詳細検索はこちら

小川 真規 オガワ マサノリ

所属部署名保健センター
職名准教授ホームページURL

プロフィール

研究キーワード

    産業保健

研究分野

  • 社会医学 / 衛生学

経歴

  • 2015年05月
    -
    現在
    自治医科大学 保健センター(准教授)
  • 2009年04月
    -
    2015年04月
    自治医科大学 保健センター(講師)
  • 2006年04月
    -
    2009年03月
    東京労災病院 産業中毒センター

学歴

  • 1995年04月
    -
    2001年03月
    産業医科大学 医学部(日本)
  • 2003年04月
    -
    2007年03月
    産業医科大学 大学院医学研究科(日本)

所属学協会

  • 日本産業衛生学会
  • 日本内科学会
  • 日本衛生学会
  • 日本職業・災害医学会
  • 日本中毒学会
  • 米国公衆衛生学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本産業衛生学会
  • 日本内科学会
  • 日本衛生学会
  • 日本職業・災害医学会
  • 日本中毒学会
  • 米国公衆衛生学会

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Biomonitoring of mercury, cadmium, and lead exposure in Japanese children: a cross-sectional study.
    Ilmiawati C, Yoshida T, Itoh T, Nakagi Y, Saijo Y, Sugioka Y, Sakamoto M, Ikegami A, Ogawa M, Kayama F
    Environmental health and preventive medicine 20(1) 18-27 2015年01月
  • A study of the association between urinary aluminum concentration and pre-clinical findings among aluminum-handling and non-handling workers.
    Ogawa M, Kayama F
    Journal of occupational medicine and toxicology (London, England) 10 13 2015年
  • A pilot study on the stability of toluene in blood from workers.
    Ogawa M, Sasahara T
    Journal of occupational medicine and toxicology (London, England) 7(1) 24 2012年12月
  • [Clinical findings of the patients with sick building syndrome and the results of environmental measurement].
    Yoshida T, Ogawa M, Goto H, Ohshita A, Kurose N, Yokosawa F, Hirata M, Endo Y
    Sangyo eiseigaku zasshi = Journal of occupational health 53 25-32 2011年
  • Influence of coffee intake on urinary hippuric acid concentration.
    Ogawa M, Suzuki Y, Endo Y, Kawamoto T, Kayama F
    Industrial health 49(2) 195-202 2011年
  • Characteristics of aldehyde dehydrogenase 2 (Aldh2) knockout mice.
    Yu HS, Oyama T, Isse T, Kitakawa K, Ogawa M, Pham TT, Kawamoto T
    Toxicology mechanisms and methods 19(9) 535-540 2009年11月
  • Direct determination of N-methyl-2-pyrrolidone metabolites in urine by HPLC-electrospray ionization-MS/MS using deuterium-labeled compounds as internal standard.
    Suzuki Y, Endo Y, Ogawa M, Yamamoto S, Takeuchi A, Nakagawa T, Onda N
    Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences 877(29) 3743-3747 2009年11月
  • Determination of sub-ppb cadmium in urine by solid-phase extraction and inductively coupled plasma-mass spectrometry.
    Suzuki Y, Endo Y, Ogawa M, Matsuda M, Nakajima Y, Onda N, Iwasaki M, Tsugane S
    Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry 24(8) 1049-1052 2008年08月
  • Development of an analytical method to confirm toxic trimethylated tin in human urine.
    Suzuki Y, Endo Y, Ogawa M, Kim Y, Onda N, Yamanaka K
    Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences 868(1-2) 116-119 2008年06月
  • A case of sick house syndrome in which the main symptom was allergy to formaldehyde.
    Ogawa M, Nishinakagawa S, Yokosawa F, Goto H, Kawamoto T, Endo Y
    Sangyo eiseigaku zasshi = Journal of occupational health 50 83-85 2008年05月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Biomonitoring of mercury, cadmium, and lead exposure in Japanese children: a cross-sectional study.
    Ilmiawati C, Yoshida T, Itoh T, Nakagi Y, Saijo Y, Sugioka Y, Sakamoto M, Ikegami A, Ogawa M, Kayama F
    Environmental health and preventive medicine 20(1) 18-27 2015年01月
  • A study of the association between urinary aluminum concentration and pre-clinical findings among aluminum-handling and non-handling workers.
    Ogawa M, Kayama F
    Journal of occupational medicine and toxicology (London, England) 10 13 2015年
  • A pilot study on the stability of toluene in blood from workers.
    Ogawa M, Sasahara T
    Journal of occupational medicine and toxicology (London, England) 7(1) 24 2012年12月
  • [Clinical findings of the patients with sick building syndrome and the results of environmental measurement].
    Yoshida T, Ogawa M, Goto H, Ohshita A, Kurose N, Yokosawa F, Hirata M, Endo Y
    Sangyo eiseigaku zasshi = Journal of occupational health 53 25-32 2011年
  • Influence of coffee intake on urinary hippuric acid concentration.
    Ogawa M, Suzuki Y, Endo Y, Kawamoto T, Kayama F
    Industrial health 49(2) 195-202 2011年
  • Characteristics of aldehyde dehydrogenase 2 (Aldh2) knockout mice.
    Yu HS, Oyama T, Isse T, Kitakawa K, Ogawa M, Pham TT, Kawamoto T
    Toxicology mechanisms and methods 19(9) 535-540 2009年11月
  • Direct determination of N-methyl-2-pyrrolidone metabolites in urine by HPLC-electrospray ionization-MS/MS using deuterium-labeled compounds as internal standard.
    Suzuki Y, Endo Y, Ogawa M, Yamamoto S, Takeuchi A, Nakagawa T, Onda N
    Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences 877(29) 3743-3747 2009年11月
  • Determination of sub-ppb cadmium in urine by solid-phase extraction and inductively coupled plasma-mass spectrometry.
    Suzuki Y, Endo Y, Ogawa M, Matsuda M, Nakajima Y, Onda N, Iwasaki M, Tsugane S
    Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry 24(8) 1049-1052 2008年08月
  • Development of an analytical method to confirm toxic trimethylated tin in human urine.
    Suzuki Y, Endo Y, Ogawa M, Kim Y, Onda N, Yamanaka K
    Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences 868(1-2) 116-119 2008年06月
  • A case of sick house syndrome in which the main symptom was allergy to formaldehyde.
    Ogawa M, Nishinakagawa S, Yokosawa F, Goto H, Kawamoto T, Endo Y
    Sangyo eiseigaku zasshi = Journal of occupational health 50 83-85 2008年05月
  • Two cases of acute lead poisoning due to occupational exposure to lead.
    Ogawa M, Nakajima Y, Kubota R, Endo Y
    Clinical toxicology (Philadelphia, Pa.) 46(4) 332-335 2008年04月
  • Increased frequencies of micronucleated reticulocytes and T-cell receptor mutation in Aldh2 knockout mice exposed to acetaldehyde.
    Kunugita N, Isse T, Oyama T, Kitagawa K, Ogawa M, Yamaguchi T, Kinaga T, Kawamoto T
    The Journal of toxicological sciences 33(1) 31-36 2008年02月
  • Methylation of dimethyltin in mice and rats.
    Furuhashi K, Ogawa M, Suzuki Y, Endo Y, Kim Y, Ichihara G
    Chemical research in toxicology 21(2) 467-471 2008年02月
  • A pilot study on subacute ethanol treatment of ALDH2 KO mice.
    Oyama T, Kim YD, Isse T, Phuong PT, Ogawa M, Yamaguchi T, Kinaga T, Yashima Y, Kim H, Kawamoto T
    The Journal of toxicological sciences 32(4) 421-428 2007年10月
  • Four cases of chemical burns thought to be caused by exposure to chromic acid mist.
    Ogawa M, Nakajima Y, Endo Y
    Journal of occupational health 49(5) 402-404 2007年09月
  • Ethanol-induced oxidative DNA damage and CYP2E1 expression in liver tissue of Aldh2 knockout mice.
    Kim YD, Eom SY, Ogawa M, Oyama T, Isse T, Kang JW, Zhang YW, Kawamoto T, Kim H
    Journal of occupational health 49(5) 363-369 2007年09月
  • SPE-GC/FTD determination of N-methyl-2-pyrrolidone and its metabolites in urine.
    Kubota R, Endo Y, Takeuchi A, Inoue Y, Ogata H, Ogawa M, Nakagawa T, Onda N, Endo G
    Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences 854(1-2) 204-210 2007年07月
  • HPLC-ICP-MS speciation analysis of arsenic in urine of Japanese subjects without occupational exposure.
    Hata A, Endo Y, Nakajima Y, Ikebe M, Ogawa M, Fujitani N, Endo G
    Journal of occupational health 49(3) 217-223 2007年05月
  • International comparison of criteria for evaluating sensitization of PRTR-designated chemical substances.
    Murakami T, Oyama T, Isse T, Ogawa M, Sugie T, Kawamoto T
    Environmental health and preventive medicine 12(2) 56-65 2007年03月
  • HBV- and HCV- infected workers in the Japanese workplace.
    Narai R, Oyama T, Ogawa M, Yamaguchi T, Kinaga T, Murakami T, Isse T, Ozaki S, Yashima Y, Okabayashi K, Ochiai H, Yarita K, Fujino A, Kawamoto T
    Journal of occupational health 49(1) 9-16 2007年01月
  • [Health hazards from exposure to ortho-phthalaldehyde, a disinfectant for endoscopes, and preventive measures for health care workers].
    Fujita H, Sawada Y, Ogawa M, Endo Y
    Sangyo eiseigaku zasshi = Journal of occupational health 49(1) 1-8 2007年01月
  • A comparison of covalent binding of ethanol metabolites to DNA according to Aldh2 genotype.
    Ogawa M, Oyama T, Isse T, Saito K, Tomigahara Y, Endo Y, Kawamoto T
    Toxicology letters 168(2) 148-154 2007年01月
  • Susceptibility to inhalation toxicity of acetaldehyde in Aldh2 knockout mice.
    Oyama T, Isse T, Ogawa M, Muto M, Uchiyama I, Kawamoto T
    Frontiers in bioscience : a journal and virtual library 12 1927-1934 2007年01月
  • A case of occupational bronchial asthma and contact dermatitis caused by ortho-phthalaldehyde exposure in a medical worker.
    Fujita H, Ogawa M, Endo Y
    Journal of occupational health 48(6) 413-416 2006年11月
  • Hemoglobin adducts as a marker of exposure to chemical substances, especially PRTR class I designated chemical substances.
    Ogawa M, Oyama T, Isse T, Yamaguchi T, Murakami T, Endo Y, Kawamoto T
    Journal of occupational health 48(5) 314-328 2006年09月
  • Evidence-based prevention (EBP): A review of cytochrome P450 expression in the bronchial epithelium and new approach to lung cancer prevention.
    Oyama T, Isse T, Murakami T, Suzuki-Narai R, Ogawa M, Yamaguchi T, Kinaga T, Yashima Y, Ozaki S, Kim YD, Kim H, Kawamoto T
    Environmental health and preventive medicine 11(3) 97-101 2006年05月
  • Urinary 8-hydoxydeoxyguanosine (8-OHdG) and plasma malondialdehyde (MDA) levels in Aldh2 knock-out mice under acetaldehyde exposure.
    Ogawa M, Isse T, Oyama T, Kunugita N, Yamaguchi T, Kinaga T, Narai R, Matsumoto A, Kim YD, Kim H, Uchiyama I, Kawamoto T
    Industrial health 44(1) 179-183 2006年01月
  • Paired acute inhalation test reveals that acetaldehyde toxicity is higher in aldehyde dehydrogenase 2 knockout mice than in wild-type mice.
    Isse T, Oyama T, Matsuno K, Ogawa M, Narai-Suzuki R, Yamaguchi T, Murakami T, Kinaga T, Uchiyama I, Kawamoto T
    The Journal of toxicological sciences 30(4) 329-337 2005年12月
  • Expression of cytochrome P450 in tumor tissues and its association with cancer development.
    Oyama T, Kagawa N, Kunugita N, Kitagawa K, Ogawa M, Yamaguchi T, Suzuki R, Kinaga T, Yashima Y, Ozaki S, Isse T, Kim YD, Kim H, Kawamoto T
    Frontiers in bioscience : a journal and virtual library 9 1967-1976 2004年05月
  • Exposure assessment of lead from food and airborne dusts and biomonitoring in pregnant mothers, their fetus and siblings in Karachi, Pakistan and Shimotsuke, Japan.
    Kayama F, Fatmi Z, Ikegami A, Mizuno A, Ohtsu M, Mise N, Cui X, Ogawa M, Sakamoto T, Nakagi Y, Yoshida T, Sahito A, Naeem S, Ghias K, Zuberi H, Tariq K, Kobayashi Y, Nohara K
    Reviews on environmental health 31(1) 33-35 2016年03月
  • Heavy metal exposure, in combination with physical activity and aging, is related with oxidative stress in Japanese women from a rural agricultural community.
    Cui X, Ohtsu M, Mise N, Ikegami A, Mizuno A, Sakamoto T, Ogawa M, Machida M, Kayama F
    SpringerPlus 5(1) 885 2016年
  • Dietary factors and urinary arsenic excretion profiles in Japanese women with high seafood intake
    Ilmiawati C, Ogawa M, Sasaki S, Watanabe T, Kayama F
    Jichi Medical University Journal 36 1-11 2013年
  • Relationship between Self-Reported Vaccination History and Measles and Rubella Antibody Titers in Medical and Nursing Students
    Ogawa M, Ae R, Sasahara T
    Advances in Infectious Diseases 7(2) 27-36 2017年05月
  • カラチ市の母親、臍帯血、小児血中鉛と環境試料中鉛の同位体比分析による曝露源解析
    香山 不二雄;池上 昭彦;高木 麻衣;水野 敦子;三瀬 名丹;崔 笑怡;小川 真規;吉田 貴彦;小林 弥生;Zafar Fatmi
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S191 2016年05月
  • 医科大学新入生における感染症抗体価と罹患・ワクチン接種状況の関連
    小川 真規;香山 不二雄
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S215 2016年05月
  • 海外派遣労働者に対する適切な感染症対策の検討 労働者・産業医の視点から
    小川 真規;香山 不二雄
    産業衛生学雑誌 58(臨増) 289 2016年05月
  • カラチ市の母親、臍帯血、小児血中鉛と環境試料中鉛の同位体比分析による曝露源解析
    香山 不二雄;池上 昭彦;高木 麻衣;水野 敦子;三瀬 名丹;崔 笑怡;小川 真規;吉田 貴彦;小林 弥生;Zafar Fatmi
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S191 2016年05月
  • 医科大学新入生における感染症抗体価と罹患・ワクチン接種状況の関連
    小川 真規;香山 不二雄
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S215 2016年05月
  • 海外派遣労働者に対する適切な感染症対策の検討 労働者・産業医の視点から
    小川 真規;香山 不二雄
    産業衛生学雑誌 58(臨増) 289 2016年05月
  • カラチ市の母親、臍帯血、小児血中鉛と環境試料中鉛の同位体比分析による曝露源解析
    香山 不二雄;池上 昭彦;高木 麻衣;水野 敦子;三瀬 名丹;崔 笑怡;小川 真規;吉田 貴彦;小林 弥生;Zafar Fatmi
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S191 2016年05月
  • 医科大学新入生における感染症抗体価と罹患・ワクチン接種状況の関連
    小川 真規;香山 不二雄
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S215 2016年05月
  • 海外派遣労働者に対する適切な感染症対策の検討 労働者・産業医の視点から
    小川 真規;香山 不二雄
    産業衛生学雑誌 58(臨増) 289 2016年05月

MISC

  • アルミニウム作業者および非作業者における尿中アルミニウム濃度と前臨床的所見の検討
    小川真規, 香山不二雄
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 86th 442 2013年05月
  • 特発性環境不耐症の臨床所見―シックハウス症候群との比較―
    吉田辰夫, 平田衛, 小川真規
    日本職業・災害医学会会誌 61(2) 119-124 2013年03月
  • 特発性環境不耐症の臨床所見 : シックハウス症候群との比較
    吉田 辰夫, 平田 衛, 小川 真規
    日本職業・災害医学会会誌 = Japanese journal of occupational medicine and traumatology 61(2) 119-124 2013年03月
  • 職域で見出されたカルシウム拮抗薬によると思われた歯肉肥厚の2例
    小川真規
    日本職業・災害医学会会誌 61(1) 75-79 2013年01月
  • 症例 職域で見出されたカルシウム拮抗薬によると思われた歯肉肥厚の2例
    小川 真規
    日本職業・災害医学会会誌 = Japanese journal of occupational medicine and traumatology 61(1) 75-79 2013年01月
  • 漁協関係女性における尿中ヒ素化合物パターンへの食事の影響評価
    Ilmiawati Cimi, 小川 真規, 佐々木 敏
    自治医科大学紀要 36 1-11 2013年
  • 特発性環境不耐症(いわゆる「化学物質過敏症」)患者に対する単盲検法による化学物質曝露負荷試験
    吉田 辰夫, 平田 衛, 小川 真規
    日本職業・災害医学会会誌 = Japanese journal of occupational medicine and traumatology 60(1) 11-17 2012年01月
  • 特発性環境不耐症(いわゆる「化学物質過敏症」)患者に対する単盲検法による化学物質曝露負荷試験
    吉田辰夫, 平田衛, 小川真規
    日本職業・災害医学会会誌 60(1) 11-17 2012年01月
  • アルミニウム鋳造作業者における尿中アルミニウム濃度と前臨床的所見の検討
    小川真規
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 85th ROMBUNNO.P-3-109 2012年
  • シックビル症候群患者の臨床所見並びに環境測定結果について
    吉田 辰夫, 小川 真規, 後藤 浩之, 大下 歩, 黒瀬 直子, 横沢 册子, 平田 衛, 圓藤 陽子
    産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health 53(2) 25-32 2011年03月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • アルミニウム作業者および非作業者における尿中アルミニウム濃度と前臨床的所見の検討
    小川真規, 香山不二雄
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 86th 442 2013年05月
  • 特発性環境不耐症の臨床所見―シックハウス症候群との比較―
    吉田辰夫, 平田衛, 小川真規
    日本職業・災害医学会会誌 61(2) 119-124 2013年03月
  • 特発性環境不耐症の臨床所見 : シックハウス症候群との比較
    吉田 辰夫, 平田 衛, 小川 真規
    日本職業・災害医学会会誌 = Japanese journal of occupational medicine and traumatology 61(2) 119-124 2013年03月
  • 職域で見出されたカルシウム拮抗薬によると思われた歯肉肥厚の2例
    小川真規
    日本職業・災害医学会会誌 61(1) 75-79 2013年01月
  • 症例 職域で見出されたカルシウム拮抗薬によると思われた歯肉肥厚の2例
    小川 真規
    日本職業・災害医学会会誌 = Japanese journal of occupational medicine and traumatology 61(1) 75-79 2013年01月
  • 漁協関係女性における尿中ヒ素化合物パターンへの食事の影響評価
    Ilmiawati Cimi, 小川 真規, 佐々木 敏
    自治医科大学紀要 36 1-11 2013年
  • 特発性環境不耐症(いわゆる「化学物質過敏症」)患者に対する単盲検法による化学物質曝露負荷試験
    吉田 辰夫, 平田 衛, 小川 真規
    日本職業・災害医学会会誌 = Japanese journal of occupational medicine and traumatology 60(1) 11-17 2012年01月
  • 特発性環境不耐症(いわゆる「化学物質過敏症」)患者に対する単盲検法による化学物質曝露負荷試験
    吉田辰夫, 平田衛, 小川真規
    日本職業・災害医学会会誌 60(1) 11-17 2012年01月
  • アルミニウム鋳造作業者における尿中アルミニウム濃度と前臨床的所見の検討
    小川真規
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 85th ROMBUNNO.P-3-109 2012年
  • シックビル症候群患者の臨床所見並びに環境測定結果について
    吉田 辰夫, 小川 真規, 後藤 浩之, 大下 歩, 黒瀬 直子, 横沢 册子, 平田 衛, 圓藤 陽子
    産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health 53(2) 25-32 2011年03月
  • シックビル症候群患者の臨床所見並びに環境測定結果について
    吉田辰夫, 小川真規, 後藤浩之, 大下歩, 黒瀬直子, 横沢册子, 平田衛, 圓藤陽子
    産業衛生学雑誌 53(2) 25 (J-STAGE) 2011年
  • 製造業における定期健康診断と自記式食事調査の関連性の検討
    寺田実奈, 小川真規, 小室好美, 香山不二雄
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 84th ROMBUNNO.P-2-064 2011年
  • 産業医の指摘により見出されたカルシウム拮抗薬が原因と思われた歯肉肥厚の1例
    小川真規
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 84th ROMBUNNO.P-3-094 2011年
  • シックハウス症候群における滑動性追従眼球運動と瞳孔反応の有効性の検討
    小川 真規, 横沢 冊子, 吉田 辰夫
    日本職業・災害医学会会誌 = Japanese journal of occupational medicine and traumatology 58(2) 65-69 2010年03月
  • シックハウス症候群における滑動性追従眼球運動と瞳孔反応の有効性の検討
    小川真規, 横沢册子, 吉田辰夫
    日本職業・災害医学会会誌 58(2) 65-69 2010年03月
  • HPLC‐MS/MSを用いたコーヒー摂取者尿中馬尿酸およびコーヒー成分等の分析
    鈴木芳宏, 小川真規, 圓藤陽子
    産業衛生学雑誌 52(1) 52 2010年01月
  • 低濃度ホルムアルデヒド曝露者における血清中ホルムアルデヒド濃度の変化
    国戸千薫子, 吉田辰夫, 藤之原仁美, 後藤浩之, 和田安彦, 小川真規, 横沢册子, 平田衛, 圓藤陽子
    日本職業・災害医学会会誌 57 BETSU96 2009年10月
  • N‐メチル‐2‐ピロリドン(NMP)暴露の生物学的モニタリングのための尿中代謝物一斉分析法の開発
    恩田宣彦, 鈴木芳宏, 小川真規, 中川友夫, 圓藤陽子
    日本職業・災害医学会会誌 57 BETSU172 2009年10月
  • 有機溶剤によるシックビル症候群の集団発生と経過
    吉田辰夫, 後藤浩之, 小川真規, 横沢册子, 圓藤陽子
    日本職業・災害医学会会誌 57 BETSU97 2009年10月
  • 室内環境中ホルムアルデヒドによるホルムアルデヒド特異的IgE関連蕁麻疹
    小川 真規, 西中川 秀太, 横沢 册子, 吉田 辰夫, 圓藤 陽子
    日本職業・災害医学会会誌 = Japanese journal of occupational medicine and traumatology 57(3) 125-129 2009年05月
  • 職業性鉛中毒の3事例
    小川真規, 圓藤陽子
    産業医学ジャーナル 32(1) 28-32 2009年01月
  • コーヒー摂取の尿中馬尿酸に与える影響について
    小川真規, 鈴木芳宏, 江口尚, 村上朋絵, 丸山崇, 山口哲右, 川本俊弘, 圓藤陽子
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 82nd P1019 2009年
  • ヒト尿中ヒ素の形態別分析から求めた生物学的ヒ素曝露評価値の提案(または妥当性)
    鈴木芳宏, 圓藤陽子, 小川真規, 圓藤吟史
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 82nd E307 2009年
  • クリーンルームにおける揮発性化学物質負荷試験時の血液中ホルムアルデヒド及びトルエン濃度の検討
    吉田辰夫, 後藤浩之, 藤之原仁美, 国戸干薫子, 小川真規, 和田安彦, 横沢册子, 圓藤陽子
    日本職業・災害医学会会誌 56 BETSU185 2008年10月
  • ジメチル錫暴露患者尿中の有毒トリメチル錫の同定
    鈴木芳宏, 圓藤陽子, 小川真規, 金良昊, 恩田宣彦, 山中健三
    日本職業・災害医学会会誌 56 BETSU184 2008年10月
  • 化学物質の曝露による産業中毒研究
    圓藤陽子, 小川真規, 後藤浩之
    日本職業・災害医学会会誌 56 BETSU78 2008年10月
  • 滑動性眼球運動と赤外線電子瞳孔計を用いた瞳孔反応の検討―VDT作業について―
    横沢册子, 小川真規, 西中川秀太, 石原友香, 後藤浩之, 吉田辰夫, 圓藤陽子
    日本職業・災害医学会会誌 56 BETSU184 2008年10月
  • 病院病理室における気中ホルムアルデヒド濃度と作業者の症状の検討
    横沢冊子, 小川真規, 西中川秀太, 石原友香, 後藤浩之, 吉田辰夫, 圓藤陽子
    日本職業・災害医学会会誌 56(5) 198-201 2008年09月
  • P285 化学物質過敏症に対する化学物質負荷試験と心理テストの有用性の検討(化学物質過敏症1,第20回日本アレルギー学会春季臨床大会)
    後藤 浩之, 小川 真規, 圓藤 陽子
    アレルギー 57(3) 2008年04月
  • 化学物質過敏症に対する化学物質負荷試験と心理テストの有用性の検討
    後藤浩之, 小川真規, 圓藤陽子
    アレルギー 57(3/4) 452 2008年04月
  • 乾燥ヒジキ中に含まれるヒ素の化学形態分析‐製法の相違によるヒ素含量の比較検討‐
    下田康代, 立川眞理子, 鈴木芳宏, 小川真規, 加藤孝一, 圓藤吟史, 圓藤陽子, 山中健三
    日本薬学会年会要旨集 128th(3) 169 2008年03月
  • 遺伝子多型の動物モデルを用いた解析から個人の医療・予防への展望
    川本 俊弘, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 市場 正良, 松本 明子, 王 瑞生, 小川 真規, 圓藤 陽子, 欅田 尚樹, 北川 恭子
    日本衞生學雜誌 63(2) 2008年03月
  • 遺伝子多型の動物モデルを用いた解析から個人の医療・予防への展望
    川本俊弘, 小山倫浩, 一瀬豊日, 市場正良, 松本明子, 王瑞生, 小川真規, 圓藤陽子, 欅田尚樹, 北川恭子
    日本衛生学雑誌 63(2) 316 2008年03月
  • 17.マウス,ラットにおけるジメチルスズのメチル化(一般演題,平成19年度東海地方会学会,地方会・研究会記録)
    古橋 功一, 小川 真規, 鈴木 芳宏, 圓藤 陽子, Kim Yangho, 市原 学
    産業衛生学雑誌 50(1) 23-24 2008年01月
  • 9.マウス,ラットにおけるジメチルスズのメチル化(一般演題,第35回有機溶剤中毒研究会第39回生物学的モニタリング・バイオマーカー研究会合同大会,地方会・研究会記録)
    古橋 功一, 小川 真規, 鈴木 芳宏, 圓藤 陽子, Kim Yangho, 市原 学
    産業衛生学雑誌 50(1) 27-28 2008年01月
  • 1.ホルムアルデヒドへのアレルギーを素因としたシックハウス症候群の1例(一般演題,第35回有機溶剤中毒研究会第39回生物学的モニタリング・バイオマーカー研究会合同大会,地方会・研究会記録)
    小川 真規, 西中川 秀太, 横沢 册子, 後藤 浩之, 圓藤 陽子
    産業衛生学雑誌 50(1) 2008年01月
  • マウス,ラットにおけるジメチルスズのメチル化
    古橋功一, 小川真規, 鈴木芳宏, 圓藤陽子, KIM Yangho, 市原学
    産業衛生学雑誌 50(1) 27-28 2008年01月
  • ホルムアルデヒドへのアレルギーを素因としたシックハウス症候群の1例
    小川真規, 西中川秀太, 横沢册子, 後藤浩之, 圓藤陽子
    産業衛生学雑誌 50(1) 25 2008年01月
  • アルデヒド脱水素酵素2ノックアウトによるアセトアルデヒド吸入曝露のDNA障害
    小山倫浩, 一瀬豊日, PHAM Thi Thu Phuong, 小川真規, 山口哲右, 木長健, 八嶋康典, 松本明子, 市場正良, 欅田尚樹, 永吉晴奈, 松田知成, 川本俊弘
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 81st H110 2008年
  • 化学物質過敏症に対するクリーンルームにおける化学物質負荷試験の有用性と血液中の化学物質濃度の検討
    後藤浩之, 吉田辰夫, 小川真規, 和田安彦, 横沢册子, 圓藤陽子
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 81st H111 2008年
  • シックハウス症候群の実態解明及び具体的対応方策に関する研究 化学物質過敏症に関する研究 2
    圓藤陽子, 小川真規, 後藤浩之
    シックハウス症候群の実態解明及び具体的対応方策に関する研究 平成18-19年度 総合研究報告書 319-322 2008年
  • 液体クロマトグラフ質量分析計(LC‐MS/MS)によるN‐メチル‐2‐ピロリドン(NMP)およびその代謝物の分析法の開発
    鈴木芳宏, 小川真規, 中川友夫, 久保田隆一, 恩田宣彦, 圓藤陽子
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 81st P1081 2008年
  • シックハウス症候群の実態解明及び具体的対応方策に関する研究 化学物質過敏症に関する研究 1
    圓藤陽子, 小川真規, 後藤浩之
    シックハウス症候群の実態解明及び具体的対応方策に関する研究 平成18-19年度 総合研究報告書 309-318 2008年
  • ホルムアルデヒドへのアレルギーを主症状としたシックハウス症候群の1例
    小川真規, 西中川秀太, 横沢册子, 後藤浩之, 川本俊弘, 圓藤陽子
    産業衛生学雑誌 50(3) 83-85 (J-STAGE) 2008年
  • 職業性鉛中毒の3事例
    小川真規, 圓藤陽子
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 81st P1086 2008年
  • 病院病理室における気中ホルムアルデヒド濃度と作業者のアンケート調査に対する検討
    横沢册子, 小川真規, 後藤浩之, 吉田辰夫, 圓藤陽子
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 81st P1072 2008年
  • シックハウス症候群の実態解明及び具体的対応方策に関する研究 化学物質過敏症に関する研究 2
    圓藤陽子, 小川真規, 後藤浩之
    シックハウス症候群の実態解明及び具体的対応方策に関する研究 平成19年度 総括・分担研究報告書 146-149 2008年
  • 6.気管支上皮内解毒酵素発現プロファイル(一般演題,平成19年度九州地方会学会,地方会・研究会記録)
    小山 倫浩, 一瀬 豊日, PHAM Thi Thu Phuong, 小川 真規, 山口 哲右, 木長 健, 八嶋 康典, 欅田 尚樹, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 49(6) 2007年11月
  • 気管支上皮内解毒酵素発現プロファイル
    小山倫浩, 一瀬豊日, PHAM Thi Thu Phuong, 小川真規, 山口哲右, 木長健, 八嶋康典, 欅田尚樹, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 49(6) 235 2007年11月
  • 液体クロマトグラフ質量分析計(LC‐MS/MS)によるN‐メチル‐2‐ピロリドン(NMP)およびその代謝物の分析についての基礎検討
    久保田隆一, 小川真規, 恩田宣彦, 鈴木芳宏, 圓藤陽子
    日本職業・災害医学会会誌 55 BETSU251 2007年10月
  • 化学物質の曝露による産業中毒
    小川真規, 圓藤陽子, 後藤浩之
    日本職業・災害医学会会誌 55 BETSU138 2007年10月
  • ICP‐MSによる低濃度尿中カドミウム測定法の開発
    松田美智子, 中嶋義明, 恩田宣彦, 小川真規, 圓藤陽子
    日本職業・災害医学会会誌 55 BETSU251 2007年10月
  • 職業性ジメチル錫中毒の1例
    金良昊, 圓藤陽子, 小川真規, 柳哲仁, 金裕貞
    産業医学ジャーナル 30(6) 21-26 2007年10月
  • ノビアスキレート樹脂を用いた尿中金属の高精度簡易測定法
    圓藤陽子, 小川真規
    Hitachi Sci Instrum News 50(2) 4343-4346 2007年08月
  • 作業環境管理・作業管理入門(17)現場におけるCO中毒対策
    小川真規, 圓藤陽子
    産業保健21 13(1) 20-23 2007年07月
  • HPLC-ICP/MSによるメチル錫化合物の形態別定量法
    圓藤 陽子, 中嶋 義明, 金 良昊, 松田 美智子, 畑 明寿, 井上 嘉則, 小川 真規, 福田 隆広, 圓藤 吟史
    日本衞生學雜誌 62(2) 2007年03月
  • 診療、相談から見た当院における産業中毒の現状について
    小川 真規, 中嶋 義明, 久保田 隆一, 松田 美智子, 圓藤 陽子
    日本衞生學雜誌 62(2) 2007年03月
  • MALDI-TOF-MSによるグルタルアルデヒドー蛋白結合サイトの検出
    松野 康二, 圓藤 陽子, 原 京子, 小川 真規, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 山口 哲右, 川本 俊弘
    日本衞生學雜誌 62(2) 2007年03月
  • アルデヒド類の代謝とアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の関係
    山口 哲右, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 小川 真規, 木長 健, PHAM Phuong Thi Thu, 川本 俊弘
    日本衞生學雜誌 62(2) 2007年03月
  • 喫煙者における気管支上皮内解毒酵素発現の網羅的解析
    小山 倫浩, 一瀬 豊日, PHAM Phuong Thi Thu, 小川 真規, 山口 哲右, 木長 健, 松本 明子, 市場 正良, 欅田 尚樹, 川本 俊弘
    日本衞生學雜誌 62(2) 2007年03月
  • HPLC‐ICP/MSによるメチル錫化合物の形態別定量法
    圓藤陽子, 中嶋義明, 金良昊, 松田美智子, 畑明寿, 井上嘉則, 小川真規, 福田隆広, 圓藤吟史
    日本衛生学雑誌 62(2) 639 2007年03月
  • 喫煙者における気管支上皮内解毒酵素発現の網羅的解析
    小山倫浩, 一瀬豊日, PHAM THI THU Phuong, 小川真規, 山口哲右, 木長健, 松本明子, 市場正良, 欅田尚樹, 川本俊弘
    日本衛生学雑誌 62(2) 638 2007年03月
  • アルデヒド類の代謝とアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の関係
    山口哲右, 小山倫浩, 一瀬豊日, 小川真規, 木長健, PHAM THI THU Phuong, 川本俊弘
    日本衛生学雑誌 62(2) 629 2007年03月
  • 診療,相談から見た当院における産業中毒の現状について
    小川真規, 中嶋義明, 久保田隆一, 松田美智子, 圓藤陽子
    日本衛生学雑誌 62(2) 716 2007年03月
  • MALDI‐TOF‐MSによるグルタルアルデヒド‐蛋白結合サイトの検出
    松野康二, 圓藤陽子, 原京子, 小川真規, 小山倫浩, 一瀬豊日, 山口哲右, 川本俊弘
    日本衛生学雑誌 62(2) 484 2007年03月
  • 化学物質負荷試験に用いるクリーンルームにおける化学物質濃度とその負荷濃度の安定性に関する検討
    後藤浩之, 吉田辰夫, 国戸千薫子, 藤之原仁美, 西中川秀太, 小川真規, 圓藤陽子
    日本職業・災害医学会会誌 55(2) 80-84 2007年03月
  • 内視鏡消毒剤オルト・フタルアルデヒドによる健康障害とその対策
    藤田浩, 沢田泰之, 小川真規, 圓藤陽子
    産業衛生学雑誌 49(1) 1-8 2007年01月
  • 元素選択型キレート樹脂を用いた尿中鉛の高精度簡易測定法
    竹内 幸子, 圓藤 陽子, 中嶋 義明, 井上 嘉則, 小川 真規, 福田 隆広, 圓藤 吟史
    日本職業・災害医学会会誌 = Japanese journal of occupational medicine and traumatology 55(1) 15-19 2007年01月
  • 元素選択型キレート樹脂を用いた尿中鉛の高精度簡易測定法
    竹内幸子, 圓藤陽子, 中嶋義明, 井上嘉則, 小川真規, 福田隆広, 圓藤吟史
    日本職業・災害医学会会誌 55(1) 15-19 2007年01月
  • HPLC‐ICP/MSを用いた日本人男性における形態別尿中ヒ素濃度測定
    中嶋義明, 圓藤陽子, 小川真規, 圓藤吟史
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 80th P3008 2007年
  • 化学物質過敏症における心理テストの関連性の検討
    後藤浩之, 吉田辰夫, 西中川秀太, 和田安彦, 小川真規, 圓藤陽子
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 80th J211 2007年
  • シックハウス症候群の実態解明及び具体的対応方策に関する研究 化学物質過敏症に関する研究
    圓藤陽子, 小川真規, 後藤浩之
    シックハウス症候群の実態解明及び具体的対応方策に関する研究 平成18年度 総括・分担研究報告書 169-178 2007年
  • メタロチオネイン1に対するアセトアルデヒドの直接作用の検討
    一瀬豊日, PHUONG Pham Thi Thu, 小川真規, 山口哲右, 木長健, 松野康二, 小山倫浩, 川本俊弘
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 80th J217 2007年
  • アルデヒド脱水素酵素2ノックアウトの呼吸器系組織におけるアセトアルデヒド感受性
    小山倫浩, 一瀬豊日, PHAM Thi Thu Phuong, 小川真規, 山口哲右, 木長健, 八嶋康典, 尾崎真一, 松本明子, 市場正良, 欅田尚樹, 川本俊弘
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 80th J213 2007年
  • 固相抽出―FTD/GCによる尿中N‐メチル‐2‐ピロリドンおよびその代謝物の測定
    久保田隆一, 小川真規, 中嶋義明, 竹内靖人, 山本忍, 圓藤吟史, 圓藤陽子
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 80th J216 2007年
  • クロム酸によると思われた化学熱傷の4例
    小川真規, 中嶋義明, 久保田隆一, 圓藤陽子
    日本産業衛生学会講演集(CD-ROM) 80th P3006 2007年
  • シックハウス症候群患者における感情・気分状態についての検討(第二報)
    横沢冊子, 石原友香, 小川真規, 西中川秀太, 安藤明利
    日本臨床環境医学会総会プログラム・抄録集 16th 48 2007年
  • シックハウス症候群(SHS)および化学物質過敏症(MCS)患者における眼球運動検査の有用性の検討
    石原友香, 横沢册子, 西中川秀太, 安藤明利, 小川真規, 圓藤陽子, 後藤浩之, 石川哲
    臨床環境医学 15(2) 150 2006年12月
  • シックハウス症候群及び多種化学物質過敏症患者における感情・気分状態についての検討
    横沢册子, 石原友香, 西中川秀太, 安藤明利, 小川真規, 圓藤陽子, 後藤浩之, 尾島正幸, 石川哲
    臨床環境医学 15(2) 163 2006年12月
  • 当院におけるシックハウス症候群患者の長期経過(第2報)
    西中川秀太, 横沢册子, 石原友香, 安藤明利, 小川真規, 圓藤陽子, 後藤浩之
    臨床環境医学 15(2) 162 2006年12月
  • 1.非喫煙者・喫煙者における気管支上皮・肺組織の解毒酵素発現プロファイル(一般口演,第37回生物学的モニタリング・バイオマーカー研究会,地方会・研究会記録)
    小山 倫浩, 一瀬 豊日, PHAM Thi Phuong, 村上 朋絵, 小川 真規, 山口 哲右, 木長 健, 八嶋 康典, 尾崎 真一, 欅田 尚樹, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 48(6) 2006年11月
  • 4.グルタルアルデヒド結合蛋白成分の検出(一般口演,第37回生物学的モニタリング・バイオマーカー研究会,地方会・研究会記録)
    松野 康二, 圓藤 陽子, 原 京子, 小川 真規, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 山口 哲右, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 48(6) 221-222 2006年11月
  • 6.禁煙プログラムとCYP2A6遺伝子多型(一般口演,第37回生物学的モニタリング・バイオマーカー研究会,地方会・研究会記録)
    尾崎 真一, 河野 慶三, 小山 倫浩, 八嶋 康典, 一瀬 豊日, 村上 朋絵, 山口 哲右, 小川 真規, 木長 健, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 48(6) 2006年11月
  • 非喫煙者・喫煙者における気管支上皮・肺組織の解毒酵素発現プロファイル
    小山倫浩, 一瀬豊日, PHAM Thi Phuong, 村上朋絵, 小川真規, 山口哲右, 木長健, 八嶋康典, 尾崎真一, 欅田尚樹, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 48(6) 221 2006年11月
  • グルタルアルデヒド結合蛋白成分の検出
    松野康二, 圓藤陽子, 原京子, 小川真規, 小山倫浩, 一瀬豊日, 山口哲右, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 48(6) 221 2006年11月
  • シックハウス症候群及び多種化学物質過敏症患者の長期経過に関するアンケート調査
    石原友香, 横沢册子, 西中川秀太, 安藤明利, 小川真規, 圓藤陽子, 後藤浩之
    日本職業・災害医学会会誌 54 BETSU192 2006年10月
  • N‐メチル‐2‐ピロリドン(NMP)のバイオマーカーとしてのメチルスクシンイミド(MSI)の測定
    久保田隆一, 中嶋義明, 竹内靖人, 井上嘉則, 圓藤吟史, 小川真規, 有藤平八郎, 圓藤陽子
    日本職業・災害医学会会誌 54 BETSU191 2006年10月
  • 最近の産業中毒の現状について
    小川真規, 圓藤陽子, 西中川秀太, 後藤浩之, 安藤明利, 野村和弘
    日本職業・災害医学会会誌 54 BETSU103 2006年10月
  • メチル錫化合物の形態別定量法の開発
    中嶋義明, 金良昊, 松田美智子, 有藤平八郎, 井上嘉則, 小川真規, 福田隆広, 圓藤陽子
    日本職業・災害医学会会誌 54 BETSU191 2006年10月
  • 固相抽出‐GC/MSによる血中ペルメトリンの分析について
    緒方広子, 松田美智子, 上山純, 上島通浩, 柴田英治, 小川真規, 圓藤陽子
    日本職業・災害医学会会誌 54 BETSU203 2006年10月
  • シックハウス症候群及び多種化学物質過敏症患者におけるProfile of Mood Statesを用いた感情・気分状態の検討
    横沢册子, 石原友香, 西中川秀太, 安藤明利, 小川真規, 圓藤陽子, 後藤浩之
    日本職業・災害医学会会誌 54 BETSU192 2006年10月
  • 化学物質過敏症の診断基準について
    後藤浩之, 吉田辰夫, 西中川秀太, 小川真規, 圓藤陽子
    日本職業・災害医学会会誌 54 BETSU102 2006年10月
  • 2.アルデヒド脱水素酵素2(ALDH2)ノックアウトマウス肝を用いたアルデヒド類の代謝の検討(第33回有機溶剤中毒研究会,地方会・研究会記録)
    山口 哲右, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 小川 真規, 村上 朋絵, 木長 健, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 48(3) 2006年05月
  • アルデヒド脱水素酵素2(ALDH2)ノックアウトマウス肝を用いたアルデヒド類の代謝の検討
    山口哲右, 小山倫浩, 一瀬豊日, 小川真規, 村上朋絵, 木長健, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 48(3) 82 2006年05月
  • C122 禁煙サポートとチトクロームP450(CYP)2A6遺伝子多型(職域における喫煙対策,一般演題:口演,地方の時代の産業保健,第79回日本産業衛生学会)
    尾崎 真一, 河野 慶三, 小山 倫浩, 八嶋 康典, 一瀬 豊日, 村上 朋絵, 山口 哲右, 小川 真規, 木長 健, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 48(0) 2006年05月
  • E311 アセトアルデヒド皮下投与によるAldh2ノックアウトマウス表皮病変のp53異常(生物学的モニタリング・バイオマーカー,一般演題:口演,地方の時代の産業保健,第79回日本産業衛生学会)
    小山 倫浩, 一瀬 豊日, 山口 哲右, 小川 真規, 木長 健, 村上 朋絵, 奈良井 理恵, 松本 明子, 市場 正良, 八嶋 康典, 尾崎 真一, 欅田 尚樹, 村山 留美子, 内山 巌雄, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 48(0) 2006年05月
  • E312 Aldh2ノックアウトマウスにおけるアセトアルデヒド曝露による小核誘発(生物学的モニタリング・バイオマーカー,一般演題:口演,地方の時代の産業保健,第79回日本産業衛生学会)
    欅田 尚樹, 一瀬 豊日, 小川 真規, 山口 哲右, 木長 健, 村上 朋絵, 小山 倫浩, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 48(0) 2006年05月
  • P1022 アルデヒド脱水素酵素(ALDH)によるアルデヒド類の代謝(一般演題:ポスター,地方の時代の産業保健,第79回日本産業衛生学会)
    山口 哲右, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 小川 真規, 村上 朋絵, 木長 健, 奈良井 理恵, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 48(0) 2006年05月
  • P1108 PRTR法第一種指定化学物質に対応するバイオマーカーの国際比較(一般演題:ポスター,地方の時代の産業保健,第79回日本産業衛生学会)
    木長 健, 山内 博, 杉山 真一, 小川 真規, 山口 哲右, 奈良井 理恵, 村上 朋絵, 一瀬 豊日, 小山 倫浩, 奥田 昌之, 荻野 景規, 芳原 達也, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 48(0) 2006年05月
  • P1110 ヘモグロビン付加体を用いた化学物質の曝露量評価 : PRTR第一種指定物質を中心に(一般演題:ポスター,地方の時代の産業保健,第79回日本産業衛生学会)
    小川 真規, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 山口 哲右, 奈良井 理恵, 村上 朋絵, 木長 健, 圓藤 陽子, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 48(0) 2006年05月
  • P1111 感作性物質一覧表(案)(一般演題:ポスター,地方の時代の産業保健,第79回日本産業衛生学会)
    村上 朋絵, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 奈良井 理恵, 小川 真規, 山口 哲右, 木長 健, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 48(0) 2006年05月
  • P1113 Aldh2ノックアウトマウスを用いたALDH2不活性化による代償性酵素誘導の検討(一般演題:ポスター,地方の時代の産業保健,第79回日本産業衛生学会)
    一瀬 豊日, 小山 倫浩, 松野 康二, 欅田 尚樹, 小川 真規, 木長 健, 奈良井 理恵, 山口 哲右, 村上 朋絵, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 48(0) 2006年05月
  • 3.気管支上皮内チトクロームP450発現プロファイルによる肺癌リスク診断法の開発とその産業医学への応用(第23回産業医科大学学会総会学術講演会記録)
    小山 倫浩, 一瀬 豊日, 村上 朋絵, 小川 真規, 山口 哲右, 木長 健, 八嶋 康典, 尾崎 真一, 欅田 尚樹, 森田 勝, 杉尾 賢二, 安元 公正, 川本 俊弘
    産業医科大学雑誌 28(1) 2006年03月
  • 気管支上皮と腫瘍組織の芳香族炭化水素レセプター(AH‐R)はチトクロームP450(CYP)1A1の発現をコントロールする
    小山倫浩, 一瀬豊日, 村上朋絵, 小川真規, 山口哲右, 木長健, 八嶋康典, 尾崎真一, 欅田尚樹, 川本俊弘
    日本衛生学雑誌 61(2) 248 2006年03月
  • Aldh2ノックアウトマウスを用いたアセトアルデヒド慢性全身曝露による肝CYP450遺伝子発現変化の検討
    一瀬豊日, 小山倫浩, 松野康二, 欅田尚樹, 小川真規, 木長健, 奈良井理恵, 山口哲右, 村上朋絵, 川本俊弘
    日本衛生学雑誌 61(2) 243 2006年03月
  • 気管支上皮内チトクロームP450発現プロファイルによる肺癌リスク診断法の開発とその産業医学への応用
    小山倫浩, 一瀬豊日, 村上朋絵, 小川真規, 山口哲右, 木長健, 八嶋康典, 尾崎真一, けやき田尚樹, 森田勝, 杉尾賢二, 安元公正, 川本俊弘
    J UOEH Univ Occup Environ Health 28(1) 115 2006年03月
  • ヘモグロビン付加体を用いた化学物質の曝露量評価―PRTR第一種指定物質を中心に―
    小川真規, 小山倫浩, 一瀬豊日, 山口哲右, 奈良井理恵, 村上朋絵, 木長健, 円藤陽子, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 48((CD-ROM)) P1110 2006年
  • Aldh2ノックアウトマウスにおけるアセトアルデヒド曝露による小核誘発
    けやき田尚樹, 一瀬豊日, 小川真規, 山口哲右, 木長健, 村上朋絵, 小山倫浩, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 48((CD-ROM)) E312 2006年
  • 禁煙サポートとチトクロームP450(CYP)2A6遺伝子多型
    尾崎真一, 河野慶三, 小山倫浩, 八嶋康典, 一瀬豊日, 村上朋絵, 山口哲右, 小川真規, 木長健, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 48((CD-ROM)) C122 2006年
  • PRTR法第一種指定化学物質に対応するバイオマーカーの国際比較
    木長健, 山内博, 杉山真一, 小川真規, 山口哲右, 奈良井理恵, 村上朋絵, 一瀬豊日, 小山倫浩, 奥田昌之, 荻野景規, 芳原達也, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 48((CD-ROM)) P1108 2006年
  • 有害化学物質への感受性と遺伝子多型―Aldh2(アルデヒド脱水素酵素2)ノックアウトマウスを用いた検討―
    川本俊弘, 小山倫浩, 一瀬豊日, 山口哲右, 木長健, 小川真規, PHAM Thi Thu Phuong, 北川恭子, 内山巖雄
    大気環境学会年会講演要旨集 47th(CD-ROM) ROMBUNNO.1H1700-2 2006年
  • Aldh2ノックアウトマウスを用いたALDH2不活性化による代償性酵素誘導の検討
    一瀬豊日, 小山倫浩, 松野康二, けやき田尚樹, 小川真規, 木長健, 奈良井理恵, 山口哲右, 村上朋絵, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 48((CD-ROM)) P1113 2006年
  • 感作性物質一覧表(案)
    村上朋絵, 小山倫浩, 一瀬豊日, 奈良井理恵, 小川真規, 山口哲右, 木長健, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 48((CD-ROM)) P1111 2006年
  • アルデヒド脱水素酵素(ALDH)によるアルデヒド類の代謝
    山口哲右, 小山倫浩, 一瀬豊日, 小川真規, 村上朋絵, 木長健, 奈良井理恵, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 48((CD-ROM)) P1022 2006年
  • アセトアルデヒド皮下投与によるAldh2ノックアウトマウス表皮病変のp53異常
    小山倫浩, 一瀬豊日, 山口哲右, 小川真規, 木長健, 村上朋絵, 奈良井理恵, 松本明子, 市場正良, 八嶋康典, 尾崎真一, けやき田尚樹, 村山留美子, 内山巌雄, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 48((CD-ROM)) E311 2006年
  • Aldh2ノックアウトマウスのアセトアルデヒド・エタノール皮下投与によるp53異常
    小山倫浩, 一瀬豊日, 山口哲右, 小川真規, 木長健, 村上朋絵, 松本明子, 北川恭子, 欅田尚樹, 川本俊弘
    室内環境学会誌 8(2) 280 2005年11月
  • Aldh2ノックアウトマウス肝のアセトアルデヒド全身曝露による遺伝子発現変化
    一瀬豊日, 小山倫浩, 松野康二, 欅田尚樹, 小川真規, 木長健, 村上朋絵, 山口哲右, 川本俊弘
    室内環境学会誌 8(2) 290 2005年11月
  • アルデヒド脱水素酵素2(Aldh2)ノックアウトマウスのアルデヒド研究への応用
    川本俊弘, 北川恭子, 一瀬豊日, 松本明子, 山口哲右, 奈良井理恵, 小川真規, 木長健, 村上朋絵, 松野康二, 欅田尚樹, 小山倫浩
    室内環境学会誌 8(2) 284-285 2005年11月
  • 12. アルデヒド脱水素酵素2ノックアウトマウスによるアセトアルデヒド急性毒性の検討(平成17年度九州地方会学会, 地方会・研究会記録)
    一瀬 豊日, 小山 倫浩, 欅田 尚樹, 松野 康二, 松本 明子, 市場 正良, 小川 真規, 木長 健, 奈良井 理恵, 村上 朋絵, 山口 哲右, 友国 勝麿, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 47(5) 234-235 2005年09月
  • アルデヒド脱水素酵素2ノックアウトマウスによるアセトアルデヒド急性毒性の検討
    一瀬豊日, 小山倫浩, けやき田尚樹, 松野康二, 松本明子, 市場正良, 小川真規, 木長健, 奈良井理恵, 村上朋絵, 山口哲右, 友国勝麿, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 47(5) 234-235 2005年09月
  • 非小細胞肺癌患者における気管支上皮と腫よう組織の芳香族炭化水素レセプター(AH‐R)・チトクロームP450(CYP)1A1発現
    小山倫浩, 杉尾賢二, 馬場哲郎, 永田好香, 水上真紀子, 宗哲哉, 市来嘉伸, 菅谷将一, 浦本秀隆, 小川真規, 木長健, 川本俊弘, 安元公正
    日本癌学会学術総会記事 64th 449 2005年08月
  • G118 気管支上皮・肺癌における芳香族炭化水素レセプター・チトクロームP4501A1の発現 : 第78回日本産業衛生学会
    小山 倫浩, 一瀬 豊日, 村上 朋絵, 小川 真規, 山口 哲右, 奈良井 理恵, 木長 健, 八嶋 康典, 尾崎 真一, 樫田 尚樹, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 47(0) 2005年04月
  • I310 マウス肝におけるアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の特徴
    山口 哲右, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 小川 真規, 木長 健, 奈良井 理恵, 村上 朋絵, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 47(0) 2005年04月
  • I311 アセトアルデヒド吸入曝露はAldh2ノックアウトマウスにおいて網状赤血球小核頻度を増加させる
    棒田 尚樹, 一瀬 豊日, 小山 倫浩, 小川 真規, 山口 哲右, 木長 健, 村上 朋絵, 奈良井 理恵, 北川 恭子, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 47(0) 2005年04月
  • I312 アルデヒド脱水素酵素(Aldh)2ノックアウトマウス肝のアセトアルデヒド曝露による発現遺伝子の変化
    一瀬 豊日, 北川 恭子, 小山 倫浩, 樫田 尚樹, 松野 康二, 小川 真規, 木長 健, 奈良井 理恵, 村上 朋絵, 山口 哲右, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 47(0) 2005年04月
  • P1034 職場におけるウイルス性肝炎の健康管理【第1報】感染者の発見経緯から
    奈良井 理恵, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 井上 正岩, 岡林 賢, 尾崎 真一, 落合 秀夫, 森口 次郎, 八嶋 康典, 小川 真規, 木長 健, 村上 朋絵, 山口 哲右, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 47(0) 2005年04月
  • P1035 職場におけるウイルス肝炎の健康管理【第2報】有害業務について
    木長 健, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 落合 秀夫, 尾崎 真一, 八嶋 康典, 小川 真規, 奈良井 理恵, 村上 朋絵, 山口 哲右, 岡林 賢, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 47(0) 2005年04月
  • P1036 職場におけるウイルス性肝炎の健康管理【第3報】増悪因子に関する検討
    小川 真規, 奈良井 理恵, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 落合 秀夫, 尾崎 真一, 八嶋 康典, 木長 健, 村上 朋絵, 山口 哲右, 鎗田 圭一郎, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 47(0) 2005年04月
  • P1037 職場におけるウイルス性肝炎の健康管理【第4報】健康管理の提言
    村上 朋絵, 奈良井 理恵, 小山 倫浩, 藤野 昭宏, 堀江 正知, 竹田 透, 鎗田 圭一郎, 一瀬 豊日, 落合 秀夫, 尾崎 真一, 八嶋 康典, 小川 真規, 木長 健, 山口 哲右, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 47(0) 2005年04月
  • マウス肝におけるアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の特徴
    山口哲右, 小山倫浩, 一瀬豊日, 小川真規, 木長健, 奈良井理恵, 村上朋絵, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 47 608 2005年03月
  • 職場におけるウイルス肝炎の健康管理 【第2報】 有害業務について
    木長健, 小山倫浩, 一瀬豊日, 落合秀夫, 尾崎真一, 八嶋康典, 小川真規, 奈良井理恵, 村上朋絵
    産業衛生学雑誌 47 650 2005年03月
  • Aldh2ノックアウトマウスおよび野生型マウスを用いたアセトアルデヒド吸入曝露による尿中8‐OHdG濃度・血しょう中MDA濃度の検討
    小川真規, 小山倫浩, 一瀬豊日, けやき田尚樹, 山口哲右, 木長健, 奈良井理恵, 村上朋絵, 北川恭子
    産業衛生学雑誌 47(2) 107 2005年03月
  • 職場におけるウイルス性肝炎の健康管理 【第3報】 増悪因子に関する検討
    小川真規, 奈良井理恵, 小山倫浩, 一瀬豊日, 落合秀夫, 尾崎真一, 八嶋康典, 木長健, 鎗田圭一郎
    産業衛生学雑誌 47 651 2005年03月
  • Aldh2ノックアウトマウスにおける各種アルデヒド類の代謝
    山口哲右, 小山倫浩, 一瀬豊日, 小川真規, 木長健, 奈良井理絵, 村上朋絵, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 47(2) 107 2005年03月
  • アセトアルデヒド吸入曝露はAldh2ノックアウトマウスにおいて網状赤血球小核頻度を増加させる
    くぬぎ田尚樹, 一瀬豊日, 小山倫浩, 小川真規, 山口哲右, 木長健, 村上朋絵, 奈良井理恵, 北川恭子
    産業衛生学雑誌 47 609 2005年03月
  • 気管支上皮・肺癌における芳香族炭化水素レセプター・チトクロームP4501A1の発現
    小山倫浩, 一瀬豊日, 村上朋絵, 小川真規, 山口哲右, 奈良井理恵, 八嶋康典, 尾崎真一, けやき田尚樹
    産業衛生学雑誌 47 420 2005年03月
  • アルデヒド脱水酸酵素(Aldh)2ノックアウトマウス肝のアセトアルデヒド曝露による発現遺伝子の変化
    一瀬豊日, 北川恭子, 小山倫浩, けやき田尚樹, 松野康二, 小川真規, 木長健, 奈良井理恵, 村上朋絵
    産業衛生学雑誌 47 610 2005年03月
  • アセトアルデヒド皮下投与によるマウス表皮内ALDH2,CYP2E1の変動
    木長健, 小山倫浩, 一瀬豊日, 山口哲右, 小川真規, 奈良井理恵, 村上朋絵, けやき田尚樹, 北川恭子
    産業衛生学雑誌 47(2) 108 2005年03月
  • 8. Aldh2欠損マウスによるアルコール性臓器障害の機序解明とその産業医学への応用(第22回産業医科大学学会総会 学術講演会記録)
    小山 倫浩, 森田 勝, 一瀬 豊日, 末永 玲子, 小川 真規, 山口 哲右, 鈴木 理恵, 木長 健, 欅田 尚樹, 安元 公正, 川本 俊弘
    産業医科大学雑誌 27(1) 2005年03月
  • 9. アセトアルデヒド500ppm全身暴露におけるAldh2ノックアウトマウス肝臓内ALDH2、CYP2E1発現の変動(第22回産業医科大学学会総会 学術講演会記録)
    木長 健, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 小川 真規, 山口 哲右, 鈴木 理恵, 北川 恭子, 川本 俊弘
    産業医科大学雑誌 27(1) 2005年03月
  • アセトアルデヒド500ppm全身暴露におけるAldh2ノックアウトマウス肝臓内ALDH2,CYP2E1発現の変動
    木長健, 小山倫浩, 一瀬豊日, 小川真規, 山口哲右, 鈴木理恵, 北川恭子, 川本俊弘
    J UOEH Univ Occup Environ Health 27(1) 116 2005年03月
  • Aldh2ノックアウトマウスにおけるアセトアルデヒド500ppm全身曝露後の肝臓内ALDH2,CYP2E1の発現
    木長健, 小山倫浩, 一瀬豊日, 小川真規, 山口哲右, 奈良井理恵, 北川恭子, 川本俊弘
    日本衛生学雑誌 60(2) 255 2005年03月
  • 気管支上皮内チトクロームP450(CYP)発現プロファイル
    小山倫浩, 一瀬豊日, 村上朋絵, 小川真規, 山口哲右, 奈良井理恵, 木長健, 川本俊弘
    日本衛生学雑誌 60(2) 271 2005年03月
  • ウイルス肝炎の感染リスクが高い職場に関する調査
    奈良井理恵, 小山倫浩, 一瀬豊日, 尾崎真一, 八嶋康典, 小川真規, 山口哲右, 木長健, 村上朋絵
    日本衛生学雑誌 60(2) 296 2005年03月
  • ALDH2ノックアウトマウスを用いたALDH2遺伝子多型によるアセトアルデヒド亜慢性全身曝露の検討
    一瀬豊日, 小山倫浩, 松野康二, けやき田尚樹, 小川真規, 木長健, 奈良井理恵, 山口哲右, 村上朋絵
    日本衛生学雑誌 60(2) 254 2005年03月
  • 化学物質のヘモグロビン付加体形成についての現状
    小川真規, 小山倫浩, 一瀬豊日, 木長健, 山口哲右, 奈良井理恵, 村上朋絵, 川本俊弘
    日本衛生学雑誌 60(2) 258 2005年03月
  • Aldh2欠損マウスによるアルコール性臓器障害の機序解明とその産業医学への応用
    小山倫浩, 森田勝, 一瀬豊日, 末永玲子, 小川真規, 山口哲右, 鈴木理恵, けやき田尚樹, 安元公正
    J UOEH Univ Occup Environ Health 27(1) 116 2005年03月
  • 1. Aldh2ノックアウトマウスにおける各種アルデヒド類の代謝(一般口演)(第33回生物学的モニタリング・バイオマーカー研究会・第5回Aldh2ノックアウトマウス学会合同大会)
    山口 哲右, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 小川 真規, 木長 健, 奈良井 理絵, 村上朋絵, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 47(2) 2005年03月
  • 2. Aldh2ノックアウトマウスおよび野生型マウスを用いたアセトアルデヒド吸入曝露による尿中8-OHdG濃度・血漿中MDA濃度の検討(一般口演)(第33回生物学的モニタリング・バイオマーカー研究会・第5回Aldh2ノックアウトマウス学会合同大会)
    小川 真規, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 欅田 尚樹, 山口 哲右, 木長 健, 奈良井 理恵, 村上 朋絵, 北川 恭子, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 47(2) 2005年03月
  • 3.アセトアルデヒド皮下投与によるマウス表皮内ALDH2, CYP2E1の変動(一般口演)(第33回生物学的モニタリング・バイオマーカー研究会・第5回Aldh2ノックアウトマウス学会合同大会)
    木長 健, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 山口 哲右, 小川 真規, 奈良井 理恵, 村上 朋絵, 欅田 尚樹, 北川 恭子, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 47(2) 2005年03月
  • 9. アセトアルデヒド500ppm全身暴露におけるAldh2ノックアウトマウス肝臓内ALDH2、CYP2E1発現の変動(第22回産業医科大学学会総会 学術講演会記録)
    木長 健, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 小川 真規, 山口 哲右, 鈴木 理恵, 北川 恭子, 川本 俊弘
    2005年
  • 8.事業所におけるウィルス肝炎対策 : 産業医と労働者の意識調査(平成16年度九州地方会学会)
    鈴木 理恵, 小山 倫浩, 一瀬 豊日, 落合 秀夫, 尾崎 真一, 八嶋 康典, 櫻田 尚樹, 小川 真規, 山口 哲右, 木長 健, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 46(6) 2004年11月
  • 11.アセトアルデヒド吸入曝露によるアルデヒド脱水素酵素2ノックアウトマウス・野生型マウスの病理学的変化(平成16年度九州地方会学会)
    小山 倫浩, 一瀬 豊日, 山口 哲右, 鈴木 理恵, 小川 真規, 木長 健, 松本 明子, 長縄 竜一, 長野 嘉介, 川本 俊弘
    産業衛生学雑誌 46(6) 2004年11月
  • アセトアルデヒド吸入曝露によるアルデヒド脱水素酵素2ノックアウトマウス・野生型マウスの病理学的変化
    小山倫浩, 一瀬豊日, 山口哲右, 鈴木理恵, 小川真規, 木長健, 松本明子, 長縄竜一, 長野嘉介
    産業衛生学雑誌 46(6) 236 2004年11月
  • 事業所におけるウィルス肝炎対策―産業医と労働者の意識調査―
    鈴木理恵, 小山倫浩, 一瀬豊日, 落合秀夫, 尾崎真一, 八嶋康典, けやき田尚樹, 小川真規, 山口哲右
    産業衛生学雑誌 46(6) 235 2004年11月
  • アセトアルデヒド吸入曝露によるAldh2ノックアウトマウスおよび野生型マウスの尿中8‐OHdG・血しょう中MDAの変動
    小川真規, 小山倫浩, 川本俊弘
    日本癌学会総会記事 63rd 98 2004年08月
  • 非小細胞肺癌における気管支上皮内チトクロームP450(CYP)発現プロファイル
    小山倫浩, 小川真規, 木長健, 一瀬豊日, 水上真紀子, 宗哲哉, 市来嘉伸, 菅谷将一, 川本俊弘
    日本癌学会総会記事 63rd 84 2004年08月
  • マウス肝におけるアルデヒド脱水素酵素の基質特異性
    山口哲右, 小山倫浩, 一瀬豊日, 小川真規, 木長健, 鈴木理恵, けやき田尚樹, 北川恭子, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 46 476 2004年03月
  • アルデヒド脱水素酵素2ノックアウト(Aldh2)マウスを用いたアセトアルデヒド全身暴露実験
    一瀬豊日, 北川恭子, 小山倫浩, けやき田尚樹, 松野康二, 小川真規, 木長健, 鈴木理恵, 山口哲右
    産業衛生学雑誌 46 477 2004年03月
  • 気管支上皮におけるチトクローム酵素(CYP)の発現
    小山倫浩, 一瀬豊日, 小川真規, 山口哲右, 鈴木理恵, けやき田尚樹, 松本明子, 八嶋康典, 尾崎真一
    産業衛生学雑誌 46 552 2004年03月
  • アセトアルデヒド吸入曝露によるAldh2ノックアウトマウスおよび野生型マウスの尿中8‐OHdG濃度の変化
    小川真規, 小山倫浩, 一瀬豊日, 山口哲右, 木長健, 鈴木理恵, 松本明子, 北川恭子, けやき田尚樹
    産業衛生学雑誌 46 477 2004年03月
  • 12.気管支上皮内チトクローム酵素発現の生物学的モニタリングとその産業医学への応用(第21回産業医科大学学会総会学術講演)
    小山 倫浩, 一瀬 豊日, 木村 麻里, 末永 玲子, 小川 真規, 山口 哲右, 鈴木 理恵, 木長 健, 欅田 尚樹, 川本 俊弘
    産業医科大学雑誌 26(1) 2004年03月
  • エタノール亜急性投与によるAldh2ノックアウトマウスの生存率および肝内AldhとCypの発現
    小山倫浩, 一瀬豊日, 木長健, 小川真規, 山口哲右, 鈴木理恵, けやき田尚樹, 松本明子, 北川恭子
    日本衛生学雑誌 59(2) 160 2004年03月
  • 気管支上皮内チトクローム酵素発現の生物学的モニタリングとその産業医学への応用
    小山倫浩, 一瀬豊日, 木村麻里, 末永玲子, 小川真規, 山口哲右, 鈴木理恵, 木長健, けやき田尚樹
    J UOEH Univ Occup Environ Health 26(1) 137 2004年03月
  • アルデヒド脱水素酵素2ノックアストマウス(Aldh2-/-)を用いたアセトアルデヒド急性全身暴露の検討
    一瀬豊日, 北川恭子, 小山倫浩, 松野康二, けやき田尚樹, 小川真規, 木長健, 鈴木理恵, 山口哲右
    日本衛生学雑誌 59(2) 160 2004年03月
  • アセトアルデヒドを皮下投与したAldh2ノックアウトマウスの表皮内Cyp2e1発現の変動
    木長健, 小山倫浩, 一瀬豊日, 山口哲右, 小川真規, 鈴木理恵, けやき田尚樹, 北川恭子, 川本俊弘
    日本衛生学雑誌 59(2) 160 2004年03月
  • PM2.5個人曝露量と尿中PAH代謝物
    川本俊弘, けやき田尚樹, 一瀬豊日, 小山倫浩, 原邦夫, 鈴木理恵, 木長健, 小川真規, 内山巌雄
    日本衛生学雑誌 59(2) 139 2004年03月
  • 肝炎労働者の急性増悪と業務内容
    鈴木理恵, 小山倫浩, 一瀬豊日, けやき田尚樹, 尾崎真一, 八嶋康典, 山口哲右, 木長建, 小川真規
    日本衛生学雑誌 59(2) 198 2004年03月
  • Aldh2ノックアウトマウスの肝におけるアルデヒド脱水素酵素の検討
    山口哲右, 小山倫浩, 一瀬豊日, けやき田尚樹, 小川真規, 木長健, 鈴木理恵, 北川恭子, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 46(1) 21 2004年01月
  • アセトアルデヒド単回腹腔内投与によるアルデヒド脱水素酵素2ノックアウト(Aldh2-/-)マウスの半致死量(LD50)の検討
    一瀬豊日, 北川恭子, 小山倫浩, けやき田尚樹, 松野康二, 小川真規, 木長健, 鈴木理恵, 山口哲右
    産業衛生学雑誌 46(1) 21-22 2004年01月
  • 肝炎労働者の業務内容ならびに急性増悪
    鈴木理恵, 小山倫浩, 一瀬豊日, 尾崎真一, 八嶋康典, 山口哲右, 木長健, 小川真規, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 46(1) 26 2004年01月
  • 非絶食,アルコール非投与下でのAldh2ノックアウトおよび正常型マウスの肝におけるCyp2e1の発現量の比較
    小川真規, 一瀬豊日, 小山倫浩, けやき田尚樹, 木長健, 山口哲右, 鈴木理恵, 北川恭子, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 46(1) 21 2004年01月
  • Aldh2ノックアウトマウスにおける網状赤血球小核発現と8-ヒドロキシデオキシグアノシン生成
    けやき田尚樹, 北川恭子, 一瀬豊日, 小山倫浩, 小川真規, 木長健, 山口哲右, 鈴木理恵, 川本俊弘
    産業衛生学雑誌 46(1) 26 2004年01月
  • 気管支上皮内芳香族炭化水素レセプター(AhR)発現の生物学的モニタリング
    小山倫浩, 一瀬豊日, 小川真規, 山口哲右, 鈴木理恵, 木長健, けやき田尚樹, 松本明子, 北川恭子
    産業衛生学雑誌 46(1) 24 2004年01月
  • アルデヒド脱水素酵素2(Aldh2) ノックアウトマウスのアルコール医学研究への応用
    川本俊弘, 北川恭子, 一瀬豊日, 松本明子, 山口哲右, 鈴木理恵, 小川真規, 松野康二, けやき田尚樹
    日本アルコール精神医学雑誌 10(1) 3-10 2003年08月
  • Remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema症候群と考えられた1例
    小川真規, 沼口宏太郎, 山本明史, 多治見司
    内科 91(5) 970-973 2003年05月
  • 症例 Remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema症候群と考えられた1例
    小川 真規, 沼口 宏太郎, 山本 明史
    内科 91(5) 970-973 2003年05月
  • RS3PE(Remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema)の一症例
    吹訳紀子, 村上義之, 小川真規, 多治見司, 山本明史
    日本皮膚科学会雑誌 112(5) 636 2002年05月
  • 56.健康診断時の尿中クレアチニン濃度の年齢層別比較
    小川 真規, 北川 恭子, 木長 健, 欅田 尚樹, 轟木 秀一, 末永 玲子, 川本 俊弘
    産業医科大学雑誌 22(1) 2000年03月
  • 健康診断時の尿中クレアチニン濃度の年齢層別比較
    小川真規, 北川恭子, 木長健, けやき田尚樹, 轟木秀一, 末永玲子, 川本俊弘
    J UOEH Univ Occup Environ Health 22(1) 97 2000年03月
  • 海外派遣労働者に対する適切な感染症対策の検討 労働者・産業医の視点から
    小川 真規;香山 不二雄
    産業衛生学雑誌 58(臨増) 289 2016年05月
  • 医科大学新入生における感染症抗体価と罹患・ワクチン接種状況の関連
    小川 真規;香山 不二雄
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S215 2016年05月
  • カラチ市の母親、臍帯血、小児血中鉛と環境試料中鉛の同位体比分析による曝露源解析
    香山 不二雄;池上 昭彦;高木 麻衣;水野 敦子;三瀬 名丹;崔 笑怡;小川 真規;吉田 貴彦;小林 弥生;Zafar Fatmi
    日本衛生学雑誌 71(Suppl.) S191 2016年05月

書籍等出版物

  • Coffee in Health and Disease
    小川 真規(担当:分担執筆 範囲:Coffee and Hippuric Acid)
    Elsevier 2014年
  • レアメタル便覧
    小川 真規(担当:共著 範囲:コバルト、ニッケル)
    丸善 2010年
  • 「病気予防」百科
    小川 真規(担当:共著 範囲:シックハウス症候群)
    日本医療企画 2007年
  • 日本医事新報
    小川 真規(担当:共著 範囲:有機溶剤の測定と体内動態)
    日本医事新報社 2006年09月
著書を全て表示する
著書閉じる
  • Coffee in Health and Disease
    小川 真規(担当:分担執筆 範囲:Coffee and Hippuric Acid)
    Elsevier 2014年
  • レアメタル便覧
    小川 真規(担当:共著 範囲:コバルト、ニッケル)
    丸善 2010年
  • 「病気予防」百科
    小川 真規(担当:共著 範囲:シックハウス症候群)
    日本医療企画 2007年
  • 日本医事新報
    小川 真規(担当:共著 範囲:有機溶剤の測定と体内動態)
    日本医事新報社 2006年 09月

外部的資金

  • 海外派遣労働者に対する適切な感染症対策の検討-労働者・産業医の視点から
    日本学術振興会
    研究期間 :2014年 - 2017年 代表者 : 小川 真規
  • アルミニウム作業者における尿中アルミニウムを用いた生体影響評価
    日本学術振興会
    研究期間 :2011年 - 2014年 代表者 : 小川 真規
  • 心理学と情報工学を利用した食品リスク情報コミュニケーションツールとその評価手法の開発
    厚生労働省:厚生科研費
    研究期間 :2012年 - 2014年 代表者 : 和田有史
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 海外派遣労働者に対する適切な感染症対策の検討-労働者・産業医の視点から
    日本学術振興会
    研究期間 :2014年 - 2017年 代表者 : 小川 真規
  • アルミニウム作業者における尿中アルミニウムを用いた生体影響評価
    日本学術振興会
    研究期間 :2011年 - 2014年 代表者 : 小川 真規
  • 心理学と情報工学を利用した食品リスク情報コミュニケーションツールとその評価手法の開発
    厚生労働省:厚生科研費
    研究期間 :2012年 - 2014年 代表者 : 和田有史


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.