研究者総覧

松本 志郎 (マツモト シロウ)

  • 消化器センター 外科部門 助教
Last Updated :2021/11/23

研究者情報

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 80625575

J-Global ID

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療技術評価学
  • ライフサイエンス / 消化器外科学

所属学協会

  • 日本外科学会   日本消化器外科学会   日本内視鏡外科学会   日本ロボット外科学会   日本消化器内視鏡学会   日本臨床外科学会   日本食道学会   日本胸部外科学会   日本胃癌学会   日本膵臓学会   日本乳癌学会   日本ヘルニア学会   肥満症治療学会   

研究活動情報

論文

  • 外科医による起業-医工連携・産学連携- 外科医を取り巻く職場ニーズから中小企業の事業創出に繋がった産学連携事業の報告
    川平 洋, 井上 賢之, 篠原 翔一, 兼田 裕司, 千葉 蒔七, 窪木 大悟, 太田 学, 松本 志郎, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, Lefor Alan K., 中村 亮一, 下村 義弘, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 121回 NES - 2 (一社)日本外科学会 2021年04月
  • Flowcytometryを用いた胃癌腹膜播種患者の腹腔内遊離細胞の解析
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP - 4 (一社)日本外科学会 2020年08月
  • 胃全摘後の体重減少・食欲不振に対する六君子湯の治療効果 新規治療ターゲットと新規作用機序の解明を目指したパイロット試験
    田口 昌延, 倉科 憲太郎, 出崎 克也, 松本 志郎, 春田 英律, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 矢田 俊彦, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP - 8 (一社)日本外科学会 2020年08月
  • クラインフェルター症候群合併の高度肥満症に対しBariatric surgeryが奏功した1例
    千葉 蒔七, 春田 英律, 齋藤 心, 細谷 好則, 岡田 健太, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 360回 23 - 23 日本消化器病学会-関東支部 2020年07月
  • Yoshiyuki Meguro, Hironori Yamaguchi, Joji Kitayama, Rihito Kanamaru, Shiro Matsumoto, Takashi Ui, Hidenori Haruta, Kentaro Kurashina, Shin Saito, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    Surgical case reports 6 1 63 - 63 2020年03月 [査読有り]
     
    BACKGROUND: Despite recent progress in systemic chemotherapy, the prognosis of patients with peritoneal metastases from gastric cancer is still poor. Efficacious intraperitoneal and systemic combination chemotherapy regimens to treat patients with peritoneal metastases have recently been developed. CASE PRESENTATION: A 74-year-old man with gastric cancer T4b (transverse mesocolon) N3 M1 (peritoneum) received combination chemotherapy with intraperitoneal administration of paclitaxel, intravenous oxaliplatin, and oral S-1. Eight courses of combined chemotherapy had remarkable anti-tumor effects on the primary lesion, lymph node metastases, and peritoneal metastases. Total gastrectomy with regional lymph node dissection was performed. Pathological examination revealed no viable tumor cells in the resected specimens. After gastrectomy, the patient received 25 courses of the same chemotherapy without oxaliplatin and has no evidence of recurrence 24 months later. DISCUSSION: Therapeutic approaches including systemic chemotherapy, extended resection, and heated intraperitoneal chemotherapy have been used to treat patients with peritoneal metastases. Repeat therapy with intraperitoneal paclitaxel has been used recently. Intraperitoneal administration of paclitaxel results in prolonged retention in the peritoneal cavity with effects against peritoneal metastases. Repeated administration of paclitaxel does not cause adhesions in the peritoneal cavity. When combination chemotherapy is effective, salvage gastrectomy is a promising option with minimal morbidity and mortality. CONCLUSION: Combined chemotherapy with intraperitoneal paclitaxel and systemic chemotherapy followed by gastrectomy is a promising strategy for patients with advanced gastric cancer and peritoneal metastases.
  • Katsushi Suenaga, Shiro Matsumoto, Alan Kawarai Lefor, Yoshimasa Miura, Yoshinori Hosoya, Daigo Kuboki, Hidenori Haruta, Kentaro Kurashina, Atsushi Kihara, Daisuke Matsubara, Yasunari Sakuma, Joji Kitayama, Naohiro Sata
    International journal of surgery case reports 73 319 - 323 2020年 [査読有り]
     
    INTRODUCTION: Gastric adenocarcinomas with low grade atypia may be difficult to diagnose as gastric cancer by preoperative biopsy. We report an extremely well-differentiated adenocarcinoma (EWDA) of the stomach which appeared like a submucosal tumor diagnosed by preoperative endoscopic submucosal dissection. PRESENTATION OF CASE: A 70-year-old male was referred with a 3-month history of a submucosal-appearing lesion in the gastric wall found on endoscopy. Biopsies of the lesion were performed and were inconclusive for neoplasia. Endoscopic ultrasonography showed a low echoic tumor growing into the fourth layer of the gastric wall. It was difficult to identify the tumor by repeat biopsy. Endoscopic submucosal dissection of the lesion was performed and revealed adenocarcinoma, and laparoscopic total gastrectomy was performed. Histopathologic evaluation showed that the tumor was stage IIA (T3N0M0). There is no recurrence 12 months after resection. DISCUSSION: Gastric EWDAs are rare lesions, accounting for 0.6% of all gastric cancers. It is difficult to diagnose gastric EWDA especially if it appears like a submucosal tumor. This lesion was finally diagnosed by endoscopic submucosal dissection. CONCLUSION: Endoscopic submucosal dissection may facilitate establishing the preoperative diagnosis of a tumor thought to be a gastric EWDA based on its endoscopic appearance and pathological findings.
  • Shiro Matsumoto, Yoshinori Hosoya, Alan K Lefor, Yuji Ino, Hidenori Haruta, Kentaro Kurashina, Shin Saito, Joji Kitayama, Naohiro Sata
    Asian journal of endoscopic surgery 12 3 322 - 325 2019年07月 [査読有り]
     
    Gastrointestinal stromal tumors (GIST) in patients under 18 years of age are classified as pediatric GIST. Pediatric GIST are extremely rare, and there are no reports of laparoscopic-endoscopic cooperative surgery for these lesions. We report the use of non-exposed endoscopic wall-inversion surgery as a laparoscopic-endoscopic cooperative surgery-related procedure for the treatment of a pediatric GIST. The case involved a 17-year-old male patient who presented with anemia and was found to have a bleeding gastric tumor. The tumor was resected transorally using the non-exposed endoscopic wall-inversion surgery technique. No gene mutation of c-Kit or Platelet-Derived Growth Factor Receptor α (PDGFRα) was found, and the final pathological diagnosis was epithelial-type GIST due to a succinate dehydrogenase abnormality. Follow-up included a CT scan every 4 months. No recurrence has occurred to date.
  • 部分的脾動脈塞栓後に残胃血流を考慮し幽門側胃切除術および脾臓摘出術を施行したITP合併胃癌
    金子 勇貴, 齋藤 心, 高橋 大二郎, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 91回 543 - 543 (一社)日本胃癌学会 2019年02月
  • Kazuya Takahashi, Shin Saito, Yuki Kaneko, Shiro Matsumoto, Hironori Yamaguchi, Joji Kitayama, Yoshinori Hosoya, Hirotoshi Kawata, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    International journal of surgery case reports 64 180 - 183 2019年 [査読有り]
     
    INTRODUCTION: Gastric hyperplastic polyps are common stomach lesion and these polyps are generally benign. However, they can undergo malignant transformation. Most reported cases of malignant transformation of gastric hyperplastic polyps have been to well or moderately differentiated adenocarcinoma, and those transformed into poorly differentiated adenocarcinoma are extremely rare. No case has been reported that has changed to diffuse type adenocarcinoma with lymphatic invasion. PRESENTATION OF CASE: A 48-year-old woman presented with worsening anemia. A polyp was seen in the gastric cardia seven years prior to presentation. Helicobacter pylori infection was also found at that time. She underwent upper gastrointestinal endoscopy and biopsy of the polyp revealed signet ring cell carcinoma. Total gastrectomy was performed due to concern about possible invasion into the submucosal layer and there was no evidence of distant metastases. Histologic examination revealed both poorly differentiated adenocarcinoma and signet ring cell carcinoma surrounded by hyperplastic epithelium at the head of the polyp. Lymphatic invasion was also found, and malignant cells were limited to the mucosa. DISCUSSION: Gastric hyperplastic polyps are commonly associated with chronic gastritis which is related to Helicobacter pylori infections. Gastric hyperplastic polyps are generally benign and rarely undergo malignant transformation to adenocarcinoma with differentiated histology. The gastric hyperplastic polyp in this patient transformed to poorly differentiated adenocarcinoma with lymphatic invasion. CONCLUSION: Even small polyps may become poorly differentiated adenocarcinoma with invasion, so close follow-up or endoscopic resection are recommended as well as eradication of Helico Pylori infection when appropriate.
  • Rihito Kanamaru, Hideyuki Ohzawa, Hideyo Miyato, Shiro Matsumoto, Hidenori Haruta, Kentaro Kurashina, Shin Saito, Yoshinori Hosoya, Hironori Yamaguchi, Hiroharu Yamashita, Yasuyuki Seto, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Scientific reports 8 1 632 - 632 2018年01月 [査読有り]
     
    Many types of immune cells appear in peritoneal cavity after abdominal surgery. In patients who underwent laparotomy due to gastric cancer, peritoneal lavages were obtained before and after surgical procedure. Cells were recovered from intermediate layer after Ficoll-Hypaque centrifugation and analyzed for phenotypes and functions, especially focused on low density neutrophils (LDN). The number of CD66b (+) LDN with mature phenotype was markedly elevated in postoperative as compared with preoperative lavages. Short term culture of the purified LDN produced many threadlike structures positive for SYTOX, nucleic acid staining, as well as histone and myeloperoxidase, suggesting the NETs formation. Human gastric cancer cells, MKN45, OCUM-1 and NUGC-4, were selectively attached on the NETs, which was totally abolished by the pretreatment of DNAse I. Intraperitoneal (IP) co-transfer of the LDN with MKN45 in nude mice strongly augments the metastasis formation on peritoneum, which was strongly suppressed by the following IP administration of DNAse I. Many NETs-like structures were detected on the surface of human omental tissue resected by gastrectomy. NETs on peritoneal surface can assist the clustering and growth of free tumor cells disseminated in abdomen. Disruption of the NETs by DNAse might be useful to prevent the peritoneal recurrence after abdominal surgery.
  • Shiro Matsumoto, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Hidenori Haruta, Takashi Ui, Kentaro Kurashina, Shin Saito, Kentaro Ashizawa, Takahiro Sasaki, Joji Kitayama, Naohiro Sata
    International journal of surgery case reports 44 118 - 121 2018年 [査読有り]
     
    INTRODUCTION: Black adrenal adenoma (BAA) is a rare, benign adrenal lesion with a black or brown appearance. This is the first report of this lesion in a patient with a synchronous esophageal cancer and highlights the importance of considering a false positive finding on a Positron Emission Tomography (PET) scan, which might otherwise preclude resection. PRESENTATION OF CASE: A 73-year-old male was diagnosed with mid-esophagus carcinoma. Computed tomography scan revealed an enlarged left adrenal gland. Plasma adrenocorticotropic hormones levels were normal. To characterize the adrenal lesion, a PET scan was obtained which showed high uptake of 18F-fluoro-2-deoxy-d-glucose (FDG), consistent with a metastasis, suggesting T3N2M1, clinical stage IV esophageal cancer. After two courses of neo-adjuvant therapy, sub-total esophagectomy and left adrenalectomy were performed. The adrenal tumor was soft, and black in color, diagnosed as a BAA on histology. The pathologic stage of the esophageal cancer was T3N0M0, Stage II. Six months after surgery, he is alive without recurrence. DISCUSSION: High FDG uptake by an adrenal lesion on PET scan, as in this patient, usually suggests a metastatic lesion. Although rare, patients with esophageal cancer and adrenal metastases have been reported to have long-term survival, so it is important to characterize an adrenal lesion when found. CONCLUSION: Most adrenal lesions with high FDG uptake are malignant, but BAA is also positive on PET scan. Although rare, BAA should be considered in patients with solitary adrenal lesions with high uptake on PET scan, even in the presence of a malignancy.
  • Shin Saito, Chao Yan, Hisashi Fukuda, Yoshinori Hosoya, Shiro Matsumoto, Daisuke Matsubara, Joji Kitayama, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    International journal of surgery case reports 44 207 - 211 2018年 [査読有り]
     
    INTRODUCTION: Gastric leiomyomas are benign mesenchymal tumors, comprising about 2.5% of gastric neoplasms, which can be difficult to differentiate from gastrointestinal stromal tumors which have malignant potential. Granular cell tumors in the abdominal wall are also rare. Since mesenchymal tumors are difficult to diagnose by imaging, further studies are needed to establish the diagnosis. PRESENTATION OF CASE: A 60-year-old asymptomatic woman underwent routine upper endoscopy and was found to have a gastric submucosal lesion. Computed tomography scan also showed an abdominal wall mass. The appearance of both lesions on imaging studies were similar, but it was unclear if the two lesions had the same origin. Endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration biopsy of the gastric lesion was insufficient to establish the diagnosis. Laparoscopic-endoscopic cooperative resection of the gastric lesion and ultrasound-guided core-needle biopsy of the abdominal wall mass enabled pathological diagnosis of both lesions. DISCUSSION: Diagnostic imaging findings of these two lesions were similar. Histologic and immunohistochemical studies are essential to establish a definitive diagnosis. Laparoscopic-endoscopic cooperative surgery may be an effective minimally invasive approach, allowing both pathological diagnosis and complete resection of a gastric submucosal tumor, especially when endoscopic-ultrasound guided fine needle aspiration or biopsy fails to make the diagnosis. CONCLUSION: Laparoscopic-endoscopic cooperative surgery can be an effective minimally invasive approach to resect some lesions. This is first report of the patient with a synchronous gastric leiomyoma and an intramuscular granular cell tumor in the abdominal wall.
  • 開腹術後の腹膜再発における腹腔滲出性低比重好中球の意義
    北山 丈二, 金丸 理人, 津久井 秀則, 大澤 英之, 山口 博紀, 松本 志朗, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本癌学会総会記事 76回 P - 3082 2017年09月
  • 胸骨後経路胃管癌に対して胸壁吊り上げ式鏡視下胃管切除・空腸再建を行なった3例の経験
    齋藤 心, 宇井 崇, 倉科 憲太郎, 金丸 理人, 松本 志郎, 堀江 久永, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 永井 秀雄, 福嶋 敬宜
    日本消化器外科学会雑誌 49 Suppl.2 126 - 126 (一社)日本消化器外科学会 2016年11月
  • Shin Saito, Yoshinori Hosoya, Kentaro Kurashina, Shiro Matsumoto, Rihito Kanamaru, Takashi Ui, Hidenori Haruta, Joji Kitayama, Alan K Lefor, Naohiro Sata
    International journal of surgery case reports 19 51 - 4 2016年 [査読有り]
     
    INTRODUCTION: Spontaneous esophageal perforation, or Boerhaave's syndrome, is a life-threating condition which usually requires emergent surgery. An upside down stomach is defined as a gastric volvulus in a huge supradiaphragmatic sac. In general, this condition can result in ischemia and perforation of the stomach. This is the first report of a patient with Boerhaave's syndrome and an upside down stomach. CASE PRESENTATION: A 79-year-old woman presented with sudden epigastric pain following hematemesis. Evaluation of the patient showed both an esophageal perforation and an upside down stomach. Surgical drainage and irrigation of the mediastinum and pleural cavities were undertaken emergently. Due to the concurrent gastric volvulus, a gastrostomy was placed to fix and decompress the stomach. The patient had an uneventful hospital course and was discharged. DISCUSSION AND CONCLUSION: Boerhaave's syndrome is a rare but severe complication caused by excessive vomiting, due to a sudden elevation in intraluminal esophageal pressure resulting in esophageal perforation. Acute gastric volvulus can result in ischemia and perforation of the stomach, but has not previously been reported with esophageal perforation. The most likely mechanism associating an upside down stomach with Boerhaave's syndrome is acute gastric outlet obstruction resulting in vomiting, and subsequent esophageal perforation. Perforation of the esophagus as well as perforation of the stomach must be considered in patients with an upside down stomach although both upside down stomach and Boerhaave's syndrome are rare clinical entities.
  • Ui, T., Fujii, H., Hosoya, Y., Nagase, M., Mieno, M.N., Mori, M., Zuiki, T., Saito, S., Kurashina, K., Haruta, H., Matsumoto, S., Niki, T., Lefor, A., Yasuda, Y.
    Diseases of the Esophagus 28 2 2015年 [査読有り]
  • Yoshinori Hosoya, Miho Matsumura, Seiji Madoiwa, Toru Zuiki, Shiro Matsumoto, Shin Nunomiya, Alan Lefor, Naohiro Sata, Yoshikazu Yasuda
    Surgery today 43 6 670 - 4 2013年06月 [査読有り]
     
    We report a case of acquired hemophilia A (AHA) after esophageal resection. The patient was an 80-year-old woman whose preoperative activated partial-thromboplastin time (APTT) was well within the normal range, at 34.9 s. She underwent thoracic esophagectomy and gastric pull-up for superficial esophageal cancer (operative time, 315 min; intraoperative blood loss, 245 ml). Intrathoracic and subcutaneous bleeding occurred spontaneously on postoperative day (POD) 39. The APTT was prolonged, at 140 s, and factor VIII inhibitor was 36 Bethesda U/ml. Treatment with recombinant activated factor VII, prednisolone, and cyclophosphamide resulted in remission within 2 months. This case supports an association between surgery and the triggering of factor VIII inhibitors. The diagnosis of AHA requires clinical acumen and must be considered in any patient with bleeding and a prolonged APTT.
  • Shiro Matsumoto, Naohiro Sata, Masaru Koizumi, Alan Lefor, Yoshikazu Yasuda
    Pancreatology 13 3 320 - 323 2013年05月 [査読有り]
  • Yoshinori Hosoya, Shunji Sarukawa, Shiro Matsumoto, Toru Zuiki, Masanobu Hyodo, Koichi Abe, Hiroshi Nishino, Yasushi Sugawara, Alan T Lefor, Yoshikazu Yasuda
    The Annals of thoracic surgery 87 2 647 - 9 2009年02月 [査読有り]
     
    Several options exist for reconstruction after total esophagectomy in patients with esophageal carcinoma. However, the options for a major resection after previous head and neck surgery in these patients are extremely limited. The procedure performed in 2 patients requiring esophagectomy after resection for previous head and neck malignancies is described. Both patients underwent previous chemoradiation therapy and free jejunal transfer for hypopharyngeal squamous cell carcinoma. Esophagectomy and reconstruction with a cervical gastrojejunal anastomosis combined with deltopectoral flaps were performed after the diagnosis of esophageal disease. Soft tissue defects were closed with a modified deltopectoral flap using de-epithelization. The deltopectoral flap is effective not only for cutaneous resurfacing, but also to promote delayed wound healing after radiation therapy. This report demonstrates a useful multidisciplinary approach for resection and reconstruction in patients after a previous free jejunal transfer.

書籍

講演・口頭発表等

  • 食道癌術前DCF療法の予後に関わる因子の検討
    松本 志郎, 高橋 和也, 金丸 理人, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 山口 博紀, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2020年08月 (一社)日本外科学会
  • 医学生対象内視鏡外科手術トレーニングの報告と縫合結紮手技解析の初回報告
    川平 洋, 前田 佳孝, 松本 志郎, 鈴木 義彦, 淺田 義和, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2020年08月 (一社)日本外科学会
  • 胃全摘後の体重減少・食欲不振に対する六君子湯の治療効果 新規治療ターゲットと新規作用機序の解明を目指したパイロット試験
    田口 昌延, 倉科 憲太郎, 出崎 克也, 松本 志郎, 春田 英律, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 矢田 俊彦, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2020年08月 (一社)日本外科学会
  • 切除可能進行食道癌における体重と予後との関連
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 北山 丈二, 山口 博紀, 齋藤 心, 春田 英律, 松本 志郎, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 大澤 英之, 川平 洋, 堀江 久永, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    日本成人病(生活習慣病)学会会誌 2020年01月 日本成人病(生活習慣病)学会
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術における高血圧症改善因子の検討
    金丸 理人, 春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 高橋 和也, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本成人病(生活習慣病)学会会誌 2020年01月 日本成人病(生活習慣病)学会
  • 食道癌とS状結腸癌に対し、鏡視下食道亜全摘術と腹腔鏡下S状結腸切除術を施行した一例
    窪木 大悟, 春田 英律, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 細谷 好則, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 2019年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 胃癌・大腸癌に対して腹腔鏡下に同時切除を行った9症例の検討
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 春田 英律, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 佐久間 康成, 堀江 久永, 味村 俊樹, 川平 洋, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 2019年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 内視鏡手術手技の初学者にとって3次元内視鏡のアドバンテージはあるか?
    松本 志郎, 遠藤 和宏, 川平 洋, 細谷 好則, 佐久間 康成, 堀江 久永, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 2019年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • スリーブ状胃切除術の問題点 当院の肥満外科手術の治療成績と今後の課題
    春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 川平 洋, 佐久間 康成, 堀江 久永, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 2019年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    肥満研究 2019年10月 (一社)日本肥満学会
  • 篠田 祐之, 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    肥満研究 2019年10月 (一社)日本肥満学会
  • 千葉 蒔七, 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    肥満研究 2019年10月 (一社)日本肥満学会
  • 春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    肥満研究 2019年10月 (一社)日本肥満学会
  • 膵十二指腸動脈瘤を併発した正中弓状靱帯症候群に対し、腹腔鏡下胃切除術中に靱帯切離を行った一例
    窪木 大悟, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 春田 英律, 細谷 好則, 山口 博紀, 斎藤 心, 川平 洋, 味村 俊樹, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 2019年10月 日本臨床外科学会
  • 診断的ESDによって確定診断しえた超高分化型胃癌の一手術例
    松本 志郎, 細谷 好則, 高橋 和也, 金丸 理人, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 2019年10月 日本臨床外科学会
  • 三浦 義正, 松本 志郎, 角田 真人, 岩下 ちひろ, 野本 佳恵, 井野 裕治, 砂田 圭二郎, 細谷 好則, 大澤 博之, 山本 博徳
    消化器内視鏡 2019年09月 (株)東京医学社
  • 通過障害を伴う進行胃癌に対し、PTEG造設後に腹腔内化学療法を行い奏功した1例
    佐藤 孝弘, 高橋 和也, 春田 英律, 山口 博紀, 金丸 理人, 松本 志郎, 宇井 崇, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 2019年08月 日本臨床外科学会
  • 開腹術後腹腔内滲出好中球上のPD-L1発現
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 健太郎, 山口 博紀, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会 2019年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 低肺機能症例に対する縦隔鏡併用非開胸食道切除術の導入
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 愛甲 丞, 瀬戸 泰之, 齋藤 心, 春田 英律, 松本 志郎, 宇井 崇, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2019年06月 (NPO)日本食道学会
  • 術前DCF療法の治療効果に係る因子の検討
    松本 志郎, 細谷 好則, 宇井 崇, 高橋 和也, 金丸 理人, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 山口 博紀, 北山 丈二
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2019年06月 (NPO)日本食道学会
  • 胃管癌8例の臨床病理学的検討
    齋藤 心, 細谷 好則, 松原 大祐, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 北山 丈二, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2019年04月 (一社)日本外科学会
  • 開腹術後腹腔内滲出好中球の臨床的意義
    金丸 理人, 大澤 英之, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2019年04月 (一社)日本外科学会
  • 横隔膜上憩室を伴う食道平滑筋腫の1例
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 春田 英律, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 2019年02月 日本消化器病学会-関東支部
  • 当科における高度肥満症に対する腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の取り組みと治療成績
    春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本成人病(生活習慣病)学会会誌 2019年01月 日本成人病(生活習慣病)学会
  • 当科で施行した縦隔鏡併用非開胸食道切除術3症例の経験
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 愛甲 丞, 瀬戸 泰之, 齋藤 心, 春田 英律, 松本 志郎, 宇井 崇, 金丸 理人, 高橋 和也, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 2018年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 肥満外科手術のコツ 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術における周術期管理と手技の工夫
    春田 英律, 細谷 好則, 斎藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 松本 志郎, 高橋 和也, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 2018年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 肥満外科治療の現状と展望 当科における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の取組みと今後の展望
    春田 英律, 細谷 好則, 斎藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 松本 志郎, 高橋 和也, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 2018年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 食道癌治療後再燃に対して縦隔鏡併用非開胸食道切除術を施行した1例
    塚本 恵, 倉科 憲太郎, 細谷 好則, 愛甲 丞, 瀬戸 泰之, 松本 志郎, 春田 英律, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2018年11月 日本胸部外科学会-関東甲信越地方会
  • 胃癌腹膜播種に対するSOX+PTX腹腔内投与併用化学療法の新規導入施設における治療成績
    山口 博紀, 金丸 理人, 大澤 英之, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 春田 英律, 細谷 好則, 藤井 博文, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本癌治療学会学術集会抄録集 2018年10月 (一社)日本癌治療学会
  • 根治切除可能であったTrousseau症候群を合併した進行胃癌の1例
    齋藤 匠, 倉科 憲太郎, 細谷 好則, 山口 博紀, 益子 貴史, 春田 英律, 齋藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 2018年10月 日本臨床外科学会
  • 肥満に対する外科治療の最前線 当院における肥満外科手術の取り組みと治療成績
    春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 2018年10月 日本臨床外科学会
  • 好中球細胞外トラップ(NETs)による開腹術後腹膜再発促進機構(Neutrophil extracellular traps(NETs) on postoperative peritoneal surface may support the tumor recurrence on peritoneum)
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事 2018年09月 日本癌学会
  • 腹膜播種の診断と治療の工夫 腹膜播種陽性胃癌に対するSOX+PTX腹腔内投与併用化学療法の新規導入施設における治療成績
    齋藤 心, 山口 博紀, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 佐久間 康成, 春田 英律, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 2018年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 開腹手術後の腹腔内滲出好中球由来細胞外トラップ(NETs)の臨床的意義
    金丸 理人, 大澤 英之, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 山口 博紀, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会 2018年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 当院における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の周術期管理と手技の工夫
    春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 齋藤 心, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 石橋 俊, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 2018年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 胃癌腹膜播種手術症例における予後因子としての腹腔洗浄液中CEA mRNA定量値
    山口 博紀, 石神 浩徳, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会 2018年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 早期胃癌ESD非治癒切除症例274例の検討
    松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 堀江 久永, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 2018年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 春田 英律, 齋藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 細谷 好則, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    小切開・鏡視外科学会雑誌 2018年06月 (NPO)小切開・鏡視外科学会
  • 当院における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の治療成績
    春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 高橋 和也, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 2018年06月 日本肥満症治療学会
  • 切除不能進行食道癌に対しDCF療法後に食道切除を試みた症例の検討
    宇井 崇, 藤井 博文, 細谷 好則, 山口 博紀, 森 美鈴, 齋藤 心, 倉科 憲太郎, 春田 英律, 松本 志郎, 佐田 尚宏
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2018年06月 (NPO)日本食道学会
  • 食道神経内分泌癌(NEC)6例の治療経験
    齋藤 心, 細谷 好則, 藤井 博文, 山口 博紀, 森 美鈴, 福嶋 敬宜, 金丸 理人, 松本 志郎, 三浦 義正, 佐田 尚宏
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2018年06月 (NPO)日本食道学会
  • StageII・III食道癌の治療前BMIと術前化学療法中の体重減少は予後不良と関連する
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 大澤 英之, 齋藤 心, 春田 英律, 松本 志郎, 山口 博紀, 藤井 博文, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2018年06月 (NPO)日本食道学会
  • 食道に穿破した神経鞘腫の一例
    松本 志郎, 細谷 好則, 金丸 理人, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2018年06月 (NPO)日本食道学会
  • 胃癌腹膜播種に対する腹腔内化学療法における腹腔洗浄液中CEA mRNA定量 手術適応決定のバイオマーカーとしての意義
    山口 博紀, 石神 浩徳, 金丸 理人, 大澤 英之, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 春田 英律, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2018年04月 (一社)日本外科学会
  • 胃癌切除症例における術前D-dimer値と病期・転帰の検討
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 清水 徹一郎, 太田 学, 齋藤 心, 春田 英律, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 三木 厚, 山口 博紀, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 2018年03月 (一社)日本胃癌学会
  • 当院における漿膜浸潤胃癌R0切除症例における術中出血量と生命予後の関係
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 斉藤 心, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本胃癌学会総会記事 2018年03月 (一社)日本胃癌学会
  • 腹腔内投与併用化学療法により病理学的完全奏功を得た腹膜播種陽性胃癌の2例(pCR in P1 gastric cancer using intraperitoneal and systemic chemotherapy: Report of two patients)
    目黒 由行, 山口 博紀, 北山 丈二, 石神 浩徳, 奥野 貴之, 金丸 理人, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 2018年03月 (一社)日本胃癌学会
  • 大腿ヘルニア嵌頓から胃壁内気腫症を来たし、4回の開腹手術により救命した1例
    松本 健司, 森 和亮, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化管学会雑誌 2018年02月 (一社)日本消化管学会
  • 当院における高度肥満症に対する腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の治療成績
    春田 英律, 細谷 好則, 岡田 健太, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 高橋 和也, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本成人病(生活習慣病)学会会誌 2018年01月 日本成人病(生活習慣病)学会
  • 大学病院における経皮内視鏡的胃瘻造設術の適応と早期合併症
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 齋藤 心, 春田 英律, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 安部 望, 高橋 和也, 山口 博紀, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本成人病(生活習慣病)学会会誌 2018年01月 日本成人病(生活習慣病)学会
  • 成人に見られた側頸嚢胞の1例
    澁澤 公行, 久保田 和, 松本 志郎, 佐久間 和也, 高橋 修平, 鈴木 忍, 堤 正
    群馬医学 2017年12月 (公社)群馬県医師会
     
    34歳男性。1年前から自覚する左頸部腫瘤を主訴に外科へ外来受診した。初診時、超音波では左耳下腺に接して7×5×3cm大の境界明瞭で辺縁は平滑な腫瘤をが確認された。また、頸部CTでは左胸鎖乳突筋内側に単房性の嚢胞を認め、MRIでは左胸鎖乳突筋内側にT2+FSで均一高濃度、境界明瞭の病変が認められた。以上より、左側頸嚢胞と診断され、全身麻酔下に腫瘤摘出術を施行した。病理組織学的には鰓性嚢胞で、術後は経過良好で術後5日目に退院となった。
  • 画像上、類似の所見を示した胃平滑筋腫と腹壁顆粒細胞腫を合併した1症例
    齋藤 心, 春田 英律, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 細谷 好則, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 2017年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 腹腔鏡下胃全摘術におけるEEA Orvilを用いた食道空腸吻合の工夫
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 春田 英律, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 宮戸 秀世, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 2017年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 小児GISTに対し、非穿孔式内視鏡的胃壁内反切除術を行った一例
    松本 志郎, 細谷 好則, 春田 英律, 宇井 崇, 倉科 憲太郎, 宮戸 英世, 齋藤 心, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 2017年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 当科における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の手技の定型化と工夫
    春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 松本 志郎, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 2017年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 食道癌の副腎転移と鑑別を要した副腎black adenomaの一例
    吉田 陽, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 2017年10月 日本臨床外科学会
  • 食道癌の脳転移再発に対して手術および放射線療法で長期生存が得られた一例
    松本 志郎, 細谷 好則, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 宮戸 英世, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 2017年10月 日本臨床外科学会
  • 腹腔鏡下胃全摘術におけるEEA Orvilを用いた食道空腸吻合の工夫
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 春田 英律, 松本 志郎, 齋藤 心, 宇井 崇, 宮戸 秀世, 堀江 久永, 佐久間 康成, 山口 博紀, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 2017年10月 日本臨床外科学会
  • 細谷 好則, 春田 英律, 田口 昌延, 斉藤 心, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 岡田 健太, 海老原 健, 石橋 俊, 矢田 俊彦, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    肥満研究 2017年09月 (一社)日本肥満学会
  • 高度進行胃癌でのresectable metastasisに対する治療戦略 胃癌腹膜播種、腹腔内投与併用化学療法奏効例におけるConversion Surgery
    山口 博紀, 石神 浩徳, 齋藤 心, 倉科 憲太郎, 大澤 英之, 松本 志郎, 藤井 博文, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 2017年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 胃癌術後腹腔内Neutrophil Extracellular Traps(NETs)の腹膜播種再発の関与について
    金丸 理人, 津久井 秀則, 斉藤 心, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 山口 博紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会 2017年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 当院における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の治療成績
    春田 英律, 細谷 好則, 松本 志郎, 齋藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 安部 望, 金丸 理人, 高橋 和也, 北山 丈二, 佐久間 康成, 堀江 久永, 海老原 健, 石橋 俊, 佐田 尚宏
    日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 2017年06月 日本肥満症治療学会
  • 胃癌腹膜再発における開腹術後の腹腔内滲出液中low density granulocytes(LDG)の意義
    金丸 理人, 津久井 秀則, 斉藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 春田 英律, 松本 志郎, 安部 望, 高橋 和也, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2017年04月 (一社)日本外科学会
  • 胃癌術後補助化学療法の新たな選択 漿膜浸潤陽性胃癌に対する補助療法としてのPaclitaxel腹腔内反復投与の可能性
    北山 丈二, 石神 浩徳, 山口 博紀, 金丸 理人, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2017年04月 (一社)日本外科学会
  • 腹腔内化学療法の経験のない施設における新規導入(Introduction of intraperitoneal chemotherapy at a hospital with inexperienced staff)
    山口 博紀, 北山 丈二, 大澤 英之, 金丸 理人, 松本 志郎, 森 美鈴, 齋藤 心, 倉科 憲太郎, 上田 真寿, 細谷 好則, 藤井 博文, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 2017年03月 (一社)日本胃癌学会
  • 胃癌腹膜再発における開腹術後の腹腔内滲出液中low density granulocytes(LDG)の意義(Low density granulocytes in peritoneal exudates may assist peritoneal recurrence after gastrectomy)
    北山 丈二, 金丸 理人, 津久井 秀則, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 細谷 好則, 山口 博紀, 石神 浩徳, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 2017年03月 (一社)日本胃癌学会
  • 胃過形成ポリープに発生した低分化型腺癌の1例(Poorly differentiated adenocarcinoma arising in hyperplastic polyp of the stomach: A report of case)
    高橋 和也, 齋藤 心, 金丸 理人, 安部 望, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 2017年03月 (一社)日本胃癌学会
  • 肺気腫、低肺機能を併存した食道癌症例に対する縦隔鏡下食道切除術の1経験
    齋藤 心, 細谷 好則, 宇井 崇, 倉科 憲太郎, 春田 英律, 松本 志郎, 金丸 理人, 安部 望, 高橋 和也, 北山 丈二, 佐田 尚宏, 愛甲 丞, 瀬戸 泰之
    日本内視鏡外科学会雑誌 2016年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 馬蹄腎併存直腸癌に対し腹腔鏡下高位前方切除術を施行した1例
    松本 志郎, 奥山 隆, 久保田 和, 佐久間 和也, 高橋 修平, 澁澤 公行
    日本内視鏡外科学会雑誌 2016年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 胸骨後経路胃管癌に対して鏡視下胃管切除・空腸再建を行なった1例
    平瀬 雄規, 齋藤 心, 津久井 秀則, 松本 志郎, 倉科 健太郎, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 2016年11月 日本臨床外科学会
  • 大腸 大腸がん治療に関する基礎的解析 KRAS遺伝子変異と耐糖能異常を有する大腸癌症例の臨床病理学的特徴
    佐久間 和也, 松本 志郎, 久保田 和, 高橋 修平, 服部 正和, 渋澤 公行
    日本癌治療学会学術集会抄録集 2016年10月 (一社)日本癌治療学会
  • 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)と胃癌を合併した自己免疫性膵炎(AIP)の1例
    安部 望, 細谷 好則, 金丸 理人, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 佐田 尚宏, 安田 是和, 今田 浩生, 福嶋 敬宜
    日本臨床外科学会雑誌 2016年09月 日本臨床外科学会
  • 転移再発結腸直腸癌症例におけるKRAS遺伝子変異と耐糖能異常についての検討
    佐久間 和也, 松本 志郎, 高橋 修平, 澁澤 公行
    日本消化器外科学会総会 2016年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 当院における胃管癌の治療経験
    齋藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 春田 英律, 細谷 好則, 北山 丈二, 三浦 義正, 佐田 尚宏
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2016年07月 (NPO)日本食道学会
  • 膠原病を合併した小腸穿孔症例の検討
    齋藤 心, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 堀江 久永, 佐久間 康成, 簑田 清次, 岩本 雅弘, 松原 大佑, 福島 敬宣, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 2016年04月 (一社)日本外科学会
  • LECSにおける工夫 ヒアルロン酸局注による切開と、V-Locを用いた胃壁閉鎖
    松本 志郎, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 井野 祐治, 三浦 義正, 山本 博徳, 佐久間 康成, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 2016年03月 (一社)日本胃癌学会
  • 切れ目のない栄養管理に裏打ちされた胃癌治療 自治医科大学附属病院の取り組み
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 齋藤 心, 松本 志郎, 小暮 亜弥子, 佐藤 敏子, 村越 美穂, 荒川 由起子, 岡田 憲樹, 春田 英律, 宇井 崇, 三木 厚, 堀江 久永, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 2016年03月 (一社)日本胃癌学会
  • Trastuzumabが奏功し根治術が可能となったHER2陽性胃癌(Conversion gastrectomy following trastuzumab in patients with HER2 positive gastric cancer)
    齋藤 心, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 宇井 崇, あらん・れふぉ, 田中 亨, 藤井 博文, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 2016年03月 (一社)日本胃癌学会
  • 胃癌手術における周術期栄養剤投与による体重減少への影響 ランダム化比較試験
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 小暮 亜弥子, 村越 美穂, 佐藤 敏子, 荒川 由起子, 齋藤 心, 松本 志郎, 春田 英律, 宇井 崇, 三木 厚, 佐久間 康成, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本静脈経腸栄養学会雑誌 2016年01月 (株)ジェフコーポレーション
  • 当院における腹腔鏡下Sleeve状胃切除の成績
    細谷 好則, 春田 英律, 斉藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 松本 志郎, 安部 望, 佐久間 康成, 堀江 久永, アラン・レフォー, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 2015年12月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 門脈二次分枝の腫瘍栓を伴う胃癌の1手術例
    熊谷 祐子, 田口 昌延, 松本 志郎, 瑞木 亨, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 細谷 好則, 安田 是和, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 2015年10月 日本臨床外科学会
  • Stage II/III食道癌の治療 進行胸部食道癌における術前化学療法(DCF療法)の経験 CF療法との比較
    宇井 崇, 藤井 博文, 細谷 好則, 齋藤 心, 倉科 憲太郎, 春田 英律, 松本 志郎, 安部 望, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 2015年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • Upside down stomachに併発した特発性食道破裂の1例
    齋藤 心, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 春田 英律, 宇井 崇
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2015年07月 (NPO)日本食道学会
  • 横隔膜上食道憩室内癌の1切除例
    松本 志郎, 細谷 好則, 安部 望, 春田 英律, 宇井 崇, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 佐田 尚宏, 安田 是和, 福島 敬宜
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2015年07月 (NPO)日本食道学会
  • 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術を施行したクラインフェルター症候群の1例
    春田 英律, 細谷 好則, 石橋 俊, 斎藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 松本 志郎, 安部 望, 金丸 理人, 佐田 尚宏
    日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 2015年06月 日本肥満症治療学会
  • 待機的に鼠径法(Direct Kugel法)で修復した閉鎖孔ヘルニアの2例
    佐田友 藍, 小泉 大, 松本 志郎, 近藤 泰雄
    日本臨床外科学会雑誌 2014年11月 日本臨床外科学会
  • 腹腔鏡下胃全摘術後再建法のトラブルとその対処法
    細谷 好則, 瑞木 亨, 斉藤 心, 倉科 憲太郎, 春田 英律, 松本 志郎, 安部 望, 宇井 崇, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 2014年10月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • 腹腔鏡補助下胃全摘術後の再建挙上空腸捻転のため再手術を施行した1例
    安部 望, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 春田 英律, 松本 志郎, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 2014年10月 (一社)日本内視鏡外科学会
  • アルコール多飲者の嘔吐による食道破裂の2例
    金丸 理人, 細谷 好則, 小松原 利英, 森 和亮, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 斉藤 心, 瑞木 亨, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 2014年10月 日本臨床外科学会
  • 中部胆管癌に対する肝外胆管切除術の適応
    松本 志郎, 佐田 尚宏, 兼田 裕司, 三木 厚, 石黒 保直, 黒河内 顕, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 2014年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 食道バイパス術後に挙上胃管壊死をきたし遊離空腸再建術を行った食道癌CRT後の症例
    春田 英律, 細谷 好則, 金丸 理人, 安部 望, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 瑞木 亨, 斎藤 心, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2014年07月 (NPO)日本食道学会
  • 化学放射線・陽子線治療後にサルベージ手術を行った頸部食道癌の一例
    松本 志郎, 細谷 好則, 金丸 理人, 安部 望, 倉科 憲太郎, 藤井 博文, 西野 宏, 安田 是和
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2014年07月 (NPO)日本食道学会
  • 当院における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の成績と課題
    春田 英律, 細谷 好則, 石橋 俊, 瑞木 亨, 斎藤 心, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 安部 望, 金丸 理人, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 2014年07月 日本肥満症治療学会
  • 胃切除術後6年目に発症した脚気ニューロパチー、衝心脚気の1例
    春田 英律, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 瑞木 亨, 松本 志郎, 金丸 理人, 佐田 尚宏, 安田 是和
    静脈経腸栄養 2014年01月 (株)ジェフコーポレーション
  • 虫垂炎術後40年を経過して発症したSchloffer腫瘍の1例
    松本 志郎, 小泉 大, 高橋 大二郎, 佐田友 藍, 木口 英子, 近藤 泰雄
    日本臨床外科学会雑誌 2013年10月 日本臨床外科学会
  • 胆嚢穿孔を伴わない鈍的外傷性胆嚢出血の1例
    高橋 大二郎, 小泉 大, 松本 志郎, 近藤 泰雄
    日本臨床外科学会雑誌 2013年10月 日本臨床外科学会
  • 小泉 大, 高橋 大二郎, 松本 志郎, 高岡 良成, 大橋 明, 木口 英子, 佐田 尚宏, 近藤 泰雄
    胆道 2013年08月 日本胆道学会
  • 食道癌肉腫手術症例の検討
    瑞木 亨, 細谷 好則, 齋藤 心, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 春田 英律, 松本 志郎, 佐田 尚宏, 安田 是和, 福島 敬宜
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2013年06月 (NPO)日本食道学会
  • 当院における腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の成績
    春田 英律, 細谷 好則, 石橋 俊, 多賀谷 信美, 瑞木 亨, 斎藤 心, 倉科 憲太郎, 松本 志郎, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 2013年06月 日本肥満症治療学会
  • 右肺癌術後再発による気管食道瘻に対して食道バイパス術を行った1例
    安部 望, 細谷 好則, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 瑞木 亨, 安田 是和, 光田 清佳, 遠藤 哲哉, 遠藤 俊
    日本臨床外科学会雑誌 2013年06月 日本臨床外科学会
  • 宇井 崇, 細谷 好則, 藤井 博文, 瑞木 亨, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 春田 英律, 松本 志郎, 安田 是和
    日本外科学会雑誌 2013年03月 (一社)日本外科学会
  • 大学病院におけるPEGの適応と合併症
    倉科 憲太郎, 春田 英律, 平嶋 勇希, 瑞木 亨, 宇井 崇, 齋藤 心, 横山 卓, 松本 志郎, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 安田 是和
    Gastroenterological Endoscopy 2012年09月 (一社)日本消化器内視鏡学会
  • 食道癌に対する集学的治療の進歩 進行胸部食道癌における術前化学療法(DCF療法、FP療法)の長期成績の比較
    宇井 崇, 細谷 好則, 長瀬 通隆, 藤井 博文, 瑞木 亨, 倉科 憲太郎, 春田 英律, 斎藤 心, 松本 志郎, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 2012年07月 (一社)日本消化器外科学会
  • 局所高度進行食道癌における導入化学療法(DCF療法)の有効性と安全性
    宇井 崇, 細谷 好則, 藤井 博文, 長瀬 通隆, 瑞木 亨, 倉科 憲太郎, 春田 英律, 斎藤 心, 松本 志郎, 安田 是和
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2012年06月 (NPO)日本食道学会
  • 外科的摘出を施行した大型有鉤義歯誤飲の3例
    目黒 由行, 瑞木 亨, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 斉藤 心, 平島 勇希, 細谷 好則, 安田 是和
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2012年06月 (NPO)日本食道学会
  • 二期的再建術を施行した胸部食道癌の5例
    瑞木 亨, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 宇井 崇, 春田 英律, 齋藤 心, 松本 志郎, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2012年06月 (NPO)日本食道学会
  • 難治性気管食道瘻に対して前腕遊離皮弁を用いて閉鎖した神経性食思不振症の一例
    春田 英律, 細谷 好則, 須永 中, 西野 宏, 倉科 憲太郎, 瑞木 亨, 宇井 崇, 松本 志郎, 菅原 康志, 安田 是和
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2012年06月 (NPO)日本食道学会
  • 右肺癌術後再発による気管食道瘻に対して食道バイパス術を行った1例
    松本 志郎, 細谷 好則, 阿部 望, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 瑞木 亨, 安田 是和, 光田 清佳, 遠藤 哲哉, 遠藤 俊輔
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 2012年06月 (NPO)日本食道学会
  • 松本 志郎, 佐田 尚宏, 伊藤 誉, 森本 光昭, 遠藤 和洋, 小泉 大, 安田 是和, 福嶋 敬宜
    膵臓 2012年05月 日本膵臓学会
  • Median sternotomy + modified trap-door thoracotomyで切除しえた左肺上葉肺癌の1例
    藤城 泰麿, 遠藤 哲哉, 皆方 大祐, 下平 健太郎, 松本 志郎, 光田 清佳, 金井 義彦, 山本 真一, 長谷川 剛, 遠藤 俊輔
    肺癌 2012年04月 (NPO)日本肺癌学会
  • 宇井 崇, 細谷 好則, 長瀬 道隆, 藤井 博文, 瑞木 亨, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 松本 志郎, 安田 是和
    日本外科学会雑誌 2012年03月 (一社)日本外科学会
  • 膵胃吻合法を用いた幽門輪温存膵頭十二指腸切除術後に発生した胃癌の1切除例
    佐渡 和也, 小泉 大, 松本 志郎, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 2012年03月 日本臨床外科学会
  • 小膵腺房細胞癌の3切除例
    松本 志郎, 小泉 大, 新井 悠介, 佐渡 和也, 森本 光昭, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 2011年10月 日本臨床外科学会
  • 清水 慎一, 重戸 伸幸, 佐竹 哲典, 松本 志郎
    Gastroenterological Endoscopy 2004年08月 (一社)日本消化器内視鏡学会
     
    症例1は28歳男性で,針を飲み込んだ.症例2は53歳男で,釘を誤嚥した.両症例に内視鏡的摘出術を施行した.ロングオーバーチューブを内視鏡に装着し,透視ガイド下に鰐口把持鉗子を用いて異物を把持して,胃内まで進めたロングオーバーチューブ内に異物を収納し摘出した.ロングオーバーチューブ法は鋭利端のある異物や大きな異物を摘出する際に粘膜損傷なく容易に摘出することができ,極めて有用であると考えられた
  • 肝細胞癌に対する全身Low-dose FP療法施行例の検討
    松本 志郎, 志摩 泰生, 堀見 忠司, 西岡 豊, 岡林 孝弘, 濱田 円, 渋谷 祐一, 尾崎 和秀, 櫻間 一史, 西江 学
    日本臨床外科学会雑誌 2004年08月 日本臨床外科学会
  • 高度進行胃癌に化学療法施行後,切除術を施行した症例の検討
    櫻間 一史, 志摩 泰生, 濱田 円, 堀見 忠司, 西岡 豊, 尾崎 和秀, 岡林 孝弘, 渋谷 祐一, 西江 学, 松本 志郎
    日本臨床外科学会雑誌 2004年08月 日本臨床外科学会
  • 血液透析中の肺癌患者にVATS lobectomyを施行した1例
    渋谷 祐一, 岡林 孝弘, 堀見 忠司, 西岡 豊, 濱田 円, 志摩 泰生, 藤澤 憲司, 尾崎 和秀, 西江 学, 櫻間 一史, 松本 志郎, 西村 誠明
    腎と透析 2004年05月 (株)東京医学社
     
    73歳女.胃癌で幽門側胃切除術,乳癌で乳房切断術の既往がある.慢性腎不全で血液透析導入となった.定期検査の胸部X線写真で右肺異常陰影を指摘された.胸部X線写真で右下肺野に結節影を認め,CT検査で右肺下葉S9の末梢に1.5cm大の結節影を認め,ノッチを伴った.経気管支的擦過細胞診と気管支洗浄液細胞診はClassIIであった.画像上肺癌を疑い,手術を施行した.右肺下葉S9に結節を認め,穿刺吸引細胞診を行いClass Vで肺癌と診断した.左肺下葉切除術,リンパ節郭清を胸腔鏡補助下に施行した.術後5日目に胸水貯留を認めたが,透析を行うことで改善した.食事摂取が不良で,9日間カリウムフリーの高カロリー輸液を行い術後22日目に退院となった.現在術後10ヵ月であるが,再発なく生存中である
  • 岡林 孝弘, 渋谷 祐一, 櫻間 一史, 西江 学, 松本 志郎, 荒木 雅史, 白木 淳
    肺癌 2003年10月 (NPO)日本肺癌学会

MISC

  • 細谷 好則, 春田 英律, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 岡田 健太, 海老原 健, 石橋 俊, 矢田 俊彦, 北山 丈二, 佐田 尚宏 肥満研究 24 (Suppl.) 215 -215 2018年09月
  • 腹腔鏡下直腸切断術を施行した直腸肛門部悪性黒色腫の1例
    澁澤 公行, 久保田 和, 松本 志郎, 佐久間 和也, 高橋 修平, 鈴木 忍, 山口 悦男 群馬医学 (106) 71 -74 2017年12月 
    81歳女性。大腸癌検診にて便潜血反応陽性を指摘され、精査目的に当院へ紹介となった。大腸内視鏡では肛門管に黒色の隆起性結節を認め、腰椎麻酔下で結節の切除生検を行い、病理組織学的に直腸肛門部悪性黒色腫と診断された。以後、腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術、D2郭清を施行し、左側にS状結腸の人工肛門を作製した。術後経過は良好で、再発や転移はみられていない。
  • 倉科 憲太郎, 春田 英律, 細谷 好則, 齋藤 心, 松本 志郎, 宇井 崇, 安部 望, 金丸 理人, Lefor Alan, 佐田 尚宏 自治医科大学紀要 38 79 -84 2016年03月 
    1999年より経皮内視鏡的胃瘻造設術(Percutaneous Endoscopic Gastrostomy:PEG)を導入し、2015年3月現在で780症例のPEGを経験した。1999年〜2015年3月に施行されたPEG症例の診療録から、対象疾患・留置したPEGのタイプ・PEG後の早期合併症・造設後の転帰を調査した。対象疾患は悪性腫瘍・脳血管疾患・神経変性疾患が主であった。本学附属病院では当初Push法で導入したが、2007年にIntroducer変法を導入してから手技の移行が見られた。PEG後の早期合併症は出血性合併症と感染性合併症に分けられ、Push/Pull法で感染性合併症が有意に多く、Introducer法では出血性合併症が多い傾向であった。胃瘻造設後30日以内の死亡率は4.0%、経腸栄養目的のPEG症例の1年生存率は68.2%であった。本学附属病院の診療特性上、悪性腫瘍や神経変性疾患に対するPEGが多く見られた。摂食・嚥下障害に対するPEGのほか、悪性腫瘍の治療に伴い必要となる経腸栄養路の確保を目的とするPEGにも意義があると考えている。造設時の合併症率や造設後早期死亡の可能性について、インフォームドコンセントに際して十分に情報提供を行う必要があると考えられた。(著者抄録)
  • 松本 志郎, 細谷 好則, 安部 望, 倉科 憲太郎, 河田 浩敏, 佐田 尚宏 臨床外科 70 (13) 1545 -1549 2015年12月 [査読有り]
     
    スキルス胃癌は,内視鏡生検で癌を証明できず,診断に難渋することがある.症例は67歳,女性.内視鏡で,前庭部全周性に粘膜浮腫を認め強い狭搾を呈するが,ボーリングバイオプシーを含む多数の生検ですべて悪性所見はなかった.造影MRIにて前庭部壁肥厚がみられ,拡散強調画像で高信号を呈した.審査腹腔鏡で胃前庭部は著明な壁肥厚を認めた.腹腔鏡下に胃壁の針生検を行い,低分化腺癌の診断が得られ,胃全摘術を行った.摘出標本では粘膜面には癌の露出は認めなかった.内視鏡生検で診断が困難なスキルス胃癌に対して,MRIが補助診断として有効であり,腹腔鏡下胃壁生検で診断することができた.(著者抄録)
  • 高橋 大二郎, 小泉 大, 松本 志郎, 木口 英子 日本臨床外科学会雑誌 76 (11) 2788 -2793 2015年11月 [査読有り]
     
    症例は55歳,女性.受診前日に腹部を蹴られ,腹痛が出現した.翌日になっても改善しないため当院救急外来を受診した.腹部CT検査で胆嚢内に造影剤の漏出を認め,外傷性の胆嚢出血と診断した.胆嚢穿孔や他臓器損傷を認めなかったため,保存的治療を選択した.しかし,遅発性の胆嚢炎を発症し,入院後第6病日に開腹胆嚢摘出術を施行した.術後経過は良好で術後第6病日に退院した.腹部鈍的外傷による穿孔のない胆嚢出血は稀な病態であり報告例は稀である.報告例では,治療は多くの症例で手術が行われていたが,最近では保存的治療の報告も散見される.しかし,本症例のように血腫による遅発性胆嚢炎や胆道閉塞をきたす可能性があり,常に手術治療に移行できる準備をして経過観察することが必要である.胆嚢穿孔を伴わない鈍的外傷性胆嚢出血の1例を経験したので報告する.(著者抄録)
  • 松本 志郎, 小泉 大, 高橋 大二郎, 佐田友 藍, 木口 英子, 近藤 泰雄 外科 77 (9) 1073 -1077 2015年09月 [査読有り]
     
    53歳女。13歳時に虫垂切除術の既往があった。今回、右下腹部痛が出現し、前医にて腹壁の肉芽腫性病変を伴う慢性炎症と診断され当院紹介となった。初診時、右下腹部の虫垂炎の手術瘢痕部に一致して、軽度の圧痛を有する5cm大の腫瘤を認め、腹部CTでは右腹直筋の外縁、内外腹斜筋、腹横筋の移行部に腫瘤を認めた。Schloffer腫瘍と診断して腹壁腫瘍切除術を施行し、腫瘤は3.5cmの膿瘍と肉芽組織を伴う瘢痕組織で、病理診断は縫合糸によるSchloffer腫瘍であった。術後経過は良好で、第12病日に退院となった。
  • 宇井 崇, 細谷 好則, 藤井 博文, 瑞木 亨, 倉科 憲太郎, 斎藤 心, 春田 英律, 松本 志郎, 安田 是和 日本外科学会雑誌 114 (2) 114 -114 2013年03月
  • 松本 志郎, 志摩 泰生, 西岡 豊, 堀見 忠司, 尾崎 和秀, 渋谷 祐一, 濱田 円, 岡林 孝弘, 森田 荘二郎 高知医療センター医学雑誌 2 (1) 35 -40 2007年11月 [査読有り]
     
    症例は72歳の男性で主訴は嘔気。腹部超音波、CTで胆嚢結石と胆嚢に接する嚢胞状の病変を認めた。ERCP、MRCPでは嚢胞状の病変と総胆管の交通を認め、胆嚢結石および重複胆嚢と診断した。胆嚢管の走行および後区域胆管の走行がはっきりせず、開腹にて手術を行った。開腹すると胆嚢頸部に嚢胞性病変を認め、胆嚢とともに摘出した。嚢胞と胆嚢管は共通の胆嚢管を有していた。胆嚢、嚢胞ともに胆嚢粘膜と明瞭な固有筋層を有しており、病理学的に胆嚢の構造を呈していた。Boyden分類Y型、Gross分類A型の重複胆嚢と最終診断された。重複胆嚢は4000〜5000人に一人といわれており稀な疾患で、本邦では自験例を含め79例の報告があり、これらについて検討した。本症では、無症状の場合手術適応はないが、胆嚢結石、胆嚢炎を呈する場合、手術適応となる。(著者抄録)

受賞

  • 2017年12月 日本内視鏡外科学会 ePostet Award
     小児GISTに対し、非穿孔式内視鏡的胃壁内反切除術を行った一例 
    受賞者: 松本志郎


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.