研究者総覧

目黒 由行 (メグロ ヨシユキ)

  • 外科学講座(消化器一般移植外科学部門) 助教
Last Updated :2021/11/23

研究者情報

学位

  • 医学博士(2018年12月 自治医科大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 30813183

J-Global ID

研究活動情報

論文

  • 膵内副脾に発生した類表皮嚢胞の1例
    小堀 篤也, 森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 361回 28 - 28 日本消化器病学会-関東支部 2020年09月
  • Heidelberg大学病院の膵頭十二指腸切除術
    田口 昌延, 佐久間 康成, 小泉 大, 笹沼 英紀, 下平 健太郎, 齋藤 晶, 木村 有希, 青木 裕一, 目黒 由行, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 清水 敦, 山口 博紀, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 35 3 A337 - A337 (一社)日本膵臓学会 2020年07月
  • Yoshiyuki Meguro, Hironori Yamaguchi, Joji Kitayama, Rihito Kanamaru, Shiro Matsumoto, Takashi Ui, Hidenori Haruta, Kentaro Kurashina, Shin Saito, Yoshinori Hosoya, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    Surgical case reports 6 1 63 - 63 2020年03月 [査読有り]
     
    BACKGROUND: Despite recent progress in systemic chemotherapy, the prognosis of patients with peritoneal metastases from gastric cancer is still poor. Efficacious intraperitoneal and systemic combination chemotherapy regimens to treat patients with peritoneal metastases have recently been developed. CASE PRESENTATION: A 74-year-old man with gastric cancer T4b (transverse mesocolon) N3 M1 (peritoneum) received combination chemotherapy with intraperitoneal administration of paclitaxel, intravenous oxaliplatin, and oral S-1. Eight courses of combined chemotherapy had remarkable anti-tumor effects on the primary lesion, lymph node metastases, and peritoneal metastases. Total gastrectomy with regional lymph node dissection was performed. Pathological examination revealed no viable tumor cells in the resected specimens. After gastrectomy, the patient received 25 courses of the same chemotherapy without oxaliplatin and has no evidence of recurrence 24 months later. DISCUSSION: Therapeutic approaches including systemic chemotherapy, extended resection, and heated intraperitoneal chemotherapy have been used to treat patients with peritoneal metastases. Repeat therapy with intraperitoneal paclitaxel has been used recently. Intraperitoneal administration of paclitaxel results in prolonged retention in the peritoneal cavity with effects against peritoneal metastases. Repeated administration of paclitaxel does not cause adhesions in the peritoneal cavity. When combination chemotherapy is effective, salvage gastrectomy is a promising option with minimal morbidity and mortality. CONCLUSION: Combined chemotherapy with intraperitoneal paclitaxel and systemic chemotherapy followed by gastrectomy is a promising strategy for patients with advanced gastric cancer and peritoneal metastases.
  • Yoshiyuki Meguro, Kanako Miyano, Shigeto Hirayama, Yuki Yoshida, Naoto Ishibashi, Takumi Ogino, Yuriko Fujii, Sei Manabe, Moeko Eto, Miki Nonaka, Hideaki Fujii, Yoichi Ueta, Minoru Narita, Naohiro Sata, Toshihiko Yada, Yasuhito Uezono
    Journal of pharmacological sciences 137 1 67 - 75 2018年05月 [査読有り]
     
    Oxytocin (OT) is a 9-amine neuropeptide that plays an essential role in mammalian labor, lactation, maternal bonding, and social affiliation. OT has been reported to exert an analgesic effect in both humans and animals, and the results of certain animal experiments have shown that the analgesic effect of OT is partially blocked by opioid receptor antagonists. To investigate the relationship between OT and μ opioid receptor (MOR), we evaluated how OT affects MOR in vitro by performing an electrical impedance-based receptor biosensor assay (CellKey™ assay), an intracellular cAMP assay, and a competitive receptor-binding analysis by using cells stably expressing human MOR and OT receptor. In both the CellKey™ assay and the intracellular cAMP assay, OT alone exerted no direct agonistic effect on human MOR, but treatment with 10-6 M OT markedly enhanced the MOR signaling induced by 10-6 M endomorphin-1, β-endorphin, morphine, fentanyl, and DAMGO. Moreover, in the competitive receptor-binding assay, 10-6 M OT did not alter the affinity of endomorphin-1 or morphine for MOR. These results suggest that OT could function as a positive allosteric modulator that regulates the efficacy of MOR signaling, and thus OT might represent a previously unrecognized candidate analgesic agent.
  • Yoshiyuki Meguro, Noriyoshi Fukushima, Masaru Koizumi, Naoya Kasahara, Masanobu Hydo, Kazue Morishima, Naohiro Sata, Alan T Lefor, Yoshikazu Yasuda
    Pathology international 64 9 465 - 71 2014年09月 [査読有り]
     
    A 54-year-old Japanese woman was referred with a gallbladder tumor. Based on the results of the computed tomography scan, endoscopic retrograde cholangiopancreatography, and magnetic resonance cholangiopancreatography, a mucin-producing neoplasm of the gallbladder associated with pancreaticobiliary maljunction was diagnosed. Extended cholecystectomy, extrahepatic bile duct resection, and choledochojejunostomy were performed, and she remains free of recurrence 24 months after resection. Histopathological examination revealed that the papillary component of the lesion was an intracystic papillary neoplasm with diverse characteristics of pancreaticobiliary epithelium and intestinal epithelium including mucin. In this component, most of the papillary lesion was a high-grade intraepithelial neoplasm, but also showed slight invasion into the muscular layer. The nodular component consisted of both poorly differentiated biliary type adenocarcinoma and large cell neuroendocrine carcinoma. We report a rare case of a mixed adenoneuroendocrine carcinoma arising from an intracystic papillary neoplasm associated with pancreaticobiliary maljunction. As for the histogenesis of this tumor, based on the histopathologic appearance, transdifferentiation from poorly differentiated biliary type adenocarcinoma to large cell neuroendocrine carcinoma is considered the most possible histogenesis of this tumor.
  • Yoshiyuki Meguro, Ayaki Koide, Takafumi Tabuchi
    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society 26 4 603 - 603 2014年07月 [査読有り]
  • Toru Zuiki, Yoshiyuki Meguro, Hidetoshi Kumano, Koji Koinuma, Yasuyuki Miyakura, Hisanaga Horie, Alan T Lefor, Naohiro Sata, Yoshikazu Yasuda
    Case reports in gastroenterology 8 2 162 - 8 2014年05月 [査読有り]
     
    A 41-year-old woman was admitted with upper abdominal pain, vomiting and fever. Abdominal CT scan showed a colo-duodenal fistula with inflammatory thickening of the transverse colon. The patient's general health was poor because of hypoalbuminemia and coagulopathy. Endoscopy showed a fistula at the lower duodenal angle and the stomach was filled with refluxed stool. Ileostomy and percutaneous endoscopic gastrostomy were performed at that time and a double lumen gastro-jejunostomy inserted through the gastrostomy to allow both gastric drainage and distal enteral feeding. Nutrition support was gradually converted from parenteral to enteral feeding. Colonoscopy showed stenosis of the transverse colon with a colo-colonic fistula near the stenosis. Two months later, right hemi-colectomy and closure of the colo-duodenal fistula were performed. The resected specimen showed stenosis and a fistula in the transverse colon due to Crohn's disease. The colo-colonic fistula was present and the colo-duodenal fistula had almost closed due to fibrosis. The postoperative course was uneventful and the patient was discharged after administration of infliximab. Use of a double lumen gastro-jejunostomy tube was effective in improving the patient's general condition. This therapeutic strategy allowed the safe conduct of major resection in a high-risk patient.
  • Ryosuke Sekine, Masanobu Hyodo, Masayuki Kojima, Yoshiyuki Meguro, Akifumi Suzuki, Taku Yokoyama, Alan T Lefor, Norio Hirota
    World journal of gastroenterology 19 48 9485 - 9 2013年12月 [査読有り]
     
    We report a case of hepatic choriocarcinoma in a man diagnosed at autopsy after a rapid downhill clinical course. The patient was a 49-year-old man who presented with acute right-sided abdominal pain. There were no masses palpable on physical examination. Radiographic findings showed large multi-nodular tumors mainly in the right lobe of the liver. Fludeoxyglucose-positron emission tomography scan showed uptake only in the liver, and no uptake in the testes. We initially planned to perform a liver resection for the presumed diagnosis of intra-hepatic cholangiocarcinoma. However, the tumors grew rapidly and ruptured. Multiple lung metastases rapidly developed resulting in respiratory failure, preventing liver resection or even biopsy. He died 60 d after initial presentation with no pathological diagnosis. Postmortem studies included histopathological and immunohistological examinations which diagnosed a primary choriocarcinoma of the liver. Primary hepatic choriocarcinoma is very rare but should be considered in the differential diagnosis of a liver tumor in a middle aged man. Establishing this diagnosis may enable treatment of the choriocarcinoma. Liver biopsy and evaluation of serum human chorionic gonadotropin are recommended in these patients.
  • Shin Saito, Yoshinori Hosoya, Kazue Morishima, Takashi Ui, Hidenori Haruta, Kentaro Kurashina, Yoshiyuki Meguro, Toru Zuiki, Naohiro Sata, Hirofumi Fujii, Daisuke Matsubara, Toshiro Niki, Alan T Lefor, Yoshikazu Yasuda
    Journal of digestive diseases 13 8 407 - 13 2012年08月 [査読有り]
     
    OBJECTIVE: Adenosquamous carcinoma originating in the stomach is an unusual neoplasm with few existing histological studies. This study was aimed to gain insight into the histogenetic and clinicopathological characteristics of gastric cancer with squamous cell carcinoma (SCC) components. METHODS: From January 2001 to June 2010 a total of 1735 patients underwent a resection of gastric cancer. Histopathologically, eight patients had adenocarcinoma containing SCC components, in which the proportion of SCC components was above 25% of the total tumor mass in four patients. The immunohistochemical and clinicopathological characteristics of these eight patients were analyzed. RESULTS: The median survival duration was 22 months. Adenocarcinoma was present at the superficial layer of all tumors and SCC was primarily present at sites with deep invasion. Immunohistochemically, adenocarcinoma components were positive for cytokeratin (CK) 8/18/19 and CK7 in all cases. SCC components were positive for carcinoembryonic antigen and CK7 in more than 60% of patients. Expression patterns of p53 product were identical in both components. SCC components were positive for 34βE12 and adenocarcinoma components were negative for 34βE12 in all patients. CONCLUSIONS: SCC components are derived from squamous metaplasia in a pre-existing adenocarcinoma. A gastric adenocarcinoma with SCC components is associated with various patterns of metastasis and both SCC and adenocarcinoma components have the potential for metastasis. Gastric cancer with SCC components is a clinically aggressive tumor.

講演・口頭発表等

  • 高齢発症の潰瘍性大腸炎に併発した横行結腸神経内分泌癌の一例  [通常講演]
    高橋 礼, 目黒 由行, 廣田 由佳, 櫻井 秀嵩, 篠田 祐之, 廣田 紀男, 吉田 淳
    第82回日本臨床外科学会総会 口頭発表(一般)
  • 当科の膵液瘻予防と管理の工夫:自治医大式Blumgart変法の治療成績  [通常講演]
    目黒 由行, 笹沼 英紀, 下平 健太郎, 青木 裕一, 森嶋 計, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    第47回日本膵切研究会 2020年08月
  • 術後膵液瘻ゼロを目指した膵断端処置具の新規開発
    兼田 裕司, 木村 有希, 齋藤 晶, 青木 裕一, 目黒 由行, 森嶋 計, 宮戸 英世, 大澤 英之, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 小泉 大, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 味村 俊樹, 北山 丈二, Alan Lefor, 佐田 尚宏
    第120回日本外科学会定期学術集会 2020年08月
  • Heidelberg大学病院の膵頭十二指腸切除術
    田口 昌延, 佐久間 康成, 小泉 大, 笹沼 英紀, 下平 健太郎, 齋藤 晶, 木村 有希, 青木 裕一, 目黒 由行, 笠原 尚哉, 森嶋 計, 兼田 裕司, 三木 厚, 宮戸 英世, 遠藤 和洋, 吉田 淳, 清水 敦, 山口 博紀, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    2020年
  • 膵内副脾に発生した類表皮嚢胞の1例  [通常講演]
    小堀 篤也, 森嶋 計, 下平 健太郎, 青木 裕一, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    第361回日本消化器病学会関東支部例会 2020年
  • オキシトシンはκオピオイド受容体に対しpositive allosteric modulator(PAM)として作用する
    吉田有輝, 高橋英希, 小野晴香, 目黒由行, 宮野加奈子, 野中美希, 水口貴章, 平山重人, 小林正樹, 藤井秀明, 樋上賀一, 上園保仁
    日本生理学会第249回生理学東京懇話会 2019年11月
  • Neuropeptide oxytocin enhances μ opioid receptor signaling as a positive allosteric modulator.
    Meguro, Y, Miyano, K, Hirayama, S, Fujii, H, Ueta, Y, Sata, N, Yada, T, Uezono, Y
    Neuroscience meeting 2019 2019年10月 ポスター発表
  • オキシトシンはμおよびκオピオイド受容体に対しpositive allosteric modulator (PAM)として作用する
    吉田有輝, 高橋英希, 小野晴香, 目黒由行, 宮野加奈子, 野中美希, 水口貴章, 平山重人, 小林正樹, 藤井秀明, 樋上賀一, 上園保仁
    第141回日本薬理学会関東部会 2019年10月
  • Oxytocinはオピオイドμおよびκ受容体に対してpositive allosteric modulator(PAM)として作用し鎮痛効果を発揮する -Oxytocinの新規鎮痛補助薬としての可能性について-
    小野 晴香, 高橋 英希, 吉田 有輝, 目黒 由行, 水口 貴章, 平山 重人, 宮野 加奈子, 樋上 賀一, 藤井 秀明, 上園 保仁
    次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2019年08月
  • 複雑な部分内臓逆位症を伴う総胆管結石症に対し手術を行った1例
    丸藤 琴音, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 宮戸 秀世, 目黒 由行, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    第80回日本臨床外科学会総会 2018年11月
  • 複雑な部分内臓逆位症を伴う総胆管結石症に対し手術を行った1例
    丸藤 琴音, 吉田 淳, 笹沼 英紀, 宮戸 秀世, 目黒 由行, 森嶋 計, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 2018年10月 日本臨床外科学会
  • 胆石性胆嚢炎の保存的加療中に胆嚢内出血をきたした1例  [通常講演]
    東條峰之, 小泉 大, 齋藤 晶, 目黒由行, 田口昌延, 三木 厚, 宮戸秀世, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏
    第54回日本胆道学会学術集会 2018年09月
  • 東條 峰之, 小泉 大, 齋藤 晶, 目黒 由行, 田口 昌延, 三木 厚, 宮戸 秀世, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    胆道 2018年08月 日本胆道学会
  • 切除可能膵癌に対する術前放射線化学療法の有用性
    三木 厚, 佐久間康成, 齋藤 晶, 目黒由行, 遠藤和洋, 小泉 大, 笹沼英紀, 堀江久永, 細谷好則, 北山丈二, 佐田尚宏
    2018年06月
  • 膵空腸吻合(Blumgart変法 自治医大方式)に適した膵臓の検討
    小泉 大, 齋藤 晶, 目黒由行, 宮戸秀世, 田口昌延, 兼田裕司, 三木 厚, 遠藤和洋, 笹沼英紀, 佐久間康成, 佐田尚宏
    第49回日本膵臓学会大会 2018年06月
  • 小泉 大, 斎藤 晶, 目黒 由行, 宮戸 秀世, 田口 昌延, 兼田 裕司, 三木 厚, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏
    膵臓 2018年05月 (一社)日本膵臓学会
  • 三木 厚, 佐久間 康成, 斉藤 晶, 目黒 由行, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    膵臓 2018年05月 (一社)日本膵臓学会
  • 腹腔内投与併用化学療法により病理学的完全奏効を得た腹膜播種陽性胃癌の2例  [通常講演]
    目黒由行, 山口博紀, 北山丈二, 石神浩徳, 奥野貴之, 金丸理人, 松本志郎, 宇井 崇, 春田英律, 倉科憲太郎, 齋藤 心, 細谷好則, 佐田尚宏
    第90回日本胃癌学会総会 2018年03月 ポスター発表
  • 腹腔内投与併用化学療法により病理学的完全奏功を得た腹膜播種陽性胃癌の2例(pCR in P1 gastric cancer using intraperitoneal and systemic chemotherapy: Report of two patients)
    目黒 由行, 山口 博紀, 北山 丈二, 石神 浩徳, 奥野 貴之, 金丸 理人, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事 2018年03月 (一社)日本胃癌学会
  • 診断に腹腔鏡下生検が有用であった悪性腹膜中皮腫の2例
    窪木大悟, 目黒由行, 小出綾希
    第30回日本内視鏡外科学会総会 2017年12月
  • Oxytocin involvement of μ-opioid receptor-mediated analgesia and relationship between functions of oxytocin and kamikihito, a Japanese Kampo medicine.
    Uezono,Y, Meguro,Y, Miyano,K, Hirayama,S, Ogino,T, Ishibashi,N, Yoshida,Y, Fujii,H, Higami,Y
    International Society of Autonomic Neuroscience 2017 2017年08月
  • 前方アプローチから逆行性虫垂切除を施行した大腿ヘルニア虫垂嵌頓の1例
    窪木大悟, 目黒由行, 小池輪太郎, 小島正幸
    第77回日本臨床外科学会総会 2015年11月
  • CTで右側結腸の著明な壁肥厚を示し、HUSを発症した高齢者O157感染症の1救命例.
    窪木大悟, 目黒由行, 小池輪太郎, 小島正幸
    第18回日本臨床救急医学会 2015年06月
  • 喉頭から頸部食道にかけての大型有鈎義歯による食道穿孔の1手術例
    目黒 由行, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 瑞木 亨, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 2014年11月 日本臨床外科学会
  • 喉頭から頸部食道にかけての大型有鈎義歯による食道穿孔の1手術例
    目黒由行, 細谷好則, 倉科憲太郎, 瑞木 亨, 佐田尚宏, 安田是和
    第830回外科集談会 2013年09月
  • 薬剤部分耐性胃GISTに対して2度の外科的切除を施行した1例
    目黒 由行, 細谷 好則, 瑞木 亨, 清水 敦, 福嶋 敬宣, 藤井 博文, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 2013年07月 日本臨床外科学会
  • 腹腔鏡下に摘出した針金様腹腔内異物の1例
    目黒 由行, 熊野 秀俊, 俵藤 正信, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 2012年12月 日本臨床外科学会
  • 胃全摘術後25年にY脚に生じた小腸癌による腸重積の1例
    目黒由行, 遠藤和洋, 瑞木 亨, 細谷好則, 佐田尚宏, 安田是和
    第74回日本臨床外科学会総会 2012年12月
  • 胃全摘術後25年にY脚に生じた小腸癌による腸重積の1例
    目黒 由行, 遠藤 和洋, 瑞木 亨, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 2012年10月 日本臨床外科学会
  • 薬剤部分耐性胃GISTに対して2度の外科的切除を施行した1例
    目黒由行, 細谷好則, 瑞木 亨, 清水 敦, 福嶋敬宜, 藤井博文, 佐田尚宏, 安田是和
    第826回外科集談会 2012年09月
  • 薬剤部分耐性GISTに対して2度の外科的切除を施行した1例.第9回北関東GIST研究会
    目黒由行
    第9回北関東GIST研究会 2012年07月
  • 外科的摘出を施行した大型有鉤義歯誤飲の3例
    目黒由行, 瑞木 亨, 松本志郎, 宇井 崇, 春田英律, 倉科憲太郎, 齋藤 心, 平嶋勇希, 細谷好則, 安田是和
    第66回日本食道学会学術集会 2012年06月
  • 腹腔鏡下に摘出した針金様腹腔内異物の1例.
    目黒由行, 熊野秀俊, 俵藤正信, 堀江久永, 佐田尚宏, 安田是和
    第823回外科集談会 2011年12月
  • イマチニブ部分耐性胃GISTの1切除例
    目黒由行, 細谷好則, 長瀬通隆, 瑞木 亨, 福嶋敬宣, 藤井博文, 佐田尚宏, 安田是和
    第73回日本臨床外科学会総会 2011年11月
  • イマチニブ部分耐性胃GISTの1切除例
    目黒 由行, 細谷 好則, 長瀬 通隆, 瑞木 亨, 福嶋 敬宣, 藤井 博文, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 2011年10月 日本臨床外科学会
  • 絞扼性イレウスの早期診断 MDCTの有用性
    小島 正幸, 横山 卓, 小野 公平, 横田 真一郎, 佐田友 藍, 勝部 乙大, 目黒 由行
    日本臨床外科学会雑誌 2011年10月 日本臨床外科学会
  • High risk患者の急性胆嚢炎に対する開腹胆嚢外瘻造設術の有用性の検討.
    目黒由行, 小泉 大, 宇井 崇, 俵藤正信, 佐田尚宏, 安田是和
    第47回日本腹部救急医学会総会 2011年08月
  • 二期的手術が奏功したクローン病による結腸十二指腸瘻の1例
    瑞木 亨, 目黒由行, 熊野秀俊, 宮倉安幸, 堀江久永, 佐田尚宏, 安田是和
    第66回日本消化器外科学会総会 2011年07月
  • イマチニブ部分耐性胃GISTの1切除例
    目黒由行, 細谷好則, 長瀬通隆, 瑞木 亨, 福嶋敬宣, 藤井博文, 佐田尚宏, 安田是和
    第8回北関東GIST研究会 2011年06月
  • 膵胆管合流異常症に合併した粘液産生胆嚢癌の1切除例
    目黒由行, 小泉 大, 笠原尚哉, 俵藤正信, 佐田尚宏, 安田是和
    第23回日本肝胆膵外科学会 2011年06月
  • High risk患者の急性胆嚢炎に対する開腹胆嚢外瘻造設術の有用性の検討
    目黒 由行, 小泉 大, 宇井 崇, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本腹部救急医学会雑誌 2011年02月 (一社)日本腹部救急医学会
  • 巨大肝膿瘍を合併した胆嚢炎の1例
    玉井道裕, 俵藤正信, 目黒由行, 小泉 大, 瑞木 亨, 藤原岳人, 笹沼英紀, 佐田尚宏, 安田是和
    第117回栃木県臨床外科集談会 2010年12月
  • 回腸のLymphoid hyperplasiaによる潰瘍形成が原因となったイレウスの1例.
    目黒由行, 瑞木 亨, 宇井 崇, 熊野秀俊, 鯉沼広治, 宮倉安幸, 堀江久永, 佐田尚宏, 安田是和, 福嶋敬宜
    第312回日本消化器病学会関東支部例会 2010年12月
  • 回腸のLymphoid hyperplasiaによる潰瘍形成が原因となったイレウスの1例.
    目黒由行, 瑞木 亨, 宇井 崇, 熊野秀俊, 鯉沼広治, 宮倉安幸, 堀江久永, 佐田尚宏, 安田是和
    第14回栃木県腸疾患研究会 2010年11月
  • 胃腺扁平上皮癌の1切除例
    目黒由行, 細谷好則, 宇井 崇, 春田英律, 齋藤 心, 瑞木 亨, 佐田尚宏, 安田是和, 喜舎場由香
    第311回日本消化器病学会関東支部例会 2010年09月
  • 転移巣からの出血による腹痛で発券された横行結腸原発内分泌細胞癌の1切除例
    目黒由行, 横山 卓, 小島正幸
    第71回日本臨床外科学会総会 2009年11月
  • H .pylori 感染を伴った穿孔性十二指腸潰瘍の男子
    熊谷秀規, 松本静子, 江橋正浩, 目黒由行, 横山 卓, 小島正幸
    第36回日本小児栄養消化器肝臓学会
  • H. pylori 感染を伴った穿孔性十二指腸潰瘍の男子
    熊谷秀規, 松本静子, 江橋正浩, 目黒由行, 横山 卓, 小島正幸
    第92回日本小児科学会茨城地方会 2009年06月
  • H. pylori 感染を伴った穿孔性十二指腸潰瘍の男子
    熊谷秀規, 松本静子, 江橋正浩, 目黒由行, 関根良介, 横山卓, 小島正幸
    第116回日本小児科学会栃木県地方会 2009年03月
  • 院の周術期DVTスクーリングにおける下肢静脈エコーとMR venographyの比較検討
    鈴木敦子, 佐藤典子, 後藤寿子, 大澤美樹子, 木村博美, 廣木輝雄, 宇野淳美, 長谷川淳, 石井満, 中澤裕一, 宮本健児, 阿部八千代, 小形幸代, 間中一至, 伊東紘一, 目黒由行, 関根良介, 横山卓, 小島正幸
    常陸水戸画像診断研究会第6回研究会 2009年03月
  • 転移性大腸癌に対してFOLFIRI療法施行中に発症したCPT-11によると考えられた薬剤性肺炎の1例
    中山雅之, 岡﨑洋雄, 目黒由行, 関根良介, 横山卓, 小島正幸, 荒井康之, 間中一至, 坂本博次, 小形幸代, 杉山照幸, 伊東紘一, 廣田紀男
    2008年11月
  • 高齢者の偶発性低体温症に対して、早期よりCHDFを用いた復温を施行して救命し、良好な転帰を得た2例
    目黒由行, 関根良介, 横山卓, 小島正幸
    第36回日本救急医学会総会 2008年10月
  • 若年女性に発症した肝・肺多発腫瘍
    関根良介, 目黒由行, 横山卓, 小島正幸
    常陸水戸画像診断研究会第4回研究会 2008年06月
  • 術前診断に苦慮したS状結腸癌胆管転移の1例
    目黒由行, 北條宣幸, 俵藤正信, 安田是和, 永井秀雄
    第19回日本肝胆膵外科学会・学術集会 2007年06月

MISC

  • 高齢発症の潰瘍性大腸炎に併発した横行結腸神経内分泌癌の一例
    高橋 礼, 目黒 由行, 廣田 由佳, 櫻井 秀嵩, 篠田 祐之, 廣田 紀男, 吉田 淳 日本臨床外科学会雑誌 81 (増刊) 407 -407 2020年10月
  • 上園 保仁, 目黒 由行, 宮野 加奈子, 吉田 有輝 脳神経内科 90 (3) 246 -252 2019年03月 [査読有り][招待有り]
  • 診断に腹腔鏡下生検が有用であった悪性腹膜中皮腫の2例
    窪木 大悟, 目黒 由行, 小出 綾希 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP237 -04 2017年12月
  • 前方アプローチから逆行性虫垂切除を施行した大腿ヘルニア虫垂嵌頓の1例
    窪木 大悟, 目黒 由行, 小池 輪太郎, 小島 正幸 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 625 -625 2015年10月
  • CTで右側結腸の著明な壁肥厚を示し、HUSを発症した高齢者O157感染症の1救命例
    窪木 大悟, 目黒 由行, 小池 輪太郎, 小島 正幸 日本臨床救急医学会雑誌 18 (2) 415 -415 2015年04月
  • 目黒 由行, 細谷 好則, 遠藤 和洋, 田中 亨, 佐田 尚宏, 安田 是和 日本外科系連合学会誌 40 (1) 55 -60 2015年02月 [査読有り]
     
    患者は25年前胃癌で胃全摘,膵体尾部切除,脾摘出術を施行された62歳男性.腹痛で近医を受診,腹部CTで輸入脚の拡張を認めたため当科紹介受診.ダブルバルーン内視鏡,FDG-PETでの精査の結果,Y脚近傍に生じた悪性腫瘍による腸重積と診断した.また,ネフローゼ症候群と低栄養による著明な低蛋白血症も認められた.腸重積は内視鏡施行時に解除されたため,待機的手術とした.開腹時,腫瘍はTreitz靱帯から20cm遠位に存在し,腫瘍からY脚吻合部までの距離は30cmであった.腫瘍から10cmのマージンを確保し切除,linear staplerでfunctional end-to-end anastomosisを施行した.術後も著明な低蛋白血症は改善せず術後3ヵ月で前医転院となった.術後病理は小腸腺癌であった.胃全摘術後輸入脚に生じた小腸癌による腸重積という稀な病態は報告例がなく,文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)
  • 目黒 由行, 細谷 好則, 倉科 憲太郎, 瑞木 亨, 佐田 尚宏, 安田 是和 手術 68 (1) 93 -96 2014年01月 [査読有り][通常論文]
     
    80歳男。朝食後に強く咳き込み摂食不良となり、入院にて絶食と抗生剤で加療した。入院10日後の上部消化管内視鏡にて喉頭に有鉤義歯を認め、喉頭鏡を用いて鉗子による摘出を行ったが不可能であった。頸部単純X線、頸部造影CT、喉頭ファイバースコープ各所見にて、喉頭から食道にかかる大型有鉤義歯、食道右壁外の気泡、右総頸動脈背側に及ぶ炎症性変化を認めた。気管切開を行い、切開部から襟状切開を行ったところ複数の穿孔部を認め、約4cmに亘っていた。披裂部に張り出したクラスプを全て外した後に義歯を経口的に摘出した。穿孔部は可及的に全層一層に結節縫合し、穿孔部の口側からチューブ食道瘻を作成した。上腹部正中切開にて開腹し、大網フラップを作成して頸部まで十分に届くようにした。大網は皮下経路で挙上して椎前のスペースと胸郭入口部に充填し、食道の縫合閉鎖部と食道瘻を被覆した。経過は良好で、縫合不全や狭窄は認めなかった。
  • H.pylori感染を伴った穿孔性十二指腸潰瘍の男子
    熊谷 秀規, 松本 静子, 江橋 正浩, 目黒 由行, 関根 良介, 横山 卓, 小島 正幸 日本小児科学会雑誌 115 (10) 1580 -1580 2011年10月
  • 熊谷 秀規, 松本 静子, 江橋 正浩, 木村 岳人, 目黒 由行, 横山 卓, 小島 正幸, 廣田 紀男 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 24 (Suppl.) 126 -126 2010年09月
  • 鈴木 敦子, 大澤 美樹子, 後藤 寿子, 佐藤 典子, 木村 博美, 廣木 輝雄, 宇野 淳美, 長谷川 淳, 石井 満, 中澤 裕一, 宮本 健児, 阿部 八千代, 間中 一至, 小形 幸代, 伊東 紘一, 目黒 由行, 関根 良介, 横山 卓, 小島 正幸 映像情報Medical 42 (8) 754 -755 2010年07月 
    深部静脈血栓症(DVT)発症の早期診断・治療のため下肢静脈エコーとMR venography(MRV)を行い、それぞれの画像を比較検討した。待機的手術を行った20例を対象とした。日本循環器学会ガイドラインによるDVTリスク分類をし、高リスク群が多かった。術前所見は、下肢静脈エコーでは3例、MRVでは1例で異常所見を認めた。術後所見では、下肢静脈エコーでは14例、MRVでは2例で異常所見を認めた。DVTが1例のみのため、D-ダイマー値で代用し各画像検査で比較した。術後下肢静脈エコーで異常を認めた群では、術前のD-ダイマー値に有意差は認めなかったが術後は有意差を認めた。術後MRVで異常を認めた群では、術前・術後ともに有意差は認めなかった。また、術後下肢エコーで異常所見を有する群にのみSFMC陽性例を認めたが、有意差は認めなかった。
  • 中山 雅之, 岡崎 洋雄, 目黒 由行, 関根 良介, 横山 卓, 小島 正幸, 荒井 康之, 間中 一至, 坂本 博次, 小形 幸代, 杉山 照幸, 伊東 紘一, 廣田 紀男 映像情報Medical 42 (6) 644 -645 2010年06月
  • 関根 良介, 中山 雅之, 横山 卓, 目黒 由行, 藤田 晃史, 小島 正幸 映像情報Medical 42 (4) 422 -424 2010年04月 
    25歳女。喘息発作で受診し、スクリーニングの胸部CTで肝腫瘤を指摘された。腹部造影CTで肝左葉下縁にφ27mm、分葉形のiso〜hypo echoicな腫瘤を認め、内部の血流は弱く、不均一であった。また、肝S8、S3、S2に各2個、S6に1個の境界不明瞭なリング状増強効果を受ける腫瘤を認めた。転移性肝腫瘍を疑い、原発巣検索を行ったが悪性疾患は指摘されず、肝線維腫を鑑別として考えSPIO-MRIを施行した。腫瘍はT1で低信号、T2で高信号、特にT2WIでは腫瘍内部が線維組織のため高信号となり、周囲に低信号なhaloを認めた。PETでは腫瘍へのFDG集積率は肝と同等か、わずかに高い程度であり、全身に特異的な所見はなかった。胸部CTで肺野に小粒状影が散在していることと併せ、類上皮性血管内皮腫(EHE)を第一に考え、大学病院に肝生検を依頼した。針生検が施行され、EHEと確定診断された。
  • 転移巣からの出血による腹痛で発見された横行結腸原発内分泌細胞癌の1切除例
    目黒 由行, 横山 卓, 小島 正幸 日本臨床外科学会雑誌 70 (増刊) 548 -548 2009年10月
  • H.pylori感染を伴った穿孔性十二指腸潰瘍の男子
    熊谷 秀規, 松本 静子, 江橋 正浩, 目黒 由行, 横山 卓, 小島 正幸 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌 23 (Suppl.) 58 -58 2009年09月
  • H.pylori感染を伴った穿孔性十二指腸潰瘍の男子
    熊谷 秀規, 松本 静子, 江橋 正浩, 目黒 由行, 関根 良介, 横山 卓, 小島 正幸 日本小児科学会雑誌 113 (8) 1285 -1285 2009年08月
  • 高齢者の重症偶発性低体温症に対して、早期よりCHDFを用いた復温を施行して救命し、良好な転帰を得た2例
    目黒 由行, 関根 良介, 横山 卓, 小島 正幸 日本救急医学会雑誌 19 (8) 656 -656 2008年08月
  • 関根 良介, 小島 正幸, 目黒 由行, 鈴木 章史, 横山 卓 映像情報Medical 40 (1) 72 -74 2008年01月 
    66歳男。糖尿病・高血圧症にて加療中であり、また、一過性心房細動のためワーファリン内服中であった。2ヵ月前より下腹部痛、便秘、便柱狭小化を来たし、左下腹部に腫瘤を触知した。腹部造影CTを施行し、横断像および冠状断面像で下行結腸にtarget signを呈する腸重積像を認めた。また右腎の部分水腎と腹部大動脈の石灰化、壁在血栓も認めた。確定診断目的で緊急大腸内視鏡検査を行い、下行結腸内に径5cmの腫瘍を認め、この腫瘍により重積を来たしていた。送気により重積は整復できた。腫瘍の位置は横行結腸で、ワーファリン内服中でもあり、待機手術を選択した。後日横行結腸切除を施行し、病理診断は分化型腺癌、type I、ss、oy0、N0、Isp(50mm、1個)であった。術後経過良好で現在外来通院中である。
  • 肺小細胞癌にSIADH、DICを合併し死亡した1例
    目黒 由行, 植草 義史, 小形 幸代, 関 義元, 橋本 幾太, 鏑木 孝之, 内海 啓子 茨城県臨床医学雑誌 (42) 11 -11 2007年08月
  • 直腸癌術後9年に出現した肝門部腫瘤の1切除例
    目黒 由行, 吉見 富洋, 川崎 晋司, 朝戸 裕二, 岡本 光順, 小室 安宏, 三瀬 祥弘, 塩山 靖和, 佐藤 始広, 高坂 功, 横瀬 智之, 井村 穣二 茨城県臨床医学雑誌 (42) 51 -51 2007年08月
  • 心原性ショックを呈した急性冠症候群(ACS)に対する血行再建術直後に吐血を生じた症例
    安倍 大輔, 富沢 巧治, 目黒 由行, 羽鳥 光晴, 小形 幸代 茨城循環器研究会雑誌 13 19 -23 2006年11月
  • 直腸癌術後9年に出現した肝門部腫瘤の1切除例
    目黒 由行, 吉見 富洋, 川崎 普司, 朝戸 裕二, 岡本 光順, 小室 安宏, 三瀬 祥弘 日本臨床外科学会雑誌 67 (8) 1965 -1965 2006年08月

受賞

  • 2021年03月 日本薬理学会 第 26 回 JPS 優秀論文賞
     Neuropeptide oxytocin enhances μ opioid receptor signaling as a positive allosteric modulator


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.