詳細検索はこちら

太田 聡 オオタ サトシ

所属部署名生化学講座構造生化学部門
職名講師ホームページURL

プロフィール

研究キーワード

    シグナル伝達, 細胞周期, がん, 発がん, 転移, MerTK, Ras, IL-33, ST2, 染色体, 質量分析, プロテオミクス, クロマチン, DNA複製, チェックポイント, 動原体, プロテオーム, キネトコア, 染色体分配, 染色体複製, 生化学, クロマトグラフィー, タンパク質, 分子生物学

研究分野

  • 生物科学 / 細胞生物学
  • 基礎医学 / 医化学一般
  • 生物科学 / 分子生物学

学位

  • バイオサイエンス博士

研究活動

論文

  • ARIH2 Ubiquitinates NLRP3 and Negatively Regulates NLRP3 Inflammasome Activation in Macrophages.
    Kawashima A, Karasawa T, Tago K, Kimura H, Kamata R, Usui-Kawanishi F, Watanabe S, Ohta S, Funakoshi-Tago M, Yanagisawa K, Kasahara T, Suzuki K, Takahashi M
    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 199(10) 3614-3622 2017年11月
  • ST2 gene products critically contribute to cellular transformation caused by an oncogenic Ras mutant.
    Tago K, Ohta S, Kashiwada M, Funakoshi-Tago M, Matsugi J, Tominaga SI, Yanagisawa K
    Heliyon 3(10) e00436 2017年10月
  • STAT3 and ERK pathways are involved in cell growth stimulation of the ST2/IL1RL1 promoter.
    Tago K, Ohta S, Funakoshi-Tago M, Aoki-Ohmura C, Matsugi J, Tominaga SI, Yanagisawa K
    FEBS open bio 7(2) 293-302 2017年02月
  • ZNF70, a novel ILDR2-interacting protein, contributes to the regulation of HES1 gene expression.
    Watanabe K, Nakayama K, Ohta S, Tago K, Boonvisut S, Millings EJ, Fischer SG, LeDuc CA, Leibel RL, Iwamoto S
    Biochemical and biophysical research communications 477(4) 712-716 2016年09月
  • Intracellular NF-HEV/IL-33 harbors essential roles in Ras-induced cellular transformation by contributing to cyclin D1 protein synthesis.
    Ohta S, Tago K, Funakoshi-Tago M, Matsugi J, Yanagisawa K
    Cellular signalling 28(8) 1025-1036 2016年08月
  • Soluble form of the ST2 gene product exhibits growth promoting activity in NIH-3T3 cells.
    Tominaga SI, Ohta S, Tago K
    Biochemistry and biophysics reports 5 8-15 2016年03月
  • The oncogenic role of the cochaperone Sgt1.
    Ogi H, Sakuraba Y, Kitagawa R, Xiao L, Shen C, Cynthia MA, Ohta S, Arnold MA, Ramirez N, Houghton PJ, Kitagawa K
    Oncogenesis 4 e149 2015年05月
  • Presence of a novel exon 2E encoding a putative transmembrane protein in human IL-33 gene.
    Tominaga S, Hayakawa M, Tsuda H, Ohta S, Yanagisawa K
    Biochemical and biophysical research communications 430(3) 969-974 2013年01月
  • Soluble ST2 protein inhibits LPS stimulation on monocyte-derived dendritic cells.
    Nagata A, Takezako N, Tamemoto H, Ohto-Ozaki H, Ohta S, Tominaga S, Yanagisawa K
    Cellular & molecular immunology 9(5) 399-409 2012年09月
  • Involvement of human ORC and TRF2 in pre-replication complex assembly at telomeres.
    Tatsumi Y, Ezura K, Yoshida K, Yugawa T, Narisawa-Saito M, Kiyono T, Ohta S, Obuse C, Fujita M
    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms 13(10) 1045-1059 2008年10月
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • ARIH2 Ubiquitinates NLRP3 and Negatively Regulates NLRP3 Inflammasome Activation in Macrophages.
    Kawashima A, Karasawa T, Tago K, Kimura H, Kamata R, Usui-Kawanishi F, Watanabe S, Ohta S, Funakoshi-Tago M, Yanagisawa K, Kasahara T, Suzuki K, Takahashi M
    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 199(10) 3614-3622 2017年11月
  • ST2 gene products critically contribute to cellular transformation caused by an oncogenic Ras mutant.
    Tago K, Ohta S, Kashiwada M, Funakoshi-Tago M, Matsugi J, Tominaga SI, Yanagisawa K
    Heliyon 3(10) e00436 2017年10月
  • STAT3 and ERK pathways are involved in cell growth stimulation of the ST2/IL1RL1 promoter.
    Tago K, Ohta S, Funakoshi-Tago M, Aoki-Ohmura C, Matsugi J, Tominaga SI, Yanagisawa K
    FEBS open bio 7(2) 293-302 2017年02月
  • ZNF70, a novel ILDR2-interacting protein, contributes to the regulation of HES1 gene expression.
    Watanabe K, Nakayama K, Ohta S, Tago K, Boonvisut S, Millings EJ, Fischer SG, LeDuc CA, Leibel RL, Iwamoto S
    Biochemical and biophysical research communications 477(4) 712-716 2016年09月
  • Intracellular NF-HEV/IL-33 harbors essential roles in Ras-induced cellular transformation by contributing to cyclin D1 protein synthesis.
    Ohta S, Tago K, Funakoshi-Tago M, Matsugi J, Yanagisawa K
    Cellular signalling 28(8) 1025-1036 2016年08月
  • Soluble form of the ST2 gene product exhibits growth promoting activity in NIH-3T3 cells.
    Tominaga SI, Ohta S, Tago K
    Biochemistry and biophysics reports 5 8-15 2016年03月
  • The oncogenic role of the cochaperone Sgt1.
    Ogi H, Sakuraba Y, Kitagawa R, Xiao L, Shen C, Cynthia MA, Ohta S, Arnold MA, Ramirez N, Houghton PJ, Kitagawa K
    Oncogenesis 4 e149 2015年05月
  • Presence of a novel exon 2E encoding a putative transmembrane protein in human IL-33 gene.
    Tominaga S, Hayakawa M, Tsuda H, Ohta S, Yanagisawa K
    Biochemical and biophysical research communications 430(3) 969-974 2013年01月
  • Soluble ST2 protein inhibits LPS stimulation on monocyte-derived dendritic cells.
    Nagata A, Takezako N, Tamemoto H, Ohto-Ozaki H, Ohta S, Tominaga S, Yanagisawa K
    Cellular & molecular immunology 9(5) 399-409 2012年09月
  • Involvement of human ORC and TRF2 in pre-replication complex assembly at telomeres.
    Tatsumi Y, Ezura K, Yoshida K, Yugawa T, Narisawa-Saito M, Kiyono T, Ohta S, Obuse C, Fujita M
    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms 13(10) 1045-1059 2008年10月
  • 17-AAG, an Hsp90 inhibitor, causes kinetochore defects: a novel mechanism by which 17-AAG inhibits cell proliferation.
    Niikura Y, Ohta S, Vandenbeldt KJ, Abdulle R, McEwen BF, Kitagawa K
    Oncogene 25(30) 4133-4146 2006年07月
  • The ORC1 cycle in human cells: I. cell cycle-regulated oscillation of human ORC1.
    Tatsumi Y, Ohta S, Kimura H, Tsurimoto T, Obuse C
    The Journal of biological chemistry 278(42) 41528-41534 2003年10月
  • The ORC1 cycle in human cells: II. Dynamic changes in the human ORC complex during the cell cycle.
    Ohta S, Tatsumi Y, Fujita M, Tsurimoto T, Obuse C
    The Journal of biological chemistry 278(42) 41535-41540 2003年10月
  • PCNA clamp facilitates action of DNA cytosine methyltransferase 1 on hemimethylated DNA.
    Iida T, Suetake I, Tajima S, Morioka H, Ohta S, Obuse C, Tsurimoto T
    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms 7(10) 997-1007 2002年10月
  • A proteomics approach to identify proliferating cell nuclear antigen (PCNA)-binding proteins in human cell lysates. Identification of the human CHL12/RFCs2-5 complex as a novel PCNA-binding protein.
    Ohta S, Shiomi Y, Sugimoto K, Obuse C, Tsurimoto T
    The Journal of biological chemistry 277(43) 40362-40367 2002年10月

MISC

  • Ras変異体が誘導する発がんシグナルにおける受容体型チロシンキナーゼMer(MerTK)の機能解析
    太田 聡, 多胡 憲治, 松儀 実広, 柳澤 健
    生命科学系学会合同年次大会 2017年度 [2P-0448] 2017年12月
  • KRasタンパク質のC末端側における新規の点変異は特異な生化学的特性と細胞がん化能を示す
    多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 太田 聡, 大村 千尋, 松儀 実広, 柳澤 健
    生命科学系学会合同年次大会 2017年度 [4LT19-02(3P 2017年12月
  • 【TSLPとIL-33に関する新知見】 細胞のがん化におけるIL-33前駆体の新しい機能とその分子機構に関する新たな知見
    太田 聡, 多胡 憲治, 柳澤 健
    臨床免疫・アレルギー科 67(3) 275-281 2017年03月
  • がん化型Ras変異体はNF-κBの転写活性化を促進する
    多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 太田 聡, 河田 浩敏, 堀江 久永, 山内 淳司, 田中 亨, 松儀 実広, 柳澤 健
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 89回 [2T10-07(2P 2016年09月
  • IL-33前駆体は、がん化型Ras変異体が誘導する形質転換とサイクリンD1のタンパク質合成に必須の役割を担う
    太田 聡, 多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 松儀 実広, 柳澤 健
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 88回・38回 [1P0110]-[1P0110] 2015年12月
  • 新規IL-33シグナル調節蛋白質IFITM3の同定
    多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 太田 聡, 松儀 実広, 柳澤 健
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 88回・38回 [2T21p-04(2P0198)] 2015年12月
  • がん化型Ras変異体はNF-κBの過剰な活性化を引き起こす
    多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 太田 聡, 松儀 実広, 柳澤 健
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 87回 [4T14a-14] 2014年10月
  • がん化型Ras変異体が誘起する発がんシグナルはTNFαによるNF-κBの活性化を増強する(Oncogenic signal caused by Ras(G12V) augments the TNFα-induced activation of NF-κB)
    多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 太田 聡, 松儀 実広, 柳澤 健
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 86回 3T13p-11 2013年09月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • Ras変異体が誘導する発がんシグナルにおける受容体型チロシンキナーゼMer(MerTK)の機能解析
    太田 聡, 多胡 憲治, 松儀 実広, 柳澤 健
    生命科学系学会合同年次大会 2017年度 [2P-0448] 2017年12月
  • KRasタンパク質のC末端側における新規の点変異は特異な生化学的特性と細胞がん化能を示す
    多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 太田 聡, 大村 千尋, 松儀 実広, 柳澤 健
    生命科学系学会合同年次大会 2017年度 [4LT19-02(3P 2017年12月
  • 【TSLPとIL-33に関する新知見】 細胞のがん化におけるIL-33前駆体の新しい機能とその分子機構に関する新たな知見
    太田 聡, 多胡 憲治, 柳澤 健
    臨床免疫・アレルギー科 67(3) 275-281 2017年03月
  • がん化型Ras変異体はNF-κBの転写活性化を促進する
    多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 太田 聡, 河田 浩敏, 堀江 久永, 山内 淳司, 田中 亨, 松儀 実広, 柳澤 健
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 89回 [2T10-07(2P 2016年09月
  • IL-33前駆体は、がん化型Ras変異体が誘導する形質転換とサイクリンD1のタンパク質合成に必須の役割を担う
    太田 聡, 多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 松儀 実広, 柳澤 健
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 88回・38回 [1P0110]-[1P0110] 2015年12月
  • 新規IL-33シグナル調節蛋白質IFITM3の同定
    多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 太田 聡, 松儀 実広, 柳澤 健
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 88回・38回 [2T21p-04(2P0198)] 2015年12月
  • がん化型Ras変異体はNF-κBの過剰な活性化を引き起こす
    多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 太田 聡, 松儀 実広, 柳澤 健
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 87回 [4T14a-14] 2014年10月
  • がん化型Ras変異体が誘起する発がんシグナルはTNFαによるNF-κBの活性化を増強する(Oncogenic signal caused by Ras(G12V) augments the TNFα-induced activation of NF-κB)
    多胡 憲治, 多胡 めぐみ, 太田 聡, 松儀 実広, 柳澤 健
    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 86回 3T13p-11 2013年09月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.