詳細検索はこちら

早川 枝李 ハヤカワ エリ

所属部署名感染・免疫学講座医動物学部門
職名助教ホームページURL

プロフィール

研究キーワード

    細胞生理, 生体膜、細胞膜, 熱帯熱マラリア, 生物物理, イメージング, 脂質

研究分野

  • 生物科学 / 細胞生物学 / 人工膜、生体膜、脂質
  • 生物科学 / 生物物理学 / イメージング、蛍光測定、一分子測定
  • 基礎医学 / 寄生虫学(含衛生動物学) / マラリア

経歴

  • 2006年
    -
    2010年
    東京女子医科大学国際統合インスティトュート  IREIIMS(特任助教)
  • 2003年
    -
    2006年
    米国立衛生研究所(NIH)アレルギー・感染症研究所(NIAID)(Professional Service contractor)
  • 2000年01月
    -
    2001年12月
    日本学術振興会 海外特別研究員(特別研究員)
  • 1999年
    -
    2001年
    米国衛生研究所(NIAAA, NIAID)(Visiting fellow)

学歴

  • -
    現在
    北海道大学大学院 工学研究科 電子情報工学専攻 博士課程 修了

所属学協会

  • 日本寄生虫学会
  • 日本生物物理学会
  • 日本生化学会
  • 米国生物物理学会
  • 米国細胞生物学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本寄生虫学会
  • 日本生物物理学会
  • 日本生化学会
  • 米国生物物理学会
  • 米国細胞生物学会

学位

  • 工学博士

研究活動

論文

  • Detailed methodology for high resolution scanning electron microscopy (SEM) of murine malaria parasitized-erythrocytes.
    Hayakawa EH, Matsuoka H
    Parasitology International 2016年03月
  • Imaging of the subsurface structures of “unroofed” Plasmodium falciparum-infected erythrocytes
    Eri H. Hayakawa, Fuyuki Tokumasu, Jiro Usukura, Hiroyuki Matsuoka, Takafumi Tsuboi, Thomas E.Wellems
    Experimental parasitology 153 174-179 2015年
  • Physicochemical Aspects of the Plasmodium chabaudi-Infected Erythrocyte
    早川枝李
    BioMed Research International 2015 2015年10月
  • The Effect of Hydrophilic Ionic Liquids 1-Ethyl-3-Methylimidazolium Lactate and Choline Lactate on Lipid Vesicle Fusion
    Eri H. Hayakawa, Eiko Mochizuki, Tetsuya Tsuda, Kazunari Akiyoshi, Hiroyuki Matsuoka, Susumu Kuwabata
    PlosOne 8(12) e85467 2013年12月
  • Comparison of protein behavior between wild-type and G601S hERG in living cells by fluorescence correlation spectroscopy
    Eri H. Hayakawa, Michiko Furutani, Rumiko Matsuoka, Yuichi Takakuwa
    J Physiol Sci 15 2011年05月
  • Altered Membrane Structure and Surface Potentia l in Homozygous Hemoglobin C Erythrocytes
    Fuyuki Tokumasu, Glenn A. Nardone, Graciela R. Ostera, Rick M. Fairhurst, Steven D. Beaudry, Eri Hayakawa, James A. Dvorak
    PlosOne 4(6) e5828 2009年06月
  • A Mycobacterium tuberculosis-Derived Lipid Inhibits Membrane Fusion by Modulating Lipid Membrane Domains
    Eri Hayakawa,Fuyuki Tokumasu,Glenn A. Nardone, Albert J. Jin, Vince A. Hackley,and James A. Dvorak
    Biophysical J. 93 4018-4030 2007年12月
  • Growth-promoting effect of Iron-sulfur proteins on axenic cultures of Entamoeba dispar
    Khalifa S. A. M., Imai E., Kobayashi S., Haghighi A., Hayakawa E. and Takeuchi T
    Parasite 13 51-58 2006年
  • Change of Motion and Localization of Cholesterol Molecule during La-HII Transition
    Eri Hayakawa*, Mutsuo Naganuma, Koichi Mukasa, Tateo Shimozawa, and Tsunehisa Araiso
    Biophys. J. 74 892-898 1998年
  • Altered molecular motion in phospholipid headgroups during La-HII transition induced by cholesterol
    Eri Hayakawa, Tateo Shimozawa, Koichi Mukasa, and Tsunehisa Araiso
    Biomedical Research 18 287-292 1997年
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Detailed methodology for high resolution scanning electron microscopy (SEM) of murine malaria parasitized-erythrocytes.
    Hayakawa EH, Matsuoka H
    Parasitology International 2016年03月
  • Imaging of the subsurface structures of “unroofed” Plasmodium falciparum-infected erythrocytes
    Eri H. Hayakawa, Fuyuki Tokumasu, Jiro Usukura, Hiroyuki Matsuoka, Takafumi Tsuboi, Thomas E.Wellems
    Experimental parasitology 153 174-179 2015年
  • Physicochemical Aspects of the Plasmodium chabaudi-Infected Erythrocyte
    早川枝李
    BioMed Research International 2015 2015年10月
  • The Effect of Hydrophilic Ionic Liquids 1-Ethyl-3-Methylimidazolium Lactate and Choline Lactate on Lipid Vesicle Fusion
    Eri H. Hayakawa, Eiko Mochizuki, Tetsuya Tsuda, Kazunari Akiyoshi, Hiroyuki Matsuoka, Susumu Kuwabata
    PlosOne 8(12) e85467 2013年12月
  • Comparison of protein behavior between wild-type and G601S hERG in living cells by fluorescence correlation spectroscopy
    Eri H. Hayakawa, Michiko Furutani, Rumiko Matsuoka, Yuichi Takakuwa
    J Physiol Sci 15 2011年05月
  • Altered Membrane Structure and Surface Potentia l in Homozygous Hemoglobin C Erythrocytes
    Fuyuki Tokumasu, Glenn A. Nardone, Graciela R. Ostera, Rick M. Fairhurst, Steven D. Beaudry, Eri Hayakawa, James A. Dvorak
    PlosOne 4(6) e5828 2009年06月
  • A Mycobacterium tuberculosis-Derived Lipid Inhibits Membrane Fusion by Modulating Lipid Membrane Domains
    Eri Hayakawa,Fuyuki Tokumasu,Glenn A. Nardone, Albert J. Jin, Vince A. Hackley,and James A. Dvorak
    Biophysical J. 93 4018-4030 2007年12月
  • Growth-promoting effect of Iron-sulfur proteins on axenic cultures of Entamoeba dispar
    Khalifa S. A. M., Imai E., Kobayashi S., Haghighi A., Hayakawa E. and Takeuchi T
    Parasite 13 51-58 2006年
  • Change of Motion and Localization of Cholesterol Molecule during La-HII Transition
    Eri Hayakawa*, Mutsuo Naganuma, Koichi Mukasa, Tateo Shimozawa, and Tsunehisa Araiso
    Biophys. J. 74 892-898 1998年
  • Altered molecular motion in phospholipid headgroups during La-HII transition induced by cholesterol
    Eri Hayakawa, Tateo Shimozawa, Koichi Mukasa, and Tsunehisa Araiso
    Biomedical Research 18 287-292 1997年
  • The Special structure of cholesterol can induce the membrane fusion
    早川 枝李、荒磯恒久
    膜 9 53-56 1997年
  • Formation of the inverted hexagonal structure in bovine brain phospholipid membranes induced by dioleoylglycerol
    utsuo Naganuma, Eri Hayakawa, Teruo Ishibashi, Tomiyasu Koyama, and Tsunehisa Araiso
    Biomedical Research 17 287-292 1996年
  • The role of cholesterol on the formation of non-bilayer structure in phospholipid vesicles
    Eri Hayakawa and Tsunehisa Araiso
    Progress in Drug Delivery System (V) 5 1-4 1996年
  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    島田 瑞穂;山本 大介;早川 枝李;松岡 裕之
    自治医科大学紀要 38 71 2016年03月
  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    島田 瑞穂;山本 大介;早川 枝李;松岡 裕之
    自治医科大学紀要 38 71 2016年03月
  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    島田 瑞穂;山本 大介;早川 枝李;松岡 裕之
    自治医科大学紀要 38 71 2016年03月
  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    島田 瑞穂;山本 大介;早川 枝李;松岡 裕之
    自治医科大学紀要 38 71 2016年03月
  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    島田 瑞穂;山本 大介;早川 枝李;松岡 裕之
    自治医科大学紀要 38 71 2016年03月
  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    島田 瑞穂;山本 大介;早川 枝李;松岡 裕之
    自治医科大学紀要 38 71 2016年03月
  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    島田 瑞穂;山本 大介;早川 枝李;松岡 裕之
    自治医科大学紀要 38 71 2016年03月
  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    島田 瑞穂;山本 大介;早川 枝李;松岡 裕之
    自治医科大学紀要 38 71 2016年03月
  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    島田 瑞穂;山本 大介;早川 枝李;松岡 裕之
    自治医科大学紀要 38 71 2016年03月
  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    島田 瑞穂;山本 大介;早川 枝李;松岡 裕之
    自治医科大学紀要 38 71 2016年03月
  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    島田 瑞穂;山本 大介;早川 枝李;松岡 裕之
    自治医科大学紀要 38 71 2016年03月
  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    島田 瑞穂;山本 大介;早川 枝李;松岡 裕之
    自治医科大学紀要 38 71 2016年03月
  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    島田 瑞穂;山本 大介;早川 枝李;松岡 裕之
    自治医科大学紀要 38 71 2016年03月
  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    島田 瑞穂;山本 大介;早川 枝李;松岡 裕之
    自治医科大学紀要 38 71 2016年03月

MISC

  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    島田瑞穂、山本大介、早川枝李、松岡裕之
    自治医科大学紀要 2015(38) 71-77 2015年07月
  • 自治医科大学医動物学教室で4年間(2007-2010)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    松岡 裕之, 山本 大介, 早川 枝李, 諏合 輝子, 佐野 元市郎, 平井 誠, 吉田 栄人
    自治医科大学紀要 34 117-128 2012年03月
  • The Study of a Protein Molecular Motion by Fluorescence Correlation Spectroscopy (FCS)
    Eri H. Hayakawa and Yuichi Takakuwa
    Future Aspects of Medical Sciences and Education , Chapter 33, 2007年
  • マラリアなど原虫の検査
    小林 正規・今村 栄子・早川 枝李・竹内 勤
    検査と技術 1161-1165 2005年
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • 自治医科大学医動物学部門で4年間(2011-2014)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    島田瑞穂、山本大介、早川枝李、松岡裕之
    自治医科大学紀要 2015(38) 71-77 2015年07月
  • 自治医科大学医動物学教室で4年間(2007-2010)に経験した寄生虫・衛生動物関連症例の検討
    松岡 裕之, 山本 大介, 早川 枝李, 諏合 輝子, 佐野 元市郎, 平井 誠, 吉田 栄人
    自治医科大学紀要 34 117-128 2012年03月
  • The Study of a Protein Molecular Motion by Fluorescence Correlation Spectroscopy (FCS)
    Eri H. Hayakawa and Yuichi Takakuwa
    Future Aspects of Medical Sciences and Education , Chapter 33, 2007年
  • マラリアなど原虫の検査
    小林 正規・今村 栄子・早川 枝李・竹内 勤
    検査と技術 1161-1165 2005年

講演・口頭発表

  • Super resolution imaging of maurer’s cleft in Plasmodium falciparum-infected erythrocytes by unroofing–TEM observation
    Eri H. Hayakawa, Fuyuki Tokumasu, Jiro Usukura, Hiroyuki Matsuoka, Takafumi Tsuboi, and Thomas E. Wellems
    MAM 2016 2016年02月
  • ヒト赤血球系細胞のalpha-synuclein
    菅原琴美、 小林五十鈴、 荒木克哉、 浅沼 研、 鵜生川久美、 山下順助、早川枝李、 涌井秀樹、高橋直人、望月秀樹、澤田賢一、布村 渉
    日本生化学会 2015年12月
  • 細胞膜剥離法を用いたマラリア感染赤血球の内部微細構造の解析
    早川枝李、徳舛富由樹、臼倉治郎、坪井敬文、Thomas E. Wellems, 松岡裕之
    第84回日本寄生虫学会 2015年03月
  • The steric fine structure of Maurer’s cleft in “unroofed” Plasmodium falciparum-infected Erythrocytes
    Eri H. Hayakawa, Fuyuki Tokumasu, Jiro Usukura, Hiroyuki Matsuoka, Takafumi Tsuboi and Thomas E. Wellems
    2015, Biophysical society, USA 2015年02月07日
  • Three dimensional structure of Maurer’s cleft with tiny filaments in Plasmodium falciparum-infected Erythrocytes by “unroofing” method
    Eri H. Hayakawa, Fuyuki Tokumasu, Jiro Usukura, Hiroyuki Matsuoka
    2014 American Society for Cell Biology (ASCB) 2014年12月
  • 自治医科大学における医動物学の授業および実習の変遷について
    松岡裕之、早川枝李、山本大介、島田瑞穂
    第74回日本寄生虫学会東日本支部大会 2014年09月27日
  • 我が国における回虫症について
    松岡裕之、早川枝李、山本大介、島田瑞穂
    第74回日本寄生虫学会東日本支部大会 2014年09月27日
  • The effect of hydrophilic ionic liquids on lipid vesicles
    Eri H. Hayakawa, Eiko Mochizuki, Tetsuya Tsuda, Kazunari Akiyoshi, Hiroyuki Matsuoka and Susumu Kuwabata
    Biophysical society, 2014 2014年02月15日
  • The study of ultra-structures of Plasmodium falciparum-infected erythrocytes by transmission electron microscopy
    早川 枝李
    2013年07月
  • Vesicles fusion induced by concentrated hydrophilic ionic liquids
    Eri H. Hayakawa, Eiko Mochizuki, Tetsuya Tsuda, Kazunari Akiyoshi,Koshi Kawakami, Hiroyuki Matsuoka and Susumu Kuwabata
    Biophysical society 57th annual meeting , USA 2013年02月
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • Super resolution imaging of maurer’s cleft in Plasmodium falciparum-infected erythrocytes by unroofing–TEM observation
    Eri H. Hayakawa, Fuyuki Tokumasu, Jiro Usukura, Hiroyuki Matsuoka, Takafumi Tsuboi, and Thomas E. Wellems
    MAM 2016 2016年02月
  • ヒト赤血球系細胞のalpha-synuclein
    菅原琴美、 小林五十鈴、 荒木克哉、 浅沼 研、 鵜生川久美、 山下順助、早川枝李、 涌井秀樹、高橋直人、望月秀樹、澤田賢一、布村 渉
    日本生化学会 2015年12月
  • 細胞膜剥離法を用いたマラリア感染赤血球の内部微細構造の解析
    早川枝李、徳舛富由樹、臼倉治郎、坪井敬文、Thomas E. Wellems, 松岡裕之
    第84回日本寄生虫学会 2015年03月
  • The steric fine structure of Maurer’s cleft in “unroofed” Plasmodium falciparum-infected Erythrocytes
    Eri H. Hayakawa, Fuyuki Tokumasu, Jiro Usukura, Hiroyuki Matsuoka, Takafumi Tsuboi and Thomas E. Wellems
    2015, Biophysical society, USA 2015年02月07日
  • Three dimensional structure of Maurer’s cleft with tiny filaments in Plasmodium falciparum-infected Erythrocytes by “unroofing” method
    Eri H. Hayakawa, Fuyuki Tokumasu, Jiro Usukura, Hiroyuki Matsuoka
    2014 American Society for Cell Biology (ASCB) 2014年12月
  • 自治医科大学における医動物学の授業および実習の変遷について
    松岡裕之、早川枝李、山本大介、島田瑞穂
    第74回日本寄生虫学会東日本支部大会 2014年09月27日
  • 我が国における回虫症について
    松岡裕之、早川枝李、山本大介、島田瑞穂
    第74回日本寄生虫学会東日本支部大会 2014年09月27日
  • The effect of hydrophilic ionic liquids on lipid vesicles
    Eri H. Hayakawa, Eiko Mochizuki, Tetsuya Tsuda, Kazunari Akiyoshi, Hiroyuki Matsuoka and Susumu Kuwabata
    Biophysical society, 2014 2014年02月15日
  • The study of ultra-structures of Plasmodium falciparum-infected erythrocytes by transmission electron microscopy
    早川 枝李
    2013年07月
  • Vesicles fusion induced by concentrated hydrophilic ionic liquids
    Eri H. Hayakawa, Eiko Mochizuki, Tetsuya Tsuda, Kazunari Akiyoshi,Koshi Kawakami, Hiroyuki Matsuoka and Susumu Kuwabata
    Biophysical society 57th annual meeting , USA 2013年02月
  • Three dimensional imaging of Maurer’s Clefts in “unroofed” Plasmodium falciparum-infected erythrocytes by transmission electron microscopy
    Eri H. Hayakawa, Fuyuki Tokumasu, Jiro Usukura,Takafumi Tuboi, Hiroyuki Matsuoka and Thomas E. Wellems
    2012, Biophysical society annual meeting 2012年
  • Stereoscopic transmission electron microscopy of Maurer’s Clefts in “unroofed” specimens of Plasmodium falciparum-infected erythrocytes
    Eri H. Hayakawa, Fuyuki Tokumasu, Jiro Usukura,Takafumi Tuboi, Hiroyuki Matsuoka, and Thomas E. Wellems
    2011, ASCB 2011年
  • Biophysical Remodeling of Erythrocyte Membranes by Different Species of Malaria Parasite
    Eri Hayakawa, Seiki Kobayashi, Motomi Torii, Takayuki Arie, Tsutomu Takeuchi, James A. Dvorak, Fuyuki Tokumasu
    Biophysical society 54th annual meeting, USA 2010年
  • Comparison of protein behaviors in living cell between normal and abnormally functioning potassium channels by Fluorescence Correlation Spectroscopy
    ERI HAYAKAWA,, YUICHI TAKAKUWA
    Biophysical society 2008年
  • A malaria infection modulates the membrane potential of infected erythrocytes
    Eri Hayakawa, Seiki Kobayashi, Fuyuki Tokumasu, Tsutomu Takeuchi,, James A. Dvorak
    Biophysical society 2006年
  • The effect of Lipoarabinomannan, Mycobacterium tuberculosis - derived lipids on lipids membrane domain structure
    Eri Hayakawa, Fuyuki Tokumasu, Tsutomu Takeuchi, and James A. Dvorak
    Biophysical meeting 2005年
  • Lipoarabinomannan, a Mycobacterium tuberculosis - derived lipid modulates raft-like membrane domain structure
    Eri Hayakawa, Fuyuki Tokumasu, Tsutomu Takeuchi, and James A. Dvorak
    ASCB 2004年
  • Effect Of Membrane Curvature Stress On Rhodopsin Activation And Acyl Chain Packing
    Eri Hayakawa , Anthony Pacifico, Drake C. Mitchell, and Burton J. Litman
    Biophysical 47th Annual Meeting 2003年
  • The Relationship between Membrane Curvature Stress and Phospholipid Acyl Chain Packing Free Volume
    Eri Hayakawa, Drake C. Mitchell, and Burton J. Litman
    Biophysical 45th Annual Meeting 2001年
  • Plasmodium berghei感染によるBALB/cとC57BL/6マウスに共通した致死性腸管病態の検討
    島田瑞穂、廣瀬芳江、清水和彦、山本大介、早川枝李、松岡裕之
    日本寄生虫学会 2016年03月19日

受賞

  • 2012年 大山健康財団 大山健康財団学術研究助成
  • 2006年 感染症沖縄フォーラム 感染症若手研究者沖縄フォーラム ベストプレゼンテーション賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2012年 大山健康財団 大山健康財団学術研究助成
  • 2006年 感染症沖縄フォーラム 感染症若手研究者沖縄フォーラム ベストプレゼンテーション賞


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.