詳細検索はこちら

山本 大介 ヤマモト ダイスケ

所属部署名感染・免疫学講座医動物学部門
職名講師ホームページURL

プロフィール

研究キーワード

    トランスジェニック, ゲノム編集, 唾液腺, 減数分裂, 性決定, 発生生物学, 分子昆虫学, 媒介蚊制御, ハマダラカ, マラリア, 生殖, Hymenoptera, Vector Biology

研究分野

  • 境界農学 / 昆虫科学
  • 生物科学 / 発生生物学
  • 基礎医学 / 寄生虫学(含衛生動物学)

経歴

  • 2010年09月
    -
    2017年03月
    自治医科大学 感染・免疫学講座 医動物学部門(助教)
  • 2008年04月
    -
    2010年08月
    自治医科大学 感染・免疫学講座 医動物学部門(ポストドクター)
  • 2005年07月
    -
    2008年03月
    独立行政法人 農業生物資源研究所(特別研究員(ポスドク))
  • 2005年04月
    -
    2005年06月
    独立行政法人 農業生物資源研究所(非常勤職員(ポスドク))
  • 2017年04月
    -
    現在
    自治医科大学 感染・免疫学講座 医動物学部門 講師

学歴

  • 2002年04月
    -
    2005年03月
    神戸大学大学院 自然科学研究科 生命科学専攻(博士後期課程)
  • 2000年04月
    -
    2002年03月
    神戸大学大学院 自然科学研究科 生物学専攻(博士前期課程)
  • 1996年04月
    -
    2000年03月
    神戸大学 理学部 生物学科

所属学協会

  • 日本動物学会
  • 日本節足動物発生学会
  • 日本応用動物昆虫学会
  • 日本衛生動物学会
  • 日本寄生虫学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本動物学会
  • 日本節足動物発生学会
  • 日本応用動物昆虫学会
  • 日本衛生動物学会
  • 日本寄生虫学会

委員歴

  • 2012年06月
    -
    現在
    日本節足動物発生学会 庶務幹事
  • 2012年06月
    -
    現在
    日本節足動物発生学会 編集委員
  • 2016年12月
    -
    現在
    全国大学等遺伝子研究支援施設連絡協議会 Gene Drive ワーキンググループメンバー
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2012年06月
    -
    現在
    日本節足動物発生学会 庶務幹事
  • 2012年06月
    -
    現在
    日本節足動物発生学会 編集委員
  • 2016年12月
    -
    現在
    全国大学等遺伝子研究支援施設連絡協議会 Gene Drive ワーキンググループメンバー

学位

  • 理学博士

研究活動

論文

  • Inhibition of Malaria Infection in Transgenic Anopheline Mosquitoes Lacking Salivary Gland Cells.
    Yamamoto DS, Sumitani M, Kasashima K, Sezutsu H, Matsuoka H
    PLoS Pathogens 12(9) e1005872 2016年09月
  • Larvicidal and ovipositional preference test of copper solution for mosquitoes.
    Reza M, Yamamoto DS, Matsuoka H
    Medical Entomology and Zoology 65(3) 147-150 2014年09月
  • Visualization and live imaging analysis of a mosquito saliva protein in host animal skin using a transgenic mosquito with a secreted luciferase reporter system.
    Yamamoto DS, Yokomine T, Sumitani M, Yagi K, Matsuoka H, Yoshida S
    Insect molecular biology 22 685-693 2013年12月
  • Artificial activation of mature unfertilized eggs in the malaria vector mosquito, Anopheles stephensi (Diptera, Culicidae).
    Yamamoto DS, Hatakeyama M, Matsuoka H
    The Journal of experimental biology 216 2960-2966 2013年08月
  • Laboratory testing of larvivorous fish Japanese medaka (Oryzias latipes) predation ability to copper-treated Anopheles stephensi larvae: An alternative method for vector control under low concentration of copper.
    Reza M, Yamamoto DS, Matsuoka H
    Medical Entomology and Zoology 64(2) 67-71 2013年06月
  • Reduction of malaria transmission by transgenic mosquitoes expressing an antisporozoite antibody in their salivary glands.
    Sumitani M, Kasashima K, Yamamoto DS, Yagi K, Yuda M, Matsuoka H, Yoshida S
    Insect molecular biology 22 41-51 2013年02月
  • Protective efficacy of baculovirus dual expression system vaccine expressing Plasmodium falciparum circumsporozoite protein.
    Iyori M, Nakaya H, Inagaki K, Pichyangkul S, Yamamoto DS, Kawasaki M, Kwak K, Mizukoshi M, Goto Y, Matsuoka H, Matsumoto M, Yoshida S
    PloS one 8 e70819 2013年
  • Low-concentration copper solution jeopardizes larval movement and ability to survive predation: New insight into malaria eradication via vector control.
    Reza M, Yamamoto DS, Matsuoka H
    Medical Entomology and Zoology 63(3) 217-222 2012年09月
  • One Injection of DsRed Followed by Bites from Transgenic Mosquitoes Producing DsRed in the Saliva Elicits a High Titer of Antibody in Mice.
    Matsuoka H, Sano G, Hattori R, Tomita H, Yamamoto DS, Hirai M
    Tropical medicine and health 40 47-52 2012年06月
  • Induction of antisporozoite antibodies by biting of transgenic Anopheles stephensi delivering malarial antigen via blood feeding.
    Yamamoto DS, Sumitani M, Nagumo H, Yoshida S, Matsuoka H
    Insect molecular biology 21 223-233 2012年
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Inhibition of Malaria Infection in Transgenic Anopheline Mosquitoes Lacking Salivary Gland Cells.
    Yamamoto DS, Sumitani M, Kasashima K, Sezutsu H, Matsuoka H
    PLoS Pathogens 12(9) e1005872 2016年09月
  • Larvicidal and ovipositional preference test of copper solution for mosquitoes.
    Reza M, Yamamoto DS, Matsuoka H
    Medical Entomology and Zoology 65(3) 147-150 2014年09月
  • Visualization and live imaging analysis of a mosquito saliva protein in host animal skin using a transgenic mosquito with a secreted luciferase reporter system.
    Yamamoto DS, Yokomine T, Sumitani M, Yagi K, Matsuoka H, Yoshida S
    Insect molecular biology 22 685-693 2013年12月
  • Artificial activation of mature unfertilized eggs in the malaria vector mosquito, Anopheles stephensi (Diptera, Culicidae).
    Yamamoto DS, Hatakeyama M, Matsuoka H
    The Journal of experimental biology 216 2960-2966 2013年08月
  • Laboratory testing of larvivorous fish Japanese medaka (Oryzias latipes) predation ability to copper-treated Anopheles stephensi larvae: An alternative method for vector control under low concentration of copper.
    Reza M, Yamamoto DS, Matsuoka H
    Medical Entomology and Zoology 64(2) 67-71 2013年06月
  • Reduction of malaria transmission by transgenic mosquitoes expressing an antisporozoite antibody in their salivary glands.
    Sumitani M, Kasashima K, Yamamoto DS, Yagi K, Yuda M, Matsuoka H, Yoshida S
    Insect molecular biology 22 41-51 2013年02月
  • Protective efficacy of baculovirus dual expression system vaccine expressing Plasmodium falciparum circumsporozoite protein.
    Iyori M, Nakaya H, Inagaki K, Pichyangkul S, Yamamoto DS, Kawasaki M, Kwak K, Mizukoshi M, Goto Y, Matsuoka H, Matsumoto M, Yoshida S
    PloS one 8 e70819 2013年
  • Low-concentration copper solution jeopardizes larval movement and ability to survive predation: New insight into malaria eradication via vector control.
    Reza M, Yamamoto DS, Matsuoka H
    Medical Entomology and Zoology 63(3) 217-222 2012年09月
  • One Injection of DsRed Followed by Bites from Transgenic Mosquitoes Producing DsRed in the Saliva Elicits a High Titer of Antibody in Mice.
    Matsuoka H, Sano G, Hattori R, Tomita H, Yamamoto DS, Hirai M
    Tropical medicine and health 40 47-52 2012年06月
  • Induction of antisporozoite antibodies by biting of transgenic Anopheles stephensi delivering malarial antigen via blood feeding.
    Yamamoto DS, Sumitani M, Nagumo H, Yoshida S, Matsuoka H
    Insect molecular biology 21 223-233 2012年
  • Flying vaccinator; a transgenic mosquito delivers a Leishmania vaccine via blood feeding.
    Yamamoto DS, Nagumo H, Yoshida S
    Insect molecular biology 19 391-398 2010年06月
  • The Sawfly, Athalia rosae ruficornis (Hymenoptera) as a Model Insect for Developmental and Reproductive Biology: What Has Been Done and What Should Be Done?
    Hatakeyama, M, Sumitani, M, Yamamoto, DS, Lee, JM, Oka, K
    Proceedings of Arthropodan Embryological Society of Japan 44 1-12 2009年09月
  • Involvement of Mos-MEK-MAPK pathway in cytostatic factor (CSF) arrest in eggs of the parthenogenetic insect, Athalia rosae.
    Yamamoto DS, Tachibana K, Sumitani M, Lee JM, Hatakeyama M
    Mechanisms of development 125 996-1008 2008年11月
  • Isolation of white gene orthologue of the sawfly, Athalia rosae (Hymenoptera) and its functional analysis using RNA interference.
    Sumitani M, Yamamoto DS, Lee JM, Hatakeyama M
    Insect biochemistry and molecular biology 35 231-240 2005年03月
  • Cloning of a decapentaplegic orthologue from the sawfly, Athalia rosae (Hymenoptera), and its expression in the embryonic appendages.
    Yamamoto DS, Sumitani M, Tojo K, Lee JM, Hatakeyama M
    Development genes and evolution 214 128-133 2004年03月
  • Germline transformation of the sawfly, Athalia rosae (Hymenoptera: Symphyta), mediated by a piggyBac-derived vector.
    Sumitani M, Yamamoto DS, Oishi K, Lee JM, Hatakeyama M
    Insect biochemistry and molecular biology 33 449-458 2003年04月
  • Detection of a single copy gene on a mitotic metaphase chromosome by fluorescence in situ hybridization (FISH) in the sawfly, Athalia rosae (Hymenoptera).
    Matsumoto K, Yamamoto DS, Sumitani M, Lee JM, Hatakeyama M, Oishi K
    Archives of insect biochemistry and physiology 49 34-40 2002年01月

MISC

  • カブラハバチの遺伝子組換えの現状と今後の展望 : 遺伝子機能解析ツールとしての利用
    畠山 正統, 炭谷 めぐみ, 山本 大介, 李 載ミン, 岡 和希
    蚕糸・昆虫バイオテック 75(3) 167-173 2006年12月
  • 病原体媒介節足動物のバイオロジー 遺伝子改変技術を利用したハマダラカ唾液腺の研究
    山本大介
    医学のあゆみ 259(12/13) 1205‐1210 2016年12月
  • マウスBax遺伝子を用いたカイコにおける細胞死誘導法の開発
    炭谷めぐみ, 櫻井健志, 山本大介, 笠嶋克巳, 神崎亮平, 瀬筒秀樹
    日本蚕糸学会大会・蚕糸・昆虫機能学術講演会講演要旨集 85th 49 2015年09月
  • 「ゲノム編集:昆虫分子生物学を塗り替える革新的技術」ハエ目(双翅目)におけるゲノム編集研究
    山本大介
    蚕糸・昆虫バイオテック 86(2) 105‐114 2017年08月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • カブラハバチの遺伝子組換えの現状と今後の展望 : 遺伝子機能解析ツールとしての利用
    畠山 正統, 炭谷 めぐみ, 山本 大介, 李 載ミン, 岡 和希
    蚕糸・昆虫バイオテック 75(3) 167-173 2006年12月
  • 病原体媒介節足動物のバイオロジー 遺伝子改変技術を利用したハマダラカ唾液腺の研究
    山本大介
    医学のあゆみ 259(12/13) 1205‐1210 2016年12月
  • マウスBax遺伝子を用いたカイコにおける細胞死誘導法の開発
    炭谷めぐみ, 櫻井健志, 山本大介, 笠嶋克巳, 神崎亮平, 瀬筒秀樹
    日本蚕糸学会大会・蚕糸・昆虫機能学術講演会講演要旨集 85th 49 2015年09月
  • 「ゲノム編集:昆虫分子生物学を塗り替える革新的技術」ハエ目(双翅目)におけるゲノム編集研究
    山本大介
    蚕糸・昆虫バイオテック 86(2) 105‐114 2017年08月

講演・口頭発表

  • Adaptation to an inducible tissue-specific cell death system in the malaria vector, Anopheles stephensi: A case of the salivary gland
    Daisuke S. Yamamoto, Megumi Sumitani, Katsumi Kasashima, Hideki Sezutsu, Hiroyuki Matsuoka
    XXV International Congress of Entomology (ICE) 2016年09月25日
  • ゲノム編集技術を利用したハマダラカにおけるマラリア寄生関連遺伝子の解析
    山本大介
    第87回日本動物学会大会 2016年11月17日
  • Conservation of Mos/MAPK signaling pathway during insect oocyte maturation: a case study in the silkworm, Bombyx mori.
    Megumi Sumitani, Daisuke S. Yamamoto, Hideki Sezutsu, Masatsugu Hatakeyama
    XXV International Congress of Entomology (ICE) 2016年09月29日
  • 細胞死誘導系を利用したハマダラカにおける唾液腺機能解析
    山本大介・炭谷めぐみ・笠嶋克巳・瀬筒秀樹・松岡裕之
    第52回日本節足動物発生学会 2016年06月
  • 唾液腺細胞で細胞死を誘導したハマダラカにおけるマラリア感染解析
    山本大介・炭谷めぐみ・笠嶋克巳・瀬筒秀樹・松岡裕之
    第68回日本衛生動物学会大会 2016年04月
  • Analysis of the salivary gland function of anopheline mosquito using transgenesis.
    Daisuke S. Yamamoto
    2nd Tokyo Vector Encounter 2016年03月02日
  • ハマダラカにおけるTALEN法を利用したkmo遺伝子ノックアウト
    山本大介・炭谷めぐみ・畠山正統・松岡裕之
    第67回日本衛生動物学会大会 2015年03月
  • ハマダラカ卵の人為的付活法確立への取り組み
    山本大介・畠山正統・松岡裕之
    昆虫ワークショップ2011東北 2011年10月
  • ハマダラカ唾液腺における遺伝子発現制御システムの有用性
    山本大介
    第19回病害動物の生理分子生物談話会 2011年04月
  • Stable germline transformation of the Hymenopteran insect, Athalia rosae with the piggyBac transposon vector.
    Hatakeyama M, Sumitani M, Lee JM, Yamamoto DS, Oishi K
    Fourth International Workshop on Transgenesis and Genomics of Invertebrate Organisms 2003年
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • Adaptation to an inducible tissue-specific cell death system in the malaria vector, Anopheles stephensi: A case of the salivary gland
    Daisuke S. Yamamoto, Megumi Sumitani, Katsumi Kasashima, Hideki Sezutsu, Hiroyuki Matsuoka
    XXV International Congress of Entomology (ICE) 2016年09月25日
  • ゲノム編集技術を利用したハマダラカにおけるマラリア寄生関連遺伝子の解析
    山本大介
    第87回日本動物学会大会 2016年11月17日
  • Conservation of Mos/MAPK signaling pathway during insect oocyte maturation: a case study in the silkworm, Bombyx mori.
    Megumi Sumitani, Daisuke S. Yamamoto, Hideki Sezutsu, Masatsugu Hatakeyama
    XXV International Congress of Entomology (ICE) 2016年09月29日
  • 細胞死誘導系を利用したハマダラカにおける唾液腺機能解析
    山本大介・炭谷めぐみ・笠嶋克巳・瀬筒秀樹・松岡裕之
    第52回日本節足動物発生学会 2016年06月
  • 唾液腺細胞で細胞死を誘導したハマダラカにおけるマラリア感染解析
    山本大介・炭谷めぐみ・笠嶋克巳・瀬筒秀樹・松岡裕之
    第68回日本衛生動物学会大会 2016年04月
  • Analysis of the salivary gland function of anopheline mosquito using transgenesis.
    Daisuke S. Yamamoto
    2nd Tokyo Vector Encounter 2016年03月02日
  • ハマダラカにおけるTALEN法を利用したkmo遺伝子ノックアウト
    山本大介・炭谷めぐみ・畠山正統・松岡裕之
    第67回日本衛生動物学会大会 2015年03月
  • ハマダラカ卵の人為的付活法確立への取り組み
    山本大介・畠山正統・松岡裕之
    昆虫ワークショップ2011東北 2011年10月
  • ハマダラカ唾液腺における遺伝子発現制御システムの有用性
    山本大介
    第19回病害動物の生理分子生物談話会 2011年04月
  • Stable germline transformation of the Hymenopteran insect, Athalia rosae with the piggyBac transposon vector.
    Hatakeyama M, Sumitani M, Lee JM, Yamamoto DS, Oishi K
    Fourth International Workshop on Transgenesis and Genomics of Invertebrate Organisms 2003年
  • ステフェンスハマダラカにおける成熟未受精卵の人為的賦活
    山本大介・畠山正統・松岡裕之
    第47回日本節足動物発生学会大会 2011年06月
  • 膜翅目昆虫カブラハバチの卵における減数分裂停止制御機構の細胞学的解析
    山本大介・李載旼・立花和則・畠山正統
    第78回日本動物学会大会 2007年09月
  • カブラハバチにおける CSF機能の細胞学的解析
    山本大介・李載旼・畠山正統
    第43回日本節足動物発生学会大会 2007年07月
  • 膜翅目昆虫カブラハバチの卵減数分裂周期におけるMos-MEK-MAPK経路の機能解析
    山本大介・李載旼・立花和則・畠山正統
    第77回日本動物学会大会 2006年09月
  • カブラハバチの卵減数分裂におけるMos-MEK-MAPK経路活性化様式の解析
    山本大介・李載旼・立花和則・畠山正統
    第76回日本動物学会大会 2005年10月
  • カブラハバチ卵成熟過程におけるMosの機能
    山本大介・李載旼・立花和則・畠山正統
    第75回日本動物学会大会 2004年09月
  • カブラハバチc-mos遺伝子の同定と発現解析
    山本大介・李載旼・畠山正統
    第40回日本節足動物発生学会大会 2004年06月
  • カブラハバチ卵減数分裂における第一減数分裂中期制御機構の解析
    山本大介・李載旼・立花和則・畠山正統
    第74回日本動物学会大会 2003年09月
  • カブラハバチ(膜翅目)の胚発生におけるdpp 遺伝子の解析
    山本大介・李載旼・畠山正統・大石陸生
    第38回日本節足動物発生学会大会 2002年07月
  • カブラハバチ初期胚におけるdecapentaplegic遺伝子ホモログの機能
    山本大介・炭谷めぐみ・李載旼・畠山正統・大石陸生
    第72回日本動物学会大会 2001年10月
  • decapentaplegic遺伝子の局所的発現によって起こるカブラハバチ初期胚の異常
    山本大介・李載旼・畠山正統・大石陸生
    第37回日本節足動物発生学会大会 2001年06月
  • カブラハバチdecapentaplegicホモログcDNAのクローニング
    山本大介・李載旼・畠山正統・大石陸生
    第72回日本遺伝学会大会 2000年11月
  • カブラハバチにおけるdecapentaplegic cDNAの構造解析
    山本大介・李載旼・畠山正統・大石陸生
    日本節足動物発生学会第36回大会 2000年06月
  • 精巣における細胞死誘導系を導入したハマダラカの解析
    山本大介・炭谷めぐみ・笠嶋克巳・瀬筒秀樹・松岡裕之・加藤大智
    第69回日本衛生動物学会大会 2017年04月
  • ハマダラカにおけるマウスBax 遺伝子を用いた細胞死誘導系:不妊化技術への応用例
    山本大介・炭谷めぐみ・笠嶋克巳・瀬筒秀樹・松岡裕之・加藤大智
    第61回日本応用動物昆虫学会大会 2017年03月
  • kmo遺伝子欠損ハマダラカ系統におけるマラリア感染性
    山本大介・炭谷めぐみ・畠山正統・松岡裕之
    第85回日本寄生虫学会大会 2016年03月
  • 唾液成分が微量な遺伝子組換えハマダラカの作製
    山本大介・炭谷めぐみ・笠嶋克巳・瀬筒秀樹・松岡裕之
    第84回日本寄生虫学会大会 2015年03月
  • ハマダラカ未受精卵の低張処理による人為的付活
    山本大介・畠山正統・松岡裕之
    第84回日本動物学会大会 2013年09月
  • 唾液腺での抗菌ペプチド遺伝子過剰発現によるハマダラカへのマラリア原虫寄生への影響について
    山本大介・渡辺尚樹・炭谷めぐみ・鈴木高史・松岡裕之
    第49回日本節足動物発生学会大会 2013年06月
  • ツェツェバエ由来Defensinを発現するトランスジェニックハマダラカにおけるマラリア原虫感染の解析
    渡辺尚樹・山本大介・炭谷めぐみ・鈴木高史・松岡裕之
    第57回日本応用動物昆虫学会大会 2013年03月
  • ハマダラカにおける人為的卵付活技術開発の研究〜人工授精法開発へ向けた取り組み〜
    山本大介・畠山正統・松岡裕之
    第72回日本寄生虫学会東日本支部大会、第10回分子寄生虫・マラリア研究フォーラム合同大会 2012年10月
  • 分泌型ルシフェラーゼ融合AAPPタンパク質を発現する遺伝子組換えハマダラカ
    山本大介・横峰隆志・八木馨太・松岡裕之・吉田栄人
    第81回日本寄生虫学会大会 2012年03月
  • マラリアワクチン候補抗原を媒介する遺伝子組換えハマダラカの作製
    山本大介・炭谷めぐみ・吉田栄人・松岡裕之
    第55回日本応用動物昆虫学会大会 2011年03月
  • ワクチン候補抗原を吸血時に媒介する遺伝子組換え蚊
    山本大介・南雲浩志・吉田栄人
    第54回日本応用動物昆虫学会大会 2010年03月
  • 遺伝子組換えハマダラカにおける導入遺伝子産物を唾液成分として発現させるシステム
    山本大介・南雲浩志・吉田栄人
    第53回日本応用動物昆虫学会大会 2009年03月
  • Involvement of Mos-MEK-MAPK pathway in MI arrest of the sawfly, Athalia rosae
    Hatakeyama M, Yamamoto DS, Tachibana K
    International Workshop “Oocyte Maturation and the Cell Cycle” 2008年03月
  • 細胞死誘導法によるハマダラカの雄不妊化の効果
    山本大介・炭谷めぐみ・笠嶋克巳・瀬筒秀樹・松岡裕之・加藤大智
    第53回日本節足動物発生学会 2017年05月
  • 病原体媒介蚊におけるゲノム編集研究の状況 ー遺伝子解析から Gene Drive 技術までー
    山本大介
    第9回 遺伝子組換え実験安全研修会(主催:全国大学等遺伝子研究支援施設連絡協議会) 2017年07月29日

受賞

  • 2013年 平成25年度自治医科大学優秀論文賞
  • 2017年 平成29年度自治医科大学優秀論文賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2013年 平成25年度自治医科大学優秀論文賞
  • 2017年 平成29年度自治医科大学優秀論文賞

外部的資金

  • ハマダラカ防除に向けた吸血・消化に関わる遺伝子の解明と制御
    科学研究費助成事業:若手研究(B)
    研究期間 :2016年 - 2018年 代表者 : 山本大介
  • 唾液腺での細胞死誘導系を用いた吸血・マラリア伝播に関わるハマダラカ由来唾液物質の解析
    武田科学振興財団:医学系研究奨励
    研究期間 :2015年 代表者 : 山本大介
  • 唾液腺遺伝子のゲノム編集によるマラリアベクター制御
    日本私立学校振興・共済事業団:学術研究振興基金(若手研究者奨励金)
    研究期間 :2014年 代表者 : 山本大介
  • 細胞死誘導システムを用いた病害虫・有用昆虫の不妊化系統の作出
    科学研究費助成事業:基盤研究(C)
    研究期間 :2017年 - 2019年 代表者 : 笠嶋めぐみ
  • 膜翅目昆虫をモデル系とした昆虫の卵減数分裂周期制御機構の研究
    日本科学協会:笹川科学研究助成
    研究期間 :2004年 代表者 : 山本大介
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • ハマダラカ防除に向けた吸血・消化に関わる遺伝子の解明と制御
    科学研究費助成事業:若手研究(B)
    研究期間 :2016年 - 2018年 代表者 : 山本大介
  • 唾液腺での細胞死誘導系を用いた吸血・マラリア伝播に関わるハマダラカ由来唾液物質の解析
    武田科学振興財団:医学系研究奨励
    研究期間 :2015年 代表者 : 山本大介
  • 唾液腺遺伝子のゲノム編集によるマラリアベクター制御
    日本私立学校振興・共済事業団:学術研究振興基金(若手研究者奨励金)
    研究期間 :2014年 代表者 : 山本大介
  • 細胞死誘導システムを用いた病害虫・有用昆虫の不妊化系統の作出
    科学研究費助成事業:基盤研究(C)
    研究期間 :2017年 - 2019年 代表者 : 笠嶋めぐみ
  • 膜翅目昆虫をモデル系とした昆虫の卵減数分裂周期制御機構の研究
    日本科学協会:笹川科学研究助成
    研究期間 :2004年 代表者 : 山本大介


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.