詳細検索はこちら

牛島 健太郎 ウシジマ ケンタロウ

所属部署名臨床薬理センター
職名講師ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/70448843.ja.html

プロフィール

研究キーワード

    時間薬理学, 時間治療学, 時計遺伝子, インスリン抵抗性, 生体リズム, 精神障害, うつ病, 視交叉上核, 薬物有害反応, 遺伝子発現, 体内時計

研究分野

  • 薬学 / 医療系薬学
  • 基礎医学 / 薬理学一般

経歴

  • 2011年04月
    自治医科大学 医学部(講師)
  • 2007年04月
    -
    2011年03月
    自治医科大学 医学部(助教)
  • 2006年09月
    -
    2007年03月
    自治医科大学 医学部(助手)

学歴

  • 2003年04月
    -
    2006年03月
    九州大学大学院 薬学府 医療薬科学専攻博士後期課程
  • 2001年04月
    -
    2002年03月
    九州大学大学院 薬学府 医療薬科学専攻修士課程
  • 1997年04月
    -
    2001年03月
    九州大学 薬学部 薬学科

所属学協会

  • 日本薬物動態学会
  • 日本薬学会
  • 日本臨床薬理学会
  • 日本薬理学会
  • 日本神経精神薬理学会
  • 日本時間生物学会
  • 日本医療薬学会
  • 日本TDM学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
  • 日本薬物動態学会
  • 日本薬学会
  • 日本臨床薬理学会
  • 日本薬理学会
  • 日本神経精神薬理学会
  • 日本時間生物学会
  • 日本医療薬学会
  • 日本TDM学会

委員歴

  • 2014年04月
    -
    2016年03月
    日本薬学会 トピックス小委員
  • 2013年
    -
    現在
    日本薬学会 医療薬科学部会 若手世話人
  • 2017年01月
    -
    現在
    日本臨床薬理学会 認定薬剤師制度委員会副委員長
審議会等委員を全て表示する
審議会等委員閉じる
  • 2014年04月
    -
    2016年03月
    日本薬学会 トピックス小委員
  • 2013年
    -
    現在
    日本薬学会 医療薬科学部会 若手世話人
  • 2017年01月
    -
    現在
    日本臨床薬理学会 認定薬剤師制度委員会副委員長

学位

  • 薬学博士

研究活動

論文

  • Influence of dioxin on the daily variation of insulin sensitivity in mice.
    Takuma M, Ushijima K, Kumazaki M, Ando H, Fujimura A
    Environmental toxicology and pharmacology 40(2) 349-351 2015年07月
  • Different chronotherapeutic effects of valsartan and olmesartan in non-dipper hypertensive patients during valsartan treatment at morning.
    Ushijima K, Nakashima H, Shiga T, Harada K, Ishikawa S, Ioka T, Ando H, Fujimura A
    Journal of pharmacological sciences 127 62-68 2015年01月
  • Temsirolimus induces surfactant lipid accumulation and lung inflammation in mice.
    Washino S, Ando H, Ushijima K, Hosohata K, Kumazaki M, Mato N, Sugiyama Y, Kobayashi Y, Fujimura A, Morita T
    American journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology 306 L1117-28 2014年06月
  • Involvement of Wee1 in the circadian rhythm-dependent intestinal damage induced by docetaxel.
    Obi-Ioka Y, Ushijima K, Kusama M, Ishikawa-Kobayashi E, Fujimura A
    The Journal of pharmacology and experimental therapeutics 347 242-248 2013年10月
  • Comparative effects of statins on murine cardiac gene expression profiles in normal mice.
    Kumazaki M, Ando H, Ushijima K, Fujimura A
    European journal of pharmacology 707 71-77 2013年05月
  • α-Lipoic acid protects against arsenic trioxide-induced acute QT prolongation in anesthetized guinea pigs.
    Kumazaki M, Ando H, Kakei M, Ushijima K, Taniguchi Y, Yoshida M, Yamato S, Washino S, Koshimizu TA, Fujimura A
    European journal of pharmacology 705 1-10 2013年04月
  • Impact of endotoxin measured by an endotoxin activity assay during liver transplantation.
    Sanada Y, Mizuta K, Urahashi T, Ihara Y, Wakiya T, Okada N, Yamada N, Ushijima K, Otomo S, Sakamoto K, Yasuda Y, Kawarasaki H
    The Journal of surgical research 180 349-355 2013年04月
  • Dosing time-dependent effect of raloxifene on plasma plasminogen activator inhibitor-1 concentrations in post-menopausal women with osteoporosis.
    Ando H, Otoda T, Ookami H, Nagai Y, Inano A, Takamura T, Ushijima K, Hosohata K, Matsushita E, Saito T, Kaneko S, Fujimura A
    Clinical and experimental pharmacology & physiology 40 227-232 2013年03月
  • Influence of beta-blockers on the myocardial mRNA expressions of circadian clock- and metabolism-related genes.
    Ushijima K, Maekawa T, Ishikawa-Kobayashi E, Ando H, Shiga T, Fujimura A
    Journal of the American Society of Hypertension : JASH 7 107-117 2013年03月
  • Relationship between the receptor occupancy profile and pleiotropic effects of angiotensin II receptor blockers.
    Ando H, Ushijima K, Hosohata K, Saito T, Fujimura A
    British journal of clinical pharmacology 75 415-422 2013年02月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Influence of dioxin on the daily variation of insulin sensitivity in mice.
    Takuma M, Ushijima K, Kumazaki M, Ando H, Fujimura A
    Environmental toxicology and pharmacology 40(2) 349-351 2015年07月
  • Different chronotherapeutic effects of valsartan and olmesartan in non-dipper hypertensive patients during valsartan treatment at morning.
    Ushijima K, Nakashima H, Shiga T, Harada K, Ishikawa S, Ioka T, Ando H, Fujimura A
    Journal of pharmacological sciences 127 62-68 2015年01月
  • Temsirolimus induces surfactant lipid accumulation and lung inflammation in mice.
    Washino S, Ando H, Ushijima K, Hosohata K, Kumazaki M, Mato N, Sugiyama Y, Kobayashi Y, Fujimura A, Morita T
    American journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology 306 L1117-28 2014年06月
  • Involvement of Wee1 in the circadian rhythm-dependent intestinal damage induced by docetaxel.
    Obi-Ioka Y, Ushijima K, Kusama M, Ishikawa-Kobayashi E, Fujimura A
    The Journal of pharmacology and experimental therapeutics 347 242-248 2013年10月
  • Comparative effects of statins on murine cardiac gene expression profiles in normal mice.
    Kumazaki M, Ando H, Ushijima K, Fujimura A
    European journal of pharmacology 707 71-77 2013年05月
  • α-Lipoic acid protects against arsenic trioxide-induced acute QT prolongation in anesthetized guinea pigs.
    Kumazaki M, Ando H, Kakei M, Ushijima K, Taniguchi Y, Yoshida M, Yamato S, Washino S, Koshimizu TA, Fujimura A
    European journal of pharmacology 705 1-10 2013年04月
  • Impact of endotoxin measured by an endotoxin activity assay during liver transplantation.
    Sanada Y, Mizuta K, Urahashi T, Ihara Y, Wakiya T, Okada N, Yamada N, Ushijima K, Otomo S, Sakamoto K, Yasuda Y, Kawarasaki H
    The Journal of surgical research 180 349-355 2013年04月
  • Dosing time-dependent effect of raloxifene on plasma plasminogen activator inhibitor-1 concentrations in post-menopausal women with osteoporosis.
    Ando H, Otoda T, Ookami H, Nagai Y, Inano A, Takamura T, Ushijima K, Hosohata K, Matsushita E, Saito T, Kaneko S, Fujimura A
    Clinical and experimental pharmacology & physiology 40 227-232 2013年03月
  • Influence of beta-blockers on the myocardial mRNA expressions of circadian clock- and metabolism-related genes.
    Ushijima K, Maekawa T, Ishikawa-Kobayashi E, Ando H, Shiga T, Fujimura A
    Journal of the American Society of Hypertension : JASH 7 107-117 2013年03月
  • Relationship between the receptor occupancy profile and pleiotropic effects of angiotensin II receptor blockers.
    Ando H, Ushijima K, Hosohata K, Saito T, Fujimura A
    British journal of clinical pharmacology 75 415-422 2013年02月
  • Effects of telmisartan and valsartan on insulin sensitivity in obese diabetic mice.
    Ushijima K, Takuma M, Ando H, Ishikawa-Kobayashi E, Nozawa M, Maekawa T, Shiga T, Fujimura A
    European journal of pharmacology 698 505-510 2013年01月
  • Indirect effects of glucagon-like peptide-1 receptor agonist exendin-4 on the peripheral circadian clocks in mice.
    Ando H, Ushijima K, Fujimura A
    PloS one 8 e81119 2013年
  • Does the PPAR-γ-activating property of telmisartan provide a benefit in clinical practice?
    Fujimura A, Ushijima K, Ando H
    Hypertens res 36(2) 183-183 2013年
  • Reduced histone H3K9 acetylation of clock genes and abnormal glucose metabolism in ob/ob mice.
    Ishikawa-Kobayashi E, Ushijima K, Ando H, Maekawa T, Takuma M, Furukawa Y, Fujimura A
    Chronobiology international 29 982-993 2012年10月
  • Role of activating transcription factor-4 in 24-hour rhythm of serotonin transporter expression in the mouse midbrain.
    Ushijima K, Koyanagi S, Sato Y, Ogata T, Matsunaga N, Fujimura A, Ohdo S
    Molecular pharmacology 82 264-270 2012年08月
  • Prediction of acute cellular rejection by peripheral blood eosinophilia in pediatric living donor liver transplantation.
    Sanada Y, Ushijima K, Mizuta K, Urahashi T, Ihara Y, Wakiya T, Okada N, Yamada N, Egami S, Hishikawa S, Otomo S, Sakamoto K, Yasuda Y, Kawarasaki H
    Transplantation proceedings 44 1341-1345 2012年06月
  • Chronic ritodrine treatment induces refractoriness of glucose-lowering β2 adrenoceptor signal in female mice.
    Tsuchiya H, Ushijima K, Fujiwara Y, Fujimura A, Koshimizu TA
    Regulatory toxicology and pharmacology : RTP 62 561-567 2012年04月
  • The role of operative intervention in management of congenital extrahepatic portosystemic shunt.
    Sanada Y, Urahashi T, Ihara Y, Wakiya T, Okada N, Yamada N, Egami S, Hishikawa S, Kawano Y, Ushijima K, Otomo S, Sakamoto K, Nakata M, Yasuda Y, Mizuta K
    Surgery 151 404-411 2012年03月
  • Impact of enzyme activity assay on indication in liver transplantation for ornithine transcarbamylase deficiency.
    Wakiya T, Sanada Y, Urahashi T, Ihara Y, Yamada N, Okada N, Ushijima K, Otomo S, Sakamoto K, Murayama K, Takayanagi M, Hakamada K, Yasuda Y, Mizuta K
    Molecular genetics and metabolism 105 404-407 2012年03月
  • Tissue-dependent alterations of the clock gene expression rhythms in leptin-resistant Zucker diabetic fatty rats.
    Motosugi Y, Ando H, Ushijima K, Maekawa T, Ishikawa E, Kumazaki M, Fujimura A
    Chronobiology international 28 968-972 2011年12月
  • Hepatic arterial buffer response after pediatric living donor liver transplantation: report of a case.
    Sanada Y, Mizuta K, Urahashi T, Ihara Y, Wakiya T, Okada N, Yamada N, Egami S, Hishikawa S, Ushijima K, Otomo S, Sakamoto K, Yasuda Y, Kawarasaki H
    Transplantation proceedings 43 4019-4024 2011年12月
  • Non-alcoholic steatohepatitis caused by malnutrition after pediatric liver transplantation.
    Sanada Y, Urahashi T, Wakiya T, Okada N, Hishikawa S, Kawano Y, Ushijima K, Otomo S, Sakamoto K, Mizuta K
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 53 1077-1081 2011年12月
  • Indication of liver transplantation for jaundice-free biliary atresia with portal hypertension.
    Sanada Y, Mizuta K, Urahashi T, Ihara Y, Wakiya T, Okada N, Yamada N, Egami S, Ushijima K, Otomo S, Sakamoto K, Yasuda Y, Kawarasaki H
    Annals of transplantation : quarterly of the Polish Transplantation Society 16 7-11 2011年10月
  • Influence of dosing time on the efficacy and safety of finasteride in rats.
    Kumazaki M, Ando H, Ushijima K, Maekawa T, Motosugi Y, Takada M, Tateishi M, Fujimura A
    The Journal of pharmacology and experimental therapeutics 338 718-723 2011年08月
  • Impact of hepatic clearance of endotoxin using endotoxin activity assay.
    Sanada Y, Mizuta K, Urahashi T, Ihara Y, Wakiya T, Okada N, Yamada N, Ushijima K, Otomo S, Sakamoto K, Yasuda Y
    Hepatology international 2011年07月
  • Impairment of peripheral circadian clocks precedes metabolic abnormalities in ob/ob mice.
    Ando H, Kumazaki M, Motosugi Y, Ushijima K, Maekawa T, Ishikawa E, Fujimura A
    Endocrinology 152 1347-1354 2011年04月
  • Differential impacts of CYP2C19 gene polymorphisms on the antiplatelet effects of clopidogrel and ticlopidine.
    Maeda A, Ando H, Asai T, Ishiguro H, Umemoto N, Ohta M, Morishima M, Sumida A, Kobayashi T, Hosohata K, Ushijima K, Fujimura A
    Clinical pharmacology and therapeutics 89 229-233 2011年02月
  • Protective effect of α-lipoic acid against arsenic trioxide-induced acute cardiac toxicity in rats.
    Kumazaki M, Ando H, Sasaki A, Koshimizu TA, Ushijima K, Hosohata K, Oshima Y, Fujimura A
    Journal of pharmacological sciences 115 244-248 2011年
  • Chronopharmacology of angiotensin II-receptor blockers in stroke-prone spontaneously hypertensive rats.
    Liu Y, Ushijima K, Ohmori M, Takada M, Tateishi M, Ando H, Fujimura A
    Journal of pharmacological sciences 115 196-204 2011年
  • Living-donor liver transplantation in 126 patients with biliary atresia: single-center experience.
    Mizuta K, Sanada Y, Wakiya T, Urahashi T, Umehara M, Egami S, Hishikawa S, Okada N, Kawano Y, Saito T, Hayashida M, Takahashi S, Yoshino H, Shimizu A, Takatsuka Y, Kitamura T, Kita Y, Uno T, Yoshida Y, Hyodo M, Sakuma Y, Fujiwara T, Ushijima K, Sugimoto K, Ohmori M, Ohtomo S, Sakamoto K, Nakata M, Yano T, Yamamoto H, Kobayashi E, Yasuda Y, Kawarasaki H
    Transplantation proceedings 42 4127-4131 2010年12月
  • Management of intra-abdominal drain after living donor liver transplantation.
    Sanada Y, Mizuta K, Urahashi T, Umehara M, Wakiya T, Okada N, Hayashida M, Egami S, Hishikawa S, Kawano Y, Ushijima K, Otomo S, Sakamoto K, Fujiwara T, Sakuma Y, Hyodo M, Yasuda Y, Kawarasaki H
    Transplantation proceedings 42 4555-4559 2010年12月
  • Influence of a time-restricted feeding schedule on the daily rhythm of abcb1a gene expression and its function in rat intestine.
    Hayashi Y, Ushijima K, Ando H, Yanagihara H, Ishikawa E, Tsuruoka S, Sugimoto K, Fujimura A
    The Journal of pharmacology and experimental therapeutics 335 418-423 2010年11月
  • Living donor liver transplantation for neonates using segment 2 monosubsegment graft.
    Mizuta K, Yasuda Y, Egami S, Sanada Y, Wakiya T, Urahashi T, Umehara M, Hishikawa S, Hayashida M, Hyodo M, Sakuma Y, Fujiwara T, Ushijima K, Sakamoto K, Kawarasaki H
    American journal of transplantation : official journal of the American Society of Transplantation and the American Society of Transplant Surgeons 10 2547-2552 2010年11月
  • Drug interaction between celecoxib and methotrexate in organic anion transporter 3-transfected renal cells and in rats in vivo.
    Maeda A, Tsuruoka S, Ushijima K, Kanai Y, Endou H, Saito K, Miyamoto E, Fujimura A
    European journal of pharmacology 640 168-171 2010年08月
  • Protective effect of amlodipine against osteoporosis in stroke-prone spontaneously hypertensive rats.
    Ushijima K, Liu Y, Maekawa T, Ishikawa E, Motosugi Y, Ando H, Tsuruoka S, Fujimura A
    European journal of pharmacology 635 227-230 2010年06月
  • Influence of age on clock gene expression in peripheral blood cells of healthy women.
    Ando H, Ushijima K, Kumazaki M, Takamura T, Yokota N, Saito T, Irie S, Kaneko S, Fujimura A
    The journals of gerontology. Series A, Biological sciences and medical sciences 65 9-13 2010年01月
  • Dosing-time dependent effect of dexamethasone on bone density in rats.
    Takahashi M, Ushijima K, Hayashi Y, Maekawa T, Ando H, Tsuruoka S, Fujimura A
    Life sciences 86 24-29 2010年01月
  • Associations of metabolic parameters and ethanol consumption with messenger RNA expression of clock genes in healthy men.
    Ando H, Ushijima K, Kumazaki M, Eto T, Takamura T, Irie S, Kaneko S, Fujimura A
    Chronobiology international 27 194-203 2010年01月
  • Cranberry juice suppressed the diclofenac metabolism by human liver microsomes, but not in healthy human subjects.
    Ushijima K, Tsuruoka S, Tsuda H, Hasegawa G, Obi Y, Kaneda T, Takahashi M, Maekawa T, Sasaki T, Koshimizu TA, Fujimura A
    British journal of clinical pharmacology 68 194-200 2009年08月
  • Clock gene expression in the liver and adipose tissues of non-obese type 2 diabetic Goto-Kakizaki rats.
    Ando H, Ushijima K, Yanagihara H, Hayashi Y, Takamura T, Kaneko S, Fujimura A
    Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993) 31 201-207 2009年05月
  • Survey of compliance with oseltamivir phosphate therapy in Japan.
    Ushijima K, Higuchi S, Fujimura A
    American journal of therapeutics 16 8-10 2009年01月
  • The inhibitory effect of cranberry juice on phenytoin metabolism by human liver microsomes.
    Ushijima K, Koshimizu T, Fujimura A
    Jpn J Clin Pharmacol Ther 40(2) 59-64 2009年
  • Chronobiological disturbances with hyperthermia and hypercortisolism induced by chronic mild stress in rats.
    Ushijima K, Morikawa T, To H, Higuchi S, Ohdo S
    Behavioural brain research 173 326-330 2006年10月
  • 自転公転式コンディショニングミキサーを用いた軟膏混合調剤に関する検討
    牛島健太郎, 牛島市雄, 藤秀人, 樋口駿
    九州薬学会会報(60) 47-51 2006年09月
  • テオフィリンの唾液試料を用いたTDMの可能性
    由井薗陽一, 牛島健太郎, 樋口駿, 虎石顕一
    医療薬学 32(4) 353-359 2006年04月
  • Chronic treatment with prednisolone represses the circadian oscillation of clock gene expression in mouse peripheral tissues.
    Koyanagi S, Okazawa S, Kuramoto Y, Ushijima K, Shimeno H, Soeda S, Okamura H, Ohdo S
    Molecular endocrinology (Baltimore, Md.) 20 573-583 2006年03月
  • Chronopharmacological study of antidepressants in forced swimming test of mice.
    Ushijima K, Sakaguchi H, Sato Y, To H, Koyanagi S, Higuchi S, Ohdo S
    The Journal of pharmacology and experimental therapeutics 315 764-770 2005年11月
  • 薬学生による薬学生の実務実習に対する意識調査
    牛島健太郎, 藤秀人, 樋口駿
    九州薬学会会報(59) 75-78 2005年09月
  • Effects of telmisartan and olmesartan on insulin sensitivity and renal function in spontaneously hypertensive rats fed a high fat diet.
    Yanagihara H, Ushijima K, Arakawa Y, Aizawa K, Fujimura A
    Journal of pharmacological sciences 131(3) 190-197 2016年07月
  • Influence of genetic polymorphisms of multidrug and toxin extrusion protein 1 on its mRNA expression in peripheral blood cells.
    Ando H, Nakano K, Ushijima K, Kurokawa S, Washino S, Hosohata K, Morita T, Fujimura A
    Journal of pharmacological sciences 131(2) 138-140 2016年06月
  • Daily Fasting Blood Glucose Rhythm in Male Mice: A Role of the Circadian Clock in the Liver.
    Ando H, Ushijima K, Shimba S, Fujimura A
    Endocrinology 157(2) 463-469 2016年02月
  • Relationship Between Graft Liver Function and the Change of Graft Liver and Spleen Volumes After Technical Variant Liver Transplantation.
    Hirata Y, Sanada Y, Urahashi T, Ihara Y, Yamada N, Okada N, Tashiro M, Katano T, Otomo S, Ushijima K, Mizuta K
    Transplantation proceedings 48(4) 1105-1109 2016年05月
  • Association of decreased mRNA expression of multidrug and toxin extrusion protein 1 in peripheral blood cells with the development of flutamide-induced liver injury.
    Nakano K, Ando H, Kurokawa S, Hosohata K, Ushijima K, Takada M, Tateishi M, Yonezawa A, Masuda S, Matsubara K, Inui K, Morita T, Fujimura A
    Cancer chemotherapy and pharmacology 75(6) 1191-1197 2015年06月
  • Prediction of the therapeutic response to methotrexate at 24 weeks by methotrexate-polyglutamates concentration in erythrocytes at 8 weeks in patients with rheumatoid arthritis.
    Murosaki T, Nagatani K, Sato T, Akiyama Y, Ushijima K, Lefor AK, Fujimura A, Minota S
    Modern rheumatology 27(3) 411-416 2017年05月
  • Effect of a dosing-time on quetiapine-induced acute hyperglycemia in mice.
    Kapse S, Ando H, Fujiwara Y, Suzuki C, Ushijima K, Kitamura H, Hosohata K, Kotani K, Shimba S, Fujimura A
    Journal of pharmacological sciences 133(3) 139-145 2017年03月
  • Dialyzability of Faropenem in Infected Patients on Chronic Hemodialysis.
    Hasegawa G, Tsuruoka S, Ushijima K, Maeda A, Hayasaka T, Saito T, Harada K, Fujimura A
    Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy 21(1) 52-56 2017年02月
  • Antenatal immunoglobulin for prevention of neonatal hemochromatosis.
    Okada N, Ihara Y, Urahashi T, Sanada Y, Yamada N, Hirata Y, Tashiro M, Katano T, Ushijima K, Otomo S, Takahashi H, Matsubara S, Mizuta K
    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 58(10) 1059-1061 2016年10月
  • Prevention against renal damage in rats with subtotal nephrectomy by sacubitril/valsartan (LCZ696), a dual-acting angiotensin receptor-neprilysin inhibitor.
    Ushijima K, Ando H, Arakawa Y, Aizawa K, Suzuki C, Shimada K, Tsuruoka SI, Fujimura A
    Pharmacology research & perspectives 5(4) e00336 2017年08月
  • Dosing-time-dependent effect of rivaroxaban on coagulation activity in rats.
    Fujiwara Y, Ando H, Ushijima K, Horiguchi M, Yamashita C, Fujimura A
    Journal of pharmacological sciences 134(4) 234-238 2017年08月

MISC

  • ミコフェノール酸の治療効果を予測するバイオマーカー
    牛島 健太郎
    ファルマシア 48(1) 2012年01月
  • 適正使用のための薬剤情報(25・完)骨形成促進薬 テリパラチド
    牛島 健太郎, 藤村 昭夫
    日本医事新報(4533) 40-42 2011年03月
  • 適正使用のための薬剤情報(21)二次性副甲状腺機能亢進症治療薬 シナカルセト
    牛島 健太郎, 藤村 昭夫
    日本医事新報(4516) 36-38 2010年11月
  • 適正使用のための薬剤情報(17)多発性骨髄腫治療薬サリドマイド
    牛島 健太郎, 藤村 昭夫
    日本医事新報(4493) 36-38 2010年06月
  • 適正使用のための薬剤情報(15)シクロオキシゲナーゼ-2選択的阻害薬セレコキシブ
    牛島 健太郎, 藤村 昭夫
    日本医事新報(4485) 36-38 2010年04月
  • 適正使用のための薬剤情報(9)選択的セロトニン再取り込み阻害薬塩酸セルトラリン
    牛島 健太郎, 藤村 昭夫
    日本医事新報(4459) 36-38 2009年10月
  • 適正使用のための薬剤情報(5)セロトニン5-HT3受容体拮抗薬ラモセトロン
    牛島 健太郎, 藤村 昭夫
    日本医事新報(4436) 41-43 2009年05月
  • 適正使用のための薬剤情報 第2回 ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬エプレレノン
    牛島健太郎, 藤村昭夫
    週刊日本医事新報(4425) 46-48 2009年02月
  • 薬と食品の相互作用―栄養士に必要な薬の知識 最終回 12 薬とコーヒー(カフェイン)の相互作用
    牛島健太郎, 藤村昭夫
    臨床栄養 113(7) 888-891 2008年12月
  • 薬と食品の相互作用‐栄養士に必要な薬の知識 10 薬と葉酸の相互作用
    牛島健太郎, 藤村昭夫
    臨床栄養 113(2) 194-197 2008年08月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • ミコフェノール酸の治療効果を予測するバイオマーカー
    牛島 健太郎
    ファルマシア 48(1) 2012年01月
  • 適正使用のための薬剤情報(25・完)骨形成促進薬 テリパラチド
    牛島 健太郎, 藤村 昭夫
    日本医事新報(4533) 40-42 2011年03月
  • 適正使用のための薬剤情報(21)二次性副甲状腺機能亢進症治療薬 シナカルセト
    牛島 健太郎, 藤村 昭夫
    日本医事新報(4516) 36-38 2010年11月
  • 適正使用のための薬剤情報(17)多発性骨髄腫治療薬サリドマイド
    牛島 健太郎, 藤村 昭夫
    日本医事新報(4493) 36-38 2010年06月
  • 適正使用のための薬剤情報(15)シクロオキシゲナーゼ-2選択的阻害薬セレコキシブ
    牛島 健太郎, 藤村 昭夫
    日本医事新報(4485) 36-38 2010年04月
  • 適正使用のための薬剤情報(9)選択的セロトニン再取り込み阻害薬塩酸セルトラリン
    牛島 健太郎, 藤村 昭夫
    日本医事新報(4459) 36-38 2009年10月
  • 適正使用のための薬剤情報(5)セロトニン5-HT3受容体拮抗薬ラモセトロン
    牛島 健太郎, 藤村 昭夫
    日本医事新報(4436) 41-43 2009年05月
  • 適正使用のための薬剤情報 第2回 ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬エプレレノン
    牛島健太郎, 藤村昭夫
    週刊日本医事新報(4425) 46-48 2009年02月
  • 薬と食品の相互作用―栄養士に必要な薬の知識 最終回 12 薬とコーヒー(カフェイン)の相互作用
    牛島健太郎, 藤村昭夫
    臨床栄養 113(7) 888-891 2008年12月
  • 薬と食品の相互作用‐栄養士に必要な薬の知識 10 薬と葉酸の相互作用
    牛島健太郎, 藤村昭夫
    臨床栄養 113(2) 194-197 2008年08月
  • 薬と食品の相互作用―栄養士に必要な薬の知識 7 薬とアロエの相互作用
    牛島健太郎, 藤村昭夫
    臨床栄養 112(2) 172-175 2008年02月
  • 薬と食品の相互作用―栄養士に必要な薬の知識 4 薬とイチョウ葉エキスの相互作用
    牛島健太郎, 藤村昭夫
    臨床栄養 111(2) 198-200 2007年08月

講演・口頭発表

  • 体内時計と高血圧
    牛島健太郎、安藤仁、藤村昭夫
    第20回日本時間生物学会学術大会シンポジウム「生物時計を基盤にした基礎・臨床橋渡し研究 (TR, rTR)」 2013年11月
  • Chronotherapy with docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil (5-FU) in patients with oral squamous cell carcinoma.
    Ioka Y, Ushijima K, Ioka T, Noguchi T, Jinbui Y, Kusama M, Fujimura A
    11th Congress of the European Association for Clinical Pharmacology and Therapeutics 2013年08月
  • 循環器系薬物の時間治療
    牛島健太郎、安藤仁、藤村昭夫
    日本薬学会第133年会シンポジウム「時間薬物治療の最前線2013」 2013年03月
  • alpha-lipoic acid protects against bepridil-induced QT prolongation in Guinea Pigs
    Chokesuwattanaskul S, Kumazaki M, Ando H, Kakei M, Ushijima K, Fujimura A
    Asian Pacific Society of Cardiology 2013 Congress (19th Asia Pasific Congress of Cardiology) 2013年02月
  • 小児生体肝移植術後の拒絶反応に対するミコフェノール酸の治療域の検討
    牛島健太郎、眞田幸弘、坂本公一、大友慎也、山田直也、脇屋太一、井原欣幸、浦橋泰然、安藤仁、水田耕一、藤村昭夫
    第29回日本TDM学会・学術大会 2012年06月
  • Activating transcription factor-4によるマウスセロトニントランスポーター発現リズムの制御
    牛島健太郎、小柳悟、緒方貴洸、松永直哉、大戸茂弘、藤村昭夫
    日本薬学会第132年会 2012年03月
  • 小児生体肝移植後の免疫抑制療法におけるメチルプレドニゾロンの1日2回投与の有効性
    牛島健太郎、水田耕一、坂本公一、大友慎也、脇屋太一、眞田幸弘、井原欣幸、浦橋泰然、安藤仁、藤村昭夫
    第32回日本臨床薬理学会年会 2011年12月
  • 体内時計システムを利用した薬物誘発性精神疾患予測法の構築
    牛島健太郎、安藤仁、藤村昭夫
    第31回日本臨床薬理学会年会シンポジウム「時間疾患の現状」 2010年12月
  • Wistarラットの心臓内時計遺伝子発現リズムに及ぼすβ遮断薬の影響
    牛島健太郎、前川友宏、石川瑛子、安藤仁、藤村昭夫
    第12回時間循環血圧研究会 2010年07月
  • Protective effect of amlodipine against the decrease in bone density in rats
    Ushijima K, Liu Y, Ishikawa E, Maekawa T, Motosugi Y, Ando H, Fujimura A
    16th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology 2010年07月
学会発表等を全て表示する
学会発表等閉じる
  • 体内時計と高血圧
    牛島健太郎、安藤仁、藤村昭夫
    第20回日本時間生物学会学術大会シンポジウム「生物時計を基盤にした基礎・臨床橋渡し研究 (TR, rTR)」 2013年11月
  • Chronotherapy with docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil (5-FU) in patients with oral squamous cell carcinoma.
    Ioka Y, Ushijima K, Ioka T, Noguchi T, Jinbui Y, Kusama M, Fujimura A
    11th Congress of the European Association for Clinical Pharmacology and Therapeutics 2013年08月
  • 循環器系薬物の時間治療
    牛島健太郎、安藤仁、藤村昭夫
    日本薬学会第133年会シンポジウム「時間薬物治療の最前線2013」 2013年03月
  • alpha-lipoic acid protects against bepridil-induced QT prolongation in Guinea Pigs
    Chokesuwattanaskul S, Kumazaki M, Ando H, Kakei M, Ushijima K, Fujimura A
    Asian Pacific Society of Cardiology 2013 Congress (19th Asia Pasific Congress of Cardiology) 2013年02月
  • 小児生体肝移植術後の拒絶反応に対するミコフェノール酸の治療域の検討
    牛島健太郎、眞田幸弘、坂本公一、大友慎也、山田直也、脇屋太一、井原欣幸、浦橋泰然、安藤仁、水田耕一、藤村昭夫
    第29回日本TDM学会・学術大会 2012年06月
  • Activating transcription factor-4によるマウスセロトニントランスポーター発現リズムの制御
    牛島健太郎、小柳悟、緒方貴洸、松永直哉、大戸茂弘、藤村昭夫
    日本薬学会第132年会 2012年03月
  • 小児生体肝移植後の免疫抑制療法におけるメチルプレドニゾロンの1日2回投与の有効性
    牛島健太郎、水田耕一、坂本公一、大友慎也、脇屋太一、眞田幸弘、井原欣幸、浦橋泰然、安藤仁、藤村昭夫
    第32回日本臨床薬理学会年会 2011年12月
  • 体内時計システムを利用した薬物誘発性精神疾患予測法の構築
    牛島健太郎、安藤仁、藤村昭夫
    第31回日本臨床薬理学会年会シンポジウム「時間疾患の現状」 2010年12月
  • Wistarラットの心臓内時計遺伝子発現リズムに及ぼすβ遮断薬の影響
    牛島健太郎、前川友宏、石川瑛子、安藤仁、藤村昭夫
    第12回時間循環血圧研究会 2010年07月
  • Protective effect of amlodipine against the decrease in bone density in rats
    Ushijima K, Liu Y, Ishikawa E, Maekawa T, Motosugi Y, Ando H, Fujimura A
    16th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology 2010年07月
  • バルサルタンとオルメサルタンメドキソミルの時間治療学的効果の比較検討
    牛島健太郎、Liu Yuwang、安藤仁、藤村昭夫
    第3回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 2009年11月
  • Comparison of chronopharmacological efficacy between Valsartan and Olmesartan Medoxomil in SHRSP rats
    Liu Y, Ushijima K, Ando H, Fujimura A
    International Symposium on Biological Rhythm 2009年08月
  • クランベリージュースとCYP2C9基質薬物の相互作用に関する研究
    牛島健太郎、前川友宏、輿水崇鏡、藤村昭夫
    第29回日本臨床薬理学会年会 2008年12月
  • Interaction Between Cranberry Juice and Medications Metabolized by CYP2C9
    Ushijima K, Fujimura A
    The IXth World Conference on Clinical Pharmacology and Therapeutics 2008年08月
  • Daily rhythms of p-glycoprotein expression in small intestine and its activity in rats
    Obi Y, Hayashi Y, Ushijima K, Ohmori M, Fujimura A
    The second international congress of applied chronobiology and chronomedicine 2007年03月
  • Dosing time dependent variance of anti-immobility effect of fluvoxamine in forced swimming test
    Ushijima K, Sakaguchi H, To H, Ohdo S, Higuchi S
    Serotonin Club Meeting 2006, 6th IUPHAR satellite meeting 2006年06月
  • 効果増強を目的としたフルボキサミンの時間薬理学的検討
    牛島健太郎、坂口裕美、佐藤有紀、二宮一也、是沢文恵、藤秀人、大戸茂弘、樋口駿
    第22回日本薬学会九州支部大会 2005年12月
  • The biological rhythm disturbance in HPA axis hyperactivated mice induced by dexamethasone
    Ushijima K, To H, Ohdo S, Higuchi S
    PSWC2004 2004年06月
  • 薬学部はプロの薬剤師を育成しているか?そして学生の意識は?
    牛島 健太郎
    第36回日本薬剤師会学術大会―薬学生によるベイサイドシンポジウム― 2003年10月
  • マウスを対象とした抗うつ薬の時間薬理学的研究
    牛島健太郎、坂口裕美、藤秀人、大戸茂弘、樋口駿
    第19回日本薬学会九州支部大会 2002年12月
  • 概日リズム機構の理解と時間治療の実践
    牛島 健太郎
    東北大学大学院薬学研究科セミナー スーパージェネラリスト・ファーマシスト養成セミナー 2016年09月16日
  • MID3 (Model informed Drug Development & Discovery) と臨床薬理
    川口敦弘、鈴木昭之、牛島健太郎
    第1回日本臨床薬理学会関東・甲信越地方会シンポジウム 2016年09月03日
  • 生体が刻む“時”を薬物治療に活かすには
    牛島 健太郎
    平成28年度九州大学大学院薬学研究院公開講座 2016年08月28日
  • Clinical trial of chrono-chemotherapy with docetaxel, cisplatin and 5-fluorouracil: influence of dosing-schedule on chemotherapy-induced toxicities.
    Ushijima K, Noguchi T, Tsuchiya T, Hayasaka J, Arakawa Y, Mori Y, Fujimura A
    American Society for Clinical Pharmacology and Therapeutics (ASCPT) 2016 Annual Meeting 2016年03月11日
  • 時間治療(2)「不眠・うつ病」
    牛島 健太郎
    薬学の時間.ラジオNIKKEI 2014年04月03日
  • 医療チームにおける臨床薬剤師からのファーマコメトリクスへの期待と不安~小児臓器移植医療に携わった経験から~
    牛島 健太郎、藤村 昭夫
    第37回日本臨床薬理学会学術総会 シンポジウム「臨床薬理学としてのファーマコメトリクス4」 2016年12月
  • 生体リズム研究の医療応用と3Rの促進に向けた取り組み
    牛島健太郎、安藤仁、藤村昭夫
    第29回日本動物実験代替法学会 シンポジウム8「時間生物学における代替法研究 〜細胞・個体における概日リズム機構とその応用〜」 2016年11月
  • 体内時計システムを活用した臨床薬理学研究ならびに毒性学研究
    牛島健太郎、安藤仁、藤村昭夫
    第44回 日本毒性学会学術年会 シンポジウム「「時間毒性学」~古くて新しい毒性学~」 2017年07月11日

書籍等出版物

  • 時間治療学 投薬のタイミングと効果 第2版
    牛島 健太郎(担当:分担執筆 範囲:てんかん、悪性腫瘍、感染症、不眠・うつ病、臓器移植)
    日本医事新報社 2014年03月
  • 今日の循環器疾患治療指針 第3版
    牛島 健太郎、藤村 昭夫(担当:分担執筆 範囲:注意すべき循環器系薬物の相互作用)
    医学書院 2013年
  • 高血圧治療における併用療法 理想の組み合わせと合剤の位置づけ
    牛島 健太郎、藤村 昭夫(担当:分担執筆 範囲:合剤の安全性)
    フジメディカル出版 2012年
  • 小児生体肝移植 第1版
    牛島 健太郎、藤村 昭夫、水田 耕一(担当:分担執筆 範囲:臨床薬理、免疫抑制法)
    日本医学館 2010年
著書を全て表示する
著書閉じる
  • 時間治療学 投薬のタイミングと効果 第2版
    牛島 健太郎(担当:分担執筆 範囲:てんかん、悪性腫瘍、感染症、不眠・うつ病、臓器移植)
    日本医事新報社 2014年 03月
  • 今日の循環器疾患治療指針 第3版
    牛島 健太郎、藤村 昭夫(担当:分担執筆 範囲:注意すべき循環器系薬物の相互作用)
    医学書院 2013年
  • 高血圧治療における併用療法 理想の組み合わせと合剤の位置づけ
    牛島 健太郎、藤村 昭夫(担当:分担執筆 範囲:合剤の安全性)
    フジメディカル出版 2012年
  • 小児生体肝移植 第1版
    牛島 健太郎、藤村 昭夫、水田 耕一(担当:分担執筆 範囲:臨床薬理、免疫抑制法)
    日本医学館 2010年

受賞

  • 2012年07月 第20回クリニカルファーマシーシンポジウム優秀ポスター賞 小児生体肝移植後におけるサイトメガロウイルス感染の危険因子の解析
  • 2011年12月 第32回日本臨床薬理学会年会優秀演題賞 小児生体肝移植後の免疫抑制療法におけるメチルプレドニゾロンの1日2回投与の有効性
  • 2010年12月 臨床薬理研究振興財団賞(学術論文賞) The inhibitory effect of cranberry juice on phenytoin metabolism by human liver microsomes
  • 2005年12月 第22回日本薬学会九州支部大会優秀発表賞 効果増強を目的としたフルボキサミンの時間薬理学的検討
  • 2016年11月 第9回(平成28年度)臨床薬理研究振興財団研究大賞 MTX治療反応性の予測マーカーとしての赤血球中MTXポリグルタメートの有用性の検討
  • 2015年11月 第13回(2015年度)日本時間生物学会学術奨励賞 生物時計を基盤にした医薬品のトランスレーショナル研究
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2012年07月 第20回クリニカルファーマシーシンポジウム優秀ポスター賞 小児生体肝移植後におけるサイトメガロウイルス感染の危険因子の解析
  • 2011年12月 第32回日本臨床薬理学会年会優秀演題賞 小児生体肝移植後の免疫抑制療法におけるメチルプレドニゾロンの1日2回投与の有効性
  • 2010年12月 臨床薬理研究振興財団賞(学術論文賞) The inhibitory effect of cranberry juice on phenytoin metabolism by human liver microsomes
  • 2005年12月 第22回日本薬学会九州支部大会優秀発表賞 効果増強を目的としたフルボキサミンの時間薬理学的検討
  • 2016年11月 第9回(平成28年度)臨床薬理研究振興財団研究大賞 MTX治療反応性の予測マーカーとしての赤血球中MTXポリグルタメートの有用性の検討
  • 2015年11月 第13回(2015年度)日本時間生物学会学術奨励賞 生物時計を基盤にした医薬品のトランスレーショナル研究

外部的資金

  • 体内時計システムを利用した新規抗うつ薬創薬ターゲットの探索
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2013年 - 2015年 代表者 : 牛島 健太郎
  • 赤血球中MTXポリグルタメート濃度を指標にした関節リウマチにおける治療域の確立
    臨床薬理研究振興財団:研究奨励金
    研究期間 :2013年 代表者 : 牛島 健太郎
  • 体内時計システムを応用した薬物誘発性うつ病を予測する評価系の構築
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2010年 - 2011年 代表者 : 牛島 健太郎
  • アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬の時間治療 ―バルサルタンとオルメサルタンの比較―
    臨床薬理研究振興財団:研究奨励金
    研究期間 :2010年 代表者 : 牛島 健太郎
  • 体内時計システムを応用した薬物誘発性うつ病を予測するin vitro 評価系の構築
    上原記念生命科学財団:研究奨励金
    研究期間 :2009年 代表者 : 牛島 健太郎
  • 時計遺伝子に着目したインスリン抵抗性発症の機序解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
    研究期間 :2007年 - 2008年 代表者 : 牛島 健太郎
  • 核内受容体PPAR発現リズムの制御機構の解明および治療効果に及ぼす影響
    自治医科大学医学部:研究奨励金
    研究期間 :2007年 代表者 : 牛島 健太郎
  • 体内時計に着目した生活習慣病発症機序の検討
    九州大学:21COE プロジェクト(若手研究者研究活動経費)
    研究期間 :2006年 代表者 : 牛島 健太郎
  • 体内時計による脂肪細胞分化始動調節に着目した生活習慣病の発症機序の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2016年 - 2019年 代表者 : 牛島 健太郎
  • 不規則な食事タイミングによる体内時計のエピゲノム異常
    三島海雲記念財団:学術研究奨励金
    研究期間 :2017年 代表者 : 牛島 健太郎
外部資金採択状況を全て表示する
外部資金採択状況閉じる
  • 体内時計システムを利用した新規抗うつ薬創薬ターゲットの探索
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 :2013年 - 2015年 代表者 : 牛島 健太郎
  • 赤血球中MTXポリグルタメート濃度を指標にした関節リウマチにおける治療域の確立
    臨床薬理研究振興財団:研究奨励金
    研究期間 :2013年 代表者 : 牛島 健太郎
  • 体内時計システムを応用した薬物誘発性うつ病を予測する評価系の構築
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2010年 - 2011年 代表者 : 牛島 健太郎
  • アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬の時間治療 ―バルサルタンとオルメサルタンの比較―
    臨床薬理研究振興財団:研究奨励金
    研究期間 :2010年 代表者 : 牛島 健太郎
  • 体内時計システムを応用した薬物誘発性うつ病を予測するin vitro 評価系の構築
    上原記念生命科学財団:研究奨励金
    研究期間 :2009年 代表者 : 牛島 健太郎
  • 時計遺伝子に着目したインスリン抵抗性発症の機序解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
    研究期間 :2007年 - 2008年 代表者 : 牛島 健太郎
  • 核内受容体PPAR発現リズムの制御機構の解明および治療効果に及ぼす影響
    自治医科大学医学部:研究奨励金
    研究期間 :2007年 代表者 : 牛島 健太郎
  • 体内時計に着目した生活習慣病発症機序の検討
    九州大学:21COE プロジェクト(若手研究者研究活動経費)
    研究期間 :2006年 代表者 : 牛島 健太郎
  • 体内時計による脂肪細胞分化始動調節に着目した生活習慣病の発症機序の解明
    文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 :2016年 - 2019年 代表者 : 牛島 健太郎
  • 不規則な食事タイミングによる体内時計のエピゲノム異常
    三島海雲記念財団:学術研究奨励金
    研究期間 :2017年 代表者 : 牛島 健太郎


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.