ookuchi akihide

FacultyCenterforPerinatalandNeonatalMedicine,MaternalandFetalDivision
Job titleProfessorWeb site

Profile

Research Keywords

    pregnancy-induced hypertension, preeclampsia, gestational hypertension, ultrasound, preterm delivery, clinical epidemiology, Lactobacillus, chorioamnionitis, immunology

Research Areas

  • Biological science / Molecular biology
  • Basic medicine / Immunology
  • Boundary medicine / Laboratory medicine
  • Clinical surgery / Obstetrics and gynecology

Career

  • 2007
    -
    Today
    Jichi Medical University Department of Obstetrics and Gynecology, Associate Professor

Academic Background

  • Apr.1981
    -
    Mar.1987
    School of Medicine, Jichi Medical University
  • -
    1987
    Faculty of Medicine, Jichi Medical University (japan)

Academic Societies

  • Japan Placenta Association
  • ISSHP
  • the International Society of Ultrasound in Obstetrics and Gynecology
Display all
Academic Societiesclose
  • Japan Placenta Association
  • ISSHP
  • the International Society of Ultrasound in Obstetrics and Gynecology

Research Activities

Papers(paper)

  • Anterior placentation as a risk factor for massive hemorrhage during cesarean section in patients with placenta previa.
    Baba Y, Matsubara S, Ohkuchi A, Usui R, Kuwata T, Suzuki H, Takahashi H, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 40 1243-1248 May 2014
  • Establishing measurements of subcutaneous and visceral fat area ratio in the early second trimester by magnetic resonance imaging in obese pregnant women.
    Takahashi K, Ohkuchi A, Furukawa R, Matsubara S, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 40 1304-1307 May 2014
  • Maternal manifestation of Ballantyne's syndrome occurring concomitantly with the development of fetal congenital mesoblastic nephroma.
    Takahashi H, Matsubara S, Kuwata T, Ohkuchi A, Mukoda Y, Saito K, Usui R, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 40 1114-1117 Apr. 2014
  • Changes in expression of vascular endothelial growth factor D-related genes in placental mesenchymal dysplasia.
    Takahashi H, Matsubara S, Kuwata T, Saruyama M, Usui R, Ohkuchi A, Takizawa T, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 40 1145-1149 Apr. 2014
  • Uterine artery pseudoaneurysm: not a rare condition occurring after non-traumatic delivery or non-traumatic abortion.
    Baba Y, Matsubara S, Kuwata T, Ohkuchi A, Usui R, Saruyama M, Nakata M, Suzuki M
    Archives of gynecology and obstetrics Apr. 2014
  • Uterine artery pseudoaneurysm: a master of deception.
    Matsubara S, Kuwata T, Usui R, Ohkuchi A
    Archives of gynecology and obstetrics 289 469-470 Mar. 2014
  • Immune status among Japanese during nationwide rubella outbreak in Japan 2012-2013.
    Yamada T, Kubo T, Mochizuki J, Hashimoto E, Ohkuchi A, Ito M, Hanaoka M, Nakai A, Saito S, Unno N, Matsubara S, Minakami H
    The Journal of infection 68 300-302 Mar. 2014
  • A novel three-step approach for predicting the imminent onset of preeclampsia within 4 weeks after blood sampling at 19-31 weeks of gestation.
    Hirashima C, Ohkuchi A, Takahashi K, Suzuki H, Matsubara S, Suzuki M
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension Mar. 2014
  • Effects of campaign for postpartum vaccination on seronegative rate against rubella among Japanese women.
    Yamada T, Mochizuki J, Hanaoka M, Hashimoto E, Ohkuchi A, Ito M, Kubo T, Nakai A, Saito S, Unno N, Matsubara S, Minakami H
    BMC infectious diseases 14 152 Mar. 2014
  • Thrombus just beneath a retrievable inferior vena cava filter in a pregnant woman with deep vein thrombosis: its removal requiring catheter thrombus fragmentation with fibrinolysis.
    Horie K, Suzuki H, Ohkuchi A, Matsubara S, Ikemoto T, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 40 590-594 Feb. 2014
Display all
Papers(paper)close
  • Anterior placentation as a risk factor for massive hemorrhage during cesarean section in patients with placenta previa.
    Baba Y, Matsubara S, Ohkuchi A, Usui R, Kuwata T, Suzuki H, Takahashi H, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 40 1243-1248 May 2014
  • Establishing measurements of subcutaneous and visceral fat area ratio in the early second trimester by magnetic resonance imaging in obese pregnant women.
    Takahashi K, Ohkuchi A, Furukawa R, Matsubara S, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 40 1304-1307 May 2014
  • Maternal manifestation of Ballantyne's syndrome occurring concomitantly with the development of fetal congenital mesoblastic nephroma.
    Takahashi H, Matsubara S, Kuwata T, Ohkuchi A, Mukoda Y, Saito K, Usui R, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 40 1114-1117 Apr. 2014
  • Changes in expression of vascular endothelial growth factor D-related genes in placental mesenchymal dysplasia.
    Takahashi H, Matsubara S, Kuwata T, Saruyama M, Usui R, Ohkuchi A, Takizawa T, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 40 1145-1149 Apr. 2014
  • Uterine artery pseudoaneurysm: not a rare condition occurring after non-traumatic delivery or non-traumatic abortion.
    Baba Y, Matsubara S, Kuwata T, Ohkuchi A, Usui R, Saruyama M, Nakata M, Suzuki M
    Archives of gynecology and obstetrics Apr. 2014
  • Uterine artery pseudoaneurysm: a master of deception.
    Matsubara S, Kuwata T, Usui R, Ohkuchi A
    Archives of gynecology and obstetrics 289 469-470 Mar. 2014
  • Immune status among Japanese during nationwide rubella outbreak in Japan 2012-2013.
    Yamada T, Kubo T, Mochizuki J, Hashimoto E, Ohkuchi A, Ito M, Hanaoka M, Nakai A, Saito S, Unno N, Matsubara S, Minakami H
    The Journal of infection 68 300-302 Mar. 2014
  • A novel three-step approach for predicting the imminent onset of preeclampsia within 4 weeks after blood sampling at 19-31 weeks of gestation.
    Hirashima C, Ohkuchi A, Takahashi K, Suzuki H, Matsubara S, Suzuki M
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension Mar. 2014
  • Effects of campaign for postpartum vaccination on seronegative rate against rubella among Japanese women.
    Yamada T, Mochizuki J, Hanaoka M, Hashimoto E, Ohkuchi A, Ito M, Kubo T, Nakai A, Saito S, Unno N, Matsubara S, Minakami H
    BMC infectious diseases 14 152 Mar. 2014
  • Thrombus just beneath a retrievable inferior vena cava filter in a pregnant woman with deep vein thrombosis: its removal requiring catheter thrombus fragmentation with fibrinolysis.
    Horie K, Suzuki H, Ohkuchi A, Matsubara S, Ikemoto T, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 40 590-594 Feb. 2014
  • A novel 'uterine sandwich' for haemorrhage at caesarean section for placenta praevia.
    Matsubara S, Kuwata T, Baba Y, Usui R, Suzuki H, Takahashi H, Ohkuchi A, Suzuki M
    The Australian & New Zealand journal of obstetrics & gynaecology Feb. 2014
  • Additive effects of mean blood pressure and bilateral notching in the second trimester on subsequent angiogenesis-related factors.
    Hirashima C, Ohkuchi A, Takahashi K, Suzuki H, Matsuda Y, Matsubara S, Suzuki M
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 37 76-81 Jan. 2014
  • Prolapse of the small intestine from the uterine perforation at dilatation and curettage.
    Matsubara S, Ohkuchi A, Nonaka H, Ito H, Lefor AT
    Case reports in obstetrics and gynecology 2014 164356 2014
  • Is it time to classify various uterine compression suture techniques?
    Matsubara S, Yano H, Kuwata T, Usui R, Ohkuchi A
    Archives of gynecology and obstetrics 288 1195-1196 Dec. 2013
  • Onset threshold of the plasma levels of soluble fms-like tyrosine kinase 1/placental growth factor ratio for predicting the imminent onset of preeclampsia within 4 weeks after blood sampling at 19-31 weeks of gestation.
    Ohkuchi A, Hirashima C, Takahashi K, Suzuki H, Matsubara S, Suzuki M
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 36 1073-1080 Dec. 2013
  • Effect of eicosapentaenoic acid agent on aggravated hypertriglyceridemia during pregnancy.
    Sato S, Ohkuchi A, Kawano M, Iwanaga N, Furukawa Y, Matsumoto H
    The journal of obstetrics and gynaecology research 39 1541-1544 Nov. 2013
  • 'Holding the cervix' technique for post-partum hemorrhage for achieving hemostasis as well as preventing prolapse of an intrauterine balloon.
    Matsubara S, Kuwata T, Usui R, Ohkuchi A
    The journal of obstetrics and gynaecology research 39 1116-1117 May 2013
  • Adenomyomectomy, curettage, and then uterine artery pseudoaneurysm occupying the entire uterine cavity.
    Matsubara S, Usui R, Sato T, Kuwata T, Ohkuchi A, Nakata M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 39 1103-1106 May 2013
  • Important surgical measures and techniques at cesarean hysterectomy for placenta previa accreta.
    Matsubara S, Kuwata T, Usui R, Watanabe T, Izumi A, Ohkuchi A, Suzuki M, Nakata M
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 92 372-377 Apr. 2013
  • Uterine compression sutures for postpartum hemorrhage: an overview.
    Matsubara S, Yano H, Ohkuchi A, Kuwata T, Usui R, Suzuki M
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 92 378-385 Apr. 2013
  • Maternal Perception of Decreased Fetal Movement in One Twin: A Clue Leading to the Early Detection of Absent Variability due to Acute Twin-to-Twin Transfusion Syndrome.
    Suzuki H, Kuwata T, Ohkuchi A, Yada Y, Matsubara S, Suzuki M
    Case reports in obstetrics and gynecology 2013 345808 2013
  • Plasma level of hydroxysteroid (17-β) dehydrogenase 1 in the second trimester is an independent risk factor for predicting preeclampsia after adjusting for the effects of mean blood pressure, bilateral notching and plasma level of soluble fms-like tyrosin
    Ohkuchi A, Ishibashi O, Hirashima C, Takahashi K, Matsubara S, Takizawa T, Suzuki M
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 35 1152-1158 Dec. 2012
  • Establishing reference values for mean notch depth index, pulsatility index and resistance index in the uterine artery at 16-23 weeks' gestation.
    Takahashi K, Ohkuchi A, Hirashima C, Matsubara S, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 38 1275-1285 Nov. 2012
  • Hydroxysteroid (17-β) dehydrogenase 1 is dysregulated by miR-210 and miR-518c that are aberrantly expressed in preeclamptic placentas: a novel marker for predicting preeclampsia.
    Ishibashi O, Ohkuchi A, Ali MM, Kurashina R, Luo SS, Ishikawa T, Takizawa T, Hirashima C, Takahashi K, Migita M, Ishikawa G, Yoneyama K, Asakura H, Izumi A, Matsubara S, Takeshita T, Takizawa T
    Hypertension 59 265-273 Feb. 2012
  • Oral health care during pregnancy: four aims may be too many.
    Matsubara S, Kuwata T, Ohkuchi A
    Rural and remote health 12 2294 2012
  • Threshold of soluble fms-like tyrosine kinase 1/placental growth factor ratio for the imminent onset of preeclampsia.
    Ohkuchi A, Hirashima C, Matsubara S, Takahashi K, Matsuda Y, Suzuki M
    Hypertension 58 859-866 Nov. 2011
  • Guidelines for obstetrical practice in Japan: Japan Society of Obstetrics and Gynecology (JSOG) and Japan Association of Obstetricians and Gynecologists (JAOG) 2011 edition.
    Minakami H, Hiramatsu Y, Koresawa M, Fujii T, Hamada H, Iitsuka Y, Ikeda T, Ishikawa H, Ishimoto H, Itoh H, Kanayama N, Kasuga Y, Kawabata M, Konishi I, Matsubara S, Matsuda H, Murakoshi T, Ohkuchi A, Okai T, Saito S, Sakai M, Satoh S, Sekizawa A, Suzuki M, Takahashi T, Tokunaga A, Tsukahara Y, Yoshikawa H, Japan Society of Obstetrics and Gynecology, Japan Association of Obstetricians and Gynecologists
    The journal of obstetrics and gynaecology research 37 1174-1197 Sep. 2011
  • Misquoting Page's classification for placental abruption in Japan?
    Matsubara S, Usui R, Ohkuchi A
    The journal of obstetrics and gynaecology research 37 481 May 2011
  • C-reactive protein levels at pre-/post-indicated cervical cerclage predict very preterm birth.
    Kobayashi M, Ohkuchi A, Matsubara S, Izumi A, Hirashima C, Suzuki M
    Journal of perinatal medicine 39 151-155 Mar. 2011
  • Gestational hypertension as a subclinical preeclampsia in view of serum levels of angiogenesis-related factors.
    Hirashima C, Ohkuchi A, Takahashi K, Suzuki H, Yoshida M, Ohmaru T, Eguchi K, Ariga H, Matsubara S, Suzuki M
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 34 212-217 Feb. 2011
  • Mutual Balance between Vasohibin-1 and Soluble VEGFR-1 in Endothelial Cells
    Hiroki Miyashita, Hirotada Suzuki, Akihide Ohkuchi, Yasufumi Sato
    Pharmaceuticals 4(12) 782-793 2011
  • A novel method for evaluating uterine cervical consistency using vaginal ultrasound gray-level histogram.
    Kuwata T, Matsubara S, Taniguchi N, Ohkuchi A, Ohkusa T, Suzuki M
    Journal of perinatal medicine 38 491-494 Sep. 2010
  • Evaluation of a new and automated electrochemiluminescence immunoassay for plasma sFlt-1 and PlGF levels in women with preeclampsia.
    Ohkuchi A, Hirashima C, Suzuki H, Takahashi K, Yoshida M, Matsubara S, Suzuki M
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 33 422-427 May 2010
  • Prolonged activated partial thromboplastin time in thromboprophylaxis with unfractionated heparin in patients undergoing cesarean section.
    Matsubara S, Usui R, Ohkuchi A, Okuno S, Izumi A, Watanabe T, Seo N, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 36 58-63 Feb. 2010
  • Acupuncture for premenstrual dysphoric disorder.
    Taguchi R, Matsubara S, Yoshimoto S, Imai K, Ohkuchi A, Kitakoji H
    Archives of gynecology and obstetrics 280 877-881 Dec. 2009
  • Effect of recombinant placental growth factor 2 on hypertension induced by full-length mouse soluble fms-like tyrosine kinase 1 adenoviral vector in pregnant mice.
    Suzuki H, Ohkuchi A, Matsubara S, Takei Y, Murakami M, Shibuya M, Suzuki M, Sato Y
    Hypertension 54 1129-1135 Nov. 2009
  • Human villous trophoblasts express and secrete placenta-specific microRNAs into maternal circulation via exosomes.
    Luo SS, Ishibashi O, Ishikawa G, Ishikawa T, Katayama A, Mishima T, Takizawa T, Shigihara T, Goto T, Izumi A, Ohkuchi A, Matsubara S, Takeshita T, Takizawa T
    Biology of reproduction 81 717-729 Oct. 2009
  • Serious adverse drug reaction in a woman with hyperemesis gravidarum after first exposure to vitamin B complex containing vitamins B1, B6 and B12.
    Kuwata Y, Tsuruoka S, Ohkuchi A, Matsubara S, Izumi A, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 35 790-793 Aug. 2009
  • Ehlers-Danlos type IV in pregnancy with a history of myocardial infarction.
    Ohkuchi A, Matsubara S, Takahashi K, Inoue S, Saito T, Mitsuhashi T, Yamagata T, Takahashi N, Watanabe A, Shimada T, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 35 797-800 Aug. 2009
  • Opening the bladder for cesarean hysterectomy for placenta previa percreta with bladder invasion.
    Matsubara S, Ohkuchi A, Yashi M, Izumi A, Ohwada M, Kuwata T, Usui R, Kuwata Y, Nakata M, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 35 359-363 Apr. 2009
  • Serum sFlt1:PlGF ratio, PlGF, and soluble endoglin levels in gestational proteinuria.
    Ohkuchi A, Hirashima C, Matsubara S, Suzuki H, Takahashi K, Usui R, Suzuki M
    Hypertension in pregnancy : official journal of the International Society for the Study of Hypertension in Pregnancy 28 95-108 Feb. 2009
  • Statistical model predicting a short duration to birth in women with preterm labor at 22-35 weeks' gestation: the importance of large vaginal Gram-positive rods.
    Usui R, Ohkuchi A, Matsubara S, Suzuki M
    Journal of perinatal medicine 37 244-250 2009
  • Alteration of serum soluble endoglin levels after the onset of preeclampsia is more pronounced in women with early-onset.
    Hirashima C, Ohkuchi A, Matsubara S, Suzuki H, Takahashi K, Usui R, Suzuki M
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 31 1541-1548 Aug. 2008
  • Fetus with heart failure due to congenital atrioventricular block treated by maternally administered ritodrine.
    Matsubara S, Morimatsu Y, Shiraishi H, Kuwata T, Ohkuchi A, Izumi A, Takeda S, Suzuki M
    Archives of gynecology and obstetrics 278 85-88 Jul. 2008
  • Establishing a reference value for the frequency of fetal movements using modified 'count to 10' method.
    Kuwata T, Matsubara S, Ohkusa T, Ohkuchi A, Izumi A, Watanabe T, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 34 318-323 Jun. 2008
  • Granulocyte-colony stimulating factor for the treatment of ritodrine-induced neutropenia.
    Kikkawa M, Matsubara S, Takatoku M, Kuwata T, Ohkuchi A, Izumi A, Watanabe T, Suzuki M
    The journal of obstetrics and gynaecology research 34 286-290 Apr. 2008
  • Acute promyelocytic leukemia: an unusual cause showing prolonged disseminated intravascular coagulation after placental abruption.
    Morimatsu Y, Matsubara S, Hirose N, Ohkuchi A, Izumi A, Ozaki K, Ozawa K, Suzuki M
    Archives of gynecology and obstetrics 277 267-270 Mar. 2008
  • Fetal heart rate pattern reflecting the severity of placental abruption.
    Usui R, Matsubara S, Ohkuchi A, Kuwata T, Watanabe T, Izumi A, Suzuki M
    Archives of gynecology and obstetrics 277 249-253 Mar. 2008
  • Blood loss in low-lying placenta: placental edge to cervical internal os distance of less vs. more than 2 cm.
    Matsubara S, Ohkuchi A, Kikkawa M, Izumi A, Kuwata T, Usui R, Watanabe T, Suzuki M
    Journal of perinatal medicine 36 507-512 2008
  • Mirror syndrome associated with hydropic acardius in triplet pregnancy.
    Matsubara S, Ohmaru T, Ohkuchi A, Arai F, Kuwata T, Usui R, Takahashi K, Izumi A, Watanabe T, Suzuki M
    Fetal diagnosis and therapy 24 429-433 2008
  • Alterations in placental growth factor levels before and after the onset of preeclampsia are more pronounced in women with early onset severe preeclampsia.
    Ohkuchi A, Hirashima C, Matsubara S, Suzuki H, Takahashi K, Arai F, Watanabe T, Kario K, Suzuki M
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 30 151-159 Feb. 2007
  • Uterine rupture during pregnancy soon after a laparoscopic adenomyomectomy
    Yukako Morimatsu, Shigeki Matsubara, Nobuhiko Higashiyama, Tomoyuki Kuwata, Akihide Ohkuchi, Akio Izumi, Hiroaki Shibahara, Mitsuaki Suzuki
    Reproductive Medicine and Biology 6(3) 175-177 2007
  • Normal and high-normal blood pressures, but not body mass index, are risk factors for the subsequent occurrence of both preeclampsia and gestational hypertension: a retrospective cohort study.
    Ohkuchi A, Iwasaki R, Suzuki H, Hirashima C, Takahashi K, Usui R, Matsubara S, Minakami H, Suzuki M
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 29 161-167 Mar. 2006
  • Hydrocephalus after Intraventricular Hemorrhage in Eclamptic Woman with HELLP Syndrome
    Chikako Hirashima, Akihide Ohkuchi, Shigeki Matsubara, Mika Furukawa, Takashi Watanabe, Mitsuaki Suzuki
    Hypertension in Pregnancy 25(3) 255-257 2006
  • Hydrocephalus after intraventricular hemorrhage in eclamptic woman with HELLP syndrome.
    Hirashima C, Ohkuchi A, Matsubara S, Furukawa M, Watanabe T, Suzuki M
    Hypertension in pregnancy : official journal of the International Society for the Study of Hypertension in Pregnancy 25 255-257 2006
  • Establishing reference values for both total soluble Fms-like tyrosine kinase 1 and free placental growth factor in pregnant women.
    Hirashima C, Ohkuchi A, Arai F, Takahashi K, Suzuki H, Watanabe T, Kario K, Matsubara S, Suzuki M
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 28 727-732 Sep. 2005
  • The risk of birth defects in dichorionic twins conceived by assisted reproductive technology.
    Kuwata T, Matsubara S, Ohkuchi A, Watanabe T, Izumi A, Honma Y, Yada Y, Shibahara H, Suzuki M
    Twin research : the official journal of the International Society for Twin Studies 7 223-227 Jun. 2004
  • The Risk of Birth Defects in Dichorionic Twins Conceived by Assisted Reproductive Technology
    Tomoyuki Kuwata, Shigeki Matsubara, Akihide Ohkuchi, Takashi Watanabe, Akio Izumi, Yoko Honma, Yukari Yada, Hiroaki Shibahara, Mitsuaki Suzuki
    Twin Research 7(03) 223-227 2004
  • Symphysis-fundus height and weight gain pattern in Japanese women with twin pregnancies.
    Ayustawati, Matsubara S, Minakami H, Ohkuchi A, Izumi A, Sato I
    The Journal of reproductive medicine 48 277-282 Apr. 2003
  • Woman with postpartum ventricular tachycardia and hypomagnesemia.
    Onagawa T, Ohkuchi A, Ohki R, Izumi A, Matsubara S, Sato I, Suzuki M, Minakami H
    The journal of obstetrics and gynaecology research 29 92-95 Apr. 2003
  • Effect of maternal age on blood loss during parturition: a retrospective multivariate analysis of 10,053 cases.
    Ohkuchi A, Onagawa T, Usui R, Koike T, Hiratsuka M, Izumi A, Ohkusa T, Matsubara S, Sato I, Suzuki M, Minakami H
    Journal of perinatal medicine 31 209-215 2003
  • Increase in systolic blood pressure of > or = 30 mm Hg and/or diastolic blood pressure of > or = 15 mm Hg during pregnancy: is it pathologic?
    Ohkuchi A, Iwasaki R, Ojima T, Matsubara S, Sato I, Suzuki M, Minakami H
    Hypertension in pregnancy : official journal of the International Society for the Study of Hypertension in Pregnancy 22 275-285 2003
  • Perioperative changes in plasma antithrombin activity and platelet counts in patients undergoing gynecologic surgery.
    Watanabe T, Ohkuchi A, Minakami H, Sakata Y, Matsubara S, Wada T, Onagawa T, Sato I
    Seminars in thrombosis and hemostasis 28 519-524 Dec. 2002
  • Relationship between blood pressure level in early pregnancy and subsequent changes in blood pressure during pregnancy.
    Iwasaki R, Ohkuchi A, Furuta I, Ojima T, Matsubara S, Sato I, Minakami H
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 81 918-925 Oct. 2002
  • Antithrombin III activity and platelet count are more likely to decrease in twin pregnancies than in singleton pregnancies.
    Tsunoda T, Ohkuchi A, Izumi A, Watanabe T, Matsubara S, Sato I, Minakami H
    Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica 81 840-845 Sep. 2002
  • Vaginal lactobacilli and preterm birth.
    Usui R, Ohkuchi A, Matsubara S, Izumi A, Watanabe T, Suzuki M, Minakami H
    Journal of perinatal medicine 30 458-466 2002
  • Relation between viability of vaginal polymorphonuclear leukocytes and presence of listologic chorioamnionitis
    Tetsuo Yamada, Shigeki Matsubara, Hisanori Minakami, Akihide Ohkuchi, Mitsuhiro Hiratsuka, Ikuo Sato
    Acta Obstetricia et Gynecologica Scandinavica 79(10) 818-823 2000
  • Causes of Stillbirth: An Analysis of 77 Cases
    Ariko Yamauchi, Hisanori Minakami, Akihide Ohkuchi, Rie Usui, Sadayoshi Idei, Ikuo Sato
    Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 25(6) 419-424 1999
  • C-reactive protein levels at pre-/post-indicated cervical cerclage predict very preterm birth
    Mami Kobayashi, Akihide Ohkuchi, Shigeki Matsubara, Akio Izumi, Chikako Hirashima, Mitsuaki Suzuki
    Journal of Perinatal Medicine 39(2)

Papers(other)

  • 管理法はどう変わったか?:温故知新 産科編 多胎妊娠の娩出時期
    大口昭英
    周産期医学 44(3) 377-380 Mar. 2014
  • 重症妊娠悪阻を契機に発見された汎血球減少症,真性甲状腺機能亢進症
    今井賢, 永山志穂, 堀江健司, 鈴木寛正, 桑田知之, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 809 Feb. 2014
  • 妊娠高血圧症候群
    大口昭英
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 365 Feb. 2014
  • CD44を介した絨毛外栄養膜細胞の浸潤調節機構の解明
    高橋宏典, 弓削主哉, 松原茂樹, 大口昭英, 桑田知之, 薄井里英, 松本久宣, 佐藤幸保, 藤原浩, 岡本愛光, 瀧澤俊広, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 433 Feb. 2014
  • 子宮動脈仮性動脈瘤は無侵襲的な分娩・流産後にも発症する:22例の検討
    馬場洋介, 松原茂樹, 桑田知之, 大口昭英, 薄井里英, 猿山美幸, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 801 Feb. 2014
  • 切追早産妊婦におけるリトドリンの副反応に対するイソクスプリンの効果
    堀江健司, 大口昭英, 馬場洋介, 鈴木寛正, 桑田知之, 薄井里英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 780 Feb. 2014
  • 子宮動脈と卵巣動脈との両者塞栓を要した仮性動脈瘤
    永山志穂, 桑田知之, 堀江健司, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 697 Feb. 2014
  • 妊娠高血圧症候群既往歴は,血圧高値と子宮動脈血流速度異常とは独立した妊娠高血圧腎症の危険因子である
    小林真実, 高橋佳代, 大口昭英, 鈴木寛正, 有賀治子, 廣瀬典子, 平嶋周子, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 678 Feb. 2014
  • ヒト胎盤特異的マイクロRNAはエクソソームを介して母体免疫細胞の遺伝子発現を修飾している
    神戸沙織, 弓削主哉, 石田洋一, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明, 齋藤滋, 瀧澤俊広, 竹下俊行
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 434 Feb. 2014
  • 妊娠高血圧症候群(PIH)の最新知見 妊娠高血圧症候群の予知 2)sFlt‐1を用いた妊娠高血圧腎症発症予知
    大口昭英
    産婦人科の実際 63(2) 161-165 Feb. 2014
Display all
Papers(other)close
  • 管理法はどう変わったか?:温故知新 産科編 多胎妊娠の娩出時期
    大口昭英
    周産期医学 44(3) 377-380 Mar. 2014
  • 重症妊娠悪阻を契機に発見された汎血球減少症,真性甲状腺機能亢進症
    今井賢, 永山志穂, 堀江健司, 鈴木寛正, 桑田知之, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 809 Feb. 2014
  • 妊娠高血圧症候群
    大口昭英
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 365 Feb. 2014
  • CD44を介した絨毛外栄養膜細胞の浸潤調節機構の解明
    高橋宏典, 弓削主哉, 松原茂樹, 大口昭英, 桑田知之, 薄井里英, 松本久宣, 佐藤幸保, 藤原浩, 岡本愛光, 瀧澤俊広, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 433 Feb. 2014
  • 子宮動脈仮性動脈瘤は無侵襲的な分娩・流産後にも発症する:22例の検討
    馬場洋介, 松原茂樹, 桑田知之, 大口昭英, 薄井里英, 猿山美幸, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 801 Feb. 2014
  • 切追早産妊婦におけるリトドリンの副反応に対するイソクスプリンの効果
    堀江健司, 大口昭英, 馬場洋介, 鈴木寛正, 桑田知之, 薄井里英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 780 Feb. 2014
  • 子宮動脈と卵巣動脈との両者塞栓を要した仮性動脈瘤
    永山志穂, 桑田知之, 堀江健司, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 697 Feb. 2014
  • 妊娠高血圧症候群既往歴は,血圧高値と子宮動脈血流速度異常とは独立した妊娠高血圧腎症の危険因子である
    小林真実, 高橋佳代, 大口昭英, 鈴木寛正, 有賀治子, 廣瀬典子, 平嶋周子, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 678 Feb. 2014
  • ヒト胎盤特異的マイクロRNAはエクソソームを介して母体免疫細胞の遺伝子発現を修飾している
    神戸沙織, 弓削主哉, 石田洋一, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明, 齋藤滋, 瀧澤俊広, 竹下俊行
    日本産科婦人科学会雑誌 66(2) 434 Feb. 2014
  • 妊娠高血圧症候群(PIH)の最新知見 妊娠高血圧症候群の予知 2)sFlt‐1を用いた妊娠高血圧腎症発症予知
    大口昭英
    産婦人科の実際 63(2) 161-165 Feb. 2014
  • 多胎妊娠管理の最新スタンダード ガイドラインを踏まえて 多胎妊娠の妊娠・分娩管理 双胎の分娩管理
    大口昭英
    臨床婦人科産科 67(12) 1236-1240 Dec. 2013
  • Improvement of Predicting Preeclampsia with Onset at <36 Weeks of Gestation Using Normal Reference Ranges of Angiogenesis-related Factors: Development of Onset Threshold of sFlt-1/PlGF Ratio
    OKUCHI AKIHIDE
    日本産科婦人科学会雑誌 65(11) 2604-2615 Nov. 2013
  • Improvement of Predicting Preeclampsia with Onset at <36 Weeks of Gestation Using Normal Reference Ranges of Angiogenesis-related Factors : Development of Onset Threshold of sFlt-1/P1GF Ratio
    OHKUCHI Akihide
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica 65(11) 2604-2615 Nov. 2013
  • 胎児腎上部嚢胞性腫瘤の2例
    有賀治子, 高橋佳代, 大口昭英, 永山志穂, 桑田知之, 相原敏則, 前田貢作, 小野滋, 谷口周平, 河田浩敏, 松原茂樹, 鈴木光明
    関東連合産科婦人科学会誌 50(3) 509 Aug. 2013
  • 無症候性の産褥子宮内仮性動脈瘤:1カ月健診時診断の重要性
    猿山美幸, 桑田知之, 鈴木寛正, 高橋宏典, 馬場洋介, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 49(2) 733 Jun. 2013
  • 双胎1児の胎動消失感:急速発症TTTSによる胎児機能不全(症例報告)
    鈴木寛正, 桑田知之, 高橋宏典, 廣瀬典子, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 49(2) 652 Jun. 2013
  • 前壁付着の前置胎盤は帝切時大出血の独立危険因子である
    馬場洋介, 松原茂樹, 桑田知之, 薄井里英, 大口昭英, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 49(2) 688 Jun. 2013
  • 超音波カラードプラ法を用いたPMD(間葉性異形成胎盤)の診断:症例報告
    桑田知之, 高橋宏典, 猿山美幸, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 49(2) 686 Jun. 2013
  • 肺動静脈瘻治療後に良好な転帰をとった遺伝性出血性毛細血管拡張症合併妊娠
    齋藤こよみ, 高橋宏典, 薄井里英, 鈴木はる奈, 永島友美, 桑田知之, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    関東連合産科婦人科学会誌 50(2) 341 May 2013
  • 妊娠初期に高血圧と診断された妊婦に占める白衣高血圧の割合―真性高血圧,白衣高血圧の妊娠予後
    猿山美幸, 大口昭英, 平嶋周子, 高橋佳代, 桑田知之, 薄井里英, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木県産婦人科医報 39 19-22 Apr. 2013
  • 常位胎盤早期剥離の病態と管理 病因・病態・予知
    大口昭英
    周産期医学 43(4) 419-420 Apr. 2013
  • Prediction of preeclampsia by microRNA analysis of the human placenta
    TAKIZAWA TOSHIHIRO, OKUCHI AKIHIDE, MATSUBARA SHIGEKI, TAKESHITA TOSHIYUKI
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 22(2) 63-68 Mar. 2013
  • 妊娠36週未満発症の妊娠高血圧腎症の発症予知法の改良―血中血管新生関連因子の正常域から疾患発症閾値への展開
    大口昭英
    日本産科婦人科学会雑誌 65(2) 403-404 Feb. 2013
  • 妊婦末梢血natural killer細胞における胎盤特異的マイクロRNA標的遺伝子候補の検索
    神戸沙織, 吉武洋, 石田洋一, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明, 齋藤滋, 瀧澤俊広, 竹下俊行
    日本産科婦人科学会雑誌 65(2) 949 Feb. 2013
  • 産科異常出血に関する分娩様式別のリスク因子:6126例の多変量解析
    葭葉貴弘, 大口昭英, 斉藤こよみ, 馬場洋介, 渡辺尚, 桑田知之, 薄井里英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 65(2) 764 Feb. 2013
  • 産科疾患への血管内治療の有効性:当院6年37症例の経験
    小林真実, 桑田知之, 廣瀬典子, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 65(2) 766 Feb. 2013
  • 前置胎盤術後出血に対する新規手術法(M‐Y(Matsubara‐Yano)sandwich法)の考案
    桑田知之, 松原茂樹, 廣瀬典子, 小林真実, 橘直之, 向田幸子, 薄井里英, 大口昭英, 谷野均, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 65(2) 830 Feb. 2013
  • 妊娠初期の外来血圧第1回目,2回目,3回目測定値を用いた妊娠高血圧症候群発症予知
    大丸貴子, 大口昭英, 高橋佳代, 猿山美幸, 鈴木寛正, 平嶋周子, 桑田知之, 薄井里英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 65(2) 617 Feb. 2013
  • MicroRNAを介した絨毛栄養膜細胞による絨毛外栄養膜細胞の浸潤制御
    高橋宏典, 菊池邦生, 大口昭英, 松原茂樹, 桑田知之, 薄井里英, 松本久宣, 佐藤幸保, 藤原浩, 岡本愛光, 瀧澤俊広, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 65(2) 514 Feb. 2013
  • 妊娠初期に高血圧と診断された妊婦では,約半数が分娩時高血圧を呈する
    猿山美幸, 大口昭英, 平嶋周子, 高橋佳代, 鈴木寛正, 大丸貴子, 有賀治子, 桑田知之, 薄井里英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 65(2) 617 Feb. 2013
  • 産褥子宮摘出術14例(4年)の検討
    廣瀬典子, 桑田知之, 小林真実, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 65(2) 767 Feb. 2013
  • エクソソームを介した胎盤特異的マイクロRNAによる胎盤・免疫細胞間情報伝達機構
    神戸沙織, 吉武洋, 石田洋一, 瀧澤敬美, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明, 竹下俊行, 齋藤滋, 瀧澤俊広
    日本絨毛性疾患研究会・日本胎盤学会学術集会プログラム・抄録集 31st-21st 59 2013
  • CD44による絨毛外栄養膜細胞の浸潤機構:WNTシグナルによる促進
    高橋宏典, 吉武洋, 松原茂樹, 大口昭英, 桑田知之, 薄井里英, 岡本愛光, 鈴木光明, 瀧澤俊広
    日本絨毛性疾患研究会・日本胎盤学会学術集会プログラム・抄録集 31st-21st 51 2013
  • 初期GTT2ポイント以上異常を示す肥満GDMは,内臓脂肪量が多くインスリン抵抗性が高い
    高橋佳代, 大口昭英, 相原敏則, 松原茂樹, 鈴木光明
    糖尿病と妊娠 12(2) S.85 Oct. 2012
  • microRNA診断 16.妊娠におけるmiRNA診断:胎盤特異的miRNAと妊娠高血圧症候群の発症予知
    瀧澤俊広, 大口昭英, 右田真, 松原茂樹, 竹下俊行
    遺伝子医学MOOK(23) 110-115 Sep. 2012
  • 一時留置型下大静脈フィルター抜去に際し血栓吸引術を必要とした妊娠後期発症深部静脈血栓症の一例
    堀江健司, 鈴木寛正, 大口昭英, 桑田知之, 薄井里英, 松原茂樹, 鈴木光明
    関東連合産科婦人科学会誌 49(3) 408 Aug. 2012
  • メタボリックシンドロームと周産期管理―メタボリックシンドロームに関連する疾患の周産期管理―妊娠高血圧症候群
    大口昭英, 高橋佳代
    周産期医学 42(7) 883-886 Jul. 2012
  • 知っておきたい・押さえておきたいポイントはこれだ!シーンで学ぶ産婦人科診療ガイドライン2011 第2回 保健指導を行う上で知っておきたい知識
    平松祐司, 伊東宏晃, 大口昭英
    ペリネイタルケア 31(6) 606-613 Jun. 2012
  • マイクロRNA解析から見出された妊娠高血圧腎症の新規予知因子
    瀧澤俊広, 大口昭英, 松原茂樹, 竹下俊行
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 22(1) S.11-S.12 Jun. 2012
  • 胎盤栄養膜において浸潤能を制御する接着因子の同定と機能解析の試み
    高橋宏典, 菊池邦生, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明, 瀧澤俊広
    解剖学雑誌 87(1) 9 Mar. 2012
  • 妊婦家庭血圧グループ―家庭血圧測定からみた肥満妊婦の妊娠中の血圧変動に関する研究―
    村岡光恵, 大口昭英, 板倉敦夫, 中林正雄, 高木耕一郎, 鈴木佳克
    日本産科婦人科学会雑誌 64(2) 538 Feb. 2012
  • microRNA(miR‐210及びmiR‐518)の標的遺伝子産物HSD17B1蛋白質の血漿レベル及び母体因子を用いた妊娠高血圧腎症の発症予知
    大口昭英, 平嶋周子, 高橋佳代, 大丸貴子, 有賀治子, 鈴木寛正, 竹下俊行, 松原茂樹, 瀧澤俊広, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 64(2) 532 Feb. 2012
  • 胎盤由来のマイクロRNAは妊娠期間中エクソソームを介して母体血球細胞に取り込まれている
    神戸沙織, 石田洋一, 菊池邦生, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明, 竹下俊行, 瀧澤俊広
    日本産科婦人科学会雑誌 64(2) 412 Feb. 2012
  • 妊娠中期の混合予知モデルによる早発型妊娠高血圧腎症の発症予知
    平嶋周子, 大口昭英, 高橋佳代, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 64(2) 532 Feb. 2012
  • 妊娠前 臨床 6 妊娠中の喫煙
    大口昭英
    周産期医学 41 18-19 Dec. 2011
  • 常位胎盤早期剥離―ワンランク上の診断と治療【診断におけるポイントと課題】早剥の臨床所見
    大口昭英, 松原茂樹
    臨床婦人科産科 65(11) 1313-1316 Nov. 2011
  • 妊娠蛋白尿診断ツールとしての血中sFlt‐1,sEng値の可能性;症例報告
    大丸貴子, 大口昭英, 桑田知之, 桑田智之, 有賀治子, 高橋佳代, 薄井里英, 渡辺尚, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 47(2) 355 Jun. 2011
  • 母体と胎児の栄養学【妊娠中の栄養管理 1】基礎代謝と糖代謝の変化
    大口昭英
    臨床婦人科産科 65(5) 644-648 May 2011
  • 今,改めて妊娠高血圧症候群を考える HELLP症候群の診断と児娩出後の対応
    大口昭英
    産婦人科治療 102(5) 891-894 May 2011
  • 今,改めて妊娠高血圧症候群を考える 妊娠高血圧と妊娠高血圧腎症
    平嶋周子, 大口昭英, 鈴木光明
    産婦人科治療 102(5) 846-850 May 2011
  • Diagnosis of HELLP syndrome and treatment for HELLP syndrome after delivery
    102(5) 891-894 May 2011
  • ハイリスク妊娠・分娩の予知・予防の最前線 妊娠高血圧症候群:母体情報からの予知 子宮動脈血流速度波形
    大口昭英
    周産期医学 41(4) 507-510 Apr. 2011
  • preeclampsia診断のためのバイオマーカー
    大口昭英
    日本臨床検査自動化学会会誌 36(2) 181-184 Apr. 2011
  • 卵管結紮術10年後に発生した片側卵管膿瘍,骨盤腹膜炎の1例
    葭葉貴弘, 今吉真由美, 馬場洋介, 田中均, 大口昭英
    栃木県産婦人科医報 37 25-27 Mar. 2011
  • 血管新生関連因子と妊娠高血圧腎症発症リスク:妊婦コホート1521例の前向き追跡研究
    大口昭英, 平嶋周子, 高橋佳代, 鈴木寛正, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 63(2) 529 Feb. 2011
  • 妊娠高血圧症候群に関連するmicroRNAとその標的遺伝子HSD17B1の同定:新たな予知マーカーの開発
    瀧澤俊広, 石橋宰, 大口昭英, 倉品隆平, 石川源, 平嶋周子, 高橋佳代, 泉章夫, 米山剛一, 朝倉啓文, 松原茂樹, 竹下俊行
    日本産科婦人科学会雑誌 63(2) 708 Feb. 2011
  • 肥満妊婦ではBMIが増加するほど分娩時出血が増加する
    葭葉貴弘, 齋藤こよみ, 田中均, 大口昭英
    日本産科婦人科学会雑誌 63(2) 563 Feb. 2011
  • 妊娠中期の子宮動脈両側notches出現と平均血圧レベルは,血管新生関連因子異常を介して,妊娠高血圧腎症を発症させる
    平嶋周子, 大口昭英, 高橋佳代, 鈴木寛正, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 63(2) 529 Feb. 2011
  • 妊産婦死亡予防に向けて―まず行うべきこと―胎盤早期剥離
    松原茂樹, 桑田知之, 大口昭英
    産婦人科の実際 60(1) 69-74 Jan. 2011
  • わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 妊婦健診体制の検証 妊婦健診体制の整備 地域での妊婦健診体制:「産婦人科診療ガイドライン産科編2008」から見た検討
    大口昭英, 松原茂樹, 馬場洋介
    わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 平成20-22年度 総括・分担研究報告書 192-229 2011
  • 妊娠36週未満発症妊娠高血圧腎症の発症予知
    大口昭英
    日本絨毛性疾患研究会・日本胎盤学会学術集会プログラム・抄録集 29th-19th 47-48 2011
  • わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 妊婦初期のハイリスク妊婦の抽出法の検討:ハイリスク妊婦発症予知マーカーの開発 妊婦健診体制の整備 早産妊娠高血圧腎症ハイリスク症例の抽出
    大口昭英, 松原茂樹
    わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 平成20-22年度 総括・分担研究報告書 254-262 2011
  • 胎盤由来エクソソームを介した胎盤‐母体間コミュニケーション
    菊池邦生, アリ モハメド, 羅善順, 石橋宰, 石川朋子, 瀧澤敬美, 倉品隆平, 石川源, 右田真, 大口昭英, 松原茂樹, 竹下俊行, 瀧澤俊広
    日本絨毛性疾患研究会・日本胎盤学会学術集会プログラム・抄録集 29th-19th 53 2011
  • 「わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究」妊婦健診体制の検証 妊娠健診体制の整備 地域での妊婦健診体制:「産婦人科診療ガイドライン産科編2008」から見た検討
    大口昭英, 馬場洋介, 松原茂樹
    わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 平成22年度 総括・分担研究報告書 187-222 2011
  • 妊婦家庭血圧の基準範囲の設定:多施設共同研究
    佐藤加寿子, 三木明徳, 大丸貴子, 大口昭英, 西林学, 高木耕一郎, 竹田善治, 鈴木佳克, 板倉敦夫, 石原理
    日本妊娠高血圧学会プログラム・抄録集 32nd 53 2011
  • 正常妊婦における白衣効果の頻度と血圧3回連続測定法との関連について:多施設共同研究
    大丸貴子, 大口昭英, 高橋佳代, 三木明徳, 板倉敦夫, 高木耕一郎, 竹田善治, 鈴木佳克, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本妊娠高血圧学会プログラム・抄録集 32nd 52 2011
  • 妊婦の家庭血圧複数回測定に伴う血圧値の変化:多施設共同研究
    大口昭英, 大丸貴子, 高橋佳代, 三木明徳, 板倉敦夫, 高木耕一郎, 竹田善治, 鈴木佳克, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本妊娠高血圧学会プログラム・抄録集 32nd 52 2011
  • 妊婦血漿中でのHSD17B1の検出と妊娠高血圧腎症発症例におけるその動態
    石橋宰, 大口昭英, 石川源, 平嶋周子, 高橋佳代, 松原茂樹, 竹下俊行, 瀧澤俊広
    日本妊娠高血圧学会プログラム・抄録集 32nd 51 2011
  • 胎盤特異的microRNA
    瀧澤俊広, 石橋宰, 菊池邦生, アリ モハメド, 石川朋子, 瀧澤敬美, 大口昭英, 松原茂樹, 竹下俊行
    日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集 56th 71 2011
  • 妊娠中期の子宮動脈両側notches出現と平均血圧レベルが,その後の血清血管新生関連因子濃度および妊娠高血圧腎症発症に与える影響:コホート研究
    平嶋周子, 大口昭英, 高橋佳代, 鈴木寛正, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本妊娠高血圧学会プログラム・抄録集 32nd 39 2011
  • PIHを発症した妊婦の家庭血圧の変動:多施設共同研究
    三木明徳, 佐藤加寿子, 大丸貴子, 大口昭英, 西林学, 高木耕一郎, 竹田善治, 鈴木佳克, 板倉敦夫, 石原理
    日本妊娠高血圧学会プログラム・抄録集 32nd 53 2011
  • 胎盤由来のエクソソーム:胎盤特異的microRNAはエクソソームを介して母体循環に分泌される
    瀧澤俊広, ALI Mohammed, LUO Shan‐Shun, 石橋宰, 菊地邦生, 石川朋子, 瀧澤敬美, 倉品隆平, 右田真, 大口昭英, 松原茂樹, 竹下俊行
    生化学 ROMBUNNO.2S4A-4 2011
  • 地域での妊婦健診体制:「産婦人科診療ガイドライン産科編2008」から見た検討
    大口昭英, 馬場洋介, 松原茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 46(4) 1155-1156 Dec. 2010
  • 周産期診療指針2010 産科編 妊娠中期・後期の異常 49 双胎一児死亡時の対応
    大口昭英
    周産期医学 40 181-183 Dec. 2010
  • シリーズで学ぶ最新知識 3回 マイクロRNA 3 女性生殖器(胎盤)におけるマイクロRNA
    石橋宰, LUO Shan‐Shun, 石川朋子, 小管拓治, 倉品隆平, 石川源, 朝倉啓文, 泉章夫, 大口昭英, 松原茂樹, 竹下俊行, 瀧澤俊広
    産婦人科の実際 59(12) 2077-2083 Nov. 2010
  • 安全な産婦人科医療を目指して―事例から学ぶ―I.医療安全対策シリーズ 2.重症の産科合併症 3.HELLP症候群の診断と対応(児娩出後の悪化への対応)
    大口昭英
    日本産科婦人科学会雑誌 62(9) N.273-N.277 Sep. 2010
  • Diagnosis and Therapy for HELLP Syndrome : Correspondence to Deterioration Following Delivery
    OHKUCHI Akihide
    Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica 62(9) "N-273"-"N-277" Sep. 2010
  • 周産期医療と胎盤―最近の話題 胎盤と成長因子―PlGF,sVEGFR‐1など―
    大口昭英, 鈴木寛正
    周産期医学 40(7) 1033-1036 Jul. 2010
  • 妊娠高血圧症候群の病態解明―分子機構を中心に―マイクロRNA解析からみた妊娠高血圧症候群
    石橋宰, LUO Shan‐Shun, 石川源, 竹下俊行, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹, 瀧澤俊広
    産婦人科の実際 59(7) 1063-1071 Jul. 2010
  • Nuchal translucency増高例の染色体異常および先天異常発生率
    大丸貴子, 大口昭英, 矢田ゆかり, 高橋佳代, 桑田知之, 薄井里英, 渡辺尚, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 46(2) 485 Jun. 2010
  • 栃木県における3年間のガイドライン実態調査:実際の実施率からみた推奨レベルの妥当性
    馬場洋介, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 46(2) 509 Jun. 2010
  • 周産期救急疾患への対応―妊産婦・新生児死亡を防ぐために―妊産婦救急疾患―HELLP症候群への対応
    大口昭英, 萩原秀文
    周産期医学 40(6) 797-800 Jun. 2010
  • IUI後に発生した,両側卵管峡部妊娠,左卵管破裂の1例
    葭葉貴弘, 馬場洋介, 今吉真由美, 田中均, 大口昭英
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌 47(2) 206 May 2010
  • 胎内で消化管穿孔を2回起こしたと推定される胎便性腹膜炎症例
    今吉真由美, 桑田知之, 大井朝子, 森澤宏行, 薄井里英, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木県産婦人科医報 36 49-52 Mar. 2010
  • 帝王切開後に発症した巨大仮性動脈瘤の診断と動脈塞栓治療
    金子由佳, 桑田知之, 今吉真由美, 薄井里英, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明, 中田学, 木村有喜男
    栃木県産婦人科医報 36 71-73 Mar. 2010
  • 胎児臀部の嚢胞性病変:髄膜瘤or奇形腫?
    大井朝子, 桑田知之, 小林真実, 森澤宏行, 薄井里英, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木母性衛生(36) 5-7 Mar. 2010
  • 一絨毛膜一羊膜性双胎(MM双胎)の管理:症例報告
    廣瀬典子, 桑田知之, 大井朝子, 薄井里英, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木県産婦人科医報 36 46-48 Mar. 2010
  • 胎盤特異的microRNAは絨毛栄養膜由来でありエクソゾームを介して母体血液中に放出される
    瀧澤俊広, 石橋宰, 羅善順, 石川源, 石川朋子, 三嶋拓也, 瀧澤敬美, 後藤忠, 泉章夫, 大口昭英, 松原茂樹, 竹下俊行
    解剖学雑誌 85(Supplement) 107 Mar. 2010
  • I.医療安全対策シリーズ 2.重症の産科合併症 3.HELLP症候群の診断と対応(児娩出後の悪化への対応)
    大口昭英
    日本産科婦人科学会雑誌 62(2) 296 Feb. 2010
  • 妊娠中期の血圧レベル,Notch depth index及び血清PlGF濃度を用いた早発型妊娠高血圧腎症発症予知
    大口昭英, 平嶋周子, 高橋佳代, 鈴木寛正, 大丸貴子, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 62(2) 378 Feb. 2010
  • sFlt‐1過剰発現による妊娠高血圧腎症様マウスモデルにおける,血管新生因子投与による血中NOへの影響
    鈴木寛正, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 62(2) 492 Feb. 2010
  • 胎児腹腔内臍静脈瘤(FIUV‐varix)の管理様式提案―自験6症例から―
    小林真実, 桑田知之, 今吉真由美, 廣瀬典子, 薄井里英, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 62(2) 589 Feb. 2010
  • 月経前不快気分障害(PMDD)に対する鍼治療有効例
    田口玲奈, 松原茂樹, 大口昭英
    日本産科婦人科学会雑誌 62(2) 478 Feb. 2010
  • 子宮頸管長短縮症例の臨床所見及び治療の予後への関与に関する多施設共同研究
    大槻克文, 篠塚憲男, 牧野康男, 亀井良政, 川端伊久乃, 木戸浩一郎, 宮坂尚幸, 芥川修, 深見武彦, 福島明宗, 大口昭英, 渡辺博, 石川浩史, 澤田真紀, 栗城亜具里, 鈴木一有, 豊木廣, 梅本雅彦, 巽啓司, 佐藤昌司, 佐藤二葉, 松原圭一, 米田哲, 野平知良, 徳中真由美, 金山尚裕, 斎藤滋, 中井章人, 松田義雄, 岩下光利, 岡井崇
    日本産科婦人科学会雑誌 62(2) 369 Feb. 2010
  • 妊娠高血圧症候群(PIH)胎盤のMicroRNA Arrayによる網羅的解析:PIH胎盤では第19番染色体上のmicroRNAクラスターの発現が上昇している
    瀧澤俊広, 石橋宰, 大口昭英, 泉章夫, 石川源, 間瀬有里, 米山剛一, 朝倉啓文, 松原茂樹, 竹下俊行
    日本産科婦人科学会雑誌 62(2) 493 Feb. 2010
  • 肥満妊婦において,血中Adiponectin低値,及びHOMA指数高値はGDM発症のハイリスク因子ではない
    高橋佳代, 吉田美海, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 62(2) 649 Feb. 2010
  • 妊娠高血圧腎症妊婦における血管新生関連因子sFlt‐1及びPlGF迅速測定の評価
    平嶋周子, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 62(2) 767 Feb. 2010
  • 母体救命搬送【救急搬送のタイミングと応急処置 1.緊急に救命処置が必要な産科疾患 1)】大量出血・ショック
    大口昭英, 松原茂樹
    臨床婦人科産科 64(1) 10-15 Jan. 2010
  • わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 母体血による疾患の早期診断確立に向けて
    大口昭英
    わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 平成21年度 総括・分担研究報告書 345-361 2010
  • 妊娠高血圧症候群に関連するマイクロRNAの同定とその標的遺伝子
    石橋宰, アリ モハメド, 石川源, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹, 米山剛一, 朝倉啓文, 竹下俊行, 瀧澤俊広
    日本絨毛性疾患研究会・日本胎盤学会学術集会プログラム・抄録集 28th-18th 70 2010
  • わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 地域(栃木県)における妊婦健診体制の現状,および妊婦健診に際して問題となり得る産科病態に関する検討
    松原茂樹, 大口昭英
    わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 平成21年度 総括・分担研究報告書 234-245 2010
  • Incidences of chromosomal abnormality and congenital anomaly in Japanese women with increased NT (nuchal translucency)
    OMARU TAKAKO, OKUCHI AKIHIDE, TAKAHASHI KAYO, KUWATA TOMOYUKI, USUI RIE, ITO YUJI, IZUMI AKIO, MATSUBARA SHIGEKI, SUZUKI MITSUAKI
    日本周産期・新生児医学会雑誌 45(4) 1432-1436 Dec. 2009
  • Incidences of chromosomal abnormality and congenital anomaly in Japanese women with increased NT (nuchal translucency)
    OHMARU Takako, OHKUCHI Akihide, TAKAHASHI Kayo, KUWATA Tomoyuki, USUI Rie, ITO Yuji, IZUMI Akio, MATSUBARA Shigeki, SUZUKI Mitsuaki
    45(4) 1432-1436 Dec. 2009
  • 常位胎盤早期剥離のすべて 常位胎盤早期剥離と胎児心拍数陣痛図
    松原茂樹, 薄井里英, 大口昭英
    産婦人科の実際 58(13) 2085-2094 Dec. 2009
  • 妊娠蛋白尿における血中血管新生関連因子レベル―妊娠高血圧,妊娠高血圧腎症との比較
    平嶋周子, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木寛正, 高橋佳代, 鈴木光明
    日本妊娠高血圧学会雑誌 17 37-42 Dec. 2009
  • 妊娠高血圧腎症発症に対する在胎週数特異的sFlt1/PlGF比域値の存在の可能性
    大口昭英, 平嶋周子, 鈴木寛正, 高橋佳代, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本妊娠高血圧学会雑誌 17 180-181 Dec. 2009
  • sFlt‐1過剰発現による妊娠高血圧腎症マウスモデルにおける,血管新生因子投与による血中NOへの影響
    鈴木寛正, 大口昭英, 松原茂樹, 渋谷正史, 村上雅人, 佐藤靖史, 鈴木光明
    日本妊娠高血圧学会雑誌 17 199-200 Dec. 2009
  • Serious adverse drug reaction in woman with hyperemesis gravidarum after first exposure to vitamin B complex including vitamin B1, B6 and B12
    61(11) Nov. 2009
  • 妊娠高血圧症候群で発現が変動する胎盤由来マイクロRNAの大規模プロファイリングによる同定の試み
    石橋宰, 羅善順, 倉品隆平, 軸薗智雄, 石川源, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹, 間瀬(吉田)有里, 朝倉啓文, 米山剛一, 竹下俊行, 瀧澤俊広
    Reprod Immunol Biol 24(2) 138 Nov. 2009
  • 大動脈縮窄症,縮窄後拡張破裂合併妊娠の一例
    坂本有希, 大口昭英, 高橋寿々代, 桑田知之, 薄井里英, 渡辺尚, 泉章夫, 松原茂樹, 坂野康人, 三澤吉雄, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌 46(3) 302 Aug. 2009
  • 「産婦人科診療ガイドライン産科編2008」発刊前後の産科診療実態追跡調査(栃木県)
    馬場洋介, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 45(2) 562 Jun. 2009
  • Opening the bladder for cesarean hysterectomy for placenta previa percreta with bladder invasion
    61(6) Jun. 2009
  • Subcutaneous hemorrhage after thromboprophylaxis with low-dose unfractionated subcutaneous heparin administration after cesarean section
    19(1) "S-29"-"S-30" May 2009
  • 帝王切開後低用量未分画ヘパリン投与後の創部出血
    薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹, 奥野さつき, 桑田知之, 大口昭英, 泉章夫, 鈴木光明
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 19(1) S.29-S.30 May 2009
  • 周産期モニタリングup to dateとその応用 妊娠高血圧腎症・SGA児の予知法としての母体子宮動脈血流速度波形測定
    大口昭英, 松原茂樹
    周産期医学 39(4) 449-452 Apr. 2009
  • 周産期モニタリングup to dateとその応用 胎動監視―新自覚胎動基準値の提唱―
    松原茂樹, 桑田知之, 大草尚, 大口昭英
    周産期医学 39(4) 431-437 Apr. 2009
  • 母体シェーグレン症候群に伴う先天性胎児AV‐block:母体リトドリン投与による胎児治療
    石田洋一, 桑田知之, 森松友佳子, 薄井里英, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木県産婦人科医報 35 41-42 Mar. 2009
  • 「産婦人科診療ガイドライン産科編2008」発刊前の栃木県における産科診療実態調査
    大口昭英, 桑田知之, 薄井里英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木母性衛生(35) 13-15 Mar. 2009
  • 妊娠と視力障害:原田病
    橋本祐子, 桑田知之, 種市明代, 高橋詳史, 小林真美, 薄井里英, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明, 大河原百合子, 牧野伸二
    栃木県産婦人科医報 35 18-19 Mar. 2009
  • 胎児の心室頻拍(torsade de pointes)における上行大動脈ドプラ心エコー図所見
    高橋佳代, 大口昭英, 森松友佳子, 桑田知之, 薄井里英, 泉章夫, 松原茂樹, 白石裕比湖, 川又竜, 早川貴裕, 市橋光
    日本小児循環器学会雑誌 25(2) 181 Mar. 2009
  • 妊娠中期の子宮動脈血流速度波形異常とその後のsFlt‐1:PlGF比及びsEng測定による早産妊娠高血圧腎症予知
    平嶋周子, 大口昭英, 松原茂樹, 高橋佳代, 鈴木寛正, 吉田美海, 石田洋一, 桑田知之, 薄井里英, 泉章夫, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 61(2) 501 Feb. 2009
  • 肥満妊婦での妊娠中期の内臓脂肪/腹腔面積比は妊娠糖尿病発症を高率に予知する前方視的研究
    高橋佳代, 大口昭英, 松原茂樹, 吉田美海, 鈴木寛正, 平嶋周子, 桑田知之, 薄井里英, 泉章夫, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 61(2) 439 Feb. 2009
  • 胎盤絨毛栄養膜はエクソゾームを介してmicroRNA(miRNA)を母体血液中に放出している:新しい診断ツールとしてのmiRNA
    瀧澤俊広, 石川源, 間瀬有里, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹, 竹下俊行
    日本産科婦人科学会雑誌 61(2) 446 Feb. 2009
  • sFlt‐1発現アデノウィルスベクターを用いた妊娠高血圧腎症様マウスモデルへのVEGF,PlGF投与効果
    鈴木寛正, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 61(2) 499 Feb. 2009
  • Alport症候群合併妊娠:妊娠経過と臍帯免疫染色による出生児診断の試み
    高橋寿子, 松原茂樹, 桑田知之, 永井崇, 大口昭英, 薄井里英, 泉章夫, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 61(2) 598 Feb. 2009
  • 経腟超音波を用いた簡便な子宮頸部硬度推定法の考案
    桑田知之, 大草尚, 薄井里英, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 61(2) 593 Feb. 2009
  • 妊娠蛋白尿における血清sFlt1:PlGF比,PlGFおよびsEng濃度
    大口昭英, 平嶋周子, 松原茂樹, 鈴木寛正, 高橋佳代, 薄井里英, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 61(2) 591 Feb. 2009
  • ハイリスク妊娠の見分け方‐2.妊婦健診・母体 出血と胎動減少への対応‐自治医大でのルーチンを中心に‐
    松原茂樹, 薄井里英, 桑田知之, 大口昭英, 泉章夫
    周産期医学 39(1) 61-65 Jan. 2009
  • Discordant twinの診断と管理 双胎1児死亡の取り扱い
    大口昭英
    産婦人科の実際 58(1) 47-51 Jan. 2009
  • 正常および妊娠高血圧症候群の胎盤において発現するマイクロRNAの大規模プロファイリング解析
    石橋宰, 羅善順, 瀧澤俊広, 石川源, 間瀬(吉田)有里, 朝倉啓文, 米山剛一, 竹下俊行, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹
    日本絨毛性疾患研究会・日本胎盤学会学術集会プログラム・抄録集 27th-17th 55 2009
  • わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 地域(栃木県)における妊婦健診体制の現状,および妊婦健診に際して問題となり得る産科病態に関する検討
    松原茂樹, 大口昭英
    わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 平成20年度 総括・分担研究報告書 168-193 2009
  • わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 妊娠中期の子宮動脈血流速度波形計測と血清sFltl:PlGF比及びsEng反復測定による早産妊娠高血圧腎症発症予知法の開発
    大口昭英, 松原茂樹
    わが国における新しい妊婦健診体制構築のための研究 平成20年度 総括・分担研究報告書 261-273 2009
  • 頸管縫縮術自体が術後CRP・白血球数を増加させるか?―術後経過予測因子としてのCRPと白血球数―
    小林真実, 泉章夫, 鈴木はる奈, 桑田知之, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産婦人科感染症研究会学術講演会プログラム・講演抄録集 27th 37 2009
  • Establishing a reference value for the frequency of fetal movements using modifed 'count to 10' method
    60(12) Dec. 2008
  • 血管新生関連因子と妊娠高血圧症候群
    大口昭英, 平嶋周子, 鈴木寛正, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本妊娠高血圧学会雑誌 16 84-87 Dec. 2008
  • 腎と妊娠 母体血清中の血管新生因子阻害物質からみた妊娠高血圧腎症および妊娠蛋白尿
    大口昭英
    腎と透析 65(5) 735-738 Nov. 2008
  • 出生前診断した尿管瘤に伴う巨大尿管症
    永山志穂, 桑田知之, 金子由佳, 薄井里英, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    母性衛生 49(3) 185 Oct. 2008
  • 自覚胎動カウントの実施により児を救命できた一症例:胎動カウントの基準値とともに
    金子由佳, 桑田知之, 泉章夫, 薄井里英, 大口昭英, 永山志穂, 松原茂樹, 鈴木光明
    母性衛生 49(3) 136 Oct. 2008
  • 「周産期の出血」徹底攻略 弛緩出血の管理法―新しい子宮圧迫縫合法(子宮緊縛法)も含めて―
    松原茂樹, 谷野均, 種市明代, 大口昭英, 泉章夫, 鈴木光明
    周産期医学 38(7) 879-889 Jul. 2008
  • NT(Nuchal translucency)増高と染色体異常発生リスクについての検討
    大丸貴子, 大口昭英, 高橋佳代, 桑田知之, 薄井里英, 泉章夫, 伊藤雄二, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 44(2) 476 Jun. 2008
  • 上行大動脈‐上大静脈ドプラ法による胎児不整脈の診断経験例
    高橋佳代, 大口昭英, 桑田知之, 薄井里英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明, 白石裕比湖
    日本周産期・新生児医学会雑誌 44(2) 400 Jun. 2008
  • 栃木県内分娩施設における,妊娠糖尿病選別,骨盤位分娩,VBACに関する実態調査
    大口昭英, 高橋佳代, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 44(2) 378 Jun. 2008
  • 円錐切除後妊娠コホートにおける早産率:縫縮術及び手術‐妊娠期間と早産率の関係
    松井伴衣, 薄井里英, 大口昭英, 鈴木寛正, 泉章夫, 桑田知之, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 44(2) 461 Jun. 2008
  • 妊婦の感染症 妊産褥婦の重症感染症:リトドリンによる無顆粒球症を中心に
    松原茂樹, 泉章夫, 大口昭英
    臨床婦人科産科 62(6) 812-815 Jun. 2008
  • 前置癒着胎盤:臨床経験に学ぶ 各施設における臨床経験と前置癒着胎盤の取り扱い 自治医科大学における取り扱い
    松原茂樹, 大口昭英, 安士正裕, 中田学, 泉章夫, 鈴木光明
    産婦人科の実際 57(6) 945-952 Jun. 2008
  • Granulocyte-colony stimulating factor for the treatment of ritodrine-induced neutropenia
    60(6) Jun. 2008
  • Fetal heart rate pattern in placental abruption
    18(1) "S-49"-"S-50" Jun. 2008
  • 常位胎盤早期剥離と胎児心拍数図
    薄井里英, 松原茂樹, 大口昭英, 渡辺尚, 泉章夫, 鈴木光明
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 18(1) S.49-S.50 Jun. 2008
  • 先天性完全房室ブロックに対する胎児治療:経母体リトドリン投与が奏効した2症例
    桑田知之, 森松友佳子, 石田洋一, 薄井里英, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 60(2) 644 Feb. 2008
  • マウスにおけるsFlt‐1発現アデノウィルスベクターを用いた妊娠高血圧腎症モデル動物の作成
    鈴木寛正, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 60(2) 808 Feb. 2008
  • 妊娠高血圧腎症発症前での血清soluble endoglin高値出現率
    大口昭英, 平嶋周子, 鈴木寛正, 高橋佳代, 桑田知之, 薄井里英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 60(2) 723 Feb. 2008
  • 妊娠高血圧腎症妊婦における血清solubule endoglin,sFlt1およびPlGF異常出現率
    平嶋周子, 大口昭英, 鈴木寛正, 高橋佳代, 桑田知之, 薄井里英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 60(2) 802 Feb. 2008
  • 常位胎盤早期剥離の重症度を予見する胎児心拍数図
    薄井里英, 松原茂樹, 大口昭英, 廣瀬典子, 松井伴衣, 桑田知之, 泉章夫, 渡辺尚, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 60(2) 590 Feb. 2008
  • 白血病合併妊娠2例:妊娠初期血液検査異常と,産科DIC遷延で発見された急性非リンパ性白血病
    森松友佳子, 松原茂樹, 桑田知之, 廣瀬典子, 薄井里英, 大口昭英, 泉章夫, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 60(2) 642 Feb. 2008
  • 血管新生関連因子と妊娠高血圧症候群
    大口昭英, 平嶋周子, 鈴木寛正, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本妊娠高血圧学会プログラム・抄録集 29th 34 2008
  • 妊娠中期血清PlGF値・子宮動脈血流速度波形の両指標同時評価は妊娠高血圧腎症発症を鋭敏に予知する‐妊婦血清PlGF正常域再設定後の評価‐
    大口昭英, 平嶋周子, 鈴木寛正, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本妊娠高血圧学会雑誌 15 101-102 Dec. 2007
  • マウスにおけるsFlt‐1発現アデノウィルスベクターを用いた妊娠高血圧腎症モデル動物の作成
    鈴木寛正, 大口昭英, 松原茂樹, 渋谷正史, 村上雅人, 佐藤靖史, 鈴木光明
    日本妊娠高血圧学会雑誌 15 75-76 Dec. 2007
  • 妊婦における血清soluble endoglinの正常域の設定並びに妊娠高血圧腎症妊婦におけるsolubule endoglin値の異常出現率について
    平嶋周子, 大口昭英, 鈴木寛正, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本妊娠高血圧学会雑誌 15 93-94 Dec. 2007
  • 産科編 I.症候 出血 産褥期の異常出血―分娩後出血―
    松原茂樹, 泉章夫, 大口昭英
    周産期医学 37 9-14 Nov. 2007
  • 胎盤と臍帯の臨床【胎盤 5】癒着胎盤‐診療・手術法の6つの工夫
    松原茂樹, 大口昭英, 安士正裕, 中田学, 大竹悠子, 桑田吉峰, 泉章夫, 鈴木光明
    臨床婦人科産科 61(11) 1354-1363 Nov. 2007
  • ハイリスク妊娠とその後のサポート:次回妊娠のケア Heavy‐for‐dates(HFD)出産既往
    大口昭英
    産婦人科の実際 56(9) 1339-1342 Sep. 2007
  • 症例からみた妊娠の新しいリスクと対策 II.子宮腺筋症摘出 6.子宮腺筋症核出術後の妊娠―子宮破裂のIiterature reviewと産科管理について―
    森松友佳子, 松原茂樹, 大口昭英, 東山信彦, 佐藤友美, 泉章夫, 鈴木光明
    産科と婦人科 74(9) 1047-1053 Sep. 2007
  • ビタメジン点滴によるアナフィラキシーショックの1例
    桑田吉峰, 大口昭英, 桑田知之, 薄井里英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 44(3) 285 Aug. 2007
  • 異常妊娠編 9 双胎
    大口昭英, 村越毅
    ペリネイタルケア 085-094 Jun. 2007
  • 低置胎盤:胎盤‐内子宮口間距離が21mm以上あれば経腟分娩は安全か?
    吉川仁, 大口昭英, 渡辺尚, 薄井里英, 桑田知之, 高橋佳代, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 43(2) 376 Jun. 2007
  • 染色体異常無く,後頸部に余剰皮膚のみを呈した著明なNT肥厚の1例
    大丸貴子, 大口昭英, 軸丸三枝子, 高橋佳代, 桑田知之, 薄井里英, 泉章夫, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 43(2) 535 Jun. 2007
  • 帝王切開術後の血栓予防ヘパリン投与‐APTT延長例の出現頻度‐
    奥野さつき, 薄井里英, 大口昭英, 桑田知之, 鈴木寛正, 吉川仁, 渡辺尚, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 43(2) 382 Jun. 2007
  • 妊娠中期の子宮動脈血流速度波形の用いた妊娠高血圧腎症発症予知
    高橋佳代, 大口昭英, 大丸貴子, 軸丸三枝子, 薄井里英, 桑田知之, 泉章夫, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 43(2) 541 Jun. 2007
  • ショック指数を用いた分娩後大出血母体搬送例の評価‐搬送元報告出血量は正確か?‐
    廣瀬典子, 薄井里英, 大口昭英, 桑田知之, 馬場洋介, 吉川仁, 渡辺尚, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 43(2) 378 Jun. 2007
  • 臨床に応用される血管新生 2)妊娠高血圧腎症と可溶性Flt‐1
    大口昭英, 松原茂樹
    血管医学 8(2) 135-143 May 2007
  • 常位胎盤早期剥離のリスク因子―当院16年間の検討―
    吉川仁, 大口昭英, 新井富士美, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    産婦人科の実際 56(5) 793-797 May 2007
  • 胎児心臓腫瘍症例における3D画像による出生前後の心室容量の評価
    高橋佳代, 大口昭英, 東山信彦, 桑田知之, 薄井里英, 泉章夫, 渡辺尚, 松原茂樹, 白石裕比湖, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 44(2) 154 May 2007
  • 常位胎盤早期剥離を起こしやすいのはどんな場合か?―当院16年間の検討―
    吉川仁, 大口昭英, 東山信彦, 薄井里英, 桑田知之, 渡辺尚, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木母性衛生(33) 20-22 Mar. 2007
  • 臨床必携 分娩監視CTGの読み方―その時どうする 常位胎盤早期剥離と胎児心拍数図
    薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹
    周産期医学 37(3) 371-374 Mar. 2007
  • 妊娠中期の子宮動脈血流速度波形異常と血清PlGF低値は,その後のsFlt‐1値高値と妊娠高血圧腎症発症に強く関連する
    平嶋周子, 大口昭英, 鈴木寛正, 高橋佳代, 渡辺尚, 東山信彦, 桑田知之, 薄井里英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 59(2) 533 Feb. 2007
  • 妊婦腟内グラム陽性桿菌減少・不在と妊娠持続期間との関係―多変量解析―
    薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木寛正, 泉章夫, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 59(2) 543 Feb. 2007
  • 妊娠高血圧症候群では子宮内胎児発育遅延への影響度はどちらが大きいか―発症時期VS血清PLGF値
    鈴木寛正, 大口昭英, 平嶋周子, 高橋佳代, 渡辺尚, 東山信彦, 桑田知之, 薄井里英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 59(2) 535 Feb. 2007
  • 妊娠中期子宮動脈血流速度波形notch depth index上昇あるいは妊娠中期高血圧前症/高血圧を用いたスクリーニングは妊娠高血圧腎症発症予知の感度を上昇させる
    大口昭英, 平嶋周子, 高橋佳代, 鈴木寛正, 渡辺尚, 東山信彦, 桑田知之, 薄井里英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 59(2) 534 Feb. 2007
  • 帝王切開術後に撮影したレントゲン検査で腹腔内異物が疑われた2症例
    大丸貴子, 渡辺尚, 藤原寛行, 木村孔三, 中山寛, 大口昭英, 島田和彦, 薄井里英, 新井富士美, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木県産婦人科医報 33(1) 28-30 Nov. 2006
  • ズバッと答える臨床知識 学生・患者に説明できますか?解剖・病態生理の疑問 妊娠するとなぜつわりが起きるの?
    松原茂樹, 大口昭英
    JIM 16(11) 908-910 Nov. 2006
  • 3D超音波画像による胎児心室容積解析
    高橋佳代, 白石裕比湖, 大口昭英, 飯野真由, 桃井真里子
    J Cardiol 48(Supplement 1) 565 Sep. 2006
  • 28週で子宮破裂した子宮腺筋症核出術(adenomyomectomy)後妊娠例
    森松友佳子, 平野由紀, 東山信彦, 伊志嶺めぐみ, 佐藤友美, 薄井里英, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 43(3) 277 Aug. 2006
  • 子宮内胎児死亡に至った人魚体
    東山信彦, 新井富士見, 渡辺尚, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木母性衛生(32) 17-18 Jun. 2006
  • 妊娠初期トキソプラズマ抗体測定の意義‐先天性トキソプラズマ症の予防のために
    岡島毅, 新井富士美, 大口昭英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 42(2) 259 Jun. 2006
  • 妊娠高血圧症候群を合併しない双胎妊婦における血清尿酸値の意義
    鈴木寛正, 大口昭英, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 42(2) 450 Jun. 2006
  • 妊娠22~35週における腟内グラム陽性桿菌判定量値と早産リスク
    薄井里英, 大口昭英, 馬場洋介, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 42(2) 328 Jun. 2006
  • 単頚双角子宮における子宮破裂の1例
    大口昭英, 鈴木寛正, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 42(2) 536 Jun. 2006
  • 妊娠36週に発見され一時的下大静脈フィルターを挿入した肺血栓塞栓症(PTE)の1症例
    島田和彦, 渡辺尚, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 16(1) S.11-S.12 Jun. 2006
  • 塩酸リトドリンによる無顆粒球症・好中球減少症に対するG‐CSF製剤投与―症例報告―
    吉川仁, 新井富士美, 大口昭英, 大丸貴子, 萩原秀文, 水野泉, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 43(2) 154 May 2006
  • May‐Hegglin anomaly合併妊娠の2例
    高澤環志, 渡辺尚, 外島正樹, 山内有子, 大口昭英, 新井富士美, 薄井里英, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木県産婦人科医報 32(2) 161-164 Mar. 2006
  • 胎動自覚回数の妊娠週数別基準値作成―胎動10回カウント法を用いて―
    桑田知之, 大草尚, 泉章夫, 渡辺尚, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 58(2) 513 Feb. 2006
  • 品胎妊娠におけるdelayed delivery
    萩原秀文, 大口昭英, 古川美海, 軸丸三枝子, 新井富士美, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 58(2) 727 Feb. 2006
  • 常位胎盤早期剥離のリスク因子―9年間8504分娩例からの検討―
    吉川仁, 大口昭英, 新井富士美, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 58(2) 689 Feb. 2006
  • 双胎妊娠における血中尿酸値と肝機能・血小板数・AT‐III活性値との関連
    鈴木寛正, 大口昭英, 角田哲男, 平嶋周子, 高橋佳代, 新井富士美, 軸丸三枝子, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 58(2) 726 Feb. 2006
  • 早発型および遅発型妊娠高血圧腎症における血清sFlt1およびfree PlGF値の異常出現率
    平嶋周子, 大口昭英, 新井富士美, 鈴木寛正, 高橋佳代, 軸丸三枝子, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 58(2) 551 Feb. 2006
  • 早発型妊娠高血圧腎症,HELLP症候群の1例における,血清sFlt1(soluble fms‐like tyrosine kinase‐1)値,血圧,蛋白尿,血小板数および肝機能の経時的関連
    新井富士美, 大口昭英, 平嶋周子, 鈴木寛正, 高橋佳代, 軸丸三枝子, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 58(2) 548 Feb. 2006
  • マウス精巣に発現する新規蛋白質TEX101は発生段階の卵巣にも発現している
    高山剛, 松原茂樹, 大口昭英, 鈴木光明, 瀧沢俊広
    日本産科婦人科学会雑誌 58(2) 667 Feb. 2006
  • 多変量解析による早産再発リスク検討:自然早産vs適応あり早産(spontaneous vs indicated preterm birth)
    薄井里英, 大口昭英, 馬場洋介, 桑田知之, 渡辺尚, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 58(2) 543 Feb. 2006
  • 妊娠中期血圧値は妊娠高血圧腎症発症の独立危険因子である(body mass indexの影響排除後解析)
    大口昭英, 岩崎竜彦, 平嶋周子, 鈴木寛正, 新井富士美, 高橋佳代, 馬場洋介, 軸丸三枝子, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 58(2) 718 Feb. 2006
  • 妊娠高血圧腎症及びHELLP症候群症例におけるsFlt‐1,PlGFとSGAとの関連についての検討
    平嶋周子, 大口昭英, 鈴木寛正, 新井富士美, 高橋佳代, 軸丸美枝子, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本妊娠高血圧学会雑誌 13 129-130 Dec. 2005
  • 妊娠19週でHELLP症候群を発症した抗リン脂質抗体症候群合併妊婦におけるsFlt‐1,PlGFの検討
    鈴木寛正, 大口昭英, 上田治子, 平嶋周子, 高橋佳代, 薄井里英, 新井富士美, 軸丸三枝子, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本妊娠高血圧学会雑誌 13 145-146 Dec. 2005
  • 双胎妊娠における高尿酸血症と低AT‐III活性および肝機能異常との関連
    大口昭英, 角田哲男, 平嶋周子, 鈴木寛正, 高橋佳代, 新井富士美, 軸丸三枝子, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本妊娠高血圧学会雑誌 13 103-104 Dec. 2005
  • 抗リン脂質抗体症候群とHELLP症候群
    大口昭英, 鈴木寛正, 上田治子, 新井富士美, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明, 奈良浩之, 岩本雅弘
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 42(4) 493-499 Nov. 2005
  • 双胎妊娠の合併症
    水上尚典, 大口昭英
    産婦人科の実際 54 66-76 Sep. 2005
  • 双胎妊娠の特徴―単胎との比較において―
    大口昭英, 水上尚典, 小池俊光, 桑田知之
    産婦人科の実際 54 28-37 Sep. 2005
  • 胎児脳室拡大症例の検討
    東山信彦, 渡辺尚, 新井富士見, 薄井里英, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 42(3) 312 Aug. 2005
  • MRIにて胎児期に診断された水尿管を伴う重複腎の一例
    橋本祐子, 新井富士美, 高橋佳代, 大口昭英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 41(2) 392 Jun. 2005
  • 本邦の巨大児の定義について―4000gと3800g,2つの基準値を用いた検討―
    馬場洋介, 大口昭英, 薄井里英, 平嶋周子, 高橋佳代, 鈴木寛正, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 41(2) 363 Jun. 2005
  • 妊娠間隔と早産の検討
    薄井里英, 大口昭英, 平嶋周子, 馬場洋介, 鈴木寛正, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 41(2) 409 Jun. 2005
  • SGAおよびHGAの再発率に関する検討
    大口昭英, 薄井里英, 馬場洋介, 平嶋周子, 高橋佳代, 鈴木寛正, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 41(2) 436 Jun. 2005
  • 妊娠中期における子宮動脈血流速度波形のnotch depth indexの週数別cutoff値の設定
    高橋佳代, 大口昭英, 薄井里英, 平嶋周子, 鈴木寛正, 馬場洋介, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 41(2) 336 Jun. 2005
  • Two cases of pregnancy complicated with May-Hegglin anomaly
    15(1) "S-47"-"S-48" Jun. 2005
  • 特殊なRh型(‐D‐/‐D‐)不適合妊娠の一例
    上田治子, 大口昭英, 渡辺尚, 新井富士美, 薄井里英, 藤原寛行, 高橋尚人, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 15(1) S.65-S.66 Jun. 2005
  • May‐Hegglin anomaly合併妊娠の2例
    高沢環志, 渡辺尚, 外島正樹, 山内有子, 大口昭英, 新井富士美, 薄井里英, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 15(1) S.47-S.48 Jun. 2005
  • 3D超音波で結合部位を診断したConjoined twinsの1例
    高橋佳容子, 桑田知之, 大口昭英, 新井富士美, 渡辺尚, 泉章夫, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 42(1) 61-64 Mar. 2005
  • 妊娠初期に下肢深部静脈血栓症を発症した2症例
    佐藤尚人, 渡辺尚, 新井富士美, 萩原秀文, 高橋寿々代, 増田めぐみ, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木県産婦人科医報 31(2) 167-169 Feb. 2005
  • 妊娠高血圧症候群における血しょうfree placental growth factorおよびsoluble fms‐like tyrosine kinase1濃度の検討
    新井富士美, 大口昭英, 平嶋周子, 高橋佳代, 鈴木寛正, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 57(2) 555 Feb. 2005
  • 正期産妊婦における妊娠中の血清sFlt1及びfree PlGFの推移:縦断的研究
    大口昭英, 平嶋周子, 新井富士美, 高橋佳代, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 57(2) 754 Feb. 2005
  • 巨大児分娩は反復するか?―4000gと3800g,2つの基準値を用いた検討―
    馬場洋介, 大口昭英, 薄井里英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 57(2) 530 Feb. 2005
  • 初産双胎妊婦に対する予防的子宮頚管縫縮術が周産期予後に与える影響
    桑田知之, 松原茂樹, 大口昭英, 泉章夫, 渡辺尚, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 57(2) 557 Feb. 2005
  • 早発型の妊娠高血圧腎症/HELLP症候群における妊娠中期の血清free PlGF及びsFlt値:前向き研究
    平嶋周子, 大口昭英, 新井富士美, 高橋佳代, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 57(2) 554 Feb. 2005
  • 重症妊娠中毒症・HELLP症候群にDIC,子癇を合併し,脳室内出血/水頭症を示した一症例
    古川美海, 平嶋周子, 大口昭英, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明, 山口崇, 田中裕一
    栃木母性衛生(31) 5-8 Dec. 2004
  • Hemoconcentration in patients with HELLP syndrome : evaluation using urine-to-fluid ratio
    Kuwata Tomoyuki, Matsubara Shigeki, Ohkuchi Akihide, Hagiwara Hidefumi, Izumi Akio, Watanabe Takashi, Suzuki Mitsuaki, Minakami Hisanori
    Jichi Medical School journal 27 55-63 Dec. 2004
  • 1548例の後方視的コホートを用いたsuperimposed preeclampsia発生リスクの検討
    大口昭英, 岩崎竜彦, 松原茂樹, 水上尚典
    日本妊娠高血圧学会雑誌 12 95-100 Dec. 2004
  • 妊娠・診察―家族歴と妊娠 前回巨大児分娩歴あるいは巨大児分娩家系と巨大児妊娠の関連はあるか?
    大口昭英, 水上尚典
    周産期医学 34 24-25 Nov. 2004
  • じゅう毛羊膜炎の卵膜での白血球浸潤様式―電顕酵素細胞化学的考察―
    高山剛, 松原茂樹, 鈴木泉, 岩崎竜彦, 桑田知之, 渡辺尚, 大口昭英, 泉章夫, 鈴木光明
    日本産婦人科感染症研究会学術講演会記録集 21st 32-33 Aug. 2004
  • 子宮頚癌の心筋転移が疑われた一例
    高橋佳容子, 鈴木達也, 大口昭英, 泉章夫, 大和田倫孝, 鈴木光明
    栃木県産婦人科医報 31(1) 41-43 Jun. 2004
  • 巨大児出生における母体年齢の影響:正期産単胎妊婦8881例の後方視的多変量解析
    馬場洋介, 大口昭英, 桑田知之, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 40(2) 355 Jun. 2004
  • 妊娠中毒症患者における血しょうplacenta growth factor(PlGF)およびVEGF濃度の検討
    新井富士美, 大口昭英, 鈴木寛正, 平嶋周子, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 40(2) 355 Jun. 2004
  • 出生前診断した先天性胆道拡張症(総胆管嚢腫)の3例
    鈴木寛正, 桑田知之, 大口昭英, 渡辺尚, 矢田ゆかり, 高橋尚人, 江上聡, 横森欣司, 松原茂樹
    日本周産期・新生児医学会雑誌 40(2) 371 Jun. 2004
  • 経ちつカラードプラ法が有用であった前置血管の2例
    大口昭英, 平嶋周子, 桑田知之, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本周産期・新生児医学会雑誌 40(2) 494 Jun. 2004
  • IV.周産期 産科 7.血流速度波形計測
    大口昭英
    産科と婦人科 71 196-202 Mar. 2004
  • 妊娠初期・中期の比較的高血圧のpreeclampsia発症リスクに関する後ろ向きコホート研究
    岩崎竜彦, 大口昭英, 平嶋周子, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 56(2) 688 Feb. 2004
  • 経ちつ超音波における新しい自動追従型3Dボディマーカーの開発
    桑田知之, 松原茂樹, 泉章夫, 大口昭英, 渡辺尚, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 56(2) 725 Feb. 2004
  • 妊娠中毒症妊婦において末梢血CD8陽性リンパ球中のTc1細胞比率は増加しない
    大口昭英, 青谷利夫, 薄井里英, TAWATI A, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 56(2) 478 Feb. 2004
  • 肝梗塞をきたした劇症型抗リン脂質抗体症候群じょく婦例
    萩原秀文, 大口昭英, 新井富士美, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 56(2) 493 Feb. 2004
  • MD双胎における胎盤間深部動脈‐静脈吻合を肉眼的に同定する新しい加圧色素注入法
    平嶋周子, TAWATI A, 大口昭英, 高山剛, 渡辺尚, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 56(2) 309 Feb. 2004
  • 妊娠中毒症妊婦における末梢血中Tc1細胞比率の検討
    大口昭英
    自治医科大学医学部紀要 26 148-149 Dec. 2003
  • 妊娠中期の子宮動脈血流速度波形を用いた早発型妊娠中毒症の発症予知
    大口昭英
    産婦人科の実際 52(13) 2399-2403 Dec. 2003
  • 妊娠高血圧を合併しない妊娠蛋白尿の臨床的意義に関する検討
    大口昭英, 岩崎竜彦, 平嶋周子, 松原茂樹, 鈴木光明, 水上尚典
    日本妊娠中毒症学会雑誌 11 158-159 Dec. 2003
  • 妊娠初期・中期の比較的高血圧のFGR発症リスクに関する検討
    平嶋周子, 大口昭英, 岩崎竜彦, 松原茂樹, 鈴木光明, 水上尚典
    日本妊娠中毒症学会雑誌 11 170-171 Dec. 2003
  • 妊娠初期・中期の比較的高血圧の妊娠中毒症発症リスクに関する検討
    岩崎竜彦, 大口昭英, 平嶋周子, 松原茂樹, 鈴木光明, 水上尚典
    日本妊娠中毒症学会雑誌 11 172-173 Dec. 2003
  • 二じゅう毛膜性双胎・血管吻合・discordancy~症例報告と自治医大統計~
    萩原佐江子, 桑田知之, 渡辺尚, 泉章夫, 小田切幸平, 大口昭英, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木県産婦人科医報 30(2) 118-122 Oct. 2003
  • 増えてきた高年妊産婦―母児へのリスク予知と対応―母体年齢と胎児発育
    水上尚典, 大口昭英
    産婦人科の実際 52(10) 1427-1430 Oct. 2003
  • 妊娠糖尿病vs糖尿病合併妊娠;周産期morbidityに差はあるか?
    馬場洋介, 桑田知之, 大口昭英, 渡辺尚, 高橋尚人, 本間洋子, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本新生児学会雑誌 39(2) 426 Jun. 2003
  • 分娩後に発症した低マグネシウム血症,心室頻拍の1例
    女川珠穂, 大口昭英, 渡辺尚, 泉章夫, 桑田知之, 松原茂樹, 鈴木光明, 水上尚典
    日本新生児学会雑誌 39(2) 426 Jun. 2003
  • 妊娠中に自己免疫性溶血性貧血と診断された一例
    町田静生, 渡辺尚, 大口昭英, 桑田知之, 大月哲也, 吉田こず恵, 松原茂樹, 鈴木光明
    栃木県産婦人科医報 30(1) 21-23 Apr. 2003
  • 妊娠中期の子宮動脈血流速度波形におけるnotch depth indexを用いた早発型preeclampsiaの発症予知
    大口昭英, 平嶋周子, 平野由紀, 女川珠穂, 岩崎竜彦, 鈴木泉, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 55(2) 246 Feb. 2003
  • preeclampsiaの既往を有する妊婦における妊娠中期の子宮動脈血流速度波形計測の意義
    平嶋周子, 大口昭英, 平野由紀, 女川珠穂, 岩崎竜彦, 鈴木泉, 松原茂樹, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 55(2) 246 Feb. 2003
  • 不妊治療後二じゅう毛膜双胎では,胎児形態異常発生率が高い 双胎児811例の観察
    桑田知之, 松原茂樹, 泉章夫, 大口昭英, 渡辺尚, 鈴木光明
    日本産科婦人科学会雑誌 55(2) 445 Feb. 2003
  • 右胸心と肋骨異常児を出産した糖尿病の一例
    梶由依子, 熊谷良子, 鎌田郁子, 千葉泰子, 松田文子, 大口昭英, 平野由紀, 後藤珠子, 大野晶子
    糖尿病 45(6) 446 Jun. 2002
  • 妊娠中期における血清レプチンによるpreeclampsiaの発症予知
    平嶋周子, 大口昭英, TAWATI A, 柴原浩章, 松原茂樹, 佐藤郁夫
    日本新生児学会雑誌 38(2) 313 Jun. 2002
  • 妊婦ちつ内Lactobacillus spp.と他の細菌種同定の関係
    薄井里英, 大口昭英, 泉章夫, 渡辺尚, 松原茂樹, 小池俊光, 佐藤郁夫, 水上尚典
    日本産婦人科感染症研究会学術講演会記録集 19th 42 Jun. 2002
  • 妊娠中期の子宮動脈血流速度波形を用いた早発型妊娠中毒症の発症予知に関する検討
    大口昭英, 平嶋周子, 鈴木泉, 松原茂樹, 佐藤郁夫
    日本新生児学会雑誌 38(2) 312 Jun. 2002
  • 妊娠16~20週の子宮動脈血流波形と血清レプチンの組み合わせによる妊娠中毒症発症予知の改善に関する検討
    平嶋周子, 大口昭英, 鈴木泉, アユスタワテイ, 松原茂樹, 柴原浩章, 鈴木光明, 佐藤郁夫
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 39(2) 153 May 2002
  • 前置胎盤における分娩時大量出血・早産の危険因子,および自己血貯血の安全性に関する検討
    渡辺尚, 水上尚典, 高山剛, 田中寧子, 大口昭英, 和田智明, 泉章夫, 松原茂樹, 佐藤郁夫
    栃木県産婦人科医報 29(1) 84-88 Mar. 2002
  • 小陰唇癒合症の1例
    平野由紀, 大口昭英, 高原正信, 平嶋周子, 浅野武雄
    栃木県産婦人科医報 29(1) 41-44 Mar. 2002
  • 若年者のante‐pregnant care 妊娠・出産年齢の選択とその可否 年齢に伴う,帝切率,出血量を中心に
    大口昭英, 佐藤郁夫
    周産期医学 32(2) 228-232 Feb. 2002
  • 妊娠中毒症妊婦におけるTh1細胞分画の増加 Th1細胞比率と血しょうPAI‐2濃度の逆相関について
    大口昭英, 青谷利夫, 水上尚典, 鈴木光明, 佐藤郁夫
    日本産科婦人科学会雑誌 54(2) 338(S.252) Feb. 2002
  • 卵巣過剰刺激症候群は周産期予後に影響を与えるか?
    小池俊光, 松原茂樹, 泉章夫, 渡辺尚, 藤原寛行, 大口昭英, 佐藤郁夫
    日本産科婦人科学会雑誌 54(2) 356(S.270) Feb. 2002
  • The risk factors for excessive blood loss with delivery and premature labor, and the safety of autologous blood storage in patients with placenta previa
    WATANABE Takashi, MINAKAMI Hisanori, TAKAYAMA Takeshi, TANAKA Yasuko, OHKUCHI Akihide, WADA Tomoaki, IZUMI Akio, MATSUBARA Shigeaki, SATO Ikuo
    11(2) 19-25 Jan. 2002
  • The risk factors for excessive blood loss with delivery and premature labor, and the safety of autologous blood storage in patients with placenta previa.
    WATANABE TAKASHI, MINAKAMI HISANORI, TAKAYAMA TAKESHI, TANAKA YASUKO, OKUCHI AKIHIDE, WADA TOMOAKI, IZUMI AKIO, MATSUBARA SHIGEAKI, SATO IKUO
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 11(2) 19-25 Jan. 2002
  • 妊娠中毒症における血中レプチン濃度に関する検討
    大口昭英, 出居貞義, 平野由紀, 平嶋周子, 水上尚典, 柴原浩章, 佐藤郁夫
    肥満・栄養障害研究会講演集 19th 41 Dec. 2001
  • 神経因性食欲不振症患者の栄養補給とレプチン値との相関性
    出居貞義, 平野由紀, 大口昭英, 柴原浩章, 種市明代, 小林修一, 渡部尚, 佐藤郁夫
    肥満・栄養障害研究会講演集 19th 42 Dec. 2001
  • いま,加齢と妊娠・分娩を考える 加齢と分娩後出血
    大口昭英, 佐藤郁夫
    産婦人科の実際 50(13) 1997-2003 Dec. 2001
  • 子宮動脈血流速度波形における拡張早期notchの定量的評価法によるpre‐eclampsiaの発症予知
    大口昭英, 水上尚典, 森秀美, 中野隆, 舘野政也, 佐藤郁夫
    日本妊娠中毒症学会雑誌 9 89-92 Dec. 2001
  • 妊娠中の収縮期血圧30mmHg以上の上昇あるいは拡張期血圧15mmHg以上の上昇の臨床的意義に関する検討
    岩崎竜彦, 大口昭英, 水上尚典, 薄井里英, 山内有子, 泉章夫, 尾島俊之, 佐藤郁夫
    日本妊娠中毒症学会雑誌 9 115-118 Dec. 2001
  • 著明なAT‐III活性低下を伴うDICを合併したHELLP症候群の一例
    平嶋周子, 大口昭英, 平野由紀, 嵯峨泰, 佐藤尚人, 桑田知之, 泉章夫, 松原茂樹, 佐藤郁夫
    日本妊娠中毒症学会雑誌 9 209-210 Dec. 2001
  • IVF‐ET周期における血中レプチン値の検討
    アユスタワティ, 柴原浩章, 種市明代, 平野由紀, 鈴木達也, 藤原寛行, 高見沢聡, 大口昭英, 佐藤郁夫
    日本不妊学会雑誌 46(4) 399 Oct. 2001
  • ちつ内細菌グラム染色結果と早産
    大口昭英, 水上尚典, 薄井里英, 岩崎竜彦, 小池俊光, 泉章夫, 小菅周一, 角田哲男, 佐藤郁夫
    日本産婦人科感染症研究会学術講演会記録集 18th 10 Jul. 2001
  • ちつ内グラム陽性かん菌(GPR),ちつ内Lactobacillus(Lac)の存在と早産の関係
    水上尚典, 大口昭英, 薄井里英, 山内有子, 高見沢聡, 出居貞義, 大野貴史, 青谷利夫, 佐藤郁夫
    日本産婦人科感染症研究会学術講演会記録集 18th 11 Jul. 2001
  • ちつ内細菌叢と早産
    薄井里英, 水上尚典, 大口昭英, 小池俊光, 泉章夫, 小菅周一, 山田哲夫, 渡辺尚, 佐藤郁夫
    日本産婦人科感染症研究会学術講演会記録集 18th 9 Jul. 2001
  • 妊娠中の母体重ならびに子宮底の増加(双胎vs単胎)
    タワティアユス, 大口昭英, 泉章夫, 水上尚典, 岩崎竜彦, 渡辺尚, 松原茂樹, 佐藤郁夫
    日本新生児学会雑誌 37(2) 281 Jun. 2001
  • 妊娠中期原因不明羊水過多症
    根津幸穂, 薄井里英, 泉章夫, 水上尚典, 山内有子, 大口昭英, 渡辺尚, 松原茂樹, 佐藤郁夫
    日本新生児学会雑誌 37(2) 409 Jun. 2001
  • 妊娠中毒症妊婦血中レプチン値
    出居貞義, 大口昭英, 水上尚典, 柴原浩章, 佐藤郁夫
    日本新生児学会雑誌 37(2) 385 Jun. 2001
  • 双胎妊娠と単胎妊娠の出生児体重/胎盤重量比の検討
    泉章夫, 水上尚典, 大口昭英, 小池俊光, 薄井里英, 佐藤郁夫
    日本新生児学会雑誌 37(2) 208 Jun. 2001
  • Obstetrics is a bloody business 分娩時出血への対応 1 原因・頻度と鑑別診断
    大口昭英, 佐藤郁夫
    臨床婦人科産科 55(6) 660-664 Jun. 2001
  • Placenta previa
    11(1) "S-3"-"S-4" Jun. 2001
  • 前置胎盤
    渡辺尚, 水上尚典, 高山剛, 田中寧子, 大口昭英, 和田智明, 泉章夫, 松原茂樹, 佐藤郁夫
    日本産婦人科・新生児血液学会誌 11(1) S.3-S.4 Jun. 2001
  • 甲状腺機能こう進症合併妊娠 18例23分娩
    女川珠穂, 大口昭英, 泉章夫, 水上尚典, 松原茂樹, 渡辺尚, 佐藤郁夫
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 38(2) 152 May 2001
  • 精液パラメーターによるAIH妊娠成立の予測 ROCカーブと多変量解析を用いた検討
    小原ひろみ, 柴原浩章, 種市明代, 田中寧子, 青谷利夫, 藤原寛行, 小川修一, 佐藤郁夫, 大口昭英
    日本不妊学会雑誌 46(2) 136 Apr. 2001
  • 双胎妊婦では単胎妊婦に比してアンチトロンビンIII活性と血小板数が減少しやすい
    水上尚典, 大口昭英, 渡辺尚, 小菅周一, 泉章夫, 小池俊光, 松原茂樹, 佐藤郁夫
    日本産科婦人科学会雑誌 53(2) 283(S.209) Feb. 2001
  • 婦人科手術前後の血中Antithrombin III活性と血小板数の変化,並びに血栓塞栓症のリスク因子との関連
    渡辺尚, 水上尚典, 大口昭英, 和田智明, 女川珠穂, 小原ひろみ, 佐藤郁夫
    日本産科婦人科学会雑誌 53(2) 423(S.349) Feb. 2001
  • ちつ内グラム陽性かん菌(GPR)不在は早産を予測する
    薄井里英, 水上尚典, 大口昭英, 泉章夫, 高山剛, 松原茂樹, 佐藤郁夫
    日本産科婦人科学会雑誌 53(2) 527(S.453) Feb. 2001
  • 妊娠初期血圧は妊娠中血圧変化ならびに妊娠中毒症発症を予測する
    岩崎竜彦, 水上尚典, 大口昭英, 角田哲男, 泉章夫, 山田哲夫, 松原茂樹, 佐藤郁夫
    日本産科婦人科学会雑誌 53(2) 431(S.357) Feb. 2001
  • 分娩時異常出血の危険因子 10,069例の多変量解析結果より
    大口昭英, 水上尚典, 小池俊光, 薄井里英, 平塚光広, 女川珠穂, 泉章夫, 佐藤郁夫, 大草尚
    日本産科婦人科学会雑誌 53(2) 446 Feb. 2001
  • Predicting risk of pre-eclampsia by quantitative assessment of diastolic notch in uterine artery flowvelocity waveform in unselected women
    OHKUCHI Akihide, MINAKAMI Hisanori, MORI Hidemi, NAKAN0 Takashi, TATEN0 Masaya, SATO Ikuo
    Journal of Japan Society for the Study of Toxemia of Pregnancy 9 89-92 2001
  • Clinical significance of increase in svstolic bloodpressure of ≥30 mmHg and/or diastolic blood pressure of ≥15 mmHg during pregnancy
    IWASAKI Ryuhiko, OHKUCHI Akihide, MINAKAMI Hisanori, USUI Rie, YAMAUCHI Ariko, IZUMI Akio, OJIMA Toshiyuki, SAT0 Ikuo
    Journal of Japan Society for the Study of Toxemia of Pregnancy 9 115-118 2001
  • A case of HELLP syndrome complicated by extremely decreased AT-III activity and DIC
    HIRASHMA Chikako, OHKUCHI Akihide, HIRANO Yuki, SAGA Yasushi, SATO Naoto, KUWATA Tomoyuki, IZUMI Akio, SATO Ikuo, SATO Ikuo
    Journal of Japan Society for the Study of Toxemia of Pregnancy 9 209-210 2001
  • 妊婦ちつ内Candida spp.出現率と早産の関係
    水上尚典, 薄井里英, 大口昭英, 小菅周一, 松原茂樹, 泉章夫, 佐藤郁夫
    日本性感染症学会誌 11(2) 66 Nov. 2000
  • 妊婦ちつ内Chlamydia trachomatis出現率と早産の関係
    薄井里英, 水上尚典, 大口昭英, 泉章夫, 渡辺尚, 松原茂樹, 佐藤郁夫
    日本性感染症学会誌 11(2) 55 Nov. 2000
  • 妊婦ちつ内Ureaplasma urealyticum/Mycoplasma hominis出現率と早産の関係
    大口昭英, 水上尚典, 薄井里英, 松原茂樹, 泉章夫, 山田哲夫, 佐藤郁夫
    日本性感染症学会誌 11(2) 66 Nov. 2000
  • 妊婦ちつ内Ureaplasma urealyticum, Mycoplasma hominis, Chlamydia trachomatisと早産の関係
    薄井里英, 水上尚典, 大口昭英, 泉章夫, 小池俊光, 高山剛, 山内有子, 渡辺尚, 佐藤郁夫
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 37(3) 377 Aug. 2000
  • 妊娠中毒症による早産の反復率
    小池俊光, 水上尚典, 松原茂樹, 泉章夫, 大口昭英, 佐藤郁夫
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 37(3) 331 Aug. 2000
  • 供血児の胎内死亡後に受血児の心不全状態が正常化した双胎間輸血症候群の一例
    鈴木泉, 大口昭英, 水上尚典, 白石裕比湖, 泉章夫, 佐藤郁夫
    日本新生児学会雑誌 36(2) 305 Jun. 2000
  • 一じゅう毛膜一羊膜双胎さい帯のEntanglement
    薄井里英, 小菅周一, 水上尚典, 岩崎竜彦, 大口昭英, 泉章夫, 松原茂樹, 佐藤郁夫
    日本新生児学会雑誌 36(2) 347 Jun. 2000
  • 妊娠後期に発生した肝機能障害の一例 サイトメガロウイルス肝炎はHELLP症候群の原因のひとつか?
    大口昭英, 水上尚典, 泉章夫, 佐藤郁夫
    日本新生児学会雑誌 36(2) 290 Jun. 2000
  • 当教室におけるIUGR症例の検討
    小池俊光, 水上尚典, 松原茂樹, 泉章夫, 山田哲夫, 小菅周一, 大口昭英, 佐藤郁夫
    日本新生児学会雑誌 36(2) 343 Jun. 2000
  • 帝王切開術後の早期経口開始(early feeding)
    泉章夫, 水上尚典, 薄井里英, 山内有子, 岩崎竜彦, 大口昭英, 松原茂樹, 佐藤郁夫
    日本新生児学会雑誌 36(2) 220 Jun. 2000
  • 産婦人科日常診療で知っておきたい生殖免疫学ABC 免疫因子が関与する子宮内胎児発育遅延
    大口昭英, 藤原寛行, 水上尚典, 飴谷由佳, 船本寛, 佐藤郁夫
    産婦人科の実際 49(3) 349-356 Mar. 2000
  • 早産の再発危険率
    小池俊光, 水上尚典, 泉章夫, 松原茂樹, 山田哲夫, 小菅周一, 大口昭英, 佐藤郁夫
    日本産科婦人科学会雑誌 52(2) 535 Feb. 2000
  • 妊娠中毒症におけるTh1細胞,Th2細胞バランスに関する検討
    大口昭英, 青谷利夫, 水上尚典, 泉章夫, 佐藤郁夫
    日本産科婦人科学会雑誌 52(2) 532 Feb. 2000
  • 日常診療における産婦人科麻酔 ピットフォールを避けるために 産科麻酔・除痛の実際と工夫 頚管縫縮術
    大口昭英, 田中寧子, 薄井里英, 水上尚典, 佐藤郁夫
    産婦人科の実際 48(11) 1495-1500 Nov. 1999
  • Attack '99 to the pregnancy toxemias. The forecast of the pregnancy toxemias crisis. They are based on arteria uterina blood flow velocity rippled.
    OGUCHI AKIHIDE, MINAKAMI TAKANORI, SATO IKUO
    産婦人科の世界 51(10) 925-929 Oct. 1999
  • Study of prognosis determinant factors for newborn infants born in midtrimester.
    KOSUGE SHUICHI, OGUCHI AKIHIDE, MINAKAMI HISANORI, HONMA YOKO, UCHIDA AKIRA, MORI YUKO, SATO IKUO
    周産期学シンポジウム(17) 31-41 Jul. 1999
  • 胎児発作性頻脈を呈した先天性QT延長症候群の一例
    大口昭英, 泉章夫, 江口ゆかり, 白石裕比湖, 水上尚典, 佐藤郁夫
    日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報 36(2) 202 May 1999
  • A case of uterine inversion with placenta increta following vaginal delivery.
    ISHIKAWA HIROSHI, MORI HIDEMI, NAKAJIMA MASAO, AMETANI YUKA, OKUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, FUNAMOTO HIROSHI, TATENO MASAYA
    産科と婦人科 66(4) 571-575 Apr. 1999
  • Desirable situation of medical examination of pregnant woman in the 21st century. Method of medical examination of fetus at medical examination of pregnant woman. Bloodstream.
    OKUCHI AKIHIDE, AMETANI YUKA, NAKANO TAKASHI
    産婦人科の実際 48(2) 237-247 Feb. 1999
  • Regional systematization of the perinatal period care. Perinatal period medical system project: Started in 4 Prefectures. Systematization of the perinatal period medical treatments in Toyama Prefect.
    TATENO MASAYA, NAKANO TAKASHI, OGUCHI AKIHIDE
    助産婦雑誌 52(5) 391-395 May 1998
  • Survival in Patients with Clear Cell Carcinoma of the Ovary.
    NAKANO TAKASHI, ENOMOTO KEIKO, NAKASHIMA MASAO, ISHIKAWA HIROSHI, AMETANI YUKA, OTA SATORU, OKUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, MIWA ATSUO
    癌と化学療法 25(1) 67-73 Jan. 1998
  • Laparoscopic operation cases for ectopic pregnancy.
    FUNAMOTO HIROSHI, MORI HIDEMI, NAKAJIMA MASAO, ISHIKAWA HIROSHI, AMETANI YUKA, OGUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, TATENO MASAYA
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 13(1) 118-122 Dec. 1997
  • Blood flow measurements by ultrasonic waveWaveform of the arteria uterina blood flow velocity and pregnancy toxemias.
    OGUCHI AKIHIDE, MORI HIDEMI, NAKAJIMA MASAO, ISHIKAWA HIROSHI, AMETANI YUKA, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, FUNAMOTO HIROSHI, TATENO MASAYA
    周産期医学 27(11) 1433-1436 Nov. 1997
  • Clinical significance of elasticity index.
    AMETANI YUKA, NAKAJIMA YASUO, ISHIKAWA HIROSHI, OTA SATORU, OGUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, FUNAMOTO HIROSHI, TATENO MASAYA
    Osteoporosis Jpn 5(2) 391-392 Jun. 1997
  • The Clinical Significance of Blocking Effect in Patients with Recurrent Spontaneous Abortion
    NAKANO Takashi, NAKASHIMA Masao, ISHIKAWA Hiroshi, AMETANI Yuka, OHTA Satoru, OHKUCHI Akihide, SATAKE Shin-ichirou, KOJIMA Yasuo, FUNAMOTO Hiroshi, TATENO Masaya
    42(1) 50-58 Jan. 1997
  • The Clinical Significance of Blocking Effect in Patients with Recurrent Spontaneous Abortion.
    NAKANO TAKASHI, NAKASHIMA MASAO, ISHIKAWA HIROSHI, AMETANI YUKA, OTA SATORU, OKUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, TATENO MASAYA
    日本不妊学会雑誌 42(1) 50-58 Jan. 1997
  • Limit and evaluation of ultrasonic wave blood flow measurements. Relationship between arteria uterina blood flow velocity waveform and foetus growth. Examination in IUGR and pregnancy toxemias.
    OGUCHI AKIHIDE, TATENO MASAYA
    日本新生児学会雑誌 32(4) 588-589 Dec. 1996
  • Analysis for factors that are related with fetal growth in patients complicated by toxemia of pregnancy-Particularly whether uterine artery flow velocity waveforms are important for predicting fetal growth.
    OKUCHI AKIHIDE, NAKAJIMA MASAO, ISHIKAWA HIROSHI, AMETANI YUKA, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, FUNAMOTO HIROSHI, NAKANO TAKASHI, TATENO MASAYA
    日本妊娠中毒症学会雑誌 4 179-180 Dec. 1996
  • Treatment for a patient with repetitive and habitual abortion presenting positive LAC and prognosis.
    OKUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, NAKANO TAKASHI, HASHIMOTO SHINTARO, AMEYA YUKA, KOJIMA YASUO, FUNAMOTO HIROSHI, TATENO MASAYA
    臨床婦人科産科 50(6) 849-853 Jun. 1996
  • Immunotherapy for abortus habitualis ( including iterative abortion ).
    NAKANO TAKASHI, HASHIMOTO SHINTARO, AMEYA YUKA, OGUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, FUNAMOTO HIROSHI, TATENO MASAYA
    富山県立中央病院医学雑誌 19(1/2) 19-24 Feb. 1996
  • Analysis for factors that are related with fbtal growth in patients complicated by toxemia of pregnancy : particularly whether uterine artery flow velocity waveforms are important for predicting fetal growth
    Okuchi Akihide, Nakajima Masao, Ishikawa Hiroshi, Ametani Yuka, Satake Shin-ichiro, Kojima Yasuo, Funamoto Hiroshi, Nakano Takashi, Tateno Masaya
    Journal of Japan Society for the Study of Toxemia of Pregnancy 4 179-180 1996
  • Examination of factors in neonatal death in NICU of this hospital.Risk factor analysis using discriminant analysis and multiple logistic models.
    OKUCHI AKIHIDE, ARAI NOBORU, AMEYA YUKA, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, FUNAMOTO HIROSHI, NAKANO TAKASHI, TATENO MASAYA, HATASAKI KIYOSHI
    臨床婦人科産科 49(4) 527-531 Apr. 1995
  • Obstetrical background for the delivery of low-birth-weight baby at this hospital.
    AMETANI YUKA, ARAI NOBORU, OKUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, FUNAMOTO HIROSHI, NAKANO TAKASHI, TATENO MASAYA
    富山県立中央病院医学雑誌 18(1/2) 15-21 Feb. 1995
  • A case of HELLP syndrome with postpartum eclampsia.
    OKUCHI AKIHIDE, AMETANI YUKA, ARAI NOBORU, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, FUNAMOTO HIROSHI, NAKANO TAKASHI, TATENO MASAYA
    日本妊娠中毒症学会雑誌 2 213-214 Dec. 1994
  • Examination on influencing factors for the life-and-death of neonates in this hospital NICU.Trials of prediction on life-and-death of neonates using quantification II.
    OGUCHI AKIHIDE, AMETANI YUKA, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, FUNAKI HIROSHI, NAKANO TAKASHI, TATENO MASAYA, HAYASHI KEIZO, HATAKEZAKI NOBUYOSHI
    臨床婦人科産科 48(7) 915-920 Jul. 1994
  • A case of contracting acute pancreatitis and diabetic keto-acidosis in the pregnancy 22 weeks.
    OKUCHI AKIHIDE, TANIMURA SATORU, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, FUNAKI HIROSHI, KANAI HIROAKI, NAKANO TAKASHI, USUDA RIKA, KUBO TADASHI
    臨床婦人科産科 48(5) 667-672 May 1994
  • A case of acute puerperium inversio uteri.
    NAKANO TAKASHI, AMEYA YUKA, OGUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, FUNAMOTO HIROSHI, TATENO MASAYA
    富山県立中央病院医学雑誌 17(1/2) 15-18 Feb. 1994
  • A case of HELLP syndrome with postpartum eclampsia
    Okuchi Akihide, Ametani Yuka, Arai Noboru, Satake Shinichirou, Kojima Yasuo, Funamoto Hiroshi, Nakano Takashi, Tateno Masaya
    Journal of Japan Society for the Study of Toxemia of Pregnancy 2 213-214 1994
  • Study on prognosticators of primary epithelial ovarian cancer.
    NAKANO TAKASHI, HOSHIMOTO KAZUNORI, OTA SATORU, TANIMURA SATORU, OGUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, FUNAMOTO HIROSHI, MIWA ATSUO
    Oncol Chemother 9(2) 163-168 May 1993
  • Yearly charges operated patient numbers in the gynaecology department at this hospital in recent 5 years ( 1987 - 1991 ).Including the changes in disease structures.
    OTA SATORU, OGUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, FUNAMOTO HIROSHI, KANAI HIROAKI, NAKANO TAKASHI, MINAMI MIKIO, TATENO MASAYA
    富山県立中央病院医学雑誌 16(1/2) 5-9 Feb. 1993
  • 腹腔鏡を用いての良性卵巣腫瘍核出術の試み
    舟本 寛, 飴谷 由佳, 大口 昭英, 佐竹 紳一郎, 小嶋 康夫, 中野 隆, 舘野 政也
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 9(1) 66-71 1993
  • Two cases of HELLP syndrome performed liver biopsy
    OKUTI Akihide, AMETANI Yuka, SATAKE Sinitirou, KOJIMA Yasuo, FUNAMOTO Hiroshi, NAKANO Takasi, TATENO Masaya, NAKAGAWA Hikoto, HIROSE Shoichiro, MIWA Atuo
    Journal of Japan Society for the Study of Toxemia of Pregnancy 1 111-112 1993
  • A case of acute intermittent porphyria during pregnancy.
    OGUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, KANAI HIROAKI, FUNAMOTO HIROSHI, NAKANO TAKASHI, MINAMI MIKIO, TATENO MASAYA, SUZUKI NOBUTAKA
    産科と婦人科 59(10) 1565-1570 Oct. 1992
  • A case of ovarian cancer with hyperamylasemia and high CA19-9 blood disease.
    NAKANO TAKASHI, TANIMURA SATOSHI, OKUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, FUNAMOTO HIROSHI, KANAI HIROAKI, MINAMI MIKIO, MIWA ATSUO
    産婦人科治療 64(4) 508-513 Apr. 1992
  • The study of recently experienced 4 cases of HELLP syndrome.
    TATENO MASAYA, SATAKE SHIN'ICHIRO, OGUCHI AKIHIDE
    産婦人科の実際 41(3) 413-422 Mar. 1992
  • Actual status of a gynaecology and obsterics emergency at this hospital.
    TANIMURA SATORU, KITA TOSHIYUKI, OGUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, FUNAMOTO HIROSHI, KANAI HIROAKI, NAKANO TAKASHI, TATENO MASAYA
    富山県立中央病院医学雑誌 15(1/2) 1-5 Feb. 1992
  • A case of cervical invasive mole in which a conservative treatment succeeded.
    KANAI HIROAKI, TANIMURA SATORU, OGUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, FUNAMOTO HIROSHI, TATENO MASAYA, MIWA ATSUO, DEMACHI HIROSHI
    富山県立中央病院医学雑誌 15(1/2) 31-37 Feb. 1992
  • A case of thymic angiolipoma.
    MIYATA SAMON, KOBAYASHI AKIHIKO, OGUCHI AKIHIDE, TOSHIMA MASAHIRO, NOTO HIROFUMI, MIWA ATSUO
    画像診断 10(5) 622-625 May 1990
  • Two cases of Rokitansky-Kuester-Hauser syndrome.
    FUNAMOTO HIROSHI, OGUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, MURATA MASAFUMI, OKAMURA MAKOTO, NAKANO TAKASHI, MINAMI MIKIO, TATENO MASAYA
    産科と婦人科 57(3) 501-505 Mar. 1990
  • Transition of renal function of patients with senious toxemia of pregnancy experienced at this hospital in past 3 years.
    OKAMURA MAKOTO, OGUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, MURATA MASAFUMI, FUNAMOTO HIROSHI, NAKANO TAKASHI, MINAMI MIKIO, TATENO MASAYA
    富山県立中央病院医学雑誌 13(1/2) 11-15 1990
  • Study of echography and IUGR at this hospital.
    OGUCHI AKIHIDE, SATAKE SHIN'ICHIRO, MURATA MASAHIKO, FUNAMOTO HIROSHI, OKAMURA MAKOTO, NAKANO TAKASHI, MINAMI MIKIO, TATENO MASAYA
    富山県立中央病院医学雑誌 13(1/2) 5-9 1990
  • Management of the pregnancy complicated with myoma uteri in our hospital.
    TATENO MASAYA, SATAKE SHIN'ICHIRO, FUNAMOTO HIROSHI, MURATA MASAFUMI, OGUCHI AKIHIDE, MORIMOTO MASARU, FUJII MASAKO, NAKANO TAKASHI, MINAMI MIKIO
    産科と婦人科 56(11) 2283-2288 Nov. 1989
  • Two cases of pregnancy and deliveries after giant myomnodes enucleation.
    TATENO MASAYA, OKAMURA MAKOTO, FUNAMOTO HIROSHI, MURATA MASAFUMI, SATAMU SHIN'ICHIRO, KOJIMA YASUO, OGUCHI AKIHIDE, NAKANO TAKASHI, MINAMI MIKIO
    産婦人科治療 59(5) 586-590 Nov. 1989
  • Study on cases with poor outcomes following PTCA in Toyama Prefectural Central Hospital.
    OGUCHI AKIHIDE, KIYOKAWA HIROAKI, IUCHI KAZUYUKI, ISHIKAWA TADAO, KASENO KENSUKE, NISHIYA YASUSHI, FUJIMURA MITSUO
    富山県立中央病院医学雑誌 12(1/2) 7-12 1989
  • CAP療法が著効を呈した子宮頚癌肺転移の1例とその治療経験
    南幹雄, 大口昭英, 佐竹紳一郎, 村田雅文, 舟本寛, 丘村誠, 中野隆, 舘野正也
    富山県立中央病院医学雑誌 12(3/4) 259-265 1989
  • 原発性卵巣癌の組織学的検討と予後との関連について
    中野隆, 大口昭英, 小嶋康夫, 舘野正也, 三輪淳夫, 増田信二, 北川正信
    富山県立中央病院医学雑誌 12(3/4) 266-271 1989
  • Fetus with long QT syndrome manifisted by tachyarrhythmia: a case report
    Prenat Diagn 19: 990-992 1999
  • Predicting the risk of pre-eclampsia and a small-for-gestational-age infant by quantitative assessment of the diastolic notch in uterine artery flow velocity waveforms in unselected women
    Ultrasound Obstet Gynecol 16:171-178 2000
  • First-trimester ultrasonographic investigations of cardiovascular anatomy in thoracoabdominally conjoined twins
    J Perinat Med 29: 177-180 2001
  • Expansion of the fraction of Th1 cells in women with preeclampsia: inverse correlation between the percentage of Th1 cells and the plasma level of PAI-2
    Am J Reprod Immunol 27: 319-323 2001
  • Liver dysfunction in late pregnancy: cytomegalovirus-induced hepatitis or the HELLP syndrome?
    J Obstet Gynecol Res 27: 319-323 2001
  • Intrauterine death of one twin, with rescue of the other, in twin-twin transfusion syndrome
    Ultrasound Obstetrics Gynecol 19: 293-296 2002
  • Effect of maternal age on blood loss during parturition: a retrospective multivariate analysis of 10,053 cases
    J Perinat Med 31(3):209-15 2003
  • Increase in systolic blood pressure of > or = 30 mm Hg and/or diastolic blood pressure of > or = 15 mm Hg during pregnancy: is it pathologic?
    Hypertens Pregnancy 22(3):275-85 2003
  • Woman with postpartum ventricular tachycardia and hypomagnesemia
    J Obstet Gynaecol Res 31(3):209-15 2003
  • Establishing Reference Values for Both Total Soluble Fms-like Tyrosine Kinase 1 and Free Placental Growth Factor in Pregnant Women
    Hypertens Res 28:727-32 2005

Prize

  • 2012 Best poster award, ISSHP
  • 2012 The most valuable paper award, Jichi Medical University
  • 2010 The most valuable paper award, Jichi Medical University
  • International scientist of the year for 2003,
  • International scientist of the year for 2004,
Display all
Prizeclose
  • 2012 Best poster award, ISSHP
  • 2012 The most valuable paper award, Jichi Medical University
  • 2010 The most valuable paper award, Jichi Medical University
  • International scientist of the year for 2003,
  • International scientist of the year for 2004,

Outside Fund Adoption

  • Prediction of preeclampsia
    Jichi Medical University:Japan Research Grant
    Project Year :2012 - 2017 Investigator(s) : OHKUCHI Akihide
  • Study on prediction of preeclampsia by uterine artery flow velocity waveforms
  • Study on immunological pathoqenesis of preeclampsia
  • Study on analysis of risk factors related to perinatal death or neurological disability of premature and/or low birth weight infants.
Display all
Outside Fund Adoptionclose
  • Prediction of preeclampsia
    Jichi Medical University:Japan Research Grant
    Project Year :2012 - 2017 Investigator(s) : OHKUCHI Akihide
  • Study on prediction of preeclampsia by uterine artery flow velocity waveforms
  • Study on immunological pathoqenesis of preeclampsia
  • Study on analysis of risk factors related to perinatal death or neurological disability of premature and/or low birth weight infants.


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.