研究者総覧

浜端 賢次 (ハマバタ ケンジ)

  • 老年看護学 教授
メールアドレス: hamabatajichi.ac.jp
Last Updated :2021/09/22

研究者情報

学位

  • 博士(保健学)(国立大学法人 神戸大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 80287052

J-Global ID

研究キーワード

  • 抑制   安全帯   医療・福祉   看護学   高齢者   認知症高齢者   多職種連携   看護職   介護職   連携モデル   認知症   項目反応理論   家族機能   共分散構造分析   

研究分野

  • ライフサイエンス / 高齢者看護学、地域看護学
  • ライフサイエンス / 高齢者看護学、地域看護学
  • ライフサイエンス / 生涯発達看護学

経歴

  • 2011年04月 - 現在  自治医科大学看護学部准教授・教授
  • - 2011年03月  青森中央短期大学看護学科准教授・教授
  • - 2005年03月  川崎医療福祉大学医療福祉学部保健看護学科講師
  • - 2000年03月  東海大学健康科学部看護学科助手

学歴

  •         -   国立大学法人神戸大学大学院   保健学研究科看護学専攻   博士課程後期課程
  •         -   専修大学大学院   社会学専攻   修士課程

所属学協会

  • 日本認知症ケア学会   日本家族看護学会   日本看護科学学会   日本老年社会科学会   日本医療・病院管理学会   

研究活動情報

論文

  • Teppei Sasahara, Ryusuke Ae, Akio Yoshimura, Koki Kosami, Kazumasa Sasaki, Yumiko Kimura, Dai Akine, Masanori Ogawa, Kenji Hamabata, Shuji Hatakeyama, Longzhu Cui
    BMC geriatrics 20 1 481 - 481 2020年11月 
    BACKGROUND: A high prevalence of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) colonization has been reported among residents in geriatric long-term care facilities (LTCFs). Some studies indicate that MRSA might be imported from hospitals into LTCFs via resident transfer; however, other studies report that high MRSA prevalence might be caused by cross-transmission inside LTCFs. We aimed to assess which factors have a large impact on the high MRSA prevalence among residents of geriatric LTCFs. METHODS: We conducted a cohort study among 260 residents of four geriatric LTCFs in Japan. Dividing participants into two cohorts, we separately analyzed (1) the association between prevalence of MRSA carriage and length of LTCF residence (Cohort 1: n = 204), and (2) proportion of residents identified as MRSA negative who were initially tested at admission but subsequently identified as positive in secondary testing performed at ≥2 months after their initial test (Cohort 2: n = 79). RESULTS: Among 204 residents in Cohort 1, 20 (9.8%) were identified as positive for MRSA. Compared with residents identified as MRSA negative, a larger proportion of MRSA-positive residents had shorter periods of residence from the initial admission (median length of residence: 5.5 vs. 2.8 months), although this difference was not statistically significant (p = 0.084). Among 79 residents in Cohort 2, 60 (75.9%) were identified as MRSA negative at the initial testing. Of these 60 residents, only one (1.7%) had subsequent positive conversion in secondary MRSA testing. In contrast, among 19 residents identified as MRSA positive in the initial testing, 10 (52.6%) were negative in secondary testing. CONCLUSIONS: The prevalence of MRSA was lower among residents with longer periods of LTCF residence than among those with shorter periods. Furthermore, few residents were found to become MRSA carrier after their initial admission. These findings highlight that MRSA in LTCFs might be associated with resident transfer rather than spread via cross-transmission inside LTCFs.
  • 老年看護学の立場から顧みる地域社会と地域包括ケアシステム
    浜端賢次
    地域ケアリング 21 4 67 - 70 2019年03月 [査読無し][通常論文]
  • 老年看護学の立場からみた介護職の人材育成
    浜端賢次
    地域ケアリング 20 4 98 - 100 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • 医介連携の現状と課題に関する文献検討
    浜端賢次, 小谷和彦
    自治医科大学紀要 40 53 - 63 2018年03月 [査読有り][通常論文]
  • Takashi Kuwayama, Kenji Hamabata, Toyomi Kamesaki, Soichi Koike, Kazuhiko Kotani
    Japanese clinical medicine 9 1179670718814539 - 1179670718814539 2018年 [査読有り][通常論文]
     
    Given Japan's super-ageing society and its need for developing community-based integrated care system, the role of home care nursing is becoming increasingly important. A central concern in home care nursing is regional/spatial placement of home nursing stations and accessibility for patients. Analysis based on geographic information systems (GIS) may be useful in home care nursing research. We conducted a literature review of home care nursing research based on GIS in Japan. A total of 4 articles were selected following a search of medical literature databases. The first report was published in 2014. Most subjects in the identified studies were older people. Most studies were implemented at a municipal level. Key themes in the identified studies were "placement of specialists and home nursing stations" and "placement of home nursing stations and target patients." Despite the paucity of research, as all identified studies examined the community areas with an aged population, it may point to the need to consider community-based integrated care systems, including home care nursing, in Japan. More GIS-based research on home care nursing is called for.
  • 高齢者の倫理的課題に関する研究の展望
    浜端 賢次
    地域ケアリング 19 14 87 - 89 (株)北隆館 2017年12月 [査読無し][通常論文]
     
    高齢者の倫理的課題を検討するにあたり、倫理の黄金律を考えることが大切である。筆者は2002年に「抑制帯研究の傾向」に取り組み、「抑制帯の作製・改良方法」に関する内容が最も多いことを明らかにした。また、2013年度から大学病院の看護職と「安全帯解除基準第2案」の研究に取り組んだ。さらに、2016年には「認知症告知の現状と課題」に取組み、薬物療法に絡むインフォームド・コンセントの時期や内容、家族の意向も踏まえた支援体制作り、正しい知識の提供、法的側面として人権擁護体制作り」の課題を抽出した。今後はAIやロボットが医療・介護現場に普及するが、私たち専門職は「高齢者がどうしたいか」と確認することが大切となる。(著者抄録)
  • 地域包括ケアにおける看護職と多職種連携に関する研究
    浜端 賢次
    地域ケアリング 19 10 81 - 83 (株)北隆館 2017年09月 [査読無し][通常論文]
     
    地域医療構想や地域包括ケアシステムにおいて、「多職種連携」、「地域医療連携ネットワーク」、「医介連携ネットワーク」などが重要となっている。筆者は、2001年「老人医療施設で働く看護婦(士)と介護福祉士の連携要因に関する実証的研究」:科研(若手研究B)、2006年「認知症高齢者ケアを行う看護職と介護職の連携モデルに関する実証的研究」:科研(基盤(C))に取り組んできた。現在、2017年から「地域包括ケア病棟に入院する認知症高齢者を支援する多職種専従チームの開発」:科研(基盤(C))に取り組んでいる。(著者抄録)
  • 江角伸吾, 春山早苗, 本田芳香, 村上礼子, 浜端賢次, 飯塚由美子, 大湾明美, 波多野浩道, 阿部幸恵
    日本ルーラルナーシング学会誌 12 27‐35  2017年02月 [査読無し][通常論文]
  • 浜端 賢次, 安藤 恵, 宮林 幸江
    川崎医療福祉学会誌 26 1 121 - 127 川崎医療福祉学会 2016年07月 [査読有り][通常論文]
     
    認知症告知の現状と課題を把握することを目的に、医学中央雑誌Web版を用いて1990〜2014年の文献を対象に検索を行い、得られた16編を分析した。その結果、16編の文献は、以下の4つに分類できた。1)医療者の立場から、どのように告知をしたら良いか検討している文献(5編)。2)本人と家族・地域住民への調査を踏まえ、どのように告知をしたら良いか検討している文献(6編)。3)法的な側面から、どのように告知をしたら良いか検討している文献(3編)。4)専門職への調査を踏まえ、どのように告知をしたら良いか検討している文献(2編)。また、認知症の告知における課題として、「薬物療法の開始や、服薬コンプライアンス実行のため、本人に病名を説明する必要性に迫られた場合のインフォームド・コンセントの時期や内容」「家族の意向も踏まえた支援体制づくり」「正しい知識の提供」「法的な側面として、人権擁護体制づくり」の4つが明らかになった。
  • 高齢者が参加しやすい模擬患者養成プログラムの検討
    浜端賢次, 安藤恵, 本田芳香
    川崎医療福祉学会誌 25 1 217 - 222 2015年03月 [査読有り][通常論文]
  • 自治医科大学看護学部卒業生の現状調査
    浜端賢次, 江角伸吾, 島田裕子, 安藤恵ほか
    自治医科大学看護学ジャーナル 11 65 - 73 2013年03月 [査読有り][通常論文]
  • 老年期の理解をふまえた高齢者看護学の展開
    浜端賢次, 中川孝子, 木村緑
    青森中央短期大学研究紀要 24 209 - 215 2011年03月 [査読有り][通常論文]
  • 老人保健施設と特別養護老人ホームの介護職員に必要な医学的知識と技術に関する研究
    中川孝子, 浜端賢次, 木村緑ほか
    青森中央短期大学研究紀要 24 193 - 198 2011年03月 [査読有り][通常論文]
  • 老年期を迎える統合失調症の口腔清掃の実態と看護介入の必要性
    木村緑, 中川孝子, 浜端賢次ほか
    青森中央短期大学研究紀要 24 251 - 256 2011年03月 [査読有り][通常論文]
  • 卒業生のキャリア支援に関する離職予防の取り組み
    櫻田和子, 中川孝子, 浜端賢次ほか
    青森中央短期大学研究紀要 24 257 - 261 2011年03月 [査読有り][通常論文]
  • 基礎看護技術教育における単元食事での学生の学び
    浜端賢次, 兼光洋子, 梅田弘子
    青森中央短期大学研究紀要 22・23 57 - 71 2009年03月 [査読有り][通常論文]
  • 被占領下における医療・看護改革と現在への影響
    ライダー島﨑玲子, 浜端賢次
    青森中央短期大学研究紀要 19 81 - 94 2006年03月 [査読有り][通常論文]
  • ディスポーザブルグリセリン浣腸液の温度に関する研究 -準備方法の比較-
    兼光洋子, 浜端賢次, 關戸啓子
    The Journal of Nursing Investigation 3 2 57 - 65 2005年03月 [査読有り][通常論文]
  • 社会福祉施設を活用した基礎看護学実習Ⅰの学び
    浜端賢次, 兼光洋子, 石本傳江
    川崎医療福祉学会誌 14 2 429 - 436 2005年01月 [査読有り][通常論文]
  • 看護実践能力育成のための本学の教育展望 -平成14年度看護学教育ワークショップ参加報告をもとに-
    浜端賢次, 兼光洋子, 關戸啓子
    The Journal of Nursing Investigation 2 1 68 - 75 2004年03月 [査読有り][通常論文]
  • 川崎医療福祉大学保健看護学科における看護技術教育に関する教育内容の工夫 -基礎看護学領域の授業内容の検討
    兼光洋子, 浜端賢次, 關戸啓子
    The Journal of Nursing Investigation 2 1 56 - 67 2004年03月 [査読有り][通常論文]
  • 初期看護学実習における情意領域の教育評価
    浜端賢次, 山道弘子, 藏野ともみほか
    川崎医療福祉学会誌 13 1 1 - 7 2003年08月 [査読有り][通常論文]
  • 地域保健と学校保健の連携に関する文献的考察
    山道弘子, 浜端賢次, 池下麻美ほか
    The Journal of Nursing Investigation 1 1 66 - 77 2003年03月 [査読有り][通常論文]
  • 浜端賢次, 藏野ともみ, 兼光洋子ほか
    川崎医療福祉学会誌 12 2 439 - 444 2002年12月 [査読有り][通常論文]
  • 痴呆性高齢者の在宅および施設介護における介護保険前後のサービス利用の変化
    増田元香, 野川とも江, 浜端賢次ほか
    埼玉県立大学紀要 2 57 - 63 2001年07月 [査読有り][通常論文]
  • 老人病院で働く看護婦・士と介護福祉士の連携に関する実証的研究 -老人病院の業務役割からー
    浜端賢次
    専修大学大学院学位認定論文 2001年03月 [査読有り][通常論文]
  • 老人病院における「看護」と「介護」の史的変遷と専門職をめぐる課題
    浜端賢次
    専修大学社会学会 13 61 - 66 2001年03月 [査読有り][通常論文]
  • 看護婦・士と介護福祉士の連携に関する一考察
    浜端賢次
    福祉専修 21 66 - 68 2000年03月 [査読有り][通常論文]
  • 在宅介護場面で働く1級ホームヘルパーの専門性に関する研究 -公的介護保険導入前の質問紙調査からー
    浜端賢次, 本郷澄子, 大月和彦ほか
    東海大学健康科学部紀要 5 101 - 107 2000年03月 [査読有り][通常論文]
  • 障害者理解のための学習方法
    浜端賢次, 溝口満子, 平野眞
    東海大学教育研究所紀要 6 75 - 84 1999年03月 [査読有り][通常論文]

書籍

  • 看護観察のキーポイントシリーズ 高齢者
    浜端賢次 (担当:共著範囲:第2章「倦怠感」 「しびれ」)
    中央法規出版 2006年03月
  • 必携 在宅医療・介護基本手技マニュアル
    浜端賢次 (担当:共著範囲:第3章Ⅲ.17.18「浣腸」「摘便」)
    永井書店 2000年08月
  • 介護保険実践ハンドブック
    浜端賢次 (担当:共著範囲:第5章Ⅰ.5「排泄能力の低下」)
    ミクス 2000年07月
  • 臨床看護11 臨時増刊号 ケア技術アトラス
    浜端賢次 (担当:共著範囲:「気道内浄化のための吸引」・「気道内浄化のための吸入」)
    へるす出版 1998年05月

講演・口頭発表等

  • 10か月間で3病棟をローテーションする新人看護師への効果的な支援の在り方  [通常講演]
    弘田智香, 福田順子, 浜端賢次, 大澤弘子, 塩崎純子, 亀田美智子, 中山鈴子, 渡辺道子, 大海佳子, 小谷妙子
    第47回 日本看護学会(看護管理)学術集会 2016年09月
  • 高齢遺族における抑うつと不健康・悲嘆(2)  [通常講演]
    宮林幸江, 浜端賢次
    日本老年看護学会第21回学術集会 2016年07月 ポスター発表
  • BPSDを伴う認知症高齢者の地域生活支援  [通常講演]
    浜端賢次, 小池純子, 宮林幸江
    第58回日本老年社会科学会 2016年06月
  • 安全帯解除基準の安全性の検証 安全帯を使用した退院患者の分析から  [通常講演]
    福原江美, 増渕美幸, 水野百子, 押久保絵美, 高田沙織, 簗瀬順子, 浜端賢次, 松浦徹
    第57回日本神経学会 2016年05月
  • 神経内科病棟における安全帯解除基準案(第2案)の検討  [通常講演]
    浜端賢次, 宮林幸江, 簗瀬順子, 石川裕子, 福原江美, 増渕美幸, 水野百子, 押久保絵美, 高田沙織, 松浦徹
    第57回日本神経学会 2016年05月
  • 遺族期に起こる変化とスピリチュアルペインの問題(1)  [通常講演]
    宮林幸江, 浜端賢次
    第23回日本ホスピス在宅ケア研究会 2015年08月
  • 認知症告知とその議論に関する文献検討  [通常講演]
    浜端賢次, 安藤恵, 宮林幸江
    第16回日本認知症ケア学会 2015年05月
  • Problems in Grief-care  [通常講演]
    Sachie Miyabayashi, Kenji Hamabata
    36th International Association for Human Caring Conference 2015年05月
  • A Tentative Cooperative Model in institutions With Dementia Persons  [通常講演]
    Kenji Hamabata, Sachie Miyabayashi
    36th International Association for Human Caring Conference 2015年05月
  • Contents Analysis of Farewell letter(will) on imaging one’s own sudden impending death  [通常講演]
    Sachie Miyabayashi, Kenji Hamabata
    18th EAST ASIAN FORUM OF NURSING SCHOLARS 2015年02月
  • 遺族に続発するライフイベントと遺族らの健康 -成人期と老年期の比較-  [通常講演]
    宮林幸江, 浜端賢次
    第28回日本がん看護学会 2014年07月
  • Japanese Grief Measurement:Challenge the Short Version  [通常講演]
    Sachie Miyabayashi, Kenji Hamabata, Masaru Kawakami, Midori Shimizu
    35th International Association for Human Caring Conference 2014年05月
  • Towards Patient Restraint Release Standards: Graduate Nursing Staff Criteria  [通常講演]
    Kenji Hamabata, Sachie Miyabayashi
    35th International Association for Human Caring Conference 2014年05月
  • Resilience of Elderly Stroke-hemiplegia Patients from Onset to Acceptance (narrative approach)  [通常講演]
    Sachie Miyabayashi, Kenji Hamabata
    9th INC & WANS 2013年10月
  • 要介護高齢者を介護する家族の気分と介護負担感  [通常講演]
    吹田夕起子, 内城絵恵, 中村由美子, 宗村弥生, 鳴井ひろみ, 伊藤耕嗣, 杉本晃子, 浜端賢次
    第17回日本老年看護学会 2012年05月
  • 認知症高齢者の色に対するイメージと色彩に関する研究  [通常講演]
    浜端賢次
    第7回日本痴呆ケア学会 2006年05月
  • 老人性痴呆専門病院で働く専門職が捉える痴呆のイメージに関する研究  [通常講演]
    浜端賢次, 清水那智子
    第5回日本痴呆ケア学会 2004年09月
  • 看護と介護福祉の視点から「老人医療施設で働く看護師と介護福祉士の協働要因」  [通常講演]
    浜端賢次
    日本病院管理学会第221回例会 2004年01月
  • 男性看護者の看護参画に対する一提言  [招待講演]
    浜端賢次
    第17回日本看護歴史学会 2003年09月
  • 介護保険開始当初における介護支援専門員の直面している課題の検討  [通常講演]
    増田元香, 阿部詠子, 浜端賢次ほか
    第5回日本在宅ケア学会 2001年01月
  • 介護保険による痴呆性高齢者を介護する家族の負担額とサービス満足度  [通常講演]
    浜端賢次, 増田元香, 阿部詠子ほか
    第1回日本痴呆ケア学会 2000年12月
  • 医学中央雑誌にみる抑制帯研究の動向と今後の課題  [通常講演]
    浜端賢次, 藏野ともみ, 清水那智子
    日本老年社会科学会第42回大会 2000年07月

MISC

  • 春山 早苗, 塚本 友栄, 浜端 賢次, 関山 友子, 島田 裕子, 青木 さぎ里, 江角 伸吾, 土谷 ちひろ, 横山 絢香, 鳥居 みゆき, 朝川 美也子, 江連 正子, 鈴井 祐孝, 井上 永子, 隅谷 サヨ子 自治医科大学看護学ジャーナル 17 46 -46 2020年03月
  • 鈴木 久美子, 春山 早苗, 塚本 友栄, 浜端 賢次, 関山 友子, 島田 裕子, 青木 さぎ里, 江角 伸吾, 土谷 ちひろ, 鳥居 みゆき, 朝川 美也子, 江連 正子, 早乙女 美奈子, 鈴井 佑孝, 小島 恒夫, 井上 永子, 隅谷 サヨ子 自治医科大学看護学ジャーナル 16 33 -33 2019年03月
  • 模擬患者を用いたアセスメント演習に参加した地域で活動する看護職の自己評価
    里光やよい, 本田芳香, 浜端賢次, 清水みどり, 湯山美杉, 岡野朋子, 大澤弘子 自治医科大学看護学ジャーナル 15 39 -39 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • 対人関係スキル習得ための模擬患者導入による学習の有効性に関する研究
    湯山 美杉, 本田 芳香, 小原 泉, 里光 やよい, 福田 順子, 飯塚 由美子, 中塚 麻美, 浜端 賢次, 野沢 博子, 亀田 美智子, 高久 美子, 安藤 恵 自治医科大学看護学ジャーナル 14 44 -44 2017年03月 [査読無し][通常論文]
  • 安全帯解除基準のガイドライン作成に関する研究
    浜端 賢次, 宮林 幸江, 簗瀬 順子, 石川 裕子, 福原 江美, 増渕 美幸, 水野 百子, 押久保 絵美, 高田 沙織, 安藤 恵 自治医科大学看護学ジャーナル 14 46 -46 2017年03月 [査読無し][通常論文]
  • 成田 伸, 大塚 公一郎, 中村 美鈴, 横山 由美, 里光 やよい, 鈴木 久美子, 角川 志穂, 塚本 友栄, 浜端 賢次, 田村 敦子, 長谷川 直人, 平尾 温司, 福田 順子 自治医科大学看護学ジャーナル 13 34 -34 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 浜端 賢次, 宮林 幸江, 樋口 一江, 石川 裕子, 福原 江美, 増渕 美幸, 水野 百子, 押久保 絵美, 高田 沙織 自治医科大学看護学ジャーナル 13 29 -29 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 本学看護学部卒業生の現状と看護職継続に向けた基礎的研究
    浜端賢次, 江角伸吾, 島田裕子, 安藤恵ほか 自治医科大学看護学ジャーナル 12 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 大学病院看護職が判断する安全帯解除のための臨床判断基準
    浜端賢次, 宮林幸江, 川上勝, 樋口一江, 石川裕子, 福原江美, 村上江里子, 水野百子, 上野直美, 森田沙織 自治医科大学看護学ジャーナル 12 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 誤嚥を防食事介助用スプーンの開発
    川上勝, 宮林幸江, 浜端賢次, 清水みどり, 相賀美幸, 古内三基子, 戸田浩二 自治医科大学看護学ジャーナル 12 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 高齢者ケアを実践する看護職のキャリア形成プログラム開発に関する研究
    浜端賢次, 水戸美津子, 宮林幸江, 高木初子, 長井栄子, 船田淳子, 鮎澤みどり 自治医科大学看護学ジャーナル 10 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 高齢者の口腔内吸引・鼻腔内吸引におけるリスク要因の検討
    高山詩穂, 水戸美津子, 高木初子, 浜端賢次, 滝恵津, 戸田昌子, 船田淳子 自治医科大学看護学ジャーナル 10 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 項目反応理論を用いた病気の家族メンバーをもつ家族の家族機能モデルの構築
    研究代表者, 中村由美子, 浜端賢次 平成21~23年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究結果報告書 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • サービス利用が痴呆性老人の問題行動と家族介護者の援助行動に及ぼす影響
    研究代表者, 大塚眞理子, 浜端賢次 平成13年~平成14年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2) 2003年03月 [査読無し][通常論文]
  • 痴呆性高齢者の「自己統合」による「関係維持・生活実現」支援法の開発
    研究代表者, 喜田裕荘, 谷口幸一, 浜端賢次, ほか 平成10年~平成13年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2) 2002年03月 [査読無し][通常論文]
  • 老人保健に係わる保健活動の推進に関する研究 -介護保険施行後における地域保健活動と保健婦等の配置のあり方ー
    研究代表者, 野川とも江, 高杉春代, 浜端賢次, ほか 平成12年度 老人保健増進等事業(厚生労働省) 2001年03月 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 活動量計を用いた手術を受けた患者の術後の身体活動の実態及びモデル構築
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2018年04月 -2020年03月 
    代表者 : 鹿原幸恵
  • 地域包括ケア病棟に入院する認知症高齢者を支援する多職種専従チームの開発
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2017年 -2020年 
    代表者 : 浜端賢次
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 中村 由美子, 杉本 晃子, 内城 絵美, 宗村 弥生, 伊藤 耕嗣, 鳴井 ひろみ, 吹田 夕起子, 澁谷 泰秀, 浜端 賢次, 杉本 晃子, 権 美子
     
    本研究では,病気の家族メンバーがいる家族へのケアを支援するために,項目反応理論を用いた家族機能尺度の有用性について検討することを目的とした。病気の家族メンバーには、がん患者や介護の必要な高齢者を含んでいた。有効回答を得られたのは195名(男性52名,女性142名)であった。構造方程式モデリング手法(共分散構造分析)を用いてモデルを構築した結果,"家族機能"と"QOL"という2つの構成概念が直接影響を及ぼすことが示された。また,項目を洗練化するために,合計19項目からなる尺度を項目反応理論(IRT)によって分析した。項目反応理論を用いた分析は,項目の洗練化だけではなく家族機能モデルの開発にも有用であった。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    代表者 : 浜端 賢次, 兼光 洋子, 秋庭 由佳, 山道 弘子
     
    SD法による認知症高齢者のイメージを測定した結果、看護職と介護職では、認知症高齢者に関するイメージに大きな差は見られなかった。病院・施設の専門職が参加した検討会で確認した結果、日常生活援助業務ならびに医療処置業務では、以前より目標を明確にして協働する場面が多くなってきた現状が明らかとなった。それぞれの持つ職種の強みを活かし双方の職種を理解しながら、次の4つのモデルが認知症高齢者ケアには必要ではないかとの見解に至った。(1)観察共有型連携モデル、(2)コミュニケーション共有型連携モデル、(3)日常生活援助・医療処置共有型連携モデル、(4)危険予測共有型連携モデルである。(1)のモデルでは、入院・入所直後ならびに認知症高齢者の行動変化がみられる時期に、看護職と介護職がそれぞれの観察視点を共有しながら情報を集めるというモデルである。(2)のモデルでは、認知症高齢者は多くの不安を持っていることを前提として、入院・入所直後から看護職と介護職でひとり一人の認知症高齢者にあったコミュニケーション技法を一緒に探すモデルである。(3)のモデルでは、一人の認知症高齢者に行われる援助は連続性であると捉え、業務を分けるのではなく、日常生活援助業務も医療処置業務も全て一緒に援助するモデルである。双方の観察視点と情報を共有しながら、より優先順位の高い援助方法に導くためのモデルである。(4)のモデルでは、認知症高齢者に見られる周辺症状から危険性が生じることを予測し、看護職と介護職で認知症高齢者の安全を確保するモデルである。このモデルは、認知症高齢者の幻聴・幻覚・被害妄想などから生じる様々な危険行為(暴言・暴力行為・転倒・転落等)を予測し予防しようとするモデルである。ひとり一人の認知症高齢者が安全で満足したケアを受けるために、看護職と介護職は上記4つのモデルから状況に応じて話し合いながら優先順位を立て、情報を共有しながら共に援助する必要性が確認された。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
    研究期間 : 2001年 -2003年 
    代表者 : 浜端 賢次
     
    2002年度は筆者らが作成した質問紙を用い、33項目の質問について両職に尋ね両職の実態を比較検討した。両職とも実施頻度が高かった業務は「食事に関する援助業務」(食事介助、食事摂取量チェック)の2項目であった。一方で、両職とも「その他の業務」(リハビリに関連した業務、ナースコールへの対応)の2項目に関して実施頻度が低かった。次に、職種ごとの実施内容について見ると、看護師に実施頻度が高かった業務は、「医療処置に関する業務」(体温測定、脈拍測定、血圧測定、尿量測定、吸引、酸素吸入、薬液吸入、服薬、湿布交換、氷枕交換、経管栄養の準備・後始末)と「その他の業務」(退院指導)の12項目であった。一方で介護福祉士に実施頻度が高かった業務は、「排泄援助に関する業務」(オムツ交換、トイレ誘導、失禁時の世話)、「清潔の援助に関する業務」(入浴介助、入浴できない人への清拭)、「移動・移送に関する業務」(ベッドと車椅子間の移動、車椅子での患者の移送)、「寝たきり患者への援助に関する業務」(寝たきり患者のリネン交換、寝たきり患者の体位交換、衣類の着脱)の11項目であった。この結果、医療処置業務は看護師、日常生活援助業務は介護福祉士が中心に行っている現状が明らかとなり、業務の暫定的な住み分けが進んでいる実態が浮き彫りになった。次に、両職に面接調査を実施した。面接内容は、「連携がうまくいかなかった場面・うまくいった場面における状況と理由」について尋ねた。面接の結果、連携阻害要因3カテゴリーと連携促進要因4カテゴリーが明らかとなった。<看護婦と介護福祉士に共通した連携阻害要因のカテゴリー>1)看護婦と介護福祉士の意識、2)患者情報や日常生活援助業務の共有化不足、3)業務分担の明確化<看護婦と介護福祉士の連携促進要因のカテゴリー>1)患者の変化に伴う情報の共有化、2)両職共同によるケアプラン作成、3)両職共同による目標の共有化、4)日常生活援助業務・医療処置業務における協力作業患者によって医療処置業務と日常生活援助業務は連続して行われる人がいることからも、患者の目標を両職で共有化し、時間の許す限り一緒に業務を行うことが連携を円滑にすすめる要因となる。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.