詳細検索はこちら

東 森生 アズマ モリオ

所属部署名薬理学講座分子薬理学部門
職名講師ホームページURLhttp://www.jichi.ac.jp/molpharm/

プロフィール

研究キーワード

    メラニン凝集ホルモン, 細胞外マトリックス, ゼブラフィッシュ, チョウザメ, ポリプテルス, 魚類, ペプチドホルモン, 視床下部ー下垂体軸, 下垂体前葉, 下垂体後葉, 軸索誘導

研究分野

  • 基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学) / 組織学
  • 基礎医学 / 薬理学一般 / 内分泌薬理学
  • 基礎生物学 / 形態・構造 / 比較内分泌学

経歴

  • 2018年06月
    -
    現在
    自治医科大学医学部 薬理学講座分子薬理学部門(講師)
  • 2012年04月
    -
    2018年05月
    自治医科大学医学部 解剖学講座組織学部門(助教)
  • 2010年04月
    -
    2012年03月
    富山大学(日本学術振興会特別研究員DC1)

学歴

  • 2010年04月
    -
    2012年03月
    富山大学大学院理工学教育部博士課程地球生命環境科学専攻
  • 2008年04月
    -
    2010年03月
    富山大学大学院理工学教育部修士課程生物学専攻
  • 2004年04月
    -
    2008年03月
    富山大学理学部生物学科

所属学協会

  • 日本解剖学会
  • 日本薬理学会
  • 日本下垂体研究会
  • 日本動物学会
  • 日本比較内分泌学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本解剖学会
  • 日本薬理学会
  • 日本下垂体研究会
  • 日本動物学会
  • 日本比較内分泌学会

委員歴

  • 2017年04月
    -
    現在
    比較内分泌学会 若手交流会小委員会委員
  • 2015年04月
    -
    現在
    日本下垂体研究会 日本下垂体研究会誌編集委員
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2017年04月
    -
    現在
    比較内分泌学会 若手交流会小委員会委員
  • 2015年04月
    -
    現在
    日本下垂体研究会 日本下垂体研究会誌編集委員

学位

  • 理学博士

研究活動

論文

  • Immunohistochemical Study of the Laminin α5 Chain and Its Specific Receptor, Basal Cell Adhesion Molecule (BCAM), in both Fetal and Adult Rat Pituitary Glands.
    Azuma M, Tsukada T, Inagaki T, Casmad F, Jindatip D, Tofrizal A, Maliza R, Batchuluun K, Syaidah R, Ohno N, Fujiwara K, Kikuchi M, Yashiro T
    Acta histochemica et cytochemica 51(5) 145-152 2018年10月
  • Methodological Improvements With Conductive Materials for Volume Imaging of Neural Circuits by Electron Microscopy.
    Nguyen HB, Thai TQ, Sui Y, Azuma M, Fujiwara K, Ohno N
    Frontiers in neural circuits 12 108 2018年
  • Tissue inhibitors of metalloproteinase-expressing cells in human anterior pituitary and pituitary adenoma.
    Tofrizal A, Fujiwara K, Azuma M, Kikuchi M, Jindatip D, Yashiro T, Yamada S
    Medical molecular morphology 50(3) 145-154 2017年09月
  • Effect of retinoic acid on midkine gene expression in rat anterior pituitary cells.
    Maliza R, Fujiwara K, Azuma M, Kikuchi M, Yashiro T
    Endocrine journal 64(6) 633-638 2017年06月
  • Notch signaling-mediated cell-to-cell interaction is dependent on E-cadherin adhesion in adult rat anterior pituitary.
    Batchuluun K, Azuma M, Yashiro T, Kikuchi M
    Cell and tissue research 368(1) 125-133 2017年04月
  • Notch Signaling and Maintenance of SOX2 Expression in Rat Anterior Pituitary Cells.
    Batchuluun K, Azuma M, Fujiwara K, Yashiro T, Kikuchi M
    Acta histochemica et cytochemica 50(2) 63-69 2017年04月
  • Fibromodulin Expression in Folliculostellate Cells and Pericytes Is Promoted by TGFβ Signaling in Rat Anterior Pituitary Gland.
    Syaidah R, Tsukada T, Azuma M, Horiguchi K, Fujiwara K, Kikuchi M, Yashiro T
    Acta histochemica et cytochemica 49(6) 171-179 2016年12月
  • Effects of retinoic acid on growth hormone-releasing hormone receptor, growth hormone secretagogue receptor gene expression and growth hormone secretion in rat anterior pituitary cells.
    Maliza R, Fujiwara K, Tsukada T, Azuma M, Kikuchi M, Yashiro T
    Endocrine journal 63(6) 555-561 2016年06月
  • Folliculostellate cell interacts with pericyte via TGFβ2 in rat anterior pituitary.
    Tsukada T, Azuma M, Horiguchi K, Fujiwara K, Kouki T, Kikuchi M, Yashiro T
    The Journal of endocrinology 229(2) 159-170 2016年05月
  • Two zebrafish G2A homologs activate multiple intracellular signaling pathways in acidic environment.
    Ichijo Y, Mochimaru Y, Azuma M, Satou K, Negishi J, Nakakura T, Oshima N, Mogi C, Sato K, Matsuda K, Okajima F, Tomura H
    Biochemical and biophysical research communications 469(1) 81-86 2016年01月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Immunohistochemical Study of the Laminin α5 Chain and Its Specific Receptor, Basal Cell Adhesion Molecule (BCAM), in both Fetal and Adult Rat Pituitary Glands.
    Azuma M, Tsukada T, Inagaki T, Casmad F, Jindatip D, Tofrizal A, Maliza R, Batchuluun K, Syaidah R, Ohno N, Fujiwara K, Kikuchi M, Yashiro T
    Acta histochemica et cytochemica 51(5) 145-152 2018年10月
  • Methodological Improvements With Conductive Materials for Volume Imaging of Neural Circuits by Electron Microscopy.
    Nguyen HB, Thai TQ, Sui Y, Azuma M, Fujiwara K, Ohno N
    Frontiers in neural circuits 12 108 2018年
  • Tissue inhibitors of metalloproteinase-expressing cells in human anterior pituitary and pituitary adenoma.
    Tofrizal A, Fujiwara K, Azuma M, Kikuchi M, Jindatip D, Yashiro T, Yamada S
    Medical molecular morphology 50(3) 145-154 2017年09月
  • Effect of retinoic acid on midkine gene expression in rat anterior pituitary cells.
    Maliza R, Fujiwara K, Azuma M, Kikuchi M, Yashiro T
    Endocrine journal 64(6) 633-638 2017年06月
  • Notch signaling-mediated cell-to-cell interaction is dependent on E-cadherin adhesion in adult rat anterior pituitary.
    Batchuluun K, Azuma M, Yashiro T, Kikuchi M
    Cell and tissue research 368(1) 125-133 2017年04月
  • Notch Signaling and Maintenance of SOX2 Expression in Rat Anterior Pituitary Cells.
    Batchuluun K, Azuma M, Fujiwara K, Yashiro T, Kikuchi M
    Acta histochemica et cytochemica 50(2) 63-69 2017年04月
  • Fibromodulin Expression in Folliculostellate Cells and Pericytes Is Promoted by TGFβ Signaling in Rat Anterior Pituitary Gland.
    Syaidah R, Tsukada T, Azuma M, Horiguchi K, Fujiwara K, Kikuchi M, Yashiro T
    Acta histochemica et cytochemica 49(6) 171-179 2016年12月
  • Effects of retinoic acid on growth hormone-releasing hormone receptor, growth hormone secretagogue receptor gene expression and growth hormone secretion in rat anterior pituitary cells.
    Maliza R, Fujiwara K, Tsukada T, Azuma M, Kikuchi M, Yashiro T
    Endocrine journal 63(6) 555-561 2016年06月
  • Folliculostellate cell interacts with pericyte via TGFβ2 in rat anterior pituitary.
    Tsukada T, Azuma M, Horiguchi K, Fujiwara K, Kouki T, Kikuchi M, Yashiro T
    The Journal of endocrinology 229(2) 159-170 2016年05月
  • Two zebrafish G2A homologs activate multiple intracellular signaling pathways in acidic environment.
    Ichijo Y, Mochimaru Y, Azuma M, Satou K, Negishi J, Nakakura T, Oshima N, Mogi C, Sato K, Matsuda K, Okajima F, Tomura H
    Biochemical and biophysical research communications 469(1) 81-86 2016年01月
  • Maintenance of the Extracellular Matrix in Rat Anterior Pituitary Gland: Identification of Cells Expressing Tissue Inhibitors of Metalloproteinases.
    Azuma M, Tofrizal A, Maliza R, Batchuluun K, Ramadhani D, Syaidah R, Tsukada T, Fujiwara K, Kikuchi M, Horiguchi K, Yashiro T
    Acta histochemica et cytochemica 48(6) 185-192 2015年12月
  • Expression of the heparin-binding growth factor midkine and its receptor, Ptprz1, in adult rat pituitary.
    Fujiwara K, Horiguchi K, Maliza R, Tofrizal A, Batchuluun K, Ramadhani D, Syaidah R, Tsukada T, Azuma M, Kikuchi M, Yashiro T
    Cell and tissue research 359(3) 909-914 2015年03月
  • Extracellular acidification activates ovarian cancer G-protein-coupled receptor 1 and GPR4 homologs of zebra fish.
    Mochimaru Y, Azuma M, Oshima N, Ichijo Y, Satou K, Matsuda K, Asaoka Y, Nishina H, Nakakura T, Mogi C, Sato K, Okajima F, Tomura H
    Biochemical and biophysical research communications 457(4) 493-499 2015年02月
  • In situ hybridization analysis of the temporospatial expression of the midkine/pleiotrophin family in rat embryonic pituitary gland.
    Fujiwara K, Maliza R, Tofrizal A, Batchuluun K, Ramadhani D, Tsukada T, Azuma M, Horiguchi K, Kikuchi M, Yashiro T
    Cell and tissue research 357(1) 337-344 2014年05月
  • Changes in laminin chain expression in pre- and postnatal rat pituitary gland.
    Ramadhani D, Tsukada T, Fujiwara K, Azuma M, Kikuchi M, Yashiro T
    Acta histochemica et cytochemica 47(5) 231-237 2014年
  • Folliculostellate cells are required for laminin release from gonadotrophs in rat anterior pituitary.
    Tsukada T, Fujiwara K, Horiguchi K, Azuma M, Ramadhani D, Tofrizal A, Batchuluun K, Maliza R, Syaidah R, Kikuchi M, Yashiro T
    Acta histochemica et cytochemica 47(5) 239-245 2014年
  • Effect of neuropeptide Y on food intake in bullfrog larvae.
    Shimizu S, Azuma M, Morimoto N, Kikuyama S, Matsuda K
    Peptides 46 102-107 2013年08月
  • Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) stimulates release of somatolactin (SL)-α and SL-β from cultured goldfish pituitary cells via the PAC₁ receptor-signaling pathway, and affects the expression of SL-α and SL-β mRNAs.
    Azuma M, Suzuki T, Mochida H, Tanaka S, Matsuda K
    Peptides 43 40-47 2013年05月
  • Neuroendocrine control of feeding behavior and psychomotor activity by pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) in vertebrates.
    Matsuda K, Azuma M, Maruyama K, Shioda S
    Obesity research & clinical practice 7(1) e1-7 2013年01月
  • Neuroendocrine control of feeding behavior and psychomotor activity by neuropeptideY in fish.
    Matsuda K, Sakashita A, Yokobori E, Azuma M
    Neuropeptides 46(6) 275-283 2012年12月
  • Polymorphism of somatolactin-producing cells in the goldfish pituitary: immunohistochemical investigation for somatolactin-α and -β.
    Azuma M, Suzuki T, Mochida H, Tanaka S, Uchiyama M, Takahashi A, Matsuda K
    Cell and tissue research 350(1) 167-176 2012年10月
  • Orexin system in teleost fish.
    Matsuda K, Azuma M, Kang KS
    Vitamins and hormones 89 341-361 2012年
  • Gonadotropin-releasing hormone 2 suppresses food intake in the zebrafish, Danio rerio.
    Nishiguchi R, Azuma M, Yokobori E, Uchiyama M, Matsuda K
    Frontiers in endocrinology 3 122 2012年
  • Effect of intraperitoneal injection of curcumin on food intake in a goldfish model.
    Kang KS, Yahashi S, Azuma M, Sakashita A, Shioda S, Matsuda K
    Journal of molecular neuroscience : MN 45(2) 172-176 2011年10月
  • Stimulatory effect of intracerebroventricular administration of orexin A on food intake in the zebrafish, Danio rerio.
    Yokobori E, Kojima K, Azuma M, Kang KS, Maejima S, Uchiyama M, Matsuda K
    Peptides 32(7) 1357-1362 2011年07月
  • Gonadotropin-releasing hormone II (GnRH II) mediates the anorexigenic actions of α-melanocyte-stimulating hormone (α-MSH) and corticotropin-releasing hormone (CRH) in goldfish.
    Kang KS, Shimizu K, Azuma M, Ui Y, Nakamura K, Uchiyama M, Matsuda K
    Peptides 32(1) 31-35 2011年01月
  • The anorexigenic effect of cholecystokinin octapeptide in a goldfish model is mediated by the vagal afferent and subsequently through the melanocortin- and corticotropin-releasing hormone-signaling pathways.
    Kang KS, Yahashi S, Azuma M, Matsuda K
    Peptides 31(11) 2130-2134 2010年11月
  • Melanin-concentrating hormone reduces somatolactin release from cultured goldfish pituitary cells.
    Tanaka M, Azuma M, Nejigaki Y, Saito Y, Mizusawa K, Uchiyama M, Takahashi A, Shioda S, Matsuda K
    The Journal of endocrinology 203(3) 389-398 2009年12月
  • Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide induces somatolactin release from cultured goldfish pituitary cells.
    Azuma M, Tanaka M, Nejigaki Y, Uchiyama M, Takahashi A, Shioda S, Matsuda K
    Peptides 30(7) 1260-1266 2009年07月

MISC

  • 下垂体前葉組織の機能発現における細胞間接着と細胞外マトリックスの役割
    東森生
    自治医科大学紀要 38 93-93 2016年03月
  • 第30回日本下垂体研究会学術集会に参加して
    東 森生
    比較内分泌学 41(156) 134-135 2015年
  • 第16回国際内分泌学会議/第96回米国内分泌学会議(ICE/END2014)に参加して
    東 森生
    比較内分泌学 40(153) 131-132 2014年
  • 第8回国際比較生理生化学会議(ICCPB2011名古屋)に参加して
    東 森生
    比較内分泌学 = Comparative endocrinology 37(142) 178-179 2011年08月
  • 第8回国際比較生理生化学会議(ICCPB2011名古屋)に参加して
    東 森生
    比較内分泌学 37(142) 178-179 2011年
  • 下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチドはキンギョ下垂体培養細胞からのソマトラクチン分泌を刺激する
    東 森生
    比較内分泌学 = Comparative endocrinology 35(134) 215-217 2009年08月
  • キンギョ下垂体におけるPACAPのソマトラクチン分泌促進作用の解析
    東 森生, 田中 爾織, 内山 実, 高橋 明義, 松田 恒平
    日本内分泌学会雑誌 84(2) 526-526 2008年09月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 下垂体前葉組織の機能発現における細胞間接着と細胞外マトリックスの役割
    東森生
    自治医科大学紀要 38 93-93 2016年03月
  • 第30回日本下垂体研究会学術集会に参加して
    東 森生
    比較内分泌学 41(156) 134-135 2015年
  • 第16回国際内分泌学会議/第96回米国内分泌学会議(ICE/END2014)に参加して
    東 森生
    比較内分泌学 40(153) 131-132 2014年
  • 第8回国際比較生理生化学会議(ICCPB2011名古屋)に参加して
    東 森生
    比較内分泌学 = Comparative endocrinology 37(142) 178-179 2011年08月
  • 第8回国際比較生理生化学会議(ICCPB2011名古屋)に参加して
    東 森生
    比較内分泌学 37(142) 178-179 2011年
  • 下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチドはキンギョ下垂体培養細胞からのソマトラクチン分泌を刺激する
    東 森生
    比較内分泌学 = Comparative endocrinology 35(134) 215-217 2009年08月
  • キンギョ下垂体におけるPACAPのソマトラクチン分泌促進作用の解析
    東 森生, 田中 爾織, 内山 実, 高橋 明義, 松田 恒平
    日本内分泌学会雑誌 84(2) 526-526 2008年09月

講演・口頭発表

  • 下垂体前葉組織における基底膜の構成と機能
    東森生, 屋代隆, 屋代隆
    日本下垂体研究会学術集会プログラム・講演要旨集 2018年
  • ラット下垂体前葉には構成成分の異なる2層の基底膜が存在する
    東森生, 矢田部恵, CASMAD Fujianti, 藤原研, 大野伸彦, 菊地元史, 菊地元史, 屋代隆
    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集 2018年
  • ラット下垂体前葉細胞におけるBMP‐6の作用:DNAマイクロアレイを用いたトランスクリプトーム解析
    藤原研, 東森生, 堀口幸太郎, 塚田岳大, 大野伸彦, 屋代隆, 屋代隆
    日本下垂体研究会学術集会プログラム・講演要旨集 2018年
  • 下垂体前葉組織における基底膜成分ラミニンを構成する5種類のα鎖の機能的差異に関する基礎的研究
    東森生, 屋代隆
    日本臨床内分泌病理学会学術総会プログラム・抄録集 2017年12月
  • ラット下垂体前葉の濾胞星状細胞はbone morphogenetic protein‐6(BMP‐6)を産生する
    藤原研, MLIZA Rita, 東森生, 屋代隆
    日本内分泌学会雑誌 2017年04月01日
  • 成体ラット下垂体前葉におけるbone morphogenetic protein-6(BMP6)発現細胞の同定
    藤原 研, Mliza Rita, 東 森生, 屋代 隆
    日本内分泌学会雑誌 2017年01月
  • ラット下垂体前葉の内分泌細胞が反応するラミニンに関する研究
    東森生, 菊地元史, 菊地元史, 屋代隆
    日本下垂体研究会学術集会プログラム・講演要旨集 2017年
  • 成体ラット下垂体前葉におけるbone morphogenetic protein‐6(BMP6)発現細胞の同定
    藤原研, MLIZA Rita, 東森生, 屋代隆
    日本神経内分泌学会学術集会プログラム・抄録集 2016年
  • 胎生ラット下垂体におけるbasal cell adhesion molecule(BCAM)の発現
    東森生, 塚田岳大, 藤原研, 菊地元史, 菊地元史, 屋代隆
    日本比較内分泌学会大会及びシンポジウムプログラム・講演要旨 2016年
  • キンギョ黒色素胞に及ぼす組換えキンギョソマトラクチン(SL)の影響
    南和希, 浜口晃吉, 東森生, 小林牧人, 今野紀文, 中町智哉, 松田恒平
    日本下垂体研究会学術集会プログラム・講演要旨集 2015年
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • 下垂体前葉組織における基底膜の構成と機能
    東森生, 屋代隆, 屋代隆
    日本下垂体研究会学術集会プログラム・講演要旨集 2018年
  • ラット下垂体前葉には構成成分の異なる2層の基底膜が存在する
    東森生, 矢田部恵, CASMAD Fujianti, 藤原研, 大野伸彦, 菊地元史, 菊地元史, 屋代隆
    日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集 2018年
  • ラット下垂体前葉細胞におけるBMP‐6の作用:DNAマイクロアレイを用いたトランスクリプトーム解析
    藤原研, 東森生, 堀口幸太郎, 塚田岳大, 大野伸彦, 屋代隆, 屋代隆
    日本下垂体研究会学術集会プログラム・講演要旨集 2018年
  • 下垂体前葉組織における基底膜成分ラミニンを構成する5種類のα鎖の機能的差異に関する基礎的研究
    東森生, 屋代隆
    日本臨床内分泌病理学会学術総会プログラム・抄録集 2017年12月
  • ラット下垂体前葉の濾胞星状細胞はbone morphogenetic protein‐6(BMP‐6)を産生する
    藤原研, MLIZA Rita, 東森生, 屋代隆
    日本内分泌学会雑誌 2017年04月01日
  • 成体ラット下垂体前葉におけるbone morphogenetic protein-6(BMP6)発現細胞の同定
    藤原 研, Mliza Rita, 東 森生, 屋代 隆
    日本内分泌学会雑誌 2017年01月
  • ラット下垂体前葉の内分泌細胞が反応するラミニンに関する研究
    東森生, 菊地元史, 菊地元史, 屋代隆
    日本下垂体研究会学術集会プログラム・講演要旨集 2017年
  • 成体ラット下垂体前葉におけるbone morphogenetic protein‐6(BMP6)発現細胞の同定
    藤原研, MLIZA Rita, 東森生, 屋代隆
    日本神経内分泌学会学術集会プログラム・抄録集 2016年
  • 胎生ラット下垂体におけるbasal cell adhesion molecule(BCAM)の発現
    東森生, 塚田岳大, 藤原研, 菊地元史, 菊地元史, 屋代隆
    日本比較内分泌学会大会及びシンポジウムプログラム・講演要旨 2016年
  • キンギョ黒色素胞に及ぼす組換えキンギョソマトラクチン(SL)の影響
    南和希, 浜口晃吉, 東森生, 小林牧人, 今野紀文, 中町智哉, 松田恒平
    日本下垂体研究会学術集会プログラム・講演要旨集 2015年
  • ゼブラフィッシュG2Aの機能解析
    一條 祐太, 東 森生, 松田 恒平, 茂木 千尋, 佐藤 幸市, 岡島 史和, 戸村 秀明
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2014年10月
  • ゼブラフィッシュGPR4、OGR1の分子的特徴
    大嶋 菜月, 持丸 雄太, 東 森生, 松田 恒平, 中倉 敬, 茂木 千尋, 佐藤 幸市, 岡島 史和, 戸村 秀明
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 2014年10月

受賞

  • 2017年10月 第21回日本臨床内分泌学会学術総会最優秀賞受賞
  • 2008年08月 第23回日本下垂体研究会優秀発表賞受賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2017年10月 第21回日本臨床内分泌学会学術総会最優秀賞受賞
  • 2008年08月 第23回日本下垂体研究会優秀発表賞受賞

外部的資金

  • 下垂体前葉内で産生される生理活性物質はプロラクチン産生腫瘍の形成に関与するか?
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2017年 - 2019年 代表者 : 藤原 研
  • 下垂体前葉の基底膜成分ラミニンによる新たな性腺刺激ホルモン分泌調節機構の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2016年 - 2017年 代表者 : 東 森生
  • 下垂体前葉組織の機能発現における細胞間接着と細胞外マトリックスの役割
    自治医科大学:自治医科大学医学部研究奨励金
    研究期間 :2014年 代表者 : 東 森生
  • 細胞接着と細胞間シグナルによる腺下垂体の前駆細胞維持機構
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C) )
    研究期間 :2013年 - 2015年 代表者 : 菊地 元史
  • 魚類下垂体ホルモンのソマトラクチンの分泌と合成に及ぼす視床下部ホルモンの影響
    文部科学省:特別研究員奨励費(DC1)
    研究期間 :2010年 - 2012年 代表者 : 東 森生
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 下垂体前葉内で産生される生理活性物質はプロラクチン産生腫瘍の形成に関与するか?
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2017年 - 2019年 代表者 : 藤原 研
  • 下垂体前葉の基底膜成分ラミニンによる新たな性腺刺激ホルモン分泌調節機構の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2016年 - 2017年 代表者 : 東 森生
  • 下垂体前葉組織の機能発現における細胞間接着と細胞外マトリックスの役割
    自治医科大学:自治医科大学医学部研究奨励金
    研究期間 :2014年 代表者 : 東 森生
  • 細胞接着と細胞間シグナルによる腺下垂体の前駆細胞維持機構
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C) )
    研究期間 :2013年 - 2015年 代表者 : 菊地 元史
  • 魚類下垂体ホルモンのソマトラクチンの分泌と合成に及ぼす視床下部ホルモンの影響
    文部科学省:特別研究員奨励費(DC1)
    研究期間 :2010年 - 2012年 代表者 : 東 森生


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.