研究者総覧

川平 洋 (カワヒラ ヒロシ)

  • メディカルシミュレーションセンター 教授
メールアドレス: kawahirajichi.ac.jp
Last Updated :2021/12/08

研究者情報

学位

  • 博士(医学)(千葉大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 90447285

ORCID ID

J-Global ID

研究分野

  • ライフサイエンス / 生体医工学
  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学

経歴

  • 2018年04月 - 現在  自治医科大学メディカルシミュレーションセンターセンター長
  • 2010年04月 - 2018年03月  千葉大学フロンティア医工学センター准教授
  • 2009年04月 - 2010年03月  千葉大学大学院 医学研究院 先端応用医学研究部門 先端応用医学講座助教
  • 2006年06月 - 2009年03月  千葉大学医学部附属病院食道・胃腸外科助教
  • 2006年07月 - 2006年10月  千葉大学大学院 医学研究院 先端応用医学研究部門 先端応用医学講座COE フェロー
  • 2005年01月 - 2006年06月  カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校ラ氏島研究センターポスドク
  • 2001年07月 - 2004年12月  カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校糖尿病センターポスドク
  • 1999年06月 - 2001年05月  国立研究開発法人国立がん研究センター肝膵胆外科がん専門修練医
  • 1995年04月 - 1999年03月  千葉大学大学院 医学研究院大学院生
  • 1994年04月 - 1995年03月  鴨川市立国保病院外科医員
  • 1993年04月 - 1994年03月  千葉社会保険病院外科医員
  • 1992年04月 - 1993年03月  千葉大学医学部附属病院第二外科研修医

学歴

  • 1995年04月 - 1999年03月   千葉大学   大学院医学研究科
  • 1986年04月 - 1992年03月   千葉大学   医学部

研究活動情報

論文

  • Yoshitaka Maeda, Kosuke Oiwa, Shiro Matsumoto, Akio Nozawa, Hiroshi Kawahira
    Applied Ergonomics 96 103474 - 103474 2021年10月
  • Yuji Kaneda, Yuki Kimura, Akira Saito, Hideyuki Ohzawa, Ryusuke Ae, Hiroshi Kawahira, Alan K Lefor, Naohiro Sata
    Cureus 13 9 e18238  2021年09月 
    Introduction Although new techniques and devices have been introduced, the incidence of postoperative pancreatic fistula (POPF) after distal pancreatectomy remains high. To reduce the risk of POPF, we developed an innovative ligation band and conducted this pilot study to assess the possibility of reducing the incidence of POPF and pancreatic necrosis after distal pancreatectomy. Methods Distal pancreatectomy was performed in three pigs. In two animals, ligation of the pancreas was performed while maintaining arterial blood flow to the stump, and in one animal, the arterial blood flow was occluded. After ligation, the pancreas was sharply divided. Animals were sacrificed seven days later, and the remnant pancreas was assessed histologically. POPF was defined as amylase in ascites > 3x the preoperative serum amylase level. The following equation was used to quantify the extent of necrotic tissue: necrotic tissue residual rate = necrotic tissue area/ cross-sectional area. Results All animals survived, and no POPF developed. For two animals in which arterial blood flow to the stump was maintained, necrotic tissue residual rates at the ligation line were 24% and 31%. At the pancreatic stump, necrotic tissue residual rates were 37% and 50%. In the animal in which arterial blood flow to the stump was occluded, the necrotic tissue residual rate at the ligation line was 83% and that at the pancreatic stump was 78%, both higher than that in animals in which arterial blood flow was maintained. In all animals, there was no injury to pancreatic tissue at the ligation line. Conclusion The pancreas ligation band can potentially prevent POPF after distal pancreatectomy by atraumatic ligation, and the band ligates the pancreatic stump while maintaining arterial blood flow and limiting pancreatic necrosis.
  • Yoshitaka Maeda, Yoshikazu Asada, Yoshihiko Suzuki, Akihiro Watanabe, Satoshi Suzuki, Hiroshi Kawahira
    The Asia Pacific Scholar 6 2 78 - 87 2021年05月 
    Introduction: Students in the early years of medical school should learn clinical site risk assessment skills. However, the effect of this training on clinically inexperienced students is not clear, and it is difficult for students to predict risks from a wide range of perspectives. This study aims to develop and implement three patterns of safety walk rounds (SWR) in a class of students with no clinical experience. Methods: Three types of SWR were conducted: (A) 37 students observed a familiar classroom and predicted safety risks; (B) 39 students created a profile of a fictitious student in advance and then used Type A parameters; (C) 100 students participated. First, Type A was conducted as a practice. Next, students observed a hospital and predicted risks. All participants in Types A to C had no clinical experience. We classified all risks into perception, comprehension, and action. Results: For each safety walk-round, there were two types of risk prediction. In Type A, risks such as perception and comprehension were more than 80%. In Types B and C, action risks were 60%. Students had little experience in observing facilities and none at finding safety risks. Conclusion: Each method had a different risk prediction tendency. Combining the methods could enable students to acquire comprehensive skills in assessing hidden environmental patient safety risks.
  • Yoshikazu Asada, Hitoaki Okazaki, Naohiro Sata, Hiroshi Kawahira, Shinichi Yamamoto, Yasushi Matsuyama
    International Journal of Institutional Research and Management 5 1 30 - 44 2021年
  • Hiroshi Kawahira, Ryoichi Nakamura, Yoshihiro Shimomura, Takashi Oshiro, Shinichi Okazumi, Alan K Lefor
    Asian journal of endoscopic surgery 14 1 144 - 148 2021年01月 
    Surgeons have increased physical stress during laparoscopic surgery due to operative site constraints. We developed a wearable device to reduce the physical stress on surgeons' lower extremities. The device mechanically facilitates maintaining a near-upright posture. The surgeon's knees are gently bent by a knee-joint locking mechanism, and fixing and releasing are performed independently on each side. The subjects were one female and two male surgeons, who wore the device during laparoscopic inguinal hernia repair or high anterior resection. Surface electromyogram (EMG) was conducted for both iliopsoas muscles. Control values were determined with the subject not wearing the device. Participants completed a post-procedure questionnaire. With the device, EMG activity had a tendency to decrease in the left iliopsoas muscle (P = .055), but it changed little on the right (P = .406). The post-procedure questionnaire showed an overall positive impression, although subjects reported some difficulty walking. This device decreases EMG activity and may improve a surgeon's work environment.
  • 淺田 義和, 前田 佳孝, 鈴木 義彦, 川平 洋, 菊地 元史
    医学教育 51 6 685 - 689 (一社)日本医学教育学会 2020年12月 
    背景:近年、国内外において、脱出ゲーム(ER)を用いた教育実践が増加している。方法:医学部1年生に対し、既存知識の確認とチームでの協力性を学習させる目的でERを用いた授業を行った。70分の授業時間のうち45分をERに用いた。パズル的な謎に加え、BLSなどのタスクも含めた運用を行った。また、最終的な回答を複数用意した分岐の導入など、学生の意欲を高めるための方策を取り入れた。結果:授業の運営を通じて、謎やストーリーの作成にかかる負荷、当日の人員確保などの課題が明らかになった。考察:ERを用いた教育実践に関しては包括的な調査が少ない。事例の整理を通じ、効果的な実践方法の検討を重ねる必要がある。(著者抄録)
  • Hirotaka Nakashima, Hiroshi Kawahira, Hiroshi Kawachi, Nobuhiro Sakaki
    Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association 23 6 1033 - 1040 2020年11月 
    BACKGROUND: Helicobacter pylori (H. pylori) eradication is required to reduce incidence related to gastric cancer. Recently, it was found that even after the successful eradication of H. pylori, an increased, i.e., moderate, risk of gastric cancer persists in patients with advanced mucosal atrophy and/or intestinal metaplasia. This study aimed to develop a computer-aided diagnosis (CAD) system to classify the status of H. pylori infection of patients into three categories: uninfected (with no history of H. pylori infection), currently infected, and post-eradication. METHODS: The CAD system was based on linked color imaging (LCI) combined with deep learning (DL). First, a validation dataset was formed for the CAD systems by recording endoscopic movies of 120 subjects. Next, a training dataset of 395 subjects was prepared to enable DL. All endoscopic examinations were recorded using both LCI and white-light imaging (WLI). These endoscopic data were used to develop two different CAD systems, one for LCI (LCI-CAD) and one for WLI (WLI-CAD) images. RESULTS: The diagnostic accuracy of the LCI-CAD system was 84.2% for uninfected, 82.5% for currently infected, and 79.2% for post-eradication status. Comparisons revealed superior accuracy of diagnoses based on LCI-CAD data relative based on WLI-CAD for uninfected, currently infected, and post-eradication cases. Furthermore, the LCI-CAD system demonstrated comparable diagnostic accuracy to that of experienced endoscopists with the validation data set of LCI. CONCLUSIONS: The results of this study suggest the feasibility of an innovative gastric cancer screening program to determine cancer risk in individual subjects based on LCI-CAD.
  • Akira Saito, Joji Kitayama, Hisanaga Horie, Koji Koinuma, Hideyuki Ohzawa, Hironori Yamaguchi, Hiroshi Kawahira, Toshiki Mimura, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    Cancer science 111 11 4012 - 4020 2020年11月 
    Accumulating evidence suggests that metformin reduces the incidence and mortality of colorectal cancer (CRC). However, underlying mechanisms have not been fully clarified. The aim of this study was to examine the pathological characteristics of resected CRC from patients treated with metformin for type 2 diabetes mellitus (DM). In total, 267 patients with DM underwent curative colectomy for Stage I-III CRC and 53 (19.9%) patients had been treated medically including metformin. Pathological N-stage was significantly lower in metformin-treated patients (P < .05) with prolonged disease-free survival (DFS) (P < .05). Immunohistochemistry showed that the densities of CD3(+) and CD8(+) tumor-infiltrating lymphocytes (TILs) in the invasive front area were significantly higher in 40 patients treated with metformin compared with propensity score matched cases without metformin (P < .05). The density of tertiary lymphoid structures (TLS) in tumor stroma was markedly increased in metformin-treated patients (P < .001). In those tumors, there were more CD68(+) tumor-associated macrophages (TAM) infiltrated (P < .05), while the ratio of CD163(+) M2-phenotype was markedly reduced (P < .001). Stromal fibrosis tended to be suppressed by metformin intake (P = .051). These findings suggested that metformin drastically changes the characteristics of infiltrating immune cells in CRC and reprograms the tumor microenvironment from immunosuppressive to immunocompetent status, which may lead to suppression of microscopic tumor spread and improve the outcomes of patients with CRC and type 2 DM.
  • Alan Kawarai Lefor, Kanako Harada, Hiroshi Kawahira, Mamoru Mitsuishi
    International journal of medical education 11 97 - 106 2020年05月 
    Objectives: To evaluate the effect of simulator fidelity on procedure skill training through a review of existing studies. Methods: MEDLINE, OVID and EMBASE databases were searched between January 1990 and January 2019. Search terms included "simulator fidelity and comparison" and "low fidelity" and "high fidelity" and "comparison" and "simulator". Author classification of low- and high-fidelity was used for non-laparoscopic procedures. Laparoscopic simulators are classified using a proposed schema. All included studies used a randomized methodology with two or more groups and were written in English. Data was abstracted to a standard data sheet and critically appraised from 17 eligible full papers. Results: Of 17 studies, eight were for laparoscopic and nine for other skill training. Studies employed evaluation methodologies, including subjective and objective measures. The evaluation was conducted once in 13/17 studies and before-after in 4/17. Didactic training only or control groups were used in 5/17 studies, while 10/17 studies included two groups only. Skill acquisition and simulator fidelity were different for the level of training in 1/17 studies. Simulation training was followed by clinical evaluation or a live animal evaluation in 3/17 studies. Low-fidelity training was not inferior to training with a high-fidelity simulator in 15/17 studies. Conclusions: Procedure skill after training with low fidelity simulators was not inferior to skill after training with high fidelity simulators in 15/17 studies. Some data suggest that the effectiveness of different fidelity simulators depends on the level of training of participants and requires further study.
  • シミュレーションセンターの予約管理システムの開発と導入による短期的影響
    前田 佳孝, 淺田 義和, 鈴木 義彦, 久野 文人, 川平 洋
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 7 1 41 - 46 日本シミュレーション医療教育学会 2019年08月 [査読無し][通常論文]
     
    自治医科大学メディカルシミュレーションセンター(以下、当SC)は年1万人以上が利用しており、予約管理を効果的・効率的に行えていないことが課題であった。また、利用者が手軽に予約できる仕組みを構築することも求められていた。そこで、当SCではオンライン予約管理システムを開発し、2018年4月より導入した。本邦の多くのシミュレーションセンター(以下、SC)においても、利用者数増加に伴い同様の課題を抱える傾向にあるが、システムの効果に言及した報告は少なく、多くのSCにとって導入のための効果判断の情報が少ない。そこで本稿では予約管理システムの導入から半年間の当SC利用者の利用形態を分析し、その短期的影響について報告する。(著者抄録)
  • シミュレーションセンターにおける予約・学習管理システムの展望 「管理者のため」から「学習者のため」のシステムへ
    淺田 義和, 前田 佳孝, 鈴木 義彦, 川平 洋
    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 7 1 68 - 71 日本シミュレーション医療教育学会 2019年08月 [査読無し][通常論文]
     
    従来、シミュレーションセンターにおける予約管理システムは管理者や教育者の支援としての位置づけが強く、(1)実施日時(2)学習者(3)教育者(4)利用シミュレータ(5)実施した手技といった要素を記録することに重きがおかれていた。こうした活用に加え、学習管理の側面をもたせることも検討可能である。この場合、Moodle等の学習管理システムで取得されることも多い(6)学習時の到達目標、ゴール(7)実際の到達度合い(8)学習を通じて得られた省察といった要素も必要となる。こうした予約・学習管理システムは、次世代の医療シミュレーション教育を実施していくうえでも、学習者と教育者、双方にとって有用となる。(著者抄録)
  • Kohei Fukuda, Takumi Kawasetsu, Hisashi Ishihara, Takato Horii, Ryoichi Nakamura, Hiroshi Kawahira, Minoru Asada
    Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Annual International Conference 2019 7140 - 7144 2019年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Laparoscopic surgery requires highly trained skills to manipulate the laparoscopic instruments. The effectiveness and efficiency of manipulation training are expected to increase by quantitatively evaluating how a series of trainee's manipulations are different from those conducted by skilled surgeons and providing feedback. However, such detailed feed- back is not available because adequate measurement systems have not been proposed to measure the precise forces applied to suture training pads without disturbing the delicate manipulations. Therefore, we proposed a sensorized suture training pad satisfying the above requirements. Three surgical residents participated in an experiment to measure time sequences of three-dimensional forces applied to the pad when executing a transfixion suture. As a result, the differences in manipulation patterns among the residents were found by dividing the transfixion operation based on the sequential force data and recorded videos.
  • Wataru Nishimoto, Hiroshi Kawahira, Yoshihiro Shimomura, Yuji Nishizawa, Masaaki Ito
    Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy 28 3 151 - 156 2019年06月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: We developed a surgical knee rest (SKR) that can be used to decrease the stress placed on the lower half of the body when surgeons work in the standing position. We tested the effectiveness of this device in the context of laparoscopic surgery. MATERIAL AND METHODS: Five healthy, right-handed male surgeons participated, and we recorded surface electromyography (sEMG) signals from the two heads of the left and right gastrocnemius (Gc) muscles during laparoscopic resections of colorectal cancer. The outcome variable was the percentage of maximum Gc muscle effort generated, reported as percent maximal isometric voluntary contraction (%MVC), and this variable was compared between surgeries performed with and without use of the SKR. Assessment covered the first 100 min of surgery, subdivided into two 50-min periods. RESULTS: Mean %MVC of the left Gc muscle for the full 100-min test period was significantly decreased when the SKR was used (p = .027, vs. SKR not used). Notably, mean %MVC of both Gc muscles was significantly decreased during the first 50 min of surgery (p = .008 and p = .0046). CONCLUSION: The SKR is useful for decreasing physical stress incurred by laparoscopic surgeons when working in the standing position.
  • Takayuki Okamoto, Takashi Ohnishi, Hiroshi Kawahira, Olga Dergachyava, Pierre Jannin, Hideaki Haneishi
    Signal, Image and Video Processing 13 2 405 - 412 2019年 [査読有り][通常論文]
  • Nao Ito, Hiroshi Kawahira, Hirotaka Nakashima, Masaya Uesato, Hideaki Miyauchi, Hisahiro Matsubara
    Oncology 96 1 44 - 50 2019年 [査読有り][通常論文]
     
    OBJECTIVE: This study aimed to use convolutional neural network (CNN), a deep learning software, to assist in cT1b diagnosis. METHODS: This retrospective study used 190 colon lesion images from 41 cases of colon endoscopies performed between February 2015 and October 2016. Unenhanced colon endoscopy images (520 × 520 pixels) with white light were used. Images included 14 cTis cases with endoscopic resection and 14 cT1a and 13 cT1b cases with surgical resection. Protruding, flat, and recessed lesions were analyzed. AlexNet and Caffe were used for machine learning. Fine tuning of data to increase image numbers was performed. Oversampling for the training images was conducted to avoid impartiality in image numbers, and learning was carried out. The 3-fold cross-validation method was used. Sensitivity, specificity, accuracy, and area under the curve (AUC) values in the receiver operating characteristic curve were calculated for each group. RESULTS: The results were the average of obtained values. With CNN learning, cT1b sensitivity, specificity, and accuracy were 67.5, 89.0, and 81.2%, respectively, and AUC was 0.871. CONCLUSION: Quantitative diagnosis is possible using an endoscopic diagnostic support system with machine learning, without relying on the skill and experience of endoscopists. Moreover, this system could be used to objectively evaluate endoscopic diagnoses.
  • Nakashima H, Kawahira H, Kawachi H, Sakaki N
    Annals of gastroenterology 31 4 462 - 468 2018年07月 [査読有り][通常論文]
  • Takumi Itoh, Hiroshi Kawahira, Hirotaka Nakashima, Noriko Yata
    Endoscopy international open 6 2 E139-E144 - E144 2018年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Background and study aims : Helicobacter pylori (HP)-associated chronic gastritis can cause mucosal atrophy and intestinal metaplasia, both of which increase the risk of gastric cancer. The accurate diagnosis of HP infection during routine medical checks is important. We aimed to develop a convolutional neural network (CNN), which is a machine-learning algorithm similar to deep learning, capable of recognizing specific features of gastric endoscopy images. The goal behind developing such a system was to detect HP infection early, thus preventing gastric cancer. Patients and methods:  For the development of the CNN, we used 179 upper gastrointestinal endoscopy images obtained from 139 patients (65 were HP-positive: ≥ 10 U/mL and 74 were HP-negative: < 3 U/mL on HP IgG antibody assessment). Of the 179 images, 149 were used as training images, and the remaining 30 (15 from HP-negative patients and 15 from HP-positive patients) were set aside to be used as test images. The 149 training images were subjected to data augmentation, which yielded 596 images. We used the CNN to create a learning tool that would recognize HP infection and assessed the decision accuracy of the CNN with the 30 test images by calculating the sensitivity, specificity, and area under the receiver operating characteristic (ROC) curve (AUC). Results:  The sensitivity and specificity of the CNN for the detection of HP infection were 86.7 % and 86.7 %, respectively, and the AUC was 0.956. Conclusions:  CNN-aided diagnosis of HP infection seems feasible and is expected to facilitate and improve diagnosis during health check-ups.
  • Takaaki Sugino, Hiroshi Kawahira, Ryoichi Nakamura
    JOURNAL OF MEDICAL IMAGING AND HEALTH INFORMATICS 7 4 780 - 787 2017年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: Surgical workflow analysis has recently been studied to optimize complex surgical processes and assist in learning of surgical skills. Two important challenges are acquiring detailed task information for the analysis without affecting the surgical environment and deriving comprehensive evaluation of a surgeon's skill and the surgical process based on the task information. Thus, the purpose of this study was to present a comprehensive method for achieving both quantification of a surgeon's skill level and comparative evaluation of the surgical process in laparoscopic surgery on the basis of navigation information only. Material and methods: Laparoscopic cholecystectomy was selected as the target surgery and the task features during the dissecting tasks, which are especially important for the procedure, were parameterized and analyzed. The proposed approach uses these parameters to quantify a surgeon's skill level based on a multiple regression analysis, and to create and compare surgical process models based on a multiple alignment algorithm. Results: A total of 37 procedures of simulated laparoscopic cholecystectomy were analyzed for validation of the proposed approach. From the experimental results, we found that the multiple regression analysis reasonably quantified the surgeons' skill levels, and that the clustering for comparison of the surgical process models reflected the features of surgical performance during the procedure. Conclusions: This study indicates the availability of navigation information for quantitatively evaluating comprehensive surgical performance during laparoscopic surgery.
  • Toshikazu Kawai, Hiroyuki Hayashi, Yuji Nishizawa, Atsushi Nishikawa, Ryoichi Nakamura, Hiroshi Kawahira, Masaaki Ito, Tatsuo Nakamura
    International journal of computer assisted radiology and surgery 12 8 1345 - 1353 2017年08月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: By integrating locally operated small surgical robots in a sterilized area, a surgeon can perform safe and accurate robotically assisted laparoscopic surgery. At present, there is no locally operated compact forceps robot that can operate within a small space while providing a wide working area on the abdominal wall. In the present study, a new spherical-coordinate manipulator with a linear telescopic rail and two circular telescopic rails that can act as a third arm for the surgeon has been developed. METHODS: A compact locally operated detachable end-effector manipulator (LODEM) was developed. This manipulator uses circular telescopic rails with linkage mechanisms for the yaw and pitch axes, and a linear telescopic rail for the insertion/extraction axis is attached to forceps. The dimensions of the manipulator are [Formula: see text] when contracted and [Formula: see text] when expanded. The positional accuracy, mechanical deflection, and backlash of the prototype were evaluated while performing simulated in vivo laparoscopic surgery. RESULTS: The positional accuracy, deflection, and backlash of the telescopic rail mechanism were 2.1, 1.8, and 5.1 mm, respectively. The manipulator could successfully handle the target and maintain stability, while the arms of the endoscope specialist were free from collisions with the manipulator during an in vivo laparoscopic surgery. CONCLUSIONS: A compact LODEM was designed to facilitate minimally invasive, robotically assisted laparoscopic surgery by a doctor working near the patient. This device could be used for such applications.
  • Tatsuo Matsuda, Souya Nunobe, Toshiyuki Kosuga, Hiroshi Kawahira, Noriyuki Inaki, Shuji Kitashiro, Nobutsugu Abe, Isao Miyashiro, Sayaka Nagao, Masahiko Nishizaki, Naoki Hiki
    Endoscopy 49 5 476 - 483 2017年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Background and study aims We have developed a combined laparoscopic and luminal endoscopic surgery technique for resection of gastric submucosal tumors (SMTs) that can be performed without excessive resection of the stomach. In a multicenter retrospective study we aimed to evaluate the feasibility and safety of laparoscopic and endoscopic cooperative surgery (LECS) for gastric SMT resection. Patients and methods Between October 2007 and December 2011, 126 patients with gastric SMTs underwent LECS at 8 institutions. Patient demographics, tumor histopathologic characteristics, and operative and follow-up data were reviewed. Results 16 tumors (12.7 %) were located in the upper third of the stomach, 88 (69.8 %) in the middle third, 5 (4.0 %) in the lower third, and 17 (13.5 %) at the esophagogastric junction. The mean (standard deviation [SD]) operation time for LECS was 190.2 (66.8) min, with a mean estimated blood loss of 15.1 (38.6) mL. In 2 cases (1.6 %), the procedure was converted to open surgery because of intra-abdominal adhesions or stenosis. Morbidity was found in 6 cases (4.8 %), including 2 leakage, 2 gastric stasis, 1 fever, and 1 cystitis. Histologically, a gastrointestinal stromal tumor (GIST) was found in 86 (68.3 %) cases. The median follow-up period was 54.7 months; no local or distant tumor recurrence was observed and all patients were alive. Conclusions LECS proved to be a safe and feasible procedure for the resection of gastric SMTs, with a reasonable operation time, low bleeding, and an acceptable complication rate in this multicenter study in Japan.
  • Masazumi Takahashi, Masanori Terashima, Hiroshi Kawahira, Eishi Nagai, Yoshikazu Uenosono, Shinichi Kinami, Yasuhiro Nagata, Masashi Yoshida, Keishiro Aoyagi, Yasuhiro Kodera, Koji Nakada
    World journal of gastroenterology 23 11 2068 - 2076 2017年03月 [査読有り][通常論文]
     
    AIM: To investigate the detrimental impact of loss of reservoir capacity by comparing total gastrectomy (TGRY) and distal gastrectomy with the same Roux-en-Y (DGRY) reconstruction. The study was conducted using an integrated questionnaire, the Postgastrectomy Syndrome Assessment Scale (PGSAS)-45, recently developed by the Japan Postgastrectomy Syndrome Working Party. METHODS: The PGSAS-45 comprises 8 items from the Short Form-8, 15 from the Gastrointestinal Symptom Rating Scale, and 22 newly selected items. Uni- and multivariate analysis was performed on 868 questionnaires completed by patients who underwent either TGRY (n = 393) or DGRY (n = 475) for stage I gastric cancer (52 institutions). Multivariate analysis weighed of six explanatory variables, including the type of gastrectomy (TGRY/DGRY), interval after surgery, age, gender, surgical approach (laparoscopic/open), and whether the celiac branch of the vagus nerve was preserved/divided on the quality of life (QOL). RESULTS: The patients who underwent TGRY experienced the poorer QOL compared to DGRY in the 15 of 19 main outcome measures of PGSAS-45. Moreover, multiple regression analysis indicated that the type of gastrectomy, TGRY, most strongly and broadly impaired the postoperative QOL among six explanatory variables. CONCLUSION: The results of the present study suggested that TGRY had a certain detrimental impact on the postoperative QOL, and the loss of reservoir capacity could be a major cause.
  • Tomohiro Kurata, Minori Takahashi, Shigeto Oda, Hiroshi Kawahira, Takashi Ohnishi, Hideaki Haneishi
    Progress in Biomedical Optics and Imaging - Proceedings of SPIE 10068 2017年 [査読有り][通常論文]
     
    The sidestream dark-field (SDF) imaging allows direct visualization of red blood cells in microvessels near tissue surfaces. We have developed an image-based oximetry method using two-band images obtained by SDF imaging (SDF oximetry) and a trial SDF device with light-emitting diodes to obtain band images. In this study, we propose a technique of producing oxygen saturation (SO2) maps from SDF images and perform animal experiments in vivo. To produce SO2 maps, we use spectral analysis using two band images obtained with our SDF device. As an image processing, the combination of both the Hessian-based and pixel value-based techniques as blood vessel extraction from an SDF image is used. From the experiment with the surface of rat small intestines, we can produce SO2 maps and find that the map represents arterioles and venules those were determined based on the blood ow from SDF images. Moreover, we find the variation of SO2 along a blood vessel running direction.
  • Hisashi Gunji, Daisuke Horibe, Masaya Uesato, Masayuki Kano, Kouichi Hayano, Naoyuki Hanari, Hiroshi Kawahira, Hideki Hayashi, Hisashiro Matsubara
    DIGESTIVE SURGERY 34 1 12 - 17 2017年 [査読有り][通常論文]
     
    Background/Aims: Totally laparoscopic distal gastrectomy (TLDG) has become a feasible and safe surgical option for early gastric cancer. However, determining the transection line of the stomach without palpation is still difficult. This study aimed to assess the efficacy of TLDG for gastric resection under retroflexed endoscopic guidance (GRREG) in patients with gastric cancer in the middle third of the stomach. Methods: Fifteen patients with gastric cancer underwent TLDG using GRREG. Preoperative tumor localization using endoscopic metal clips was performed in all cases. After lymphadenectomy, two-thirds of the estimated transection line was occluded by an endoscopic stapler, beginning at the lesser curvature. Under gastric occlusion, the gastroscope was passed via the narrow lumen along the greater curvature followed by retroflexion to reveal the occlusion line, marking clips, and tumor in the same field of view. This view verified the safe oncological transection line. Results: All patients had cancer-free margins and did not require additional surgery. The mean (+/- SD) proximal margin was 23.5 +/- 10.4 mm. There were no procedure-related complications. Conclusions: GRREG was a safe and effective technique for TLDG. Ideal transection of the stomach was achieved using a combination of an endoscopic stapler and gastroscope retroflexion. (C) 2016 S. Karger AG, Basel
  • Tomohiro Kurata, Minori Takahashi, Shigeto Oda, Hiroshi Kawahira, Takashi Ohnishi, Hideaki Haneishi
    IMAGING, MANIPULATION, AND ANALYSIS OF BIOMOLECULES, CELLS, AND TISSUES XV 10068 2017年 [査読有り][通常論文]
     
    The sidestream dark-field (SDF) imaging allows direct visualization of red blood cells in microvessels near tissue surfaces. We have developed an image-based oximetry method using two-band images obtained by SDF imaging (SDF oximetry) and a trial SDF device with light-emitting diodes to obtain band images. In this study, we propose a technique of producing oxygen saturation (SO2) maps from SDF images and perform animal experiments in vivo. To produce SO2 maps, we use spectral analysis using two band images obtained with our SDF device. As an image processing, the combination of both the Hessian-based and pixel value-based techniques as blood vessel extraction from an SDF image is used. From the experiment with the surface of rat small intestines, we can produce SO2 maps and find that the map represents arterioles and venules those were determined based on the blood flow from SDF images. Moreover, we find the variation of SO2 along a blood vessel running direction.
  • Tomohiro Kurata, Shigeto Oda, Hiroshi Kawahira, Hideaki Haneishi
    OPTICAL REVIEW 23 6 955 - 967 2016年12月 [査読有り][通常論文]
     
    We have previously proposed an estimation method of intravascular oxygen saturation (SO2) from the images obtained by sidestream dark-field (SDF) imaging (we call it SDF oximetry) and we investigated its fundamental characteristics by Monte Carlo simulation. In this paper, we propose a correction method for scattering by the tissue and performed experiments with turbid phantoms as well as Monte Carlo simulation experiments to investigate the influence of the tissue scattering in the SDF imaging. In the estimation method, we used modified extinction coefficients of hemoglobin called average extinction coefficients (AECs) to correct the influence from the bandwidth of the illumination sources, the imaging camera characteristics, and the tissue scattering. We estimate the scattering coefficient of the tissue from the maximum slope of pixel value profile along a line perpendicular to the blood vessel running direction in an SDF image and correct AECs using the scattering coefficient. To evaluate the proposed method, we developed a trial SDF probe to obtain three-band images by switching multicolor light-emitting diodes and obtained the image of turbid phantoms comprised of agar powder, fat emulsion, and bovine blood-filled glass tubes. As a result, we found that the increase of scattering by the phantom body brought about the decrease of the AECs. The experimental results showed that the use of suitable values for AECs led to more accurate SO2 estimation. We also confirmed the validity of the proposed correction method to improve the accuracy of the SO2 estimation.
  • Hirotaka Nakashima, Takumi Itoh, Hiroshi Kawahira, Takuji Yamasaki, Michiyo Owari, Yoshitaka Tokai, Yuki Amano, Nobuhiro Sakaki
    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY 31 274 - 274 2016年11月 [査読有り][通常論文]
  • Yoshihiro Shimomura, Keita Minowa, Hiroshi Kawahira, Tetsuo Katsuura
    ERGONOMICS 59 5 729 - 734 2016年05月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of this study was to design an endoscopic dissector handle and objectively assess its usability. The handles were designed with increased contact area between the fingers and thumb and the eye rings, and the eye rings were modified to have a more perpendicular insertion angle to the finger midline. Four different handle models were compared, including a conventional product. Subjects performed dissection, exclusion, grasping, precision manipulation and precision handling tasks. Electromyography and subjective evaluations were measured. Compared to conventional handles, the designated handle reduced the muscle load in the extensor and flexor muscles of the forearm and increased subjective stability. The activity of the first dorsal interosseous muscle was sometimes influenced by the shape of the other parts. The ergonomically designed endoscopic dissector handle used in this study achieved high usability. Medical instrument designs based on ergonomic concepts should be assessed with objective indices.
  • Hiroshi Kawahira, Shinichi Okazumi, Masaya Uesato, Naoyuki Hanari, Yasunori Akutsu, Nobuyuki Hiruta, Hisahiro Matsubara, Ryouji Katoh
    ESOPHAGUS 13 2 215 - 219 2016年04月 [査読有り][通常論文]
     
    A male patient in his early seventies complained of swallowing difficulty and back pain. Esophagogastroscopy was performed and the patient was diagnosed as squamous cell carcinoma in the middle and lower part of the esophagus with a longitudinal submucosal elevation of 15 cm and S2 stage of gastric ulcer infected by Helicobacter pylori. Multiple lymph node swelling was detected not only in the mediastinum but also in the neck and the para-aortic area by CT scanning. The clinical stage was T3 N4 M0 Stage IVa. Systemic chemotherapy was applied first and the curative effectiveness was SD based on the RECIST criteria. PET revealed accumulation of FDG in the esophageal and stomach wall. These lesions were suspected to be HP-infected esophageal cancer, and Helicobacter pylori elimination was performed. After HP eradication, the tumor of the esophagus, submucosal elevation of esophagus, and gastric ulcer was markedly shrunk. Multiple lymph node swelling was definitely shrunk based on CT. Overall the early esophageal cancer remained. Endoscopic submucosal dissection (ESD) was performed. The pathological diagnosis was Type 0-IIc, pT1b(SM2), ly1, v2, pHM0, pVM0. After ESD, he indicated febrile neutropenia, was diagnosed as myelodysplastic syndrome (MDS) during the follow-up period and chose best supportive care (BSC).
  • Takayuki Kondo, Hitoshi Maruyama, Soichiro Kiyono, Tadashi Sekimoto, Taro Shimada, Masanori Takahashi, Hidehiro Okugawa, Osamu Yokosuka, Hiroshi Kawahira, Tadashi Yamaguchi
    DIGESTIVE ENDOSCOPY 28 2 152 - 161 2016年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Background and AimTo demonstrate the effect of endoscopic injection sclerotherapy (EIS) with argon plasma coagulation (APC) as a primary/secondary prophylaxis for esophageal varies (EV) on portal hemodynamics and long-term outcomes in cirrhosis. MethodsThis prospective study included 48 cirrhotic patients (64.511.4years; 26 bleeders, 22 non-bleeders). Post-treatment outcomes (EIS and APC; median observation period, 12.8months for recurrence and 21.1months for prognosis) were evaluated with respect to the findings of hepatic venous catheterization, Doppler ultrasound, and endoscopic ultrasonography (EUS). ResultsAll patients showed EV eradication after endoscopic treatment, and a decreased frequency of a patent left gastric vein (pre: 83.3%, post: 27.1%, P<0.001). However, hepatic venous pressure gradient (HVPG, mmHg) remained unchanged after the treatment, pre: 16.1 +/- 3.6, post: 15.6 +/- 3.8 (P=0.269). Cumulative variceal recurrence/rebleeding rates were 25.5%/5.6% and 62.4%/23.1% at 1 and 3years, respectively. Post-treatment EUS finding, area of submucosal vessels in the cardia 12mm(2) was the only significant factor for variceal recurrence (hazard ratio 9.769, 95% confidence interval 3.046-31.337; P<0.001). Cumulative recurrence rate was significantly higher in patients with area of submucosal vessels in the cardia 12mm(2) (58.3% at 1year and 100% at 3years) than in those without (11.4% at 1year and 40.9% at 3years, P<0.001). Cumulative overall survival rates were 95.2% and 71.9% at 1 and 3years, respectively, showing no significant relationship with HVPG. ConclusionEIS with APC for EV is unlikely to have a significant influence on portal pressure.
  • Tatsuo Igarashi, Takuro Ishii, Tomohiko Aoe, Wen-Wei Yu, Yuma Ebihara, Hiroshi Kawahira, Shiro Isono, Yukio Naya
    JOURNAL OF LAPAROENDOSCOPIC & ADVANCED SURGICAL TECHNIQUES 26 2 122 - 128 2016年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: Laparoscopic and robot-assisted surgeries are performed under carbon dioxide insufflation. Switching from gas to an isotonic irrigant introduces several benefits and avoids some adverse effects of gas insufflation. We developed an irrigating device and apparatus designed for single-incision laparoscopic surgery and tested its advantages and drawbacks during surgery in a porcine model. Materials and Methods: Six pigs underwent surgical procedures under general anesthesia. A 30-cm extracorporeal cistern was placed over a 5-6-cm abdominal incision. The abdomen was irrigated with warm saline that was drained via a suction tube placed near the surgical field and continuously recirculated through a closed circuit equipped with a hemodialyzer as a filter. Irrigant samples from two pigs were cultured to check for bacterial and fungal contamination. Body weight was measured before and after surgery in four pigs that had not received treatments affecting hemodynamics or causing diuresis. Results: One-way flow of irrigant ensured laparoscopic vision by rinsing blood from the surgical field. Through a retroperitoneal approach, cystoprostatectomy was successfully performed in three pigs, nephrectomy in two, renal excision in two, and partial nephrectomy in one, under simultaneous ultrasonographic monitoring. Through a transperitoneal approach, liver excision and hemostasis with a bipolar sealing device were performed in three pigs, and bladder pedicle excision was performed in one pig. Bacterial and fungal contamination of the irrigant was observed on the draining side of the circuit, but the filter captured the contaminants. Body weight increased by a median of 2.1% (range, 1.2-4.4%) of initial weight after 3-5 hours of irrigation. Conclusions: Surgery under irrigation is feasible and practical when performed via a cistern through a small abdominal incision. This method is advantageous, especially in the enabling of continuous and free-angle ultrasound observation of parenchymal organs. Adverse effects of abdominal irrigation need further assessment before use in humans.
  • Yutaka Tanizawa, Kazuaki Tanabe, Hiroshi Kawahira, Junya Fujita, Nobuhiro Takiguchi, Masazumi Takahashi, Yuichi Ito, Norio Mitsumori, Tsutomu Namikawa, Atsushi Oshio, Koji Nakada
    DIGESTIVE SURGERY 33 2 94 - 103 2016年 [査読有り][通常論文]
     
    Aim: Dumping syndrome is a well-known adverse outcome after gastrectomy, but the precise clinical features have not been described. The aim of this study was to examine global aspects of dumping syndrome and to explore factors affecting the intensity of dumping syndrome in a large cohort using a newly developed integrated questionnaire, the Post-Gastrectomy Syndrome Assessment Scale (PGSAS)-45. Methods: Eligible questionnaires retrieved from 2,368 patients after 6 types of gastrectomy were analyzed. The incidence, intensity and number of symptoms of early general, early abdominal and late dumping syndrome were examined across various types of gastrectomy, and clinical factors affecting the intensity of each category of dumping syn- drome were identified by multiple regression analysis. Results: Dumping syndromes occurred most frequently and strongly in patients who underwent total gastrectomy with Roux-en-Y (TGRY), followed by proximal gastrectomy (PG), distal gastrectomy with Billroth-I, distal gastrectomy with Roux-en-Y, pylorus-preserving gastrectomy (PPG) and local resection (LR), in that order. Significant positive correlations among different categories of dumping syndromes were observed. TGRY, female sex, younger age, division of the celiac branch of the vagus nerve, PG and shorter postoperative period were independently related to worse dumping syndrome. Conclusions: Dumping syndromes were most common after TGRY and least common after PPG and LR among the various gastrectomy procedures. Type of gastrectomy and several clinical factors were related to the intensity of dumping syndrome. PGSAS-45 could offer a useful tool for evaluating dumping syndrome after gastrectomy. (C) 2015 S. Karger AG, Basel
  • Hiroshi Kawahira, Yasuhiro Kodera, Naoki Hiki, Masazumi Takahashi, Seiji Itoh, Norio Mitsumori, Yoshiyuki Kawashima, Tsutomu Namikawa, Takao Inada, Koji Nakada
    SURGERY TODAY 45 10 1307 - 1316 2015年10月 [査読有り][通常論文]
     
    The optimal surgical procedure for distal gastrectomy with Roux-en-Y reconstruction (DGRY) remains to be determined. Recently, a self-report assessment instrument, the Postgastrectomy Syndrome Assessment Scale-45 (PGSAS-45), was compiled to evaluate symptoms, the living status and the quality of life of patients who have undergone gastrectomy. We used this scale to evaluate procedures used for DGRY. The subjects included 475 patients who underwent DGRY for stage IA/IB gastric cancer. We evaluated whether the size of the remnant stomach, length of the Roux limb, reconstruction route and anastomotic procedure affected the patients' symptoms, living status and quality of life assessed using the PGSAS-45. Patients with a residual stomach of more than half had significantly worse esophageal reflux scores than the patients with a smaller residual stomach (P = 0.0462); a residual stomach of one-third or one-fourth was favorable. A shorter length of the Roux limb was shown to be preferable to a longer Roux limb based on the results of the PGSAS-45. In addition, antecolic reconstruction and the anastomotic procedure using a linear stapler were found to be more favorable. The size of the remnant stomach and the length and route of the Roux limb significantly influence the patient-reported DGRY outcomes.
  • Gaku Ohira, Hiroshi Kawahira, Hideaki Miyauchi, Kazufumi Suzuki, Takanori Nishimori, Naoyuki Hanari, Mikito Mori, Takayuki Tohma, Hisashi Gunji, Daisuke Horibe, Kazuo Narushima, Hisahiro Matsubara
    SURGERY TODAY 45 7 841 - 845 2015年07月 [査読有り][通常論文]
     
    To compare the results of abdominal wall closure using interrupted synthetic short-term vs. long-term tensile strength-retaining absorbable sutures. The subjects were 55 patients undergoing elective laparotomy through a midline vertical incision for gastric or colon cancer surgery between November 2008 and August 2010, at our hospital. After providing informed consent, the patients were randomized for suturing with Polysorb(A (R)), which provides short-term tensile strength, or with (PDSII)-I-A (R), which provides long-term strength. The primary outcome analyzed was the incidence of incisional hernia or wound dehiscence. There were 28 patients allocated to the Polysorb group and 27 to the PDS II group. Postoperative wound dehiscence was noted in two patients (3.6 %). Five of 51 patients (9.8 %) suffered incisional hernia within 1 year after surgery, 6 of 41 patients (14.6 %) within 2 years, and 6 of 35 patients (17.1 %) within 3 years. There was no significant per year difference in the incidence of incisional hernia or wound dehiscence between the groups. Outcomes were favorable in both groups and not inferior to reported outcomes of larger-scale studies. Verification of the equivalence between the two types of suture material necessitates larger-scale studies that adopt the same suture methods.
  • Tomohiro Kurata, Zhenguang Li, Shigeto Oda, Hiroshi Kawahira, Hideaki Haneishi
    BIOMEDICAL OPTICS EXPRESS 6 5 1616 - 1631 2015年05月 [査読有り][通常論文]
     
    We investigate the possibility of oxygen saturation estimation from images obtained by the sidestream dark-field (SDF) technique. The SDF technique is a method for microvascular imaging. In SDF imaging, light enters a tissue directly from illumination sources configured around a camera and then the camera captures the light scattered by the tissue. To advance the capability of the SDF imaging system, we develop a SDF oximetry method with LED illumination sources. In this paper, we evaluate some SDF oximetry methods from virtual SDF images obtained by the Monte Carlo photon propagation simulation. As a result, we verify that SDF imaging allows the estimation of oxygen saturation of the individual vessels from virtual images using the average extinction coefficients considering the bandwidth of the illumination and the effect of the integration of the camera. (C) 2015 Optical Society of America
  • Tsutomu Namikawa, Naoki Hiki, Shinichi Kinami, Hiroshi Okabe, Takashi Urushihara, Hiroshi Kawahira, Norimasa Fukushima, Yasuhiro Kodera, Takeyoshi Yumiba, Atsushi Oshio, Koji Nakada
    GASTRIC CANCER 18 2 397 - 406 2015年04月 [査読有り][通常論文]
     
    Pylorus-preserving gastrectomy (PPG) is sometimes performed as a function-preserving surgery for the treatment of early gastric cancer. The aim of this study was to use an integrated assessment scale for postgastrectomy syndrome to determine the appropriate indicators and optimal methods for PPG. The Postgastrectomy Syndrome Assessment Study (PGSAS) is a multicenter survey based on an integrated questionnaire (PGSAS-45) consisting of 45 items. Questionnaire responses were retrieved from a total of 2,520 patients, each of whom had undergone one of six different types of gastrectomy procedures; 313 responses from patients who had received PPG were analyzed here. The size of the proximal gastric remnant (less than one-quarter, about one-third, or more than one-half of the original size) significantly influenced the change in body weight, the scores for dissatisfaction at the meal, and dissatisfaction for daily life subscale (P = 0.030, P = 0.005, P = 0.034, respectively). The nausea score in patients who underwent hand-sewn anastomosis was significantly lower than in those who underwent anastomosis with a linear stapler (P = 0.006). The scores for diarrhea subscale, increased passage of stools, and sense of foods sticking differed significantly depending on the length of the preserved pyloric cuff (P = 0.047, P = 0.021, P = 0.046, respectively). The results suggest that preservation of a sufficient proximal gastric remnant is recommended when utilizing PPG as function-preserving surgery.
  • Hiroki Taniguchi, Noriko Kohira, Takashi Ohnishi, Hiroshi Kawahira, Mikael von und zu Fraunberg, Juha E. Jääskeläinen, Markku Hauta-Kasari, Yasuo Iwadate, Hideaki Haneishi
    MEDICAL IMAGE COMPUTING AND COMPUTER-ASSISTED INTERVENTION, PT III 9351 209 - 217 2015年 [査読有り][通常論文]
     
    This paper presents two features to make neurosurgery with 5-ALA-induced fluorescent imaging more convenient and more reliable. The first one is the concept for a system that switches between white light and excitation light rapidly and allows surgeons to easily locate the tumor region on the normal color image. The second one is the way for color signal processing that yields a stable fluorescent signal without depending on the lighting condition. We developed a prototype system and confirmed that the color image display with the fluorescent region worked well for both the brain of a dead swine and the resected tumor of a human brain. We also performed an experiment with physical phantoms of fluorescent objects and confirmed that the calculated flurophore density-related values were stably obtained for several lighting conditions.
  • T. Sugino, H. Kawahira, R. Nakamura
    INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY 9 5 825 - 836 2014年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Advanced surgical procedures, which have become complex and difficult, increase the burden of surgeons. Quantitative analysis of surgical procedures can improve training, reduce variability, and enable optimization of surgical procedures. To this end, a surgical task analysis system was developed that uses only surgical navigation information. Division of the surgical procedure, task progress analysis, and task efficiency analysis were done. First, the procedure was divided into five stages. Second, the operating time and progress rate were recorded to document task progress during specific stages, including the dissecting task. Third, the speed of the surgical instrument motion (mean velocity and acceleration), as well as the size and overlap ratio of the approximate ellipse of the location log data distribution, was computed to estimate the task efficiency during each stage. These analysis methods were evaluated based on experimental validation with two groups of surgeons, i.e., skilled and "other" surgeons. The performance metrics and analytical parameters included incidents during the operation, the surgical environment, and the surgeon's skills or habits. Comparison of groups revealed that skilled surgeons tended to perform the procedure in less time and involved smaller regions; they also manipulated the surgical instruments more gently. Surgical task analysis developed for quantitative assessment of surgical procedures and surgical performance may provide practical methods and metrics for objective evaluation of surgical expertise.
  • Masanori Terashima, Kazuaki Tanabe, Masashi Yoshida, Hiroshi Kawahira, Takao Inada, Hiroshi Okabe, Takashi Urushihara, Yoshiyuki Kawashima, Norimasa Fukushima, Koji Nakada
    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY 21 370 - 378 2014年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Billroth-I (BI) and Roux-en-Y (RY) are well-known reconstruction methods that are conducted following distal gastrectomy. However, the relative merits of these 2 methods are not well documented. The newly developed Postgastrectomy Syndrome Assessment Scale (PGSAS)-45 is an integrated questionnaire consisting of 45 items, including 8 items from the 8-Item Short-Form Health Survey (SF-8), 15 items from the Gastrointestinal Symptom Rating Scale, and 22 items selected by gastric surgeons. Postoperative QOL ratings were evaluated for each reconstruction method using PGSAS-45. The PGSAS-45 questionnaire was distributed to 2,922 patients who underwent gastrectomies at 52 medical institutions. Among the questionnaires distributed, 2520 (86 %) were retrieved and 2368 (81 %) met eligibility requirements. Statistical analyses were conducted to compare 1,384 of the eligible questionnaires, including responses from patients who underwent BI (n = 909) and RY (n = 475) procedures. BI procedures were associated with significantly longer postoperative periods, a significantly greater size of gastric remnants, and a higher frequency of laparoscopic approaches and celiac branch preservation. Postoperative QOL analysis indicated that BI procedures resulted in significantly lower postoperative weight loss and significantly higher esophageal reflux symptoms than RY procedures. There was no significant difference between the two groups on other outcome measures. Although weight loss was significantly lower following BI procedures, esophageal reflux symptoms were significantly higher. Either BI or RY procedures may be recommended based on the individual patient's condition after distal gastrectomy. The newly developed QOL questionnaire, PGSAS-45 and changes in body weight proved useful for evaluation of QOL following gastrectomy.
  • Uesato M, Nabeya Y, Akai T, Inoue M, Watanabe Y, Horibe D, Kawahira H, Hayashi H, Matsubara H
    World journal of gastrointestinal endoscopy 6 6 240 - 247 2014年06月 [査読有り][通常論文]
  • Ryo Oguma, Toshiya Nakaguchi, Ryoichi Nakamura, Tadashi Yamaguchi, Hiroshi Kawahira, Hideaki Haneishi
    AUGMENTED ENVIRONMENTS FOR COMPUTER-ASSISTED INTERVENTIONS (AE-CAI 2014) 8678 14 - 22 2014年 [査読有り][通常論文]
     
    In laparoscopic surgery, to identify the location of lesions and blood vessels inside organs, an ultrasound probe which can be inserted through small incision is used. However, since surgeons must observe the laparoscopic and ultrasound images both at the same time, it is difficult to understand the correspondence between the ultrasound image and real space. Therefore, to recognize the correspondence between these two images intuitively, we developed a system for overlaying ultrasound image on the laparoscopic image. Since the tip of the probe is flexed freely, we acquired the probe tip position and orientation using a method for detecting the probe angle from laparoscopic image and information obtained from optical tracking sensor. As a result of an experiment using a wire phantom, overlaying error of ultrasound images was found to be 0.97 mm. Furthermore, the rate of probe angle detection was evaluated through an animal experiment to be 83.1%.
  • Yoshitaka Minami, Takashi Ohnishi, Hiroshi Kawahira, Hideaki Haneishi
    IMAGE AND SIGNAL PROCESSING, ICISP 2014 8509 72 - 78 2014年 [査読有り][通常論文]
     
    In gastrointestinal surgery, surgeon subjectively judges if the organ is healthy from the color. However it is difficult to discriminate a small difference of organ's color by visual inspection. In this paper, we focus on the tissue oxygen saturation (StO(2)) that represents balance of oxygen demand and supply in tissue and try to estimate its value by transmitted light intensity analysis. We developed a system for measurement of transmitted light intensity using a compact spectrometer and a halogen light source and collected transmitted light intensity data from pig's small intestines. Absorbance of the tissue was then calculated from those data. On the basis of Beer-Lambert law, we estimated StO(2) from the calculated absorbance. Results of evaluation experiment to pig's small intestines suggested the possibility of quantitative evaluation of tissue viability by the proposed method.
  • Hiroshi Kawahira, Mikito Mori, Hideki Hayashi, Toshiyuki Natsume, Takashi Akai, Naoyuki Hanari, Daisuke Horibe, Koichi Hayano, Hisahiro Matsubara
    Hepato-Gastroenterology 60 128 2016 - 2018 2013年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Background/Aims: It is important to retract the lateral liver segment during laparoscopic gastrectomy to achieve an optimal surgical field. Few retractors cause transient liver dysfunction after surgery therefore, for an easier and safer procedure, we devised a new liver retractor and implemented a trial clinical application. Methodology: The novel liver retractor comprises a metallic, flexible arm retractor attached to the operating table and an air compressor which pneumatically moves and fixes the retractor. It was inserted directly into the abdominal cavity just below the xiphisternum to retract the left lobe of the liver anterosuperiorly, thereby exposing the hiatus. Blood samples were collected from the patients on days 1, 3, and 7 after surgery to assess the levels of the liver enzymes AST and ALT. Results: During laparoscopic gastrectomy, no liver damage was observed macroscopically. The surgical fields obtained were optimal and efficient for laparoscopic surgery. Notably, it was possible to retract the liver as often as needed. Further, none of the patients developed postoperative liver dysfunction. Conclusions: The novel flexible-arm retractor provided an optimal surgical field without inducing liver dysfunction. © H.G.E. Update Medical Publishing S.A.
  • Hiroshi Kawahira, Mikito Mori, Hideki Hayashi, Toshiyuki Natsume, Takashi Akai, Naoyuki Hanari, Daisuke Horibe, Koichi Hayano, Hisahiro Matsubara
    Hepato-Gastroenterology 60 128 2016 - 2018 2013年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Background/Aims: It is important to retract the lateral liver segment during laparoscopic gastrectomy to achieve an optimal surgical field. Few retractors cause transient liver dysfunction after surgery therefore, for an easier and safer procedure, we devised a new liver retractor and implemented a trial clinical application. Methodology: The novel liver retractor comprises a metallic, flexible arm retractor attached to the operating table and an air compressor which pneumatically moves and fixes the retractor. It was inserted directly into the abdominal cavity just below the xiphisternum to retract the left lobe of the liver anterosuperiorly, thereby exposing the hiatus. Blood samples were collected from the patients on days 1, 3, and 7 after surgery to assess the levels of the liver enzymes AST and ALT. Results: During laparoscopic gastrectomy, no liver damage was observed macroscopically. The surgical fields obtained were optimal and efficient for laparoscopic surgery. Notably, it was possible to retract the liver as often as needed. Further, none of the patients developed postoperative liver dysfunction. Conclusions: The novel flexible-arm retractor provided an optimal surgical field without inducing liver dysfunction. © H.G.E. Update Medical Publishing S.A.
  • Hideaki Haneishi, Tadashi Yamaguchi, Ryoichi Nakamura, Toshiya Nakaguchi, Mikio Suga, Hiroshi Kawahira
    JOURNAL OF MEDICAL IMAGING AND HEALTH INFORMATICS 3 1 51 - 58 2013年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Many aspects of medical imaging require innovative measures to improve the quality of diagnosis and treatment. The FERMI Project is promoting these innovations through new developments and improvements of high-dimension, high-definition, quantification of physical or physiological parameters of biological objects and integration of multimodal medical images. The FERMI Project consists of three sub projects: (1) development of essential imaging technologies in medicine; (2) development of dynamic imaging technologies; and (3) integration of spatial information in medical treatment. In this paper, some ongoing research studies are reviewed. These include: ultrasound-based tissue characterization; magnetic resonance elastography; 4D-MRI reconstruction; knee motion analysis from X-ray fluoroscopy and CT images; projector-based assistance for laparoscopic surgery; and a surgical navigation system with three-dimensional ultrasound imaging.
  • Akiko Suganami, Taro Toyota, Shigetoshi Okazaki, Kengo Saito, Katsuhiko Miyamoto, Yasunori Akutsu, Hiroshi Kawahira, Akira Aoki, Yutaka Muraki, Tomoyuki Madono, Hideki Hayashi, Hisahiro Matsubara, Takashige Omatsu, Hiroshi Shirasawa, Yutaka Tamura
    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS 22 24 7481 - 7485 2012年12月 [査読有り][通常論文]
     
    We have rationally designed and synthesized a novel near-infrared (NIR) photoactivating probe, designated by iDOPE, in which an indocyanine green (ICG) fluorophore is covalently conjugated with a phospholipid moiety, 1,2-dioleoyl-sn-glycero-3-phosphoethanolamine (DOPE), to incorporate into liposome bilayers. NIR irradiation showed that iDOPE retained the optical and fluorescence properties of ICG and demonstrated photoactivator characteristics: fluorescence emission at around 820 nm in a solvent, singlet oxygen production, and concentration-dependent heat generation. Additionally, iDOPE was incorporated into liposome bilayers and maintained stable liposomally formulated iDOPE (LP-iDOPE) over 1 week under physiological conditions. We also observed the tumor-specific biodistribution of LP-iDOPE of in vivo xenografts. These findings suggest that LP-iDOPE might be a promising tool for NIR optical imaging, photodynamic therapy, and photothermal therapy. (C) 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Hiroshi Kawahira, Hideki Hayashi, Toshiyuki Natsume, Takashi Akai, Masaya Uesato, Daisuke Horibe, Mikito Mori, Naoyuki Hanari, Hiromichi Aoyama, Yoshihiro Nabeya, Kiyohiko Shuto, Hisahiro Matsubara
    HEPATO-GASTROENTEROLOGY 59 114 415 - 417 2012年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Background/Aims: The treatment of gastric submucosal tumors (SMTs) is strictly surgical and enucleation of the tumor or wedge resection of the stomach is efficient to achieve R0 resection. Laparoscopic and endoscopic cooperative surgery (LECS) can be safely performed with adequate cutting lines. This study describes the initial 16 cases treated by LECS and evaluates the advantages by LECS for gastric SMTs retrospectively. Methodology: Sixteen patients with gastric SMT underwent LECS from June 2007 to December 2010, their surgical data, clinical characteristics and surgical specimens of SMTs were compared. The surgical specimens of 9 gastric SMTs treated by laparoscopic wedge resection (LWR) were compared as a control. Results: The median (range) length of operation time, blood loss, hospital stay after surgery were minutes 172 (115-220), <5mL (<5-115) and 10 days (6-17), respectively. The median (range) ratio of the longest diameter of the tumor divided by the longest diameter of the surgical specimen in LECS and LWR were 0.86 (0.625-1.0) and 0.69 (0.44-1.0), respectively (p=0.0189, Wilcoxon rank sum test). Conclusions: LECS minimizes the surgical specimen while still providing sufficient surgical margins to successfully cure gastric SMTs.
  • Tatsuo Igarashi, Yoshihiro Shimomura, Tadashi Yamaguchi, Hiroshi Kawahira, Harufumi Makino, Wen-Wei Yu, Yukio Naya
    JOURNAL OF LAPAROENDOSCOPIC & ADVANCED SURGICAL TECHNIQUES 22 1 70 - 75 2012年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose: Recent surgical techniques have been advancing under endoscopic view and insufflation of carbon dioxide gas to expand the abdominal cavity. Isotonic fluid could be one candidate for expanding cavities to facilitate surgical maneuvering. We tested the feasibility and drawbacks of replacement of irrigating materials using a porcine model (water-filled laparoendoscopic surgery [WAFLES]). Materials and Methods: Laparoscopic cholecystectomy was performed in two porcine models using instillation of sorbitol solution as irrigant. Solution irrigation was performed through one of four ports, with drainage via another port. Conventional forceps equipped with a monopolar electrode for electrocautery, laparoscope, video processor, ultrasound, and transducer for measuring intraabdominal pressure were used. Results: Laparoscopic cholecystectomy was successfully undertaken with the following benefits: (1) clear observation of the dissecting plane throughout maneuvering; (2) control of oozing and spilled bile by irrigation and suction; and (3) ultrasonographic and laparoscopic images can be obtained simultaneously without any restriction to probe location. However, two disadvantages should be noted: (1) difficulties in managing floating organs and (2) interruption of vision by blood. Conclusions: WAFLES provides some benefits for endoscopic surgery with proper devices, including apparatuses for irrigation and suction. Efficient irrigation and selection of proper irrigant and apparatuses are required to establish an acceptable procedure.
  • 森 幹人, 阿久津 泰典, 林 秀樹, 川平 洋, 首藤 潔彦, 羽成 直行, 池田 憲政, 貞廣 智仁, 織田 成人, 松原 久裕
    日本消化器外科学会雑誌 44 11 1389 - 1396 2011年11月 [査読有り][通常論文]
     
    症例は100歳の女性で,主訴は吐血.誤嚥性肺炎の重症化に伴い当院救急部集中治療部へ入院,入院時胸腹部CTにてupside down stomachを呈した食道裂孔ヘルニアの診断となった.誤嚥性肺炎重症化による急性呼吸窮迫症候群の治療を行い,全身状態の改善を得た後に手術施行した.腹腔鏡下に腹腔内を検索すると,ヘルニア内容は胃と大網であった.脱出した胃および大網を腹腔内へ牽引・還納した後,食道裂孔を縫縮,Toupet法による噴門形成術を施行し胃を固定した.経過良好にて術後13日で退院した.本症例は100歳という超高齢者かつ急性呼吸窮迫症候群を併発していたが,全身状態の改善が得られ,upside down stomachを呈した食道裂孔ヘルニアに対し腹腔鏡下手術を施行し,良好な結果を得られた非常にまれな症例であったため,若干の文献的考察を含めて報告する.(著者抄録)
  • Yorihiko Muto, Hisahiro Matubara, Tohru Tanizawa, Yoshihiro Nabeya, Hiroshi Kawahira, Takashi Akai, Isamu Hoshino, Hideki Hayashi
    ONCOLOGY REPORTS 26 4 789 - 794 2011年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Methods to detect metastases in biopsy specimens with certain rapidity and accuracy are essential to performing tailor-made surgeries for solid malignancies. Reverse transcription loop-mediated isothermal amplification (RT-LAMP) reaction is a novel technique for detecting mRNA expression of target sequences with high sensitivity and rapidity, even from crude samples without RNA purification. Applicability to detect lymph node (LN) micrometastasis of gastric cancer was tested. Total of 26 LNs were retrieved from 10 patients with primary gastric cancer. Each LN was serially sectioned, and every set of three serial sections were tested for routine histopathological (H&E) and immunohistochemical examination with anti-cytokeratin antibodies (IHC), and RT-LAMP analysis targeted cytokeratin 19 mRNA. Results from H&E/IHC and RT-LAMP analysis were compared in each set of sections. All the sections of those containing metastatic lesions equivalent to a volume of overt metastasis (maximum diameter >2 mm), 90% of those containing micrometastasis (between 2 and 0.2 mm) and 83% of those containing isolated tumor cells (<0.2 mm) were detectable using this procedure. Total analysis from lysates of clinical specimens required <75 min. This new technique is suggested to be an alternative to rapid diagnosis of micrometastasis based on conventional histopathological analysis.
  • Computer-Assisted System for Detecting Infiltration of Gastric Cancer
    Watabe H, Nakaguchi T, Natsume T, Aoyama H, Kawahira H, Ahmed Afifi, Tsumura N
    Journal of Signal Processing 15 4 307 - 310 2011年07月 [査読無し][通常論文]
  • Toshiyuki Natsume, Kiyohiko Shuto, Noriyuki Yanagawa, Takashi Akai, Hiroshi Kawahira, Hideki Hayashi, Hisahiro Matsubara
    SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES 25 5 1420 - 1424 2011年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Laparoscopy-assisted distal gastrectomy (LADG) is a less invasive alternative compared with an open procedure. However, it is difficult to obtain a full-view image and to estimate the three-dimensional (3D) relationships between organs during laparoscopic procedures. Determining the vascular anatomy by 3D CT imaging has been shown to play a critical role in reducing the risks associated with laparoscopic gastric cancer surgery. The purpose of this study was to evaluate the clinical anatomic variations and to estimate its positive contribution in obtaining less intraoperative bleeding. Scanning was performed using a 64-row MDCT scanner. Three-dimensional CT images in the arterial and portal phase were reconstructed and fused together using the volume-rendering technique. The intraoperative bleeding findings were compared between two periods. The anatomic variations of the celiac trunk were divided into six types. There were 159 patients with Adachi's type I, type II = 8, type III = 1, type IV = 1, type V = 2, type VI = 3, and other = 1. The inflows of the left gastric coronary vein (LCV) were divided into three types. The LCV flowed into the portal vein (PV) in 79 patients, into the splenic vein (SpV) in 65, and into the junction of these two veins in 27. The splenic artery was divided into flat type and curved type, and 65 cases (37%) showed the flat type. Intraoperative bleeding was significantly less between 2007 and 2008, in which the operations were performed without first making a 3D anatomy study, than in 2009, in which 3D anatomy studies were made and analyzed before surgery in all patients. Dual-phase 3D CT is a useful and essential modality to visualize the precise anatomy around the stomach. As a result, by comparing 3D CT images with our classifications, it is believed that any surgeons may reduce the degree of intraoperative blood loss.
  • Hiroshi Kawahira, Fumihiko Miura, Kenichi Saigo, Akinao Matsunaga, Toshiyuki Natsume, Takashi Akai, Daisuke Horibe, Kazufumi Suzuki, Yoshihiro Nabeya, Hideki Hayashi, Hideaki Miyauchi, Kiyohiko Shuto, Takehide Asano, Hisahiro Matsubara
    INTERNATIONAL SURGERY 96 2 111 - 116 2011年04月 [査読有り][通常論文]
     
    This single-institution experience retrospectively reviewed the outcomes in 21 patients with primary duodenal adenocarcinoma. Twelve patients underwent curative surgery, and 9 patients underwent palliative surgery at the Chiba University Hospital. The maximum follow-up period was 8650 days. All pathologic specimens from endoscopic biopsy and surgical specimens were reviewed and categorized. Twelve (57.1%) patients underwent curative surgery (R0): 4 pancreaticoduodenectomies (PD), 4 pylorus-preserving PDs (PpPD), 2 local resections of the duodenum and 2 endoscopic mucosal resections (EMR). Palliative surgery was performed for 9 patients (42.9%) following gastro-intestinal bypass. The median cause-specific survival times were 1784 days (range 160-8650 days) in the curative surgery group and 261 days (range 27-857 days) in the palliative surgery group (P = 0.0003, log-rank test). The resectability of primary duodenal adenocarcinoma was associated with a smaller tumor size, a lower degree of tumor depth invasiveness, and less spread to the lymph nodes and distant organs.
  • Toshiyuki Natsume, Hiroshi Kawahira, Hideki Hayashi, Yoshihiro Nabeya, Takashi Akai, Daisuke Horibe, Kiyohiko Shuto, Yasunori Akutsu, Kazuyuki Matsushita, Fumio Nomura, Hisahiro Matsubara
    HEPATO-GASTROENTEROLOGY 58 106 659 - 662 2011年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Background/Aims: Peritoneal immune response as well as systemic response was objectively evaluated in laparoscopy-assisted distal gastrectomy (LADG) compared to open distal gastrectomy (ODG). Methodology: A total of 42 patients with gastric cancer were enrolled, with 23 undergoing LADG and 19 ODG. We evaluated the levels of IL-6 in peritoneal drain fluid, serum C-reactive protein (CRP), white blood cells (WBC), and the postoperative presence of systemic inflammatory response syndrome (SIRS). Results: The serum CRP level was significantly higher in the ODG group than in the LADG group (p=0.007) on postoperative day (POD) 1. WBC counts showed no statistically significant difference between the two groups (p=0.105). The rate of cases exhibiting SIRS was significantly higher in the ODG group than in the LADG group (p<0.001). The IL-6 level of drain fluid was significantly higher in the ODG group than the LADG group (p<0.01) on POD1. Although weak correlation between IL-6 on POD1 and blood loss (R=0.38, p=0.0154) was observed, no significant correlation between IL-6 and operation time was noted. Conclusions: LADG seems to be a lesser traumatic approach for the treatment of gastric cancer.
  • Masaya Uesato, Yoshihiro Nabeya, Takashi Akai, Masahito Inoue, Yoshiyuki Watanabe, Hiroshi Kawahira, Toshitaka Mamiya, Yoshihito Ohta, Ryuji Motojima, Akiko Kagaya, Yorihiko Muto, Hideki Hayashi, Hisahiro Matsubara
    GASTRIC CANCER 13 2 84 - 89 2010年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Although endoscopic submucosal dissection (ESD) for patients with gastric tumors under the conditions of unconsciousness is considered to be minimally invasive, no objective assessment of the perioperative stress of ESD has yet been conducted. Today, stress levels can be easily and objectively assessed by monitoring salivary amylase activity (sAMY). We evaluated the perioperative changes in the sAMY in patients undergoing ESD and identified the causes of such changes. A total of 40 patients with gastric cancers/adenomas removed by ESD under general anesthesia (GA; n = 20) and under deep sedation (DS; n = 20) were enrolled. sAMY was measured using the enzyme analysis equipment, sAMY Monitor (NIPRO, Osaka, Japan) during the perioperative period of the ESD. Also, all patients were interviewed to determine their subjective stress level, using a questionnaire asking "How did you feel during ESD?", with the choice of responses ranging from "did not wake up at all" to "I was awake and ESD was extremely stressful". The sAMY of the DS group increased soon after the start of ESD. Meanwhile, that of the GA group decreased just after the ESD started and was maintained at a stable level throughout the ESD. In response to the stress level questionnaire, all of the patients in the GA group and a majority of the patients in the DS group responded, "did not wake up at all". Sympathetic agitation, expressed as an increase of sAMY, was absent in the GA group. Meanwhile, in the DS group, some patients showed high levels of sAMY which went down following the administration of an analgesic agent, thus suggesting that pain caused an elevation in the level of the stress and thereby induced an increase in sAMY. The measurement of sAMY is therefore considered to be useful for the assessment of analgesic status under DS.
  • Hiroshi Kawahira, Kazuyuki Matsushita, Tooru Shiratori, Takanori Shimizu, Yoshihiro Nabeya, Hideki Hayashi, Takenori Ochiai, Hisahiro Matsubara, Hideaki Shimada
    CANCER SCIENCE 101 1 289 - 291 2010年01月 [査読有り][通常論文]
     
    We detected adenoviral DNA fragments in excretions of 10 esophageal cancer patients by DNA-PCR after tumor injection of Ad-CMV-vector. A total of 220 samples consisting of feces, gargling saliva, urine, and blood plasma were assessed. A total of 29.7% of feces samples and 13.2% of gargling saliva samples were positive for adenoviral DNA fragments, but 89.7% of the positive feces samples and all of the positive gargling saliva samples turned negative on day 12 after tumor injection. Although adenoviral DNA fragments may be pathogen-free, patients' feces and gargling saliva contain adenoviral DNA fragments for 12 days after injection. (Cancer Sci 2010; 101: 289-291).
  • Fabienne T. Schulthess, Sophie Katz, Amin Ardestani, Hiroshi Kawahira, Senta Georgia, Domenico Bosco, Anil Bhushan, Kathrin Maedler
    PLOS ONE 4 2 e4394  2009年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: Apoptosis is a hallmark of beta-cell death in both type 1 and type 2 diabetes mellitus. Understanding how apoptosis contributes to beta-cell turnover may lead to strategies to prevent progression of diabetes. A key mediator of apoptosis, mitochondrial function, and cell survival is apoptosis inducing factor (AIF). In the present study, we investigated the role of AIF on beta-cell mass and survival using the Harlequin (Hq) mutant mice, which are hypomorphic for AIF. Methodology/Principal Findings: Immunohistochemical evaluation of pancreata from Hq mutant mice displayed much smaller islets compared to wild-type mice (WT). Analysis of beta-cell mass in these mice revealed a greater than 4-fold reduction in beta-cell mass together with an 8-fold increase in beta-cell apoptosis. Analysis of cell cycle dynamics, using BrdU pulse as a marker for cells in S-phase, did not detect significant differences in the frequency of beta-cells in S-phase. In contrast, double staining for phosphorylated Histone H3 and insulin showed a 3-fold increase in beta-cells in the G2 phase in Hq mutant mice, but no differences in M-phase compared to WT mice. This suggests that the beta-cells from Hq mutant mice are arrested in the G2 phase and are unlikely to complete the cell cycle. beta-cells from Hq mutant mice display increased sensitivity to hydrogen peroxide-induced apoptosis, which was confirmed in human islets in which AIF was depleted by siRNA. AIF deficiency had no effect on glucose stimulated insulin secretion, but the impaired effect of hydrogen peroxide on beta-cell function was potentiated. Conclusions/Significance: Our results indicate that AIF is essential for maintaining beta-cell mass and for oxidative stress response. A decrease in the oxidative phosphorylation capacity may counteract the development of diabetes, despite its deleterious effects on beta-cell survival.
  • Takumi Ota, Kiyohiko Shuto, Gaku Ohira, Toshiyuki Natsume, Hiroshige Saito, Asami Sato, Hiroshi Kawahira, Yoshihiro Nabeya, Hisahiro Matsubara
    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy 36 12 2019 - 2021 2009年 [査読有り][通常論文]
     
    We performed hepatic arterial infusion (HAI) chemotherapy for 11 patients with liver metastasis from gastric cancer, who had no other metastasis. The main antineoplastic drug was 5-fluorouracil (5-FU). The catheter was inserted into the hepatic artery using the GDA coiling method by interventional radiologic technique in 9 patients, and by operative treatment in 2 patients. The response rate for 10 patients was 91 % (CR 3, PR 7, PD1). The survival time from the beginning of the HAI chemotherapy was 8-34 months. The causes of withdrawal from the chemotherapy were PD in 7 patients and catheter troubles in 4 patients. There was no patient suffering from severe adverse effect. The HAI chemotherapy was effective and useful for patients with liver metastasis of gastric cancer. We thought a gastric cancer patient with liver metastasis who didn't have an uncontrollable other organ metastasis was a good target for this regimen.
  • H Kawahira, DW Scheel, SB Smith, MS German, M Hebrok
    DEVELOPMENTAL BIOLOGY 280 1 111 - 121 2005年04月 [査読有り][通常論文]
     
    Embryonic Hedgehog signaling is essential for proper tissue morphogenesis and organ formation along the developing gastrointestinal tract. Hedgehog ligands are expressed throughout the endodermal epithelium at early embryonic stages but excluded from the region that will form the pancreas. Ectopic activation of Hedgehog signaling at the onset of pancreas development has been shown to inhibit organ morphogenesis. In contrast, Hedgehog signaling components are found within pancreatic tissue during subsequent stages of development as well as in the mature organ, indicating that a certain level of pathway activation is required for normal organ development and function. Here, we ectopically activate the Hedgehog pathway midway through pancreas development via expression of either Sonic (Shh) or Indian Hedgehog (Ihh) under control of the human Pax4-promoter. Similar pancreatic defects are observed in both Pax4-Shh and Pax4-Ihh transgenic lines, suggesting that regulation of the overall level of Hedgehog activity is critical for proper pancreas development. We also show that Hedgehog signaling controls mesenchymal vs. epithelia] tissue differentiation and that pathway activation impairs formation of epithelial progenitors. Thus, tight control of Hedgehog pathway activity throughout embryonic development ensures proper pancreas organogenesis. (c) 2005 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • H Takahashi, T Oda, T Hasebe, Y Aoyagi, T Kinoshita, M Konishi, T Nakagohri, K Inoue, S Takahashi, H Kawahira, M Monden, A Ochiai
    CLINICAL CANCER RESEARCH 10 11 3772 - 3779 2004年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose: Among invasive ductal carcinomas of the pancreas (IDCP), there is a morphologically characteristic subgroup accompanied by abundant intraductal carcinoma components (ICCs). With the aim of determining whether ICC-rich IDCP are biologically different from ICC-poor IDCP, the expression status of Dpc4 protein was analyzed. Experimental Design: A total of 43 IDCP was subdivided into two groups: (a) ICC-rich IDCP (ICCs area occupies greater than or equal to10% of the entire tumorous area); and (b) ICC-poor IDCP (with <10% of ICCs area). A total of 10 invasive carcinomas derived from intraductal papillary-mucinous neoplasms (ICs from IPMNs) were also analyzed. Each invasive and intraductal carcinoma area was then evaluated for Dpc4 protein status by immunohistochemistry. Results: In a total of 43 IDCP, there were 23 ICC-rich IDCP and 20 ICC-poor IDCP. Dpc4-positive immuno-staining was observed in the invasive carcinoma component of ICC-rich IDCP, ICC-poor IDCP, and ICs from IPMN in 18 of 23 (78%), 4 of 20 (20%), and 7 of 10 (70%) cases, respectively. In the intraductal component, positive staining for Dpc4 was found in 20 of 23 (87%), 3 of 7 (41%), and 8, of 10 (80%) cases, respectively. Dpc4 expression was found in both the invasive and ICC components of ICC-rich IDCP, similar to that found in IC derived from IPMN, whereas the expression of Dpc4 was largely diminished in ICC-poor IDCP. Conclusions: Morphologically distinct subgroups of invasive ductal carcinomas of the pancreas, namely ICC-rich IDCP and ICC-poor IDCP, are also biologically distinguishable as revealed by the differential expression of Dpc4.
  • H Kawahira, NH Ma, ES Tzanakakis, AP McMahon, PT Chuang, M Hebrok
    DEVELOPMENT 130 20 4871 - 4879 2003年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Hedgehog signaling is known to regulate tissue morphogenesis and cell differentiation in a dose-dependent manner. Loss of Indian hedgehog (Ihh) results in reduction in pancreas size, indicating a requirement for hedgehog signaling during pancreas development. By contrast, ectopic expression of sonic hedgehog (Shh) inhibits pancreatic marker expression and results in transformation of pancreatic mesenchyme into duodenal mesoderm. These observations suggest that hedgehog signaling activity has to be regulated tightly to ensure proper pancreas development. We have analyzed the function of two hedgehog inhibitors, Hhip and patched 1 (Ptch), during pancreas formation. Our results indicated that loss of Hhip results in increased hedgehog signaling within the pancreas anlage. Pancreas morphogenesis, islet formation and endocrine cell proliferation is impaired in Hhip mutant embryos. Additional loss of one Ptch allele in Hhip(-/-)Ptch(+/-) embryos further impairs pancreatic growth and endodermal cell differentiation. These results demonstrate combined requirements for Hhip and Ptch during pancreas development and point to a dose-dependent response to hedgehog signaling within pancreatic tissue. Reduction of Fgf10 expression in Hhip homozygous mutants suggests that at least some of the observed phenotypes result from hedgehog-mediated inhibition of Fgf signaling at early stages.
  • Y Tanizawa, T Nakagohri, M Konishi, K Inoue, T Oda, S Takahashi, H Kawahira, T Nakamura, T Nishimori, M Nagase, T Ueda, T Kinoshita
    HEPATO-GASTROENTEROLOGY 50 50 559 - 562 2003年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Background/Aims: Virtual endoscopy is a new method of diagnosis using computer processing of three-dimensional images data sets. However, there are few reports about the clinical application of virtual endoscopy for the pancreas. In this study, we evaluated the feasibility of surface-rendered magnetic resonance virtual endoscopy for pancreatic cancer. Methodology: Twenty-six cases of pancreatic cancer were studied. Fifteen patients had pancreatic head cancer, 7 had pancreatic body cancer, and 4 had pancreatic tail cancer. Twelve patients underwent surgical resection of the pancreas. Magnetic resonance imaging data were acquired with a 1.5-T clinical imager (Signal.5; GE Medical Systems, USA). We used a multislab single-shot fast spin-echo sequence. Section thickness was between 2 and 3mm in the coronal plane. Three-dimensional reconstructed images and virtual endoscopic images were generated with Advantage Windows by GE. Results: Virtual endoscopic images could be generated in 20 patients with pancreatic cancer (76.9%). In these cases, we were able to observe the-inner surface of the pancreatic duct and the stricture from not only the pancreatic head but also the pancreatic tail. Clear virtual images could not be generated in 6 cases. We were able to divide the 20 cases in which images could be generated, into groups according to the appearance of the stricture. The edge of the stricture appeared to be protruding in 4 cases (15.4%), and appeared to be polygonal in 13 cases (50.0%). In 3 cases, we recognized the existence of a stricture, but the detail of the stricture was unclear. Conclusions: Virtual endoscopy caused minimal discomfort compared to real endoscopic examination, and it can access cystic lesions and the pancreatic duct behind the stricture. It is concluded that virtual endoscopy for pancreatic cancer has potential clinical utility.
  • H Kawahira, T Hasebe, T Kinoshita, S Sasaki, M Konishi, T Nakagori, K Inoue, T Oda, S Takahashi, T Ochiai, A Ochiai
    JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH 93 10 1138 - 1144 2002年10月 [査読有り][通常論文]
     
    We have sometimes encountered invasive ductal carcinomas (IDCs) of the pancreas containing intraductal carcinoma components in the intra- and/or extra-tumor area. The purpose of this study was to investigate whether intraductal carcinoma components would be useful for predicting the outcome of IDC patients. Forty-seven surgically treated IDCs were examined, and all histological tumor sections were stained with Elastica to accurately confirm intraductal carcinoma components. Well-known clinicopathological parameters that exhibited a significant correlation in the univariate analyses for predicting disease-free survival (DFS) and overall survival (OS) were entered into the Cox proportional hazard multivariate analysis. Since the lowest P-value predicting DFS or OS periods was observed in IDCs with more than 10% intraductal carcinoma components and those with 10% or less intraductal carcinoma components (P = 0.028 and P = 0.019), we established the cutoff value of intraductal carcinoma components at 10%. In the multivariate analyses for DFS and OS, the presence of more than 10% intraductal carcinoma components showed a marginally significant increase in the hazard rate (HR) of tumor recurrence (P = 0.067) and significantly increased the HR of mortality (P = 0.040). The present study demonstrated that IDCs with more than 10% intraductal carcinoma components were associated with a significantly better patient outcome than those with 10% or less intraductal carcinoma components.
  • T Nishimori, T Nakagori, S Takahashi, H Kawahira, Y Tanizawa, M Konishi, K Inoue, T Oda, K Izuishi, T Kinoshita, T Asano, FA Jolesz, T Ochiai
    CARS 2000: COMPUTER ASSISTED RADIOLOGY AND SURGERY 1214 993 - 993 2000年 [査読有り][通常論文]
  • Proposal for What-If Kiken-Yochi Training (Risk Prediction Training) Patient Safety Education Design
    Yoshitaka Maeda, Yoshikazu Asada, Yoshihiko Suzuki, Hiroshi Kawahira
    The Asia Pacific Scholar in press [査読有り][通常論文]

MISC

  • 外科系医師はどのようにして医学教育のキャリアを形成していくのか? シミュレーション教育未経験の外科医が始める医学教育のキャリア形成
    川平 洋, 遠藤 和洋, 鈴木 義彦, 前田 佳孝, 兼田 裕司, 淺田 義和, アラン・レフォー, 佐田 尚宏 医学教育 52 (Suppl.) 40 -40 2021年07月
  • 外科医による起業-医工連携・産学連携- 外科医を取り巻く職場ニーズから中小企業の事業創出に繋がった産学連携事業の報告
    川平 洋, 井上 賢之, 篠原 翔一, 兼田 裕司, 千葉 蒔七, 窪木 大悟, 太田 学, 松本 志郎, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, Lefor Alan K., 中村 亮一, 下村 義弘, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 121回 NES -2 2021年04月
  • 遠隔診療と遠隔教育 学習管理・ウェブ会議システム併用による遠隔型外科臨床実習の実施報告
    川平 洋, 前田 佳孝, 淺田 義和, 鈴木 義彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本コンピュータ外科学会誌 22 (4) 269 -269 2020年11月
  • 術前CT検査による3D血管構築が腹腔鏡手術に有用であった腸回転異常に伴う上行結腸癌の1例
    直井 大志, 鯉沼 広治, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 81 (増刊) 410 -410 2020年10月
  • 回腸原発悪性黒色腫の一例
    篠原 翔一, 直井 大志, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 81 (増刊) 426 -426 2020年10月
  • 外科的侵襲・炎症と癌の転移再発 手術侵襲は末梢血中低比重好中球を増加させ遠隔転移を促進する
    熊谷 祐子, 金丸 理人, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 WS -1 2020年08月
  • CD73を標的とした治療による直腸癌に対する放射線治療の増強効果(CD73 targeting therapy enhances the antitumor effect of radiotherapy in rectal cancer)
    津久井 秀則, 堀江 久永, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 細谷 好則, 味村 俊樹, 吉村 浩太郎, Alan Lefor, 佐田 尚宏, 北山 丈二 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 SF -6 2020年08月
  • クローン病腸管病変に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    太田 学, 伊藤 誉, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -2 2020年08月
  • 消化器外科用新規接着剤の開発
    佐久間 康成, 田口 哲志, 三木 厚, 斉藤 晶, 芝 聡美, 堀江 久永, 細谷 好則, 山口 博紀, 川平 洋, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -8 2020年08月
  • 医学生対象内視鏡外科手術トレーニングの報告と縫合結紮手技解析の初回報告
    川平 洋, 前田 佳孝, 松本 志郎, 鈴木 義彦, 淺田 義和, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -7 2020年08月
  • Flowcytometryを用いた胃癌腹膜播種患者の腹腔内遊離細胞の解析
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -4 2020年08月
  • Flowcytometryを用いた大腸癌組織における細胞別PD-L1、PD-L2の発現解析の試み
    齋藤 晶, 東条 峰之, 高橋 和也, 木村 有希, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 金丸 理人, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -5 2020年08月
  • 胃全摘後の体重減少・食欲不振に対する六君子湯の治療効果 新規治療ターゲットと新規作用機序の解明を目指したパイロット試験
    田口 昌延, 倉科 憲太郎, 出崎 克也, 松本 志郎, 春田 英律, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 矢田 俊彦, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -8 2020年08月
  • 十二指腸乳頭部癌切除例の長期成績
    小泉 大, 下平 健太郎, 木村 有希, 斉藤 晶, 森嶋 計, 兼田 裕司, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 川平 洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 SF -1 2020年08月
  • 肝門部領域胆管癌における切除断端と再発形態についての検討
    森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 三木 厚, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -5 2020年08月
  • 胃全摘後の体重減少・食欲不振に対する六君子湯の治療効果 新規治療ターゲットと新規作用機序の解明を目指したパイロット試験
    田口 昌延, 倉科 憲太郎, 出崎 克也, 松本 志郎, 春田 英律, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 矢田 俊彦, 佐田 尚宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -8 2020年08月
  • 鈴木 義彦, 前田 佳孝, 宮道 亮輔, 淺田 義和, 川平 洋, 松村 正巳 医学教育 51 (Suppl.) 101 -101 2020年07月
  • 鈴木 真紀, 松山 泰, 淺田 義和, 三重野 牧子, 川平 洋, 武藤 弘行, 石川 鎮清, 岡崎 仁昭 医学教育 51 (Suppl.) 215 -215 2020年07月
  • 淺田 義和, 岡崎 仁昭, 佐田 尚宏, 川平 洋, 山本 真一, 松山 泰 医学教育 51 (Suppl.) 170 -170 2020年07月
  • 集合研修の代替として急遽企画実施したMoodle版シミュレーション実習の満足度と有用性の検討
    鈴木 義彦, 前田 佳孝, 宮道 亮輔, 淺田 義和, 川平 洋, 松村 正巳 医学教育 51 (Suppl.) 101 -101 2020年07月 [査読無し][通常論文]
  • バーチャル患者シミュレータ「Body Interact」の有用性の検証
    宮道 亮輔, 淺田 義和, 鈴木 義彦, 前田 佳孝, 川平 洋 医学教育 51 (Suppl.) 168 -168 2020年07月 [査読無し][通常論文]
  • 新医師臨床研修制度に準拠したMoodleベースの臨床教育評価システム検討
    淺田 義和, 岡崎 仁昭, 佐田 尚宏, 川平 洋, 山本 真一, 松山 泰 医学教育 51 (Suppl.) 170 -170 2020年07月 [査読無し][通常論文]
  • 自治医大マルチメディア形式総合判定試験の11年の解析 医療面接・臨床推論連問の導入
    鈴木 真紀, 松山 泰, 淺田 義和, 三重野 牧子, 川平 洋, 武藤 弘行, 石川 鎮清, 岡崎 仁昭 医学教育 51 (Suppl.) 215 -215 2020年07月 [査読無し][通常論文]
  • 山田 亮太, 川平 洋, 下村 義弘, 川村 和也 日本コンピュータ外科学会誌 22 (2) 131 -137 2020年04月 [査読無し][通常論文]
     
    低侵襲手術の一つとして普及している内視鏡外科手術は、患者にとって非常にメリットの多い手技として知られているが、その普及によって、外科医の身体的負担の増加が報告されており、様々なアプローチ方法によって、その負担を軽減する取り組みが行われている。1)内視鏡外科手術の現状、2)外科医の負担軽減機器の研究開発動向、3)Surgical Assist Suitの開発、について述べた。
  • 大豆生田 尚彦, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 片野 匠, 篠原 翔一, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 三木 厚, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内分泌学会雑誌 95 (4) 1697 -1697 2020年02月 [査読無し][通常論文]
  • 井上 賢之, 川平 洋, 下村 義弘, 高久 美子, 堀江 久永, 佐田 尚宏 人間工学 = The Japanese journal of ergonomics 56 (5) 165 -169 2020年
  • 切除可能進行食道癌における体重と予後との関連
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 北山 丈二, 山口 博紀, 齋藤 心, 春田 英律, 松本 志郎, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 大澤 英之, 川平 洋, 堀江 久永, 佐久間 康成, 佐田 尚宏 日本成人病(生活習慣病)学会会誌 46 82 -82 2020年01月 [査読無し][通常論文]
  • スリーブ状胃切除術の問題点 当院の肥満外科手術の治療成績と今後の課題
    春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 川平 洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) WS34 -8 2019年12月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における直腸癌に対するTaTMEの導入と短期治療成績
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 田原 真紀子, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 川平 洋, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) SF057 -2 2019年12月 [査読無し][通常論文]
  • 直腸癌術前化学放射線治療実施症例に対する腹腔鏡下側方リンパ節郭清の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 本間 祐子, 太田 学, 佐久間 康成, 川平 洋, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) SF101 -3 2019年12月 [査読無し][通常論文]
  • 予防的人工肛門造設からみた直腸癌術後の縫合不全対策
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 太田 学, 本間 祐子, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) SF106 -3 2019年12月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡手術手技の初学者にとって3次元内視鏡のアドバンテージはあるか?
    松本 志郎, 遠藤 和宏, 川平 洋, 細谷 好則, 佐久間 康成, 堀江 久永, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) MO094 -4 2019年12月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌・大腸癌に対して腹腔鏡下に同時切除を行った9症例の検討
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 春田 英律, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 佐久間 康成, 堀江 久永, 味村 俊樹, 川平 洋, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) MO142 -2 2019年12月 [査読無し][通常論文]
  • 肝内胆管癌疑いの症例に対して腹腔鏡下肝切除を行い肝類上皮細胞肉芽腫と診断された1例
    吉田 淳, 佐久間 康成, 宮戸 英世, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) MO188 -5 2019年12月 [査読無し][通常論文]
  • 食道癌とS状結腸癌に対し、鏡視下食道亜全摘術と腹腔鏡下S状結腸切除術を施行した一例
    窪木 大悟, 春田 英律, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 細谷 好則, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) MO251 -2 2019年12月 [査読無し][通常論文]
  • 装着型上腕支持機器における機械量センサを用いた操作システムの開発
    山田 亮太, 川平 洋, 下村 義弘, 川村 和也 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) MO332 -7 2019年12月 [査読無し][通常論文]
  • 医学部一年生における早期体験実習と医療安全教育のコラボレーション
    前田 佳孝, 淺田 義和, 鈴木 義彦, 川平 洋 医療の質・安全学会誌 14 (Suppl.) 507 -507 2019年11月 [査読無し][通常論文]
  • 中島 寛隆, 川平 洋, 榊 信廣 消化器内視鏡 31 (10) 1574 -1577 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 新しい医療機器の開発と臨床応用 外科医用ウェアラブルチェア「アルケリス」の開発と臨床使用の経験
    川平 洋, 中村 亮一, 下村 義弘, 大城 崇司, 岡住 慎一, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, アラン・レフォー, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 340 -340 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 胃切除後の再建方法について考える 幽門側胃切除における術式・再建法・吻合手技が術後QOLへ及ぼす影響の検討
    中田 浩二, 池田 正視, 高橋 正純, 木南 伸一, 吉田 昌, 上之園 芳一, 三澤 一成, 川平 洋, 並川 努, 藤田 淳也, 寺島 雅典, 小寺 泰弘, 「胃癌術後評価を考える」ワーキンググループ 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 355 -355 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 外科臨床におけるAIの利用 Deep Learningによる早期大腸癌病変における内視鏡診断支援の試み ESD/EMRか手術か?
    川平 洋, 中島 寛隆, 上里 昌也, 宮内 英聡, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 松原 久裕, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 408 -408 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 排便機能および排便機能障害について考える 排便機能外来立ち上げ後1年間の診療実績
    本間 祐子, 味村 俊樹, 太田 学, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 423 -423 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 大学病院初期研修医に対する、魅力的な外科研修環境の構築
    遠藤 和洋, 塩澤 幹雄, 川平 洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 530 -530 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 腫瘍出血による褐色細胞腫クリーゼに対して体外循環補助下に副腎摘出術を施行し救命し得た1例
    片野 匠, 森嶋 計, 青木 裕一, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 552 -552 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • Meckel憩室癌の1例
    崎尾 亮太郎, 伊藤 誉, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 701 -701 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 潰瘍形成により穿通を来した腸間膜脂肪腫を伴うLipomatosisの1例
    太田 学, 伊藤 誉, 崎尾 亮太郎, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 705 -705 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 膵十二指腸動脈瘤を併発した正中弓状靱帯症候群に対し、腹腔鏡下胃切除術中に靱帯切離を行った一例
    窪木 大悟, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 春田 英律, 細谷 好則, 山口 博紀, 斎藤 心, 川平 洋, 味村 俊樹, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 764 -764 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • リウマチに対してメトトレキサート内服中に発症した、肝原発悪性リンパ腫の一例
    大豆生田 尚彦, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 三木 厚, 吉田 厚, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 785 -785 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • リウマチに対してメトトレキサート内服中に発症した、肝原発悪性リンパ腫の一例
    大豆生田 尚彦, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 三木 厚, 吉田 厚, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 785 -785 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • 晩期合併症・トランジション 先天性胆道拡張症術後晩期合併症の検討
    吉田 淳, 笹沼 英紀, 宮戸 英世, 森嶋 計, 三木 厚, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス 42 30 -30 2019年09月 [査読無し][通常論文]
  • シミュレーションセンターにおける予約管理システムの設計および運用報告
    淺田 義和, 前田 佳孝, 鈴木 義彦, 川平 洋 日本シミュレーション医療教育学会雑誌 7 110 -110 2019年08月 [査読無し][通常論文]
  • 医学部生からレジデントまでを対象とした内視鏡外科手術トレーニングの初回報告
    川平 洋, 前田 佳孝, 鈴木 義彦, 淺田 義和, 遠藤 和洋, 山本 真一, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本消化器外科学会総会 74回 P287 -3 2019年07月
  • 外科医が中心の手術環境構築 外科医用ウェアラブル機器アルケリスの臨床使用における負担軽減効果の検証
    川平 洋, 中村 亮一, 下村 義弘, 大城 崇司, 岡住 慎一 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 SF -4 2019年04月
  • 川平 洋, レフォー アラン, 佐田 尚宏, 中村 亮一, 前田 佳孝, 鈴木 義彦, 浅田 義和, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永 生体医工学 57 S200_1 -S200_1 2019年 

    昨今の内視鏡外科手術の普及に伴い、シミュレーション教育や手術トレーニング環境の整備が進んだ。特に内視鏡外科手術では、外科医は体腔内臓器をモニタ画像情報で判断し、手術を行う。特に執刀医、助手すべてが同じ術野を共有することから、オンサイトでのトレーニングが可能である。手術映像を記録可能なことから、繰り返し再生によるオフサイトトレーニングも広く行われている。実際の手術を想定したオフサイトでのタスクトレーニングは、最善の手術を完遂する上で重要である。開腹手術に比較し多様な機材を使用する内視鏡外科手術では、高忠実度(Hi-Fi)臓器モデルによる手術トレーニングも行われている。Hi-Fiモデルでは、より実践に近い感覚でトレーニングを行うことが可能と考えられる。このような臓器モデルはシリコン樹脂やPVAなどの石油原料由来の臓器モデルが主である。ところがトレーニングモデルにおいても廃棄物の問題は重要であり、マンナンなどの植物由来原料を用いたタスクトレーニングモデルも開発されている。継続してトレーニングが必要な手術教育においては、コストを含めた持続可能なトレーニング環境の整備が必須である。

  • 加藤精二, 岡了, 鳥海綾乃, 杉崎裕香, 森堂道, 三田真朗, 米田慧, 内海孝信, 遠藤匠, 矢野仁, 神谷直人, 川平洋, 鈴木啓悦 日本泌尿器科学会総会(Web) 107th ROMBUNNO.PP1‐037 (WEB ONLY) -037 2019年 [査読無し][通常論文]
  • ウェアラブルチェア「アルケリス」の使用経験 内視鏡外科手術の負担軽減を目指して
    井上 賢之, 川平 洋, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏 日本内視鏡外科学会雑誌 23 (7) OS34 -6 2018年12月
  • 山田亮太, 川平洋, 下村義弘, 川村和也 日本コンピュータ外科学会誌 20 (4) 300‐301 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 伊藤奈桜, 川平洋, 吉村裕一郎, 中口俊哉, 中島寛隆, 上里昌也, 大平学, 宮内英聡, 松原久裕 日本コンピュータ外科学会誌 20 (4) 321 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 上里昌也, 大平学, 宮内英聡, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 79 625 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 長谷川剛 日本臨床外科学会雑誌 79 775 2018年10月 [査読無し][通常論文]
  • 森田雅教, 川平洋輔, 佐藤慎吾, 中村武瑠, 小林道浩, 山崎真敬, 志水秀行 体外循環技術 45 (3) 262 2018年09月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 10 (1) 79‐85 2018年08月 [査読無し][通常論文]
  • 静力学的コンセプトで手術時の肉体的疲労を軽減する外科医用スーツの開発
    川平 洋, 中村 亮一, 下村 義弘, 郡司 久, 大城 崇司, 岡住 慎一, 松原 久裕 日本消化器外科学会総会 73回 876 -876 2018年07月 [査読無し][通常論文]
  • Shohei Matsuhara, Kazuyuki Saito, Hiroshi Kawahira, Nobuyoshi Takeshita, Tomoyuki Tajima 2018 IEEE International Workshop on Antenna Technology, iWAT2018 - Proceedings 1 -2 2018年06月 [査読無し][通常論文]
     
    © 2018 IEEE. In recent years, various types of medical applications of microwave have widely been investigated and reported. In this paper, a catheter, which ablates extravascular nerve by the thermal effect of microwave, is introduced. In addition, heating characteristics of the catheter are evaluated by numerical calculations. As a result, temperature distributions around the catheter were revealed and the usefulness of a denervation catheter using microwave was suggested.
  • 福田康平, 川節拓実, 石原尚, 堀井隆斗, 中村亮一, 川平洋, 浅田稔 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM) 2018 (0) ROMBUNNO.1P2‐C05 -C05 2018年06月 [査読無し][通常論文]
     
    <p>The purpose of this study is to develop a tactile-sensorized elastomer suture pad for laparoscopic surgery training. Although our previously-developed soft tactile sensor measuring iron particle core displacement with inductors is suitable for this aim, its structure should be improved so that the influence of the metallic surgery instruments such as suture needles and forcepses can be reduced. We proposed an improved structure and compared the sensor response ratio for suture needle approaching against force application of 1 N among several structure parameter conditions. As a result, we found that the sensor response ratio decreased to 10 % from 176 % by tuning the position and amount of the particle core, and the sensor thickness.</p>
  • 中村亮一, 中村亮一, 中村亮一, 中村亮一, 杉野貴明, 山口智子, 山本将志, 深津尚希, 青木聖文, 澤野悠一郎, 川平洋, 植村宗則, 植村宗則, 久保木章仁, 鴻信義 Journal of Spine Research 9 (3) 209 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • 高安武志, 濱聖司, 川平洋, 中村亮一, 山崎文之, 齋藤太一, 武田正明, 岡崎貴仁, 高野元気, 杉山一彦, 栗栖薫 脳神経外科速報 28 (2) 191‐195 -195 2018年02月 [査読無し][通常論文]
  • 高安 武志, 濱 聖司, 川平 洋, 中村 亮一, 山崎 文之, 齋藤 太一, 武田 正明, 岡崎 貴仁, 高野 元気, 杉山 一彦, 栗栖 薫 脳神経外科速報 28 (2) 191 -195 2018年02月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 岡住慎一, 大城崇司, 田中宏, 吉田豊, 瓜田祐, 高木隆一, 佐藤雄, 北原知晃, 佐藤礼実, 川満健太郎, 門屋健吾, 鍋倉大樹, 平沼綾子, 長島誠, 加藤良二 日本外科学会定期学術集会(Web) 118th ROMBUNNO.SF‐050‐2 (WEB ONLY) 2018年 [査読無し][通常論文]
  • 中田浩二, 池田正視, 三澤一成, 川平洋, 稲田高男, 並川努, 寺島雅典, 高橋正純, 木南伸一, 吉田昌, 上之園芳一, 小寺泰弘 日本外科学会定期学術集会(Web) 118th ROMBUNNO.PD‐10‐1 (WEB ONLY) 2018年 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 吉田豊, 瓜田佑, 高木隆一, 大城崇司, 岡住慎一 日本食道学会学術集会抄録集(CD-ROM) 72nd 166 2018年 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 川平洋, 中村亮一 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 9 (2) 46‐47 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 実用化する最新技術 アルケリス
    川平 洋, 中村 亮一 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 9 (2) 46 -47 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • ERASプロトコールを活用した潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下大腸全摘術の周術期管理
    佐藤 雄, 大城 崇司, 北原 知晃, 鍋倉 大樹, 門屋 健吾, 川満 健太郎, 高木 隆一, 瓜田 祐, 吉田 豊, 田中 宏, 川平 洋, 長島 誠, 岡住 慎一, 加藤 良二 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) SF093 -06 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 外科医用ウェアラブル機器による内視鏡外科医への身体的影響
    川平 洋, 中村 亮一, 大城 崇司, 吉田 豊, 瓜田 祐, 高木 隆一, 北原 知晃, 川満 健太郎, 門屋 健吾, 鍋倉 大樹, 田波 未佳, 長島 誠, 岡住 慎一, 加藤 良二 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP149 -03 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 門屋健吾, 大城崇司, 田波未佳, 鍋倉大樹, 川満健太郎, 佐藤礼実, 北原知晃, 高木隆一, 瓜田祐, 佐藤雄, 吉田豊, 田中宏, 川平洋, 岡住慎一, 加藤良二 日本臨床外科学会雑誌 78 (11) 2563 -2563 2017年11月 [査読無し][通常論文]
  • 鳥海綾乃, 上島修一, 川平洋, 鈴木啓悦 日本コンピュータ外科学会誌 19 (4) 237 -237 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤雄, 大城崇司, 北原知晃, 田波未佳, 鍋倉大樹, 門屋健吾, 川満健太郎, 高木隆一, 瓜田祐, 古田豊, 田中宏, 川平洋, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二 日本臨床外科学会雑誌 78 (増刊) 469 -469 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 伊藤奈桜, 川平洋, 中島寛隆, 中口俊哉, 上里昌也, 大平学, 宮内英聡, 松原久裕 日本コンピュータ外科学会誌 19 (4) 355‐356 -356 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 岡住慎一, 吉田豊, 大城崇司, 田中宏, 瓜田祐, 佐藤雄, 高木隆一, 北原知晃, 佐藤礼実, 門屋健吾, 川満健太郎, 鍋倉大樹, 田波未佳, 川平洋, 加藤良二 日本臨床外科学会雑誌 78 437 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • ここを工夫した私の手術手技(食道) 胸腔鏡腹腔鏡下胸部食道切除後縦隔経路胃管再建における合併症の予防・対策と成績
    岡住 慎一, 吉田 豊, 大城 崇司, 田中 宏, 瓜田 祐, 佐藤 雄, 高木 隆一, 北原 知晃, 佐藤 礼実, 門屋 健吾, 川満 健太郎, 鍋倉 大樹, 田波 未佳, 川平 洋, 加藤 良二 日本臨床外科学会雑誌 78 (増刊) 437 -437 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • IEE内視鏡画像でHelicobacter pylori感染を診断する人工知能の作成
    中島 寛隆, 川平 洋, 河内 洋, 榊 信廣 Gastroenterological Endoscopy 59 (Suppl.2) 2131 -2131 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡外科手術のおける上肢の姿勢を保持する上肢用アシストスーツの開発(The surgical assist suit, a newly developed wearable device that does not interfere with surgeons performing laparoscopic surgery)
    中島 諒太, 川平 洋, 下村 義弘, 青木 圭, 郡司 久, 林 秀樹, 松原 久裕 千葉医学雑誌 93 (4) 31,175 -37,175 2017年08月 [査読無し][通常論文]
     
    【目的】内視鏡外科手術は,体壁に留置したトロッカーによって鉗子操作を行うため,腹腔内で術野を確保するために上腕を空中で固定するなど,不自然な姿勢で手術操作を行うため,身体的負担を来たしやすい。そこで上腕保持状態の固定を目的とした外骨格型手術支援機器(Surgical Assist Suit:SAS)を開発し,外科医の手術操作にどのような影響を与えるか,検討した。【方法】2014年12月から2015年10月まで計6回,体重30kgの雄家畜ブタ計6頭を全身麻酔し模擬手術実験を行った。2名の腹腔鏡下胃切除術に精通した外科医が参加し,SASを装着,非装着で腹腔鏡下幽門側胃切除の大彎側リンパ節郭清を行った。検討項目は出血量,リンパ節郭清時間,手術助手における両側三角筋の表面筋電位である。術者AはSAS装着1回,非装着一回,計2回,術者BはSAS装着2回,非装着2回,計4回,全体として計6回の動物実験データを取得した。【結果】SAS非装着群とSAS装着群の2群比較において,模擬手術によるリンパ節郭清時間時間,出血に相違を認めず,両側三角筋%MVCに有意差を認めなかった。SAS装着群でSASを使用し上腕を固定した状態,SASを利用していない状態,SAS非装着群の三群比較において,%MVC,APDFに有意差を得られなかった。【考察】SASによる手術手技への悪影響も指摘できなかったが,SAS装着による表面筋電位有効性は証明されなかった。しかしながら人間工学的デザインと制御機構によっては,有効性が得られる可能性もあり,ウェアラブル機器としての開発を進めていく必要があると思われる。(著者抄録)
  • 中島 諒太, 川平 洋, 下村 義弘, 青木 圭, 郡司 久, 林 秀樹, 松原 久裕 千葉医学雑誌 = Chiba medical journal 93 (4) 175 -175 2017年08月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における食道胃接合部腺癌切除40例の術式と郭清領域の検討
    川平 洋, 岡住 慎一, 大城 崇司, 吉田 豊, 田中 宏, 瓜田 佑, 北原 智晃, 大城 充, 蛭田 啓之, 加藤 良二 日本消化器外科学会総会 72回 PG8 -2 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 中島寛隆, 川平洋, 河内洋 日本食道学会学術集会抄録集(CD-ROM) 71st ROMBUNNO.P37‐2 -2 2017年06月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋倉大樹, 大城崇司, 門屋健吾, 佐藤礼実, 川満健太郎, 北原知晃, 瓜田祐, 吉田豊, 田中宏, 川平洋, 大城充, 岡住慎一, 加藤良二 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 35th 149 -149 2017年06月 [査読無し][通常論文]
  • 池澤正雄, 池澤正雄, 井竹康郎, 坂本裕紀, 中嶋大旗, 伊藤祐介, 新井依子, 青木幸男, 佐藤忠俊, 吉田正美, 田畑陽一郎, 川平洋 日本臨床工学技士会会誌 (60) 124 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • バスキュラーアクセス管理における各種モニタリングの有用性 エコーガイド下による穿刺 私は絶対短軸法
    池澤 正雄, 井竹 康郎, 坂本 裕紀, 中嶋 大旗, 伊藤 祐介, 新井 依子, 青木 幸男, 佐藤 忠俊, 吉田 正美, 田畑 陽一郎, 川平 洋 日本臨床工学技士会会誌 (60) 124 -124 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 下村義弘, 中村亮一, 羽成直行, 郡司久, 齋藤武, 千葉聡, 夏目俊之, 松原久裕 日本外科学会定期学術集会(Web) 117th ROMBUNNO.PS‐074‐5 (WEB ONLY) -074 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 吉田豊, 大城崇司, 鍋倉大樹, 門屋健吾, 佐藤礼実, 川満健太郎, 北原知晃, 森山彩子, 瓜田祐, 田中宏, 金澤真作, 川平洋, 大城充, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二 日本外科学会定期学術集会(Web) 117th ROMBUNNO.PS‐184‐4 (WEB ONLY) -184 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌腹膜播種による癌性腸閉塞に対する外科治療の予後予測因子は?(What is a prognosticator in surgical patients with malignant bowel obstruction from gastric cancer?)
    鍋谷 圭宏, 川平 洋, 上里 昌也, 滝口 伸浩, 池田 篤, 外岡 亨, 早田 浩明, 知花 朝史, 榛澤 侑介, 有光 秀仁, 柳橋 浩男, 星野 敢, 千葉 聡, 高山 亘, 松原 久裕, 永田 松夫 日本胃癌学会総会記事 89回 437 -437 2017年03月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 川平洋, 岡住慎一, 大城崇司, 吉田豊, 田中宏, 瓜田祐, 高木隆一, 北原知晃, 川満健太郎, 蛭田啓之, 加藤良二 胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集 47th 57 2017年 [査読無し][通常論文]
  • Ryota Nakajima, Hiroshi Kawahira, Yoshihiro Shimomura, Kei Aoki, Hisashi Gunji, Hideki Hayashi, Hisahiro Matsubara Chiba Medical Journal 93 31 -37 2017年01月 [査読無し][通常論文]
     
    © 2002 The Chiba Medical Society. All Rights Reserved. With the increasing numbers of laparoscopic procedures performed, some laparoscopic surgeons report physical symptoms such as stiff shoulders and back pain. We developed the surgical assist suit (SAS), a wearable device that helps to stabilize the upper extremity posture of laparoscopic surgeons. First, to examine SAS function, we checked that the SAS did not interfere with surgical quality. Second, we checked whether the SAS reduced the surgeons’ shoulder stress. Animal experiments were approved by the Chiba University ethics review committees. Six 30-kg male swine under general anesthesia were used for simulation laparoscopic gastrectomy between December 2014 and October 2015. Two experienced surgeons consecutively participated in this experiment. Surface electromyograms(EMG) were recorded from both deltoid muscles while the assistant surgeon either wore or did not wear the SAS. Surgery time and blood loss were compared to assess surgical quality, and the percent maximum voluntary contraction (%MVC) and the amplitude probability distribution function(APDF) were compared to assess shoulder stress. Surgery time and blood loss were not statistically different between wearing or not wearing the SAS. %MVC and APDF were not significantly different depending upon SAS usage. The SAS did not interfere with the surgical procedure, nor did it function to reduce deltoid muscle activity. This is the first report on the SAS, which was tested using a task with low physical burden for the upper extremities. In the future, we expect that the SAS will reduce physical effects on the upper extremities when used during tasks with higher physical burden.
  • Deep Learningによる上部内視鏡検査のピロリ菌感染自動診断支援システムの構築
    伊藤 匠, 川平 洋, 中口 俊哉 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS38 -4 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下胃切除術の切開剥離における電気メスとUSADの使い分けについて
    加野 将之, 羽成 直行, 早野 康一, 阿久津 泰典, 村上 健太郎, 大塚 亮太, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS85 -4 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 医工学系学科教職員学生が安全に動物実験を行うための医療機器取扱講習会における理解度と意識調査
    石田 稔, 中村 亮一, 川平 洋 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS213 -4 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 外科医の膝部を支え下肢を保持する新規手術用イスの開発
    西本 航, 川平 洋, 下村 義弘, 伊藤 雅昭, 西澤 祐吏, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS214 -3 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 精緻な内視鏡外科手術を支援する医療用ウェアラブル機器開発
    川平 洋, 中村 亮一, 下村 義弘, 羽成 直行, 郡司 久, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS214 -4 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡外科医の上腕を保持する外骨格型手術支援機器の有効性検証
    青木 圭, 川平 洋, 中島 諒太, 下村 義弘, 齋藤 武, 夏目 俊之, 千葉 聡, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS214 -5 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下胃全摘においてlinear staplerによるoverlap法では狭窄がなく体重減少率が少ない傾向にある
    羽成 直行, 林 秀樹, 早野 康一, 加野 将之, 阿久津 泰典, 上里 昌也, 村上 健太郎, 高橋 理, 大塚 亮太, 川平 洋, 松本 泰典, 横山 将也, 関野 伸史, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS221 -1 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 大手から下町企業まで、共に考える医工連携 内視鏡外科を支援する練習用機器と姿勢保持機器の開発と販売戦略
    川平 洋, 中村 亮一, 下村 義弘, 伊藤 雅昭, 西澤 祐吏 Japanese Journal of Endourology 29 (3) 115 -115 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 中村亮一, 下村義弘, 伊藤雅昭, 西澤祐吏 Japanese Journal of Endourology 29 (3) 115 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 加野将之, 羽成直行, 早野康一, 阿久津泰典, 村上健太郎, 大塚亮太, 関野伸文, 林秀樹, 林秀樹, 川平洋, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 396 -396 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 上里昌也, 羽成直行, 阿久津泰典, 村上健太郎, 早野康一, 加野将之, 加賀谷暁子, 武藤頼彦, 中野明, 相川瑞穂, 玉地智英, 川平洋, 林秀樹, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 553 -553 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 関野伸史, 加野将之, 早野康一, 阿久津泰典, 村上健太郎, 大塚亮太, 羽成直行, 林秀樹, 林秀樹, 川平洋, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 709 -709 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 食道・胃接合部癌に対する術式選択とその考え方 Siewert type 2食道浸潤胃癌に対する手術術式と集学的治療
    加野 将之, 羽成 直行, 早野 康一, 阿久津 泰典, 村上 健太郎, 大塚 亮太, 関野 伸文, 林 秀樹, 川平 洋, 松原 久裕 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 396 -396 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 青木圭, 川平洋 LIFE講演概要集(CD-ROM) 2016 ROMBUNNO.3P2‐C04 -677 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 産学官連携で実現した前下腿を保持し外科医を楽にするサージカルニーレストの開発
    川平 洋, 伊藤 雅昭, 西澤 祐吏, 西本 航, 下村 義弘, 松原 久裕 日本消化器外科学会総会 71回 SS4 -4 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌腹膜播種および腹腔内遊離癌細胞をターゲットとした新規局所治療の開発
    加野 将之, 羽成 直行, 郡司 久, 早野 康一, 角田 信輔, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本消化器外科学会総会 71回 P1 -22 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下胃全摘後の吻合部合併症に対する工夫と成績
    羽成 直行, 林 秀樹, 郡司 久, 早野 康一, 加野 将之, 川平 洋, 碓井 彰大, 村上 健太郎, 阿久津 泰典, 松原 久裕 日本消化器外科学会総会 71回 P2 -15 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 上間由, 中村亮一, 川平洋 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM) 2016 (0) ROMBUNNO.1A2‐01b4 -01b4 2016年06月 [査読無し][通常論文]
     
    <p>In late years, endoscope surgery attracts attention as a low invasive in a field of the surgery. There are many merits, but high technique is demanded, and the doctor increased with it for a patient for the operative time. The doctor continues restriction-like standing position posture in endoscope surgery with much being performed by standing position work for a long time, and it's said that, as a result, the burden on hips, lower limbs grows big. So, we measured a physical burden at the time of the standing position posture work and inspected the development of the wearing type lower limbs instruction device for the purpose of the burden reduction, the effectiveness.</p>
  • 池澤正雄, 井竹康郎, 伊藤祐介, 青木直人, 新井依子, 佐藤忠俊, 吉田正美, 山下淳一, 田畑陽一郎, 川平洋 日本透析医学会雑誌 49 (Supplement 1) 538 -538 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 池澤正雄, 池澤正雄, 井竹康郎, 坂本裕紀, 中嶋大旗, 伊藤祐介, 青木直人, 新井依子, 青木幸夫, 佐藤忠俊, 吉田正美, 田畑陽一郎, 川平洋 日本臨床工学技士会会誌 (57) 146 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 池澤正雄, 池澤正雄, 井竹康郎, 坂本裕紀, 中嶋大旗, 伊藤祐介, 青木直人, 新井依子, 青木幸夫, 佐藤忠俊, 吉田正美, 田畑陽一郎, 川平洋 日本臨床工学技士会会誌 (57) 130 -130 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 「臨床工学技士のためのバスキュラーアクセス日常管理指針」策定の経緯とその概要 本指針を有効に活用して頂くために エコーガイド下穿刺の実際とトレーニングの重要性
    池澤 正雄, 井竹 康郎, 坂本 裕紀, 中嶋 大旗, 伊藤 祐介, 青木 直人, 新井 依子, 青木 幸夫, 佐藤 忠俊, 吉田 正美, 田畑 陽一郎, 川平 洋 日本臨床工学技士会会誌 (57) 146 -146 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 画像診断が外科手術を変える 術中診断・映像の取得・分析・提示による新たな軟性臓器ナビゲーション手術"i-WaFLES"の創成
    中村 亮一, Pham Duc Tai, 杉野 貴明, 中田 浩之, 山口 智子, 林 優希, 川平 洋, 五十嵐 辰男 日本泌尿器科学会総会 104回 PPS16 -4 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 郡司久, 羽成直行, 林秀樹, 岡住慎一, 松原久裕 日本外科学会定期学術集会(Web) 116th PS‐210‐5 (WEB ONLY) -210 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 塚田祐一郎, 西澤祐吏, 川平洋, 佐々木剛志, 小林昭広, 伊藤雅昭 日本外科学会定期学術集会(Web) 116th OP‐020‐6 (WEB ONLY) -020 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 郡司久, 早野康一, 加野将之, 碓井彰大, 村上健太郎, 星野敢, 阿久津泰典, 石井清香, 浦濱竜馬, 大塚亮太, 加藤直奈美, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本外科学会定期学術集会(Web) 116th PS‐126‐5 (WEB ONLY) -126 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋 月刊新医療 43 (4) 104‐107 -107 2016年04月 [査読無し][通常論文]
     
    低侵襲な内視鏡外科手術が盛んになり、外科医は従来と異なる身体的負担が顕著になった。我々は医工・産学連携で、ロボット支援手術とは異なるコンセプトの外科医用ウェアラブルサポート器具を開発している。(著者抄録)
  • 切除可能進行胃癌に対するS-1/Docetaxel療法による術前化学療法の成績(Neoajuvant chemotherapy for resectable gastric cancer using S-1 plus Docetaxel)
    羽成 直行, 郡司 久, 早野 康一, 加野 将之, 阿久津 泰典, 松本 泰典, 碓井 彰大, 大塚 亮太, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 88回 309 -309 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 郡司久, 竹下修由, 加野将之, 早野康一, 羽成直行, 松原久裕, 川平洋, 林秀樹 日本胃癌学会総会記事 88th 466 -466 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 井竹康郎, 井竹康郎, 新井依子, 青木幸夫, 青木直人, 伊藤祐介, 中嶋大旗, 坂本裕紀, 池澤正雄, 中村恵輔, 佐藤忠俊, 吉田正美, 河野孝史, 大森耕一郎, 田畑陽一郎, 川平洋 医工学治療 28 (Supplement) 79 -79 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 坂本裕紀, 池澤正雄, 池澤正雄, 中嶋大旗, 伊藤祐介, 青木直人, 新井依子, 井竹康郎, 井竹康郎, 青木幸夫, 佐藤忠俊, 吉田正美, 山下淳一, 大森耕一郎, 田畑陽一郎, 川平洋 医工学治療 28 (Supplement) 98 -98 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 池澤正雄, 池澤正雄, 井竹康郎, 井竹康郎, 坂本裕紀, 伊藤祐介, 青木直人, 新井依子, 青木幸夫, 佐藤忠俊, 吉田正美, 河野孝史, 山下淳一, 大森耕一郎, 田畑陽一郎, 川平洋 医工学治療 28 (Supplement) 80 -80 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 下村義弘 千葉大学ベンチャービジネスラボラトリー年報 (16) 26‐28 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 岡本 尚之, 大西 峻, 川平 洋 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115 (401) 157 -160 2016年01月 [査読無し][通常論文]
  • 南佳岳, 大西峻, 倉田智宏, 倉田智宏, 和崎浩幸, 川平洋, 羽石秀昭 電子情報通信学会技術研究報告 115 (401(MI2015 73-145)) 105‐108 2016年01月 [査読無し][通常論文]
  • 岡本尚之, 大西峻, 川平洋, 羽石秀昭 電子情報通信学会技術研究報告 115 (401(MI2015 73-145)) 157‐160 2016年01月 [査読無し][通常論文]
  • 加野将之, 川平洋, 羽成直行, 郡司久, 早野康一, 林秀樹, 松原久裕 日本消化管学会総会学術集会プログラム・抄録集 12th 125 2016年 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 早野康一, 加野将之, 阿久津泰典, 上里昌也, 村上健太郎, 川平洋, 林秀樹, 大塚亮太, 松原久裕 胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集 46th 103 2016年 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡脊椎手術の水中手術と空中手術の功罪 体腔内灌流下鏡視手術(水中手術)の開発
    五十嵐 辰男, 石井 琢郎, 海老原 裕麿, 川平 洋, 納谷 幸男 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) SY7 -4 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡手術の技術分析 科学的な指導のために 可搬型練習キット併用による複数開催型ハンズオンセミナーの現状
    川平 洋, 羽成 直行, 郡司 久, 中村 亮一, 林 秀樹, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) PD2 -5 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 術者の膝部を支え下肢を保持する新規手術用イスの開発
    西本 航, 中島 諒太, 川平 洋, 下村 義弘, 中村 亮一, 伊藤 雅昭, 西澤 祐吏, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS50 -1 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 外骨格型手術支援スーツを用いた動物実験での有効性検討
    中島 諒太, 川平 洋, 下村 義弘, 青木 圭, 中村 亮一, 齋藤 武, 郡司 久, 森 千里, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS50 -2 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 患者右側より行う腹腔鏡下胃切除6番郭清
    郡司 久, 竹下 修由, 加野 将之, 角田 慎輔, 早野 康一, 羽成 直行, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS158 -6 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下大腸全摘術の手術手技と成績
    吉田 豊, 岡住 慎一, 門屋 健吾, 佐藤 礼実, 北原 知晃, 高木 隆一, 森山 彩子, 瓜田 祐, 田中 宏, 大城 崇司, 大城 充, 川平 洋, 川満 健太郎, 長島 誠, 加藤 良二 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS196 -8 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 後期高齢者に対する胃がん腹腔鏡手術
    加野 将之, 羽成 直行, 郡司 ひさし, 早野 康一, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS282 -1 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 北原知晃, 岡住慎一, 川満健太郎, 門屋健吾, 佐藤礼実, 鈴木淳一, 高木隆一, 森山彩子, 瓜田祐, 吉田豊, 田中宏, 大城崇司, 大城充, 川平洋, 長島誠, 加藤良二 日本外科系連合学会誌 40 (5) 1061 -1061 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 加野将之, 羽成直行, 郡司久, 早野康一, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 525 -525 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 郡司久, 竹下修由, 加野将之, 角田慎介, 早野康一, 羽成直行, 松原久裕, 川平洋, 林秀樹 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 555 -555 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 南佳岳, 大西峻, 加藤洸輝, 和崎浩幸, 川平洋, 羽石秀昭 Optics & Photonics Japan講演予稿集(CD-ROM) 2015 ROMBUNNO.30PA6 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 羽成直行, 郡司久, 森幹人, 加野将之, 林秀樹, 上里昌也, 大城崇司, 岡住慎一, 松原久裕 消化器内視鏡 27 (9) 1521 -1525 2015年09月 [査読無し][通常論文]
     
    食道胃接合部に主座を置く粘膜下腫瘍の切除を行う場合、腫瘍径と腫瘍の局在性(周性、壁内発育型か壁外発育型か)が鍵となる。腹腔鏡下に局所切除を行う場合、直径5cm未満の手術相対適応病変で全周性でない病変が適応となる。内科と外科のコラボレーションで行う腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)は同領域の良い適応であり、腫瘍を必要最低限で切除することが可能である。しかしながら、食道胃接合部近傍での再建手技は胃体部領域に比較すれば困難で注意を要し、代表的な自動縫合器による縫合閉鎖では、腹部食道、噴門領域の狭窄や縫合不全、残胃の著しい変形、His角形成不全などによる術後逆流障害をきたす可能性がある。術中、腫瘍切除後の欠損部を縫合閉鎖した後の残胃変形をシミュレーションし、手縫いによる縫合閉鎖も厭わずに行えるよう準備しておく必要がある。(著者抄録)
  • 当科における胃および十二指腸神経内分泌腫瘍切除例の検討
    羽成 直行, 郡司 久, 加野 将之, 阿久津 泰典, 村上 健太郎, 西森 孝典, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本消化器外科学会総会 70回 P -37 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • Burved sutureを併用したdelta吻合の簡便化
    郡司 久, 加野 将之, 羽成 直行, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本消化器外科学会総会 70回 P -170 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • 谷口央樹, 小平典子, 大西峻, 川平洋, 岩立康男, 羽石秀昭 日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM) 34th (Suppl.) ROMBUNNO.PP26 -6 2015年07月 [査読無し][通常論文]
     
    悪性神経膠腫を対象とした5-aminolevulinic acid(5-ALA)を用いた手術は、5-ALAが体内で代謝変換されて生成される蛍光物質Protoporphyrin IX(PpIX)が腫瘍に特異的に蓄積されることを利用する。手術は励起照明と通常照明を切り替えて腫瘍領域の把握と摘出を別々に行う必要があり、医師の記憶をもととした腫瘍の摘出が行われる。また、蛍光観察は医師の肉眼による主観的評価であり、蛍光強度自体にも定量性がないため、腫瘍領域の認識は曖昧なものとなっている。そこで本研究では、定量化した蛍光情報と通常像の双情報をリアルタイムに提示するシステムの構築を目標とする。励起照明と通常照明を高速に切り替え、RGBカメラで取得した各照明下画像を用いることで、通常画像上に蛍光領域を重畳した融合像を提示する。蛍光領域の抽出は、照明位置に非依存のパラメータを算出し、閾値処理により行う。試作したシステムでは、60fpsでの撮影においてリアルタイムに融合像の提示が可能であった。(著者抄録)
  • 川平洋 人間工学 51 8‐9 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 加野将之, 羽成直行, 郡司久, 川平洋, 横山幸太郎, 徳山宏丈, 北原綾, 林秀樹, 松原久裕 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 33rd 121 -121 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 夏目俊之, 赤井崇, 羽成直行, 森幹人, 堀部大輔, 早野康一, 青山博道, 松原久裕 千葉医学雑誌 91 (3) 131 -131 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 加野将之, 羽成直行, 郡司久, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本外科系連合学会誌 40 (3) 512 2015年05月 [査読無し][通常論文]
  • 池澤正雄, 井竹康郎, 川村学, 伊藤祐介, 青木直人, 新井依子, 青木幸夫, 佐藤忠俊, 河野孝史, 吉田正美, 山下淳一, 大森耕一郎, 田畑陽一郎, 川平洋 日本透析医学会雑誌 48 (Supplement 1) 605 -605 2015年05月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋 産学官連携ジャーナル(Web) 11 (5) 19‐21 (WEB ONLY) 2015年05月 [査読無し][通常論文]
  • 高齢者悪性腫瘍手術 上部 超高齢者に対する胃癌術後合併症について
    加野 将之, 羽成 直行, 郡司 久, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本外科系連合学会誌 40 (3) 512 -512 2015年05月 [査読無し][通常論文]
  • 栄養・感染症・緩和 胃癌腹膜播種に対する外科治療は「身体にも心にも優しい緩和医療」になり得るか?
    鍋谷 圭宏, 永田 松夫, 滝口 伸浩, 池田 篤, 貝沼 修, 早田 浩明, 趙 明浩, 外岡 亨, 齋藤 洋茂, 有光 秀仁, 柳橋 浩男, 小林 亮介, 知花 朝史, 所 為然, 石毛 文隆, 上里 昌也, 川平 洋, 松原 久裕, 山本 宏 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP -143 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 上部消化管 内側アプローチによる腹腔鏡下胃切除6番リンパ節郭清
    郡司 久, 加野 将之, 武藤 頼彦, 松原 久裕, 川平 洋, 林 秀樹 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP -193 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 幽門保存胃切除術の術後機能評価 多施設共同試験PGSASからみた幽門保存胃切除術の術後評価
    並川 努, 比企 直樹, 木南 伸一, 岡部 寛, 漆原 貴, 川平 洋, 福島 紀雅, 小寺 泰弘, 弓場 健義, 小塩 真司, 中田 浩二, 胃癌術後評価を考える」ワーキンググループ 日本胃癌学会総会記事 87回 185 -185 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 中口俊哉, 森幹人, 大城充, 大城崇司, 田中宏, 吉田豊, 瓜田祐, 高木隆一, 鈴木淳一, 北原知晃, 佐藤礼実, 松原久裕, 岡住慎一, 加藤良二 日本胃癌学会総会記事 87th 332 -332 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 郡司久, 加野将之, 林秀樹, 川平洋, 阿久津泰典, 西森孝典, 村上健太郎, 豊住武司, 松本泰典, 水藤広, 松原久裕 日本胃癌学会総会記事 87th 351 -351 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 李震光, 倉田智宏, 織田成人, 川平洋, 大西峻, 羽石秀昭 医工学治療 27 (Supplement) 122 -122 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 郡司久, 加野将之, 羽成直行, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本胃癌学会総会記事 87th 246 -246 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 池澤正雄, 井竹康郎, 中嶋大旗, 川村学, 伊藤祐介, 青木直人, 新井依子, 青木幸夫, 佐藤忠俊, 吉田正美, 田畑陽一郎, 川平洋 医工学治療 27 (Supplement) 126 -126 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 永田松夫, 滝口伸浩, 池田篤, 外岡亨, 斎藤洋茂, 上里昌也, 川平洋, 松原久裕 日本胃癌学会総会記事 87th 397 -397 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 井竹康郎, 中島大輔, 川村学, 伊藤祐介, 青木直人, 新井依子, 青木幸夫, 池澤正雄, 佐藤忠俊, 川平洋, 山下淳一, 大森耕一郎, 田畑陽一郎 医工学治療 27 (Supplement) 171 -171 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 中村亮一, 杉野貴明, 鈴木啓太, 伊藤夏織, TAI Pham Duc, 山本優希, 川平洋, 五十嵐辰男 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM) 2015 ROMBUNNO.BI-8-4 2015年02月 [査読無し][通常論文]
  • 中村 亮一, 杉野 貴明, 鈴木 啓太, 伊藤 夏織, Pham Duc Tai, 山本 優希, 川平 洋, 五十嵐 辰男 電子情報通信学会総合大会講演論文集 2015 (1) "SS -94"-"SS-95" 2015年02月 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤礼実, 岡住慎一, 門屋健吾, 川満健太郎, 北原知晃, 鈴木淳一, 高木隆一, 森山彩子, 瓜田祐, 吉田豊, 田中宏, 大城崇司, 大城充, 川平洋, 長島誠, 朴英進, 加藤良二 日本腹部救急医学会雑誌 35 (2) 530 -530 2015年02月 [査読無し][通常論文]
  • 鈴木淳一, 門屋健吾, 佐藤礼実, 川満健太郎, 北原知晃, 高木隆一, 森山彩子, 瓜田祐, 吉田豊, 田中宏, 大城崇司, 大城充, 川平洋, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二 日本腹部救急医学会雑誌 35 (2) 396 -396 2015年02月 [査読無し][通常論文]
  • 池澤正雄, 池澤正雄, 井竹康郎, 井竹康郎, 坂本裕紀, 中嶋大旗, 伊藤祐介, 青木直人, 新井依子, 青木幸夫, 佐藤忠俊, 吉田正美, 河野孝史, 山下淳一, 大森耕一郎, 田畑陽一郎, 川平洋 日本アクセス研究会学術集会・総会プログラム・抄録集 19th 58 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 永田松夫, 滝口伸浩, 池田篤, 貝沼修, 早田浩明, 趙明浩, 外岡亨, 齋藤洋茂, 有光秀仁, 柳橋浩男, 小林亮介, 知花朝史, 所為然, 石毛文隆, 上里昌也, 川平洋, 松原久裕, 山本宏 日本外科学会定期学術集会(Web) 115th OP-143-6 (WEB ONLY) 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 池澤正雄, 池澤正雄, 井竹康郎, 井竹康郎, 坂本裕紀, 中嶋大旗, 伊藤祐介, 青木直人, 新井依子, 青木幸夫, 佐藤忠俊, 吉田正美, 河野孝史, 山下淳一, 大森耕一郎, 田畑陽一郎, 川平洋 日本アクセス研究会学術集会・総会プログラム・抄録集 19th 88 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 井竹康郎, 井竹康郎, 池澤正雄, 池澤正雄, 坂本裕紀, 中嶋大旗, 伊藤祐介, 青木直人, 新井依子, 青木幸夫, 中村恵輔, 佐藤忠俊, 吉田正美, 河野孝史, 大森耕一郎, 田畑陽一郎, 川平洋 日本アクセス研究会学術集会・総会プログラム・抄録集 19th 89 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 谷澤豊, 谷澤豊, 田邊和照, 川平洋, 藤田淳也, 滝口伸浩, 高橋正純, 伊藤友一, 三森教雄, 並川努, 小塩真司, 中田浩二 日本消化管学会総会学術集会プログラム・抄録集 11th 157 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 郡司久, 加野将之, 武藤頼彦, 松原久裕, 川平洋, 林秀樹 日本外科学会定期学術集会(Web) 115th OP-193-3 (WEB ONLY) 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 中島清一, 伊藤雅昭, 今枝博之, 梅原智, 浦岡俊夫, 加藤元彦, 川平洋, 炭山和毅, 出口治, 西田俊朗, 宮本学, 矢作直久, 山崎誠, 山田拓哉 企業人材の育成と連動した革新的国産内視鏡治療機器の研究開発 平成26年度 委託業務成果報告書 9‐11 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 並川努, 比企直樹, 木南伸一, 岡部寛, 漆原貴, 川平洋, 福島紀雅, 小寺泰弘, 弓場健義, 小塩真司, 中田浩二 日本胃癌学会総会記事 87th 185 -185 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 中村 亮一, 杉野 貴明, 川平 洋, 伊藤 夏織, 鈴木 啓太, 五十嵐 辰男 生体医工学 53 (0) S136_02 -S136_02 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    Therapeutic environment is highly developed but increasingly complicated by emergence of a new minimally invasive surgical technique, the development of various diagnostic and treatment equipment. Computer Aided Surgery (CAS) technologies contribute for the advancement of minimally invasive surgery using precise guidance system based on diagnostic imaging and robotics technologies. And it also provide us digital operation room environment, in which we can easily measure and analyze the surgical information. We are developing the technologies for guiding surgeons precisely and technologies for measuring and analyzing the digital information on the surgical navigation system to detect and evaluate the characteristics of surgical procedures and environments and also to predict the future outcome and effectiveness of the treatment. In this presentation, I introduces the results of trial experiments using these new navigation technologies and the possibility of the future navigation technologies for recording and evaluating a therapeutic procedure and environment in operation room.
  • 川平 洋 人間工学 51 (0) S8 -S9 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 羽成直行, 郡司久, 中村亮一, 井上雅仁, 田邊政裕, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 75 (12) 3390 -3390 2014年12月 [査読無し][通常論文]
  • 小平典子, 谷口央樹, VON UND, ZU FRAUNBERG Mikael, JAEAESKELAEINEN Juha E, HAUTA‐KASARI Markku, 大西峻, 川平洋, 羽石秀昭 Optics & Photonics Japan講演予稿集(CD-ROM) 2014 ROMBUNNO.6PA11 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 倉田智宏, LI Zhenguang, 川平洋, 羽石秀昭 Optics & Photonics Japan講演予稿集(CD-ROM) 2014 ROMBUNNO.7PA6 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 南佳岳, 大西峻, 川平洋, 羽石秀昭 Optics & Photonics Japan講演予稿集(CD-ROM) 2014 ROMBUNNO.6PA9 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 手塚千絵, 小平典子, 大西峻, 川平洋, 羽石秀昭 Optics & Photonics Japan講演予稿集(CD-ROM) 2014 ROMBUNNO.6PA8 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 森幹人, 首藤潔彦, 羽成直行, 郡司久, 川平洋, 小杉千弘, 松尾憲一, 平野敦史, 村上崇, 山崎正人, 鈴木正人, 林秀樹, 田中邦哉, 幸田圭史, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 622 -622 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 【医用画像に基づく計算解剖学の創成と診断・治療支援の高度化】 計算解剖学 公募研究からの報告 計算解剖学モデルを応用したナビゲーション誘導下腹腔鏡下手術の自動工程分析・評価(2012-2013年度)
    中村 亮一, 杉野 貴明, 本多 有芽, 川平 洋 INNERVISION 29 (11) 56 -56 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 水中手術 体腔内外灌流下治療の実現へのアプローチ 人工腹水をもちいた単孔式腹腔鏡手術(WAFLES plus SILS)の検討
    五十嵐 辰男, 川平 洋, 石井 琢郎, 納谷 幸男, 海老原 裕麿, 石田 稔, 青江 知彦, 磯野 史朗 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 433 -433 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 杉野貴明, 川平洋, 中村亮一 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 498 -498 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 郡司久, 羽成直行, 林秀樹, 川平洋, 松原久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 565 -565 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 羽成直行, 郡司久, 中村亮一, 井上雅仁, 田邊政裕, 松原久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 498 -498 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 中島諒太, 川平洋, 下村義弘, 西本航, 中村亮一, 齋藤武, 郡司久, 松原久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 501 -501 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 林秀樹, 郡司久, 加野将之, 川平洋, 松原久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 687 -687 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 五十嵐 辰男, 川平 洋, 石井 琢郎, 納谷 幸男, 海老原 裕麿, 石田 稔, 青江 知彦, 磯野 史朗 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 433 -433 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 森幹人, 羽成直行, 郡司久, 川平洋, 首藤潔彦, 小杉千弘, 松尾憲一, 山崎将人, 鈴木正人, 平野敦史, 村上崇, 田中邦哉, 幸田圭史, 林秀樹, 松原久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 789 -789 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 吉田豊, 岡住慎一, 門屋健吾, 佐藤礼実, 北原知晃, 鈴木淳一, 高木隆一, 森山彩子, 瓜田祐, 田中宏, 大城崇司, 川平洋, 大城充, 長島誠, 加藤良二 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 730 -730 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 西本航, 中島諒太, 川平洋, 下村義弘, 中村亮一, 伊藤雅昭, 西澤祐吏, 松原久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 501 -501 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 林秀樹, 郡司久, 加野将之, 川平洋, 阿久津泰典, 松原久裕 小切開・鏡視外科学会雑誌 5 (1) 43 -43 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 林秀樹, 川平洋, 郡司久, 松原久裕 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 32nd 90 -90 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 林秀樹, 川平洋, 森幹人, 堀部大輔, 郡司久, 松原久裕 日本外科系連合学会誌 39 (3) 513 2014年05月 [査読無し][通常論文]
  • 稲嶺 清弥, 高橋 恭佑, 中口 俊哉, 川平 洋 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114 (35) 7 -12 2014年05月 [査読無し][通常論文]
     
    これまで室内照明としては蛍光灯や白熱電球が一般的であり,また,近年はLED照明が使用されてきたが,省エネルギー性やデザイン性の観点から有機ELパネルが次世代の照明技術として注目を浴びている.そこで,本研究では有機ELとLED照明が生体に与える影響を主観的,客観的に比較検討した.実験は卓上での作業を想定したタスクを設定し,長時間のタスクにより起きる生体影響を主観的評価によって検証する単一刺激評価,二種類の照明間において視覚疲労の違いを評価する二重刺激評価を行った.単一刺激評価ではタスク中の自律神経活動状態をモニタリングすることで,有機EL照明とそLED照明が生体に与える影響の違いについて検討した.
  • 稲嶺清弥, 高橋恭佑, 中口俊哉, 川平洋 電子情報通信学会技術研究報告 114 (35(IMQ2014 1-6)) 7 -12 2014年05月 [査読無し][通常論文]
  • 外科系各科における手術教育の現状と問題点(若手外科医人材確保を含めて) 研修医のニーズに則した内視鏡外科初期研修の試み
    羽成 直行, 林 秀樹, 川平 洋, 森 幹人, 堀部 大輔, 郡司 久, 松原 久裕 日本外科系連合学会誌 39 (3) 513 -513 2014年05月 [査読無し][通常論文]
  • 小熊諒, 中口俊哉, 中村亮一, 山口匡, 川平洋, 羽石秀昭 Medical Imaging Technology (Web) 32 (3) 203-211 (J-STAGE) -210 2014年05月 [査読無し][通常論文]
     
    腹腔鏡下手術では、術中に血管や病変部など臓器内部の情報を取得するため、ポートから挿入可能な超音波プローブが使用される。しかし、別々のモニタに表示された腹腔鏡画像と超音波画像を同時に確認しなければならず、実空間と超音波画像の対応付けが困難である。そこで腹腔鏡画像に超音波画像をリアルタイムに重畳し、1画面の観察で画像間の対応付けを直感的に行うことが可能となるシステムを構築した。プローブ先端部は屈曲自由度を有しているため、腹腔鏡画像から屈曲角を検出する手法を用いて、腹腔鏡に対する先端部の位置姿勢情報を取得した。銅線を張ったファントムを用いたシステムの評価実験の結果、超音波画像の重畳位置精度は平均6.9pixelとなった。また腹腔鏡下で行った動物実験では、プローブ先端部の屈曲角検出率は83.1%という結果を得た。(著者抄録)
  • 高橋 恭佑, 中口 俊哉, 川平 洋 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113 (470) 243 -246 2014年03月 [査読無し][通常論文]
     
    情報化社会と言われている現代では,卓上作業効率,勉強効率の向上が求められている.そのため,作業中の集中度合いの推定,そして集中度合いを作業内容にフィードバックすることが有用であると考えられる.これまでは身体動揺に着目することで,心拍や脳波などの生体信号を必要とせず簡易に集中度合いを推定する研究が行われてきた.そこで本研究では新たに作業進度と身体動揺量の経時変化の相関を求めることで集中時と非集中時の違いについて検討した.
  • 高橋 恭佑, 中口 俊哉, 川平 洋 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113 (469) 243 -246 2014年03月 [査読無し][通常論文]
     
    情報化社会と言われている現代では,卓上作業効率,勉強効率の向上が求められている.そのため,作業中の集中度合いの推定,そして集中度合いを作業内容にフィードバックすることが有用であると考えられる.これまでは身体動揺に着目することで,心拍や脳波などの生体信号を必要とせず簡易に集中度合いを推定する研究が行われてきた.そこで本研究では新たに作業進度と身体動揺量の経時変化の相関を求めることで集中時と非集中時の違いについて検討した.
  • 高橋 恭佑, 中口 俊哉, 川平 洋 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113 (468) 243 -246 2014年03月 [査読無し][通常論文]
     
    情報化社会と言われている現代では,卓上作業効率,勉強効率の向上が求められている.そのため,作業中の集中度合いの推定,そして集中度合いを作業内容にフィードバックすることが有用であると考えられる.これまでは身体動揺に着目することで,心拍や脳波などの生体信号を必要とせず簡易に集中度合いを推定する研究が行われてきた.そこで本研究では新たに作業進度と身体動揺量の経時変化の相関を求めることで集中時と非集中時の違いについて検討した.
  • 川平洋, 森幹人, 林秀樹, 夏目俊之, 赤井崇, 羽成直行, 堀部大輔, 郡司久, 早野康一, 松原久裕 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 626 -626 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 長島誠, 森山彩子, 門屋健吾, 佐藤礼実, 北原知晃, 高木隆一, 鈴木淳一, 川平洋, 瓜田祐, 吉田豊, 田中宏, 大城崇司, 大城充, 朴英進, 岡住慎一, 加藤良二 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 933 -933 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 森幹人, 堀部大輔, 郡司久, 村上健太郎, 星野敢, 西森孝典, 阿久津泰典, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 700 -700 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 森幹人, 羽成直行, 堀部大輔, 郡司久, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 702 -702 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 森 幹人, 林 秀樹, 夏目 俊之, 赤井 崇, 羽成 直行, 堀部 大輔, 郡司 久, 早野 康一, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 115 (2) 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成 直行, 森 幹人, 堀部 大輔, 郡司 久, 村上 健太郎, 星野 敢, 西森 孝典, 阿久津 泰典, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 115 (2) 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 森 幹人, 羽成 直行, 堀部 大輔, 郡司 久, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 115 (2) 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 長島 誠, 森山 彩子, 門屋 健吾, 佐藤 礼実, 北原 知晃, 高木 隆一, 鈴木 淳一, 川平 洋, 瓜田 祐, 吉田 豊, 田中 宏, 大城 崇司, 大城 充, 朴 英進, 岡住 慎一, 加藤 良二 日本外科学会雑誌 115 (2) 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌腹膜播種に対する治療の取り組みと展望 胃癌腹膜播種による癌性腸閉塞に対する外科手術 予後からみた適応と目標
    鍋谷 圭宏, 永田 松夫, 滝口 伸浩, 池田 篤, 上里 昌也, 川平 洋, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 86回 171 -171 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 郡司久, 堀部大輔, 森幹人, 羽成直行, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本胃癌学会総会記事 86th 259 -259 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 森幹人, 堀部大輔, 郡司久, 林秀樹, 川平洋, 丸山尚嗣, 松原久裕 日本胃癌学会総会記事 86th 286 -286 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 森幹人, 羽成直行, 堀部大輔, 郡司久, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本胃癌学会総会記事 86th 231 -231 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 高橋恭佑, 中口俊哉, 川平洋 電子情報通信学会技術研究報告 113 (469(IE2013 133-193)) 243 -246 2014年02月 [査読無し][通常論文]
  • 鈴木淳一, 門屋健吾, 佐藤礼実, 北原智晃, 高木隆一, 森山彩子, 瓜田祐, 吉田豊, 田中宏, 大城崇司, 大城充, 川平洋, 長島誠, 岡住慎一, 加藤良二 日本腹部救急医学会雑誌 34 (2) 437 -437 2014年02月 [査読無し][通常論文]
  • 南佳岳, 大西峻, 川平洋, 羽石秀昭 電子情報通信学会技術研究報告 113 (410(MI2013 56-125)) 295 -300 2014年01月 [査読無し][通常論文]
  • 小熊 諒, 中口 俊哉, 中村 亮一, 山口 匡, 川平 洋, 羽石 秀昭 Medical Imaging Technology 32 (3) 203 -211 2014年 [査読無し][通常論文]
     
    腹腔鏡下手術では,術中に血管や病変部など臓器内部の情報を取得するため,ポートから挿入可能な超音波プローブが使用される.しかし,別々のモニタに表示された腹腔鏡画像と超音波画像を同時に確認しなければならず,実空間と超音波画像の対応付けが困難である.そこで腹腔鏡画像に超音波画像をリアルタイムに重畳し,1画面の観察で画像間の対応付けを直感的に行うことが可能となるシステムを構築した.プローブ先端部は屈曲自由度を有しているため,腹腔鏡画像から屈曲角を検出する手法を用いて,腹腔鏡に対する先端部の位置姿勢情報を取得した.銅線を張ったファントムを用いたシステムの評価実験の結果,超音波画像の重畳位置精度は平均6.9 pixelとなった.また腹腔鏡下で行った動物実験では,プローブ先端部の屈曲角検出率は83.1%という結果を得た.
  • 上野達也, 中口俊哉, 林秀樹, 川平洋 日本VR医学会学術大会プログラム・抄録集 14th 20 2014年 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 永田松夫, 滝口伸浩, 池田篤, 上里昌也, 川平洋, 松原久裕 日本胃癌学会総会記事 86th 171 2014年 [査読無し][通常論文]
  • 並川努, 比企直樹, 木南伸一, 岡部寛, 漆原貴, 川平洋, 福島紀雅, 小寺泰弘, 弓場健義, 小塩真司, 中田浩二 胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集 44th 41 2014年 [査読無し][通常論文]
  • 郡司久, 狩野将之, 堀部大輔, 羽成直行, 松原久裕, 川平洋, 林秀樹 胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集 44th 67 2014年 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 郡司久, 狩野将之, 横山将也, 村上健太郎, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集 44th 90 2014年 [査読無し][通常論文]
  • 小熊 諒, 中口 俊哉, 中村 亮一, 山口 匡, 川平 洋, 羽石 秀昭 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2014 (0) 313 -314 2014年 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 林秀樹, 川平洋, 森幹人, 堀部大輔, 郡司久, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 74 (12) 3518 -3518 2013年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下袖状胃切除術後の胃管狭窄に対するHANAROSTENTの使用経験
    鈴木 淳一, 大城 崇司, 門屋 健吾, 佐藤 礼美, 北原 知晃, 高木 隆一, 森山 彩子, 瓜田 祐, 吉田 豊, 田中 宏, 大城 充, 川平 洋, 長島 誠, 岡住 慎一, 加藤 良二 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 494 -494 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 医工および産学連携で構築する教習所型プログラム方式鏡視下手術トレーニングの試み
    川平 洋, 林 秀樹, 羽成 直行, 郡司 久, 中村 亮一, 森 幹人, 堀部 大輔, 井上 雅仁, 田邊 正裕, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 538 -538 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • ナビゲーション装置を応用した内視鏡下手術の手術工程解析による定量的作業評価手法の開発
    杉野 貴明, 川平 洋, 中村 亮一 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 539 -539 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡手術手技と成績
    吉田 豊, 大城 崇司, 門屋 健吾, 佐藤 礼実, 北原 知晃, 鈴木 淳一, 高木 隆一, 瓜田 祐, 田中 宏, 川平 洋, 大城 充, 森山 彩子, 長島 誠, 岡住 慎一, 加藤 良二 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 651 -651 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 多発性十二指腸NETに対しLaparoscopy endoscopy cooperative surgery(LECS)にて切除し得た1例
    森 幹人, 羽成 直行, 堀部 大輔, 郡司 久, 川平 洋, 鈴木 一史, 成島 一夫, 星野 敢, 阿久津 泰典, 林 秀樹, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 738 -738 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 松本泰典, 夏目俊之, 赤井崇, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本外科系連合学会誌 38 (5) 1017 -1021 2013年10月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は54歳男性,黒色便を自覚し近医を受診した.貧血があり上部消化管内視鏡検査を施行し,十二指腸球部に隆起性病変を認め当院へ紹介された.画像検査により良悪性の判別はできなかったが,貧血の進行があり治療適応と考えた.内視鏡治療は困難と考え,開腹手術による切除の方針とし,術中内視鏡によるマーキングを併用し十二指腸壁切開で腫瘤摘出術を施行した.摘出標本は65mm大で病理組織学的にはBrunner腺過形成であった.これまで "Brunner腺腫" として報告された症例は,病理組織学的に過形成や過誤腫が大半であるとされるが,腫瘍性増殖をきたす腺腫や癌の報告が散見される.また良性病変であっても貧血などの症状を呈し治療適応となることが多く,その治療方針についてはいまだ一定の見解がない.今回われわれは高度貧血をきたした十二指腸巨大Brunner腺過形成に対し外科的切除を施行した症例を経験したので,文献考察を加えて報告する.(著者抄録)
  • 鍋谷圭宏, 永田松夫, 滝口伸浩, 池田篤, 貝沼修, 早田浩明, 趙明浩, 外岡亨, 武藤頼彦, 山本宏, 廣中秀一, 川平洋, 上里昌也, 松原久裕 日本外科感染症学会雑誌 10 (5) 569 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 新鮮凍結血漿を用いた血漿交換療法により著明な血圧低下を含む合併症を呈した3例
    越川 翠, 菅野 義彦, 鈴木 重明, 此枝 史恵, 川平 洋輔, 平林 則行, 又吉 徹, 鈴木 則宏, 吉田 理, 林 松彦 日本アフェレシス学会雑誌 32 (3) 218 -221 2013年10月 [査読無し][通常論文]
     
    アルブミン製剤を置換液とする血漿交換療法(PE)は血漿成分の損失が大きく必要な免疫抗体と凝固因子も失われる反面、新鮮凍結血漿(FFP)と比べ副作用が少ないとされている。当院では抗アセチルコリン受容体(AChR)抗体陽性時は免疫吸着療法、陰性時はPEを選択している。また置換液は原則的に5%アルブミン製剤を用いるが、感染、凝固異常のリスクを避けるため血清IgG500mg/dL以下、もしくはFNG100mg/dL以下の場合FFPを置換液としている。最近PEを施行した重症筋無力症(MG)の3症例においてFFPを用いた際に重篤な血圧低下を含む副作用が発生した。他のMG患者5例で5%アルブミンを置換液とした場合、他の疾患でFFPを置換液とした307例では同様の副作用は認めなかったため、MGに対する置換液の選択は慎重に行う必要がある。(著者抄録)
  • 高度侵襲手術後の感染性合併症の防止と治療に果たす栄養管理の役割 術前経口摂食障害を伴う上部消化管癌症例の周術期栄養管理 術後感染対策の観点から
    鍋谷 圭宏, 永田 松夫, 滝口 伸浩, 池田 篤, 貝沼 修, 早田 浩明, 趙 明浩, 外岡 亨, 武藤 頼彦, 山本 宏, 廣中 秀一, 川平 洋, 上里 昌也, 松原 久裕 日本外科感染症学会雑誌 10 (5) 569 -569 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 羽石 秀昭, 山口 匡, 中村 亮一, 菅 幹生, 中口 俊哉, 川平 洋, 大西 峻 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113 (219) 31 -34 2013年09月 [査読無し][通常論文]
     
    肝胆膵外科領域において,体内に形成された固形がんに対して高精度に病変部位を検出し,内視鏡等を用いて低侵襲かつ高精度に治療することが求められている.著者らは,このような消化器がんに対する高精度低侵襲手術を実現することを目指し,診断から治療までのプロセスに導入する各種の新規イメージング技術やデバイス技術の研究開発を進めている.具体的課題として,診断・事前データ収集のフェーズでは,各種断層像からの臓器のセグメンテーション,粘弾性特性や音響特性など臓器物性のイメージング技術,呼吸による臓器変形量の計測,治療計画のフェーズでは,体位や呼吸による臓器変形の予測・モデル化,手術工程解析,治療のフェーズでは,腹腔鏡画像の視野拡大や,腹腔鏡画像と超音波画像との融合による手術支援,ステレオX線透視像による術中利用技術,などの研究開発が挙げられる.本講演では,プロジェクトの体制とこれらの課題のいくつかを紹介する.
  • 羽石秀昭, 山口匡, 中村亮一, 菅幹生, 中口俊哉, 川平洋, 大西峻 電子情報通信学会技術研究報告 113 (219(MI2013 36-44)) 31 -34 2013年09月 [査読無し][通常論文]
  • 森幹人, 羽成直行, 堀部大輔, 郡司久, 鈴木一史, 阿久津泰典, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM) 51st (3) ROMBUNNO.P10-3 -1837 2013年09月 [査読無し][通常論文]
  • 小熊諒, 中口俊哉, 中村亮一, 山口匡, 川平洋, 羽石秀昭 日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM) 32nd (Suppl.) ROMBUNNO.OP6-1 -6 2013年08月 [査読無し][通常論文]
     
    腹腔鏡下手術では、術中に血管や病変部など臓器内部の情報を取得するため、ポートから挿入可能な超音波プローブが使用される。しかし、別々のモニタに表示された腹腔鏡画像と超音波画像を同時に確認しなければならず、実空間と超音波画像の対応付けが困難である。そこで腹腔鏡画像に超音波画像をリアルタイムに重畳し、画像間の対応付けを直感的に行うことが可能となるシステムを構築した。プローブ先端部は屈曲自由度を有しており、手元のダイヤル操作により角度が変化する。そこで先端部の位置姿勢を取得するため、腹腔鏡-プローブ間の位置関係と腹腔鏡画像上のプローブ形状から先端部の角度を推定する手法をシステムに統合した。これにより腹腔内に挿入される先端部にセンサやマーカを装着することなく位置姿勢を取得することが可能となった。動物実験により本システムの有効性を検証した。(著者抄録)
  • 手塚千絵, 小平典子, 村井希名, 大西峻, 川平洋, 羽石秀昭 日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM) 32nd (Suppl.) ROMBUNNO.OP8-2 -6 2013年08月 [査読無し][通常論文]
     
    消化器系の自家移植手術を行うにあたり、切除対象となる臓器の血行状態を把握する必要がある。現在は主に目視による臓器の変色の度合いから判断している。しかし、色の違いはごくわずかである場合が多く、医師による判断基準も統一されていないため、客観的な評価ができていない。そこで本研究では、近赤外画像を利用して臓器の血行状態を定量的に評価する手法の構築を目指す。測定には狭帯域な分光画像が取得できるハイパースペクトルカメラを使用し、ブタ小腸を対象に動物実験を行った。臓器の分光反射率データを収集し、血行正常部と不良部でヘモグロビンの分光吸収特性に応じた分光反射率の違いを確認した。取得した分光反射率データと、仮想的に作成したLED光源波形を利用し、実際の手術時に撮影される仮想的な近赤外画像を作成した。作成画像で血行状態を評価した結果、血行状態を定量的に把握できる可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 高橋 恭佑, 中口 俊哉, 川平 洋 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113 (164) 5 -9 2013年07月 [査読無し][通常論文]
     
    現代では,卓上作業効率,勉強効率の向上が求められている.そのため,作業中の集中度合いの推定,そして集中度合いを作業内容にフィードバックすることが有用であると考えられる.これまで心拍や脳波など生体信号を用いる方法が提案されているが,作業者にセンサなどを取り付けず非接触に測定するということに関してはあまり検討されていない.そこで,本研究では重心動揺や加速度を用いた身体動揺検出法により,非接触に作業集中度を推定する.実験では卓上での作業を想定したタスクを設定し椅子に取り付けた加速度,重心動揺をモニタリングすることで,集中時と非集中時の違いについて検討した
  • 高橋恭佑, 中口俊哉, 川平洋 電子情報通信学会技術研究報告 113 (164(IMQ2013 5-11)) 5 -9 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 患者立脚型アウトカム評価法(PGSAS-45)による幽門側胃切除Roux en Y再建の特性
    川平 洋, 小寺 泰弘, 比企 直樹, 高橋 正純, 三澤 一成, 三森 教雄, 川島 吉之, 並川 努, 稲田 高男, 中田 浩二 日本消化器外科学会総会 68回 P -3 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • PGSAS-45を用いた幽門保存胃切除術後のQOL評価
    並川 努, 比企 直樹, 木南 伸一, 岡部 寛, 漆原 貴, 川平 洋, 福島 紀雅, 小寺 泰弘, 弓場 健義, 中田 浩二 日本消化器外科学会総会 68回 P -3 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 患者立脚型アウトカム(PGSAS-45)からみた胃癌手術における噴門側残胃温存の意義
    高橋 正純, 寺島 雅典, 川平 洋, 永井 英司, 上之園 芳一, 木南 伸一, 永田 康浩, 吉田 昌, 青柳 慶史朗, 中田 浩二 日本消化器外科学会総会 68回 O -16 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌手術における切除・再建法の工夫 長期QOLからみたコンセンサスの構築 患者立脚型自己記入式QOL評価票(PGSAS-45)からみた幽門側胃切除後再建方法の評価
    寺島 雅典, 田邊 和照, 吉田 昌, 川平 洋, 稲田 高男, 岡部 寛, 漆原 貴, 川島 吉之, 福島 紀雅, 中田 浩二 日本消化器外科学会総会 68回 WS -4 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 当科の治療成績の検証から得られる胃GISTに対する今後の治療戦略
    森 幹人, 羽成 直行, 堀部 大輔, 郡司 久, 村上 健太郎, 成島 一夫, 阿久津 泰典, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本消化器外科学会総会 68回 P -151 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 谷澤豊, 田邊和照, 川平洋, 藤田淳也, 滝口伸浩, 高橋正純, 三澤一成, 三森教雄, 並川努, 中田浩二 胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集 43rd 78 -48 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤由美, 太田あや, 野本尚子, 川平洋, 古川勝規, 鍋谷圭宏, 松原久裕, 佐伯直勝 外科と代謝・栄養 47 (3) 114 -114 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 岡住慎一, 上里昌也, 大城充, 大城崇司, 田中宏, 吉田豊, 瓜田祐, 松原久裕, 加藤良二 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 67th 213 -213 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 林秀樹, 森幹人, 堀部大輔, 郡司久, 川平洋, 松原久裕 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 31st 89 -89 2013年06月 [査読無し][通常論文]
  • 小平典子, 村井希名, 大西峻, 川平洋, 羽石秀昭 日本写真学会誌 76 (2) 160 2013年04月 [査読無し][通常論文]
  • 森幹人, 羽成直行, 堀部大輔, 郡司久, 川平洋, 阿久津泰典, 西森孝典, 星野敢, 村上健太郎, 林秀樹, 松原久裕 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 580 -580 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 鈴木拓, 中口俊哉, 大城崇司, 大城充, 岡住慎一, 加藤良二, 林秀樹, 松原久裕 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 1057 -1057 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 川平洋, 森幹人, 堀部大輔, 郡司久, 阿久津泰典, 西森孝典, 星野敢, 村上健太郎, 遠藤悟史, 赤沼直毅, 磯崎由佳, 豊住武司, 林秀樹, 松原久裕 日本外科学会雑誌 114 (臨増2) 948 -948 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 森 幹人, 羽成 直行, 堀部 大輔, 郡司 久, 川平 洋, 阿久津 泰典, 西森 孝典, 星野 敢, 村上 健太郎, 林 秀樹, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 114 (2) 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成 直行, 川平 洋, 森 幹人, 堀部 大輔, 郡司 久, 阿久津 泰典, 西森 孝典, 星野 敢, 村上 健太郎, 遠藤 悟史, 赤沼 直毅, 磯崎 由佳, 豊住 武司, 林 秀樹, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 114 (2) 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 鈴木 拓, 中口 俊哉, 大城 崇司, 大城 充, 岡住 慎一, 加藤 良二, 林 秀樹, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 114 (2) 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 森岡浩一, 秋田利明, 三上直宣, 水野史人, 岡田正穂, 川平洋一 日本心臓血管外科学会雑誌 42 (Supplement) 345 2013年02月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 林秀樹, 森幹人, 堀部大輔, 郡司久, 阿久津泰典, 星野敢, 西森孝典, 磯崎由佳, 村上健太郎, 遠藤悟史, 赤沼直毅, 豊住武司, 川平洋, 松原久裕 日本胃癌学会総会記事 85th 304 -304 2013年02月 [査読無し][通常論文]
  • 森幹人, 羽成直行, 堀部大輔, 郡司久, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本胃癌学会総会記事 85th 301 -301 2013年02月 [査読無し][通常論文]
  • 高橋正純, 寺島雅典, 川平洋, 永井英司, 上之園芳一, 木南伸一, 永田康浩, 吉田昌, 青柳慶史朗, 中田浩二 胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集 43rd 79 2013年 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 小寺泰弘, 比企直樹, 高橋正純, 三澤一成, 三森教雄, 川島吉之, 並川努, 稲田高男, 中田浩二 胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集 43rd 76 2013年 [査読無し][通常論文]
  • 並川努, 比企直樹, 木南伸一, 岡部寛, 漆原貴, 川平洋, 福島紀雅, 小寺泰弘, 弓場健義, 中田浩二 胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集 43rd 52 2013年 [査読無し][通常論文]
  • Zhenguang Li, Saori Kaneko, Shigeto Oda, Hiroshi Kawahira, Hideki Haneishi IFMBE Proceedings 39 1006 -1009 2013年 [査読無し][通常論文]
     
    The microcirculation is defined as the smallest vessels where gas and nutrient are exchanged with tissues. In treatment of critical care, it is desired to monitor microcirculatory dysfunction to feedback it. The recent development of new imaging modalities such as Sidestream Dark Field (SDF) imaging has helped to directly investigate microcirculation for clinical and experimental studies. In this study, in order to acquire clinically useful information from more sophisticated analysis of the SDF images, we have made a trial model for SDF imaging. Four kinds of LEDs were attached to a miniature CCD camera to acquire images under proper illumination. First, we observed the blood flow in human sublingual micro-circulation and pig mucosal microcirculation. We then conducted an experiment on biological phantom to analyze micro-circulation of the oxygen saturation. In this paper, we present the principle and the specifications of the trial model as well as some images obtained in the experiments. © 2013 Springer-Verlag.
  • Kina Murai, Hiroshi Kawahira, Hideaki Haneishi IFMBE Proceedings 39 1010 -1013 2013年 [査読無し][通常論文]
     
    When surgeons resect and reconstruct a hollow organ in an abdominal surgery, it is necessary to judge whether the organ to be transplanted is healthy or not. Although the condition of the organ is reflected to the color and appearance, the difference is sometimes subtle. This judgment is done based on experience and a sense of surgeons. Technologies supporting the visual diagnosis should be developed. Optimally designed illuminant based on properties of human visual system may clarify the color difference of the attention area. On the other hand, since conventional operations are conducted under the white shadowless light source, it is not preferable that color of the optimal illuminant is different from that of white shadowless light. In this paper, for the purpose of clarifying the blood circulation, the optimal white illuminant is designed by combining some kinds of LEDs. The reflectance spectra of internal organs were collected from a pig's small intestine. The spectral reflectance was also calculated from images captured by a multispectral camera which have many narrowband filters. The calculated spectral reflectance of the small intestine is used for the design of the optimal LED illuminant. It was found that the optimal illuminant can clarify the blood circulation better than the conventional illuminant. © 2013 Springer-Verlag.
  • 腹腔鏡手術のための「distance sensation」外科的ナビゲーションシステムの評価(Evaluation of Surgical Navigation System with "Distance Sensation" for Laparoscopic Surgery)
    Honda Yume, Kawahira Hiroshi, Sato Ikuma, Nakamura Ryoichi 福田記念医療技術振興財団情報 (25) 23 -26 2012年12月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡外科鉗子のグリップ形状に関する人間工学的研究
    川平 洋, 箕輪 敬太, 下村 義弘, 勝浦 哲夫, 林 秀樹, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 17 (7) 339 -339 2012年12月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における胃粘膜下腫瘍に対する腹腔鏡下手術症例の検討
    森 幹人, 羽成 直行, 堀部 大輔, 郡司 久, 川平 洋, 阿久津 泰典, 星野 敢, 竹下 修由, 林 秀樹, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 17 (7) 506 -506 2012年12月 [査読無し][通常論文]
  • 先端変形・成形式エンドエフェクタ機構による高機能細径内視鏡下手術用術具の開発
    阿部 貴大, 川平 洋, 中路 景暁, 中村 亮一 日本内視鏡外科学会雑誌 17 (7) 587 -587 2012年12月 [査読無し][通常論文]
  • 手術ナビゲーションを作業記録装置として利用した腹腔鏡下胆嚢摘出術の手術工程解析法の提案と評価
    杉野 貴明, 中村 亮一, 川平 洋 日本内視鏡外科学会雑誌 17 (7) 734 -734 2012年12月 [査読無し][通常論文]
  • 致命的な出血を来した切除不能進行胃癌の二例
    当間 雄之, 夏目 俊之, 赤井 崇, 堀部 大輔, 川平 洋, 首藤 潔彦, 宮内 英聡, 松原 久裕 Japanese Journal of Acute Care Surgery 2 120 -123 2012年11月 [査読無し][通常論文]
     
    症例1は60代女性で、体重減少の精査目的に近医入院後ショックとなり、救命救急センターへ転院となった。内視鏡にて噴門部3型腫瘍からの出血が確認され、内視鏡的クリッピングにて一時止血が得られたが、腹部・縦隔・左鎖骨上にリンパ節転移を伴い切除不能進行癌と診断され、当院転院となった。再出血を繰り返すため、姑息切除を試みたが高度局所浸潤のため断念し、胃壁切開・縫合止血術を行ったところ術後再出血は認めなかったが、術後4ヵ月に死亡した。症例2は60代男性で、体重減少を主訴に、前医にて胃体上部後壁の3型胃癌と診断され当科紹介となった。後腹膜浸潤を伴う切除不能進行癌であり、化学療法計画中に大量吐血からショック状態を呈した。CTにて動脈性出血と診断し、緊急血管造影にて脾動脈本幹からの造影剤漏出を確認後TAEを行った。術後は脾梗塞・膿瘍を合併し、3ヵ月後に死亡した。
  • 金子沙織, LI Zhenguang, 織田成人, 川平洋, 羽石秀昭 日本写真学会誌 75 (5) 433 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 村井希名, 川平洋, 羽石秀昭 日本写真学会誌 75 (5) 434 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 森幹人, 堀部大輔, 郡司久, 川平洋, 阿久津泰典, 西森孝典, 星野敢, 磯崎由佳, 遠藤悟史, 豊住武司, 村上健太郎, 林秀樹, 宮澤幸正, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 73 804 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 岡住慎一, 田中宏, 大城充, 大城崇司, 吉田豊, 瓜田祐, 森山彩子, 高木隆一, 北原知晃, 佐藤礼美, 門屋健吾, 長島誠, 川平洋, 朴英進, 加藤良二 日本臨床外科学会雑誌 73 406 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 杉野貴明, 川平洋, 中村亮一 日本コンピュータ外科学会誌 14 (3) 398 -399 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 中村亮一, 杉野貴明, 本多有芽, 相沢知明, 村垣善浩, 川平洋 日本コンピュータ外科学会誌 14 (3) 182 -183 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 岡住 慎一, 田中 宏, 大城 充, 大城 崇司, 吉田 豊, 瓜田 祐, 森山 彩子, 高木 隆一, 北原 知晃, 佐藤 礼美, 門屋 健吾, 長島 誠, 川平 洋, 朴 英進, 加藤 良二 日本臨床外科学会雑誌 73 (増刊) 406 -406 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • HER2陽性進行再発胃癌に対する治療 HER2検索の問題点と治療の実際
    羽成 直行, 森 幹人, 堀部 大輔, 郡司 久, 川平 洋, 阿久津 泰典, 西森 孝典, 星野 敢, 磯崎 由佳, 遠藤 悟史, 豊住 武司, 村上 健太郎, 林 秀樹, 宮澤 幸正, 松原 久裕 日本臨床外科学会雑誌 73 (増刊) 804 -804 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 匠の技と先端技術の融合 医工連携の問題点 匠の技の定量化 ナビゲーション医療機器の手術環境評価への可能性
    中村 亮一, 杉野 貴明, 本多 有芽, 相沢 知明, 村垣 善浩, 川平 洋 日本コンピュータ外科学会誌 14 (3) 182 -183 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 永田松夫, 滝口伸浩, 池田篤, 上里昌也, 赤井崇, 川平洋, 山本宏, 松原久裕 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM) 50th (3) ROMBUNNO.PD22-07 -1323 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 森幹人, 羽成直行, 堀部大輔, 郡司久, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本癌治療学会学術集会(CD-ROM) 50th (3) ROMBUNNO.PS1-112 -1499 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • LI Zhenguang, 金子沙織, 織田成人, 川平洋, 羽石秀昭 日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM) 31st (Suppl.) ROMBUNNO.OP6-4 -6 2012年08月 [査読無し][通常論文]
     
    臨床においてはショック症状などに対し薬物治療が行われ、血流の乱れの改善、及び物質交換機能の改善が図られる。この治療効果を確認するため微小循環のモニタリングが望まれている。我々はこれらの課題に取り組むため、まずチップ型LED(Light Emitting Diode)と小型CCDカメラを組み合わせた微小循環の撮影装置を試作した。ここでは分光特性の異なる3色のチップ型LEDを配置し、異なる照明下でのバンド画像収集を可能としている。またこの装置を用いてヒトの舌下やブタ小腸の微小循環を撮影し、赤血球の流れる様子を確認した。さらに、微小循環のバンド画像を用い、画素値の大小とヘモグロビン特性との関係を利用し、血管間の酸素濃度の違いを考察した。(著者抄録)
  • 相川瑞穂, 堀部大輔, 赤井崇, 青山博道, 羽成直行, 森幹人, 早野康一, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕, 高橋葉子, 中谷行雄 日本臨床外科学会雑誌 73 (7) 1850 -1850 2012年07月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 川平洋, 川平洋, 赤井崇, 青山博道, 森幹人, 堀部大輔, 早野康一, 阿久津泰典, 林秀樹, 林秀樹, 松原久裕 日本消化器外科学会雑誌(Web) 45 (Supplement1) 1187(J‐STAGE) -2 2012年07月 [査読無し][通常論文]
  • 森幹人, 赤井崇, 羽成直行, 川平洋, 堀部大輔, 青山博道, 早野康一, 夏目俊之, 林秀樹, 松原久裕 日本消化器外科学会雑誌(Web) 45 (Supplement1) 862(J‐STAGE) -2 2012年07月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 永田松夫, 滝口伸浩, 池田篤, 上里昌也, 川平洋, 松原久裕 外科と代謝・栄養 46 (3) 62 -62 2012年06月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 赤井崇, 森幹人, 夏目俊之, 堀部大輔, 早野康一, 阿久津泰典, 星野敢, 米山泰生, 赤沼直毅, 磯崎由佳, 川平洋, 林秀樹, 宮澤幸正, 松原久裕 日本外科学会雑誌 113 (臨増2) 744 -744 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 青山博道, 首藤潔彦, 河野世章, 赤井崇, 大平学, 夏目俊之, 当間雄之, 郡司久, 早野康一, 青柳智義, 今西俊介, 栃木透, 藤城健, 林秀樹, 川平洋, 浅野武秀, 松原久裕 日本外科学会雑誌 113 (臨増2) 739 -739 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 森幹人, 川平洋, 赤井崇, 夏目俊之, 羽成直行, 堀部大輔, 早野康一, 青山博道, 竹下修由, 林秀樹, 松原久裕 日本外科学会雑誌 113 (臨増2) 639 -639 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 夏目俊之, 赤井崇, 森幹人, 堀部大輔, 羽成直行, 早野康一, 青山博道, 松原久裕 日本外科学会雑誌 113 (臨増2) 294 -294 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 林 秀樹, 夏目 俊之, 赤井 崇, 森 幹人, 堀部 大輔, 羽成 直行, 早野 康一, 青山 博道, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 113 (2) 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 森 幹人, 川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 羽成 直行, 堀部 大輔, 早野 康一, 青山 博道, 竹下 修由, 林 秀樹, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 113 (2) 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 青山 博通, 首藤 潔彦, 河野 世章, 赤井 崇, 大平 学, 夏目 俊之, 当間 雄之, 郡司 久, 早野 康一, 青柳 智義, 今西 俊介, 栃木 透, 藤城 健, 林 秀樹, 川平 洋, 浅野 武秀, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 113 (2) 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成 直行, 赤井 崇, 森 幹人, 夏目 俊之, 堀部 大輔, 早野 康一, 阿久津 泰典, 星野 敢, 米山 泰生, 赤沼 直毅, 磯崎 由佳, 川平 洋, 林 秀樹, 宮澤 幸正, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 113 (2) 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 金子沙織, 李震光, 織田成人, 川平洋, 羽石秀昭 医工学治療 24 (Supplement) 132 -132 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 永田松夫, 滝口伸浩, 池田篤, 赤井崇, 川平洋, 松原久裕 日本腹部救急医学会雑誌 32 (2) 405 -405 2012年02月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下胃切除術における排液アミラーゼ値を指標としたドレーン管理の検討
    夏目 俊之, 赤井 崇, 羽成 直行, 森 幹人, 堀部 大輔, 早野 康一, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 84回 219 -219 2012年02月 [査読無し][通常論文]
  • 安全な胃ESDに向けた鎮静法の探求
    上里 昌也, 鍋谷 圭宏, 赤井 崇, 堀部 大輔, 森 幹人, 羽成 直行, 夏目 俊之, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 84回 251 -251 2012年02月 [査読無し][通常論文]
  • リニアステープラーを用いたY吻合作成に関わるpitfallとその対処法
    林 秀樹, 夏目 俊之, 赤井 崇, 森 幹人, 堀部 大輔, 羽成 直行, 川平 洋, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 84回 271 -271 2012年02月 [査読無し][通常論文]
  • 当科におけるCapecitabine+CDDP+Trastuzumab併用療法の使用経験
    羽成 直行, 森 幹人, 赤井 崇, 夏目 俊之, 堀部 大輔, 早野 康一, 阿久津 泰典, 星野 敢, 米山 泰生, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 84回 299 -299 2012年02月 [査読無し][通常論文]
  • 幽門狭窄を伴った切除不能進行胃癌に対する胃空腸バイパス術症例の有用性の検討
    森 幹人, 川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 羽成 直行, 堀部 大輔, 早野 康一, 青山 博道, 林 秀樹, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 84回 314 -314 2012年02月 [査読無し][通常論文]
  • 中村亮一, 相沢知明, 本多有芽, 杉野貴明, 川平洋, 伊関洋, 村垣善浩 日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM) 51st ROMBUNNO.SY1-01-3 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 鈴木拓, 中口俊哉, 川平洋 日本VR医学会学術大会プログラム・抄録集 12th 15 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤由美, 野本尚子, 上里昌也, 櫻井健一, 川平洋, 鍋谷圭宏, 松原久裕, 佐伯直勝 胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集 42nd 86 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 川平洋, 森幹人, 堀部大輔, 郡司久, 阿久津泰典, 西森孝典, 星野敢, 林秀樹, 松原久裕 胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集 42nd 81 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下手術の定型化は可能か(食道・胃) 腹腔鏡下アカラシア手術の定型化と手技の安定化についての検討
    阿久津 泰典, 星野 敢, 河野 世章, 上里 昌也, 夏目 俊之, 大平 学, 米山 泰生, 林 秀樹, 首藤 潔彦, 羽成 直行, 川平 洋, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 16 (7) 261 -261 2011年12月 [査読無し][通常論文]
  • 外科領域における手術法の工夫(胃) 胃粘膜下腫瘍に対する腹腔鏡・内視鏡合同胃局所切除(LECS)16例の検討
    川平 洋, 林 秀樹, 夏目 俊之, 赤井 崇, 森 幹人, 堀部 大輔, 羽成 直行, 青山 博道, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 16 (7) 279 -279 2011年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡手術におけるステープリングディバイスの適切な選択と使用方法(胃・十二指腸・肝臓・脾臓) 腹腔鏡下胃切除術における腸管吻合のentry hole閉鎖に関するステープリングディバイスの使用方法
    夏目 俊之, 林 秀樹, 川平 洋, 赤井 崇, 羽成 直行, 森 幹人, 堀部 大輔, 早野 康一, 武藤 頼彦, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 16 (7) 306 -306 2011年12月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 赤井崇, 夏目俊之, 羽成直行, 森幹人, 早野康一, 林秀樹, 松原久裕 日本外科感染症学会雑誌 8 (5) 629 -629 2011年11月 [査読無し][通常論文]
  • 中野明, 星野敢, 川平洋, 首藤潔彦, 阿久津泰典, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 72 (10) 2530 -2534 2011年10月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は75歳,男性.平成11年12月に腹部食道癌に対し他院にて食道亜全摘2領域郭清,胃管による胸骨後経路再建術を施行された.最終診断はAe(EG),28×28mm,3型,中分化型扁平上皮癌,pT3N1M0,ly2,v1,pIM0,pPM0,pDM0,fStageIIIであった.術後2年間テガフール・ウラシルを内服し,その後再発兆候なく経過していたが,平成21年5月に通過障害を自覚し,内視鏡検査で吻合部近傍胃管前壁に粘膜下腫瘍様隆起を認めた.生検の結果,扁平上皮癌の診断となった.精査加療目的にて当科紹介受診,同年7月に胃管全摘,胸骨後経路回結腸再建,空腸瘻造設術を施行した.標本上,吻合部直下に2.0×1.7cm大,0-III型の病変を認め,病理診断は初回手術時の標本と同様,中分化型扁平上皮癌であり,その組織像の類似性から既往の扁平上皮癌の再発と診断された.現在,再発巣切除後2年経過し,無再発生存中である.(著者抄録)
  • 栃木透, 夏目俊之, 赤井崇, 羽成直行, 森幹人, 堀部大輔, 早野康一, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 806 -806 2011年10月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 夏目俊之, 赤井崇, 森幹人, 上里昌也, 堀部大輔, 羽成直行, 早野康一, 青山博道, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 72 (増刊) 463 -463 2011年10月 [査読無し][通常論文]
  • 森幹人, 川平洋, 林秀樹, 夏目俊之, 赤井崇, 羽成直行, 堀部大輔, 早野康一, 青山博道, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 72 (9) 2466 -2466 2011年09月 [査読無し][通常論文]
  • 森幹人, 川平洋, 赤井崇, 夏目俊之, 羽成直行, 堀部大輔, 竹下修由, 林秀樹, 松原久裕 日本癌治療学会誌 46 (2) 801 -801 2011年09月 [査読無し][通常論文]
  • 渡部博之, 中口俊哉, 夏目俊之, 青山弘道, 川平洋, AFIFI Ahmed, 津村徳道 日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM) 30th (Suppl.) ROMBUNNO.OP6-5 -7 2011年08月 [査読無し][通常論文]
     
    胃がんは日本で最も罹患率の高いがんである。また、胃がんの他臓器への浸潤の有無は手術の外科的治療方針に大きく影響を与えるため、CT画像などから術前に診断されていることが望ましい。しかし、がんの境界が不明瞭であるためその診断が難しいという問題点があった。そこで、本研究では患者の体勢を上向きと横向きで撮影した2組のCT画像を用いて胃がん膵浸潤の有無を示す指標を提案する。その指標は、胃と膵臓の相対的な動きを計算することで求められると予想される。胃と膵臓の相対的な動きを算出するために患者の体勢を変えて撮影した2組のCT画像に対して3段階のレジストレーションを行った。レジストレーションの後、胃と膵臓付近の変化量マップが求められた。診断補助のためにその変化量マップを可視化しCT画像に重ね合わせた。提案手法を11人の胃がん患者に適用し、提案した指標の定量的な評価実験を行った。実験の結果、提案した指標の有用性が示された。(著者抄録)
  • 村井希名, 川平洋, 羽石秀昭 日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM) 30th (Suppl.) ROMBUNNO.OP9-3 -7 2011年08月 [査読無し][通常論文]
     
    ヒト手術における小腸など管腔臓器の切除と再建の際、切除対象の健常性判定が必要である。この判定は、目視下における臓器のわずかな色の違いに基づいて行われるため、医師の経験と感覚に左右されてしまう。そこで、目視診断に対する支援技術の開発が求められている。人間の視覚特性を考慮した最適な光源を照射することで注目部位の明瞭化が可能であると考えられる。そこで、本研究では血行の明瞭化を目的として、血色の違いを強調できる最適な光源を狭帯域な発光特性を持つLED光源を用いて設計する。豚の小腸を対象に臓器の分光反射率データの収集を行った。そのデータと仮想的に作成したLED光源波形と実測LED光源波形を利用し、医師の白色光源への慣れを考慮した光源の設計を行った。これにより最適な光源から通常光源よりも高い明瞭化効果を確認した。(著者抄録)
  • 川平洋, 赤井崇, 夏目俊之, 森幹人, 鍋谷圭宏, 林秀樹, 松原久裕 日本消化器外科学会雑誌(Web) 44 (Supplement1) 519(J‐STAGE) -519 2011年07月 [査読無し][通常論文]
  • 林秀樹, 林秀樹, 夏目俊之, 赤井崇, 森幹人, 堀部大輔, 川平洋, 川平洋, 松原久裕 日本消化器外科学会雑誌(Web) 44 (Supplement1) 408(J‐STAGE) -408 2011年07月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 永田松夫, 滝口伸浩, 池田篤, 早田浩明, 太田拓実, 貝沼修, 趙明浩, 朴成進, 有光秀仁, 柳橋浩男, 岩瀬俊明, 山本宏, 赤井崇, 上里昌也, 夏目俊之, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 外科と代謝・栄養 45 (3) 146 -146 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡治療と腹腔鏡手術の接点 胃粘膜下腫瘍に対するLaparoscopy & Endoscopy Co-operative Surgery(LECS)
    川平 洋, 林 秀樹, 夏目 俊之, 赤井 崇, 森 幹人, 上里 昌也, 松原 久裕 Progress of Digestive Endoscopy 79 (1) 72 -72 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 亀田 典宏, 加野 恵, 高橋 喜美, 石関 弘子, 吉田 真美, 新行内 明美, 薦田 しず江, 夏目 俊之, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 29回 114 -114 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 川村功, 夏目俊之, 赤井崇, 森幹人, 羽成直行, 堀部大輔, 青山博道, 松原久裕 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 29th 123 -123 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 村井希名, 川平洋, 羽石秀昭 日本写真学会誌 74 136 -137 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 金子沙織, LI Zhenguang, 加藤辰一朗, 織田成人, 川平洋, 羽石秀昭 日本写真学会誌 74 138 -139 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 赤井崇, 夏目俊之, 森幹人, 堀部大輔, 林秀樹, 鍋谷圭宏, 鈴木一史, 松原久裕 日本外科学会雑誌 112 270 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 夏目俊之, 首藤潔彦, 松崎弘志, 青山博道, 河野世章, 大平学, 当間雄之, 早野康一, 斎藤洋茂, 今西俊介, 堀部大輔, 森幹人, 赤井崇, 吉永有信, 川平洋, 林秀樹, 岡住慎一, 松原久裕 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 843 -843 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 阿久津泰典, 林秀樹, 赤井崇, 夏目俊之, 川平洋, 堀部大輔, 森幹人, 米山泰生, 池田憲政, 遠藤悟史, 宮内英聡, 宮澤幸正, 松原久裕 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 665 -665 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 森幹人, 川平洋, 赤井崇, 夏目俊之, 鈴木一史, 阿久津泰典, 羽成直行, 米山泰生, 池田憲政, 林秀樹, 松原久裕 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 601 -601 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 鈴木一史, 宮内英聡, 大平学, 森幹人, 当間雄之, 久保嶋麻里, 米山泰生, 川平洋, 松原久裕 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 377 -377 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 森 幹人, 堀部 大輔, 林 秀樹, 鍋谷 圭宏, 鈴木 一史, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 112 (1) 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 鈴木 一史, 宮内 英聡, 大平 学, 森 幹人, 当間 雄之, 久保嶋 麻里, 米山 泰生, 川平 洋, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 112 (1) 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 森 幹人, 川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 鈴木 一史, 阿久津 泰典, 羽成 直行, 米山 泰生, 池田 憲政, 林 秀樹, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 112 (1) 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成 直行, 阿久津 泰典, 林 秀樹, 赤井 崇, 夏目 俊之, 川平 洋, 堀部 大輔, 森 幹人, 米山 泰生, 池田 憲政, 遠藤 悟史, 宮内 英聡, 宮澤 幸正, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 112 (1) 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 夏目 俊之, 首藤 潔彦, 松崎 弘志, 青山 博道, 河野 世章, 大平 学, 当間 雄之, 早野 康一, 斎藤 洋茂, 今西 俊介, 堀部 大輔, 森 幹人, 赤井 崇, 吉永 有信, 川平 洋, 林 秀樹, 岡住 慎一, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 112 (1) 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • StageIV胃癌に対する外科治療の現状と方向性 StageIV胃癌に対する原発巣切除と経腸栄養併用による外科的介入の意義
    川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 森 幹人, 堀部 大輔, 林 秀樹, 鍋谷 圭宏, 鈴木 一史, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 270 -270 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 竹内陽一郎, 成澤亮, 川平洋, 山口匡 超音波医学 38 S327 2011年04月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌術後補助化学療法にBRM製剤は必要か? 胃癌補助化学療法におけるBRM製剤の臨床成績と将来展望
    夏目 俊之, 赤井 崇, 森 幹人, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 83回 115 -115 2011年03月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌の診断(広がり診断の限界と…) 規約13版、14版でのMDCTを使用した術前リンパ節転移診断
    夏目 俊之, 首藤 潔彦, 赤井 崇, 堀部 大輔, 森 幹人, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 83回 126 -126 2011年03月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌に対する姑息的切除と経腸栄養併用による外科的介入の意義
    川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 森 幹人, 堀部 大輔, 林 秀樹, 鍋谷 圭宏, 鈴木 一史, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 83回 198 -198 2011年03月 [査読無し][通常論文]
  • CY1胃癌術後症例に対するS-1(TS-1)+レンチナン併用化学療法の治療成績
    鍋谷 圭宏, 川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 上里 昌也, 谷澤 豊, 林 秀樹, 軍司 祥雄, 鈴木 孝雄, 落合 武徳, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 83回 219 -219 2011年03月 [査読無し][通常論文]
  • 鎮静下胃ESD中の患者が受ける苦痛に関する検討
    上里 昌也, 鍋谷 圭宏, 赤井 崇, 井上 雅仁, 渡辺 良之, 久保嶋 麻里, 堀部 大輔, 松永 晃直, 北林 宏之, 加賀谷 暁子, 佐塚 哲太郎, 夏目 俊之, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 83回 242 -242 2011年03月 [査読無し][通常論文]
  • 残胃癌の臨床病理学的検討
    池田 憲政, 阿久津 泰典, 赤井 崇, 林 秀樹, 川平 洋, 夏目 俊之, 堀部 大輔, 羽成 直行, 森 幹人, 米山 泰生, 遠藤 悟史, 宮澤 幸正, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 83回 304 -304 2011年03月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における腹腔鏡補助下幽門輪温存胃切除術の成績
    林 秀樹, 赤井 崇, 夏目 俊之, 川平 洋, 堀部 大輔, 森 幹人, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 83回 341 -341 2011年03月 [査読無し][通常論文]
  • 早期胃癌ESD後の追加切除としての腹腔鏡下幽門側胃切除術症例の検討
    森 幹人, 川平 洋, 林 秀樹, 赤井 崇, 夏目 俊之, 堀部 大輔, 鈴木 一史, 阿久津 泰典, 羽成 直行, 池田 憲政, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 83回 345 -345 2011年03月 [査読無し][通常論文]
  • 水藤広, 当間雄之, 夏目俊之, 赤井崇, 上里昌也, 堀部大輔, 久保嶋麻里, 佐塚哲太郎, 川平洋, 松原久裕 日本腹部救急医学会雑誌 31 (2) 416 -416 2011年02月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 鮫田真理子, 野本尚子, 佐藤由美, 岡本由美子, 有松夏子, 前田芙美, 新井健一, 山本晃平, 古川勝規, 赤井崇, 川平洋, 夏目俊之, 林秀樹, 松原久裕 静脈経腸栄養 26 (1) 235 2011年01月 [査読無し][通常論文]
  • 緩和ケアにおける栄養管理 胃癌腹膜播種に対する外科的介入と緩和ケアにおける食事摂取のための工夫
    鍋谷 圭宏, 鮫田 真理子, 野本 尚子, 佐藤 由美, 岡本 由美子, 有松 夏子, 前田 芙美, 新井 健一, 山本 晃平, 古川 勝規, 赤井 崇, 川平 洋, 夏目 俊之, 林 秀樹, 松原 久裕 静脈経腸栄養 26 (1) 235 -235 2011年01月 [査読無し][通常論文]
  • 森幹人, 阿久津泰典, 林秀樹, 川平洋, 首藤潔彦, 羽成直行, 池田憲政, 貞廣智仁, 織田成人, 松原久裕 日本消化器外科学会雑誌(Web) 44 (11) 1389 -1396 2011年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は100歳の女性で,主訴は吐血.誤嚥性肺炎の重症化に伴い当院救急部集中治療部へ入院,入院時胸腹部CTにてupside down stomachを呈した食道裂孔ヘルニアの診断となった.誤嚥性肺炎重症化による急性呼吸窮迫症候群の治療を行い,全身状態の改善を得た後に手術施行した.腹腔鏡下に腹腔内を検索すると,ヘルニア内容は胃と大網であった.脱出した胃および大網を腹腔内へ牽引・還納した後,食道裂孔を縫縮,Toupet法による噴門形成術を施行し胃を固定した.経過良好にて術後13日で退院した.本症例は100歳という超高齢者かつ急性呼吸窮迫症候群を併発していたが,全身状態の改善が得られ,upside down stomachを呈した食道裂孔ヘルニアに対し腹腔鏡下手術を施行し,良好な結果を得られた非常にまれな症例であったため,若干の文献的考察を含めて報告する.(著者抄録)
  • 川平洋, 青木泰斗, 赤井崇, 夏目俊之, 羽成直行, 森幹人, 堀部大輔, 早野康一, 林秀樹, 松原久裕 胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集 41st 69 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 夏目俊之, 赤井崇, 森幹人, 上里昌也, 松原久裕 Prog Dig Endosc 79 (1) 72 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 赤井崇, 夏目俊之, 森幹人, 堀部大輔, 早野康一, 阿久津泰典, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集 41st 76 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 中野 明, 星野 敢, 川平 洋, 首藤 潔彦, 阿久津 泰典, 松原 久裕 日本臨床外科学会雑誌 72 (10) 2530 -2534 2011年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は75歳,男性.平成11年12月に腹部食道癌に対し他院にて食道亜全摘2領域郭清,胃管による胸骨後経路再建術を施行された.最終診断はAe(EG),28×28mm,3型,中分化型扁平上皮癌,pT3N1M0,ly2,v1,pIM0,pPM0,pDM0,fStageIIIであった.術後2年間テガフール・ウラシルを内服し,その後再発兆候なく経過していたが,平成21年5月に通過障害を自覚し,内視鏡検査で吻合部近傍胃管前壁に粘膜下腫瘍様隆起を認めた.生検の結果,扁平上皮癌の診断となった.精査加療目的にて当科紹介受診,同年7月に胃管全摘,胸骨後経路回結腸再建,空腸瘻造設術を施行した.標本上,吻合部直下に2.0×1.7cm大,0-III型の病変を認め,病理診断は初回手術時の標本と同様,中分化型扁平上皮癌であり,その組織像の類似性から既往の扁平上皮癌の再発と診断された.現在,再発巣切除後2年経過し,無再発生存中である.
  • Toshiyuki Natsume, Kiyohiko Shuto, Hiromichi Aoyama, Hiroshi Matsuzaki, Tsuguaki Kohno, Gaku Ohira, Takayuki Tohma, Koichi Hayano, Hiroshige Saito, Noriyuki Yanagawa, Takashi Akai, Daisuke Horibe, Yasunori Akutsu, Hiroshi Kawahira, Hideki Hayashi, Hisahiro Matsubara Chiba Medical Journal 86 191 -196 2010年12月 [査読無し][通常論文]
     
    The frequency of performing single port access surgery (TANKO) is increasing; however, this method has not yet been fully confirmed to be a safe and effective treatment modality. In our institution, TANKO for SMT was first performed in 2009. We consider this to be a safe and effective treatment alternative due to the utilization of preoperative 3D simulation using MDCT and the step-up method. Scanning was performed using a 64-row MDCT scanner and images were obtained in both the arterial and portal phase. 3D CT images in both phases were then reconstructed and fused together using the volume-rendering technique on a workstation. We compared three different operative methods (total of 8 cases) including: 1. Laparoscopic gastric wedge resection using 5 ports. 2. TANKO + 2 ports (a transition periods). 3. TANKO alone. For all 3 methods, the operation time and blood loss were almost the same. As a result, the TANKO was thus considered to have been safely and smoothly introduced. Regarding the method of theTANKO operation: Three ports(5 mm) are placed through an umbilical incision. In the extra luminal type, we use an end loop and end stapler, while for intra luminal type procedures, we additionally perform intraoperative gastroscopy to confirm the lumen of the stomach. In the future, we plan to perform the diagnostic simulation of the residual stomach in order to improve the results and patient prognosis associated with this surgical modality.
  • 青山博道, 首藤潔彦, 夏目俊之, 早野康一, 宮内英聡, 鈴木一史, 林秀樹, 川平洋, 浅野武秀, 松原久裕 日本コンピュータ外科学会誌 12 (3) 316 -317 2010年11月 [査読無し][通常論文]
  • 林秀樹, 夏目俊之, 堀部大輔, 川平洋, 赤井崇, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 490 -490 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 松本泰典, 夏目俊之, 川平洋, 赤井崇, 堀部大輔, 林秀樹, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 712 -712 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 夏目俊之, 赤井崇, 堀部大輔, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 598 -598 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 赤井崇, 夏目俊之, 堀部大輔, 川平洋, 林秀樹, 永田松夫, 坂本昭雄, 松原久裕 日本外科感染症学会雑誌 7 (5) 505 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 感染制御のための周術期免疫/栄養療法 胃切除術後Clostridium difficile/MRSA腸炎対策としてのsynbiotics 耐術可能であった高リスク胃癌症例での経験から
    鍋谷 圭宏, 赤井 崇, 夏目 俊之, 堀部 大輔, 川平 洋, 林 秀樹, 永田 松夫, 坂本 昭雄, 松原 久裕 日本外科感染症学会雑誌 7 (5) 505 -505 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 新しい技術とデバイスの開発 低拡散性蛍光化病巣マーカーの開発
    林 秀樹, 川平 洋, 夏目 俊之, 堀部 大輔, 畑山 博哉, 豊田 太郎, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 15 (7) 233 -233 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡補助下胃切除時の新しい肝圧排法の開発
    川平 洋, 林 秀樹, 夏目 俊之, 赤井 崇, 堀部 大輔, 鈴木 一史, 宮内 英聡, 森 幹人, 鍋谷 圭宏, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 15 (7) 328 -328 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術、Billroth 1法再建時のdelta吻合とhemi-double stapling techniqueの比較
    堀部 大輔, 林 秀樹, 川平 洋, 夏目 俊之, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 15 (7) 354 -354 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下胃切除術における開腹例の検討
    鈴木 一史, 赤井 崇, 夏目 俊之, 堀部 大輔, 林 秀樹, 川平 洋, 森 幹人, 早野 康一, 加賀谷 暁子, 鍋谷 圭宏, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 15 (7) 453 -453 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 早期胃癌に対するESD後の腹腔鏡補助下胃幽門側胃切除症例の検討
    森 幹人, 川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 堀部 大輔, 鈴木 一史, 早野 康一, 阿久津 泰典, 林 秀樹, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 15 (7) 464 -464 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • ブタにおける単孔式内視鏡下アカラシア手術の経験
    阿久津 泰典, 林 秀樹, 川平 洋, 上里 昌也, 首藤 潔彦, 夏目 俊之, 河野 世章, 羽成 直行, 森 幹人, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 15 (7) 571 -571 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 太い右胃動脈・左胃動脈がコミュニケーションを形成していたAdachi-VI型胃癌に対してLADGを施行した1例
    夏目 俊之, 林 秀樹, 川平 洋, 赤井 崇, 堀部 大輔, 首藤 潔彦, 青山 博道, 松崎 弘志, 河野 世章, 大平 学, 当間 雄之, 斉藤 洋茂, 梁川 範幸, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 15 (7) 636 -636 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 夏目俊之, 首藤潔彦, 青山博道, 松崎弘志, 河野世章, 大平学, 当間雄之, 早野康一, 斎藤洋茂, 梁川範幸, 赤井崇, 堀部大輔, 阿久津泰典, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 千葉医学雑誌 86 (5) 191 -196 2010年10月 [査読無し][通常論文]
     
    単孔式内視鏡手術が広がりをみせているが,その方法については確立していない。当科では2009年に胃粘膜下腫瘍に対して単孔式手術を導入した。導入に際しての工夫として,術前MDCTを使用した3D画像の作成,また,順次ポート数を減らしていくステップアップ法により,安全に単孔式手術を導入しえた。MDCTの撮影方法の詳細は,発泡剤を内服,非イオン造影剤注入後,動脈相,門脈相の撮影を行う。得られた画像をzio stationを使用し,撮像画像の体表,体表の透明像,胃,粘膜下腫瘍,胃周囲の血管の3D画像をレイヤーとして作成・抽出し,それぞれのレイヤーを重ね合わせて術前シミュレーション画像を作成する。今回,従来の5ポート挿入による腹腔鏡下胃局所切除術症例,単孔式手術への移行期に行った臍部ポート+追加2ポート症例,単孔式のみで行った症例を合わせた計8症例での検討を行った。部位,形体はさまざまであったが,手術時間,出血量には大きな差はなく,スムーズに単孔式手術に移行できたものと考えられた。手術手技の詳細に関しては,臍部を縦切開し,創下筋膜上の剥離をハート型に十分に行い,剥離部よりミッキー型に5㎜の3ポートを挿入すること。管腔外突出型においてはエンドループ○R (エチコン社)をかけ,術者左手で釣り上げた後,右上の操作用ポートを12㎜に交換し,60㎜長エンドステープラーを使用し,切離を行うこと。管腔内腔にも突出している場合は術中内視鏡を併用し,内腔からも確認を行うこと,などである。今後の課題は,切開,縫合等の方向に応じた残胃の形状を術前にシミュレーションすることなどが求められると考えられる。
  • 上里昌也, 鍋谷圭宏, 赤井崇, 井上雅仁, 渡辺良之, 堀部大輔, 久保嶋麻里, 武藤頼彦, 佐塚哲太郎, 本島柳司, 川平洋, 夏目俊之, 林秀樹, 松原久裕 Gastroenterol Endosc 52 (Supplement 2) 2445 -2445 2010年09月 [査読無し][通常論文]
  • 武藤頼彦, 赤井崇, 上里昌也, 久保嶋麻里, 堀部大輔, 佐塚哲太郎, 夏目俊之, 川平洋, 鍋谷圭宏, 林秀樹, 松原久裕 Gastroenterol Endosc 52 (Supplement 2) 2449 -2449 2010年09月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下胃切除術の手術手技習得法に関する検討
    夏目 俊之, 林 秀樹, 川平 洋, 赤井 崇, 堀部 大輔, 松原 久裕 日本臨床外科学会雑誌 71 (9) 2495 -2495 2010年09月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 夏目俊之, 赤井崇, 堀部大輔, 鈴木一史, 森幹人, 宮内英聡, 川村功, 松原久裕 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 3rd 119 -119 2010年09月 [査読無し][通常論文]
  • 羽成直行, 阿久津泰典, 首藤潔彦, 白鳥亨, 河野世章, 上里昌也, 森幹人, 米山泰生, 池田憲政, 遠藤悟史, 宮澤幸正, 夏目俊之, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 小切開・鏡視外科学会雑誌 1 (1) 81 -81 2010年09月 [査読無し][通常論文]
  • 森幹人, 阿久津泰典, 林秀樹, 川平洋, 首藤潔彦, 河野世章, 羽成直行, 上里昌也, 夏目俊之, 米山泰生, 池田憲政, 遠藤悟史, 白鳥亨, 貞廣智仁, 宮沢幸正, 松原久裕 小切開・鏡視外科学会雑誌 1 (1) 81 -81 2010年09月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 赤井崇, 夏目俊之, 堀部大輔, 上里昌也, 林秀樹, 松原久裕 日本腹部救急医学会雑誌 30 (5) 659-663 (J-STAGE) -663 2010年07月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷 圭宏, 川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 堀部 大輔, 上里 昌也, 林 秀樹, 松原 久裕 日本腹部救急医学会雑誌 30 (5) 659 -663 2010年07月 [査読無し][通常論文]
     
    切除不能進行/再発胃癌によるoncologic emergencyの一つに,腹膜播種による癌性腸閉塞(malignant bowel obstruction:MBO)がある。われわれは2003年10月〜2009年3月の間に,食事摂取への希望が強く2ヶ所までの介入でMBO解除が可能と判断した25症例に手術を施行した。1例は試験開腹となったが24例に介入し,うち18例に人工肛門が造設された。胃癌MBOは急速に発症する。患者に有益な外科的介入を行うには,早い時期から患者・家族と良好な信頼関係を築いて希望を確認し,正確な診断の下で機を逸しない(時には予防的な)手術計画を立てることがまず肝要である。また,管理の難しい右側人工肛門の管理を始め,多職種の医療スタッフによる周術期環境整備と精神的な配慮ができるチーム医療の存在も欠かせない。一方で,胃癌MBOに対する外科的介入を行う外科医は,最期まで継続して終末期治療に関わり,患者のQOLと希望を考えて治療全体を統括するリーダーであることが望ましい。(著者抄録)
  • 消化器外科領域における周術期栄養管理 高リスク胃癌手術の周術期栄養管理の工夫 特に術後腸炎対策としてのsynbioticsを導入して
    鍋谷 圭宏, 川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 堀部 大輔, 武藤 頼彦, 佐藤 麻美, 林 秀樹, 坂本 昭雄, 松原 久裕 日本消化器外科学会総会 65回 84 -84 2010年07月 [査読無し][通常論文]
  • 夏目俊之, 林秀樹, 林秀樹, 川平洋, 首藤潔彦, 河野世章, 大平学, 当間雄之, 赤井崇, 鍋谷圭宏, 松原久裕 日本消化器外科学会雑誌 43 (Supplement1 (Web)) 458(J‐STAGE) -115 2010年07月 [査読無し][通常論文]
  • 佐塚哲太郎, 赤井崇, 上里昌也, 堀部大輔, 久保嶋麻里, 武藤頼彦, 鍋谷圭宏, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本消化器外科学会雑誌 43 (Supplement1 (Web)) 834(J‐STAGE) -622 2010年07月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 赤井崇, 夏目俊之, 堀部大輔, 上里昌也, 林秀樹, 坂本昭雄, 松原久裕 日本外科感染症学会雑誌 7 (3) 213 -218 2010年06月 [査読無し][通常論文]
     
    術前経口摂食障害を伴う胃癌症例に対する周術期栄養管理の意義を感染性合併症対策の点から検討した。2004〜2009年に開腹胃切除術施行胃癌415例中、幽門狭窄などで初診時に全粥摂食困難か体重減少10%/3ヵ月以上のため術前栄養管理を強化した72例(70歳以上/未満=37/35例、幽切/全摘=33/39例)を対象とした。術前管理はTPNを主としたが、経腸栄養剤や食事を可及的に経口摂取させるcombined nutritional therapyとした(期間中央値は70歳以上/未満=16/17日)。2007年以降、下痢発郊時はGFOと乳酸菌やYakultを併用したsynbioticsを開始し、MRSA/CD検出後にVCMを比較的短期投与した。感染性合併症は8例(11.1%)に発症したが、縫合不全や感染の重篤化はなかった。70歳以上/未満=5例(13.5%)/3例(8.6%)、幽切/全摘=4例(12.1%)/4例(10.3%)の発症で、年齢や胃切除範囲による有意差も認めなかった。3例のCD/MRSA腸炎の症状改善と菌陰性化にsynbioticsは有効であった。適応を定めた周術期栄養管理の工夫は、胃切除術後感染性合併症の予防と治療に貢献すると思われる。(著者抄録)
  • 藤城健, 赤井崇, 鍋谷圭宏, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 71 (6) 1477 -1482 2010年06月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は75歳,女性.心窩部痛と体重減少を主訴に近医で上部消化管内視鏡検査を受けたところ著明な胃幽門部の狭窄所見を認め,生検でGroupIVの診断となり胃癌の疑いにて当科紹介となった.当科での諸検査においても悪性疾患の確定診断には至らなかったが,幽門部狭窄による臨床症状も強く開腹手術を施行した.術中迅速病理診断で胃癌腹膜播種が疑われたが,臨床症状の改善目的に幽門側胃切除+Roux-Y再建術を施行.術後病理診断は好酸球性胃炎で,播種性と思われた膵前面小結節は膵β細胞の過形成と診断された.好酸球性胃腸炎は全消化管に出現しうる原因不明の炎症性疾患であり,末梢血好酸球増多や消化管への好酸球浸潤などが臨床的特徴とされ,保存的治療にて軽快することも多い.一方,今回のわれわれの症例のように好酸球性胃腸炎の臨床的特徴に乏しく診断・治療に手術を要する症例もまれながら存在する.自験例は検索範囲内で本邦12例目の好酸球性胃炎の胃手術症例であった.(著者抄録)
  • 鍋谷圭宏, 赤井崇, 夏目俊之, 川平洋, 林秀樹, 堀部大輔, 武藤頼彦, 佐藤麻美, 仙波義秀, 永田松夫, 坂本昭雄, 松原久裕 外科と代謝・栄養 44 (3) 99 -99 2010年06月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 手術 64 (7) 997 -1001 2010年06月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 手術 64 (7) 997 -1001 2010年06月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷 圭宏, 川平 洋, 赤井 崇 日本外科感染症学会雑誌 7 (3) 213 -218 2010年06月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 川村功, 松原久裕 成人病と生活習慣病 40 (3) 311 -313 2010年03月 [査読無し][通常論文]
     
    内科的な減量治療に難渋する病的肥満症例に対して外科治療を積極的に考えた包括的治療を考える必要がある。手術適応はBMI35以上、またBMI32以上で重篤な合併症を複数有する、一次性肥満の18〜65歳までの症例で内科治療を施行するも不成功であった症例とする。本邦での最初の肥満外科手術は、1982年の開腹による胃バイパス術(千葉大学第二外科)であった。最近では他の消化器外科手術と同様、開腹手術から腹腔鏡下手術へ変遷がみられる。腹腔鏡下手術増加の原因は、患者への手術侵襲が減少し周術期合併症減少に寄与していること、開腹手術に比べ良好な手術視野を得られる点である。腹腔鏡下胃バンド術、腹腔鏡下胃空腸バイパス術、腹腔鏡下袖状胃切除+十二指腸離断胃空腸バイパス術などが現在施行されている術式である。外科手術により高血圧、糖尿病などの生活習慣病の改善を認め、欧米、世界各国において生命予後を改善させている。病的肥満の程度、全身状態の評価に基づき、肥満に対する手術適応を決定し施行する必要がある。(著者抄録)
  • 夏目俊之, 首藤潔彦, 河野世章, 大平学, 当間雄之, 佐藤麻美, 斎藤洋茂, 太田拓実, 鍋谷圭宏, 林秀樹, 川平洋, 赤井崇, 梁川範幸, 松原久裕 日本外科学会雑誌 111 (臨増2) 293 -293 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 夏目俊之, 赤井崇, 鍋谷圭宏, 松原久裕 日本外科学会雑誌 111 (臨増2) 209 -209 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 林 秀樹, 夏目 俊之, 赤井 崇, 鍋谷 圭宏, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 111 (2) 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 夏目 俊之, 首藤 潔彦, 河野 世章, 大平 学, 当間 雄之, 佐藤 麻美, 斎藤 洋茂, 太田 拓実, 鍋谷 圭宏, 林 秀樹, 川平 洋, 赤井 崇, 梁川 範幸, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 111 (2) 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 術後食事摂取状況からみた胃癌切除パス統一化の問題点
    鍋谷 圭宏, 前田 芙美, 有松 夏子, 佐藤 由美, 野本 尚子, 竹内 純子, 井上 智香子, 山本 晃平, 橋本 典子, 宮本 香織, 川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 林 秀樹, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 82回 128 -128 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 切除不能の経口摂取不可進行胃癌に対する集学的治療 外科手術先行治療の成績と意義
    鍋谷 圭宏, 川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 上里 昌也, 林 秀樹, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 82回 239 -239 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 第二世代が受け継ぐ腹腔鏡下胃切除術における胃癌治療 フロンティア医師に学ぶ
    川平 洋, 林 秀樹, 鍋谷 圭宏, 赤井 崇, 夏目 俊之, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 82回 258 -258 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡的切除を行った異時性多発早期胃癌症例の検討
    武藤 頼彦, 鍋谷 圭宏, 赤井 崇, 川平 洋, 夏目 俊之, 佐藤 麻美, 仙波 義秀, 上里 昌也, 林 秀樹, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 82回 292 -292 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡補助下胃全摘術後のY吻合部間隙に生じた小腸嵌入によるイレウスの1例
    林 秀樹, 川平 洋, 夏目 俊之, 赤井 崇, 武藤 頼彦, 鍋谷 圭宏, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 82回 346 -346 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 予後から見た胃体上部胃癌に対する脾温存胃全摘術の適応と妥当性の検討
    夏目 俊之, 鍋谷 圭宏, 林 秀樹, 川平 洋, 赤井 崇, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 82回 396 -396 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • サルコイド反応による所属リンパ節腫大を伴った早期胃癌の1例
    仙波 義秀, 鍋谷 圭宏, 夏目 俊之, 川平 洋, 赤井 崇, 当間 雄之, 林 秀樹, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 82回 413 -413 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 夏目俊之, 赤井崇, 鍋谷圭宏, 松原久裕 日本消化器外科学会雑誌 43 (3) 315 -315 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 林 秀樹, 川村 功 成人病と生活習慣病 40 (3) 311 -313 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 林 秀樹, 夏目 俊之, 赤井 崇, 鍋谷 圭宏, 松原 久裕 日本消化器外科学会雑誌 43 (3) 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 林秀樹, 川平洋, 夏目俊之, 鍋谷圭宏, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 71 (2) 582 -582 2010年02月 [査読無し][通常論文]
  • 林秀樹, 松原久裕, 藤戸寛迪, 川平洋 画像ラボ 21 (2) 12 -17 2010年02月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋一, 西垣恭一, 前畠慶人, 柳瀬豪, 杉田亮 日本心臓血管外科学会雑誌 39 (Supplement) 377 2010年01月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 赤井崇, 夏目俊之, 林秀樹, 西森孝典, 上里昌也, 田村道子, 竹内純子, 田口奈津子, 松本ゆり子, 江幡智栄, 光多恵子, 石橋みゆき, 石井裕子, 鮫田真理子, 佐藤由美, 山本晃平, 新井健一, 松原久裕 日本腹部救急医学会雑誌 30 (1) 33-39 (J-STAGE) -39 2010年01月 [査読無し][通常論文]
     
    切除不能進行/再発胃癌によるoncologic emergencyには,主腫瘍による幽門狭窄や胃切除後の再発による残胃吻合部狭窄,腹膜播種による癌性腸閉塞などがある。これらに対する外科的介入では人口肛門造設の可能性など術式も不確定で,短時間での手術決定は容易ではない。oncologic emergencyであっても,消化器外科医は患者と信頼関係を築き十分なinformed consentを得て,合併症のない手術を心がける必要がある。患者ごとに目標を定めて入念な治療計画の下で行う外科的介入は,患者・家族にとって有意義な緩和医療となる。しかしこうした高度な医療では,多職種のスタッフにより精神的配慮ができるチーム医療の遂行が望ましく,その必要性は今後高くなると思われる。したがってわが国でも,業務を分担するチーム医療に対する合意が確立されることを期待したい。一方で,外科医を含む医療スタッフには,患者と信頼関係を築ける人間性とチーム医療の一員となれる協調性が求められる。
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 赤井崇, 夏目俊之, 林秀樹, 佐藤由美, 野本尚子, 前田芙美, 有松夏子, 竹内純子, 井上智香子, 新井健一, 山本晃平, 北田光一, 松原久裕 静脈経腸栄養 25 (1) 198 2010年01月 [査読無し][通常論文]
  • 摂食障害に対する栄養管理 術前に経口摂食障害を伴う高齢者胃癌症例に対する胃切除術の周術期栄養管理
    鍋谷 圭宏, 川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 林 秀樹, 佐藤 由美, 野本 尚子, 前田 芙美, 有松 夏子, 竹内 純子, 井上 智香子, 新井 健一, 山本 晃平, 北田 光一, 松原 久裕 静脈経腸栄養 25 (1) 198 -198 2010年01月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷 圭宏, 川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 林 秀樹, 西森 孝典, 上里 昌也, 田村 道子, 竹内 純子, 田口 奈津子, 松本 ゆり子, 江幡 智栄, 光 多恵子, 石橋 みゆき, 石井 裕子, 鮫田 真理子, 佐藤 由美, 山本 晃平, 新井 健一, 松原 久裕 日本腹部救急医学会雑誌 30 (1) 33 -39 2010年01月 [査読無し][通常論文]
     
    切除不能進行/再発胃癌によるoncologic emergencyには,主腫瘍による幽門狭窄や胃切除後の再発による残胃吻合部狭窄,腹膜播種による癌性腸閉塞などがある。これらに対する外科的介入では人口肛門造設の可能性など術式も不確定で,短時間での手術決定は容易ではない。oncologic emergencyであっても,消化器外科医は患者と信頼関係を築き十分なinformed consentを得て,合併症のない手術を心がける必要がある。患者ごとに目標を定めて入念な治療計画の下で行う外科的介入は,患者・家族にとって有意義な緩和医療となる。しかしこうした高度な医療では,多職種のスタッフにより精神的配慮ができるチーム医療の遂行が望ましく,その必要性は今後高くなると思われる。したがってわが国でも,業務を分担するチーム医療に対する合意が確立されることを期待したい。一方で,外科医を含む医療スタッフには,患者と信頼関係を築ける人間性とチーム医療の一員となれる協調性が求められる。(著者抄録)
  • 吉川真太郎, 鈴木拓人, 新井英二, 秦佐智雄, 丸岡大介, 田中健史, 中本晋吾, 松村倫明, 新井誠人, 横須賀收, 斉藤洋茂, 川平洋, 松原久裕, 谷沢徹 Prog Dig Endosc 77 (1) 81 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 鍋谷圭宏, 川平洋, 川平洋, 赤井崇, 夏目俊之, 堀部大輔, 武藤頼彦, 佐藤麻美, 林秀樹, 林秀樹, 坂本昭雄, 松原久裕 日本消化器外科学会雑誌 43 (Supplement1 (Web)) 214(J‐STAGE) 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 夏目俊之, 林秀樹, 堀部大輔, 赤井崇, 上里昌也, 鍋谷圭宏, 鈴木一史, 森幹人, 松原久裕 胃外科・術後障害研究会プログラム・抄録集 40th 98 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 藤城 健, 赤井 崇, 鍋谷 圭宏, 川平 洋, 林 秀樹, 松原 久裕 日本臨床外科学会雑誌 71 (6) 1477 -1482 2010年 [査読無し][通常論文]
     
    症例は75歳,女性.心窩部痛と体重減少を主訴に近医で上部消化管内視鏡検査を受けたところ著明な胃幽門部の狭窄所見を認め,生検でGroupIVの診断となり胃癌の疑いにて当科紹介となった.当科での諸検査においても悪性疾患の確定診断には至らなかったが,幽門部狭窄による臨床症状も強く開腹手術を施行した.術中迅速病理診断で胃癌腹膜播種が疑われたが,臨床症状の改善目的に幽門側胃切除+Roux-Y再建術を施行.術後病理診断は好酸球性胃炎で,播種性と思われた膵前面小結節は膵&beta;細胞の過形成と診断された.好酸球性胃腸炎は全消化管に出現しうる原因不明の炎症性疾患であり,末梢血好酸球増多や消化管への好酸球浸潤などが臨床的特徴とされ,保存的治療にて軽快することも多い.一方,今回のわれわれの症例のように好酸球性胃腸炎の臨床的特徴に乏しく診断・治療に手術を要する症例もまれながら存在する.自験例は検索範囲内で本邦12例目の好酸球性胃炎の胃手術症例であった.
  • 鍋谷 圭宏, 川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 堀部 大輔, 上里 昌也, 林 秀樹, 松原 久裕 日本腹部救急医学会雑誌 30 (5) 659 -663 2010年 [査読無し][通常論文]
     
    切除不能進行/再発胃癌によるoncologic emergencyの一つに,腹膜播種による癌性腸閉塞(malignant bowel obstruction:MBO)がある。われわれは2003年10月~2009年3月の間に,食事摂取への希望が強く2ヵ所までの介入でMBO解除が可能と判断した25症例に手術を施行した。1例は試験開腹となったが24例に介入し,うち18例に人工肛門が造設された。胃癌MBOは急速に発症する。患者に有益な外科的介入を行うには,早い時期から患者・家族と良好な信頼関係を築いて希望を確認し,正確な診断の下で機を逸しない(時には予防的な)手術計画を立てることがまず肝要である。また,管理の難しい右側人工肛門の管理を始め,多職種の医療スタッフによる周術期環境整備と精神的な配慮ができるチーム医療の存在も欠かせない。一方で,胃癌MBOに対する外科的介入を行う外科医は,最期まで継続して終末期治療に関わり,患者のQOLと希望を考えて治療全体を統括するリーダーであることが望ましい。
  • 夏目俊之, 首藤 潔彦, 大平 学, 成島 一夫, 斎藤 洋茂, 佐藤 麻美, 太田 拓実, 赤井 崇, 西森 孝典, 川平 洋, 鍋谷 圭宏, 林 秀樹, 松原 久裕, 梁川 範幸 第110回日本外科学会定期学術集会, 2010 2010年 [査読無し][通常論文]
  • Thin slice MDCTを使用した脾動脈、膵臓の立体的位置関係の検討
    夏目 俊之, 首藤 潔彦, 河野 世章, 大平 学, 当間 雄之, 佐藤 麻美, 斎藤 洋茂, 太田 拓実, 鍋谷 圭宏, 林 秀樹, 川平 洋, 赤井 崇, 梁川 範幸 日本内視鏡外科学会雑誌 14 (7) 360 -360 2009年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡補助下胃切除術後の食事摂取状況 開腹胃切除術後と比較して
    鍋谷 圭宏, 川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 西森 孝典, 佐藤 由美, 野本 尚子, 林 秀樹, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 14 (7) 361 -361 2009年12月 [査読無し][通常論文]
  • 早期胃癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除と開腹下幽門側胃切除の術後経過の検討 同一クリニカルパスを用いて
    久保嶋 麻里, 林 秀樹, 鍋谷 圭宏, 川平 洋, 夏目 俊之, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 14 (7) 365 -365 2009年12月 [査読無し][通常論文]
  • 千葉大学における腹腔鏡下胃癌手術76例の術中術後成績
    川平 洋, 林 秀樹, 鍋谷 圭宏, 夏目 俊之, 赤井 崇, 上里 昌也, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 14 (7) 449 -449 2009年12月 [査読無し][通常論文]
  • 医師-看護師のチームを対象とした腹腔鏡下胃切除術トレーニング
    林 秀樹, 川平 洋, 夏目 俊之, 鍋谷 圭宏, 堀部 大輔, 羽成 直行, 丸山 尚嗣, 渡辺 義二, 深澤 里佳, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 14 (7) 464 -464 2009年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡補助下胃切除時の肝圧排法の検討
    川平 洋, 林 秀樹, 夏目 俊之, 鍋谷 圭宏, 赤井 崇, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 14 (7) 563 -563 2009年12月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 赤井崇, 夏目俊之, 上里昌也, 西森孝典, 林秀樹, 松原久裕 日本外科感染症学会雑誌 6 (5) 458 2009年11月 [査読無し][通常論文]
  • 外科感染症と周術期栄養管理 術前経口摂食障害を伴う胃癌症例に対する胃切除術後感染症対策としての周術期栄養管理の工夫
    鍋谷 圭宏, 川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 上里 昌也, 西森 孝典, 林 秀樹, 松原 久裕 日本外科感染症学会雑誌 6 (5) 458 -458 2009年11月 [査読無し][通常論文]
  • 夏目俊之, 首藤潔彦, 河野世章, 大平学, 当間雄之, 佐藤麻美, 斎藤洋茂, 太田拓実, 鍋谷圭宏, 林秀樹, 川平洋, 赤井崇, 岡住慎一, 吉永有信, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 70 (増刊) 695 -695 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 藤城健, 赤井崇, 鍋谷圭宏, 林秀樹, 川平洋, 夏目俊之, 西森孝典, 谷澤徹, 松原久裕, 尾崎正彦 日本臨床外科学会雑誌 70 (増刊) 709 -709 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 赤井崇, 夏目俊之, 林秀樹, 西森孝典, 竹内純子, 田口奈津子, 西野卓, 山口梨沙, 石橋みゆき, 藤田伸輔, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 70 352 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 鍋谷圭宏, 赤井崇, 夏目俊之, 西森孝典, 林秀樹, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 70 (増刊) 996 -996 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 鍋谷圭宏, 赤井崇, 夏目俊之, 首藤潔彦, 太田拓実, 西森孝典, 上里昌也, 林秀樹, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 70 (増刊) 611 -611 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 林秀樹, 川平洋, 夏目俊之, 鍋谷圭宏, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 70 468 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 緩和ケアの問題点と今後の展望 消化器外科医が胃癌診療の中心を担う大学病院における終末期胃癌患者の緩和ケアの問題点と今後の展望
    鍋谷 圭宏, 川平 洋, 赤井 崇, 夏目 俊之, 林 秀樹, 西森 孝典, 竹内 純子, 田口 奈津子, 西野 卓, 山口 梨沙, 石橋 みゆき, 藤田 伸輔, 松原 久裕 日本臨床外科学会雑誌 70 (増刊) 352 -352 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下胃癌リンパ節郭清術 当科のレーゲル
    林 秀樹, 川平 洋, 夏目 俊之, 鍋谷 圭宏, 松原 久裕 日本臨床外科学会雑誌 70 (増刊) 468 -468 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 赤井崇, 西森孝典, 夏目俊之, 林秀樹, 竹内純子, 佐藤由美, 野本尚子, 田口奈津子, 村田淳, 滝口裕一, 北田光一, 西野卓, 松原久裕 日本癌治療学会誌 44 (2) 654 -654 2009年09月 [査読無し][通常論文]
  • 藤城健, 川平洋, 鍋谷圭宏, 赤井崇, 夏目俊之, 西森孝典, 林秀樹, 谷澤徹, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 70 (7) 2242 -2242 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤麻美, 林秀樹, 鍋谷圭宏, 川平洋, 松原久裕 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 2nd 126 -126 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 赤井崇, 上里昌也, 鍋谷圭宏, 西森孝典, 夏目俊之, 松原久裕 日本消化器外科学会雑誌 42 (7) 1141 -1141 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 夏目俊之, 川平洋, 林秀樹, 鍋谷圭宏, 西森孝典, 赤井崇, 松原久裕 日本消化器外科学会雑誌 42 (7) 1131 -1131 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 西森孝典, 赤井崇, 林秀樹, 佐藤由美, 鮫田真理子, 烏祐佳里, 野本尚子, 松原久裕 日本消化器外科学会雑誌 42 (7) 1305 -1305 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 夏目 俊之, 川平 洋, 林 秀樹, 鍋谷 圭宏, 西森 孝典, 赤井 崇, 松原 久裕 日本消化器外科学会雑誌 42 (7) 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 林 秀樹, 赤井 崇, 上里 昌也, 鍋谷 圭宏, 西森 孝典, 夏目 俊之, 松原 久裕 日本消化器外科学会雑誌 42 (7) 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷 圭宏, 川平 洋, 西森 孝典, 赤井 崇, 林 秀樹, 佐藤 由美, 鮫田 真理子, 烏 祐佳里, 野本 尚子, 松原 久裕 日本消化器外科学会雑誌 42 (7) 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 太田巧実, 鍋谷圭宏, 首藤潔彦, 夏目俊之, 西森孝典, 赤井崇, 林秀樹, 松原久裕 日本消化器外科学会雑誌 42 (6) 725 -725 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 丸山哲郎, 鍋谷圭宏, 川平洋, 西森孝典, 赤井崇, 夏目俊之, 成島一夫, 谷澤豊, 林秀樹, 松原久裕 日本消化器外科学会雑誌 42 (6) 718 -718 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 太田 巧実, 鍋谷 圭宏, 首藤 潔彦, 夏目 俊之, 西森 孝典, 赤井 崇, 林 秀樹, 松原 久裕 日本消化器外科学会雑誌 42 (6) 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 丸山 哲郎, 鍋谷 圭宏, 川平 洋, 西森 孝典, 赤井 崇, 夏目 俊之, 成島 一夫, 谷澤 豊, 林 秀樹, 松原 久裕 日本消化器外科学会雑誌 42 (6) 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 栃木透, 鍋谷圭宏, 赤井崇, 川平洋, 西森孝典, 村上健太郎, 佐藤麻美, 林秀樹, 松原久裕 日本腹部救急医学会雑誌 29 (4) 564 -564 2009年05月 [査読無し][通常論文]
  • 局切 術中内視鏡ナビゲーションガイド下に腹腔鏡下胃局所切除施行し得た、胃間葉系腫瘍9症例の検討
    川平 洋, 林 秀樹, 赤井 崇, 西森 孝典, 上里 昌也, 夏目 俊之, 鍋谷 圭宏, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 81回 190 -190 2009年03月 [査読無し][通常論文]
  • 医師-看護師のチームを対象とした腹腔鏡下胃切除術トレーニング
    林 秀樹, 夏目 俊之, 川平 洋, 松原 久裕, 渡辺 義二, 丸山 尚嗣, 羽成 直行, 堀部 大輔, 山本 恵, 守屋 菜生, 薦田 しず江, 深沢 里佳, 冨沢 千香子, 山田 知枝, 上井 英道 日本胃癌学会総会記事 81回 258 -258 2009年03月 [査読無し][通常論文]
  • 根治度C胃切除術後に化学療法が有効で3年生存した胃神経内分泌細胞癌の1例
    磯崎 由佳, 鍋谷 圭宏, 川平 洋, 西森 孝典, 赤井 崇, 佐塚 哲太郎, 林 秀樹, 落合 武徳, 谷澤 徹, 松原 久裕 日本胃癌学会総会記事 81回 282 -282 2009年03月 [査読無し][通常論文]
  • 久保田暁彦, 久保田暁彦, 鍋谷圭宏, 西森孝典, 川平洋, 赤井崇, 上里昌也, 林秀樹, 松原久裕 日本外科感染症学会雑誌 6 (1) 85 -89 2009年02月 [査読無し][通常論文]
     
    進行胃癌術後のClostridium difficile(CD)腸炎に対してvancomycin(VCM)短期投与後に、正常細菌叢の回復を促進するprobioticsとprebioticsを併用するsynbioticsを行い有効と思われた1例を経験した。症例は60歳代男性。幽門狭窄をきたした進行胃癌の診断で幽門側胃切除+Roux-en-Y再建を施行後、第4病日に水様便で腸炎が発症した。第5病日よりVCMおよび耐性乳酸菌(probiotics)を、第8病日よりGFO(prebiotics)を投与してsynbioticsを開始したが、同日CD腸炎と確診された。第9病日にVCM投与を中止し、lactomin+GFOのsynbioticsとして、粥食と共に第19病日まで継続した。この間に臨床症状は改善し、第20病日に退院した。これまでCD腸炎に対しては、絶食・補液とVCMの長期投与が慣習的に行われた。今回試みたVCM投与の短縮とsynbiotics投与は、腸内細菌叢の破壊というCD腸炎の本質的病態に即した合目的的治療である。耐性菌の増殖抑制のためにも積極的に行う価値のある治療戦略と思われる。(著者抄録)
  • 鍋谷圭宏, 赤井崇, 川平洋, 西森孝典, 林秀樹, 松原久裕 日本外科学会雑誌 110 (臨増2) 501 -501 2009年02月 [査読無し][通常論文]
  • 夏目俊之, 首藤潔彦, 大平学, 成島一夫, 斎藤洋茂, 佐藤麻美, 太田拓実, 赤井崇, 西森孝典, 川平洋, 鍋谷圭宏, 林秀樹, 松原久裕, 梁川範幸 日本外科学会雑誌 110 (臨増2) 301 -301 2009年02月 [査読無し][通常論文]
  • 林秀樹, 大屋優, 山口匡, 藤戸寛迪, 橋本俊介, 山岡輝正, 三宅洋一, 川平洋, 夏目俊之, 松原久裕 日本外科学会雑誌 110 (臨増2) 731 -731 2009年02月 [査読無し][通常論文]
  • 林 秀樹, 大屋 優, 山口 匡, 藤戸 寛迪, 橋本 俊介, 山岡 輝正, 三宅 洋一, 川平 洋, 夏目 俊之, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 110 (2) 2009年02月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷 圭宏, 赤井 崇, 川平 洋, 西森 孝典, 林 秀樹, 松原 久裕 日本外科学会雑誌 110 (2) 2009年02月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 西森孝典, 赤井崇, 夏目俊之, 上里昌也, 栃木透, 林秀樹, 松原久裕 日本腹部救急医学会雑誌 29 (2) 256 2009年02月 [査読無し][通常論文]
  • Oncologic emergencyの診断治療のポイント Key pointは? 胃癌腹膜播種による癌性腸閉塞に対する外科的介入のポイント
    鍋谷 圭宏, 川平 洋, 西森 孝典, 赤井 崇, 夏目 俊之, 上里 昌也, 栃木 透, 林 秀樹, 松原 久裕 日本腹部救急医学会雑誌 29 (2) 256 -256 2009年02月 [査読無し][通常論文]
  • 太田拓実, 首藤潔彦, 大平学, 夏目俊之, 斉藤洋茂, 佐藤麻美, 川平洋, 鍋谷圭宏, 松原久裕 癌と化学療法 36 (12) 2019 -2021 2009年 [査読無し][通常論文]
     
    目的:予後改善を目的とした肝動注療法を施行した胃癌肝転移例について検討した。対象:1994年12月より経験した胃癌肝転移例のうち、制御不能な肝臓以外の他臓器転移を認めない11例を対象とした。平均年齢69歳、同時性転移3例、異時性転移8例であった。方法:右大腿動脈より肝動脈にカテーテルを留置し、5-fluorouracil(5-FU)1,000mg/dayを2週投与1週休薬、もしくは5-FU 500mg/dayを週1回毎週投与とした。結果:抗腫瘍効果はCR3例、PR7例、PD1例であった。治療開始後の生存期間は8〜34ヵ月であった。化学療法の中止理由は、現疾患増悪7例、カテーテルトラブル4例であり、副作用による中止例は認めなかった。結語:胃癌肝転移例に対する本法は外来通院治療が可能で副作用は軽度で、かつ治療効果も期待できる。肝転移以外が制御可能な症例においては積極的に施行すべきものと思われた。(著者抄録)
  • Yasunori Akutsu, Hideki Hayashi, Hiroshi Kawahira, Kiyohiko Shuto, Masaya Uesato, Isamu Hoshino, Yoshihiro Nabeya, Toshiyuki Natsume, Hideaki Miyauchi, Haruhito Sakata, Gaku Ohira, Hisahiro Matsubara Chiba Medical Journal 84 225 -229 2008年12月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 西森孝典, 赤井崇, 上里昌也, 夏目俊之, 林秀樹, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 69 (増刊) 391 -391 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 上里昌也, 鍋谷圭宏, 赤井崇, 武藤頼彦, 川平洋, 夏目俊之, 西森孝典, 井上雅仁, 渡辺良之, 菱川悦男, 林秀樹, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 69 (増刊) 354 -354 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 上里昌也, 赤井崇, 川平洋, 西森孝典, 林秀樹, 落合武徳, 松原久裕 日本臨床外科学会雑誌 69 (増刊) 420 -420 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 阿久津泰典, 林秀樹, 首藤潔彦, 上里昌也, 川平洋, 白鳥享, 宮澤幸正, 村上健太郎, 武藤頼彦, 星野敢, 加野将之, 松原ひさひろ 日本臨床外科学会雑誌 69 (増刊) 337 -337 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 西森孝典, 赤井崇, 上里昌也, 夏目俊之, 林秀樹, 松原久裕 日本外科感染症学会雑誌 5 (5) 509 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 西森孝典, 赤井崇, 上里昌也, 林秀樹, 松原久裕 日本外科感染症学会雑誌 5 (5) 596 -596 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • がん治療におけるチーム医療 切除不能進行/再発胃癌に対する外科的介入とチーム医療の意義
    鍋谷 圭宏, 川平 洋, 西森 孝典, 赤井 崇, 上里 昌也, 夏目 俊之, 林 秀樹, 田村 道子, 竹内 純子, 市川 智彦, 松原 久裕 日本癌治療学会誌 43 (2) 345 -345 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 私はこうしている「消化管手術と外科感染症発生防止対策」 術後感染症の発生ならびに重篤化の防止を目指した胃癌手術と周術期管理の工夫
    鍋谷 圭宏, 川平 洋, 西森 孝典, 赤井 崇, 上里 昌也, 夏目 俊之, 林 秀樹, 松原 久裕 日本外科感染症学会雑誌 5 (5) 509 -509 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 阿久津泰典, 林秀樹, 川平洋, 首藤潔彦, 上里昌也, 星野敢, 鍋谷圭宏, 夏目俊之, 宮内英聡, 坂田治人, 大平学, 松原久裕 千葉医学雑誌 84 (5) 225 -229 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 武藤頼彦, 鍋谷圭宏, 上里昌也, 西森孝典, 赤井崇, 夏目俊之, 川平洋, 林秀樹, 松原久裕 日本癌治療学会誌 43 (2) 847 -847 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 鍋谷圭宏, 西森孝典, 赤井崇, 上里昌也 日本消化器外科学会雑誌 41 (10) 1872 -1873 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 鍋谷圭宏, 西森孝典, 赤井崇, 上里昌也, 夏目俊之, 首藤潔彦, 成島一夫, 林秀樹, 松原久裕 日本癌治療学会誌 43 (2) 928 -928 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 西森孝典, 赤井崇, 上里昌也, 夏目俊之, 林秀樹, 田村道子, 竹内純子, 市川智彦, 松原久裕 日本癌治療学会誌 43 (2) 345 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 林 秀樹, 鍋谷 圭宏, 西森 孝典, 赤井 崇, 上里 昌也 日本消化器外科学会雑誌 41 (10) 1872 -1873 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 上里昌也, 鍋谷圭宏, 赤井崇, 武藤頼彦, 井上雅仁, 渡辺良之, 川平洋, 西森孝典, 菱川悦男, 林秀樹, 神津照雄, 松原久裕 Gastroenterol Endosc 50 (Supplement 2) 2297 -2297 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡ナビゲーション補助下に腹腔鏡下胃局所切除施行し得た、胃間葉系腫瘍8症例の検討
    川平 洋, 林 秀樹, 赤井 崇, 上里 昌也, 西森 孝典, 鍋谷 圭宏, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 13 (7) 185 -185 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 看護師のアニマルラボ経験に基づいた腹腔鏡下手術介助マニュアルとその運用成果
    山本 恵, 守屋 菜生, 鈴木 和也, 山崎 可奈子, 薦田 しづ江, 川平 洋, 松原 久裕, 林 秀樹 日本内視鏡外科学会雑誌 13 (7) 200 -200 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 当科におけるアカラシアに対する腹腔鏡下Jekler-Lhotka手術の成績と工夫
    阿久津 泰典, 林 秀樹, 川平 洋, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 13 (7) 207 -207 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 肥満胃癌患者に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術
    佐藤 麻美, 林 秀樹, 川平 洋, 武藤 頼彦, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 13 (7) 225 -225 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡補助下幽門側胃切除術における肝外側区域圧排法の検討
    加野 将之, 林 秀樹, 川平 洋, 鍋谷 圭宏, 武藤 頼彦, 佐藤 麻美, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 13 (7) 237 -237 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡補助下幽門側胃切除後に見られる残胃内食物停滞に関する考察
    武藤 頼彦, 林 秀樹, 川平 洋, 佐藤 麻美, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 13 (7) 237 -237 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 動物モデルにおけるLong over tubeを用いたHybrid NOTESによる経胃的胆嚢摘出術の経験
    上里 昌也, 武藤 頼彦, 林 秀樹, 川平 洋, 赤井 崇, 松原 久裕, 神津 照雄 日本内視鏡外科学会雑誌 13 (7) 349 -349 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 早期胃癌の治療 当科における腹腔鏡下胃癌手術76例の予後
    川平 洋, 林 秀樹, 鍋谷 圭宏, 西森 孝典, 赤井 崇, 上里 昌也, 松原 久裕 日本消化器外科学会雑誌 41 (7) 1128 -1128 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 術中止血法の工夫 双極型電気血管閉鎖装置の血管シール特性とその適正な使用方法に関して
    林 秀樹, 川平 洋, 武藤 頼彦, 関根 雅, 前佛 聡樹, 三宅 洋一 日本消化器外科学会雑誌 41 (7) 1150 -1150 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 鍋谷圭宏, 西森孝典, 赤井崇, 上里昌也, 松原久裕 日本消化器外科学会雑誌 41 (7) 1128 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 武藤頼彦, 上里昌也, 赤井崇, 西森考典, 川平洋, 鍋谷圭宏, 松原久裕, 林秀樹 日本消化器外科学会雑誌 41 (7) 1209 -1209 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 西森孝典, 赤井崇, 上里昌也, 林秀樹, 松原久裕 日本消化器外科学会雑誌 41 (7) 1167 -1167 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 林秀樹, 川平洋, 武藤頼彦, 関根雅, 前佛聡樹, 三宅洋一 日本消化器外科学会雑誌 41 (7) 1150 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 林 秀樹, 鍋谷 圭宏, 西森 孝典, 赤井 崇, 上里 昌也, 松原 久裕 日本消化器外科学会雑誌 41 (7) 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 林 秀樹, 川平 洋, 武藤 頼彦, 関根 雅, 前佛 聡樹, 三宅 洋一 日本消化器外科学会雑誌 41 (7) 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷 圭宏, 川平 洋, 西森 孝典, 赤井 崇, 上里 昌也, 林 秀樹, 松原 久裕 日本消化器外科学会雑誌 41 (7) 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 武藤 頼彦, 上里 昌也, 赤井 崇, 西森 考典, 川平 洋, 鍋谷 圭宏, 松原 久裕, 林 秀樹 日本消化器外科学会雑誌 41 (7) 2008年07月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 西森孝典, 赤井崇, 林秀樹, 前田芙美, 坂田夏子, 岡本由美子, 長谷川智子, 田村道子, 竹内純子, 烏祐佳里, 小川常子, 二川真理子, 野本尚子, 中村安孝, 橋本典子, 宮本香織, 北田光一, 松原久裕 外科と代謝・栄養 42 (3) 8 2008年06月 [査読無し][通常論文]
  • 術後早期回復へ向けての代謝栄養学的工夫 胃切除術後早期回復のための周術期食事栄養管理の工夫
    鍋谷 圭宏, 川平 洋, 西森 孝典, 赤井 崇, 林 秀樹, 前田 芙美, 坂田 夏子, 岡本 由美子, 長谷川 智子, 田村 道子, 竹内 純子, 烏 祐佳里, 小川 常子, 二川 真理子, 野本 尚子, 中村 安孝, 橋本 典子, 宮本 香織, 北田 光一, 松原 久裕 外科と代謝・栄養 42 (3) 8 -8 2008年06月 [査読無し][通常論文]
  • 胃ESD時代における内視鏡治療の位置づけ 早期胃癌内視鏡的粘膜下層剥離術における麻酔法の違いによる患者ストレスの比較
    上里 昌也, 鍋谷 圭宏, 赤井 崇, 間宮 俊太, 太田 義人, 本島 柳司, 加賀谷 暁子, 武藤 頼彦, 川平 洋, 西森 孝典, 井上 雅仁, 渡辺 良之, 菱川 悦男, 林 秀樹, 神津 照雄, 松原 久裕 Progress of Digestive Endoscopy 73 (1) 73 -73 2008年06月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 鍋谷圭宏, 西森孝典, 赤井崇, 上里昌也, 林秀樹 千葉医学雑誌 84 (3) 161 -161 2008年06月 [査読無し][通常論文]
  • 林秀樹, 川平洋, 牛木卓, 小石毅, 岡田義道, 中口俊哉, 津村徳道, 三宅洋一 日本外科学会雑誌 109 (臨増2) 235 -235 2008年04月 [査読無し][通常論文]
  • 林 秀樹, 川平 洋, 牛木 卓, 小石 毅, 岡田 義道, 中口 俊哉, 津村 徳道, 三宅 洋一 日本外科学会雑誌 109 (2) 2008年04月 [査読無し][通常論文]
  • 間宮俊太, 上里昌也, 赤井崇, 太田義人, 本島柳司, 加賀谷暁子, 武藤頼彦, 川平洋, 鍋谷圭宏, 林秀樹, 松原久裕 Gastroenterol Endosc 50 (Supplement 1) 827 -827 2008年04月 [査読無し][通常論文]
  • 上里昌也, 鍋谷圭宏, 赤井崇, 川平洋, 西森孝典, 井上雅仁, 渡辺良之, 菱川悦男, 林秀樹, 神津照雄, 松原久裕 Gastroenterol Endosc 50 (Supplement 1) 932 -932 2008年04月 [査読無し][通常論文]
  • 林秀樹, 武藤頼彦, 川平洋, 中口俊哉, 津村徳道, 大須賀敏明, 織田成人, 三宅洋一 医工学治療 20 (Supplement) 153 -153 2008年04月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋 月刊内分泌・糖尿病科 26 (2) 196 -202 2008年02月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 西森孝典, 赤井崇, 上里昌也, 青木泰斗, 谷澤豊, 池田憲正, 林秀樹, 落合武徳, 田村道子, 竹内純子, 市川智彦, 松原久裕 日本腹部救急医学会雑誌 28 (2) 263 2008年02月 [査読無し][通常論文]
  • 腹部救急領域におけるチーム医療 切除不能進行/再発胃癌によるoncologic emergencyに対する外科的介入とチーム医療の意義
    鍋谷 圭宏, 川平 洋, 西森 孝典, 赤井 崇, 上里 昌也, 青木 泰斗, 谷澤 豊, 池田 憲正, 林 秀樹, 落合 武徳, 田村 道子, 竹内 純子, 市川 智彦, 松原 久裕 日本腹部救急医学会雑誌 28 (2) 263 -263 2008年02月 [査読無し][通常論文]
  • 赤井崇, 川平洋, 上里昌也, 鍋谷圭宏, 西森孝典, 松原久裕 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 20th 383 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 上里昌也, 鍋谷圭宏, 赤井崇, 間宮俊太, 太田義人, 本島柳司, 加賀谷暁子, 武藤頼彦, 川平洋, 西森孝典, 井上雅仁, 渡辺良之, 菱川悦男, 林秀樹, 神津照雄, 松原久裕 Prog Dig Endosc 73 (1) 73 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 赤井崇, 上里昌也, 西森孝典, 林秀樹, 落合武徳 日本臨床外科学会雑誌 68 (増刊) 563 -563 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 川平洋, 西森孝典, 赤井崇, 上里昌也, 谷澤豊, 青木泰斗, 池田憲政, 林秀樹, 落合武徳 日本臨床外科学会雑誌 68 390 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 林秀樹, 川平洋, 佐藤麻美, 武藤頼彦, 中島光一, 落合武徳 日本臨床外科学会雑誌 68 (増刊) 596 -596 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 根治切除不能胃癌に対する治療戦略 外科的治療の意義とタイミング Gastric Outlet Obstructionをきたした切除不能下部進行/再発胃癌に対する胃空腸吻合術先行治療の有用性
    鍋谷 圭宏, 川平 洋, 西森 孝典, 赤井 崇, 上里 昌也, 谷澤 豊, 青木 泰斗, 池田 憲政, 林 秀樹, 落合 武徳 日本臨床外科学会雑誌 68 (増刊) 390 -390 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 看護師の手による腹腔鏡下手術のシミュレーションと臨床へのフィードバック
    山本 恵, 守屋 菜生, 鈴木 和也, 山崎 可奈子, 薦田 しず江, 川平 洋, 林 秀樹 日本内視鏡外科学会雑誌 12 (7) 180 -180 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • リスクファクターとしての肥満 肥満胃癌患者に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術
    佐藤 麻美, 林 秀樹, 鍋谷 圭宏, 川平 洋, 西森 孝典, 赤井 嵩, 上里 昌也, 岡住 慎一 日本内視鏡外科学会雑誌 12 (7) 288 -288 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • ドキッとした症例・困難症例の報告(消化器・一般外科) 腹腔鏡下胃局所切除時、縫合に難渋した症例とその対策
    川平 洋, 林 秀樹, 鍋谷 圭宏, 赤井 崇, 上里 昌也, 西森 孝典, 阿久津 泰典 日本内視鏡外科学会雑誌 12 (7) 319 -319 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • Linear staplerを用いた腸管吻合におけるentry hole閉鎖方法の検討
    武藤 頼彦, 佐藤 麻美, 川平 洋, 林 秀樹 日本内視鏡外科学会雑誌 12 (7) 345 -345 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における食道アカラシアの内視鏡手術の治療成績
    阿久津 泰典, 林 秀樹, 川平 洋, 清水 孝徳, 岡住 慎一, 島田 英昭, 松原 久裕 日本内視鏡外科学会雑誌 12 (7) 494 -494 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 久保田暁彦, 川平洋, 赤井崇, 上里昌也, 林秀樹, 西森孝典 日本外科感染症学会雑誌 4 (Supplement) 484 -484 2007年10月 [査読無し][通常論文]
  • 膵臓の発生と疾患との因果関係
    川平 洋 千葉医学雑誌 83 (5) 191 -191 2007年10月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋 千葉医学雑誌 83 (5) 191 2007年10月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 鍋谷圭宏, 宮崎信一, 谷澤豊, 赤井崇, 上里昌也, 落合武徳 日本消化器外科学会雑誌 40 (10) 1753 -1753 2007年10月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 林 秀樹, 鍋谷 圭宏, 宮崎 信一, 谷澤 豊, 赤井 崇, 上里 昌也, 落合 武徳 日本消化器外科学会雑誌 40 (10) 2007年10月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 林秀樹, 鍋谷圭宏, 中島光一, 山崎将人, 牧野治文, 赤井崇, 上里昌也, 西森孝典, 落合武徳 臨床外科 62 (9) 1151 -1158 2007年09月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 林 秀樹, 鍋谷 圭宏, 中島 光一, 山崎 将人, 牧野 治文, 赤井 崇, 上里 昌也, 西森 孝典, 林 春幸, 落合 武徳 臨床外科 62 (9) 1151 -1158 2007年09月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 林 秀樹, 鍋谷 圭宏 臨床外科 62 (9) 1151 -1158 2007年09月 [査読無し][通常論文]
  • 林秀樹, 川平洋, 武藤頼彦, 坂間淳孝, 島田英昭, 鍋谷圭宏, 上里昌也, 赤井崇, 落合武徳 日本消化器外科学会雑誌 40 (7) 1233 -1233 2007年07月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 谷澤豊, 川平洋, 赤井崇, 上里昌也, 宮崎信一, 林秀樹, 軍司祥雄, 鈴木孝雄, 落合武徳 日本消化器外科学会雑誌 40 (7) 1124 -1124 2007年07月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷 圭宏, 谷澤 豊, 川平 洋, 赤井 崇, 上里 昌也, 宮崎 信一, 林 秀樹, 軍司 祥雄, 鈴木 孝雄, 落合 武徳 日本消化器外科学会雑誌 40 (7) 2007年07月 [査読無し][通常論文]
  • 林 秀樹, 川平 洋, 武藤 頼彦, 坂間 淳孝, 島田 英昭, 鍋谷 圭宏, 上里 昌也, 赤井 崇, 落合 武徳 日本消化器外科学会雑誌 40 (7) 2007年07月 [査読無し][通常論文]
  • 林秀樹, 川平洋, 武藤頼彦, 落合武徳 臨床消化器内科 22 (8) 1107 -1115 2007年06月 [査読無し][通常論文]
  • 【センチネルリンパ節理論の消化器癌への応用】 センチネルリンパ節生検応用の拡大 腹腔鏡下手術への応用
    林 秀樹, 川平 洋, 武藤 頼彦, 落合 武徳 臨床消化器内科 22 (8) 1107 -1115 2007年06月 [査読無し][通常論文]
     
    消化器癌のなかでもとくに胃癌に対する腹腔鏡下手術へのセンチネルリンパ節生検の応用は,これまでの胃癌治療を格段に低侵襲かつ後遺症の少ないものへ変える可能性を秘めている.胃癌に対する腹腔鏡下センチネルリンパ節生検の比較的良好な診断成績が報告されつつあるが,未だ開腹下と同じ診断精度で施行可能とはいえず,幽門輪温存手術などの際に併用されているのが現状である.今後の症例の蓄積や画像解析技術などの関連領域との連携により診断精度が向上すれば,リンパ節転移陰性症例に対する局所切除など,より積極的な縮小治療が期待できるものと考えられる.(著者抄録)
  • 上里昌也, 宮崎信一, 鍋谷圭宏, 赤井崇, 星野敏彦, 軽部友明, 谷澤豊, 川平洋, 青木泰斗, 山口武人, 林秀樹, 神津照雄, 宮崎勝, 落合武徳 Gastroenterol Endosc 49 (Supplement 1) 921 -921 2007年04月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 島田英昭, 松原久宏, 白鳥亨, 清水孝徳, 宮崎信一, 岡住慎一, 鍋谷圭宏, 首藤潔彦, 林秀樹, 谷澤徹, 中谷行雄, 仲佐啓詳, 北田光一, 落合武徳 日本外科学会雑誌 108 (臨増2) 590 -590 2007年03月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 島田 英昭, 松原 久宏, 白鳥 亨, 清水 孝徳, 宮崎 信一, 岡住 慎一, 鍋谷 圭宏, 首藤 潔彦, 林 秀樹, 谷澤 徹, 中谷 行雄, 仲佐 啓詳, 北田 光一, 落合 武徳 日本外科学会雑誌 108 (2) 2007年03月 [査読無し][通常論文]
  • 鍋谷圭宏, 谷澤豊, 川平洋, 赤井崇, 上里昌也, 宮崎信一, 林秀樹, 落合武徳 日本腹部救急医学会雑誌 27 (2) 348 2007年02月 [査読無し][通常論文]
  • 高齢者の腹部救急疾患 教室における高齢者胃癌治療の検討
    鍋谷 圭宏, 谷澤 豊, 川平 洋, 赤井 崇, 上里 昌也, 宮崎 信一, 林 秀樹, 落合 武徳 日本腹部救急医学会雑誌 27 (2) 348 -348 2007年02月 [査読無し][通常論文]
  • 上里昌也, 宮崎信一, 青木泰斗, 鍋谷圭宏, 赤井崇, 軽部友昭, 星野敏彦, 角田慎輔, 北林宏之, 本島柳司, 谷澤豊, 川平洋, 林秀樹, 落合武徳, 菱川悦男, 神津照雄 Prog Dig Endosc 70 (1) 87 -87 2006年12月 [査読無し][通常論文]
  • J Lau, H Kawahira, M Hebrok CELLULAR AND MOLECULAR LIFE SCIENCES 63 (6) 642 -652 2006年03月 [査読無し][通常論文]
     
    Since its discovery, numerous studies have shown that the Hedgehog (Hh) signaling pathway plays an instrumental role during diverse processes of cell differentiation and organ development. More recently, it has become evident that Hh signaling is not restricted to developmental events, but retains some of its activity during adult life. In mature tissues, Hh signaling has been implicated in the maintenance of stem cell niches in the brain, renewal of the gut epithelium and differentiation of hematopoietic cells. In addition to the basal function in adult tissue, deregulated signaling has been implicated in a variety of cancers, including basal cell carcinoma, glioma and small cell lung cancer. Here, we will focus on the role of Hh signaling in pancreas development and pancreatic diseases, including diabetes mellitus, chronic pancreatitis and pancreatic cancer.
  • H Kawahira, DW Scheel, SB Smith, MS German, M Hebrok DIABETES 53 A51 -A51 2004年06月 [査読無し][通常論文]
  • 谷澤 豊, 中郡 聡夫, 小西 大, 井上 和人, 小田 竜也, 高橋 進一郎, 川平 洋, 中村 哲之, 西森 孝典, 木下 平 千葉医学雑誌 77 (4) 291 -291 2001年08月 [査読無し][通常論文]
  • 谷澤 豊, 中郡 聡夫, 川平 洋, 高橋 進一郎, 西森 孝典, 小西 大, 井上 和人, 小田 竜也, 出石 邦彦, 木下 平 千葉医学雑誌 77 (4) 281 -281 2001年08月 [査読無し][通常論文]
  • Santorini管分枝原発の膵管内乳頭腫瘍に対する膵部分切除術
    中郡 聡夫, 高橋 進一郎, 川平 洋, 西森 孝典, 谷澤 豊, 小西 大, 井上 和人, 小田 竜也, 木下 平 千葉医学雑誌 77 (4) 295 -295 2001年08月 [査読無し][通常論文]
  • 中郡 聡夫, 川平 洋, 高橋 進一郎, 西森 孝典, 谷澤 豊, 小田 竜也, 出石 邦彦, 小西 大, 井上 和人, 木下 平 千葉医学雑誌 77 (4) 284 -284 2001年08月 [査読無し][通常論文]
  • 西森 孝典, 中郡 聡夫, 川平 洋, 高橋 進一郎, 谷澤 豊, 小西 大, 井上 和人, 小田 竜也, 出石 邦彦, 木下 平 千葉医学雑誌 77 (4) 281 -281 2001年08月 [査読無し][通常論文]
  • 西森 孝典, 中郡 聡夫, 川平 洋, 高橋 進一郎, 谷澤 豊, 小西 大, 井上 和人, 小田 竜也, 木下 平 千葉医学雑誌 77 (4) 291 -291 2001年08月 [査読無し][通常論文]
  • 中郡聡夫, 高橋 進一郎, 川平 洋, 西森 孝典, 谷澤 豊, 小西 大, 井上 和人, 小田 竜也, 木下 平 千葉医学雑誌 = Chiba medical journal 77 (4) 295 -295 2001年08月 [査読無し][通常論文]
  • 井上 和人, 木下 平, 小西 大, 中郡 聡夫, 小田 竜也, 高橋 進一郎, 中村 哲之, 川平 洋 日本消化器外科学会雑誌 34 (7) 1064 -1064 2001年07月 [査読無し][通常論文]
  • 井上和人, 木下平, 小西大, 中郡聡夫, 小田竜也, 高橋進一郎, 中村哲之, 川平洋 日本消化器外科学会雑誌 34 (7) 1064 2001年07月 [査読無し][通常論文]
  • 中村哲之, 井上和人, 小西大, 中郡聡夫, 小田竜也, 高橋進一郎, 川平洋, 植田貴徳, 木下平 日本消化器外科学会雑誌 34 (7) 822 -822 2001年07月 [査読無し][通常論文]
  • 中村 哲之, 井上 和人, 小西 大, 中郡 聡夫, 小田 竜也, 高橋 進一郎, 川平 洋, 植田 貴徳, 長瀬 通隆, 玉井 文洋, 木下 平 日本消化器外科学会雑誌 34 (7) 822 -822 2001年07月 [査読無し][通常論文]
  • 井上 和人, 木下 平, 小西 大, 中郡 聡夫, 小田 竜也, 高橋 進一郎, 中村 哲之, 川平 洋 日本消化器外科学会雑誌 34 (7) 1064 -1064 2001年07月 [査読無し][通常論文]
  • 【膵癌の治療成績を向上させるために 膵癌診療の最近の進歩】 膵癌の診断 現況と新しい試み 膵管像(ERCP,MRCP,バーチャル膵管鏡)からみた膵癌の診断
    中郡 聡夫, 谷澤 豊, 西森 孝典, 川平 洋, 小西 大, 井上 和人, 小田 竜也, 木下 平 外科治療 84 (6) 953 -959 2001年06月 [査読無し][通常論文]
     
    バーチャル内視鏡とは,2DのMRIやCT等のデータをもとにして,コンピュータ画像処理により内視鏡で観察しているようなシミュレーション画像を作成する新しい技術である.膵癌における特徴的なバーチャル膵管鏡イメージは主膵管の狭窄と尾側主膵管の拡張である.膵癌の一部では主膵管狭窄部が内に凸の多角形状に描出された.膵管像(ERCP,MRCP,バーチャル内視鏡)が膵癌の診断にとくに有用なのは,1)TS1膵癌,2)TS2以上だがCT/MRIで描出不良の膵癌,3)主膵管内又は主膵管周囲進展傾向の強い膵癌である
  • 中郡聡夫, 谷沢豊, 西森孝典, 川平洋, 小西大, 井上和人, 小田竜也, 木下平 外科治療 84 (6) 953 -959 2001年06月 [査読無し][通常論文]
  • 西森孝典, 中郡聡夫, 木下平, 小西大, 井上和人, 小田竜也, 川平洋, 高橋進一郎, 落合武徳 日本外科学会雑誌 102 (臨増) 434 -434 2001年03月 [査読無し][通常論文]
  • 西森 孝典, 中郡 聡夫, 木下 平, 小西 大, 井上 和人, 小田 竜也, 川平 洋, 高橋 進一郎, 谷澤 豊, 浅野 武秀, 落合 武徳 日本外科学会雑誌 102 (0) 434 -434 2001年03月 [査読無し][通常論文]
  • 中郡 聡夫, 木下 平, 小西 大, 井上 和人, 小田 竜也, 高橋 進一郎, 川平 洋, 西森 考典, 谷澤 豊, 浅野 武秀, 落合 武徳 日本外科学会雑誌 102 (0) 571 -571 2001年03月 [査読無し][通常論文]
  • 膵管内乳頭腫瘍に対する膵区域切除・部分切除術
    中郡 聡夫, 木下 平, 小西 大, 井上 和人, 小田 竜也, 高橋 進一郎, 川平 洋, 西森 考典, 谷澤 豊, 浅野 武秀 日本外科学会雑誌 102 (臨増) 571 -571 2001年03月 [査読無し][通常論文]
  • 原発性肝癌の治療-切除を中心とした積極治療の成績
    井上 和人, 木下 平, 小西 大, 中郡 聡夫, 小田 竜也, 高橋 進一郎, 中村 哲之, 川平 洋, 古瀬 純司, 丸 泰司 千葉県医師会雑誌 53 (1) 95 -95 2001年01月 [査読無し][通常論文]
  • 西森孝典, 木下平, 小西大, 井上和人, 小田達也, 川平洋, 高橋進一郎, 浅野武秀, 落合武徳 日本コンピュータ外科学会誌 2 (3) 135 -136 2000年12月 [査読無し][通常論文]
  • 西森 孝典, NAKAGORI Toshio, 木下 平, 小西 大, 井上 和人, 小田 達也, 川平 洋, 高橋 進一郎, 谷澤 豊, 浅野 武秀, 落合 武徳 Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS 2 (3) 135 -136 2000年12月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 井上和人, 木下平, 小西大, 中郡聡夫, 小田竜也, 高橋進一郎, 古瀬純司, 長谷部孝裕 Liver Cancer 6 (2) 141 -149 2000年11月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は腹部不快感を主訴とする72歳の男性でアルコール性肝炎,口腔底癌,肺癌手術の既往歴がある.腹部超音波で肝S8に直径32mmの辺縁不整,内部不均一な呈エコー腫瘍を認めた.造影CTでは内部隔壁のみが造影され,血管造影では腫瘍はhigh-vascularで腫瘍内部に太い動脈枝を認めた.画像診断上肝細胞癌を第一にあげたが限局性結節性過形成も否定できず肝生検を施行した.しかし病理診断は正常肝組織であった.8ヵ月後腫瘍の増大を認め悪性腫瘍と診断してS8亜区域切除術を行った.腫瘍は径32×30×25mmの多結節癒合腫瘍で病理組織学診断は索状の高分化型肝細胞癌であった.術後経過は良好で再発なく外来通院中である
  • 西森孝典, 木下平, 井上和人, 小田達也, 川平洋, 高橋進一郎, 谷沢豊, 浅野武秀, 落合武徳 コンピュータ支援画像診断学会大会・日本コンピュータ外科学会大会合同論文集 10th-9th 41 -42 2000年10月 [査読無し][通常論文]
  • 谷澤 豊, 中郡 聡夫, 小西 大, 井上 和人, 小田 竜也, 出石 邦彦, 高橋 進一郎, 川平 洋, 西森 孝典, 植田 貴徳 日本消化器外科学会雑誌 33 (7) 1035 -1035 2000年07月 [査読無し][通常論文]
  • 西森孝典, 中郡聡夫, 竜崇正, 小西大, 井上和人, 小田竜也, 高橋進一郎, 川平洋, 木下平 日本消化器外科学会雑誌 33 (7) 1333 -1333 2000年07月 [査読無し][通常論文]
  • 谷沢豊, 中郡聡夫, 小西大, 井上和人, 小田竜也, 出石邦彦, 高橋進一郎, 川平洋, 木下平 日本消化器外科学会雑誌 33 (7) 1035 2000年07月 [査読無し][通常論文]
  • 谷澤 豊, 中郡 聡夫, 小西 大, 井上 和人, 小田 竜也, 出石 邦彦, 高橋 進一郎, 川平 洋, 西森 孝典, 植田 貴徳, 長瀬 通隆, 中橋 ちぐさ, 木下 平 日本消化器外科学会雑誌 33 (7) 1035 -1035 2000年07月 [査読無し][通常論文]
  • 西森 孝典, 中郡 聡夫, 竜 崇正, 小西 大, 井上 和人, 小田 竜也, 高橋 進一郎, 川平 洋, 谷沢 豊, 大下 平 日本消化器外科学会雑誌 33 (7) 1333 -1333 2000年07月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋, 木下平, 小西大, 中郡聡夫, 井上和人, 高地明 千葉医学雑誌 76 (3) 145 -145 2000年06月 [査読無し][通常論文]
  • H. Kawahira, S. Kobayashi, K. Kaneko, T. Asano, T. Ochiai Hepato-Gastroenterology 47 (34) 973 -977 2000年 [査読無し][通常論文]
     
    Background/Aims: Intraductal papillary mucinous tumors, as a cystic disease in the pancreas, clinically has a more indolent and favorable course than invasive ductal pancreas carcinoma. However, some cases of intraductal papillary mucinous tumors show invasive and rapid progression like ductal pancreas carcinoma and the prognosis of such patients is sometimes poor. In the current study, we carried out immunohistochemical staining of intraductal papillary mucinous tumor tissues for p53 and investigated whether positive staining indicates tumor malignancies and has a prognostic value for intraductal papillary mucinous tumors. Methodology: Nineteen (19) patients who underwent pancreatic resection under the diagnosis of intraductal papillary mucinous tumors at the Chiba University Hospital between April 1992 and December 1996 were studied. We performed immunohistochemical staining of p53 as well as of PCNA, Ki-67 and Bcl-2 using their respective antibodies. Pathological findings revealed that 9 cases were intraductal papillary adenoma, 9 were intraductal papillary adenocarcinoma, and one was invasive ductal papillary adenocarcinoma. Results: p53 expression could only be detected in the 1 case with invasive ductal papillary adenocarcinoma. Significant association could not be found between histological features and immunohistochemical staining of PCNA, Ki-67 and Bcl-2. Conclusions: p53 protein expression could be detected after progression to invasive type of intraductal papillary mucinous tumors. The present results demonstrate that p53 expression might be an indicator of invasive progression in intraductal papillary mucinous tumors, and might represent a surgical indicator of intraductal papillary mucinous tumors.
  • S Kobayashi, H Shirasawa, H Sashiyama, H Kawahira, K Kaneko, T Asano, T Ochiai CLINICAL CANCER RESEARCH 5 (12) 4182 -4185 1999年12月 [査読無し][通常論文]
     
    The prognoses of pancreatic cancer patients have been miserable even after radical surgery, and adjuvant therapy is necessary to improve the surgical results, p16(INK4a) (p16) is tight-binding and inhibitory protein for cyclin-dependent kinase 4 to induce G(1) arrest of the cell cycle. p16 gene deletion is frequently identified in human pancreas cancer. The impaired gene function of p16 might be a major factor of the uncontrolled proliferation and malignancy of pancreas cancer cells. In this study, we investigated the effect of adenovirus p16 expression vector for pancreas cancer cell proliferation to clarify whether the vector might be a promising mode to assist the surgical therapy for pancreas cancer. We constructed the adenovirus p16 expression vector AdexCACSp16 by inserting p16 cDNA to a cassette cosmid containing a nearly full-length adenovirus type 5 genome with El and E3 deletions. Thereafter, we assessed the activity of AdexCACSp16 to induce p16 gene mRNA expression in pancreas cancer cell line MIAPaCa-2 and to control cell proliferation. AdexCACSp16 induced a high level of p16 gene mRNA expression in MIAPaCa-2 cells with 1 h contact to the cells. The cell proliferation was significantly suppressed by AdexCACSp16 compared with the control adenovirus group. These data indicate that AdexCACSp16 has the potential to induce p16 gene expression and control pancreas cancer cell proliferation and that the adenovirus p16 expression vector AdexCACSp16 might be a possible method of gene therapy to improve the surgical therapeutic results for pancreas cancer.
  • 川平 洋 千葉医学雑誌 75 (5) 290 -290 1999年10月 [査読無し][通常論文]
  • 小林進, 西郷健一, 川平洋, 指山浩志, 浦島哲郎, 浅野武秀, 落合武徳 日本癌学会総会記事 58th 125 -125 1999年08月 [査読無し][通常論文]
  • 粘液産生膵腫瘍における遺伝子異常
    金子 健太郎, 小林 進, 浅野 武秀, 剣持 敬, 中郡 聡夫, 貝沼 修, 川平 洋, 落合 武徳 日本消化器外科学会雑誌 32 (6) 1622 -1622 1999年06月 [査読無し][通常論文]
  • 粘液産生膵腫瘍の悪性化の原因は何か? 免疫組織学的検討における通常型膵管癌との比較
    川平 洋, 小林 進, 松崎 弘志, 岡住 慎一, 中市 人史, 中郡 聡夫, 浅野 武秀, 落合 武徳 日本消化器外科学会雑誌 32 (6) 1624 -1624 1999年06月 [査読無し][通常論文]
  • 川平洋 千葉医学雑誌 75 (3) 119 -125 1999年06月 [査読無し][通常論文]
     
    1)nel-18欠損マウスの特に生後4週齢マウスにおける胸腺では胸腺細胞数は野生型の1/100以下に減少し,欠損型では99%以上がCD4/CD8二重陰性胸腺細胞に留まっていた. 2)欠損型と野生型の胸腺細胞と胸腺上皮の入れ換え実験を行った.欠損型胸腺細胞は野生型胸腺上皮内の環境では増殖,分化とも正常であったが,野生型胸腺細胞は欠損型胸腺上皮内では増殖,分化共にみられなかった. 3)ヌードマウスの腎被膜下に胎仔胸腺を移植,ヌードマウス由来の再構築した胸腺細胞を解析した.欠損型胸腺上皮内では胸腺細胞のCD4/CD8の分化は正常にみられたが,細胞数はコントロールに比べ1/10以下であった
  • 金子 健太郎, 小林 進, 浅野 武秀, 剣持 敬, 中郡 聡夫, 貝沼 修, 川平 洋, 落合 武徳 日本消化器外科学会雑誌 32 (6) 1999年06月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 小林 進, 松崎 弘志, 岡住 慎一, 中市 人史, 中郡 聡夫, 浅野 武秀, 落合 武徳 日本消化器外科学会雑誌 32 (6) 1999年06月 [査読無し][通常論文]
  • 粘液産生膵腫瘍,浸潤性膵管癌におけるp53,Thymidine phosphorylase(TdRPase)発現の免疫組織学的検討とその臨床病理学的意義
    川平 洋, 小林 進, 金子 健太郎, 浅野 武秀, 磯野 可一 日本消化器外科学会雑誌 32 (2) 723 -723 1999年02月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 小林 進, 金子 健太郎, 浅野 武秀, 磯野 可一 日本消化器外科学会雑誌 32 (2) 1999年02月 [査読無し][通常論文]
  • がん抑制遺伝子活性を持つ哺乳類ポリコーム・グループ遺伝子mel-18による細胞周期調節機構の解析
    菅野 雅元, 鉄 治, 川平 洋, 谷口 克 腫瘍マーカー研究会誌 13 173 -173 1998年09月 [査読無し][通常論文]
  • 膵癌長期生存に関与する因子の検討
    鈴木 一史, 貝沼 修, 剣持 敬, 中郡 聡夫, 所 義治, 川平 洋, 浅野 武秀 日本癌学会総会記事 57回 635 -635 1998年08月 [査読無し][通常論文]
  • 粘液産生膵腫瘍における遺伝子異常
    川平 洋, 小林 進, 金子 健太郎, 鈴木 一史, 貝沼 修, 浅野 武秀, 磯野 可一 日本癌学会総会記事 57回 437 -437 1998年08月 [査読無し][通常論文]
  • 膵癌細胞に対するp16発現Adenovirus Vectorの増殖抑制効果
    小林 進, 白澤 浩, 川平 洋, 金子 健太郎, 貝沼 修, 今関 英男, 浅野 武秀, 磯野 可一 日本癌学会総会記事 57回 721 -721 1998年08月 [査読無し][通常論文]
  • 貝沼 修, 浅野 武秀, 中郡 聡夫, 剣持 敬, 所 義治, 神宮 和彦, 金子 健太郎, 鈴木 一史, 川平 洋, 磯野 可一 日本消化器外科学会雑誌 31 (6) 1998年06月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋 千葉医学雑誌 74 (2) 116 -116 1998年04月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋 千葉医学雑誌 74 (2) 129 -129 1998年04月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋 日本外科学会雑誌 99 (臨増) 368 -368 1998年03月 [査読無し][通常論文]
  • 金子 健太郎, 小林 進, 浅野 武秀, 剣持 敬, 中郡 聡夫, 貝沼 修, 川平 洋, 磯野 可一 日本消化器外科学会雑誌 31 (2) 1998年02月 [査読無し][通常論文]
  • 菅野雅元, 川平洋, 岡田誠治, 谷口克 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 20th 288 1997年12月 [査読無し][通常論文]
  • 菅野雅元, 川平洋, 岡田誠治, 谷口克 日本免疫学会総会・学術集会記録 27 225 1997年10月 [査読無し][通常論文]
  • 【細胞の不死化とアポトーシスに関連した消化器癌研究の現況】 粘液産生膵腫瘍のテロメラーゼ活性
    金子 健太郎, 小林 進, 浦島 哲郎, 川平 洋, 浅野 武秀, 磯野 可一 消化器癌の発生と進展 9 89 -91 1997年09月 [査読無し][通常論文]
     
    粘液産生膵腫瘍10例中7例にテロメラーゼ活性を認めた.うち,組織学的にdysplasiaとされた4例中2例にも活性が検出された
  • 金子健太郎, 小林進, 浦島哲郎, 川平洋, 浅野武秀, 磯野可一 消化器癌の発生と進展 9 89 -91 1997年09月 [査読無し][通常論文]
  • Takeshi Akasaka, Koh-Ichiro Tsuji, Hiroshi Kawahira, Masamoto Kanno, Ken-Ichi Harigaya, Lina Hu, Yasuhiro Ebihara, Tatsutoshi Nakahata, Osamu Tetsu, Masaru Taniguchi, Haruhiko Koseki Immunity 7 (1) 135 -146 1997年 [査読無し][通常論文]
     
    mel-18 is a mammalian homolog of Drosophila melanogaster Polycomb group genes. Mice lacking the mel-18 gene show a posterior transformation of the axial skeleton, severe combined immunodeficiency, and a food-passing disturbance in the lower intestine due to hypertrophy of the smooth muscle layer. In this study, the severe combined immunodeficiency observed in mel- 18 mutant mice is correlated with the impaired mitotic response of lymphocyte precursors upon interleukin-7 stimulation. Strikingly, the axial skeleton and lymphoid phenotypes are identical in both mel-18 and bmi-1 mutants, indicating that the Mel-18 and Bmi-1 gene products might act in the same genetic cascade. These results suggest that mammalian Polycomb group gene products are involved in cell cycle progression in the immune system.
  • 川平洋, 赤坂武, 伊藤俊広, 辻浩一郎, 中畑龍俊, 谷口克, 菅野雅元, 古関明彦 日本免疫学会総会・学術集会記録 26 224 1996年10月 [査読無し][通常論文]
  • 赤坂武, 川平洋, 辻浩一郎, 中畑龍俊, 伊藤俊宏, 谷口克, 古関明彦 日本免疫学会総会・学術集会記録 26 213 1996年10月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 小林 進 千葉医学雑誌 = Chiba medical journal 72 (1) 71 -71 1996年02月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 西島 浩, 荻野 幸伸, 室谷 典義, 竹田 明彦 千葉医学雑誌 = Chiba medical journal 72 (1) 89 -89 1996年02月 [査読無し][通常論文]
  • 竹田 明彦, 西島 浩, 荻野 幸伸, 室谷 典義, 川平 洋 千葉医学雑誌 = Chiba medical journal 72 (1) 93 -93 1996年02月 [査読無し][通常論文]
  • 川平 洋, 永田 松夫, 中村 宏, 篠原 靖志, 吉田 武彦 千葉医学雑誌 = Chiba medical journal 72 (1) 101 -102 1996年02月 [査読無し][通常論文]
  • 古関明彦, 赤坂武, 川平洋, 辻浩一郎, 中畑龍俊, 谷口克, 菅野雅元 日本発生生物学会大会発表要旨集 29th 285 1996年 [査読無し][通常論文]

産業財産権

受賞

  • 2019年04月 公益財団法人りそな中小企業振興財団 産学官連携特別賞
     ウェアラブルチェア「アルケリス」 
    受賞者: 川平 洋

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 研修転移を駆動するサンドイッチ型研修の開発:医療者向け蘇生コースの再構築
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 鈴木 義彦, 淺田 義和, 前田 佳孝, 山本 真一, 宮道 亮輔, 川平 洋
  • あまねく届け!「匠の技」―普遍的かつ革新的内視鏡外科手術教育基盤パッケージの開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 植村 宗則, 家入 里志, 中村 亮一, 富川 盛雅, 長尾 吉泰, 江藤 正俊, 川平 洋
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 羽石 秀昭, 中口 俊哉, 大西 峻, 関根 雅, 川平 洋
     
    微小循環における酸素飽和度モニタリングは疾患の状態の把握や機序の理解をする上で重要である。本研究では、微小循環イメージングが可能なSidestream Dark-Filed (SDF) カメラとOptical Coherent Tomography(OCT)を組み合わせたマルチモーダル計測システムの基礎研究を実施した。SDFにより吸入酸素変化時の微小循環の酸素飽和度変化を捉えることができた。構築したマルチモーダル計測システムを用いて、OCTから可視化した血管構造にSDF酸素飽和度マップを重畳することができた。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 中村 亮一, 五十嵐 辰男, 川平 洋
     
    本研究では,治療部位への精密誘導治療を行う「軟組織に対応したリアルタイムナビゲーション技術」と,外科的手技における組織臓器へのダメージを低減する革新的な内視鏡下手術「水中手術 “WaFLES”」の技術を統合的に研究開発し,「効用の最大化と副作用の最小化」を実現した次世代の超低侵襲精密外科医療技術を開発した.具体的には①術前CT画像と術中3D超音波画像の術中レジストレーション法の開発とナビゲーションへの実装,②内視鏡画像処理による臓器運動計測・補償を用いた精密レーザ照射システム,③治療工程分析技術による手術環境・技能評価法と臨床教育手法の開発を達成した.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 山谷 泰賀, 高橋 浩之, 羽石 秀明, 菅 幹生, 河合 秀幸, 志田原 美保, 吉田 英治, 稲玉 直子, 錦戸 文彦, 平野 祥之, 伊藤 浩, 辻 厚至, 稲庭 拓, 小畠 隆行, 川平 洋
     
    未だ死亡原因一位のがんに対し、近年、陽電子断層撮影法(PET)や重粒子線がん治療などに代表されるように、がんの診断法および治療法それぞれについて大幅な技術革新が行われてきたが、診断と治療の組み合わせがもつポテンシャルについてはほとんど研究されてこなかった。本研究では、PETでみながらの放射線治療やPETでみながらの外科手術の実現を目指し、世界初の開放型PET「OpenPET」を開発した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 羽石 秀昭, 中口 俊哉, 川平 洋, 織田 成人, 山口 匡, 中村 亮一
     
    本研究課題では,Sidestream Dark Field撮影法に基づく我々のこれまでの試作機を大幅に改良し,腹部のアクセスポートから挿入可能で,かつ,取得した画像データから酸素飽和度推定,血流画像解析等が可能なシステムの構築を目指した.まずボアスコープと独自の照明機構を組み合わせた長いロッド型のプローブを試作し微小循環像が収集であることを確認した.また,酸素飽和度推定の高精度化を目指し光伝搬シミュレーションによる誤差要因の検討を進めた.さらに微小循環の血流速解析法も構築し,ラット小腸を対象とした実験を通してその有用性を確認した.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 森 幹人, 阿久津 泰典, 川平 洋, 鈴木 一史, 松原 久裕
     
    本研究の目的は食道癌におけるmiR-203を介した食道癌の増殖・浸潤・転移の発現機能解析を行うことであった。食道癌におけるmiR-203は、浸潤・転移能に関係していることが判明した。また、食道癌においてmiR-203により制御される遺伝子の同定を行うため、DNAマイクロアレイを用い解析を進めたところ、22遺伝子を同定することが可能であった。同定された22遺伝子の1つであるLASP1についてさらに解析を進めると、miR-203はLAPS1のmRNAの発現を直接制御することで食道癌の浸潤・転移に関連していることが判明し、miR-203の発現により食道癌の悪性度が異なることが判明した。

委員歴

  • 2020年01月 - 現在   日本コンピュータ外科学会   編集委員
  • 2017年11月 - 現在   日本コンピュータ外科学会   評議員
  • 2010年10月 - 現在   腹腔鏡・内視鏡合同手術研究会   世話人


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.