症発生率(Group 117 妊娠高血圧症候群3,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
    大口 昭英, 高橋 佳代, 猿山 美幸, 平嶋 周子, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科學會雜誌 68(2) 2016年02月
  • 母体腹腔内出血を示したビタミンK欠乏症合併重症妊娠悪阻
    橋本 真美, 馬場 洋介, 森澤 宏行, 齋藤 こよみ, 小古山 学, 永山 志穂, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    関東連合産科婦人科学会誌 53(3) 382-382 2016年08月
  • 【周産期医学必修知識第8版】 産科編 帝王切開
    高橋 宏典, 松原 茂樹
    周産期医学 46(増刊) 380-382 2016年12月
  • 【周産期医学必修知識第8版】 母子保健編 妊娠中、授乳中の薬の使い方
    高橋 宏典, 松原 茂樹
    周産期医学 46(増刊) 1132-1135 2016年12月
  • 妊娠高血圧症候群の病因論 ブラックボックスにいどむ 妊娠高血圧症候群の病態におけるnon-coding RNAの関与
    瀧澤 俊広, Banyar Than Naing, 高橋 宏典, 大口 昭英, 竹下 俊行, 齋藤 滋
    日本妊娠高血圧学会雑誌 23 36-36 2016年09月
  • 母体腹腔内出血を示したビタミンK欠乏症合併重症妊娠悪阻
    橋本 真美, 馬場 洋介, 森澤 宏行, 齋藤 こよみ, 小古山 学, 永山 志穂, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    関東連合産科婦人科学会誌 53(3) 382-382 2016年08月
  • サイナソイダルパターンが出現した胎児先天性心疾患 症例報告
    杉山 瑞穂, 永山 志穂, 薄井 里英, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 浅野 歩未, 高橋 宏典, 桑田 知之, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(43) 15-17 2017年03月
  • 新生児ヘモクロマトーシス児分娩既往妊婦に対する次回妊娠時の胎児大量ガンマグロブリン療法のIgG血中動態と有害事象調査 国内既実施8例において
    佐々木 愛子, 本村 健一郎, 天雲 千晶, 田中 宏和, 秦 利之, 高倉 正博, 藤原 浩, 高橋 宏典, 薄井 里英, 松原 茂樹, 左合 治彦
    日本産科婦人科学会雑誌 69(2) 655-655 2017年02月
  • ヒト栄養膜細胞の絨毛外栄養膜細胞への分化においてDLK1-DIO3領域のRNA発現は低下する
    瀧澤 俊広, バニャー・タンナイン, 高橋 宏典, 桑田 知之, 大口 昭英, 竹下 俊行, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 69(2) 754-754 2017年02月
  • 前置胎盤帝王切開 既往帝王切開回数および既往子宮内容除去術回数と母児周産期予後との関連
    馬場 洋介, 高橋 宏典, 桑田 知之, 大口 昭英, 薄井 里英, 鈴木 寛正, 永山 志穂, 小古山 学, 新井 良子, 田村 昴平, 成見 莉沙, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 69(2) 761-761 2017年02月
  • 内子宮口に接する胎盤辺縁が、胎盤実質の場合と辺縁静脈洞の場合との周産期予後比較 辺縁前置胎盤91例の検討
    平嶋 洋斗, 馬場 洋介, 高橋 宏典, 桑田 知之, 大口 昭英, 薄井 里英, 鈴木 寛正, 廣瀬 典子, 森澤 宏行, 斎藤 こよみ, 小林 真実, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 69(2) 762-762 2017年02月
  • 子宮摘出を要する癒着胎盤予知因子 24例の後方視的研究
    永山 志穂, 桑田 知之, 小林 真実, 小古山 学, 鈴木 寛正, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 69(2) 762-762 2017年02月
  • 妊産婦の深部静脈血栓症・肺塞栓症 単施設22例の検討
    大橋 麻衣, 高橋 宏典, 堀江 健司, 今井 賢, 斎藤 こよみ, 永山 志穂, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 大口 昭英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 69(2) 871-871 2017年02月
  • 常位胎盤早期剥離に伴う危機的出血に対する異型輸血搬送 症例報告
    坂本 有希, 若松 修平, 高橋 宏典, 桑田 知之, 小古山 学, 佐野 美穂, 薄井 里英, 今吉 真由美, 岡島 毅, 斉藤 裕, 小沼 誠一, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 69(2) 906-906 2017年02月
  • 妊娠前body mass index(BMI)及び妊娠中の体重増加と妊娠高血圧症候群の発症
    鈴木 寛正, 大口 昭英, 永山 志穂, 小古山 学, 平嶋 周子, 高橋 佳代, 高橋 宏典, 馬場 洋介, 桑田 知之, 薄井 里英, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 69(2) 990-990 2017年02月
  • 静脈管欠損(extrahepatic drainage type)と肝部分欠損との合併例
    堀江 健司, 高橋 宏典, 新井 美幸, 馬場 洋介, 小林 真実, 高橋 佳代, 桑田 知之, 松原 茂樹
    日本産科婦人科学会雑誌 69(2) 1016-1016 2017年02月
  • サイナソイダルパターンが出現した胎児先天性心疾患 症例報告
    杉山 瑞穂, 永山 志穂, 薄井 里英, 鈴木 寛正, 馬場 洋介, 浅野 歩未, 高橋 宏典, 桑田 知之, 大口 昭英, 松原 茂樹
    栃木県母性衛生学会雑誌: とちぼ(43) 15-17 2017年03月

受賞

  • 2016年04月 日本産科婦人科学会 International Session Encouragement Award The differential expression of microRNA between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells: PCR array-based approach
  • 2015年04月 日本産科婦人科学会 優秀論文賞 Extravillous trophoblast cell invasion is promoted by the CD44-hyaluronicacid interaction
  • 2014年04月 日本産科婦人科学会学術講演会 優秀演題賞 CD44を介した絨毛外栄養膜細胞の浸潤調節機構の解明
  • 2012年09月 国際胎盤学会 YK Loke New Investigator Award CD44 accelerates trophoblastic invasion: in vitro invasion analysis using HTR8/SVneo cell
  • 2008年06月 日本産科婦人科学会関東連合地方部会 学術奨励賞 胎児軽度脳室拡大の検討
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2016年04月 日本産科婦人科学会 International Session Encouragement Award The differential expression of microRNA between human first trimester villous and extravillous trophoblast cells: PCR array-based approach
  • 2015年04月 日本産科婦人科学会 優秀論文賞 Extravillous trophoblast cell invasion is promoted by the CD44-hyaluronicacid interaction
  • 2014年04月 日本産科婦人科学会学術講演会 優秀演題賞 CD44を介した絨毛外栄養膜細胞の浸潤調節機構の解明
  • 2012年09月 国際胎盤学会 YK Loke New Investigator Award CD44 accelerates trophoblastic invasion: in vitro invasion analysis using HTR8/SVneo cell
  • 2008年06月 日本産科婦人科学会関東連合地方部会 学術奨励賞 胎児軽度脳室拡大の検討


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.