Researchers Database

sadatomo ai

    SurgeryGastroenterological,GeneralandTransplantSurgery Research Associate
Last Updated :2021/12/07

Researcher Information

J-Global ID

Research Areas

  • Life sciences / Digestive surgery

Published Papers

  • Daishi Naoi, Hisanaga Horie, Koji Koinuma, Yuko Kumagai, Gaku Ota, Mineyuki Tojo, Yuji Kaneda, Shuji Hishikawa, Ai Sadatomo, Yoshiyuki Inoue, Noriyoshi Fukushima, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    Surgery today 51 (10) 1713 - 1719 2021/10 
    PURPOSE: The aim of this study was to evaluate both the intestinal mucosa staple line integrity and anastomotic leak pressure after healing in a porcine survival model. METHODS: We used two suture models using two different size staples (incomplete mucosal closure model: group G [staple height 0.75 mm], complete mucosal closure model: group B [staple height 1.5 mm]) in the porcine ileum. Five staple lines were created in each group made in the ileum for each model, and the staple sites harvested on days 0, 2, and 7. The leak pressure at the staple site was measured at each time point. RESULTS: On day 0, the leak pressure for group G (79.5 mmHg) was significantly lower than that for group B (182.3 mmHg) (p < 0.01). On days 2 and 7, there was no significant difference between groups G and B (171 mmHg and 175.5 mmHg on day 2, 175.5 mmHg and 175.5 mmHg on day 7, p > 0.05). The histological findings in both groups showed similar healing at postoperative days 2 and 7. CONCLUSION: The integrity of the mucosal staple lines was associated with the postoperative leak pressure on day 0. However, there was no association with the leak pressure at two days or more postoperatively in a porcine model.
  • Akira Saito, Mineyuki Tojo, Yuko Kumagai, Hideyuki Ohzawa, Hironori Yamaguchi, Hideyo Miyato, Ai Sadatomo, Daishi Naoi, Gaku Ota, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata, Joji Kitayama
    Heliyon 7 (1) e05880  2021/01 
    Aim: PD-1/PD-L1 blockade therapy is now widely used for the treatment of advanced malignancies. Although PD-L1 is known to be expressed by various host cells as well as tumor cells, the role of PD-L1 on non-malignant cells and its clinical significance is unknown. We evaluated cell type-specific expression of PD-L1 in colorectal cancer (CRC) specimens using multicolor flow cytometry. Methods: Single cell suspensions were made from 21 surgically resected CRC specimens, and immunostained with various mAbs conjugated with different fluorescent dyes. Tumor cells, stromal cells, and immune cells were identified as CD326(+), CD90(+) and CD45(+) phenotype, respectively. CD11b(+) myeloid cells, CD19(+) B cells and CD4(+) or CD8(+) T cells were also stained in different samples, and their frequencies in the total cell population and the ratio of PD-L1(+) cells to each phenotype were determined. Results: PD-L1 was expressed by all the cell types. The ratio of PD-L1(+) cells to CD326(+) tumor cells was 19.1% ± 14.0%, lower than those for CD90(+) stromal cells (39.6% ± 16.0%) and CD11b(+) myeloid cells (31.9% ± 14.3%). The ratio of PD-L1(+) cells in tumor cells correlated strongly with the ratio in stromal cells, while only weakly with that in myeloid cells. Tumor cells were divided into two populations by CD326 expression levels, and the PD-L1 positive ratios were inversely correlated with the rate of CD326 highly expressing cells as well as mean fluorescein intensity of CD326 in tumor cells, while positively correlated with the frequencies of stromal cells or myeloid cells in CRC. Conclusion: PD-L1 is differentially expressed on various cell types in CRC. PD-L1 on tumor cells may be upregulated together with CD326 downregulation in the process of epithelial mesenchymal transition. Quantification of cell type-specific expression of PD-L1 using multicolor flow cytometry may provide useful information for the immunotherapy of solid tumors.
  • 直腸原発Goblet cell carcinoidの1例
    小林 龍ノ介, 太田 学, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 太白 健一, 佐田友 藍, 直井 大志, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 笹沼 英紀, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 日本消化器病学会-関東支部 362回 33 - 33 2020/12
  • 術前CT検査による3D血管構築が腹腔鏡手術に有用であった腸回転異常に伴う上行結腸癌の1例
    直井 大志, 鯉沼 広治, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 81 (増刊) 410 - 410 1345-2843 2020/10
  • 回腸原発悪性黒色腫の一例
    篠原 翔一, 直井 大志, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 81 (増刊) 426 - 426 1345-2843 2020/10
  • 林 芳和, 野村 達磨, 相良 裕一, 福田 久, 岡田 昌浩, 竹澤 敬人, 砂田 圭二郎, 山本 博徳, 佐田友 藍, 鯉沼 広治
    消化器内視鏡 (株)東京医学社 32 (9) 1351 - 1356 0915-3217 2020/09
  • 大腸憩室出血の診断と治療 当院における大腸憩室出血に対する外科的治療の現状
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 太田 学, 直井 大志, 佐田友 藍, 本間 祐子, 太白 健一, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 味村 俊樹, 佐田 尚宏, 森川 昇玲, 林 芳和, 砂田 圭二郎, 山本 博徳
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 73 (9) A75 - A75 0047-1801 2020/09
  • 低位前方切除後症候群診療における進歩と課題 低位前方切除後症候群に対する経肛門的洗腸療法の有用性に関する検討
    本間 祐子, 味村 俊樹, 村橋 賢, 太田 学, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 73 (9) A84 - A84 0047-1801 2020/09
  • 虫垂重積症を来した虫垂子宮内膜症の1例
    宮原 悠三, 伊藤 誉, 下地 信, 東 博, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    Gastroenterological Endoscopy (一社)日本消化器内視鏡学会 62 (9) 1585 - 1591 0387-1207 2020/09 
    症例は41歳女性,便潜血検査陽性のため行われた大腸内視鏡検査で,虫垂開口部に径20mmの正常粘膜に覆われた弾性,硬の隆起性病変を認めた.腹部CTでは腸管内腔に突出した隆起性病変として描出され,粘膜下腫瘍の術前診断で腹腔鏡下回盲部切除術を行った.術中観察では虫垂は盲腸内に反転しており虫垂重積を疑う所見であった.病理組織学的検査では,割面で虫垂粘膜の内反を認め,筋層内には円柱状の細胞からなる腺管が内膜様間質を伴って散見され,虫垂子宮内膜症に矛盾しない所見であった.虫垂子宮内膜症を原因とした虫垂重積症は稀であるが,特徴的な内視鏡所見を把握することで,盲腸切除などの縮小手術を施行できる可能性がある.(著者抄録)
  • 器械縫合において粘膜縫合の欠損が腸管吻合部の強度に与える影響
    直井 大志, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 太田 学, 東條 峰之, 兼田 裕司, 斎藤 晶, 木村 有希, 津久井 秀則, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 菱川 修司, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 120回 SF - 7:[*] 2020/08
  • クローン病腸管病変に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    太田 学, 伊藤 誉, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 120回 DP - 2 2020/08
  • Homare Ito, Hiroaki Kimura, Tadayoshi Karasawa, Shu Hisata, Ai Sadatomo, Yoshiyuki Inoue, Naoya Yamada, Emi Aizawa, Erika Hishida, Ryo Kamata, Takanori Komada, Sachiko Watanabe, Tadashi Kasahara, Takuji Suzuki, Hisanaga Horie, Joji Kitayama, Naohiro Sata, Kazuyo Yamaji-Kegan, Masafumi Takahashi
    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 2020/07 [Refereed][Not invited]
     
    Intestinal ischemia/reperfusion (I/R) injury is a life-threatening complication that leads to inflammation and remote organ damage. The NLRP3 inflammasome regulates the caspase-1-dependent release of IL-1β, an early mediator of inflammation after I/R injury. In this study, we investigated the role of the NLRP3 inflammasome in mice with intestinal I/R injury. Deficiency of NLRP3, ASC, caspase-1/11, or IL-1β prolonged survival after intestinal I/R injury, but neither NLRP3 nor caspase-1/11 deficiency affected intestinal inflammation. Intestinal I/R injury caused acute lung injury (ALI) characterized by inflammation, reactive oxygen species generation, and vascular permeability, which was markedly improved by NLRP3 deficiency. Bone marrow chimeric experiments showed that NLRP3 in non-bone marrow-derived cells was the main contributor to development of intestinal I/R-induced ALI. The NLRP3 inflammasome in lung vascular endothelial cells is thought to be important to lung vascular permeability. Using mass spectrometry, we identified intestinal I/R-derived lipid mediators that enhanced NLRP3 inflammasome activation in lung vascular endothelial cells. Finally, we confirmed that serum levels of these lipid mediators were elevated in patients with intestinal ischemia. To our knowledge, these findings provide new insights into the mechanism underlying intestinal I/R-induced ALI and suggest that endothelial NLRP3 inflammasome-driven IL-1β is a novel potential target for treating and preventing this disorder.
  • Yoshiyuki Inoue, Hisanaga Horie, Yuko Homma, Ai Sadatomo, Makiko Tahara, Koji Koinuma, Hironori Yamaguchi, Toshiki Mimura, Atsushi Kihara, Alan Kawarai Lefor, Naohiro Sata
    Surgical case reports 6 (1) 174 - 174 2020/07 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: Goblet cell carcinoid (GCC) is a neuroendocrine tumor usually found in the appendix. GCCs exhibit characteristic findings with mixed endocrine-exocrine features such as staining positive for neuroendocrine markers and producing mucin. The primary GCC of the rectum is exceedingly rare. CASE PRESENTATION: A 77-year-old Japanese male presented with hematochezia. Anal tenderness and a hard mass in the anal canal were found on the digital rectal examination, and colonoscopy was performed. Colonoscopy showed an irregularly shaped mass in the anal canal. Biopsy showed mixed features including adenocarcinoma in situ, well-differentiated adenocarcinoma, and mucinous carcinoma with invasive proliferation. No metastatic lesions were found on the computed tomography scan. Pelvic magnetic resonance imaging scan showed extramural growth of a tumor on the ventral side of the rectum without invasion to the prostate. Laparoscopic abdominoperineal resection was performed. The final diagnosis was well-differentiated adenocarcinoma in the mucosa and goblet cell carcinoid from the submucosa to the adventitia of the rectum. The patient was discharged from the hospital on postoperative day 16. Six months after resection, a computed tomography scan revealed multiple metastatic lesions in the liver. Several chemotherapy regimens were given, and the patient has stable disease 27 months after surgery. CONCLUSION: We present a patient with rectal GCC with metachronous liver metastases. Since GCC grows intramurally and is biologically aggressive compared to typical carcinoid lesions, the disease is usually diagnosed at an advanced stage. The development of optimal adjuvant chemotherapy is needed for those patients.
  • 当院における内視鏡摘除後のT1直腸癌追加腸切除適応症例についての検討
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 73 (7) 332 - 332 0047-1801 2020/07
  • 術前CRT施行直腸癌症例に対する側方リンパ節郭清の適応
    井上 賢之, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 伊藤 誉, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 73 (7) 346 - 346 0047-1801 2020/07
  • 当院における内視鏡摘除後のT1直腸癌追加腸切除適応症例についての検討
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 73 (7) 332 - 332 0047-1801 2020/07
  • 術前CRT施行直腸癌症例に対する側方リンパ節郭清の適応
    井上 賢之, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 伊藤 誉, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 73 (7) 346 - 346 0047-1801 2020/07
  • Yamada N, Karasawa T, Wakiya T, Sadatomo A, Ito H, Kamata R, Watanabe S, Komada T, Kimura H, Sanada Y, Sakuma Y, Mizuta K, Ohno N, Sata N, Takahashi M
    American journal of transplantation : official journal of the American Society of Transplantation and the American Society of Transplant Surgeons 20 (6) 1606 - 1618 1600-6135 2020/01 [Refereed][Not invited]
     
    Hepatic ischemia-reperfusion (I/R) injury is a major problem in liver transplantation (LT). Although hepatocyte cell death is the initial event in hepatic I/R injury, the underlying mechanism remains unclear. In the present study, we retrospectively analyzed the clinical data of 202 pediatric living donor LT and found that a high serum ferritin level, a marker of iron overload, of the donor is an independent risk factor for liver damage after LT. Since ferroptosis has been recently discovered as an iron-dependent cell death that is triggered by a loss of cellular redox homeostasis, we investigated the role of ferroptosis in a murine model of hepatic I/R injury, and found that liver damage, lipid peroxidation, and upregulation of the ferroptosis marker Ptgs2 were induced by I/R, and all of these manifestations were markedly prevented by the ferroptosis-specific inhibitor ferrostatin-1 (Fer-1) or α-tocopherol. Fer-1 also inhibited hepatic I/R-induced inflammatory responses. Furthermore, hepatic I/R injury was attenuated by iron chelation by deferoxamine and exacerbated by iron overload with a high iron diet. These findings demonstrate that iron overload is a novel risk factor for hepatic I/R injury in LT, and ferroptosis contributes to the pathogenesis of hepatic I/R injury.
  • 腹腔鏡下直腸切断術におけるインターシードの使用経験
    田原 真紀子, 堀江 久永, 太田 学, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 味村 俊樹, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 24 (7) MO039 - 5 1344-6703 2019/12
  • 当科における直腸癌に対するTaTMEの導入と短期治療成績
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 田原 真紀子, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 川平 洋, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 24 (7) SF057 - 2 1344-6703 2019/12
  • 直腸癌術前化学放射線治療実施症例に対する腹腔鏡下側方リンパ節郭清の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 本間 祐子, 太田 学, 佐久間 康成, 川平 洋, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 24 (7) SF101 - 3 1344-6703 2019/12
  • 予防的人工肛門造設からみた直腸癌術後の縫合不全対策
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 太田 学, 本間 祐子, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 24 (7) SF106 - 3 1344-6703 2019/12
  • Homare Ito, Ai Sadatomo, Yoshiyuki Inoue, Naoya Yamada, Emi Aizawa, Erika Hishida, Ryo Kamata, Tadayoshi Karasawa, Hiroaki Kimura, Sachiko Watanabe, Takanori Komada, Hisanaga Horie, Joji Kitayama, Naohiro Sata, Masafumi Takahashi
    Biochemical and biophysical research communications 519 (1) 15 - 22 0006-291X 2019/10 [Refereed][Not invited]
     
    BACKGROUND: Intestinal ischemia/reperfusion (I/R) injury is a life-threatening complication that leads to inflammation and remote organ damage. However, the underlying mechanism is not yet fully understood. Toll-like receptor 5 (TLR5) is highly expressed in mucosa and recognizes flagellin, the main component of the bacterial flagella. Here, we investigated the role of TLR5 in inflammation and tissue damage after intestinal I/R injury using TLR5-deficient mice. METHODS AND RESULTS: Intestinal levels of TLR5 mRNA and flagellin protein were elevated in wild-type mice subjected to intestinal I/R. Although TLR5 deficiency had no effect on intestinal flagellin levels, it significantly attenuated intestinal injury and inflammatory responses after intestinal I/R. TLR5 deficiency also markedly improved survival in mice after intestinal I/R injury. In wild-type mice, intestinal I/R injury induced remote organ damage, particularly in the lung, which was attenuated by TLR5 deficiency. Furthermore, TLR5 deficiency prevented lung inflammatory responses and vascular permeability after intestinal I/R injury. CONCLUSION: These findings demonstrate a novel role of TLR5 and provide new insights into the mechanism underlying inflammation and tissue damage after intestinal I/R injury.
  • 排便機能および排便機能障害について考える 排便機能外来立ち上げ後1年間の診療実績
    本間 祐子, 味村 俊樹, 太田 学, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 80 (増刊) 423 - 423 1345-2843 2019/10
  • Meckel憩室癌の1例
    崎尾 亮太郎, 伊藤 誉, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 80 (増刊) 701 - 701 1345-2843 2019/10
  • 潰瘍形成により穿通を来した腸間膜脂肪腫を伴うLipomatosisの1例
    太田 学, 伊藤 誉, 崎尾 亮太郎, 本間 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 山口 博紀, 佐久間 康成, 川平 洋, 堀江 久永, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 80 (増刊) 705 - 705 1345-2843 2019/10
  • 当科における下部直腸癌に対するtaTMEの導入と短期治療成績
    田原 真紀子, 太田 学, 太白 健一, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 72 (9) A237 - A237 0047-1801 2019/09
  • 専門領域の連携による炎症性腸疾患の治療 クローン病腸管狭窄に対するKono-S吻合の短期成績
    佐田友 藍, 堀江 久永, 本間 祐子, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 72 (9) A55 - A55 0047-1801 2019/09
  • 排便障害診療におけるチーム医療の問題点と対策
    本間 祐子, 味村 俊樹, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 太田 学, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 72 (9) A120 - A120 0047-1801 2019/09
  • 進行大腸癌所属リンパ節におけるPD-1/PD-L1分子の発現解析
    津久井 秀則, 斎藤 晶, 東條 峰之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 太田 学, 太白 健一, 熊谷 祐子, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 大澤 英之, 味村 俊樹, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 72 (9) A121 - A121 0047-1801 2019/09
  • 難治性排便障害に対する経肛門的洗腸療法の治療成績
    本間 祐子, 味村 俊樹, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 太田 学, 太白 健一, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 72 (9) A164 - A164 0047-1801 2019/09
  • 腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術後に発生し、経腹的・経会陰的に修復した会陰ヘルニアの1例
    高橋 和也, 堀江 久永, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 72 (9) A205 - A205 0047-1801 2019/09
  • ヒト結腸直腸癌における腫瘍細胞および浸潤性骨髄細胞に対するPD-L1およびPD-L2の定量的評価(Quantitative evaluation of PD-L1 and PD-L2 on tumor cells and infiltrating myeloid cells in human colorectal cancer)
    齋藤 晶, 東條 峰之, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 大澤 英之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 北山 丈二
    日本癌学会総会記事 78回 P - 3300 0546-0476 2019/09
  • 当院における75歳以上の切除不能進行再発大腸癌患者に対する全身化学療法の現状
    清水 徹一郎, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏, 山口 博紀
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 74回 P121 - 7 2019/07
  • 結腸間膜付着部を認識する2方向アプローチと術前血管画像構築を組み合わせた安全な腹腔鏡下横行結腸癌手術
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 味村 俊樹, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 74回 P98 - 4 2019/07
  • 術前化学放射線療法(CRT)を行った下部進行直腸癌症例の術後CEA値は予後を予測するか
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 森 和亮, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 東條 峰之, 津久井 秀則, 宮原 悠三, 伊藤 誉, 太白 健一, 丸山 博行, 清水 徹一郎, 太田 学, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 72 (5) 293 - 293 0047-1801 2019/05
  • 小腸癌に対する外科治療の意義 原発性小腸癌24例の臨床病理学的検討
    井上 賢之, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 直井 大志, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 東條 峰之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 72 (5) 323 - 323 0047-1801 2019/05
  • 脾彎曲部結腸癌に対する腹腔鏡下手術の工夫
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 本間 祐子, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 119回 SF - 2 2019/04
  • クローン病腸管病変に対する内科外科連携に基づく治療戦略
    伊藤 誉, 堀江 久永, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 119回 PS - 1 2019/04
  • 術前CRTが施行された直腸癌症例に対する側方郭清の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 119回 PS - 3 2019/04
  • 高度膀胱浸潤を伴う直腸・S状結腸癌に対する治療戦略と当科における手術成績
    田原 真紀子, 堀江 久永, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 119回 PS - 3 2019/04
  • 当院における直腸癌内視鏡切除後の追加切除適応症例についての検討
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 119回 PS - 2 2019/04
  • Koinuma K, Horie H, Ito H, Naoi D, Sadatomo A, Tahara M, Inoue Y, Kono Y, Sasaki T, Sugimoto H, Lefor AK, Sata N
    Asian journal of endoscopic surgery 12 (2) 150 - 156 1758-5902 2019/04 [Refereed][Not invited]
     
    INTRODUCTION: Transverse colon resection is one of the most difficult laparoscopic procedures because of anatomic hazards such as variations in the mesenteric vascular anatomy and the complex structure of organs and surrounding membranes. METHODS: We evaluated the short-term surgical outcomes of laparoscopic transverse colon resection using a creative approach. This approach included preoperative surgical simulation using virtual surgical anatomy by CT, a four-directional approach to the mesentery, and 3-D imaging during laparoscopic surgery. RESULTS: A total of 45 consecutive patients who underwent laparoscopic resection for transverse colon cancer from June 2013 to December 2017 were enrolled in this study. All procedures were completed safely, with minor postoperative complications, including two patients with anastomotic stenosis, two with intra-abdominal phlegmon, one with delayed gastric emptying, and one with pneumonia, all treated non-operatively. There were no conversions to open resection. Operation time was 203 min (range, 125-322 min), and the estimated blood loss during surgery was 5 mL (range, 0-370 mL). The mean postoperative hospital stay was 10 days (range, 7-21 days), and no patients required readmission. CONCLUSION: Short-term surgical outcomes after laparoscopic transverse colon resection demonstrated that this creative approach was safe and feasible. The four-directional approach to the meso-transverse attachment combined with preoperative radiological simulation can facilitate laparoscopic transverse colon surgery.
  • 抗血栓薬内服患者に対する腹腔鏡下大腸手術の安全性について
    清水 徹一郎, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 23 (7) OS209 - 2 1344-6703 2018/12
  • 短期間に2度の腹腔鏡下手術を施行した腸管子宮内膜症の1例
    金子 勇貴, 齋藤 心, 佐田友 藍, 宮戸 秀世, 佐藤 宗勝, 巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 23 (7) DP108 - 9 1344-6703 2018/12
  • Upside down stomachを伴う食道裂孔ヘルニアに対し腹腔鏡下噴門形成術を施行した2症例
    齋藤 心, 細谷 好則, 金子 勇貴, 佐田友 藍, 堀江 久永, 巷野 佳彦
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 23 (7) DP88 - 3 1344-6703 2018/12
  • 下行結腸進行癌に対する腹腔鏡下手術の工夫
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 清水 徹一郎, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 23 (7) OS11 - 7 1344-6703 2018/12
  • 術前シミュレーションと3D内視鏡を用いた安全な腹腔鏡下側方リンパ節郭清の導入
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 23 (7) OS90 - 4 1344-6703 2018/12
  • 腹腔鏡下右半結腸切除における腸管引き出し操作による副右結腸静脈からの出血の1例
    佐田友 藍, 堀江 久永, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 23 (7) OS176 - 8 1344-6703 2018/12
  • 腹腔鏡下低位前方切除術後に発症した下肢コンパートメント症候群の2例
    田原 真紀子, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 23 (7) DP26 - 6 1344-6703 2018/12
  • 腹腔鏡下右側結腸手術に対するERASプロトコル導入の短期成績
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 佐田友 藍, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 23 (7) DP28 - 1 1344-6703 2018/12
  • Jun Nakamura, Sachiko Watanabe, Hiroaki Kimura, Motoi Kobayashi, Tadayoshi Karasawa, Ryo Kamata, Fumitake Usui-Kawanishi, Ai Sadatomo, Hiroaki Mizukami, Noriko Nagi-Miura, Naohito Ohno, Tadashi Kasahara, Seiji Minota, Masafumi Takahashi
    Scientific Reports 8 (1) 7601  2045-2322 2018/12 [Refereed][Not invited]
     
    Kawasaki disease (KD), which is the leading cause of pediatric heart disease, is characterized by coronary vasculitis and subsequent aneurysm formation. Although intravenous immunoglobulin therapy is effective for reducing aneurysm formation, a certain number of patients are resistant to this therapy. Because interleukin-10 (IL-10) was identified as a negative regulator of cardiac inflammation in a murine model of KD induced by Candida albicans water-soluble fraction (CAWS), we investigated the effect of IL-10 supplementation in CAWS-induced vasculitis. Mice were injected intramuscularly with adeno-associated virus (AAV) vector encoding IL-10, then treated with CAWS. The induction of AAV-mediated IL-10 (AAV-IL-10) significantly attenuated the vascular inflammation and fibrosis in the aortic root and coronary artery, resulting in the improvement of cardiac dysfunction and lethality. The predominant infiltrating inflammatory cells in the vascular walls were Dectin-2+CD11b+ macrophages. In vitro experiments revealed that granulocyte/macrophage colony-stimulating factor (GM-CSF) induced Dectin-2 expression in bone marrow-derived macrophages and enhanced the CAWS-induced production of tumor necrosis factor-α (TNF-α) and IL-6. IL-10 had no effect on the Dectin-2 expression but significantly inhibited the production of cytokines. IL-10 also inhibited CAWS-induced phosphorylation of ERK1/2, but not Syk. Furthermore, the induction of AAV-IL-10 prevented the expression of TNF-α and IL-6, but not GM-CSF and Dectin-2 at the early phase of CAWS-induced vasculitis. These findings demonstrate that AAV-IL-10 may have therapeutic application in the prevention of coronary vasculitis and aneurysm formation, and provide new insights into the mechanism underlying the pathogenesis of KD.
  • Horie H, Koinuma K, Ito H, Sadatomo A, Naoi D, Kono Y, Inoue Y, Morimoto M, Tahara M, Lefor AK, Sata N, Sasaki T, Sugimoto H
    Asian journal of endoscopic surgery 11 (4) 355 - 361 1758-5902 2018/11 [Refereed][Not invited]
     
    INTRODUCTION: Laparoscopic lateral pelvic lymph node dissection (LPLD) is technically challenging because of the complicated anatomy of the pelvic wall. To overcome this difficulty, we introduced preoperative 3-D simulation. The aim of the study is to investigate the usefulness of preoperative 3-D simulation for the safe conduct of laparoscopic LPLD for rectal cancer. METHODS: After undergoing colonoscopy, patients were brought to the radiology suite where multi-detector row CT was performed. Three-dimensional images were constructed at a workstation and showed branches of the iliac artery and vein, ureter, urinary bladder, and enlarged lymph nodes. All members of the surgical team participated in preoperative simulation using the 3-D images. RESULTS: A total of 10 patients with advanced lower rectal cancer and enlarged lateral pelvic lymph nodes underwent laparoscopic unilateral LPLD after total mesorectal excision, tumor-specific mesorectal excision, or total proctocolectomy. Four of the 10 patients (40%) had variations in pelvic vascular anatomy. The median operative time for unilateral LPLD was 91 min (range, 66-142 min) and gradually declined, suggesting a good learning curve. The median number of lateral pelvic lymph nodes harvested was nine (range, 3-16). The median estimated blood loss was 13 mL (range, 10-160 mL). No conversion to open surgery or intraoperative complications occurred. No patient had major postoperative complications. CONCLUSION: Preoperative 3-D simulation may be useful for the safe conduct of laparoscopic LPLD, especially for surgeons with limited prior experience.
  • 75歳以上高齢者大腸癌症例における腹腔鏡下手術の検討
    高橋 礼, 田原 真紀子, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 味村 俊樹, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 79 (増刊) 648 - 648 1345-2843 2018/10
  • 残尿測定による直腸癌術後排尿障害の評価
    東條 峰之, 堀江 久永, 太田 学, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 本間 祐子, 太白 健一, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 71 (抄録号) A184 - A184 0047-1801 2018/09
  • 直腸原発Goblet cell carcinoidに対し腹腔鏡下直腸切断術を施行した1例
    井上 賢之, 堀江 久永, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 森 和亮, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 71 (抄録号) A236 - A236 0047-1801 2018/09
  • 腹腔鏡下直腸切断術における人工肛門造設の工夫
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 太田 学, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 本間 祐子, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 71 (抄録号) A254 - A254 0047-1801 2018/09
  • 女性外科医の働き方と当科の取り組み
    田原 真紀子, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 森 和亮, 井上 賢之, 小泉 大, 鯉沼 広治, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 118回 1269 - 1269 2018/04
  • 肝肺転移を伴う大腸癌における転移出現時期からみた外科治療の意義
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 田原 真紀子, 森 和亮, 井上 賢之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 手塚 憲志, 遠藤 俊輔, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 118回 1514 - 1514 2018/04
  • 待機的直腸癌前方切除症例におけるERAS導入の効果
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 118回 1553 - 1553 2018/04
  • 直腸癌術前化学放射線療法における治療前後末梢血好中球リンパ球による治療効果予測
    津久井 秀則, 北山 丈二, 森本 光昭, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 118回 1848 - 1848 2018/04
  • 当院におけるCrohn病に対するKono-S吻合の短期成績
    森 和亮, 堀江 久永, 太田 学, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 118回 2245 - 2245 2018/04
  • Futo Y, Saito S, Miyato H, Sadatomo A, Kaneko Y, Kono Y, Matsubara D, Horie H, Lefor AK, Sata N
    International journal of surgery case reports 53 358 - 361 2018 [Refereed][Not invited]
     
    INTRODUCTION: Duodenal gastrointestinal tumors (GISTs) are rare. Duodenal GISTs and pancreatic neuroendocrine tumors (NETs) may appear similar on imaging studies. GISTs arising from the second or third portions of duodenum may be incorrectly diagnosed as pancreatic NETs. PRESENTATION OF CASE: The patient is a 79-year-old man who was referred to our hospital with a history of tarry stools and loss of consciousness. Urgent upper digestive tract endoscopy revealed a bleeding submucosal duodenal lesion, which was controlled using endoscopic clips. Enhanced computed tomography scan showed a hyper-vascular mass 50 mm in diameter, at the pancreatic uncus. The patient underwent a pylorus-preserving pancreaticoduodenectomy. Histologically, the tumor was composed of spindle-shaped cells immunohistochemically positive for c-kit and CD34, and the lesion diagnosed as a duodenal GIST. DISCUSSION: Duodenal GISTs often present with gastrointestinal bleeding, which can necessitate emergency surgery. Surgical resection with regional lymph node dissection is the optimal treatment for pancreatic NETs. In contrast, GISTs are generally treated with a minimal resection and without lymph node dissection. Thus, establishing the diagnosis is important in the management of these tumors. Endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration (EUS-FNA) is effective to establish the diagnosis of these lesions. CONCLUSION: A tumor located in the pancreatic head or mesenteric side of the duodenum cannot always be diagnosed based on imaging, and is ideally diagnosed histologically to guide the extent of resection. While EUS-FNA can establish the diagnosis, the complications of this procedure must be considered.
  • 腹腔鏡補助下S状結腸切除術後腸間膜欠損部への内ヘルニアによる絞扼性イレウスの1例
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 22 (7) SF004 - 03 1344-6703 2017/12
  • 当科における腹腔鏡下直腸切断術の術後短期成績の検討
    田原 真紀子, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 22 (7) SF089 - 01 1344-6703 2017/12
  • 腹腔鏡下直腸切断術症例の合併症予防の工夫
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田友 藍, 森 和亮, 井上 賢之, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森本 光昭, 直井 大志, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 22 (7) EP066 - 09 1344-6703 2017/12
  • 腹腔鏡下側方リンパ節郭清を安全に導入するための工夫
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 直井 大志, 井上 賢之, 森 克亮, 東條 峰之, 佐田友 藍, 森本 光昭, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 22 (7) EP174 - 08 1344-6703 2017/12
  • Ito H, Horie H, Sadatomo A, Naoi D, Tahara M, Kono Y, Inoue Y, Koinuma K, Lefor AK, Sata N
    Journal of surgical case reports 2017 (12) rjx247  2017/12 [Refereed][Not invited]
     
    Metachronous solitary metacarpal bone metastasis from rectal cancer has not been reported previously. Here, we describe a 54-year-old woman who underwent abdominoperineal resection for rectal cancer following neoadjuvant chemoradiotherapy. The resected specimen contained adenocarcinoma with no lymph node metastases (Stage II, T3N0M0); no adjuvant chemotherapy was administered. Fifteen months after surgery, the patient presented with pain and swelling of the right thumb. Radiography revealed metacarpal bone destruction, and fluorine-18 fluorodeoxyglucose positron emission tomography showed uptake only in the metacarpal bone. Open biopsy revealed an adenocarcinoma, and a right thumb resection was performed. Histological examination indicated features of adenocarcinoma similar to the findings of a rectal lesion, leading to a diagnosis of metachronous solitary metacarpal bone metastasis from rectal cancer. The patient remains free of disease after 6 years of follow-up. Our findings suggest that surgical resection may lead to favorable outcomes in patients with resectable solitary bone metastases.
  • Ai Sadatomo, Yoshiyuki Inoue, Homare Ito, Tadayoshi Karasawa, Hiroaki Kimura, Sachiko Watanabe, Yoshiko Mizushina, Jun Nakamura, Ryo Kamata, Tadashi Kasahara, Hisanaga Horie, Naohiro Sata, Masafumi Takahashi
    JOURNAL OF IMMUNOLOGY 199 (9) 3306 - 3315 0022-1767 2017/11 [Refereed][Not invited]
     
    Accumulating evidence suggests that IL-1 beta plays a pivotal role in the pathophysiology of hepatic ischemia-reperfusion (I/R) injury; however, the mechanism by which I/R triggers IL-1 beta production in the liver remains unclear. Recent data have shown that neutrophils contribute to hepatic I/R injury independently of the inflammasomes regulating IL-1 beta maturation. Thus, we investigated the role of neutrophils in IL-1 beta maturation and tissue injury in a murine model of hepatic I/R. IL-1 beta was released from the I/R liver and its deficiency reduced reactive oxygen species generation, apoptosis, and inflammatory responses, such as inflammatory cell infiltration and cytokine expression, thereby resulting in reduced tissue injury. Depletion of either macrophages or neutrophils also attenuated IL-1 beta release and hepatic I/R injury. In vitro experiments revealed that neutrophil-derived proteinases process pro-IL-1 beta derived from macrophages into its mature form independently of caspase-1. Furthermore, pharmacological inhibition of serine proteases attenuated IL-1 beta release and hepatic I/R injury in vivo. Taken together, the interaction between neutrophils and macrophages promotes IL-1 beta maturation and causes IL-1 beta-driven inflammation in the I/R liver. Both neutrophils and macrophages are indispensable in this process. These findings suggest that neutrophil-macrophage interaction is a therapeutic target for hepatic I/R injury and may also provide new insights into the inflammasome-independent mechanism of IL-1 beta maturation in the liver.
  • 当科における下部進行直腸癌に対する術前放射線化学療法後の腹腔鏡手術の短期成績と導入の安全性について
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 森 和亮, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 東條 峰之, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 宮原 悠三, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 70 (抄録号) A91 - A91 0047-1801 2017/09
  • 当科における小腸ストーマ造設後high-output stoma症例の検討
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 森本 光昭, 井上 賢之, 丸山 博之, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 70 (抄録号) A147 - A147 0047-1801 2017/09
  • 当院におけるCrohn病に対するKono-S吻合の短期成績
    森 和亮, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 丸山 博行, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 70 (抄録号) A157 - A157 0047-1801 2017/09
  • 直腸癌超低位前方切除5年後に発症した直腸腟瘻に対しMartius flap法にて修復した1例
    井上 賢之, 堀江 久永, 浜畑 幸弘, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 森 和亮, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 70 (抄録号) A320 - A320 0047-1801 2017/09
  • 当科における直腸切断術症例の術後合併症について
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 佐田友 藍, 森 和亮, 東條 峰之, 井上 賢之, 熊谷 祐子, 宮原 悠三, 太白 健一, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 清水 徹一郎, 丸山 博行, 森本 光昭, 直井 大志, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 70 (抄録号) A320 - A320 0047-1801 2017/09
  • 中下部進行直腸癌に対する腹腔鏡手術の短期成績
    津久井 秀則, 堀江 久永, 森本 光昭, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 70 (5) 363 - 363 0047-1801 2017/05
  • 腹腔鏡下ISRの治療成績
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 70 (4) 288 - 288 0047-1801 2017/04
  • クローン病に対する腸管吻合におけるKono-S吻合導入後の短期成績
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 宮原 悠三, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 田原 真紀子, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 117回 PS - 2 2017/04
  • 当院における局所進行下部直腸癌に対する術前化学放射線療法の有用性と課題について
    森本 光昭, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 堀江 久永, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 117回 PS - 6 2017/04
  • 若手外科医に対する腹腔鏡下大腸切除トレーニングシステム
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 117回 PS - 2 2017/04
  • 大腸癌同時性・異時性肝転移症例の予後比較についての検討
    津久井 秀則, 森本 光昭, 堀江 久永, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 70 (2) 132 - 132 0047-1801 2017/02
  • 腹腔鏡下横行結腸癌手術における空間認識能向上への工夫
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 丸山 博行, 森 和亮, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 21 (7) OS53 - 5 1344-6703 2016/12
  • 腹腔鏡下側方リンパ節郭清を安全に導入するための工夫
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 直井 大志, 田原 真紀子, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 津久井 秀則, 佐田友 藍, 森 和亮, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 21 (7) OS188 - 1 1344-6703 2016/12
  • Hiroaki Kimura, Tadayoshi Karasawa, Fumitake Usui, Akira Kawashima, Yuka Endo, Motoi Kobayashi, Ai Sadatomo, Jun Nakamura, Yusaku Iwasaki, Toshihiko Yada, Hiroko Tsutsui, Tadashi Kasahara, Masafumi Takahashi
    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM 311 (5) E881 - E890 0193-1849 2016/11 [Refereed][Not invited]
     
    Caspase-1 is a cysteine protease responsible for the processing of the proinflammatory cytokine interleukin-1 beta and activated by the formation of inflammasome complexes. Although several investigations have found a link between diet-induced obesity and caspase-1, the relationship remains controversial. Here, we found that mice deficient in caspase-1 were susceptible to high-fat dietinduced obesity with increased adiposity as well as normal lipid and glucose metabolism. Caspase-1 deficiency clearly promoted the infiltration of inflammatory macrophages and increased the production of C-C motif chemokine ligand 2 (CCL2) in the adipose tissue. The dominant cellular source of CCL2 was stromal vascular fraction rather than adipocytes in the adipose tissue. These findings demonstrate a critical role of caspase-1 in macrophage-driven inflammation in the adipose tissue and the development of obesity. These data provide novel insights into the mechanisms underlying inflammation in the pathophysiology of obesity.
  • 直腸脱 病態から考える術式選択 当院における腹腔鏡下後方固定術の手術成績
    森本 光昭, 堀江 久永, 太白 健一, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 77 (増刊) 426 - 426 1345-2843 2016/10
  • 大腸外科における手術部位感染対策 当科における周術期SSI対策変更による術後SSIへの影響
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 田原 真紀子, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A50 - A50 0047-1801 2016/10
  • 直腸癌低位前方切除術における縫合不全発生リスク因子の検討
    太白 健一, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 森本 光昭, 丸山 博行, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A73 - A73 0047-1801 2016/10
  • Ra、Rb進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術の短期成績
    津久井 秀則, 堀江 久永, 森本 光昭, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A91 - A91 0047-1801 2016/10
  • 当科の腹腔鏡補助下低位前方切除術の標準化に向けた取り組みと短期成績、手術手技について
    森本 光昭, 堀江 久永, 太白 健一, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A109 - A109 0047-1801 2016/10
  • 家族性大腸腺腫症(FAP)に対する結腸全摘・回腸直腸吻合術(IRA)の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 田原 真紀子, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A128 - A128 0047-1801 2016/10
  • 横行結腸癌手術における中結腸動脈主リンパ節のCTサイズと病理学的転移および予後との関連について
    丸山 博行, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 太白 健一, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 森本 光昭, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A207 - A207 0047-1801 2016/10
  • 当科におけるLow-grade appendiceal mucinous neoplasmの臨床病理学的検討
    谷口 理丈, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 69 (抄録号) A249 - A249 0047-1801 2016/10
  • Naoko Otani-Takei, Tetsu Akimoto, Ai Sadatomo, Osamu Saito, Shigeaki Muto, Eiji Kusano, Daisuke Nagata
    Clinical Medicine Insights: Case Reports 9 57 - 60 1179-5476 2016/08 [Refereed][Not invited]
     
    Abdominal hernias are a common cause of bowel obstruction. The major types of abdominal hernias are external or abdominal wall hernias, which occur at areas of congenital or acquired weakness in the abdominal wall. An alternative entity is internal hernias, which are characterized by a protrusion of viscera through the peritoneum or mesentery. We herein present the case of a female peritoneal dialysis patient with bowel obstruction due to an internal hernia. Although an initial work-up did not lead to a correct diagnosis, an exploratory laparotomy revealed that she had intestinal herniation due to a defect in the broad ligament of the uterus, which was promptly corrected by surgery. The concerns about the perioperative dialytic management as well as the diagnostic problems regarding the disease that arose in our experience with the present patient are also discussed.
  • 大腸癌肝転移切除後に補助化学療法(mFOLFOX6)を施行した症例の予後
    津久井 秀則, 森本 光昭, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 藤井 博文, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 116回 PS - 6 2016/04
  • Checklist方式による、腹腔鏡補助下低位前方切除後縫合不全ゼロへの試み
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 直井 大志, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 清水 徹一郎, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 116回 PS - 4 2016/04
  • 術前(化学)放射線療法を施行した下部進行直腸癌における術後再発リスク因子の検討
    田原 真紀子, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 裕子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 森本 光昭, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 藤井 博文, 仲澤 聖則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 116回 PS - 2 2016/04
  • 大腸癌治療におけるERAS導入とその実践 直腸癌手術症例における早期経口摂取の検討
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 116回 WS - 2 2016/04
  • シニアレジデントに対する腹腔鏡下結腸切除トレーニングシステム
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 116回 PS - 7 2016/04
  • Ai Sadatomo, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Alan K. Lefor, Naohiro Sata
    Annals of Medicine and Surgery 5 19 - 22 2049-0801 2016/02 [Refereed][Not invited]
     
    Introduction: Isolated vaginal metastases from colorectal cancer are extremely rare. There are only a few reported cases in the English literature, and the characteristics of such cases of metastasis remain relatively unknown. Presentation of case: We present a case of isolated vaginal metastasis from rectal cancer in a 78-year-old female patient. The patient had no symptoms related to vaginal tumor. Magnetic resonance imaging (MRI) showed thickening of the middle rectum and a vaginal tumor. Biopsy from the vaginal tumor showed adenocarcinoma, similar to the rectal lesion. Low anterior resection with ileostomy, hystero-oophorectomy, and transvaginal tumor resection was performed. After nineteen months, computed tomography scan revealed multiple lung metastases and recurrent tumor in the pelvis. The patient refused chemotherapy and is alive three months after developing recurrent disease. Discussion: Most cases of primary vaginal carcinoma are squamous cell carcinoma. Other histologic types such as adenocarcinoma are usually metastatic lesions. Primary lesions associated with metastatic vaginal adenocarcinoma are most often the uterus, and are very rarely from the colon or rectum. We review previous case reports of isolated vaginal metastases from colorectal cancer and discuss their symptoms, treatments, and outcomes. Conclusion: We should keep the vagina within the field of view of pelvic MRI, which is one of the preoperative diagnostic tools for colorectal cancer. If female patients show gynecological symptoms, gynecological examination should be recommended. Isolated vaginal metastases are an indication for surgical resection, and adjuvant chemotherapy is also recommended.
  • 内視鏡外科のこれからの教育 工夫を持ち寄って最善を探る 開腹手術経験の少ない若手医師に対する腹腔鏡下結腸切除トレーニングシステム
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 森本 光昭, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 20 (7) WS2 - 5 1344-6703 2015/12
  • 誰も教えてくれない手術機器のうまい使い方 LCS 腹腔鏡下直腸手術におけるLCSによるsurgical smoke、ミストの対策について
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 佐久間 康成, 細谷 好則, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 20 (7) WS16 - 7 1344-6703 2015/12
  • 横行結腸癌に対する手技の定型化は可能か? 腹腔鏡下横行結腸癌手術の普及には、個別化も重要である
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 井上 賢之, 直井 大志, 森 和亮, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 20 (7) PD26 - 2 1344-6703 2015/12
  • 肥満症例における腹腔鏡下直腸切除術の検討
    田原 真紀子, 堀江 久永, 森本 光昭, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 20 (7) OS8 - 2 1344-6703 2015/12
  • 当院における腹腔鏡下直腸切断術の大網有茎フラップ作成と結腸ストマ造設術
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 20 (7) OS84 - 5 1344-6703 2015/12
  • 腹腔鏡下右側結腸手術に対するERASプロトコル導入の短期成績
    直井 大志, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 20 (7) OS187 - 4 1344-6703 2015/12
  • 定型化を目指した進行横行結腸癌に対する腹腔鏡下手術
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 佐田友 藍, 井上 賢之, 伊藤 誉, 直井 大志
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 68 (9) 664 - 664 0047-1801 2015/09
  • 当科における下部進行直腸癌に対する治療戦略の変革について
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 藤井 博文, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 68 (9) 720 - 720 0047-1801 2015/09
  • 75歳以上の高齢大腸癌患者における腹腔鏡下大腸切除術の検討
    田原 真紀子, 堀江 久永, 森本 光昭, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 68 (9) 768 - 768 0047-1801 2015/09
  • 横行結腸領域癌の腹腔鏡手技の工夫、注意点 進行横行結腸癌に対するD3郭清を伴う腹腔鏡下手術、安全性と定型化を目指して
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 直井 大志, 清水 徹一郎, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 70回 RS - 3 2015/07
  • Crohn病の経過中に生じ腰椎麻酔下生検で診断し得た肛門管癌の1例
    中尾 祐樹, 森本 光昭, 井上 賢之, 直井 大志, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 70回 P - 8 2015/07
  • 非密生型家族性大腸腺腫症に対する腹腔鏡下結腸全摘回腸直腸吻合の適応について
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 森本 光昭, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 70回 P - 1 2015/07
  • 大腸pSM癌に対して内視鏡的切除を先行することは長期予後に影響を与えるか 追加切除、初回手術例での比較検討
    伊藤 誉, 堀江 久永, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 森 和亮, 田中 宏幸, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 68 (6) 472 - 472 0047-1801 2015/06
  • 外科的切除を行った大腸粘膜下層高度浸潤癌の検討
    佐田友 藍, 堀江 久永, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 68 (5) 339 - 339 0047-1801 2015/05
  • 75歳以上の高齢大腸癌患者における日常生活活動度評価(METs)による術後合併症発症リスクの検討
    伊藤 誉, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 田中 宏之, 森 和亮, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 森本 光昭, 小泉 大, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 68 (5) 342 - 342 0047-1801 2015/05
  • 下部消化管 下部進行直腸癌に対する術前化学放射線療法によるリンパ節縮小率と予後の関連及び側方郭清が省略可能な症例の検討について
    森本 光昭, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 佐田 尚宏, Lefor Alan, 安田 是和
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 115回 OP - 8 2015/04
  • 下部消化管 進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除は安全な手術手技か?
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 森 和亮, 佐田 尚宏, 安田 是和, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 長谷川 芙美, 辻仲 眞康, 力山 敏樹
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 115回 OP - 4 2015/04
  • 下部消化管 腹会陰式直腸切断術におけるSSI予防対策
    森 和亮, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 115回 OP - 1 2015/04
  • 救急・外傷 右側結腸手術に対するERASプロトコール導入の短期成績
    直井 大志, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 森 和亮, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本外科学会定期学術集会抄録集 (一社)日本外科学会 115回 OP - 3 2015/04
  • 大腸の局在による粘膜下層高度浸潤癌の特徴 下部直腸癌に着目して
    佐田友 藍, 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 68 (2) 134 - 134 0047-1801 2015/02
  • Sadatomo A, Koinuma K, Kanamaru R, Miyakura Y, Horie H, Lefor AT, Yasuda Y
    World journal of gastrointestinal surgery 7 (2) 21 - 24 2015/02 [Refereed][Not invited]
     
    A 72-year-old male underwent a laparoscopic low anterior resection for advanced rectal cancer. A diverting loop ileostomy was constructed due to an anastomotic leak five days postoperatively. Nine months later, colonoscopy performed through the stoma showed complete anastomotic obstruction. The mucosa of the proximal sigmoid colon was atrophic and whitish. Ten days after the colonoscopy, the patient presented in shock with abdominal pain. Abdominal computed tomography scan showed hepatic portal venous gas (HPVG) and a dilated left colon. HPVG induced by obstructive colitis was diagnosed and a transverse colostomy performed emergently. His subsequent hospital course was unremarkable. Rectal anastomosis with diverting ileostomy is often performed in patients with low rectal cancers. In patients with anastomotic obstruction or severe stenosis, colonoscopy through diverting stoma should be avoided. Emergent operation to decompress the obstructed proximal colon is necessary in patients with a blind intestinal loop accompanied by HPVG.
  • 待機的に鼠径法(Direct Kugel法)で修復した閉鎖孔ヘルニアの2例
    佐田友 藍, 小泉 大, 松本 志郎, 近藤 泰雄
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 75 (11) 3208 - 3208 1345-2843 2014/11
  • 進行直腸癌に対する側方郭清の意義 直腸癌術前化学放射線療法後の側方郭清について
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 佐田 尚宏, Lefor Alan, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 75 (増刊) 289 - 289 1345-2843 2014/10
  • 進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術の短期成績と定型化の工夫
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 直井 大志, 佐田友 藍, 安田 是和, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 長谷川 芙美, 辻仲 眞康, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 75 (増刊) 401 - 401 1345-2843 2014/10
  • 転移性横行結腸腫瘍に対して腹腔鏡補助下結腸右半切除術を施行した1例
    直井 大志, 堀江 久永, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 19 (7) 540 - 540 1344-6703 2014/10
  • 腹腔鏡下ISRの手術手技と治療成績
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 佐田友 藍, 直井 大志, 伊藤 誉, 森本 光昭, 田原 真紀子, 井上 賢之, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 19 (7) 581 - 581 1344-6703 2014/10
  • 肥満が腹腔鏡下大腸切除術に与える影響
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 佐田 尚宏, Alan Lefor, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 19 (7) 652 - 652 1344-6703 2014/10
  • 進行下部直腸癌に対する肛門温存手術を目的とした術前化学療法の検討
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 森本 光昭, 安田 是和, 藤井 博文, 井上 賢之
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 67 (9) 726 - 726 0047-1801 2014/09
  • 直腸癌術前化学放射線療法後の病理学的側方リンパ節転移を予想する因子
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 67 (9) 729 - 729 0047-1801 2014/09
  • 進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術の短期成績
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 安田 是和, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 長谷川 芙美, 辻仲 眞康, 力山 敏樹
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 67 (9) 743 - 743 0047-1801 2014/09
  • 外科的切除例からみた大腸SM高度浸潤癌の検討
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 67 (9) 750 - 750 0047-1801 2014/09
  • 消化管ストーマ閉鎖術における皮膚環状縫合の有用性
    直井 大志, 堀江 久永, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 森本 光昭, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌 (一社)日本大腸肛門病学会 67 (9) 834 - 834 0047-1801 2014/09
  • 虫垂炎術後40年を経過して発症したSchloffer腫瘍の1例
    松本 志郎, 小泉 大, 高橋 大二郎, 佐田友 藍, 木口 英子, 近藤 泰雄
    日本臨床外科学会雑誌 日本臨床外科学会 74 (増刊) 933 - 933 1345-2843 2013/10
  • Ai Sadatomo, Koji Koinuma, Toru Zuiki, Alan T. Lefor, Yoshikazu Yasuda
    Clinical Journal of Gastroenterology 6 (5) 373 - 377 1865-7257 2013/10 [Refereed][Not invited]
     
    Retroperitoneal abscess after duodenal ulcer perforation is a rare condition. A 71-year-old woman was admitted with 1 month of appetite loss and back pain. Abdominal computed tomography scan showed a retroperitoneal mass behind the third and fourth portions of the duodenum. Single-balloon enteroscopy revealed erosion of the third portion of the duodenum with leakage of contrast agent into the retroperitoneal space. Based on a preoperative diagnosis of retroperitoneal abscess after duodenal perforation, laparotomy was performed. Partial duodenectomy with a duodeno-jejunal anastomosis was performed, and her postoperative course was uneventful. Pathology showed an ulcer with no specific findings. © 2013 Springer Japan.
  • Sadatomo A, Miyakura Y, Zuiki T, Koinuma K, Horie H, Lefor AT, Yasuda Y
    Asian journal of endoscopic surgery 6 (3) 217 - 219 1758-5902 2013/08 [Refereed][Not invited]
     
    We report the first case of sigmoid volvulus after laparoscopic surgery for sigmoid colon cancer. The patient is a 75-year-old man who presented with the sudden onset of severe abdominal pain. He had undergone laparoscopic sigmoidectomy for cancer 2 years before presentation. CT scan showed a distended sigmoid colon with a mesenteric twist, or "whirl sign." Colonoscopy showed a mucosal spiral and luminal stenosis with dilated sigmoid colon distally and ischemic mucosa. The diagnosis of ischemic colonic necrosis due to sigmoid volvulus was established. Resection of the necrotic sigmoid colon was performed and a descending colon stoma was created. A long remnant sigmoid colon and chronic constipation may contribute to the development of sigmoid volvulus after laparoscopic sigmoidectomy. Prompt diagnosis is essential for adequate treatment, and colonoscopy aids in the diagnosis of ischemic changes in patients without definitive findings of a gangrenous colon.
  • Kentaro Shimodaira, Yasuyuki Miyakura, Ai Sadatomo, Chieko Miyazaki, Hideki Sasanuma, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Yasuo Hozumi, Alan T Lefor, Yoshikazu Yasuda
    Journal of surgical case reports 2013 (5) 2013/05 [Refereed][Not invited]
     
    We report a rare case of acute mastitis caused by enteric organisms passing through a cystoperitoneal shunt catheter, which had penetrated into the colon. The patient is a 56-year-old woman who underwent shunt placement for cyst formation after surgery for meningioma at the age of 29. After 26 years, she suffered from a brain abscess and an attempt was made to surgically remove the indwelling catheter. Only part of the catheter could be removed, leaving a divided and ligated catheter in situ. A year later, she described right-breast pain. CT showed that the catheter had migrated into the colon, followed by colonoscopy confirming that the catheter had indeed penetrated the colon. The breast to the abdomen segment of the catheter was exteriorized through the right-anterior chest wall without laparotomy. A patient who presents with acute mastitis and has previously undergone shunt surgery should have a careful assessment of the entire catheter.
  • 巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 井上 賢之, 森本 光昭, 濱田 徹, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本外科学会雑誌 (一社)日本外科学会 114 (臨増2) 1040 - 1040 0301-4894 2013/03
  • Ai Sadatomo, Koji Koinuma, Atsushi Miki, Hisanaga Horie, Yoshikazu Yasuda
    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy 40 (7) 943 - 945 0385-0684 2013 [Refereed][Not invited]
     
    A 64-year-old man received mFOLFOX6+bevacizumab chemotherapy for metastatic lung cancer after rectal cancer resection (Stage IV). After 28 courses, he had an abdominal pain with fever, and computed tomography showed pelvic abscess with stercolith of appendix. He was diagnosed as acute appendicitis with intra-abdominal abscess, and emergency appendectomy with drainage was performed. Two days after the operation, he was suspected to have a sutural leakage as was suggested from the properties of his drainage, therefore re-operation was performed. A small hole of the ileum, about 2 mm in diameter, was observed. The margin of the hole showed neither inflammatory nor neoplastic change, and a suturing closure of the hole was performed. The post-operative course was uneventful. Histopathological findings of the resected appendix suggested that the perforation was caused by necrosis of metastatic cancer cells penetrating the appendiceal wall. This is a case of a bevacizumab-related metachronous perforation that occurred in different gastrointestinal origins within a very short term.
  • Yasuyuki Miyakura, Ai Sadatomo, Makoto Ohta, Alan T. Lefor, Naohiro Sata, Naoyuki Nishimura, Takashi Sakatani, Yoshikazu Yasuda
    SURGERY TODAY 42 (7) 693 - 696 0941-1291 2012/07 [Refereed][Not invited]
     
    Strangulation of the gallbladder by the omentum is extremely rare. We report what to our knowledge is only the second documented case of strangulation of a floating gallbladder by the lesser omentum. A 61-year-old Japanese woman presented to a local hospital after the sudden onset right upper quadrant pain. Her clinical features suggested a gallbladder volvulus, and the patient was referred to our hospital for investigation and treatment. Ultrasonography and computed tomography showed no cholecystolithiasis, but the fundus and body of the gallbladder were markedly swollen without wall thickening, whereas the neck of the gallbladder was normal. A narrowed, twisted area was seen between the body and neck of the gallbladder. Based on these findings, gallbladder volvulus was diagnosed and she underwent emergency laparoscopic cholecystectomy. The fundus and body of the gallbladder were grossly necrotic. The narrowest part of the gallbladder was tightly strangulated by the lesser omentum, but the gallbladder neck was normal. Histopathologic examination of the resected gallbladder showed ischemic changes in the wall of the fundus and body. This case highlights that the clinical features and imaging findings of a gallbladder strangulated by the lesser omentum are similar to those of gallbladder volvulus and that a positive outcome is dependent on a correct diagnosis and prompt surgical management.
  • 鏡視下脾摘後に腹臥位食道切除を施行したITP合併の食道癌・胃癌の1例
    佐田友 藍, 細谷 好則, 春田 英律, 小泉 大, 佐田 尚弘, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌 (一社)日本内視鏡外科学会 16 (7) 481 - 481 1344-6703 2011/12
  • 鏡視下脾摘後に腹臥位食道切除を施行したITP合併の食道癌の1例
    佐田友 藍, 細谷 好則, 宇井 崇, 春田 英律, 瑞木 亨, 安田 是和
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 (NPO)日本食道学会 65回 304 - 304 2011/09
  • 進行胸部食道癌における術前化学療法(術前CF療法、術前DCF療法)の検討
    宇井 崇, 細谷 好則, 長瀬 通隆, 藤井 博文, 瑞木 亨, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 佐田友 藍, 安田 是和
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 (NPO)日本食道学会 65回 327 - 327 2011/09
  • 進行食道癌における術前化学療法(術前CF療法、術前DCF療法)の比較検討
    宇井 崇, 細谷 好則, 長瀬 通隆, 藤井 博文, 瑞木 亨, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 佐田友 藍, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会 (一社)日本消化器外科学会 66回 556 - 556 2011/07
  • Ai Sadatomo, Yasuo Hozumi, Mikio Shiozawa, Yuki Hirashima, Koji Koinuma, Katsumi Kurihara
    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY 41 (7) 915 - 917 0368-2811 2011/07 [Refereed][Not invited]
     
    We report a case of spontaneous regression of pulmonary metastases from a malignant phyllodes tumor. A 50-year-old woman was diagnosed with a breast phyllodes tumor. Computed tomography and positron emission tomography revealed multiple lung metastases. She underwent a mastectomy to control the pain of the enlarging breast mass. Histopathologic examination diagnosed a malignant phyllodes tumor. Without the administration of any adjuvant therapy, the follow-up chest computed tomography scan and positron emission tomography scan showed disappearance of the lung metastases 2 months after surgery.
  • 佐田友 藍, 長瀬 通隆, 藤井 博文, 宇井 崇, 春田 英律, 瑞木 亨, 細谷 好則, 安田 是和
    日本外科学会雑誌 (一社)日本外科学会 112 (臨増1-2) 590 - 590 0301-4894 2011/05

Conference Activities & Talks

  • 当院における75歳以上の切除不能進行再発大腸癌患者に対する全身化学療法の現状  [Not invited]
    清水 徹一郎, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏, 山口 博紀
    日本消化器外科学会総会  2019/07
  • 結腸間膜付着部を認識する2方向アプローチと術前血管画像構築を組み合わせた安全な腹腔鏡下横行結腸癌手術  [Not invited]
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 味村 俊樹, 佐田 尚宏
    日本消化器外科学会総会  2019/07
  • 術前化学放射線療法(CRT)を行った下部進行直腸癌症例の術後CEA値は予後を予測するか  [Not invited]
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 森 和亮, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 東條 峰之, 津久井 秀則, 宮原 悠三, 伊藤 誉, 太白 健一, 丸山 博行, 清水 徹一郎, 太田 学, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2019/05
  • 小腸癌に対する外科治療の意義 原発性小腸癌24例の臨床病理学的検討  [Not invited]
    井上 賢之, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 直井 大志, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 東條 峰之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2019/05
  • 当院における直腸癌内視鏡切除後の追加切除適応症例についての検討  [Not invited]
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2019/04
  • 高度膀胱浸潤を伴う直腸・S状結腸癌に対する治療戦略と当科における手術成績  [Not invited]
    田原 真紀子, 堀江 久永, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2019/04
  • 術前CRTが施行された直腸癌症例に対する側方郭清の適応について  [Not invited]
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 本間 祐子, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2019/04
  • クローン病腸管病変に対する内科外科連携に基づく治療戦略  [Not invited]
    伊藤 誉, 堀江 久永, 津久井 秀則, 本間 祐子, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2019/04
  • 脾彎曲部結腸癌に対する腹腔鏡下手術の工夫  [Not invited]
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 本間 祐子, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2019/04
  • 短期間に2度の腹腔鏡下手術を施行した腸管子宮内膜症の1例  [Not invited]
    金子 勇貴, 齋藤 心, 佐田友 藍, 宮戸 秀世, 佐藤 宗勝, 巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2018/12
  • Upside down stomachを伴う食道裂孔ヘルニアに対し腹腔鏡下噴門形成術を施行した2症例  [Not invited]
    齋藤 心, 細谷 好則, 金子 勇貴, 佐田友 藍, 堀江 久永, 巷野 佳彦
    日本内視鏡外科学会雑誌  2018/12
  • 腹腔鏡下右側結腸手術に対するERASプロトコル導入の短期成績  [Not invited]
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 佐田友 藍, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2018/12
  • 腹腔鏡下低位前方切除術後に発症した下肢コンパートメント症候群の2例  [Not invited]
    田原 真紀子, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2018/12
  • 抗血栓薬内服患者に対する腹腔鏡下大腸手術の安全性について  [Not invited]
    清水 徹一郎, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2018/12
  • 腹腔鏡下右半結腸切除における腸管引き出し操作による副右結腸静脈からの出血の1例  [Not invited]
    佐田友 藍, 堀江 久永, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2018/12
  • 術前シミュレーションと3D内視鏡を用いた安全な腹腔鏡下側方リンパ節郭清の導入  [Not invited]
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 直井 大志, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2018/12
  • 下行結腸進行癌に対する腹腔鏡下手術の工夫  [Not invited]
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 清水 徹一郎, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2018/12
  • 75歳以上高齢者大腸癌症例における腹腔鏡下手術の検討  [Not invited]
    高橋 礼, 田原 真紀子, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 味村 俊樹, 堀江 久永, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌  2018/10
  • 腹腔鏡下直腸切断術における人工肛門造設の工夫  [Not invited]
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 太田 学, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 本間 祐子, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2018/09
  • 直腸原発Goblet cell carcinoidに対し腹腔鏡下直腸切断術を施行した1例  [Not invited]
    井上 賢之, 堀江 久永, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 森 和亮, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2018/09
  • 残尿測定による直腸癌術後排尿障害の評価  [Not invited]
    東條 峰之, 堀江 久永, 太田 学, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 本間 祐子, 太白 健一, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 味村 俊樹, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2018/09
  • 当院におけるCrohn病に対するKono-S吻合の短期成績  [Not invited]
    森 和亮, 堀江 久永, 太田 学, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018/04
  • 直腸癌術前化学放射線療法における治療前後末梢血好中球リンパ球による治療効果予測  [Not invited]
    津久井 秀則, 北山 丈二, 森本 光昭, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 堀江 久永, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018/04
  • 待機的直腸癌前方切除症例におけるERAS導入の効果  [Not invited]
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018/04
  • 肝肺転移を伴う大腸癌における転移出現時期からみた外科治療の意義  [Not invited]
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 田原 真紀子, 森 和亮, 井上 賢之, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 手塚 憲志, 遠藤 俊輔, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018/04
  • 女性外科医の働き方と当科の取り組み  [Not invited]
    田原 真紀子, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 森 和亮, 井上 賢之, 小泉 大, 鯉沼 広治, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018/04
  • 腹腔鏡下側方リンパ節郭清を安全に導入するための工夫  [Not invited]
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 直井 大志, 井上 賢之, 森 克亮, 東條 峰之, 佐田友 藍, 森本 光昭, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2017/12
  • 腹腔鏡下直腸切断術症例の合併症予防の工夫  [Not invited]
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田友 藍, 森 和亮, 井上 賢之, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森本 光昭, 直井 大志, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2017/12
  • 当科における腹腔鏡下直腸切断術の術後短期成績の検討  [Not invited]
    田原 真紀子, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2017/12
  • 腹腔鏡補助下S状結腸切除術後腸間膜欠損部への内ヘルニアによる絞扼性イレウスの1例  [Not invited]
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2017/12
  • 当科における直腸切断術症例の術後合併症について  [Not invited]
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 佐田友 藍, 森 和亮, 東條 峰之, 井上 賢之, 熊谷 祐子, 宮原 悠三, 太白 健一, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 清水 徹一郎, 丸山 博行, 森本 光昭, 直井 大志, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2017/09
  • 直腸癌超低位前方切除5年後に発症した直腸腟瘻に対しMartius flap法にて修復した1例  [Not invited]
    井上 賢之, 堀江 久永, 浜畑 幸弘, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 森 和亮, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 丸山 博行, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2017/09
  • 当院におけるCrohn病に対するKono-S吻合の短期成績  [Not invited]
    森 和亮, 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 丸山 博行, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2017/09
  • 当科における小腸ストーマ造設後high-output stoma症例の検討  [Not invited]
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 田原 真紀子, 森本 光昭, 井上 賢之, 丸山 博之, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2017/09
  • 当科における下部進行直腸癌に対する術前放射線化学療法後の腹腔鏡手術の短期成績と導入の安全性について  [Not invited]
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 森 和亮, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 東條 峰之, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 宮原 悠三, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2017/09
  • 中下部進行直腸癌に対する腹腔鏡手術の短期成績  [Not invited]
    津久井 秀則, 堀江 久永, 森本 光昭, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2017/05
  • 腹腔鏡下ISRの治療成績  [Not invited]
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2017/04
  • 若手外科医に対する腹腔鏡下大腸切除トレーニングシステム  [Not invited]
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2017/04
  • 当院における局所進行下部直腸癌に対する術前化学放射線療法の有用性と課題について  [Not invited]
    森本 光昭, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 堀江 久永, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2017/04
  • クローン病に対する腸管吻合におけるKono-S吻合導入後の短期成績  [Not invited]
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 宮原 悠三, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 田原 真紀子, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2017/04
  • 大腸癌同時性・異時性肝転移症例の予後比較についての検討  [Not invited]
    津久井 秀則, 森本 光昭, 堀江 久永, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2017/02
  • 腹腔鏡下側方リンパ節郭清を安全に導入するための工夫  [Not invited]
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 直井 大志, 田原 真紀子, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 津久井 秀則, 佐田友 藍, 森 和亮, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2016/12
  • 腹腔鏡下横行結腸癌手術における空間認識能向上への工夫  [Not invited]
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 直井 大志, 田原 真紀子, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森本 光昭, 丸山 博行, 森 和亮, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 佐久間 康成, 細谷 好則, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2016/12
  • 当科におけるLow-grade appendiceal mucinous neoplasmの臨床病理学的検討  [Not invited]
    谷口 理丈, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 太白 健一, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2016/10
  • 横行結腸癌手術における中結腸動脈主リンパ節のCTサイズと病理学的転移および予後との関連について  [Not invited]
    丸山 博行, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 太白 健一, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 森本 光昭, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2016/10
  • 家族性大腸腺腫症(FAP)に対する結腸全摘・回腸直腸吻合術(IRA)の適応について  [Not invited]
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 田原 真紀子, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2016/10
  • 当科の腹腔鏡補助下低位前方切除術の標準化に向けた取り組みと短期成績、手術手技について  [Not invited]
    森本 光昭, 堀江 久永, 太白 健一, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2016/10
  • Ra、Rb進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術の短期成績  [Not invited]
    津久井 秀則, 堀江 久永, 森本 光昭, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2016/10
  • 直腸癌低位前方切除術における縫合不全発生リスク因子の検討  [Not invited]
    太白 健一, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 宮原 悠三, 津久井 秀則, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 森本 光昭, 丸山 博行, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2016/10
  • 大腸外科における手術部位感染対策 当科における周術期SSI対策変更による術後SSIへの影響  [Not invited]
    直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 太白 健一, 宮原 悠三, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 森 和亮, 丸山 博行, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 田原 真紀子, 北山 丈二, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2016/10
  • 直腸脱 病態から考える術式選択 当院における腹腔鏡下後方固定術の手術成績  [Not invited]
    森本 光昭, 堀江 久永, 太白 健一, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 東條 峰之, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    日本臨床外科学会雑誌  2016/10
  • シニアレジデントに対する腹腔鏡下結腸切除トレーニングシステム  [Not invited]
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016/04
  • 大腸癌治療におけるERAS導入とその実践 直腸癌手術症例における早期経口摂取の検討  [Not invited]
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016/04
  • 術前(化学)放射線療法を施行した下部進行直腸癌における術後再発リスク因子の検討  [Not invited]
    田原 真紀子, 堀江 久永, 津久井 秀則, 熊谷 裕子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 森本 光昭, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 藤井 博文, 仲澤 聖則, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016/04
  • Checklist方式による、腹腔鏡補助下低位前方切除後縫合不全ゼロへの試み  [Not invited]
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 直井 大志, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 清水 徹一郎, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016/04
  • 大腸癌肝転移切除後に補助化学療法(mFOLFOX6)を施行した症例の予後  [Not invited]
    津久井 秀則, 森本 光昭, 堀江 久永, 熊谷 祐子, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 藤井 博文, 佐田 尚宏
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016/04
  • 腹腔鏡下右側結腸手術に対するERASプロトコル導入の短期成績  [Not invited]
    直井 大志, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2015/12
  • 当院における腹腔鏡下直腸切断術の大網有茎フラップ作成と結腸ストマ造設術  [Not invited]
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 森 和亮, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2015/12
  • 横行結腸癌に対する手技の定型化は可能か? 腹腔鏡下横行結腸癌手術の普及には、個別化も重要である  [Not invited]
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 井上 賢之, 直井 大志, 森 和亮, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2015/12
  • 肥満症例における腹腔鏡下直腸切除術の検討  [Not invited]
    田原 真紀子, 堀江 久永, 森本 光昭, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2015/12
  • 誰も教えてくれない手術機器のうまい使い方 LCS 腹腔鏡下直腸手術におけるLCSによるsurgical smoke、ミストの対策について  [Not invited]
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 佐久間 康成, 細谷 好則, Lefor Alan, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2015/12
  • 内視鏡外科のこれからの教育 工夫を持ち寄って最善を探る 開腹手術経験の少ない若手医師に対する腹腔鏡下結腸切除トレーニングシステム  [Not invited]
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 森本 光昭, 田原 真紀子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 森 和亮, 伊藤 誉, 佐久間 康成, 細谷 好則, 佐田 尚宏
    日本内視鏡外科学会雑誌  2015/12
  • 75歳以上の高齢大腸癌患者における腹腔鏡下大腸切除術の検討  [Not invited]
    田原 真紀子, 堀江 久永, 森本 光昭, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2015/09
  • 当科における下部進行直腸癌に対する治療戦略の変革について  [Not invited]
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 藤井 博文, 佐田 尚宏
    日本大腸肛門病学会雑誌  2015/09
  • 定型化を目指した進行横行結腸癌に対する腹腔鏡下手術  [Not invited]
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 佐田友 藍, 井上 賢之, 伊藤 誉, 直井 大志
    日本大腸肛門病学会雑誌  2015/09
  • 非密生型家族性大腸腺腫症に対する腹腔鏡下結腸全摘回腸直腸吻合の適応について  [Not invited]
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 森本 光昭, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 清水 徹一郎, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会  2015/07
  • Crohn病の経過中に生じ腰椎麻酔下生検で診断し得た肛門管癌の1例  [Not invited]
    中尾 祐樹, 森本 光昭, 井上 賢之, 直井 大志, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会  2015/07
  • 横行結腸領域癌の腹腔鏡手技の工夫、注意点 進行横行結腸癌に対するD3郭清を伴う腹腔鏡下手術、安全性と定型化を目指して  [Not invited]
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 森本 光昭, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 井上 賢之, 巷野 佳彦, 直井 大志, 清水 徹一郎, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会  2015/07
  • 大腸pSM癌に対して内視鏡的切除を先行することは長期予後に影響を与えるか 追加切除、初回手術例での比較検討  [Not invited]
    伊藤 誉, 堀江 久永, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 直井 大志, 巷野 佳彦, 森 和亮, 田中 宏幸, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌  2015/06
  • 進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除は安全か?  [Not invited]
    森本 光昭, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 森 和亮, 佐田 尚宏, 安田 是和, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 長谷川 芙美, 辻中 眞康, 力山 敏樹
    日本大腸肛門病学会雑誌  2015/06
  • 75歳以上の高齢大腸癌患者における日常生活活動度評価(METs)による術後合併症発症リスクの検討  [Not invited]
    伊藤 誉, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 田中 宏之, 森 和亮, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 森本 光昭, 小泉 大, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌  2015/05
  • 外科的切除を行った大腸粘膜下層高度浸潤癌の検討  [Not invited]
    佐田友 藍, 堀江 久永, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌  2015/05
  • Solid-pseudopapillary neoplasmを合併した家族性大腸腺腫症の1例  [Not invited]
    直井 大志, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 森 和亮, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和
    家族性腫瘍  2015/05
  • 救急・外傷 右側結腸手術に対するERASプロトコール導入の短期成績  [Not invited]
    直井 大志, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 森 和亮, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2015/04
  • 下部消化管 腹会陰式直腸切断術におけるSSI予防対策  [Not invited]
    森 和亮, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 直井 大志, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2015/04
  • 下部消化管 進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除は安全な手術手技か?  [Not invited]
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 森 和亮, 佐田 尚宏, 安田 是和, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 長谷川 芙美, 辻仲 眞康, 力山 敏樹
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2015/04
  • 下部消化管 下部進行直腸癌に対する術前化学放射線療法によるリンパ節縮小率と予後の関連及び側方郭清が省略可能な症例の検討について  [Not invited]
    森本 光昭, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 佐田 尚宏, Lefor Alan, 安田 是和
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2015/04
  • 下部消化管 骨盤内臓全摘後の骨盤死腔炎の予防について「有茎大網充填の有用性」  [Not invited]
    堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 森 和亮, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 森本 光昭, 井上 賢之, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本外科学会定期学術集会抄録集  2015/04
  • 大腸の局在による粘膜下層高度浸潤癌の特徴 下部直腸癌に着目して  [Not invited]
    佐田友 藍, 宮倉 安幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌  2015/02
  • 待機的に鼠径法(Direct Kugel法)で修復した閉鎖孔ヘルニアの2例  [Not invited]
    佐田友 藍, 小泉 大, 松本 志郎, 近藤 泰雄
    日本臨床外科学会雑誌  2014/11
  • 腹腔鏡下S状結腸切除術後に発症したS状結腸軸捻転の1例  [Not invited]
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 瑞木 亨, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌  2014/10
  • 肥満が腹腔鏡下大腸切除術に与える影響  [Not invited]
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 佐田 尚宏, Alan Lefor, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌  2014/10
  • 腹腔鏡下ISRの手術手技と治療成績  [Not invited]
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 佐田友 藍, 直井 大志, 伊藤 誉, 森本 光昭, 田原 真紀子, 井上 賢之, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌  2014/10
  • 転移性横行結腸腫瘍に対して腹腔鏡補助下結腸右半切除術を施行した1例  [Not invited]
    直井 大志, 堀江 久永, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌  2014/10
  • 腹腔鏡下S状結腸切除術後に発症したS状結腸軸捻転の1例  [Not invited]
    佐田友 藍, 宮倉 安幸, 瑞木 亨, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌  2014/10
  • 進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術の短期成績と定型化の工夫  [Not invited]
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 直井 大志, 佐田友 藍, 安田 是和, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 長谷川 芙美, 辻仲 眞康, 力山 敏樹
    日本臨床外科学会雑誌  2014/10
  • 進行直腸癌に対する側方郭清の意義 直腸癌術前化学放射線療法後の側方郭清について  [Not invited]
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 佐田 尚宏, Lefor Alan, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌  2014/10
  • 消化管ストーマ閉鎖術における皮膚環状縫合の有用性  [Not invited]
    直井 大志, 堀江 久永, 伊藤 誉, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 森本 光昭, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌  2014/09
  • 外科的切除例からみた大腸SM高度浸潤癌の検討  [Not invited]
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 直井 大志, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 巷野 佳彦, 田中 宏幸, 伊藤 誉, 井上 賢之, 森本 光昭, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌  2014/09
  • 進行直腸癌に対する腹腔鏡下低位前方切除術の短期成績  [Not invited]
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 伊藤 誉, 森本 光昭, 井上 賢之, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 安田 是和, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 長谷川 芙美, 辻仲 眞康, 力山 敏樹
    日本大腸肛門病学会雑誌  2014/09
  • 直腸癌術前化学放射線療法後の病理学的側方リンパ節転移を予想する因子  [Not invited]
    森本 光昭, 堀江 久永, 宮倉 安幸, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 直井 大志, 佐田友 藍, 安田 是和
    日本大腸肛門病学会雑誌  2014/09
  • 進行下部直腸癌に対する肛門温存手術を目的とした術前化学療法の検討  [Not invited]
    鯉沼 広治, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 宮倉 安幸, 田中 宏幸, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 清水 徹一郎, 伊藤 誉, 森本 光昭, 安田 是和, 藤井 博文, 井上 賢之
    日本大腸肛門病学会雑誌  2014/09
  • 術前診断可能であった胆嚢管十二指腸瘻を伴う総胆管結石症の1例  [Not invited]
    谷口 理丈, 小泉 大, 佐田友 藍, 近藤 泰雄, 高岡 良成, 廣澤 拓也, 大橋 明, 木口 英子
    胆道  2014/08
  • 虫垂炎術後40年を経過して発症したSchloffer腫瘍の1例  [Not invited]
    松本 志郎, 小泉 大, 高橋 大二郎, 佐田友 藍, 木口 英子, 近藤 泰雄
    日本臨床外科学会雑誌  2013/10
  • 若年女性に発生し術前診断が困難であった膵粘液性嚢胞腫瘍の1例  [Not invited]
    佐田友 藍, 兼田 裕司, 遠藤 和洋, 小泉 大, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 佐田 尚宏, 安田 是和
    膵臓  2013/06
  • 外科系各科の救急医療への関わり 急性上腸間膜動脈閉塞症35例の検討  [Not invited]
    佐田友 藍, 佐久間 康成, 阿藤 一志, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本外科系連合学会誌  2013/05
  • 絞扼性イレウスの検討  [Not invited]
    巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 井上 賢之, 森本 光昭, 濱田 徹, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和
    日本外科学会雑誌  2013/03
  • Bevacizumab関連消化管穿孔症例の検討  [Not invited]
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 藤井 博文, 堀江 久永, 安田 是和
    日本外科学会雑誌  2013/03
  • 後腹膜膿瘍の治療 十二指腸水平脚潰瘍穿通による後腹膜膿瘍の1例  [Not invited]
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 瑞木 亨, 安田 是和
    日本腹部救急医学会雑誌  2013/02
  • 直腸粘膜下腫瘍と診断し、腹腔鏡補助下に切除した腹膜原発血管平滑筋腫の1例  [Not invited]
    小島 正幸, 横山 卓, 佐田友 藍, 横田 真一郎, 小野 公平
    日本内視鏡外科学会雑誌  2012/12
  • 当院におけるBevacizumab関連消化管穿孔例の検討  [Not invited]
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 熊野 秀俊, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会  2012/07
  • 鏡視下脾摘後に腹臥位食道切除を施行したITP合併の食道癌・胃癌の1例  [Not invited]
    佐田友 藍, 細谷 好則, 春田 英律, 小泉 大, 佐田 尚弘, 安田 是和
    日本内視鏡外科学会雑誌  2011/12
  • 肝膿瘍を合併した黄色肉芽腫性胆嚢炎の1例  [Not invited]
    前田 浩史, 三木 厚, 佐田友 藍, 俵藤 正信, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌  2011/12
  • 絞扼性イレウスの早期診断 MDCTの有用性  [Not invited]
    小島 正幸, 横山 卓, 小野 公平, 横田 真一郎, 佐田友 藍, 勝部 乙大, 目黒 由行
    日本臨床外科学会雑誌  2011/10
  • 進行胸部食道癌における術前化学療法(術前CF療法、術前DCF療法)の検討  [Not invited]
    宇井 崇, 細谷 好則, 長瀬 通隆, 藤井 博文, 瑞木 亨, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 佐田友 藍, 安田 是和
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2011/09
  • 鏡視下脾摘後に腹臥位食道切除を施行したITP合併の食道癌の1例  [Not invited]
    佐田友 藍, 細谷 好則, 宇井 崇, 春田 英律, 瑞木 亨, 安田 是和
    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2011/09
  • 進行食道癌における術前化学療法(術前CF療法、術前DCF療法)の比較検討  [Not invited]
    宇井 崇, 細谷 好則, 長瀬 通隆, 藤井 博文, 瑞木 亨, 春田 英律, 倉科 憲太郎, 齋藤 心, 佐田友 藍, 安田 是和
    日本消化器外科学会総会  2011/07
  • 子宮広間膜ヘルニアをきたした1腹膜透析症例  [Not invited]
    大谷 尚子, 秋元 哲, 三木 拓哉, 沼田 暁彦, 齋藤 修, 濱野 慶朋, 佐田友 藍, 安田 是和, 竹本 文美, 安藤 康弘, 武藤 重明, 草野 英二
    日本透析医学会雑誌  2011/05
  • 食道癌術前補助化学療法としてのDocetaxel(DTX)・Cisplatin(CDDP)・5FU併用療法(DCF療法)の有効性、安全性に関する検討  [Not invited]
    佐田友 藍, 長瀬 通隆, 藤井 博文, 宇井 崇, 春田 英律, 瑞木 亨, 細谷 好則, 安田 是和
    日本外科学会雑誌  2011/05
  • 絞扼性胆嚢炎の一例  [Not invited]
    帖地 健, 三木 厚, 佐田友 藍, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本腹部救急医学会雑誌  2011/02
  • 妊娠を契機に発覚した巨大後腹膜粘液型脂肪肉腫の1例  [Not invited]
    黒河内 顕, 俵藤 正信, 佐田友 藍, 佐田 尚宏, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌  2010/10
  • 当院における原発性乳癌患者の骨密度の検討  [Not invited]
    宮崎 千絵子, 穂積 康夫, 佐田友 藍, 佐藤 政広, 尾本 和, 塩澤 幹雄, 竹原 めぐみ, 吉澤 浩次, 水沼 洋文
    日本癌治療学会誌  2010/09
  • 難冶性の貧血を合併した乳腺悪性葉状腫瘍  [Not invited]
    佐田友 藍, 塩澤 幹雄, 平嶋 勇希, 鯉沼 広治, 栗原 克己
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2010/05
  • MRI造影剤Resovistの乳房内投与による術前lymphographyと術中センチネルリンパ節(SLN)生検の試み  [Not invited]
    塩澤 幹雄, 佐田友 藍, 平嶋 勇希, 鯉沼 広治, 栗原 克己, 小林 茂, 穂積 康夫
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2010/05
  • リゾビストを用いた新しいセンチネルリンパ節生検の試み  [Not invited]
    塩澤 幹雄, 平嶋 勇希, 栗原 克己, 佐田友 藍, 勝部 乙大, 穂積 康夫, Lefor Alan, 安田 是和
    日本外科学会雑誌  2010/03
  • バウムテストを用いた終末期患者の精神状態の評価 緩和ケア病棟のない地域病院での試み  [Not invited]
    塩澤 幹雄, 佐田友 藍, 栗田 真紀子, 平嶋 勇希, 栗原 克己, 稲田 美和子
    日本臨床外科学会雑誌  2009/10
  • 特発性消化管穿孔の2幼児例  [Not invited]
    佐田友 藍, 前田 貢作, 田辺 好英, 久田 正昭, 馬場 勝尚, 鮫島 由友
    日本小児外科学会雑誌  2009/06
  • Pamidoronate投与によりネフローゼ症候群を発症した乳癌骨転移の1例  [Not invited]
    佐田友 藍, 穂積 康夫, 竹原 めぐみ, 塩澤 幹雄, 尾本 和, 大澤 英之, 佐藤 政広, 豊島 千絵子, 吉澤 浩次, 水沼 洋文
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2009/06
  • 妊娠38週に発症した胸部大動脈破裂の母子救命例  [Not invited]
    佐田友 藍, 坂野 康人, 齋藤 力, 三澤 吉雄, 河田 政明
    日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集  2009/03
  • 化学療法中の乳癌肝転移に出現した石灰化の意義について  [Not invited]
    佐田友 藍, 塩澤 幹雄, 河原崎 真由子, 豊島 千絵子, 佐藤 政広, 竹原 めぐみ, 尾本 和, 穂積 康夫, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌  2007/11
  • 乳癌診断の新しいmodality 磁性クリップを用いた非触知乳癌の同定法について  [Not invited]
    塩澤 幹雄, 大平 猛, 佐田友 藍, 河原崎 真由子, 佐藤 政広, 竹原 めぐみ, 尾本 和, 穂積 康夫, 安田 是和
    日本臨床外科学会雑誌  2007/11
  • 高カルシウム血症を呈した骨転移のない乳癌の一例  [Not invited]
    佐田友 藍, 黒河内 顕, 河原崎 真由子, 豊島 千絵子, 佐藤 政広, 竹原 めぐみ, 尾本 和, 塩澤 幹雄, 穂積 康夫, 永井 秀雄
    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2007/06

MISC

  • 直井 大志, 鯉沼 広治, 堀江 久永, 太田 学, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 巷野 佳彦, 井上 賢之, 味村 俊樹, 佐田 尚宏  日本大腸肛門病学会雑誌  72-  (4)  165  -170  2019/04  [Not refereed][Not invited]
     
    症例は43歳女性。S状結腸癌、転移性肝腫瘍、左卵巣腫瘍に対し腹腔鏡下S状結腸切除・肝部分切除・左付属器切除術が施行された。術後4ヵ月目に発症した絞扼性腸閉塞に対して緊急手術が施行された。原因はS状結腸の腸間膜欠損部と初回手術時に温存された上直腸動脈間が門となる内ヘルニアであった。小腸部分切除、腸間膜欠損部の縫合閉鎖を行った。腹腔鏡下大腸切除手術後、腸間膜欠損部が原因の内ヘルニアの発生率は少なく、腸間膜欠損部は閉鎖しないことが一般的である。本症例は、S状結腸が過長で、腸間膜と後腹膜の癒合が少ないという特徴があった。このような症例では術後の癒着による腸間膜欠損部の閉鎖がされず、内ヘルニアのリスクが高いと考えられ、閉鎖すべきと考えられた。(著者抄録)
  • 直井 大志, 堀江 久永, 鯉沼 広治, 熊谷 祐子, 津久井 秀則, 東條 峰之, 宮原 悠三, 太田 学, 本間 祐子, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 森 和亮, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 井上 賢之, 味村 俊樹, Kawarai Lefor Alan, 佐田 尚宏  自治医科大学紀要  41-  7  -13  2019/03  [Not refereed][Not invited]
     
    右側結腸手術の周術期管理に、Enhanced Recovery After Surgeryプロトコル(ERAS)を導入したので短期成績を報告する。2014年6月から2017年10月に行われた右側結腸手術症例をERAS群、2010年1月から2014年5月の症例を従来群とし、後方視的に検討した。ERAS群では、機械的前処置の省略、術直後の胃管抜去、早期経口摂取開始を新たに採用した。ERAS群182例(腹腔鏡103例、開腹79例)、従来群202例(腹腔鏡84例、開腹118例)であった。腹腔鏡手術では、ERAS群と従来群で手術関連因子、術後合併症に差は認めなかった。開腹手術では、表層性の創部感染の発生率はERAS群で有意に高かった(ERAS群12.7%:従来群2.5%)が、Clavien-Dindo分類2以上の術後合併症はERAS群で有意に低かった(ERAS群3.8%:従来群18.6%)。右側結腸手術において当科のERASプロトコルは安全に導入可能である。(著者抄録)
  • 肝虚血再灌流障害におけるインフラマソーム非依存性IL-1βプロセシング機構の解明
    佐田友 藍  自治医科大学紀要  41-  97  -98  2019/03  [Not refereed][Not invited]
  • Homare Ito, Yoshiyuki Inoue, Ai Sadatomo, Naoya Yamada, Ryo Kamata, Sachiko Watanabe, Tadayoshi Karasawa, Hiroaki Kimura, Yasunaru Sakuma, Hisanaga Horie, Yoshinori Hosoya, Joji Kitayama, Naohiro Sata, Masafumi Takahashi  GASTROENTEROLOGY  154-  (6)  S497  -S497  2018/05  
    0
  • Daishi Naoi, Hisanaga Horie, Koji Koinuma, Yoshiyuki Inoue, Homare Ito, Yosihiko Kono, Katsusuke Mori, Makiko Tahara, Ai Sadatomo, Yasunaru Sakuma, Yoshinori Hosoya, Joji Kitayama, Alan K. Lefor, Naohiro Sata  GASTROENTEROLOGY  154-  (6)  S1351  -S1351  2018/05  
    0
  • シニアレジデントに対する腹腔鏡下結腸切除術のトレーニングプログラム
    堀江 久永, 鯉沼 広治, 井上 賢之, 佐田友 藍, 巷野 佳彦, 森 和亮, 森本 光昭, 佐田 尚宏  日本内視鏡外科学会雑誌  23-  (3)  297  -303  2018/05  [Not refereed][Not invited]
     
    <文献概要>当科におけるシニアレジデントに対する腹腔鏡下結腸切除術トレーニングプログラムの結果を報告する.2014年4月から2017年3月までに20名が参加した.初期1ヵ月にカメラ助手を経験後,1日間の動物実習,残り3ヵ月間に内視鏡外科技術認定医指導下に術者を経験した.63症例の手術がレジデントにより施行された.回盲部切除術(40例)とS状結腸切除術(23例)の手術時間(中央値)はそれぞれ190分と232分であった.51/63例(81%)で術者交代なく完遂されていた.術後,縫合不全やイレウスなどの重篤な合併症は認められなかった.シニアレジデントによる腹腔鏡下結腸切除術は本プログラム下に安全に施行されていた.
  • Hidenori Tsukui, Rihito Kanamaru, Ai Sadatomo, Daishi Naoi, Tetsuichiro Shimizu, Makiko Tahara, Katsusuke Mori, Homare Ito, Mitsuaki Morimoto, Yoshihiko Kono, Yoshiyuki Inoue, Hiroyuki Maruyama, Koji Koinuma, Hisanaga Horie, Yasunaru Sakuma, Yoshinori Hosoya, Naohiro Sata, Joji Kitayama  CANCER RESEARCH  77-  2017/07
  • 熊谷 祐子, 堀江 久永, 佐田友 藍, 直井 大志, 清水 徹一郎, 巷野 佳彦, 田原 真紀子, 井上 賢之, 伊藤 誉, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏  日本大腸肛門病学会雑誌  70-  (4)  227  -232  2017/04  [Not refereed][Not invited]
     
    症例は31歳女性.3ヵ月前からの便秘を主訴に近医を受診した.大腸内視鏡検査で直腸腫瘍を認め,Boring生検で神経鞘腫と診断され当院に紹介された.直腸診では肛門管上縁前壁に有茎性腫瘤を触知した.大腸内視鏡検査では歯状線口側に約50mm大の粘膜下腫瘤を認め,超音波内視鏡では粘膜下層由来の腫瘍が疑われ,Boring生検で神経鞘腫と診断された.CTでは内部にまだらな造影効果を認め,MRIではT2強調で高信号,不均一な造影効果を有する有茎性腫瘍として描出された.手術待機期間中に腫瘍が肛門から脱出し,救急外来にて用手的に還納を行った.治療は腰椎麻酔下にジャックナイフ位で経肛門的切除術を施行した.切除標本の病理組織診断では,悪性所見のない神経鞘腫で断端は陰性であった.直腸神経鞘腫は稀な疾患であるが悪性例の報告もあり,また生検だけでは良悪性の鑑別は困難とされているため,文献的考察を加え報告する.(著者抄録)
  • 井上 賢之, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 直井 大志, 森 和亮, 巷野 佳彦, 伊藤 誉, 森本 光昭, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 佐田 尚宏  自治医科大学紀要  39-  15  -21  2017/03  [Not refereed][Not invited]
     
    左側大腸癌イレウス治療における経肛門イレウス管の適応と限界について後方視的に検討した。2006〜2011年に当科で手術治療を施行した左側大腸癌イレウス59症例を経肛門イレウス管減圧群(DC群)と非減圧群(NDC群)の2群に分け治療成績を比較した。イレウス管留置成功率は89%であった。DC群25例中、一期的切除吻合術が施行できたのは13例(52%)のみであった。7例(28%)では減圧したにも関わらずストマ造設のみ施行されており、原因として減圧不良(4例)、血清アルブミン低値(3例)、骨盤内他臓器浸潤(2例)があげられた。一期的切除吻合を目的とした経肛門イレウス管挿入は遠隔転移や高度局所浸潤がなく栄養状態良好症例には良い適応と考えられた。一方、栄養状態不良症例には術前経口摂取が可能となるステント挿入を、遠隔転移や高度局所浸潤症例に対してはストマ造設を選択すべきと考えられた。(著者抄録)
  • 巷野 佳彦, 堀江 久永, 直井 大志, 佐田友 藍, 伊藤 誉, 森本 光昭, 田原 真紀子, 井上 賢之, 鯉沼 広治, 佐田 尚宏  癌の臨床  63-  (1)  7  -12  2017/02  [Not refereed][Not invited]
     
    クリニカルパスを用いて周術期管理を行った直腸癌前方切除症例94例を対象とし、以前のクリニカルパスで周術期管理を行った40例(男性21名、女性19名、65±10歳;5日目食事開始パス群)と経口摂取を早めたクリニカルパスで周術期管理を行った54例(男性33名、女性21名、61±12歳;2日目食事開始パス群)に分けた。手術に関しては、2日目食事開始パス群で腹腔鏡の手術の割合が増加した。入院中の経過は、術後在院日数は両群とも平均12日でパス通りであった。バリアンスでは2日目食事開始パス群において飲水や流動食開始遅延が有意に多く認められたが、退院が13日目以降に遅延した症例は2群間で有意差がなかった。ドレーン挿入留置期間も2群間で有意差を認めなかった。術後合併症は、SSIおよび縫合不全症例は2群間で有意差を認めなかった。一過性腸管麻痺を含めた術後イレウスが2日目食事開始パス群で有意に減少した。尿道カテーテル抜去後の尿閉の発症頻度は2日目食事開始パス群で少なかった。退院後の経過では2群とも再入院や再手術を要する症例は一例も認めなかった。
  • Hisanaga Horie, Homare Ito, Takahiro Sasaki, Ai Sadatomo, Yoshihiko Kono, Makiko Tahara, Mitsuaki M. M. Morimoto, Koji Koinuma, Alan T. Lefor, Naohiro Sata  JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF SURGEONS  223-  (4)  E8  -E9  2016/10  [Not refereed][Not invited]
  • 術前診断可能であった胆嚢管十二指腸瘻を伴う総胆管結石症の1例
    谷口 理丈, 小泉 大, 佐田友 藍, 木口 英子  日本消化器外科学会雑誌  49-  (6)  504  -509  2016/06  [Not refereed][Not invited]
     
    症例は50歳の女性で,健診の腹部超音波検査で総胆管結石および肝内・肝外胆管の拡張を認め,精査目的に当院紹介受診した.CT・MRCPと上部消化管内視鏡検査から総胆管結石を伴う内胆汁瘻を疑い,ERCPで胆嚢管十二指腸瘻と診断された.手術は開腹胆嚢摘出術,十二指腸瘻孔部切除術,総胆管切石術を施行し,病理組織学的検査所見でBrunner腺を伴った十二指腸粘膜と胆嚢管粘膜が連続性をもって瘻孔を構成しており,胆嚢管十二指腸瘻と確診された.本症例では術後早期に総胆管結石の再発を認めており,術中の胆道造影と胆道ドレナージおよび術後の定期検査の重要性が示唆された.(著者抄録)
  • 【インフラマソームと消化器疾患】肝臓虚血再灌流障害とインフラマソーム
    井上 賢之, 佐田友 藍, 高橋 将文  G.I.Research  23-  (5)  397  -402  2015/10  [Not refereed][Not invited]
     
    肝臓虚血再灌流障害(IRI)における炎症の重要性が示されている。近年、病原体の関与しない無菌性の炎症がNLRP3インフラマソームとよばれる細胞内に形成される蛋白質複合体を介して惹起されることが明らかとなってきた。NLRP3インフラマソームは、パターン認識受容体であるNLRP3とアダプター分子ASC、カスパーゼ-1から構成され、カスパーゼ-1の活性化によって強力な炎症性サイトカインであるIL-1βを成熟化して炎症を惹起する。肝臓IRIにおいても、その炎症惹起にNLRP3インフラマソームが関与することが報告されている。一方、われわれは、NLRP3分子がインフラマソームとは独立して好中球の遊走を制御し、肝臓IRIの病態に寄与することを明らかにした。肝臓IRIにおけるNLRP3インフラマソームとその構成分子の役割の解明と、これを利用した新たな予防・治療法の開発が期待される。(著者抄録)
  • 松本 志郎, 小泉 大, 高橋 大二郎, 佐田友 藍, 木口 英子, 近藤 泰雄  外科  77-  (9)  1073  -1077  2015/09  [Not refereed][Not invited]
     
    53歳女。13歳時に虫垂切除術の既往があった。今回、右下腹部痛が出現し、前医にて腹壁の肉芽腫性病変を伴う慢性炎症と診断され当院紹介となった。初診時、右下腹部の虫垂炎の手術瘢痕部に一致して、軽度の圧痛を有する5cm大の腫瘤を認め、腹部CTでは右腹直筋の外縁、内外腹斜筋、腹横筋の移行部に腫瘤を認めた。Schloffer腫瘍と診断して腹壁腫瘍切除術を施行し、腫瘤は3.5cmの膿瘍と肉芽組織を伴う瘢痕組織で、病理診断は縫合糸によるSchloffer腫瘍であった。術後経過は良好で、第12病日に退院となった。
  • NAOI TAISHI, HORIE HISANAGA, SADATOMO AI, SHIMIZU TETSUICHIRO, TAHARA MAKIKO, MORI WASUKE, ITO TAKASHI, KONO YOSHIHIKO, INOUE YOSHIYUKI, MORIMOTO MITSUAKI, KOINUMA KOJI, SASANUMA HIDEKI, SAKUMA YASUNARI, SATA NAOHIRO, YASUDA YOSHIKAZU  家族性腫よう  15-  (2)  A76  -A76  2015/05  [Not refereed][Not invited]
  • 癌性腹水に対する腹腔静脈シャント(デンバーシャント)の挿入・管理の工夫
    塩澤 幹雄, 佐田友 藍, 田原 真紀子, 平嶋 勇希, 鯉沼 広治, 栗原 克己, Lefor Alan T, 佐田 尚宏, 安田 是和, 丹波 嘉一郎  臨牀と研究  91-  (5)  687  -691  2014/05  [Not refereed][Not invited]
     
    2007年12月〜2011年4月までに癌性腹水に対するデンバー腹腔静脈シャント(シャント)挿入症例10例(男性4名、女性6名:平均年齢65歳)を対象に、シャントの挿入と管理について検討した。疾患の内訳は膵臓癌5例、卵巣癌3例、大腸癌1例、胆管細胞癌1例である。退院できたのは7例で、電車通勤を再開した例もあった。死亡原因は原疾患の増悪で、シャント挿入によるものはなかった。シャント挿入後、腹囲と体重は有意に改善し、再度の腹水穿刺を必要とした例はなかった。退院率は術前BUN上昇例で有意に低く、正常上限内の例は全例で退院可能であったことより、術前BUNは退院可否の指標となりうると思われた。細菌性腹膜炎治療は持続的携行式腹膜透析での腹膜炎治療法を参考とした。シャント閉塞例は2例で、消化管出血例や肺塞栓や播種を疑う例は認めなかった。以上より、シャントは、挿入による合併症を防止すれば自宅で日常生活が可能で、腹水穿刺より大きな利点があると考えられた。
  • Bevacizumab併用化学療法中に二度の消化管穿孔を発症した直腸癌の1例
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 三木 厚, 堀江 久永, 安田 是和  癌と化学療法  40-  (7)  943  -945  2013/07  [Not refereed][Not invited]
     
    症例は64歳の男性。直腸癌、腹膜播種、肺転移に対して低位前方切除術を施行後mFOLFOX6+bevacizumab(BV)療法を導入した。28コース目のBV投与26日目に腹痛、発熱が出現、CT検査で骨盤内膿瘍とfree air、虫垂内の石灰化を認め緊急手術を施行した。虫垂穿孔による膿瘍形成を認め虫垂切除・膿瘍ドレナージ術を施行した。術後2日目に骨盤内留置ドレーンより腸液の流出を認め、再手術を行ったところ回腸穿孔を認めた。穿孔部は境界明瞭な円形であり、播種など腫瘍性変化は認めず、単純閉鎖術を行った。再手術後は経過良好で、初回術後19日で退院した。虫垂の病理学的所見は直腸癌播種の腫瘍崩壊による穿孔を示唆していた。消化管穿孔はBVの重篤な副作用の一つである。本症例では短期間に二度、異なる部位に消化管穿孔を認め貴重な症例と考え報告する。(著者抄録)
  • SADATOMO AI, KANEDA YUJI, ENDO KAZUHIRO, KOIZUMI MASARU, SASANUMA HIDEKI, SAKUMA YASUNARI, SATA NAOHIRO, YASUDA YOSHIKAZU  すい臓  28-  (3)  532  -532  2013/06  [Not refereed][Not invited]
  • 佐田 友藍, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 藤井 博文, 堀江 久永, 安田 是和  日本外科学会雑誌  114-  (2)  621  -621  2013/03
  • 巷野 佳彦, 堀江 久永, 佐田友 藍, 清水 徹一郎, 田原 真紀子, 伊藤 誉, 田中 宏幸, 井上 賢之, 森本 光昭, 濱田 徹, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 安田 是和  日本外科学会雑誌  114-  (2)  1040  -1040  2013/03
  • 佐田友 藍, 細谷 好則, 春田 英律, 小泉 大, 佐田 尚宏, 安田 是和  自治医科大学紀要  35-  93  -96  2013/03  [Not refereed][Not invited]
     
    症例は66歳の男性。食道癌、胃癌と診断され、当科紹介となる。術前検査で血小板数が3.9×10^4/mm3と減少、血小板結合IgG(Platelet Associated-IgG;PAIgG)が107ng/10^7cellsと上昇していたため、特発性血小板減少性紫斑病(Idiopathic Thrombocytopenic Purpura:ITP)と診断した。腹腔鏡下脾臓摘出術を行い、血小板数は16.7×10^4/mm3まで増加、その後、血小板数は減少することなく腹臥位鏡視下食道切除術と仰臥位胃全摘術を施行した。二期的に摘脾および食道切除術を鏡視下に行い、順調な経過であった。食道癌の手術は侵襲が大きく、周術期の止血管理は重要であり、ITP合併食道癌に対して術前に脾摘を行うことで安全に手術可能であった。また鏡視下に手術を行うことで低侵襲での治療が可能であった。(著者抄録)
  • Bevacizumab関連消化管穿孔の外科治療に関する検討
    佐田友 藍, 鯉沼 広治, 宮倉 安幸, 堀江 久永, 藤井 博文, 安田 是和  日本臨床外科学会雑誌  74-  (2)  352  -356  2013/02  [Not refereed][Not invited]
     
    2007年9月から2012年5月にBevacizumab(以下BV)併用化学療法を施行した進行・再発大腸癌228例中,消化管穿孔は6例(2.6%)に認めた.症状出現から診断までは6-244時間(中央値85)で,軽度な腹部症状で発症し,全例独歩来院であった.全例手術治療を行い,5例は軽快退院,1例は腹膜炎の軽快後原疾患増悪にて21日目に死亡した.2例で創傷治癒遅延を認めたが,重篤な合併症は認めなかった.穿孔原因は憩室,多発潰瘍,播種細胞破綻等であった.原発巣の穿孔症例はなかった.今回の検討では,BV関連消化管穿孔は発症時の症状は軽微,かつ全身状態は比較的良好で,診断に至るまで長時間を要していた.全例手術を行い良好な結果が得られた.担癌,化学療法中であるが手術リスクが極めて高いとは言えず,外科的治療を迅速に行うべきと考えられた.(著者抄録)
  • 前田浩史, 三木厚, 佐田友藍, 俵藤正信, 佐田尚宏, 安田是和  日本臨床外科学会雑誌  72-  (12)  3236  2011/12  [Not refereed][Not invited]
  • 帖地健, 三木厚, 佐田友藍, 宮倉安幸, 佐田尚宏, 安田是和  日本腹部救急医学会雑誌  31-  (2)  396  2011/02  [Not refereed][Not invited]
  • 黒河内顕, 俵藤正信, 佐田友藍, 佐田尚宏, 安田是和  日本臨床外科学会雑誌  71-  790  2010/10  [Not refereed][Not invited]
  • バウムテストを用いた再発・終末期乳癌患者の精神状態の評価 地域病院での試み
    塩澤 幹雄, 佐田友 藍, 平嶋 勇希, 鯉沼 広治, 栗原 克己, 稲田 美和子  乳癌の臨床  24-  (6)  770  -771  2009/12  [Not refereed][Not invited]
     
    バウムテストを用い、再発・終末期乳癌患者の精神状態を評価した。外来またはベッドサイドで「自身のイメージする木を描いて欲しい」の依頼し、絵だけでなく、描く際の言動なども記録に残し、後日臨床心理士と内容を検討した。結果や問題点は病棟看護婦にも伝え、医療・看護にフィードバックした。57人(乳癌患者19人)に協力してもらい92枚の樹木画を描いてもらった。その結果、樹木画バウムテストは医療者・患者に負担が少なく、外科医・腫瘍科医にとっても視覚的で取り組みやすいと考えられた。2症例を呈示した。
  • 成人発症の流行性耳下腺炎の1例
    林 真由, 宇野 秀之, 佐田友 藍, 鶴岡 浩樹, 楡木 恵実子, 津本 順史, 梶井 英治  地域医学  21-  (11)  980  -983  2007/11  [Not refereed][Not invited]
     
    症例は33歳男性で、3日前からの咽頭痛・右精巣腫大・右側腹部痛・発熱(39℃台)を主訴に近医を受診、ムンプス精巣炎の診断にて精索周囲に局所注射をされたが症状が改善せず、頭痛も出現したため救急外来を受診、精査加療目的で入院となった。入院時血液検査では軽度の炎症反応を認め、血清・新尿アミラーゼ共に唾液腺由来アミラーゼの上昇を認め、免疫学的検査ではムンプスIgM抗体・ムンプスIgG抗体の上昇を認めた。入院後、全身状態の改善のため非ステロイド系抗炎症薬による保存的治療を行いながら経過観察したところ、第4病日には解熱し、両側耳下腺腫脹・右精巣腫大もほぼ消退し、経過良好のため第8病日に退院となった。本症例ではMMR3種混合ワクチンの接種はされていると考えられた。以上よりムンプスの免疫状態も麻疹と同様になっている可能性を本症例は示唆しているものと考えられた。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.