Researchers Database

nagayama manabu

    GastroenterologyCenter,InternalMedicine Research Associate
Contact: nagayamajichi.ac.jp
Last Updated :2021/12/04

Researcher Information

J-Global ID

Research Areas

  • Life sciences / Gastroenterology

Published Papers

  • Tomonori Yano, Takahito Takezawa, Kousei Hashimoto, Ayako Ohmori, Satoshi Shinozaki, Manabu Nagayama, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Yoshikazu Hayashi, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy international open 9 (7) E1123-E1127  2021/07
  • 小黒 邦彦, 矢野 智則, 永山 学, 坂本 博次, 山本 博徳
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 99 (Suppl.) s85 - s85 1348-9844 2021/06
  • Mariko Sekiya, Hirotsugu Sakamoto, Tomonori Yano, Shoko Miyahara, Manabu Nagayama, Yasutoshi Kobayashi, Satoshi Shinozaki, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy 53 (5) 517 - 521 2021/05 
    BACKGROUND : Many patients with familial adenomatous polyposis (FAP) have adenomatous polyps of the duodenum and the jejunum. We aimed to elucidate the long-term outcomes after double-balloon endoscopy (DBE)-assisted endoscopic resection of duodenal and jejunal polyps in patients with FAP. METHODS : We retrospectively reviewed patients who underwent more than two sessions of endoscopic resection using DBE from August 2004 to July 2018. RESULTS : A total of 72 DBEs were performed in eight patients (median age 30 years, range 12-53; 1.4 DBE procedures/patient-year) during the study period, and 1237 polyps were resected. The median observation period was 77.5 months (range 8-167). There were 11 adverse events, including seven delayed bleeds and four episodes of acute pancreatitis. No delayed bleeding occurred after cold polypectomy. Although, in one patient, one endoscopically resected duodenal polyp was diagnosed as being intramucosal carcinoma, none of the patients developed an advanced duodenal or jejunal cancer during the study period. CONCLUSIONS : Endoscopic resection of duodenal and jejunal polyposis using DBE in patients with FAP can be performed safely, efficiently, and effectively.
  • クローン病に対するCAST hoodを用いたhigh qualityなダブルバルーン内視鏡
    永山 学, 矢野 智則, 関谷 万理子, 矢野 慶太郎, 北村 昌史, 小黒 邦彦, Dashnyam Ulzii, Khurelbaatar Tsevelnorov, 坂本 博次, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸検査学会雑誌 日本大腸検査学会 37 (2) 102 - 112 1344-1639 2021/04 
    慢性炎症性腸疾患の一つであるクローン病は主に小腸と大腸を侵す疾患であり、大腸内視鏡で到達困難な小腸にも病変が多い。バルーン小腸内視鏡は診断のみならず、狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術(endoscopic balloon dilation;EBD)を施行することができ、これにより外科的切除を回避もしくは遅らせることができる。CASThood(calibrated small-caliber-tip transparent hood)は腸管狭窄に対して開発されたバルーン内視鏡用フードで、狭窄内径の正確な測定が可能で、先端細径によるブジー効果や高い挿入効率が期待でき、効率的なEBDを可能にする。多数の小腸狭窄が存在する場合には連続的に多くの狭窄をEBDする必要があり、そのためには適切なデバイスとストラテジーを用いる必要がある。日本を含む東アジア諸国ではクローン病の症例は増加しており、小腸内視鏡の必要性はさらに高まると思われる。(著者抄録)
  • 苦痛のない大腸検査の工夫 ゴム栓を併用したwater exchange法による大腸内視鏡検査
    小黒 邦彦, 矢野 智則, 関谷 万理子, 北村 昌史, 宮原 晶子, 永山 学, 坂本 博次, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸検査学会雑誌 日本大腸検査学会 37 (2) 116 - 116 1344-1639 2021/04
  • IBD診療における内視鏡の役割 クローン病に対するCAST hoodを用いたhigh quality内視鏡
    永山 学, 矢野 智則, 関谷 万理子, 小黒 邦彦, 北村 昌史, 坂本 博次, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸検査学会雑誌 日本大腸検査学会 37 (2) 118 - 118 1344-1639 2021/04
  • 矢野 智則, 永山 学, 坂本 博次, 北村 昌史, 小黒 邦彦, 宮原 晶子, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 33 (4) 728 - 733 0915-3217 2021/04
  • Peutz-Jeghers症候群に対するダブルバルーン内視鏡、カプセル内視鏡とCT enterographyを用いた治療戦略
    小黒 邦彦, 矢野 智則, Khurelbaatar Tsevelnorov, Dashnyam Ulzii, 関谷 万理子, 北村 昌史, 宮原 晶子, 永山 学, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本消化管学会雑誌 (一社)日本消化管学会 5 (Suppl.) 130 - 130 2433-3840 2021/01
  • 小黒 邦彦, 坂本 博次, 北村 昌史, 永山 学, 矢野 智則
    Progress of Digestive Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 98 (Suppl.) s85 - s85 1348-9844 2020/12
  • Manabu Nagayama, Tomonori Yano, Koji Atarashi, Takeshi Tanoue, Mariko Sekiya, Yasutoshi Kobayashi, Hirotsugu Sakamoto, Kouichi Miura, Keijiro Sunada, Takaaki Kawaguchi, Satoru Morita, Kayoko Sugita, Seiko Narushima, Nicolas Barnich, Jun Isayama, Yuko Kiridooshi, Atsushi Shiota, Wataru Suda, Masahira Hattori, Hironori Yamamoto, Kenya Honda
    Gut microbes 12 (1) 1788898 - 1788898 2020/11 
    Dysbiotic microbiota contributes to the pathogenesis of Crohn's disease (CD) by regulating the immune system. Although pro-inflammatory microbes are probably enriched in the small intestinal (SI) mucosa, most studies have focused on fecal microbiota. This study aimed to examine jejunal and ileal mucosal specimens from patients with CD via double-balloon enteroscopy. Comparative microbiome analysis revealed that the microbiota composition of CD SI mucosa differs from that of non-CD controls, with an increased population of several families, including Enterobacteriaceae, Ruminococcaceae, and Bacteroidaceae. Upon anaerobic culturing of the CD SI mucosa, 80 bacterial strains were isolated, from which 9 strains representing 9 distinct species (Escherichia coli, Ruminococcus gnavus, Klebsiella pneumoniae, Erysipelatoclostridium ramosum, Bacteroides dorei, B. fragilis, B. uniformis, Parabacteroides distasonis, and Streptococcus pasteurianus) were selected on the basis of their significant association with CD. The colonization of germ-free (GF) mice with the 9 strains enhanced the accumulation of TH1 cells and, to a lesser extent, TH17 cells in the intestine, among which an E. coli strain displayed high potential to induce TH1 cells and intestinal inflammation in a strain-specific manner. The present results indicate that the CD SI mucosa harbors unique pro-inflammatory microbiota, including TH1 cell-inducing E. coli, which could be a potential therapeutic target.
  • 基礎から臨床へ:栄養、腸内細菌 クローン病の小腸細菌叢解析から同定されたクローン病関連大腸菌は腸炎誘導能を有する
    永山 学, 矢野 智則, 関谷 万理子, 坂本 博次, 三浦 光一, 砂田 圭二郎, 河口 貴昭, 森田 覚, 本田 賢也, 山本 博徳
    日本小腸学会学術集会プログラム・抄録集 日本小腸学会 58回 33 - 33 2434-2912 2020/10
  • 矢野 智則, 坂本 博次, 永山 学, 宮原 晶子, 小黒 邦彦, 北村 昌史, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Intestine (株)日本メディカルセンター 24 (3) 208 - 212 1883-2342 2020/08 
    <文献概要>キャストフードは,狭窄の内径を計測可能とする目盛りが側面に刻まれた先端細径フードである.これを使用することで,無送気でも視野確保が容易で,適切なサイズの拡張用バルーンを選択でき,ガイドワイヤの挿入も容易となり,バルーン拡張後のスコープ通過も容易となる.無送気での腸間膜付着側の病変観察も,透明なフード側面を透して容易に可能であり,有用である.
  • 矢野 智則, 坂本 博次, 永山 学, 宮原 晶子, 小黒 邦彦, 北村 昌史, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Intestine (株)日本メディカルセンター 24 (3) 208 - 212 1883-2342 2020/08 
    <文献概要>キャストフードは,狭窄の内径を計測可能とする目盛りが側面に刻まれた先端細径フードである.これを使用することで,無送気でも視野確保が容易で,適切なサイズの拡張用バルーンを選択でき,ガイドワイヤの挿入も容易となり,バルーン拡張後のスコープ通過も容易となる.無送気での腸間膜付着側の病変観察も,透明なフード側面を透して容易に可能であり,有用である.
  • Tomonori Yano, Hirotsugu Sakamoto, Yasutoshi Kobayashi, Manabu Nagayama, Hiroko Tojo, Shoko Miyahara, Mariko Sekiya, Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto
    Gastroenterological Endoscopy 60 (5) 1107 - 1115 0387-1207 2018/05 [Refereed][Not invited]
     
    Strictures of the small intestine are a significant complication in patients with Crohn’s disease. Their treatment remains a major challenge. Surgical resection cannot cure Crohn’s disease. Multiple resection of strictures may lead to short bowel syndrome. The development of balloon-assisted enteroscopy has enabled balloon dilation for strictures in the deep small bowel. Because balloon dilation can be repeatedly performed for recurrence of strictures, it may avoid or postpone the need for surgery. In this article, we introduce strategies and devices for endoscopic balloon dilation therapy for Crohn’s disease strictures.
  • Tomonori Yano, Daiki Nemoto, Kohei Ono, Yasushi Miyata, Norikatsu Numao, Chihiro Iwashita, Manabu Nagayama, Haruo Takahashi, Alan K. Lefor, Hironori Yamamoto
    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 83 (4) 809 - 811 0016-5107 2016/04 [Refereed][Not invited]
     
    Background and Aims: It is difficult to secure the visual field during endoscopy for GI bleeding or colonoscopy without preparation because the injected water is rapidly mixed with fresh blood or stool. We developed a novel method to secure the visual field in these situations. Methods: Clear gel with the appropriate viscosity to prevent rapid mixing is injected through the accessory channel, instead of water. A vinyl tube was used as an in vitro GI bleeding model. After filling the lumen with indigo carmine dye, air insufflation and water injection are not effective for securing the visual field. However, after gel injection, the bleeding source is observed clearly in the space occupied by the gel. The efficacy of this method was evaluated subjectively in clinical use. From February 2014 until June 2015, gel immersion was used in 17 consecutive patients when the visual field could not be secured with routine insufflation. Results: Of these 17 patients, gel injection was very effective in 10, effective in 5, slightly effective in 1, and not effective in 1. There were no adverse events associated with this method. Conclusion: Gel immersion endoscopy is safe and effective for securing the visual field, creating a space for endoscopic visualization and treatment in otherwise difficult situations.
  • 永山 学, 沼尾 規且, 矢野 智則
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 58 (Suppl.1) 554  0387-1207 2016/04 [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 矢野 智則, 林 芳和
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 113 (臨増総会) A57  0446-6586 2016/03 [Not refereed][Not invited]
  • Keijiro Sunada, Satoshi Shinozaki, Manabu Nagayama, Tomonori Yano, Takahito Takezawa, Yuji Ino, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    INFLAMMATORY BOWEL DISEASES 22 (2) 380 - 386 1078-0998 2016/02 [Refereed][Not invited]
     
    Background:Crohn's disease (CD) strictures of the small intestine are a feared complication and difficult to treat because of difficulty gaining access to the stricture site. The development of double-balloon endoscopy (DBE) enabled access to the entire small intestine with interventional capabilities. The aim of this study was to assess the long-term outcomes in patients with small intestinal strictures secondary to CD after DBE-assisted endoscopic balloon dilation (EBD).Methods:In this retrospective cohort study, DBE-assisted EBD was performed in 85 consecutive patients with CD strictures of the small intestine from 2002 to 2014. Follow-up data were available for 85 patients for a mean of 41.9 months (range, 0-141), and clinical outcomes were assessed.Results:Overall, 321 DBE-assisted EBD sessions (473 procedures) were performed in 85 patients during the study period. Most CD strictures were de novo (97%). The surgery-free rate after initial DBE-assisted EBD was 87.3% at 1 year and 78.1% at 3 years. The presence of a fistula was significantly associated with the need for surgical intervention (hazard ratio = 5.50, 95% confidence interval: 2.16-14.0, P < 0.01). The surgery-free interval in patients with a fistula was significantly shorter than in patients without a fistula (P < 0.01, log-rank test).Conclusions:DBE-assisted EBD provides a favorable long-term outcome in patients with small intestinal CD-associated strictures. DBE-assisted EBD for CD strictures is a safe and effective treatment to avoid or postpone surgery over the long-term.

MISC

  • 宮原 晶子, 坂本 博次, 井野 裕治, 林 芳和, 矢野 智則, 宇賀神 ららと, 永山 学, 竹澤 敬人, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  自治医科大学紀要  41-  47  -51  2019/03  [Not refereed][Not invited]
     
    症例は65歳女性。30歳頃から鼻出血を繰り返し、近医にて鉄欠乏性貧血に対して鉄剤投与されていた。貧血が悪化したため当科入院となった。小腸カプセル内視鏡にて空腸粘膜に矢野・山本分類type 1b相当のangioectasiaが多発し、血性腸液を認めた。手指に毛細血管拡張病変も認め、遺伝性出血性末梢血管拡張症と診断した。経口ダブルバルーン内視鏡下にangioectasiaに対するアルゴンプラズマ凝固術を施行したところ、貧血の改善を認めた。その後、6ヵ月から1年程度の間隔でカプセル内視鏡を施行している。Angioectasiaの数が明らかに増加し、貧血の進行を伴う際には、カプセル内視鏡で確認されたangioectasiaが多発している領域に集中して内視鏡的治療を行っている。遺伝性出血性末梢血管拡張症では内視鏡的治療を行った後もangioectasiaが再発するが、病変数と分布を把握するためのサーベイランスとしてカプセル内視鏡検査を行うことで、より侵襲の高い内視鏡的治療を行う回数と処置時間を低減できる可能性が示唆される。(著者抄録)
  • 【小腸の機能はどこまで判明したのか?】 小腸内視鏡の登場と進化、基礎研究への応用
    砂田 圭二郎, 永山 学, 矢野 智則, 山本 博徳  消化器病学サイエンス  2-  (3)  120  -126  2018/09  [Not refereed][Not invited]
     
    現在、実臨床で使用されている小腸内視鏡は大別して3種類ある。一つはバルーン内視鏡であり、柔らかくて長いバルーン付きオーバーチューブを使用する。内視鏡先端にもバルーンが付いているのがダブルバルーン内視鏡であり、付いていないものはシングルバルーン内視鏡とよばれる。全小腸内視鏡観察はダブルバルーン内視鏡のほうが有利とされ、両者とも内視鏡が到達すれば、通常の内視鏡と同様の診断・治療ができる。もう一つはカプセル内視鏡であり、嚥下すれば全小腸観察が可能で非侵襲的とされている。ただし滞留などの課題もある。三つ目はスパイラル内視鏡で、最も効率的な挿入ができるとされ、電動式も開発されているが、その安全性、適応限界などはまだ今後の課題である。小腸内視鏡を活用した基礎研究はまだ多くはないが、次世代シーケンサーの登場により腸内細菌学は飛躍的に発展しており、内視鏡でサンプルを回収しその解析によって小腸疾患の病態解明が進展することが期待されている。(著者抄録)
  • 矢野智則, 坂本博次, 小林泰俊, 永山学, 宮原晶子, 東條浩子, 山本博徳  胃と腸  53-  (6)  801  -807  2018/05  [Not refereed][Not invited]
     
    <文献概要>小腸出血では,年齢層や背景疾患などによって出血源となる病変の頻度が異なる.また,小腸出血に対する検査方法もさまざまだが,それぞれに長所と短所がある.適切な検査方法を選択して診断するためには,病変頻度と各検査の特徴を理解しておく必要がある.小腸内視鏡診療ガイドラインではOGIBに対する診断アルゴリズムが示されており,胸腹部造影CTを最初に行う検査として位置づけている.CTで有意所見があればバルーン内視鏡だが,有意所見がなければカプセル内視鏡を行って,その結果に応じてバルーン内視鏡などの検査を追加するか判断する.ただし,若年者ではCrohn病とMeckel憩室が比較的多いことから,当施設ではカプセル内視鏡よりも先に経肛門バルーン内視鏡を行っている.また,視野確保が困難なほど持続出血する血管性病変に対してはgel immersion endoscopyが視野確保に有用である.
  • 手技の解説 クローン病小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術(動画付き)
    矢野 智則, 坂本 博次, 小林 泰俊, 永山 学, 東條 浩子, 宮原 晶子, 関谷 万里子, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  60-  (5)  1107  -1115  2018/05  [Not refereed][Not invited]
     
    クローン病患者において、小腸狭窄は重要な合併症であり、その治療については未だ課題が多い。外科的切除で治療しても、クローン病を完治させることはできない。再燃して生じた狭窄に対して外科的切除を繰り返せば、短腸症候群になってしまう。バルーン内視鏡の登場により、深部小腸の狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術も可能となった。バルーン拡張術後に再狭窄することもあるが、繰り返し治療することが可能で、外科的治療を長期にわたって回避できる。本稿では、クローン病小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術について、多数例の治療経験から編み出された戦略や工夫について紹介する。(著者抄録)
  • 【内視鏡安全学-偶発症の予防と発生時の対応】 小腸 小腸バルーン内視鏡における偶発症の予防と発生時の対応
    矢野 智則, 坂本 博次, 小林 泰俊, 宮原 晶子, 東條 浩子, 永山 学, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器内視鏡  29-  (11)  2022  -2025  2017/11  [Not refereed][Not invited]
     
    小腸はその解剖学的特徴から、内視鏡での深部挿入が困難であった。今世紀に入って登場したバルーン小腸内視鏡は、バルーン付きオーバーチューブを用いることで深部挿入を可能にした。バルーン小腸内視鏡検査では、その構造的特徴と小腸の解剖学的特徴から、誤嚥性肺炎、急性膵炎、穿孔などの偶発症に注意が必要である。特にCrohn病症例では全層性炎症によって腸間膜が短縮した部分に力が集中し、穿孔が起こりやすい。バルーン小腸内視鏡は深部小腸においても操作性がよく、小腸における内視鏡治療も可能にした。しかし小腸は、ほかの消化管に比べて腸壁が薄く、内腔が狭いため、注意が必要である。ポリープ治療では穿孔と出血、バルーン拡張術では穿孔、止血術では高周波装置や止血クリップによる穿孔に注意が必要である。これらの偶発症について、その発生原理を理解し、適切な予防策をとることが、安全な検査・治療のために重要である。(著者抄録)
  • 永山 学, 矢野 智則, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Intestine  21-  (6)  526  -530  2017/11  [Not refereed][Not invited]
     
    Cryptogenic multifocal ulcerous stenosing enteritis(CMUSE)は小腸に中心性狭窄が多発する原因不明の慢性稀少疾患である。腸管病変はNSAIDsの膜様狭窄に類似しており、おもに腸管閉塞症状をきたす。治療に関してはステロイド感受性が高いとされるが、ステロイド依存性も示し、また術後の再燃も問題となる。近年、本疾患の病態にプロスタグランジン(PG)が関与していることが示唆されているが結論はついていない。本邦からの報告例はこれまでにないが、東アジアからの報告例もみられてきており、注目すべき疾患の一つである。(著者抄録)
  • 永山 学, 矢野 智則, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  胃と腸  52-  (11)  1458  -1466  2017/10  [Not refereed][Not invited]
     
    CMUSE(cryptogenic multifocal ulcerous stenosing enteritis)は空腸,回腸に境界明瞭な浅い潰瘍と多発性再発性狭窄を来す原因不明の慢性希少疾患である.本邦からの報告はこれまでに認めていない.腸管病変は短い求心性狭窄が主体で,粘膜下層までの線維化にとどまり,これにより慢性/再発性の腸管閉塞症状を来す.治療には主にステロイドや手術が選択され,内視鏡的バルーン拡張術も選択肢の一つである.近年,本疾患の病態にプロスタグランジン(PG)が関与していることが示唆されているが結論はついておらず,今後の症例蓄積が必要である.(著者抄録)
  • 永山 学, 矢野 智則, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  胃と腸  52-  (11)  1458  -1466  2017/10  [Not refereed][Not invited]
     
    CMUSE(cryptogenic multifocal ulcerous stenosing enteritis)は空腸,回腸に境界明瞭な浅い潰瘍と多発性再発性狭窄を来す原因不明の慢性希少疾患である.本邦からの報告はこれまでに認めていない.腸管病変は短い求心性狭窄が主体で,粘膜下層までの線維化にとどまり,これにより慢性/再発性の腸管閉塞症状を来す.治療には主にステロイドや手術が選択され,内視鏡的バルーン拡張術も選択肢の一つである.近年,本疾患の病態にプロスタグランジン(PG)が関与していることが示唆されているが結論はついておらず,今後の症例蓄積が必要である.(著者抄録)
  • 小腸出血とOGIB患者の長期予後 出血性小腸血管性病変の再出血とその危険因子
    永山 学, 矢野 智則, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.1)  781  -781  2017/04  [Not refereed][Not invited]
  • 【小腸出血-診断・治療の最前線-】 小腸出血に対する診断・治療戦略
    矢野 智則, 坂本 博次, 永山 学, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器・肝臓内科  1-  (1)  1  -6  2017/01  [Not refereed][Not invited]
  • 保存的加療を行った非閉塞性腸管虚血症に対しカプセル内視鏡検査を行い小腸虚血後の変化を観察できた一例
    山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  89-  (Suppl.)  s123  -s123  2016/06  [Not refereed][Not invited]
  • 【粘膜下腫瘍のすべて】 空腸・回腸の粘膜下腫瘍の診断と治療
    矢野 智則, 坂本 博次, 永山 学, 岡田 昌浩, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器内視鏡  28-  (2)  276  -282  2016/02  [Not refereed][Not invited]
     
    空腸・回腸の粘膜下腫瘍や粘膜下腫瘍様病変には、さまざまなものがあるが、無症状に経過するものも珍しくなく、正確な頻度は不明である。消化管出血や、狭窄症状、腹痛、腸重積、腹部腫瘤触知を契機として診断されるほか、無症状で他疾患に対する検査で偶然見つかる場合もある。表面を正常粘膜が覆っているため、内視鏡単独で診断せず、CTや腹部超音波、ミニプローブを用いたEUSなどの情報も考慮して総合的に診断する。内視鏡的生検は、正診率の割に生検後出血の危険が高いものがあり、施行するかどうか慎重に判断する。外科的切除が必要な場合には、点墨などのマーキングを行っておけば、腹腔鏡補助下小腸部分切除術を行う際に役に立つ。(著者抄録)
  • 胆管空腸吻合部狭窄のバルーン拡張後も胆管炎を繰り返し胆管結石を形成した一例
    畑中 恒, 矢野 智則, 沼尾 規且, 横山 健介, 牛尾 純, 小野 公平, 永山 学, 玉田 喜一, 山本 博徳  胆道  29-  (3)  628  -628  2015/08  [Not refereed][Not invited]
  • 大舘 花子, 浦橋 泰然, 井原 欣幸, 眞田 幸弘, 岡田 憲樹, 山田 直也, 平田 雄大, 永山 学, 矢野 智則, 水田 耕一  移植  50-  (2-3)  308  -308  2015/08  [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 小野 公平, 根本 大樹, 宮田 康史, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 坂本 博次, 新畑 博英, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 山本 博徳  日本消化器病学会雑誌  112-  (7)  1270  -1280  2015/07  [Not refereed][Not invited]
     
    クローン病(CD)の診療では内視鏡の果たす役割が大きい。ダブルバルーン内視鏡(DBE)はEGDやCSで到達できない小腸の評価に用いられる。DBEは疑診例における確定診断や、病型診断、病勢の評価に有用であるとともに、小腸狭窄の評価や内視鏡的バルーン拡張術(EBD)などが可能である。今後の課題として粘膜治癒の評価やEBD後のフォローアップ、小腸癌サーベイランスなどが挙げられるが、これらについてのエビデンスはまだ乏しい。CDの小腸病変はこれまで認識されてきた以上に多く、今後はCDと確定診断された症例であってもDBEなどで小腸病変を積極的に検索することが必要と思われる。(著者抄録)
  • 坂本 典孝, 小野 公平, 永山 学, 吉田 友直, 根本 大樹, 宮田 康史, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 坂本 博次, 新畑 博英, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 大澤 博之, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  87-  (Suppl.)  s104  -s104  2015/06  [Not refereed][Not invited]
  • ONO KOHEI, MIURA YOSHIMASA, NAGAYAMA MANABU, NEMOTO TAIKI, MIYATA YASUSHI, INO YUJI, TAKEZAWA TAKAHITO, SATO HIROYUKI, SAKAMOTO HIROTSUGU, NIIHATA HIROHIDE, HAYASHI YOSHIKAZU, YANO TOMONORI, SUNADA KEIJIRO, OSAWA HIROYUKI, HOSOYA YOSHINORI, YAMAMOTO HIRONORI  Gastroenterol Endosc  57-  (Supplement 1)  749  -749  2015/04  [Not refereed][Not invited]
  • NEMOTO TAIKI, HAYASHI YOSHIKAZU, ONO KOHEI, NAGAYAMA MANABU, INO YUJI, WATANABE SHUNJI, MIURA YOSHIMASA, TAKEZAWA TAKAHITO, SATO HIROYUKI, SAKAMOTO HIROTSUGU, YANO TOMONORI, SUNADA KEIJIRO, OSAWA HIROYUKI, YAMAMOTO HIRONORI  Gastroenterol Endosc  57-  (Supplement 1)  902  -902  2015/04  [Not refereed][Not invited]
  • UGAJIN RARATO, SAKAMOTO HIROTSUGU, YANO TOMONORI, INO YUJI, HAYASHI YOSHIKAZU, NAGAYAMA MANABU, TAKEZAWA TAKAHITO, NIIHATA HIROHIDE, SATO HIROYUKI, SUNADA KEIJIRO, YAMAMOTO HIRONORI  Gastroenterol Endosc  57-  (Supplement 1)  883  -883  2015/04  [Not refereed][Not invited]
  • HAYASHI YOSHIKAZU, TAKAHASHI HARUO, NAGAYAMA MANABU, INO YUJI, MIURA YOSHIMASA, TAKEZAWA TAKAHITO, SATO HIROYUKI, NIIHATA HIROHIDE, SAKAMOTO HIROTSUGU, YANO TOMONORI, SUNADA KEIJIRO, OSAWA HIROYUKI, YAMAMOTO HIRONORI  Gastroenterol Endosc  57-  (Supplement 1)  955  -955  2015/04  [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 山本 博徳  最新医学  70-  (2)  274  -279  2015/02
  • 永山学, 矢野智則, 佐藤博之, 永田博之, 宮田康史, 北村絢, 井野裕治, 竹澤敬人, 坂本博次, 新畑博英, 三浦義正, 林芳和, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  Gastroenterol Endosc  56-  (Supplement 2)  3173  2014/09  [Not refereed][Not invited]
  • 相良裕一, 坂本博次, 矢野智則, 永山学, 竹澤敬人, 新畑博英, 井野裕治, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 砂田圭二郎, 大澤博之, 山本博徳  Gastroenterol Endosc  56-  (Supplement 2)  3180  2014/09  [Not refereed][Not invited]
  • YANO TOMONORI, SUNADA KEIJIRO, SATO HIROYUKI, HAYASHI YOSHIKAZU, MIURA YOSHIMASA, SHINHATA HAKUEI, SAKAMOTO HIROTSUGU, INO YUJI, TAKEZAWA TAKAHITO, NAGAYAMA MANABU, OSAWA HIROYUKI, YAMAMOTO HIRONORI  胃と腸  49-  (9)  1283  -1291  2014/08  [Not refereed][Not invited]
  • 永山学, 矢野智則, 林芳和, 沼尾規且, 北村絢, 井野裕治, 竹澤敬人, 新畑博英, 三浦義正, 佐藤博之, 坂本博次, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎  栄養-評価と治療  31-  (1)  75  2014/02  [Not refereed][Not invited]
  • 竹澤敬人, 林俊治, 笹原鉄平, 永山学, 井野佑治, 坂本博次, 新畑博英, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 矢野智則, 砂田圭二郎, 平井義一, 山本博徳  日本ブラキスピラ学会学術集会抄録集  6th-  15  2014  [Not refereed][Not invited]
  • 根本大樹, 林芳和, 小野公平, 宮田康史, 横山健介, 村山梢, 永山学, 竹澤敬人, 井野裕治, 三浦義正, 新畑博英, 佐藤博之, 坂本博次, 矢野智則, 砂田圭二郎, 大澤博之, 山本博徳  Prog Dig Endosc  86-  (Supplement)  S92  2014  [Not refereed][Not invited]
  • 宮田康史, 矢野智則, 永山学, 井野裕治, 竹澤敬人, 坂本博次, 新畑博英, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 砂田圭二郎, 大澤博之, 山本博徳  Prog Dig Endosc  85-  (Supplement)  S95  2014  [Not refereed][Not invited]


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.