詳細検索はこちら

佐藤 健夫 サトウ タケオ

所属部署名地域臨床教育センター
職名教授ホームページURL

プロフィール

プロフィール

    大学院修了後は研究ではなく、臨床医として医療に貢献しようと思い東京都内で勤務してきましたが、北海道の地域で3年半の間診療する機会がありました。全く知らない土地でゼロからの診療開始となり、自分の専門のアレルギーリウマチ性疾患以外にも広く診療する必要に迫られ、大変な重圧の中勤務してきましたが、いい経験であったと考えています。それと同時になぜ地域医療が崩壊していくのか、自分自身の経験としても理解することができ、人間の身勝手さを痛感しています。今は縁あって自治医科大学に勤務していますが、現在も北海道の医師不足の地への支援を継続しています。今後は医師として患者様への診療により貢献するだけではなく、微力ながらアレルギーリウマチ領域での臨床研究に寄与していきたいと考えています。

経歴

  • 2000年
    東京大学 医学部附属病院(助手)

学位

  • 医学博士

研究活動

論文

  • Pseudogout of the sternoclavicular joints.
    Hanai S, Sato T, Nagatani K, Minota S
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 53 521-522 2014年
  • [Case report: a patient with a six-month history of fever of unknown origin, followed by various manifestations of the central nervous system, finally diagnosed as having intravascular lymphoma by random skin biopsy].
    Hagiwara K, Abe Y, Sato T, Inokuma S, Akiyama O, Suzuki K, Sato H, Imakado S, Takemura T
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 100 1956-1958 2011年07月
  • Factors associated with fatal outcome of leflunomide-induced lung injury in Japanese patients with rheumatoid arthritis.
    Sato T, Inokuma S, Sagawa A, Matsuda T, Takemura T, Otsuka T, Saeki Y, Takeuchi T, Sawada T, Study Committee for Leflunomide-induced Lung Injury,Japan College of Rheumatology
    Rheumatology (Oxford, England) 48 1265-1268 2009年10月
  • Leflunomide-induced interstitial lung disease: prevalence and risk factors in Japanese patients with rheumatoid arthritis.
    Sawada T, Inokuma S, Sato T, Otsuka T, Saeki Y, Takeuchi T, Matsuda T, Takemura T, Sagawa A, Study Committee for Leflunomide-induced Lung Injury,Japan College of Rheumatology
    Rheumatology (Oxford, England) 48 1069-1072 2009年09月
  • Proposals for leflunomide use to avoid lung injury in patients with rheumatoid arthritis.
    Inokuma S, Sato T, Sagawa A, Matsuda T, Takemura T, Ohtsuka T, Saeki Y, Takeuchi T, Sawada T
    Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 18 442-446 2008年
  • Effectiveness of leukocytapheresis for refractory foot ulceration in rheumatoid arthritis.
    Sato T, Hagiwara K, Kobayashi S, Inokuma S, Akiyama O
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 47 1763-1764 2008年
  • Acute exacerbation of preexisting interstitial lung disease after administration of etanercept for rheumatoid arthritis.
    Hagiwara K, Sato T, Takagi-Kobayashi S, Hasegawa S, Shigihara N, Akiyama O
    The Journal of rheumatology 34 1151-1154 2007年05月
  • [A case of systemic sclerosis and Sjogren's syndrome with cardiac tamponade due to steroid-responsive pericarditis].
    Sato T, Oominami SY, Souma T, Hagiwara K, Kobayashi S, Akiyama O
    Arerugi = [Allergy] 55 827-831 2006年07月
  • Trimethoprim-sulfamethoxazole-induced hypersensitivity syndrome associated with reactivation of human herpesvirus-6.
    Morimoto T, Sato T, Matsuoka A, Sakamoto T, Ohta K, Ando T, Ikushima S, Hagiwara K, Matsuno H, Akiyama O, Oritsu M
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 45 101-105 2006年
  • Magnetic resonance imaging of optic neuritis in a patient with systemic lupus erythematosus.
    Sato T, Unno S, Hagiwara K, Matsuno H, Takeda K, Akiyama O
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 45 121 2006年
論文等(論文)を全て表示する
論文等(論文)閉じる
  • Pseudogout of the sternoclavicular joints.
    Hanai S, Sato T, Nagatani K, Minota S
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 53 521-522 2014年
  • [Case report: a patient with a six-month history of fever of unknown origin, followed by various manifestations of the central nervous system, finally diagnosed as having intravascular lymphoma by random skin biopsy].
    Hagiwara K, Abe Y, Sato T, Inokuma S, Akiyama O, Suzuki K, Sato H, Imakado S, Takemura T
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 100 1956-1958 2011年07月
  • Factors associated with fatal outcome of leflunomide-induced lung injury in Japanese patients with rheumatoid arthritis.
    Sato T, Inokuma S, Sagawa A, Matsuda T, Takemura T, Otsuka T, Saeki Y, Takeuchi T, Sawada T, Study Committee for Leflunomide-induced Lung Injury,Japan College of Rheumatology
    Rheumatology (Oxford, England) 48 1265-1268 2009年10月
  • Leflunomide-induced interstitial lung disease: prevalence and risk factors in Japanese patients with rheumatoid arthritis.
    Sawada T, Inokuma S, Sato T, Otsuka T, Saeki Y, Takeuchi T, Matsuda T, Takemura T, Sagawa A, Study Committee for Leflunomide-induced Lung Injury,Japan College of Rheumatology
    Rheumatology (Oxford, England) 48 1069-1072 2009年09月
  • Proposals for leflunomide use to avoid lung injury in patients with rheumatoid arthritis.
    Inokuma S, Sato T, Sagawa A, Matsuda T, Takemura T, Ohtsuka T, Saeki Y, Takeuchi T, Sawada T
    Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 18 442-446 2008年
  • Effectiveness of leukocytapheresis for refractory foot ulceration in rheumatoid arthritis.
    Sato T, Hagiwara K, Kobayashi S, Inokuma S, Akiyama O
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 47 1763-1764 2008年
  • Acute exacerbation of preexisting interstitial lung disease after administration of etanercept for rheumatoid arthritis.
    Hagiwara K, Sato T, Takagi-Kobayashi S, Hasegawa S, Shigihara N, Akiyama O
    The Journal of rheumatology 34 1151-1154 2007年05月
  • [A case of systemic sclerosis and Sjogren's syndrome with cardiac tamponade due to steroid-responsive pericarditis].
    Sato T, Oominami SY, Souma T, Hagiwara K, Kobayashi S, Akiyama O
    Arerugi = [Allergy] 55 827-831 2006年07月
  • Trimethoprim-sulfamethoxazole-induced hypersensitivity syndrome associated with reactivation of human herpesvirus-6.
    Morimoto T, Sato T, Matsuoka A, Sakamoto T, Ohta K, Ando T, Ikushima S, Hagiwara K, Matsuno H, Akiyama O, Oritsu M
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 45 101-105 2006年
  • Magnetic resonance imaging of optic neuritis in a patient with systemic lupus erythematosus.
    Sato T, Unno S, Hagiwara K, Matsuno H, Takeda K, Akiyama O
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 45 121 2006年
  • Sarcoidosis with acute recurrent polyarthritis and hypercalcemia.
    Sato T, Tsuru T, Hagiwara K, Miyashita K, Matsuno H, Goto A, Oritsu M, Hamanaka T, Akiyama O
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 45 363-368 2006年
  • Reactive hemophagocytic syndrome in a case of systemic lupus erythematosus that was diagnosed by detection of hemophagocytosing macrophages in peripheral blood smears.
    Hagiwara K, Sawanobori M, Nakagawa Y, Sato T, Akiyama O, Takemura T
    Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 16 169-171 2006年
  • [Case of congestive heart failure associated with hypereosinophilia developed during antibiotics treatment].
    Sato T, Hagiwara K, Matsuno H, Akiyama O
    Arerugi = [Allergy] 54 1208-1212 2005年10月
  • A case of necrotizing fasciitis caused by coagulase-negative staphylococcus: utility of magnetic resonance imaging for the preoperative diagnosis of necrotizing fasciitis.
    Sato T, Hagiwara K, Matsuno H, Chiyokura Y, Morimoto S, Kunogi J, Akiyama O
    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy 11 160-163 2005年06月
  • Takotsubo (ampulla-shaped) cardiomyopathy associated with microscopic polyangiitis.
    Sato T, Hagiwara K, Nishikido A, Miyamoto S, Komiyama K, Matsuno H, Hashida H, Kobayakawa N, Akiyama O
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 44 251-255 2005年03月
  • Crowned dens syndrome.
    Sato T, Hagiwara K, Sasaki M, Matsuno H, Akiyama O
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 44 160 2005年02月
  • Clinical characteristics of Pneumocystis carinii pneumonia in patients with connective tissue diseases.
    Sato T, Inokuma S, Maezawa R, Nakayama H, Hamasaki K, Miwa Y, Okazaki Y, Yamashita M, Tanaka Y, Kono H
    Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 15 191-197 2005年
  • A case of acquired hemophilia caused by factor VIII inhibitor with rheumatoid arthritis, successfully treated with immunosuppressive treatment and recombinant activated factor VII.
    Sato T, Hagiwara K, Chikazoe J, Nakagawa Y, Akiyama O
    Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 14 320-322 2004年09月
  • Peripheral nervous system involvement complicated due to vasculitis in cases of primary Sjögren's syndrome: case studies in a single hospital and a literature review.
    Miwa Y, Inokuma S, Yokoe Y, Okazaki Y, Sato T, Maezawa R
    Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 13 160-167 2003年06月

MISC

  • P-101 3万/μL超に及ぶ末梢血好酸球増多を繰返すも重要臓器障害なく自然緩解する1例(喘息関連疾患・好酸球増多疾患,一般演題,第25回日本アレルギー学会春季臨床大会)
    小林 祥子, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 仲地 真一郎, 松原 絵里佳, 大西 香絵, 佐藤 理仁
    アレルギー 62(3) 2013年04月
  • 半年以上の不明熱の経過中に多彩な中枢神経症状が加わり, ランダム皮膚生検にて診断が確定した血管内リンパ腫の1例
    萩原 清文, 阿部 有, 佐藤 健夫, 猪熊 茂子, 秋山 修, 鈴木 憲史, 佐藤 弘行, 今門 純久, 武村 民子
    日本内科学会雑誌 100(7) 1956-1958 2011年07月
  • MS28-11 アレルギー性肉芽腫性血管炎における臓器障害(AGA)とステロイド反応性(好酸球と臨床・アレルギー病態3-上気道と好酸球-,第59回日本アレルギー学会秋季学術大会)
    池田 信一郎, 古寺 理恵, 後藤 淳郎, 戸塚 亜美, 猪熊 茂子, 萩原 清文, 佐藤 健夫, 秋山 修, 小林 祥子
    アレルギー 58(8) 2009年09月
  • MS36-4 血球貪食症候群発症時のLDH/ALT値(膠原病と類似疾患4,第59回日本アレルギー学会秋季学術大会)
    白田 龍之介, 戸塚 亜美, 浅井 大介, 吉田谷 芙美, 萩原 清文, 佐藤 健夫, 秋山 修, 小林 祥子, 猪熊 茂子
    アレルギー 58(8) 2009年09月
  • 52 インフリキシマブにより掌蹠膿疱症/乾癬様症状を呈した関節炎の一例(薬物アレルギー・薬剤性障害3,一般演題,第21回日本アレルギー学会春季臨床大会)
    萩原 清文, 安川 康介, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 小林 祥子, 秋山 修, 白石 淳一, 武村 民子
    アレルギー 58(3) 2009年04月
  • 74 当科における好酸球性血管浮腫症例の検討(好酸球/好中球2,第58回日本アレルギー学会秋季学術大会)
    佐藤 健夫, 猪熊 茂子, 萩原 清文, 小林 祥子, 秋山 修
    アレルギー 57(9) 2008年10月
  • 232 Ibuprofen十分量療法が奏功を呈した成人発症Still病の2例(膠原病と類縁疾患3,第58回日本アレルギー学会秋季学術大会)
    萩原 清文, 猪熊 茂子, 知念 大悟, 佐藤 健夫, 小林 祥子, 秋山 修
    アレルギー 57(9) 2008年10月
  • 経過14年の多発性筋炎関連非特異性間質性肺炎に巨大肺血栓塞栓症を併発した1剖検例
    高木 雄亮, 萩原 清文, 佐藤 健夫, 秋山 修, 小倉 高志, 津堅 美貴子, 武村 民子
    日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society 46(10) 808-813 2008年10月
  • 抗リウマチ薬 (新薬展望2008) -- (治療における最近の新薬の位置付け<薬効別>--新薬の広場)
    秋山 修, 佐藤 健夫, 萩原 清文
    医薬ジャ-ナル 44(1) 183-188 2008年
  • S10-6 レフルノミドによる薬剤性肺障害の臨床所見並びにリスクファクターに関する検討(膠原病治療の現状と評価, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会)
    沢田 哲治, 佐藤 健夫, 佐川 昭, 松田 剛正, 武村 民子, 佐伯 行彦, 大塚 毅, 竹内 勤, 猪熊 茂子
    アレルギー 56(3) 2007年04月
論文等(その他)を全て表示する
論文等(その他)閉じる
  • P-101 3万/μL超に及ぶ末梢血好酸球増多を繰返すも重要臓器障害なく自然緩解する1例(喘息関連疾患・好酸球増多疾患,一般演題,第25回日本アレルギー学会春季臨床大会)
    小林 祥子, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 仲地 真一郎, 松原 絵里佳, 大西 香絵, 佐藤 理仁
    アレルギー 62(3) 2013年04月
  • 半年以上の不明熱の経過中に多彩な中枢神経症状が加わり, ランダム皮膚生検にて診断が確定した血管内リンパ腫の1例
    萩原 清文, 阿部 有, 佐藤 健夫, 猪熊 茂子, 秋山 修, 鈴木 憲史, 佐藤 弘行, 今門 純久, 武村 民子
    日本内科学会雑誌 100(7) 1956-1958 2011年07月
  • MS28-11 アレルギー性肉芽腫性血管炎における臓器障害(AGA)とステロイド反応性(好酸球と臨床・アレルギー病態3-上気道と好酸球-,第59回日本アレルギー学会秋季学術大会)
    池田 信一郎, 古寺 理恵, 後藤 淳郎, 戸塚 亜美, 猪熊 茂子, 萩原 清文, 佐藤 健夫, 秋山 修, 小林 祥子
    アレルギー 58(8) 2009年09月
  • MS36-4 血球貪食症候群発症時のLDH/ALT値(膠原病と類似疾患4,第59回日本アレルギー学会秋季学術大会)
    白田 龍之介, 戸塚 亜美, 浅井 大介, 吉田谷 芙美, 萩原 清文, 佐藤 健夫, 秋山 修, 小林 祥子, 猪熊 茂子
    アレルギー 58(8) 2009年09月
  • 52 インフリキシマブにより掌蹠膿疱症/乾癬様症状を呈した関節炎の一例(薬物アレルギー・薬剤性障害3,一般演題,第21回日本アレルギー学会春季臨床大会)
    萩原 清文, 安川 康介, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 小林 祥子, 秋山 修, 白石 淳一, 武村 民子
    アレルギー 58(3) 2009年04月
  • 74 当科における好酸球性血管浮腫症例の検討(好酸球/好中球2,第58回日本アレルギー学会秋季学術大会)
    佐藤 健夫, 猪熊 茂子, 萩原 清文, 小林 祥子, 秋山 修
    アレルギー 57(9) 2008年10月
  • 232 Ibuprofen十分量療法が奏功を呈した成人発症Still病の2例(膠原病と類縁疾患3,第58回日本アレルギー学会秋季学術大会)
    萩原 清文, 猪熊 茂子, 知念 大悟, 佐藤 健夫, 小林 祥子, 秋山 修
    アレルギー 57(9) 2008年10月
  • 経過14年の多発性筋炎関連非特異性間質性肺炎に巨大肺血栓塞栓症を併発した1剖検例
    高木 雄亮, 萩原 清文, 佐藤 健夫, 秋山 修, 小倉 高志, 津堅 美貴子, 武村 民子
    日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society 46(10) 808-813 2008年10月
  • 抗リウマチ薬 (新薬展望2008) -- (治療における最近の新薬の位置付け<薬効別>--新薬の広場)
    秋山 修, 佐藤 健夫, 萩原 清文
    医薬ジャ-ナル 44(1) 183-188 2008年
  • S10-6 レフルノミドによる薬剤性肺障害の臨床所見並びにリスクファクターに関する検討(膠原病治療の現状と評価, 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会)
    沢田 哲治, 佐藤 健夫, 佐川 昭, 松田 剛正, 武村 民子, 佐伯 行彦, 大塚 毅, 竹内 勤, 猪熊 茂子
    アレルギー 56(3) 2007年04月
  • ステロイド反応性の心外膜炎による心タンポナーデを呈したシェーグレン症候群合併強皮症の1例
    佐藤 健夫, 大南 伸也, 相馬 孝光, 萩原 清文, 小林 祥子, 秋山 修
    アレルギー = Japanese Journal of Allerology 55(7) 827-831 2006年07月
  • ステロイド反応性の心外膜炎による心タンポナーデを呈したシェーグレン症候群合併強皮症の1例
    佐藤 健夫, 大南 伸也, 相馬 孝光, 萩原 清文, 小林 祥子, 秋山 修
    アレルギー 55(7) 827-831 2006年07月
  • 抗生剤投与経過中に出現した好酸球増多症に一致して心不全を呈した1例
    佐藤 健夫, 萩原 清文, 松野 博明, 秋山 修
    アレルギー 54(10) 1208-1212 2005年10月
  • 467 メトトレキサートによるリンパ球刺激試験の高い偽陽性反応と偽陽性率
    萩原 清文, 佐藤 健夫, 秋山 修
    アレルギー 53(8) 2004年09月
  • 気管支喘息の既往はないがChurg-Strauss症候群が強く疑われた3例
    庄田 宏文, 猪熊 茂子, 党 康夫, 瀬戸口 京吾, 田中 良明, 矢嶋 宣幸, 森 美賀子, 杉山 温人, 前沢 玲華, 足立 朋子, 佐藤 健夫, 河野 肇
    アレルギー 52(8) 2003年09月
  • 膠原病に合併した血栓性血小板減少性紫斑病症例のvon Willebrand因子切断酵素活性・インヒビターの測定意義
    佐藤 健夫, 松本 雅則, 藤村 吉博, 猪熊 茂子
    アレルギー 52(2) 2003年03月
  • ステロイド抵抗性を示した好酸球増多症の一例
    前澤 玲華, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 花岡 亮輔, 上田 美穂, 大橋 健一
    アレルギー 52(2) 2003年03月
  • マクロファージの活性化を示すサイトカインが高値を呈した全身性エリテマトーデスの2例
    萩原 清文, 加藤 浩太, 伊藤 晋平, 金 明愛, 佐藤 健夫, 秋山 修
    アレルギー 52(2) 2003年03月
  • 気管支喘息と膠原病 (特集 気管支喘息と合併した諸病変の診断と治療(1))
    佐藤 健夫, 猪熊 茂子
    アレルギ-・免疫 9(12) 1450-1455 2002年12月
  • 324 多彩な臓器障害を呈し,churg-strauss症候群(CSS)との異同が問題となった好酸球増多症
    足立 朋子, 黨 康夫, 猪熊 茂子, 森 美賀子, 塩澤 史隆, 瀬戸口 京吾, 佐藤 健夫, 河野 肇, 古田島 理佐
    アレルギー 51(9) 2002年10月
  • 332 好酸球増多を示した11例の検討
    瀬戸口 京吾, 猪熊 茂子, 黨 康夫, 塩澤 史隆, 佐藤 健夫, 足立 朋子, 高橋 華子
    アレルギー 51(9) 2002年10月
  • 396 メトトレキサートにより薬剤性肺障害,汎血球減少をきたした関節リウマチの各一例
    森 美賀子, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 黨 康夫, 瀬戸口 京吾, 塩澤 史隆, 河野 肇, 古田嶋 理佐
    アレルギー 51(9) 2002年10月
  • 399 多剤薬剤障害を呈したシェーグレン症候群の2例
    黨 康夫, 猪熊 茂子, 塩澤 史隆, 森 美賀子, 瀬戸口 京吾, 佐藤 健夫, 古田島 理佐, 河野 肇
    アレルギー 51(9) 2002年10月
  • 5 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)合併膠原病症例におけるvon Willbrand因子切断酵素(vWFCPase)活性の測定意義(難治性膠原病の病態と対応)
    佐藤 健夫, 猪熊 茂子, 前澤 玲華, 花岡 亮輔, 上田 美穂, 河野 肇, 松本 雅則, 八木 秀男, 石指 宏通, 藤村 吉博
    アレルギー 51(2) 2002年03月
  • 70 当院におけるChurg-Strauss症候群7例の検討
    花岡 亮輔, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 前澤 玲華, 上田 美穂, 河野 肇
    アレルギー 51(2) 2002年03月
  • 142 難治性気管支喘息にMTXを投与し良好な経過を示した6例
    上田 美穂, 猪熊 茂子, 前澤 玲華, 佐藤 健夫, 花岡 亮輔, 河野 肇
    アレルギー 51(2) 2002年03月
  • 125 ステロイド抵抗性好酸球増多症の一例
    前澤 玲華, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 花岡 亮輔, 上田 美穂, 河野 肇, 平井 浩一
    アレルギー 51(2) 2002年03月
  • 220 臓器障害を伴う好酸球増多症と気管支喘息を鑑別する好酸球数
    前澤 玲華, 猪熊 茂子, 岡崎 優子, 佐藤 健夫, 河野 肇, 花岡 亮輔, 上田 美穂
    アレルギー 50(9) 2001年10月
  • 281 薬剤性好中球減少時にリンパ球減少を伴う病態を繰り返し生じた一例
    上田 美穂, 猪熊 茂子, 岡崎 優子, 三輪 裕介, 佐藤 健夫, 前澤 玲華, 花岡 亮輔, 河野 肇
    アレルギー 50(9) 2001年10月
  • 372 炎症反応、IgEの上昇を一貫して認めなかったChurg-Strauss症候群の一例
    花岡 亮輔, 猪熊 茂子, 三輪 裕介, 佐藤 健夫, 岡崎 優子, 前澤 玲華, 上田 美穂, 河野 肇
    アレルギー 50(9) 2001年10月
  • 378 メトトレキサート投与中にEBウイルス関連リンパ増殖性疾患を合併した慢性関節リウマチの一例
    佐藤 健夫, 猪熊 茂子, 岡崎 優子, 前澤 玲華, 花岡 亮輔, 河野 肇, 上田 美穂
    アレルギー 50(9) 2001年10月
  • 11.催吐剤(ipecac)により筋力低下をきたしたと考えられる摂食障害の1例(第89回日本心身医学会関東地方会演題抄録)
    長谷目 悦子, 山中 学, 吉内 一浩, 佐々木 直, 熊野 宏昭, 久保木 富房, 櫛山 暁史, 永谷 勝也, 佐藤 健夫, 磯部 秀之, 田中 良一, 山本 一彦
    心身医学 41(7) 2001年10月
  • 63 当院における末梢血好酸球増多症例の診断
    前澤 玲華, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 岡崎 優子, 三輪 裕介, 河野 肇
    アレルギー 50(2) 2001年03月
  • 68 末梢血好酸球増多を呈する親子例
    佐藤 健夫, 猪熊 茂子, 岡崎 優子, 三輪 裕介, 前澤 玲華, 河野 肇
    アレルギー 50(2) 2001年03月
  • 210 慢性関節リウマチのMTX少量パルス療法における血中濃度と臨床効果の検討
    臼倉 理恵, 花本 由紀, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 岡崎 優子, 河野 肇, 三輪 祐介, 前澤 玲華
    アレルギー 50(2) 2001年03月
  • 214 アナフィラクトイド紫斑で発症し,血管炎による多発性単神経炎を併発した原発性シェーグレン症候群の1例
    加藤 哲朗, 佐藤 健夫, 猪熊 茂子, 岡崎 優子, 三輪 裕介, 前澤 玲華, 後藤 麻理子, 河野 肇, 小尾 麗子, 赤城 久美子
    アレルギー 50(2) 2001年03月
  • 269 サラゾスルファピリジンによる薬剤性再生不良性貧血をきたした慢性関節リウマチの1例
    三輪 裕介, 猪熊 茂子, 岡崎 優子, 前澤 玲華, 佐藤 健夫, 河野 肇
    アレルギー 50(2) 2001年03月
  • 275 H2受容体拮抗剤による血小板減少時にリンパ球減少を伴った症例
    岡崎 優子, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 三輪 裕介, 前澤 玲華, 河野 肇
    アレルギー 50(2) 2001年03月
  • 2 膠原病の肺病変における末梢血流障害の関与(12 膠原病肺の病態と治療)
    岡崎 優子, 猪熊 茂子, 田中 良明, 浜崎 健, 佐藤 健夫, 中山 久徳, 三輪 裕介, 河野 肇
    アレルギー 49(9) 2000年10月
  • 220 メトトレキサート(MTX)による薬剤性肺障害を来した慢性関節リウマチ(RA)の一例
    中山 久隆, 猪熊 茂子, 佐藤 健夫, 岡崎 優子, 浜崎 健, 三輪 裕介, 河野 肇
    アレルギー 49(9) 2000年10月
  • 321 好酸球増多症候群(HES)においてステロイド治療の要否に影響する諸要因
    浜崎 健, 猪熊 茂子, 中山 久徳, 三輪 裕介, 岡崎 優子, 佐藤 健夫, 河野 肇
    アレルギー 49(9) 2000年10月
  • 322 経過中に複数の臓器に障害をきたした好酸球増多症候群の2例の検討
    三輪 裕介, 猪熊 茂子, 岡崎 優子, 中山 久徳, 浜崎 健, 佐藤 健夫, 河野 肇
    アレルギー 49(9) 2000年10月
  • 1. 左上葉無気肺を呈した ABPA の 1 例(第 70 回日本気管支学会関東支部会)
    佐藤 健夫, 徳田 均, 千木 良淳, 米田 良蔵, 西山 祥行, 黒木 基夫
    気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 17(2) 1995年03月

書籍等出版物

  • ポケット版リウマチ入門 原書第2版
    (担当:共訳 範囲:)
    丸善出版 2014年04月 ISBN:4621088203
著書を全て表示する
著書閉じる
  • ポケット版リウマチ入門 原書第2版
    (担当:共訳 範囲:)
    丸善出版 2014年 04月 ISBN:4621088203


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.