Researchers Database

oozawa hideyuki

    Assistant Professor
Last Updated :2021/11/23

Researcher Information

J-Global ID

Published Papers

  • Kumagai Y, Ohzawa H, Miyato H, Horie H, Hosoya Y, Lefor AK, Sata N, Kitayama J
    The Journal of surgical research 246 52 - 61 0022-4804 2019/09 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: Low-density neutrophils (LDN) have been shown to be increased in peripheral blood in patients with various diseases and closely related to immune-mediated pathology. However, the frequency and function of LDN in circulating blood of the patients following abdominal surgery have not been well understood. METHODS: LDN were determined by CD66b(+) cells, which were copurified with mononuclear cells by density gradient preparations of peripheral blood of surgical patients. The effects of the purified LDN on T cell proliferation and tumor cell lysis were examined in vitro. Neutrophil extracellular traps (NETs) production was examined by extracellular nuclear staining. RESULTS: The number of LDN with an immature phenotype is markedly increased in peripheral blood samples in patients after abdominal surgery. The frequency of LDN correlated positively with operative time and intraoperative blood loss. The purified LDN significantly suppressed the proliferation of autologous T cells stimulated with anti-CD3 mAb coated on plate and partially inhibited the cytotoxicity of lymphocytes activated with recombinant interleukin-2 against a human gastric cancer cell, OCUM-1. The LDN also produced NETs after short-term culture in vitro, which efficiently trap many OCUM-1. These results suggest that surgical stress recruits immunosuppressive LDN in the circulation in the early postoperative period. CONCLUSIONS: The LDN may support the lodging of circulating tumor cells via NETs formation and inhibit T cell-mediated antitumor response in target organs, which may promote postoperative cancer metastases. Functional blockade of LDN might be an effective strategy to reduce tumor recurrence after abdominal surgery.
  • Shiba S, Miki A, Ohzawa H, Teratani T, Sakuma Y, Lefor AK, Kitayama J, Sata N
    The Journal of surgical research 238 79 - 89 0022-4804 2019/06 [Refereed][Not invited]
     
    OBJECTIVE: Mucin1 (MUC1), a member of the mucin family, is a glycoprotein which is often expressed in malignant cells. However, the expression and function of MUC1 in human duodenal adenocarcinoma (DAC) has not yet been characterized because of its low frequency. Here, we examined the functional roles of core protein (MUC1-C) in DAC. MATERIALS AND METHODS: Using a human duodenal cancer cell line, HuTu80, proliferation, migration, invasion, ALDH activity was assessed by cell counting kit-8, scratch wound healing, matrigel invasion, and ALDEFUOR assays, respectively. The function of MUC1 protein was evaluated with knockdown using specific siRNA as well as anti-MUC1-C peptide, GO203. MUC1 expression in human DAC was evaluated immunohistochemically in surgically resected tumors. RESULTS: The positive expression of MUC1 in HuTu80 was confirmed by RT-PCR and flow cytometry. In vitro cell growth was inhibited by the addition of 50-100 μM GO203 as well as treatment with siRNA for MUC1-C. Silencing of MUC1-C also significantly reduced migration, invasion, ALDH activity. Local injection of GO-203 (14 mg/kg) significantly suppressed the growth of subcutaneous HuTu80 tumors in nude mice. Immunohistochemically, MUC1 was strongly detected in seven DAC cases, but not in 11 others. The outcome of patients with high MUC1 expression was significantly worse than those without MUC1 expression. CONCLUSIONS: These results suggest that MUC1 is functionally associated with the malignant potential of DAC and could be a novel therapeutic target for this rare tumor.
  • Rihito Kanamaru, Hideyuki Ohzawa, Hideyo Miyato, Shiro Matsumoto, Hidenori Haruta, Kentaro Kurashina, Shin Saito, Yoshinori Hosoya, Hironori Yamaguchi, Hiroharu Yamashita, Yasuyuki Seto, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Scientific Reports 8 (1) 632  2045-2322 2018/12 [Refereed][Not invited]
     
    Many types of immune cells appear in peritoneal cavity after abdominal surgery. In patients who underwent laparotomy due to gastric cancer, peritoneal lavages were obtained before and after surgical procedure. Cells were recovered from intermediate layer after Ficoll-Hypaque centrifugation and analyzed for phenotypes and functions, especially focused on low density neutrophils (LDN). The number of CD66b (+) LDN with mature phenotype was markedly elevated in postoperative as compared with preoperative lavages. Short term culture of the purified LDN produced many threadlike structures positive for SYTOX, nucleic acid staining, as well as histone and myeloperoxidase, suggesting the NETs formation. Human gastric cancer cells, MKN45, OCUM-1 and NUGC-4, were selectively attached on the NETs, which was totally abolished by the pretreatment of DNAse I. Intraperitoneal (IP) co-transfer of the LDN with MKN45 in nude mice strongly augments the metastasis formation on peritoneum, which was strongly suppressed by the following IP administration of DNAse I. Many NETs-like structures were detected on the surface of human omental tissue resected by gastrectomy. NETs on peritoneal surface can assist the clustering and growth of free tumor cells disseminated in abdomen. Disruption of the NETs by DNAse might be useful to prevent the peritoneal recurrence after abdominal surgery.
  • Kanamaru R, Ohzawa H, Miyato H, Yamaguchi H, Hosoya Y, Lefor AK, Sata N, Kitayama J
    Journal of visualized experiments : JoVE (138) 2018/08 [Refereed][Not invited]
     
    Activated neutrophils release neutrophil extracellular traps (NETs), which can capture and destroy microbes. Recent studies suggest that NETs are involved in various disease processes, such as autoimmune disease, thrombosis, and tumor metastases. Here, we show a detailed in vitro technique to detect NET activity during the trapping of free tumor cells, which grow after attachment to NETs. First, we collected low density neutrophils (LDN) from postoperative peritoneal lavage fluid from patients who underwent laparotomies. Short-term culturing of LDN resulted in massive NET formation that was visualized with green fluorescent nuclear and chromosome counterstain. After co-incubation of human gastric cancer cell lines MKN45, OCUM-1, and NUGC-4 with the NETs, many tumor cells were trapped by the NETs. Subsequently, the attachment was completely abrogated by the degradation of NETs with DNase I. Time-lapse video revealed that tumor cells trapped by the NETs did not die but instead grew vigorously in a continuous culture. These methods may be applied to the detection of adhesive interactions between NETs and various types of cells and materials.
  • Hideyuki Ohzawa, Atsushi Miki, Takumi Teratani, Satomi Shiba, Yasunaru Sakuma, Wataru Nishimura, Yasuko Noda, Noriyoshi Fukushima, Hirofumi Fujii, Yasuo Hozumi, Hirofumi Mukai, Yoshikazu Yasuda
    ONCOLOGY LETTERS 13 (3) 1731 - 1740 1792-1074 2017/03 [Refereed][Not invited]
     
    Pathological complete response (pCR) is considered to be a useful prognostic marker for neoadjuvant chemotherapy to improve the survival rate of patients with operable breast cancer. In the present study, we identified differentially expressed microRNAs (miRNAs) between pCR and non-pCR groups of patients with human epidermal growth factor receptor 2 (HER2)-positive breast cancer who received neoadjuvant chemotherapy with trastuzumab. Expression profiles were examined by miRNA microarrays using total RNA extracted from formalin-fixed, paraffin-embedded tissues from pretreatment biopsy specimens. Significant differences were observed in miRNAs associated with pCR between the luminal B-like (HER2-positive) and HER2posi-tive (nonluminal) subtypes, which were further classified according to their estrogen receptor (ER) status. Prediction models constructed with differentially expressed miRNAs performed well. In conclusion, the combination of miRNA profiles and ER status may improve the accuracy of pCR prediction in patients with HER2-positive breast cancer and enable the development of personalized treatment regimens.
  • Atsushi Miki, Yasunaru Sakuma, Hideyuki Ohzawa, Yukihiro Sanada, Hideki Sasanuma, Alan T Lefor, Naohiro Sata, Yoshikazu Yasuda
    International surgery 100 (3) 480 - 5 0020-8868 2015/03 [Refereed][Not invited]
     
    We report a rare case of immunoglobulin G4 (IgG4)-related sclerosing cholangitis without other organ involvement. A 69-year-old-man was referred for the evaluation of jaundice. Computed tomography revealed thickening of the bile duct wall, compressing the right portal vein. Endoscopic retrograde cholangiopancreatography showed a lesion extending from the proximal confluence of the common bile duct to the left and right hepatic ducts. Intraductal ultrasonography showed a bile duct mass invading the portal vein. Hilar bile duct cancer was initially diagnosed and percutaneous transhepatic portal vein embolization was performed, preceding a planned right hepatectomy. Strictures persisted despite steroid therapy. Therefore, partial resection of the common bile duct following choledochojejunostomy was performed. Histologic examination showed diffuse and severe lymphoplasmacytic infiltration, and abundant plasma cells, which stained positive for anti-IgG4 antibody. The final diagnosis was IgG4 sclerosing cholangitis. Types 3 and 4 IgG4 sclerosing cholangitis remains a challenge to differentiate from cholangiocarcinoma. A histopathologic diagnosis obtained with a less invasive approach avoided unnecessary hepatectomy.
  • Hideyuki Ohzawa, Atsushi Miki, Yasuo Hozumi, Chieko Miyazaki, Yuka Sagara, Yumiko Tanaka, Satomi Shiba, Hiromi Joutoku, Masako Sakuragi, Megumi Takehara, Yasunaru Sakuma, Wataru Nishimura, Hirofumi Fujii, Yoshikazu Yasuda
    ONCOLOGY LETTERS 9 (1) 119 - 124 1792-1074 2015/01 [Refereed][Not invited]
     
    Chemotherapy-induced nausea and vomiting is a serious adverse side-effect of anthracycline-based chemotherapy regimens, in patients with breast cancer. A combination of three drugs, 5-hydroxytryptamine (5-HT3) receptor antagonist, aprepitant and dexamethasone, is recommended for antiemetic therapy. Palonosetron (PALO), a novel 5-HT3 receptor antagonist has been identified to be effective against delayed nausea and vomiting. In this study, the results of PALO for patients who received anthracycline-based chemotherapy were compared with that of granisetron (GRA) using a crossover study design. This study evaluated the efficacy of antiemetics in the first cycle of chemotherapy, as well as the second and third cycles. A total of 21 patients and 19 patients were assigned to PALO and GRA treatment groups during the first cycle of chemotherapy, respectively. The patients switched to the other antiemetic drug for the second chemotherapy cycle (PALO followed by GRA or GRA followed by PALO). The patients could select PALO or GRA antiemetics for the third cycle, according to their preference. A total of 21 patients selected PALO and 18 patients selected GRA in the third cycle, and one patient was withdrawn from the study as their third cycle questionnaire was not obtained. No significant differences between PALO and GRA were identified in first and second cycles. However, during the third cycle, a significant difference was observed in acute-phase complete control of emetic events between the PALO and GRA groups, which was defined as no emetic episode, no additional antiemetic treatment and no more than mild nausea, between PALO and GRA. These results demonstrated that changing antiemetics may affect the efficacy of antiemetics. This study indicates that alteration of antiemetic regimens, including drug combination and order, may improve the efficacy of antiemetic treatment.
  • Hideyuki Ohzawa, Takashi Sakatani, Toshiro Niki, Yoshikazu Yasuda, Yasuo Hozumi
    BREAST CANCER 21 (5) 563 - 570 1340-6868 2014/09 [Refereed][Not invited]
     
    The effectiveness of neoadjuvant chemotherapy is evaluated on the basis of pathological responses and survival outcome, because achievement of a pathological complete response (pCR) is a good predictor of long-term survival. However, few studies have assessed the survival of breast cancer patients who received neoadjuvant chemotherapy including trastuzumab. The records of 161 breast cancer patients who received neoadjuvant chemotherapy between January 2006 and December 2011 were retrospectively reviewed. The patients were categorized into 4 subgroups on the basis of the status of the estrogen receptor (ER), the progesterone receptor (PR), and human epidermal growth factor receptor 2 (HER2). HER2-positive patients received trastuzumab-based regimens. Pathological responses and survival were analyzed on the basis of breast cancer subtypes. The pCR results obtained were: luminal A and B (ER and/or PR-positive, HER2-negative), 6.3 % (5/79 cases); luminal-HER2 hybrid (ER and/or PR-positive, HER2-positive), 25.0 % (5/20 cases); HER2-enriched (ER and PR-negative, HER2-positive), 63.0 % (17/27 cases); and triple-negative (ER and PR-negative, HER2-negative), 25.7 % (9/35 cases). Achievement of pCR was a good predictor of disease-free survival in the HER2-enriched group. Overall survival of patients with pCR was slightly, but not significantly, better in the HER2-enriched and triple-negative subgroups. Responses and survival after neoadjuvant chemotherapy including trastuzumab of patients with HER2-positive tumors differed among disease subtypes. Our findings suggest that disease subtype is an important determinant of the efficacy of neoadjuvant chemotherapy.

Conference Activities & Talks

  • 腹腔内液中エクソソームを用いた胃癌腹膜播種症例のリキッドバイオプシー  [Not invited]
    大澤 英之, 齋藤 晶, 熊谷 祐子, 山口 博紀, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会  2019/07
  • 開腹術後腹腔内滲出好中球上のPD-L1発現  [Not invited]
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 健太郎, 山口 博紀, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会  2019/07
  • 大腸癌所属リンパ節内のTリンパ球におけるPD-1の発現について  [Not invited]
    津久井 秀則, 齋藤 晶, 東條 峰之, 大澤 英之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会  2019/07
  • Flowcytometryを用いた大腸癌組織における細胞別PD-L1、PD-L2の発現解析の試み  [Not invited]
    齋藤 晶, 東條 峰之, 大澤 英之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会  2019/07
  • 乳房非切除で治療した潜在性乳癌の2例  [Not invited]
    尾本 和, 池田 直哉, 山本 修, 兼信 正明, 高田 晋一, 大澤 英之, 相良 由佳, 室井 望, 田中 信一, 加藤 奨一
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2019/07
  • 開腹術後腹腔内滲出好中球の臨床的意義  [Not invited]
    金丸 理人, 大澤 英之, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2019/04
  • 消化器癌手術患者における末梢血中低比重好中球の術中推移  [Not invited]
    熊谷 祐子, 金丸 理人, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2019/04
  • 放射線照射が癌細胞におけるアデノシン産生酵素CD73に与える影響について  [Not invited]
    津久井 秀則, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 藤井 博文, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2019/04
  • 腹腔内液中エクソソームを用いた胃癌腹膜播種治療におけるバイオマーカー探索  [Not invited]
    大澤 英之, 齋藤 晶, 熊谷 祐子, 佐久間 康成, 山口 博紀, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2019/04
  • 治癒切除を受けた消化器癌患者のメトホルミン内服による生存率改善について  [Not invited]
    熊谷 祐子, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本成人病(生活習慣病)学会会誌  2019/01
  • 胃癌腹膜播種に対するSOX+PTX腹腔内投与併用化学療法の新規導入施設における治療成績  [Not invited]
    山口 博紀, 金丸 理人, 大澤 英之, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 春田 英律, 細谷 好則, 藤井 博文, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本癌治療学会学術集会抄録集  2018/10
  • 原発性十二指腸癌におけるムチンタンパク発現と悪性化機序解明(Functional blockade of MUC1 can inhibit the progression of duodenum adenocarcinoma)  [Not invited]
    芝 聡美, 三木 厚, 大澤 英之, 寺谷 工, 佐久間 康成, アラン・レフォー, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本癌学会総会記事  2018/09
  • 消化器癌手術患者の末梢血中低比重好中球と術後転移再発との関連について(Low density neutrophils(LDN) in postoperative peripheral blood may assist the recurrence of gastrointestinal cancer)  [Not invited]
    熊谷 祐子, 金丸 理人, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事  2018/09
  • 胃癌腹膜播種治療における腹腔内液中エクソソームマイクロRNA解析(Exosomal microRNA profiles in peritoneal fluids as a therapeutic biomarker for peritoneal metastasis of gastric cancer)  [Not invited]
    大澤 英之, 熊谷 祐子, 山口 博紀, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事  2018/09
  • 好中球細胞外トラップ(NETs)による開腹術後腹膜再発促進機構(Neutrophil extracellular traps(NETs) on postoperative peritoneal surface may support the tumor recurrence on peritoneum)  [Not invited]
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事  2018/09
  • 担癌マウスリンパ節におけるアデノシン脱リン酸化酵素(CD39,CD73)発現についての解析(Expression of adenosine generating ecto-enzymes, CD39 and CD73, in lymphocytes in tumor bearing mouse)  [Not invited]
    津久井 秀則, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 藤井 博文, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事  2018/09
  • 腹腔環境の特殊性に基づいた新規腹膜播種治療(Treatment of peritoneal dissemination based on the unique microenvironment in peritoneal cavity)  [Not invited]
    北山 丈二, 金丸 理人, 大澤 英之, 熊谷 祐子, 山口 博紀, 細谷 好則, 松崎 圭祐, 佐田 尚宏
    日本癌学会総会記事  2018/09
  • 開腹手術後の腹腔内滲出好中球由来細胞外トラップ(NETs)の臨床的意義  [Not invited]
    金丸 理人, 大澤 英之, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 山口 博紀, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会  2018/07
  • 放射線化学療法(CRT)後の直腸癌組織におけるCD73の発現  [Not invited]
    津久井 秀則, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 藤井 博文, 若月 優, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会  2018/07
  • 治癒切除を受けた消化器癌術後患者へのメトホルミン内服による生存率改善について  [Not invited]
    熊谷 祐子, 大澤 英之, 津久井 秀則, 金丸 理人, 芝 聡美, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会  2018/07
  • 腹腔内液中エクソソームマイクロRNAを用いた胃癌腹膜播種症例のリキッドバイオプシー  [Not invited]
    大澤 英之, 熊谷 祐子, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会  2018/07
  • 開腹手術後の腹腔内滲出好中球由来細胞外トラップ(NETs)の臨床的意義  [Not invited]
    金丸 理人, 大澤 英之, 松本 志郎, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 山口 博紀, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会  2018/07
  • 放射線化学療法(CRT)後の直腸癌組織におけるCD73の発現  [Not invited]
    津久井 秀則, 大澤 英之, 山口 博紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 藤井 博文, 若月 優, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会  2018/07
  • 治癒切除を受けた消化器癌術後患者へのメトホルミン内服による生存率改善について  [Not invited]
    熊谷 祐子, 大澤 英之, 津久井 秀則, 金丸 理人, 芝 聡美, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会  2018/07
  • 腹腔内液中エクソソームマイクロRNAを用いた胃癌腹膜播種症例のリキッドバイオプシー  [Not invited]
    大澤 英之, 熊谷 祐子, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器外科学会総会  2018/07
  • StageII・III食道癌の治療前BMIと術前化学療法中の体重減少は予後不良と関連する  [Not invited]
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 大澤 英之, 齋藤 心, 春田 英律, 松本 志郎, 山口 博紀, 藤井 博文, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2018/06
  • 術前化学療法中に急速増大し、Bevacizumabが奏効したtriple negative局所進行乳癌の1例  [Not invited]
    尾本 和, 山本 修, 足立 未央, 池田 直哉, 兼信 正明, 高田 晋一, 田中 信一, 大澤 英之, 加藤 奨一
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2018/05
  • 術前化学療法中に急速増大し、Bevacizumabが奏効したtriple negative局所進行乳癌の1例  [Not invited]
    尾本 和, 山本 修, 足立 未央, 池田 直哉, 兼信 正明, 高田 晋一, 田中 信一, 大澤 英之, 加藤 奨一
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2018/05
  • 胃癌腹膜播種治療における腹腔内液中エクソソームマイクロRNA解析  [Not invited]
    大澤 英之, 熊谷 裕子, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本消化器病学会雑誌  2018/04
  • 消化器癌手術患者における末梢血中低比重好中球(Low Density Granulocyte)の術中推移  [Not invited]
    熊谷 祐子, 金丸 理人, 津久井 秀則, 大澤 英之, 倉科 憲太郎, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018/04
  • 胃癌腹膜播種治療におけるバイオマーカーとしての腹水中エクソソームマイクロRNA  [Not invited]
    大澤 英之, 熊谷 祐子, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018/04
  • 胃癌腹膜播種に対する腹腔内化学療法における腹腔洗浄液中CEA mRNA定量 手術適応決定のバイオマーカーとしての意義  [Not invited]
    山口 博紀, 石神 浩徳, 金丸 理人, 大澤 英之, 松本 志郎, 倉科 憲太郎, 春田 英律, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018/04
  • 当院における漿膜浸潤胃癌R0切除症例における術中出血量と生命予後の関係  [Not invited]
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 斉藤 心, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本胃癌学会総会記事  2018/03
  • 当院における漿膜浸潤胃癌R0切除症例における術中出血量と生命予後の関係  [Not invited]
    金丸 理人, 大澤 英之, 高橋 和也, 松本 志郎, 宇井 崇, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 斉藤 心, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本胃癌学会総会記事  2018/03
  • 胃癌腹膜播種治療におけるバイオマーカーとしての腹水中エクソソームマイクロRNA解析  [Not invited]
    大澤 英之, 三木 厚, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本癌学会総会記事  2017/09
  • 開腹術後の腹膜再発における腹腔滲出性低比重好中球の意義  [Not invited]
    北山 丈二, 金丸 理人, 津久井 秀則, 大澤 英之, 山口 博紀, 松本 志朗, 倉科 憲太郎, 宮戸 秀世, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本癌学会総会記事  2017/09
  • 高度進行胃癌でのresectable metastasisに対する治療戦略 胃癌腹膜播種、腹腔内投与併用化学療法奏効例におけるConversion Surgery  [Not invited]
    山口 博紀, 石神 浩徳, 齋藤 心, 倉科 憲太郎, 大澤 英之, 松本 志郎, 藤井 博文, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会  2017/07
  • 消化器癌の診断・治療を含めた新規分子腫瘍マーカーの意義と展望 胃癌腹膜播種治療における腹腔内液中バイオマーカーの意義  [Not invited]
    北山 丈二, 山口 博紀, 石神 浩則, 大澤 英之, 細谷 好則, 山下 裕玄, 瀬戸 泰之, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会  2017/07
  • 腹腔内化学療法の経験のない施設における新規導入(Introduction of intraperitoneal chemotherapy at a hospital with inexperienced staff)  [Not invited]
    山口 博紀, 北山 丈二, 大澤 英之, 金丸 理人, 松本 志郎, 森 美鈴, 齋藤 心, 倉科 憲太郎, 上田 真寿, 細谷 好則, 藤井 博文, 佐田 尚宏
    日本胃癌学会総会記事  2017/03
  • 新規分子標的薬を用いた、原発性十二指腸癌に対する新規治療開発  [Not invited]
    芝 聡美, 三木 厚, 大澤 英之, 寺谷 工, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016/04
  • 診断に苦慮した乳房血管肉腫の1例  [Not invited]
    芝 聡美, 藤田 崇史, 尾本 きよか, 竹原 めぐみ, 櫻木 雅子, 大澤 英之, 上徳 ひろみ, 宮崎 千絵子, 田中 裕美子, 坂谷 貴司, 穂積 康夫
    乳腺甲状腺超音波医学  2015/09
  • 膵管内乳頭粘液性腫瘍のテロメア長測定による悪性度診断法の新規開発  [Not invited]
    三木 厚, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 森嶋 計, 笠原 尚哉, 大澤 英之, 眞田 幸広, 田久保 海誉, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会  2015/07
  • 追加切除は必要か? 乳房温存術後断端陽性のため追加切除を行った症例の検討より  [Not invited]
    芝 聡美, 藤田 崇史, 相良 由佳, 田中 裕美子, 宮崎 千絵子, 上徳 ひろみ, 大澤 英之, 櫻木 雅子, 竹原 めぐみ, 水沼 洋文, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2015/07
  • Bp施行乳癌でSN陽性でありAxを追加した症例におけるSNのみ陽性症例とnon-SN陽性症例の検討  [Not invited]
    田中 裕美子, 藤田 崇史, 相良 由佳, 芝 聡美, 宮崎 千絵子, 上徳 ひろみ, 大澤 英之, 櫻木 雅子, 竹原 めぐみ, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2015/07
  • 転移再発を伴い10年以上生存した症例の検討  [Not invited]
    上徳 ひろみ, 相良 由佳, 芝 聡美, 宮崎 千絵子, 櫻木 雅子, 竹原 めぐみ, 大澤 英之, 藤田 崇史, 水沼 洋文, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2015/07
  • Stage IV乳癌に対してEC療法を行い長期間CRが得られている1症例  [Not invited]
    田中 裕美子, 櫻木 雅子, 相良 由佳, 芝 聡美, 宮崎 千絵子, 上徳 ひろみ, 大澤 英之, 塩澤 幹雄, 水沼 洋文, 穂積 康夫
    日本臨床外科学会雑誌  2014/11
  • ポータブル吸引式乳房組織生検機器(マンモトームエリート)の使用経験  [Not invited]
    上徳 ひろみ, 相良 由佳, 芝 聡美, 宮崎 千絵子, 櫻木 雅子, 竹原 めぐみ, 大澤 英之, 水沼 洋文, 塩澤 幹雄, 穂積 康夫
    乳腺甲状腺超音波医学  2014/09
  • 潜在性乳癌9症例の検討  [Not invited]
    相良 由佳, 宮崎 千絵子, 芝 聡美, 上徳 ひろみ, 大澤 英之, 櫻木 雅子, 塩澤 幹雄, 竹原 めぐみ, 水沼 洋文, 穂積 康夫, 吉澤 浩次
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2014/07
  • 日本人女性におけるBMIと予後との関係、単施設における後ろ向き検討  [Not invited]
    穂積 康夫, 竹原 めぐみ, 櫻木 雅子, 宮崎 千絵子, 上徳 ひろみ, 大澤 英之, 芝 聡美, 相良 由佳, 田中 裕美子, 水沼 洋文, 塩澤 幹雄
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2014/07
  • ER陽性HER2陰性乳癌化学療法の治療効果予測に対するKi-67の意義  [Not invited]
    大澤 英之, 相良 由佳, 芝 聡美, 上徳 ひろみ, 宮崎 千絵子, 櫻木 雅子, 竹原 めぐみ, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2014/07
  • インターネットの乳癌情報は正しいか?  [Not invited]
    芝 聡美, 相良 由佳, 宮崎 千絵子, 上徳 ひろみ, 大澤 英之, 櫻木 雅子, 塩澤 幹雄, 竹原 めぐみ, 水沼 洋文, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2014/07
  • 女性医師のキャリア継続支援に対する労働環境への取り組み  [Not invited]
    竹原 めぐみ, 櫻木 雅子, 宮崎 千絵子, 芝 聡美, 相良 由佳, 上徳 ひろみ, 大澤 英之, 水沼 洋文, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2014/07
  • 乳癌術式の最近の傾向  [Not invited]
    上徳 ひろみ, 相良 由佳, 芝 聡美, 宮崎 千絵子, 櫻木 雅子, 竹原 めぐみ, 大澤 英之, 水沼 洋文, 塩澤 幹雄, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2014/07
  • 乳癌肝転移に対する抗がん剤治療が奏効しいわゆる偽肝硬変を認めた4例  [Not invited]
    宮崎 千絵子, 相良 由佳, 芝 聡美, 上徳 ひろみ, 櫻木 雅子, 竹原 めぐみ, 塩澤 幹雄, 大澤 英之, 水沼 洋文, 穂積 康夫, 吉澤 浩次
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2014/07
  • 骨転移症例の検討  [Not invited]
    櫻木 雅子, 竹原 めぐみ, 相良 由佳, 田中 裕美子, 上徳 ひろみ, 宮崎 千絵子, 芝 聡美, 水沼 洋文, 軽部 真粧美, 穂積 康夫, 大澤 英之, 塩澤 幹雄
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2014/07
  • 高度催吐性乳癌化学療法に伴う悪心・嘔吐に対するグラニセトロンとパロノセトロンの制吐効果の比較検討  [Not invited]
    宮崎 千絵子, 大澤 英之, 田中 裕美子, 芝 聡美, 櫻木 雅子, 塩澤 幹雄, 竹原 めぐみ, 穗積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2013/06
  • 画像解析アプリOsiriXを用いたフィルムリーディングについて  [Not invited]
    塩澤 幹雄, 田中 裕美子, 芝 聡美, 宮崎 千絵子, 櫻木 雅子, 大澤 英之, 竹原 めぐみ, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2013/06
  • 乳癌手術標本におけるKi67スコアリングの検討  [Not invited]
    大澤 英之, 坂谷 貴司, 宮崎 千絵子, 田中 裕美子, 芝 聡美, 櫻木 雅子, 塩澤 幹雄, 竹原 めぐみ, 穂積 康夫, 仁木 利郎, 吉澤 浩次, 水沼 洋文
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2013/06
  • 体外式組織拡張器(Brava)を併用した脂肪注入による乳房再建  [Not invited]
    宇田 宏一, 菅原 康志, 穂積 康夫, 竹原 めぐみ, 塩澤 幹雄, 櫻木 雅子, 宮崎 千絵子, 大澤 英之, 尾本 和
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2013/06
  • fluvestrantは有用か? 当院における使用経験  [Not invited]
    櫻木 雅子, 穂積 康夫, 田中 裕美子, 芝 聡美, 宮崎 千絵子, 大澤 英之, 塩澤 幹雄, 軽部 真粧美, 竹原 めぐみ
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2013/06
  • 手作り帽子ボランティアへのメッセージに込められた抗がん剤治療を受ける患者の思い  [Not invited]
    軽部 真粧美, 竹原 めぐみ, 田中 裕美子, 宮崎 千絵子, 大澤 英之, 櫻木 雅子, 塩澤 幹雄, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2013/06
  • 妊娠・授乳期乳癌の検討  [Not invited]
    田中 裕美子, 櫻木 雅子, 芝 聡美, 宮崎 千絵子, 大澤 英之, 塩澤 幹雄, 竹原 めぐみ, 穂積 康夫, 坂谷 貴司
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2013/06
  • 当院における女性医師支援の実際  [Not invited]
    竹原 めぐみ, 芝 聡美, 宮崎 千絵子, 櫻木 雅子, 大澤 英之, 塩澤 幹雄, 穂積 康夫
    日本臨床外科学会雑誌  2012/10
  • 術後晩期再発例の検討  [Not invited]
    芝 聡美, 塩澤 幹雄, 田中 裕美子, 宮崎 千絵子, 大澤 英之, 櫻木 雅子, 竹原 めぐみ, 水沼 洋文, 穂積 康夫, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌  2012/10
  • SPIOを用いたセンチネルリンパ節生検  [Not invited]
    塩澤 幹雄, 田中 祐美子, 芝 聡美, 宮崎 千絵子, 櫻木 雅子, 大澤 英之, 竹原 めぐみ, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2012/05
  • HER2陽性乳癌に対するTrastuzumab併用術前化学療法の検討  [Not invited]
    大澤 英之, 坂谷 貴司, 穂積 康夫, 仁木 利郎
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2012/05
  • Triple negative(TN)乳癌術前化学療法症例の検討  [Not invited]
    櫻木 雅子, 竹原 めぐみ, 大澤 英之, 塩澤 幹雄, 田中 裕美子, 芝 聡美, 宮崎 千絵子, 坂谷 貴司, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2012/05
  • FEC100 followed by DOC100各4および各3サイクルのレジメンにおける忍容性と奏効率の比較検討  [Not invited]
    竹原 めぐみ, 大澤 英之, 櫻木 雅子, 塩澤 幹雄, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 坂谷 貴司, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2012/05
  • DCIS術後に多発遠隔転移を生じた一症例  [Not invited]
    田中 裕美子, 櫻木 雅子, 竹原 めぐみ, 塩澤 幹雄, 大澤 英之, 坂谷 貴司, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2012/05
  • 乳癌手術標本におけるKi-67スコアリングに関する検討  [Not invited]
    大澤 英之, 坂谷 貴司, 仁木 利郎
    日本病理学会会誌  2012/03
  • 乳癌との鑑別に苦慮した乳腺症型線維腺腫の一例  [Not invited]
    本多 寛之, 大澤 英之, 金丸 理人, 宮崎 千絵子, 尾本 和, 竹原 めぐみ, 坂谷 貴司, 穂積 康夫
    日本臨床外科学会雑誌  2011/12
  • 当院における一期的乳房再建症例の検討  [Not invited]
    大澤 英之, 宮崎 千絵子, 尾本 和, 竹原 めぐみ, 塩澤 幹雄, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 穂積 康夫, 宇田 宏一
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2011/09
  • 乳房再建におけるfat injectionの適応・準適応・非適応  [Not invited]
    宮崎 邦夫, 宇田 宏一, 菅原 康志, 穂積 康夫, 竹原 めぐみ, 尾本 和, 大澤 英之
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2011/09
  • 女性医師のキャリアと労働環境  [Not invited]
    竹原 めぐみ, 宮崎 千絵子, 大澤 英之, 尾本 和, 塩澤 幹雄, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2011/09
  • Trastuzumabを併用した術前化学療法の効果と予後に関する検討  [Not invited]
    尾本 和, 大澤 英之, 宮崎 千絵子, 竹原 めぐみ, 塩澤 幹雄, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 坂谷 貴司, 藤井 博文, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2011/09
  • 当院における乳癌脳転移患者の検討  [Not invited]
    宮崎 千絵子, 大澤 英之, 尾本 和, 竹原 めぐみ, 塩澤 幹雄, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2011/09
  • 男性乳癌10例の検討  [Not invited]
    大澤 英之, 宮崎 千絵子, 尾本 和, 竹原 めぐみ, 塩澤 幹雄, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 穂積 康夫
    日本臨床外科学会雑誌  2010/10
  • 精密検査機関からみた超音波検診の有用性の検討  [Not invited]
    宮崎 千絵子, 森 美鈴, 佐藤 政広, 大澤 英之, 竹原 めぐみ, 尾本 和, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 穂積 康夫
    日本乳癌検診学会誌  2010/10
  • FEC100 followed by DOC100各3サイクルを用いた術前化学療法における奏効率の検討  [Not invited]
    竹原 めぐみ, 大澤 英之, 尾本 和, 塩澤 幹雄, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 穂積 康夫, 福嶋 敬宣
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2010/05
  • 当院における異時性対側乳癌症例の検討  [Not invited]
    芝 聡美, 大澤 英之, 尾本 和, 竹原 めぐみ, 塩澤 幹雄, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2010/05
  • Trastuzumabを併用した術前化学療法の検討  [Not invited]
    尾本 和, 竹原 めぐみ, 大澤 英之, 塩澤 幹雄, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 小林 茂, 穂積 康夫, 福嶋 敬宣
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2010/05
  • 両側乳房に葉状腫瘍を発症した一例  [Not invited]
    島田 茉莉, 大澤 英之, 尾本 和, 竹原 めぐみ, 塩澤 幹雄, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2010/05
  • 他科での検査を契機として発見された原発性乳癌症例の検討  [Not invited]
    大澤 英之, 尾本 和, 竹原 めぐみ, 塩澤 幹雄, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 穂積 康夫, 小林 茂
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2010/05
  • 乳腺、甲状腺領域における良悪鑑別困難症例の画像的アプローチ 術前診断に苦慮した浸潤性乳管癌の2例  [Not invited]
    大澤 英之, 尾本 きよか, 尾本 和, 竹原 めぐみ, 穂積 康夫, 松永 宏明
    超音波医学  2010/04
  • 嚢胞内乳癌との鑑別が困難であった浸潤性乳管癌の1例  [Not invited]
    大澤 英之, 勝部 乙大, 竹原 めぐみ, 穂積 康夫
    日本臨床外科学会雑誌  2010/03
  • 濾胞腺腫と診断された甲状腺結節から骨転移を来した1例  [Not invited]
    大澤 英之, 湯澤 聡美, 勝部 乙大, 竹原 めぐみ, 佐藤 政広, 尾本 和, 塩澤 幹雄, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 穂積 康夫
    日本臨床外科学会雑誌  2009/10
  • 線維腺腫から発生したDCISの一例  [Not invited]
    豊島 千絵子, 佐藤 政広, 大澤 英之, 尾本 和, 竹原 めぐみ, 塩澤 幹雄, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 小倉 重人, 黒住 昌史, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2009/06
  • EC療法により遠隔転移巣が消失した進行乳癌の1例  [Not invited]
    佐藤 政広, 穂積 康夫, 竹原 めぐみ, 塩澤 幹雄, 尾本 和, 大澤 英之, 豊島 千絵子, 吉澤 浩次, 水沼 洋文
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2009/06
  • Pamidoronate投与によりネフローゼ症候群を発症した乳癌骨転移の1例  [Not invited]
    佐田友 藍, 穂積 康夫, 竹原 めぐみ, 塩澤 幹雄, 尾本 和, 大澤 英之, 佐藤 政広, 豊島 千絵子, 吉澤 浩次, 水沼 洋文
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2009/06
  • 日本発 人工臓器 1ヵ月補助、bridge-to-bridgeを目的とした日本発、ディスポ式、磁気浮上遠心血液ポンプMedTech Dispoの研究開発  [Not invited]
    染谷 毅, 土方 亘, 和栗 聡, 牛山 朋彦, 小林 真理子, 北尾 貴史, 渡辺 哲郎, パイチナン, 石井 泰祐, 町田 真也, 大澤 英之, 迫田 大輔, 坂本 竜樹, 横山 直幸, 横山 敬正, 進士 忠彦, 荒井 裕国, 高谷 節雄
    人工臓器  2008/11
  • 尿性腹膜炎を来した膀胱扁平上皮癌の一例  [Not invited]
    大澤 英之, 荒井 渉, 近藤 泰雄
    日本臨床外科学会雑誌  2008/10
  • 80歳以上乳癌患者58症例の検討  [Not invited]
    豊島 千絵子, 穂積 康夫, 河原崎 真由子, 佐藤 政, 大澤 英之, 尾本 和, 竹原 めぐみ, 塩澤 幹雄, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 安田 是和
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2008/09
  • 乳癌術後放射線療法後に発症したBOOPの2例  [Not invited]
    大澤 英之, 尾本 和, 竹原 めぐみ, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2008/09
  • 高齢者に発症したMeckel憩室穿孔の1例  [Not invited]
    勝部 乙大, 佐久間 康成, 宇井 崇, 斎藤 心, 大澤 英之, 尾本 和, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本腹部救急医学会雑誌  2008/02
  • 超高齢者重症心不全患者に合併した発作性心房細動に塩酸ニフェカラント静注が奏効した1症例  [Not invited]
    大島 清孝, 本田 俊雄, 相原 泰, 佐々木 徹, 江野村 勝弘, 大澤 英之
    日本老年医学会雑誌  2005/09
  • 術後アシドーシスに対するビタミンB1投与症例の検討  [Not invited]
    森實 岳史, 森本 慎也, 山元 英資, 大澤 英之, 小田原 一哉, 長堀 順二
    日本消化器外科学会雑誌  2001/07
  • 各因子よりみた重症急性膵炎の治療成績の検討  [Not invited]
    長堀 順二, 大澤 英之, 池本 哲也, 井上 仁, 山元 英資, 成岡 純二, 河崎 秀樹, 西浦 三郎
    日本消化器外科学会雑誌  2000/07
  • 重症急性膵炎に対する動注療法の治療成績  [Not invited]
    長堀 順二, 大澤 英之, 宮本 英典, 渡辺 学, 成岡 純二, 小田原 一哉, 河崎 秀樹, 西浦 三郎, 木村 誉司
    日本消化器外科学会雑誌  1999/02

MISC

  • 当科における病理学的因子に基づく膵癌R0手術の予後に対する検討
    三木 厚, 佐久間 康成, 大澤 英之, 芝 聡美, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐田 尚宏  胆膵の病態生理  32-  (1)  35  -37  2016/06  [Not refereed][Not invited]
     
    膵切除術を行った浸潤性膵管癌74例(男性46例、女性28例、平均66.6歳)を対象に、標記について検討した。膵体尾部癌は31例、膵頭部癌は43例で、臨床病期はStage Iが2例、Stage IIが8例、Stage IIIが40例、Stage IVaが24例であった。術後補助化学療法は50例に施行した。R0群の3年生存率は60.1%、R1群では41.0%であったが有意差は認められなかった。癌組織型では有意差はなく、T因子についてはT1〜T2群に対しT3〜T4群は有意に予後良好であった。リンパ節転移なし群に対し、あり群は有意に予後不良であった。多変量解析では、リンパ節転移の有無のみが独立した予後規定因子であった。リンパ節転移の有無(N)と癌遺残度(R)の検討では、R0N-群の3年生存率は85.8%、R0N+群では40.3%、R1N-群は50.0%、R1N+群は41.7%と、R0N-群で有意に予後良好であった。
  • 男性乳腺血管腫の1例
    田中 裕美子, 大澤 英之, 相良 由佳, 芝 聡美, 上徳 ひろみ, 櫻木 雅子, 宮崎 千絵子, 塩澤 幹雄, 竹原 めぐみ, 田中 昌宏, 小林 茂, 廣田 紀男, 藤田 崇史, アラン K.・レフォー, 穂積 康夫, 佐田 尚宏, 安田 是和  乳癌の臨床  31-  (1)  65  -70  2016/03  [Not refereed][Not invited]
     
    症例は65歳男性。左乳房腫瘤を自覚して当院を受診した。左乳房A領域の乳頭直下に可動性のある10mmの腫瘤を触知した。乳腺エコーでは左A領域乳頭直下に12mmの扁平状腫瘤を認めた。針生検を施行して乳腺血管腫、海綿状血管腫型(cavernous hemangioma type)の診断となった。Magnetic Resonance Imaging(MRI)において、単純T1強調像では左乳腺腫瘤は低信号、脂肪抑制T2強調像では高信号を示した。造影ダイナミックMRIでは辺縁部結節性濃染(peripheral nodular enhancement)に続いて継時的に中心部へfill-in enhancementを認め、乳腺血管腫に矛盾しない所見であった。経過観察中の半年後の乳腺エコーで、腫瘍は最大径22mmまで増大したことから腫瘍摘出術を施行した。手術検体の病理組織学的診断では術前の針生検標本と同様に乳腺血管腫であった。乳腺血管腫において臨床上問題となる点は血管肉腫との鑑別である。MRIで血管腫に特徴的な造影ダイナミック像を呈する場合は両者の鑑別の一助になる可能性がある。(著者抄録)
  • 【HER2による乳がん治療戦略の方向性】トリプルネガティブおよびHER2陽性の早期乳がんに対する術前化学療法でのカルボプラチン追加効果について
    大澤 英之, 藤井 博文  腫瘍内科  14-  (3)  256  -260  2014/09  [Not refereed][Not invited]
  • Sakatani T, Ohzawa H  Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine  70 Suppl 7-  418  -422  2012/09  [Refereed][Not invited]
  • 【乳癌(第2版)-基礎と臨床の最新研究動向-】乳癌の検査・診断 バイオマーカー HER2検査の精度管理
    坂谷 貴司, 大澤 英之  日本臨床  70-  (増刊7 乳癌)  418  -422  2012/09  [Not refereed][Not invited]
  • 周術期に化学療法を受けた乳癌患者に対するアプレピタントの制吐効果の検討
    宮崎 千絵子, 藤井 博文, 大澤 英之, 尾本 和, 竹原 めぐみ, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 穂積 康夫  乳癌の臨床  26-  (3)  341  -346  2011/06  [Not refereed][Not invited]
     
    周術期に化学療法を行った乳癌患者14例(33〜58歳)を対象に、制吐対策としてグラニセトロン、デキサメサゾンにアプレピタント(APR)を加えた3剤制吐処置の有効性と安全性を検討した。化学療法3コース目までの推移は、1コース目71.4%、2コース目78.6%、3コース目92.9%であった。APR併用により悪心・嘔吐の発現を急性期、遅発期ともに抑制することができた。CRが得られなかったのは4例で、背景に高年齢、妊娠歴、喫煙歴、飲酒歴、エチゾラム常用があった。有害反応は全てGrade 2以下であった。肝障害により2例で1週間の治療延期を認めたが、化学療法は完遂した。3剤併用のコストは17776円であった。
  • 乳房内に発症した間質肉腫の2例
    宮崎 千絵子, 坂谷 貴司, 佐藤 政広, 大澤 英之, 尾本 和, 竹原 めぐみ, 塩澤 幹雄, 吉澤 浩次, 水沼 洋文, 穂積 康夫  乳癌の臨床  26-  (2)  257  -262  2011/05  [Not refereed][Not invited]
     
    症例1は57歳女で、右乳房のしこりを自覚した。穿刺吸引細胞診ではadenocarcinomaの診断であった。MRIでは明らかな乳管内進展を伴わない、1.8cmの腫瘤性病変として認めた。乳房温存術とセンチネルリンパ節生検を施行し、術後温存乳房照射を行った。術後3年11ヵ月、無再発経過観察中であった。症例2は48歳女で、急速に増大する左乳房のしこりを自覚した。針生検で、紡錘形細胞が錯綜しており、葉状腫瘍を疑ったが、検体中には上皮成分を含まず、肉腫の可能性も考慮した。MRIでは約7cmの分葉状腫瘤性病変で、内部に出血性変化を認めた。腫瘍切除術、温存乳房照射を施行し、術後2年4ヵ月無再発経過観察中であった。2例とも、病理組織学的所見で上皮成分が存在せず、免疫組織学的に間質肉腫と診断した。
  • 使い捨て可能な磁気浮上遠心血液ポンプ
    傍島 秀雄, 土方 亘, 迫田 大輔, 大澤 英之, 進士 忠彦, 藤本 哲男, 高谷 節雄  生体材料工学研究所年報  41-  45  -48  2008/03  [Not refereed][Not invited]
  • 大腸癌に対する化学療法 PMC療法の治療成績を中心に
    長堀 順二, 森本 慎也, 佐藤 宏彦, 安藤 勤, 藤井 正彦, 清藤 佐知子, 日野 弘之, 大澤 英之, 小田 浩睦, 尾方 信也, 木下 貴史  高知市医師会医学雑誌  12-  (1)  25  -34  2007/03  [Not refereed][Not invited]
  • 瀬戸内海の近距離離島における救急医療
    大澤 英之, 谷平 哲哉, 高原 完祐, 村上 晃司  へき地・離島救急医療研究会誌  6-  65  -70  2005/10  [Not refereed][Not invited]
     
    瀬戸内海に位置する離島自治体である中島町における時間外診療と救急艇による患者搬送の観点から、瀬戸内海の近距離離島における救急医療について検討した。町立中島中央病院を診療時間外・休日に受診した患者のべ1552例と患者搬送を目的とした救急艇の利用152件を対象とした。1266例が軽症で、173例が中等症、66例が重症であった。期間中に救急艇で搬送された患者は152例で、78例は中島中央病院から高次医療機関に搬送され、53例は周辺離島からの患者を中島中央病院で受け入れ、21例は松山市内の病院へ直接搬送された。
  • 瀬戸内海の近距離離島における救急搬送
    大澤 英之, 谷平 哲也, 芦田 淑子, 芦田 輝久, 村上 晃司  地域医学  17-  (5)  241  -248  2003/05  [Not refereed][Not invited]
     
    大小28の島からなる愛媛県温泉郡中島町における救急搬送の状況について,1998年1月1日から2002年12月31日迄の5年間の救急艇の運行記録と病院日誌及びカルテから情報を検索した.約3300回の救急艇の出航があり,そのうち医療機関受診を目的とした患者搬送は652件であった.搬送航路別では周辺離島から自院への搬送が約40%,自院から松山市内への搬送が約50%であった.患者は男性333件,女性299件で平均65.6歳で65歳以上の高齢者が63.2%を占め,75歳以上は38.2%であった.疾患は,外傷が20.2%で最も多く,消化器系疾患19.0%,脳血管疾患15.6%,循環器疾患9.7%など多岐にわたっていた
  • 特発性食道破裂の2例
    大澤 英之, 山元 英資, 森實 岳史, 小田原 一哉, 長堀 順二  愛媛医学  21-  (3)  314  -319  2002/09  [Not refereed][Not invited]
     
    特発性食道破裂で対照的な転帰となった2例を報告した.症例1は80歳男性で胸背部痛を主訴とし,症例2は63歳男性で吐血を主訴とした.入院時検査,画像所見,Systemic Inflammatory Response Syndrome(SIRS),Acute Physiology And Chronic Health Evaluation II scoreより,緊急手術適応と判断し胸腔ドレナージ後に手術を行った.症例1は発症から診断・手術まで約25時間を要し,全身への治療管理が遅れたため,第8病目にsepsisに続くMultiple Organ Failureのため死亡した.症例2はアシドーシス是正のためvitamin B1を大量投与し発症10時間後に手術を行った.術後,sepsisの状態となったが,直接血流灌流によるエンドトキシン吸着療法により改善した.経過中,下痢が出現したが,術前の胃チューブ,胸腔ドレーン排液よりMRSA菌を検出していたため,バンコマイシンを胃チューブから投与し改善した.第52病目に退院となった
  • 早期胃癌に対する至適リンパ節郭清と切除範囲の検討 11年間の自験例から
    長堀 順二, 大澤 英之, 井上 仁, 山元 英資, 森本 慎也, 森實 岳史, 小田原 一哉  愛媛県立病院学会会誌  37-  (1)  13  -18  2001/12  [Not refereed][Not invited]
     
    過去11年間の自験早期胃癌手術切除症例122例を検討し,EMRおよびリンパ節郭清と切除範囲を縮小した手術の可能性を検索した.その結果,pM癌ではリンパ節転移がみられず,pSM癌では11.8%に転移が認められた.ガイドラインに照らすと,pM癌の22.2%の例はEMRが局所切除,pSM癌の23.5%はD2未満へのリンパ節郭清省略の適応可能症例であった.自験例の結果とガイドラインの適応条件から,肉眼的(SM,N0,1.5cm以下の分化型)の条件以下の例にD1+α,肉眼的(T1,N1,1.5cm未満)の条件以下の例にD1+βリンパ節郭清を適用するのが安全と思われた.多発胃癌は9%にみられたが,主病巣の大きさ,進達度,肉眼型,組織型に副病巣を除外して切除範囲を縮小できる特徴的所見に乏しい結果となった.また,副病巣の術前診断率は低く,多領域にみられたことより,現時点では中・下部早期胃癌には広範切除が安全と思われた
  • 食道癌の手術治療成績 過去10年間の自験例の検討
    長堀 順二, 大澤 英之, 池本 哲也, 井上 仁, 山元 英資, 森本 慎也, 森實 岳史, 小田原 一哉  愛媛県立病院学会会誌  36-  (1)  17  -22  2000/12  [Not refereed][Not invited]
     
    10年間の食道癌切除自験例32例(男28例・女4例,43〜75歳)の手術治療成績について検討した.その結果,手術切除例では進行した症例が多いのと,上縦隔の徹底したリンパ節郭清不足のために全国登録症例調査報告に比べ成績が不良であった.このことからも,適応症例を選んで,系統的リンパ郭清術を伴う上縦隔の拡大手術を進め,さらに放射線・化学療法を併施し成績向上を図るべきだと思われた
  • 直腸癌の外科治療成績 過去10年間の自験例の検討
    長堀 順二, 大澤 英之, 森本 慎也, 井上 仁, 森實 岳史, 小田原 一哉, 吉田 金広  愛媛県立病院学会会誌  36-  (1)  7  -15  2000/12  [Not refereed][Not invited]
     
    10年間の直腸癌自験例135例(男78例・女57例,平均年齢66.3歳)の治療成績について検討した.その結果,腫瘍占拠部位,リンパ節転移頻度,組織学的病期などの背景因子は全国登録例と大きな隔たりはなく,全体の組織学的根治度も80%を超え同程度であった.しかし5生率が低く,特にRbのステージIIIaとIIIbの成績不良が著明であった.その原因としてはsurgical marginとリンパ節郭清の不足によると思われ,改善が必要と考えられた
  • 胃癌切除後の局所再発に対する再切除例の検討 自験例において
    長堀 順二, 大澤 英之, 山元 英資, 池本 哲也, 小田原 一哉  愛媛県立病院学会会誌  35-  (1)  7  -10  1999/12  [Not refereed][Not invited]
     
    前医が行った上部胃癌切除後の局所再発に対し再切除を行った3症例を呈示し,初回手術が適切であったのかを,その後の自験胃癌手術例と比較検討した.1994年から今日まで,初回胃手術をした自験例は胃癌156例,胃悪性リンパ腫4例であり,呈示症例と同じく主な占拠部位がMCより上部に位置する54例を対象に,局所再発の主因となるリンパ節転移の状況を明かにした.うち30例に組織学的リンパ節転移を認めた.リンパ節転移は深達度mp以深になるとみられ,転移部位は胃の解剖学的リンパ流にしたがっていた.今回の検討により,根治性の期待できるmp以深の上部胃癌に対しては,D2以上のリンパ節郭清を伴う全摘術が標準となることが再確認できた.一方,早期の上部胃癌に対する縮小手術は,根治性と機能的メリットに関しては未だ評価が定まっておらず,現時点での適用は試行錯誤の段階であり,極めて厳密に適用すべきである


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.