Researchers Database

oota gaku

    GastroenterologyCenter,SurgeryMedicine Research Associate
Contact: goatkaujichi.ac.jp
Last Updated :2021/11/23

Researcher Information

Research funding number

  • 60721602

J-Global ID

Research Areas

  • Life sciences / Digestive surgery

Published Papers

  • 外科医による起業-医工連携・産学連携- 外科医を取り巻く職場ニーズから中小企業の事業創出に繋がった産学連携事業の報告
    川平 洋, 井上 賢之, 篠原 翔一, 兼田 裕司, 千葉 蒔七, 窪木 大悟, 太田 学, 松本 志郎, 山口 博紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, Lefor Alan K., 中村 亮一, 下村 義弘, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 121回 NES - 2 2021/04
  • Daishi Naoi, Hisanaga Horie, Koji Koinuma, Yuko Kumagai, Gaku Ota, Mineyuki Tojo, Yuji Kaneda, Shuji Hishikawa, Ai Sadatomo, Yoshiyuki Inoue, Noriyoshi Fukushima, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    Surgery today 2021/03 
    PURPOSE: The aim of this study was to evaluate both the intestinal mucosa staple line integrity and anastomotic leak pressure after healing in a porcine survival model. METHODS: We used two suture models using two different size staples (incomplete mucosal closure model: group G [staple height 0.75 mm], complete mucosal closure model: group B [staple height 1.5 mm]) in the porcine ileum. Five staple lines were created in each group made in the ileum for each model, and the staple sites harvested on days 0, 2, and 7. The leak pressure at the staple site was measured at each time point. RESULTS: On day 0, the leak pressure for group G (79.5 mmHg) was significantly lower than that for group B (182.3 mmHg) (p < 0.01). On days 2 and 7, there was no significant difference between groups G and B (171 mmHg and 175.5 mmHg on day 2, 175.5 mmHg and 175.5 mmHg on day 7, p > 0.05). The histological findings in both groups showed similar healing at postoperative days 2 and 7. CONCLUSION: The integrity of the mucosal staple lines was associated with the postoperative leak pressure on day 0. However, there was no association with the leak pressure at two days or more postoperatively in a porcine model.
  • Akira Saito, Mineyuki Tojo, Yuko Kumagai, Hideyuki Ohzawa, Hironori Yamaguchi, Hideyo Miyato, Ai Sadatomo, Daishi Naoi, Gaku Ota, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Heliyon 7 (1) e05880  2021/01 
    Aim: PD-1/PD-L1 blockade therapy is now widely used for the treatment of advanced malignancies. Although PD-L1 is known to be expressed by various host cells as well as tumor cells, the role of PD-L1 on non-malignant cells and its clinical significance is unknown. We evaluated cell type-specific expression of PD-L1 in colorectal cancer (CRC) specimens using multicolor flow cytometry. Methods: Single cell suspensions were made from 21 surgically resected CRC specimens, and immunostained with various mAbs conjugated with different fluorescent dyes. Tumor cells, stromal cells, and immune cells were identified as CD326(+), CD90(+) and CD45(+) phenotype, respectively. CD11b(+) myeloid cells, CD19(+) B cells and CD4(+) or CD8(+) T cells were also stained in different samples, and their frequencies in the total cell population and the ratio of PD-L1(+) cells to each phenotype were determined. Results: PD-L1 was expressed by all the cell types. The ratio of PD-L1(+) cells to CD326(+) tumor cells was 19.1% ± 14.0%, lower than those for CD90(+) stromal cells (39.6% ± 16.0%) and CD11b(+) myeloid cells (31.9% ± 14.3%). The ratio of PD-L1(+) cells in tumor cells correlated strongly with the ratio in stromal cells, while only weakly with that in myeloid cells. Tumor cells were divided into two populations by CD326 expression levels, and the PD-L1 positive ratios were inversely correlated with the rate of CD326 highly expressing cells as well as mean fluorescein intensity of CD326 in tumor cells, while positively correlated with the frequencies of stromal cells or myeloid cells in CRC. Conclusion: PD-L1 is differentially expressed on various cell types in CRC. PD-L1 on tumor cells may be upregulated together with CD326 downregulation in the process of epithelial mesenchymal transition. Quantification of cell type-specific expression of PD-L1 using multicolor flow cytometry may provide useful information for the immunotherapy of solid tumors.
  • 直腸原発Goblet cell carcinoidの1例
    小林 龍ノ介, 太田 学, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 太白 健一, 佐田友 藍, 直井 大志, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 日本消化器病学会-関東支部 362回 33 - 33 2020/12
  • 大腸憩室出血の診断と治療 当院における大腸憩室出血に対する外科的治療の現状
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 太田 学, 直井 大志, 佐田友 藍, 本間 祐子, 太白 健一, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 味村 俊樹, 佐田 尚宏, 森川 昇玲, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 73 (9) A75 - A75 0047-1801 2020/09
  • 低位前方切除後症候群診療における進歩と課題 低位前方切除後症候群に対する経肛門的洗腸療法の有用性に関する検討
    本間 祐子, 味村 俊樹, 村橋 賢, 太田 学, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 73 (9) A84 - A84 0047-1801 2020/09
  • 高橋 和也, 堀江 久永, 井上 賢之, 太田 学, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    手術 金原出版(株) 74 (6) 949 - 954 0037-4423 2020/05 
    77歳男。会陰部の膨隆と疼痛を主訴とした。下部進行直腸癌に対する術前化学療法+腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術後1ヵ月に絞扼性イレウスを発症し、緊急開腹手術を行ったが、術後に会陰部の膨隆と歩行障害を伴うほどの疼痛が出現した。腹部CTでは骨盤底への腸管の脱出はみられなかったが、会陰部皮下まで腹水の貯留を認め、会陰ヘルニアと診断して会陰ヘルニア修復術を行った。手術操作、合併症対策、ヘルニアの確実な修復の観点から経腹・経会陰の同時アプローチを選択し、前立腺から肛門挙筋で構成された3×3cmのヘルニア門をメッシュで被覆、固定した。本症例は放射線治療後であること、初回手術時に骨盤底の修復が行われていなかったことが会陰ヘルニア発症の一因と考えられた。
  • 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 太田 学, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 味村 俊樹, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 72 (4) 165 - 170 0047-1801 2019/04 
    症例は43歳女性。S状結腸癌、転移性肝腫瘍、左卵巣腫瘍に対し腹腔鏡下S状結腸切除・肝部分切除・左付属器切除術が施行された。術後4ヵ月目に発症した絞扼性腸閉塞に対して緊急手術が施行された。原因はS状結腸の腸間膜欠損部と初回手術時に温存された上直腸動脈間が門となる内ヘルニアであった。小腸部分切除、腸間膜欠損部の縫合閉鎖を行った。腹腔鏡下大腸切除手術後、腸間膜欠損部が原因の内ヘルニアの発生率は少なく、腸間膜欠損部は閉鎖しないことが一般的である。本症例は、S状結腸が過長で、腸間膜と後腹膜の癒合が少ないという特徴があった。このような症例では術後の癒着による腸間膜欠損部の閉鎖がされず、内ヘルニアのリスクが高いと考えられ、閉鎖すべきと考えられた。(著者抄録)
  • 直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 東條 峰之, 宮原 悠三, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 森 和亮, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 味村 俊樹, Kawarai Lefor Alan, 佐田 尚宏
    自治医科大学紀要 (学)自治医科大学 41 7 - 13 1881-252X 2019/03 
    右側結腸手術の周術期管理に、Enhanced Recovery After Surgeryプロトコル(ERAS)を導入したので短期成績を報告する。2014年6月から2017年10月に行われた右側結腸手術症例をERAS群、2010年1月から2014年5月の症例を従来群とし、後方視的に検討した。ERAS群では、機械的前処置の省略、術直後の胃管抜去、早期経口摂取開始を新たに採用した。ERAS群182例(腹腔鏡103例、開腹79例)、従来群202例(腹腔鏡84例、開腹118例)であった。腹腔鏡手術では、ERAS群と従来群で手術関連因子、術後合併症に差は認めなかった。開腹手術では、表層性の創部感染の発生率はERAS群で有意に高かった(ERAS群12.7%:従来群2.5%)が、Clavien-Dindo分類2以上の術後合併症はERAS群で有意に低かった(ERAS群3.8%:従来群18.6%)。右側結腸手術において当科のERASプロトコルは安全に導入可能である。(著者抄録)
  • Shoichi Shinohara, Masanobu Hyodo, Gaku Ota, Hirohumi Hayashi, Yasuhiro Inoue, Hirotake Sato, Munetoshi Tsukahara, Masaki Okada, Alan Kawarai Lefor, Yoshikazu Yasuda
    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy 45 (9) 1377 - 1379 0385-0684 2018/09 
    A 56-year-old woman was diagnosed with rectal cancer and liver metastases(Stage IV), and underwent low anterior resection and laparoscopic partial hepatectomy. The patient received adjuvant chemotherapy(mFOLFOX6 for 24 weeks), but developed multiple lung metastases 11 months later. Before undergoing a pulmonary resection, the patient presented with acute small bowel obstruction. Abdominal computed tomography showed small bowel stenosis due to a tumor, and we suspected peritoneal metastases from the rectal tumor. We performed partial resection of the small intestine, and histopathological examination revealed a primary small bowel tumor. The patient was discharged to her home without complications, and later underwent pulmonary resections for bilateral lung metastases. We usually suspect that small bowel obstruction is due to peritoneal metastases in patients with advanced colorectal tumors, but must consider the rare possibility of a separate primary small bowel tumor, especially in patients with a solitary lesion. We report a rare primary small bowel tumor after FOLFOX treatment in a patient with Stage IV rectal cancer.
  • Kazuma Iwasaki, Mitsuaki Morimoto, Gaku Ota, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Naohiro Sata, Takeo Nakaya
    Medicine 97 (30) e11357  2018/07 
    RATIONALE: Although systemic lupus erythematosus (SLE) can be complicated by various gastrointestinal tract diseases, it is rarely associated with lupus enteritis and protein-losing enteropathy (PLE). We report here the successful surgical treatment of lupus enteritis and therapy-resistant and refractory PLE in a patient with SLE. We also provide a review of relevant literature. PATIENT CONCERNS: A 16-year-old girl presenting with polyarthritis, malar rash, and palmar erythema was indicated for steroid therapy on the basis of positive results for antinuclear, anti-Smith, and antiphospholipid antibodies, which confirmed the diagnosis of SLE. During the course of steroid therapy, the patient developed acute abdomen and hypoalbuminemia. DIAGNOSES: Computed tomography and Tc-labeled human serum albumin scintigraphy revealed abnormal findings, and a diagnosis of lupus enteritis and PLE was made. Steroid treatment was continued but no significant improvement was observed, and the patient was referred and admitted to our hospital. Double-balloon enteroscopy revealed multiple ischemic stenoses and mucosal necroses in the small intestine, suggesting that PLE was associated with ischemic enteritis due to antiphospholipid syndrome. The patient received steroids, immunosuppressive drugs, and antithrombotic therapy, with no improvement in symptoms. Thus, the disease was judged to be refractory and resistant to medical therapy, and the patient was indicated for surgical treatment. INTERVENTIONS: Partial small intestinal resection was performed by removing the segment of the small intestine presenting PLE lesions, and a double-end ileostomy was created. OUTCOMES: Multiple stenotic lesions were confirmed in the resected segment. Histopathology evaluation revealed marked inflammatory cell infiltration in the intestinal tract wall and recanalization of the vessels, suggesting a circulatory disorder caused by vasculitis and antiphospholipid syndrome. Postoperatively, the clinical course was good. Serum albumin levels and body weight increased as nutritional status improved significantly. Secondary enteroenterostomy with ileostomy closure could be performed at 2 months after the initial surgery. LESSONS: Timely surgical treatment can be successful in managing therapy-resistant and refractory PLE in patients with SLE.
  • 太田 学, 俵藤 正信, 篠原 翔一, 井上 康浩, 塚原 宗俊, 安田 是和
    手術 金原出版(株) 72 (6) 917 - 922 0037-4423 2018/05 
    2007〜2017年に当科で施行した胆管十二指腸吻合術32例(男性23例、女性9例、中央値80歳)をretrospectiveに検証した。付加手術を要した背景は積み上げ結石・大結石22例、胆摘後再発結石7例、胃切除後8例であった。術前のCTで計測した総胆管の最大横径は9〜27mmであった。手術時間は90〜414分(中央値172.5分)、術中出血量は10〜1940mL(中央値172.5mL)、術後在院日数7〜28日(中央値10日)であった。入院中の術後合併症はClavien Dindo分類(CD)Iの創感染を6例、CD Iの術後肺炎を1例で認め、縫合不全や重篤な合併症はなかった。観察期間は1ヵ月〜9年3ヵ月(中央値4年2ヵ月)で、退院後に胆管炎を1例(3.1%)に認め、術後胆管結石の再発は1例(3.1%)のみであった。難治性胆管結石症に対する胆管十二指腸吻合術は安全に施行可能であり、高齢者に多い原発性胆管結石症に対し有用な術式と考えられた。
  • 太田 学, 三木 厚, 遠藤 和洋, 佐久間 康成, アラン K.・レフォー, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 79 (2) 405 - 411 1345-2843 2018/02 
    症例は44歳,女性.主訴は心窩部不快感.CTで膵尾部に径約70mmの嚢胞性病変,それと連続し胃壁内に小嚢胞の集簇を認めた.経過観察中に突然の腹痛で当院へ救急搬送され,CTで胃側の嚢胞が長径95mmと増大しており入院した.超音波内視鏡検査で胃側の嚢胞は胃壁筋層内に存在し,膵尾部の嚢胞との交通を認めた.穿刺内容液は血性で,内容液中のamylase(AMY),CEAが高値であった.膵粘液性嚢胞腫瘍(MCN)が胃壁内へ穿破したことによる胃壁筋層内出血と診断し,待機的に手術を行った.手術は膵体尾部脾合併切除を行い,胃側の嚢胞は胃壁の筋層を温存し嚢胞壁のみ合併切除した.膵嚢胞内容液のAMY,CEAは高値で胃壁側の嚢胞液と類似していた.病理組織診断ではMCNの診断であった.MCNが膵管と交通を持ち,胃壁筋層内へ穿破し出血を生じたと考えられる1例を経験したため,文献的考察も含めて報告する.(著者抄録)
  • 利府 数馬, 小泉 大, 丸山 博行, 宇井 崇, 太田 学, 佐田 尚宏
    日本腹部救急医学会雑誌 (一社)日本腹部救急医学会 37 (1) 85 - 89 1340-2242 2017/01 
    症例は65歳女性。主訴は腹痛。腹部単純X線写真でfree airを認め,腹部CT検査を施行し,汎発性腹膜炎の診断で当院へ搬送となった。身体所見では左下腹部を中心とした圧痛・反跳痛を認めた。血液・生化学所見では,WBC 4,700/μL,CRP 37.21mg/dLで炎症反応高値であった。腹部CT検査では上部空腸に穿孔を認め,周囲にfree air,腹水を認め,上部空腸穿孔による急性汎発性腹膜炎の術前診断で緊急手術を施行した。術中所見ではTreitz靱帯より肛門側へ10cmの空腸腸間膜側に穿孔を認め,空腸部分切除,十二指腸空腸吻合術(側々吻合)を施行した。摘出標本では明らかな腫瘍性病変はなく,憩室穿孔が原因と考えられ,病理では,仮性憩室穿孔の診断であった。上部空腸憩室穿孔はまれな疾患であるが,消化管穿孔の鑑別診断として考慮する必要のある疾患である。(著者抄録)
  • 太田 学, 鯉沼 広治, 森嶋 計, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 田中 亨
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 76 (10) 2493 - 2498 1345-2843 2015/10 
    症例は57歳の女性.右下腹部腫瘤の精査で盲腸癌と診断された.術前の腹部超音波検査で肝S2に径10mmの境界明瞭で内部不均一な低エコー腫瘤を認めた.CT検査では淡い低吸収域として認め,造影効果は認めなかった.MRI検査ではT1強調で低信号,T2強調で軽度高信号を示し,superparamagnetic iron oxide(SPIO)造影後T2強調で明瞭な高信号として描出され,拡散強調画像で拡散の低下を認めた.盲腸癌・転移性肝癌と診断し,回盲部切除術と肝部分切除術を施行した.病理組織学的所見で肝reactive lymphoid hyperplasiaと診断された.術後8年再発なく経過している.肝reactive lymphoid hyperplasiaは良性疾患とされているが,術前検査で悪性腫瘍との鑑別が困難であり,外科的切除が行われることが多い.診断,治療の現状と問題点を考察した.(著者抄録)
  • 太田 学, 石橋 敏光
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 76 (8) 1989 - 1994 1345-2843 2015/08 
    局所進行大腸癌(直腸癌5例,S状結腸癌1例)に対し,mFOLFOX6療法あるいはSOX療法にbevacizumabを併用した新規術前化学療法を行った.術前放射線療法は併用しなかった.6例全例で良好な腫瘍縮小効果が得られ,骨盤腔内での手術操作が容易となった.膀胱浸潤例を除く6例中5例にR0切除が施行され,その5例に局所再発を認めなかった.また,pCRあるいはnear-pCRを6例中2例に認めた.術前化学療法中の有害事象としてGrade3の好中球減少症を3例に,肝機能障害を1例に認め,術後合併症として縫合不全を1例に認めた.放射線療法を併用しない新規術前化学療法は局所進行大腸癌に対する有力な一つの治療オプションになり得ると考えられた.(著者抄録)
  • 太田 学, 佐久間 康成, 笹沼 英紀, 小泉 大, 遠藤 和洋, 石黒 保直, 眞田 幸弘, 佐田 尚宏, 安田 是和
    小切開・鏡視外科学会雑誌 (NPO)小切開・鏡視外科学会 3 (1) 45 - 45 2185-2820 2012/11
  • 胃静脈瘤に対し超音波ドップラー法を併用した腹腔鏡下胃上部血行郭清術の4例
    宇井 崇, 佐久間 康成, 細谷 好則, 藤原 岳人, 俵藤 正信, 笠原 尚哉, 太田 学, 太田 真, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本門脈圧亢進症学会雑誌 (一社)日本門脈圧亢進症学会 16 (2) 119 - 119 1344-8447 2010/08

Conference Activities & Talks

  • 回腸原発悪性黒色腫の一例
    篠原 翔一, 直井 大志, 太田 学, 本間 祐子, 佐田 友藍, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌  2020/10  日本臨床外科学会
  • 術前CT検査による3D血管構築が腹腔鏡手術に有用であった腸回転異常に伴う上行結腸癌の1例
    直井 大志, 鯉沼 広治, 太田 学, 本間 祐子, 佐田 友藍, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌  2020/10  日本臨床外科学会
  • クローン病腸管病変に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    太田 学, 伊藤 誉, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2020/08  (一社)日本外科学会
  • 器械縫合において粘膜縫合の欠損が腸管吻合部の強度に与える影響
    直井 大志, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 太田 学, 東條 峰之, 兼田 裕司, 斎藤 晶, 木村 有希, 津久井 秀則, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 菱川 修司, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2020/08  (一社)日本外科学会
  • 腹腔鏡下直腸切断術におけるインターシードの使用経験
    田原 真紀子, 堀江 久永, 太田 学, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 味村 俊樹, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2019/12  (一社)日本内視鏡外科学会
  • 予防的人工肛門造設からみた直腸癌術後の縫合不全対策
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 太田 学, 本間 祐子, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2019/12  (一社)日本内視鏡外科学会
  • 直腸癌術前化学放射線治療実施症例に対する腹腔鏡下側方リンパ節郭清の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 本間 祐子, 太田 学, 佐久間 康成, 川平 洋, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2019/12  (一社)日本内視鏡外科学会
  • 当科における直腸癌に対するTaTMEの導入と短期治療成績
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 田原 真紀子, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 川平 洋, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2019/12  (一社)日本内視鏡外科学会
  • 小泉 大, 太田 学, 宮原 悠三, 北林 宏之, 塩澤 幹雄, 近藤 悟, 兒玉 多曜
    日本外科感染症学会雑誌  2019/10  (一社)日本外科感染症学会
  • 潰瘍形成により穿通を来した腸間膜脂肪腫を伴うLipomatosisの1例
    太田 学, 伊藤 誉, 崎尾 亮太郎, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌  2019/10  日本臨床外科学会
  • Meckel憩室癌の1例
    崎尾 亮太郎, 伊藤 誉, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌  2019/10  日本臨床外科学会
  • 排便機能および排便機能障害について考える 排便機能外来立ち上げ後1年間の診療実績
    本間 祐子, 味村 俊樹, 太田 学, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌  2019/10  日本臨床外科学会
  • 当科における下部直腸癌に対するtaTMEの導入と短期治療成績
    田原 真紀子, 太田 学, 太白 健一, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2019/09  (一社)日本大腸肛門病学会
  • 腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術後に発生し、経腹的・経会陰的に修復した会陰ヘルニアの1例
    高橋 和也, 堀江 久永, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2019/09  (一社)日本大腸肛門病学会
  • 難治性排便障害に対する経肛門的洗腸療法の治療成績
    本間 祐子, 味村 俊樹, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 太田 学, 太白 健一, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2019/09  (一社)日本大腸肛門病学会
  • 術前化学放射線治療実施症例に対する側方リンパ節郭清の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 太田 学, 太白 健一, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田 藍, 直井 大志, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2019/09  (一社)日本大腸肛門病学会
  • 進行大腸癌所属リンパ節におけるPD-1/PD-L1分子の発現解析
    津久井 秀則, 斎藤 晶, 東條 峰之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 太田 学, 太白 健一, 熊谷 祐子, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 大澤 英之, 味村 俊樹, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本大腸肛門病学会雑誌  2019/09  (一社)日本大腸肛門病学会
  • 排便障害診療におけるチーム医療の問題点と対策
    本間 祐子, 味村 俊樹, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 太田 学, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2019/09  (一社)日本大腸肛門病学会
  • Interval appendectomyを基本とした急性虫垂炎治療戦略の検討
    小泉 大, 藤田 純輝, 太田 学, 北林 宏之, 塩澤 幹雄, 近藤 悟, 兒玉 多曜
    日本消化器外科学会総会  2019/07  (一社)日本消化器外科学会
  • 長期化学療法によって病理学的完全奏功を得られた直腸がんの一例
    西條 未莉, 中元 明裕, 小川 和紀, 廣澤 拓也, 井野 裕治, 砂田 富美子, 宮原 悠三, 太田 学, 北林 宏之, 近藤 悟, 塩澤 幹雄, 小泉 大, 河合 繁夫, 児玉 多曜, 倉田 秀一
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集  2019/07  日本消化器病学会-関東支部

MISC

  • 術前CT検査による3D血管構築が腹腔鏡手術に有用であった腸回転異常に伴う上行結腸癌の1例
    直井 大志, 鯉沼 広治, 太田 学, 本間 祐子, 佐田 友藍, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本臨床外科学会雑誌  81-  (増刊)  410  -410  2020/10
  • 回腸原発悪性黒色腫の一例
    篠原 翔一, 直井 大志, 太田 学, 本間 祐子, 佐田 友藍, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本臨床外科学会雑誌  81-  (増刊)  426  -426  2020/10
  • 器械縫合において粘膜縫合の欠損が腸管吻合部の強度に与える影響
    直井 大志, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 太田 学, 東條 峰之, 兼田 裕司, 斎藤 晶, 木村 有希, 津久井 秀則, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 菱川 修司, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本外科学会定期学術集会抄録集  120回-  SF  -7:[*]  2020/08
  • クローン病腸管病変に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    太田 学, 伊藤 誉, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本外科学会定期学術集会抄録集  120回-  DP  -2  2020/08
  • 当科における直腸癌に対するTaTMEの導入と短期治療成績
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 田原 真紀子, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 川平 洋, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本内視鏡外科学会雑誌  24-  (7)  SF057  -2  2019/12
  • 直腸癌術前化学放射線治療実施症例に対する腹腔鏡下側方リンパ節郭清の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 本間 祐子, 太田 学, 佐久間 康成, 川平 洋, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本内視鏡外科学会雑誌  24-  (7)  SF101  -3  2019/12
  • 予防的人工肛門造設からみた直腸癌術後の縫合不全対策
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 太田 学, 本間 祐子, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本内視鏡外科学会雑誌  24-  (7)  SF106  -3  2019/12
  • 腹腔鏡下直腸切断術におけるインターシードの使用経験
    田原 真紀子, 堀江 久永, 太田 学, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 味村 俊樹, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本内視鏡外科学会雑誌  24-  (7)  MO039  -5  2019/12
  • 排便機能および排便機能障害について考える 排便機能外来立ち上げ後1年間の診療実績
    本間 祐子, 味村 俊樹, 太田 学, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本臨床外科学会雑誌  80-  (増刊)  423  -423  2019/10
  • Meckel憩室癌の1例
    崎尾 亮太郎, 伊藤 誉, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本臨床外科学会雑誌  80-  (増刊)  701  -701  2019/10
  • 潰瘍形成により穿通を来した腸間膜脂肪腫を伴うLipomatosisの1例
    太田 学, 伊藤 誉, 崎尾 亮太郎, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本臨床外科学会雑誌  80-  (増刊)  705  -705  2019/10
  • 小泉 大, 太田 学, 宮原 悠三, 北林 宏之, 塩澤 幹雄, 近藤 悟, 兒玉 多曜  日本外科感染症学会雑誌  16-  (5)  573  -573  2019/10
  • 排便障害診療におけるチーム医療の問題点と対策
    本間 祐子, 味村 俊樹, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 太田 学, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本大腸肛門病学会雑誌  72-  (9)  A120  -A120  2019/09
  • 進行大腸癌所属リンパ節におけるPD-1/PD-L1分子の発現解析
    津久井 秀則, 斎藤 晶, 東條 峰之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 太田 学, 太白 健一, 熊谷 祐子, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 大澤 英之, 味村 俊樹, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 北山 丈二  日本大腸肛門病学会雑誌  72-  (9)  A121  -A121  2019/09
  • 術前化学放射線治療実施症例に対する側方リンパ節郭清の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 太田 学, 太白 健一, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田 藍, 直井 大志, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本大腸肛門病学会雑誌  72-  (9)  A138  -A138  2019/09
  • 難治性排便障害に対する経肛門的洗腸療法の治療成績
    本間 祐子, 味村 俊樹, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 太田 学, 太白 健一, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本大腸肛門病学会雑誌  72-  (9)  A164  -A164  2019/09
  • 腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術後に発生し、経腹的・経会陰的に修復した会陰ヘルニアの1例
    高橋 和也, 堀江 久永, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本大腸肛門病学会雑誌  72-  (9)  A205  -A205  2019/09
  • 当科における下部直腸癌に対するtaTMEの導入と短期治療成績
    田原 真紀子, 太田 学, 太白 健一, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 佐田 尚宏  日本大腸肛門病学会雑誌  72-  (9)  A237  -A237  2019/09
  • 長期化学療法によって病理学的完全奏功を得られた直腸がんの一例
    西條 未莉, 中元 明裕, 小川 和紀, 廣澤 拓也, 井野 裕治, 砂田 富美子, 宮原 悠三, 太田 学, 北林 宏之, 近藤 悟, 塩澤 幹雄, 小泉 大, 河合 繁夫, 児玉 多曜, 倉田 秀一  日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集  355回-  27  -27  2019/07
  • Interval appendectomyを基本とした急性虫垂炎治療戦略の検討
    小泉 大, 藤田 純輝, 太田 学, 北林 宏之, 塩澤 幹雄, 近藤 悟, 兒玉 多曜  日本消化器外科学会総会  74回-  RS13  -7  2019/07
  • 篠原 翔一, 俵藤 正信, 太田 学, 林 浩史, 佐藤 寛文, 塚原 宗俊, 安田 是和  日本腹部救急医学会雑誌  39-  (5)  863  -866  2019/07  
    腹直筋膿瘍は手術創感染や腹腔内感染などによる続発性が多く,原発性はまれである。今回健常な若年男性に発症したまれな原発性腹直筋膿瘍の1例を経験したので報告する。症例はインドネシア人の20歳男性。発熱,左下腹部痛を主訴に前医受診。炎症反応高値と腹部CT上左腹直筋内に低吸収腫瘤があり,当院紹介となった。手術や外傷,易感染性疾患の既往なし。腹部超音波検査で20mm大の低エコー腫瘤を認め,腹直筋膿瘍と判断し局所麻酔下に切開排膿ドレナージを施行した。経口抗菌薬投与で経過観察するも膿瘍腔の増大を認め,2日後に全身麻酔下に切開排膿ドレナージを施行した。腹腔内感染は認めず培養結果はStaphylococcus aureusであった。経過良好で術後5日目に軽快退院となった。(著者抄録)
  • 術前化学放射線療法(CRT)を行った下部進行直腸癌症例の術後CEA値は予後を予測するか
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 森 和亮, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 東條 峰之, 津久井 秀則, 宮原 悠三, 伊藤 誉, 太白 健一, 丸山 博行, 清水 徹一郎, 太田 学, 佐田 尚宏  日本大腸肛門病学会雑誌  72-  (5)  293  -293  2019/05
  • 穿孔性腹膜炎を契機に発見された空腸癌の1例
    太田 学, 小泉 大, 藤田 純輝, 北林 宏之, 近藤 悟, 兒玉 多曜  日本腹部救急医学会雑誌  39-  (2)  440  -440  2019/02
  • imatinibが奏功するも消化管穿孔を来した転移性GISTの一例
    小川 和紀, 中元 明裕, 岩下 ちひろ, 廣澤 拓也, 砂田 富美子, 藤田 純輝, 太田 学, 北林 宏之, 近藤 悟, 小泉 大, 児玉 多曜, 倉田 秀一  日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集  353回-  30  -30  2019/02
  • 血小板減少症に対し術前にトロンボポエチン受容体作動薬を使用した鼠径ヘルニアの1例
    太田 学, 小泉 大, 藤田 純輝, 北林 宏之, 近藤 悟, 兒玉 多曜  日本臨床外科学会雑誌  79-  (増刊)  698  -698  2018/10
  • 篠原 翔一, 俵藤 正信, 太田 学, 林 浩史, 井上 康浩, 佐藤 寛丈, 塚原 宗俊, 岡田 真樹, アラン・レフォー, 安田 是和  癌と化学療法  45-  (9)  1377  -1379  2018/09  
    症例は56歳、女性。直腸癌、同時性肝転移に対して低位前方切除術、二期的腹腔鏡下肝部分切除術を施行した。術後補助化学療法としてmFOLFOX6を24週で完遂した。術後11ヵ月に両側肺転移が出現し切除予定であったが、腸閉塞にて入院した。腹部CT検査で腫瘍による小腸狭窄を認め、腹膜播種を疑った。開腹手術を施行し、腹膜播種は認めず閉塞起点の小腸腫瘍を切除した。病理は原発性小腸癌の診断であった。術後経過は良好で、両側肺転移に対し肺部分切除術を施行した。Stage IV大腸癌の術後小腸狭窄では通常は腹膜播種を疑うが、単発の場合は小腸癌の重複もまれではあるが存在する。mFOLFOX6治療後に両側肺転移と同時に原発性小腸癌を認めたまれな症例を経験した。(著者抄録)
  • 残尿測定による直腸癌術後排尿障害の評価
    東條 峰之, 堀江 久永, 太田 学, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 本間 祐子, 太白 健一, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本大腸肛門病学会雑誌  71-  (抄録号)  A184  -A184  2018/09
  • 腹腔鏡下直腸切断術における人工肛門造設の工夫
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 太田 学, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 本間 祐子, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本大腸肛門病学会雑誌  71-  (抄録号)  A254  -A254  2018/09
  • 高度狭窄大腸癌に対するステント留置症例の短期成績と長期予後に関して
    吉田 淳, 山崎 一馬, 荒川 尚士, 菊池 真維子, 太田 学, 北林 宏之, 近藤 悟, 鹿島 康薫, 児玉 多曜  日本消化器外科学会総会  73回-  608  -608  2018/07
  • 当院におけるCrohn病に対するKono-S吻合の短期成績
    森 和亮, 堀江 久永, 太田 学, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本外科学会定期学術集会抄録集  118回-  2245  -2245  2018/04
  • 胃癌切除症例における術前D-dimer値と病期・転帰の検討
    倉科 憲太郎, 細谷 好則, 清水 徹一郎, 太田 学, 齋藤 心, 春田 英律, 宇井 崇, 松本 志郎, 金丸 理人, 三木 厚, 山口 博紀, 堀江 久永, 佐久間 康成, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本胃癌学会総会記事  90回-  499  -499  2018/03
  • 中規模病院における腹腔鏡下ヘルニア根治術(TAPP)の導入
    吉田 淳, 菊池 真維子, 太田 学, 児玉 多曜  日本内視鏡外科学会雑誌  22-  (7)  EP026  -01  2017/12
  • 原発性腹直筋膿瘍の1例
    篠原 翔一, 俵藤 正信, 太田 学, 林 浩史, 井上 康浩, 佐藤 寛丈, 塚原 宗俊, 岡田 真樹, 安田 是和  日本腹部救急医学会雑誌  37-  (2)  322  -322  2017/02
  • 腹腔鏡補助下広範胃切除術を施行した胃原発Glomus腫瘍の1例
    篠原 翔一, 俵藤 正信, 太田 学, 林 浩史, 井上 康浩, 佐藤 寛丈, 塚原 宗俊, 岡田 真樹, 安田 是和  日本内視鏡外科学会雑誌  21-  (7)  DP46  -2  2016/12
  • 特発性血小板減少性紫斑病合併の胃GISTに対しHALS胃部分・脾同時切除を施行した1例
    太田 学, 俵藤 正信, 篠原 翔一, 林 浩史, 井上 康浩, 佐藤 寛丈, 藤原 宗俊, 岡田 真樹, 安田 是和  日本内視鏡外科学会雑誌  21-  (7)  DP73  -1  2016/12
  • 篠原 翔一, 安田 是和, 俵藤 正信, 太田 学, 林 浩史, 井上 康浩, 佐藤 寛丈, 塚原 宗俊, 岡田 真樹  日赤医学  68-  (1)  125  -125  2016/09
  • 胃壁筋層内へ穿破し出血を生じた膵粘液性嚢胞腫瘍の1例
    太田 学, 三木 厚, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  28回-  656  -656  2016/06
  • 大友 慎也, 法月 正太郎, 大西 翼, 岡部 太郎, 鈴木 潤, 笹原 鉄平, 宇井 崇, 倉科 憲太郎, 太田 学, 利府 数馬, 佐田 尚宏, 森澤 雄司, 須藤 俊明  TDM研究  33-  (2)  164  -164  2016/05
  • 抗血栓薬のヘパリン置換による周術期管理の検討
    太田 学, 小泉 大, 森本 光昭, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 穂積 康夫, 佐田 尚宏  日本外科学会定期学術集会抄録集  116回-  PS  -1  2016/04
  • 多発性内分泌腺腫症に起因する虫垂カルチノイド腫瘍の1例
    平瀬 雄規, 森本 光昭, 太田 学, 津久井 秀則, 田原 真紀子, 佐久間 康成, 堀江 久永, 細谷 好則, 佐田 尚宏  日本臨床外科学会雑誌  76-  (増刊)  1001  -1001  2015/10
  • 局所進行直腸癌に対する新規抗がん剤を用いた放射線照射非併用術前化学療法の経験
    太田 学, 石橋 敏光  日本大腸肛門病学会雑誌  67-  (9)  731  -731  2014/09


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.