Researchers Database

hayashi yoshikazu

    InternalMedicineGastroenterology Assistant Professor
Last Updated :2021/12/05

Researcher Information

J-Global ID

Research Areas

  • Life sciences / Gastroenterology

Academic & Professional Experience

  • 2017/08 - 2019/07  Peking University International HospitalGastrointestinal Endoscopic CenterTrainer
  • 2018/03 - 2018/05  The Royal Free Hospital and University College London (UCL) Institute for Liver and Digestive Health, London, United KingdomRoyal Free Unit for EndoscopyVisiting consultant

Association Memberships

  • AMERICAN SOCIETY FOR GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   JAPANESE ASSOCIATION FOR CAPCULE ENDOSCOPY   JAPAN GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY SOCIETY   JAPANESE SOCIETY OF GASTROENTEROLOGY   JAPANESE SOCIETY OF INTERNAL MEDICINE   

Published Papers

  • Masafumi Kitamura, Yoshimasa Miura, Satoshi Shinozaki, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Mio Sakaguchi, Noriyoshi Fukushima, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy international open 9 (7) E1062-E1069  2021/07 
    Background and study aims  Endoscopic submucosal dissection (ESD) of superficial gastric lesions involving the pyloric ring is difficult. The pocket-creation method (PCM) with a small-caliber-tip transparent hood can overcome this difficulty by compressing the pyloric sphincter applying both traction and counter-traction. The aim of this study is to clarify the usefulness of the PCM for ESD of superficial gastric neoplasms involving the pyloric ring compared to the conventional method (CM). Patients and methods  From October 2006 to August 2019, 66 gastric lesions requiring duodenal submucosal dissection beyond the pyloric ring in 66 patients were resected. The CM was mainly performed in the first period (CM group, n = 46) and the PCM in the second period (PCM group, n = 20). We retrospectively reviewed their medical records. Results  Although no significant differences were observed in en bloc resection rates between the two groups, the PCM group had a significantly higher R0 resection rate than the CM group ( P  = 0.047). There were no holes in resected specimens in the PCM group while three specimens in the CM group had a hole. The dissection speed in the PCM group tended to be higher than in the CM group, although it did not reach statistical significance ( P  = 0.148). No significant differences were observed for the incidence of adverse events. Conclusions  This is the first study reporting the advantages of the PCM over the CM for ESD of gastric lesions involving the pyloric ring. We believe that the PCM is an effective strategy to compress the pyloric sphincter and facilitates R0 resection.
  • Tomonori Yano, Takahito Takezawa, Kousei Hashimoto, Ayako Ohmori, Satoshi Shinozaki, Manabu Nagayama, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Yoshikazu Hayashi, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy international open 9 (7) E1123-E1127  2021/07
  • Tatsuma Nomura, Yoshikazu Hayashi, Takaaki Morikawa, Masahiro Okada, Hisashi Fukuda, Takahito Takezawa, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy international open 9 (5) E653-E658  2021/05 
    Background and study aims  The pocket-creation method (PCM) facilitates dissection of the central part of a tumor. We previously developed the PCM with clip traction (PCM-CT) to facilitate opening the mucosal pocket, which otherwise could become cumbersome. In the present study, we aimed to examine the feasibility of PCM-CT for colorectal endoscopic submucosal dissection (ESD). Patients and methods  PCM-CT was performed on 30 patients with early colorectal tumors from October 2019 to April 2020. PCM-CT allows efficient opening of the mucosal pocket by using the PCM to dissect the center of the lesion and then apply traction with a single clip after making a circumferential mucosal incision. Results  The median specimen major axis length, ESD time, ESD speed, and en bloc resection rate were 48 mm, 84 minutes, 20 mm 2 /min, and 100 % (30/30), respectively. The success rates for the traction clip and median single-clip-traction time were 100 % (30/30) and 1.5 minutes, respectively. Conclusions  Colorectal ESD using PCM-CT is a simple and promising method.
  • Yoshikazu Hayashi, Masahiro Okada, Takaaki Morikawa, Tatsuma Nomura, Hisashi Fukuda, Takahito Takezawa, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Clinical endoscopy 54 (3) 436 - 440 2021/05 
    Superficial colonic neoplasms sometimes extend into a diverticulum. Conventional endoscopic mucosal resection of these lesions is considered challenging because colonic diverticula do not have a muscularis propria and are deeply inverted. Even if the solution is carefully injected below the mucosa at the bottom of the diverticulum, the mucosa is rarely elevated from the diverticular orifice, and it is usually just narrowed. Although endoscopic submucosal dissection or full-thickness resection with an over-the-scope clip device enables the complete resection of these lesions, it is still challenging, time consuming and expensive. Underwater endoscopic mucosal resection without submucosal injection (UEMR) is an innovative technique enabling en bloc resection of superficial colon lesions. We report three patients with colon adenomas extending into a diverticulum treated with successful UEMR. UEMR enabled rapid and safe en bloc resection of colon lesions extending into a diverticulum.
  • クローン病に対するCAST hoodを用いたhigh qualityなダブルバルーン内視鏡
    永山 学, 矢野 智則, 関谷 万理子, 矢野 慶太郎, 北村 昌史, 小黒 邦彦, Dashnyam Ulzii, Khurelbaatar Tsevelnorov, 坂本 博次, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸検査学会雑誌 日本大腸検査学会 37 (2) 102 - 112 1344-1639 2021/04 
    慢性炎症性腸疾患の一つであるクローン病は主に小腸と大腸を侵す疾患であり、大腸内視鏡で到達困難な小腸にも病変が多い。バルーン小腸内視鏡は診断のみならず、狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術(endoscopic balloon dilation;EBD)を施行することができ、これにより外科的切除を回避もしくは遅らせることができる。CASThood(calibrated small-caliber-tip transparent hood)は腸管狭窄に対して開発されたバルーン内視鏡用フードで、狭窄内径の正確な測定が可能で、先端細径によるブジー効果や高い挿入効率が期待でき、効率的なEBDを可能にする。多数の小腸狭窄が存在する場合には連続的に多くの狭窄をEBDする必要があり、そのためには適切なデバイスとストラテジーを用いる必要がある。日本を含む東アジア諸国ではクローン病の症例は増加しており、小腸内視鏡の必要性はさらに高まると思われる。(著者抄録)
  • 苦痛のない大腸検査の工夫 ゴム栓を併用したwater exchange法による大腸内視鏡検査
    小黒 邦彦, 矢野 智則, 関谷 万理子, 北村 昌史, 宮原 晶子, 永山 学, 坂本 博次, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸検査学会雑誌 日本大腸検査学会 37 (2) 116 - 116 1344-1639 2021/04
  • IBD診療における内視鏡の役割 クローン病に対するCAST hoodを用いたhigh quality内視鏡
    永山 学, 矢野 智則, 関谷 万理子, 小黒 邦彦, 北村 昌史, 坂本 博次, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸検査学会雑誌 日本大腸検査学会 37 (2) 118 - 118 1344-1639 2021/04
  • 非拡大白色光内視鏡画像を用いた大腸腺腫及び鋸歯状病変のコンピュータ支援診断システムの開発
    根本 大樹, 中島 勇貴, 愛澤 正人, 山階 武, 林 芳和, 冨樫 一智
    日本消化器病学会雑誌 (一財)日本消化器病学会 118 (臨増総会) A363 - A363 0446-6586 2021/03
  • Satoshi Shinozaki, Hiroyuki Osawa, Yoshikazu Hayashi, Yoshimasa Miura, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Biomedical reports 14 (3) 32 - 32 2021/03 
    Vonoprazan, a novel potassium-competitive acid blocker, results in greater inhibition of gastric acid secretion than proton pump inhibitors (PPI). The aim of this study was to assess the long-term outcomes of patients with PPI-resistant gastroesophageal reflux disease (GERD) treated with vonoprazan. The medical records of patients with symptomatic GERD treated with vonoprazan for 1 year were retrospectively reviewed. Changes in abdominal symptoms were assessed using the Izumo scale, a self-reported questionnaire which is useful in evaluating the symptoms of GERD, epigastric pain, postprandial distress, constipation and diarrhea, and is commonly used in routine clinical practice. A total of 30 patients were included and stratified into a non-erosive (n=22) and erosive group (n=8). At baseline, postprandial distress symptoms were significantly greater in the non-erosive group compared with the erosive group (P=0.013). Even with vonoprazan therapy, symptoms of GERD in the non-erosive group were refractory compared with the erosive group, and required additional treatment in a larger proportion of patients (45 vs. 13%). GERD symptoms in the non-erosive group significantly improved from baseline and remained better after 1 year of vonoprazan therapy, similar to the erosive group. In addition, vonoprazan improved epigastric pain and postprandial distress symptoms in the non-erosive group, and 1 year of vonoprazan therapy did not aggravate constipation or diarrhea. In conclusion, 1 year of vonoprazan therapy improves GERD symptoms in patients with PPI-resistant GERD.
  • Ralph F Lee, Tatsuma Nomura, Yoshikazu Hayashi, Masahiro Okada, Hironori Yamamoto
    Endoscopy 52 (12) E434-E436  2020/12 [Refereed][Not invited]
  • Yuki Nakajima, Xin Zhu, Daiki Nemoto, Qin Li, Zhe Guo, Shinichi Katsuki, Yoshikazu Hayashi, Kenichi Utano, Masato Aizawa, Takahito Takezawa, Yuichi Sagara, Goro Shibukawa, Hironori Yamamoto, Alan Kawarai Lefor, Kazutomo Togashi
    Endoscopy international open 8 (10) E1341-E1348  2020/10 
    Background and study aims  Colorectal cancers (CRC) with deep submucosal invasion (T1b) could be metastatic lesions. However, endoscopic images of T1b CRC resemble those of mucosal CRCs (Tis) or with superficial invasion (T1a). The aim of this study was to develop an automatic computer-aided diagnosis (CAD) system to identify T1b CRC based on plain endoscopic images. Patients and methods  In two hospitals, 1839 non-magnified plain endoscopic images from 313 CRCs (Tis 134, T1a 46, T1b 56, beyond T1b 37) with sessile morphology were extracted for training. A CAD system was trained with the data augmented by rotation, saturation, resizing and exposure adjustment. Diagnostic performance was assessed using another dataset including 44 CRCs (Tis 23, T1b 21) from a third hospital. CAD generated a probability level for T1b diagnosis for each image, and > 95 % of probability level was defined as T1b. Lesions with at least one image with a probability level > 0.95 were regarded as T1b. Primary outcome is specificity. Six physicians separately read the same testing dataset. Results  Specificity was 87 % (95 % confidence interval: 66-97) for CAD, 100 % (85-100) for Expert 1, 96 % (78-100) for Expert 2, 61 % (39-80) for both gastroenterology trainees, 48 % (27-69) for Novice 1 and 22 % (7-44) for Novice 2. Significant differences were observed between CAD and both novices ( P  = 0.013, P  = 0.0003). Other diagnostic values of CAD were slightly lower than of the two experts. Conclusions  Specificity of CAD was superior to novices and possibly to gastroenterology trainees but slightly inferior to experts.
  • Tatsuma Nomura, Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto
    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society 32 (6) e124-e125  2020/09 [Refereed][Not invited]
  • 矢野 智則, 坂本 博次, 永山 学, 宮原 晶子, 小黒 邦彦, 北村 昌史, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    Intestine (株)日本メディカルセンター 24 (3) 208 - 212 1883-2342 2020/08 
    <文献概要>キャストフードは,狭窄の内径を計測可能とする目盛りが側面に刻まれた先端細径フードである.これを使用することで,無送気でも視野確保が容易で,適切なサイズの拡張用バルーンを選択でき,ガイドワイヤの挿入も容易となり,バルーン拡張後のスコープ通過も容易となる.無送気での腸間膜付着側の病変観察も,透明なフード側面を透して容易に可能であり,有用である.
  • Yoshikazu Hayashi, Tatsuma Nomura, Ralph F Lee, Yoshimasa Miura, Satoshi Shinozaki, Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto
    Endoscopy 52 (8) E297-E299  2020/08 [Refereed][Not invited]
  • Takeshi Yamashina, Daiki Nemoto, Yoshikazu Hayashi, Hisashi Fukuda, Masahiro Okada, Takahito Takezawa, Masato Aizawa, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Kazutomo Togashi, Hironori Yamamoto
    Gastrointestinal endoscopy 92 (2) 368 - 379 2020/08 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND AND AIMS: Colorectal endoscopic submucosal dissection (ESD) is recognized as a challenging procedure. Previously, we reported that a new ESD strategy using the pocket-creation method (PCM) is useful for colorectal ESD, but no prospective randomized study has evaluated the efficacy of the PCM. The aim of this study was to evaluate the efficacy and safety of PCM for colorectal ESD compared with the conventional method (CM). METHODS: This was a prospective randomized controlled trial at 3 institutions in Japan. Patients with superficial colorectal neoplastic lesions >20 mm predicted to be intramucosal were randomly assigned to undergo ESD using the PCM or CM. Primary outcome was the ESD completion rate defined as completion of colorectal ESD with an en bloc resection using the assigned ESD method without changing to other methods or assisted by other devices. RESULTS: We analyzed 59 patients with 59 colorectal tumors in the PCM group and 55 in the CM group. The ESD completion rate was significantly higher in the PCM group compared with the CM group (93% [55/59] vs 73% [40/55]; P  = .01). En bloc resection rates, R0 resection rates, procedure time, and dissection speed were not significantly different between the 2 groups. The incidence of adverse events was similar in the 2 groups. CONCLUSIONS: Use of the PCM allows the endoscopist to complete the procedure with the intended method more often than the CM with similar clinical outcomes. (Clinical trial registration number: UMIN 000024394.).
  • Takeshi Yamashina, Yoshikazu Hayashi, Hisashi Fukuda, Masahiro Okada, Takahito Takezawa, Yasutoshi Kobayashi, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Satoshi Shinozaki, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy international open 8 (8) E1021-E1030  2020/08 [Refereed][Not invited]
     
    Background and study aims  Resecting large colorectal sessile tumors using endoscopic submucosal dissection (ESD) is challenging because of severe submucosal fibrosis. Previously, we reported that ESD strategy using the pocket-creation method (PCM) is useful for large colorectal sessile tumors, but there are no large studies reporting the effectiveness and safety of the PCM for resection of large colorectal sessile tumors. Patients and methods  This was a retrospective review of 90 large colorectal sessile tumors in 89 patients who underwent ESD in our institution. Large colorectal sessile tumors were defined as polypoid lesions 20 mm or more in diameter. We divided them into PCM (n = 40) and conventional method (CM) groups (n = 50). The primary outcome measure was en bloc resection. The inverse-probability-treatment weighting (IPTW) approach was used to adjust for selection bias. Results  Both PCM and CM achieved high en bloc resection (100 % vs. 94 %, non-adjusted P  = 0.25, IPTW-adjusted P  = 0.19) and R0 resection rates (88 % vs. 78 %, non-adjusted P  = 0.28, IPTW-adjusted P  = 0.27). When PCM was used, the rate of pathologically negative vertical margins was significantly greater than with the CM (IPTW-adjusted P  = 0.045). The dissection time was significantly shorter (IPTW-adjusted P  = 0.025) and dissection speed faster (IPTW-adjusted P  = 0.013) using the PCM than when the CM was used. There was no significant difference in the incidence of adverse events (intraprocedural perforation and delayed bleeding, IPTW-adjusted P  = 0.68). Conclusion  Although en bloc resection and R0 resection rates were similar, PCM significantly increased the rate of negative vertical margins with rapid dissection for treatment of large colorectal sessile tumors.
  • Yuki Nakajima, Daiki Nemoto, Xin Zhu, Zhe Guo, Qin Li, Masato Aizawa, Kenichi Utano, Noriyuki Isohata, Shungo Endo, Goro Shibukawa, Shinichi Katsuki, Yuichi Sagara, Takahito Takezawa, Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, David G. Hewett, Kazutomo Togashi
    Gastrointestinal Endoscopy 91 (6) AB257 - AB258 0016-5107 2020/06
  • Tatsuma Nomura, Yoshikazu Hayashi, Ralph F Lee, Takahito Takezawa, Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto
    Endoscopy 52 (6) E208-E210  0013-726X 2020/06 [Refereed][Not invited]
  • Satoshi Shinozaki, Yasutoshi Kobayashi, Hiroyuki Osawa, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Digestion 102 (3) 1 - 7 2020/01 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: A novel potassium-competitive acid blocker, vonoprazan (VPZ), improves first-line Helicobacter pylori eradication success. The aim of this systematic review is to clarify the effectiveness and safety of second-line H. pylori eradication therapy comparing VPZ and proton pump inhibitor (PPI)-based regimens. METHODS: Medline (PubMed), EMBASE, Web of Science, Cochrane Library, and the Japan Medical Abstract Society Database were searched. RESULTS: We selected 16 studies for quantitative review. Forest plot analysis showed significant superiority of VPZ over PPI-based regimens in overall second-line H. pylori eradication success (OR 1.51, 95% CI 1.27-1.81, p < 0.001). Forest plots from 2 studies with propensity score matched analysis showed significant superiority of VPZ over PPI-based regimens (OR 3.09, 95% CI 1.71-5.58, p < 0.001). The remaining 14 studies with per-protocol analysis and the full analysis set also showed significant superiority (OR 1.40, 95% CI 1.16-1.69, p < 0.001). Regarding adverse events, Forest plot analysis did not show a significant difference between the 2 regimens (OR 0.88, 95% CI 0.58-1.32, p = 0.53). CONCLUSIONS: A VPZ-based regimen has significant superiority over a PPI-based regimen for second-line H. pylori eradication therapy. A VPZ-based second-line H. pylori eradication regimen can be the first choice.
  • Satoshi Shinozaki, Hiroyuki Osawa, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Yasutoshi Kobayashi, Yoshimasa Miura, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Digestion 101 (4) 382 - 390 0012-2823 2020 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND/AIMS: The long-term outcomes of patients after cessation of acotiamide therapy in patients with functional dyspepsia remains unclear. The aim of this study is to investigate the timing and predictors of recurrence of dyspepsia symptoms after cessation of acotiamide therapy for functional dyspepsia. METHODS: Seventy patients treated with acotiamide for functional dyspepsia who then ceased treatment were enrolled. Changes in dyspepsia symptoms were evaluated using the Izumo scale, a self-reporting questionnaire of abdominal symptom-related quality of life. Patients were subclassified into epigastric pain, postprandial distress, and overlapped types. RESULTS: The mean follow-up after cessation of acotiamide was 1.9 years. After cessation of acotiamide, 39 patients (56%) had recurrence. Kaplan-Meier analysis revealed a recurrence-free rate of 51% at 1 year. Predictors of recurrence evaluated with a Cox proportional hazards model showed that overlapped-type dyspepsia and consultation with the treating physician before cessation were identified as significant positive and negative predictors, respectively (p < 0.05). The resumption of acotiamide significantly decreased the score for dyspepsia symptoms at 1 month. CONCLUSIONS: Dyspepsia symptoms recur about one year after cessation of acotiamide therapy. Patients with overlapped-type dyspepsia should be carefully followed after cessation. Patients should consult their treating physician before stopping acotiamide.
  • Satoshi Shinozaki, Yasutoshi Kobayashi, Yoshikazu Hayashi, Hirotsugu Sakamoto, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society 32 (6) 874 - 881 0915-5635 2019/12 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND AND AIM: Linked color imaging (LCI) is a novel image-enhancing technology which enhances color differences between a colorectal lesion and surrounding mucosa with enough brightness to illuminate the wide colorectal lumen. The aim of this study is to compare colorectal polyp detection using LCI with that using white light imaging (WLI). METHODS: Randomized controlled trials and prospective studies comparing LCI with WLI for colorectal polyp detection were selected. Outcomes included overall polyp/adenoma detection and additional polyp detection at a second observation. Outcomes were documented by pooled risk ratios (RR) with 95% confidence interval (CI) using the Mantel-Haenszel random effect model. RESULTS: Seven studies were included. LCI showed significant superiority for polyp and adenoma detection compared with WLI (RR 1.16, 95% CI 1.09-1.25, P < 0.001 for polyp detection; RR 1.26, 95% CI 1.14-1.39 P < 0.001 for adenoma detection). LCI significantly increased the number of polyps detected per patient compared with WLI (mean difference 0.27, 95% CI 0.01-0.53, P = 0.040). LCI significantly increased the number of adenomas detected per patient compared with WLI (mean difference 0.22, 95% CI 0.08-0.36, P = 0.002). LCI significantly increased the number of flat polyps detected per patient compared with WLI (mean difference 0.14, 95% CI 0.01-0.27, P = 0.040). LCI had a significantly higher rate of additional polyp detection compared with WLI in the right colon (RR 2.68, 95% CI 1.71-4.19, P < 0.001). CONCLUSIONS: Linked color imaging has significantly greater polyp and adenoma detection rates and detection rate of previously missed polyps compared with WLI. We recommend the initial use of LCI for routine colonoscopy.
  • Masahiro Okada, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Tomonori Yano, Satoshi Shinozaki, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Clinical journal of gastroenterology 12 (4) 320 - 324 1865-7257 2019/08 [Refereed][Not invited]
     
    A 67-year-old woman presented with symptoms of bowel obstruction. Radiographic and ultrasonographic findings suggested colo-colonic intussusception caused by a colonic lipoma. Colonoscopy with an endoscope tip balloon was performed for reduction. The intussusception was partially reduced by injecting dilute contrast media with a wedged inflated balloon at the endoscope tip. For definitive treatment of the polyp, ischemia was induced using a detachable snare. The abdominal pain well improved after endoscopic treatment. However, ultrasonography suggested a residual lesion. Another detachable snare was applied to the stalk on day 6. A large amount of dark-red necrotic tissue was passed per anus the following day. One month later, complete scarring of the site was confirmed colonoscopically. This is the first report of curative endoscopic treatment of an intussusception due to a giant colonic lipoma with detachable snares after the reduction with a wedged balloon of colonoscope tip.
  • Edward J Despott, Andrea May, Nikolaos Lazaridis, Erasmia Vlachou, Nikolaos Koukias, David Patch, Katie Planche, Yoshikazu Hayashi, Alberto Murino
    Gastrointestinal endoscopy 90 (2) 302 - 306 0016-5107 2019/08 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND AND AIMS: Small-bowel varices (SBVs) are an uncommon consequence of portal hypertension. Radiologic intervention is usually considered for first-line management. When radiologic intervention is not possible, management options become very limited. The aim of this study was to evaluate the usefulness of double-balloon enteroscopy (DBE)-facilitated cyanoacrylate-injection endotherapy of SBVs. METHODS: This was a retrospective review of DBE-facilitated cyanoacrylate-injection endotherapy of SBVs (December 2015 to October 2016). RESULTS: Ten DBEs were performed in 6 patients (4 women; median age, 68.5 years). No radiologic or surgical options were deemed feasible. Thirteen nests of SBVs were identified and injected with cyanoacrylate glue without hemorrhagic or embolic adverse events. At the 30-day follow-up after therapy, only 1 patient had experienced a mild recurrence of mid-gut bleeding; this was managed conservatively. One patient presented with acute GI bleeding 7 months later, and a repeat DBE with cyanoacrylate-injection endotherapy was successfully performed. One patient succumbed to his underlying advanced cholangiocarcinoma after 2 months. The remaining patients had a median follow-up of 12 months without any recurrent GI bleeding. CONCLUSIONS: DBE-facilitated cyanoacrylate-injection endotherapy of SBVs appears to be a safe and effective option when other first-line options are not feasible.
  • Hironori Yamamoto, Yoshikazu Hayashi, Edward J Despott
    Gastrointestinal endoscopy 90 (2) 288 - 289 0016-5107 2019/08 [Refereed][Not invited]
  • Takahito Takezawa, Yoshikazu Hayashi, Satoshi Shinozaki, Yuichi Sagara, Masahiro Okada, Yasutoshi Kobayashi, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Gastrointestinal endoscopy 89 (5) 1045 - 1053 0016-5107 2019/05 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND AND AIMS: Colonic endoscopic submucosal dissection (ESD) is more difficult than rectal ESD because of poor maneuverability of the endoscope due to physiologic flexion, peristalsis, and respiratory movements. The aim of this study was to assess the usefulness of the pocket-creation method (PCM) for colonic ESD compared with the conventional method (CM) regardless of lesion shape or location. METHODS: A total of 887 colorectal lesions were treated by ESD. Of 887 lesions, 271 rectal lesions, 72 lesions smaller than 20 mm in diameter, and 1 non-neoplastic lesion were excluded. This is a retrospective chart review of the remaining 543 colon lesions in 512 patients. We divided them into the PCM group (n = 280) and the CM group (n = 263). The primary outcome was the en bloc resection rate. Secondary outcomes were R0 resection (en bloc resection with negative margin), adverse events, dissection time (in minutes), and dissection speed (in mm2/min). RESULTS: The PCM group achieved a significantly higher en bloc resection rate (PCM, 100% [280/280], vs CM, 96% [253/263]; P < .001) and R0 resection rate (91% [255/280] vs 85% [224/263], respectively; P = .033) than the CM group. Dissection time was similar (69.5 ± 44.4 vs 78.7 ± 62.6 minutes, P = .676). Dissection speed was significantly faster with the PCM than with the CM (23.5 ± 11.6 vs 20.9 ± 13.6 mm2/min, P < .001). The incidence of adverse events was similar (perforation, 2% vs 4% [P = .152], and delayed bleeding, 2% vs 1% [P = .361]). CONCLUSIONS: Colonic ESD using the PCM significantly improves the rates of en bloc resection and R0 resection and facilitates rapid dissection.
  • Hironori Yamamoto, Satoshi Shinozaki, Yoshikazu Hayashi, Yoshimasa Miura, Tsevelnorov Khurelbaatar, Hiroyuki Osawa, Alan Kawarai Lefor
    Clinical endoscopy 52 (2) 107 - 113 2234-2400 2019/03 [Refereed][Not invited]
     
    Early detection and resection of neoplastic lesions are key objectives to diminish colorectal cancer mortality. Resection of superficial colorectal neoplasms, cold snare polypectomy, endoscopic mucosal resection, and endoscopic submucosal dissection have all been developed and used worldwide. The pocket-creation method facilitates the resection of tumors in difficult and routine locations. Early detection is the most important first step to maximize the benefits of recent advancements in endoscopic techniques. However, the detection of small, flat-shaped, or faded color lesions remains difficult. Linked color imaging, a novel multi-light technology, facilitates the recognition of minor differences in tissue by enhancing the color contrast between early colorectal neoplasms and surrounding normal mucosa in a bright field of view. The most striking feature of linked color imaging is its ability to display the color of early neoplastic lesions as distinct from inflammatory changes, both of which have similar "redness" when viewed using white light imaging. To increase the detection rate of neoplasms, linked color imaging should be used from the outset for endoscopic observation. Early detection of superficial colorectal tumors can result in decreased mortality from colorectal cancer and maintain a good quality of life for patients.
  • Edward J Despott, Yutaka Hirayama, Nikolaos Lazaridis, Nikolaos Koukias, Andrea Telese, Yoshikazu Hayashi, Yoshimasa Miura, Hironori Yamamoto, Alberto Murino
    Gastrointestinal endoscopy 89 (3) 652 - 653 0016-5107 2019/03 [Refereed][Not invited]
  • Natsumi Miyata, Yoshikazu Hayashi, Shunji Hayashi, Kiichi Sato, Yoshikazu Hirai, Hironori Yamamoto, Kentaro Sugano
    Clinical and translational gastroenterology 10 (3) e00024  2019/03 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: Gastric acid secretion is compromised in chronic Helicobacter pylori (H. pylori) infection allowing overgrowth of non-H. pylori gastric bacteria (NHGB) in the stomach. METHODS: NHGB were isolated from gastric mucosa in selective media and further characterized with biochemical methods and 16S rRNA gene sequencing. Human gastric tissues were studied with indirect immunofluorescence with antibodies against H. pylori and Neisseria subflava (N. subflava). Gastric epithelial cell lines were cocultured with bacteria or incubated with lipopolysaccharides isolated from NHGB, and interleukin-8 released in the media was measured by enzyme-linked immunosorbent assay. Expression of Toll-like receptor (TLR)2, TLR4, it's coreceptor myeloid differentiation factor 2 (MD2), and CD14 in gastric cells was investigated by immunofluorescence microscopy and reverse transcriptase-polymerase chain reaction. RESULTS: Haemophilus species, Neisseria species, Fusobacterium species, and Veillonella species were predominant Gram-negative bacteria coinfected with H. pylori. Lipopolysaccharides from N. subflava potently stimulated interleukin-8 secretion in MKN45 cells which was cancelled by preincubation with polymyxin B. TLR2, TLR4, CD14, and myeloid differentiation factor 2 were expressed in MKN45 cells, though their levels of expression were low. N. subflava adhered to MKN45 cells in vitro and colocalized with H. pylori in the human gastric mucosa. CONCLUSIONS: Our data suggest that N. subflava colonized in the gastric mucosa contribute to gastric inflammation during chronic H. pylori gastritis. TRANSLATIONAL IMPACT: NHGB may perpetuate gastric inflammation and accelerate neoplastic progression in the hypochlorhydric stomach.
  • Satoshi Shinozaki, Hiroyuki Osawa, Yoshikazu Hayashi, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Therapeutic advances in gastroenterology 12 1756284819885246 - 1756284819885246 1756-283X 2019 [Refereed][Not invited]
     
    In routine upper and lower gastrointestinal endoscopy, overlooking neoplastic lesions is inevitable even for well-trained endoscopists. Various methods have been reported to improve the detection of gastrointestinal neoplasms including chromoendoscopy, special endoscopes, and processor and image enhanced technologies. Equipment-based image enhanced endoscopy (e-IEE) using narrow band imaging (NBI) and blue laser imaging (BLI) is useful to characterize known lesions with magnification at a close-up view. However, they are not useful for the early detection of superficial, pale neoplasms, or both because of the weak image at a distant view in a wide lumen such as the stomach or colon. Linked color imaging (LCI) is a novel pre- and post-processing technology developed by Fujifilm Corporation that has sufficient brightness to illuminate a wide lumen. LCI delineates early gastric cancers as orange-red and intestinal metaplasia as purple. LCI improves the adenoma detection rate in the colon and decreases the polyp miss rate. LCI contributes to the detection of superficial lesions throughout the gastrointestinal tract by enhancing the color contrast between the neoplasm and the surrounding mucosa. LCI can distinguish them by their specific color allocation based mainly on the distribution of capillaries. The authors believe that moving forward, LCI should be used in routine upper and lower gastrointestinal endoscopy.
  • Mizuho Iida, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy 50 (9) 931 - 932 0013-726X 2018/09 [Refereed][Not invited]
  • Satoshi Shinozaki, Yasutoshi Kobayashi, Yoshikazu Hayashi, Hirotsugu Sakamoto, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society 30 (5) 592 - 599 0915-5635 2018/09 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND AND AIM: Safety and effectiveness of cold snare polypectomy (CSP) compared with hot snare polypectomy (HSP) has been reported. The aim of the present study is to carry out a meta-analysis of the efficacy and safety of HSP and CSP. METHODS: Randomized controlled trials were reviewed to compare HSP with CSP for resecting small colorectal polyps. Outcomes reviewed include complete resection rate, polyp retrieval, delayed bleeding, perforation and procedure time. Outcomes were documented by pooled risk ratios (RR) with 95% confidence intervals (CI) using the Mantel-Haenszel random effect model. RESULTS: Eight studies were reviewed in this meta-analysis, including 1665 patients with 3195 polyps. Complete resection rate using HSP was similar to CSP (RR: 1.02, 95% CI: 0.98-1.07, P = 0.31). Polyp retrieval after HSP was similar to CSP (RR: 1.00, 95% CI: 1.00-1.01, P = 0.60). Delayed bleeding rate after HSP was higher than after CSP, although not significantly (patient basis: RR: 7.53, 95% CI: 0.94-60.24, P = 0.06; polyp basis: RR: 7.35, 95% CI: 0.91-59.33, P = 0.06). Perforation was not reported in all eight studies. Total colonoscopy time for HSP was significantly longer than CSP (mean difference 7.13 min, 95% CI: 5.32-8.94, P < 0.001). Specific polypectomy time for HSP was significantly longer than CSP (mean difference 30.92 s, 95% CI: 9.15-52.68, P = 0.005). CONCLUSION: This meta-analysis shows significantly shorter procedure time using CSP compared with HSP. CSP tends toward less delayed bleeding compared with HSP. We recommend CSP as the standard treatment for resecting small benign colorectal polyps.
  • Satoshi Shinozaki, Hiroyuki Osawa, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Yasutoshi Kobayashi, Yoshimasa Miura, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    The Kaohsiung journal of medical sciences 34 (8) 456 - 460 1607-551X 2018/08 [Refereed][Not invited]
     
    Vonoprazan-based regimens have improved the rate of successful Helicobacter pylori (H. pylori) eradication, but it has not reached 100%. The aim of this study is to clarify significant predictors of successful H. pylori eradication using a vonoprazan-based regimen. In this retrospective cohort study, 174 patients who underwent primary H. pylori eradication therapy were included. All patients underwent esophagogastroduodenoscopy before treatment. The vonoprazan-based regimen includes amoxicillin 750 mg, clarithromycin 200 mg and vonoprazan 20 mg twice daily for one week. Pre-treatment with a proton pump inhibitor (PPI) was defined as continued PPI use for more than four weeks prior to eradication therapy. The rates of successful eradication were 83% (145/174) in intention-to-treat analysis and 85% (145/171) in per-protocol analysis. Predictors of successful eradication among 171 patients were evaluated in per-protocol analysis. In univariate analysis, male gender was a significant positive predictor of successful eradication (odds ratio [OR] 3.813, 95% confidence interval [CI] 1.363-10.663, p = 0.010) and pre-treatment with PPIs was a negative predictor (OR 0.193, 95%CI 0.076-0.485, p < 0.001). In multivariate analysis, male gender remained a positive predictor (OR 3.826, 95%CI 1.317-11.116, p = 0.013), and pre-treatment with PPIs (OR 0.232, 95%CI 0.087-0.615, p = 0.003) remained a negative predictor. In conclusion, pre-treatment with PPIs before eradication therapy decreases the rate of successful eradication. Therefore, it may be desirable to discontinue pre-treatment with PPIs prior to eradication therapy, because of the potential to improve the rate of successful eradication.
  • Satoshi Shinozaki, Hiroyuki Osawa, Yasutoshi Kobayashi, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Yoshimasa Miura, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Scandinavian journal of gastroenterology 53 (8) 897 - 904 0036-5521 2018/08 [Refereed][Not invited]
     
    OBJECTIVE: The novel potassium-competitive acid blocker, vonoprazan, provides rapid and effective acid suppression. The aim of this study is to evaluate the long-term outcomes of patients with symptomatic gastroesophageal reflux disease (GERD) treated with vonoprazan. METHODS: This retrospective cohort study included 55 patients with symptomatic GERD treated with vonoprazan who have been followed for more than one year. The effectiveness of vonoprazan on gastrointestinal symptoms was evaluated using the Izumo scale, a self-reported questionnaire reflecting quality of life related to various abdominal symptoms. RESULTS: These 55 patients with symptomatic GERD had non-erosive reflux disease (n = 30) or erosive esophagitis (n = 25). Vonoprazan (10 mg) for one month improved GERD symptoms in 89% (responders) and the improvement was maintained at one year in 82% without additional treatment. One-year maintenance therapy resulted in sustained resolution of GERD symptoms in 47%. Of the 49 responders, nine patients had relapse of GERD symptoms and dose escalation of vonoprazan improved the symptoms in six patients. Postprandial distress and the presence of erosive esophagitis before starting vonoprazan were identified as significant negative and positive predictors of sustained resolution of GERD symptoms for one year, respectively. Epigastric pain, postprandial distress, constipation and diarrhea were significantly improved at one-month and maintained at one year. After one-year of treatment, the endoscopic healing rate of erosive esophagitis was 95%. CONCLUSION: One-year treatment with vonoprazan significantly improves GERD symptoms and endoscopic healing of erosive esophagitis is satisfactory. The long-term use of vonoprazan is effective and useful to control GERD.
  • Takeshi Yamashina, Yoshikazu Hayashi, Hirotsugu Sakamoto, Tomonori Yano, Yoshimasa Miura, Satoshi Shinozaki, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy 50 (8) 800 - 808 0013-726X 2018/08 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: Colorectal endoscopic submucosal dissection (ESD) can be technically difficult in some situations, such as paradoxical movement of the proximal colon. The double-balloon endoscope provides stable endoscopic maneuvering, even in the small intestine. The aim of this study was to assess the outcomes of balloon-assisted endoscopic submucosal dissection (BAESD) of colonoscopically difficult superficial proximal colon tumors. METHODS: We retrospectively reviewed the records of patients who underwent BAESD of superficial proximal colon tumors where colonoscopic difficulties were encountered, from January 2011 to September 2016. Difficulties were defined as a previous incomplete colonoscopy using a conventional colonoscope or unstable endoscopic maneuverability around the tumor with a conventional colonoscope. A propensity score model was used as a secondary analysis to compare outcomes of the BAESD group with those of a non-BAESD group.  RESULTS:  BAESD was performed on 63 tumors in 63 patients. En bloc resection was achieved for 62 tumors (98 %) and an R0 resection was achieved for 55 tumors (87 %). Propensity score matching analysis created 59 matched pairs from the BAESD and non-BAESD groups. There were no statistically significant differences between the two groups in en bloc resection (100 % vs. 100 %; P > 0.99), R0 resection (90 % vs. 93 %; P = 0.74), perforation (0 % vs. 2 %; P > 0.99) or postoperative bleeding (3 % vs. 0 %; P = 0.50). CONCLUSION: Balloon-assisted endoscopy achieved safe and reliable ESD of colonoscopically difficult superficial proximal colon tumors.
  • Chihiro Iwashita, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Satoshi Shinozaki, Yoshikazu Hayashi, Yuji Ino, Hiroyuki Osawa, Mio Tamba, Kohei Morita, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy 27 (3) 171 - 176 1365-2931 2018/06 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND/AIMS: A submucosal cushion of sodium hyaluronate facilitates gastric and colorectal endoscopic submucosal dissection (ESD). However, few studies have evaluated the utility of sodium hyaluronate for ESD of esophageal lesions. The aim of this study is to evaluate the utility and safety of sodium hyaluronate for ESD of superficial esophageal squamous cell neoplasms (ESCN). MATERIAL AND METHODS: We retrospectively reviewed 111 ESCN in 86 patients treated by ESD between September 2007 and April 2013. There were four double cancers, with 107 ESD procedures analyzed. RESULTS: The en bloc resection rate was 99% (106/107). The R0 resection rate was 93% (99/107). Of 106 specimens resected en bloc, four specimens had a positive horizontal margin, two specimens had non-assessable horizontal margins and one specimen had non-assessable horizontal and vertical margins. One patient with a non-assessable horizontal margin developed local recurrence seven months later, treated by repeat ESD. Delayed bleeding occurred in two procedures (2%), and intra-procedural perforation occurred in four (4%). None required operative repair. Endoscopy trainees performed 33 of 107 (31%) ESD procedures. Post-ESD stenosis requiring dilation occurred following five procedures (5%). CONCLUSIONS: Sodium hyaluronate for ESD of ESCN achieves a high R0 resection rate with a low rate of adverse events.
  • Yoshikazu Hayashi, Masahiro Okada, Hisashi Fukuda, Yoshimasa Miura, Keijiro Sunada, Alan K Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy 50 (3) E67-E68 - E68 1438-8812 2018/03 [Refereed][Not invited]
  • Satoshi Shinozaki, Hiroyuki Osawa, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Yoshimasa Miura, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Journal of gastrointestinal and liver diseases : JGLD 26 (4) 345 - 350 1841-8724 2017/12 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND AND AIMS: Long-term outcomes in patients with functional dyspepsia remain elusive. Acotiamide, a prokinetic drug, has been available in Japan since 2013. The aim of this study was to assess long-term outcomes in patients with functional dyspepsia treated with acotiamide. METHODS: We retrospectively reviewed 79 consecutive patients with functional dyspepsia whose symptoms improved with acotiamide therapy and who were followed for more than one year. All patients underwent esophagogastroduodenoscopy prior to acotiamide therapy. The mean follow-up was 1.9 (range, 1.0-3.3) years. We assessed the patients' symptom severity using the Izumo scale, which reflects changes in various abdominal symptoms. RESULTS: At one year, dyspepsia symptoms recurred in 25% (20/79) of the patients. In multivariate analysis, severe dyspepsia was significantly associated with increased recurrence (odds ratio [OR] 15.04, 95% confidence interval [CI] 1.73-130.47, p=0.013). Continued use of acotiamide for one year diminished the recurrence of dyspepsia symptoms significantly (OR 0.16, 95%CI 0.04-0.61, p=0.006). The influence of these significant predictors on long-term outcomes was analyzed using the Kaplan-Meier method. Patients with severe dyspepsia before starting acotiamide had significantly more recurrences than those with mild symptoms (p=0.004, log-rank test). Patients who continued acotiamide therapy throughout the follow-up period had significantly fewer recurrences than those who stopped therapy (p<0.001). CONCLUSIONS: Over the long-term, patients with functional dyspepsia have a considerable rate of recurrence of dyspepsia. Severe dyspepsia before treatment increases the recurrence rates, while adherence to an acotiamide therapeutic regimen decreases recurrence rate.
  • Satoshi Shinozaki, Hiroyuki Osawa, Yoshikazu Hayashi, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    The Kaohsiung journal of medical sciences 33 (12) 616 - 622 1607-551X 2017/12 [Refereed][Not invited]
     
    The effects of vonoprazan, a new potassium-competitive acid blocker, on gastroesophageal reflux disease (GERD) symptom are not fully elucidated. The aim of this study is to determine the effect of vonoprazan on GERD and associated gastrointestinal symptoms. We retrospectively reviewed 88 Helicobacter pylori negative patients with GERD treated with vonoprazan 10 mg daily. Symptoms were evaluated using the Izumo scale, which reflects quality of life related to various abdominal symptoms. The rates of improvement and resolution of GERD symptoms were 86% (76/88) and 57% (50/88), respectively. Improvement and resolution in patients with erosive esophagitis was higher than in those with non-erosive reflux disease (91% vs 83%, p = 0.260 and 71% vs 47%, p = 0.025, respectively). We attempted to identify factors which predict the effects of vonoprazan. Multivariate analysis identified advanced age (≥60-year-old) (odds ratio [OR] 7.281, 95% confidence interval [CI] 2.056-25.776, p = 0.002), obesity (BMI ≥ 24) (OR 3.342, 95%CI 1.124-9.940, p = 0.030) and erosive esophagitis (OR 4.368, 95%CI 1.281-14.895, p = 0.018) as positive predictors of resolution of GERD symptoms. Alcohol use (OR 0.131, 95%CI 0.027-0.632, p = 0.011) and history of H. pylori eradication (OR 0.171, 95%CI 0.041-0.718, p = 0.015) were identified as negative predictors. Vonoprazan also improved epigastric pain (73%), postprandial distress (60%), constipation (58%) and diarrhea (52%) in patients with GERD. In conclusion, vonoprazan 10 mg daily is effective in improving GERD symptoms. Advanced age, obesity, erosive esophagitis, alcohol use and history of H. pylori eradication influence the resolution of GERD symptoms. Treatment with vonoprazan favorably affects gastrointestinal symptoms in patients with GERD.
  • Takahito Takezawa, Satoshi Shinozaki, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Alan K Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy 49 (10) E262-E263 - E263 0013-726X 2017/10 [Refereed][Not invited]
  • Satoshi Shinozaki, Hiroyuki Osawa, Yoshikazu Hayashi, Hirotsugu Sakamoto, Yasutoshi Kobayashi, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Biomedical reports 7 (3) 231 - 235 2049-9442 2017/09 [Refereed][Not invited]
     
    Gastroesophageal reflux disease (GERD) is commonly treated by primary care physicians. Although proton pump inhibitors (PPI) have been the mainstay of GERD treatment for two decades, in some patients GERD is refractory to standard dose PPI for more than eight weeks and is referred to as PPI-resistant GERD. Vonoprazan, a novel competitive acid blocker, became available in Japan for the treatment of patients with GERD, and has greater acid inhibition than existing PPIs. The aim of the present study was to determine the effect of vonoprazan 10 mg daily on PPI-resistant GERD. We retrospectively reviewed 24 patients with PPI-resistant GERD treated with vonoprazan 10 mg daily. The Izumo scale was used to evaluate the effect of vonoprazan before and one month after treatment, which reflects quality of life related to gastrointestinal symptoms. The overall rates of improvement and resolution of GERD symptoms were 88% (21/24) and 42% (10/24), respectively, and the score was significantly decreased (before 5.8±1.7, at one month 1.9±1.9, P<0.001). To evaluate the influence of esophageal erosions despite prior PPI treatment, the patients were divided into erosive (n=6) and non-erosive groups (n=18). Vonoprazan achieved 100% (6/6) improvement in the erosive group and 83% (15/18) in the non-erosive group. Patients in the erosive group had a significantly higher rate of resolution than in the non-erosive group [83% (5/6) vs 28% (5/18), P=0.017]. No adverse events occurred. Other GI symptoms in patients with PPI-resistant GERD were evaluated. The scores for epigastric pain, postprandial distress, constipation and diarrhea were unchanged during the treatment period. In conclusion, vonoprazan 10 mg daily is effective for the treatment of patients with PPI-resistant GERD. Vonoprazan resolves GERD symptoms in patients with erosions more than in those without erosions. This is the first report on the effect of vonoprazan 10 mg on PPI-resistant GERD.
  • 大腸T1b癌におけるBLI拡大内視鏡観察の意義 他施設の内視鏡専門医による読影試験
    根本 大樹, 樫田 博史, 愛澤 正人, 歌野 健一, 高柳 大輔, 五十畑 則之, 隈元 謙介, 遠藤 俊吾, 林 芳和, 山本 博徳, 冨樫 一智
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 70 (8) 566 - 566 0047-1801 2017/08
  • Hiroaki Ikematsu, Taku Sakamoto, Kazutomo Togashi, Naohisa Yoshida, Takashi Hisabe, Shinsuke Kiriyama, Koji Matsuda, Yoshikazu Hayashi, Takahisa Matsuda, Shozo Osera, Kazuhiro Kaneko, Kenichi Utano, Yuji Naito, Hiroshi Ishihara, Masayuki Kato, Kenichi Yoshimura, Hideki Ishikawa, Hironori Yamamoto, Yutaka Saito
    Gastrointestinal endoscopy 86 (2) 386 - 394 0016-5107 2017/08 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND AND AIMS: Most studies have not reported an improvement in the detection of adenomas with the use of image-enhanced colonoscopy methods, possibly because of the darkness of the images. To overcome this limitation, a new-generation endoscopic system has been developed. This system has 2 blue-laser imaging (BLI) observation modes. The BLI observation was set to BLI-bright mode to detect lesions. We aimed to evaluate the efficacy of BLI in detecting lesions. METHODS: This study was designed as a randomized controlled trial with participants from 8 institutions. We enrolled patients aged ≥40 years. The participants were randomly assigned to 2 groups: observation by using white-light imaging (WLI) with a conventional xenon light source (WLI group) or observation by using BLI-bright mode with a laser light source (BLI group). All of the detected lesions were resected or had a biopsy taken for histopathologic analysis. The primary outcome was the mean number of adenomas per patient (MAP) that were detected per procedure. RESULTS: The WLI and BLI groups consisted of 474 and 489 patients, respectively. The MAP was significantly higher in the BLI group than in the WLI group (mean ± standard deviation [SD] WLI 1.01 ± 1.36, BLI 1.27 ± 1.73; P = .008). Adenoma detection rate in the BLI group was not significantly higher than in the WLI group. Observation times differed significantly, with BLI (9.48 minutes) being longer than WLI (8.42; P < .001). The mean (± SD) number of polyps per patient was significantly higher in the BLI group compared with the WLI group (WLI 1.43 ± 1.64, BLI 1.84 ± 2.09; P = .001). CONCLUSIONS: A newly developed system that uses BLI improves the detection of adenomatous lesions compared with WLI. (Clinical trial registration number: UMIN 000014555.).
  • Hironori Yamamoto, Yoshimasa Miura, Satoshi Shinozaki, Yoshikazu Hayashi, Hirotsugu Sakamoto, Alan Kawarai Lefor
    Endoscopy 49 (4) 401 - 401 1438-8812 2017/04 [Refereed][Not invited]
  • Keijiro Sunada, Satoshi Shinozaki, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Hirotsugu Sakamoto, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Digestive diseases and sciences 62 (4) 979 - 983 0163-2116 2017/04 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND/AIM: Cecal intubation using conventional colonoscopy (CC) requires substantial training. We hypothesized that double-balloon colonoscopy (DBC) facilitates cecal intubation by endoscopy naïve operators. The aim of this study is to evaluate the cecal intubation rate and learning curve of DBC compared with CC. METHODS: Eighteen endoscopy naïve medical students were allocated to two groups and attempted cecal intubation within 20 min using a colon simulator. In group A, CC was performed ten times and then DBC ten times. In group B, the reverse was carried out. We evaluated the cecal intubation rate and learning curve. RESULTS: The overall success rate for cecal intubation using DBC was significantly superior to CC [132/180 (73%) vs. 12/180 (7%), p < 0.001]. To evaluate the success rate overtime, we divided the ten repetitions of the procedure into three time periods: first (1-3), second (4-6), and third (7-10). The success rate using CC is <20%, even during the third time period, in both groups, and one perforation occurred. The success rate using DBC is over 30% in the first period and increased to nearly 80% in the third period in both groups. Finally, we evaluated the time needed for cecal intubation using DBC. The mean cecal intubation time in the first period is 14 min and decreased to 11 min in the third period. CONCLUSIONS: DBC has a higher cecal intubation rate than CC performed by endoscopy naïve medical students using a colon simulator in this randomized-controlled, cross-over study.
  • Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Yoshimasa Miura, Satoshi Shinozaki, Haruo Takahashi, Hisashi Fukuda, Masahiro Okada, Yuji Ino, Takahito Takezawa, Keijiro Sunada, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy international open 5 (2) E123-E129 - E129 2364-3722 2017/02 [Refereed][Not invited]
     
    Background and study aims The pocket-creation method (PCM) is a novel strategy for endoscopic submucosal dissection (ESD). The aim of this study is to determine the efficacy of the PCM for colorectal laterally spreading tumors, non-granular type (LST-NG). Patients and methods The records of 126 consecutive patients with colorectal LST-NG who underwent ESD between April 2012 and July 2015 were retrospectively reviewed. Patients were divided into PCM (n = 73) and conventional method (CM) (n = 53) groups. Results The en bloc resection rate in the PCM group was significantly higher than in the CM group (100 % [73/73] vs. 92 % [49/53], P = 0.03). The en bloc resection rate with severe fibrosis was higher in the PCM group than in the CM group (100 % [3/3] vs. 60 % [3/5]). The R0 resection rate for the two groups was not statistically significantly different (93 % [68/73] vs. 91 % [48/53], P = 0.74). The perforation rate in the PCM group was lower than in the CM group although not statistically significantly less (0 % 0/73 vs. 4 % 2/53, P = 0.18). For lesions resected en bloc, dissection speed for the PCM group was significantly faster than for the CM group (median [IQR], 19 [13 -24] vs. 14 [10 - 22] mm2/min, P = 0.03). Conclusion ESD using PCM achieves a reliable and safe resection of colorectal LST-NG.
  • Yoshimasa Miura, Satoshi Shinozaki, Yoshikazu Hayashi, Hirotsugu Sakamoto, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy 49 (1) 8 - 14 0013-726X 2017/01 [Refereed][Not invited]
     
    Background and study aims Duodenal endoscopic submucosal dissection (ESD) requires sophisticated endoscopic techniques because of a high rate of perforation. We introduced the pocket-creation method (PCM) of duodenal ESD to overcome difficulties. The aim of this study was to evaluate the safety and usefulness of ESD using the PCM for superficial tumors of the duodenum. Patients and methods We performed ESD of 17 non-ampullary duodenal lesions using the conventional method and of 28 lesions using the PCM from 2006 to 2015 and retrospectively reviewed the results, comparing the PCM and the conventional method. The median follow-up period was 35 months (range 2 - 97). Results There were more lesions at the duodenal angles in the PCM group compared with the conventional method group (54 % [15/28] vs. 22 % [4/17]; P = 0.048), and the resected specimen diameter was larger in the PCM than the conventional method group (median 37 mm [range 25 - 101] vs. 25 mm [15 - 55]; P = 0.007). Dissection speed was faster in the PCM than the conventional method group (9.4 mm2/min [3.0 - 15.7] vs. 6.5 mm2/min [1.5 - 19.7]; P = 0.09). En bloc resection was more frequent in the PCM (100 % [28/28]) than the conventional method group (88 % [15/17]) (P = 0.07). Perforation was significantly less frequent in the PCM (7 % [2/28]) than the conventional method group (29 % [5/17]; P = 0.046). The one delayed perforation in the conventional method group required surgical repair, while other intraprocedural perforations were treated by clipping. There were no recurrences. Conclusions ESD of duodenal lesions can be safely performed using the PCM, which stabilizes the tip of the endoscope even in difficult locations.
  • Yuichi Sagara, Satoshi Shinozaki, Tomonori Yano, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Clinical journal of gastroenterology 9 (6) 369 - 374 1865-7265 2016/12 [Refereed][Not invited]
     
    The over-the-scope clip (OTSC) system is a new technology that enables closure of fistulae which cannot be closed with a conventional clip. A 57-year-old woman had long-term hypoalbuminemia, edema and general malaise. Peroral double-balloon endoscopy (DBE) showed a jejuno-sigmoid fistula and blind loop syndrome of the jejunum and ileum, because ingested food bypassed the ileum through the fistula. She was advised to undergo surgical closure of the fistula, but she refused the procedure. For 7 years following DBE, repeat courses of antibiotics were required to treat bacterial overgrowth due to blind loop syndrome. The fistula was successfully closed using the OTSC system from the sigmoid colon side. The patient's symptoms and quality of life improved. Two years after closure, hypoalbuminemia, edema and general malaise developed again due to dislocation of the OTSC. She then accepted surgical closure of the fistula, because she had experienced improvement after closure using the OTSC. Her quality of life improved again following surgery. OTSC application can demonstrate the improvement expected after surgical closure of a fistula, and may convince a patient of the benefits of surgical closure.
  • Fukuda Hisashi, Hayashi Yoshikazu, Miura Yoshimasa, Shinozaki Satoshi, Okada Masahiro, Sakamoto Hirotsugu, Sunada Keijiro, Fukushima Noriyoshi, Lefor Alan Kawarai, Yamamoto Hironori
    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY 31 316  0815-9319 2016/11 [Refereed][Not invited]
  • Satoshi Shinozaki, Hiroaki Nomoto, Yoshie Kondo, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Alan Kawarai Lefor, Hiroyuki Osawa
    The Kaohsiung journal of medical sciences 32 (5) 255 - 60 1607-551X 2016/05 [Refereed][Not invited]
     
    Alternative eradication therapies for Helicobacter pylori infection are needed because of an increasing failure rate over the past decade. The aim of this study was to determine if vonoprazan, a new potassium-competitive acid blocker, showed superiority to existing proton pump inhibitors for primary eradication of H. pylori in routine clinical practice. Data for 573 patients who underwent primary H. pylori eradication therapy were retrospectively reviewed. Regimens included clarithromycin 200 mg, amoxicillin 750 mg, and an acid-suppressing drug [lansoprazole 30 mg (LAC), rabeprazole 10 mg (RAC), esomeprazole 20 mg (EAC), or vonoprazan 20 mg (VAC)] twice daily for 1 week. Eradication was successful in 73% (419/573) of patients using intention-to-treat (ITT) analysis and 76% (419/549) of patients in per-protocol (PP) analysis. The VAC group had a significantly superior eradication rate compared with the LAC and RAC groups in ITT (VAC 83%, LAC 66% and RAC 67%, p < 0.01) and PP analysis (VAC 85%, LAC 69% and RAC 70%, p < 0.01), and had a similarly high eradication rate to the EAC group (83% in ITT and 87% in PP). Although the eradication rate in the VAC and EAC groups was not significantly higher than in the LAC and RAC groups in patients with mild gastric atrophy with both ITT and PP analyses, it was significantly higher in patients with severe gastric atrophy (p < 0.01). The VAC group had a significantly higher H. pylori eradication rate than the LAC and RAC groups, and a > 80% eradication rate regardless of the degree of atrophy.
  • Mitsuaki Morimoto, Koji Koinuma, Alan K Lefor, Hisanaga Horie, Homare Ito, Naohiro Sata, Yoshikazu Hayashi, Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto
    World journal of gastrointestinal endoscopy 8 (8) 374 - 7 2016/04 [Refereed][Not invited]
     
    A 48-year-old man underwent laparoscopic sigmoid colon resection for cancer and surveillance colonoscopy was performed annually thereafter. Five years after the resection, a submucosal mass was found at the anastomotic staple line, 15 cm from the anal verge. Computed tomography scan and endoscopic ultrasound were not consistent with tumor recurrence. Endoscopic mucosa biopsy was performed to obtain a definitive diagnosis. Mucosal incision over the lesion with the cutting needle knife technique revealed a creamy white material, which was completely removed. Histologic examination showed fibrotic tissue without caseous necrosis or tumor cells. No bacteria, including mycobacterium, were found on culture. The patient remains free of recurrence at five years since the resection. Endoscopic biopsy with a cutting mucosal incision is an important technique for evaluation of submucosal lesions after rectal resection.
  • Satoshi Shinozaki, Yoshikazu Hayashi, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society 28 (3) 289 - 95 0915-5635 2016/04 [Refereed][Not invited]
     
    Development and improvement of endoscopic techniques and devices have changed the treatment of colorectal tumors over the last decade. For the treatment of diminutive polyps, the cold snare technique of the West is becoming a promising treatment in the East because of its short procedure time and low rate of delayed bleeding by eliminating the delayed effect of electrocautery. Rather than using piecemeal endoscopic mucosal resection or surgical resection for the treatment of large superficial tumors, the technique of the East of endoscopic submucosal dissection (ESD) achieves a high success rate of en bloc R0 resection, enabling detailed pathological evaluation with less invasive treatment. This procedure should also be useful in the West where large colorectal tumors are more frequent than in the East. Regarding outcomes, however, in the literature, the definition of 'curative resection' remains somewhat inconsistent and long-term outcomes of patients with deep submucosal and/or lymphovascular invasion in the en bloc specimen have not yet been determined. Large prospective, as well as retrospective, studies of these patients are warranted. When colorectal ESD is difficult because of size or location, the pocket-creation method and/or double-balloon-assisted technique may be useful. In the East, high-quality magnified chromoendoscopy is widely available, and endoscopists try to identify focal submucosal invasion. In the West, a systematic evaluation of surveillance for the prevention of colorectal cancer has been done and is highly refined. The East and West have much to learn from each other.
  • Masahiro Okada, Hirotsugu Sakamoto, Takahito Takezawa, Yoshikazu Hayashi, Keijiro Sunada, Alan K Lefor, Hironori Yamamoto
    Clinical endoscopy 49 (2) 207 - 8 2234-2443 2016/03 [Refereed][Not invited]
  • Yoshikazu Hayashi, Satoshi Shinozaki, Keijiro Sunada, Hiroyuki Sato, Yoshimasa Miura, Yuji Ino, Hisanaga Horie, Noriyoshi Fukushima, Alan K Lefor, Hironori Yamamoto
    Gastrointestinal endoscopy 83 (3) 602 - 7 0016-5107 2016/03 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND AND AIMS: The feasibility of endoscopic submucosal dissection (ESD) for large superficial colorectal tumors is undefined. The aim of this study was to assess the outcomes for patients undergoing ESD of superficial colorectal tumors larger than 50 mm. METHODS: A total of 472 patients who underwent ESD for superficial colorectal tumors from 2010 to 2014 were enrolled. We retrospectively reviewed their records. RESULTS: We compared patients with 20-mm to 50-mm lesions and those with lesions >50 mm regarding demographics, the ESD procedure, and histopathology. Among patients with lesions >50 mm, laterally spreading tumors nongranular and protruded types were uncommon. Histopathologically, deeply invasive (≥1000 μm) submucosal carcinomas were more frequent in lesions >50 mm (14% [10/70] vs 5% [20/402], P < .01). Technically, en bloc resection was successfully accomplished in 99% of patients (69/70). Although the total dissection time for lesions >50 mm was significantly longer than for lesions 20 mm to 50 mm (mean ± SD, 157 ± 114 minutes vs 68 ± 50 min; P < .01), dissection speed for lesions >50 mm was significantly faster than for lesions 20 mm to 50 mm (P < .01). There were no significant differences in en bloc R0 resection rate comparing both groups (>50 mm, 83% vs 20 mm to 50 mm, 87%; P = .31). No perforations or postoperative bleeding occurred in patients with lesions >50 mm. Post-ESD colorectal strictures requiring intervention did not develop in any patient. CONCLUSIONS: ESD for superficial colorectal tumors >50 mm is feasible. ESD of these lesions had a high R0 resection rate and a low adverse event rate. En bloc resection by ESD provides adequate pathological specimens and may limit the need for surgical intervention.
  • Keijiro Sunada, Satoshi Shinozaki, Manabu Nagayama, Tomonori Yano, Takahito Takezawa, Yuji Ino, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Inflammatory bowel diseases 22 (2) 380 - 6 1078-0998 2016/02 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: Crohn's disease (CD) strictures of the small intestine are a feared complication and difficult to treat because of difficulty gaining access to the stricture site. The development of double-balloon endoscopy (DBE) enabled access to the entire small intestine with interventional capabilities. The aim of this study was to assess the long-term outcomes in patients with small intestinal strictures secondary to CD after DBE-assisted endoscopic balloon dilation (EBD). METHODS: In this retrospective cohort study, DBE-assisted EBD was performed in 85 consecutive patients with CD strictures of the small intestine from 2002 to 2014. Follow-up data were available for 85 patients for a mean of 41.9 months (range, 0-141), and clinical outcomes were assessed. RESULTS: Overall, 321 DBE-assisted EBD sessions (473 procedures) were performed in 85 patients during the study period. Most CD strictures were de novo (97%). The surgery-free rate after initial DBE-assisted EBD was 87.3% at 1 year and 78.1% at 3 years. The presence of a fistula was significantly associated with the need for surgical intervention (hazard ratio = 5.50, 95% confidence interval: 2.16-14.0, P < 0.01). The surgery-free interval in patients with a fistula was significantly shorter than in patients without a fistula (P < 0.01, log-rank test). CONCLUSIONS: DBE-assisted EBD provides a favorable long-term outcome in patients with small intestinal CD-associated strictures. DBE-assisted EBD for CD strictures is a safe and effective treatment to avoid or postpone surgery over the long-term.
  • Yoshimasa Miura, Yoshikazu Hayashi, Alan K Lefor, Hiroyuki Osawa, Hironori Yamamoto
    Gastrointestinal endoscopy 83 (2) 457 - 8 0016-5107 2016/02 [Refereed][Not invited]
  • Satoshi Shinozaki, Hiroyuki Osawa, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    The journal of medical investigation : JMI 63 (3-4) 230 - 5 1349-6867 2016 [Refereed][Not invited]
     
    The effect of acotiamide on gastrointestinal symptoms is undefined. The aim of this study is to evaluate the effect of acotiamide on abdominal symptoms in patients with functional dyspepsia. We retrospectively reviewed 51 patients treated with acotiamide. We evaluated patient quality of life using the Izumo scale that detects changes in quality of life caused by abdominal symptoms. Acotiamide ameliorated the symptoms of functional dyspepsia at one and three months (improved: 61% vs 80%, p=0.029 and resolved: 17% vs 33%, p=0.069). We then evaluated the effect of acotiamide on epigastric pain syndrome (EPS) (n=33) and postprandial distress syndrome (PDS) (n=41). Acotiamide treatment showed an early effect on rates of improvement (63%) and resolution (42%) of EPS symptoms at one month, maintained up to three months (69% and 39%, respectively). Both rates of improvement and resolution of PDS symptoms showed a significant increase from one month to three months (56% vs 78%, p=0.021 and 17% vs 46%, p=0.004, respectively). The severity of functional dyspepsia symptoms before treatment was significantly associated with failed resolution of functional dyspepsia symptoms (p=0.013). Acotiamide improves and resolves EPS symptoms as well as PDS symptoms. PDS symptoms take longer to resolve than EPS symptoms. J. Med. Invest. 63: 230-235, August, 2016.
  • Haruo Takahashi, Yoshikazu Hayashi, Keijiro Sunada, Satoshi Shinozaki, Kunihiko Oguro, Alan K Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy 48 Suppl 1 E161-2 - E162 0013-726X 2016 [Refereed][Not invited]
  • Daiki Nemoto, Yoshikazu Hayashi, Kenichi Utano, Noriyuki Isohata, Shungo Endo, Alan K Lefor, Hironori Yamamoto, Kazutomo Togashi
    Endoscopy international open 4 (1) E93-5 - 5 2364-3722 2016/01 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND AND STUDY AIMS: Endoscopic submucosal dissection (ESD) has been developed to facilitate en bloc resection of large lesions. However, it is laborious to retrieve the large colorectal specimens. We propose a novel retrieval technique using a Valsalva maneuver, known as Tumor Extraction by Defecation (TED). CASE SERIES: A total of nine lesions (median size 88 mm, maximum 225 mm; proximal colon three, rectum six) that could not be easily retrieved using net forceps were subsequently removed by TED. The rectum was filled with water through the colonoscope. The patient then strained to evacuate the specimen, facilitated by an almost straight anorectal angle. All specimens were retrieved without fragmentation, within minutes. Histology was assessed appropriately, including an adenoma in two and mucosal cancer in seven. All cut margins were verified to be negative. No adverse events occurred. CONCLUSIONS: TED is a promising technique for retrieving large colorectal specimens after ESD.
  • Hisashi Fukuda, Yoshimasa Miura, Yoshikazu Hayashi, Takahito Takezawa, Yuji Ino, Masahiro Okada, Hiroyuki Osawa, Alan K Lefor, Hironori Yamamoto
    Clinical journal of gastroenterology 8 (6) 385 - 9 1865-7265 2015/12 [Refereed][Not invited]
     
    Conventional endoscopy can miss flat early gastric cancers (0-IIb) because they may not be visible. We treated a patient with synchronous flat early gastric cancers missed by conventional white-light endoscopy (WLE). A 74-year-old Japanese male was referred for endoscopic submucosal dissection (ESD) of a depressed-type early gastric cancer (0-IIc) on the posterior wall of the antrum. Linked color imaging (LCI) detected two flat reddish lesions (0-IIb) measuring 30 mm and 10 mm in diameter in the distal body and prepyloric area, respectively, which had not been detected by conventional WLE. LCI clearly demonstrated the line of demarcation between the malignant lesion and the surrounding mucosa without magnification. Flat early gastric cancers were suspected because both lesions had irregular surface patterns using magnifying blue laser imaging (BLI). An additional depressed lesion (0-IIc) was detected by laser WLE along the greater curvature in the antrum. Magnifying BLI suggested a malignant lesion. Histological examination of biopsy specimens revealed atypical glands in all four lesions. ESD of these lesions was performed. Pathological examination of the resected specimens confirmed well-differentiated adenocarcinoma localized to the mucosa in all four lesions. Flat early gastric cancers became clearly visible using new endoscopic technology.
  • Satoshi Shinozaki, Tomonori Yano, Hirotsugu Sakamoto, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Digestive diseases and sciences 60 (12) 3691 - 6 0163-2116 2015/12 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: The long-term outcomes of patients after negative double-balloon endoscopy (DBE) for obscure gastrointestinal (GI) bleeding remain unclear. AIM: The aim of this study was to assess the long-term outcomes of patients with negative DBE and clarify the effect of repeat endoscopic work-up. METHODS: A total of 42 patients with a negative DBE for overt obscure GI bleeding were enrolled, and their clinical data were retrospectively reviewed. The mean (± standard deviation) follow-up period is 5.4 (± 2.8) years. The outcome measurement was overt rebleeding witnessed by the patient after negative DBE. At the time of rebleeding, further endoscopic work-up and specific treatment were performed. RESULTS: Rebleeding occurred in 16 of 42 patients (38%). At the time of rebleeding, further investigations were made in 14 of 16 patients (88%), and the bleeding source was identified in 10 of 14 patients (71%). These 10 patients received specific treatment (endoscopic in five, surgical in two, medical in two, and angiographic in one). The bleeding source was in the small intestine in seven of 10 patients (70%). Blood transfusion before DBE and multiple bleeding episodes before DBE were significant predictive factors for rebleeding (odds ratio 5.056, 95% confidence interval 1.158-22.059, p = 0.031 and odds ratio 8.167, 95% confidence interval 1.537-43.392, p = 0.014, respectively). CONCLUSIONS: The rebleeding rate after a negative DBE is considerable. Careful long-term follow-up and repeat endoscopic work-up at the time of overt rebleeding are important.
  • Manabu Nagayama, Keijiro Sunada, Tomonori Yano, Kohei Ono, Daiki Nemoto, Yasushi Miyata, Yuji Ino, Takahito Takezawa, Hirotsugu Sakamoto, Hakuei Shinhata, Yoshimasa Miura, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Hironori Yamamoto
    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology 112 (7) 1270 - 80 0446-6586 2015/07 [Refereed][Not invited]
  • Yoshikazu Hayashi, Yoshimasa Miura, Hironori Yamamoto
    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society 27 (4) 534 - 535 0915-5635 2015/05 [Refereed][Not invited]
  • Satoshi Shinozaki, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Kenjiro Shinozaki, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Journal of Gastroenterology and Hepatology Research 4 (10) 1797 - 1800 2224-6509 2015 [Refereed][Not invited]
     
    AIM: To identify a predictor of successful primary Helicobacter pylori (H. pylori) eradication assessed in routine clinical practice. METHODS: From February 2013 to January 2015, 186 patients underwent primary eradication therapy. We retrospectively reviewed the medical records. All patients underwent EGD before eradication therapy and H. pylori infection was diagnosed by ≥10 U/mL serum anti-H. pylori IgG. We used standard triple therapy including a proton pump inhibitor (PPI) (rabeprazole 10 mg or lansoprazole 30 mg), clarithromycin 200 mg and amoxicillin 750 mg twice daily for seven days. To determine if eradication succeeded, a 13C-urea breath test was performed on all patients more than eight weeks after primary eradication. RESULTS: The overall success rate of H. pylori eradication therapy was 62% (116/186). We assessed potential predictors of successful primary H. pylori eradication therapy including gender, age, smoking habits, prior PPI intake, kind of PPI, serum IgG value and degree of atrophy. Univariate analysis showed that high serum IgG significantly predicts successful eradication (odds ratio (OR) 2.583, 95% confidence interval (CI) 1.285-5.191, p=0.008). The eradication rate was 77% (43/56) in the ≥45 U/mL group and 56% (73/130) in the < 45 U/ mL group, and significance was confirmed by multivariate analysis (OR 2.626, 95% CI 1.269-5.436, p=0.009). Multivariate analysis showed a trend that advanced age (≥70 year-old) increased the rate of successful eradication (OR 1.669, 95% CI 0.857-3.252, p=0.132). CONCLUSION: Elevated serum IgG significantly predicts successful primary H. pylori eradication.
  • Wataru Sasao, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Yoshimasa Miura, Alan K Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy 47 Suppl 1 UCTN E305-6 - E306 0013-726X 2015 [Refereed][Not invited]
  • Hakuei Shinhata, Hironori Yamamoto, Keijiro Sunada, Yuji Ino, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Yoshimasa Miura, Hirotsugu Sakamoto, Aya Kitamura, Takahito Takezawa, Tomonori Yano, Takashi Sakatani, Kentaro Sugano
    Endoscopy 47 Suppl 1 UCTN (S 01) E192-4 - E194 0013-726X 2015 [Refereed][Not invited]
  • Yuji Ino, Tomonori Yano, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Osawa, Alan T Lefor, Hironori Yamamoto
    Endoscopy 47 Suppl 1 UCTN (S 01) E202-3 - E203 0013-726X 2015 [Refereed][Not invited]
  • Hiroaki Nomoto, Yoshikazu Hayashi, Satoshi Shinozaki, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Wataru Sasao, Aya Kitamura, Mai Ohashi, Shuhei Hiyama, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto
    Clinical journal of gastroenterology 7 (6) 476 - 80 1865-7265 2014/12 [Refereed][Not invited]
     
    Pulmonary complications of ulcerative colitis (UC) are relatively rare. Generally, pulmonary lesions with cavity formation are difficult to distinguish from infections or Wegener's granulomatosis lesions. A 15-year-old female with no remarkable past medical history had multiple pulmonary nodules on chest X-ray. Since empirical treatment with wide-spectrum antibiotics did not improve her symptoms, she was transferred for further evaluation. Chest radiography and computed tomography (CT) scan showed multiple bilateral pulmonary nodules with cavity formation, 8-65 mm in diameter, located mainly in the right lung. She was diagnosed with UC based on sigmoidoscopy. She was treated with mesalazine and granulocyte-monocyte apheresis (GMA). Steroids were not administered, because an infectious disease could not be excluded. Seven days after starting GMA, her symptoms and laboratory findings improved, and she was discharged. After the completion of 10 courses of GMA, chest radiography and CT scan showed marked diminution of the pulmonary lesions. UC-associated pulmonary lesions can be treated without steroid administration, and we suggest that this strategy is an option for a patient with UC-associated pulmonary lesions that cannot be differentiated from an infection.
  • Yoshikazu Hayashi, Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto
    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society 26 (5) 682 - 682 0915-5635 2014/09 [Refereed][Not invited]
  • Masahiro Wada, Alan T Lefor, Hiroyuki Mutoh, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Keijiro Sunada, Naoyuki Nishimura, Yoshimasa Miura, Hiroyuki Sato, Hakuei Shinhata, Hironori Yamamoto, Kentaro Sugano
    Surgical endoscopy 28 (8) 2428 - 36 0930-2794 2014/08 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: Double-balloon endoscopy (DBE) has become a new standard in enteroscopy. However, it may be difficult to make a diagnosis or plan treatment strategy with endoscopic visualization alone. The addition of endoscopic ultrasonography (EUS) has the potential to improve the ability to establish the diagnosis and develop a treatment strategy. The present study was conducted to assess the feasibility and usefulness of EUS with DBE. METHODS: EUS with DBE was performed in 31 of 891 patients who underwent DBE from July 2004 to March 2011 at Jichi Medical University Hospital. We analyzed the EUS findings for lesions and evaluated the usefulness of EUS considering the following three factors: qualitative diagnostic value for lesions, depth grading of lesions, and evaluation of the structure of severe strictures prior to endoscopic balloon dilation. RESULTS: EUS was performed for 31/32 lesions (97%) in 31 patients. EUS findings were informative for 29/32 lesions (91%). EUS findings were useful for establishing a qualitative diagnosis in 15/25 lesions (60%). EUS findings for depth grading provided useful information for determining the therapeutic strategy in 11/13 lesions (85%). EUS with DBE was useful in the evaluation of strictures for all six lesions (100%). The overall usefulness of EUS with DBE on decision making was 72% (23/32) in this study. CONCLUSIONS: EUS with DBE is feasible and useful. It provides additional information on small-bowel disease and contributes to establishing a precise diagnosis and selection of an appropriate therapeutic strategy.
  • Satoshi Shinozaki, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hakuei Shinhata, Hiroyuki Sato, Edward J Despott, Kentaro Sugano
    Gastrointestinal endoscopy 80 (1) 112 - 7 0016-5107 2014/07 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: GI bleeding secondary to small-intestine vascular lesions (SIVLs) is associated with rebleeding despite initial hemostasis by endotherapy applied at double-balloon endoscopy (DBE). OBJECTIVE: To evaluate the long-term outcomes of DBE endotherapy of SIVL (as described by the Yano-Yamamoto classification). The impact of repeat DBE endotherapy for recurrent bleeding also was assessed. DESIGN: Retrospective cohort study. The mean (± standard deviation [SD]) follow-up period was 4.9 (± 1.7) years (range 2.4-9.1 years). SETTING: Tertiary-care referral center. PATIENTS: A total of 43 patients, who underwent 69 sessions of DBE endotherapy of SIVLs. INTERVENTION: DBE endotherapy. MAIN OUTCOME MEASUREMENTS: Frequency of overt rebleeding after the initial DBE endotherapy. RESULTS: Overt rebleeding occurred in 16 of 43 patients (37%). Patients with multiple SIVLs showed a significantly higher rate of overt rebleeding than did those with a solitary SIVL (12/23 [52%] vs 4/20 [20%]; P = .017). The trend toward frequency of rebleeding after the first DBE hemostasis appeared to be higher for patients with type 1a SIVLs than for those with type 1b or type 2 lesions: type 1a (8/16, 50%) versus type 1b (5/19, 26%) (P = .12) and type 1a (8/16, 50%) versus type 2 (2/7, 29%) (P = .31), respectively. In 12 of 16 patients (75%) who underwent repeat DBE endotherapy at each episode of overt rebleeding (median 3 times, range 2-6), the frequency of rebleeding decreased significantly after the first year of follow-up, as compared with the remaining 4 patients who did not undergo repeat DBE; mean (± SD) 0.12 (± 0.19) versus 0.52 (± 0.33) times per year per patient (P = .006). LIMITATIONS: Single-center, retrospective study. CONCLUSION: Although the presence of multiple SIVLs was associated with rebleeding, repeat DBE endotherapy resulted in an improved long-term outcome in patients with refractory SIVL bleeding.
  • Yoshikazu Hayashi, Keijiro Sunada, Haruo Takahashi, Hakuei Shinhata, Alan T Lefor, Akira Tanaka, Hironori Yamamoto
    Endoscopy 46 Suppl 1 UCTN E421-2 - E422 0013-726X 2014 [Refereed][Not invited]
  • Tomonori Yano, Hironori Yamamoto, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Takahito Takezawa, Yuji Ino, Aya Kitamura, Kentaro Sugano
    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology 110 (7) 1198 - 204 0446-6586 2013/07 [Refereed][Not invited]
  • Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Aya Kitamura, Takahito Takezawa, Yuji Ino, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Hakuei Shinhata, Hiroyuki Sato, Keijiro Sunada, Kentaro Sugano
    Endoscopy 45 Suppl 2 UCTN E373-4 - E374 0013-726X 2013 [Refereed][Not invited]
  • Takahito Takezawa, Shunji Hayashi, Yoshikazu Adachi, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Naoyuki Nishimura, Tomonori Yano, Tomohiko Miyata, Hironori Yamamoto, Yoshikazu Hirai, Kentaro Sugano
    Clinical journal of gastroenterology 5 (1) 69 - 73 1865-7257 2012/02 [Refereed][Not invited]
     
    Human intestinal spirochetosis (HIS) is a colorectal infectious disease caused by Brachyspira species. We describe HIS in an immunocompromised, 62-year-old Japanese man who presented at Jichi Medical University Hospital with symptoms of diarrhea and bloody stool. He had rheumatoid arthritis that had been treated with immunosuppressive drugs for 10 years. Colonoscopy revealed multiple erythematous spots in the cecum and colon. A histopathological examination identified intestinal colonization by spirochetes, and Brachyspira pilosicoli was isolated from biopsy specimens, indicating a diagnosis of HIS. Metronidazole eradicated the spirochetes, the intestinal mucosa recovered to normal, and the clinical symptoms disappeared. This case suggests that it is important to keep in mind HIS in the differential diagnosis of immunocompromised patients with chronic diarrhea and bloody stool.
  • Naoyuki Nishimura, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Yoshimasa Miura, Hakuei Shinhata, Keijiro Sunada, Kentaro Sugano
    Gastrointestinal endoscopy 74 (5) 1157 - 61 0016-5107 2011/11 [Refereed][Not invited]
  • Hirotsugu Sakamoto, Hironori Yamamoto, Yoshikazu Hayashi, Tomonori Yano, Tomohiko Miyata, Naoyuki Nishimura, Hakuei Shinhata, Hiroyuki Sato, Keijiro Sunada, Kentaro Sugano
    Gastrointestinal endoscopy 74 (2) 328 - 33 0016-5107 2011/08 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: The major problem in the management of Peutz-Jeghers syndrome (PJS) is small-bowel polyps, which can cause intussusception and bleeding. Double-balloon endoscopy (DBE) enables endoscopic resection of small-bowel polyps. OBJECTIVE: The aim of this study was to determine the efficacy and safety of endoscopic management of small-bowel polyps in PJS patients by using DBE. DESIGN: Retrospective chart review. SETTING: Single university hospital. PATIENTS: Consecutive patients with PJS who underwent multiple sessions of DBE for evaluation or treatment of small-bowel polyps between September 2000 and April 2009. INTERVENTIONS: Endoscopic resection of small-bowel polyps in PJS patients was performed by using DBE. MAIN OUTCOME MEASUREMENTS: Efficacy, safety, and long-term laparotomy rate after the procedures were evaluated. RESULTS: Fifteen patients (10 men, mean age 34.0 ± 15.8 years) underwent DBE for a mean 3.0 ± 1.0 sessions. The mean numbers of resected polyps larger than 20 mm significantly decreased as sessions advanced (first, 3.6; second, 1.3; third, 0.7; fourth, 0.4; and fifth, 1.0; P = .02). The mean maximum sizes of resected polyps also significantly decreased at each session: 33, 19, 12, 17, and 30 mm (P = .01). One patient had a perforation, but was managed conservatively. Other complications were pancreatitis (n = 2) and bleeding (n = 2). Only 1 patient underwent surgery for intussusception during the study period. LIMITATIONS: This was a small single-center retrospective study of short duration. CONCLUSIONS: Endoscopic management of small-bowel polyps in PJS patients by using DBE is safe and effective and avoids urgent laparotomy.
  • Tomonori Yano, Hironori Yamamoto, Keijiro Sunada, Yoshimasa Miura, Hiroki Taguchi, Masayuki Arashiro, Mitsuyo Yoshizawa, Yoshikazu Hayashi, Tomohiko Miyata, Hozumi Tanaka, Eiji Kobayashi, Kentaro Sugano
    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society 23 (2) 206 - 206 0915-5635 2011/04 [Refereed][Not invited]
  • Tomonori Yano, Naoyuki Nishimura, Yosimasa Miura, Hakuei Shinhata, Hiroyuki Sato, Yoshikazu Hayashi, Tomohiko Miyata, Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 100 (1) 102 - 7 0021-5384 2011/01 [Refereed][Not invited]
  • Satoshi Shinozaki, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Tomohiko Miyata, Yoshikazu Hayashi, Masayuki Arashiro, Kentaro Sugano
    Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association 8 (2) 151 - 8 1542-3565 2010/02 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND & AIMS: It is often difficult to determine the cause of obscure gastrointestinal bleeding (OGIB). We evaluated the diagnostic yield and long-term outcome of patients with OGIB by using double-balloon endoscopy (DBE). METHODS: In this large, retrospective cohort study, DBE was performed in 200 consecutive patients with OGIB. Follow-up data were available from 151 patients for 29.7 months (range, 6-78 months), and clinical outcome was assessed. RESULTS: DBE detected bleeding sources in 155 of 200 patients (77.5%). The most frequent source detected was small intestine ulcers/erosions (64 patients). Patients who underwent DBE within 1 month after the last episode of overt bleeding had a better yield of positive findings than those who did not (84%, 107/128 patients vs 57%, 24/42; P = .002). The overall rate of control of OGIB was 64% (97/151 patients). Patients with vascular lesions of the small intestine had a significantly lower rate of control of OGIB than those with other small intestine lesions (40%, 12/30 patients vs 74%, 52/70; P = .001). A requirement for a large transfusion before DBE (P = .012), multiple lesions (P = .010), and suspicious (not definite) lesions (P = .038) each significantly increased the likelihood of overt rebleeding in patients with vascular lesions of the small intestine. CONCLUSIONS: DBE is useful for the diagnosis of patients with OGIB and should be performed as soon as possible after overt OGIB. Patients with vascular lesions of the small intestine should be followed with particular care.
  • Naoyuki Nishimura, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Masayuki Arashiro, Tomohiko Miyata, Keijiro Sunada, Kentaro Sugano
    Gastrointestinal endoscopy 71 (2) 287 - 94 0016-5107 2010/02 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: Although double-balloon enteroscopy (DBE) is performed increasingly often in adults, few findings are available on the use of DBE in pediatric patients in the published literature. OBJECTIVES: The aim of our study was to evaluate the safety and efficacy of DBE in pediatric patients. DESIGN: A retrospective database review. SETTING AND PATIENTS: A database analysis was performed on all pediatric patients (18 years old or younger) who underwent DBE at the Jichi Medical University Hospital between September 2000 and October 2008 selected from a total of 825 patients. MAIN OUTCOME MEASUREMENTS: Clinical utility and safety of DBE in pediatric patients. RESULTS: A total of 92 procedures were performed in 48 patients (27 male, 21 female) with a median age (range) of 12.2 (4-18) years. DBE was performed with the patients under general anesthesia in 43 procedures and under moderate sedation in 49 procedures. The most common indication for DBE was treatment of a stricture of a biliary anastomosis after living-donor liver transplantation with establishment of Roux-en-Y hepaticojejunostomy (23 patients). Endoscopic retrograde cholangiography using DBE was performed, and endoscopic therapy could be performed successfully in 13 (56%) patients. The second most common indication was obscure GI bleeding (10 patients); the lesions responsible for the bleeding were found in 7 (70%) patients. Other indications included surveillance and treatment of hereditary polyposis syndromes (5 patients), abdominal pain (4 patients), and inflammatory bowel disease (2 patients). The overall diagnostic yield was 65% (31 of the 48 patients). Postpolypectomy bleeding occurred in 1 case, but no other complications such as perforation and pancreatitis were observed. LIMITATIONS: Small number of patients, participation bias, and single center's experience. CONCLUSIONS: DBE is a safe and clinically useful endoscopic procedure in pediatric patients.
  • Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Kentaro Sugano
    Therapeutic advances in gastroenterology 2 (2) 109 - 17 1756-283X 2009/03 [Refereed][Not invited]
     
    The new methods of capsule endoscopy (CE) and double-balloon endoscopy (DBE) have revolutionized the diagnostic approach to middle (mid) gastrointestinal bleeding (MGIB) in recent years. DBE also has therapeutic options and enables us to treat the MGIB endoscopically. In this review, we discuss endoscopic diagnosis and management of three major categories of sources of MGIB - vascular lesions, ulcers/erosions and tumors/polyps.
  • Kazutomo Togashi, Hiroyuki Osawa, Koji Koinuma, Yoshikazu Hayashi, Tomohiko Miyata, Keijiro Sunada, Mitsuhiro Nokubi, Hisanaga Horie, Hironori Yamamoto
    Gastrointestinal endoscopy 69 (3 Pt 2) 734 - 41 0016-5107 2009/03 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: The diagnostic accuracy of conventional endoscopy for small colonic polyps is not satisfactory. Optimal band imaging (OBI) enhances the contrast of the mucosal surface without the use of dye. OBJECTIVE: To evaluate the diagnostic accuracy for the differentiation of neoplastic and non-neoplastic colorectal polyps by using magnified OBI colonoscopy. DESIGN: An open prospective study. SETTING: Jichi Medical University, Japan. PATIENTS: A total of 133 colonoscopy cases. MAIN OUTCOME MEASUREMENT: A comparative study of the overall accuracy, sensitivity, and specificity for the differentiation of neoplastic and non-neoplastic colorectal polyps < or =5 mm in size by capillary-pattern diagnosis by using conventional colonoscopy, capillary-pattern diagnosis in OBI, and pit-pattern diagnosis in chromoendoscopy with low magnification. RESULTS: A total of 107 polyps, composed of 80 neoplastic and 27 non-neoplastic polyps, were evaluated. OBI clearly showed the capillary network of the surface mucosa of neoplastic polyps at low magnification, whereas the surface mucosa of non-neoplastic polyps showed up as a pale lesion. The capillary pattern in conventional colonoscopy had 74% accuracy, 71% sensitivity, and 81% specificity for neoplastic polyps. The accuracy and sensitivity were significantly lower than those that used the capillary pattern in OBI (accuracy 87% and sensitivity 93%) and the pit pattern in chromoendoscopy (accuracy 86% and sensitivity 90%). There were no significant differences in specificity (OBI 70% and chromoendoscopy 74%). The kappa analysis indicated good agreement in both OBI and chromoendoscopy. CONCLUSIONS: Capillary-pattern diagnosis in OBI is superior to that in conventional endoscopy and is not significantly different from pit-pattern diagnosis for predicting the histology of small colorectal polyps.
  • Keijiro Sunada, Naoyuki Nishimura, Hiromi Fukushima, Yoshikazu Hayashi, Masayuki Arashiro, Tomonori Yasno, Tomohiko Miyata, Hironori Yamamoto, Kentaro Sugano
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 98 (1) 94 - 103 0021-5384 2009/01 [Refereed][Not invited]
  • Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Hiroki Taguchi, Keijiro Sunada, Tomohiko Miyata, Tomonori Yano, Masayuki Arashiro, Kentaro Sugano
    Journal of gastroenterology 44 Suppl 19 57 - 63 0944-1174 2009 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: Nonsteroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) occasionally induce small-bowel injury. However, the clinical features have only been partially clarified. The aim of this study was to clarify the clinical features of the disease and evaluate the effectiveness of endoscopic balloon dilation therapy for diaphragm disease, using double-balloon endoscopy (DBE). METHODS: This is a retrospective case study using our DBE database. Our inclusion criteria required patients to meet all the following criteria: (1) history of NSAID use; (2) endoscopic findings of erosion and/or ulcer and/or typical diaphragm-like strictures; (3) improvement in clinical findings (signs and symptoms) and/or endoscopic findings by cessation of NSAIDs, except for diaphragm disease; and (4) exclusion of other causes (e.g., malignant tumor, inflammatory bowel disease, and infectious disease). The clinical records of patients were investigated. RESULTS: Eighteen patients were included. Sixteen patients showed ulcerative lesions, and the remaining 2 patients showed diaphragm diseases. For localized lesions, 12 patients evidenced lesions in the ileum, 5 patients had lesions in the duodenum and/or jejunum, and 1 had lesions in both intestines. The ulcerative lesions were multiple with various morphologies that were located unrelated to mesenteric or antimesenteric sides. The endoscopic balloon dilations were performed safely, and all patients improved with regard to their symptoms. CONCLUSIONS: Symptomatic NSAID-induced small-bowel injuries exhibit a variety of patterns of ulcerative lesions as observed in the ileum in many cases. The endoscopic balloon dilation appears to be a safe and effective treatment for diaphragm disease.
  • Satoshi Shinozaki, Hironori Yamamoto, Hirohide Ohnishi, Hiroto Kita, Tomonori Yano, Michiko Iwamoto, Tomohiko Miyata, Yoshikazu Hayashi, Keijiro Sunada, Kenichi Ido, Norio Takayashiki, Kentaro Sugano
    Journal of gastroenterology and hepatology 23 (8 Pt 2) e308-11 - E311 0815-9319 2008/08 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND AND AIM: Most cases of Meckel's diverticula are asymptomatic, however, some cases presented with gastrointestinal (GI) bleeding. It is often difficult to determine whether Meckel's diverticulum is a source of obscure GI bleeding. Double balloon endoscopy allows endoscopic access to the entire small intestine. The aim of this study was to compare endoscopic findings of three hemorrhagic and two non-hemorrhagic Meckel's diverticula in patients with obscure GI bleeding using this novel technique. METHODS: Between September 2000 and April 2005, 354 enteroscopies, including 162 anterograde and 192 retrograde procedures, were performed on 217 patients at the Jichi Medical University Hospital, Japan, using the double balloon endoscopy system. Five consecutive patients where Meckel's diverticulum was endoscopically observed were selected and analyzed. RESULTS: Double balloon endoscopy enabled direct observation of Meckel's diverticula in all five patients. Surgical procedures were indicated for three patients where double balloon endoscopy discovered ulcers. By contrast, double balloon endoscopy detected other sources of bleeding in the remaining two patients where no ulcers were found in the Meckel's diverticula. CONCLUSION: Endoscopic observation of the ulcers in Meckel's diverticula was important evidence of bleeding in patients with obscure GI bleeding. Other sources of bleeding should be considered when no ulcers are found in the Meckel's diverticula.
  • Hiroki Taguchi, Hironori Yamamoto, Tomohiko Miyata, Yoshikazu Hayashi, Keijiro Sunada, Kentaro Sugano
    Gastrointestinal endoscopy 68 (2) 376 - 7 0016-5107 2008/08 [Refereed][Not invited]
  • Naoki Nakagawa, Fumihiko Takahashi, Junko Chinda, Motoi Kobayashi, Yoshikazu Hayashi, Masahiko Abe, Yasuaki Saijo, Kenjiro Kikuchi, Naoyuki Hasebe
    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension 31 (2) 193 - 201 0916-9636 2008/02 [Refereed][Not invited]
     
    Chronic kidney disease (CKD) is associated with an increased risk of cardiovascular disease, and thus is a major worldwide public health problem. Recently, an estimated glomerular filtration rate (eGFR) using the Modification of Diet in Renal Disease equation for Japanese patients was proposed by the Japanese Society of Nephrology. However, the role of eGFR in the assessment of atherosclerosis is not well understood in Japanese patients. We analyzed the relationship between eGFR and severity of arterial stiffness using brachial-ankle pulse wave velocity (baPWV) in 647 adult Japanese patients. baPWV correlated significantly and positively with age, hypertension, diabetes, prior cardiovascular disease, blood pressure, pulse pressure and heart rate, and negatively with eGFR (r=-0.405, p<0.0001). A multiple regression analysis revealed that baPWV correlated independently with eGFR. Furthermore, there was a stepwise increase in baPWV, corresponding to advances in CKD through stages 1 to 5. When CKD stage 3 was divided at eGFR 45 mL/min/1.73 m2, the baPWV of stage 3b (eGFR 30 to 44) was significantly higher than that of stage 3a (eGFR 45 to 59) independent of traditional risk factors, suggesting that an eGFR of 45 mL/min/1.73 m2 may be a critical cut off value to predict arterial stiffness in CKD. In conclusion, the newly proposed eGFR is significantly associated with arterial stiffness, independent of traditional risk factors for cardiovascular disease.
  • Tomonori Yano, Hironori Yamamoto, Keijiro Sunada, Tomohiko Miyata, Michiko Iwamoto, Yoshikazu Hayashi, Masayuki Arashiro, Kentaro Sugano
    Gastrointestinal endoscopy 67 (1) 169 - 72 0016-5107 2008/01 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: Small-intestinal vascular lesions observed by endoscopy vary in appearance. Angioectasia is a venous lesion that requires cauterization; a Dieulafoy's lesion and arteriovenous malformation may cause arterial bleeding, which requires clipping or laparotomy. For selection of the appropriate treatment, it is necessary to distinguish between venous and arterial lesions. PATIENTS AND METHODS: We classified these lesions into the following 6 groups: type 1a, punctulate erythema (< 1 mm), with or without oozing; type 1b, patchy erythema (a few mm), with or without oozing; type 2a, punctulate lesions (< 1 mm), with pulsatile bleeding; type 2b, pulsatile red protrusion, without surrounding venous dilatation; type 3, pulsatile red protrusion, with surrounding venous dilatation; type 4, other lesions not classified into any of the above categories. Types 1a and 1b are considered angioectasias. Types 2a and 2b are Dieulafoy's lesions. Type 3 represents an arteriovenous malformation. Type 4 is unclassifiable. Three endoscopists independently reviewed images and video to classify 102 vascular lesions into the above types. The rate of concordance among the 3 endoscopists was calculated. RESULTS: Eighty-four lesions (82%) were classified into the same type by all of 3 endoscopists. The mean kappa value (standard deviation) for the concordance was 0.72 +/- 0.07, which confirmed substantial interobserver concordance. LIMITATIONS: This classification is applicable only to endoscopic findings. It was desirable to correlate the histopathologic findings with endoscopic observations. CONCLUSIONS: This classification will be useful for selecting the hemostatic procedure and outcome studies.
  • Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto, Yoshikazu Hayashi, Tomonori Yano, Hiroki Taguchi, Michiko Iwamoto
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 65 (10) 1866 - 74 0047-1852 2007/10 [Refereed][Not invited]
     
    Double balloon endoscopy (DBE) and video capsule endoscopy (VCE) are breakthrough methods for endoscopic examination of the small intestine. Using these modalities, it has been clarified that use of nonsteroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) induces ulcers not only in upper gastrointestinal tract but also in the small intestine. Furthermore, concentric membranous strictures, so called "diaphragm disease" can be induced with long-term NSAID use in some cases. The best therapy for ulcers induced by NSAIDs in small intestine is cessation of NSAIDs use so far. For these diaphragm-like small intestinal strictures, a balloon dilation therapy using DBE can be performed safety and effectively.
  • Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto, Yoshikazu Hayashi, Kentaro Sugano
    Gastrointestinal endoscopy 66 (3 Suppl) S34-8 - S38 0016-5107 2007/09 [Refereed][Not invited]
  • Michiko Iwamoto, Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Kentaro Sugano, Hisanaga Horie, Hideo Nagai, Nobuyuki Kanai
    Gastrointestinal endoscopy 66 (1) 184 - 5 0016-5107 2007/07 [Refereed][Not invited]
  • Hiroto Kita, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Tomohiko Miyata, Michiko Iwamoto, Keijiro Sunada, Masayuki Arashiro, Yoshikazu Hayashi, Kenichi Ido, Kentaro Sugano
    Inflammopharmacology 15 74 - 77 2007 [Not refereed][Invited]
  • Y. Hayashi, H. Yamamoto, H. Kita, K. Sunada, T. Miyata, T. Yano, H. Sato, M. Iwamoto, K. Sugano
    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY 21 (12) 1861 - 1861 0815-9319 2006/12 [Refereed][Not invited]
  • Shu Tanaka, Keigo Mitsui, Katsuro Shirakawa, Atsushi Tatsuguchi, Tetsuya Nakamura, Yoshikazu Hayashi, Choitsu Sakamoto, Akira Terano
    Journal of gastroenterology and hepatology 21 (5) 922 - 3 0815-9319 2006/05 [Refereed][Not invited]
  • Michiko Iwamoto, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Kentaro Sugano
    Gastrointestinal endoscopy 62 (3) 440 - 1 0016-5107 2005/09 [Refereed][Not invited]
  • Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Keijiro Sunada, Hiroyuki Sato, Tomonori Yano, Michiko Iwamoto, Yutaka Sekine, Tomohiko Miyata, Akiko Kuno, Takaaki Iwaki, Yoshiyuki Kawamura, Hironari Ajibe, Kenichi Ido, Kentaro Sugano
    World journal of gastroenterology 11 (31) 4861 - 4 1007-9327 2005/08 [Refereed][Not invited]
     
    AIM: To clarify clinical features of the NSAID-induced small bowel lesions using a new method of endoscopy. METHODS: This is a retrospective study and we analyzed seven patients with small bowel lesions while taking NSAIDs among 61 patients who had undergone double-balloon endoscopy because of gastro-intestinal bleeding or anemia between September 2000 and March 2004, at Jichi Medical School Hospital in Japan. Neither conventional EGD nor colonoscopy revealed any lesions of potential bleeding sources including ulcerations. Double-balloon endoscopy was carried out from oral approach in three patients, from anal approach in three patients, and from both approaches in one patient. RESULTS: Ulcers or erosions were observed in the ileum in six patients and in the jejunum in one patient, respectively. The ulcers were multiple in all the patients with different features from tiny punched out ulcers to deep ulcerations with oozing hemorrhage or scar. All the patients recovered uneventfully and had full resolution of symptoms after suspension of the drug. CONCLUSION: NSAIDs can induce injuries in the small bowel even in patients without any lesions in both the stomach and colon.
  • Tomonori Yano, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Michiko Iwamoto, Yutaka Sekine, Tomohiko Miyata, Akiko Kuno, Makoto Nishimura, Hironari Ajibe, Kenichi Ido, Kentaro Sugano
    Gastrointestinal endoscopy 62 (2) 302 - 4 0016-5107 2005/08 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: The inability to pass endoscopes beyond strictures is a considerable problem in patients with a colonic stricture. METHODS: In patients with bowel obstruction, we have modified the insertion method for double-balloon endoscopy with a long, transnasal decompression tube. OBSERVATIONS: We have succeeded in reaching the proximal side of the stricture from the oral approach across the entire small bowel in a patient. CONCLUSIONS: This modified double-balloon enteroscopy is useful for patients with bowel obstruction in whom a long decompression tube is already placed.
  • Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Tomonori Yano, Hiroyuki Sato, Yoshikazu Hayashi, Tomohiko Miyata, Yutaka Sekine, Akiko Kuno, Michiko Iwamoto, Hirohide Ohnishi, Kenichi Ido, Kentaro Sugano
    World journal of gastroenterology 11 (7) 1087 - 9 1007-9327 2005/02 [Refereed][Not invited]
     
    AIM: To evaluate the clinical outcome of enteroscopy, using the double-balloon method, focusing on the involvement of neoplasms in strictures of the small intestine. METHODS: Enteroscopy, using the double-balloon method, was performed between December 1999 and December 2002 at Jichi Medical School Hospital, Japan and strictures of the small intestine were found in 17 out of 62 patients. These 17 consecutive patients were subjected to analysis. RESULTS: The double-balloon enteroscopy contributed to the diagnosis of small intestinal neoplasms found in 3 out of 17 patients by direct observation of the strictures as well as biopsy sampling. Surgical procedures were chosen for these three patients, while balloon dilation was chosen for the strictures in four patients diagnosed with inflammation without involvement of neoplasm. CONCLUSION: Double-balloon enteroscopy is a useful method for the diagnosis and treatment of strictures in the small bowel.
  • Akiko Kuno, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Keijiro Sunada, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Tomohiko Miyata, Yutaka Sekine, Michiko Iwamoto, Kenichi Ido, Kentaro Sugano
    Gastrointestinal endoscopy 60 (6) 1032 - 4 0016-5107 2004/12 [Refereed][Not invited]
  • Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Tomonori Yano, Michiko Iwamoto, Yutaka Sekine, Tomohiko Miyata, Akiko Kuno, Hironari Ajibe, Kenichi Ido, Kentaro Sugano
    Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association 2 (11) 1010 - 6 1542-3565 2004/11 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND & AIMS: A specialized system for a new method for enteroscopy, the double-balloon method, was developed. The aim of this study was to evaluate the usefulness of this endoscopic system for small-intestinal disorders. METHODS: The double-balloon endoscopy system was used to perform 178 enteroscopies (89 by the anterograde approach and 89 by the retrograde approach) in 123 patients. The system was assessed on the basis of the rates of success in jejunal and ileal insertion and the entire examination of the small intestine, diagnostic yields, ability to perform treatment, and complications. RESULTS: Insertion of the endoscope beyond the ligament of Treitz or ileocecal valve was possible in all 178 procedures. It was possible to observe approximately one half to two thirds of the entire small intestine by each approach, and observation of the entire small intestine was possible in 24 (86%) of 28 trials. The source of bleeding was identified in 50 (76%) of 66 patients with GI bleeding, scrutiny of strictures was possible in 23 patients, and a tumor was examined endoscopically in 17 patients. Two complications (1.1%) occurred. Endoscopic therapies in the small intestine including hemostasis (12 cases), polypectomy (1 case), endoscopic mucosal resection (1 case), balloon dilation (6 cases), and stent placement (2 cases) were performed successfully. CONCLUSIONS: Double-balloon endoscopy permits the exploration of the small intestine with a high success rate of total enteroscopy. The procedure is safe and useful, and it provides high diagnostic yields and therapeutic capabilities.
  • Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Keijiro Sunada, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Michiko Iwamoto, Kentaro Sugano
    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology 101 (9) 976 - 82 0446-6586 2004/09 [Refereed][Not invited]
  • Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Keijiro Sunada, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Michiko Iwamoto, Kenichi Ido, Kentaro Sugano
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine 93 (6) 1189 - 99 0021-5384 2004/06 [Refereed][Not invited]

Conference Activities & Talks

  • ESD technical tips & tricks  [Not invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    VAKALARLA KOLOREKTAL ENDOSKOPİK SUBMUKOZAL DİSEKSİYON (ESD) TOPLANTISI in Istanbul  2019/12
  • ESD technical tips & tricks  [Invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    IDEN 2019 Breakfast with Experts In Seoul  2019/06
  • How to do pocket-creation method of ESD  [Not invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    IDEN 2019 Jun 15, 2019  2019/06
  • POCKET CREATION AND TRACTION METHOD  [Invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    ASGE/JGES (Japanese Society of Gastrointestinal Endoscopy) International Symposium: Endoscopic Diagnosis and Treatment For Early Colorectal Neoplasia; Difference and Future Perspective in Japan and USA in DDW, San Diego  2019/05
  • New colonoscopy with LCI/BLI  [Not invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    Fujifilm hands-on training Course in Dubai Convention and Academy for Progress in Endoscopy (CAPE)  2019/04
  • ESD: Basic Techniques; Keep the muscle layer in your sight  [Invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    ASGE-JGES Masters Course in ESD W/optional POEM Add-on in Chicago  2018/09
  • ESD technical tips & tricks  [Invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    Advanced Endoscopy Masterclass London Dedicated ESD Course Lectures  2018/09
  • Case series ofImage-Enhanced Endoscopy  [Invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    Image-Enhanced Endoscopy Experience NBI, BLI/LCI in Seoul  2018/01
  • Diagnosis of colorectal cancer with LCI/BLI and Pocket-creation method of colorectal ESD  [Invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    暨 早诊早治 镜善镜美 蓝光行动 第二十一期 天津站  2017/08  Tianjin  Tianjin Medical University
  • Diagnosis of colorectal cancer with LCI/BLI and Pocket-creation method of colorectal ESD  [Invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    消化道早期肿瘤及内镜论坛  2017/08  Beijing  Peking University International Hospital
  • ASGE-JGES Masters Course in ESD W/optional POEM  [Invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    ASGE-JGES Masters Course in ESD W/optional POEM  2017/07  Chicago
  • レーザー大腸内視鏡による診断・治療の新しい世界 ~LCI/BLIとポケット法による大腸ESD~  [Not invited]
    林 芳和
    第五回神奈川レーザー内視鏡セミナー  2017/06
  • The widening spectrum of treatment options for colon polyps  [Invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    The 12th JGES-ESGE Joint Symposium  2017/05
  • ランチョンセミナー 安全・確実な大腸内視鏡診断を目指して ~大腸内視鏡診断から治療まで~  [Not invited]
    林 芳和
    消化器内視鏡学会 近畿支部例会  2016/11
  • 地域医療で役立つ大腸内視鏡観察・治療手技と ポケット法によるハイクオリティな大腸ESD ~最新のH. pylori除菌成績も含めて~  [Invited]
    林 芳和
    第7回 大岩藤フォーラム  2016/11
  • Usefulness of the pocket-creation methodof colorectal ESD  [Invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    内鏡(腔鏡)在消化丽水中日早癌论坛  2016/07  麗水
  • Diagnosis for colorectal carcinoma using Linked Color Imaging/Magnifying Blue Laser Imaging, and Pocket-creation method of colorectal ESD  [Invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    2016 消化内鏡瓯江论坛  2016/07  温州
  • Blue Laser Imaging による術前診断とPocket-creation method による大腸ESD  [Invited]
    林 芳和
    2016蘇浙沪消化器早期癌早期予防、診断、治療症例討論論文研究会  2016/04  上海長海病院
  • 放大内视镜・窄带光观察的术前诊断以及基于Pocket-creation method 的大肠ESD  [Invited]
    林 芳和
    丽水首届中日胃肠早癌诊治论坛  2015/11
  • 放大内视镜・窄带光观察的术前诊断以及 基于Pocket-creation method 的大肠ESD  [Invited]
    林 芳和
    第三届东吴消化及消化内镜高峰论坛  2015/11
  • STフードとFlushKnife BT-S で行う、Pocket-creation method (PCM)による安全・確実な大腸ESD  [Invited]
    林 芳和
    第23回 日本消化器関連学会週間  2015/10
  • Usefulness of the pocket-creation method of ESD for colorectal laterally spreading tumors  [Not invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    JDDW 2015 TOKYO  2015/10
  • A prototype holder adequately supports the overtube in balloon-assisted ESD  [Not invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    APDW2014 Bali  2014/11
  • ポケット法(Pocket-creation method: PCM)は,安全・確実で効率的な大腸ESDを可能にする  [Not invited]
    林 芳和
    第88回 消化器内視鏡学会 (JDDW 2014)  2014/10
  • 新しいESDストラテジー ポケット法 Pocket-creation method (PCM)  [Invited]
    林 芳和
    第5回 栃木ESDフォーラム  2014/09
  • Pocket-creation method (PCM) は剥離困難に陥らない大腸ESDを実現する  [Not invited]
    林 芳和
    第14回 内視鏡的粘膜切除術/内視鏡的粘膜下層剥離術研究会  2014/07
  • 新型オーバーチューブ固定具は バルーン内視鏡を用いた大腸ESDにおいて,助手をオーバーチューブ保持から解放する  [Not invited]
    林 芳和
    第87回 日本消化器内視鏡学会総会  2014/05
  • Colorectal endoscopic submucosal dissection for large tumors (> 5 cm in diameter) is as safe and reliable as for smaller tumors (2-5 cm in diameter)  [Not invited]
    Yoshikazu HAYASHI
    Gastro 2013 APDW/WCOG Shanghai  2013/09
  • 大腸ESD ポケット法の紹介  [Not invited]
    林 芳和
    第4回 栃木ESDフォーラム  2013/09
  • 大腸ESDは径5cm超の病変でも径2-5cmの病変と同等に安全かつ確実に施行可能であった  [Not invited]
    林 芳和
    第85回 日本消化器内視鏡学会総会  2013/05

MISC

  • 巨大な直腸腺腫を内視鏡的完全切除することで改善した低アルブミン血症の一例
    田中 朗嗣, 岩下 ちひろ, 林 芳和, 上野 航, 冨樫 茉実, 矢野 慶太郎, 井野 裕治, 渡邊 俊司, 竹澤 敬人, 森川 昇玲, 岡田 昌浩, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集  364回-  22  -22  2021/04
  • 動画で見せる達人の技:内視鏡治療関連 Pocket-Creation Method with single clip tractionを用いた大腸ESD
    野村 達磨, 林 芳和, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  62-  (Suppl.2)  2004  -2004  2020/10
  • 動画で見せる達人の技:内視鏡治療関連 Pocket-Creation Method with single clip tractionを用いた大腸ESD
    野村 達磨, 林 芳和, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  62-  (Suppl.2)  2004  -2004  2020/10
  • 大腸憩室出血の診断と治療 当院における大腸憩室出血に対する外科的治療の現状
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 太田 学, 直井 大志, 佐田友 藍, 本間 祐子, 太白 健一, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 味村 俊樹, 佐田 尚宏, 森川 昇玲, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  日本大腸肛門病学会雑誌  73-  (9)  A75  -A75  2020/09
  • 大腸ESDの最新の工夫 吻合線上の大腸腫瘍に対するESD戦略
    根本 大樹, 林 芳和, 愛澤 正人, 歌野 健一, 五十畑 則之, 遠藤 俊吾, 山本 博徳, 冨樫 一智  日本大腸肛門病学会雑誌  73-  (9)  A90  -A90  2020/09
  • 林 芳和, 野村 達磨, 相良 裕一, 福田 久, 岡田 昌浩, 竹澤 敬人, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 佐田友 藍, 鯉沼 広治  消化器内視鏡  32-  (9)  1351  -1356  2020/09
  • Daiki Nemoto, Takahito Takezawa, Yoshikazu Hayashi  Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society  32-  (6)  e128-e129  -165  2020/09  [Refereed][Not invited]
     
    十二指腸ESDでは術中穿孔と遅発穿孔の両方のケアが重要になる。Pocket-creation methodは小粘膜切開により病変直下に潜り込み、先に病変直下を完全に剥離する治療戦略である。小切開ゆえに内視鏡の安定性が得られ、細かな内視鏡操作が可能となる。筋層へのダメージを回避するだけでなく、意図的に粘膜下層組織を筋層上に残すような剥離を行えることが遅発穿孔予防にもつながると考える。しかしその困難性は他のESDより群を抜いており、適切な症例選択も重要となる。術前から外科医との連携を行い、偶発症に対する十分な経験・知識・準備も求められる。(著者抄録)
  • 矢野 智則, 坂本 博次, 永山 学, 宮原 晶子, 小黒 邦彦, 北村 昌史, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Intestine  24-  (3)  208  -212  2020/08  
    <文献概要>キャストフードは,狭窄の内径を計測可能とする目盛りが側面に刻まれた先端細径フードである.これを使用することで,無送気でも視野確保が容易で,適切なサイズの拡張用バルーンを選択でき,ガイドワイヤの挿入も容易となり,バルーン拡張後のスコープ通過も容易となる.無送気での腸間膜付着側の病変観察も,透明なフード側面を透して容易に可能であり,有用である.
  • 林 芳和, 野村 達磨, 岡田 昌浩, 竹澤 敬人, 山本 博徳  消化器内視鏡  32-  (6)  801  -804  2020/06
  • 林 芳和, 野村 達磨, 竹澤 敬人, 岡田 昌浩, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  97-  (Suppl.)  s101  -s101  2020/05
  • 林 芳和  臨床消化器内科  35-  (3)  235  -239  2020/02  
    <文献概要>大腸ESDの難度は未だ低いとはいえない.なかでも,内視鏡到達不可能や内視鏡操作性不良の病変はESD困難例といえる.また,0-Is病変や手術吻合部の病変も,それらの粘膜下層の高度線維化のためESD困難例といえよう.とはいえ,前者の内視鏡到達不可能・内視鏡操作性不良病変はダブルバルーン内視鏡を用いれば通常の大腸ESD同様に実施可能である.また,粘膜下層の高度線維化病変はポケット法(pocket-creation method)により,その多くにおいて安全・確実にESDを実施できる.さらに近年では,さまざまなESD法の工夫やトラクションデバイスの併用により,ESD困難例にもアプローチしやすくなってきた.
  • 野村 達磨, 杉本 真也, 大山田 純, 亀井 昭, 林 芳和, 山本 博徳  臨床消化器内科  35-  (3)  303  -308  2020/02  
    <文献概要>早期大腸腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は本邦では確立されている.ESD後粘膜欠損を閉鎖すると,術後の穿孔・出血やpost-ESD coagulation syndrome(PECS)などの偶発症が軽減する可能性があるとされている.現在,粘膜欠損に対する一般的な縫縮方法としてクリップ装置による単純閉鎖が広く行われているが,ESDのような大きな粘膜欠損に対する処置成功率は低く,また創閉鎖を行わない施設も多い.創閉鎖のためにさまざまなデバイスが開発されているが,広く普及している方法は未だない.われわれは通常のクリップを用いて大きな粘膜欠損を縫縮するClip on clip closure method(CCCM)を開発し,報告してきた.この章では,CCCMの具体的な方法について症例を用いて紹介する.
  • 相良 裕一, 林 芳和, 竹澤 敬人, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  96-  (Suppl.)  s102  -s102  2019/12
  • 胸腺腫を合併した自己免疫性腸炎による難治性下痢症が疑われた1例
    澁谷 優子, 小林 泰俊, 坂本 博次, 大森 彩子, 高橋 治夫, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集  357回-  45  -45  2019/12
  • 大腸T1(SM)癌の内視鏡診断と治療の今後の課題 白色光非拡大内視鏡画像による大腸pT1b癌のAI診断
    冨樫 一智, 根本 大樹, 林 芳和  Gastroenterological Endoscopy  61-  (Suppl.2)  2011  -2011  2019/10
  • 竹澤 敬人, 林 芳和, 相良 裕一, 岡田 昌浩, 福田 久, 宇賀神 ららと, 坂本 博次, リー・ラルフ, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器内視鏡  31-  (10)  1518  -1522  2019/10  [Not refereed][Not invited]
  • 白色光非拡大内視鏡画像による大腸pT1b癌のAI診断 研修医・専攻医・熟練医との比較検討
    三宅 真里世, 根本 大樹, 佐藤 雄翔, 勝木 伸一, 林 芳和, 相良 裕一, 愛澤 正人, 山本 博徳, 冨樫 一智  日本大腸肛門病学会雑誌  72-  (9)  A257  -A257  2019/09
  • 三浦 義正, 竹澤 敬人, 坂本 博次, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器内視鏡  31-  (7)  1061  -1063  2019/07  [Not refereed][Not invited]
  • 篠崎 聡, 小林 泰俊, 林 芳和, 坂本 博次, アラン瓦井 レフォー, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  61-  (6)  1272  -1281  2019/06  [Not refereed][Not invited]
     
    【背景と目的】大腸ポリープに対する内視鏡的切除において、熱凝固を加えないでスネアで切除するコールドスネアポリペクトミー(CSP)と熱凝固を加えながらスネアで切除するホットスネアポリペクトミー(HSP)の比較研究がなされてきた。CSPとHSPの有効性と安全性をシステマティックレビューとメタ解析を用いて評価した。【方法】大腸ポリペクトミーに関してCSPとHSPを比較したランダム化比較研究(RCT)のみを解析の対象とした。評価項目は、完全切除率、ポリープ回収率、遅発性出血率、穿孔率および所要時間である。Mantel-Haenszel random effect modelを用いてpooled risk ratio(RR)と95%信頼区間(CI)を算出した。【結果】8つのRCT(症例数1,665名、切除ポリープ3,195個)に対しメタ解析を行った。完全切除率において、CSPとHSPは同程度であった(RR1.02、95% CI 0.98-1.07、p=0.31)。ポリープ回収率もCSPとHSPは同程度であった(RR1.00、95% CI 1.00-1.01、p=0.60)。遅発性出血率は、統計学的有意差を認めなかったもののHSPのほうがCSPより多い傾向にあった(症例単位:RR7.53、95% CI 0.94-60.24、p=0.06、ポリープ単位:RR7.35、95% CI 0.91-59.33、p=0.06)。すべてのRCTで穿孔は報告されなかった。大腸内視鏡時間はHSPでCSPより有意に長かった(平均差7.13分、95% CI 5.32-8.94、p<0.001)。ポリペクトミー時間もHSPでCSPより有意に長かった(平均差30.92秒、95% CI 9.15-52.68、p=0.005)。【結論】今回のメタ解析ではHSPと比較してCSPで所要時間が有意に短かった。また、遅発性出血率もHSPと比べてCSPで低い傾向にあった。したがって、小さな大腸ポリープに対するポリペクトミーにおいてCSPを標準的治療として推奨する。(著者抄録)
  • 人工知能による大腸T1b癌の通常非拡大内視鏡診断の試み
    中島 勇貴, 根本 大樹, 歌野 健一, 林 芳和, 竹澤 敬人, 相良 裕一, 愛澤 正人, 澁川 悟朗, 山本 博徳, 冨樫 一智  Gastroenterological Endoscopy  61-  (Suppl.1)  883  -883  2019/05  [Not refereed][Not invited]
  • Linked color imaging(LCI)/Blue light imaging(BLI)で範囲/質的診断、Pocket-creation method(PCM)によるESDで一括切除しえたColitis-associated-cancer(CAC)の1例
    如水 慶嗣, 小林 泰俊, 林 芳和, 所 晋之助, 相良 裕一, 平岡 友二, 岩下 ちひろ, 角田 真人, 篠崎 聡, 竹澤 敬人, 坂本 博次, 岡田 昌浩, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集  354回-  31  -31  2019/04  [Not refereed][Not invited]
  • cutting-edge medicine 内視鏡検査とAI AIによる近未来の内視鏡医療
    林 芳和  Precision Medicine  2-  (3)  203  -204  2019/03  [Not refereed][Not invited]
  • 宮原 晶子, 坂本 博次, 井野 裕治, 林 芳和, 矢野 智則, 宇賀神 ららと, 永山 学, 竹澤 敬人, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  自治医科大学紀要  41-  47  -51  2019/03  [Not refereed][Not invited]
     
    症例は65歳女性。30歳頃から鼻出血を繰り返し、近医にて鉄欠乏性貧血に対して鉄剤投与されていた。貧血が悪化したため当科入院となった。小腸カプセル内視鏡にて空腸粘膜に矢野・山本分類type 1b相当のangioectasiaが多発し、血性腸液を認めた。手指に毛細血管拡張病変も認め、遺伝性出血性末梢血管拡張症と診断した。経口ダブルバルーン内視鏡下にangioectasiaに対するアルゴンプラズマ凝固術を施行したところ、貧血の改善を認めた。その後、6ヵ月から1年程度の間隔でカプセル内視鏡を施行している。Angioectasiaの数が明らかに増加し、貧血の進行を伴う際には、カプセル内視鏡で確認されたangioectasiaが多発している領域に集中して内視鏡的治療を行っている。遺伝性出血性末梢血管拡張症では内視鏡的治療を行った後もangioectasiaが再発するが、病変数と分布を把握するためのサーベイランスとしてカプセル内視鏡検査を行うことで、より侵襲の高い内視鏡的治療を行う回数と処置時間を低減できる可能性が示唆される。(著者抄録)
  • 手技の解説 Pocket-creation methodによるESD
    林 芳和, 砂田 圭二郎, 三浦 義正, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  61-  (2)  178  -185  2019/02  [Not refereed][Not invited]
     
    Pocket-creation method(PCM)は、最初はESD難症例である大腸のIs腫瘍を克服するためにtunneling methodから進化した。PCMは以下の多くの利点を有している。1)小さな粘膜切開のため、局注液の漏出が少なく、粘膜の膨隆を長時間維持できる。2)ポケット内では、剥離先進部の粘膜下層組織にフード先端で牽引・反対牽引をかけることができ、粘膜下層剥離が容易になる。3)内視鏡画面内に筋層走行を視認できるので、安全に筋層直上での粘膜下層剥離が可能となり、十分な厚さの粘膜下層がついた組織標本を得ることができる。4)筋層が内視鏡に対して垂直方向に存在していても、ポケット内に入った内視鏡でそのアプローチアングルを接線方向に調整することができる。5)ポケットの中では呼吸変動や心拍動と内視鏡先端が同期し安定した操作性を維持できる。さらにPCMはその作法通りに行えば、難局に捕らわれることなくESDを遂行できることにも気づいた。そのような理由よりPCMはESDを行おうとする多くの内視鏡医に習得していただきたい標準法に値するとわれわれは考えている。(著者抄録)
  • 【EUSによる消化管疾患の診断-現状と最新の話題】小腸腫瘍・十二指腸腫瘍のEUS診断
    三浦 義正, 矢野 智則, 坂口 美織, 井野 裕治, 角田 真人, Khurelbaatar Tsevelnorov, 小林 泰俊, 坂本 博次, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 福嶋 敬宜, 山本 博徳  胃と腸  53-  (13)  1747  -1755  2018/12  [Not refereed][Not invited]
     
    <文献概要>小腸腫瘍の治療前評価における超音波内視鏡(EUS)の役割は,質的診断と腫瘍深度診断であり,内視鏡治療に直結するため重要である.しかし,小腸腫瘍は上皮性腫瘍,非上皮性腫瘍共に発見時に内視鏡治療になる可能性は低いため,臨床でのEUSの使用は限られる.一方,Helicobacter pylori陰性者が増加する中で,十二指腸腫瘍を発見・治療する機会が増えている.特に表在性非乳頭部十二指腸上皮性腫瘍(SNADET)の治療においては,腫瘍のサイズ,形態,リスク・ベネフィットを考慮して治療法を選択するが,EUSは手技の安全性を確保する上で重要である.本稿では,小腸腫瘍に対する診断・治療について,実臨床で比較的遭遇する疾患を中心に解説する.
  • 安全な切除法-CSPからESDまで- Pocket-creation method(PCM)はEMR後の局所再発病変に対するESDを容易にする
    相良 裕一, 林 芳和, 竹澤 敬人, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  94-  (Suppl.)  s92  -s92  2018/12  [Not refereed][Not invited]
  • 岡田 昌浩, 林 芳和, 坂本 博次, 竹澤 敬人, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  94-  (Suppl.)  s137  -s137  2018/12  [Not refereed][Not invited]
  • 【大腸内視鏡の話題-機器と挿入法】挿入補助具 バルーン内視鏡 b.ダブルバルーン
    砂田 圭二郎, 篠崎 聡, 竹澤 敬人, 小林 泰俊, 坂本 博次, 林 芳和, 矢野 智則, 山本 博徳  Intestine  22-  (6)  570  -575  2018/11  [Not refereed][Not invited]
     
    <文献概要>ポイント □ダブルバルーン内視鏡(DBE)は,スコープ先端とオーバーチューブ先端のバルーンを専用のバルーンコントローラーで拡張・収縮を繰り返しながらスコープを進めていく.スコープの先端にもバルーンが付いているので挿入効率がよい.□DBEは,非熟練者においても確実な盲腸挿入を果たすことができる.□DBEは,癒着などが原因で挿入困難な症例に対して挿入を容易にするだけでなく,苦痛の少ない検査を実現することができる.
  • 腸管スピロヘータ症に治療は必要か?
    大和田 潤, 竹澤 敬人, 宮原 晶子, 平岡 友二, 福田 久, 岡田 昌浩, 井野 裕治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  日本消化器病学会雑誌  115-  (臨増大会)  A727  -A727  2018/10  [Not refereed][Not invited]
  • 【ここまできた胃・十二指腸ESD-現状と今後の展望】 非乳頭部十二指腸上皮性腫瘍に対する低侵襲治療 十二指腸ESDを安全に行うための手技の工夫
    三浦 義正, 井野 裕治, 岩下 ちひろ, 岡田 昌浩, 福田 久, 高橋 治夫, 篠崎 聡, 坂本 博次, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器内視鏡  30-  (4)  502  -508  2018/04  [Not refereed][Not invited]
     
    十二指腸内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は術中穿孔のみならず、術後の遅発窩孔へのケアを行う必要がある。筆者らの考案したpocket-creation methodは、この十二指腸ESDの困難性を克服するのに非常に理にかなった方法である。その最大の利点は安定性であり、細かな内視鏡操作、ナイフ操作により筋層へのダメージを極力回避するだけでなく、剥離深度の調整により意図的に粘膜下層組織を筋層上に残すことで遅発穿孔予防も行えると考えている。Pocket-creation methodの導入で、筆者らは術中穿孔率が有意に減少したことを報告した。しかしながら、その難しさはほかの消化管のESDより群を抜いており、リスク・ベネフィットを考慮した適切な症例選択も重要となる。また、外科のバックアップはいうまでもないが、偶発症に対する十分な経験・知識・準備のある内視鏡医が施行すべきで、安易に行うべきではないことは肝に銘じておくべきである。(著者抄録)
  • SNADETに対するUnderwater polypectomy/EMRの治療成績
    三浦 義正, 井野 裕治, 岩下 ちひろ, 岡田 昌浩, 坂本 博次, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  60-  (Suppl.1)  863  -863  2018/04  [Not refereed][Not invited]
  • SNADETに対するUnderwater polypectomy/EMRの治療成績
    三浦 義正, 井野 裕治, 岩下 ちひろ, 岡田 昌浩, 坂本 博次, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  60-  (Suppl.1)  863  -863  2018/04  [Not refereed][Not invited]
  • 【ここまできた胃・十二指腸ESD-現状と今後の展望】 非乳頭部十二指腸上皮性腫瘍に対する低侵襲治療 十二指腸ESDを安全に行うための手技の工夫
    三浦 義正, 井野 裕治, 岩下 ちひろ, 岡田 昌浩, 福田 久, 高橋 治夫, 篠崎 聡, 坂本 博次, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器内視鏡  30-  (4)  502  -508  2018/04  [Not refereed][Not invited]
     
    十二指腸内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は術中穿孔のみならず、術後の遅発窩孔へのケアを行う必要がある。筆者らの考案したpocket-creation methodは、この十二指腸ESDの困難性を克服するのに非常に理にかなった方法である。その最大の利点は安定性であり、細かな内視鏡操作、ナイフ操作により筋層へのダメージを極力回避するだけでなく、剥離深度の調整により意図的に粘膜下層組織を筋層上に残すことで遅発穿孔予防も行えると考えている。Pocket-creation methodの導入で、筆者らは術中穿孔率が有意に減少したことを報告した。しかしながら、その難しさはほかの消化管のESDより群を抜いており、リスク・ベネフィットを考慮した適切な症例選択も重要となる。また、外科のバックアップはいうまでもないが、偶発症に対する十分な経験・知識・準備のある内視鏡医が施行すべきで、安易に行うべきではないことは肝に銘じておくべきである。(著者抄録)
  • 【大腸内視鏡挿入法を極める-機器の進化と手技の進歩】 大腸内視鏡挿入の基本テクニック
    山本 博徳, 林 芳和, 岡田 昌浩, 福田 久, 竹澤 敬人, 宮原 晶子, 五家 里栄, 橋元 幸星, 三橋 乃梨子  消化器内視鏡  30-  (3)  293  -300  2018/03  [Not refereed][Not invited]
     
    大腸内視鏡挿入の基本テクニックを理解するためには単純化して考えることが重要である。物理的に内視鏡先端の動きが深部に進んでいくように操作をすればよく、その基本テクニックは、(1)内視鏡シャフトの操作を直線的に先端に伝える、(2)内視鏡シャフトのたわみが戻る性質をうまく利用して先端を進める、(3)内視鏡シャフトがカーブを描いた状態で、そのカーブに沿って力が伝わり内視鏡が進む、の3つのパターンに単純化することができる。また、初心者が意識するべき重要事項として「オリエンテーション」、「距離感」、「操作性」の3つがあげられる。操作性を保った苦痛を与えない挿入法として軸保持短縮法が基本ではあるが、ループを形成するときこそ愛護的な挿入を心がけ、無理のないループを効率よく活用することが重要である。最近の機器の進化に伴い、解剖学的に自然な形状をできるだけ崩さず利用するような無理のない挿入法が主体となってきている。(著者抄録)
  • 大腸ESDのこれまでとこれから Balloon-assisted ESDの右側結腸内視鏡困難症例に対する有用性についての検討
    山階 武, 林 芳和, 坂本 博次, 三浦 義正, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  日本消化管学会雑誌  2-  (Suppl.)  123  -123  2018/02  [Not refereed][Not invited]
  • 家族性大腸腺腫症の空腸腺腫に対してバルーン内視鏡とPocket-creation methodを併用しESDを施行し得た1例
    飯田 瑞穂, 坂本 博次, 三浦 義正, 矢野 智則, 平岡 友二, 福田 久, 岡田 昌浩, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 小林 泰俊, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  日本消化管学会雑誌  2-  (Suppl.)  328  -328  2018/02  [Not refereed][Not invited]
  • 大腸ESDのこれまでとこれから Balloon-assisted ESDの右側結腸内視鏡困難症例に対する有用性についての検討
    山階 武, 林 芳和, 坂本 博次, 三浦 義正, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  日本消化管学会雑誌  2-  (Suppl.)  123  -123  2018/02  [Not refereed][Not invited]
  • 家族性大腸腺腫症の空腸腺腫に対してバルーン内視鏡とPocket-creation methodを併用しESDを施行し得た1例
    飯田 瑞穂, 坂本 博次, 三浦 義正, 矢野 智則, 平岡 友二, 福田 久, 岡田 昌浩, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 小林 泰俊, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  日本消化管学会雑誌  2-  (Suppl.)  328  -328  2018/02  [Not refereed][Not invited]
  • 悪性リンパ腫に関連した小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術は有用である
    馬込 省吾, 坂本 博次, 矢野 智則, 岡田 昌浩, 福田 久, 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 三浦 義正, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.2)  2161  -2161  2017/09  [Not refereed][Not invited]
  • 右側結腸における内視鏡困難症例に対するバルーン内視鏡使用下ESDについての検討
    山階 武, 林 芳和, 坂本 博次, 三浦 義正, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.2)  2206  -2206  2017/09  [Not refereed][Not invited]
  • 悪性リンパ腫に関連した小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術は有用である
    馬込 省吾, 坂本 博次, 矢野 智則, 岡田 昌浩, 福田 久, 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 三浦 義正, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.2)  2161  -2161  2017/09  [Not refereed][Not invited]
  • 右側結腸における内視鏡困難症例に対するバルーン内視鏡使用下ESDについての検討
    山階 武, 林 芳和, 坂本 博次, 三浦 義正, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.2)  2206  -2206  2017/09  [Not refereed][Not invited]
  • 大腸T1b癌におけるBLI拡大内視鏡観察の意義 他施設の内視鏡専門医による読影試験
    根本 大樹, 樫田 博史, 愛澤 正人, 歌野 健一, 高柳 大輔, 五十畑 則之, 隈元 謙介, 遠藤 俊吾, 林 芳和, 山本 博徳, 冨樫 一智  日本大腸肛門病学会雑誌  70-  (8)  566  -566  2017/08  [Not refereed][Not invited]
  • S状結腸に滞留したPress through pack(PTP)シートをダブルバルーン内視鏡(DBE)内に引き込んで安全に回収しえた一例
    小林 泰俊, 矢野 智則, 坂本 博次, 長井 洋樹, 馬込 省吾, 岡田 昌浩, 福田 久, 高橋 治夫, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 三浦 義正, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  91-  (Suppl.)  s118  -s118  2017/06  [Not refereed][Not invited]
  • Hiroshi Ishihara, Kazutomo Togashi, Hiroaki Ikematsu, Taku Sakamoto, Naohisa Yoshida, Takashi Hisabe, Shinsuke Kiriyama, Koji Matsuda, Yoshikazu Hayashi, Takahisa Matsuda, Shozo Osera, Kenichi Utano, Yuji Naito, Masayuki Kato, Hideki Ishikawa, Ken-ichi Yoshimura, Hironori Yamamoto, Yutaka Saito  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  85-  (5)  AB360  -AB360  2017/05  [Not refereed][Not invited]
  • Daiki Nemoto, Hiroshi Kashida, David G. Hewett, Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Kazutomo Togashi  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  85-  (5)  AB390  -AB390  2017/05  [Not refereed][Not invited]
  • 【直腸早期癌-治療の新たな展開】 内視鏡治療 ポケット法(Pocket-creation method;PCM)を用いた直腸ESD
    林 芳和, 山本 博徳  Intestine  21-  (3)  211  -218  2017/05  [Not refereed][Not invited]
     
    直腸ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)は手技的に比較的容易といわれているが,肛門管に近接する腫瘍では慎重を要する.とくに粘膜下層軽度浸潤癌がそこに存在する場合,そのESDの果たす役割は非常に大きくなる.なぜならESDにより治癒的に切除できれば,追加手術に伴う永久人工肛門を回避できるからである.しかし,その追加切除の要否を正確に判断するためにはハイクオリティな病理標本が必要である.そのためにはポケット法(Pocket-creation method;PCM)を用いたESDがもっとも良い.(著者抄録)
  • Hironori Yamamoto, Yoshimasa Miura, Satoshi Shinozaki, Yoshikazu Hayashi, Hirotsugu Sakamoto, Alan Kawarai Lefor  ENDOSCOPY  49-  (4)  401  -401  2017/04  [Not refereed][Not invited]
  • 十二指腸非乳頭部腫瘍の内視鏡診断と治療 術中穿孔のみならず遅発穿孔対策が重要になる十二指腸ESDにおいてはPocket-creation methodが有用である
    三浦 義正, 林 芳和, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.1)  888  -888  2017/04  [Not refereed][Not invited]
  • STフードを用いたESDポケット法によるトラクション・カウンタートラクション
    高橋 治夫, 林 芳和, 坂本 博次  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.1)  946  -946  2017/04  [Not refereed][Not invited]
  • 大腸ESDにおいて剥離速度の遅延を来たした症例の予測因子の検討
    山階 武, 林 芳和, 坂本 博次, 三浦 義正, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.1)  946  -946  2017/04  [Not refereed][Not invited]
  • 非乳頭部十二指腸腫瘍に対する内視鏡治療の変遷と現状 Pocket-creation methodを用いたESD
    三浦 義正, 井野 裕治, 岩下 ちひろ, 岡田 昌浩, 福田 久, 高橋 治夫, 坂本 博次, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.1)  1171  -1171  2017/04  [Not refereed][Not invited]
  • 十二指腸非乳頭部腫瘍の内視鏡診断と治療 術中穿孔のみならず遅発穿孔対策が重要になる十二指腸ESDにおいてはPocket-creation methodが有用である
    三浦 義正, 林 芳和, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.1)  888  -888  2017/04  [Not refereed][Not invited]
  • STフードを用いたESDポケット法によるトラクション・カウンタートラクション
    高橋 治夫, 林 芳和, 坂本 博次  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.1)  946  -946  2017/04  [Not refereed][Not invited]
  • 大腸ESDにおいて剥離速度の遅延を来たした症例の予測因子の検討
    山階 武, 林 芳和, 坂本 博次, 三浦 義正, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.1)  946  -946  2017/04  [Not refereed][Not invited]
  • 非乳頭部十二指腸腫瘍に対する内視鏡治療の変遷と現状 Pocket-creation methodを用いたESD
    三浦 義正, 井野 裕治, 岩下 ちひろ, 岡田 昌浩, 福田 久, 高橋 治夫, 坂本 博次, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  59-  (Suppl.1)  1171  -1171  2017/04  [Not refereed][Not invited]
  • 林 芳和, 山本 博徳  臨床消化器内科  32-  (4)  443  -449  2017/03  [Not refereed][Not invited]
     
    ポケット法は安全・確実な大腸ESDを可能にする.その利点をとくに二つあげるとすれば,一つめは,先端細径フードで粘膜下層に潜り込むシンプルな操作で,剥離すべき粘膜下層組織に牽引・反対牽引をかけることができ,効率的なESDを可能にすること.二つめは,ポケット内では筋層・粘膜下層を目視しながら,筋層直上のラインで粘膜下層を剥離することができるので,厚い粘膜下層のついた良質な病理標本を得ることができることである.このような,筋層・粘膜下層を目視しながらの剥離はESDの安全性にも大きく貢献する.これらのほかにも内視鏡操作性の安定化など,ポケット法は多くの利点を有しており,大腸ESDの標準的な手法としてぜひ習得していただきたい.(著者抄録)
  • Advanced Diagnostic Endoscopy(ADE) 最新の知見 大腸T1b癌の内視鏡診断におけるBLI拡大観察の意義 読影試験による検討
    冨樫 一智, 根本 大樹, 林 芳和  日本消化器病学会雑誌  114-  (臨増総会)  A166  -A166  2017/03  [Not refereed][Not invited]
  • 【粘膜、粘膜下層、さらに筋層の時代へ〜Minimally Invasive Treatmentの新たな潮流〜】 粘膜に対するアプローチ 新たなESD手技 Pocket-creation method(PCM)
    林 芳和, 山本 博徳  消化器内視鏡  29-  (2)  216  -223  2017/02  [Not refereed][Not invited]
     
    Pocket-creation method(PCM)は、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)難症例である高度線維化を伴う無茎性(Is)病変に対して確実にESDを行うための試行錯誤のなかから確立した。PCMは以下の多くの利点を有している。(1)局注液の漏出が少なく、粘膜の膨隆を長時間維持できる、(2)剥離先進部の粘膜下層組織にフード先端で牽引・反対牽引をかけることができる、(3)筋層を視認できるので、安全に筋層直上での粘膜下層剥離が可能となり、良質な組織標本を得ることができる、(4)筋層が内視鏡に対して垂直方向に存在していても、接線方向に調整することができる、(5)呼吸変動や心拍動と内視鏡先端が同期し、安定した操作性を維持できる。これらの利点より、PCMは難症例のみならず、通常の側方発育型腫瘍(LST)や胃病変、時に十二指腸病変に対しても安全・確実なESDを実現する。ESDの標準的ストラテジーとして、PCMをぜひ習得していただきたい。(著者抄録)
  • 山階武, 山階武, 林芳和, 坂本博次, 三浦義正, 砂田圭二郎, 山本博徳  Gastroenterological Endoscopy (Web)  59-  (Supplement1)  2017
  • Yoshie Kondo, Satoshi Shinozaki, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto, Hiroyuki Osawa  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  31-  118  -118  2016/11  [Not refereed][Not invited]
  • Hiroaki Nomoto, Satoshi Sinozaki, Yoshie Kondo, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Alan Kawarai Lefor, Hiroyuki Osawa  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  31-  65  -65  2016/11  [Not refereed][Not invited]
  • Yosimasa Miura, Satoshi Shinozaki, Yoshikazu Hayashi, Hirotsugu Sakamoto, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  31-  290  -290  2016/11  [Not refereed][Not invited]
  • 【内視鏡切除を極める-基本から覚悟を要する手技まで】 [中級編] 1cm以上の大腸・小腸病変に対するスネアポリペクトミー
    林 芳和, 岡田 昌浩, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器内視鏡  28-  (7)  995  -1003  2016/07  [Not refereed][Not invited]
     
    スネアポリペクトミーは基本的に有茎あるいは亜有茎性の隆起型病変に行う。特に大きなポリープにおいては、ポリープの茎部や基部を確認しながら適切な位置をスネアリングし、断端陰性に一括切除すべきである。また、安全なスネアポリペクトミーのためには、「穿孔」と「出血」の2つに注意しなければならない。そのためには、高周波電流の性質の理解や、出血への対策が必要である。特に小腸は腸壁が薄いので慎重を要する。(著者抄録)
  • 保存的加療を行った非閉塞性腸管虚血症に対しカプセル内視鏡検査を行い小腸虚血後の変化を観察できた一例
    山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  89-  (Suppl.)  s123  -s123  2016/06  [Not refereed][Not invited]
  • 安全で確実なESDを目指して 動画で見るESD手技・デバイス・トレーニング・トラブルシューティングの工夫 二人法とポケット法(PCM)で始める安全・確実な大腸ESDトレーニング
    岡田 昌浩, 高橋 治夫, 林 芳和, 三浦 義正, 砂田 圭二郎  Progress of Digestive Endoscopy  89-  (Suppl.)  s71  -s71  2016/06  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸・大腸非腫瘍疾患における内視鏡の活用 炎症性腸疾患診療における新型ダブルバルーン内視鏡とWater-aided法、キャストフードの有用性
    小柳 亮太, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  89-  (Suppl.)  s90  -s90  2016/06  [Not refereed][Not invited]
  • 保存的加療を行った非閉塞性腸管虚血症に対しカプセル内視鏡検査を行い小腸虚血後の変化を観察できた一例
    山口 将太, 坂本 博次, 宮原 晶子, 林 芳和, 永山 学, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  89-  (Suppl.)  s123  -s123  2016/06  [Not refereed][Not invited]
  • Manabu Nagayama, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Chihiro Iwashita, Hisashi Fukuda, Masahiro Okada, Yuji Ino, Takahito Takezawa, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Keijiro Sunada, Alan K. Lefor, Hironori Yamamoto  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  83-  (5)  AB500  -AB500  2016/05  [Not refereed][Not invited]
  • Taku Sakamoto, Hiroaki Ikematsu, Takahisa Matsuda, Shozo Osera, Kazutomo Togashi, Naohisa Yoshida, Takashi Hisabe, Shinsuke Kiriyama, Koji Matsuda, Yoshikazu Hayashi, Kazuhiro Kaneko, Kenichi Utano, Yuji Naito, Hiroshi Ishihara, Masayuki Kato, Ken-ichi Yoshimura, Hideki Ishikawa, Hironori Yamamoto, Yutaka Saito  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  83-  (5)  AB190  -AB190  2016/05  [Not refereed][Not invited]
  • Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Yoshimasa Miura, Haruo Takahashi, Hisashi Fukuda, Masahiro Okada, Chihiro Iwashita, Manabu Nagayama, Takahito Takezawa, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Alan K. Lefor, Hironori Yamamoto  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  83-  (5)  AB374  -AB375  2016/05  [Not refereed][Not invited]
  • Satoshi Shinozaki, Yoshikazu Hayashi, Alan Kawarai Lefor, Hironori Yamamoto  DIGESTIVE ENDOSCOPY  28-  (4)  510  -510  2016/05  [Not refereed][Not invited]
  • Kazutomo Togashi, Daiki Nemoto, Noriyuki Isohata, Kenichi Utano, Kensuke Kumamoto, Shungo Endo, Yoshikazu Hayashi, Alan K. Lefor, Hironori Yamamoto  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  83-  (5)  AB486  -AB486  2016/05  [Not refereed][Not invited]
  • 大腸LSTの内視鏡治療 進歩と限界 大腸LST-NGのESDにおけるポケット法の有用性
    坂本 博次, 林 芳和, 三浦 義正  Gastroenterological Endoscopy  58-  (Suppl.1)  484  -484  2016/04  [Not refereed][Not invited]
  • 【大腸内視鏡挿入法-永遠のテーマ】 ダブルバルーン内視鏡を用いた大腸内視鏡挿入法
    高橋 治夫, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 坂本 博次, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器内視鏡  28-  (4)  632  -638  2016/04  [Not refereed][Not invited]
     
    近年、大腸内視鏡による大腸癌スクリーニングの重要性が増すなか、挿入困難例の対応について問題となることも多い。ダブルバルーン大腸内視鏡(DBC)は腹部手術・放射線治療・過去の炎症などによって生じた癒着のため、または腸管過伸展となるために挿入困難となっている症例に対して有効であることが多く、当科ではそのような症例に対しては、基本的にDBCでの挿入を行っている。オーバーチューブの働きによりループの進展を防ぎ、スコープ先端に力が加わりやすくなるために、挿入がスムーズになる。ループが解除できなくても、無理にループや屈曲を解除せずに挿入を進めることがコツである。DBCは比較的経験の浅い内視鏡医でも、一定の研修を行えば習得することが可能であり、安全性も高い。小腸の観察・治療のみならず、大腸内視鏡においてもダブルバルーン内視鏡が活躍する場面がさらに増えてくるものと思われる。(著者抄録)
  • 大腸LSTの内視鏡治療 進歩と限界 大腸LST-NGのESDにおけるポケット法の有用性
    坂本 博次, 林 芳和, 三浦 義正  Gastroenterological Endoscopy  58-  (Suppl.1)  484  -484  2016/04  [Not refereed][Not invited]
  • 進歩し続ける小腸内視鏡モダリティ 腸管狭窄を伴うクローン病の内視鏡検査におけるCAST hoodとwater exchange法の有用性
    永山 学, 矢野 智則, 林 芳和  日本消化器病学会雑誌  113-  (臨増総会)  A57  -A57  2016/03  [Not refereed][Not invited]
  • Kunihiko Oguro, Yoshimasa Miura, Yuji Ino, Chihiro Iwashita, Masahiro Okada, Hisashi Fukuda, Haruo Takahashi, Manabu Nagayama, Takahitotakezawa, Hirotsugu Sakamoto, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Hiroyuki Osawa, Alan K. Lefor, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  30-  290  -290  2015/12  [Not refereed][Not invited]
  • Hisashi Fukuda, Yoshikazu Hayashi, Masahiro Okada, Chihiro Iwashita, Haruo Takahashi, Manabu Nagayama, Takahito Takezawa, Yuji Ino, Yoshimasamiura, Hirotsugu Sakamoto, Hiroyukisato, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Hiroyuki Osawa, Alan K. Lefor, Hironoriyamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  30-  175  -175  2015/12  [Not refereed][Not invited]
  • Kohei Ono, Yoshikazu Hayashi, Daiki Nemoto, Manabu Nagayama, Alan Lefor, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  30-  180  -180  2015/12  [Not refereed][Not invited]
  • Rarato Ugajin, Hirotsugu Sakamoto, Tomonori Yano, Yuji Ino, Yoshikazu Hayashi, Chihiro Iwashita, Masahiro Okada, Hisashi Fukuda, Manabu Nagayama, Takahito Takezawa, Hiroyuki Sato, Keijiro Sunada, Alan K. Lefor, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  30-  219  -220  2015/12  [Not refereed][Not invited]
  • Kawasaki Yuki, Takahito Takezawa, Shunji Hayashi, Masahiro Okada, Hisashi Fukuda, Manabu Nagayama, Haruo Takahashi, Yuji Ino, Hirotsugu Sakamoto, Yoshimasa Miura, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Hiroyuki Osawa, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  30-  180  -181  2015/12  [Not refereed][Not invited]
  • Kozue Murayama, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hisashi Fukuda, Masahiro Okada, Haruo Takahashi, Manabu Nagayama, Takahito Takezawa, Hirotsugu Sakamoto, Ino Yuji, Yoshimasa Miura, Tomonori Yano, Hiroyuki Sato, Hiroyuki Osawa, Alan K. Lefor, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  30-  178  -178  2015/12  [Not refereed][Not invited]
  • 大腸ESD・ポリペクトミーの新たな展開 大腸LSTのESDにおけるポケット法の有用性
    林 芳和, 三浦 義正, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  57-  (Suppl.2)  1995  -1995  2015/09  [Not refereed][Not invited]
  • 内視鏡的粘膜切開生検が診断に有用であった直腸癌術後吻合部に発生したSMT様線維性腫瘤の1例
    森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 井上 賢之, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 佐田 尚宏, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 安田 是和  Gastroenterological Endoscopy  57-  (Suppl.2)  2152  -2152  2015/09  [Not refereed][Not invited]
  • 永山 学, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 小野 公平, 根本 大樹, 宮田 康史, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 坂本 博次, 新畑 博英, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 山本 博徳  日本消化器病学会雑誌  112-  (7)  1270  -1280  2015/07  [Not refereed][Not invited]
     
    クローン病(CD)の診療では内視鏡の果たす役割が大きい。ダブルバルーン内視鏡(DBE)はEGDやCSで到達できない小腸の評価に用いられる。DBEは疑診例における確定診断や、病型診断、病勢の評価に有用であるとともに、小腸狭窄の評価や内視鏡的バルーン拡張術(EBD)などが可能である。今後の課題として粘膜治癒の評価やEBD後のフォローアップ、小腸癌サーベイランスなどが挙げられるが、これらについてのエビデンスはまだ乏しい。CDの小腸病変はこれまで認識されてきた以上に多く、今後はCDと確定診断された症例であってもDBEなどで小腸病変を積極的に検索することが必要と思われる。(著者抄録)
  • 内視鏡を活用したあらたな診療展開 十二指腸、小腸 ダブルバルーン内視鏡まで施行しても原因不明であった消化管出血の長期予後の検討
    篠崎 聡, 矢野 智則, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  87-  (Suppl.)  s93  -s93  2015/06  [Not refereed][Not invited]
  • 坂本 典孝, 小野 公平, 永山 学, 吉田 友直, 根本 大樹, 宮田 康史, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 坂本 博次, 新畑 博英, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 大澤 博之, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  87-  (Suppl.)  s104  -s104  2015/06  [Not refereed][Not invited]
  • 胃・十二指腸腫瘍に対するEMR/ESDの課題と将来展望 十二指腸腫瘍に対するESDはPocket-creation method(PCM)が安全で確実である
    三浦 義正, 井野 裕治, 林 芳和  Gastroenterological Endoscopy  57-  (Suppl.1)  590  -590  2015/04  [Not refereed][Not invited]
  • 早期胃癌のリンパ節転移リスクの検討 ESD後に追加手術を施行した101例の検討より
    小野 公平, 三浦 義正, 永山 学, 根本 大樹, 宮田 康史, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 佐藤 博之, 坂本 博次, 新畑 博英, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 細谷 好則, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  57-  (Suppl.1)  749  -749  2015/04  [Not refereed][Not invited]
  • 当施設におけるカプセル内視鏡検査での病変の偽陰性症例に関する検討
    宇賀神 ららと, 坂本 博次, 矢野 智則, 井野 裕治, 林 芳和, 永山 学, 竹澤 敬人, 新畑 博英, 佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  57-  (Suppl.1)  883  -883  2015/04  [Not refereed][Not invited]
  • テープマーキング法は大腸ESDにおいて安全かつ迅速な処置具挿入を可能にする
    根本 大樹, 林 芳和, 小野 公平, 永山 学, 井野 裕治, 渡邉 俊司, 三浦 義正, 竹澤 敬人, 佐藤 博之, 坂本 博次, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  57-  (Suppl.1)  902  -902  2015/04  [Not refereed][Not invited]
  • 教訓的症例 腫瘍辺縁の誤認により口側正常粘膜を筒状に全周ESDしてしまった直腸大型LST
    林 芳和, 高橋 治夫, 永山 学, 井野 裕治, 三浦 義正, 竹澤 敬人, 佐藤 博之, 新畑 博英, 坂本 博次, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  57-  (Suppl.1)  955  -955  2015/04  [Not refereed][Not invited]
  • ポケット法によるESDにて治癒的に一括切除しえた、虫垂切除術後虫垂開口部にEMR後遺残再発したと思われる早期癌の一例
    村山 梢, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 小野 公平, 根本 大樹, 宮田 康史  Gastroenterological Endoscopy  57-  (Suppl.1)  956  -956  2015/04  [Not refereed][Not invited]
  • 小野公平, 坂本博次, 竹澤敬人, 三浦義正, 新畑博英, 林芳和, 佐藤博之, 砂田圭二郎, 大澤博之, 山本博徳  日本消化管学会総会学術集会プログラム・抄録集  11th-  277  2015  [Not refereed][Not invited]
  • 消化管内視鏡治療のトレーニング 効率的かつ安全に行うには 二人法トレーニングは大腸ESDポケット法の効率的習得を可能にする
    根本 大樹, 林 芳和, 小野 公平, 宮田 康史, 横山 健介, 村山 梢, 永山 学, 竹澤 敬人, 井野 裕治, 三浦 義正, 新畑 博英, 佐藤 博之, 坂本 博次, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  86-  (Suppl.)  s92  -s92  2014/12  [Not refereed][Not invited]
  • 上腸間膜起始部狭窄による反復性虚血性腸炎の一例
    佐藤 雅史, 根本 大樹, 吉田 友直, 村山 梢, 林 芳和, 竹澤 敬人, 井野 裕治, 三浦 義正, 新畑 博英, 佐藤 博之, 坂本 博次, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  86-  (Suppl.)  s130  -s130  2014/12  [Not refereed][Not invited]
  • Takahito Takezawa, Teppei Sasahara, Shunji Hayashi, Manabu Nagayama, Yuji Ino, Hirotsugu Sakamoto, Hakuei Shinhata, Yoshimasa Miura, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Satou, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  29-  239  -240  2014/11  [Not refereed][Not invited]
  • Hakuei Shinhata, Yoshikazu Hayashi, Daiki Nemoto, Kohei Ono, Masahiro Okada, Yasushi Miyata, Manabu Nagayama, Yuji Ino, Takahito Takezawa, Yoshimasa Miura, Hiroyuki Sato, Hirotsugu Sakamoto, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  29-  300  -300  2014/11  [Not refereed][Not invited]
  • Yuji Ino, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Hirotsugu Sakamoto, Hiroyuki Osawa, Keijiro Sunada, Hiroyuki Sato, Yoshimasa Miura, Hakuei Shinhata, Takahito Takezawa, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  29-  79  -79  2014/11  [Not refereed][Not invited]
  • Yoshikazu Hayashi, Keijiro Sunada, Hakuei Shinhata, Daiki Nemoto, Kohei Ono, Yasushi Miyata, Manabu Nagayama, Takahito Takezawa, Yuji Ino, Yoshimasa Miura, Hiroyuki Sato, Hirotsugu Sakamoto, Tomonori Yano, Hiroyuki Osawa, Alan Lefor, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  29-  283  -283  2014/11  [Not refereed][Not invited]
  • Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hakuei Shinhata, Manabu Nagayama, Takahito Takezawa, Hirotsugu Sakamoto, Yuji Ino, Yoshimasa Miura, Tomonori Yano, Hiroyuki Sato, Alan T. Lefor, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  29-  301  -301  2014/11  [Not refereed][Not invited]
  • Yoshimasa Miura, Yuji Ino, Yoshikazu Hayashi, Wataru Sasao, Haruo Takashita, Manabu Nagayama, Takahito Takezawa, Hirotsugu Sakamoto, Hakuei Shinhata, Hiroyuki Sato, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Hiroyuki Osawa, Alan T. Lefor, Hironori Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  29-  296  -296  2014/11  [Not refereed][Not invited]
  • ESD 手技の工夫 ポケット法(pocket-creation method;PCM)のコツ
    林 芳和, 山本 博徳  臨床消化器内科  29-  (11)  1520  -1523  2014/09  [Not refereed][Not invited]
  • 【スキルアップESD】 ESD処置具をマスターする SAFEKnifeの特徴とその使い方
    三浦 義正, 井野 裕治, 林 芳和, 山本 博徳  消化器内視鏡  26-  (9)  1379  -1383  2014/09  [Not refereed][Not invited]
  • 【スキルアップESD】 視野確保とトラクションの工夫 大腸ESD、トンネル法からポレット法への進化
    林 芳和, 砂田 圭二郎, 齋藤 倫寛, 山本 博徳  消化器内視鏡  26-  (9)  1421  -1425  2014/09  [Not refereed][Not invited]
  • ESD Update 手技とデバイスの進歩からみた新たな可能性は? 下部消化管 ポケット法は、安全・確実で効率的な大腸ESDを可能にする
    林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  56-  (Suppl.2)  2959  -2959  2014/09  [Not refereed][Not invited]
  • 外来ダブルバルーン内視鏡はクローン病の小腸病変の評価に有用である
    永山 学, 矢野 智則, 佐藤 博之, 永田 博之, 宮田 康史, 北村 絢, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 坂本 博次, 新畑 博英, 三浦 義正, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  56-  (Suppl.2)  3173  -3173  2014/09  [Not refereed][Not invited]
  • Peutz-Jeghers症候群 39例の臨床経過の考察
    相良 裕一, 坂本 博次, 矢野 智則, 永山 学, 竹澤 敬人, 新畑 博英, 井野 裕治, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  56-  (Suppl.2)  3180  -3180  2014/09  [Not refereed][Not invited]
  • 腸管スピロヘータ症11症例の検討
    竹澤 敬人, 林 俊治, 永山 学, 井野 佑治, 坂本 博次, 新畑 博英, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 足立 吉數, 山本 博徳  日本消化器病学会雑誌  111-  (臨増大会)  A900  -A900  2014/09  [Not refereed][Not invited]
  • 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 佐藤 博之, 林 芳和, 三浦 義正, 新畑 博英, 坂本 博次, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 永山 学, 大澤 博之, 山本 博徳  胃と腸  49-  (9)  1283  -1291  2014/08  [Not refereed][Not invited]
     
    バルーン内視鏡の登場で,小腸潰瘍の詳細観察や組織生検も可能になった.小腸潰瘍には打ち抜き潰瘍や縦走潰瘍,輪状潰瘍,地図状潰瘍など,さまざまな形態があり,病変分布も多様である.潰瘍の発生部位について,腸間膜付着側との関係が重要な情報となる場合がある.しかし,特徴的な内視鏡検査所見を伴う一部の疾患を除いて,小腸潰瘍の原因を内視鏡検査所見のみから診断することは困難である.背景疾患や服薬歴を含む病歴,血液検査,各種画像検査,病理組織学的検査,細菌学的検査,ステロイド薬治療や栄養療法に対する治療反応性も含め,総合的に判断する必要がある.本稿では,小腸潰瘍の内視鏡的診断について,多数の画像を示しながら解説する.(著者抄録)
  • 【日常遭遇する大腸炎の鑑別-内視鏡を中心に】 アメーバ性大腸炎
    坂本 博次, 北村 絢, 竹澤 敬人, 新畑 博英, 林 芳和, 佐藤 博之, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Intestine  18-  (4)  397  -402  2014/07  [Not refereed][Not invited]
     
    アメーバ性大腸炎は赤痢アメーバの感染によって引き起こされる5類感染症である.わが国の患者数は年間800例程度であり,感染経路は性的接触,飲食物による経口感染の二つの経路があるが不明な場合も多い.症状は下痢,粘血便,腹痛が多く,大腸内視鏡では特徴的なたこいぼ様びらん・潰瘍を認め,便や生検検体から虫体を証明できれば確定診断となる.治療にはメトロニダゾール,パロモマイシンが保険適応となっている.(著者抄録)
  • 小腸内視鏡の最新の工夫 Peutz-Jeghers症候群のポリープに対する阻血治療の安全性と病理学的評価を両立させる新戦略
    宮田 康史, 矢野 智則, 永山 学, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 坂本 博次, 新畑 博英, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  85-  (Suppl.)  s95  -s95  2014/06  [Not refereed][Not invited]
  • 【消化器内視鏡治療の最前線】 小腸疾患内視鏡治療の最前線 小腸腫瘍に対するバルーン内視鏡を用いた治療の進歩
    林 芳和, 矢野 智則, 山本 博徳  Modern Physician  34-  (5)  559  -562  2014/05  [Not refereed][Not invited]
     
    1 BAEはポリープ切除術をはじめとした内視鏡治療を小腸でも可能にした。2 BAEは消化管ポリポーシスに対して、内視鏡治療のみによる小腸ポリープの管理を実現した。3 DBEは小腸ポリープによる腸重積の内視鏡的解除も可能である。4 外科手術を要する小腸腫瘍でも、BAEは組織診断や病変近傍の点墨において有用である。5 今後は小腸腫瘍も内視鏡による早期診断、内視鏡による治療完遂がますます期待される。(著者抄録)
  • 大腸ESDの適応と手技 ポケット法を用いた大腸ESDは、Is型腫瘍に対して有用である
    砂田 圭二郎, 林 芳和, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  56-  (Suppl.1)  878  -878  2014/04  [Not refereed][Not invited]
  • Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリープに対する内視鏡治療完了後に行うカプセル内視鏡検査は内視鏡治療再開時期の判断に有用である
    坂本 博次, 矢野 智則, 井野 裕治, 林 芳和, 北村 絢, 竹澤 敬人, 新畑 博英, 三浦 義正, 佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  56-  (Suppl.1)  1075  -1075  2014/04  [Not refereed][Not invited]
  • 新型オーバーチューブ固定具はバルーン内視鏡を用いた大腸ESDにおいて、助手をオーバーチューブ保持から解放する
    林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  56-  (Suppl.1)  1122  -1122  2014/04  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸血管性病変の再出血例にダブルバルーン内視鏡による止血術を繰り返すことで長期予後を改善できる
    篠崎 聡, 山本 博徳, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 新畑 博英, 井野 裕治, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  56-  (Suppl.1)  1156  -1156  2014/04  [Not refereed][Not invited]
  • Over-The-Scope-Clip(OTSC)を用いた内視鏡的空腸-S状結腸瘻閉鎖術で盲係蹄症候群を治療し得た一例
    相良 裕一, 矢野 智則, 北村 絢, 高橋 治夫, 宮田 なつ美, 竹澤 敬人, 坂本 博次, 新畑 博英, 井野 裕治, 林 芳和, 佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  56-  (Suppl.1)  1275  -1275  2014/04  [Not refereed][Not invited]
  • 【早く上達する大腸内視鏡挿入法】 腕を補う環境作り バルーン内視鏡の応用
    竹澤 敬人, 高橋 治夫, 北村 絢, 井野 佑治, 坂本 博次, 新畑 博英, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器内視鏡  26-  (3)  445  -453  2014/03  [Not refereed][Not invited]
     
    近年、日本では大腸癌の患者数が増加しており、大腸内視鏡の需要も増加している。内視鏡機器の性能も向上し、以前に比べると全大腸観察率は向上している。しかし、大腸内視鏡の習得には時間を要し、また、さまざまな原因で全大腸を観察できないことも多々ある。バルーン内視鏡(balloon-assisted endoscopy:BAE)は大腸内視鏡検査にも応用できる。BAEは深部小腸の観察をする目的で開発された。当院ではBAEを用いた大腸内視鏡はほとんどDBEで行っている。DBEとして使用できるスコープは3種類あるが、ダブルバルーン大腸内視鏡ではEI-530Bを用いることが多い。DBEの挿入原理を理解したうえで施行すると、S状結腸癒着症例、横行結腸の癒着症例などの挿入困難例でより有用性は高くなる。オーバーチューブが腸管を把持してくれるため、それ以上の腸管の伸展を防ぐことができ、スコープのシャフトに加えた力を効果的にスコープ先端に伝えることができる。そして被検者の苦痛を軽減することを可能にし、ほぼすべての症例で盲腸に到達することができる。また、スコープの安定した操作性が得られるため、治療内視鏡においても非常に有用である。(著者抄録)
  • バルーン内視鏡による消化器疾患診断と治療の到達点 ダブルバルーン内視鏡を使用すれば近位大腸のESD困難症例も克服できる
    井野 裕治, 林 芳和, 山本 博徳  日本消化器病学会雑誌  111-  (臨増総会)  A185  -A185  2014/03  [Not refereed][Not invited]
  • 内視鏡的切除標本による十二指腸球部上皮性腫瘍の免疫組織学的検討
    永田 博之, 武藤 弘行, 坂本 博次, 三浦 義正, 宮田 康史, 永山 学, 高橋 治夫, 北村 絢, 井野 裕治, 新畑 博英, 竹澤 敬人, 林 芳和, 佐藤 博之, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 佐藤 貴一, 山本 博徳, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  111-  (臨増総会)  A344  -A344  2014/03  [Not refereed][Not invited]
  • ESD後除菌は有用か? 胃粘膜に生息する非ピロリ細菌をESD前に除菌すべきか?
    林 俊治, 林 芳和  日本胃癌学会総会記事  86回-  151  -151  2014/03  [Not refereed][Not invited]
  • クローン病難治例の診断と治療 クローン病の難治性小腸狭窄に対するステロイド局注併用内視鏡的バルーン拡張術は安全で有効である
    永山 学, 矢野 智則, 林 芳和, 沼尾 規且, 北村 絢, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 新畑 博英, 三浦 義正, 佐藤 博之, 坂本 博次, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  栄養-評価と治療  31-  (1)  75  -75  2014/02  [Not refereed][Not invited]
  • 竹澤敬人, 林俊治, 笹原鉄平, 永山学, 井野佑治, 坂本博次, 新畑博英, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 矢野智則, 砂田圭二郎, 平井義一, 山本博徳  日本ブラキスピラ学会学術集会抄録集  6th-  15  2014  [Not refereed][Not invited]
  • 【"大腸腫瘍"内視鏡的治療の最前線】 大腸ESDの偶発症対策
    新畑 博英, 山本 博徳, 林 芳和, 佐藤 博之, 三浦 義正, 井野 裕治, 北村 絢, 砂田 圭二郎  臨床消化器内科  29-  (2)  215  -220  2014/01  [Not refereed][Not invited]
     
    大腸ESDにおいてとくに注意すべき偶発症としては,出血と穿孔が挙げられる.出血については,術中に血管を認めた時点で,precoagulationを行い可能なかぎり出血させないESDを行うべきである.術中の慎重な血管処理は,後出血対策としても重要である.可能なかぎり出血させず視野を良好に保つことは,層を視認しながら剥離することにつながるため穿孔の予防にも有効である.穿孔を生じた場合,大腸では汎発性腹膜炎を生じる危険性がある.クリップなどで適切に穿孔部を閉鎖し,絶食のうえ,抗菌薬投与が必要である.万が一,穿孔部閉鎖にもかかわらず汎発性腹膜炎に至った場合や遅発性穿孔をきたした場合には遅滞なく外科手術を行わなければならない.(著者抄録)
  • 早期癌診断のための画像強調観察(上部・下部) 大腸LSTに対するBLI拡大観察の有用性
    新畑 博英, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 佐藤 博之, 竹澤 敬人, 三浦 義正, 井野 裕治, 北村 絢, 坂本 博次, 矢野 智則, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  84-  (Suppl.)  s64  -s64  2013/12  [Not refereed][Not invited]
  • 上部消化管ESDの教え方・学び方 二人法ESDは限られた時間と症例しかないトレーニング医師の早期のESD技術習得につながる
    三浦 義正, 井野 裕治, 林 芳和, 佐藤 博之, 新畑 博英, 北村 絢, 坂本 博次, 竹澤 敬人, 佐々尾 航, 高橋 治夫, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 佐藤 貴一, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  84-  (Suppl.)  s74  -s74  2013/12  [Not refereed][Not invited]
  • 疾患・病態に応じた適切な小腸診断・治療戦略 多発小腸狭窄に対するダブルバルーン内視鏡を用いた内視鏡的バルーン拡張術の治療戦略
    高橋 治夫, 矢野 智則, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 佐藤 博之, 新畑 博英, 竹澤 敬人, 坂本 博次, 北村 絢, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  84-  (Suppl.)  s82  -s82  2013/12  [Not refereed][Not invited]
  • Brachyspira aalborgiによる慢性下痢を主症状とするヒト腸管スピロヘータ症の一例
    竹澤 敬人, 近藤 佳恵, 笹原 鉄平, 北村 絢, 井野 裕治, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 林 俊治, 平井 義一, 足立 吉數, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Brachyspira  4-  (1)  12  -22  2013/11  [Not refereed][Not invited]
  • Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Hakuei Shinhata, Aya Kitamura, Haruo Takahashi, Yoshimasa Miura, Takahito Takezawa, Hiroyuki Sato, Hirotsugu Sakamoto, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Kentaro Sugano  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  28-  557  -557  2013/10  [Not refereed][Not invited]
  • Sasao Wataru, Yano Tomonori, Yamamoto Hironori, Kitamura Aya, Ino Yuji, Takezawa Takahito, Miura Yoshimasa, Hayashi Yoshikazu, Sato Hiroyuki, Sunada Keijiro, Sugano Kentaro  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  28-  255  -255  2013/10  [Not refereed][Not invited]
  • IBD治療のここが知りたい!(第3回) IBDにおける小腸狭窄に対する内視鏡的拡張術のポイント
    矢野 智則, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 三浦 義正, 新畑 博英, 坂本 博次, 井野 裕治, 北村 絢, 山本 博徳  IBD Research  7-  (3)  215  -220  2013/09  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡により深部小腸の狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術が可能になった。クローン病をはじめとする種々の疾患による狭窄が適応となる。内視鏡観察と選択的造影で狭窄を評価し、狭窄長が50mmを超えるものや、高度の屈曲、深い潰瘍、内瘻、裂溝、腫瘍を伴うもの、悪性狭窄は除外される。鉗子口径2.8mmでは拡張用バルーンを通す際の抵抗が強いため、潤滑用オリーブオイルを併用して使用する。偶発症としては穿孔が大きな問題であり、拡張用バルーンの内圧はゆっくりと上げ、痛みの訴えが強ければ中止する。(著者抄録)
  • 【最新消化器内視鏡治療のすべて】 非静脈瘤病変からの出血に対する内視鏡治療 小腸出血
    矢野 智則, 林 芳和, 井野 裕治, 坂本 博次  消化器内視鏡  25-  (9)  1397  -1400  2013/09  [Not refereed][Not invited]
  • 当科で経験した孤立性腹部内臓動脈解離の4症例
    佐々尾 航, 竹澤 敬人, 牛尾 純, 野本 弘章, 北村 絢, 林 芳和, 山本 博徳, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  110-  (臨増大会)  A965  -A965  2013/09  [Not refereed][Not invited]
  • 【治療に直結する大腸腫瘍診断のストラテジー】 大腸LSTの治療法選択に直結する診断のストラテジー 一括切除重視の立場から
    砂田 圭二郎, 林 芳和, 新畑 博英, 北村 絢, 坂本 博次, 井野 裕治, 三浦 義正, 佐藤 博之, 山本 博徳  消化器内視鏡  25-  (8)  1254  -1261  2013/08  [Not refereed][Not invited]
     
    LSTの治療戦略において、亜分類ごとの生物学的特性を理解することは、深達度の評価だけでなく粘膜下層の線維化の予想ができ重要である。20mmを超えるLST-G-Hにおいては、ESDとするかEPMRとするか意見が分かれているが、少なくともサイズの大きなものは担癌率も高く、遺残・再発のないESDによる一括切除が望まれる。ESDは偶発症が多く、時間を消費するとされるが、それは手技のレベル向上で改善される問題であり、一括切除後の遺残・再発がほぼ0である点で、患者の利益は大きいといえる。一方、EPMRの問題点は、病理学的評価が困難になる点、高い遺残・再発率、症例によっては治療困難に陥る場合がある点などがあげられる。一括切除を目指した内視鏡観察では、BLIによる拡大観察、超音波内視鏡による腫瘍の特性や深達度の評価、また腫瘍の局在や位置など、実際のESD手技をシミュレートしながら観察を行うことが肝要である。(著者抄録)
  • 【小腸疾患診療のエッセンス】 小腸出血の診断と治療
    矢野 智則, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 北村 絢, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  110-  (7)  1198  -1204  2013/07  [Not refereed][Not invited]
     
    小腸出血の原因病変として、血管性病変、炎症性病変、腫瘍性病変、憩室が挙げられる。初期評価のdynamic造影CTで異常所見があればバルーン内視鏡で精査し、異常所見がなければカプセル内視鏡を行って、バルーン内視鏡の要否を判断する。出血源を同定できれば、その診断に応じた治療を行うが、血管性病変については、拍動性の有無に着目した小腸血管性病変の内視鏡分類を参考に治療方針を決定する。小腸出血の診断率向上には、出血エピソードからできるだけ早いタイミングでの検査が必要であり、カプセル内視鏡とバルーン内視鏡の普及の妨げとなっている保険点数の改訂が望まれる。(著者抄録)
  • 【症例に学ぶ-小腸内視鏡アトラス】 炎症性疾患 虚血性小腸炎
    佐々尾 航, 林 芳和, 山本 博徳  消化器内視鏡  25-  (7)  966  -967  2013/07  [Not refereed][Not invited]
  • 消化管における内視鏡診断の最先端 動画でみる画像強調観察 Blue LASER Imaging(BLI)による上部消化管観察の新たな展開 通常観察から拡大観察まで
    三浦 義正, 大澤 博之, 井野 裕治, 北村 絢, 佐藤 博之, 佐々尾 航, 林 芳和, 竹澤 敬人, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 佐藤 貴一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  83-  (Suppl.)  s69  -s69  2013/06  [Not refereed][Not invited]
  • カプセル&バルーン内視鏡の各施設の工夫 Peutz-Jeghers症候群の小腸ポリープに対する阻血治療を中心とした安全な内視鏡治療
    井野 裕治, 矢野 智則, 林 芳和, 坂本 博次, 佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 三浦 義正, 北村 絢, 新畑 博英, 高橋 治夫, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  83-  (Suppl.)  s78  -s78  2013/06  [Not refereed][Not invited]
  • NSAIDsによる十二指腸膜様狭窄の形成過程を内視鏡的に経過観察でき、バルーン拡張術で軽快した一例
    北村 絢, 矢野 智則, 平岡 友二, 廣澤 拓也, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  83-  (Suppl.)  s101  -s101  2013/06  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン内視鏡下で留置スネアとクリップでの阻血により治療できた小腸多発脂肪腫の一例
    高橋 治夫, 矢野 智則, 磯部 亮太, 佐々尾 航, 竹澤 敬人, 佐藤 博之, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  83-  (Suppl.)  s109  -s109  2013/06  [Not refereed][Not invited]
  • 【小腸疾患の臨床-最近の進歩】 小腸血管性病変
    矢野 智則, 林 芳和, 井野 裕治, 北村 絢, 三浦 義正, 佐藤 博之, 竹澤 敬人, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  臨床消化器内科  28-  (7)  901  -906  2013/05  [Not refereed][Not invited]
  • 【消化管狭窄への挑戦】 小腸・大腸 炎症性腸疾患以外の小腸・大腸狭窄に対する内視鏡的拡張術の手技とコツ
    砂田 圭二郎, 林 芳和, 井野 裕治, 坂本 博次, 竹澤 敬人, 新畑 博英, 三浦 義正, 佐藤 博之, 矢野 智則, 山本 博徳  消化器内視鏡  25-  (5)  743  -749  2013/05  [Not refereed][Not invited]
     
    小腸・大腸に狭窄を起こすものには、Crohn病以外にも、虚血性腸炎、NSAIDs関連腸炎、非特異性多発性小腸潰瘍症、腸結核などのさまざまな疾患や大腸癌術後の吻合部狭窄などの病態が含まれる。NSAIDs関連腸炎の膜様狭窄、非特異性多発性小腸潰瘍症では、狭窄の幅が狭く、安全で効果的なバルーン拡張術が可能である。実際の拡張術を安全に行うコツとしては、1)原因が明らかでない場合、生検を行うなどして悪性疾患を除外する。2)炎症や潰瘍を認める場合、内科的治療を優先させる。3)拡張時には「痛み」に注意を払いながら段階的な拡張術を行う、などがあげられる。また、大腸癌術後の吻合部狭窄は再発することが多く、開存を維持するために、内視鏡的切開・拡張術など、さまざまな工夫が報告されている。(著者抄録)
  • パテンシーカプセルによる消化管通過性判定の本邦での問題点とダブルバルーン内視鏡によるカプセル内視鏡回収戦略
    矢野 智則, 井野 祐治, 林 芳和  Gastroenterological Endoscopy  55-  (Suppl.1)  1039  -1039  2013/04  [Not refereed][Not invited]
  • 大腸ESDは、径5cm超の病変でも径2-5cmの病変と同等に、安全かつ確実に施行可能であった
    林 芳和, 砂田 圭二郎, 新畑 博英, 佐藤 博之, 三浦 義正, 井野 裕治, 矢野 智則, 竹澤 敬人, 北村 絢, 秋元 正年, 高橋 治夫, 長谷川 浩之, 佐々尾 航, 磯部 亮太, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  55-  (Suppl.1)  1103  -1103  2013/04  [Not refereed][Not invited]
  • 進行大腸癌に対する術前化学療法が随伴する直腸粘膜下浸潤癌にも奏功し内視鏡的治療が可能となった一例
    佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 秋元 正年, 北村 絢, 竹澤 敬人, 井野 祐治, 三浦 義正, 林 芳和, 矢野 智則, 山本 博徳, 菅野 健太郎, 宮倉 安幸, 堀江 久永  Gastroenterological Endoscopy  55-  (Suppl.1)  1150  -1150  2013/04  [Not refereed][Not invited]
  • ESD後局所再発の機序としてimplantationが考えられた早期直腸癌の1症例
    新畑 博英, 砂田 圭二郎, 井野 裕治, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 矢野 智則, 宮田 知彦, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  55-  (Suppl.1)  1151  -1151  2013/04  [Not refereed][Not invited]
  • 繰り返す肛門周囲膿瘍(高位筋間膿瘍)で発症し、ダブルバルーン内視鏡での全小腸検査により術前診断し得たメッケル憩室の1例
    平岡 友二, 牛尾 純, 矢野 智則, 佐々尾 航, 北村 絢, 秋元 正年, 高橋 治夫, 竹澤 敬人, 佐々木 文郷, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 畑中 恒, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎, 五十嵐 高広, 本間 浩一  Gastroenterological Endoscopy  55-  (Suppl.1)  1223  -1223  2013/04  [Not refereed][Not invited]
  • 胃腫瘍に対するESDにおける後出血の検討 新パス導入による後出血抑制効果の検証
    三浦 義正, 佐藤 博之, 林 芳和, 井野 裕治, 佐々尾 航, 北村 絢, 竹澤 敬人, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 大澤 博之, 佐藤 貴一, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  55-  (Suppl.1)  1241  -1241  2013/04  [Not refereed][Not invited]
  • 薬剤性肝障害に対するステロイド治療により侵襲性肺アスペルギルス症を発症した1例
    大橋 麻衣, 佐々尾 航, 北村 絢, 野本 弘章, 林 芳和, 礒田 憲夫, 菅野 健太郎  日本内科学会関東地方会  595回-  33  -33  2013/03  [Not refereed][Not invited]
  • 【必修!大腸ESD】 胃と大腸の違いからみたESDにおける注意点
    林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器内視鏡  25-  (3)  373  -377  2013/03  [Not refereed][Not invited]
     
    わが国の大腸癌患者は増加しつつある。そして、大腸の表在性腫瘍に対する内視鏡治療の必要性は、今後より高まっていくであろう。標準治療として、一般化した胃ESDに比べ大腸ESDは難易度が高い。多くの術者は胃ESDでの経験を積んだ後に大腸ESDへとステップアップしていくものと思われる。胃と大腸のESDに関する代表的な違いは、解剖学的特徴や粘膜下層の線維化、鎮静レベル、有害事象にある。大腸ESDへのステップアップのためには、それらの違いをよく理解しておくことが不可欠である。そして、大腸においても、表在性腫瘍の標準治療として、安全なESDを普及させていかねばならない。(著者抄録)
  • 嚥下困難症例に対する透明ロングフードとリアルタイムビューアーを用いた内視鏡的カプセル内視鏡誘導法
    井野 裕治, 佐々尾 航, 矢野 智則, 林 芳和, 竹澤 敬人, 新畑 博英, 三浦 義正, 佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  栄養-評価と治療  30-  (1)  83  -83  2013/02  [Not refereed][Not invited]
  • 井野 裕治, 山本 博徳, 三浦 義正, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 佐藤 博之, 新畑 博英, 矢野 智則, 菅野 健太郎  胃と腸  48-  (2)  164  -172  2013/02  [Not refereed][Not invited]
     
    大腸ESDは,胃などに比べると難易度が高いと言われている.その理由として,大腸は長い管腔臓器であり内視鏡の操作性が不安定になりやすいことや,ひだや彎曲の存在により,病変とESDナイフが垂直に対峙しやすいことなどが考えられる.ダブルバルーン内視鏡は,小腸の観察・治療を目的として開発されたが,そのオーバーチューブバルーンで腸管のたわみやループを抑制することで,内視鏡の操作性を安定させることが可能である.筆者らは2004年9月から2012年3月の期間に行った大腸ESD632病変中,通常内視鏡ではESD困難と考えられた58病変にダブルバルーン内視鏡を用いたESDを行い,その有用性を確認した.また,垂直に対峙する病変に対してはSAFEKnifeVが有用であると考えられた.(著者抄録)
  • Brachyspira pilosicoli感染による腸管スピロヘータ症の3例
    竹澤 敬人, 笹原 鉄平, 林 俊治, 井野 佑二, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 足立 吉數, 平井 義一, 山本 博徳, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  110-  (臨増総会)  A311  -A311  2013/02  [Not refereed][Not invited]
  • 【安全かつ効率的な大腸ESDを目指して】 大腸ESDを安全かつ確実に行うために 内視鏡操作不良状態でのESDのコツと対策
    林 芳和, 山本 博徳  Intestine  17-  (1)  23  -28  2013/01  [Not refereed][Not invited]
     
    大腸ESDを安全かつ確実に行うためには,良好な内視鏡操作性の確保が不可欠である.内視鏡操作性確保のためには,体位変換などの併用をまず行うべきであるが,それらには限界もある.通常内視鏡では大腸ESDにおける内視鏡操作不良であったとしても,多くの場合はバルーン内視鏡を用いることによってそれらを克服可能である.内視鏡操作不良な場面での大腸ESDには積極的にバルーン内視鏡を用いるべきである.(著者抄録)
  • Yoshimasa Miura, Hironori Yamamoto, Hiroyuki Osawa, Yuji Ino, Hiroyuki Sato, Yoshikazu Hayashi, Takahito Takezawa, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Kiichi Satoh, Kentaro Sugano  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  27-  111  -111  2012/12  [Not refereed][Not invited]
  • Wataru Sasao, Yoshimasa Miura, Hiroyuki Osawa, Yuji Ino, Takahito Takezawa, Hakuei Shinhata, Hiroyuki Sato, Yoshikazu Hayashi, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Kiichi Sato, Hironori Yamamoto, Kentaro Sugano  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  27-  105  -106  2012/12  [Not refereed][Not invited]
  • Takahito Takezawa, Teppei Sasahara, Shunji Hayashi, Yuuji Ino, Yoshimasa Miura, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Satou, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hirai, Hironori Yamamoto, Kentaro Sugano  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  27-  64  -64  2012/12  [Not refereed][Not invited]
  • 適切な原因不明の消化管出血(OGIB)への対応 Dynamic造影CTをfirst lineとしDBEとCEを使い分けるOGIB診断・治療戦略
    北村 絢, 矢野 智則, 井野 裕治, 林 芳和, 佐藤 博之, 竹澤 敬人, 砂田 圭二郎, 三浦 義正, 新畑 博英, 篠崎 聡, 秋元 正年, 佐々尾 航, 高橋 治夫, 長谷川 浩之, 磯部 亮太, 高村 紀昭, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  82-  (Suppl.)  s67  -s67  2012/12  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン小腸内視鏡により長期的な経過観察をし得た小腸アニサキス症の1例
    長谷川 浩之, 竹澤 敬人, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎, 金井 信行  日本内科学会関東地方会  592回-  29  -29  2012/11  [Not refereed][Not invited]
  • 【これは役立つ十二指腸病変アトラス】 十二指腸の正常内視鏡像
    佐々尾 航, 林 芳和, 山本 博徳  消化器内視鏡  24-  (11)  1710  -1713  2012/11  [Not refereed][Not invited]
  • 腹腔鏡下肝腫瘍生検で診断しえたBurkitt lymphomaの1例
    時任 利奈, 佐々尾 航, 林 芳和, 野本 弘章, 廣澤 拓也, 渡邊 俊司, 東澤 俊彦, 礒田 憲夫, 菅野 健太郎  日本内科学会関東地方会  590回-  55  -55  2012/09  [Not refereed][Not invited]
  • DBEにて診断に至った小腸原発狭窄型Follicular Lymphoma(FL)の3例
    山岡 正治, 矢野 智則, 山本 博徳, 井野 裕治, 竹澤 敬人, 西村 直之, 新畑 博英, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  54-  (Suppl.2)  2972  -2972  2012/09  [Not refereed][Not invited]
  • 高齢者における早期食道癌ESDの治療成績と問題点 非治癒切除(深部浸潤)の際の追加治療と予後について
    井野 裕治, 三浦 義正, 北村 綾, 當摩 祥子, 吉澤 充代, 大澤 博之, 佐藤 貴一, 佐藤 博之, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  日本高齢消化器病学会誌  15-  (1)  90  -90  2012/06  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸内視鏡の現況と展望 小腸異物に対するダブルバルーン内視鏡の有用性 13例の検討
    山岡 正治, 矢野 智則, 林 芳和, 西村 直之, 新畑 博英, 三浦 義正, 佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  81-  (1)  80  -80  2012/06  [Not refereed][Not invited]
  • 【バルーン内視鏡のすべて】 [小腸疾患へのアプローチ]内視鏡治療の実際 異物除去
    山岡 正治, 林 芳和, 山本 博徳  消化器内視鏡  24-  (6)  1044  -1048  2012/06  [Not refereed][Not invited]
     
    小腸異物の患者を診たら、迅速な診断を行い、治療方針を決定する。まずは、問診やCTなどから飲み込んだ異物の形態と滞留場所を特定し、さらに合併症の有無を判断すべきである。それらの所見から、外科手術や内視鏡的異物除去術、自然排出を待っての経過観察のいずれかを決定しなければならない。胃まで到達した異物の80〜90%は治療を必要とせずに自然排出される一方で、鋭利で尖った異物を飲み込んだ場合は、穿孔や腹腔内炎症といった合併症を防ぐために、直ちに異物を除去したほうがよい。ダブルバルーン内視鏡をはじめとしたバルーン内視鏡は、かつては外科手術を要したであろう小腸異物の内視鏡的除去も可能にした。これまで筆者らは、針や部分入れ歯、カプセル内視鏡などの小腸異物をダブルバルーン内視鏡を用いて除去することに成功している。特に鋭利な異物に関しては、付属のオーバーチューブ内を通して安全に体外に取り除くことが可能である。(著者抄録)
  • 【[必携]内視鏡リファレンスブック2012】 小腸 ダブルバルーン内視鏡
    秋元 正年, 林 芳和, 山本 博徳  消化器内視鏡  24-  (4)  572  -576  2012/04  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸病変に対する内視鏡治療の現況と課題 ニューデバイス「目盛つき先端細径透明(CST)フード」のCrohn病の狭窄拡張術における使用経験
    林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎  Gastroenterological Endoscopy  54-  (Suppl.1)  926  -926  2012/04  [Not refereed][Not invited]
  • 【下痢と便秘-今日的アプローチ】 検査のトピックス 内視鏡検査や画像検査で何がわかるのか?
    佐々尾 航, 林 芳和, 山本 博徳  Medicina  49-  (2)  216  -219  2012/02  [Not refereed][Not invited]
     
    <ポイント>★急性下痢では一般に画像検査の緊急性は低い.ただし,血性下痢および免疫抑制状態の場合は考慮すべきである.★慢性下痢では炎症性腸疾患やMicroscopic colitisを考慮し,内視鏡検査および生検による組織学的評価を行うべきである.★便秘では急性・慢性にかかわらず,大腸癌の可能性を考慮し,大腸内視鏡検査を施行すべきである.★ただし,閉塞症状を伴う便秘は大腸内視鏡検査の前に腹部CT検査を施行すべきである.(著者抄録)
  • ダブルバルーン内視鏡で小腸病変を観察し得たDegos病の一例
    竹澤 敬人, 岩下 ちひろ, 村山 梢, 坂本 博次, 新畑 博英, 西村 直之, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 矢野 智則, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  栄養-評価と治療  29-  (1)  94  -94  2012/02  [Not refereed][Not invited]
  • 【内科医が知っておくべき最新医療機器(2)】 消化器 小腸内視鏡
    佐々尾 航, 林 芳和, 山本 博徳  診断と治療  100-  (2)  189  -193  2012/02  [Not refereed][Not invited]
  • 竹澤敬人, 笹原鉄平, 林俊治, 井野佑二, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 矢野智則, 砂田圭二郎, 平井義一, 足立吉數, 山本博徳, 菅野健太郎  日本ブラキスピラ学会学術集会抄録集  4th-  9  2012  [Not refereed][Not invited]
  • 近藤佳恵, 竹澤敬人, 笹原鉄平, 林俊治, 井野佑二, 三浦義正, 林芳和, 佐藤博之, 矢野智則, 砂田圭一郎, 平井義一, 足立吉數, 山本博徳, 菅野健太郎  日本ブラキスピラ学会学術集会抄録集  4th-  16  2012  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン内視鏡・カプセル内視鏡・CTを組み合わせた効率的な小腸検査法
    矢野 智則, 西村 直之, 林 芳和, 佐藤 博之, 新畑 博英, 三浦 義正, 竹澤 敬人, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  日本大腸検査学会雑誌  28-  (2)  118  -118  2012/01  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸腫瘍診断・治療の現況と問題点 小腸良性腫瘍16例の診断と治療
    山岡 正治, 矢野 智則, 西村 直之, 新畑 博英, 三浦 義正, 林 芳和, 佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  80-  (1)  71  -71  2011/12  [Not refereed][Not invited]
  • 消化管ESD 多様なデバイスをどう使うか SAFEKnifeVと先端系デバイス併用による安全で効率のよいESD
    三浦 義正, 砂田 圭二郎, 佐藤 博之, 吉澤 充代, 林 芳和, 西村 直之, 當摩 祥子, 新畑 博英, 竹澤 敬人, 矢野 智則, 大澤 博之, 佐藤 貴一, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  80-  (1)  76  -76  2011/12  [Not refereed][Not invited]
  • N. Nishimura, H. Yamamoto, H. Shinhata, Y. Hayashi, H. Sato, T. Yano, K. Sunada, K. Sugano  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  26-  249  -249  2011/10  [Not refereed][Not invited]
  • 【小腸疾患の診断と治療の進歩】 ダブルバルーン内視鏡による小腸ポリポーシスの診断と治療
    新畑 博英, 山本 博徳, 西村 直之, 三浦 義正, 佐藤 博之, 林 芳和, 坂本 博次, 矢野 智則, 砂田 圭二郎  消化器内科  53-  (1)  35  -41  2011/07  [Not refereed][Not invited]
  • 【小腸腫瘍をめぐって】 小腸腫瘍の診断
    矢野 智則, 西村 直之, 砂田 圭二郎, 佐藤 博之, 新畑 博英, 三浦 義正, 坂本 博次, 林 芳和, 宮田 知彦, 山本 博徳  Intestine  15-  (2)  123  -128  2011/03  [Not refereed][Not invited]
     
    近年の医療技術の進歩により小腸腫瘍を含む小腸疾患に対する診断・治療戦略は大きく変化してきた.カプセル内視鏡とバルーン内視鏡が注目されることが多いが,CTなどの画像診断機器も進歩してきている.小腸病変を効率的に診断するためには,内視鏡だけでなく,各モダリティの長所と短所をよく理解して使い分け,順序よく効率的に診断を進めていく必要がある.(著者抄録)
  • 矢野智則, 西村直之, 林芳和, 佐藤博之, 新畑博英, 三浦義正, 竹澤敬人, 砂田圭二郎, 山本博徳  日本大腸検査学会総会プログラム・抄録集  29th-  65  2011  [Not refereed][Not invited]
  • 竹澤敬人, 西村直之, 新畑博英, 三浦義正, 林芳和, 矢野智則, 佐藤博之, 砂田圭二郎, 山本博徳, 菅野健太郎, 林俊治, 平井義一, 足立吉數  日本ブラキスピラ学会学術集会抄録集  3rd-  22  2011  [Not refereed][Not invited]
  • 矢野 智則, 西村 直之, 三浦 義正, 新畑 博英, 佐藤 博之, 林 芳和, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  日本内科学会雑誌  100-  (1)  102  -107  2011/01  [Not refereed][Not invited]
  • 消化管 低用量アスピリンやNSAIDによる小腸粘膜障害
    林 芳和, 山本 博徳  Annual Review消化器  2011-  31  -34  2011/01  [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(CE)やバルーン内視鏡の登場によって,低用量アスピリンや非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAID)による小腸粘膜障害の臨床像が急速に明らかになりつつある.特にCEを用いた臨床研究は近年盛んに報告されつつあり,その疾患の発生率のみならず,代替薬としてcoxib系の薬剤や,何種類かの粘膜保護薬の効果が臨床研究によって検討され報告されている.また,発生メカニズム解明のための基礎的研究分野においては,腸内細菌や食物由来成分の関与について研究結果が報告されている.(著者抄録)
  • Satoshi Shinozaki, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Tomohiko Miyata, Yoshikazu Hayashi, Masayuki Arashiro, Kentaro Sugano  Gastroenterology  139-  (6)  2217  2010/12  [Not refereed][Not invited]
  • Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Tomohiko Miyata, Naoyuki Nishimura, Hiroyuki Sto, Yoshimasa Miura, Hirohide Shinhata, Yoshikazu Hayashi, Kentaro Sugano  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  25-  A155  -A155  2010/09  [Not refereed][Not invited]
  • 【救命・救急と内視鏡】 消化管出血 出血性ショックを伴う消化管出血に対する内視鏡の役割 輸血によってショックが改善する場合と改善しない場合、輸血拒否例 小腸出血
    坂本 博次, 矢野 智則, 佐藤 博之, 西村 直之, 新畑 博英, 渡邊 俊司, 篠崎 聡, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 宮田 知彦, 山本 博徳  消化器内視鏡  22-  (9)  1390  -1396  2010/09  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡により今まで困難であった小腸出血に対する内視鏡的な緊急処置が可能となった。顕性出血を認めてから24時間以上経過すると、出血源の診断率が有意に低下するため、できるだけ早くダブルバルーン内視鏡を行ったほうがよい。しかし、安全に処置を行うために、出血性ショックを伴う症例に対しては、まず輸液や輸血により血行動態の安定を図るべきであり、血行動態の安定化が困難な場合には内視鏡に固執せず、手術やIVR(interventional radiology)を選択すべきである。血性成分が最初にみられた近傍に出血源が存在することが多く、出血源の同定が容易であるため、基本的にはまず経口的に挿入する。出血源の同定には透明フード、水浸法による観察が有用である。通常胃や大腸で用いられている内視鏡的処置がダブルバルーン内視鏡で施行可能であり、病変の種類に応じて適切に治療方法を選択する必要がある。(著者抄録)
  • 内視鏡による経過観察および原因菌の分離に成功した腸管スピロヘータ症の一例
    竹澤 敬人, 林 俊二, 新畑 博英, 三浦 義正, 西村 直之, 林 芳和, 佐藤 博之, 矢野 智則, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 足立 吉數, 山本 博徳, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  107-  (臨増大会)  A824  -A824  2010/09  [Not refereed][Not invited]
  • Helicobacter pylori Q&A(No.148) Helicobacter pyloriのほかにもヒト発癌との関連が示唆されている寄生生物はありますか?
    林 俊治, 林 芳和, 平井 義一  Helicobacter Research  14-  (4)  331  -333  2010/08  [Not refereed][Not invited]
  • 【小腸・大腸内視鏡 こんな時どうする 診断編】 小腸病変の診断 診断困難な小腸病変に対する対応 診断困難な小腸血管性病変Type 2aに対する対応
    矢野 智則, 砂田 圭二郎, 佐藤 博之, 新畑 博英, 三浦 義正, 西村 直之, 林 芳和, 宮田 知彦, 山本 博徳  Intestine  14-  (4)  411  -415  2010/07  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸狭窄に対して内視鏡的バルーン拡張術を施行し穿孔を来した4例の検討
    佐藤 博之, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 林 芳和, 西村 直之, 三浦 義正, 新畑 博英, 浅川 岳士, 三澤 知子, 杉田 浩, 野口 地塩, 山本 博徳  栄養-評価と治療  27-  (2)  205  -205  2010/05  [Not refereed][Not invited]
  • Flexible spectral-Image Color Enhancement(FICE)による存在診断、通常内視鏡との比較試験
    冨樫 一智, 砂田 圭次郎, 宮田 知彦, 林 芳和, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 山本 博徳  日本大腸検査学会雑誌  27-  (1)  8  -12  2010/05  [Not refereed][Not invited]
     
    目的:大腸ポリープの存在診断におけるFICEの有用性について検討する。方法:左側結腸癌・直腸癌術後の初回surveillance内視鏡検査を行った28名を対象とした。大腸の全領域を異なる方法(FICEまたは通常)で二回の観察を行い、最初の観察では切除しないで記録した。2回目の観察では発見されたすべてのポリープを切除した。最初に通常観察を行うFICE先行群(n=14)と、その逆の順で観察した通常先行群(n=14)とに分け、各群において、1回目と2回目に発見されたポリープ数(中央値)をWilcoxon検定により比較した。結果:通常先行群では、1回目で1.0個のポリープが発見され、2回目で1.5個のポリープが発見された(p=0.0088)。FICE先行群群では、1回目と2回目で差が見られなかった(p=0.083)。結語:大腸ポリープの存在診断においてFICE観察は有用と考えられた。(著者抄録)
  • Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Tomohiko Miyata, Nishimura Naoyuki, Hiroyuki Sato, Yoshimasa Miura, Hakuei Shinhata, Yoshikazu Hayashi, Kentaro Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  71-  (5)  AB212  -AB212  2010/04  [Not refereed][Not invited]
  • 低用量アスピリンと併用薬による高齢者消化管出血
    平澤 知介, 佐藤 貴一, 東澤 俊彦, 阿治部 弘成, 大澤 博之, 新城 雅行, 矢野 智則, 林 芳和, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  日本高齢消化器病学会誌  12-  (2)  26  -32  2010/04  [Not refereed][Not invited]
     
    低用量アスピリン(low-dose aspirin:LDA)服用患者のうち、65歳以上の高齢者の上部消化管粘膜傷害の実態を、併用中の抗凝固薬・抗血小板薬の有無別に、65歳未満の非高齢者と比較し、抗潰瘍薬の効果を検討した。その結果、LDAに非ステロイド抗炎症薬(NSAID)、チクロピジン、ワルファリンが併用される場合、上部消化管の出血リスクの増加が有意に認められた。高齢であるほど貧血が強い傾向はみられたが、出血リスクの明らかな差は認められなかった。LDAと併用薬による上部消化管粘膜傷害の軽減には、高齢者においてPPIがもっとも有効であった。また、小腸においても、LDA起因性病変が認められ、その半数以上の症例が高齢者であった。(著者抄録)
  • 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 西村 直之, 新畑 博英, 佐藤 博之, 三浦 正義, 林 芳和, 宮田 知彦, 山本 博徳, 菅野 健太郎  胃と腸  45-  (3)  399  -405  2010/03  [Not refereed][Not invited]
     
    バルーン内視鏡を用いることで深部小腸の出血性疾患を内視鏡的に診断・治療することが可能になった.バルーン内視鏡は深部小腸でも良好な操作性を保つことができ,鉗子口も有していることから,電気焼灼法,止血クリップ,局注法,ポリペクトミー・EMRなど,胃や大腸で用いられている方法を深部小腸でも用いることが可能である.小腸出血の原因となる病変として,血管性病変,潰瘍性病変,腫瘍性病変,静脈瘤,憩室などがあり,病変種類に応じた治療方法を選択する必要がある.しかし,内視鏡治療を行うためにはタイミングよく検査を行って病変を見つけることが必要であり,そのためにはバルーン内視鏡のさらなる普及が望まれる.(著者抄録)
  • ピロリ菌感染に伴う胃細菌叢の病原性
    林 芳和  自治医科大学紀要  32-  148  -149  2010/03  [Not refereed][Not invited]
  • 【Helicobacter pyloriと他の細菌・ウイルスの混合感染】 Helicobacter pylori感染と胃内細菌叢
    林 俊治, 林 芳和, 平井 義一  Helicobacter Research  14-  (1)  39  -43  2010/02  [Not refereed][Not invited]
     
    ヒトの胃からHelicobacter pylori(H.pylori)以外の細菌(Non-H.pylori細菌)が分離されることがある。具体的には、Streptococcus属、Neisseria属、Lactobacillus属、Veillonella属などが胃液や胃粘膜生検組織から分離される。これらのNon-H.pylori細菌は口腔内から胃に落下してきたもので、これらの菌が胃粘膜に定着することで胃内細菌叢が形成されると考えられる。しかし、これらのNon-H.pylori細菌が胃の中で生息するためには、胃内環境が中性化する必要がある。具体的には、胃酸分泌抑制薬の服用、胃粘膜萎縮による胃酸分泌低下に伴い、胃内細菌叢が形成されると考えられる。しかし、これらのNon-H.pylori細菌が胃粘膜でどのような役割を果たしているのかについては十分に解明されていない。Lactobacillus属がH.pyloriの定着を抑制するとの報告がある一方で、Non-H.pylori細菌が胃粘膜病変の形成に関与する可能性もある。胃粘膜における胃内細菌叢の役割を明らかにするためには、今後の更なる研究が必要であろう。(著者抄録)
  • 小腸の内視鏡所見(第10回) Peutz-Jeghers syndrome
    坂本 博次, 矢野 智則, 林 芳和, 山本 博徳  Frontiers in Gastroenterology  15-  (1)  42  -45  2010/01  [Not refereed][Not invited]
  • 【下血/血便をきたす腸疾患 non-IBDを中心に】 炎症性腸疾患と大腸癌以外の出血をきたす各種腸疾患の画像上の鑑別診断と治療 OGIB(血管性病変を中心に)
    篠崎 聡, 山本 博徳, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 宮田 知彦, 西村 直之, 菅野 健太郎  Intestine  14-  (1)  84  -89  2010/01  [Not refereed][Not invited]
     
    obscure gastrointestinal bleeding(OGIB)は,ダブルバルーン内視鏡,カプセル内視鏡の開発によりその診断と治療が変化している.とくに,小腸血管性病変は,潰瘍性・腫瘍性病変と比較して出血コントロールが難しく,治療においてさらなる検討が必要である.われわれは,内視鏡所見に基づいて小腸血管性病変を六つに分類した.この内視鏡分類を用いて知見を集積することで,今後の長期予後解析・治療法選択を行っていくべきと考える.(著者抄録)
  • 緊急内視鏡の適応と手技の工夫 小腸出血例に対する緊急内視鏡のストラテジーと手技の工夫
    佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 宮田 知彦, 林 芳和, 西村 直之, 三浦 義正, 新畑 博英, 竹澤 敬人, 浅川 岳士, 杉田 浩, 三澤 知子, 野口 地塩, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  76-  (1)  84  -84  2009/12  [Not refereed][Not invited]
  • 【薬物性腸粘膜障害】 小腸出血とNSAID潰瘍の診断と治療
    西村 直之, 山本 博徳, 矢野 智則, 林 芳和, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎  臨床消化器内科  24-  (13)  1715  -1721  2009/11  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡(DBE)を施行し,小腸に出血源が同定された症例では,潰瘍性病変がもっとも多く,そのうち非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)潰瘍の頻度は高かった.NSAID小腸潰瘍はまれとされていたが,DBEおよびカプセル内視鏡の登場により,比較的容易に小腸を観察できるようになり,有病率が高いことが判明している.当院でDBEにてNSAID起因性小腸粘膜障害と診断した18例の検討を行った.小腸潰瘍は,多様な形態で,部位は回腸に多く,腸間膜付着側・対側との関係は認めなかった.治療はNSAID休薬が原則である.膜様狭窄に対しては休薬で改善しないため外科的切除が行われてきたが,バルーン拡張術が有効である.(著者抄録)
  • S. Shinozaki, H. Yamamoto, T. Yano, K. Sunada, T. Miyata, Y. Hayashi, M. Arashiro, H. Shinhata, Y. Miura, H. Sato, N. Nishimura, K. Sugano  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  24-  A105  -A105  2009/10  [Not refereed][Not invited]
  • 【消化管症候群(第2版) その他の消化管疾患を含めて】 空腸、回腸、盲腸、結腸、直腸 炎症性疾患 NSAID起因性小腸病変
    田口 宏樹, 山本 博徳, 林 芳和, 矢野 智則, 菅野 健太郎  日本臨床  別冊-  (消化管症候群(下))  309  -311  2009/09  [Not refereed][Not invited]
  • 【小腸疾患に対する最新のアプローチ】 疾患ごとのアプローチを考える 小腸血管性病変
    矢野 智則, 砂田 圭二郎, 西村 直之, 林 芳和, 宮田 知彦, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Intestine  13-  (5)  471  -478  2009/09  [Not refereed][Not invited]
     
    小腸出血の原因のうち,かなりの割合を血管性病変が占めているが,その診断・治療戦略は未だ確立されていない.血管性病変は,病理組織学的に大きく三つに分類できるが,われわれはその動脈成分の有無に着目して内視鏡所見を六つに分類し,適切な治療方法を選択する一助としている.この内視鏡分類に基づいて知見を集積することで,その病態についての理解を深め,適切な診断・治療戦略を確立していく必要がある.(著者抄録)
  • 内視鏡による経過観察及び原因菌の分離培養できた腸管スピロヘータ症の一例
    竹澤 敬人, 西村 直之, 林 芳和, 矢野 智則, 新城 雅行, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎, 林 俊治, 足立 吉數  日本消化器病学会雑誌  106-  (臨増大会)  A871  -A871  2009/09  [Not refereed][Not invited]
  • 【一般内科診療に役立つ消化器内視鏡ガイド コンサルテーションのポイントから最新知識まで】 消化器内視鏡のこの10年間のブレイクスルー バルーン内視鏡
    林 芳和, 矢野 智則, 山本 博徳  Medicina  46-  (7)  1156  -1161  2009/07  [Not refereed][Not invited]
     
    <ポイント>●バルーン内視鏡の登場によって,小腸疾患の診断・治療が飛躍的に進歩してきている.●ダブルバルーン内視鏡は2つのバルーンによって安全・確実な小腸内視鏡検査を実現した.●バルーン内視鏡は優れた挿入性のみならず,深部挿入後にも保たれる優れた操作性が特徴である.●近年,ダブルバルーン内視鏡の簡略型であるシングルバルーン内視鏡も登場し,小腸のバルーン内視鏡検査はより普及しつつある.(著者抄録)
  • 画像強調観察・拡大観察を用いた大腸疾患の内視鏡診断 大腸ポリープの存在診断におけるFICE観察と通常観察の比較
    砂田 圭二郎, 冨樫 一智, 志村 国彦, 宮田 知彦, 矢野 智則, 林 芳和, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  75-  (1)  56  -56  2009/06  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸疾患における新しい診断学と治療戦略 通常上下部内視鏡で出血源が同定できない消化管出血症例200例に対するダブルバルーン内視鏡の有用性の検討
    篠崎 聡, 山本 博徳, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 宮田 知彦, 新城 雅行, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  75-  (1)  59  -59  2009/06  [Not refereed][Not invited]
  • 【Helicobacter Year Book Annual Review 2008】 Helicobacter研究のレビューと今後の展望 Helicobacter pyloriの感染ルートに関する新知見
    林 俊治, 林 芳和, 平井 義一  Helicobacter Research  13-  (3)  184  -189  2009/06  [Not refereed][Not invited]
     
    2008年に報告されたHelicobacter pylori(H.pylori)の感染ルートに関する研究をレビューした。同じ菌株によって家族内感染が起きうることは確実と思われる。しかし、生活環境が異なれば、感染ルートも異なると思われ、すべてのH.pylori感染を家族内感染で説明することはできない。具体的な感染ルートとしては、口-口感染、糞-口感染、飲食物媒介感染に関する論文が報告されている。また、感染ルート解明の鍵である球状体についての報告もあるが、いまだに球状体の生死について結論は得られていない。この1年間に多くの研究が報告されたが、感染ルートの解明には至っていない。したがって、今後の更なる研究が必要であろう。(著者抄録)
  • 砂田 圭二郎, 竹澤 敬人, 佐藤 光亮, 永山 学, 豊田 亮, 井野 裕治, 西村 直之, 林 芳和, 新城 雅行, 矢野 智則, 宮田 知彦, 山本 博徳  胃と腸  44-  (6)  937  -943  2009/05  [Not refereed][Not invited]
     
    深部小腸に直接到達できるダブルバルーン内視鏡が登場し,小さな小腸病変に対しても詳細な観察と内視鏡治療を行うことが可能となった.また,内視鏡先端のバルーンを排したシングルバルーン内視鏡も発売され,両者を合わせてバルーン内視鏡として普及が進んでいる.内視鏡の普及に合わせて周辺機器や処置具の開発も進んでおり,特にCO2送気やAPC関連機器,胆道系処置具などに進化がみられる.また,従来は内視鏡が到達できないために,姑息的に経過をみるか,外科手術に頼らざるをえなかった小腸の小血管性病変や浸潤のない腫瘍性病変に対してダブルバルーン内視鏡での治療が可能となり,治療ストラテジーにも変化がみられている.(著者抄録)
  • 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 新城 雅行, 西村 直之, 林 芳和, 宮田 知彦, 山本 博徳, 菅野 健太郎  胃と腸  44-  (6)  944  -950  2009/05  [Not refereed][Not invited]
     
    小腸血管性病変は小腸出血の原因のうち,かなりの部分を占めている.しかし,その内視鏡所見は様々で,用語や分類も一定していない.消化管の血管性病変は,病理組織学的に静脈の特徴をもつangioectasia,動脈の特徴をもつDieulafoy's lesion,動脈と静脈の特徴をもつarteriovenous malformationの3つに分類できる.これを踏まえ,われわれは小腸血管性病変の内視鏡所見を,拍動の有無に着目して6つのタイプに分類した.この分類を用いることで,各病態に合わせた治療方針を決定できる.また,内視鏡所見のうえでは統一した記載が可能となり,確かな知見を集積する一助となると信じている.(著者抄録)
  • Satoshi Shinozaki, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Tomohiko Miyata, Yoshikazu Hayashi, Masayuki Arashiro, Kentaro Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  69-  (5)  AB193  -AB194  2009/04  [Not refereed][Not invited]
  • Nishimura Naoyuki, Tomonori Yano, Yoshikazu Hayashi, Masayuki Arashiro, Tomohiko Miyata, Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto, Kentaro Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  69-  (5)  AB101  -AB101  2009/04  [Not refereed][Not invited]
  • 【極めつけ大腸内視鏡】 極めつけ挿入法 バルーン補助法
    砂田 圭二郎, 竹澤 敬人, 佐藤 光亮, 永山 学, 豊田 亮, 井野 裕治, 西村 直之, 林 芳和, 新城 雅行, 矢野 智則, 宮田 知彦, 山本 博徳  消化器内視鏡  21-  (4)  587  -593  2009/04  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡(DBE)は、深部小腸の観察と治療を目的に開発されたスコープで、スコープ先端のバルーンとオーバーチューブ先端のバルーンをコントロールし、オーバーチューブ上に腸管をたたみ込みながら挿入する内視鏡である。一方、シングルバルーン内視鏡(SBE)はスコープ先端のバルーンを排したシンプルなシステムである。これらのバルーン内視鏡は、大腸内視鏡に応用でき、その挿入原理から"バルーン補助法"ともいうことができる。DBEでは3種類のスコープが発売されているが、大腸を目的とする場合では、短尺のEC450-BI5が最も扱いやすい。癒着などにより通常大腸内視鏡での挿入が困難な例、ESDなどの治療への応用はもちろんのこと、今後はルーチンの大腸内視鏡への応用が期待できる。ルーチン検査での標準的な挿入方法はS-topまでスコープをpushで挿入し、オーバーチューブのバルーンで把持してpull操作を行い、S状結腸を直線化する方法である。横行結腸も同様な方法で容易に直線化できる。(著者抄録)
  • 小腸内視鏡診断・治療の工夫 ダブルバルーン内視鏡における内視鏡機種と各種先端フードの選択・活用と、簡便な先端フード・内視鏡先端バルーン装着方法の工夫
    矢野 智則, 林 芳和, 砂田 圭二郎  Gastroenterological Endoscopy  51-  (Suppl.1)  802  -802  2009/04  [Not refereed][Not invited]
  • 若年者(18歳未満)におけるダブルバルーン内視鏡の有効性と安全性
    西村 直之, 矢野 智則, 中澤 克行, 畑中 恒, 林 芳和, 新城 雅行, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  51-  (Suppl.1)  816  -816  2009/04  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン内視鏡下にN-butyl-2-cyanoacrylate(Histoacryl)を用いた硬化療法で消失した小腸静脈瘤の1例
    井野 裕治, 矢野 智則, 永山 学, 東澤 俊彦, 阿治部 弘成, 林 芳和, 新城 雅行, 砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  51-  (Suppl.1)  879  -879  2009/04  [Not refereed][Not invited]
  • 250cm長砕石具を使用しダブルバルーン内視鏡を用いたERC下砕石術で治療した生体肝移植後胆管結石の1症例
    佐藤 光亮, 矢野 智則, 畑中 恒, 阿治部 弘成, 福島 寛美, 林 芳和, 新城 雅行, 中澤 克行, 砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  51-  (Suppl.1)  952  -952  2009/04  [Not refereed][Not invited]
  • 【大腸癌画像診断の最先端】 大腸癌の存在診断 Flexible spectral Imaging Color Enhancement(FICE)による存在診断
    冨樫 一智, 志村 国彦, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 大澤 博之, 山本 博徳  Intestine  13-  (2)  162  -166  2009/03  [Not refereed][Not invited]
     
    FICEには,遠景像が明るい,微小血管の視認性が向上する,FICE画像と通常画像が瞬時に切り替わる,色素散布を必要としない,という四つの特長がある.この四つの特長は病変の存在診断において有利に働くと推察される.存在診断において有用であった,LST-NG,sessile serrated polyp,肛門部腫瘍を提示した.FICEの有用性を実証するために,現在,筆者らが取り組んでいる通常内視鏡との比較試験について紹介した.(著者抄録)
  • クローン病小腸病変の評価とその治療 CTとDBEによるクローン病の小腸狭窄病変の評価と治療
    砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和  日本消化器病学会雑誌  106-  (臨増総会)  A86  -A86  2009/03  [Not refereed][Not invited]
  • Helicobacter pylori感染に随伴して形成される胃細菌叢
    林 芳和, 林 俊治, 太田 英孝, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  106-  (臨増総会)  A192  -A192  2009/03  [Not refereed][Not invited]
  • 短腸症候群に対する長期中心静脈栄養下で、銅欠乏による汎血球減少が認められ、ココア内服療法により改善を得られた1例
    北村 絢, 矢野 智則, 村山 瑛, 太田 英孝, 林 芳和, 新城 雅行, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 礒田 憲夫, 山本 博徳, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  106-  (臨増総会)  A401  -A401  2009/03  [Not refereed][Not invited]
  • 砂田 圭二郎, 西村 直之, 福島 寛美, 林 芳和, 新城 雅行, 矢野 智則, 宮田 知彦, 山本 博徳, 菅野 健太郎  日本内科学会雑誌  98-  (1)  94  -103  2009/01  [Not refereed][Not invited]
  • 【Intestineの時代到来 今、解決しなければならないIBDの諸問題】 カラーで見るIBDの小腸画像
    砂田 圭二郎, 西村 直之, 福島 寛美, 林 芳和, 新城 雅行, 矢野 智則, 宮田 知彦, 山本 博徳  Intestine  13-  (1)  33  -41  2009/01  [Not refereed][Not invited]
     
    カプセル内視鏡(capsule endoscopy;CE)やダブルバルーン内視鏡(double balloon enteroscopy;DBE)の開発により,全小腸の内視鏡観察が可能となった.DBEで観察されるクローン病の小腸病変の特徴は,アフタ様潰瘍,類円形潰瘍,不整形潰瘍,縦走潰瘍などである.DBEを用いると,非乾酪性類上皮細胞肉芽腫が検出されやすいアフタ様潰瘍を狙撃して生検することができ,また内視鏡先端のバルーンを拡張させて造影することにより,狭窄・痩孔・偽憩室などを明瞭に描出することができる.また,クローン病の潰瘍は腸間膜付着側に偏在する傾向があり,DBEを用いた判定により他疾患との鑑別に役立てることができる.また,クローン病の治療においては腸粘膜の粘膜治癒(mucosal healing;MH)が,その後の経過における大きな予後規定因子であることが明らかになっており,DBEやCEを用いて粘膜の状態を把握し,治療に生かしていくことが今後のクローン病治療戦略上,重要になると考えられる.(著者抄録)
  • 診断に難渋した虫垂原発腫瘍による回腸末端狭窄の1例
    竹澤 敬人, 佐藤 光亮, 永山 学, 豊田 亮, 井野 裕治, 西村 直之, 福島 寛美, 林 芳和, 新城 雅行, 矢野 智則, 宮田 知彦, 砂田 圭次郎, 宮倉 安幸, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  74-  (1)  115  -115  2008/12  [Not refereed][Not invited]
  • K. Togashi, H. Osawa, K. Koinuma, Y. Hayashi, T. Miyata, K. Sunada, M. Nokubi, H. Horie, H. Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  23-  A207  -A207  2008/10  [Not refereed][Not invited]
  • 【ここまでわかる消化管疾患の画像診断】 ダブルバルーン内視鏡
    砂田 圭二郎, 沼尾 規且, 北村 絢, 竹澤 敬人, 佐藤 光亮, 永山 学, 豊田 亮, 井野 裕治, 西村 直之, 福島 寛美, 林 芳和, 新城 雅行, 矢野 智則, 宮田 知彦, 山本 博徳  成人病と生活習慣病  38-  (9)  1056  -1064  2008/09  [Not refereed][Not invited]
     
    腸管を柔らかいオーバーチューブで内腔から把持するという新しい発想によってダブルバルーン内視鏡(DBE)は誕生し、全長5〜7mにも及び腹腔内で自由に存在する小腸を術者の意のままに内視鏡観察することが可能となった。小腸の腫瘍性病変は、小腸癌、GIST、リンパ腫などが主なものであるが、いずれも直接観察により特徴的な所見が明らかになりつつあり、同時に生検により病理学的な裏付けができるようになった。炎症性疾患としてはCrohn病が代表であるが、まだまだ原因の明らかでない潰瘍性病変も多く、鑑別のため、DBEによる潰瘍の偏在(腸間膜付着側か対側か)の評価が役立つ。血管性病変に対しては、病理学的な特徴も考慮した形態分類が報告され、今後、治療法選択も含めた活用が期待されている。Meckel憩室は、比較的頻度の高い形成異常であり、DBEによる観察で潰瘍が存在するかどうか手術療法を選択するかどうかの判断材料となる。DBEによって直接観察が可能となった小腸の代表的な疾患について、内視鏡画像とともに供覧する。(著者抄録)
  • 消化管狭窄の内視鏡治療 ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸良性狭窄性病変に対するバルーン拡張術の成績と工夫
    砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和  Gastroenterological Endoscopy  50-  (Suppl.2)  2244  -2244  2008/09  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸各部位からのHelicobacter pylori検出
    太田 英孝, 林 俊治, 林 芳和, 新城 雅行, 矢野 智則, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  50-  (Suppl.2)  2276  -2276  2008/09  [Not refereed][Not invited]
  • 肝硬変患者における小腸出血に対する小腸内視鏡による診断・治療
    北村 絢, 矢野 智則, 北出 卓, 仲谷 朋久, 本田 徹郎, 津久井 大介, 坂本 博次, 茂森 昌人, 岩下 裕一, 篠崎 聡, 林 芳和, 福島 寛美, 新城 雅行, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  50-  (Suppl.2)  2278  -2278  2008/09  [Not refereed][Not invited]
  • 黒色便を契機にカプセル内視鏡、ダブルバルーン小腸鏡を施行し、特異な病理像を示した小腸ポリープの1例
    竹澤 敬人, 仲谷 朋久, 坂本 博次, 福嶋 寛美, 林 芳和, 新城 雅行, 矢野 智則, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 菅野 健太郎, 広中 貢, 中村 哲也, 藤盛 孝博  Gastroenterological Endoscopy  50-  (Suppl.2)  2283  -2283  2008/09  [Not refereed][Not invited]
  • Hiroki Taguchi, Hironori Yamamoto, Tomohiko Miyata, Yoshikazu Hayashi, Keijiro Sunada, Kentaro Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  68-  (2)  376  -377  2008/08  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸の内視鏡診断・治療 小腸良性腫瘍
    新城 雅行, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  日本医事新報  (4393)  49  -52  2008/07  [Not refereed][Not invited]
  • 【当直医のための消化器救急診療マニュアル】 その他 緊急診療における小腸内視鏡の役割
    坂本 博次, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 新城 雅行, 林 芳和, 宮田 知彦, 山本 博徳  消化器内視鏡  20-  (6)  960  -965  2008/06  [Not refereed][Not invited]
  • 消化管悪性腫瘍に対する治療法の選択 内視鏡治療か外科治療か 下部消化管(大腸病変) 当科における大腸ESDの適応と取り組み
    新城 雅行, 山本 博徳, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 福島 寛美, 阿治部 弘成, 岩下 裕一, 茂森 昌人, 坂本 博次, 津久井 大介, 北出 卓, 仲谷 朋久, 本田 徹郎, 佐藤 貴一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  73-  (1)  65  -65  2008/06  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸疾患の診断・治療へのアプローチ 各種小腸内視鏡のすみわけはいかにすべきか ダブルバルーン内視鏡の経験から見たカプセル内視鏡の役割
    新城 雅行, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 矢野 智則, 竹澤 敬人, 林 芳和, 福島 寛美, 北村 絢, 沼尾 規且, 篠崎 聡, 茂森 昌人, 豊田 亮, 井野 裕治, 佐藤 光亮, 永山 学, 佐藤 貴一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  73-  (1)  68  -68  2008/06  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン内視鏡(DBE)を用いて上部空腸の義歯を回収した一例
    北出 卓, 阿治部 弘成, 仲谷 朋久, 本田 徹郎, 津久井 大介, 坂本 博次, 福島 寛美, 茂森 昌人, 岩下 裕一, 林 芳和, 新城 雅行, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  73-  (1)  102  -102  2008/06  [Not refereed][Not invited]
  • 冨樫 一智, 山本 博徳, 大澤 博之, 林 芳和, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 北條 宣幸, 志村 国彦, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 菅野 健太郎  胃と腸  43-  (6)  901  -909  2008/05  [Not refereed][Not invited]
     
    最近開発されたFICEは,画像処理により通常白色光から分光画像を生成し,選択した3つの分光画像をRGB信号に割り当てることにより,血管像やpit patternを強調する.大腸内視鏡検査では,(1)遠景像が明るく,(2)微小血管の視認性が向上し,(3)FICE画像へ瞬時に切り替わる,という特徴があり,表面型腫瘍やLST-NGの存在診断での有用性が期待される.腫瘍と非腫瘍の鑑別は,病変表層の微小血管模様に注目することにより可能である.SM高度浸潤癌の診断には,NBIの血管診断学が応用可能であろう.選択する分光画像の自由度は広いので,臓器や目的に応じてcustomizeすることにより,今後さらに発展する可能性がある.(著者抄録)
  • Keijiro Sunada, Tomonori Yano, Michiko Iwamoto, Tomohiko Miyata, Masayuki Arashiro, Hironari Ajibe, Hiromi Hukushima, Norikatsu Numao, Aya Kitamura, Takahito Takezawa, Tomohisa Nakaya, Takashi Kitade, Tetsuro Honda, Hirotsugu Sakamoto, Daisuke Tsukui, Masato Shigemori, Yuuichi Iwasshita, Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Kentaro Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  67-  (5)  AB274  -AB274  2008/04  [Not refereed][Not invited]
  • 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 新城 雅行, 阿治部 弘成, 福島 寛美, 仲谷 朋久, 北出 卓, 本田 徹郎, 津久井 大介, 坂本 博次, 茂森 昌人, 岩下 裕一, 林 芳和, 山本 博徳, 菅野 健太郎  胃と腸  43-  (4)  435  -442  2008/04  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡は,屈曲した腸管をバルーン付きオーバーチューブで内側から把持し,それ以上の伸展を予防するという原理に基づいて開発された内視鏡である.現在市販化されているものは,EN450-P5(有効長2,000mm,外径8.5mm,鉗子口径2.2mm:観察用),EN450-T5(有効長2,000mm,外径9.4mm,鉗子口径2.8mm:処置用),EN450-BI5(有効長1,520mm,外径9.4mm,鉗子口径2.8mm:大腸・術後腸管用)の3種類である.検査時のセデーションはconscious sedationが理想的であり,年齢などに応じて薬剤の使用量を調整することが大切であり,必ずモニタリングする必要がある.偶発症は,通常内視鏡で報告されている穿孔や出血のほかに急性膵炎やアミラーゼの上昇が報告されており,過度の短縮操作には注意を要する.(著者抄録)
  • 矢野 智則, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 岩本 美智子, 林 芳和, 新城 雅行, 宮田 知彦, 阿治部 弘成, 菅野 健太郎  胃と腸  43-  (4)  657  -661  2008/04  [Not refereed][Not invited]
     
    小腸出血の原因のうち,かなりの割合を血管性病変が占めているが,従来の検査方法では診断が困難であった.近年の小腸内視鏡の発展により,小腸血管性病変の内視鏡的診断のみならず,治療までも可能となってきた.消化管の血管性病変は,静脈の特徴を持つangioectasia,動脈の特徴を持つDieulafoy's lesion,動脈と静脈の間に吻合あるいは移行がみられるarteriovenous malformationの3つが代表的である.この病理学的背景に基づいて,拍動性の有無に着目した内視鏡分類を用いることで,内視鏡的診断とともに,適切な治療方法の選択が可能となる.(著者抄録)
  • 消化管ポリポーシスの診断・治療における内視鏡の役割 Peutz-Jeghers症候群の治療・経過観察におけるダブルバルーン内視鏡の有用性
    坂本 博次, 林 芳和, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  50-  (Suppl.1)  693  -693  2008/04  [Not refereed][Not invited]
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)にて一括切除し得た十二指腸乳頭部腺腫内癌の1例
    福島 寛美, 仲谷 朋久, 北出 卓, 津久井 大介, 竹澤 敬人, 中野 秀聡, 中澤 克行, 阿治部 弘成, 茂森 昌人, 林 芳和, 矢野 智則, 新城 雅行, 岩下 裕一, 岩本 美智子, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 大橋 明, 和田 伸一, 玉田 喜一, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  50-  (Suppl.1)  906  -906  2008/04  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン内視鏡補助下イレウスチューブ留置にて診断、腹腔鏡下癒着剥離術を行った内ヘルニア合併術後癒着性イレウスの1例
    周東 利奈, 矢野 智則, 林 芳和, 宮田 知彦, 南 信弘, 三浦 義正, 田口 宏樹, 和田 正浩, 新城 雅行, 岩本 美智子, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 井戸 健一, 菅野 健太郎, 大平 猛  Gastroenterological Endoscopy  50-  (Suppl.1)  910  -910  2008/04  [Not refereed][Not invited]
  • 【ESD 食道・大腸への展開】 大腸ESDの今後の展望
    砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 新城 雅行, 矢野 智則, 岩本 美智子, 阿治部 弘成, 福島 寛美, 仲谷 朋久, 北出 卓, 本田 徹郎, 坂本 博次, 津久井 大介, 茂森 昌介, 岩下 裕一, 林 芳和, 山本 博徳  消化器内視鏡  20-  (3)  367  -372  2008/03  [Not refereed][Not invited]
     
    腫瘍の外縁に切開ラインをおき、粘膜下層に潜って剥離するendoscopic submucosal dissection(ESD)は、単に腫瘍切除の立場から考察すれば、大腸においても理想的な切除法といえる。しかし、実際には、その手技の困難さや所要時間の長さ、偶発症の発生率の高さなども指摘されており、標準化には今少し時間を要すると考えられる。現状では、ESDのほかにEMR(計画的分割切除も含む)、腹腔鏡下手術、開腹手術の選択肢があり、病変の生物学的特徴と各施設の実情を合わせた選択が望まれる。一方で、ESDに関する技術や機器の開発は確実に進んでいる。針状ナイフ、Hookナイフ、ITナイフ、Flexナイフなどの第一世代のデバイスから、現在では個性的な第二世代のデバイスが続々と登場している。また、高周波装置の改良やCO2送気によるESDなどの工夫も報告されている。ダブルバルーン内視鏡を応用した大腸ESD専用機の登場も待たれる。将来的な大腸ESDの標準化には、単に機器の開発だけではなく、技術教育や偶発症対策などと合わせたバランスのとれた発展が不可欠である。(著者抄録)
  • Helicobacter pylori除菌療法により胃酸分泌能が回復し消化管Bacterial Overgrowth症候群が改善した1例
    本田 徹郎, 矢野 智則, 太田 英孝, 周東 利奈, 荒井 洋実, 中澤 克行, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 林 俊治, 山本 博徳, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  105-  (臨増総会)  A371  -A371  2008/03  [Not refereed][Not invited]
  • 【NSAIDs関連病変は変わった】 ダブルバルーン内視鏡によるNSAIDs起因性小腸病変の診断と治療
    林 芳和, 山本 博徳  消化器内視鏡  20-  (2)  211  -216  2008/02  [Not refereed][Not invited]
     
    NSAIDsは小腸単独の潰瘍性病変を引き起こすことがあり、通常の上部・下部消化管内視鏡では原因を特定できない消化管出血の一因となる。時には潰瘍による小腸穿孔を起こすこともあり、注意が必要である。また、NSAIDsを比較的長期に投与されている患者においては、小腸膜様狭窄症という特徴的な狭窄をきたすことがあり、イレウス症状を起こすことがある。NSAIDs起因性小腸潰瘍性病変に対しては、NSAIDsの休薬が有効ではあるが、現時点ではまだ予防のための治療法は確立していない。NSAIDs起因性の小腸膜様狭窄症に対しては、ダブルバルーン内視鏡を用いての内視鏡的バルーン拡張術が有効な治療法であると考えられる。(著者抄録)
  • Helicobacter pyloriに随伴してヒトの胃粘膜から分離される細菌群の解析
    林 俊治, 平井 義一, 林 芳和, 太田 英孝, 菅野 健太郎  日本細菌学雑誌  63-  (1)  165  -165  2008/02  [Not refereed][Not invited]
  • 新城雅行, 山本博徳, 宮田知彦, 砂田圭二郎, 矢野智則, 林芳和, 福島寛美, 阿治部弘成, 岩下裕一, 茂森昌人, 坂本博次, 津久井大介, 北出卓, 仲谷朋久, 本田徹郎, 佐藤貴一, 菅野健太郎  Prog Dig Endosc  73-  (1)  65  2008  [Not refereed][Not invited]
  • 【炎症性腸疾患の治療をどう行うか QOLからみた治療法の選び方】 クローン病 再発・再燃を早期発見するために 検査法とそのコツ
    砂田 圭二郎, 矢野 智則, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 新城 雅行, 阿治部 弘成, 福島 寛美, 仲谷 朋久, 北出 卓, 本田 徹郎, 坂本 博次, 茂森 昌人, 岩下 裕一, 林 芳和, 山本 博徳  消化器の臨床  10-  (6)  627  -632  2007/12  [Not refereed][Not invited]
     
    再発・再燃を早期に発見し、適切な治療を行い、緩解状態を長期に保つことが、クローン病患者のQOLを保つために重要である。そのためには、患者の臨床症状や血算・生化学検査の経過を慎重にみていく必要がある。CRPは、全体の病勢の把握には有用であるが、線維性(瘢痕性)狭窄によるイレウスの場合には、臨床症状の割には上昇が軽度な場合や、開放性潰瘍があっても上昇しないことがあり、注意を要する。したがって、腸管狭窄の合併症を起こさせないような粘膜治癒を目標とした治療を行うには、近年開発されたカプセル内視鏡やダブルバルーン内視鏡を活用していく必要がある。(著者抄録)
  • 特殊光を用いた大腸内視鏡検査の臨床的意義 FICEを用いた大腸ポリープの鑑別
    冨樫 一智, 宮田 知彦, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和, 山本 博徳  Progress of Digestive Endoscopy  72-  (1)  56  -56  2007/11  [Not refereed][Not invited]
  • Behcet病による回盲部狭窄をダブルバルーン内視鏡用オーバーチューブと経鼻用細経内視鏡で診断治療した一例
    武市 和憲, 矢野 智則, 吉田 徹, 岩下 裕一, 北出 卓, 坂本 博次, 津久井 大介, 仲谷 朋久, 本田 徹郎, 阿治部 弘成, 茂森 昌人, 福島 寛美, 林 芳和, 新城 雅之, 久野 亜希子, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 岩本 美智子, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  72-  (1)  104  -104  2007/11  [Not refereed][Not invited]
  • 太田 英孝, 林 芳和, 林 俊治  臨床検査  51-  (11)  1263  -1264  2007/11  [Not refereed][Not invited]
     
    Lysoplate法は寒天内における分子拡散を利用したリゾチーム測定法である。今回、高い強度と分子移動効率を併せ持つ高機能寒天をLysoplate法に用いた。通常寒天を用いた場合、溶菌円が正円形にならないことが多かったが、高機能寒天を用いた場合は、常に正円形になった。また、高機能寒天を用いたほうが溶菌円の直径が大きく、分子拡散効率が優れているからと考えた。どちらの寒天を用いても直径と濃度の対数との間に優れた相関が得られたが、高機能寒天を用いたほうが検量線の傾きが小さかった。したがって、直径の測定誤差によるリゾチーム濃度の誤差は、普通寒天よりも高機能寒天のほうが小さいことが示唆された。よって、Lysoplate法によるリゾチーム測定において、高機能寒天の利用は有用であることが示唆された。
  • 【大腸EMR、ESDの進歩】 治療機器の工夫・改良 double balloon endoscopyを用いたESD
    砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 矢野 智則, 新城 雅行, 林 芳和, 阿治部 弘成, 福島 寛美, 茂森 昌人, 岩下 裕一, 山本 博徳  早期大腸癌  11-  (6)  529  -534  2007/11  [Not refereed][Not invited]
  • 【ダブルバルーン内視鏡が変えた治療学】 ダブルバルーン内視鏡とは
    矢野 智則, 砂田 圭二郎, 岩本 美智子, 新城 雅之, 宮田 知彦, 林 芳和, 山本 博徳  消化器内視鏡  19-  (11)  1525  -1530  2007/11  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡は、内視鏡先端とオーバーチューブ先端に装着した2つのバルーンを用いて、腸管の無駄な伸展を抑制し、腸管を短縮しつつ挿入することで、小腸全域を観察可能にした内視鏡である。経口的にも経肛門的にも挿入が可能であり、バイパスされた腸管にも選択的挿入が可能である。深部小腸においても高い操作性が保たれるため、観察だけにとどまらず、さまざまな処置具を用いた内視鏡治療も行える。このことは、小腸疾患に対する診断・治療体系を大きく変えることになった。小腸出血や、小腸ポリープ、小腸狭窄、小腸異物については、内視鏡治療を行うことで開腹手術を回避できる症例が多い。また、癒着性イレウスや良性腫瘍などについては、病変部位を内視鏡的にマーキングすることで、腹腔鏡手術や腹腔鏡補助下小開腹手術につなげることが可能になった。今後、ダブルバルーン内視鏡の需要は高くなっていくと考えられる。(著者抄録)
  • 【ダブルバルーン内視鏡が変えた治療学】 小腸癒着および腸重積に対する内視鏡的アプローチ complication、安全性も含めて
    砂田 圭二郎, 矢野 智則, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 新城 雅行, 林 芳和, 竹澤 敬人, 阿治部 弘成, 福島 寛美, 茂森 昌人, 岩下 裕一, 山本 博徳  消化器内視鏡  19-  (11)  1581  -1589  2007/11  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡は、深部小腸の内視鏡観察や内視鏡治療を目的に開発され、その有用性は各方面から注目されている。術後に伴う病態として、癒着性イレウスは頻度が高い。血行障害を伴わない癒着性イレウスでは、絶食・補液管理で保存的に治療されることが多いが、この癒着は持続するため、イレウスの発症を繰り返すことが多く、厳重な食事制限や下剤の服用を余儀なくされている。こうした患者にダブルバルーン内視鏡を行うことで、癒着部位を特定し、点墨を施しておれば、後日癒着剥離術を行う際に、腹腔鏡を使用したり、小切開の開腹術などにより低侵襲な術式を選択できる可能性がある。また、腫瘍や炎症などによる器質的狭窄の除外診断を行うことができる。一方、成人の腸重積症は、腸閉塞症の原因の約1%を占め、ポリープ、癌などの腫瘍性病変が先進部となって発症することが多い。筆者らは、この腸重積を内視鏡的に整復する2つの方法を考案した。一つは経肛門的にダブルバルーン内視鏡を挿入し、内視鏡先端のバルーンを拡張させた状態で造影剤を注入し、その圧力で整復する方法である。もう一つは、経口的にダブルバルーン内視鏡を挿入し、内視鏡先端バルーンを拡張させた状態で、腸重積の原因となっているポリープごと引いてきて整復する方法である。両方法の実際の症例を紹介するが、術前に腸管虚血の評価を十分に行い、不成功時や偶発症発生時の体制(開腹術への移行)を十分に整えて臨む必要がある。(著者抄録)
  • 田口 宏樹, 山本 博徳, 林 芳和, 南 信弘, 三浦 義正, 新城 雅行, 岩本 美智子, 矢野 智則, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 菅野 健太郎  胃と腸  42-  (12)  1721  -1729  2007/11  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡にて観察したNSAIDsによる小腸病変の評価を行った.NSAIDsは小腸単独の潰瘍性病変を引き起こすことがあり,通常の上下部消化管内視鏡では原因を特定できない消化管出血の一因となりうる.また,NSAIDs長期投与患者において小腸膜様狭窄症という特徴的な狭窄を来すことがある.NSAID起因性小腸潰瘍性病変についてはNSAIDsの休薬が治療となる.また,NSAID起因性小腸膜様狭窄症に対しては,NSAIDs休薬とともにDBEによるバルーン拡張術を行うことが,これまで開腹術でしか対応できなかった,特に深部小腸の狭窄病変に対して有効な治療法であると考えられる.(著者抄録)
  • Kazutomo Togashi, Y. Hayashi, T. Miyata, K. Sunada, K. Koinuma, Y. Miyakura, H. Horie, H. Yamamoto  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  22-  A254  -A254  2007/10  [Not refereed][Not invited]
  • 【NSAID潰瘍 診断・予防・治療の最新動向】 NSAID小腸粘膜障害 診断・治療 ダブルバルーン内視鏡による診断・治療
    砂田 圭二郎, 山本 博徳, 林 芳和, 矢野 智則, 田口 宏樹, 岩本 美智子  日本臨床  65-  (10)  1866  -1874  2007/10  [Not refereed][Not invited]
  • 粘膜下腫瘍様の形態を呈した小腸Angiodysplasiaの1例
    新城 雅行, 宮田 知彦, 三浦 義正, 南 信弘, 田口 宏樹, 林 芳和, 矢野 智則, 和田 正浩, 千葉 大輔, 砂田 圭二郎, 岩本 美智子, 山本 博徳, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  49-  (Suppl.2)  2338  -2338  2007/09  [Not refereed][Not invited]
  • 【薬物性潰瘍の実態と診断・治療の進歩】 ダブルバルーン内視鏡を用いたNSAIDs起因性小腸粘膜障害の診断と治療
    岩本 美智子, 山本 博徳, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 宮田 知彦, 新城 雅行, 阿治部 弘成, 菅野 健太郎  消化器科  45-  (3)  283  -287  2007/09  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸内視鏡の進歩 カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡
    林 芳和, 山本 博徳  医学のあゆみ  222-  (8)  566  -567  2007/08  [Not refereed][Not invited]
  • 試薬および検査機器の検討 発色試薬添加Helicobacter pylori分離培地の比較検討
    林 俊治, 太田 英孝, 林 芳和, 下村 裕史, 平井 義一  臨床と微生物  34-  (4)  351  -354  2007/07  [Not refereed][Not invited]
     
    ヘリコバクター・ピロリ(Hp)の分離培養を目的に発色試薬が添加された新型培地(ポアメディア・Viヘリコ寒天培地、バイタルメディア・ピロリ寒天培地、プレート・ヘリコバクター寒天培地)及び従来型の血液添加培地を比較検討した。臨床検体にはHp陽性の慢性胃炎患者の胃粘膜より採取した生検組織8検体を用いた。発色試薬添加培地を用いた場合は血液添加培地に比べ、コロニーの抑制が有意に認められた抑制の程度は菌株によって異なっていた。但し、3種の発色試薬添加培地間では有意差を認めなかった。一方、血液添加培地よりも発色試薬添加培地の方が培地上のコロニーが明瞭でその確認が遥かに容易であった。臨床検体を用いた検討では発色試薬添加培地を用いた場合、血液添加培地を用いた場合に比べHpの検出菌数は有意に抑制されたが3種の発色試薬添加培地間では有意差を認めなかった。
  • 小腸内視鏡における診断・治療の最前線 ダブルバルーン内視鏡にてポイツ・イェガース症候群による深部小腸の腸重積を解除できた1例
    新城 雅行, 三浦 義正, 山本 博徳, 矢野 智則, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 岩本 美智子, 田口 宏樹, 南 信弘, 千葉 大輔, 和田 正浩, 林 芳和, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  71-  (1)  61  -61  2007/06  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸内視鏡における診断・治療の最前線 ダブルバルーン内視鏡を用いた盲係蹄症候群の診断
    矢野 智則, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 岩本 美智子, 林 芳和, 新城 雅行, 田口 宏樹, 三浦 正義, 南 信弘, 千葉 大輔, 和田 正浩, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  71-  (1)  61  -61  2007/06  [Not refereed][Not invited]
  • 内視鏡手技における私の工夫(胆膵その他) 先端細径透明フードは小腸狭窄部の内視鏡的バルーン拡張術をより容易にする
    林 芳和, 山本 博徳, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 新城 雅行, 田口 宏樹, 三浦 義正, 南 信弘, 千葉 大輔, 和田 正浩, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  71-  (1)  77  -77  2007/06  [Not refereed][Not invited]
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を施行した腸重積併発S状結腸脂肪腫の一例
    南 信弘, 岩本 美智子, 牛尾 文, 大竹 俊哉, 千葉 大輔, 三浦 義正, 田口 宏樹, 和田 正浩, 新城 雅行, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 宮田 知彦, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  71-  (1)  82  -82  2007/06  [Not refereed][Not invited]
  • 低用量アスピリンによる胃粘膜傷害 非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs)と小腸病変
    林 芳和  The GI Forefront  3-  (1)  26  -31  2007/06  [Not refereed][Not invited]
  • NSAID起因性下部消化管病変の実態と薬剤の予防効果 ダブルバルーン内視鏡にて観察しえたNSAIDs関連性小腸病変の評価
    田口 宏樹, 林 芳和, 菅野 健太郎  Progress in Medicine  27-  (6)  1508  -1508  2007/06  [Not refereed][Not invited]
  • 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 矢野 智則, 新城 雅行, 林 芳和, 田口 宏樹, 三浦 義正, 南 信宏, 千葉 大介, 和田 正浩  胃と腸  42-  (7)  1108  -1114  2007/06  [Not refereed][Not invited]
     
    深部小腸の観察・治療を目的として開発されたダブルバルーン内視鏡の基本原理は,屈曲した腸管をバルーン付きオーバーチューブで把持し,腸管の伸展を抑制することで,挿入力が直接内視鏡先端に伝わることである.内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は,非常に緻密な動きが要求されるが,通常の大腸内視鏡ではparadoxical movementの発生のため,術者の意図する動きが内視鏡先端に伝わらないことを経験する.ダブルバルーン内視鏡では,オーバーチューブの先端が任意の固定点となるため,術者の意図する動きが正確に伝わり,安定したESDを行うことができる.2004年9月から2006年11月の期間に行った大腸ESD144病変中,11病変(7.6%)にダブルバルーン内視鏡を用いたESDを行い,非常に有用であった.(著者抄録)
  • 【ダブルバルーン/カプセル内視鏡-診断・治療のアルゴリズム】 ダブルバルーン内視鏡
    砂田 圭二郎, 山本 博徳, 矢野 智則, 林 芳和, 岩本 美智子, 宮田 知彦, 新城 雅之, 南 信広, 三浦 義正, 田口 宏樹, 和田 正浩, 千葉 大輔, 菅野 健太郎  早期大腸癌  11-  (3)  197  -203  2007/05  [Not refereed][Not invited]
  • Kazutomo Togashi, Yoshikazu Hayashi, Tomohiko Miyata, Yasuyuki Miyakura, Keijiro Sunada, Hisanaga Horie, Hironori Yamamoto  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  65-  (5)  AB335  -AB335  2007/04  [Not refereed][Not invited]
  • Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Daisuke Chiba, Tomonori Yano, Hiroto Kita, Keijiro Sunada, Michiko Iwamoto, Tomohiko Miyata, Masauki Arashiro, Hiroki Taguchi, Yoshimasa Miura, Nobuhiro Minami, Masahiro Wada, Kenichi Ido, Kentaro Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  65-  (5)  AB184  -AB184  2007/04  [Not refereed][Not invited]
  • Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Tontonori Yano, Michiko Iwamoto, Tomohiko Miyata, Masayuki Arashiro, Yoshikazu Hayashi, Nobuhiro Minami, Yoshimasa Miura, Hiroki Taguchi, Kenichi Ido, Kentaro Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  65-  (5)  AB91  -AB91  2007/04  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸内視鏡の新展開 カプセルとダブルバルーンを中心に 小腸内視鏡検査におけるEUSの有用性
    和田 正浩, 矢野 智則, 林 芳和  Gastroenterological Endoscopy  49-  (Suppl.1)  685  -685  2007/04  [Not refereed][Not invited]
  • NSAIDによる消化器病変 ダブルバルーン内視鏡にて観察しえたNSAIDs関連性小腸病変の評価
    田口 宏樹, 林 芳和, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  49-  (Suppl.1)  699  -699  2007/04  [Not refereed][Not invited]
  • Peutz-Jeghers症候群の多発性小腸ポリープに対して、ダブルバルーン内視鏡によるポリペクトミーを施行した7症例の検討
    千葉 大輔, 林 芳和, 山本 博徳, 南 信広, 三浦 義正, 田口 宏樹, 和田 正浩, 矢野 智則, 新城 雅之, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 喜多 宏人, 岩本 美智子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  49-  (Suppl.1)  841  -841  2007/04  [Not refereed][Not invited]
  • 新波長設定を用いた画像処理システム(FICE)による大腸腫瘍の診断
    冨樫 一智, 林 芳和, 宮田 知彦, 宮倉 安幸, 砂田 圭二郎, 堀江 久永, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  49-  (Suppl.1)  846  -846  2007/04  [Not refereed][Not invited]
  • 内視鏡的整復後待機手術を施行したS状結腸腺腫内癌に起因した腸重積の1例
    尾本 美代子, 宮倉 安幸, 春田 英律, 冨樫 一智, 堀江 久永, 永井 秀雄, 林 芳和  Gastroenterological Endoscopy  49-  (Suppl.1)  909  -909  2007/04  [Not refereed][Not invited]
  • 【がん診療の最前線】 体制の充実と現状 ダブルバルーン内視鏡の現状
    砂田 圭二郎, 山本 博徳, 矢野 智則, 林 芳和, 岩本 美智子, 宮田 知彦, 新城 雅之  最新医学  62-  (3月増刊)  605  -617  2007/03  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡は,屈曲した腸管をオーバーチューブのバルーンで把持し,内視鏡挿入時の伸展を防止することで,深部挿入を可能とする原理に基づいている.このたび新しく有効長152cmのEC450-BI5が登場した.小腸のみならず,大腸や術後腸管の診断・治療に応用可能であり,その有用性が明らかとなった.今後も,学会や研究会などを通して新しい知見・経験を共有し,さらなる技術の向上や普及を目指していく必要がある.(著者抄録)
  • 【めざせコロノ・エキスパート】 挿入手技の実際 ダブルバルーン内視鏡による挿入法
    山本 博徳, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 新城 雅行, 林 芳和, 田口 宏樹, 三浦 義正, 南 信弘, 和田 正浩, 菅野 健太郎  消化器内視鏡  19-  (3)  368  -373  2007/03  [Not refereed][Not invited]
     
    大腸内視鏡の挿入の基本は、正しいオリエンテーションと内視鏡先端に有効に力を伝える操作である。ダブルバルーン内視鏡は、内視鏡シャフトに加えた力を有効に内視鏡先端に伝えることを、内視鏡機器の工夫により容易にしたものである。ダブルバルーン内視鏡を用いることにより、苦痛のない合理的な大腸内視鏡挿入が可能となり、通常内視鏡では挿入困難な症例においても、全大腸内視鏡観察を可能とする。ダブルバルーン内視鏡は、挿入性のみでなく操作性にも優れており、大腸内視鏡操作の困難部位における内視鏡治療にも有用である。本稿ではダブルバルーン内視鏡を用いた大腸内視鏡挿入法を中心に解説した。(著者抄録)
  • ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸細菌叢の解析
    太田 英孝, 林 俊治, 林 芳和, 和田 正浩, 新城 雅行, 矢野 智則, 岩本 美智子, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 喜多 宏人, 山本 博徳, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  104-  (臨増総会)  A147  -A147  2007/03  [Not refereed][Not invited]
  • 【小腸内視鏡のupdate】 ダブルバルーン内視鏡の方法と原理
    砂田 圭二郎, 山本 博徳, 矢野 智則, 喜多 宏人, 林 芳和, 岩本 美智子, 宮田 知彦, 新城 雅之  臨床消化器内科  22-  (3)  273  -280  2007/02  [Not refereed][Not invited]
     
    被検者に過度の負担をかけず,小腸を意のままに観察し,治療したいという長年の内視鏡医の夢がダブルバルーン内視鏡によって現実のものとなった.その基礎となったのが「ダブルバルーン法」の原理である.軟らかいオーバーチューブとバルーンで腸管を把持することで,腸管を直線化しなくても,屈曲やループが残ったままで,内視鏡を深部に進めることができる.また,このオーバーチューブ先端のバルーンで把持された部分が,内視鏡コントロールの基点となり,往復観察やポリペクトミー,拡張といった治療も可能になる.本稿では,このダブルバルーン内視鏡開発の基礎となった挿入原理,具体的挿入方法について解説した.(著者抄録)
  • 【安全なセデーションのすすめ】 ダブルバルーン小腸内視鏡検査におけるセデーション
    林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳  消化器内視鏡  19-  (2)  191  -193  2007/02  [Not refereed][Not invited]
     
    従来のプッシュ式小腸内視鏡に比して、ダブルバルーン小腸内視鏡は被検者への苦痛も軽減している。しかし、内視鏡検査中の腹部違和感や、経口挿入中の咽頭違和感、また比較的長い検査時間など、ある程度の苦痛を完全に克服できていない。そこで、これらの苦痛緩和のために適切なセデーションが必要である。セデーションには塩酸ペチジンとジアゼパムの併用がよく用いられる。ただし、セデーションの副作用には十分注意が必要であり、検査中の患者モニタリングが大切である。(著者抄録)
  • 【Hematochezia】 Hematocheziaの内視鏡像 回腸からの出血
    三浦 義正, 山本 博徳, 矢野 智則, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 林 芳和, 新城 雅行, 和田 正浩, 田口 宏樹, 南 信弘, 井戸 健一, 菅野 健太郎  消化器内視鏡  19-  (1)  97  -104  2007/01  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡の登場により、比較的苦痛が少なく全小腸が観察可能となり、従来"出血源不明の消化管出血"とされてきたものは"小腸出血"として直視下での病変の観察を可能にした。また、処置用スコープの開発で従来の内視鏡で施行可能な内視鏡治療の多くを、小腸においても可能とし、観察のみならず治療にも移行することが可能となった。従来はhematocheziaを起こす小腸(回腸)出血の診断は、静脈性出血や間欠性出血が疑われるときは感度の高い出血シンチ、循環動態に影響を与えるほどの多量出血例では血管造影が施行された。ダブルバルーン内視鏡の登場で病変が直視下に観察でき、そのまま治療に移行することも可能となったことは、小腸出血の治療においては革新的なことであり、今後小腸出血に対し標準的にダブルバルーン内視鏡が施行されることを期待する。本稿ではダブルバルーン内視鏡を用いた小腸(回腸)出血に対する診断と治療について、比較的頻度の高い疾患を中心に、画像を示しながら解説する。(著者抄録)
  • 【小児期にみられるGastrointestinal Stromal Tumor(GIST)の病態と治療】 GISTの内視鏡診断
    林 芳和, 山本 博徳  小児外科  39-  (1)  34  -38  2007/01  [Not refereed][Not invited]
  • 頻回のアルゴンプラズマ凝固を必要とし治療に難渋した小腸Angiodysplasiaの一例
    三浦 義正, 矢野 智則, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 林 芳和, 新城 雅行, 和田 正浩, 田口 宏和, 南 信弘, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  70-  (1)  79  -79  2006/12  [Not refereed][Not invited]
  • 盲腸顆粒型LSTに対する粘膜下層剥離術の1例
    石川 恵子, 山本 博徳, 喜多 宏人, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  70-  (1)  86  -86  2006/12  [Not refereed][Not invited]
  • 大腸内視鏡にて偶然発見した鞭虫症の一例
    田口 宏樹, 岩本 美智子, 宮田 知彦, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 矢野 智則, 新城 雅行, 和田 正浩, 喜多 宏人, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  70-  (1)  86  -86  2006/12  [Not refereed][Not invited]
  • 誤飲により十二指腸上行脚粘膜に刺入した針をダブルバルーン内視鏡を用いて安全に回収できた1症例
    新城 雅行, 宮田 知彦, 三浦 義正, 南 信弘, 田口 宏樹, 林 芳和, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 岩本 美智子, 喜多 宏人, 山本 博徳, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  70-  (1)  93  -93  2006/12  [Not refereed][Not invited]
  • 【今できる小腸疾患へのアプローチ】 小腸疾患の内視鏡治療
    林 芳和, 山本 博徳  消化器内視鏡  18-  (11)  1719  -1724  2006/11  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡は、従来暗黒大陸とよばれていた小腸の全内視鏡観察を実現しただけでなく、小腸における内視鏡治療を可能にした。ダブルバルーン内視鏡では、従来から胃や大腸で可能である内視鏡治療のほとんどが、小腸においても施行可能であり、具体的には止血術、ポリペクトミー、粘膜切除術、狭窄部拡張術、ステント留置術などのさまざまな内視鏡治療を小腸で行うことができる。これからは小腸の内視鏡治療の普及によって、従来外科手術しか治療法のなかった多くの小腸疾患が低侵襲的に治療されるようになっていくであろう。(著者抄録)
  • 矢野 智則, 山本 博徳, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 岩本 美智子, 喜多 宏人, 宮田 知彦, 新城 雅行, 菅野 健太郎  胃と腸  41-  (12)  1629  -1636  2006/11  [Not refereed][Not invited]
  • 【炎症性腸疾患 臨床における最新進歩】 小腸内視鏡は炎症性腸疾患の診断治療を変えるか?
    喜多 宏人, 山本 博徳, 矢野 智則, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 岩本 美智子, 宮田 知彦, 新城 雅行, 田口 宏樹, 三浦 義正, 南 信弘, 井戸 健一, 菅野 健太郎  炎症と免疫  14-  (6)  762  -767  2006/10  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン内視鏡は小腸全域の内視鏡検査を可能とし、多彩な小腸疾患の診断・治療に大きく貢献している。ダブルバルーン内視鏡の登場により、クローン病の小腸病変を内視鏡下に診断し、また小腸狭窄も非手術的に治療することが可能となった。今後、ダブルバルーン内視鏡のクローン病の診断・治療への利用が期待される。(著者抄録)
  • 稀なポリポージス及びそれに合併した大腸癌 我々が経験した非典型的な大腸ポリポーシス3症例の検討
    林 芳和, 山本 博徳, 竹澤 敬人, 冨樫 一智, 堀江 久永, 岡田 真樹, 小西 文雄  日本大腸肛門病学会雑誌  59-  (9)  517  -517  2006/09  [Not refereed][Not invited]
  • 自家製ファントムとマジマニードルを用いた肝腫瘍生検実習
    林 芳和, 玉田 喜一, 畑中 恒, 東澤 俊彦, 中澤 克行, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  103-  (臨増大会)  A936  -A936  2006/09  [Not refereed][Not invited]
  • S. Tanaka, K. Mitsui, K. Shirakawa, A. Tatsuguchi, T. Nakamura, Y. Hayashi, M. Takazoe, C. Sakamoto, A. Terano  JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY  21-  (7)  1228  -1228  2006/07  [Not refereed][Not invited]
  • 【ESD時代のEMR】 大腸 ESD 先端細径フードとヒアルロン酸ナトリウム局注で一括切除可能
    喜多 宏人, 山本 博徳, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 井戸 健一, 菅野 健太郎  消化器内視鏡  18-  (7)  1167  -1174  2006/07  [Not refereed][Not invited]
     
    ESDの最大の魅力は,病変粘膜を確実に狙った範囲で一括摘除できるところにある.確実な一括摘除により,正確な病理診断による治癒的切除の判断を的確に下すことが可能となる.また,実際に治療後の局所再発率もきわめて低い.大腸のESDが困難である要因は,大腸壁が薄くて軟らかいということであり,ヒアルロン酸ナトリウムの局注による厚みと硬さを与えたうえで,ニードルナイフを用いた視認下での剥離を行っている.ニードルナイフを安全に使用するためには,フードの併用が有用であり,重力を考慮し粘膜の切開と剥離を交互に繰り返すことにより,粘膜隆起を保持する戦略が重要である.適切な手技の選択により,大腸においても安全にESDを行うことは可能であり,今後の処置具や手技の改良により,ますます大腸のESDが実用的なものとなっていくことを期待する(著者抄録)
  • 【腸炎の臨床 腹痛・下痢・血便への初期対応】 小腸潰瘍性病変 見えてきた小腸病変
    林 芳和, 山本 博徳  診断と治療  94-  (5)  791  -797  2006/05  [Not refereed][Not invited]
  • Hiroto Kita, Hironori Yamamoto, Tomonori Yano, Tomohiko Miyata, Michiko Iwamoto, Keijiro Sunada, Toshiaki Omata, Yukio Tone, Taro Abe, Hakuei Shinhata, Shinji Fujieda, Hiroyuki Sato, Yoshikazu Hayashi, Kenichi Ido, Kentaro Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  63-  (5)  AB174  -AB174  2006/04  [Not refereed][Not invited]
  • 【消化器疾患 State of arts 消化管(食道・胃・腸)】 診断法をめぐる最近の進歩 内視鏡診断の進歩 ダブルバルーン内視鏡と小腸疾患
    林 芳和, 矢野 智則, 山本 博徳  医学のあゆみ  別冊-  (消化器疾患Ver.3)  230  -233  2006/04  [Not refereed][Not invited]
  • 腸閉塞症状を来たした小腸アニサキス症の一手術例
    小林 基, 林 芳和, 松野 孝, 染谷 哲史, 田村 保明, 佐藤 卓  日本消化器病学会雑誌  103-  (臨増総会)  A323  -A323  2006/03  [Not refereed][Not invited]
  • 動脈硬化の独立した危険因子としての推算糸球体濾過率の臨床的有用性
    中川 直樹, 高橋 文彦, 小林 基, 林 芳和, 阿部 昌彦, 菊池 健次郎  日本内科学会雑誌  95-  (Suppl.)  227  -227  2006/02  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン内視鏡による内視鏡的治療
    矢野 智則, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 林 芳和, 佐藤 博之, 刀根 幸夫, 小俣 俊明, 藤枝 真司, 阿部 太郎, 新畑 博英, 篠崎 聡, 太田 英孝, 久野 亜希子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  68-  (1)  62  -62  2005/11  [Not refereed][Not invited]
  • 【消化管に対する内視鏡治療】 トピックス ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸疾患の内視鏡的治療
    喜多 宏人, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 岩本 美智子, 宮田 知彦, 佐藤 博之, 林 芳和, 関根 豊, 久野 亜希子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  消化器医学  3-  123  -129  2005/10  [Not refereed][Not invited]
  • 処置用ダブルバルーン内視鏡による小腸疾患の内視鏡的治療
    林 芳和, 矢野 智則, 山本 博徳  日本消化吸収学会総会プログラム・講演抄録集  36回-  116  -116  2005/10  [Not refereed][Not invited]
  • 【消化管腫瘍の内視鏡的診断と治療 最新の動向を探る】 知られざる小腸病変 これからの小腸診療
    林 芳和, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 佐藤 博之  内科  96-  (4)  619  -624  2005/10  [Not refereed][Not invited]
     
    近年,小腸の内視鏡検査に大きな変革がもたらされた.それは全小腸内視鏡観察を可能にした2つの新しい方法,カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡の登場である.いずれも従来未知の領域であった小腸におけるさまざまな疾患の存在を明らかにしつつある.カプセル内視鏡の最大の特徴は被験者にほとんど苦痛を強いることなく全小腸の内視鏡観察を可能にしたことである.ダブルバルーン内視鏡の最大の特徴は,病変観察後に引き続いて内視鏡治療が可能であるということである.ダブルバルーン内視鏡では,従来胃や大腸で可能である内視鏡治療のほとんどが小腸においても施行可能であり,実際にわれわれは止血術,ポリペクトミー,粘膜切除術,狭窄部拡張術,ステント留置など,小腸におけるさまざまな内視鏡治療を行ってきた.今後,カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡はおのおのの特徴を生かして相補的に小腸疾患の診断・治療の発展に寄与するであろう(著者抄録)
  • 林 芳和, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 佐藤 博之, 岩本 美智子, 竹澤 敬人, 篠崎 聡, 太田 英孝, 新畑 博英, 久野 亜希子, 関根 豊, 宮田 知彦, 井戸 健一, 菅野 健太郎  胃と腸  40-  (11)  1475  -1482  2005/10  [Not refereed][Not invited]
  • 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 佐藤 博之, 阿治部 弘成, 岩本 美智子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  47-  (10)  2353  -2360  2005/10  [Not refereed][Not invited]
  • 【これがBasic technique】 小腸 ダブルバルーン内視鏡の挿入手技の基本とコツ
    宮田 知彦, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 佐藤 博之, 刀根 幸夫, 小俣 俊明, 藤枝 真司, 阿部 太郎, 新畑 博英, 岩本 美智子, 篠崎 聡, 太田 英孝, 久野 亜希子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  消化器内視鏡  17-  (10)  1762  -1766  2005/10  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸疾患への内視鏡的アプローチの新展開 処置用ダブルバルーン内視鏡による小腸疾患の内視鏡的治療
    林 芳和, 矢野 智則, 山本 博徳  Gastroenterological Endoscopy  47-  (Suppl.2)  1889  -1889  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸異物(義歯)をダブルバルーン内視鏡で除去し得た一例
    佐藤 博之, 砂田 圭二郎, 竹澤 敬人, 林 芳和, 阿治部 弘成, 八森 久, 高松 徹, 伊藤 勝宣, 篠崎 聡, 太田 英孝, 岩本 美智子, 喜多 宏人, 山本 博徳, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  47-  (Suppl.2)  2019  -2019  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 処置用ダブルバルーン内視鏡による小腸疾患の内視鏡的治療
    林 芳和, 矢野 智則, 山本 博徳  日本消化器集団検診学会雑誌  43-  (5)  189  -189  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸疾患への内視鏡的アプローチの新展開 処置用ダブルバルーン内視鏡による小腸疾患の内視鏡的治療
    林 芳和, 矢野 智則, 山本 博徳  日本消化器病学会雑誌  102-  (臨増大会)  A597  -A597  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 難治性のセリアックスプルーに悪性リンパ腫を合併した1例
    竹澤 敬人, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 阿治部 弘成, 伊藤 勝宣, 八森 久, 高松 徹, 岩本 美智子, 喜多 宏人, 山本 博徳, 井戸 健一, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  102-  (臨増大会)  A776  -A776  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 自家製肝臓モデルを用いた経皮経肝胆道ドレナージ術トレーニングの実際
    林 芳和, 玉田 喜一, 荒井 康之, 竹澤 敬人, 和田 伸一, 田野 茂夫, 佐藤 幸浩, 畑中 恒, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  102-  (臨増大会)  A834  -A834  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 腹部超音波検査にて指摘され診断に難渋した膵尾部腫瘍の一例
    荒井 康之, 玉田 喜一, 竹澤 敬人, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 和田 伸一, 田野 茂夫, 佐藤 幸浩, 畑中 恒, 佐久間 裕司, 川井 俊郎, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  102-  (臨増大会)  A857  -A857  2005/09  [Not refereed][Not invited]
  • 消化器癌に対する切開・剥離法における工夫および限界 ESD困難症例克服のための工夫
    砂田 圭二郎, 山本 博徳, 喜多 宏人, 花塚 和伸, 吉澤 充代, 林 芳和, 佐藤 博之, 阿治部 弘成, 伊藤 勝宣, 八森 久, 高松 徹, 岩本 美智子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  67-  (1)  51  -51  2005/06  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸病変に対するカプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡の比較検討
    岩本 美智子, 山本 博徳, 中村 哲也, 白川 勝朗, 中野 路子, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 菅野 健太郎, 寺野 彰  Progress of Digestive Endoscopy  67-  (1)  56  -56  2005/06  [Not refereed][Not invited]
  • 2種類のダブルバルーン内視鏡を用いた小腸疾患の診断と治療
    喜多 宏人, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩本 美智子, 阿治部 弘成, 伊藤 勝宣, 八森 久, 篠崎 聡, 宮田 知彦, 矢野 智則, 久野 亜希子, 関根 豊, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  67-  (1)  59  -59  2005/06  [Not refereed][Not invited]
  • ヒアルロン酸を用いた内視鏡的粘膜下層剥離術を施行した大腸カルチノイドの検討
    篠崎 聡, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 八森 久, 岩本 美智子, 林 芳和, 佐藤 博之, 伊藤 勝宣, 高松 徹, 宮田 知彦, 久野 亜希子, 矢野 智則, 井戸 健一, 菅野 健太郎  日本大腸肛門病学会雑誌  58-  (6)  375  -375  2005/06  [Not refereed][Not invited]
  • 【消化管疾患の診断と治療 最近の進歩】 内視鏡診断の進歩 ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸内視鏡検査
    砂田 圭二郎, 山本 博徳, 喜多 宏人, 林 芳和, 佐藤 博之, 阿治部 弘成, 岩本 美智子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  最新医学  60-  (6)  1118  -1124  2005/06  [Not refereed][Not invited]
  • 増田 舞未子, 佐藤 貴一, 佐藤 慎, 林 芳和, 喜多 宏人, 大澤 博之, 菅野 健太郎, 久野 宗寛  Progress of Digestive Endoscopy  66-  (2)  50,3  -51,3  2005/06  [Not refereed][Not invited]
     
    83歳男.検診でポリープを指摘され,胃前庭部大彎に約30mm大の山田IV型過形成性ポリープを上部消化管内視鏡にて認めた.77歳時にも胃過形成ポリープのポリッペクトミーを受けた既往があった.吐血に対する緊急内視鏡検査にてポリープの脱落消失と,その基部からの噴出性出血を認め,クリップで止血した.ポリープは基礎疾患がなくても自然脱落して大量出血をきたすことがあり,注意が必要であると考えられた
  • 【カプセル内視鏡】 カプセル内視鏡とダブルバルーン式小腸内視鏡のコンビネーションによる診断と治療
    岩本 美智子, 山本 博徳, 中村 哲也, 白川 勝朗, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 中野 道子, 平石 秀幸, 菅野 健太郎, 寺野 彰  消化器科  40-  (5)  521  -524  2005/05  [Not refereed][Not invited]
  • 肝細胞癌に対する全麻下腹腔鏡的局所治療後の局所再発形式と予後
    佐藤 慎, 礒田 憲夫, 砂田 富美子, 伊藤 勝宣, 高松 徹, 増田 舞未子, 林 芳和, 八森 久, 藤枝 毅, 東澤 俊彦, 小野 和則, 稲森 英明, 喜多 宏人, 長嶺 伸彦, 井戸 健一, 菅野 健太郎  肝臓  46-  (Suppl.1)  A268  -A268  2005/05  [Not refereed][Not invited]
  • H Kita, H Yamamoto, K Sunada, Y Hayashi, H Sato, M Iwamoto, H Ajibe, K Ito, H Hachimori, T Takamatsu, S Shinozaki, T Miyata, T Yano, A Kuno, H Osawa, K Ido, K Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  61-  (5)  AB171  -AB171  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • Y Hayashi, H Yamamoto, H Kita, H Sato, K Sunada, M Iwamoto, H Ajibe, H Hachimori, T Takamatsu, K Ito, S Shinozaki, T Miyata, T Yano, A Kuno, K Ido, K Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  61-  (5)  AB166  -AB166  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • H Kita, H Yamamoto, K Sunada, Y Hayashi, H Sato, M Yoshizawa, M Iwamoto, H Ajibe, K Ito, H Hachimori, T Takamatsu, S Shinozaki, T Miyata, T Yano, M Nishimura, Y Sekine, A Kuno, H Osawa, K Ido, K Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  61-  (5)  AB257  -AB257  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • H Kita, H Yamamoto, S Shinozaki, H Sato, K Sunada, Y Hayashi, M Iwamoto, H Ajibe, K Ito, H Hachimori, T Takamatsu, T Miyata, T Yano, A Kuno, K Ido, K Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  61-  (5)  AB105  -AB105  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • M Iwamoto, H Yamamoto, H Kita, K Sunada, Y Hayashi, H Sato, K Sugano, K Shirakawa, T Nakamura, A Terano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  61-  (5)  AB167  -AB167  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • S Shinozaki, H Yamamoto, H Kita, K Sunada, H Sato, Y Hayashi, M Iwamoto, H Ajibe, T Yano, M Miyata, A Kuno, H Hachimori, K Ito, T Takamatsu, K Ido, K Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  61-  (5)  AB182  -AB182  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • K Sunada, H Yamamoto, H Kita, Y Hayashi, H Sato, M Iwamoto, H Ajibe, K Ito, H Hachimori, T Takamatsu, S Shinozaki, T Miyata, T Yano, A Kuno, K Ido, K Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  61-  (5)  AB183  -AB183  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • 【ここまできた小腸内視鏡】 ダブルバルーン内視鏡の開発と臨床応用
    喜多 宏人, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 矢野 智則, 岩本 美智子, 阿治部 弘成, 井戸 健一, 菅野 健太郎  消化器内視鏡  17-  (4)  451  -457  2005/04  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン法は,山本が考案した新たな内視鏡挿入法である.2003年秋にフジノン東芝ESシステム株式会社からダブルバルーン内視鏡システムが市販され,ダブルバルーン内視鏡による小腸全域の内視鏡検査が日常臨床に導入可能となった.このダブルバルーン内視鏡システムは,先端にバルーン装着を可能とした専用内視鏡,バルーン付きオーバーチューブ,バルーンの拡張・脱気用ポンプから構成されており,2種類の専用内視鏡が市販されている.自治医科大学消化器内科において,2004年3月までの期間に123例の患者に対し,延べ178件のダブルバルーン内視鏡検査を施行し,50例の出血病変,23例の狭窄病変,17例の小腸腫瘍性病変を同定した.また,内視鏡治療として,出血病変に対する通電凝固による止血処置を12例,ポリペクトミーを1例,EMRを1例,バルーン拡張を6例,ステント留置を2例に行った.ダブルバルーン内視鏡は小腸疾患の診断・治療に大いに貢献することが期待される(著者抄録)
  • 【ここまできた小腸内視鏡】 ダブルバルーン内視鏡を用いて小腸狭窄を拡張したCrohn病の1例
    砂田 圭二郎, 山本 博徳, 喜多 宏人, 岩本 美智子, 林 芳和, 佐藤 博之, 阿治部 弘成, 菅野 健太郎  消化器内視鏡  17-  (4)  523  -525  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • NSAIDと下部消化管疾患 内視鏡医の役割 NSAIDsは出血源不明の消化管出血患者の小腸潰瘍の原因となる
    林 芳和, 山本 博徳, 喜多 宏人  Gastroenterological Endoscopy  47-  (Suppl.1)  721  -721  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン小腸内視鏡を用いて小腸ポリープを内視鏡的に切除したPeutz-Jeghers syndromeの一例
    高松 徹, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩本 美智子, 阿治部 弘成, 伊藤 勝宣, 八森 久, 篠崎 聡, 矢野 智則, 久野 亜希子, 宮田 知彦, 関根 豊, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  47-  (Suppl.1)  762  -762  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン内視鏡を用いて内視鏡的に切除された小腸隆起性病変の検討
    佐藤 博之, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 岩本 美智子, 阿治部 弘成, 八森 久, 高松 徹, 伊藤 勝宣, 篠崎 聡, 宮田 知彦, 矢野 智則, 久野 亜希子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  47-  (Suppl.1)  762  -762  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • 透明フードの使用により止血しえた十二指腸憩室出血の1例
    関根 沙耶花, 林 芳和, 齋藤 俊信, 八森 久, 佐藤 幸浩, 吉澤 充代, 平澤 知介, 大澤 博之, 佐藤 貴一, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  47-  (Suppl.1)  817  -817  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡の併用が有用であった小腸潰瘍の1症例
    伊藤 勝宣, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩本 美智子, 阿治部 弘成, 高松 徹, 八森 久, 篠崎 聡, 矢野 智則, 久野 亜希子, 宮田 和彦, 井戸 健一, 菅野 健太郎, 中村 哲也, 白川 勝朗, 寺野 彰  Gastroenterological Endoscopy  47-  (Suppl.1)  824  -824  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • 大腸ヘルニア嵌頓術後の虚血性小腸狭窄をダブルバルーン内視鏡を用いたバルーン拡張術で拡張しえた1例
    竹澤 敬人, 砂田 圭二郎, 山口 浩史, 林 芳和, 佐藤 博之, 阿治部 弘成, 伊藤 勝宣, 八森 久, 高松 徹, 岩本 美智子, 喜多 宏人, 山本 博徳, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  47-  (Suppl.1)  825  -825  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • Roux-en-Y再建後の閉塞性黄疸に対し,有効長133cmのダブルバルーン内視鏡にてメタリックステントを留置した1例
    八森 久, 山本 博徳, 玉田 喜一, 喜多 宏人, 和田 伸一, 砂田 圭二郎, 田野 茂夫, 佐藤 博之, 佐藤 幸浩, 林 芳和, 岩本 美智子, 阿治部 弘成, 伊藤 勝宣, 高松 徹, 井戸 健一, 菅野 健太郎, 齋藤 心, 太田 真, 細谷 好則, 安田 是和, 永井 秀雄  Gastroenterological Endoscopy  47-  (Suppl.1)  842  -842  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • 誰にもできる大腸鏡 大腸内視鏡挿入困難例におけるダブルバルーン内視鏡一人法の試み
    林 芳和, 山本 博徳, 佐藤 博之  Gastroenterological Endoscopy  47-  (Suppl.1)  570  -570  2005/04  [Not refereed][Not invited]
  • Crohn病を合併したTurner症候群の1例
    宮田 五月, 高松 徹, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 岩本 美智子, 佐藤 慎, 林 芳和, 菅野 健太郎  日本内科学会関東地方会  525回-  21  -21  2005/03  [Not refereed][Not invited]
  • 上下部消化管内視鏡で出血源が同定できない消化管出血症例66例に対するダブルバルーン内視鏡の有用性の検討
    篠崎 聡, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩本 美智子, 伊藤 勝宣, 高松 徹, 八森 久, 矢野 智則, 久野 亜希子, 宮田 知彦, 井戸 健一, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  102-  (臨増総会)  A275  -A275  2005/03  [Not refereed][Not invited]
  • クローン病発症後14年経過した後に盲腸癌を発症した1例
    阿治部 弘成, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 岩本 美智子, 佐藤 博之, 林 芳和, 井戸 健一, 菅野 健太郎, 伊澤 祥光, 小島 正幸, 堀江 久永, 岡田 真樹  日本消化器病学会雑誌  102-  (臨増総会)  A354  -A354  2005/03  [Not refereed][Not invited]
  • FDG-PETにて集積を認めた腫瘤形成性慢性膵炎の一例
    林 芳和, 玉田 喜一, 佐藤 幸浩, 畑中 恒, 花塚 和伸, 田野 茂夫, 和田 伸一, 冨山 剛, 菅野 健太郎, 田中 亨  日本消化器病学会雑誌  102-  (臨増総会)  A362  -A362  2005/03  [Not refereed][Not invited]
  • 【トラブルのない内視鏡挿入法の基本とコツ】 下部内視鏡 S状結腸をスムーズに越えるために
    林 芳和, 山本 博徳  消化器の臨床  8-  (1)  63  -65  2005/02  [Not refereed][Not invited]
  • 初学者のための技術解説 コツを中心に 胆管,膵管へのカテーテル挿入法
    玉田 喜一, 和田 伸一, 田野 茂夫, 佐藤 幸浩, 花塚 和伸, 大橋 明, 東澤 俊彦, 中澤 克行, 林 芳和, 佐藤 博之, 阿治部 弘成, 菅野 健太郎, 井戸 健一, 冨山 剛  消化器内視鏡  17-  (1)  112  -117  2005/01  [Not refereed][Not invited]
  • 増田 舞未子, 佐藤 貴一, 佐藤 慎, 林 芳和, 喜多 宏人, 大澤 博之, 菅野 健太郎, 久野 宗寛  Progress of Digestive Endoscopy  66-  (1)  62  -62  2004/12  [Not refereed][Not invited]
  • 内視鏡の読み方 小腸GIST(gastrointestinal stromal tumor)の2例
    林 芳和, 山本 博徳, 櫻井 信司, 菅野 健太郎  臨床消化器内科  19-  (13)  1794  -1798  2004/11  [Not refereed][Not invited]
  • 画像からすすめる腹部疾患診療の実際 小腸腫瘍
    林 芳和, 山本 博徳  Medical Practice  21-  (10)  1769  -1773  2004/10  [Not refereed][Not invited]
  • 【消化管画像診断と機能診断 治療への応用】 新しい消化管画像診断とその治療への応用 ダブルバルーン法による小腸内視鏡
    喜多 宏人, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩城 孝明, 川村 欣之, 久野 亜希子, 関根 豊, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  消化器医学  2-  27  -32  2004/10  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸良性狭窄に対してダブルバルーン法を用いた小腸内視鏡下における拡張術が有効であった1症例
    阿治部 弘成, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 喜多 宏人, 岩本 美智子, 矢野 智則, 岩城 孝明, 林 芳和, 佐藤 博之, 川村 欣之, 宮田 知彦, 関根 豊, 久野 亜希子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  46-  (Suppl.2)  1990  -1990  2004/09  [Not refereed][Not invited]
  • 術後Roux-en-Y再建の輸入脚病変に対するダブルバルーン内視鏡の有用性の検討
    佐藤 博之, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 林 芳和, 花塚 和伸, 佐藤 幸浩, 矢野 智則, 岩本 美智子, 阿治部 弘成, 宮田 知彦, 久野 亜希子, 田野 茂夫, 玉田 喜一, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  46-  (Suppl.2)  2000  -2000  2004/09  [Not refereed][Not invited]
  • 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩本 美智子, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  101-  (9)  976  -982  2004/09  [Not refereed][Not invited]
     
    ダブルバルーン法に基づく新たな内視鏡システムの特徴は全小腸の内視鏡観察をも実現した挿入法のみならず,深部小腸においても発揮される優れた操作性にあるといえる.内視鏡コントロールの基点はオーバーチューブのバルーンでの把持部であり,消化管の任意の部位に置くことが出来る.ダブルバルーン内視鏡の登場によりこれまで内視鏡到達が困難であった小腸にも内視鏡的精査,治療を行うことが可能となった.そこで,著者らの試作機時代からの使用経験をもとにその有用性について紹介した
  • ダブルバルーン内視鏡にて観察された診断困難な消化管出血の原因となったメッケル憩室の4例
    篠崎 聡, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩城 孝明, 川村 欣之, 久野 亜希子, 関根 豊, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 阿治部 弘成, 井戸 健一, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  101-  (臨増大会)  A735  -A735  2004/09  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン小腸内視鏡にて観察できた小腸MALTリンパ腫の一例
    林 芳和, 山本 博徳, 佐藤 貴一, 大西 洋英, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 佐藤 博之, 阿治部 弘成, 佐藤 幸治, 矢野 智則, 岩本 美智子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  101-  (臨増大会)  A737  -A737  2004/09  [Not refereed][Not invited]
  • 経皮経肝胆道ドレナージ針の穿刺性質の超音波画像的検討 寒天で作製した肝臓モデルを用いて
    林 芳和, 玉田 喜一, 佐藤 幸浩, 松倉 由季, 花塚 和伸, 田野 茂夫, 東澤 俊彦, 岩城 孝明, 増田 舞未子, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  101-  (臨増大会)  A842  -A842  2004/09  [Not refereed][Not invited]
  • 【EUS/IDUSの応用と胆膵臨床の進歩】 EUS/IDUSによる胆管病変の鑑別診断と胆管癌の深達度診断
    玉田 喜一, 和田 伸一, 田野 茂夫, 佐藤 幸浩, 花塚 和伸, 大橋 明, 中澤 克行, 林 芳和, 佐藤 博之, 東澤 俊彦, 菅野 健太郎, 井戸 健一, 冨山 剛  胆と膵  25-  (8)  469  -474  2004/08  [Not refereed][Not invited]
     
    本邦での熱心な臨床研究の蓄積から,超音波内視鏡検査(EUS)および管腔内超音波検査(IDUS)は胆管病変の有用な検査法となった.ただし良悪性鑑別診断および進展度診断において,正診率は用いる診断基準により変わるものである.さらなる適切な診断基準の検討が肝要である.欧米と本邦では,胆管疾患の構成背景も,胆管癌の手術適応に対する考えもかなり異なる.したがって,これらの背景を考えた上で論文内容を理解する必要がある(著者抄録)
  • ステント治療の進歩とその成績 ダブルバルーン小腸鏡の応用 小腸癌による小腸狭窄に対する小腸内ステント留置の経験
    林 芳和, 山本 博徳, 佐藤 博之, 矢野 智則, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 岩城 孝明, 川村 欣之, 阿治部 弘成, 岩本 美智子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  65-  (1)  60  -60  2004/06  [Not refereed][Not invited]
  • 内視鏡検査・治療におけるワンポイントアドバイス 切開・剥離法における血管処置と止血方法
    砂田 圭二郎, 山本 博徳, 花塚 和伸, 喜多 宏人, 岩本 美智子, 岩城 孝明, 林 芳和, 川村 欣之, 佐藤 博之, 阿治部 弘成, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  65-  (1)  72  -72  2004/06  [Not refereed][Not invited]
  • 消化器内視鏡の新しい診断・治療法の展開 ダブルバルーン法による小腸内視鏡を用いた小腸疾患の診断と治療
    喜多 宏人, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩城 孝明, 川村 欣之, 阿治部 弘成, 岩本 美智子, 久野 亜希子, 関根 豊, 宮田 知彦, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  65-  (1)  77  -77  2004/06  [Not refereed][Not invited]
  • 医学と医療の最前線 小腸内視鏡検査
    山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩本 美智子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  日本内科学会雑誌  93-  (6)  1189  -1199  2004/06  [Not refereed][Not invited]
     
    ワイヤレスカプセル内視鏡は苦痛もなく,被検者を医療施設に拘束することも無く全小腸の内視鏡画像検査を可能とした画期的検査法である.小腸疾患の初期検査としての有用性が期待されるが生検,内視鏡治療が出来ないこと,狭窄部での滞留の危険性がある事などが問題である.ダブルバルーン内視鏡は内視鏡先端とオーバーチューブ先端の二つのバルーンを組み合わせて操作し,腸管を短縮しながら挿入していく新しい内視鏡挿入概念に基づいた内視鏡である.経口的,経肛門的のどちらからのルートでも挿入でき,消化管全域の内視鏡検査が可能となった.深部小腸においても操作性に優れ,任意の部位での往復観察,生検,内視鏡処置が可能である
  • 新しい治療 ダブルバルーン法による深部小腸疾患の治療
    林 芳和, 山本 博徳  治療学  38-  (5)  570  -573  2004/05  [Not refereed][Not invited]
  • K Sunada, H Yamamoto, H Kita, T Yano, M Iwamoto, Y Hayashi, H Sato, T Iwaki, Y Kawamura, H Ajibe, K Ido, K Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  59-  (5)  AB157  -AB157  2004/04  [Not refereed][Not invited]
  • M Iwamoto, H Yamamoto, K Sunada, T Yano, H Kita, Y Sekine, Y Hayashi, H Sato, T Miyata, T Iwaki, H Ajibe, Y Kwamura, K Ido, K Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  59-  (5)  AB155  -AB155  2004/04  [Not refereed][Not invited]
  • T Yano, H Yamamoto, H Kita, M Nishimura, K Sunada, Y Hayashi, H Sato, M Iwamoto, Y Sekine, T Miyata, A Kano, T Iwaki, Y Kawamura, H Ajibe, K Ido, K Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  59-  (5)  AB269  -AB269  2004/04  [Not refereed][Not invited]
  • T Yano, H Yamamoto, H Kita, K Sunada, Y Hayashi, H Sato, M Iwamoto, Y Sekine, T Miyata, A Kuno, T Iwaki, Y Kawamura, H Ajibe, K Ido, K Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  59-  (5)  AB266  -AB266  2004/04  [Not refereed][Not invited]
  • H Sato, H Yamamoto, H Kita, K Sunada, Y Hayashi, T Yano, M Iwamoto, T Iwaki, T Miyata, Y Sekine, A Kuno, Y Kwamura, H Ajibe, K Ido, K Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  59-  (5)  AB156  -AB156  2004/04  [Not refereed][Not invited]
  • H Yamamoto, H Kita, K Sunada, Y Hayashi, H Sato, T Yano, M Iwamoto, Y Sekine, T Miyata, A Kuno, T Iwaki, Y Kawamura, H Ajibe, K Ido, K Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  59-  (5)  AB100  -AB100  2004/04  [Not refereed][Not invited]
  • Y Hayashi, H Yamamoto, H Kita, K Sunada, H Sato, T Yano, M Iwamoto, Y Sekine, T Miyata, A Kuno, T Iwaki, Y Kawamura, H Ajibe, K Ido, K Sugano  GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY  59-  (5)  AB156  -AB156  2004/04  [Not refereed][Not invited]
  • 大腸内視鏡挿入法の工夫 特に挿入困難例に対して 大腸内視鏡挿入困難症例に対するダブルバルーンメソッドを用いた大腸内視鏡挿入法
    林 芳和, 山本 博徳, 岩本 美智子  Gastroenterological Endoscopy  46-  (Suppl.1)  542  -542  2004/04  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸癒着性イレウスを繰り返す症例に対し,ダブルバルーン内視鏡が狭窄部位の診断上有効であった症例の検討
    阿治部 弘成, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 喜多 宏人, 岩本 美智子, 矢野 智則, 岩城 孝明, 林 芳和, 佐藤 博之, 川村 欣之, 宮田 知彦, 関根 豊, 久野 亜希子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  46-  (Suppl.1)  635  -635  2004/04  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン内視鏡にて診断した小腸angiodysplasia症例の臨床的検討
    佐藤 博之, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 岩本 美智子, 岩城 孝明, 川村 欣之, 林 芳和, 阿治部 弘成, 宮田 知彦, 関根 豊, 久野 亜希子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Gastroenterological Endoscopy  46-  (Suppl.1)  635  -635  2004/04  [Not refereed][Not invited]
  • Blind-pouch-syndromeに伴う潰瘍よりの大量出血を認めた一例
    川村 欣之, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 岩本 美智子, 砂田 冨美子, 佐藤 博之, 岩城 孝明, 林 芳和, 阿治部 弘成, 井戸 健一, 菅野 健太郎, 瑞木 学, 永井 秀雄  Gastroenterological Endoscopy  46-  (Suppl.1)  734  -734  2004/04  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸疾患(炎症性腸疾患を除く)診療の進歩とその現状 新たな小腸内視鏡技術double-balloon methodによる小腸疾患の診断・治療
    山本 博徳, 喜多 宏人, 林 芳和  日本消化器病学会雑誌  101-  (臨増総会)  A125  -A125  2004/03  [Not refereed][Not invited]
  • 小腸内視鏡で観察しえたNSAIDs起因性小腸病変の検討
    林 芳和, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 岩本 美智子, 砂田 富美子, 岩城 孝明, 川村 欣之, 佐藤 博之, 井戸 健一, 菅野 健太郎  日本消化器病学会雑誌  101-  (臨増総会)  A246  -A246  2004/03  [Not refereed][Not invited]
  • ダブルバルーン法を用いた小腸鏡で観察し,術後再発病変に対しバルーン拡張術を施行した回腸多発性狭窄病変の1例
    篠崎 聡, 山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 桂二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩城 孝明, 川村 欣之, 久野 亜希子, 関根 豊, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 井戸 健一, 菅野 健太郎, 遠藤 和洋, 岡田 真樹, 永井 秀雄, 河田 浩敏, 斉藤 建  日本消化器病学会雑誌  101-  (臨増総会)  A316  -A316  2004/03  [Not refereed][Not invited]
  • 【食道・胃・十二指腸疾患の診療up to date】 胃・十二指腸 早期胃癌のEMR適応拡大と手技
    山本 博徳, 喜多 宏人, 砂田 圭二郎, 花塚 和伸, 関根 豊, 久野 亜希子, 泉谷 昌志, 東澤 俊彦, 林 芳和, 佐藤 博之, 川村 欣之, 岩城 孝明, 阿治部 弘成, 岩本 美智子, 佐藤 貴一, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Pharma Medica  22-  (1)  39  -43  2004/01  [Not refereed][Not invited]
  • 下部消化管内視鏡治療における私の工夫 大腸腫瘍に対するヒアルロン酸ナトリウムと先端細径フードを用いた切開・剥離法
    砂田 圭二郎, 山本 博徳, 喜多 宏人, 岩本 美智子, 岩城 孝明, 林 芳和, 川村 欣之, 佐藤 博之, 阿治部 弘成, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  64-  (1)  57  -57  2003/11  [Not refereed][Not invited]
  • 苦痛なき内視鏡検査を求めて Double-balloon methodは,大腸内視鏡挿入困難症例に対し苦痛のない全大腸内視鏡検査を可能にする
    喜多 宏人, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 矢野 智則, 林 芳和, 佐藤 博之, 岩城 孝明, 川村 欣之, 久野 亜希子, 関根 豊, 宮田 知彦, 岩本 美智子, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  64-  (1)  64  -64  2003/11  [Not refereed][Not invited]
  • Double-balloon methodによる小腸内視鏡にて微細な出血を確認し処置し得た小腸angiodysplasiaの2例
    佐藤 博之, 山本 博徳, 砂田 圭二郎, 喜多 宏人, 岩本 美智子, 岩城 孝明, 川村 欣之, 林 芳和, 井戸 健一, 菅野 健太郎  Progress of Digestive Endoscopy  64-  (1)  94  -94  2003/11  [Not refereed][Not invited]
  • 術前に診断できたGastrointestinal stromal tumor(GIST)の1例
    林 芳和, 佐々木 彰, 齊藤 哲也, 和久 勝昭, 小川 弥生  地域医療  (第42回特集号)  383  -385  2003/08  [Not refereed][Not invited]
  • 離島の看護師はどこからやってくるのか? 離島病院の安定した看護体制の確保に向けて
    高村 紀美子, 鈴木 奈麻美, 林 芳和, 和久 勝昭  地域医療  (第42回特集号)  591  -593  2003/08  [Not refereed][Not invited]
  • 【大腸内視鏡検査の進歩と技術の工夫】 大腸内視鏡の新しい挿入法 Double-balloon method
    山本 博徳, 砂田 圭二郎, 喜多 宏人, 岩本 美智子, 矢野 智則, 宮田 知彦, 関根 豊, 久野 亜希子, 大西 展樹, 岩城 孝明, 川村 欣之, 佐藤 博之, 林 芳和, 菅野 健太郎  消化器科  36-  (6)  559  -563  2003/06  [Not refereed][Not invited]
  • 過去15年間における当院癌登録の検討
    佐々木 彰, 林 芳和, 和久 勝昭, 竹原 有史  地域医療  (第41回特集号)  823  -825  2003/03  [Not refereed][Not invited]
  • 大腸癌イレウスに対し,食道用ステントを用いてSECC(stent endprostesis for colorectal cancer)を施行し,待機的根治手術を施行し得た一例
    林 芳和, 竹原 有史, 白山 真司  地域医学  16-  (5)  277  -280  2002/05  [Not refereed][Not invited]
     
    82歳女.主訴は腹部膨満,便秘,嘔気.腹部X線,CT検査によりS状結腸癌によるイレウスと診断し,ステントごと根治的S状結腸切除術を施行した.術後,創感染から波及した脂肪織炎にて加療を要したが無事退院し,外来にて経過観察中である.症例は搬送困難な冬の北海道の離島にて発症したが,拡張腸管内の減圧,食道用ステントを用いた狭窄部解除に成功し,待機的に根治術が施行された
  • 過去15年間における当院癌登録の検討
    佐々木 彰, 林 芳和, 和久 勝昭, 竹原 有史  全国国保地域医療学会抄録集  41回-  224  -224  2001/09  [Not refereed][Not invited]
  • 当科における消化管出血に対する緊急上部消化管内視鏡検査の現状
    小林 厚志, 石関 哉生, 林 芳和, 岡本 聡, 田森 啓介, 横浜 吏郎, 稲場 守, 谷 光憲  名寄市立病院医誌  9-  (1)  23  -26  2001/04  [Not refereed][Not invited]
     
    名寄市立総合病院の医療圏は,北は手塩,南は風速,東西は道北日本海沿岸からオホーツク海沿岸に亘っている.過去3年間に当院に救急外来に搬送され,緊急内視鏡的止血術を施行した上部消化管出血症例44例を対象に,患者の所在地,出血原因,出血部位,止血法,止血術後の経過について検討した.その結果,内視鏡的止血術は合併症もなく,更に緊急手術となった症例もなかったことから,安全確実な処置法であると思われた.当院のように,広大な医療圏を抱えている場合,地理的要因から発症後時間の経過した上部消化管出血症例も多く,遠隔地の初診医や救急隊スタッフからの情報および当院内視鏡スタッフの協力のもと,迅速で確実な内視鏡的治療を継続しなければならない
  • proton pump inhibitorが食道狭窄の誘因になったと考えられる重症逆流性食道炎の2例
    横浜 吏郎, 林 芳和, 岡本 聡, 稲場 守, 谷 光憲, 牧野 勲  日本消化器病学会雑誌  97-  (臨増大会)  A553  -A553  2000/09  [Not refereed][Not invited]
  • 当科における同時性多発大腸癌症例の臨床病理学的検討
    谷 光憲, 林 芳和, 岡本 聡, 横浜 吏郎, 稲場 守  日本大腸検査学会雑誌  17-  (1)  122  -125  2000/08  [Not refereed][Not invited]
     
    1996〜1999年に内視鏡的及び外科的に切除した大腸癌165症例(男101例,女64例,平均68.4歳)について検討した.同時性多発大腸癌症例は29症例であった.同時性多発大腸癌症例を臨床病理学的に検討したところ,単発癌症例群同様男性に多く,両群とも平均70歳前後と差を認めなかった.大腸ポリープの合併率を両群で比較したところ,多発癌症例群が有意に高かった.次に多発癌症例群の占拠部位について検討したところ,上行結腸X上行結腸,S状結腸XS状結腸の順に多く,肉眼形態では,I型XI型,Borr2型XI型の順,深達度では,m癌Xm癌が最も多く,病理組織では,高分化腺癌X高分化腺癌が圧倒的に多かった
  • 全周性横行結腸癌に食道用expandable metallic stent留置が有効であった一症例
    林 芳和, 横浜 吏郎, 岡本 聡, 稲場 守, 谷 光憲  日本大腸検査学会雑誌  17-  (1)  154  -157  2000/08  [Not refereed][Not invited]
     
    79歳男.脳梗塞後遺症にて入院中,腹部膨満及び嘔吐が出現した.大腸内視鏡検査にて全周性の横行結腸癌による腸閉塞と診断された.経鼻的イレウス管を挿入し,手術を検討するも全身状態の悪化により手術を断念した.腸閉塞症状の改善のため食道用self-expandable metallic stentを狭窄部に留置し,腸閉塞は改善した為,経鼻的イレウス管を抜去後,経口摂取も可能となった.留置3ヵ月後,脳梗塞の再発により経口摂取は不可能となったが,留置後6ヵ月経った現在でもステントは開存し,腸閉塞の再発は認めていない
  • 特異な形態を呈したAFP産生胃癌の一例
    福良 厳宏, 西山 徹, 村川 力彦, 林 芳和, 谷 光憲, 久保田 宏  名寄市立病院医誌  8-  (1)  111  -115  2000/05  [Not refereed][Not invited]
     
    AFP(α-fetoprotein)産生胃癌の多くは,形態的に粘膜内病変もしくは粘膜より漿膜側へ浸潤する病変として認められる.今回,粘膜下腫瘍及び著明な胃壁外進展を呈するという特異な形態を呈し急な転帰を辿った56歳男性例を経験した
  • 当科における経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)の現況
    岡本 聡, 稲場 守, 横浜 吏郎, 林 芳和, 谷 光憲  名寄市立病院医誌  8-  (1)  23  -25  2000/05  [Not refereed][Not invited]
     
    胃瘻は経鼻胃管に比べ違和感が少なく,自己抜去の危険が少ないため,患者に対して抑制処置が緩和され,ひいては,不穏状態の改善が見込まれるため,時として,経口摂取が可能となる場合がある
  • 当院における肝細胞癌診療の現況
    横浜 吏郎, 林 芳和, 岡本 聡, 稲場 守, 谷 光憲  名寄市立病院医誌  8-  (1)  17  -22  2000/05  [Not refereed][Not invited]
     
    名寄市立総合病院・消化器内科における平成6年1月〜11年6月の肝細胞癌(A)患者65例について特徴,診断,治療成績などを検討し,診療上の問題点や今後の課題について考察した.A症例が原発性肝癌症例全体に占める割合は90%以上であった.A症例の95%以上は何らかの基礎疾患を有し,特に最近ではB型・C型肝炎ウイルス感染を伴わないアルコール性肝硬変患者からの発癌が多くなっていた.画像診断では超音波検査による小肝細胞癌の発見率が高かった.治療法別の累積生存率をみると,経皮的エタノール注入療法(PEIT)及びPEIT+肝動脈塞栓療法(TAE)の成績が他施設と同等であったのに対し,TAEのみを施行した群ではやや劣る傾向にあり今後の課題と考えられた
  • 当科における下部消化管内視鏡検査及び大腸癌症例の検討
    谷 光憲, 林 芳和, 岡本 聡, 横浜 吏郎, 稲場 守  名寄市立病院医誌  8-  (1)  11  -13  2000/05  [Not refereed][Not invited]
     
    下部消化管内視鏡検査において,男性が盲腸迄の到達時間が短く,挿入率も高率であった.内視鏡挿入に際し中断した理由は,男女とも疼痛が全体の約7割を占めていた
  • 術前検査において発見された大腸癌症例の検討
    谷 光憲, 林 芳和, 岡本 聡, 横浜 吏郎, 稲場 守  名寄市立病院医誌  8-  (1)  14  -16  2000/05  [Not refereed][Not invited]
     
    術前検査時に発見された大腸癌17症例21病変について検討した.胆石症が最も多く(64.7%),大腸癌の占拠部位は左側結腸に15病変を認め,深達度ではm癌16病変,肉眼形態ではIspが12病変と最も多かった.術前検査にあたっては便潜血反応の結果に拘わらず,TCSをルーチンに施行する必要があると思われた
  • 当科において経験した若年者大腸癌の一症例
    林 芳和, 岡本 聡, 横浜 吏郎, 稲場 守, 谷 光憲, 福良 厳宏, 西山 徹, 久保田 宏  名寄市立病院医誌  8-  (1)  94  -95  2000/05  [Not refereed][Not invited]
     
    症例は17歳女で,下腹部痛,肛門痛,下痢を主訴とし,便潜血反応が陽性を示した.大腸内視鏡や各種画像所見より大腸癌と診断し,低位前方切除術を行った.術中に左卵巣転移を思わせる所見を認めたため左卵巣も切除した.またこの時Douglas窩に腹膜播種を疑わせる所見を認め,Miles'手術の適応であったが家族の同意が得られず施行できなかった.大腸癌の病理診断はModerately differentiated tubular adenocarcinoma,卵巣腫瘍はcorpus luteum cystであった.術後は化学療法を勧めたが同意が得られず経過観察となった.その後,右卵巣転移を認め,卵巣摘出も検討したが家族の同意が得られなかったため疼痛コントロール主体の対症療法を行った.初診から約1年7ヵ月目,外泊中に嘔吐後誤嚥による呼吸困難で死亡した
  • 当科における切除不能悪性胆道狭窄に対するExpandable metallic stent留置の成績
    岡本 聡, 稲場 守, 横浜 吏郎, 林 芳和, 谷 光憲  名寄市立病院医誌  8-  (1)  26  -28  2000/05  [Not refereed][Not invited]
     
    名寄市立総合病院で1997〜99年に標記留置術を受けた25例の成績を検討した.平均開存期間は197.5日,平均生存期間は323.5日であった.挿入経路別の平均入院期間は,経皮経肝ルートが36.6日,内視鏡的経乳頭ルートが37.7日であった.使用したstentの種類別及び原疾患別に平均生存期間,平均入院期間,QOLを比較したが,いずれも有意差は認めなかった
  • 大腸癌イレウス6症例に対する食道用metallic stent治療法の検討
    谷 光憲, 岡本 聡, 林 芳和, 横浜 吏郎, 稲場 守  Gastroenterological Endoscopy  42-  (Suppl.1)  645  -645  2000/04  [Not refereed][Not invited]
  • 高齢者肝細胞癌(高齢者肝癌)の検討
    岡田 充巧, 中出 幸臣, 林 芳和, 高本 秀二郎, 麻生 和信, 佐藤 洋一, 中村 公英, 牧野 勲  日本老年医学会雑誌  36-  (11)  833  -833  1999/11  [Not refereed][Not invited]
  • Concanavalin A誘発マウス肝炎の性差発現機序の検討
    高本 秀二郎, 中村 公英, 林 芳和, 中出 幸臣, 岡田 充巧, 松井 朋子, 麻生 和信, 佐藤 洋一, 青島 優, 米田 政志  肝臓  40-  (Suppl.2)  225  -225  1999/09  [Not refereed][Not invited]
  • 高齢者肝細胞癌の臨床的検討
    麻生 和信, 中出 幸臣, 林 芳和, 高本 秀二郎, 岡田 充巧, 青島 優, 佐藤 洋一, 米田 政志, 中村 公英, 牧野 勲  肝臓  40-  (Suppl.2)  275  -275  1999/09  [Not refereed][Not invited]
  • ラット四塩化炭素誘発(CCl4)急性肝障害に対する内因性Corticotropin-releasing factor(CRF)の役割について
    中出 幸臣, 米田 政志, 林 芳和, 高本 秀二郎, 岡田 充巧, 麻生 和信, 佐藤 洋一, 中村 公英, 牧野 勲, 寺野 彰  肝臓  40-  (Suppl.2)  281  -281  1999/09  [Not refereed][Not invited]
  • 当科における大腸癌,特に同時性多発大腸癌症例に関する検討
    谷 光憲, 林 芳和, 岡本 聡, 横浜 吏郎, 稲場 守, 斉藤 英明, 小池 台介  名寄市立病院医誌  7-  (1)  20  -22  1999/07  [Not refereed][Not invited]
  • EISLとTJOの併用が有効であった十二指腸静脈瘤破裂の一例
    中出 幸臣, 麻生 和信, 高本 秀二郎, 林 芳和, 岡田 充巧, 佐藤 洋一, 中村 公英, 山田 有則, 高橋 康二, 谷 光憲, 牧野 勲  日本門脈圧亢進症学会雑誌  5-  (2)  171  -171  1999/07  [Not refereed][Not invited]
  • 経皮的冠動脈形成術にて左前下行枝-右室穿孔をきたした1例
    永原 大五, 大友 透, 佐藤 慎一郎, 古橋 眞人, 林 芳和, 西宮 孝敏, 川崎 浩一, 大滝 憲二  Japanese Circulation Journal  62-  (Suppl.III)  879  -879  1999/02  [Not refereed][Not invited]

Industrial Property Rights

  • 特許5784900:calibrated small-caliber-tip transparent hood    2015/07/31
    Yoshikazu HAYASHI  Jichi Medical University  
    【要約】 【課題】狭窄部の開口径を正確に計測できるようにする。 【解決手段】内視鏡挿入部50の先端部52に装着される内視鏡用フード10であって、前記先端部52の外周面を覆うように嵌合する円筒状の嵌合固定部12と、先端に向かって先細となる円錐状に形成されるとともにその先端に開口22を有する透明部材からなるフード本体14と、を備え、前記フード本体14の側面(斜面部)24には、周方向の一部又は全体にわたって目盛り32A~32Cが設けられている内視鏡用フード10を提供することにより、前記課題を解決する。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.