詳細検索はこちら

相澤 健一 アイザワ ケンイチ

所属部署名薬理学講座臨床薬理学部門
職名准教授ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/70436484.ja.html

プロフィール

研究キーワード

    蛋白質, ストレス, 循環器・高血圧, プロテオーム, 転写因子, 相互作用, 質量分析, 病態, 心血管リモデリング, プロテオミクス, 循環器疾患

研究分野

  • 内科系臨床医学 / 循環器内科学

経歴

  • 2011年
    東京大学 医学部・附属病院(特任助教)

研究活動

MISC

  • 新しい動脈硬化のバイオマーカー開発 : 新しいプロテオーム技術を用いて(3.動脈硬化のバイオマーカーの臨床的意義,<特集>第76回日本循環器学会学術集会)
    相澤 健一, 鈴木 亨
    循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 20(2) 237-244 2012年09月
  • 心血管病態のプロテオミクス解析(2.抗心不全薬の新たな展開 : ファーマコゲノミクスと創薬,<特集II>第71回日本循環器学会学術集会)
    相澤 健一, 鈴木 亨
    循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 16(1) 43-49 2008年03月
  • 62) 難治性原発性肺高血圧症に対してsildenafilとpimobendan,nicorandilの併用療法が著効を示した一症例(第191回日本循環器学会関東甲信越地方会)
    田中 治彦, 佐原 真, 高橋 利之, 中島 敏明, 八尾 厚史, 今井 靖, 新藤 隆行, 相澤 健一, 大野 実, 平田 恭信, 永井 良三
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 68(0) 2004年10月
  • 81) 心筋梗塞後, 緩徐な経過で滲出型心破裂を来し, CRP異常高値がその診断に有用であった一例(第190回日本循環器学会関東甲信越地方会)
    小野 敏嗣, 相澤 健一, 中島 敏明, 宇野 漢成, 佐原 真, 森田 敏宏, 山崎 正雄, 高橋 利之, 大野 実, 平田 恭信, 永井 良三, 小野 稔, 本村 昇, 高本 眞一
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 68(0) 2004年04月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 新しい動脈硬化のバイオマーカー開発 : 新しいプロテオーム技術を用いて(3.動脈硬化のバイオマーカーの臨床的意義,<特集>第76回日本循環器学会学術集会)
    相澤 健一, 鈴木 亨
    循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 20(2) 237-244 2012年09月
  • 心血管病態のプロテオミクス解析(2.抗心不全薬の新たな展開 : ファーマコゲノミクスと創薬,<特集II>第71回日本循環器学会学術集会)
    相澤 健一, 鈴木 亨
    循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 16(1) 43-49 2008年03月
  • 62) 難治性原発性肺高血圧症に対してsildenafilとpimobendan,nicorandilの併用療法が著効を示した一症例(第191回日本循環器学会関東甲信越地方会)
    田中 治彦, 佐原 真, 高橋 利之, 中島 敏明, 八尾 厚史, 今井 靖, 新藤 隆行, 相澤 健一, 大野 実, 平田 恭信, 永井 良三
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 68(0) 2004年10月
  • 81) 心筋梗塞後, 緩徐な経過で滲出型心破裂を来し, CRP異常高値がその診断に有用であった一例(第190回日本循環器学会関東甲信越地方会)
    小野 敏嗣, 相澤 健一, 中島 敏明, 宇野 漢成, 佐原 真, 森田 敏宏, 山崎 正雄, 高橋 利之, 大野 実, 平田 恭信, 永井 良三, 小野 稔, 本村 昇, 高本 眞一
    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 68(0) 2004年04月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.